←HOME

 幼児期後半の実例A
 「わたしとなかま」の時期(3歳〜6歳)

 友だちを強く求めるようになり、子ども社会の仲間入りをします。聞き分けも良くなり、ことばで表現することも上手になり、お手伝いもしてくれたりして、家庭でも頼もしい家族の一員になります。
【お父さん勘違いしないでね】  【Aちゃんと同じ気持ちで…】  【満たされている?】  【カギっ子】 
【ママの思い残しと、子どもの思い残しに付き合って】  【3つの甘え】  【事前に話しているのに】  【見えないストレス】 
【毎朝幼稚園に行きたくないと大ゴネ】  【自分の気持ちを言える子に】  【聞き分けはよくなったけど】  【おもいっきり抱っこ】 
【一体感から出るのが怖い】  【おばあちゃんのバカ!】 【うれしい気持ちを分け合いたい】   【ママは強いんだぞ】
【「してもいい?」って訊かれても……】   【お母さんの言い分】  【赤ちゃんができてもママの宝物】  【おっぱいをやめたかった】

【お父さん勘違いしないでね】

 5歳になったAちゃん、相談に何回か来られて少しずつ甘え上手になってきました。お母さんにはよく「抱っこ抱っこ」と抱っこをねだり、満たしてもらう甘えをしています。お父さんには「イヤイヤ」を連発、「お父さん嫌い」も言い、お父さんが抱っこしようとするともがいて逃れようとします。

 この間の相談に同行して来てくださったお父さんは、Aちゃんに嫌われてしまったと、すっかり自信をなくしたと話されました。ちょっと元気ないお父さんでした。

 お父さんに対するAちゃんのようすは、これも立派な甘えで、お父さん大好きで頼りにしているからなんですね。お父さんにはそこでひるまずいてもらい、我慢の歯止めを外してほしいのですね。我慢を歯止めを外してもらって、「イヤイヤ」と体中で表現して、ストレス発散したいのですね。お父さんにはその相手に不足はないと見込まれているのですね。

 Aちゃんはお母さんには無理させないで素直に甘える。でもそれだけではモヤモヤが出て行かないのでストレスが溜まってしまうから、お父さんには絡んで溜まっている気持ちを楽にしてもらいたい、そんな甘えをしているのですね。

 Aちゃんはとってもうまくやっていますから、お父さん勘違いしないでね。



【Aちゃんと同じ気持ちで…】

 6才Aちゃんとのセッションでのことです。

 Aちゃんはいろいろなことで頑張っています。その分、文句を言いたくなってお母さんに文句をぶつけるのですが、お母さんもその時々が精一杯で苦しくて、子どもの文句をまともに受けとってしまうのです。Aちゃんはお母さんが本当に大好きだから安心してぶつけているのですが…。

 お母さん自身も子どもからの文句を受け止めかねて、自分を責めてしまったり、イライラして子どもに当たってしまったり、思うようにならない子どもを責めてしまったりするようでした。そのためにご夫婦の中でも意見の食い違いが起こってお母さんは余計に困っている状態です。

 お母さんは自分の至らなさや、Aちゃんに当たってしまうことや、夫婦でとても困っている様子を話されます。Aちゃんは抱かれたまま何の反応もありませんでした。

 そのときフッと「ダメだ!こんな私ではやっぱりだめだ!」という言葉が私の口を突いて出ました。急にAちゃんは歯を食いしばったかと思うとぐーっと体を反り返らせて、閉じていた目から涙がフーーっとあふれ出ました。そして「ダメだ!こんな私ではやっぱりだめだ」と何度かAちゃんの気持を代弁するとAちゃんは気持ちよく泣けるのでした。

 そうして繰り返している内に、私は自分の気持ちそのものになってしまって、自然に涙が流れてしまっていました。Aちゃんと一緒に泣いてしまったのでお母さんに「ここで私が泣いてどうするの…と思うけれど、私もいつもAちゃんと同じで自分をダメだと思ってしまう気持があるの」と話しました。

 お母さんは「こんな時に泣けない私は変ですよね」と自分を責めそうになるので「そう言う自分を認めてね。いつかきっとそんな気持を感じられるようになると思うから」と話しました。

 Aちゃんには「そんな気持も大切にしようね」と二人で笑いました。



【満たされている?】

 3歳のお子さんの相談の中で、家でお子さんがお母さんの懐に自分から来るようになったのだけれど、なんか避難して来るみたいに見えるのですが、とお母さん。お兄ちゃんの心配があったり、忙しくてかまってあげられる時間がなかったり、さみしい思いをさせている気がしていたと、お母さんは振り返ります。

 援助者に抱かれていたお子さんはその話しをしていた時、なんかぎこちなくなってそっぽを向いたりし出した。あれっ?お母さんの思いとちょっと違うかなと感じた援助者が、「お母さんはお子さんを抱っこしていて満たされない?」と訊くと、お子さんがうえ〜んとかわいく泣いて、お母さんの方に手を伸ばして抱かれに行った。

 お母さんはお子さんを抱きしめて、ほろほろと涙を流された。「満たされない?」と投げかけられた言葉で、お子さんの気持ちをしっかり受けとめられて、「ありがとう」と伝えていた。お子さんはほっとした和んだ表情になって、ぴったりお母さんに抱かれていた。お母さんに気持ちが届いて満足そうだった。

 お母さんは何か足りない、してあげられていないという思いになりやすくて、とびっきり親思いのお子さんの気持ちとすれ違うことがあるのですね。お母さんはこれから、懐に来てくれたときには、ただ一緒にいることを楽しもうと思われたようです。



【カギっ子】

 5歳のAちゃんはなかなかの頑張り屋さん。年齢的にもお兄さんなんだけど、半年前に赤ちゃんが生まれたので名実ともにお兄さん。お母さんが忙しくなったので、とても頑張ってくれている。それはすごくうれしいんだけど、気持ちを一人で抱えて頑張っているので、Aちゃんは言うことも聞けず頑固になるので、お母さんはイライラして怒ってしまう。

 援助者に寄りかかりで抱っこして、最近のようすをお母さんから聞く。赤ちゃんが生まれる時、初めてお母さんと離れて、おばあちゃんの家でお留守番。お利口にしていてくれた。でも赤ちゃんと退院してきてから、素直でなく、お母さんが言う一つ一つに言うことが聞けないし、赤ちゃんは起こすしたり困ることをする。それでお母さんはイライラして、怒ることが多くなってしまう。そんな話しのところで、Aちゃんはも体をぞもぞとするのを、援助者は捉える。

 それにとお母さんの話しが続く。怒ってしまうことにおばあちゃんはお母さんを責めるのがつらい。しかもおばあちゃんは責めておいて、助けてほしいことをしてはくれない。お母さんのイライラはますます募る。それで早々に自宅に帰ってきて、義母の助けで乗り切ったという。

 おばあちゃんはずいぶん甘えさせ下手だね。お母さんが幼い頃はどんなだったのか聞くと、自営業だったので、両親で朝早くから夜遅くまで働いていて、カギっ子だったので、きょうだいで支え合って頑張っていた。甘えられなかったという。ここでまた、Aちゃんはもぞもぞとする。

 おばあちゃんは忙しくて無理もなかったのかもしれないけど、甘えさせ下手だったから、お母さんは甘え下手になってしまったんだね。それでは、Aちゃんは甘え上手になって、お母さんの分も甘えようねと、お母さんに抱っこしてもらう。お母さんは気になっていた、「怒ってしまうこと」を謝っていたが、そのことには反応しないAちゃんで、そっぽを向いているし膝から降りようとして甘えられない。そこで援助者が代わって抱っこする。もぞもぞした2つの話題を持ちだすことにする。

 先ずは、赤ちゃんが来てからのさみしさを慰める。泣きたい気持ちが出てくるのを、口を食いしばって我慢するAちゃん。でもさみしい気持ちよりは、「こんなぼくではお母さんは満足しないから、赤ちゃんが生まれたんだ。このぼくではダメなんだ」という気持ちを代弁すると、堪えきれなくなって泣き出す。そんなふうに感じていたんだと、「AちゃんがかわいくてAちゃんがいてくれてしあわせだから、だからAちゃんみたいな子をもう一人ほしくなったんだよ。今だって、Aちゃんがかわいくて大好きで大事だよ。それはずっと変わらないよ」とお母さんに言ってもらう。Aちゃんの心に届くまで何回も言ってもらい、言われるたびにAちゃんは泣いて甘えられて、だんだんにお母さんの気持ちが届いたようで、そのうち甘え泣きになる。そこでお母さんの抱っこに代わる。でも、今ひとつしっくりぴったりと抱かれない。

 そこでもう一度援助者が抱っこして、2つ目の話題を持ち出す。「お母さんはおばあちゃんがお仕事だったから、ずっとカギっ子だったんだね」と言うと、「カギっ子」で泣き出す。そして、「Aちゃんも心のカギっ子にならないで、甘えてね」というと、それそれというように、1つ目の話題より激しく泣く。「そうだね。お母さんはカギっ子だったけど、心のカギっ子でなければ、一人で頑張らなくてすんで、さみしくなかったよね。心のカギっ子がさみしいんだよね」というところに来て、お母さんも涙する。そこでお母さんに抱っこを代わると、しっくりぴったりと抱かれて、親子で心が一つになる。もう終われにしようかと声をかけるまで、ずっと抱かれていた。

 こんな小さいうちから、「このぼくではダメだ」という思い違いをしていたのですね。下に赤ちゃんが生まれると、そんな思い違いをするお子さんはけっこういるのですよね。そんな思い違いは、ぜひ子どものうちになくしてほしいですよね。でないと否定感をおとなになるまで持ち続けてしまいますからね。最初はちょっとした思い違いが、確固とした間違った信念になってしまうと、多くの今のおとなのようにつらい人生になってしまいますよね。

 それには甘え上手になって、そんなふうに思ってしまった時には、子どもの方から「ぼくじゃダメなの」とお母さんに言えたら、その場で思い直すことができるのですよね。そんな思い違いは泣いて流してしまえば、心から出て行ってしまい、愛されている実感が満たされるのですよね。

 Aちゃんも甘え下手になっていたから、相談に来て援助者の助けが必要でしたね。Aちゃんにとっては、2つ目の話題が切実だったでしょうね。しばらく相談を続けて、ぜひ甘え上手になってほしいです。



【ママの思い残しと、子どもの思い残しに付き合って】

 Aちゃんのママは腰痛で6月頃から寝込んでしまったり、体が辛くて家事も思うように出来なくて困っています。その腰痛はAちゃんが1才頃からのことで、よくなったり悪くなったりを繰り返していました(本当の原因は娘時代にあったのですが)。

 そのためか、Aちゃんはお友達のママに抱っこをせがんだり、「あそぼー」と誘ったりしていました。以前のRさんは、そんな様子の我が子を見て、「私よりお友達のママの方が好きなんだ」と思いこんで落ち込んでいましたが、セッションを重ねていくごとに、Aちゃんの行動は腰痛のママをかばおうとしていて、本心ではないことがわかって、だいぶどっしりと構えていられるママになりました。

 寒さが増すと腰痛も辛くなるようでしが、Aちゃんはママに、抱っこのおねだりもせずに頑張っている様子がうかがえました。ママ自身も今まではしつこく抱っこをせがまれると、「きっと我慢しているのだから、少しは抱いてあげなければ…」とついつい無理をして、また辛くなって、「こんなにやってあげているのに…」と子どもに当たる事の繰り返しでしたが、今では自分の体を労って、早くよくなってAちゃんの頑張りに応えよう気持になっています。

 最近、来春から幼稚園へ行くことが決まってから、「お姉ちゃんになるの」ととても頑張ってくれて、抱っこをせがまなくなって、ママは助かっているようでした。ところが変にトイレへ行くのを渋ったり、ちょっぴりお漏らしをしたりするのでした。相談室でAちゃんの抱っこを始めようとすると、「遊んでから泣くから」というのです。最近はママの思い残しを助ける「ママの時間」をつくっていました。今日のAちゃんは自分のことよりママの気持を何とかして欲しいようでした。

 「それじゃお願いね」と遊んでいてもらって、ママの思い残し「お母さんに甘える時間」です。ママは以前より随分甘え上手になって、体をゆだねてゆっくりと甘えられるようになりました。その間Aちゃんはママと援助者のやり取りを見て満足そうにしていました。

 さて、Aちゃんの時間になると、先ほど言っていたように泣きだして、その話の内容は「幼稚園バスが心配 」なのでした。Rさんは幼い頃から、朝起きるだけでも気分が悪くて、何に乗っても乗り物酔いで困っていたそうです。Aちゃんもママほどではないけれど、バスに乗ると気分が悪くなってしまうそうでした。ママも気になっていて幼稚園の先生に相談したようです。ママの質問に、幼稚園の先生は、「お歌を歌ったり、クイズをして楽しむので、気分の悪くなる人は次第にいなくなりますよ」と言ってくれたそうですが、それでも心配なのです。

 「幼稚園の先生に任せよう。何があるかわからないけれど、今から心配しても解決しないので、幼稚園に入るまで二人だけの時間を存分に楽しもうね」と、ママとAちゃんに話しました。ママは「幼稚園が決まって随分気持ちが楽になった」というお話しでした。自分は友達が出来ない子どもだったので、Aちゃんには出来るだけ友達を作れるように…と、幼児教室や、お絵かき教室や、いろいろなサークルに行くように頑張っていました。Rさんは自分が人と付き合うことは苦手なのにもかかわらず、Aちゃんのために頑張っていたのでした。幼稚園が決まって「幼稚園へ行けばAのお友達が出来る。自分がやってあげなくてもいいんだ」と思えたようでした。

 さて、今度はAちゃんの思い残しに付き合う時間です。「立って抱っこ」が1才頃から思うように味わえなかったので、腰痛のママに変わって援助者が立って抱っこをしました。今日は「1才と言えばまだ赤ちゃん抱っこで抱かれていたに違いない」と、立って横抱きにしてみました。「こうやって立って抱っこして欲しかったね。でもママは腰痛でやってあげたくても出来なかったの。ごめんね」と言いながらあやしました。Aちゃんはちょっと泣きそうでしたがこらえていました。

 そのとき、ママは二人の様子を下から見上げていたのですが、援助者にすごくいい考えが浮かびました。「ママと顔を見合わせれば、ママに抱かれている気がするかも知れない」と。ママにAちゃんのお顔の所に立って頭を支えてもらいました。とたんにAちゃんはにこっとしました。頭を支えるママと、体を抱いている援助者との様子は、まるで落語の二人羽織のようでしたが、Aちゃんはママとお顔を合わせてうれしそうに、にこにこ顔です。そしてにこにこから「うふふふ」と声を出して笑ってくれました。ママもうれしそうでした。「もっと早く気が付けばよかったのにね。また今度もやってみようね」と話しました。

 二人の思い残しに付き合える時間が持てて、援助者にとってもとてもうれしい時間になりました。その後の「お姉さん体操(大人のペースに合わせる)」のスムーズだったことは言うまでもありません。



【3つの甘え】

 幼稚園で友だちに乱暴してしまうという6歳の坊や。家でも弟に乱暴します。相談室では、お母さんが抱いても私が抱いても、おとなしく抱かれたままです。私に何か代弁してほしいかのようです。

 お母さんは、「かわいがっているつもりなのだけど、この子は人一倍たくさん、私に甘えないと満足できないのかもしれない」とおっしゃいます。私は、「子どもが甘えるには3通りありますね・・・」と言いました。「えっ?」とお母さん。

「・・・第1に、『抱っこして』とか『遊んで』とかねだったり、『ママがひとりで沈み込んでいるのが心配だよ』と訴えたりして、受け入れられて満たされる甘え」
 お母さんはうなずきます。坊やは、私に抱かれておとなしいままです。

「・・・第2に、何か悔しいこととか悲しいことがあったりするとき、泣いてヨシヨシしてもらったりして元気を取り戻す甘え」
 そう言うと、坊やが突然泣きだしました。どうやら、当たらずともいえども遠からずだったようです。しばらく泣き続けたところで、

「・・・第3に、ぼくはりっぱなおにいさんになりたいので、でたらめをやったらしっかり止めてほしい、という甘え」
 とたんに、坊やは前にも増して激しく泣きだしました。

 弟に乱暴するとき、お母さんにしっかり抱き止めてもらえると、そこで「いやだ、いやだ。たたく、たたく」と騒ぎ始めて、泣きだすことができるでしょう。そこでお母さんが、「いやだ、いやだ。たたきたい、たたきたい」と調子を合わせて相づちを打って気持ちに共感しながら、「でも、たたくのはやめようね」と諭してもらえれば、泣いて感情ストレスを発散したいという甘えと、りっぱなおにいさんになれるように手伝ってという甘えとを、同時に満たすことができます。

 お母さんは弟に乱暴する坊やをことばで叱るだけで、体を張って抱きとめればよい、ということを知らなかったようなのです(無理もないですよね)。

 坊やが求めていたのは、人一倍たくさん第1の甘えをしたかったのではなく、それとは違った種類の甘えを求めていたのですね。



【事前に話しているのに】

 Cちゃんは4歳。下に1歳の妹がいます。妹がお腹にいるとき、ママが切迫流産で1ヶ月入院して安静にしていなければならないときがあったそうです。検診に行ったらそのまま入院になってしまった。Cちゃんは幼稚園に行っているときで、帰りはおばあちゃんが迎えに行って、そのままおばあちゃんの家で待つことになりました。それ以来口をぎゅっとして、我慢するようにようすが見えるようになったようです。知り合いのカウンセラーの方が、Cちゃんのようすを見ていて、泣いていいところでこらえてしまうねえ、気持ちを閉じこめてしまっているように感じる、と言われた。

 Cちゃんはその日が2回目。1回目に来てから、「抱っこ、抱っこ」と甘えるようになったと、お母さんはうれしそう。でもまだ気持ちをひとりで抱えてしまい、泣きたそうなときもこらえてしまい、甘え泣きができないという。その日もお母さんに抱っこしてもらうと、ちょっと身をすくめるようにしてじっと抱かれる。首を前に少し傾けて我慢しているようにも見える。せっかくお母さんを独り占めして甘えていいときなのに、我慢してしまうCちゃんで、お母さんはちょっとさみしそう。

 そこで援助者が代わって抱っこして、体に力が入っているところを探してゆるめながら、ママが急に入院になってしまったときのことを話してみた。ママも本気で話しかけてくれていたので、Cちゃんは泣き出して、「ママともう会えないかと思った」「ママがどうにかなってしまうのではと心配だった」「おりこうにしていないとママが帰ってこないと思って、おりこうにしていた」などと代弁すると、相づちを打って体で表現し大泣きになった。頃合いを見てお母さんに抱っこを交代。もう今日はよかったのか、お母さんにはまだ泣いて甘えられないのか、お母さんのところにいったら気持ちを引っ込めてしまいました。お母さんに甘え泣きができるようになるのは、もう少し先のようでした。

 それでも今日はそれなりにCちゃんは心が軽くなって、お母さんも気になっていたことを慰めることができて、親子の気持ちがつながってよかったなと、今日はここで終わりにしようと思っていました。でも、その後お母さんから、「抱っこ法を知ってから、Cちゃんに関わることは、できるだけ事前にちゃんと話して説明しています。Cちゃんも分かったと言ってくれます。入院のことは話す間がなくて、それがこんなに尾を引くのでしょうか。取り返しがつくのでしょうか?」と、不安そうな問いかけがありました。あれぇ、慰めて気持ちよく泣けて楽になったCちゃんなのに、それを見ていたお母さんは、こんなに泣くほど心に傷を残しているんだ、と不安になっておられたようでした。

 ここには癒しの子育ての陥りやすい落とし穴が2つありました。親子のボタンの掛け違いになりやすいところなんですよね。問いかけてもらってよかったです。

 まず「事前に話しているのに」と思ってしまうことが1つの落とし穴なんてすね。事前に聞いていて頭では理解していても、その場になれば、「分かってはいるけど気持ちが……」ということになるのですよね。私たち親だって、「泣いていい」「ダダをこねることはいいこと」「イヤって言えていい」と頭で理解はしていても、実際に泣かれるとつらくなるし、ダダをこねられるとイライラするし、イヤばかりだと勝手にすればと言いたくなるでしょ。理性と感情は別物なんですよね。でも分かっているだけ楽なのも事実。訳や状況を話してもらって、覚悟をしていることはとても助かります。でもそのときが近づくと不安になったり、そのときになるとさみしくなったり、そんな気持ちがふくらんで来るのですよね。分かっていても頑張れないで、そのときになる前や、そのときに溢れてきてくれると分かりやすいけど、Cちゃんのようにそんな気持ちを抱えつつも頑張れると、大丈夫と思われてしまいがちですが、平気な顔の奥では気持ちがいっぱいになっているのですよね。だから癒しの抱っこを始めると、一気に感情が溢れてくるのですよね。

 子どもが思いきり感情を出してくると、「こんなに泣くほどつらかった」と思ってしまうのも、もう1つの落とし穴なんですね。今の子育ては、どうしても泣かせない子育ての洗礼を受けていますから、泣きたい気持ちがたまっています。「気持ちを一人で我慢しないでね」「泣きたいときには泣いていいよ」と言われたら、子どもは安心して気持ちのままにいるようになるのですよね。そして最初の頃はびっくりするほど泣けてしまうのですよね。それは、傷ついているからとか何かの出来事でつらかったからということより、たまっていた感情が溢れてくるのですよね。「こんなに泣くほどつらかった」のではなくて、「たまっていた泣きたい気持ちが溢れてきた」のですよね。だから子どもは待ってましたとばかりに泣けて、そしてそれで楽になっていくのですよね。ただお母さんが不安になってしまって、おおらかに受けとめられないうちは、子どもは「泣いていい」と「泣いてはいけない」との間で、葛藤しながら泣くことになるので、苦しい泣きになりやすいので、お母さんも聞いていられなくなるのですよね。

 子どもが「甘え上手」になるのには、お母さんが「甘えさせ上手」になっていく足並みと、共になんですよね。何しろお母さん自身が「甘え下手」の方が多いわけですから、「甘えさせ上手」の歩みは、そうスタスタとはならないのが当たり前ですから、「甘えさせてあげられない私はダメ」という落とし穴にはまらないでほしいです。



【見えないストレス】

 Cちゃんは5歳、発達障害といわれる診断を受けていて、生き難さを持っているお子さんです。連休中に、新幹線でお父さんの実家に行った時のことです。往復の電車は長時間乗っていたのに、一度も騒ぐことなく乗っていられたそうです。実家に滞在中も、終始穏やかに過ごすことができました。一度お父さんとお母さんが激しいケンカをしてしまい、お父さんは怒って車に乗って出ていってしまった。その時にイライラして乱暴に発車して、Cちゃんがそばにいてあぶなかった。でもCちゃんは落ち着いていて、「お父さん行っちゃったね」と言っていて(会話はまだあまりできませんが、言葉をこうして使えるようになっています)、その時も乱れることなかったそうです。

 帰ってきてからもしばらくは穏やかに過ごせていましたが、幼稚園が始まってから、毎朝行くのが大変だし、家でも言うことを聞けなくなって、おしっこに誘ってさえひっくり返って怒るようになってしまった。お母さんとしてはできるだけのことをしているのに、何が不満があるの!とイライラしてしまったという。今日もつれてくるのに一苦労、お母さんは「もうなんなのよ〜!」という感じです。

 お母さんにはとても抱っこなどできる気分ではないようすなので、どれどれと援助者がCちゃんを抱っこ。するとたちまち怒りが噴き出して、小一時間大泣き大暴れが続き、すっと落ち着きました。お母さんも一緒に落ち着いて、ゆったりして穏やかなったCちゃんを、「かわいいよ」と抱きしめることができました。その後はおしっこに誘ってもスムーズで、機嫌良く遊び、片付けもさっさとしていました。すっきりしていい笑顔を見せていました。

 穏やかに過ごしている時はストレスがないわけではないし、言うことを聞かない時も、ちゃんとやりたいとか頑張りたいという気持ちがなくなるわけではない。少しずつストレスが溜まって満杯になると、頑張りたくても頑張れなくなる。穏やかにいる時に大丈夫と思ってしまわないで、表に見えている姿や行動の裏の気持ちがあることをいつも知っているといい。そして満杯になる前に、ストレス発散の抱っこをしてあげましょうね。

 そんな話をお母さんにしました。お母さんは、目には見えないストレスが、感じやすいCちゃんのなかに知らないうちに溜まっていることを実感してくださいました。でも、あんなに大暴れが続くと、お母さんひとりでは抱き抜けないというので、少し間を縮めて、相談室に通われることになりました。回を重ねていくと、落ち着くまでの時間が短くなるし、怒り泣きでなく甘え泣きになっていくので、お母さんでも受け止められるようになりますからね、ということでその日は終わりました。

 Cちゃんは「さようなら」とあいさつして、来るときの「抱っこ抱っこ」もなく、お母さんと手をつないで軽い足取りで帰っていきました。



【毎朝幼稚園に行きたくないと大ゴネ】

 3歳のYちゃん。表現か少し苦手なお子さんです。
 冬休みが明けて、幼稚園に喜んで行っていたのに、この一週間は毎朝「行きたくない」と大ゴネで、慰めて励まして行かせてはいるけど、40分もそれをやられると、お母さんもさすがにいやになってしまうといいます。それはそうですよね。

 それでこの間の日曜日に、お父さんとお母さんと時間を作って、じっくり癒しの抱っこをしたそうです。「お友達と仲良くしたいし、一緒に遊びたいけど、うまくいかない」と代弁すると大泣きになったそうです。確かに付き合い方が下手で、急に近づいてしまったり、抱きついてしまったり、遊びたそうにそばで見ているけど、関わり方がわからないでその場に固まっている。その気持ちがよくわかって、両親で十分共感できて、「でもみんな大好きだからね」というと、ふっと和んでかわいらしい甘え泣きになって、お母さんに身を任せて抱かれ落ち着いたそうです。

 次の朝から、あんなにゴネていたのがうそのように、機嫌良く手を振って行くようになって、お母さんは拍子抜けの感じだったそうです。園の先生に、そんなYちゃんの気持ちや、やりとりをお話しして、仲良くしたいのにできないで困っているYちゃんとお友だちとの、橋渡しをしてもらうようにお願いして来たそうです。

 Yちゃんはまた、毎日楽しく幼稚園に通っているそうです。お父さんお母さん、やったね!



【自分の気持ちを言える子に】

 もうすぐに4歳になるAちゃん。体を動かすことが好きなので、ダンスを習いに行き始めた。でもなかなかなじめなくて、行っても参加できず、段々行きたがらなくなったので、無理に行かせることもないかなと辞めさせた。でも家では、毎日のように曲をかけて踊ったりしていて、とても楽しそう。ダンスは好きという。じゃあまた行く?と訊くといやという。辞めさせたのはよかったのか、本当はどうしたいのか、子どもの気持ちを聞きたい、ということで相談に来られました。

 「その時の気持ちを聞くのもいいけど、それよりも、そんな時にも自分の気持ちを言える子にしてあげたいよね。お母さんの気持ちを察して、自分の気持ちはしまい込んでしまったら、そのうち苦しくなってしまうし、自分の気持ちもわからなくなってしまうよね」と、援助者がお母さんにお話しすると、「そうなんです。何かこうなんだよとかこう思うよと私が話すと、もうそれでいいことにしてしまうので、いつも気になっていました。自分の気持ちを言ってくれるとうれしいです」とお母さん。

 そこでお母さんが抱っこ。初めはうんともすんとも言わず、お母さんを見てほほえんでいる。そこで援助者が腕を持って、少し引っ張るようにすると、引っ張られるままに援助者の方に来てしまいそうになる。「あれぇ、抱っこさせてくれるのかなあ。お母さんでなくていいのかなあ」と言うと、ちょっと力が入って、お母さんの方に戻ろうとする。力の兼ね合いを微妙にしてやりとりしていると、段々に甘え泣きが出てきて、そのうち引っぱると力強く抵抗して大泣きになって、お母さんの方に戻って、お母さんにしがみつく。そしてしばらくお母さんのところで泣きじゃくる。そしてぴったり抱かれて落ち着く。やわらかいいい顔になって、ますますかわいくなったとお母さん。

 この日は、お母さんがいい、お母さんじゃなきゃイヤという気持ちを、しっかり表現してくれました。帰り頃のAちゃんは声も大きく元気になって、ダダこねが出るかもしれないけどあわてないでねと、お母さんに言っておいたほどでした。ダダこねが出るようならしめたもの。2週間後の来談日が楽しみです。



【聞き分けはよくなったけど】

 Rちゃんは3歳半になりました。自分が気に入らないと、お友だちを叩いたり押したりしてしまう。やめさせようとしても言うことを聞かず、カンシャクを起こして泣きわめくので、お母さんはどうにもならなくなってしまう。遊びに連れ出すのも気が重くなってしまう、と相談にいらっしゃいました。

 4回目の来談時には、Rちゃんのそんな初めの頃の心配は全くなくなりました。あまりにも聞き分けがよくなって、逆に心配になってしまうくらいだといいます。

 ところが、その後から夜泣きをするようになって、泣き出すと手がつけられないほどになって、どうしてあげたらいいかわからない。お友だちに手を出してしまうことに比べたら、寝不足でも夜泣きの方がいいけれど、Rちゃんが昼間我慢しすぎてしまうからではないか、何か苦しいのではないかと、というお母さんの訴えでした。

 一般的には昼泣きが足りないと夜泣きになるようですから、確かにRちゃんは昼間に頑張って、おりこうし過ぎてしまっているのかもしれません。でも今までは、乱暴やカンシャクを抑えようにも抑えられなかった自分の気持ちを、なんとかできているのですから、すごいことです。癒しの抱っこで、楽になってきたからとは思うのですが、たいしたものです。先ずはそんなRちゃんを喜んであげたいですね。

 そして、これから少しずつ、家で甘え泣きができるようになるといいのですよね。外で気持ちを抑えてきた分、家ではダダをこねたり、イヤイヤしたり、甘え泣きしたりね。そしたらきっと、お友だちとのことでも、その場で泣いて表現できたり、言葉で「イヤ!」と言えたりできるようになるよね。

 そこまで話が進んだら、はっと気づいたお母さん。聞き分けがよくなってほっとしたので、家での癒しの抱っこも忘れていたし、知らないうちに泣かせないように付き合いをしていたかもしれません、と。それではやっぱり、もっと甘え上手になるよう助けましょうねということでその日は終わりました。Rちