←HOME

 幼児期後半の実例B
「わたしとなかま」の時期(3歳〜6歳)

 友だちを強く求めるようになり、子ども社会の仲間入りをします。聞き分けも良くなり、ことばで表現することも上手になり、お手伝いもしてくれたりして、家庭でも頼もしい家族の一員になります。 

既成の学校のワクを超えて、生徒の自由な学習を大切にした学校で知られる、米国サドベリー・バレー校を創設したダニエル・グリーンバーグ著『「超」育児』(一光社)という本を読んで、びっくりしました。続きを読む
  【トイレトレーニングがうまくいかなくて】  【気持ちは聞くけど行動は導く】  【今日で卒業します!】 
【地震で5歳の娘がショックを受け】  【心を込めて名前を呼んで】  【やりたいのにできない】  【お母さんは強いんだぞ〜】 
【向上心の支え方】  【3つのやりとり4つの反応】  【小さな自暴自棄】  【6歳にして】 
【トイレトレーニングがうまくいかなくて】

 3歳になったHちゃんが1年ぶりに相談に来られました。4月から幼稚園入園を控え、トイレトレーニングがうまくいかないという相談でした。お母さんはいろいろ工夫してつき合っておられるようでしたが、なかなかうまくいかないようでした。

 トイレに誘っても行かないので困りますとお母さん。何回声をかけても行かないで、そのあげくに漏らしてしまうので、それが続くとイライラしてしまうと言います。1年前に何回か相談に来られて、気持ちを大事にということを学んで、気持ちを大事にしてきたけど…とも。あれ、気持ちは大事にするけど、行動はお兄さんとして支えるとお伝えしたつもりが…伝わっていなくて残念。

 そこが1つのポイントと思い、「行こうよ」と手を添えて誘うところから始めましょうとお伝えして、お母さんに「行こうよ」と、Hちゃんの手を引いて誘っていただきました。ほんのちょっと尻込みしましたが、すぐに立ち上がって、さっさとトイレに行くことができました。あれこんなにすんなり行ってしまっては、手を添えるやりとりの練習ができなかったね。家では甘えがでて、ここではよそゆきということもありますが、お母さんが本気を出したということも大きいのだと思いました。

 トイレから帰ってきたHちゃんをお母さんにほめてもらおうと、お母さんに抱っこしてというのですが、逃げられてしまいます。そこで援助者が捕まえると、そこはすんなりではなくひっくり返って抵抗。すごい暴れようになりそうだったので、先ずは援助者が抱っこしました。えびぞりになってもがいて気持ちの我慢のようす。手を添えるの前に、感情のストレス発散が必要だったのですね。これがもう1つのポイントでした。そういえばそういう抱っこはしばらくしてないとお母さん。

 日頃一人で頑張る癖が付いていて、そうすると感情のストレスがたまって、やりたいのにできないことになり、Hちゃんも自信をなくしてしまう。自信をなくすともっとできなくなってしまう。そんな悪循環もあったようでした。

 ひとしきり発散してお母さんの抱っこになったときには、身を任せてゆったり抱かれていました。そこでお兄さん心に働きかけ、お母さんにも手を冴える練習になる体操をしましたが、すんなりやらせてくれました。これまた練習にはならなかったけど、いい感じなので終わりました。

 1つ目のポイント、気持ちは大事にするけど、行動はお兄さんとして手を添えて励ますということ、2つ目のポイント、気持ちのストレスを発散する抱っこが必要ということ、に合点がいったお母さん、家でやってみますと帰られました。お母さんも一人で頑張らないで、また手伝わせてね。



【気持ちは聞くけど行動は導く】

 6歳のFちゃん、乱暴こそしないが、お母さんに暴言を吐くのが、どうにも耐えられないと相談に来られました。お母さんに普段の様子をさらにお聞きすると、言うことも聞かないし、食事に2時間かかるなど、日常生活も困っているようで、ママも怒りをぶつけてしまうことも多いということでした。相談室に来たFちゃんは、おもちゃで遊んでいましたが、なんか見ていてハラハラする遊び方でした。

 ママの話を聞くうちにますます乱暴な遊び方になるFちゃんなので、援助者が遊びを止めると、そこから体中で「イヤイヤ」を表現してきました。ママにも来てもらって、抱っこになりました。Fちゃんはいろいろ悪態をつきながら叫び怒り、抱っこの中で大暴れしてました。

 ママは、行動(たとえば食事をイヤがるなど)のイヤイヤが発散だと思っていたようで、気持ちを聞き感情を発散することと、行動の聞き分けがないこととは違うことをお伝えしました。

 癒しの子育てを知ると、気持ちを大事にしてあげることと、行動をやりたいようにやらせてあげることとを混同されしまうことがけっこうあります。子どもは気持ちの表現がうまくなると、ああしたいこうしたい、こうはイヤだああがいい、と自己主張が盛んになります。でもその主張は、ほんとの主張の時と、ダダこねの時とあります。なのでそこを交通整理してあげるのが必要になるのですね。

 そしてダダこねの時には「ダメ!」と制してあげることで、その奥にあるもやもやの気持ちを聞いてあげることもきます。そして同時に、お兄さんお姉さん心を育てることができるのですね。自己主張できるようになったということは、子どもにとってお母さんの、ああしてこうはしないで、受け入れる準備もできているのですものね。

 そんな話に、なるほどと納得されたママに、Fちゃんを抱っこしてもらいました。またイヤイヤの表現を思い切りしてきました。これこそ発散ですよね。腕の中で発散してもらうときに、叩くとかつねるとか髪の毛を引っ張るとか噛むとかの、やってはいけない行動を止めてやらせないことで、お兄さんお姉さん心を応援できるし、イヤイヤの発散もよりできるようになることを、ママは実感されていました。

 Fちゃんは、すっきりして一皮むけたようになり、その後の遊び方はかわいいものでした。こんなやりとりをしていくことで、悪態をつかなくていいようになりますからねと、その日は終わりになりました。お母さんの構えが変わったので、次の予約日に来たときのFちゃんは少しお兄さんになっているかな。



【今日で卒業します!】

 5歳のBちゃんがスネた態度をとると、ママの気持ちが騒いで受け止められないということで相談に来られ、その日は6回目の相談でした。今までで一番晴れやかな顔つきのママで、Bちゃんも落ち着いていてしあわせそうで、おや?と思ったら、ママは今日で卒業にしていいと思って来られたとのことでした。そしてそう思うようになった3つのことを話してくださいました。

 1つ目は、気がかりだったBちゃんの2泊3日のお泊まり保育は無事に終わり、楽しんできたようすで一安心。でもやはり、次の日は落ち着かなくなり、行動が乱れたので、「寂しかったんだね」と“抱っこ”をしました。そして、
「Bちゃんは甘え方がわからなくなるんだね。ママもずっと甘え方がわからなかったけど、寂しいときはこうしてぎゅっ!とすればいいんだよ。それをママに教えてくれたのはBちゃんだよ」と話をしました。そのとき、Bちゃんに気持ちが繋がった実感があったといいます。

 2つ目は、保育園へお迎えに行くと、いつもBちゃんはすぐに帰ろうとしないので、ママはそれがとってもいやでした。何でこんなにいやな気持ちになるんだろうと、自分と向き合ってみたら、幼い頃に親によく待たされて、寂しかったことを思い出しました。それでこんなにいやな気持ちになるんだということが分かりました。そのこともBちゃんに伝えました。

 3つ目は、Bちゃんを抱きしめて気持ちを伝え合っているとき、いつもパパがすーっと別室に行ってしまうことが気になっていました。
ママ「パパも甘え方を知らないんだよ。甘え方を教えてあげようか」
Bちゃん「うん、ぎゅってする」
ということで、パパのところに行って、2人してパパをぎゅっとしました。

 これが私たち親子3人の今のありかただと思いました。

 という報告を聞いて、「なるほど、こんなふうにお子さんとも、ご自身とも、夫とも上手に気持ちを伝え合うことができるようになったのでは、卒業とおっしゃるのも納得」と思え、めでたく卒業となりました。



【地震で5歳の娘がショックを受け】

〈第1信〉

 こんばんは。いつもお世話になっております。この場をお借りしてお聞きすることどうぞお許しください。

 今回のこと(東日本大地震)で、5歳の娘がショックを受けているようです。いつも野ザルのようにかけまわっているのに、外にもでず、私のそばを離れず、食事も喉を通らないようです。本人は普通に振舞っているようですが、ぼーっとしていて、ぬりえをしている手もとまっています。


〈返事1〉

 治癒力を上げるのに有効なのは笑うことだとの投稿があったので、泣くことも有効だと言っておきます。涙を流すとストレスが洗い流されます。そして免疫細胞のNK細胞が活発に動き出します。

 不安や怖れは一人で抱え込まずに共感して言葉にして手放しましょう。おなかがはっている妊婦さんは吐く息を忘れないでください。吐く息を促進するのが笑うという行為です。笑えない人は泣き声や大きな声で吐く息を促すといいとおもいます。誰かに気持ちを受け止めてもらってください。一人になることはさけましょう。

 PTSDをつくらないためには泣ける機会が早く作れることだと考えます。注射を恐がり泣いた子達は泣かずに我慢した子の四分の一のストレスで済むようです。


〈返事2〉

 いつも野ザルのようにかけまわる5歳の娘さんの話し、読ませていただきました。ご心配ですね。

 でも、娘さんはちゃんとお母さんという安心基地で、心の自己治癒をしている最中です。外へ行かず、お母さんのそばにいるのはそのためです。できれば、怖かったという思いを聞いてあげると、つまり泣かせてあげられると、マイナス感情が解放できて、いつもの元気な娘さんに戻るのが早まります。

 そのためには、お母さんも怖かったという気持ちを押さえ込まず、お互いに「怖かったねぇ」と、手を取ったり抱っこしたり体を触れ合わせながら言い合うといいです。あるいは、何かのきっかけで娘さんが泣いたりごねたりした時、「地震、怖かったね」と話題を持ち出してもいいです。その時、娘さんは泣くまいとして抵抗するかもしれませんが、「泣くと元気になるんだよ」と伝えてあげるといいです。

 強く抵抗するようなら、「離さないぞぉ」とちょっとふざけて捕まえてから、「あぁ逃げられたぁ」とわざと逃がして遊びにするといいです。体のやり取りで甘えてもらえると、娘さんには安心感が伝わりやすくなりますから。涙を流すことで、地震によるストレスが溶け出してスッキリしますからね。

 ちょっと恥ずかしいというのであれば、少し時間を作って、一緒に自由に絵を描いてもいいです。お母さんが好きに色を塗ったり、デタラメでいいのでぐるぐるの線を描いたりしてみせると、自由に絵を描いてもいいことが娘さんに伝わると思います。塗り絵が好きな娘さんのようですから、お母さんが誘って、一緒に好きな色で塗るといいですよ。その時の気分で好きに塗るのがコツです。空は青いから青で塗らなきゃなんて指導しないことです。黒でしか塗りたくなかったらそれでもいいんです。絵を描いたり色を塗ることで
気持ちの解放ができますし、癒しも起きますから。まずは、お母さん自身が気持ちを解放する気持ち良さをどうぞ、味わってみてください。


〈第2信〉

 5歳児野ザルの母です。お返事が遅くなり、大変申し訳ございませんでした。わざわざ本当にご丁寧にご助言くださり涙が溢れてしましました。「今までやってきたとおりでいいんだ!」とほっとしました。

 その後、ご助言いただいたとおり「地震こわかったね〜」と娘にふりました。すると「ママ、いわないでよー。思い出したらこわくなってきたじゃないのよー!」との回答。なので「ママだってこわかったのよー」と言うと、「ママはこわいものあるの?」と尋ねてきましたので、「うん。あとカミナリ。火事。オヤジ・・・?」と言いますと、「なにそれ〜!!」と娘からわたしに身体をスリスリしてきました。しばしスリスリゲームを楽しんだあと背中で7ヶ月の次女を寝かせ、おんぶしながら時間の許す限り、手作りきせかえ(作らされました)であそびました。

 その午後、自然と娘から隣家の実家にあそびに出ていってしまいました。

 その夜発熱をしまして、多分9度ちかくあったでしょうね、クーリングしたり、普段は熱くてやめてと断られる愉気も快く受け入れてくれいろいろお手当てしていましたら、朝になり(娘が先に起きまして)、「ママー!熱さがったよ〜!あ〜すっきりした〜」などと言ってきまして、さらに「ママ〜。きのうは看病してくれてありがとうね」などと言ってきました・・・

 今回のことで感じたのは、「私自身が楽になっている」ことでした。娘の行動を介して、実は母であるわたしが手放せていない部分があった、母だからこの子達を守らなきゃ、とがんじがらめになり呼吸していなかったことに気付きました。ブリージングで体感したことはっきり思い出しました。

 それからは妊娠中に毎日やっていた、恒例のお風呂で歌謡ショー(?)をやっています。大きな声でホ・オポノポノ(歌があるんです)を歌ったり、そうてつローゼンのテーマ曲を歌ったり。こんなときに歌なんて・・・。どうぞお許しください。でもいいんです。わたしがいまできること、それは、いま目の前で生きているこの命を全うさせることに従事したいのです。

 ほんとうは出来ることなら現地に行って、せめてバイタルくらいははかれる、おじさんだっておばさんだって、背中をさすることくらいはできる、小さな子供たちを抱きしめてあげることくらいならできる、片方のおっぱいをあげることくらいならわたしにだってできるのに、と自分の無力さを感じます。

 わたしは女で生まれた以上、社会の底辺である「おんな」を全うしたいとおもいます。バースのMLを利用させていただけることに心より感謝申し上げます。



【心を込めて名前を呼んで】

 5歳になったJちゃん。最近、言うことは聞かないし、大声で泣き叫ぶと手が着けられないし、幼稚園でトラブルも起こすようになって、幼稚園に行くのも嫌がることが多くなり、お母さんはとても困っていました。下に赤ちゃんが生まれてから、そんなようすがひどくなった気もするとおっしゃいます。どうしても赤ちゃんには手がかかし、お母さんは産後の体もまだ快復し切れていないしで、Jちゃんの寂しさもわかるけど、思うように相手をしてあげられないと、すまなそうにおっしゃるお母さん。

 そんな時、Jちゃんの時間を作りたいと相談室に来られました。援助者が赤ちゃんを預かって、お母さんがJちゃんを抱っこです。Jちゃんはうれしそうに抱っこされましたが、もぞもぞと落ち着かなくて、目も合わせているようで彼方を見ている感じで、お母さんが、「Jちゃん、大好き」「かわいいJちゃん」「赤ちゃんが生まれても、Jちゃんの大好きちっとも減ってないよ」「お母さんの宝物のJちゃん」「かわいい、かわいい」と気持ちを伝え、ぎゅっと抱きしめるのですが、どこか届きにくくなっている感じでした。かといってイヤイヤも出てきませんでした。気持ちをどこかにそらしていて、今ここにいないように感じました。

 そこで援助者が脇から、「じゅんちゃ〜ん」「じゅんちゃ〜ん」「じゅんちゃ〜ん」「じゅんちゃ〜ん」「じゅんちゃ〜ん」と、大好きやかわいいや大事や・・の気持ちを込めて名前を呼びました。独りぼっちにならないでお母さんのところに居てという思いで呼びました。同じようにお母さんにも、呼んでもらいました。その呼びかけにJちゃんは、返事をしたり、「うるさいよ」と言ったりしていましたが、とてもうれしそうで、ちょっと呼ぶのが途絶えると、目で催促の合図を送ってきていました。「じゅんちゃ〜ん」と呼ばれるほどに、お母さんからの降りそそぐ愛情を体いっぱいに浴びて、どんどん満ち足りていくのが感じ取れました。最後にはニコニコ笑顔がはじけました。

 お母さんもそんなようすを感じ取られて、「こうして心をこめて名前を呼ぶことで、丸ごとのJちゃんを肯定してあげられるのですね。Jちゃんは存在を認めてもらえたように思えるのでしょうね」とおっしゃいました。

 家に帰ってからも、ちょっとした合間に、お母さんは「じゅんちゃ〜ん」「じゅんちゃ〜ん」をしていたら、2人の関係はぽっかぽか♪、Jちゃんの困ったちゃんも減っていって、お手伝いもしてくれて、お姉さんJちゃんにもなってきたそうです。



【やりたいのにできない】

 5歳のCちゃんが、幼稚園で落ち着かなくなったということで相談に来られました。お友だちが積んでいる積み木を壊してしまったり、急にお友だちを叩いていまったりしてトラブルになるし、みんなでやることや課題に取り組めないのだそうです。Cちゃんは言葉での表現が苦手なお子さんなので、お母さんがそばにいると、Cちゃんの気持ちを代弁できるのでまだいいのですが、幼稚園にいるときは自分で何とかしなければならないので、とても難しいようです。先生も助けてくださいますが、つきっきりというわけにはいかないのですものね。

 そんな幼稚園でのようすを聞くと、お母さんはとても切なくなるのですよね。幼稚園に行き始めた頃のように、毎日付いて行ってあげれば解決するならそうするけど、そういうことではないし、Cちゃんもそれを望まないと言います。毎朝、祈るような気持ちで幼稚園に送りだしているお母さんでした。

 相談室でのCちゃんは緊張した感じでした。お母さんが抱っこして気持ちを聞こうとしても、落ち着かないようすで抱かれているだけでした。援助者が代わって、体の緊張をほぐしていくと、やっと気持ちが出て来て、「悔しい」に反応して泣いていました。お友だちと仲良くしたいし、みんながやることをちゃんとやりたいのに、できない悔しさがいっぱいでした。

 そこでパズルをやってもらうことにしました。そのパズルはCちゃんには易しすぎるものなので、簡単にできるはずなのですが、Cちゃんはまるで難しくてできないのかとように、合わないところに無理矢理はめ込もうとしたり、間違ってはめて平気でいたりします。手を添えてやりたい気持ちを支えていくと、ピースをぐじゃぐじゃにして怒りだしました。

 こんな時、簡単なパズルであっても、何かをやろうとするときの葛藤がそこに現れます。やろうとするとやれないのではないかという自信のなさも出てきて、「やろう」「やれない」の葛藤になるのです。挫折を乗り越えるときの葛藤のようになるのです。援助者が添えた手で、その葛藤を受けとめつつ付き合います。

 ひとしきり「できないよ」「イヤダイヤだ」「やれないよ」の気持ちを受けとめよしよししていると、ある時ふっと「やろう」「やれる」という方の気持ちが立って、すっすっとはめ込んでしまいました。その後はお母さんの抱っこで甘え泣きもできて、緊張もほぐれ、Cちゃんの笑顔が戻りました。

 お母さんはCちゃんのやりたいのにできない辛さを知って、葛藤に付き合い、「やりたい」気持ちを支えることを、これからの課題にして帰られました。そんなお母さんを支えていくからね。



【お母さんは強いんだぞ〜】

 子どものイヤイヤ・ダダこねにイライラしてしまい、付き合ってあげられないうというお母さんはけっこう多いです。そんなお母さんは、自分はお利口にしてきてイヤイヤもいわずダダこねもしてこなかったり、イヤイヤ言いダダもこねたけど受けとめてもらえなかった、という方がほとんどなんですよね。自分が体験してこなかったことはどうしていいか分からないですよね。

 そうは言っても何とか導いてあげられないと、子どもはお兄さん・お姉さんとして成長していく力を育めないし、本来のお子さんらしさが曇ってしまい、お母さんの気がかりが、形を変えたにしても続くことになるのですよね。

 そんなお母さんには、「お母さんは強いんだぞ〜」を体験していただくことがあります。先日も5歳のお子さんのイヤイヤ・ダダこねにイライラしてしまい、感情をぶつけてしまうか勝手にしなさいと放ってしまう、というお母さんに出会いました。そこで「お母さんは強いんだぞ〜」を体感してもらうことになりました。

 お母さんと援助者(女性)がお相撲みたいな組み合いをしてもらいます。先ずは援助者がお母さん役に、お母さんが子ども役になって、どちらも負けないぞーとはっけよいです。頃合いをみて、子ども役のお母さんが負けになるよう持っていき、お母さんは組み倒されます。負けたのにお母さんは笑顔になります。へえ〜ぇ、こうしてもらうと子どもってこんなに楽しいんだと、子どもの気持ちも分かってくださいました。

 次に役割交代。お母さんはお母さんで、援助者が子ども役になって、同じようにはっけよいです。援助者はお母さんのようすで力は調節しますが、そう簡単にはやられないですから、お母さんが本気で力を出さないと、援助者(子ども)に負けてしまいます。なのでさっきより大勝負になることが多いです。お母さんが本気を出しているなというところで、援助者がやられます。「やったぁ!」とお母さんははぁはぁいいながらも笑い顔になっていました。

 一休みしたところで、もう一度お母さんが子ども役になっての体験をしてもらいました。お母さんの力の入れ具合がなかなかいい感じになっていて、援助者も本気になってお相手しました。五分五分での勝負がしばらく続きました。どこまで続くかと思っていたところ、子ども役のお母さんがふっと力がぬけた瞬間があり、そこを見逃さずに組み伏せたのでした。こういう頃合いでお母さんが子どもに勝つと、力の張り合いとはまた違った心地よさの体験になりました。我が子と張り合っているときにも、きっとこんな瞬間があると思うので、少し慣れたらやってみてねと終わりました。

 親子のこんな勝負は、勝っても負けても楽しいものになるはずです。でもお兄さん・お姉さんになってもらうように導くやりとりにするときには、子どもに振り回されてしまうお母さんには、最初は力の勝負に傾いてしまってもいいので、お母さんが勝つ体験をしてほしいですね。お母さんが勝つと子どもも勝つという勝負ですからね。



【向上心の支え方】

 4月から幼稚園に行き始めたDちゃん。連休明けから「幼稚園行きたくない」と言い始めて、行かせるのに苦労しているとのことです。園の先生に相談しても、そのうち慣れるから大丈夫と言われ、特になにか嫌なことあったのでもないようです。ほんとに行きたくないなら、早生まれだから2年保育でもいい、今年はやめてもいいと思っているお母さんでした。

 確かに、お母さんから初めて離れての幼稚園生活は、3歳になったばかりの子どもにとっては大変なのかもしれません。でもどの子もお兄さん姉さんらしく頑張りたいいう向上心を持っているのですよね。でもイヤイヤが激しいと、親心は、どうしてもかわいそうになって、送り出す気持ちが萎えてしまうのもわかります。

 抱っこでお話ししていくと、Dちゃんもやはり頑張りたい気持ちがいっぱいあることがわかりました。Dちゃんの気持ちを受けて、お母さんも向上心を支える決意をされたので、支えるやりとりを練習していただきました。

 おもちゃで遊んでいたDちゃんを座布団のところまで連れて来るところから練習が始まりました。Dちゃんは練習に協力してくれたのかどうか、お母さんが声をかけても知らん顔、脇の下を支えて立たせてもらおうとすると、イヤーと抵抗して座り込みをしました。お母さんはここで怯んではいけないと頑張ってくださいました。でもなかなか手強いDちゃんでした。

 でもその時、脇からみていた援助者は、お母さんの張り合い方が100か0かになっているのに気づきました。つまり、立たせようとぐっと力を入れるのですが、Dちゃんの抵抗に合うと力を抜いてしまうのです。そしてまたぐっと力を入れ、そして抜いてしまうの繰り返しになっていました。

 そこで援助者が代わって、お母さんに説明しながら、支え続ける支え方をみてもらいました。するとDちゃんは泣きながらも立って、そして歩いて座布団までくることができました。

 今度は、支え方をお母さんにも体験していただきました。まずお母さんがやっていた、100か0かの支え方、その後で、支え続ける支え方を体験していただきました。お母さんの感想は、力を0に繰り返し抜かれてしまうと、やろうとする気持ちが力なくなってしまうけど、支え続けてもらうと、やろうとする気持ちが支えられて強くなると実感されていました。

 それで、Dちゃんをおもちゃ棚のところまで連れて行ってもらいました。お母さんの構えが変わったので、Dちゃんはちょっと腰で抵抗はしていたけど、お母さんの言うことを聞いて、自分の意志で歩いて行くことができました。支える力は70とか65とか55とか、その子どもの出してくる力に合わせてその時々に違っても、その時にちょうどいい力で支え続けることが大事なのですね。

 Dちゃんはおもちゃで少し遊んだ後、おもちゃをちゃんと片づけて、お兄さんらしい顔になって、帰っていきました。



【3つのやりとり4つの反応】

 5歳になるBちゃんは怖がりで引っ込み思案で心配でしたが、幼稚園に行くようになって少しずつ表現できるようになってきました。ところが、仲良しのお友だちには、押したり叩いたり、度が過ぎるようになって、お母さんは新たな心配ができてしまい、相談に来られました。

 Bちゃんはおもちゃを出すと、創造的に遊び、お母さんにも話しかけ、いい感じです。家ではこんな感じで心配ないのだけれど、幼稚園のようすを先生から聞くと、お友だちにケガでもさせたらと心配になってしまうようです。

 引っ込み思案で恐がりだったBちゃんが、表現するようになったのはうれしいことですね。でもまだ表現の仕方が下手だから、上手になるようになるといいですね。と、その2点をお母さんと確認し合いました。でも幼稚園でのことは、お母さんには助けられないので、家でできることはないか考えました。

 家でのようすをお聞きすると、おもちゃの片付けをなかなかしなかったり、着替えに時間がかかったり、寝る時間になってもぐずくずしたり、チャンスはいろいろあるようです。お母さんはそんな時、まだ遊びたいのねとかまだ寝たくないのねとか、お子さんの気持ちに寄り添うようにして待ち、どうにも時間がないときにはお母さんがやってしまうようです。でもあまりにそんなようすが続くと、お母さんはイライラしながらやることになっていたようです。

 そこでお母さんに、手の引っ張りっこで、3通りのやりとりを体験していただきました。

 @5分と5分のやりとり
 A強引に従わせる
 B張り合わずに離してしまう

お母さんは、Aのやりとりはイヤな気分が残るし、Bのやりとりはとってもさみしいとの感想でした。それでもう一度@のやりとりをしてみると、こうしてもらうと楽しいしうれしいですね。そしてやる気にもなりますね、とわかってくださいました。

 今すぐここでそんなやりとりの場面がないので、仰向けで脚を動かす体操のようなやりとりをしてみました。お母さんには肩の方に位置していただき、援助者が足の方にいて、脚の屈曲の動きを誘います。Bちゃんは、脚を突っ張って力を入れて曲げさせなかったり、起き上がろうとしたりしました。援助者が突っ張る脚に5分と5分で張り合いつつやりとりして、お母さんにも肩で張り合ってもらいました。

 Bちゃんは、やりとりするうちに笑いも出てきて楽しめました。そしてその後では、援助者のやろうとする脚の曲げ伸ばしに応じることができました。こんなやりとりをすると、次の4つの子どもの反応があることもお伝えしました。家でおもちゃの片付けで張り合ったとき、今の体操のような反応でないときもあるので、お母さんが慌てないようにね。

 @やりとりを少しすると、「うんわかった」と応じる。
 Aやりとりをしばらくすることがストレスの発散になって、その後で応じる。(→この日はこれでしたね)。
 Bやりとりをしている内に泣き出して、泣きながら応じる。
 Cやりとりをしている内に泣き出して、すぐには治まらないようすなので、抱き取ってよしよしして、それからまたやるように誘うと応じる。
それでも応じないときもあると思いますが、その時は慰めの抱っこの出番です。

 Bちゃんは、帰りのおもちゃの片づけをちょっとイヤイヤして、お母さんに張り合う練習をさせてくれました。慰めの抱っこもした後なので、それほどイヤイヤの気持ちもなかったのでしょうけれど、お母さんが困らない程度にやるのですから、子どもってやさしくて賢いですね。



【小さな自暴自棄】

 食事をしていたら箸を片方落としてしまった我が夫。するともう一本の箸を床にポンと投げた。あれ、自暴自棄だと私。落としてしまったことに苛立ち? それとも何か他のイライラが箸に乗ったの? 私も箸を落とすような小さな挫折感なら、ちょくちょく味わいます。と言うかちょっちゅう失敗しています。そんな時、「あー!」とか「もー!」とか「きゃー!」とか表現しているかな。

