←HOME

幼児期前半の実例@ 
「わたしはわたし」の時期(1歳半〜3歳)

 親を相手に自己主張やダダこねが盛んになり、思い通りにならないとカンシャクも起こします。自己主張やダダこねをうまく受けとめてあげられると、少しずつ自制心が身に付き、親のしつけを受け入れるようにもなります。 
 
【ちょこっと抱っことダダこねの工夫】  【やさしいけど頼もしいお母さん】  【聞き分けがない】  【下に赤ちゃんができたとき】 
【パパにばっかり】  【おとなしすぎて心配】  【怖い怖い】  【断乳がしたい】 
下の子に乱暴する】  【大好きだったお風呂が嫌いになった】  【抱っこして気持ちを聞こうとしても眠ってしまう】  【パパがいい。ママこわい。】 
【親子そろって歯止めがかかって苦しい】  【特定の友だちをよく泣かしてしまう】 【お母さんにべったり】 【お友だちに無抵抗で心配】
【言葉が遅いし視線が合わない】  おっぱいにまつわる慰め】  【やる前から「できない」慎重なRちゃん】 【「こんにちは」を言わないPちゃん】 

【ちょこっと抱っことダダこねの工夫】

〈相談者から〉

 はじめまして。ぜひ援助してくださる方をご紹介いただきたく、メールさせていただいております。

 私は2歳ちょうどの女児の母親です。今までは夫と娘とわたしの3人暮らしでしたが、この度、私の実家(私の父母と祖母)と同居を始めました。娘の様子が気がかりになるより前に、私自身が母とのかかわり方に行き詰ってしまいました。そのきっかけは娘が私の母に特別反抗的な態度をとるようになってしまったことでした。そのことで話し合いをし、その後表面的には問題はありませんが、結局娘にいろいろ我慢をさせる結果になったように思われ、娘の気持ちを何とか汲み取りたいといろいろ考えるうちに、娘がずいぶんおりこうさんにしていることに気がつきました。

 また、生まれたときから寝つきが悪く、最近はおっぱいを求めることが多くなっていました。とにかく、抱っこをしてみると激しく泣きながら抵抗し、わたしの気持ちが動揺してやめてしまうことを3度ほど繰り返しました。

 また、娘のダダこねが気持ちよくできるようにと工夫してみると、娘以上に、特にわたしがリラックスしてきたようです。

 そして、これはずっと気になっていたのですが、娘の出産時、破水したときに羊水がとてもにごっているのがわかり、急いで手当てをしようと、吸引分娩で産まれ、すぐに飲んでしまった汚れた羊水を胃から吸いだされる処置を受けました。その他いろいろ思うところはあるのですが、書ききれません。

 とにかく援助をうけてみたいので、どうかよろしくお願いいたします。



〈返事〉

 メール拝見しました。
 △△県の援助者を紹介してほしいということでしたが、あいにく紹介できる人がいないのです。東京まで来ていただくことになってしまいます。遠すぎますねえ。まずはメールで応援しましょう。

 お子さんは2歳ということで、ダダこね真っ最中の時期ですよね。ダダこねの工夫でお母さんのリラックスできたなんて、すごいではないですか。そのやり方はこれからも試してみるといいですね。どんな工夫なのかぜひ教えて下さい。みなさんに紹介したいです。

 それから抱きしめると激しく泣いて抵抗するのはみんなみんなです。抵抗というと嫌がっているととられてしまいそうですが、気持ちの我慢がどうしてもたまるので、「泣きたい気持ちがある、でも泣いてはいけない」という子どもの中の葛藤でそうなるのです。だから「泣きたい気持ちがある間抱っこしていてあげるからね」と抱きしめていてあげると、子どもは必要なだけ泣いて、そして「もういい」ということになればふっと泣きやんでしまいます。腕の中でそうできる子どもはとてもしあわせで、そうしてもらえるとさっぱりして、気持ちが落ち着きますし、もっとお姉さんらしく頑張れるようになります。

 でも、お母さんが不安になってしまったら離してしまっても大丈夫です。少しだってそうして訴えを受けとめてもらえれば、それだけ楽になるはずですよ。ちょっとやってはやめて、またちょっとやってはやめてというやり方も、数をこなせば子どもは助かります。そしてお母さんが余裕があって、今日は落ち着くまで抱いてみようというときがあればもっと助かります。でもお母さんの心の動きも大事にしないと、子どもはお母さんの大変さをすぐにキャッチして気持ちを訴えるのを我慢しようとしますから、お母さんの今一番やりやすいやり方を探していってもらえればいいのです。なかなかうまくやっていらっしゃいますよ。

 お子さんがおりこうさんをしてくれるのは本来の子どもの姿であればみていられますが、無理して頑張っているのはみていて切ないですよね。でも子どもの親思いは深いものがありますから、まずは「ありがとう」と受け取るといいですよ。その上で、ひとりぼっちで我慢しないでねと、ダダこねしてもらったりちょっと抱っこしたりしていけば、お母さんとは心の垣根がなくなって、無理のないおりこうさんになっていって、お母さんもみていて誇らしくなるはずですよ。これもちょっとずつの積み重ねでいきましょうね。

 同居は助かる面もあるけど、くすぶっていたものが再燃したりして困ることもありますよね。お母さんとおばあちゃんとの関係がうまくいってないときに、お母さん側に立つのが子どもですが、現し方がいろいろなんです。大きく分けると2タイプあって、おばあちゃんに突っかかったり怒ったり言うこと聞かなかったりするのと、すごく接近してやさしくして気遣ってまるでおばあちゃんの方が好きみたいにするのと、そうしてお母さんを守ろうとしたり仲を取り持とうとしたりするのです。けなげな子どもたちです。

 今日はこれくらいでいいでしょうか。また必要なときにご相談くださいね。ダダこねの工夫みたいな自慢話も聞かせて下さい。応援しています。


〈相談者から〉

 お忙しい中、メールのお返事をくださり、本当にありがとうございました。毎日気持ちが揺れ動き、一進一退という感じです。 そんな中メールを頂き、ほっとしました。

 下手くそな(?)抱っこでも少しずつ子どもを楽にできるんですね。娘が暴れて「だめだ、どうしよう」という感じでやめるような、中途半端な抱っこを繰り返していいものか、いっそやめておこうかしら、と思ったりしていたのです。でも、抱っこをした時は、必ず娘の変化を感じ取りました。たとえば、寝つきがいいとか、また、抱っこする前に自分から泣き出したこともありました。やっぱりやっただけ、娘は少し楽になれていたんですね。

 ところで、私は娘同様、最近特に寝つきが悪く、娘の気持ちがよくわかるのですが、主人は「今日は眠れない」と言った数秒後に寝ているような人で、うらやましい限りでした。娘を抱っこした後、寝かしつけながら、主人に「気持ちよく眠るってどんな感じ?なんか話してよ」と頼むと、「おんぶされて眠るのが気持ちよかった。子守唄を聞きながら、なんかさびしいような、でもあったかくて・・・」などという話をしてくれました。「1日なんもしなくても、なんか悲しいことってたまってるやろ」と言われるとなんだか納得しました。珍しく主人がうまいことを言っているのにも感心しましたが、それだけ、大切なことを体で知っていたんだなーと思いました。

 わたしは抱っこやおんぶの心地よさが今ひとつ思い出せないので、余計に娘の想いがつかみとりにくいのかもとも思いました。自分自身は霧の向こうにある感じで、もどかしいです。あせりますが、これを乗り越えればきっと今のわたしにはわからない何かがあると信じています。

 長々と失礼いたしました。たくさんの方からのメールをお読みなんでしょうね。自分のために書いたようなものですが、感謝の気持ちとともに送らせてくださいませ。ありがとうございました。

 あと、前のメールに書いていた「工夫」なんですが、「工夫」とは書き方が大げさでした。ただ、娘がダダをこねることが少なく、わたしも不慣れなので、練習という感じで遊びながらおもちゃの取り合いをしたりするのです。娘もおもしろがって、「かしてかしてってやるー」と、おもちゃを持ってきます。ふたりともまだちょっとおよびごしです。



〈返事〉

 ちょこっと抱っこでいいんだと思っていただけたようでよかったです。一進一退で揺れ動きつつやっていくうちに、これでいいんだと思える日が来ますからね。

 ご主人と心の話ができるなんてとても仲良しなんですね。おんぶや抱っこの感覚を忘れているなら、ご主人にしてもらったら思い出しますよ。でももうおとなは本物はできないと思いますから、座ったままで後ろからおんぶの形をとって背中にもたれかかるとか、胸に包み込むように抱っこしてもらうとかしてもらってみたらどうでしょう。抱っこ法の援助者の研修会とかでは、参加者が抱っこのし合いっこをして体験するのですよ。そうすると気持ちよさを思い出しもするのですが、こんなふうにしてもらいたかったと切ない気持ちもわいてきて泣いてしまったりもするのですよ。泣いてしまったときは「よしよし」してもらうのです。そうするとその後ではまた心地よく抱っこしてもらえるのです。自分が心地よい抱っこを体験すると子どもにもしやすいですものね。

 ダダこねの工夫、なかなかではないですか。もっと具体的に詳しく聞かせて下さるとうれしいなあ。だめ?


〈相談者より〉

 抱っこはあいかわらず娘が大泣きのままで終わっています。「抱っこさせて」というとすでに「いやー」と泣き出します。でもぽろっと「バブバブの抱っこ(横抱きのこと)する」と泣きながら言ったり、ちょっと気持ちが揺れ動いてる時がたまにあるようです。

 ダダこねの工夫なんですが、最初はたしかタオルか何か、どうでもいいものを持っていた時に娘が「ちょうだい」とひっぱったので、「だめだよー」と冗談ぽく引っ張りかえして、「ちょうだい」「だめよー」「かしてー」「かしてー」と続けたのです。二人とも、どのくらい力を出していいかわからないので、そのうち押して、引いてになってしまいがちだったのですが、それだと面白くなく、さびしい感じになったので、また少しずつ力を入れていきました。娘は楽しかったようで、その後も何回か娘がおもちゃなど持ってきて、「かしてーかしてーってするのー」と、ひっぱりっこを楽しみました。最近は、娘「(机に)のぼろうか」、私「(体をつかまえて)のぼっちゃだめー」などとニヤニヤしながらやります。よりダダこねに近づいた感じですかね?

 同居を始めた実母との関係が、これまた一進一退でして、いろいろ想いをぶつけてみたのですが、おそらく母自身いろんな悲しさを胸の奥底に沈めているせいで、何も伝わらないような感じに終わります。頭では母も苦しいのだろうとわかっても、つい恨みや怒りがわいてきます。そのあと、自分には帰るところが無いという不安な気持ちでいてもたってもいられなくなります。

 実は主人も求職中で、余裕はあまりなく、けんかしながら支えあってるような感じです。それでも絶対に今を乗り越えたいという気持ちはなくなりません。ただ、自分や娘を変えたいというこだわりすぎかなとたまに反省します。今の自分や娘もいいんだと思えるようになりたいなと思います。

 こうして想いを聞いていただけること、本当にありがたいです。長い長い道を、少しずつ進んでいる実感を持つことができます。今日もありがとうございました。




【やさしいけど頼もしいお母さん】

 Yちゃんは2歳になったばかり。最近イヤイヤが多くて、お母さんはイライラして怒ってしまいます。怒らずにダダこねを受け止めてあげたいのにできなくて、怒ってしまっては落ち込んでしまうと言います。なんとかしたいと相談室に来られて、その日は5回目の来室でした。

 しばらくおもちゃで遊んだあとで、抱っこしてYちゃんの気持ちを聞こうねと話しかけましたが、知らん顔をしています。それでおもちゃ棚から座布団のところまでの2メートルくらいの距離を、お母さんに連れてきてもらうことにしました。Yちゃんはそれほど抵抗なくおもちゃを離しましたが、寝ころんでしまいました。お母さんは脇の下に手をやって引きずって来るのですが、なかなか手に力が入りません。Yちゃんはされるがままになっているのですが、それでも2歳の重さがありますから、お母さんが力を出さないと引っ張れないのです。でもお母さんの手にはなかなか力が入りません。

 そこで援助者が、「お母さん、今Yちゃんが川に落ちそうになったので引っ張り上げると思ってみて」と言うと、急に手に力が入って、あっという間にYちゃんを引っ張って、座布団の上で抱っこができました。力が入らなかった時と入った時と、お母さんの気持ちにどんな変化があったのでしょう。

 力が入ったときは、Yちゃんを川に落ちないように助けなくっちゃ、というお母さんの思いが強くて、弱いときには、Yちゃんの思いを大事にしなくてはと、お母さんの思いは弱かったようでした。癒しの子育ての考え方が分かって、子どもの気持ちを大事にすることが身についたお母さんでしたが、大事にするあまり、親の思いを伝えることができなくなってしまっていたようです。川に落ちないようにという非常事態の時は、子どもの気持ちなんて考える余裕もなく親の思いで動けるのですが、遊んでいる子どもに、「抱っこするからこっちに来て」という親の思いは伝えにくいようでした。

