←HOME

 幼児期前半の実例B
「わたしはわたし」の時期(1歳半〜3歳)

  自立のための燃料になる
  いやだと言いたいと聴く
  ダダこねを納得に導く
  ダダこねのやりとり
  しつけのやりとり

 親を相手に自己主張やダダこねが盛んになり、思い通りにならないとカンシャクも起こします。自己主張やダダこねをうまく受けとめてあげられると、少しずつ自制心が身に付き、親のしつけを受け入れるようにもなります。 
  
    【ママのプチ家出】  【甘え上手は少しずつ】 
【お母さんが甘え上手に】 【傷つけてしまわないか】 【「すき」「すきじゃない」のやりとり】 【糸の切れた凧】 
【「どうしたいの?」より「こうしようね」】  【ぼく逃げちゃうよ】 【保育園で毎朝大泣き】 【上手にダダこね】
【求めにすべて応じても、かんしゃくを起こす】 【ダダこねからお兄さんに】 【断乳の頃の思い】 【ゴハン食べようか】
【2つのかわいい】 【指しゃぶりありがとう】 【手を添えて教えてね】 【5分の抱っこ】
【苦しさ根っこの芽】  【止めてもらうと自由】 【イライラの種はどっち?】 【ママに甘えてくれない】

【ママのプチ家出】

〈相談者より〉

 先日は時間を空けて頂いていたのに行けなくて申し訳ありませんでした。息子が朝方熱を出してしまい、久しぶりにお会いできるのを楽しみにしていたのですが、行けなくて本当に残念です。やっと落ち着きました。それほど重症にはならずにすんだので良かったです。

 最近私がパートを始めたので、きっと寂しかったのもあるのかもしれません。体調も悪いのもあると思いますが、よくぐずります。

 昨日は本調子ではないのにも関わらず寝るときに抱っこの時間を作りました。時間も遅くて夜の9時半を過ぎていたんですが、もやもやが溜まっているようだったので、抱っこしちゃいました。息子は激しく暴れていましたが、そのうち抱っこのまま寝てしまいました。

 今日はパートの日で夜の息子の寝る時間を過ぎて帰ってきたのですが、まだ起きていて、パパと寝る前の絵本を読んでいました。急いでお風呂に入ってお布団にいくと、パパを叩いていて叱られていた所でした。ちょっと抱っこして泣いて、パパに謝るように話したらなんとか聞き分けて解決しました。

 やっぱり仕事をするのは早かったのかなあと・・。行くとき嫌と言うけど最後はバイバイしてくれて、でも我慢しているんですよね。子供を預けて働くママさんの気持ちがちょっと分かりました。

 お邪魔するのは4月のパパのお休みが分かってから、また日程を決めて頂いていいですか? また連絡させて下さい。



〈返事〉

 息子くんが元気になってよかった。寒暖の差が大きくて、おとなでもついて行けない時ですから、風邪も引きますよね。インフルエンザでなかったのもよかったです。でも会えなかったのは残念でした。またぜひ来て下さいね。

 ママはパートを始めたのですね。息子くんとずっと一緒にいたい気持ちもあると思うけど、仕事に出てママでない部分の自分でいる時間があるのもいいのではないかしらね。そうするとママに戻った時に、もっとママを楽しめるのではない?

 息子くんはよくクズって上手にグチをこぼしているようですし、ママも上手に受け止められるから、大丈夫と思うし、息子くんはママに協力できることも、うれしいと思うしね。でも、どうしても息子くんの様子が気になるなら、それは立ち止まることも大事だよね。子どもそれぞれにがんばれる容量が違うからね。容量オーバーにならないようには気をつけていてね。息子くんの成長を私たちも楽しみにしています。

 まだ不順な気候ですから、大事にしてくださいね。4月にお会いできるのを楽しみにしています。


〈相談者より〉

 メール有難う御座いました。正直パートを始めたのが早かったのかと思い、どうしようか考えていましたが、上手にグチをこぼせていると聞いて安心しました。まだ私も始めたばかりでリズムに慣れていないので余裕がありませんでした。

 実はこの間プチ家出をしました。息子となんとなく歯車がちょっとずれてきていると思っていたのですが、抱っこしている時に「ばあば。ばあば。」と言って何度も母を呼ぶので、なんだか力が抜けてしまい、私がもういいやって思ってしまい、息子を置いて夕方家を出て行ってしまいました。

 外をふらふらしてお店を見たりお茶をしていた時にパパが迎えに来てくれました。どのタイミングで家に帰ろうか、どんな風に息子に声を掛けようか考えていました。なんだか何にも分からなくなってしまっていたので、パパが迎えに来るとは思わなかったのでうれしかったです。

 帰って息子に「ただいま」って言ってにこっと笑ったら、息子もにこっと笑って「おかえり」と言って、ママを抱きしめてくれました。自分から駆け寄って来ることはあまりない子なので、本当にうれしかったです。謝ったら許してくれました。先生に頼らなきゃだめかなとも思いましたがなんとか乗り切れました。

 また連絡します。



〈返事〉

 プチ家出したママかわいい! なんかそんなママの中に、息子くんと同い年くらいの小さい女の子が見える気がして、ぎゅっと抱きしめたくなっています。息子くんに怒っているようで、お母さんに怒っている小さい女の子のような気もしました。

 パパが迎えに来てくれて、その小さな女の子はうれしかったでしょうね。小さい頃にはなかった体験で、求めていた体験かもしれませんね。そうして小さい女の子が求めていた体験をし直すことで、癒やされて満たされていくのですよね。

 親子が抱っこや日常の抱っこ的関わりで、取り戻していくことも同じなんですよね。まあ、息子くんみたいに小さい頃は、親に受け止めてもらえるけど、おとなになると直接お母さんには無理があるから、おとなの自分が受け止めることになるのですけれどね。だから今回のような拗ねたかわいい女の子に出会ったときは、自分の育て直しができるチャンスなんですよね。

 ・・・なんて、いきなりこんなこと言われても、きょとん!?でしょうね。でも、親子の心のカラクリとやりとりと、自分と自分の中の子ども心のカラクリとやりとりとは、見え方や形は違うけど同じなんですよね。子育てで出てくるとどうにも扱いづらい気持は、ほとんどは思い残しを抱えている小さな子が出てきているんですよね。やっかいでも癒やすチャンスなんですよね。

 それにしてもまたちょっと、息子くんの見せかけに惑わされるママのようになっている感じですね。おばあちゃんがほんとにいいんじゃなくって、そう言って甘えている、ダダをこねて甘えているだけ。ママ大好きママが一番は、いつも変わらなくあるから、そこをもう一度しっかり自覚してね。でないと、息子くんがママ大好きの気持が受け取ってもらえないと感じて、がっかりしてしまうからね。息子くんの気持ちと繋がらない気がしたときには、そんなところに気をつけてね。

 4月の予定が分かったのですね。お会いできるのを楽しみにしています。


〈相談者より〉

 たまに私の中で拗ねた私が出てくるんですよね。でも”拗ねた可愛い女の子”っていいですね。私ってかわいいじゃんって思えます。自分を拗ねた自分を否定するのではなく肯定してあげるのですね。そして自分を育て直しですか・・。なんて奥が深いのでしょう・・。そんな事が出来るのですね。なんだかうれしいです。これからは息子を癒し、私も癒してあげようと思います。なんだか元気が湧いてきました。

 プチ家出の帰り道、パパに芳子先生と同じことを言われました。息子は小さいから甘えているだけで、ママが一番なんだと。パパは私の話をちゃんと聞いてくれて、迷ったときは軌道修正してくれます。パパと結婚して良かった。私はパパにちゃんと癒してもらっているのですね。それを自覚してこれからの人生歩んでいこうと思います。

 何かあったら原点に立ち戻ってみるのが大事ですね。

 先生の教えてくださる事は、子供だけではなく他人との人間関係にも役立ちます。円満な人間関係は私だけじゃなく、他の人も幸せにつながりますよね。

 お会いできる日を楽しみにしています。




【甘え上手は少しずつ】

 2歳2か月のIちゃん。ダダこねがひどいということで相談に来られました。ママの話しをお聞きすると、ママが心配事でいっぱいっぱいになっていて、Iちゃんはそんなママを心配して、気持ちを一人で抱えて頑張ってくれていたことが分かりました。Iちゃんのダダこねがひどくなったのは、甘え下手さんになっていた表れだったのですね。