 子どもたちは小さな自暴自棄は上手ですよね。相談室で見ていても、積み木を積んでいて、途中で崩れてしまうと、全部ぐちゃぐちゃにしてしまうとか、絵を描いていてうまく描けないと、描いた絵の上からぐじゃぐじゃ殴り書きしてしまうとか、欲しいおもちゃを他の子が先にとってしまって、そのあたりのおもちゃをかき回して散乱させてしまうとか、そんなことはよく見ます。ほんとはそんな時もうぇ〜んと泣けてしまうのが一番いいと思うけど、そうして小さな自暴自棄できるのも、表現できたことでいいのかもしれないですね。

 一方では、挫折感を味わったなと見て取れても、一瞬動きが止まってしらっとして、でも次には何もなかったかのように振る舞う子どもいますよね。それって気持ちの切りかえがよくっていいのかもしれないけど、気持ちを表現していいよって思ってしまう。特にそれがまだ赤ちゃんだったりすると、一人で切り替えないでよって思ってしまう。でもそんな表現も、目立たない小さな表現をしているのですから、子どもからいえば「分かってよ」と思っているのかもしれませんね。そばにいて分かる時には、「あ、うまくいかなかったね」とか「あぁ、もう少しで届いたのにね」とか「欲しかったね」とか声をかけると、ちょっとほぐれるんだけどね。でも、表現が小さすぎれば見落としてしまいますよね。

 かと言って、少し大きくなった時の激しい自暴自棄は見ていられないし、受けとめにくいですよね。子どもがあまりに自暴自棄になると、親だって自暴自棄の気持ちになりなりますよね。がっかりの連鎖になりますよね。

 4歳のだいぶ自暴自棄になっていたお子さんは、3回目に来られた日は、甘え泣きが上手になっていて、自暴自棄がずいぶん落ち着いていました。「将来が大事だよ」という言葉に反応して、深く泣いていました。4歳ともなると大暴れで悪態放題の抱っこになるので、最初は援助者がお手伝いしないとできないでしょうけれど、それでもお母さんは大奮闘をしてくださいました。お母さんが自暴自棄から抜けて、お子さんを受けとめられるようになりました。小柄なお母さんなのに、体格のいいお子さんを、がしっと抱きとめられるようになってくださいました。

 それにしても激しい自暴自棄は付き合うのが大変です。小さい時からの小さな自暴自棄で小出しに、それよりもっといいのは、やはり甘え泣きができるようになることだと思います。

 お箸ポンの小さな自暴自棄はかわいかったです。



【6歳にして】

 相談にお母さんに連れられてきた6歳のBちゃん。お母さんの報告を聞いて、自分の気持ちとの付きあい方がとっても上手でびっくりさせられました。

 家で、幼稚園であったことを話していて、お友だちにイヤなこと言われた話しになって、怒り泣きが始まって、けっこう激しくなり、「○○ちゃんのバカ!大嫌い!あっち行け!」と罵声も出てきて、お母さんは心配になったそうです。それでただ気持ちを聞いていられなくなって、諭したりなだめたりし始めたら、Bちゃんは怒るの止めて、「○○ちゃんが嫌いなわけじゃないよ。でも今日の○○ちゃんは意地悪で怒っているんだ。いつもは仲良しなんだよ」と説明をして、そしてまた怒りだしたそうです。

 また別の日には、「ボク3歳の頃のBが大嫌いなんだよ」と言ったのだそうです。お母さんは日頃、自分の中の子どもの言い分を聞いてあげたいと思いつつ、なかなか子どもの頃の気持ちとつながれないでいたので、Bちゃんが自分の中の子どものことをこんなふうに言えるのにびっくりしたそうです。

 こうしてその時々の気持ちを聞いてもらって発散できたり、6歳にして3歳の自分を癒してあげられたら、おとなになるまで引きずらないですみますよね。お母さんも寄り添って受けとめやすいですよね。Bちゃんは少し生き難さをかかえていて、2歳から定期的に相談室に来ていて、気持ちのやりとりや慰め方、発散の仕方を手伝ってもらってきたので、身についていたんですね。それにしてもすごい!
Aへ @へ    HOME