 今遊び始めて興に乗ってきたところというのではなく、もうかなり遊んでいたのですから、そろそろお母さんに付き合ってねと言ってもいい場面でした。遊んでいたい子どもの気持をわかり、受け止めるのは大事ですが、相手に譲るとか合わせるという協調性や、自分の気持ちを抑えるという自制心を育てるということも、子どもがしあわせに生きていくために大切な一面です。しつけとか社会的なルールを教えるということはそういうことですしね。そう言う意味では、まずはお母さんのおとなの要求に付き合ってもらうということが必要になります。遊びを中断されることはそれほどイヤではないけど、それをきっかけに、たまっていた気持が溢れてきてしまうと言うこともありますが、それならそれで「よしよし」するチャンスになりますから、それもいいのです。

 Yちゃんはむしろ、溢れそうな気持があって訴えて受け止めてほしかったようで、お母さんの引っ張られることを待っている感がありましたし、引っ張られて抱っこされて、「イヤ」と言いながらもうれしそうでした。

 親密な触れあいになる横抱きにして、ぴったり抱っこしてもらうと、Yちゃんはすぐに全身で気持を表現してきました。特に足のけりが強く、手ではお母さんの髪の毛を引っ張ろうとします。そこで、お母さんの要求に付き合ってもらう練習をすることにしました。お母さんに蹴られないように脚をお母さんの肘で止めて、手も握っていてもらうよう言いました。もちろん子どもに、「蹴らないでね。髪の毛を引っ張らないでね」と言葉で親の要求を伝えることが大事ですが、言葉だけのやりとりでは気持がついていかないので、空回りになってしまい、結局言うことが聞けないで、子どもは自分の本来の姿に戻れず、親は気持が噛み合わなくてイライラするということになります。なので、体でのやりとりを通した伝え方がとても意味を持ちます。

 お母さんが蹴られないように、髪の毛を引っ張られないように、手や脚を制していくことで、Yちゃんの手や脚から伝わってくる気持を、制しているお母さんの手や体で受け止めていくことになるので、Yちゃんは気持ちがすぐに溢れてきて、いつもより深く泣けて、10分余りですっきりして体が弛緩して、眠ってしまいました。家でダダこねをしたときなどに抱っこすると、1時間くらいかかっても落ち着かないで、中途半端に終わってしまうことが多いといい、こんなに楽に泣けて早く落ち着いたことにびっくりされていました。

 Yちゃんのお母さんは、このセッションの体験で、子どもの気持を大事にすることと、おとなの要求に付き合ってもらうことの両方が大切で、しかも矛盾しないということに気づかれて、やさしいだけではない、頼もしいお母さんへの道を歩き出されたようでした。



【聞き分けがない】

 日々相談に追われているので、電話による相談はお受けしていないのですが、それにはもう一つ理由があって、何と言っても実地に体験していただくのが納得しやすく、自分の子育てを支配していた無意識のパターンにも気づきやすいからです。ところが、時にはよんどころなく電話でお話を聞くことがあります。

 先日、2歳のお子さんを持つお母さんからの電話で、自分は子どもに嫌われているようで、よそのお母さんの言うことはよく聞くのに自分に対してはまるで聞き分けがない、2歳を過ぎてもごはんを食べずミルクばっかりなのだが、どうしたらよいか、というおたずねでした。お母さんの気持ちが通いにくいのはいつごろからですかと聞くと、もう生まれたときからです、と深刻そうな声が返ってきました。いくら愛情を傾けて育てていても、まるでのれんに腕押しのように手応えがなかったら、お母さんは空しくなってしまいますね。

 ぜひお子さんを連れていらっしゃってみてくださいと誘って、お母さんもその気になって、お互いの都合のいい日時を予約しました。ところが、電話を切って数時間してから、お母さんから明るい声の電話があって、悩みはすっかり解決した、ごはんもパクパク食べてくれるようになった、というのです。

 電話では、どうしたらいいというアドバイスは一切しなかったのですが、ただ、お母さん以外の人になついたり、聞き分けがよかったりというのはよくあることで、それはお母さんが嫌いだとか、お母さんになついていないということではないのだ、という苦しさのからくりだけは説明したのです。

 それこそがお母さんの求めていたものだったようで、お母さんは、子どもに嫌われていないのだったら、と元気が出て、すでに私の本を読んでくださっていたこともあり、本気でお子さんと向き合おうという気持ちになったようなのです。

「実は、不思議なことに、先刻お電話していたとき、子どもがそばで全然騒がなかったのです。いつもなら、誰かに電話すると、早く切れとばかりに騒ぐのですが……」
 
 お母さんが電話をしていると早く切れと騒ぎ立てるのも、自分を見失っている子どもの心にもない行為であることが多いのですが、不思議なことに、こんなふうに、お母さんが助けを求める電話を掛けているときには、何かを期待して、その電話をじゃましない、ということがよくあります。子どもはほんとうに、おとなが思っている以上にかしこいのです。

「……昼寝から起きたら、まるでスタンバイした私の気持ちを見抜いているかのようにぐずりだしました。私は子どもを抱きしめて、子どもの泣き声に耳を傾け、私の思いも伝えました。そうしたら……」

 その結果が、お母さんのうれしい報告となったわけですが、それはちょうど、親子のあいだで断線していた気持ちの回路が、「子どもに嫌われているのではない」という納得の部分がつながったことによって、回路全体が修復されたかのようでした。



【下に赤ちゃんができたとき】
 
 下に赤ちゃんができたとき、上のお子さんは多かれ少なかれ大変な思いをします。どんな思いでいるのか、どう接してあげたらいいかをまとめてみました。

 それまでずっと親の愛情を独占していた子どもにとって、赤ちゃんが生まれるというのは一大事件です。年子とか二つ違いとか、年齢の差が少ないときはなおさらです。

(1)最初の衝撃は、赤ちゃんがお母さんのおなかに来たときです。お母さんより早く妊娠に気づいて、落ち着かなくなることがよくあります。妊娠がわかったら、「あなたと同じようにかわいい子どもを、神さまがまた送ってくださったみたい。お母さんと一緒に大切にかわいがってあげましょうね。もちろんあなたは、いつだってお母さんのかわいい子どもよ」などと話してあげたらよいでしょう。

(2)やがて、安静の必要や、おなかの赤ちゃんを保護する必要から、あまり抱っこしたり活発に遊んだりができないようになります。よく事情を話して納得してもらうとともに、その埋め合わせをお父さんにお願いしたらよいでしょう。

(3)出産のための入院のあいだお母さんと離れなくてはならないときは、事前によく話しておきます。陣痛が急に来て、子どもが眠っているうちにあわただしく家を出なくてはならないこともあるからです。もちろん起きているときなら、ちゃんと話してから出かけます。後追いをして泣いたらかわいそうだからそっと出てしまう、というのはよくありません。黙っていなくなるより、泣き別れをして残った家族に慰めてもらうほうが、傷つくことは少ないのです。まだごく幼い子どもが、おじいちゃんの家でおとなしくおるすばんしているだけでなく、入院したお母さんを見舞いに連れていっても、お母さんに甘えようともせず、むしろ早々と帰ってきてしまいたがるようなら、かなり背伸びして我慢していると思ったほうがいいでしょう。

(4)家族立ち会い出産のときには、必ず誰かが子どもに付き添って、情緒的な孤立や衝撃から守ってあげなくてはいけません。

(5)生まれた赤ちゃんを連れてお母さんが帰宅してくると、お母さんの愛情を分け合わなくてはならない、という現実にいよいよ直面することになり、子どもの動揺は頂点に達します。お母さんは赤ちゃんの世話に忙殺されるようになります。赤ちゃんをたたいたりするのは抱きとめてやめさせなくてはいけません。止めてあげながら、心の中のさみしさや不安を分かってあげて、何とか少しでも上の子だけと接する時間を作ってください。お母さんの役に立つことも支えになりますから、おむつを取ってもらうとか、頼めることを考えて、赤ちゃんの世話をてつだってもらうとよいでしょう。

(6)うっかりすると、「お母さんはわたしより赤ちゃんのほうがかわいいんだわ」、などと上の子どもをひがませてしまいます。だから、「あなたがかわいいのはいまも同じ」ということを繰り返し言葉や態度で伝えてあげたらよいのです。ところが、口でそう言われても、やっぱりさみしくなってしまう、という場面があります。それは、上の子がせっかくお母さんに甘えているのに、赤ちゃんが泣くと、お母さんがさっさと赤ちゃんのほうへ行ってしまう、というような場面です。だからといって赤ちゃんをほってはおけませんから、声をかけてから行くようにして、さみしい気持ちを分かりつつ待っいてもらいます。

(7)赤ちゃんがもっと大きくなると、上の子がお母さんに甘えているところへ下の子が割り込んでくる、という場面も出現します。こんなとき、どうしたら上の子にさみしい思いを残さずにすむか、工夫してみてください。もちろん、上の子に気をつかうあまり、赤ちゃんをほっておく、というのもいけません。たいていの場合、赤ちゃんは激しく泣いて、お母さんにほっておくのを許しませんが、生まれつきおとなしい赤ちゃんで、ほっておけばひとりで「おりこう」にしている赤ちゃんの場合は、下の子に気がかりが現れないか注意が必要です。



【パパにばっかり】

 最近あるお母さんからいただいた手紙を紹介しましょう。赤ちゃんが生まれてから上の子どもに気がかりな様子があらわれたのですが、お母さんの自力の抱っこがなかなかうまくいきません。ところが……

 弟が生まれてからというもの、朝起きると「パパは?」、ママが叱ると「パパがいい、ママこわい」という兄。おまけに、いつもパパのハンカチを肌身離さないほどのパパ大好き! ママは内心、あまり穏やかではなかったでしょうね。でも、さすがは抱っこ法体験者のママ。この過剰なまでのパパ大好きが、何やらママに言い分があることのサインであることは見破っていました。
 
 でも、いつも抱っこするたびに大泣き大暴れ。「気持ちを分かってあげたいの。大事だから放さないよ!」とか何を言っても手ごたえがありません。親子ともぐったりとした疲れだけを残したまま、「オシッコ!」をきっかけに抱っこを中断してしまうことが多かったそうです。ついには、「オサイフを持ってオフロに入る!」と言い張るまでに行動がエスカレートしてきました。止めると「ウェーン、ウェーン」と泣き叫ぶので抱き上げたところ、いきなりママのほっぺをバシッ! ママは、頭では分かっていながらも、「ほんとに私のこと嫌いなのではないだろうか」と思って、抱っこの手がひるんでしまいました。そのとたんに「パパがいい!」と叫ぶので、ママはついにプッツン。それきり子どもと笑顔で向き合えず、添い寝もしてやれなくなってしまいました。いまが慰めどきと分かっていながら、抱っこができなくなってしまったのです。

 ママ自身、子どものころ母親に自分の気持ちを分かってもらえず淋しい思いをしていたので、子どもには同じ思いをさせたくないのに……。ほんとうは自分が抱っこしてもらいたいのかもしれない。手紙を書いているうちに、ママの涙は止まらなくなってしまいました。泣きながら、明日はがんばって抱っこしようと決意しました。
 
 さて翌朝、1時間でも2時間でも続けるつもりで抱っこしました。最初はやはり大暴れしていたのですが、昨日のことを謝って、「大好きなのに、気持ちを分かってあげられなくてごめんね」と言いながらママが大泣きしたら、いつもとちがってまるで突っ張らずに、おとなしく抱かれています。1すじ2すじ涙を流しながら、じっとママの話を聞いています。まるでママが抱っこされているみたいで、ママはワンワン声を上げて泣いてしまいました。待望の和解のひとときを味わうことができたのです。その日は、「パパがいい」と言ったあとで、「ママもいい」と付け加えるようになったとか。

 さて、これを読んで、どんな感想を持ちましたか。たとえば、

1.親が自分の苦しい気持ちをかっこに入れたまま、子どもだけを癒そうとしても無理があるのだなあ。

2.子どもって、叱られても叩かれても、捨て身で親を助けてくれるのだなあ。

3.おとなが泣いて楽になると、「よし、あすこそ本気で抱っこするぞ」などと新しい元気が湧いてきて、堂々めぐりを断ち切ることができるのだなあ。

4.気持ちを抑えていた母親が泣いて楽になると、子どもはこれほどまでにホッとするのか。親の癒しと子の癒しはつながっているんだなあ。

5.手紙を書いて自分の気持ちを文字で表現するって、自分ひとりでする癒しにつながるんだなあ。

 他にもいろんな感想が出てきそうですね。でも、いまここで私が強調したいのは、

6.人は苦しむだけ苦しむと、思わぬ活路がひらけるのだなあ。

ということです。それまでの自分(エゴ)が、もうダメ、どうにもならない、というところまで行き詰って絶望すると、それまでしがみついていたものから解き放たれて、本来の自分が働きだして、新たな展開が可能になります。そのことを昔の人は、「窮すれば通ず」と表現したのです。