 ママに抱っこしてもらったのですが、我慢していて気持ちが出てきません。そこで援助者が抱っこを代わり、お手伝いをしようししましたが、「ママのこと心配だったね」に反応はあるものの、なかなか我慢が外れません。そこでママの心配事の話しに戻ることにしました。

 ママは原発事故の後、放射線のことがとても不安でいたけれど、パパは病気が治ったばかりで心配かけられないし、両親は気にしたら食べるものがなくなるよという感じだし、ママ友もどう考えているのか分からなくて話せないのだそうです。自分でも、もっと大変な状況にいる人がおおぜいいるのに、こんなに不安になってしまう自分はおかしい、気にしすぎなのではないかと自責の念にもなる、ということでした。ママが話されて涙を流し、ちょっとほっとすると、Iちゃんもちょっと力が抜けました。

 そこであらためてIちゃんの慰めになりました。今度は、「ママが心配」で泣き出しました。「心配してくれてたんだね」とママもまた涙し、ママの抱っこに代わったら、抱き合って2人で泣いていました。母子の気持ちが繋がりました。

 でもまだしっくりしない抱き心地のように感じ、また援助者が抱っこして深めていくことにしました。Iちゃんはすぐに一人で頑張って甘え下手になりやすいのですが、それはいつからかなあと生育歴をたどっていくと、生まれてすぐにICUに2週間近く入っていて、そこからだということが分かりました。その時はのことを慰めていっぱい泣いて、そうして頑張ってくれてありがとうを伝えて、お母さんとまた気持ちが繋がりました。

 きっかけが分かって、そのことを慰めたことでちょっと甘え上手になったけど、どうしてもまた甘え下手さんの癖はすぐには抜けないのですね。Iちゃんも何回か相談に通われるうちに、少しずつ甘え上手になっていきました。

 ただ、ママが甘えさせ上手になって行く方が、誰しも後れをとるので、Iちゃんの甘え上手も、ママの歩調に合わせるように進んでいかないとなりません。そのあたりが援助が難しいところです。ママが甘えさせ上手になるのには、ママの甘え上手も取り戻すことになるので、そう簡単ではないですものね。こんな時こそ、理想は目標におきつつ、現実のベストでいきましょうね。



【お母さんが甘え上手に】

 2歳のMちゃんは何回か相談に来られた後、とても聞き分けもよくなり、付き合いやすくなって、お母さんは安心だそうです。それなのにお母さんはちょっとしたことでイライラして怒ってしまい、そんな自分をもてあまし気味だと言われます。イライラの原因は何かお訊きすると、「夫かなぁ」とお母さん。お父さんは子育てについてはお母さんに任せきりで、それなのにちょっとしたできていないところを見つけて、責めるいい方をすることがあるという。子どものために精一杯頑張っているお母さんとしては、その頑張りがわかってもらえないのでとてもがっかりするようです。

 でもそのイライラの奥を探していくと、幼い頃からずっと、何でも自分が相手に合わせてきたといいます。そういう生き方を選び、そうした方がいいという信念を持つことで自分を守ってきたのでしょうけれど、自分の気持ちはしまい込んで来たことになりますね。甘えることをしてこなかった甘え下手さんだったのですね。今も子どもにもお父さんにも、自分の気持ちは置いてきぼりに合わせていると言います。それなのに受け取ってもらえない感じがあると、がっかりして、イライラになるようなのです。その気持ちよく分かる気がしました。でもそれも、幼い頃からの思い残しにつながる気持ちなのですよね。

 お母さんは好きな習い事に通っているんだけど、その間はMちゃんを託児に預けるので、罪悪感があって、好きなことなのに楽しめなかったそうです。美容院に行くときも、お父さんに預けていくと、やってもらっている間もゆったりした気持ちではいられず、そそくさと帰ってくるのでした。好きなことをしていても自分の時間を持っても、喜びや楽しみを感じることもないと言われます。

 そこで援助者が、「そんなんでは自分ががわかいそ過ぎるねえ。これからは相手に合わせてもらいましょう」「まずはMちゃんに、自分の楽しいことに付き合ってもらって、喜びを感じていきましょう」と言うと、お母さんは「え?そんなことありなの?」とびっくりされ、ちょっとの間その言葉をこころのなかで反芻していらっしゃるようでした。そして、「それは大発見!」と急に顔がパッと輝きました。ずっと自分を縛ってきた信念が緩んだように見えました。そして、「これから人生が変わりそうと」とおっしゃいました。援助者もそんな予感がしました。

 その日は、Mちゃんの抱っこの時間はとらなくても、Mちゃんはニコニコ顔で、おもちゃのお片付けもさっさとやれていました。お母さんが楽しめたら、Mちゃんもとってもうれしくて、また頑張れるし、安心してもっと甘えられるようになるね。



傷つけてしまわないか】

 3歳のLちゃん。最近イヤイヤが多く、かと思うとお母さんが言うことに知らん顔。お母さんは最初は優しく付き合うのだけど、そのうちイライラしてしまって、怒りをぶつけてしまうか、勝手にしなさい!と突き放してしまうかになってしまう。何とかしたいと相談に来られました。

 相談室に来たLちゃんは、お母さんが援助者と話をしている間、おとなしくおもちゃで遊んでいました。お母さんは幼い頃親が厳しくて育ったのが嫌だったので、そうはしたくないと思うのに、気づくと怒っていて自己嫌悪になり、そうすると逆の方向に振り子が振られて、触れあえなくなってしまうようでした。そこでその中庸、怒らないでしかも触れ合いつつ導けるようになりましょう、とやりとりが始まりました。

 遊んでいたLちゃんにお母さんが「おいで〜」と呼びました。Lちゃんは知らん顔。何回か呼んでも知らん顔で遊び続けていたので、お母さんに迎えに行っていただきました。そこでイヤイヤが出れば、イヤイヤの付き合い方をお伝えできると思ったのですが、Lちゃんはすんなり手を引かれてきて、座布団のところまで来てしまいました。

 お母さんに横抱っこし、お母さんが「Lちゃん大好き。かわいいよ。いつも怒ってしまってごめんね」と話しかけるのですが、Lちゃんは気持ちを引っ込めてしまっていて、気持ちのやりとりになりません。そこで援助者がLちゃんの手をそっと持ちました。そしたらLちゃん、慌ててその手を振りほどいて引っ込めました。

 援助者はこんなとき、この手でお話しできそうだと、手がかりを見つけてニヤッとするのです。でもまだ抱っこ法的やりとりに慣れてないお母さんは、初めて会った援助者に手を触られるのが嫌なんだと思ってしまいます。こんなやりとりをご理解いただくのが最初の一歩となります。援助者としては、子どもって相手が安心できる人かすぐに見抜くことを知っているので、慌てないのですよね。

 やりとりが進んで、援助者が抱っこして、腕の中でイヤイヤしてもらいました。するとやっぱりお母さん、抱かれるのを嫌がっていると思ってしまわれます。そんな時援助者は、緩めに抱っこして、いつでもお母さんの方に行けるようにします。でもLちゃんはなかなか行こうとはせず、イヤイヤと泣いていました。ひとしきりイヤイヤ言ってから、お母さんにところに戻って抱かれたとき、とてもかわいく泣きべそをかき、お母さんにぴったり抱かれていました。お母さんは思わず「かわいい!」と抱きしめておられました。そこでお母さんは少し、イヤイヤ言いたいだけなんだ、イヤイヤ言えて気持ちいいのかなと思ってくださいます。

 それから、お母さんの抱っこでまた援助者がちょっかいを出して、気持ちの我慢を外していくと、Lちゃんのイヤイヤがまた始まりました。お母さんは怯みがちになるけど、援助者に励まされて必死に抱きとめます。でもお母さん大変そう、そこでまた援助者が代わって抱っこしました。さっきより思いきり気持ちを表現してきたLちゃんでした。溜め込んでいた気持ちが一気に吹きできくるときには、怒り泣きになりますから、体のつっぱりやもがきも強くなります。するとお母さんまた不安になって、「こんな嫌がることをして、傷ついてしまいませんか?」と質問されました。

 そうなのですね。嫌だから泣く、嫌なことしているからイヤイヤすると思えてしまうのですね。そこが泣かせない子育てという落とし穴なんですよね。「泣くこと=嫌がっている」という思ってしまうので、「嫌なのね」と抱っこから降ろしてしまい、子どものほんとの訴えを聞く機会を逃してしまうし、子どものイヤイヤはたまってしまい、苦しくなるのですよね。子どもが苦しくなると、本来の自分でいられなくなるので、気がかりが出てくるし、お母さんも付き合いづらくなって、親子の気持ちがすれちがってしまうのですよね。

 それに、傷つくというのは、嫌なことを体験したときに、「嫌だったよ」と泣いて快復しないまま、心にとどめてしまうことなんですよね。傷つかないようにとばかり気をつかうより、傷ついたときにお母さんに訴えられて、よしよししてもらって泣いて癒される関係をつくってあげることだと思います。Lちゃんもこれから子どもの世界に出ていって、お母さんの見てないところで傷つくことも多々あるでしょう。そんな時、気持ちを一人で抱えて頑張ってしまわないで、その都度泣いて訴え傷を癒していけるように、甘え上手になっていてほしいと思います。



【「すき」「すきじゃない」のやりとり】

 本を読んで、お母さんが家で実践した報告をいただきました。その中で、日常でのステキな抱っこ法的なやりとりをされていたのでご紹介します。

***************
 2歳の息子が熱で、外遊びやお買いものにはいけないので、家にいました。ごろごろしながら、なんとなく私が息子に、「だーいすき」と言うと 聞こえないふりをしたので、さらに「だいすき」と言うと、なんと息子は怒ったようにそっぽを向きました。ですので、また「だいすきよ」と言うと、「すきじゃないよー」というので、「だいすき」とさらにいうと、ふざけて「すきじゃないよ」と。

 その「だいすき」「すきじゃない」を何回も何十回も繰り返していました。そのうち、たまらなくなって息子を抱っこしたら、すきじゃないを言うのを止め、ふざけて脱出しようとしたので、 抱っこしようといって、横抱きにして、第2子を出産したときの話をしたり、夫の実家に預かってもらった時の話をしたりしていると、息子が泣きだしました。しくしく泣いているのを見たら、こんなに我慢させていたのかと私まで泣けてきてしまいました。すると、息子が私の涙を拭きながら、「涙拭いて。涙拭いて」と繰り返し言いました。どうしたらいいのか分かりませんでした。

 そして、息子の泣き方が「うわーん」と声を出して泣くようになりました。でも、「(自分で自分に)涙拭いて涙拭いて」「○○ちゃん、だいじょうぶだいじょうぶ」といいながら泣いているのです。

 「大丈夫じゃないんだよね」と私が言いますと、「泣かない泣かない大丈夫」と言って歯をくいしばって泣きやもうとしています。「泣き虫の○○ちゃんもだいすきよ」というと、 また泣いていましたが、やはり最後には「大丈夫」を繰り返していました。

 泣きやむと、「寝る」といって少し目を開いて「ねなーい」と言って、抱っこのまま眠ってしましました。少し眠ってすっきりした様子で起きてきました。熱もさがりました。
***************


 お子さんのかわいいスネスネに、とても上手に付き合っているでしょ。こんなふうに付き合ってもらうと、お子さんはとっても満足でしょう。こんなやりとりが日常にあると、スネスネも少しずつ解けて、甘え上手を取り戻していきますからね。



【糸の切れた凧】

 ダダこね期に困っているお母さん。子どもに振り回されているのはいけないと思いつつ、大泣きされたりかんしゃくを起こされたりすると、どうにも対応できずに折れてしまうとおっしゃいます。何でもイヤイヤで言うことを聞かないし、外に出ると抱っこ抱っこで歩かないし、かと思うと手を振り切って突っ走ってしまうし、お母さんに怒られれば人目もはばからずかんしゃくがすごい。お母さんはほとほと困って相談に来られました。

 そんなお母さんに、お子さんは糸の切れた凧状態になってしまうねとご説明すると、納得してくださいました。糸の切れた凧は、不安定で居場所がわからない、どうしていいかもわからないので暴走するしかない、どうしたいかもわからなくなり風まかせ、そんな感じですよね。自由でいいかのように見えますが、けっして自由ではないのですよね。糸を離さないでいてもらうと、それが支えで冒険ができるし、危なくなれば止めてもらえるので安心して探索でき、羽を思いきり伸ばして気持ちよく自由に大空を飛べるのですよね。

 それに、糸でつながっていると、その糸を通して子どもの気持ちが伝わってくるし、お母さんの気持ちを伝えられ、やりとりができます。あの時いやだったとか、こんな気持ちだったとかが伝わりやすくなり、そうだったんだねとわかってあげられる。子どもはわかってもらえて元気になります。すると子どもは気持ちを自由に表現できるので、ますますお母さんと気持ちが通じやすくなります。

 イヤイヤ・ダダこね・泣きにひるまず、親がボスになる、枠を作ってあげる、掌握する、などでお伝えしてきましたが、糸の切れた凧の伝え方もわかりやすいかと思いますが、いかがでしょう?



【「どうしたいの?」より「こうしようね」】

 夜泣きや眠りが浅い、頻繁におっぱいを欲しがる、おむつ替えが大変、キーキー声を出し泣き出すと止まらない……などで相談に来られたDちゃん。何回か通ってこられる内に、それら気がかりはなくなり、日常は穏やかに楽しく過ごせるようになりました。もうそろそろ卒業かなと思いつつお迎えした、1か月半空いた相談日。Dちゃん1歳7か月になりました。

 「今困っていることはないですか?」とお訊きすると、困っているほどではないのですが、ご飯を食べるときにグズクズして、そのうちわざとスプーンを落としたり、食べものをあたりに散らかしたりするので、、ごちそうさまにしようとするとイヤイヤするのです。それから、絵本のお気に入りのページを見たいのと言うので開くと、すぐに閉じて、そしてまたそのページを開けと言い、開くとまた閉じるのです。どうしたいのか、Dちゃんの気持ちがわからないとおっしゃいます。あまりにイヤイヤが多い時に、横抱っこして泣いていいよと言うのだけれど、のらりくらりと気持ちをはぐらかし、気持ちを表現してくれないのだそうです。

 お母さんにとっての大きな気がかりがなくなり、お子さんもそれなりに落ち着いて、一安心ではあるけど、既にお子さんは次のステップに成長しているのでしょう。ダダこね期に入ってきているのですね。ですから、ご飯を食べるときにグズクズしたり、スプーンを投げたりするとき、「どうしたの?イヤな気持ち聞くよ」と慰めるようとしても、本を開いては綴じしてしまうとき、「どうしたの?どんな気持ちなの?」と気持ちを聞いてあげようとしても、お子さんが求めていることではないのですね。

 ダダこね期になったからといって、気持ちへの共感は基本ですが、行動の励ましも伴わないとならないのです。お姉さん(お兄さん)として成長しようとする心を支える、手を添えて張り合う励ましのやりとりになるのですね。励ましのやりとりをする過程でも、もっと泣き上手甘え上手にしてあげることができるので、ダダこねも受けとめやすい表現になります。

 Dちゃんの場合、食事の場面では食べ物が散らかってもいけないし、本での張り合いも破れそうなので、もっと張り合いやすい、例えば着替えとか、おもちゃの片づけとかの場面からがお勧めです。相談室では、体操のような体のやりとりをよく使います。Dちゃんを仰臥に寝かせてもらい、援助者が足の方に位置し、お母さんに頭の方にいてもらいます。ただ寝ているという課題ですから、日常にやることに比べたら、とても簡単な課題ですよね。

 Dちゃんは寝かせようとするとお母さんにしがみついて泣き出したので、そこでちょっと止まって、お母さんによしよししてもらいます。それからまた「ここに寝るよ」って、寝かせようとしてもらうと、まだしがみつきます。そこでまたよしよしして、再度寝かせもらいます。そんなやりとりをしていくと、5回目にDちゃんのお姉さん心が立ち上がって、泣きながら寝ることができました。それでもまた起き上がろうとするので、お母さんに肩のところで張り合ってもらい、寝ている姿勢を保つようにしてもらいました。少しすると起き上がろうとすることもなくなり、寝るという課題を受け取れて、しばらくの間寝ていることができました。それから更に体操をとも思いましたが、その日はここまでにしました。

