←HOME

 幼児期前半の実例A
「わたしはわたし」の時期(1歳半〜3歳)

 親を相手に自己主張やダダこねが盛んになり、思い通りにならないとカンシャクも起こします。自己主張やダダこねをうまく受けとめてあげられると、少しずつ自制心が身に付き、親のしつけを受け入れるようにもなります。 
  
 【アトピーがかゆい】 【Lちゃん親子のちょうどいい】 【なんでそんなに泣くことがあるの?】  【ダダこねがひどくて】
【泣いても楽にならない】 【おっぱいへの未練】  【お母さん寂しいよ行かないで】  【頭の理解も大事】
歩きなさい】 【『さみしい』気持ちに気づいて】 【「ごめんね」より「ありがとう」】  【お母さん「トントン」】
【甘えているようで、すねている】 実感を実感できた】 外に出ると消極的】 【ひとりでかかえないでね】
【タオルで我慢しないでいいよ】 【「自分!自分!」のダダこね】 【断乳後の夜泣き】 【向上心の塊】 

【アトピーがかゆい】

 2歳半になったSちゃん、生まれてすぐからのアトピーで苦労してきたが、最近はずいぶん改善してきている。それでも眠りにつく前や夜中にとてもかゆがり、よく眠れない。昼間はそれほどではないので、ストレスもあるのではないかと、癒しの抱っこをしてみるが、気持ちをわかってあげられない。子どもからのサインをもっとわかるようになり、ストレスを取ってあげたい、ということで相談にいらっしゃいました。

 お母さんは妊娠中にアイスクリームをけっこう食べてしまった、それもアトピーの一因と思っていらっしゃるようでした。また、子どもは望んでいたのだけれど、親の虐待が社会問題になっていたので、自分達も我が子に対して虐待したくなるような感情がわいてしまわないかと、不安で自信が無かったとのことでした。お母さん自身も、母親が育児ノイローゼで、手を上げられて育ったけれど、父親がその分やさしかったので救われたとおっしゃっていました。

 お子さんのストレスとして思い当たることは、一歳から保育園に入ったこと、中耳炎を繰り返して手術もしたこと、舌癒着症の手術をしたことなどをあげておられました。そんなことも抱っこの中でそれぞれ話題にしてみましたが、お子さんからの訴えはさほどなく、「Sが生まれてきてお母さんをいっぱい心配させた、困らせた」ということで、大きな泣きになって、そのまま眠ってしまいました。

 そんなお子さんの思いを知って、お母さんは涙だったのですが、お子さんのかゆみを和らげようと、数々の工夫をしたり、布団では寝ないので夜ドライブをして車で一緒に寝ていたなど、涙ぐましい努力に、お父さんお母さんがどれほどまでにお子さんを大事に思い、愛情をそそいで関わってこられたかがよくわかりました。

 また、お子さんもその愛情を十分受け取っているというのが援助者には伝わってきたので、「アトピーは確かにかゆくてつらかったかもしれないけれど、そのことがあってお父さんとお母さんが本当に一生懸命やってきてくれたことで、お子さんはどんなに自分が大事にされて愛されているかという、何よりかけがえのないものをうんともらってきたよ」と言葉をかけたら、お母さんがまた涙を浮かべて、「ありがとうございます」と、とてもうれしそうにおっしゃいました。そして、ご自身からも「ほんとにアトピーがあったから、夫婦で一緒に子育てに向かってこれたし、いろいろなものに出会うことができて、抱っこ法とも出会えた」と.しみじみおっしゃったのです。

 もしかしたら、そんな気づきがあったおかげで、ストレスの原因を何とかしなくちゃと思い込んでいた気持ちが少し緩んでほっとしていただけたかもしれません。いらっしゃった時のお母さんのようすを知っていた他の援助者が、「子どももお母さんもすごくゆったりになったね」と言ってくれたのですが、ほんとにいい表情でお帰りいただけてうれしかったです。

 困ったことが起きたときが、実はいいチャンスなのかもしれませんね。



【Lちゃん親子のちょうどいい】

 もうすぐ2歳のLちゃんが、ダダこねがひどいし、泣くと1時間も泣き止まないので、お母さんのイライラが募って、怒ってしまうということで相談にみえました。

 癒しの子育てについては、本を読んで理解はしているけれど、いざイヤイヤばかり言われたり、ずっと泣いていたりすると、イライラが怒りになってLちゃんにぶつけてしまう。そしてあとでは、そんな自分を責めて苦しくなってしまうようでした。

 Lちゃんのイヤイヤや長泣きはどんなときにどんな感じなのか、お聞きしてみました。すると、何かにつけてイヤイヤなんですとお母さん。それでそれからどうなるの?とさらにお聞きしました。

 おもちゃ片付けてねとか着替えしようねと言うとイヤ。イヤと言うからじゃあいいよというと、やると来る。じゃあやろうというとまたイヤ。そんなことを何度も繰り返して、そして最後にはやる。

 抱っこと来るから抱っこすると、すぐに下りてしまう。抱っこいいの?お母さんお仕事するよと言うと、また抱っこに来る。でもまたすぐに下りてしまう。それもくり返しで、最後に抱っこされる。

 ご飯だよと言うとイヤ。食べないのねと言うと食べると言う。それではと椅子に座らすと、すぐに下りてしまって遊び出す。食べないのねと言うとまた食べると来る。また座らすとまたすぐに下りる。何回かそんなくり返しで、お母さんは付き合いきれなくて先に食べ始める。おいしいおいしいと食べていると、食べると来る。そしてやっと座って食べ始める。

 スーパーに買い物に連れて行ったときは、あちこち探索してお母さんのところにいられない。何かいたずらしても困るので制止すると、イヤと振り払って行こうとする。家でなら見ていることも外ではできないので、さらに制止すると、その場にひっくり返って癇癪を起こすこともあり、困ってしまう。結局買い物どころではなく、怒って引きずるように帰ってくることになる。最近では買い物に出るのも気が重い。

 長泣きした時は、構うと余計にひどくなるので放っておくと、1時間くらい泣いて泣き止むという。その後はすっきりしているようなのでいいのかなと思うが、放っておいてしまうのが気になっている。

 援助者はそんなようすをお聞きして、とても微笑ましくなりました。お母さんもLちゃんもうまくやっていると思いました。そうお伝えするとお母さんは「え?」という反応でした。確かに、癒しの子育てのやりとりの仕方からいうと、もっとこうだったらいいということはありますが、Lちゃん親子のちょうどいいとはずれてしまいます。Lちゃん親子にとっては、今のやりとりの仕方がちょうどいいのだと思うのです。

 Lちゃんはほどよく甘えて、ほどよくダダをこねて、あきらめないで求めてきていますよね。お母さんは、そんなLちゃんに、ほどよく距離を置いて、まるで放ってしまうのではなく、お母さんのちょうどいいで付き合っていますよね。こんなやりとりを、これでいいと思えると、もっと余裕で付き合えて、時には遊びになったりもしていくのではないでしょうか。そして少しずつ受け止める幅も広がるのではないでしょうか。

 家でのやりとりを重ねていくと、外ではそれほどでなくなると思います。それまでは癇癪を起こしたら、抱えて連れ帰り、その間バタバタしていてもらう、それもいい時間になるのですよね。

 この日は、お母さんが今やれることはやれている、ここからでいいんだと思われて、ちょっとほっとされました。そしたら、Lちゃんはぴったり抱かれて、お母さんがLちゃんのやわらかさやあたたかさを体感されて、抱っこはいいものなんだと実感してくださいました。抱っこしてあげなければと思いすぎないで、抱っこしたいから抱っこさせてと、Lちゃんからももらえるものはもらってね、と終わりました。



【なんでそんなに泣くことがあるの?】

 Jちゃんは1歳8か月。ちょっしたことで泣き、泣き出すと長泣きになって、お母さんがイライラしてしまい、叩いてしまうこともある、ということで相談にみえました。癒しの子育ての本を読み、泣いていいとわかっても、泣き声はつらいといいます。お母さんの話を聞いていくと、どうやら泣くとおっぱいになっていて、おっぱいで気持ちを紛らしてきたようです。誰もが陥る「泣かせない子育て」ですね。

 相談室に来てすぐにおっぱいとなり、そして少し遊んだところでまたおっぱいとなりました。そこで、さっき飲んだばかりだからまた後にしようね、おっぱいでなくてお母さんに甘えようと、抱っこしてもらいました。すると抱かれていなくて、すぐに膝から降りて離れていこうとします。そこで援助者が掴まえて、お母さんに渡そうとしましたが、もうすぐに反っくり返って泣き出しました。

 お母さんに抱っこしてもらおうとしましたが、Jちゃんは、待っていましたとばかりに体中で気持を表現し、泣いていて、お母さんは固まってしまい、いつのも縦抱っこもできなくなっていました。激しく泣いて暴れるのを見て、びっくりしてしまったようです。「なんでこんなに泣くんだろう」と、つらいを通り越して唖然という感じでした。普段ちょっとした泣きわめきにもつらくなっていたお母さんですから無理もありません。Jちゃんも泣きたい気持をため込んでいましたから、激しく出てきても無理ありません。

 子どもは気持を自由に表現でき、それを受け止めてもらえると、自分はこのままの自分でOKだという存在感を持てます。それがあやふやだと、自信がなくなり、不安が強くなり、人とつながれなくなり、どこか虚しくなり、みじめになり、苦しくなります。そうすると親から見た困ったこと、心配なようすをみせてきます。なんとかしてよのサインでもあるのですよね。でもなんとかしてあげようとすると、子どもは拗ねて差しのべられたその手を払いのけるので、お母さんは立ち往生してしまいます。それでも気を取り戻して抱きとめようものなら、嫌がっているかのようにもがいて逃れようとして、それでも抱いていると怒ったり泣いたりするのですよね。それを受け止められるといいとわかっていても、泣かせない子育ての洗礼を受けているお母さんがつらい。お母さんがつらいと、子どもはやっぱり我慢しよう、お母さんがつらいくらいなら我慢できる、という子どもの親思いが発動します。とは言え、子どもの小さい胸には納まりきらずに、たまった我慢がもっと心配なようすを見せてきます。悪循環ですよね。

 泣かれるのにつらくなるときは、多くの場合、お母さんが自分を責める気持があるときのようです。「こんなに泣くほどつらい思いをさせてしまった」「こんなに泣くほど我慢させてしまった」「こんなに辛かったのにわかってあげられなかった」というような気持ちなのですよね。つらくなる心の奥には、子どものしあわせなを願う愛があるんですよね。でもその愛が、お母さん自身の不安な気持ちとごちゃ混ぜになるとき、おおらかに子どもの感情表現を受け止められなくなるのですよね。

 それでもそんなカラクリを理解できていると、お母さん自身の泣かれるとつらい気持ちと少しずつ線を引けていけるのです。Jちゃんのお母さんも、援助者の支えで、少しずつ受け止められるようになって、この間相談室に来られたときには、「よしよし」とかなり動じずに、突っ張ってももがいても、泣いても怒っても、まるごと受け止められていました。終わった後の抱かれ具合がぴったりしっくり、そしてちょっとしたことでべそをかいてお母さんのところに来られるようになって、お母さんはその手応えも実感されていました。

 それでも家に帰ってお母さん一人の時には、やっぱりまだ動じてしまうといい、天心の集いに申し込まれました。お母さんの幼い頃からかかえている気持ちを抱きしめてあげられたら、きっともっと受け止めやすくなるでしょう。それでもその合間にはもうしばらく抱っこにも来ていて、「わたしは肝っ玉母さんになるのだ」と余裕を見せ始めています。

 泣くのは甘え。自分が頼りにされている証拠。・・・と思えるといいのですけどね。



【ダダこねがひどくて】

 相談に来られる方の半分くらいは、子どものダダこねに困ってなんですよね。1歳くらいから2歳台の、ダダこねの時期の真っ最中のことが多いですが、その時期にダダこねを卒業できなくて、幼児期、学齢期になってからのこともあります。甘え下手とセットになっているので、甘え上手になるほどに、受け止めやすいダダこねになっていきます。月齢年齢が上がるほどに甘え下手が身に付いていて、スネスネになっていますから、甘え上手に戻るのには時間がかかりますけれどね。

 まだダダこね期にいるときに、うまくダダこねを通過すると、お互い楽なんですよね。でもお母さんがダダこねなんてしてこなくて、甘えさせ下手になっているので、甘え下手と甘えさせ下手が掛け違いを起こして、うまくまわらないんですね。無理もないけど、なんとかならないものかといつも思案しているのですが、最近あるお母さんが、すてきな付き合い方を見せてくれたのでお伝えしますね。

 2歳半のダダこね上手なKちゃん。日常はもうお母さんがお手上げ状態のダダこねだそうです。お母さんは下に赤ちゃんがいるので、やってあげたいこともやってあげられず、ダダこねをたっぷり受け止めたいけどイライラしてしまうし、気持ちをわかってあげたいけど余裕がないし、精一杯やっているけどどうにもならないと、お母さんの悲鳴です。

 その日はとことんダダこねに付き合うぞーと、相談室にいらっしゃいました。お母さんがKちゃんを抱っこすると、Kちゃんは体中でイヤイヤを表現して、突っ張ってもがいて怒り泣きしていました。援助者に支えらたお母さんが、とことん受け止めてくれたるので、Kちゃんは思いきり出してきました。30〜40分くらい付き合ったでしょうか。最後は突っ張りもとれ、お母さんにぴったりくっついて甘え泣きになりました。満足そうにうとうとし始めたしあわせそうなKちゃん。

 ところがちょうどその時、スタッフと待っていてくれた赤ちゃんが、もう待ちきれなくなっていました。もっと抱っこしていい感じを味わいたいKちゃんだったけど、「交代して」と頼まざるを得ませんでした。「交代して」「イヤだ」「イヤだよね。もっと抱っこしてたいよね。でもお願い、交代して」「イヤ!」と母子のやりとり。Kちゃんはなかなか「いいよ」と言ってくれません。でも少しそのやりとりをしているうちに、交代してもいいかなって思いつつ「イヤ」と言っているKちゃんを感じました。

 ちょうどその時、そのKちゃんの気持ちを受け取ったのか、赤ちゃんを待たせられなくなったのか、お母さんは意を決したようにきっぱりと、「さあ、もう交代ね」とKちゃんをさっと膝から降ろしました。Kちゃんはすくっと立ってお母さんの背中にまわりました。背中でちょっとの間グズクズ言っていましたが、その後はすっきりして落ち着きました。お姉さん心が立ったようで、赤ちゃんにおっぱいをやるのも邪魔せず、そのそばでお茶を飲んで、笑顔を見せてリラックスしていました。

 ね、すてきでしょ。その日はとことん受け止めてもらえた後だからかもしれませんし、いつもKちゃんのダダこねに付き合っているお母さんだからとは思うのですが、気迫を持ってきっぱりやらせてもらうと、子どものおとな心がすくっと立つのですね。

 まずは子どものダダこねとの付きあいを親も一緒になってしばらく楽しんで、そろそろいいかな、あるいは、もう時間が許さない、というところで確固とした態度に切り換える、つまり、「しばらく楽しみ、それからきっぱり」が、親子共々満足できるコツかな。



【泣いても楽にならない】

 2歳になったばかりのOちゃんの、人見知りが気になって相談に一回来られて、しばらくは家でお母さんが取り組んでおられました。ところが毎日のように癒しの抱っこをしているのに、いっこうに楽にならないということで、数か月ぶりにいらっしゃいました。頑張りやのお母さんの陥るところかなあと思いつつ、おつき合いしていきました。

 相談室に一回目に来られた後、とてもいい感じになったので、相談室でやったような癒しの抱っこをすれば、どんどんよくなると思われてしまったようでした。子どものしあわせを思うお母さんの愛情の深さなんですよね。でもやっぱり、頑張りやのお母さんがそこにいて、必死になってひたすら泣かせよう、泣かせようとしていたようなのです。援助者として、そこを見抜いて「ほどほどに」と伝えておかなかったことを反省しました。

 家ではどんな感じの抱っこになるのか、先ずはお母さんに抱っこしてもらいました。なるほど、あまり楽に泣けなくて苦しい泣き方になっていました。お母さんの頑張りが、どうOちゃんに伝わっているのか探っていきました。どうやらOちゃんには、「人見知りなんてしないいい子になって!」と伝わってしまっていたようです。お母さんはただ、心にもやもやがあるなら晴らしてあげたいと思っただけなのにね。そして、「人見知りするわたしはダメな子だ」と自分なりの解釈もしてしまったようでした。お母さんはそんなこと全く思っていなくて、ただ本来のOちゃんらしく輝いてほしい、それを邪魔するストレスがあるならとことん泣かせてあげて、解放してあげたいと思っただけなのにね。

 頑張れるお母さんはすてき、頑張りやはお母さんのとてもいいところ、だけどそれがために、子どもとの気持ちのすれ違いができてしまうのはもったいないですね。先ずは自分が頑張りやだということを、しっかり知っていましょうね。そして何か子どもとしっくりいっていないときに、ちょっと振り返ることができたらいいですね。

 そこでOちゃんの癒しの抱っこは、家ではしばらくお休みして、楽しい抱っこ、かわいがる抱っこだけにしていただくことにしました。そしてしばらくは、相談室に通って、そこで癒しの抱っこをしましょうということになりました。相談室での抱っこは、援助者が見えないところで助けているのですが、その抱っこの微妙な案配は経験からなんですよね。もちろん我が子については、一番お母さんがその案配を知っているはず。お母さんの案配が癒しの抱っこにも生きるようになるまで、援助者に助けてもらうといいと思います。



【おっぱいへの未練】

 Jちゃんは2歳3か月になりました。どうやらもうおっぱいは卒業したいみたいです。でもお母さんはもっと飲ませたい気持ちのようでした。

 Jちゃんには4歳になるお姉ちゃんがいます。そのお姉ちゃんの断乳が突然になってしまって、そのことが心残りになっていたお母さん、Jちゃんには心ゆくまで飲んでほしいという思いがあるようでした。それにJちゃんが生まれたとき、出血多量になって大変だったこともあり、おっぱいで安心をいっぱいあげたい気持ちでもあったのかな。

 でも、Jちゃんはもういいよと言っているのは確かで、お母さんにそう伝えるのですが、今ひとつ踏ん切りがつかないようでした。それでお母さんに立ってもらって、一歩を踏み出してみようと背中を押してみました。するとお母さんは突っ張って押し返してきます。そこで張り合っていると、体がイヤイヤの動きになりました。「いやだね。もっと飲ませたいのに。やめるなんていやだね」と代弁しながら、イヤイヤにつきあっていました。イヤイヤしながらお母さんは、今までのいろんな気持ちが溢れてきたみたいで泣いていました。援助者は背中に手を当てながら、お母さんの涙に寄り添っていました。Jちゃんもそばで見守っていてくれました。

 なんとその夜からおっぱいはバイバイできたそうです。ほんとはお母さんもJちゃんのおっぱいをやめていい気持ちを知っていて、でも一人では未練が断ち切れなかったのでしょうね。

 そして後日談。Jちゃんが自分の服をめくって、お姉ちゃんに「おっぱいよ」といって、お姉ちゃんが飲むまねをして、を何回もやって、二人で楽しそうに遊んでいたそうです。Jちゃんとお姉ちゃんのおっぱいにまつわる気持ちが、そんな遊びで癒されたのではないかと、お母さんはほっとしてみていたそうです。



【お母さん寂しいよ行かないで】

 Kちゃんはもうすぐ2歳半。お友達を噛んでしまう気がかりで相談にみえました。おもちゃを取ったり取られたりのときならまだわかるけど、お友達が近づいただけでも噛んでしまうのだそうです。お友達の親たちはいいよいいよと言ってくれるけど、子どものいる場に連れて行くのが気が重いといいます。本を読んで癒しの抱っこをしてみたら噛むのが減ってはきたが、あまりに泣き叫ぶので不安になってしまうということで相談に来られました。

 お母さんは生育歴を振り返り、原因になると思われることをあれこれ話されました。確かに慰めてあげたらいいこともあるようですが、原因よりも甘え泣きが上手になっていくことをお話ししました。原因となるような出来事やきっかけは、甘え泣きがしやすくなる材料くらいに思っていてもいいのかもしれません。どんなことがあったにしても、その時その時に甘え泣きができて、よしよししてもらって自己回復できてしまえば、心にもやもやが残らずに通り過ぎていきます。でも今広まっている泣かせない子育てだと、自己回復するために泣くことも止められてしまうので、ストレスがたまってしまうのですよね。Kちゃんもそんな感じで、先ずは泣いて甘えられる甘え上手になってもらうことにしました。

 お母さんがすでにご自分で慰めの抱っこを試みているということなので、お母さんに抱っこしていただきました。でもすぐに泣き方が苦しそうになって、ゲーゲーと吐きそうなってしまいます。これではお母さんが家で不安になるのもわかります。そこで縦抱っこにしてもらって、援助者がKちゃんの手を握るとイヤイヤしてふりほどこうとして泣き、その泣き方はとっても楽そうなので、その日はそういうやりとりをすることにしました。初めのうちは手をふりほどかれてはまた握ってでしたが、最後にはしっかり手を握っても泣かなくなりました。その頃には全身がリラックスして、お母さんも柔らかくなった感じを実感されていました。

 1週間後の2回目に来られたときには、まだ噛んでしまっていました。でも、横抱っこしてもあまりゲーゲーにはならず楽にかわいく泣けていました。2回目のその日は、泣かせない子育ての話から、お母さんの生い立ちの話になりました。お母さんの実家は自営で忙しく、母親は朝早く出かけて夜遅く帰り、会えない日もあったそうです。祖母に育てられたといいます。祖母はとてもかわいがってくれたので寂しい気持ちは感じないで育ったそうです。「そんなお母さんになんて言いたかったろうね」と訊くと、「心配だった」と言い、いい子でいて心配かけないようにしていたと言います。「そんな幼い自分になんと言ってあげたい?」と訊くと、しばらく内面に意識を向けていたお母さん、ハラハラと涙が頬を伝いました。Kちゃんをひしと抱きしめて、静かに泣いておられました。

 幼い自分になんて言ってあげたいか考えていたら、幼い自分の気持ちがよみがえってきたのだそうです。寂しくなんかないと思っていたけど、寂しかったんだと気づいたそうです。だから「寂しかったね」と言ってあげたいと思ったら、泣けてきたと言います。それでは、「お母さん行かないで」という気持ちもあったかなと援助者が言うと、お母さんますます泣けてきて、Kちゃんもオイオイと泣いて、どっちが抱っこしているのかわからない抱っこになりました。お母さんがずっとしまい込んでいた自分の根っこの気持ちに気づいて、肩の力が抜けて帰られました。

 3回目に来られたときには、ほとんど噛まなくなって、お友達と仲良く遊べるようになっていました。お母さんがダダこねをかわいいと受け止められるようになったので、家でダダをこねて、外では気持がいっぱいにならなくなったようでした。それにお友達とのことで嫌なことがあったときにうぇ〜んと泣いて、お母さんのところに来られるようにもなってきていました。その日はお母さんの抱っこで楽に甘え泣きができていて、援助者は最初の我慢外しを手伝っただけですみました。親子の気持ちが深いところでつながった感じがしました。お母さんが根っこの気持につながったからでしょう。

 でもまだ甘え泣きを我慢するクセが出てしまうKちゃん。お母さんが受け止められるようになったところで、もう少しの間通っていただいて、そのクセがなくなるように応援することになりました。それにしてもお母さんにどんな気持も伝えられて、受け止められるKちゃんはなんてしあわせなんでしよう。



頭の理解も大事】

 Iちゃんはもうじき3歳。心の中のもやもやが大きくなってくると、ダダこねがしつこくなってきます。そうなるとお母さんはイライラしてしまい、親子で悪循環にはまってしまいます。そうなるともうお母さん一人ではどうにもできなくなって、相談室に駆け込んでこられます。援助者に抱っこされて、思いきり感情を発散すると、またしばらくはダダこねもかわいらしくなるのでした。