【おとなしすぎて心配】

 最近は新聞・テレビなどで立て続けに、幼いときにはおとなしく「おりこう」で、思春期を過ぎてから家庭内暴力を起こし、果ては殺人や誘拐といった犯罪をおかすにまでいたった例が報道されたせいか、おとなしすぎて心配です、という相談が目立ちました。

 たとえば二歳になったばかりのお子さんですが、お母さんの話では、ふだんは歩くのをいやがり、「だっこ、だっこ」で歩こうとしません。それでいて、転んで泣いているとき抱き上げると、抱かれるのをいやがる、とのことです。

 抱っこをせがんだりいやがったり、お子さんの行動は一見矛盾しているようですが、
・「歩きたくないよ」とぐずり始めると、泣きださないうちに抱き上げてしまう。
・「慰めてくれなくていい」ともがき始めると、泣きださないうちに下ろしてしまう。
と整理してみると、どっちも、親子の葛藤を避けるという同じ付き合い方をしていることがお分かりでしょう。子どもがいやがるようなそぶりを見せるとすぐに引いてしまうことで、知らず知らずのうちに、泣いて訴えるのを止めてきてしまったのですね。
 
 そこで、子どもの「拒否」にひるまないで、あそこまで歩いてごらんと、抱っこを求めるしぐさと張り合って励ましたり、痛いのを我慢しなくていいんだよと、抱っこを避けるしぐさと張り合って慰めたり、と心がけると、訴える心の歯止めが外れて、おとなしすぎる心配がなくなります。

 でも、生後二年間でつちかってきた付き合いのパターンですから、一気に変えようとあせらないで、少しずつ新しい付き合い方を模索していったらいいのです、と助言しました。
 
 また別の二歳のお子さんは、アレルギーがあったために、赤ちゃんのときから何度か通院して採血をしてもらわなくてはなりませんでした。暴れるとうまく採血できないので、ママが「そのときだけはおりこうにしてね」と頼むと、けなげにも泣かずにやらせてくれました。

 ところが、それが裏目に出て、二歳になったいまでは、つらいときでも泣きにくい子どもになってしまったのです。

 親が心から頼むと、赤ちゃんでもかなり背伸びをして、頼みを聞いてくれることがよくあります。それはありがたいことなのですが、泣かずにがんばるのはそのときだけのことにして、そうでないときには心ゆくまで泣いていいからね、と誘ってあげましょうね。



【怖い怖い】

 Bちゃんは2歳。最近ダダこねがひどくて、お母さんが受け止めきれないということで半年ぶりに来室されました。お話を聞くとすごいダダこねのようで、これではお母さんがイライラしてしまうのも無理ないという感じでした。ダダこねをとことん聞いてあげればいいんだと頭では分かっているんだけれど、その場になるともうお母さんの方が辛くなってしまって怒ってしまうということでした。

 その日のBちゃんは、お母さんが横抱きにしても、少し緊張しながらも、感情は動かさずにおとなしく抱かれていました。じゃあということで、先ずはお母さんにダダこねの体験をしてもらうことになり、足でダダをこねるのと、腰でダダをこねるのと、手や肩でダダをこねるのと、頭部でダダをこねるのと、どこでダダをこねると気持ちがいいかなと選んでもらいました。お母さんは、手と肩でダダをこねるのがいいというので、それに付き合ってダダをこねてみてもらった。お母さんはやってみて、「いい気持ち。ダダこねって気持ちいいんですね。これから子どものダダこねが受け止めていけそう」と言ってくれた。これでBちゃんもほっとしたかなと思いきや、まだ顔が晴れない。ダダこねを受け止めるだけではダメなんだ、何か分かってほしい気持ちがあるんだね、ということになって慰めることにした。

 本格的に慰めることになったら、Bちゃんは怖そうにお母さんにしがみついてしまった。何か怖いことがあったように思えたが、お母さんはこれといって思いつかない様子。親しくしているお友だちが、ちょっと長引く入院生活を送っていいる、そのことは心配していないかな、と援助者が思いを巡らせたら、チラチラと援助者の顔を見て、まるで援助者が怖いかのように、顔を見てはますますしがみついて怖そうに泣いていた。そのうちがたがた震え出しさえした。

 その話をお母さんに持ち出すと、ついこの間、Bちゃんを初めてお見舞いに連れて行ったという。その時はそんなに怖い様子もなかったし、この子がそんなに気にかけているとも知らなかったので、行く前に話したり、帰ってきて気持ちを聞くことはなかったという。「心配だね」「かわいそうだね」という慰めで激しく泣き、泣くほどに怖さは和らいでいった。そのお友だちとは半年ほど前に元気に遊んだきりで、入院したことも話してなくて、突然連れていったので、「びっくりしたね」「病院怖かったね」という慰めにも反応していた。

 でもすっかりほっとしたのは、お母さんが自分の気持ちを、ひとりでしまい込んでいたことに気づいて、援助者に話してくれたときでした。「他人事とは思えないんです。その親子の切なさ大変さを思うと辛くて辛くて。それに、この子が病気になって入院することになったりしたらって、自分の身に置き換えたら怖くてたまりませんでした」と。なんだ、お母さんが我慢していたんだね、一緒に「心配だよう」「かわいそうだよ」「怖いよう」って慰め合えばよかったんだ。

 お母さんが自分の思いを閉じ込めてしまうと、取り付く島がなくなって、子どもは訴えられなくなってしまって、はじめはちょっとした怖さだったにしても、ひとりでかかえているうちに怖くて怖くてたまらなくなってしまうのです。こんな怖さをひとりでかかえて癒されずに過ぎてしまうと、それが無意識の底に沈んでしまって、大きくなった時に思いがけないことで姿を現します。その頃には自分でもそんな心の深いものに気づかないので、苦労したりします。怖いことを思い出させることがかわいそうではなく、ひとりでかかえることがかわいそうなのです。今のうちに癒してあげたいね、そしてこれからは親子で気持ちを分けっこしてね。



【断乳がしたい】

 2歳になるCちゃんに断乳をしたいが心配でと、お母さんがCちゃんを連れて相談に見えました。今まで3回断乳を試みけれど失敗したといいます。
その3回の時どんな様子だったのかをお聞きすると、泣いて泣いて、かわいそうでできなかったということでした。お子さんに泣かれておっぱいをせがまれ、困り果てたお母さんの姿が目に浮かぶようでした。おっぱいを飲むことは、お子さんの一番安心の時、そしてお母さんも忙しい仕事の手を止めて、かわいい我が子との濃密なひととき、お互いとてもしあわせな時間だったんでしょう。それでも今度こそは断乳したいと、お母さんの決意は固いようでした。

 それというのも、Cちゃんは一日中おっぱいおっぱいで、食も細いし、お母さんのところから一時も離れないし、夜の眠りも浅いといいます。お母さんが断乳を本気で考え出したらひどくなったともいいます。そんなんで、お母さんはこの頃体がとてもしんどくなっているということでした。
お聞きした話の通りにCちゃんは、相談室に来てもお母さんにべったりで、おもちゃがほしいようなのにひとりでは取ってこられません。お母さんがちょっと下ろそうとしようものなら、必死にしがみついて泣いていました。そして、お母さんの洋服を持ち上げようとして、おっぱいをせがんでいました。これでは断乳はまだ時期ではないのかなと思ってしまうほどでした。
 
 援助者がお母さんに話を聞き始めると、もう泣き出して、今日の話題はたまらないという感じでした。「お母さんおっぱい止めたいんだって」と話しかけると激しく泣いていました。先ずは「おっぱい止めたくない」「おっぱいバイバイなんていやだあ」という気持ちを聞いてあげまょうね、ということで横抱きにしてもらいました。Cちゃんは思いきり「いやだいやだ」を言って、お母さんも泣かれるのは辛いようでしたが、必死で抱き続けてくださいました。20分くらいだったでしょうか、ふっと泣き止んで眠ってしまいました。Cちゃんの心とまっすぐに向き合えて、お母さんの自信がふくらんだ感じでした。
 
 2回目に来たとき、Cちゃんはすでに昼間はおっぱいを欲しがらなくなり、お母さんから離れて遊ぶようになっていました。でもまだ、夜はどうしても離さないと言います。その日は、「ごめんね」というフレーズで泣き声が高くなるのでした。お母さんはずっと心に引っかかっていた子どもへの「ごめんね」がいくつかあって、それを慰めて謝ったのですが反応がありません。そこで「お母さん自身のごめんねは何かな」と聞くと、両親の仕事を引き継ぎたかったのに、結婚したことでできなくなって、その上お父さんの実家のそばに住むことになって、自分の実家から遠く離れてしまった。それがお母さんの両親への「ごめんねです」ということだった。お母さんは話しながら涙を流し、Cちゃんは泣き止んですーっと力が抜け眠ってしまった。お母さんはこんな小さい子がそんな気持ちまで知っていたことにびっくりして、でもうれしくてたまらない様子だった。親子の気持ちがつながった瞬間でした。
 
 その後数回来室したCちゃんは、断乳への決心もしっかりできて、自分から卒乳していったのでした。ちょっと背伸びをしているようでしたが、それはそれでいいんだよね。



【下の子に乱暴する】

 Dちゃんは2歳。下に赤ちゃんができて、しばらくはお姉さんとして張り切って可愛がっていたのですが、1か月を過ぎた頃から赤ちゃんに乱暴な振る舞いをするようになり、目が離せなくなったと言います。言い聞かせても叱っても、その時は分かったといっても、同じ繰り返し。お母さんはイライラがつのって怒ってしまうことが多くなって、怒ってしまっては自己嫌悪に陥ってしまうと言う。このままでは親子の関係がまずくなると、相談に見えました。娘のさみしさを思い、赤ちゃんの世話に忙しさがある時も、努めて相手をするようにしていたようです。それなのにそんな様子を見せる娘に、イライラしてしまうお母さんの心の痛みが伝わってきました。もっともっと相手をしてあげたいけど、二人の子どもの子育て、家事、付き合いと、お母さんはフル回転、お父さんもできるだけは協力してくれているけど、もうこれ以上どうしてあげたらいいか途方に暮れてしまいますよね。
 
 相談室での様子を見ていると、Dちゃんがおもちゃで遊んでいると、もうはいはいができるようになった赤ちゃんが邪魔に行く。お父さんがうまく取り持っているうちはいいが、そうはいかなくなると手が出るようだ。そういうことなら、Dちゃんにとっては無理もないことなのだが、普段は、お母さんから見たらわけもなくということも多いらしい。ただ、わけがあってもなくても、まだ小さい赤ちゃんを押したり叩いたりすることは危険なので、先ずは乱暴はしっかり止めてあげましょう、そうすることで気持ちも聞く機会をもてますよと話す。
 
 お母さんとしては、赤ちゃんができたことで思うように相手ができなくなっているし、がまんさせているので、Dちゃんに何か訴えがあるにちがいない、その訴えを聞いてあげたいと言う。そこで癒しの抱っこをすることになる。「抱っこよ。かわいいかわいいしよう」とお母さんが呼ぶが、「いや」といって遊び続ける。「お母さんDちゃんを抱っこしたいよう」というが「いや」と応じない。その時赤ちゃんがお母さんに抱っこされようと近づく、するとDちゃんは持っていた積み木を投げる、といってもちゃんと投げても大丈夫な方向に軽く。でもその行為に対して「危ない。投げるんじゃない」とお父さんに叱られて、Dちゃんは身動きできない様子になってしまった。

 こんな時は、子どもはいけないことだって知っていながら、感情があふれてきてやってしまうので、助けてほしいときなんですね。援助者がそばに行って「よしよし」と後ろから抱え込み、手を持ってあげると、そこからイヤイヤと身をよじらせてきたので、今度は背中を支えていると泣き出す。こんなふうに、言葉のやりとりだけに終わらずに体で付き合ってあげると、表面的なやりとりに終わらずに、もっと深い気持ちに出会えるんですよと、実際に援助者がやりとりをしてみせました。
 
 その後はお母さんに抱っこしてもらって、全身でいやいやを言い、お母さんがそれを上手に受け止めいた。お母さんの全身でDちゃんの体と心を丸ごと抱きかかえ、20分くらい体話(脇から見ればもがき合い)が続いた。するとふっと力が抜けてぴたっとだかれ、お母さんの目をじっと見て和んでいた。
 
 そのうちお父さんも来てと呼ぶので、赤ちゃんを援助者が預かって、お父さんにそばに来てもらった。久しぶりのお父さんとお母さんとDちゃん3人の水入らずの時間が持てた。お母さんに抱っこしてお父さんをまさぐり、お父さんに抱っこしてお母さんをまさぐり、Dちゃんはうれしそうで満ち足りていた。時間にしては15分ほどだった。
 
 赤ちゃんが待ちきれなくなってきたところで、「Dちゃんがお父さんとお母さんにいっぱい甘えて、もういいと思ったら、赤ちゃんを呼んであげてね」と頼むと、「うん」と言い、それから直に「もういいよ」と言ってくれた。「赤ちゃんがおっぱいの時間だけど、おっぱいあげていいかな」とお母さんが聞くと「うん」と言い、自分はさっさとお父さんと着替えをして遊び出した。帰るときも、今までは自分がお母さん、赤ちゃんがお父さんと譲らなかったのに、あっさりとお母さんを赤ちゃんに譲っていた。