 そこでお母さんに抱きあげてもらい、「できたね。偉かったね」とできた喜びの抱っこをしてもらいました。そのときはもうDちゃんは泣き止んで、体の力もすっかり抜けて、懐にしっくり抱かれていました。思いなしか得意げな表情にも見えました。これからDちゃんは、お母さんのお姉さん心を支えられるほどに、お姉さんとして成長していくでしょう。その日Dちゃんも、すっきりしたお姉さん顔で帰っていきました。



【ぼく逃げちゃうよ】

 3歳になったEちゃん、普段は聞き分けがよくお利口にしているけど、一旦泣き出すと手がつけられない大泣きになる。なにか我慢していることがあるのでしょうか。楽にしてあげたい、ということで相談に来られました。

 相談室でのようすも、援助者がお母さんと話している間、おもちゃで静かに遊んでいました。話が終わってEちゃんの番になり、お母さんが「おいで〜!」と、手を差し伸べて呼んだら、さっさとおもちゃを片づけて、お母さんの方を向きました。あ、お母さんの所に来るかなと見ていると、くるっと後ろ向きになってまたおもちゃを出そうとしました。見え見えにかわいく拗ねたEちゃんでした。

 そこで援助者が迎えに行き、1つ出してしまったおもちゃをしまうように手を添えると、そこから「イヤ〜!」と座り込みをして泣き出しました。ここで張り合いをすると大泣きになり、Eちゃんはそれを期待しているようでしたが、初めてのお母さんは戸惑われると思い、お母さんに来てもらって抱っこして移動しました。Eちゃんは泣き止んでお母さんにしがみついていました。

 そのまま座布団に座って横抱っこしたEちゃんは、少しうつむき加減で抱かれていました。顔を見せないのです。顔を見せないのは寂しいからと、お母さんに顔が見えるように誘ってもらいました。するとEちゃんは、今度は首を反り返えさせてそっぽを向きます。反り返りを直そうとすると、今度はお母さんの胸に顔を埋めます。

 そんなかわいい拗ね拗ねのEちゃんだったので、絵本『ぼくにげちゃうよ』を読んでみました。「読んで楽しい癒やしの絵本」でも紹介していますが、子ウサギが「逃げていなくなっちゃうよ」「魚になって逃げちゃうよ」「鳥になって逃げちゃうよ」と母さんウサギに投げかけます。母さんウサギはその一つ一つに「逃がさないよ」と返します。最後は母さんウサギの胸に飛びこんだ子ウサギは、もちろん抱っこで大満足。

 読み終わってEちゃんのやりとりに戻って、「あ、Eちゃんの顔が逃げたな。お母さんは逃がさないよ」「あ、脚が逃げたな。逃がさないよ」「あ、首が逃げたな。逃がさないよ」と、かわいい拗ね拗ねを拾っていきました。しばらく遊びのようにやりとりをしていくと、Eちゃんはうえ〜ん!と泣き出しました。お母さんがよしよしできるような、穏やかな泣き方をしばらくして、眠ってしまいました。

 癒やしの抱っこも励ましの抱っこも、かわいい拗ね拗ねを次々繰り広げる子どもたち、お母さんに「逃がさないよ」と付き合ってもらうとうれしいくて、安心をもらい、大好きも伝わるのですよね。それに、逃がさないでつかまえようとすると、イヤイヤしてしまうEちゃんだと、「嫌がっている」と思ってしまうお母さんでしたから、かわいく拗ねて甘えているだけなんだと、伝わったようでした。よかった。



【保育園で毎朝大泣き】

 お母さんの育児休暇がもうじきあけ、復職することになって、2歳になるAちゃんの慣らし保育が始まりました。抱っこ法的関わりを知っていたお母さん、事前にお母さんが仕事に行くので保育園に行くことをよく説明し、お母さんは離れていてもいつもAちゃんのこと思っていること、時間になったら必ず迎えに行くこと、困ったり寂しくなったりしたときは泣いていいこと、先生はこの間会った○○先生、お母さんの代わりに先生を頼りにしていいこと、お友だちもAちゃんと仲良くしたいと思っていること、などなど丁寧にお話をして、初日を迎えました。

 初日は2時間の保育。離れるときには泣いていいと思っていたお母さんでしたが、2時間ずっと泣いていたという報告を先生から聞いて、とても心が痛んでしまいました。でもきっと、だんだんに慣れると、自分に言い聞かせて、次の日も送っていきました。

 ところが次の日も泣きっぱなし、その次の日も、そして迎えた週末。緊急に相談室に来られました。お母さんはあまりに泣かれるので、仕事を辞めようかと迷い始めているといいます。相談室でのAちゃんの様子はといえば、落ち着いていて表情もよく元気で、お母さんから離れて玩具で遊んだりしていて、援助者には、保育園で泣きながらも頑張っているのではないかと思われました。

 抱っこでAちゃんの気持ちを聞くことになって、お母さんが抱きとめると、すぐに泣き出しましたが、少しもがくものの、涙をポロポロと流して上手に泣けていました。さすが泣き上手のAちゃんです。

 抱っこしながらお母さんの話を聞いていくと、お母さんもAちゃんくらいの時から保育園に預けられていて、怖くてさみしかったことが今でも心に残っている。こんな思いをAちゃんにはさせたくないと話されました。その話になったら、Aちゃんの泣きが一段と激しくなりました。Aちゃんの保育園での様子に、お母さん自身の幼少時の体験が重なっていたのですね。でもお母さんはあまり泣かずに頑張ったとのことで、おばあちゃんにAちゃんの話をしたら、「あんたはいい子だったのに、Aちゃんは甘やかしているから」と言われてしまったといいます。

 そこに癒しの子育ての1つのカラクリがあることをお伝えしました。
「保育園に預けられてさみしかったではなく、保育園に預けられてさみしい気持ちをわかって、よしよししてもらえなかったから、さみしさがずっと癒されないでいる」
なんですね。もちろん怖い気持ちも同じです。

 Aちゃんは、
「さみしい気持ちを泣いて表現でき、さみしいんだねとわかってもらい、よしよしもしてもらい、さみしい気持ちが癒されている」
なのでしょう。お母さんの時とはぜんぜん違いますよね。泣き足りないとリラックスもしきれず、緊張が続くので、嫌な思い出や気持ちが残りやすいのですよね。

 そこでお母さんの時間を作って、援助者がお母さんの気持ちを聞きよしよしして、お母さんが泣き出したら、Aちゃんは安心したように眠ってしまいました。お母さんがずっと抱えていたさみしい気持ちが、少し癒されたようでした。

 親自身の気持ちが癒されずにしまわれているとき、我が子の同じような体験で疼き、ともすると自分の気持ちとごちゃ混ぜになって、我が子の気持ちに寄り添えず、成長しようとする足を引っぱってしまうのですよね。親自身の気持ちとわが子の気持ちとの線引きが大事なんですよね。

 Aちゃんはお母さんによしよししてもらいながら、泣きながら頑張ることができ、それから一週間が過ぎた頃には、遊ぶこともできるようになって、1ヶ月経った頃には、保育園生活も楽しめるようになったと言います。でも泣き上手のAちゃん、泣きたいときにはえ〜んえ〜んしているようです。それでこそ無理なく頑張れるね。お母さんも安心してお仕事頑張れるね。



【上手にダダこね】

 Aちゃんは1歳7か月になり、ダダこね期に入って、イヤイヤが多くなってきたといいます。でもお母さん、泣かれるのにはだいぶ大丈夫になって来たけど、ダダこねは受け取るのが苦手だと言います。

 その日はお母さんが集いに参加してる間、スタッフと待っていたAちゃん。Aちゃんより1歳上と、2歳上のお姉さんが一緒だったので、Aちゃんは楽しそうに遊んでいました。お姉さんに玩具を渡したりもらったり、ほしいのを察して取ってあげたり、スタッフがこれ片づけてからこっちを出そうねとか言うことにも、イヤイヤ言わずにやっていたAちゃんでした。お母さんに時間をあげるために、精一杯頑張っている感じでした。

 そのうちAちゃんは、カゴに入っていたぬいぐるみを全部あたりにポイポイ。そろそろ頑張りきれなくなってきたのが伺えました。それはよくある抱っこ時のサイン。それではと慰めの抱っこをしようかなと思ったとき、お人形が着ていた服を脱がせて、裸ん坊にしてポイしました。あれ? これは何か意味あるサイン? 何かわかってほしいことある?