 本を読んだり、今まで3回ほど相談に来られた体験から、ダダをこねるのも泣くのも甘え、受け止めて導いてあげればいいとわかってはいるのですが、いざ目の前でダダこねしたり大泣きしたりするとイライラして、お母さんの怒りが爆発してしまいます。それでも、初めて来られたときは、援助者が代わって抱っこして泣き始めるIちゃんを、1分もみていられなくて、ちょっとずつちょっとずつでしたが、段々にみていられる時間が長くなってきて、今では、援助者のサポートがあると、お母さんが抱っこして、よしよしと受け止められる時間も持てるようになってきています。

 お母さんはIちゃんが、泣かない我慢からストレスをため込んで、もやもやを抱えているのはわかるので、抱っこしてIちゃんに、「泣いていいよ」と言葉では言うのですが、気持ちがついていかないようでした。それでもお母さんは癒しの子育ての本を何回も読んでは、頭で理解を重ねてきているので、援助者が「あれお母さん、泣いていいんだよね」と言葉をかけると、「なんで泣くの?」「どうして泣くの?」「何がいやなの?」と、自分自身のオロオロ心に占領されていることに気づき、「そうでした」とすぐにIちゃんの気持のところに戻ってこられるようになりました。一セッションの間に何回か心配にいっては戻って、Iちゃんの気持ちに共感が広がっていきました。本を読んで頭で理解していたことが親子の心をつなぐのにとても役立っていました。頭の理解も大切ですね。



【歩きなさい】

 Hちゃんは3歳、気持ちをひとりで抱えてしまい、甘え下手になっていたのが気になって相談に来られていました。出かけるときに歩いてくれないというのも、お母さんの一つの悩みになっていました。何回か相談室に来られて、慰めの抱っこをしてきたので、ずいぶん甘え上手になってきていました。するとHちゃんの中の向上心も育ってきて、いろいろ頑張りたい気持ちがふくらんできていました。そんなある日、最近はいよいよ体が重くなってきているHちゃんなので、抱っこで相談室まで来たお母さんは、もう疲れてぐったりになっていました。そこでその日は、「歩こう」という励ましをすることになりました。

 まず、Hちゃんが歩けるのに歩かない(もっと小さいときは歩いていたそうです)のは、どんな気持ちか寄り添って、歩くのに不安があるのかなと思って、その不安を慰めてみました。でもHちゃんはまったく反応しないで、にこにこ顔を崩しませんでした。もちろん不安はあるのでしょうけれど、頑張りたいんだよということだったのでしょう。

 面倒をよく見てくれるお兄ちゃんの話に少し反応していたので、「お兄ちゃんみたいにカッコ良くなりたいよね」と言ってみましたが、それもぴったりではないようでした。

 Hちゃんにズバリ「歩きなさい」と言うと反応。更に、「お母さん、ボクが可愛いからって抱っこしないで」と代弁すると、Hちゃんは「うわ〜ん」と泣き出しました。お母さんが疲れてしまうほどなのですから、歩きたい気持ちは充分あるHちゃんだけど、自分の頑張りだけでは歩き出せない。抱っこ抱っこの後には、「歩きたい」「歩けない」の葛藤があって、歩き出せないでいたようです。

 そんなときは、お母さん(おとな)の励ましと支えが必要なのですよね。今まではH君のイヤイヤに、お母さんがつい根負けして抱き上げてしまっていたので、「歩きたい」より「歩けない」気持ちの方が優勢になってしまっていたのでしょう。H君は「歩きたい」気持ちが大きくなってきていたので、歩けないのが悔しくて、お母さんに「歩きたい」気持ちの方を応援してほしかったのですね。

 では実地で「歩く」をやろうということで、親子と援助者で散歩に出かけました。お母さんとHちゃんが先を歩き、少し後から援助者が着いて行きました。Hちゃんは途中、クルリとまわってお母さんが体で止めながら歩いて行きました。順調な歩き出しです。

 100メートルくらい行ったところで、お母さんは「もっと行きます?」という感じで、援助者の方を振り返りました。「一周りしてこようね」と援助者に言われて、お母さんはまた歩き出しました。後ろから付いていった援助者としては、Hちゃんがあまり激しくいやがらないので、もう少し先まで行ったら、お母さんと手をつないで歩く関係をしっかり定着できるのではないかと判断して、一周り(1キロメートルほど)してこようねと提案したのです。

 ところが、そこまでは歩いていたHちゃんでしたが、まだまだ歩くんだとわかったらしゃがみこんでしまいました。ヤダヤダの始まりです。それからは、ヤダヤダとしゃがみ込むHちゃんを、立たせてはまた歩かせの繰り返しで、お母さんはとても大変そうで、Hちゃんも泣きながら歩いていきました。

 ちょうど中間地点(500メートル位)を過ぎた頃、Hちゃんのヤダヤダはピークを迎え、大騒ぎの行進となりました。援助者は駆け寄って助け船を出したくてたまらなくなったのですが、お母さんがここがふんばりどころとばかりに頑張っているので、「お母さん頑張れ!」と応援のパワーを無言で送りつつ付いて行きました。Hちゃんの「歩きたい」気持ちを、お母さんの「歩かせるぞ」の気持ちがしっかり後押しして、その2人を援助者が後押ししての大行進です。その頃にはお母さんは腹が決まったのか、チラシ配りのおじさんからチラシをもらう余裕すらありました。

 和く輪く舎に近づいたらもうひと大ゴネあるかなと思っていましたが、特別大きくゴネるでもなく、かと言っておとなしくでもなく、Hちゃんはうまく気持ちを発散させながら最後まで頑張っていました。もちろんそれはお母さんがとても上手に受け止めつつ励ましていたからなのは言うまでもありません。

 部屋に戻ってご褒美の抱っこ。「Hちゃん頑張った」より「お母さん頑張った」で大泣き。「お母さんありがとう」「お母さん偉い」「お母さんカッコイイ」でも大泣き。自分が頑張れたことよりも、お母さんが頑張らせてくれたことが嬉しくて泣いているHちゃんでした。

 そして今度はお母さんの感想を聞きました。「お母さん、大変だったんじゃない?」とお母さんに訊くと、一旦落ち着いていたHちゃんまた反応して大泣き。「私の気持ちが、どんなにHが泣いても抱っこしないと決まっていたので、ダダコネもほどほどだったと思います。こちらの気持ち次第なんですね」と言うお母さん。どうりで後半は楽そうにさえみえたよ、お母さんの肝が据わっていたのですね。後半の折り返し地点あたりからHちゃんのヤダヤダが強くなっていたのですが、お母さんの肝が据わったていたから、Hちゃんはヤダヤダを楽しめていたし、歩き通すこともできたのですよね。お母さんにしっかり支えてもらったところで、ヤダヤダ言いながら頑張るしあわせを感じていたであろうHちゃん。もう一度お母さんに戻ると可愛いべそをかいて、その日のセッションは終わりました。

 次のセッションは風邪でお休みでしたが、その連絡のときに、「あれから歩くようになりました」と、お母さんのうれしい報告がありました。あの体験が歩くことだけでなく、これからのHちゃんの成長を支えていく力になってくれたらいいな。



【『さみしい』気持ちに気づいて】

 Dちゃんは3歳。一年ほど前から、月1回のペースで相談室に来ています。家がマンションタイプなので、周りや下の階の人が気になって、家で癒しの抱っこがしにくいということもあって、通い続けられています。

 もちろんその間にお母さんの気持ちもいっぱいになることが多く、相談室ではまず、お母さんの話を聞いています。お母さんの心に隙間が出来ないことには、Dちゃんも気兼ねなく甘え泣きが出来ないですからね。

 その日もまずは、Dちゃんを援助者とお母さんで抱っこしながら、話しをお聞ききしました。抱っこをしながら話しを聞くと、話の途中で子どもが反応して、教えてくれるのです。心を一つにしやすいですしね。最近お母さんの友達関係でうまくいかないことがあったということで、そのいきさつや状況を話しながら、苦しそうに涙を流しておられました。一通り話を聞いた後、援助者が「さみしいねえ」と声をかけると、「え?」と一瞬怪訝そうにしたお母さんでしたが、次の瞬間どどっと暖かい涙が溢れました。話しの後ろにあった「さみしい気持ち」、幼い頃から抱えてきた気持ち、その気持ちとつながったら、見事に心のこんがらかりが解けたお母さんを感じました。

 話しを聞いている間はじっと抱かれていたDちゃんでしたが、「さみしい」気持ちに気づいてお母さんの心がほどけたら、うぇ〜んと泣き出して、お母さんに抱きついて、2人で涙、涙でした。

 その後、さあDちゃんの気持ち聞くからねと、改めて抱っこしたのですが、Dちゃんははもうすっきりしていて、慰めの抱っこはいらないみたいでした。お母さんがすっきりしてしまったら、もういいみたいでした。お母さんが苦しそうにしていたのが心配だったDゃんだったのでしょうね。Dちゃんの中の「さみしい」気持ちも、お母さんのさみしいにつながって癒されたのかもしれませんしね。

 自分の気持ちに気づいて、その気持ちをよしよしできることは、自分にやさしくすることで、子どもの気持ちともつながって、子どもも満たされるのですね。



【「ごめんね」より「ありがとう」】

 Kちゃんは3歳、下に双子のきょうだいがいます。祖父母が助けてくれはしますが、3人の子育てにてんてこまいしていて、イライラも高じてしまいます。するとどうしても上のKちゃんに怒ってしまうと言います。

 その日はKちゃんを怒ってばかりで最悪だと、いつにもましてお母さんの元気がなく、Kちゃんもお母さんが抱っこしても、しらっとしていて、Kちゃんも元気がないようでした。お母さんの話を聞いていくと、かなり仲良く付き合っていたお母さんが、育児に疲れて鬱状態になってしまって、入院してしまったということが、とても響いているようでした。お互い子育てがいっぱいいっぱいで、慰め合っていた人なだけに、どうそれを受け止めていったらいいのか動揺しておられるようでした。

 先ずはそんなお母さんの気持ちをお聞きすることにしました。最初は「あの人は子どもが1人、私の方が3人もいて大変なのに」とか「もっと話してくれたらよかったのに」とか、怒りのような気持ちがでてきていましたが、じっくり聞いていくうちに、「助けてあげられなかった」「つらさがよくわかる。つらいよね」というような悲しみが出てきて、ひとしきり泣かれていました。自分もそうなりかねない他人事ではなかったのですね。

 お母さんがそんな気持ちになっていたのでは、イライラして怒ってしまうのもわかります。いえ、怒っていたから鬱状態にはならないですんだのかもしれません。できれば怒らないで、相談室に来て話すときのように、そんな気持ちが癒されていけばいいのですが、日常ではなかなかそうはいきません。それなら一人でかかえて沈み込んでしまうより、怒ってでも気持ちを分けてくれた方が子どもはらくなんでしょう。

 だからその日のKちゃんは、「怒ってごめんね」には苦しそうな泣きになってしまい、「怒らせてくれてありがとう」と言ったら、らくに泣けていました。「ごめんね」より「ありがとう」の方がうれしいみたいでした。「ごめんね」だと、怒られたことが骨折り損みたいだけど、「ありがとう」と言われると、怒られたことは悲しかったけど、お母さんの役にたったんなら、怒られ甲斐があるということなのかな。お母さんが子どもに甘えていることでもあるから、やっぱり「ありがとう」だね。



【お母さん「トントン」】

 Mちゃんはもうすぐ2才の女の子です。夜泣きが多かったり、家の中ではお母さんにべったりなのに一歩家を出ると反対に落ちつきなく動きまわって心配なことが多いと相談に見えました。

 前回は「パパとママの仲が心配だった」Mちゃんの気持ちが分かってお母さんは「それほどまでに…やさしいMちゃんありがとう」と感動されたのでした。

 それで赤ちゃんの頃からの夜泣きが一旦落ちついたのですが、またまた夜中に大泣きになって(今までは4・5回の夜泣きが大泣き1回、昼間泣いた日は泣かないと変わってはいました)お父さんが「どこか具合でも悪いのでは…」と心配するほどになっていました。

 お母さんは「2才になったら断乳しようかな」と考えはじめているのですが、最近急に飲んでいない方のおっぱいの乳首をギュッとつねる気がかりもありました。お母さんは痛さのあまりMちゃんの手を叩いてしまうこともあるようですが、それではかわいそうなので、つねられないように手を握って工夫もしたそうです。でもほとんどは痛みをこらえるためにお母さん自身が自分の体をつねっておっぱいの痛みを弱くしようとしていたのでした。お母さんがMちゃんのためにそれほどまで我慢しなければ…と思ってしまうには訳がありました。おっぱいが充分にでなくてミルクを足さなければならなかったのですが、「おっぱいで育てたい」という強い思いがあって母乳育児の先生の指導を受けながら8ヶ月以後は母乳だけで充分になるまで母子で頑張ってきたのでした。

 それにお母さん自身が育ってくる過程で「有無を言わせず、しつけられた…」思いが強くて子どもの気持ちを大切にしたいと考えているお母さんでした。断乳についても、実家のお祖母ちゃんから「しつけがなっていないあなたのことだから、2才になっても結局やめられなくて、3才まで飲ませるんじゃないの」と言われて「そんなふうに言われたくない!」という気持ちになってしまうというお話しでした。
 Mちゃんが丁度「おっぱい、おっぱい」とほしがって泣いているので、「おっぱいに優しくする練習」を提案してみました。Mちゃんにはおっぱいを飲みながらもう一方のおっぱいを「やさしくなでなでする」練習をしてもらったところ、とても上手になでてくれるようになり、「上手、上手」と2人でほめたり励ましたりしました。お母さんは「こんなふうになでてくれたら、すごく気持ちがいいわ」とMちゃんに抱っこで話してくれました。そして「おっぱいなでなで」で気持ちよく泣いたのです。

 10月の2才の誕生日にはママの育児方針に沿っておっぱいを上手に飲んでくれたMちゃんと充分に出るようになったおっぱいとおいしいおっぱいをたっぷり飲ませたいと食事にも気を配ったお母さんが「よくやったねありがとう」と大満足でバイバイできたらいいですねと話しました。お母さんは「誕生日のいつやめるかについても迷ってしまうんです」ということなので「そういうことはママが決めて『Mちゃん、こうしようね』と言っていいんですよ」と励ますと、お母さんは「朝たっぷり飲んでバイバイします」と決めて安心なさったようでした。

 子どもにとって断乳はやっぱり辛いものだから「これほど辛いならいっそうのこと『そんなに痛くするんだったらもうあげない!』とお母さんを怒らせてけんか別れした方がいいかも知れないと思ってしまうかも知れないわね」と話すとMちゃんは大泣きになるので「けんか別れなんてさみしいよ。さみしいけれど仲良くお別れしていつでも『おっぱい』と言ったり、触ったり、のぞいたり、チューしたりしよう」と話しました。お母さんも「仲良く仲良くバイバイしようね」と慰めてくれました。

 今回のMちゃんは抱っこされながらお母さんの肩を「よしよし」とするように優しくトントンと叩きます。おっぱいを飲む前も、飲んだ後も、また今も優しくトントン叩くのです。私は分からなくて「なんで?何があるのMちゃん?」と思ってしまいました。Mちゃんはまだ何か聞いてほしいことがあるかも知れないという感じがあるのですが、「何が…」は全く分かりませんでした。仕方がないのでお母さんに「Mちゃんが泣くとどんな気持になるの?」と尋ねてみました。抱っこを知る前は「もうやめてよ」と思っていたが、抱っこを知って泣くのに意味があったり、ストレスを発散することが分かったので「聞いてあげなくちゃ」という気になるということです。それでMちゃんの「ママ…トントン」の意味が分かったような気がしました。

 Mちゃんにとってお母さんが気持を分かってくれることは本当に嬉しいことだけれど、自分の気持や体調や都合を我慢して付き合ってもらうのは嬉しくない。子どもは皆、向上心を持っていて、お姉さんになりたいし、お母さんを助けたい気持があるから、頑張る時と甘える時のメリハリをつけてもらえると、子どもは嬉しいし、お母さんも子育てが楽になるとお話しました。そして「今はがんばろう」という付き合い方の練習をしていただくことにしました。



【甘えているようで、すねている】

 Sちゃんは2歳、おにいさんの相談についてきました。待っている間部屋の中をよく動きます。電車が好きで、電車で遊んではいるのですが、一ヶ所で集中して遊べず、あちこち動いていました。けっこう援助者の周りをうろついて、なんだかいけないということをわざとしている感がありました。抱っこの催促のようです。

 そこで誘いに乗って抱っこすると、激しくもがいて泣き出して、大暴れでした。怒り泣きが続いて、10分くらいしてやっと涙が少し出てきました。涙が出るころになったら、やっとお母さんを求めて泣くようすが見られました。そう、それまでは、援助者に気持ちをこすりつけるかのように、腕の中で身もだえていました。楽になってきてやっとお母さんに向けて甘えて泣けるようになったのです。

 そこでお母さんに渡したのですが、お母さんに抱かれて弛緩するかと思いきや、すぐに立ち上がって、おもちゃで遊びたい素振りを見せます。せっかくお母さんに抱っこしたんだから、もっと甘えなさいと、Sちゃんの顔や体をお母さんに密着させようとするのですが、もじもじして落ち着きません。そこでまた援助者がSちゃんを抱っこすると、さっきほどではなく、それでももがいて怒り泣きをして、3分くらいで涙が出るやわらかい泣きになり、再びお母さんに、1回目よりはくっついていましたが、でも落ち着ききらずに遊び始めてしまいました。

 Sちゃんの遊びぶりは、それからはだいぶ落ち着いていました。お母さんに自分からくっつきに行くことはよくあるのですが、お母さんにしろ援助者にしろ、こちらから触れ合おうとするとすぐに避けようとし、親密なふれあいを避けるようすが見られます。自分のペースで自分からという甘え方で、一見わからないようにすねている感じがします。これからお友だちや人との関わりが広がっていくときに、相手からの関わりも受け入れることが、コミュニケーションを成り立たせていくために大事ですが、その基盤がお母さんからの関わりを受け入れてつき合うことにあるのですね。

 そこで援助者が、こまめに、ぎゅっと抱きしめて、2〜3秒くらいで放すを、何回もやってみました。そしたらやるほどに身を任せてきて、最後はぴったり抱かれるようになりました。そこで家でも、そんなちょっとぎゅっ!を、お母さんの方からしてもらうことを勧めました。来月来室したときにどうなっているか楽しみです。



【実感を実感できた】

 Cちゃんは2歳5か月になりました。相談室に来始めたのは1歳になったばかりで、そのときの気がかりは、おっぱいを頻繁にほしがって、夜の眠りも浅いということでした。今まで1か月に一度とか、2か月空いたりという来室でしたが、夜の眠りが浅いのはだいぶ収まったものの、すっかりなくなったわけではないし、おっぱいをほしがる頻度も、落ち着いたりまたひどくなったりでした。お母さんが泣かれるとつらくなるのがなんとかならないと、道は拓けにくいなあと思いつつおつき合いしていました。

 その日相談室に入ってきたCちゃんには、今までと違った落ち着いた感じがありました。今までは不安そうだし緊張している感じがしていましたが、その日はそれがないのです。「Cちゃん今日は違うねえ、らくそう」と援助者が声をかけると、お母さんは「そうですか?」と言いつつも、お母さんもそんな手応えを感じていらっしゃったようで、「泣き顔がかわいいと思えるようになって、泣いているCを抱っこできるようになったんです」とうれしそうに話してくださいました。

 そういえば、前回いらっしゃったときにお母さんは、泣き続けるCちゃんを抱きぬいて、初めて腕の中で眠ったのでした。その時に、泣き顔を真っ直ぐに見ていられて、そしてかわいいと思えたというのです。それまでは泣かれるとつらくなってしまって、泣いている顔を直視できず、心ここにあらずになっていたようです。

 お母さんは泣かれるとつらくなるけど、なんとかCちゃんの気持ちを受けとめられるようになりたいと奮闘されました。相談室では、最初は1分でつらくなって中断していたのが、10分とか受け取れるようになっていて、帰りにはCちゃんのゆったり落ち着いた感じは取り戻せていたのですが、家に帰ると直に受け止められなくなり、激しく泣かれたりすれば、お母さんがパニックになってしまうと言います。お母さんは精一杯されているので、どうしたらそんなお母さんを助けられるのかと探しつつ、援助者は寄り添っていました。

 前回抱き抜けたときには、お母さんの幼い頃の話が出て、お母さんは泣き虫の方だったけど、泣くと叱られてしまって、泣いている自分が悪い子だと自己否定になってしまっていることがわかりました。その自己否定はなんでも自分を責めてしまうというパターンに出ているようで、Cちゃんにたいしても、こうしてしまった、こうしてあげられなかった、こんなお母さんだからダメ、とすべて責めになっているようでした。そしてその責める気持ちに、泣き声はびんびんと響いていたようです。「そんなに自分を責めてしまうほど、Cちゃんのことが大事で大好きなんですね」というと、お母さんはなにやら感じられて、そこで責めの気持ちが少しほどけた気がしました。

 そして今回のその日、泣いている顔がかわいく思えるようになったと聞き、お母さんの奮闘が実を結んだと、とてもうれしく思いました。それで、「かわいい泣き顔をみせてね」と横抱っこをしてもらいました。なるほど甘え泣きができるようになったCちゃんはかわいくて、お母さんと「泣いている顔もかわいいね」と「よしよし」していました。

 お母さんが心を全開にして「よしよし」と受け止めてくれるので、Cちゃんは思いきり気持ちを出してきてくれて、ますますよかったなあと援助者は見ていました。ところが、激しく泣きだし、全身で表現してきたCちゃんを抱っこしているお母さんが、どんどん不安そうになって、「嫌がっているように思えしまう」と言い出しました。泣いてかわいいと思えるのは、やわらかい泣きの時のようで、激しくなるとやはり受け止めていられなくなるようでした。それも今のお母さんですから、無理しないで、また少しずつにしようと、中断を勧めました。一旦縦抱きにと促したのですが、なぜかそうしないお母さんがいました。

 無理しない方がいいよと言うのですが、そのうちまた横抱きにして、しっかり抱き始めたのです。その時はもうひるまずに、しっかり受け止められていました。あんなに不安そうに動揺していたお母さんはもういなくなりました。お母さんの中で何かが変化して、おろおろとした子ども心が静まって、しっかりしたお母さん心が立った感じでした。あれよあれよと言う間のお母さんの変身でした。

 Cちゃんはお母さんがひるまずに抱き始めたら、すぐに穏やかな泣き方になりました。そこで、お母さんに何が起こったのか話してもらいました。

 数日前の夜中に、突然不安に襲われて目が覚めました。そしたら喉がひりひりとむしりたくなるほど苦しくて、その上肩や腕に虫が這うような感覚で、それが全身に広がって、もうのたうち回りたいような苦しさが続いたそうです。苦しくて苦しくてたまらなくなって、でも動くこともできなくて耐えているうちに、うとうとと眠って、目が覚めたときには収まっていた。目覚めてからその苦しさのことを考えていたら、これは幼いときに、訳もわからないことでひどく怒られて、弁解もできず泣くこともできずに堪えていたときの感覚だと思い出した。こんなに苦しかったんだと、幼い頃の自分の苦しさがわかった気がしていたそうです。そして受け止めてもらえない寂しさや怖さを改めて感じていたそうです。

 Cちゃんが全身で気持ちを表現してもがき、喉も詰まらせるような泣き方をしているのを見て、最初はとても不安になったのだけれど、その時その夜の自分を思い出し、受け止めてほしかったんだ、受け止めなくっちゃと切り替わったのだそうです。お母さんはCちゃんを受け止めてあげながら、幼い自分もよしよしできたのでしょうね。Cちゃんはお母さんの気持ちが切り替わって、本気で受け止めてくれるようになったら、すぐに穏やかな泣きになって、そして眠ってしまいました。Cちゃん自身が受け止めてもらって安心したのもあるけど、幼い頃のお母さんの気持ちを「よしよし」できてほっとした感じがありました。我が子とお母さんの中の子どもと、一緒によしよしできたのでしょうね。

 それにしてもお母さんの見事な変身、内面がくるっと変わったのが手に取るようにわかって、援助者は見ほれて感動していました。お母さん自身も自分が切り変わった時がわかって、そのあとの抱っこは確かな実感が持てたとおっしゃいました。お母さんは幼いときに感じないことで自分を助けてきたようで、親になった今も、本当はどうしたいのか、どう感じているのかが実感できなくて、自分の心にぴったり感を持てないでいるとのことでした。今日の体験が実感として感じられたことが、これから実感を取り戻せる礎になりそうだと笑顔がでました。その笑顔は、お母さん自身が早く自分を取り戻さないとCちゃんに引き継いでしまう、何とかしたいという思いに希望が持てたからのようでした。でもお母さん、お母さんの親、その親の話をお聞きすると、ずっと引き継いできた負の遺産がありますから、そんなに簡単には精算できないから、あせらないでねと言うと、「確かに」とお母さん。それも実感して笑って(苦笑い?)終わりました。



外に出ると消極的】

〈相談者より〉

 初めておたよりします。息子2歳と4ヶ月になります。
 母親の直感というのか、周りから見れば「良い子」と言われても、どうしてもいつも私が気になる、不安に思うことがあります。それは本にもHPにも頷ける例がたくさんあったのですが、人とのつながりに自信がなく消極的なところがあるのと、自己肯定感があまり持てない感じがすることです。

・子供が集まる育児サークル、初めて会う人、マンションで声をかけてくださる近所の方(とくにお年寄り)などの場で表情がまったくなくなってしまう。声を出さない。集団で踊ったり、体操したりすることを断固拒否する。それでも、公園には半年ほどでかなり慣れ、公園で出来たお友達などは家でも遊ぶようなると子供同士だけでも遊びますし、お母さん方にも心を許している感じがします。ただ近所の方は何度も会っているのにもかかわらず、がんばってがんばってバイバイと手をふる程度です。
・他の子にイヤと言えない。おもちゃなど取られても、泣かずにかたまってしまう。
・言葉が少ない。

 本などを読んで思い当たる事があり、この春初めて慰め抱っこをしてみようかと思っていた矢先。食事をまったく自分でしないことに私が初めて限界に達し、思わず涙声で「自分で食べてみようよ!お母さん限界だよ!」とぶつかりました。思えば、自分が小さい頃寂しかった思いが強くそれこそ本当に自分に自信が持てなかったことで、息子だけはそんな風には育てまいと気張り、どこかでいつも「良いお母さん」してきました。子供に親の私が自分をさらけ出してぶつかったのは、2歳3ヶ月で初めてだったと思います。息子は食べました。泣いたけど、最後には一緒に箸を持って食べました。食事が終わった時、嬉しくて泣きながら息子をほめました。息子のあんなに誇らしそうな顔を見たのは初めてでした。

 翌日、思いがけず何かの拍子に泣き出した息子を抱っこして慰めてみました。読んでいたように暴れていました。10分ほどだったし、ろくに話しかける事もできませんでしたが、泣き終わると意外にすっきりした表情になっていました。その日、息子は初めてお友達に「メッ、メッ」と言うことができ、翌日には砂場で私から離れてお友達のお母さんと遊び、図書館に行っても私から少し離れたところで他の人に笑いかけていました。幼稚園の園内解放に行っても、初めての場所で、私から離れたところにあるおもちゃを一人で取りに行ったりしました。涙が出るほど、嬉しかったです。

 今まで家ではのびのびしていて、ユーモアもあり、本当にかわいらしのに、外に出ると別人のような顔をして、人も話しかけにくく、扱いにくい様子で、それを見るたびに「本当の姿を出せたらこの子自身もっと楽になるだろうに。みんなに本当の姿を見て欲しいな」という思いで胸が痛く、「私が母親だからこんなになるんだ。ごめんね」と情けなくなりましたし、時には息子に苛立ちを感じることさえ・・・。

 抱っこで泣いてからでもまだまだ表情がかたまることが多く、かわいそうになるくらいなのですが、明るい光が見えた気がしました。考えてみれば平穏無事にやってきたつもりでも、産後1ヶ月で転勤。慣れない土地で、友達が欲しくて育児サークルに行きましたが、最初、自分でも驚く程、孤独感を逆に感じました。

 慣れた頃には1歳9ヶ月でまた転勤。それまでなかった公園に行く時にはやはり緊張しましたし、私から離れない息子でしたので他のお母さんと話しも出来ず、涙が出そうになった時期もありました。主人が勤務でほとんど家にいない生活になり、誰とも話せない日もありましたし・・・だけどそれを息子にぶつけてはいけないとたった一人で苦しんでいた日々。息子はすべてそれを感じていたのでしょうね。それに気がついて、無理をさせてたんだなあ、もっともっと早くぶつかれる私でいたかったと思わずにはいられませんでした。

 こんな経緯があって、親としての責任に押しつぶされそうになっていた私も、息子も少し救われた!と思っていました。そして今月、家庭の事情で家を空けることになり、迷った末に今の様子なら、と思い切って出かけました。事前に話しをしていたのですが、泣かせてやる程の度胸が持てず、1度きりの説明となりました。1週間、私の実家では懐ききっているおばあちゃんに甘えたり、わがままを言ったりしながらも、4日目までは「とーさん、かーさん」の言葉を一切出さず、5日目に初めて寂しがったようです。戻った時には本当に嬉しそうで、私も思いきり抱きしめました。

 自宅に戻ってからは「寂しかった?」などと話しかけながら少し泣いたりもしました。ですが、戻って初めてのスイミングでは少しだけでも慣れてきていたのに、以前よりも表情がかたく、先生方さえ話しかけるのが難しい様子です。以前仲良くしていた近所の子供にもまったく同じ様子です。落ち込んではいけない、と思いながら「どうしてまた振り出しに戻るんだろう?」と情けなくなります。

 そして、自分自身の小さい頃の悲しさみたいなものが溢れてきます。もう少し二人だけでがんばってみようか、とも思うのですが、なんとなくこのままじゃいけない、どうにもならない、と改めて気持ちが動きました。息子も自分もこのままじゃ、「自分が自分で良かった。いっぱいだめなとこもあるけど、大好き」ってニッコリ笑えない気がするのです。

 この数日、夜になると一人眠れず泣いてばかりの自分がいます。まだ迷うところもあるのですが、近辺に援助者の方がいらっしゃれば紹介だけでもして頂きたいと思いご相談しました。その「時」がきたらお願いしたいのです。どうぞ宜しくお願いします。



〈返事〉

 お子さんにお母さん自身をさらけ出して、ぶつかったら、お子さんの気持ちが動いたんですね。とても感動的な親子の心が一つになった瞬間でしたね。そしてその翌日には慰めの抱っこもうまくいって、お子さんはすっきりした感じがあり、そしてお友だちに初めて「メッ、メッ」と言って主張でき、離れることもできたのですね。涙が出る程うれしかったお母さんの気持ちが伝わってきました。どんなにかうれしかったか、想像するに余りあります。なんかすごかったですね。

 こんなすごい体験をしてしまったので、元に戻った感じになった時のがっかりも大きいのでしょうねえ。でもまた気を取り直して取り組んで下さるといいのですが。続けていけば必ずいい方向にいくはずです。良い変化が見られたところで続けないと、根っこの方からの変化にならないので安定しないと思います。

 お子さんは元来緊張しやすいのでしょうね。緊張しやすさを持っている子は、繊細さも持ち合わせている場合が多いし、それだけに怖がりでもあるのですよね。だから感じやすくて訴えにくい、つまり助けてほしい守ってほしい場面にいっぱい出会うのに、親に助けてと発信するのが弱いので、どんどんため込んでしまうのですよね。そして余計に緊張が増してしまうのですよね。お母さんが気づかないからなんてことではなくて、お子さんが発信しにくいので、気づかないのも無理ないのではないでしょうか。親は消防署みたいなもので、子どもからの119番がかかって、初めて出動しようとするのだといっている先生がいます。本当にそうだと思います。だから発信が弱いと、親は出動しにくいのです。

 そういう意味でも、抱っこ法が目指すのは、甘え上手な子、訴えやすい子、泣き虫な子、119番をかけやすい子なんですよね。そうすれば親は苦労なく子どもの気持ちを受けとめて、求めていることを満たしてあげられるし、助けても守ってもあげられるのですよね。それが基盤になって、外にも向かっていけるのではないでしょうか。さあ、気を取り直して、甘え上手、訴え上手にしていってください。少し根気よくやらないとね。

 ○○県には紹介できる援助者がいません。△△県の援助者がときどき出張しているかもしれませんが、確かめないとわからないのです。いよいよ行ってみようと思われたらきいてみますね。

 とてもすてきな体験をしたことは、体が覚えていますから、その感覚を思い出せば大丈夫。でもいつもうまくいかないのも常ですからね。


〈相談者より〉

 お返事ありがとうございます。初めて誰かに自分が不安に思っていたことをそのまま受け止めてもらえて、読んでいて、どうしてか分からないけど涙が出ました。「丸ごと受け止めてもらえる」幸せを実感したからかもしれません。

 すぐに結果を出したがるせっかちなところが私にはあります。言われる通り、根気よくやらなきゃ、ですよね。きっと今回のように気落ちすることも一杯あると思うけれど、めげながらでも、投げ出さずやってみます。だって、どうやっても我が子のことはやっぱりかわいいですものね・・・。返事に書かれていたように、甘え上手な子、訴えやすい子、泣き虫な子、ウエルカムです(^^)。息子がそうなってくれたらどれほど嬉しいことか。

 気を取り直して、やってみます。きっとうまくいく!ですよね。そう信じることがまず第一歩ですよね。応援しますと言ってもらって、とても心強くありがたかったです。どうぞよろしくお願いします。



〈返信〉

 めげながら、投げ出さず! その気持ちの持ちようとてもいいねえ。お母さんが無理しすぎてはダメだし、投げたしてしまっても後悔するしね。きっとうまくいく!


〈相談者より〉

 梅雨とはいえ、私達が暮らす○○は今週晴れ間が続いています。おかげで外に出かけることができ、助かります!

 初めてメールをさせて頂いてから、半月ほどになります。抱っこはその翌週と今日、2回トライしてみました(^^)。正直、どうやって良いのか分からなくて、抱っこの本も購入して読みました。当然ですが、やっぱり読むと実際にやるとでは違いますね。

 そこで、今日はアドバイスを頂きたいことがあります。一つは慰め抱っこをどんな時にどんなきっかけですればいいか、ということです。

 二度目の抱っこは、ぐずったらそれをきっかけに抱っこしてみるつもりだったのですが、泣かないんですね、これが。その日、公園で遊んで帰り、眠たくなっていたところに思い切って、横抱きして話かけてみました。それこそ「ねんね!ねんね!ふとん、ふとん!」と布団を指さして寝かせくれと暴れてました(確かにもう目が閉じそうになっていました)。でもいったん始めたんだしと、そのまま20分ほど大泣きしながらもがいていましたが、あまりにパニック状態で、最初の時とは違っていて、「これはやはりタイミングが悪かったんだろうか」と私も迷いがあり、腕から逃れたところで寝込んでしまいました。1時間ほど眠って目が覚めた時に泣いてたので、また抱っこ。今度も暴れまくりです。時間を見る余裕もなかったのですが、泣きやむまで抱くことは出来ず、途中でまた腕から逃れ眠ってしまいました。

 抱っこの間、話しかけるどころではなくただ「泣きたかったら泣いていいんだよ、がまんしないで。泣くとお母さんがつらくなるから我慢してるんじゃな? お母さん、つらくならないから泣いていいよ」と言い続けてました。息子は「や!」と号泣しながら暴れました。

 その後、なんとなく良い変化があったように思われ、今日また三度目のトライ。今日も公園から戻って、食事を済ませた後です。阿部先生の本に子供が暴れてもだまされずに抱っこして、と書いてあったにもかかわらず、あまりの暴れぶりで、声かける余裕もなし。10分後には腕をすり抜け座りこんで泣いていました。背中をなでながら「お母さんはBのことが好きだから離れないよ」と言って話しかけるのが精一杯でした。息子はそのまますぐ眠ってしまったのですが、起きた時には甘えるような声で少し泣きました。色々話しかけなきゃとは思うのですが、思い当たることが思い浮かばず、何を言って良いのかも抱っこして暴れていると余裕がなくて・・・こちらが少し混乱してしまいました。

 質問の二つ目は、人に話しかけられた時にまったく固まってしまう息子なのですが、そんな時どうしてやったらいいのでしょう?

 今までは「あれ、堅くなっちゃったね。恥ずかしいのかな?」と息子に話しかけていたのですが、まったくリアクションなし。話しかけた人がその場を去っていくといつもの表情に戻ります。公園でも他の子供と一緒に何かしている時、息子は緊張するのかいつものリラックスした表情はなく、他のお母さんも声をかけずらいようで、どうフォローしてやっていいのか悩みます。

 ただ、今まで家族にも改めて挨拶をしなかった子でしたが、「おはよう」も「おやすみ」も「言ってみよう」というと「いや」と言ってたけど、「いやでも言ってみよう。お母さん(お父さん)おはようって言われたら嬉しいな、聞きたいな」と言うまで何度もお願いしていたら最近は言えるようになりました。

 先日はスイミングの時、先生に遊んでもらって、内心は嬉しいんだろうと母親の私には分かっていたので全然表情が緩まず、声も全くでない息子に「遊んでもらって楽しかったね」と言いました。先生はニコニコして「B君、楽しかった?」と聞かれます。「楽しかったんでしょう?楽しかったら楽しいって言わないと分からないもんね?どうかなあ?」と言うと笑いかけた後、“苦肉の策”って感じで、家でも時々やるおふざけで手を口にあてておかしな顔をして見せました。先生は笑いながら、「Bくん、ホントはおもしろいんだねえ」と喜ばれていました。返事を求めると家でもふざけて白目になってみたりします。これって良いことなんでしょうか?

 息子が人から声をかけにくそうな雰囲気の時、私は自分の小さい頃の姿を重ねて苦しくなります。だからそこばかりが気になるのかも知れません。でも家で家族で過ごす時間に本当に心からリラックスして笑っている息子を見ると、私自身も、息子も、どこにいてもこんな風に自分を出せるようになったらいいなと心から思います。そしてそれが今の私のエネルギーになっています。

 子育ては自分育てと聞きましたが、以前は、子供のせいでまた自分の小さい時の苦しみがよみがえってくるようで嫌でした。抱っこ法を知って、阿部先生に返事を頂いてから、こうして自分自身がほんのちょっとづつでも自分と向かい合える時間をもらえたと、そのことを息子に感謝できるようになってきました。

 「大好き」を伝えあう子育て、を買って読んだのですが、理解が足りないです。



〈返事〉

 半月間の取り組み、お母さんの真心が伝わってきて、私の心があたたかくなりました。その真心こそ大事ですからね。その真心はお子さんにも必ず届いていますから大丈夫。取り組みのようすを読むと、とてもうまくやっていると思います。

 抱かれて話しかけたら心が届いて、ゆったりしてきてうぇーんと泣いて、心が一つになってしっとり落ち着く。お母さんはこんなようすを描いていらっしゃるのかな。うまくいった1回はかなりそんな感じでしたから、またあのいい感じを体が覚えていて、それを求めていくのはいいことだと思います。でもそれでないと失敗と思ってしまうと、本当はその時だってうまくいっているのもダメと思ってしまいます。どんなようすのときも、どんな経過のときも、その時の子どもの気持ちにいかに寄り添い受け止めていけるかなんですよね。

 そしてもう一つ大事なのは、お母さん自身のその時の受け取れる範囲を知っていることです。そういう意味では、お母さんが不安になった頃、ちょうど逃げ出して終わりになっていますから、それでいいのです。お母さんが不安のままつづけても、子どもはお母さんの気持ちをすぐにキャッチしますから、お母さんに気持ちを訴える甘え泣きができなくなって、泣けてしまうけど泣いてはいけないという葛藤で苦しい泣きになってしまいます。お母さんの無理がない時間というと、今は10分くらいなのではないでしょうか。やっていくうちにこれでいいと思える範囲が広がると、もっと受け止めてあげられるようになりますから、今はそれでいいのです。

 10分くらいの抱っこでも、その後がやわらかい泣きになったり、前より落ち着いた感じになったり、お母さんに前より甘えられるようになっていれば、そんな手応えを大事にしていけば、今のままの抱っこでいいのです。10分できなければ、5分でも、3分でもいいのです。ちょこっと抱っこを、ちょこっとちょこっとずつしていって、そのうちこの間の1回のいい感じの抱っこみたいなのができる時がくればいい、そんな感じでやっていってください。

 そんなちょっとずつの抱っこで、ちょっとずつお子さんの水面下のいい変化が積み重なっていくと、そのうち目に見えたいい変化になっていきますよ。焦らず、お母さんの感性を大事にやっていってください。

 抱っこのチャンスは、お母さんが今だと思ったときでいいですよ。お母さんの直感を信じて大丈夫。

 一つ注意してほしいのは、悪いことをすると抱っこという構図ができないことです。悪いことをするときは苦しくなっているときだから、一つの抱っこのチャンスなんですが、悪いことをしたからいい子になるために抱っこではなくて、苦しくなっちゃったね苦しい気持ち聴くよ、という姿勢が伝わるようにしてくださいね。そんな構図ができないためには、普段から甘える抱っこ、安心する抱っこ、楽しい抱っこも、それ以上にやっていってくださいね。


〈相談者より〉

 阿部先生、毎日、暑いですね。
 1ヶ月ほど前に最後の報告をして日が過ぎました。今日は先生に改めてお礼を言いたくてメールしました。

 抱っこ法を知ってから数ヶ月、間違いなく私を救ってくれたのは抱っこでした。色々な嬉しい事がありましたが、「息子は息子なりに成長する。大丈夫」と息子を信じられるようになったこと、そして私自身も「いろんな時があっていいんだ」と思えるようになったこと、大きいです。先生の返事がくれた大きな大きなエールのおかげです。本当に、ありがとうございます。

 今も、落ち込むこと、寂しくなること、迷うこと一杯あります。実はこの1ヶ月、私は慰め抱っこに「抱っこするぞ!」という形では、取り組んでいません。ただ、主人が息子とお相撲した時、主人が手加減して負けなかったら大泣きしました。それは見事な泣きっぷりで、40分は泣いたと思います。それも苦しい泣き方ではなく、私と主人に代わる代わる抱っこしてもらいただ泣きたいから泣く、という感じで、何か心の鍵がはずれたような感じでした。

 それから慰めようとしなくても、時々何かの拍子に泣くことが出てきました。どこかで打って痛くても今まで笑ったりしていたのも「痛い!」と訴えてくることも。そんな時に抱っこしたり、慰めたりしています。

 集団で固まってしまっていたのも、プールでも体操も喜んでやり、お水の中でもはしゃいでいます。幼稚園の下見での運動でも、私と一緒になってやってみよう!という感じでやっています。先生、私、その息子の姿が本当にうれしくて、ありがたいのです。親だから、子供がイキイキ幸せそうにしてくれている姿が何よりも嬉しいです。

 子供って母親の感じてることをものすごい勢いでつかみ取るんですね。子供よりも母親が先に楽になっていい、だって、母親が苦しいと子供も苦しいし。そういう意味では、子供を変える前に自分を変えるのが先なのかも。

 最近直感的に慰め抱っこした方がいいなって感じているので、またトライしてみようと思っています。今までだと義務感で「抱っこしなきゃ」と思って苦しくなる私でしたが、ちょっと緩んでも、「まあ、無理してもしょうがないし」と思います。たるんでも、ゆるんでも、間違ってても、止めることだけはしない、そう思います。

 また近況を報告します。この暑い毎日、お忙しい先生、お体大切になさってください。
 感謝の気持ちを込めて。



〈返事〉

 すてきな報告をありがとうございました。
 癒しの子育て抱っこ法を、日常に生かしていらっしゃって、抱っこ“法”でなく抱っこになっているのがとてもうれしいです。甘え上手になり、親子の気持ちが通っていますね。それが抱っこ法の目指すところといってもいいのですから、ほんとうれしいです。

 でも時には癒しの抱っこを意識してやってあげないと、ストレスが発散しきれないものですが、それもお相撲がきっかけに自然にできている。たいしたものです。

 またの近況報告待っています。



【ひとりでかかえないでね】

 Kちゃんは1歳7か月、指しゃぶりが多く、泣きたいときも我慢してしまって苦しそう、ということで相談にみえました。相談室に来たKちゃんは、何か不安げにお母さんにしがみついていました。それでも場に慣れてきたら少しずつ離れておもちゃで遊び出しました。

 でも、お母さんがトイレに行こうとすると、必死で追いかけてついていきました。なれない場だから当たり前ではあるけど、その必死さからも不安が見て取れました。その後はおちおち遊んでいられない感じになったので、お母さんに抱っこしてもらいました。

 横抱っこするとすぐに泣き出しましたが、喉が締め付けられるような苦しい泣き方になってしまって、援助者が代わりました。喉をゆるめながら少し泣いて甘えてもらって、「かわいく泣いて甘えられたねえ」とお母さんに返して休み、また抱きとって……と少しずつほぐしていきました。

 なんでこんなに気持ちの我慢をしてしまうようになったのか、お母さんとひもといていきました。確かにあれこれ思い当たることはありましたが、これほど苦しい泣き方になるわけとしては、特にこれだということは見つかりませんでした。何がということではなく、少しずつ甘えられなくなってしまったのかもねということで、継続して来られることになりました。

 5回目の面談に来たKちゃんは、とてもおしゃべりになって、お母さんから離れて遊べるようになっていました。初めの頃よりは甘え泣きも上手にはなっていましたが、まだどうしても喉が苦しい泣き方になってしまいます。お母さんも来るたびに、あれかなこれかなと考えてくださいますが、いまひとつ腑に落ちることのないまま経過していました。援助者は、こういうときには焦らないのが一番、必要なときに何かが動くはずと、親子に寄り添っていました。

 回を重ねて通ってくる中で、お母さんは少しずつ自分の心の中を見られるようになっていました。そしてその日自然な流れで、お母さんが一番心に引っかかっていたことを言葉にして話すことができました。それはお母さんにとってとても重たい出来事で、そのことで自分をとても責めていたので、なかなか話せないでいたようです。いえ、そんなに重く心の中にあったことも気づいていなかったのかもしれません。その話を始めるやいなや、Kちゃんはお母さんの腕の中で眠ってしまいました。お母さんに話す時間を上げるよというかのように。

 お母さんはひとしきり話しをして、涙を流して、援助者に抱きしめてももらって、ほっとされたようでした。すると、待ってましたとばかりにKちゃんが目を覚ましました。そしてひと泣きうぇ〜んとかわいく泣いて、すっきり笑顔になってしまいました。その後のKちゃんは、とても明るい弾んだ声が出ていて、動きも活発になり、生き生きと楽しそうに遊んでいました。高いところに登って冒険もして得意げでした。そして、遊んでいる途中で、何回もお母さんの懐に飛び込んで甘え、また遊んで、また飛び込んでと、繰り返していました。とても幸せそうでした。こんなふうに甘えてくれるのは初めてと、何回も飛び込んでくるKちゃんをお母さんはうれしそうに受け止めていました。見ているだけでしあわせを感じてしまう一コマでした。こんなふうに甘えられたら、苦しい気持ちなんてふっ飛んでしまうねえKちゃん。

 最後にお母さんと、「なあんだ、ひとりでかかえてしまう甘え下手はお母さんゆずり。お母さんが話してくれたら、Kちゃんも楽に泣けていたし、自分から甘えられたねえ。お互い甘え上手になろうね」と確認しました。こんなに苦しい気持ちをひとりでかかえていたのさえ気づかないで、Kちゃんを楽にしてあげようとしても、親思いの子どもにとっては無理なこと。甘え下手なお母さんにはむずかしいかもしれないけど、甘え上手になっていこうね。今日はとっても甘え上手だったKちゃん、これからはきっと、喉で止めないで甘え泣きをしてくれるようになるでしょう。

 お母さんもKちゃんも、ひとりでかかえないでね。



【タオルで我慢しないでいいよ】
 
 Jちゃんは2歳になったばかり。緊張しやすく、親から注意されたとき、よその子どもと一緒になったとき、たちまち身動きできなくなって固まってしまいます。

 また、お母さんの分までほしがったり、お母さんが履く靴を指定したり、極端に言えば、お母さんの箸の上げ下ろしまで指図する、というようすも見せていました。ちょっと「よけいなおせわ」ですね。

 相談室に見えたお母さんは、Jちゃんがそんなようすを見せることに、どう接していいかわからなくなり、癒しの抱っこに解決を求めていらっしゃいました。Jちゃんが心に引っかかっていることがあるなら、それらを慰めてあげたいと、まずはあれこれ思い当たることを話されました。

 お母さんの話を聞きながら、援助者はこの親子にとってのポイントは何だろうと考えていました。確かにあれこれ慰めてあげたいこともあるようでしたが、その前に、まずは泣いて甘えられるようになることでは、と思えました。気持ちがふさがっていると、泣いて甘えられなくなり、そうするとさらに気持ちがふさがって、本来の子どもの姿でなくなって、固まったり突っ張ったりしてしまいます。

 まずはただ「よしよし」しましょうと、お母さんに抱いてもらいました。これまでは、泣かれると「いったいどんなつらい思いを?」と過去の原因探しに気持ちが行ってしまって、いまその時に泣いて甘えようとしている気持ちを受けとめてあげられなかったようでした。訳をわかってほしい時もあるけれども、ただ泣きたい時もあるし、まずは「泣きたい気持ち」に共感してもらえれば満足なことをお話ししました。

 お母さんは「よしよし」と泣きだしたJちゃんを抱きしめていました。最初は「お茶ちょうだい」「遊びたい」「暑いから離して」などと気をそらしていましたが、お母さんが、
「泣くことはいいことなんですね」
と納得でき、本気で受けとめはじめたら、とってもかわいく甘え泣きができました。

 ひとしきりお母さんに「よしよし」してもらって満足したところで、聞き分けの練習で体操をやりました。満足した後だけにおりこうにやらせます。でも、タオルを手から離さないのに気付きました。「体操のじゃまになるので、タオルをちょっと預かるね」と言ってタオルを引っ張ると、ギャーッと叫び泣きになりました。Jちゃんはどうやら、気持ちの我慢をするときに、タオルを握りしめしたようです。赤ちゃんのときはおっぱいで我慢していたのかな。おっぱいをやめてからは、タオルに頼っていたのですね。でも我慢をしているとはいえ、反面ではそれが助けになってもいたのですから、一気に取り去ってしまうと、Jちゃんは身が持たなくなってしまいます。少しずつにしましょうということで、その日はタオルを持ったままの体操で終わりました。

 それでも、気持ちがふさがっていたJちゃんの気持ちが少しゆるんで、ほっぺがふっくらとして軟らかい表情になり、素直に甘える姿が見えていました。タオルで我慢しないで、お母さんに直接甘えられるようになるまで、続けてこられることになりました。帰り支度をしているJちゃんは、お母さんに指図する感じがなくなり、聞き分けもよくなっていました。



【「自分!自分!」のダダこね】

〈相談者より〉

 Aさん、こんにちは。
 ここ数日はあたたかいですね。いかがお過ごしですか?

 さて、この前メールしたとき、U(2歳1か月)がとてもご機嫌でいると書きましたが、書いて間もなく、週末から事態が変わりました(覚悟はしていましたが)。ダダこねの嵐!です。といってもオムツを変えるときだけなのですが、もうすごくって・・・。

 ズボンやオムツを脱ぐのも、履くのも「自分!自分!」といって、私や主人がしようとすると嫌がります。でも自分で脱ぐ、履くという行為にうつるまでにそれぞれ10分も15分もかかるので、日曜日は主人がキレて、「自分って言ってぜんぜんやらないからパパが履かす!」なーんていってしまったので、月曜日はさらに大荒れでした。

 この前、お会いしたときに、「泣かれるのは平気?」とAさんに聞かれて、「平気です」といったのですが、それは抱っこで(ようし、気持ちをきいてあげよう)という覚悟が自分の中に出来ている時だけだということに、今気づいています。だから、もう、ここ数日、つらいんです。

 ダダこねされて、「いやいや、でも履こう」とか、「Uはお兄ちゃんになるのにがんばってくれてるね、ありがとう」「甘えていいからね、さみしくないよ」なんて言ってみながら、やっているのですが、寝そべってズボンを脱がない、「じゃぁ、ママひとりでお外行っちゃうよー」なんて言うと、やっと脱ぐ。でも今度はオムツをはかない。その間におもらしもする、「じゃぁ、ママがはかせちゃうぞー」といったりすると、どうにかこうにか、オムツを履く、って感じです。今までのように怒ると逆効果だと思って、やっているのですが、ここまでダダこねされると、私の言っていることがUの気持ちとずれているのかなと思います。このオムツ替え時は、やっぱりUと呼んでも振り向きませんし・・・。

 火曜日はちょうどオムツ替えのときに生協さんが来てしまって、とりあえず私が無理やり履かせてしまったのですが、そうしたら、号泣しながら全部脱いで、今度自分で全部履くまでに1時間半もかかりました・・・。正直、私もいっつも泣いてしまうんです。怒りを我慢している自分と、どうしてこんなに言っても履いてくれないんだろうという自分と、もう、情けなくて、母親の自信を失っている自分・・・、いろいろいて、履いて、すべてが終わると、私の涙もうそのように引くんですけど、もう履くまでの時間は、本当につらくなってます。

 でも他のことは、すごーく素直にやってくれるんです。今までおもちゃの片付けとかなかなかやらなかったのに、今ではすぐにやってくれます。

 この前のメールとあまりにも違う内容で(とくに私の気持ちが)、びっくりされるのでは、と思いますが、このままでいるのも私もつらくて・・・。何かアドバイス頂ければと思います。よろしくお願いいたします。



〈返事〉

 こんばんは。
 Uちゃんがご機嫌でほっとしたのもつかの間だったね。木曜日に久々に思う存分泣けて、すっきりしたものの、まだまだ帰りなんかも私が手をつなごうとすると、さけていたものね、きっと体に触れられるだけでまだまだ気持ちが溢れてきそうだったのだと思うよ。がまんしていたのが、泣きやすくなってきたのもあるし、きっともっともっと聞いてよ(泣かせてよ)というところじゃないかな。

 ダダこねをきいてあげるのは大事なことだけど、ちょっと今は「自分でやる」というダダこねの行動に言いなりになっている感じかな。本当はダダこねしなくてはいられない気持ちを聞いてあげるのであって、自分でやるって言いながら何十分もかかるのを、Uちゃんに任せているのは、明らかに、Uちゃんのダダこねの行動にふりまわされている感じがします。

 これはもう、Uちゃんの本来の「自分で頑張ってやりたい」という行動ではないので、しっかりママやパパが止めてあげる必要があると思うよ。止めてあげるー、つまり今の場合は、ママが手伝いながらUちゃんにやってもらうということになるわけだけど、きっと手伝っても素直にしてくれるわけないから、ママがおむつを替えることになるよね、当然いやだいやだの大暴れや大泣きになると思うけど、そこで泣けたら、Uちゃんとしては助かるわけでしょ?

 しかもその時に、ママやパパが「もう知らない」と怒って一気に着替えさせてしまうのではなく、そこで五分五分のやり取りで「着替えようよーいやいや」「いやだいやだ、でも着替えようねーいやいや」を、むしろ遊び感覚でできるだけいっぱい言わせてあげること、それがほんとにダダこねを言わせてもらえることだよ。大暴れのUちゃんにおむつを替えるのは大変だろうけど、時間かけていっぱいダダをこねてもらいながらやればいいと思うよ。くれぐれもママはお腹をけ飛ばされないように上手にママの体を守りながらやってね。

 そしておむつを替え終えたらしばらく抱きしめてみてあげて、少し大暴れが落ち着いたら、「ほんとは自分でちゃんとやって、ママにも喜んでもらいたかったのに悔しいね」などと、ほんとはお兄ちゃんになってがんばりたいUちゃんの気持ちと、でもそうはできない今の気持ちのはざまで、一番自分自身をもてあましているUちゃんの気持ちによりそってもらえるとうれしいかな?

 なんて、理屈を説明するのは簡単だよね、ごめんね。ほんとにいやになっちゃって泣きたくなるよね。でもとにかく、いやだいやだがいっぱい言えるのは、がまんしていい子で頑張っているよりうんと楽だし、パパママに安心して訴えられているってことだからね。大変だけど、あまり心配しないで、過ごしてくださいね。そして、又、大変だったら、どうぞいらしてくださいね、一緒に、Uちゃんのお話をきいてあげようよ。ママの愚痴もいっぱい言いに来てください。少し先になりますが、2月××日と××日は午後の早い時間が今のところ空いています。良かったらご連絡下さいね。

 それからお休みの日には、パパにお願いして、うんと体を使った遊びをしてもらってね。くれぐれもお身体お大事に・・・。


〈相談者より〉

 こんばんは。先日はメール、ありがとうございました。
 あのメールを読んでから主人と、Uは夜泣きもしない、普段あまりぐずりもしなかった子だから、今、いっぱいいやいやを言ってもらって、2人で聞いてあげよう、なんてことを話しました。

 日曜から、さっそく、Uの「自分、自分」攻撃に振り回されないように、かつ、いやいやをたくさん言ってもらえるように、やってみました。大暴れしましたが、そのあと抱っこして慰めてあげると、しばらくして私の目をじっと見て、とても柔らかな表情になりました。

 あー、これが本当の抱っこなのかも・・・、と思いました(いまさらですが)。今までって、Uも普段の生活の中であんまり泣いたりするほうではなかったので、(今日は抱っこするぞ)と、私も準備をして抱っこすると、まぁ、それなりに泣いたりはするのですが、なんか、和く輪く舎の時と違うし、不完全燃焼って感じだったんです。

 お腹に赤ちゃんができて、オムツをいやいやすることが始まったけど、ワーワー泣き始めると、私もあんまりそばにいれなくて、泣き止んで落ち着くまで待ってたりしたので、そのあと慰めても、Uはやっぱり満足してなかったんだろうな・・・。

 そんなこんなで、3日ほど経ちましたが、毎回、いやいや言ってます。ところが、今日、夕飯の前のオムツ替えのとき、いやいやしつつも、自分で全部脱いで、「おしっこ」って言ったんです。それで、急いでトイレにつれていったら、トイレでしたんです! もう、びっくりしました。

 以前、トイレトレーニングのあと、オムツを履くのを嫌がるということでメールで相談しましたよね。実はその後、トイレで全くしなくなっちゃったんです・・・。頻繁に「トイレ、トイレ」って言ってたものですから、そのたびに連れて行くのが大変で、でも毎回出るわけでもないから、あるとき主人が「どうせ出ないんだろう!」って言ってしまって、それからだと思うんですけど、トイレに行くの、嫌がっていたんです。私ももっと暖かくなってから再開すればいいや、なんて思っていたので、そのままになっていたんですが、トイレでちゃんとおしっこしたいという、お兄さん心もUの中にあったのかもしれないですね。

 私の方も、いただいたメールを読んでから、落ち着いています。これが抱っこなんだ、って体感できたのがきっと大きいのだと思います。ただ、どうしても急ぐときや、ちょっと気分的に聞いてあげられない、というときは、Uに「オムツはかないと、お化けが来るよ〜」なんて言ってしまってます。でもこれが効果絶大で、すぐに履きます・・・。

 以前、通信で「おおかみとまじょまじょさん」という話で載せていらっしゃいましたよね。うちの場合、あんなにかわいらしく、上手にできていないし、むしろ脅かしているような感じですが、お化けに出てきてもらうと、私も余計なイライラ心をもたなくてすむので・・・。でもこれっていいんでしょうか?

 あと、抱っこの予約、2月××日でお願いしたいと思っています。Uと私のいやいや、たくさん聞いてください(笑)。

 では、本当にありがとうございました。しばらく様子をみながら、がんばってみたいと思います。ではまた。




【断乳後の夜泣き】

〈相談者より〉

 初めての相談です。
 私は29才専業主婦。妊娠2ヶ月です。子どもは1人。7月で2才になった男の子です。親子3人で生活しています。

 1才10ヶ月に断乳し、その後ほとんど毎日のように夜泣きするようになりました。たいていは1〜2分ほど泣いて、お茶を飲んでそのまま眠ってしまうのですが、時には1時間以上泣き続けることもあります。

 断乳は助産婦さんの指導で行ったので間違った方法だとは思っていませんし、本人も納得したと思っています。時々おっぱいでのことで泣いているのかとなぐさめてみるのですが、どうも違っているようです。

 泣いている時に必ず「ちっこしたい」と言います。しかしトイレに行ってもおしっこはしません。「パンツ取りかえる?」と聞いても「嫌!」
「ちっこしたい」=「抱っこしてほしい」ということかと考えたこともありましたが、これも違っていました。

 私は最近妊娠し、8月に入ってつわりがひどく(とくに夜中)思うように抱っこしたり、なぐさめたりすることができないのが現状です。「お母さん、Kのこと一番大切だけど、気分が悪いから助けてね」と言うと「わかった」と言って、泣きやむこともありました。

 今、思い出したのですが、半年ほど前、お義母さんの経営する仕事場が人手不足になり、3時間ほど、2日お手伝いしたことがありました。その時Kは近くの保育園の一時保育に預けました。今までずーっと一緒だったので、たった3時間でも離れたのはこれが初めてでした。前日から、「明日はばあちゃんのお手伝いだから、Kちゃん保育園でお留守番してね」と言い聞かせました。

 1日目は「お母さんお手伝いに行ってくる」と言って離れました。しばらく楽しそうに遊んでいたのですが、私がいないことに気付くと、あちこち泣きながら探していたそうです。2日目は保育園に入る前から泣きました。その後、「お母さんと一緒に」という口ぐせが急に増えました。このことが原因でしょうか。

 「ちっこしたい」のにトイレが嫌なのも理由が分からず困っています。良い方法があったら教えて下さい。



〈返事〉

 お子さんの気持ちを分かってあげようといろいろ工夫してくださっているのですね。本当に良くやっていますね。

 1才10ヶ月までおっぱいが飲めて、幸せなお子さんですね。断乳が失敗と言うことはなかったと思います。

 ところがその後夜泣きをするようですから、きっと泣きたい気持ちを我慢してしまったことで、夜泣くしか気持ちの発散が出来なくなったのでしょう。子どもはお母さんが優しく上手に育てていても、いろいろなストレスを感じていて、そのストレスを発散するために泣くことがあります。あなたのお子さんはそのストレスを上手に発散できる方ですから安心して良いのですよ。泣きたいときには存分に泣いてストレスを発散して、元気に育ってくれると良いですね。

 ところで今妊娠中ですね。お子さんのために自分の状態も省みず頑張ってしまうのはやめましょう。どんなに慰めても「どうも違っている…」のも当然なのです(それが分かるお母さんの感性もすごい)。子どもはおとなが想像する以上に親思いなのです。「お母さんといっしょに」と言う、Kちゃんの言葉にも大きな意味があるように思います。赤ちゃんがお母さんの胎内に宿って、Kちゃんは「お母さんといっしょに」赤ちゃんの来るのを待っていよう、赤ちゃんが来るまで「お母さんといっしょに」頑張ろう、としているように見えます。「思うように抱っこしたり、慰めたり出来ない…」ことは当然です。「気分が悪いから助けて」もらいましょう。

 出産は女性にとって大きな事業です。体も心も感じやすくなっていますし、疲れやすくなっています。無理はしないでくださいね。無事に出産を終えて、お母さんの体が回復して、赤ちゃんの様子が落ち着いたら「お母さんといっしょに頑張ってくれてありがとう」と伝えましょう。きっと頑張れた自分を誇りに思うと共に、そんな自分の頑張りを認めてくれたお母さんへの信頼感が増すことでしょう。

 でもまだ幼いお子さんです。お母さんの愛を確かめたくなることもあるでしょうから、朝起きたとき、夜のお休み前に「Kちゃん大好き。一番大切だよ」と、心を込めてギュッと抱きしめてください。きっとお母さんの愛を受けとめてくれるでしょう。

 応援しています。


〈相談者より〉

 阿部先生、鷲尾先生こんにちは。
 8月の中旬頃、断乳後の夜泣きで相談した者です。現在Kは2才3ヶ月。私は妊娠5ヶ月になりました。おかげさまでKの夜泣きはなくなりました。本当にありがとうございます。

 アドバイスにもあったように、原因は『泣きたいのに泣けなかった』ことだったようです。それまでは「おっぱいもっと飲みたかったね」「バイバイするの嫌だったね」「Kちゃんがまんできてえらかったね」と話すことはあっても、そのようになぐさめたことはありませんでした。

 夜泣きした日、「Kちゃんは本当はもっと泣きたかったのね。お母さん分かってあげなくてごめんね。でも心配かけたくなかったからずっとがまんしてたのね」となぐさめてみました。その後2、3回夜泣きはありましたが、今ではもうありません。

 (年齢のせいもあると思いますが)以前と比べて聞き分けも良くなったように感じています。(わがままな部分も増えてきましたが…)

 「Kちゃんとお母さんと一緒に」という口ぐせが増えたことも手紙に書きましたが、『お母さんと一緒に赤ちゃんの誕生をまっている』とアドバイスがありました。私はKに赤ちゃんの存在は伝えましたが、あえて、Kの前で赤ちゃんに話しかけることはしませんでした。でも夜泣きがなおった頃に、「Kちゃんの大切なおっぱい赤ちゃんにもあげようね」と言ったり、一緒に話しかけたりする時間も随分増えました。すると「赤ちゃんいるから」と言って、お腹に飛びこんでくることはなくなりました。最近では「赤ちゃんの腹巻き(腹帯のことです)大好き」と言って大切にしてくれます。

 大人の都合でKちゃんを連れ回したり、外で遊びたいのに行かなかったり、つわりがひどい時には、「お母さん助けてね」など、子どもはきっと想像以上にいろんなことをがまんしているなあ。でも親に(とくに私に)心配かけないようにしている、と感じるようになりました。

 我が家では「大好き」と言ってぎゅっと抱っこする遊びが増えました。残り少ない私とKとの2人の時間をもっと大切に、そしてKと一緒に赤ちゃんの誕生を待ちたいと思います。

 本当にありがとうございました。




【向上心の塊】

 2歳になったばかりのAちゃんは、ここのところずっとダダこねがひどくて、お母さんもイライラ怒ってばかりのようでした。相談に来始めた半年前のAちゃんは、自分の気持ちをこらえてしまって心配ということでしたから、気持ちを訴えられるようになって、ダダをこねて甘えいるわけで、いい方向に行っているのですが、お母さんとしては毎日が大変になっていました。

 お母さんは癒しの子育てを知って、子どもがダダをこねることは成長のステップだと分かるし、「よしよし」と受け止めて「でもやろうね」と励ましたいと思っています。ところが受け止めきれなくてイライラ怒ってしまって、そんな自分を責めてしまうのでした。

 責めてしまうという気持ちは以前はもっとあって、気持ちを聞いてあげたいのだけれど、泣かれると「こんなにつらい思いをさせてしまっていた」と自分を責めてしまって、泣き声を聞いているのもつらくなっていました。すねて抱っこから逃れようとすると、怒ってばかりいるから嫌われていると、また何か分かってほしいことあるのだろうと、赤ちゃん時代やお腹の中にいたときのことを慰めるのですが、そうするとまた「こんなに苦しめていた」と、何かにつけて自分を責めてしまいます。その頃のお母さんはとても苦しそうでした。

 相談室に通ううちに、お母さんの責める気持ちはだいぶ軽くなり、今では泣かれることには全く動じなくなくなっているお母さん、ダダこねに張り合うこともだいぶ上手になってきていますが、それでも子どものダダこねはそれにも勝るものになっていました。「もう知らない!」と放り出したくなったり、イライラして怒ってしまったりもしてしまうようです。もっと受け止められるようになりたいという気持ちでいっぱいです。

 そんな時に迎えたある日のセッションです。前回、一段落して遊んでいたAちゃんですが、帰り際のおもちゃの片づけで、またまたすごいダダこね。もういちど仕切り直して受け止めては見たものの、なかなか治まりませんでした。時間切れになって、「今日は片づけはいいから、今度また続きしようね」と終わりにすることにしました。そしたら、最後の最後に、自分から一つだけおもちゃを棚にしまって、機嫌を直し、「片づけた」「片づけた」と何回もお母さんや援助者の同意を求めて、片づけられた自分を認めてほしい姿がありました。その時、本当は、いやいやの気持ちに負けないでちゃんとやりたいんだな、お兄さんになりたいんだなと、感じました。子どもの中のボスが育ちたがっているのが伝わってきました。

 そんなAちゃんを応援すべく、その日は、お母さんがボスになる練習をしてもらおうと、お母さんの言い分を通して、「まだ遊びたいけど、途中でやめて、お母さんに付き合う」ために、遊びを中断して、抱っこをする座布団のところまで、手をつないで歩いてきてもらうことから始めることにしました。お母さんは少しひるみながらも、いやいやを受け止めながらやり遂げました。ところがAちゃんは満足がいかない様子でした。

 確かに、お母さんは、とことんいやいやを出してあげることは出来なかったかもしれません。Aちゃんも適当にやってしまった感もありました。親子のぴったりの妥協点にはならなかったのかな、ではもう一勝負と援助者が思案していると、「片づける」「片づける」と必死で言ってきたAちゃんでした。そういえば、おもちゃを片づけないで始めてしまったなあと気づいて、途中だからまた抱っこに戻ると約束して、片づけをしてもらうことにしました。

 片づけをしているAちゃんはとても凛々しく意欲的でした。おもちゃを種類別にきれいに並べて、ちょっと前には抵抗してなかなかやらなかったパズルもスイスイとはめてしまって、おとな顔負けのように整然と片づけたのでした。お母さんの腕の中に戻ったAちゃんを、お母さんと援助者で何回も拍手して褒めまくって、Aちゃんは得意顔。片づけられたのがとても満足なようでした。今までにない落ち着きぶりで、体の力はすっかり抜けてリラックスして、やわらかい表情でにこにことお母さんの腕の中に抱かれていました。

 お母さんが子どものボスになって、子どものボス心を励ますことではなくて、子どものボス心が自分から活躍して、片づけてしまったのでした。おとな二人があれよあれよという感じでした。前回のセッションからの続きが完結した時でした。何がそうさせたのかは掴み切れませんでしたが、Aちゃんのお兄さんになりたい気持ちが強くあったし、出来るところを見せたかったのは間違いないようでした。

 もう一勝負と言った手前、体操のようなやりとりをすることにしました。体のやりとりをしていくと、まだいやいや言いたい気持ちが残っていれば言い出すし、慰めてほしいき持ちがあればやせらないしで、何か心残りがあるのを教えてもくれるし、おとながボスになって導くやりとりになるので、よく使うやりとりです。

 その日のAちゃんは、援助者が体を動かしていくのを全部受け入れて、にこにこ機嫌良くやらせてしまいました。お母さんだったら甘えていやいや言うかもしれないと思い、お母さんにもやってもらいました。それでもAちゃんは素直に身を任せて、楽しそうにやってしまったのです。

 そしてその後のAちゃんは、今までにないほど上機嫌で、トイレにもさっさと行っておしっこはできてしまうし、身支度も早いし、挨拶も元気よくして帰っていきました。それを見ているお母さんもとてもうれしそうでした。

 お兄さんらしくできることが、こんなにも自尊心を輝かせるのを見せてもらいました。自分で自分をなんとかできて、力を発揮できるのは、こんなにもうれしいことなんですね。きっとAちゃんは、これから自分の気持ちを自分でコントロールして、自制心も育ってボス心が強まり、もっとお兄さんになっていくことでしょう。お母さんがAちゃんのボスになるのと、Aちゃん自身が自分のボスになるのと、同時並行していくのかもしれませんね。そしてもう一つ、お母さん自身の自分の中のボスも強くなって、子どもに当たらなくてすむようになるのでしょう。3つのボス、どのボス心から強くなってもよくって、相互作用でいい循環が生まれるのでしょうね。
@へ Bへ    HOME