 ほんのちょっとの時間だったけど、お父さんとお母さんを独占できた満足感が得られたようだった。これできっと、本来のやさしいDちゃんらしいお姉さんになることでしょう。



【大好きだったお風呂が嫌いになった】

 とくに何かを分かってほしいというのでもない、日々のささいなストレスが溜まっているだけ。だから、ただ泣きたい気持ちを聞いてくれればいいの、という場合もよくあります。でも分かってもらえるものなら、やっぱりあのことを分かってほしいな、という場合も少なくありません。懸命に何かを訴えようとしていますが、言葉で伝えてくれるわけではないので、なかなか分かりません。さあ、どんなふうに言い当てたらいいのでしょう。一つの方法は、

・気がかりな様子がいつから始まったか
・その頃に何か思い当たることはなかったか
・それがどうつらかったか

と振り返ってみる、というものです。Eちゃんのお母さんの体験記を実例として紹介しましょう。

 1歳7か月のEは、「おふろ大好き!」ーのはずでしたが、1週間ほど前、私がカゼで熱を出したので、お父さんに入れてもらった日を境に、大のおふろ嫌いになってしまいました。「おふろよ」の声でべそをかき、無理に入れようとすると、耳をつんざくような声で大暴れです。それまではお父さんとも機嫌良く入浴していたので、その日はたまたま眠くてぐずったかな、くらいに軽く考えていました。ところが、その後もおふろに入れるのが至難のわざになってしまいました。元気になった私が入れようとしても、なのです。

 困り果てた私は、「抱っこ法」で解決を試みることにしました。まず、服を脱がそうとするところでぐずりだしたEを横抱きにします。そうすると、おっぱいを欲しがったりもがいたり暴れたりするので、「ちょっとお話ししようね」と言い、さらにしっかりと抱き続けます。Eは顔をまっ赤にし、髪を逆立てて泣いています。

「どうしておふろがいやになったの?」
「お父さんと入るのがいやなの?」
「シャワー熱かった?」
「シャンプー沁みた?」
などと思い当たることをどんどん聞いていきます。

 あれこれ話しているうちに、ハッと思い当たりました。「去年の」……」と言いかけると、Eは「それ!」と言うように、いっそう大きく泣きだしました。ちょうど去年の今頃、私は持病の腰痛が悪化して、実家に戻っていました。腰の痛みがひどいときは、Eを入浴させることもできないので、代わりに妹に入れてもらっていたのです。私の実家とはいえ、Eにとってはよその家る母ではない人との入浴は大きなショックだったようです。そして何より大好きなお母さんの体のことをほんとに心配していたことが分かりね私は思わず「ありがとう!」と泣いてしまいました。

 今年同じ季節に体調を崩し、おふろに入れてあげられないというよく似た状況で、去年のつらい思い出がよみがえってしまったようです。
「大変だったね。お母さんのことが心配だったね」
などとしばらく慰めるうち、泣き方がおさまってきたのでおっぱいをあげ、二人でおふろに入りました。「抱っこ法」をしている間入浴していた夫は、びっくりするやら感心するやら……。

「母は偉大なのよ」

とゆっくりほほえんだものの、実は私自身、思ったより早く問題が解決したことに驚いていたのでした。「抱っこ法」によって、Eのこころの傷を癒すのと同時に、私の人生観も大きく変わったのでした。

・気がかりの様子がいつから始まったか=1週間ほど前
・その頃に何か思い当たることはないか=母がカゼで熱を出したので父に入浴を頼んだ
・それがとどうつらかったか=1年前実家で母が腰痛になったので叔母と入浴したのを思いだしたかも

ということになりますね。簡単でしょ?

 でもいつもこんなふうにうまくいくとはかぎりません。どうしても分からないときには、「ごめんごめん分かってあげられないよ。でも何かつらかったということは分かるから聞いてあげるよ」とでも言って、存分に泣いてもらえばよいのです。



【抱っこして気持ちを聞こうとしても眠ってしまう】

 ルルルルル……。海の向こうから電話がかかってきました。半年ほど前、下に生後4か月の弟がいる2歳半のかわいいお嬢ちゃんがよく人をかじる、という気がかりがあったので、一度私のところにいらっしゃったことがあるお母さんからです。すんでいるところが遠方なので、何度も通ってきてもらうわけにはいかず、そのため、近くのホテルに泊まって5日間、毎日来ていただく、という変則的な方式でお付き合いしました。それから半年後、かじるのはなくなったものの、まだ抱っこしきれず、お母さんが抱っこすると、「おろして。おろさないなら眠ってしまうよ」「気持ちよく眠りたい」と言い、すぐ目を閉じて、本当に眠ってしまうこともあるとのこと。そこで、

『泣かせようと思わなくていいから、眠ったお子さんに、「かわいいね」「大好きだよ」と言いながら、顔をツンツンしたり、楽しくコチョコチョ(不快なほどはくすぐらないでね)して仲良く過ごしたり、「赤ちゃんが泣くとすぐ行ってしまってごめんね」などと謝ったりして、ゆったりした時間を過ごしたらいいですよ。ー助言0』

と答えたうえで、泣きにくい子どもにどう接したらいいか、について助言をしました。

助言1・このお子さんの場合は、抱っこ法のことをよく理解してくださっています。お母さんには自分から抱かれに来るのに、お父さんが抱っこしようとすると、泣いて逃げるとのこと。それならば、お父さんになるべくゆっくりと抱き上げてもらったらいい。ゆっくりと言っても、離れたところからだらだらと追いかけるのではなく、体に手を触れて、「いやだ、いやだ」と振り払おうとする動きに、「まあ、そう言わずに」とじっくり付きあうのです。振り払われて離してしまうのではなく、強引にさっと抱き上げてしまうのでもなく、体と体でしっかりと張り合って、なるべくいっぱい「いやいや」の気持ちを表現してもらいます。、抱き上げるまでの時間、あるいは抱っこするソファーまで連れて行く時間を、なるべく引き延ばすのです。ようやくソファーで抱っこの体勢になったときには、もうすっかり気持ちが解放されていることでしょう。多分突っ張るのがおさまって暴れません。そこで、「抱っこささせてくれてうれしいよ。さあ遊んでおいで」とでも言って、もう抱っこはおしまい、というのはいささか極端ですが、でも、抱っこの体勢になってからが抱っこ法と思わなくていいのです。あとはしゃべりするなり、かわいがるなりご自由にどうぞ。

助言2・お母さんも似たような仕方でしてみたらいいかもしれません。泣かなくても、「おろして、おろさないなら眠ってしまうよ」と言われたら、「はいはい、おろすわよ」といったんおろします。そうしてから、「やっぱり抱っこして、かわいいかわいいしたいな」とでも言いながら、また抱っこに誘います。こんなことを繰り返していると、そのうち、抱き上げようとすると、あるいは抱き上げたあとで、もがいて気持ちが溢れてくるかもしれません。

助言3・ふだん泣かせまい泣かせまいとしているときは、そんなふだんの親の姿勢が変えられることが目指すところです。ふだんは泣くことを止めてしまっていて、癒しの抱っこのときだけ泣いていいと言われても、子どもには無理なことです。抱っこして「よしよし」の声かけからも、おとなの気持ちが伝わってしまいます。泣かせまいとするときは、「よしよし」が早口に詰まった感じで、尻下がりになるでしょ。泣きたい気持ちがあるだけ泣いていいよというときは、ゆったりのんびり、尻上がりになるのではないでしょうか。
 泣きにくい子どもが何かの拍子に泣いたときは、それを気持ちを聞けるチャンスにできるといいですね。離れたところにいたら、「どうしたの。よしよし」といいながら駆けつけて、抱き上げてなだめようとするときに、意識して時間をかけるのです。気持ちは十分届けておきながら、歩幅をうーんと狭くして、抱き上げるまでに間を取るのです。そうすればそれまで、泣いて待っていてくれますからね。やっと到着して抱き上げたときには、結構泣いてもらえます。でも、あまり露骨にやってはいたわりの気持ちが届きませんし、決していじわる心を出したりからかったりはしてはいけませんよ。

助言4・このお子さんは最近ますます赤ちゃん返りをして、おっぱいをほしがったり、おんぶを求めたりするそうです。それは無理ないところもあるので、赤ちゃんと同じようにしたいという要求は、喜んで満たしてあげたらいいのです。でも、その要求がいつまでもしつっこく続くので、お母さんはいらいらしてしまうそうです。いらいらするほど続くのだとしたら、たんに赤ちゃんっぽくしたいだけでなく、何か訴えたい気持ちがあるのでしょう。そんなときはいらいらしそうになってきたところで、「今日の赤ちゃんごっこはそろそろもう終わりにして、2歳のおねえさんに戻ってほしくなったわ。また今度赤ちゃんごっこしようね」と率直に言って、やめればいいのです。素直に応じてくれれば、それはそれでよし。あるいは我慢がはずれて、「いやだ、いやだ」とダダをこねて泣きだすかもしれません。おっぱいのことだけでなく、おんぶばっかりで歩こうとしなかったり、友だちに手を出してしまう……、日常生活の中で聞き分けがないという形で送ってくるサインを見逃さないようにしてください。

助言5・膝の上で子どもが目をつぶって眠ったようになってしまったときを利用して、お母さん自身の気持ちを感じてみるのもいいでしょう。お母さんのことを心配して、子どもが泣きにくくなってしまっていることがよくあるからです。現在のことや将来への不安だけでなく、遠い過去から引きずってきている感情がないかどうか、ずーっとさかのぼっていきます。口に出さなくてもいいですから、心の中で思いだしてみます。赤ちゃんのとき、生まれたとき、お腹にいたとき、受胎のとき、……。さらには自分が生を受ける以前の、親の苦悩を受け継いでいないだろうか、とまで思いを巡らします。一度にさっさとしないで、今日はこの時期、というように小分けにしたらいいかもね。辛い記憶ほど避けて通りやすいかもしれません。心の中で何かを思いだして感じていると、眠っていたはずの子どもがぴくんと動いたり、目を覚ましてぐずりだしたりするかもしれませんよ。お母さんが自分の感情に触れるのに慣れれば慣れるほど、やがてお子さんも感情を表現しやすくなるでしょう。

 さあ、5つの助言のうち、どれかが役に立つといいのですが。



【パパがいい。ママこわい。】

 あるお母さんからいただいた手紙からの事例を紹介しましょう。赤ちゃんが生まれてから上の子に気がかりな様子があらわれたのですが、お母さんの自力の抱っこがなかなかうまくいきません。ところが……

 弟が生まれてからというもの朝起きると「パパは?」、ママが叱ると「パパがいい。ママこわい」というお兄ちゃん。おまけに、いつもパパのハンカチを肌身離さないほどのパパ好き! ママは内心、あまり穏やかではなかったでしょうね。でも、さすがは抱っこ体験者のママ。この過剰なまでのパパ好きが、何やらママに言い分があることのサインであると見破っていました。

 でも、いつも抱っこするたびに大泣き大暴れ。「気持ちをわかってあげたいの。大事だから放さないよ!」とか、何を言っても手応えがありません。親子ともぐったりとした疲れを残したまま、「オシッコ!」をきっかけに抱っこを中断してしまうことが多かったそうです。ついには、「おサイフ持ってオフロ入る!」と言い張るまでに行動がエスカレートしてきました。止めると「ウェーン、ウェーン」と泣き叫ぶので抱き上げたところ、いきなりママのほっぺをバシッ! ママは頭では分かっていながらも、「ほんとに私のこと嫌いなんではないだろうか」と思って、抱っこの手がひるんでしまいました。そのとたんに「パパがいい!」と叫ぶので、ママはついにプッツン。それきり子どもと笑顔で向き合えず、添い寝もしてやれなくなってしまいました。今が慰め時と分かっていながら、抱っこができなくなってしまったのです。

 ママ自身、子どものころ母親に自分の気持ちを分かってもらえず淋しい思いをしたので、子どもには同じ思いをさせたくないのに……。本当は自分が抱っこしてもらいたいのかもしれない。手紙を書いているうちにママの涙は止まらなくなってしまいました。泣きながら、明日はがんばって抱っこしようと決意しました。

 さて翌日、1時間でも2時間でも抱き続けるつもりで抱っこしました。最初はやはり大暴れしていたのですが、「大好きなのに、気持ちを分かってあげられなくてごめんね」と言いながらママが大泣きしたら、いつもと違ってまるで突っ張らずに、おとなしく抱かれています。一すじ二すじ涙を流しながら、じっとママの話を聞いています。まるでママが抱っこされているみたいで、ママはワンワン声を上げて泣いてしまいました。そして待望の和解のひとときを味わうことができたのです。その日は「パパがいい」と言ったあとで、「ママもいい」と付け加えるようになったとか。

 さて、これを読んで、どんな感想を持ちましたか。たとえば、
1.親が自分の苦しい気持ちをかっこに入れたまま、子どもだけを癒そうとしても無理があるのだなあ
2.子どもは捨て身で親を助けてくれるのだなあ
3.おとなが泣いて楽になると、「よし、明日こそ本気で抱っこするぞ」などと新しい元気が湧いてきて、堂々巡りを断ち切ることができるのだなあ
4.気持ちを抑えていた母親が泣いて楽になると、子どもはこれほどまでにほっとするのだなあ
5.手紙を書くのって、癒されるんだなあ
 
 他のもいろんな感想がでてきそうですね。でもここで強調したいのは、

6.人は苦しむだけ苦しむと、思わぬ活路がひらけるものだなあ
ということです。それまでの自分(エゴ)が、もうダメ、どうにもならない、というところまで行き詰まって絶望すると、それまでしがみついていたものから解き放たれて、本来の自分が働きだして、新たな展開が可能になります。そのことを昔の人は「窮すれば通ず」と表現したものです。



【親子そろって歯止めがかかって苦しい】

〈相談者より〉

 はじめまして。2歳10ヶ月の男の子の母親です。2年前に阿部先生の講演会で「抱っこ法」を知りました。
 最近、親子そろって心に歯止めがかかった状態になり、少し前から「抱っこ法」を試みているのですが、親子で苦しくなり満足いく結果が出せません。私の中に鬱積している不満や怒りが出てしまって、子どもどころではなくなるのです。

 家族構成は親子3人です。転勤のために子育てを助けてくれるような人はなく、祖母(祖父はどちらも他界)とも年に1度会えればいいほうです。昼間は週に2度、児童館で育児クラブに参加する以外、ほとんど子どもと二人で過ごしています。子どもの性格は明るく、人懐っこく、やさしい子です。好き嫌いがはっきりしている反面、ナイーブで傷つきやすい面もあります。

 悩みと言うのは私の接し方のせいで子どもを傷付け、追い詰めていることです。息子は生活の中でやらなければならないこと(食事、入浴、歯磨き、トイレなど)のほとんど全てを拒むのです。いつからなのか振り返ったのですが、6ヶ月ころにハイハイをするころには既にオムツ替えに抵抗していました。その後は成長に合わせて抵抗するものも増えていったと思います。小さいうちは、抵抗される度に何度も言い聞かせては穏やかな解決を心掛けてきたのですが、一年ほど前からあまりのしつこさに私が切れてしまい、最後には泣かせて怯えさせて従わせるということを繰り返すようになりました。そして怒りながら世話をするため、乱暴で冷たい態度で接してしまいます。その上、私がなかなか機嫌を戻せず、長い時間、怒りに支配されたまま不機嫌になってしまうのです。自己嫌悪です。こういうことを繰り返す度に親も子もますます歯止めがかかっていくのがわかるのです。

 子どもは最近2日に1回くらいの割合で大かんしゃくを起こします。おもらしする程の激しさで1時間以上手がつけられない状態です。これが始まると「こんなに苦しめていたんだ」とハッとします。このときは抱っこしてやさしくしてあげようとがんばっています。・・・でも苦しいです。また外出を極端に嫌がるようになりました。今週も水曜日の段階で一歩も外に出ていません。外出するときは抱っこをせがみ、一歩も歩こうとしないのです。あそこまでと約束して抱っこしても、道の真中に寝転んで動かなくなります。説得したりなだめたり、叱ったり・・・終いには感情的な怒り方をして泣きながら従わせるパターンになり、私もすっかり外に出る気がなくなりました。

 家の中で遊んでいる時は楽しく、仲良くやっています。聞き分けもよく、とても可愛く感じるときです。しかし、お風呂、トイレ、歯磨き、爪切り・・・などの時間になると、「やろうか?」からはじまって、イヤ、やる、イヤ、やるを延々と繰り返して、わたしが怒鳴り散らして終わります。食事もほとんど食べさせてもらうばかりか、わたしの膝の上で食べたがります。

 それからオッパイもまだ飲んでいます。断乳ではなく卒乳させてやりたいと思い、止める時期は子どもにまかせていたのですが、どうやらオッパイが辛い時の逃げ場所になっているようで、叱られた後などによく欲しがります。わたしもオッパイを上げると、それまでの怒りが消えて優しい自分に戻れるので、そのことを子どもも感じているのかもしれません。

 出産してからのわたしは怒りっぽく不満のかたまりです。仕事も辞め、友達との楽しい時間もなくなり、自由時間もなくなり、誰も私を助けてくれないという被害者意識に陥っています。こういう心境が子どもにも影響しているのでしょうか。

 夫は家事全般を手伝ってくれるのですが、育児に関しては全くです。子どもが私ばかりを求めるせいもあるのでしょうが世話はほとんど出来ません。お風呂・外出(親子で)・留守番・寝かしつけなどほとんど大泣きされて出来ないのです。遊びに関しても夫より私と遊びたがるため、子どもと私が片時も離れられません。悩み事などを相談してもただ黙って聞いていて(目はテレビを追っている)、「困ったね」のひとことでお終いです。

 自分でも何に対してこんなに怒っているのかわかりません。抱っこ法をして子どもが泣き出すと「私をそんなに苦しめないで!」という思いにとらわれてしまいます。子どもの問題というよりは、私の問題です。解決の糸口になるようなことがあったら教えて下さい。



〈返事〉

 講演会を聞いて抱っこ法を自力でなさったみたけれどねうまくいかないようですね。やってみようと思い、やってみたことだけでもすごいですよ。やってみたことで、自分の中の鬱積している不満や怒りに気づけたのですから、それもいいことです。気づいたことから始まるのですからね。

 お子さんが赤ちゃんの頃から抵抗していたということは、お母さんの心の中を知っていて、怒ってもいいよと言っていたのかもしれませんね。子どもはお母さんに抵抗していたのではないのですよ。今もね。でも親は自分のやり方がいけなかったのではとか、何かわかってあげられていないのではとか、何かやってあげられていないのではとか、そんなふうに自分に問題を見つけようとしてしまうものなんですね。とってもありがたい親心なんですが、苦しい自分が自分を責める方にばかり受け止めてしまうものなんですよね。そしてますます苦しくなって、という悪循環にはまりますよね。もちろん歯止めもかかっていきますしね。

 先ず自分は、その時その時ベストを尽くしてきたことに気づいてください。振り返ればもっともっとという自分の中の向上心が騒ぎますが、でもその時はそれが精一杯で、それ以外にできなかったんです。もちろん夫や親や、誰か助けがあったらもっとできたことでしょう。ひとりで子どもを育てるのはとっても大変です。ひとりで子どもを育てるのは荷が重いです。でもその時はそれしかなかったのも事実ですから、その中で精一杯やってきたのですから、そんなふうにやり抜けた自分はすごい、たいしたものだと認めてあげてください。

 不満や怒りがなんなんだか、きっとそれは自分の幼い頃からかかえてきたものでしょう。本当は親に言って受けとめてもらいたかったことが解決していないと、気づかないうちに夫や子どもに求めてしまうものなんですよね。でも本当は親との関係のことなんで、いくら夫や子どもに求めても手に入りにくいものなんですよね。だからといって今現在の親に求めても、それは過去のことなんで手に入りませんけどね。

 でも丹念に自分の気持ちをわかろうとしていくと、その時には夫や子どもを助け手にしていけるのですよ。「私は今怒りたい気持ちがあるので、ちょっと怒るけど、何も言わないで見守ってね」と夫に頼んで、座布団でも叩いて、あるいは夫の手でも叩かせてもらって、文句が出てきたら言わせてもらう。そうすると怒りや不満が出ていって、もっと深い気持ちに出会いますよ。「お母さんに助けて」だったり、「お母さんが心配だけど助けてあげられないよう」だったり、「お母さん行かないでー」だったり、「ひとりぼっちはさみしくて怖いよー」だったり、その時によって違うかもしれないし、いつも同じ根っこかもしれないけれどね。もっと深い悲しみやさみしさや怖さを感じないようにしていると、怒りになって表現することになるのですよね。自分が幼いときには、そんな気持ちに気づくとやっていかれなかったので、感じない癖がついているので、とっさに怒ってしまうのてです。

 お子さんは自分だけしあわせになろうとしないので、しあわせ作戦を展開しているのですよ。まだ怒ってしまうときがあっても、それはしあわせ作戦の途中経過ですから、自分を赦してあげた方が、作戦はうまくいきますよ。

 援助者に助けてもらった方がはやくそこから抜け出せるのではないでしょうか。本も読んでいただくと理解が進むと思います。ホームページの「読んでみてね」にあります、『「大好き」を伝えあう子育て』か『ダダこね育ちのすすめ』がお勧めです。


〈相談者より〉

 お返事ありがとうございました。
 先生からのメッセージを読みながら涙が止まりませんでした。

 ひとつひとつの言葉が心の深いところまで届いて、よくもこんなに泣けるものだと思うほどしゃくりあげて声を出して泣きました。お腹が筋肉痛になりそうなほど泣いたなんて何年振りのことでしょう。そして感謝の気持ちでいっぱいになりました。

 私が育った家庭は両親が不仲で、親子間でも欠点ばかりを責めたてられるようなところでした。お酒を飲んでは感情的に怒鳴り散らす父を許せなかったり、仕事ばかりで私に無関心な母に失望もしていました。

 息子がダダこねをする姿と父の姿をダブらせていたのかもしれません。また「私を認めてほしい」という思いが夫へ向けられたのかもしれません。

 先生がおっしゃるように子どもは「しあわせ作戦」を展開してるのですね。私が感情と上手く付き合えるように助けてくれているのかもしれません。少し前にわたしが辛くて泣いていたときのことですが、私の涙を拭いながら息子も泣いたことがありました。声をあげずに静かに涙だけ流す泣き方は子どもの様ではなく、全てを分かっているようなやさしさに溢れていました。たった2歳の子どもを相手に大のおとなが泣いて、息子は涙が止まるまで頬を拭ってくれました。その後の抱っこは安らかで忘れられないものになりました。まるで親子が逆転してしまったような不思議な体験でした。こういう抱っこ法もあるのですか? 子どもの前で泣いてはいけないと思っている自分がいます。

 そして昨日ははじめて抱っこ法で子どもを充分に泣かせることができました。昨日の朝、息子が可愛がっていた金魚が亡くなりました。お墓を作って金魚を埋めることが納得できないようで、3回も掘り返しては「連れて帰るー」と泣き叫びました。結局、おもらしをして涙と鼻水とよだれで全身グショグショになって、ようやく帰りました。その時は疲れ切って泣きながら寝てしまいましたが、起きたら怒りと悲しみをぶつけてくることは分かりきっていたので、覚悟を決めてまっていました。

 目が覚めて、チョコボールを買ってきて!と言いがかりをつけ始めましたが、私は自分の気持ちがふてくされないようにそのことばかりを考えて子どもと向き合っていました。これは子どもの苦しさの表現なのだ、わがままではないのだと何度も言い聞かせ、怒りが込み上げそうになったときは、自分も親にわかってほしかったことを思い出しました。1時間泣いて、おもらしをして、すっかり目が腫れ上がった息子は、「あれっ?」という声と共に起きあがり、「お母さん、これ見てー」とウソのように普通になったのです。それからは可笑しくなるほど上機嫌になりました。そして残りの2匹の金魚にエサをあげていました。達成感と満足感で満たされました。

 『大好きを伝えあう子育て』と『ダダこね育ちのすすめ』を本屋さんに注文しました。

 今は気持ちが晴れていますが、また振り子のように揺れてめげそうになると思います。本を読んで軌道修正をしながらがんばってみます。私と息子の中にいる子どもの部分を、私と息子の中にいるおとなが励ましながら。



〈返事〉

 私の返事を読んで、真っ直ぐに受けとめてくださって、お子さんの慰めの抱っこができてしまったのですね。わかってもなかなかできないものなんですが、なんか私が感動してしまいます。お母さんの子どもの部分が小さな一部になって、おとなの部分が力を取り戻したのですね。ほんとすごいなあ。よかった。

 子どもにもおとなの部分がありますから、お母さんの子どもの部分を子どものおとなの部分が抱っこしてくれることもよくありますよ。子どもの方が歴史が浅い分傷ついた子どもの部分が根深くないですから、おとなの部分が出やすいのでしよう。心のことでは幼いほど先輩なのかもしれません。心というより魂と言った方がいいのかも。ですから自分のおとなが立つために、お子さんに協力してもらってもいいと思います。お母さんのおとなが立てば、もう子どもには自分の人生を生きなさいと名実共に言ってあげられますから、はやくそうなるためには、お子さんに助けてもらったらいいですよ。

 初めての慰めの抱っこがこんなにうまくいってしまって、なんてすてきなんでしょう。お母さんの懐に包まれて、金魚をなくした悲しみや喪失感を存分に表現して、わかってもらって、親子の気持ちが一つになりましたね。お子さんも満足感と達成感にひたったことでしよう。

 お母さんのおとなの部分がでてきやすくなると、おどもは心の中に閉じこめていた気持ちを、もう大丈夫かなと訴えてきますからね。お母さんになんでも訴えて受けとめてもらう、そこからしあわせが育っていくのではないかな。

 でも焦らないでね。

 △△ですと紹介できる援助者がいますから、必要になったときは言ってくだされば紹介しますよ。本も購入して読んでくださるのですね。きっと何かの手がかりになると思います。


〈相談者より〉

 先生に抱っこのことで誉めていただいて恐縮しています。講演会のときのメモを頼りにやっているので、先生が教えて下さっているものとずれているのでは・・・と心配なところもあったからです。

 先生からメールを頂いたということだけでも私は随分癒されました。見ず知らずのどんな親子かも判らない私達を無条件で受け入れて応援し続けるとおっしゃった先生の人を信じる力や愛する力に感動しました。そして本気で子育てで困っている人を助けたいというお気持ちが私の心に響きました。

 その後の子どもの様子ですが、一言でいうと「はりきっている」様に見えます。少々叱られても前のように落ち込んだり、いつまでも引きずらなくなりました。相変わらずダダこねはしていますが以前と違う気がします。昨日のダダこねは「イヤ」「やる」を繰り返し、まるで言葉のゲームをしているようでした。私のふざけた態度を見て一瞬噴出しそうになりましたが、でも絶対に笑うもんか!という感じで今は怒りたいんだ!と無理して怒っているようなのです。私もなんとか笑わせてやろうとしているうちに何時のまにか終わってしまいました。以前は私がふざけたり笑わそうとすると逆効果だったのです。そしてお互いの態度に腹を立て合っていました。

 この1週間くらいの間に自分から外出もするようになり、スーパーのカートに約1年半振りに乗り、主人に初めてシャンプーをしてもらい・・・数え切れないほどのハードルを越えました!!そして残りの悩みが全く気にならなくなりました。

 今回のことで「ありのままを受け入れてもらえる」ことの心地よさを知りました。誰も悪者を作らず、誰かが変わらなければならないわけでもなく、ただありのままを受け入れて抱きしめる・・・それだけで皆が幸せになれるのですね。すばらしい解決法ですね。

 子どもの状態が悪いと母親に責任があるような気持ちになります。落ち着きがない、かんしゃく、アトピー・・・色々なことで悩むたびに「お母さんが変わらなければ・・・」と言われ続けました。自然食を進めてくれた方にも(悪気ではないのですが)、母元病という言葉を教えられ、叱咤激励されました。振り返ると育児を続けることイコール自分を否定することになっていたのかもしれません。きっとこういうお母さんは多いと思います。先生は誰も批判せず、責任を押し付けず、変われだとかこうすべきだとか等とおっしゃいませんでした。ただ「そのときとのときベストを尽くしてきただけ」と言われました。その「ありのままを受け入れる気持ち」がわたし達親子を変えたのだと思います。

 誰だって子どもにイライラをぶつける母親になりたいわけがありません。変わりたいんです。もっとステキなお母さんになって幸せになりたいんです。でも自分の中にある苦しい部分が足を引っ張って変われないのです。今まで何度、変わろうと決心したことでしょう。しかし1日ももたないのです。

 本当は自分自身でありのままを受け入れられたらもっと楽に抜け出せたのかもしれません。でも今は子どもがいてくれるので、子どもといっぱい抱っこして許し合うつもりです。私のことですから、すぐにグラグラと揺らいで前の自分に戻りそうになりますが、今回の経験を自信にしてがんばります。

 お忙しい中、私達のためにお時間をさいて頂きましてありがとうございました。先生の活動を心から応援しています。

 また心がグラついたときはお願いすると思います(笑)。




【特定の友だちをよく泣かしてしまう】

 何か月ぶりかでいらっしゃった、二人の幼児を持つお母さんの話しー。もうすぐ二歳になる下の男の子が、近所の同じ年頃の、でも体格は一回り大きな男の子をよく泣かせてしまうのだそうです。相手のお母さんは、乱暴はいけないということを叩いてでも教えてくれないからだ、と少々おかんむりの様子だとか。相手の子どもは、お母さんがそばにいてもいなくても、ひとりで自分の遊びを見つけて遊んでいる子どもなので、お母さんは手がかからず、自分のやりたいことをルンルンと楽しむことができているそうで、ちょっぴりうらやましくなるのだそうです。うらやましいだけでなく、そのお母さんのような子育てができていないということで、自分はダメな母親 だ、などと落ち込んでいたかもしれません。さて、その子はなぜそんな乱暴をするのでしょうか。何を慰めたらいいのでしょうか。

 子どもの訴えは、大きく二つに分けられます。
・一つは、自分自身がつらかったという場合
・もう一つは、自分の身近な人(とくに母親)のことを心配してつらかった、という場合
です。子どもをよく知らない人は、子どもというのは自分中心なものであって、まさか親や他人のことを心配するなんて、と思うでしょうが、みなさんはもうそんなことはありませんよね。

 可能性1・その子は何か苦しい気持ちが溜まってきているので、たまたま近所の子どもに八つ当たりしているのかもしれない(自分本位の訴え)。 →たしかに、その日抱っこするとかなり苦しそうに泣き続けましたから、八つ当たりしたい気持ちがなかったとは言い切れません。でも、あえてその特定の子どもをしつっこく泣かそうとするのは?

 可能性2・相手の子どもに同情して、「おまえだって」、ぼくみたいにお母さんに甘 えて泣きたいだろう。無理しておりこうしていると苦しくなるぞ。そら、泣け、泣け」と誘っている(お友だち思い)。→抱っこして他のもっと重大な話題(お母さんを心配していることが他にあった)でひとしきり泣いて、眠ったあとで、今度はお兄ちゃんの番だということになって、その子は他の人が抱き、私とお母さんでお兄ちゃんを抱っこしました。お兄ちゃんも他 のもっと重大な話題(弟と同じことでお母さんを心配していた)でひとしきり泣いて 落ち着いていたときのことです。「さっきの弟さんが近所の子を泣かせるという話だけど、こういう可能性もあるんですよ」と話し始めたら、なんとなんと、膝の上でおとなしくしていたお兄ちゃんが急に泣きだしたので、お母さんはびっくり。お兄ちゃんにも分かっていたのかもね。隣で弟も目を覚まして、一緒に声を張り上げて泣いていました。いつもひとり遊びをしているその子が、甘えるのを我慢してそうしているので、しあわせそうには見えなかったのですね。もっとも、うちの子は、あなたのお子さんを心配して泣かせてあげているのですよ、などと相手のお母さんに言うわけにはいきませんから、泣かせるのはやめさせた方がいいですね。

 可能性3・お母さんに同情して、「お前がおりこうなひとり遊びを続けているから、ぼくのお母さんが悩むじゃないか」とイチャモンをつけている(お母さん思い)。→この話題については、手応えがありませんでした。お母さんに同情していなかったかと言えばウソになります。でも、相手の子どもがけっしてしあわせな気持ちでひとり遊びを続けていたわけでない、ということが納得できたので、お母さんは少し気持ちが楽になったようです。自分の子育てがけっして失敗ではなく、親子が気持ちを分け合いながら生きていくことが、大きなしあわせにつながるのだという自信を持っていただけたようです。だから、ぼくは友だちのことを心配していたんだよ、ということがお母さんに分かってもらえれば、とりもなおさずお母さんを助けることにもなったのです。

 自分の思いと他人への思いやりとはウラハラですから、絶えず行ったり来たりします。「ただ泣きたいの、何がなどと考え込まずに聞いてね」 「お母さんも泣けばいいのに苦しそうだよ」「あのこと分かってくれないかな」 「分かってやれないって、お母さん自分を責めないでね」「分からないと思って、何も話してくれなかったね」 「お母さん苦しそうに沈みこんでいたね、心配だよ」といったようにです。

 子どもは何といってもお母さん思いですから、お母さんを苦しめるようなムチャな訴えはしません。でも、お母さんのために背伸びして、苦しい我慢を続けたら、しまいには息切れがしてしまいます。内心ではお母さんを心配しながら、お母さんを困らせるような行動に走ることにもなるのです。



【お母さんにべったり】

 2歳を過ぎたHちゃんがお母さんにべったりで、家事もままならないで困っていると相談に見えました。

・朝起きるとすぐに抱っこで始まり、お母さんがすぐそばにいれば膝から降りるときもあるがほとんど抱っこで、ひとりでいることがまったくできない。お母さんのトイレも一緒。
・公園や児童館に連れて行っても、お母さんに抱っこばかりで、お友だちの中に入っていかない。
・最近指しゃぶりが頻繁で、お気に入りの布が離せない。

 相談室でのHちゃんも、お母さんのそんな心配が分かるように、不安そうにしてお母さんにしがみついていました。

 Hちゃんには6か月になる妹がいます。そんな心配な様子がひどくなったのは赤ちゃんが生まれた頃からのようでした。お母さんにしてみたら赤ちゃんが生まれたからと言ってHちゃんへのかわいさはいっぱいあるし、できるだけ抱っこもして相手をしているのにです。お母さんは赤ちゃんが二人いるような忙しさでとても大変そうでした。

 先ずは赤ちゃんが生まれる前後のことを詳しく聞いてみました。出産で入院したときは、お父さん方の実家に預かってもらいました。眠っている間に連れて行って、思い出すといけないということで、入院中一度もお母さんのところには連れてきてもらえなかったとのこと。お母さんと赤ちゃんは一週間で退院して自宅に戻ったのですが、お母さんがゆっくりできるようにという配慮で、その後もう一週間Hちゃんは祖父母のところにいて、お母さんに会えませんでした。二週間ぶりに自宅に戻ってきたHちゃんは再会を喜ぶどころか笑顔が消えていたそうです。お母さんはその様子がとてもショックだったと言います。これはいけないと、お母さんはできるだけ抱っこして「大好き」を伝えたそうです。そして少しずつ笑顔が戻ったようですが、お母さんべったりはなかなか直らないとのことでした。

 お母さんが突然居なくなって二週間も会えなくて、慣れない家で過ごしたこと、そしてやっと帰ったら赤ちゃんがいたことは、まだ1歳の頃のHちゃんにとっては大事件だったことでしょう。まずそのことを慰めることになりました。Hちゃんはその時の怖くて不安で心細くて、お母さんに見捨てられてしまったような気持ちを訴えてきました。怒り泣きをして悲し泣きをして、それをお母さんに懐で受け止めてもらえたら、やっと安心したかのように眠ってしまいました。目が覚めるまでずっと抱いていてもらって、かわいいHちゃんをからだ中で感じていてもらいました。目が覚めたHちゃんはふっくらとした柔らか表情になり、おもちゃを取りに行く50pくらいのほんの少しお母さんの膝から離れることができるようになりました。泣き虫になってよかったね、ということでこの日は終わりになり帰られました。

 次に来室されたときのお母さんの話では、家の中でなら少し離れられるようになったけど、それでもまだまだべったりということでした。前回慰めたお母さんと離ればなれだったときのことを慰めてみたのですがあまり反応はなく、赤ちゃんが生まれる前のことに話がいきました。そしたら意外なことに、確かに抱っこ大好きでよく抱っこはしていたけれど、そのほかは何にも手がかからないお利口さんで、それが心配だったほどだったそうです。なぜかは分からないけれど、Hちゃんが訴えられない子になっていたようでした。つらい体験をしたことで一気に逆の極にいってしまったようで、お母さんは大変だけど、訴えられるようになってきたことはよかったと確認した日でした。この日は「Hちゃん大好き」「Hちゃん大事大事」「Hちゃんかわいいよ」などとお母さんにいっぱい言ってもらって、あふれてくる気持ちを受け止めてもらってもまた安心してね眠ってしまいました。

 3回目の来室時には、お母さんの望みからはまだまだだけれど、少しずつ離れていられるようになっていました。一つ新しいことは、下の子を叩くようになったし、叩かないのに「叩いた」といったり、「○○(赤ちゃんの名前)嫌い」と言うようになったということでした。お母さんとしては心配がふえたようでしたが、Hちゃんがお母さんに気持ちを伝えやすくなったことで、よくなってきた現れだと分かってもらいました。自分の欲求や気持ちを言えなくなっていたHちゃんですから、率直に言えるようになる過程で、こんな様子を見せるのです。でも赤ちゃんを叩かせてはいけないので、お母さんをとられてしまったようなさみしい気持ちは分かりながらも、しっかり止めてもらうようにお願いしました。

 もう一つ根本的な対応を子どもに教えられた抱っこでもありました。Hちゃんはべったりが今必要な子どもだったようです。何か慰めて心が軽くなればべったりがすっかりなくなるとか、泣きたい気持ちがたまっているからいっぱい泣いてもらえばべったりがなくなるとか、そういうことではなかったのです。確かに慰めたり、泣きたい気持ちを受け止めていったことで少しずつはお母さんから離れるようになってはいましたが、Hちゃんが赤ちゃんの頃からお利口にしすぎてしまった分、今それを取り戻して、安心感を充ち満ちさせる時だったようです。

 それというのも「Hちゃんは感性が鋭くて恐がりみたいだから、今もう少しべったりが必要なのかもしれないねえ」という話になったら目がきらきら光って、援助者をじっと見て、そうそうという顔をするのでした。そしたらお母さんも「お父さんも感性が鋭い人で恐がりなんです」といい、「なんだHちゃんはお父さん似なんだね」と納得したのでした。「恐がり」と言うことを分かってもらったHちゃんは、いつもよりずっとお母さんから離れて遊び、援助者の膝にものってきたりして、帰りにはHちゃんから援助者に握手を求めて来たりしました。

 慰めたり泣きたいだけ泣いたりするのも怖さを軽くしていくけれど、怖さ自体を軽減していくためには、べったりして安心しきることが必要なんですね。癒しの子育ての大事な一面を教えてくれたHちゃんでした。



【お友だちに無抵抗で心配】

 Iちゃんが2歳のときに、我慢をしていてつらそうだと相談室にみえました。
 Iちゃんは赤ちゃんの頃から泣かない子で、おっぱいをあげておむつをかえていればおとなしく寝ていた、手のかからないおとなしい子どもでした。お母さんは初めての子なので、赤ちゃんというのはそんなもんだと思って、寝ているときはかまわないで自分のことをしていました。

 公園などでお友だちと接するようになって、おもちゃをとられても叩かれても、されるがままになっているのが歯がゆくてイライラしていました。お母さんの手を取って助けを求めるばかり、「返してって言ってごらん」「イヤって言っていいんだよ」「叩かないでって言いなさい」っていっても同じ繰り返しでした。そんな折り抱っこ法の本を読んで、気持ちを我慢しているからではないかと心配になってしまったといいます。

 ところが抱っこして気持ちを聞いてあげようとすると、お母さんがとても苦しくなってしまってすぐに中断せざるを得ませんでした。お母さんに泣き声を聞いていてどんな気持ちになるのか聞くと、責められているようだといいます。Iちゃんがこんなに泣くほど我慢させてしまっていたと、自分の育て方が責められてしまうようでした。そんなことないよ、泣いて訴えられないIちゃんだったんだから、親としてはそれ以上どうすることもできなかったと思うよ。訴えにくさを持ったIちゃんに気づいた今から、少しずつ訴えやすくなるように助ければいいんだよ、と話したのですが、泣き声を聞くと反射的に苦しくなってしまうお母さんもすぐにはどうにもならないのですよね。

 お母さんの苦しさの中身は、Iちゃんのことだけではなく、むしろ幼いときから抱えていた自己否定感だったようです。自己否定感を元々持っていると、子どもの泣き声さえ自分を拒否しているように感じてしまうし、ダダこね期に入ってイヤイヤが多くなったら、母親である自分の存在すら否定されてしまうように感じ、母親失格みたいに思ってしまったりします。Iちゃんはそんなお母さんを感じて、お母さんがつらくなるくらいなら、自分が我慢していた方がいいという生き方を選んでいたのでしょうね。子どもって、自分が苦しいのは耐えられるんだけど、お母さんが苦しいの一番耐え難くて、自分の気持ちよりお母さんのことを思う、根っからの親思いなんですよね。

 そんなIちゃんの気持ちを少しずつ実感していったお母さんは、子どもだけ何とかしたいと思っても、自分が楽にならないと子ども楽にならないと気づいて、大人の癒し天心の集いにも参加するようになりました。幼いときから引きずってきた自己否定感に向き合って、ありのままの自分でいいんだと、少しずつ思えるようになっていきました。

 お母さんが楽になっていくと、Iちゃんは安心してお母さんに気持ちを言えるようになっていきました。お母さんも天心の集いで、自分が泣いて楽になったり、ダダこねを体験して気持ちいいのを知って、抱っこで大暴れをしても、思い切り怒っても、全然動じないで抱き抜けるようになっていきました。

 Iちゃんはお友だちにも自己主張できるようになってきて、気の許せる友達とはけんかさえするようになっていきました。それでもまだまだ、気持ちを我慢してしまう癖は抜けきれず、ときどき相談室に来ています。

 先日も久しぶりに来たIちゃん、またこの頃我慢してしまうといいます。話を聞くと、Iちゃんはお兄さんになるのだそうです。つまりお腹に赤ちゃんが来たのです。そうなんです、お母さんが大変な状況になればなるほど、子どもはまた気持ちを我慢してしまうのですよ。そうやってお母さんに協力してくれるのですが、お母さんにしてみれば、我慢して自分らしくしていない子どもを見ている方がよっぽどいやですよね。でもIちゃんは今は協力したい、赤ちゃんが生まれたらまた聞いてねという感じで、しばらくは頑張ってもらうことになりました。赤ちゃんがお腹にいるときは、赤ちゃん最優先にしたいですから、Iちゃんの協力をありがたく受けることになりました。でもどうしてもつらくなったら聞くからね。



【言葉が遅いし視線が合わない】

 Kちゃんは2歳になったのですが、ほとんど言葉を話しません。それにいつも背中を向けてひとりぽつんとして遊んでいて、呼んでも知らん顔しているといいます。1歳の頃に抱っこの指導を受けた経験があり、家でお母さんが慰めの抱っこをしてみるのですが、力を抜いて抱かれ、あっちを向いてしらっとしていてどうしようもないと相談に来られました。

 どれどれ、どんな感じになるのかお母さんが抱っこしてみてと、Kちゃんを横抱きにしてもらいました。なるほどKちゃんは何の抵抗もなく抱かれたのですが、リラックスして弛緩しているのではなく、何も感じないようにしているようでした。顔はあっちの方を向いて、目も所在なげにそむけていました。Kちゃんは確かに居るのに心にしっかり蓋をしていて、居るのに居ないという感じでした。話しかけても、こっち見てといってもほとんど反応してくれません。

 赤ちゃんの頃は結構よく泣いていたというので、いつ頃から訴えられなくなったのか探っていきました。お母さんのつらさが極限に達したのがここ半年くらいといいます。でも、そのつらさの中身のことは、Kちゃんがお腹にいるときから始まったことで、ずっとお母さんはつらさを抱えていたようです。でも半年ほど前にあることがきっかけで、それからが一番つらかったといいます。Kちゃんはお母さんがとてもつらいことを察して、それ以上つらくさせたくないと、ひとりでかかえるようになったようでした。でもどうやら、お母さんこそがひとりでかかえて苦しんでいたようで、Kちゃんはひとりでかかえてしまうお母さんにとりつく島もなく、どうにも訴えられなくなっていたという方が本当だったかなと思いました。お母さんとしてみたら、こんな小さな子どもに心配をさせたくない、心配させてはいけないという親心だったのですが、心を一つにできないほどつらいことはないということにその日に気づかれました。

 それからは、「お母さんは今とても悲しいの」とKちゃんを抱っこして泣いたり、「どうにもならないことがあって、つらくてたまらないんだ」とイライラする気持ちを聞いてもらったり、Kちゃんと努めて気持ちの共有をしていくようにしました。そしたらKちちゃんも、少しずつ泣き虫になり甘えん坊になってきたといいます。

 普段の生活の中では視線もだいぶ合うようになったし、お母さんの方を向いて遊ぶようになったといいます。そして抱っこの中でも思い切り怒って泣いて、お母さんに訴えることができるようになりました。視線もちらちらとは見るようになってきました。それでもなかなかお母さんが安心するような様子にはなりませんでした。

 Kちゃんに限らず、言葉が遅いなど発達的にゆっくりなお子さんは、極端に自信をなくしている感じをうける場合が多いです。お母さんの育て方がどうこうではなくて、それ以前に持っている気質的なものを感じます。繊細さなのか過敏さなのかよくは分かりませんが、なにかにすぐに挫折感を持ってしまって、息をひそめて生きている感じが見られます。それゆえに訴えるなんてことはとんでもないし、怖くて自分を出せないんですよね。そしてちょこっとやってみてはやっぱりダメ、できないと、また挫折を深くしていってしまうのですよね。だから抱っこの場面でも細やかな対応が求められます。その自信のなさをいかに崩していって、自信を取り戻していくかの水面下のせめぎ合いをするわけです。

 Kちゃんのそのせめぎ合いがうまくいって、少し開けてきたセッションがありました。いつものように慰めてもらって怒って泣いて、体はかなり弛緩したのですが、それでもちらちらとしかお母さんと目が合いません。お母さんは見てくれないことに、お母さんの挫折感がぬぐえないでいるようでした。そこで援助者が代わって抱いて、「Kちゃん」「Kちやんどこかな。Kちゃんがいないねえ」「Kちゃん、ひとりぼっちでいないで、お母さんのところにいてね」「Kちゃん」「Kちゃん」と、Kちゃんの心の奥に呼びかけ続けて、Kちゃんの心の扉を揺さぶりました。Kちゃんはすごい怒りを表現し、怖さと向き合ってもだえて泣きました。そのKちゃんをしっかり抱きしめて受け止めました。Kちゃんは怖いけど自信がないけど、でも力を振り絞ってお母さんを見てくれました。Kちゃんとお母さんが深いレベルで出会った瞬間でした。そんな時は抱っこしているぴったり感も違って、お母さんとKちゃんは一体になっていました。

 それからのKちゃんは言葉もぼつぼつ使うようになってきて、おとうさんが帰ってきた車の音を聞いて玄関に飛び出していくようになったり、お母さんの手をKちゃんからとって、手遊びの催促をしたりするようになりました。もちろん日常でだいぶ泣き虫にもなりました。何よりうれしいのが、こぼれるような笑顔を見せるようになってきたことです。まだまだKちゃんは、ゆっくりな発達で、お母さんの心配は絶えないのですが、Kちゃんが心を開いて心の外との交流に自信を回復しつつある手応えを感じています。Kちゃんのペースでいいし、ありのままのKちゃんでいいんだけれど、自信を持って自分の力を試していけるようになってほしいなあと思って、これからも応援していきます。 



【おっぱいにまつわる慰め】

 4人の子どもたちを育てているお母さん。月に1,2回の割で定期的にセッションを受けに来ているのですが、今回はおっぱいで苦労した話になりました。前回のセッションで、赤ちゃんの時におっぱいが出るのに、なかなか乳首を含んでくれなくて困ったと言うお話がありました。今までお付き合いしてきて初めて聞くお話でした(日常の困ったことだけに追われていたからかな)。4人きょうだいの内の3人が、程度の違いはあっても、おっぱいを飲ませるのに苦労していたようです。

 まず3番目のTちゃんから慰めました。Tちゃんはおっぱいをなめていたということでした。「お口が…」と言うだけで泣きました。お母さんは上の2人で慣れていたので、対応に困ることはなかったけれど「この子も折角出るおっぱいを飲んでくれないのか」とガッカリしたそうです。その時お母さんが思い出したことはTちゃんは哺乳瓶を何本割ったか分からないほどだった。それも怒ったようにたたきつけたり、放り投げたりしてまるで怒りをぶつけているかのようだったとのことです。お母さんは「おいしいおっぱいを本当は飲みたかったのに飲めない。お腹が空いているのにどうしても飲めない」と言うTちゃんの気持ちを汲み取って慰めて下さいました。Tちゃんは「上手に飲めない自分に腹が立つ」と言う言葉でも泣きました。「悪くないよ。仕方がなかったね」と慰めました。

 その様子を見ながら一番上のAちゃんが、「今度はぼくが聞いて欲しい」と言うように側にくっつきにきたり、話の内容で落ち着かなくなったりしていたので、次にAちゃんを抱っこをしました。Tちゃんのときはあんなに気持ちが出そうになっていたのに、「泣きたい気持ちがあるねえ。泣いていいのよ」と言っても、「おっぱいが飲めなくて…」と話しかけても我慢しているようでした。あんなにも抱っこして気持ちを聞いてほしそうにしていたのに、いざ抱っこしてもらうとAちゃんの様子があまりにも変わってしまったので、変だと思いました。

 「お母さん、お母さん、Tちゃんの話を聞く時の気持ちと、Aちゃんの話を聞くときの気持ちが違うんじゃないかな」と聞くと「全然違います」と言うことです。お母さんは、Aちゃんが初めての子で本当に育てるのが難しかった。おっぱいは飲むのが普通と思っていたのに飲んでくれないので困ってしまった。体重が増えないので1ヶ月位は搾乳して母乳をあげていた。哺乳瓶だと母乳でもミルクでもよく飲んでくれた。ところが折角飲んだのに吐いてしまう。ほとんど吐いてしまって大丈夫なのかと心配した。夜泣きも毎日続きもう苦しくて。毎晩毎晩泣かれると私も普通じゃなくなって、とても他人には言えないようなひどいことをしてしまった、などを話されました。

 これではAちゃんが訴えられないと思い、試しに次のようにしてみてとお母さんにお願いしてみました。「Tちゃんの気持ちを聞いたときと、Aちゃんの気持ちを聞くときの、お母さんの気持ちの違いを感じてみてね。今の気持ちは何処にどんな形であるかな」と今の身体を感じて貰いました。お母さんは「今、胸の辺りに大きな黒い固まりがどーんとあって、重くて畳にのめり込みそうです」と言うので、「その感じを充分感じて下さい」とお願いしました。

 と言うのと同時に、Aちゃんがワーッと泣き出したのです。お母さんの気持ちから自責の念が消えると同時に泣きだしたと思います。こんなにもはっきり思いが伝わるのかと改めて思いました。お母さん自身も、自分の気持ちを感じて泣かれました。「初めての子育てでおっぱいは飲まないし、折角工夫して飲ませても吐いてしまって、洗濯物は増えるし夜は寝てくれないし、そんな状況が続いては普通でいられないのが当然。悩むのも苦しむのも無理のないことだったと思う」とお母さんを慰めました。

 Aちゃんには、お腹が空いておっぱいを飲みたいのにどうしても飲めなかったのは、きっとお口が過敏だったからかも知れないことや、ミルクに変わってお母さんを安心させようと頑張って飲んでくれて、お母さんは助かったこと、などを慰めました。「お腹の具合が……」でもいっぱい泣きました。Aちゃんも安心して自分の気持ちを訴えることができたようでした。

 終わりにお母さんに、「今、体はどうですか?」と聞くと「固まりは白っぽい雲のような感じに変わりました。自分を責める気持ちが少し軽くなったような気がします」と言ってくださいました。感性豊かなお母さんに助けられたセッションでした。



【やる前から「できない」慎重なRちゃん

 Rちゃんはもうすぐ3歳。最近「いや」が多くてお母さんがイライラして怒ってしまい、このままではいつ叩いてしまうか、と相談に見えました。「私が押しつけてしまうからだと思うのですが、やってほしいことはやってほしいし」と、お母さんはイライラ怒るのはやめたいし、「いや」とどう付き合ったらいいかわからなくなってしまったようでした。

 Rちゃんが日常どんな様子か、もう少し詳しく聞きました。「Rはこれはやる、これはやらないと、やってもいないうちに決めてかかるのです。そしてやらないと決めたものは手もつけないんです」「でもそれがたまにならいいのですが、初めてやることやちょっと違ったことになるとたちまち“できない”になるのです」「あれもできない、これもできないになってくると、もうお母さんは知らないからね! 勝手にしなさい!と、私が切れてしまうのです」

 お母さんの訴えを聞いていると、どうやらいわゆるダダこねの「いや」とは少し違うようです。Rちゃんは自分が確かにできることはやるけれど、ちょっとでもできそうにないと思ってしまうことはやらないようです。でもまだ子どもの短い人生で、やってみたことがあることの方が少なくて、毎日が新しいことへの挑戦が子どもだと思いので、新しいことやった経験がないことに、はじめはうまくいかなくてもやってみてくれないと困ります。“できない”の連発ではお母さんが途方に暮れてイライラするのも無理ないなあと思いました。

 Rちゃんのそんな躓きに気づいたちょうどその時、Rちゃんはお母さんと援助者が話しているところにパズルを持ってきました。援助者が心の中で、「さて、どんなやりとりをしたら、Rちゃんの躓きを助けることができるかな」と考え始めていた時です。子どもがこうしてちゃんととっかかりを自分でつけてくれるのはめずらしいことではありません。そこでそのパズルをやってみてもらうことにしました。そのパズルは、1片から5片までで形にはめ込むようになっていて、1片から4片まではスムーズに入れていきました。5片からなる5角形5つは、その1つ1つが二等辺三角形になっていて、その底辺を枠の外側にしないと入らず、その微妙な長さをわかってはめないとならないのです。でもRちゃんにはできそうなのに、“できない”とちょっとやったところで投げたそうとしました。そこで援助者が応援して手を少し添えると、すぐにできてしまいました。このパズルでは“できない”という気持ちの奥には届く間もなくできてしまいました。

 さて次はどうしようと援助者が考えるまでもなく、次の課題をRちゃんが提示してくれました。それは、ちょっと重いおもちゃを棚からしたにおろすということでした。ちょっと持ってみて重かったら“できない”とお母さんの方を見ます。援助者がそばに行って、「できるよ。やってご覧」というと「できない。重い」と言います。「そうだねちょっと重いけど、Rちゃんならできるよ」とRちゃんの背後から両肘の少し先支えました。すると「できない」と泣きました。「そうか、できる自信がないんだね。できないと思っちゃうよね」とできない気持に共感しながら、「できるよ。応援するからやってみよう」と肘の支えをしながらRちゃんを後からかかえる感じになりました。ちょっとの間「できない」と泣いていましたが、直にやる気になっておもちゃを下におろすことができました。援助者の肘の支えとできない気持への共感と、できる気持への励ましで、できてしまったRちゃん。でもちょっとまだ無理をしてやってしまったようで、その後お母さんに慰めてもらって、5分ほど泣いていました。

 できない気持をもっと十二分に訴えて、自信が十分できたところでやったら、もっと自分にも達成感があって、できた時には晴れやかになっていただろうに、「できない」を訴えきれないうちに頑張ってやってしまったみたい。「できない」ということではお母さんをがっかりさせてきたので、「できない」と尻込みしたくなる気持を置いてきぼりにして、「やらなくちゃ」と頑張ってしまいがちなのかな。でもお母さんに慰めてもらって帳尻を合わせたRちゃんでした。

 援助者がそんなやりとりをして見せたところで、日常にお母さんがつきあえなければ、“できない”のRちゃんにイライラする悪循環から抜け出せませんから、お母さんに線書きでやりとりをしてもらいました。まずはRちゃんの書きたい線を好きに書くのに、お母さんが手を添えてついていくことをしました。Rちゃんは力強く伸びやかな線を楽しそうに何枚も書きました。「書くのも“できない”とすぐに止めてしまうRちゃんが、こんなに楽しそうにこんなにいつぱい書いたのは初めて」とお母さんはうれしそうでした。

 次にはお母さんにRちゃんがお付き合いをする番。点と点(点のところに絵があり、飛行機と飛行機、花と花)を結ぶ線書き、縦線、横線、円、波、ギザギザ、渦などです。お母さんのやりたいようにゆっくり書いたり早く書いたりして、それにRちゃんに付き合ってもらいました。Rちゃんはゆっくりペースの子なので、お母さんが早く書くと抵抗が出ていました。でも早く書いても抵抗が出て、線がくねくねになりました。でも最後には親子の気持ちが寄り添って、きれいな線が書けていました。お母さんに支えられて、お母さんにお付き合いもできて、お母さんもRちゃんは満足そうでした。

 そしてその後で、「できたね」「えらかったね」「できてうれしいね」と、お母さんに事後の慰めをしてもらって、ちょっと背伸びして頑張った緊張を発散して、できた満足の気持で終わりました。

 Rちゃんとのやりとりの中から、お母さんが気づかれたことは、言葉だけで励ましてばかりで、体を添えて勇気を支えることができていなかったということ。特にいったん自信をなくしてしまっている子どもは、手を添えて支えることがとても大事です。子どもはみんなやりたいのにできなくて困っているのですから、やれるように、やれたと思えるように支えてあげると、できた体験を積み重ねることができて、そのうち“できるかできないかなんて関係ない、やりたいからやる”という、本来の好奇心旺盛な子どものに戻っていきます。

 Rちゃんの“できない”には何かもっと深い訳とかきっかけがあるのかもしれませんから、それはこれからの抱っこの中でわかっていくことでしょう。でもそれがわかることよりもむしろ、日常で勇気を支えてもらって、できた体験を積み重ねることがとても大切です。でもその時に「できない」気持に十分共感することをおろそかにしないでね。そうでなくても期待に答えようとする子どもたちですから、すぐに我慢して頑張ってしまって、そして苦しくなって、“やっぱりできない”を積み重ねることになってはなんにもなりませんからね。



【「こんにちは」を言わないPちゃん】

 Pちゃんは2歳、「バイバイ」「いただきます」「ごちそうさま」「おやすみ」など挨拶はほとんどするのに、「こんにちは」と「おはよう」だけは言わないのだそうです。現に相談室に来たときに「こんにちは」と声をかけるのですが、ちらっと見るだけで言ってくれません。「言ってよ」と少し迫ると、「いやー」と泣き出してお母さんにしがみつき、そこから抱っこになってしまいます。その日もそんな感じだったのですが、ここのところ気になっていたので、言いたくないわけを聞くことにしました。

 先ずは「こんにちは」と援助者が声をかけると、「いやいや」と泣きます。「言いたくないんだね。いやだね」と慰めつつ、「いやそうだけど言ってほしいよ、Pちゃんが言ってくれるととってもうれしいよ。言ってよ」と言うと、また「いやいや」が激しくなります。「なぜそんなにこんにちはがいやなのかな。何か出会いでいやなことあったかしら」とお母さんに聞きますが、これと言って思いつかないようでした。

お母さんとの初めての出会いである出産のときのことについて聞くことにしました。援助者にはそのあたりに鍵があるように感じたからです。出産は、、陣痛がとても激しいのに子宮口がなかなか開かず、頭が少し出てきたところで時間がかかり、親子ともとても苦しい思いをしたと言います。

 夜からだったのでお父さんが付き添って、朝まで二人で(三人でした)頑張ったそうですが、お父さんの出勤時間には間に合わず、立ち合いはできなかったそうです。お父さんが行ってしまったら、お母さんはとても心細くて、怖くてどうしようもなかったけれど、赤ちゃんのことを思って力を振り絞って、お昼前に無事に生まれたそうです。

 生まれたときにはお母さんは、生むことで精魂使い果たして、ほっとしたのもあってぐったりしていたそうです。出産してすぐに抱かしてくれておっぱを吸わせてくれる方針の病院だったのですが、赤ちゃんを見せるだけで別室に連れて行ってしまったそうです、後から思うと抱っこさせてほしかったと心残りなのですが、その時はくたくたでそんなことを考える余裕もなかったとのことです。そういう事情では初めての「こんにちは」がちゃんとできなかったのでした。Pちゃんも心残りだったのかなと慰めることにしました。

「生まれてすぐに、こんにちはってお母さんに言いたかったね。でもお母さんぐったりしていて言えなくてがっかりだったね」
「お父さんにも言いたかったけど、生まれたときはもうお仕事に行っていて言えなくてがっかりだったね」
「苦しかったけど頑張って生まれていったのに、こんにちは、って待っていてくれなかったみたいで、さみしかったね」
「生まれてくるの待っていて、お母さんとお父さんに、こんにちは、って言ってほしかったね」
「二人が待っているときに、こんにちは、って生まれていきたかったね」

などなど。それなりに反応があるのですが、今一つぴったりしないようでした。

 そんな時お母さんが気になっていたということを話してくれました。
「赤ちゃんができたとき、女の子の方がいいねなんて夫婦で話していて、4か月の頃に男の子と分かって、それでも少しの希望を持っていたので、生まれてきてはっきりしたときちょっとがっかりしたんです。すぐにそんなことは忘れて、男の子であるPちゃんをかわいいと思って、もうPちゃんでなければダメになったんですが、そんなふうに思ったことがPちゃんはつらかったのではないか」

 そのことについてはPちゃんは何の反応もしませんでした。もう充分かわいがって育ててもらっているので、そんなこと些細なことだったんでしょうね。

「友達が、パパのいるときに生まれて来てってたのんだら、本当にそうしてくれた、という話を聞いて、Pちゃんにもそう頼んでみたんです。抱っこ法の本を読んで、そんな勝手なお願いをしてはいけなかったと知って、悪かったなあと思っていたんです」

 その話になったらPちゃんは、激しく泣いて大暴れになりました。
「そうかそうか、そう頼まれていたので、お父さんがいるうちに生まれようとして頑張ってくれたんだね。でもお母さんの体がまだ準備ができていなくて、お父さんのいる間には生まれられなかったんだ。すごく頑張って生まれようとしていたのに、生まれられなくて、何でと怒っているのかな。こんにちは、なんて言ってあげるものかって怒っているんだね」

 Pちゃんはそんな語りかけに、激しく泣いていましたが、しばらく慰めてから、

「分かったよ。気がすむまで慰めるから、気がすんだら言ってね。言ってくれるまで待っているよ」

と言うと、すっと落ち着いて、全身の力が抜けて、じっとお母さんの目を見ていました。お母さんも、

「そういえばすごく激しい陣痛だったので、必死で生まれようとしていたのがよく分かります。お父さんがいてくれる間に生まれようとしていたのですね。親の勝手なお願いを聞いてくれようとしてすごく頑張ってくれたんですね。でもそれはいけないことだってよく分かりました。勝手なお願いをしてごめんね。苦しかったね。でもよく無事に生まれてきてくれてありがとう」

と言って、お母さんも涙を流していました。

 子どもは根っからの親思いなので、こんな無理なお願いも何とか聞こうとするのですよね。でもお産は親子の条件が整ったときにお互いが準備して、自然に経過していくもののようです。Pちゃんは無事だったけれど、うっかりすると危険になることだって考えられます。「ちょうどいいときに生まれてきてね」と言ってあげたいですね。

 「こんにちは」を言わないわけがこんなところにあったなんてびっくりです。
 
Aへ Bへ     HOME