 お人形を裸ん坊にしたままにしてるのが気になって、先ずは洋服を着せようよと誘ってみました。Aちゃんはその誘いに本格的なイヤイヤを始めました。そこでスタッフが横抱っこして、イヤイヤを受けとめながら、思いつくことを慰めてみました。でも慰めには乗ってこなくて、ただひたすらイヤイヤしていました。

 その間3分くらいだったでしょうか。ちょっと落ち着いたので、また人形に洋服着せようよと誘いましたがまだ応じず、もう一度イヤイヤ。今度は1分足らずだったと思います。でもその後では、スタッフが着せるのに、一つ一つ洋服を取って、手渡してくれました。そして洋服を着せた人形を、カゴにちゃんとしまえました。

 そのイヤイヤはとってもパワフルで、腕の中においておくのが大変なくらいでした。もしその時放したら、畳の上に寝転がってイヤイヤしそうな勢いでした。こんなにパワフルなAちゃんは初めてでした。あっぱれなイヤイヤでした。ママが集いが始まる前に、Aちゃんに、「ここならダダこねしても大丈夫」と言っていたのを、Aちゃんはちゃんと覚えていて、安心してダダこねしたのでしょうね。

 ママから、パパとお出かけのときにイヤイヤしたと聞きましたが、こんなパワフルなイヤイヤだと、パパも外だと大変でしょうね。ママはまだ受けとめられないことを気になさっていますが、Aちゃんはイヤイヤする力は充分あるので、安心していてくださいね。今はパパを相手にしてもらいましょうね。その日はスタッフを相手に、上手にダダこねしたAちゃんで、ちょっとお姉さん顔になって帰って行きました。



【求めにすべて応じても、かんしゃくを起こす】

 3歳の男の子。弟が生まれてから赤ちゃん返りがひどく、聞き分けも悪くなりました。お母さんは、弟が生まれてからの愛情不足が原因ではないかと思い、つとめてかわいがり、求めることには応じてやるようにしたのですが、大ぎな変化はありませんでした。

 手紙をいただいたとき、愛情不足というよりは、暴れずにはいられないほどにたストレスが溜まっているかもしれないと思い、私は「まずは暴れるお子さんをしっかり抱きしめてやったらどうでしょう」と助言しました。そして、かんしゃくを起こすたびに何度かお母さんが抱きしめると、腕の中でゆったり落ち着けるようになりました。

 その後、お母さんと男の子に来談してもらい、私がお母さんとあれこれ話をしていたとき、男の子は、甘えられなかったさびしさを訴えるどころか、意外な話で泣き出したのです。

 それは、「弟の妊娠中にお母さんが切迫流産で入院したとき、お母さんに心配をかけたくなくて、一言も“ママ”と言わずにがんばっていた」という内容でした。お母さんはうれし涙を流して男の子を抱きしめました。



【ダダこねからお兄さんに】

 1歳半になったJちゃん。少し前からイヤイヤが多くなってきて、お母さんはいよいよダダこね期だなと覚悟はしていたものの、イヤイヤばかりになるととっても大変でイライラもしてしまいます。

 そんなJちゃん親子が久しぶりに相談室に来られました。赤ちゃんの頃何回か来られて、お母さんが家で取り組めるようになっていたのですが、ダダこね期で困ったらまた来てね、とお伝えしていたのを思い出してくださったようでした。Jちゃんは歩けるようになって、赤ちゃん期卒業のようなお兄さん顔になっていました。

 相談室でのJちゃんにようすを、お母さんの話を聞きながら見ていると、テーブルの茶碗や棚の書類などをいじろうとして、そばにいた援助者にとめられて、また別の方で書類を出そうとして、お母さんに止められて、でもまたあきらめずに書類棚にいくJちゃん。好奇心旺盛ではあるけど、ちょっと地に足が着いていない感じがしました。

 お母さんは、「家でもダメなものばかりいじりたがり、止めても何回も何回もいくので困ってしまいます。それも私の顔を見ながらやるのですから、いけないと知っていてやる現行犯ですよね。その態度もまたイライラしてしまいます。まだ何か慰めてあげることが残っているのでしょうか。まだ我慢しているのでしょうか」と困り顔。

 そこで、Jちゃんのお兄さん心を応援する励ましの抱っこをお母さんにご伝授することにしました。その援助者の気持ちを察したのか、Jちゃんはまた棚の書類をいじりに行きました。お母さんはすかさず止めて、ひょいと抱いて連れて来られました。確かにお母さんはいけないことはさせないように止めていらっしゃるようです。でもね、ひょいと抱いてしまうと、お子さんは納得でやめたのではなく、やりたかったのにという気持ちや、イヤイヤの気持ちが置いてきぼりになってしまい、お兄さんになりたい気持ちも宙ぶらりんになってしまうのです。

 棚の書類に伸ばしたJちゃんの脇の下を支えながら手を止めて、「触りたかったね。でもあれはダメだからやめてね」と、共感と励ましで寄り添うと、たちまちJちゃんのイヤイヤが始まりました。しばらくその場でイヤイヤしてもらって、力が少し抜けてきたところで、抱っこします。そして目を合わせられるように抱いて、「あれは触ってはダメ。やめてね」と言い聞かせます。するとJちゃんは、腕の中で思いきりイヤイヤとダダをこねて甘えられました。落ち着いたときにはすっきり顔になり、それからはもう棚の書類は触らなくなりました。お兄さん心がすくっと立ったときです。

 ダダこね期は、赤ちゃん心とお兄さんお姉さん心とせめぎ合う時期で、赤ちゃん心をよしよししながらも、お兄さんお姉さん心を応援してあげることが大事なんですよね。慰め上手になっているお母さんは、ともすると「何が辛いの?」と慰めに片寄ってしまい、お兄さんお姉さん心の応援が手薄になってしまいます。それでは育とうとしているお兄さんお姉さん心ががっかりしてしまいますし、泣いてもすっきりしないでむしろ泣きすぎになったもりもします。そんな時子どもは、さあお母さんどうする?と期待するかのように、顔を見ながらいけないこともしますからね。それをお母さんが見過ごしていくと、ダダこねがエスカレートしていって、しつこいダダこねになっていくのですよね。

 そんなやりとりは、『1〜6歳 成功する!しつけー叱らなくても大丈夫ー』に詳しく書いてあるので、Jちゃんのお母さんにお勧めしました。でも実際のやりとりをここでしっかり体得されたら先が楽なので、また何回か練習に来られることになりました。

 もうお兄さんなんだから、そしてもっとお兄さんらしくしたいんだから、お母さん手伝ってねと、Jちゃんの気持ちがお母さんに分かってもらって、にこにこで帰りました。お母さんも新たな覚悟ができたようで、お母さんのおとな心もすくっと立ったようでした。



【断乳の頃の思い】

 子どもが1歳7か月の時に断乳しました。その頃自分の体調が悪くて、段々にやめる方向に、昼間の間隔を空けたり、夜のおっぱいをやめたりしていたのですが、寝る前の1日1回のおっぱいは続いていました。その1回もやめようとした時に、最後のおっぱいはすごく大事にしたいと思って、おっぱいマッサージに行っておいしいおっぱいにして、ゆったりできる日を選んで、最後の儀式となるその時を迎えました。「さあ、最後のおっぱいよ」と飲まそうとしたら、子どもは「くさい!」と言って逃げて行ってしまったのです。私は「え!?え〜!」という感じで、とてもがっかりだったのですね。子どもはその後は1回もおっぱいのことは言わず、慰めの抱っこをしても反応なしだったので、この子にとっておっぱいはそんなもんだったのかと、さみしい気持ちがしていました。

 子どもが成長して、背丈がちょうど口がおっぱいの位置になったとき、誰もいないエレベーターの中とか、家でちょっとした時に、服の上からだけど、がばっとくわえてくるようになったのです。最初はなにしているんだろうと戸惑ったけど、ああ、断乳の時の気持ちからだろうとわかりました。

 断乳のその頃は自分がとてもつらい時期だったので、子どもはそうして協力してくれていたんですね。それがわかって、それだけ私のことを大好きで、私のことを思っていてくれたからなんだとわかったのですね。

 そんいう子どもの気持ちがわかって、あの時に言ってくれればよかったという気持ちもあるけど、今だから「ありがとう」とその気持ちを受け取れるけど、当時にわかったら、その時はほんとにきつかったので、ひどい母親と自分を責めるだけだったと思う。

 断乳からすごい長い時間だったけど、いいおっぱいの体験の思い出になりました。今でもおっぱいにかぶりついてくる時があるけど、遊びにしたりして楽しく付き合っています」

 こんなふうに、いつでもやり直せるのですね。



【ゴハン食べようか】

 先日、お姉ちゃんが下の赤ちゃんのおっぱいが足りなくなるくらい飲んでしまって困っている、という相談がありました。お会いするまでに少し日にちが空くので、お姉ちゃんのお姉さんになりたい気持ちを信じて、誠意を込めてお願いしてみてください、とお母さんにお話ししました。

 その後、そのお母さんからの次のようなFAXをいただきました。

************
 お電話でお話しした翌日、朝起きるなりおっぱいをほしかった娘に、『もう赤ちゃんじゃないんだから、おっぱいは赤ちゃんにあげよう。お姉ちゃんになりたい気持ちがあるって知らなかった。これからは応援するね。なれるって信じているよ』と伝えながら、ヨシヨシしていると、しばらく激しく泣いたあと、ケロッと「ゴハン食べようか」」というように、気持ちを切り替えたので、やめ時なんだなと感じ、以後断乳をつづけてきました。

 『お姉ちゃん』として扱われると、うれしそうにして、落ち着いてきたかも・・・と感じていたんですが、ここ2、3日朝からすごくふきげんだったり、怒りっぽくて、私までイライラ、優しくできなくなって、するとさらに娘はぐずぐずと悪循環に陥っています。

 娘の態度の発端は私。落ち着くのも私次第と分かりつつも、「もう、イヤだ!」とうんざりしてしまう自分がいます。

 明日の相談、よろしくお願いします。
************


 やったねお母さん! すごいねお姉ちゃん! 明日はいっぱい気持ちを聞くからね。さみしい気持ちも頑張った気持ちも聞くからね。



【2つのかわいい】

 2歳のお子さんをつい怒ってしまうというお母さん。相談に来られていて、少しずつ、お子さんが甘え上手になってきて、泣いたりダダをこねたりできるようになっています。お母さんも、泣くことはいいことだ、ダダをこねるのはいいことだと、理解はしていて、前よりずっと甘えさせ上手になっているのですが、それでもあまりにダダこねがひどかったり、いやいやばかり言うと、イライラして怒ってしまうと、つらそうに話されます。

 お母さんに話しを聞いていくと、子どもにイライラしてしまうより、わかっているのに受けとめられないで、怒ってしまう自分にイライラしていたのでした。なんて優しいお母さんでしょう。かわいい我が子を、どんなときも「かわいい!」と抱きしめてあげたいのですね。

 そこで援助者がお母さんに、「かわいいという気持ちを、抱きしめることで現すのと、怒って現すのとの違いでしょ。どっちも我が子がかわいくて大好きで大事だからなんだよね」と言うと、ハラハラと涙を流していらっしゃいました。そしてお子さんをいかにも「かわいい!」というように抱きしめておられました。



【指しゃぶりありがとう】

 Nちゃんは1歳8か月。指しゃぶりがひどくて、なんとかやめさせたいと相談にいらしゃいました。指しゃぶりは夜中ちゅぱちゅぱやるし、昼間も気がつくとしゃぶっている。玩具も片手で扱ったり、何かに取り組むのにも不自由そうにしている。それでは楽しんで遊べないと気になる。

 知り合いの人やママ友に相談すると、指に芥子を塗るといいとか、包帯や手袋をはめてみたらとか、強く叱るといいとか聞くが、心に傷を残すのもイヤでできない。それでもお母さんは、指しゃぶりをしているのを見るとイライラしてしまって、結局怒ってしまっているという。

 相談室に来たNちゃんは、なるほど指しゃぶりをしている。お母さんに面接票を書いていただく間、お母さんのすぐそばに座って指をしゃぶりながら、部屋のようすを眺めたり、援助者が玩具を持っていくとちょっとさわってみたりしている。でも指しゃぶりがNちゃんの主なやることになっていました。

 日常のようすをお聞きすると、どうやら泣かれるのがとってもつらくなるお母さんのようでした。指しゃぶりは、泣きたい気持ちを我慢したいときにすることが多いのですね。お母さんが泣かれるのにつらくなるなら、指をしゃぶって我慢するよと、子どもなりの対処法だったのでしょうね。

 お母さんに対面で抱かれて指をしゃぶっているNちゃんの手を、援助者が外して持ってみました。するとすぐにNちゃんは可愛くうえ〜んと泣きます。手を放すとすかさずしゃぶり、泣きは収まります。ちょっとしてまた手を持って口から放してみると、Nちゃんはうえ〜ん。そんな繰り返してしていたら、手を放すと口に指が行くのですが、泣き続けるようになりました。我慢していた泣きたい気持ちがやっと少し出てきたみたいでした。援助者はいいぞいいぞと思ってみていましたが、お母さんはオロオロで、急いで立って揺すったりし出しました。まだほんのちょっと泣いただけなんですけれど、お母さんは居ても立ってもいられなくなるようでした。

 お母さんはほんとに泣かれるとつらくなってしまうのですね。お母さんの気持ちにそれほど切なくなるわけが、生い立ちのなかにあったのでしょうね。そんなお母さんをヨシヨシと見守ることからにしました。お母さんとしては、指しゃぶりがとっても気になり止めさせたい気持ちと、泣かれるととってもつらくなるので泣かないでという気持ちが、真っ向から対立することになっているので、その微妙な兼ね合いをゆっくり探していくことになりました。

 その日は、援助者の抱っこで1〜2分泣いてお母さんの抱っこに戻るを、ほんのちょこっとやって、「指しゃぶりありがとう」というところにはたどり着いて終わりました。それでも、帰る頃にはだいぶ少なくなっていた指しゃぶりでした。



【手を添えて教えてね】

 3歳のGちゃんは、言葉が遅く、保健所の検診で専門医を紹介されて病院に行き、発達障害の診断を受けました。赤ちゃんの頃から過敏で夜泣きもひどく、苦労をして育ててこられたようです。

 相談室に通ってこられて半年、今では言葉も増えて、簡単な会話は成立するようになりました。でもまだ行動面でうまくいきません。集団で動けないし、言うことを聞けません。相談室では、癒しの抱っこに並行して、励ましの抱っこもしてきていたのですが、日常にお母さんが取り組めるようになる時が来たようです。手を添えて一緒にやることの大切さを、お母さんに体得していってもらうことになりました。日常ではどうしても言葉で伝えて、それで通じないでお母さんはイライラという繰り返しのようでした。

 手を添え体を支えてのやりとりが大事なことは、今までもお伝えしてきていたのですが、今回改めてお話しすると、お母さんから意外な疑問が出されました。「手を添えてやることになれてしまうと、本人に甘えができて、いつも頼るようになってしまうのではないでしょうか」と言われたのです。そうだったんだ、そう言う疑問があったのでは、こちらからお伝えしていても、お母さんがやる気にならなかったのは当然でしたね。大切なポイントが、思いがずれていて伝わっていなかったなんて、申し訳ないことでした。

 手を添えるというのは、こちらがやってあげてしまうことではなく、本人がやるのをただ支えるということなんですね。つまりは気持ちを支えることなんでよね。手を添えているだけで、触れているだけで、子どもは勇気をもらい、やってみようという力を出しやすいのですよね。特に自信をなくしているお子さんには、その小さな一歩を踏み出す勇気を、手を添えて体を支えてもらうことで持てるのですよね。

 そして、手を添えて体を支えていると、子どもの気持ちが直に伝わってきて、こんな気持ちでいるんだということがわかります。やろうとするけどできない心許ない感じや、やりたいでもできないと葛藤しているようすが、伝わってくるのです。それから、そんな気持ちがあるときに、イヤイヤと感情表現しやすくもなります。イヤイヤをひとしきり表現して、ストレスが発散できると、やろうという気持ちが大きくなり、勇気も出てくるのです。

 Gちゃんもその日は、お母さんと積み木積みの課題を、手を添えてやってみました。10個の積み木積みは、本来のGちゃんなら簡単なことのはずですが、最初はなかなか積もうとしないし、2〜3個積んでは崩してしまい、やる気のなさを見せていました。でもお母さんは体でその葛藤を受け止め、手を添えて勇気を支えてくださいました。するとある時点でGちゃんは、さっさと積み終えました。そしてほっと肩の力を抜いて、お母さんに甘え泣きしていました。お母さんも納得されて、これからは何かにつけて、口だけではなく手を添えて導く大切さを実感してくださいました。



【5分の抱っこ】

 Fちゃんはもうすぐ2歳。ダダこねがしつっこくかんしゃくもよく起こす。指しゃぶりも激しくて、何か気持ちをため込んでいるのではないか。本を読んで家で取り組んでみたけれど、何で泣いているのかがわからないし、20分以上も突っ張ってのけぞって怒り泣きばかりで、嫌がるのを無理に押さえているように思えて……と相談に来られました。

 なにか気持ちを溜め込んでいるようなので、何とかしてあげたいというお母さんの気持ちがあったので、それではため込んだ気持ちをまず発散させてあげましょうと、お母さんに横抱っこしてもらうことにしました。でもお母さんが抱きかかえようとすると、もがいてするっと膝から逃れてしまうFちゃんでした。離さないでと援助者が声をかけると、お母さんはまた抱きかかえますが、でもまたするっと離れてしまい、なかなか横抱っこにもできない感じでした。こんな感じでは、家での取り組みがやりにくいことが予想されました。

 そのひるんでしまうお母さんの気持ちはなんなんだろうと思いつつ、援助者が抱きとめてみました。するとFちゃんはすぐにかわいく泣き出しました。う〜んかわいいね、楽に泣けるねと援助者は微笑ましく抱いていたのですが、お母さんは、「大丈夫!抱っこの先生だからね。怖くないよ。痛いことしないよ」と、泣いているFちゃんに安心させようと言葉をかけます。お母さんとしては、癒しの抱っこをして溜め込んだ気持ちを楽にしてあげたい、という気持ちも確かにあるけれど、いざ泣かれると心配でたまらなくなってしまう気持ちも大きいのですね。お母さん自身も泣かせない子育ての洗礼を受けているのですから、無理もないことなんですよね。

 援助者が抱っこしても気が気ではなくなるのですから、お母さんが抱っこしてよしよしするのはとても大変そうです。でも子どもに楽になってもほしい。そこで先ずは援助者が5分間抱っこからすることにしました。5分くらい抱っこしてよしよしして、そしてお母さんに戻します。お母さんには落ち着きやすい縦抱っこにしてもらいました。そしてまた援助者が抱き取って5分間抱っこ、そしてお母さんに戻す、と言うのを3回くり返しました。お母さんは、お母さんに戻ったときの抱かれ具合が違うと、感想を伝えてくださいました。1回目より2回目の方がしっくりして、そして3回目はとってもぴったり身を寄せて抱かれ、体で甘えてきてくれた実感を持ってくださったようでした。

 泣いて楽になることを体で実感できることが積み重なっていくと、きっと泣かれることにも動じないお母さんになってくださるでしょう。こんな感じて少しずつがいいですねということで、一週間後の予約を取って帰られました。



【苦しさ根っこの芽】

 Eちゃんはもうすぐ3歳。お兄ちゃんが幼稚園で、お友だちを叩いたり暴れてしまったりして困っていて、ここ半年くらい通って来られていたのですが、お兄ちゃんが落ち着いたところで、Eちゃんの番になりました。Eちゃんは何も困ったことはなく、いい子をしていました。でもそれがお母さんには、いい子過ぎているのではと気になっていたと言います。お母さんがお兄ちゃんのことで手一杯だったので、いい子をさせてしまったのではという思いもあったようです。

 相談室に来たEちゃんは、入口で固まっていて、お母さんに挨拶を促されたら、お母さんの後ろに隠れてしまいました。そんな様子を見て、いい子過ぎてはいないのでは?と、援助者はちょっと安心しました。もっといい子していると、初めてのところでもなんでもないかのように振る舞ってしまうからです。初めてのところに来て、不安を態度に出せてお母さんを頼りにするのは、安心なことだと思ったのです。

 でもいざ抱っこになったら、お母さんが抱っこしても、援助者が抱っこしても、身じろぎもしないですんなり抱かれてしまい、でもリラックスはしていないで、やっぱりいい子でした。「ずっとお母さんを助けてくれてありがとう。もう大丈夫だから、お母さんに甘えていいんだよ。我慢しないでいいんだよ」というのですが、なんの反応もなく、まるで存在を消しているかのように抱かれていました。こんな時は抱っこしていても軽く感じるのです。

 いつからこんなに我慢するようになったのか探っていくと、お腹の中にいたときのことにまでさかのぼりました。妊娠後期に急に中毒症になって、お母さんもEちゃんも大変な思いをしたのだそうです。妊娠中毒症になると、母胎を守るように体が総動員して、そして自然の働きで、胎児を押し出そうという動きが出るのだそうです。それで胎児を守るのがとても大変なんだそうです。

 援助者が抱っこして、「お母さんがEちゃんをいらないから出そうとしたと思った?」と言葉をかけると、一気に泣き出しました。それはそれは悲しそうに、悲鳴のような声で泣きました。しばらくよしよしとしてから、お母さんの抱っこに代わって、「そうじゃないよ。体がそうなっただけ。Eが生まれてくるのを待ってたよ。Eを守るために必死だったよ。Eちゃんが生まれてきてくれてとってもうれしかったよ」と、お母さんが話してくださいました。

 それでちょっと安心したEちゃん。もう一度援助者に代わって、「苦しかった!」に身もだえして泣き、「死ぬかと思った」で大泣きして、その後でお母さんに代わったら、やっとお母さんに甘え泣きができました。Eちゃん、もう一人で我慢しないで、お母さんに甘えてね。

 おとなになって自己否定の塊を持って、苦しく生きている人はいっぱいいますよね。そんな自己否定の始まりが、こんなことから始まることもあるのだと、Eちゃんのセッションを通して見せてもらいました。でもここで勘違いしないでほしいのは、そのことが苦しい根っこの芽になった、というよりも、そのことがきっかけで甘え下手になってしまった、ということが、自己否定の芽にもなっていくということです。何があっても、甘え上手の子どもになっていれば、泣いて癒やされていくし、お母さんと心を一つにできるので、自己否定の道は歩まなくなるはずなんです。

 Eちゃんはこんなに小さいうちに、苦しさの根っこに気づいてもらって、慰めてもらって、泣いて癒やされて、よかったです。甘え下手になっていたEちゃんは、こんなやりとりがなかったら、自己否定の芽が大きくなってしまったかもしれません。お母さんはいままで、手のかからないEちゃんに助けられてきました。だから今まではそれでありがとうなんですよね。そしてこれから、もっともっと甘え上手なEちゃんになってもらいましょう。2週間後の予約の日、Eちゃんはどんなに甘え上手になっているか楽しみです。



【止めてもらうと自由】

 Dちゃんは1歳半、そろそろダダこね期に入っているようで、聞き分けが悪く、お母さんが怒ると、物を投げたり、お母さんを噛んだり、お母さんもイライラしてしまう。普段もグズグズが多く、おっぱいも頻繁にほしがるようになって、我慢をさせてきたのかな、訴えがあるなら聞いてあげたいと相談に来られました。

 相談室に来たDちゃんは、そんなようすはなく、居合わせた少し年齢が上のお子さんのそばで遊び始めました。お母さんに話す時間をくれるかのようでした。

 お母さんは幼い頃、とても厳しい両親に育てられて、愛されていないのかもしれないと思うほどだったそうです。それで我が子には、そんな思いはさせたくない、自由にのびのびと育てたいとおっしゃいました。

 いままでの赤ちゃん時代は、できることはなんでもしてあげてきたお母さん。でもダダこね期になると、なんでも欲求をかなえてあげていいのか、やらなければならないことはあるし、やめて欲しいこともあるし、しつけなければならないこともあるので、のびのび育てることとどう折り合いを付けたらいいのか、そのあたりに迷いが出てしまわれたようでした。

 お母さん自身が厳しく育てられてつらかったときには、我が子はのびのびと育てたいと思うのが親心ですよね。でもそれが行きすぎて、ダメなこともダメと言えずに、わがままっ子になってしまい、お母さんは振り回されてしまい、ほんとののびのびではなくなってしまうこともよくあるのですよね。それで言うことを聞かない、聞かせられない関係になってしまい、お母さんは最後にはイライラして爆発、あるいは勝手にしなさいと無視になってしまうのですよね。

 のびのび育てたいという思いが強いお母さんは、お子さんを導いて、すてきなお兄さんお姉さんになってもらうために、体で止めたり、張り合ったりを体得していただこうとするのですが、どうも力が入らないのです。おとなの方がずっと力があるはずなのに、1歳でも、「もう力が強くて……」とお手上げになってしまいます。お母さんの気持ちを思うと無理もないのですが、子どもからみると心許ないのですよね。心許ないと不安になってしまい、かえってのびのびできなくなるのですよね。

 Dちゃんのお母さんも、説明を受けて頭ではわかってくださっても、体がなかなか動いてくれません。そこで、お母さんの腕で、@ちょうど好い加減でしっかり保持、Aすぐに離してしまう、Bがっちり持ちすぎてしまう、の3つの体験をしていただきました。言ってみればお母さんの幼児体験は、Bだったのでしょうから、その体験の時は、反発するどころか萎えてしまっていました。その萎えちゃう心の動きが、子どもとのやりとりにも出てくるのでしょうか。それでも、Aはとても心許ないしさみしい、と感じられたようでした。そして@は、一緒にいてもらえる安心があり、その中で気持ちのままにいられる、やっぱりこうがいいですね、と実感されたようでした。

 最後のお母さんの一言は、「止めてもらうと自由なんですね」でした。そうそう、孫悟空のお釈迦様の手の内の話しのように、お母さんに守られた枠があると、安心してのびのびできるのですよね。子どもは、やりすぎたり間違えたりしたら止めてもらえることがわかっているので、気を遣わずに思う存分に自己表現ができるのですよね。

 止めてもらうと自由という、一見矛盾するような子育ての大事な話しでした。



【イライラの種はどっち?】

 2歳3か月になったBちゃん。なにしろすべてがイヤイヤ。お母さんはイライラして、怒るか無視するかになってしまう。でも、Bちゃんはケロッとしていて、お母さんがぷんぷんしているのに、「Bちゃんここにいるよ〜!ばぁ〜!」みたいにしてくる。そうするとお母さんは「なんなのよ!あんたが怒らせたのに!人をバカにして!」とますます怒ってしまう。泣きたい気持ちがたまっているのだろうと思って、抱きしめてみるのだけれど、全く泣かない。普段も、イヤイヤはひどいけどめったに泣かないが、何かで泣くと、長泣きになって、それもうんざり。何かもやもやがたまっていると思うので連れてきたとお母さん。

 そんな話しをお母さんからお聞きしている間、少し離れたところでおもちゃで遊んでいたBちゃん、居合わせた少し小さい子におもちゃを取られたと、泣きながらお母さんのところに来る。お母さんに対面で抱かれてぴったりくっついていた。お母さんに素直に甘えられている姿が見られた。でも家では大変という。

 そこで横抱っこにしてもらうともがいて泣き出す。何かもやもやがあるという「何か」の前に、感情ストレスがたまっているようなので、まずは発散してもらうことにする。ひとしきり発散するとすっと落ち着いて、眠ってしまった。15分ほどのことで長泣きにもならず、いい感じで経過していた。何かと突き止めようとすると、お母さんの気持ちがそっちに行ってしまって、今ここのBちゃんの気持ちのそばにいられなくなるのかもしれないと思いました。そのときはお母さんの気持ちが今ここにあって、Bちゃんの気持ちにしっかり寄り添っていたので、満足したのかもしれません。

 お母さんの腕のなかで気持ちよさそうに眠っている間、ほんとはそのBちゃんにも気持ちを向けていられたらもっとよかったのですが、お母さんは聞いてほしい気持ちがあって、お母さんの話を聞くことになりました。相談室でのBちゃんのようすと、日常のようすがずいぶん違うようで、何でかなと考えつつお聞きしていました。お母さんはお姑さんとの関係でかなり参っているようでした。お姑さんに言われたことがいくつも心に突き刺さっていて、だいぶ怒りがあるようでした。でも夫に話しても軽くあしらわれてしまうし、実母に話すと共感しすぎてしまってごちゃごちゃになっちゃうしと、一人でため込んでいたようです。な〜んだ、イライラしていたのはお母さんだったんだ。

 「子どもって、お母さんのイライラがたまっているのを感じ取って、そのイライラが出るように助けてあげようとして、イライラのタネを作ることもあるんだよね」と援助者が言ったとき、眠っていたはずのBちゃんが目を覚まし、「おしっこ!」とトイレに。ここのところできていたトイレもできなくなって、それもイライラのタネだったのに、なんと久しぶりに教えてくれて、トイレでおしっこができました。ということはBちゃんはお母さんを助けようとして、怒らせてあげていたのですね。お母さんはそんなBちゃんの気持ちを知って、びっくりでした。「Bちゃんありがとう」と抱きしめていました。

 それから帰りまでのBちゃんは、すっかりお姉さんに戻って、落ち着いていました。子どもって、身を挺してもお母さんを助けようとするのですね。でもお姉さんしていてくれた方が助かるのにね。そこは子どもならではですね。



【ママに甘えてくれない】

 Wちゃんはもうすぐ3歳。お母さんに甘えてくれなくてさみしいと、2か月ぶりで相談に来られました。なにか痛い思いをしたとき、お使いから帰ったとき、知らん顔をするわけではないけど、お母さんの胸に飛び込んできてくれない。お父さんだと飛び込んでいく。お母さんとしては嫌われているように思えてしまう。

 前回相談に来てから、早く仲良くなりたくて、毎日のように抱っこ法していたんだけど、最近は抱っこすることもいやがるようになってしまったという。それを聞いて援助者は、泣かせる抱っこに偏っていて、大好きが伝え合えていなかったのではと感じ、「泣いてよ。いっぱい泣いて」の抱っこばかりでは、Wちゃんも本当にイヤだったのかもしれないと思いました。

 そこでお母さんに抱っこしてもらう。案の定お母さんは、「泣いていいよ。いっぱい泣いてね」と声かけして抱っこしていたので、「大好き!かわいい!」と抱っこしてねと、お母さんの意識を変えていただく。Wちゃんはそれほどもがかずに抱かれ、うわ〜んと気持ちよく泣けていた。でも口では「離して!抱っこイヤだ!もう帰りたい!」などと口走る。お母さんはその言葉に惑わされてしまうようす。そこで援助者が、「口であれこれ言うけど、体はお母さんにすっかり預けているねえ。力が抜けているねえ」と状況を伝えると、お母さんは頭から体にスイッチが代わったようで、体で甘えてきてくれていることを感じ取ってくださる。そして心から「大好き!かわいい!」と抱きしめて、フィットしている体の感じを味わって、Wちゃんからの大好きを受け取っているようすでした。

 「泣いていいよ」の抱っこよりも、「大好き」「かわいい」の抱っこが、Wちゃんが求めていた抱っこだったのですね。そもそも、「大好き」「かわいい」の抱っこがうまくいかなくなったとき、「泣いていいよ」の抱っこが必要になるわけだしね。

 この後お母さんの話しを聞いていたら、幼い頃から抱えていたさびしさが最近出てきて、そんな気持ちをしまい込んで頑張ってきたのは、お母さんの方だったみたいでした。お母さんがさみしい気持ちに気づいて、その気持ちにやさしくできたことで、Wちゃんのお母さんに素直に甘えられなかったさみしい気持ちとつながって、母子の気持ちが深いところで一つになりました。

 相談室に来られて、泣いて楽になることを知ったお母さんは、早くもっと楽にしてあげたいと、お母さん自身の気持ちはしまい込んで、泣いていいよの抱っこを頑張ってしまうことがあります。親思いの子どもたちは、お母さんがの方が大変そうに見えるときは、お母さんの方が泣きたいでしょと頑張りたくなるようです。Wちゃんのこの日のお母さんのように、自分の中の気持ちとつながりつつお子さんを抱っこしていると、子どもは安心するのですよね。かわいい我が子のために〜!と頑張って慰めの抱っこをしてしまいそうなときには、大好き抱っこに戻ってみてね。
Aへ @へ     HOME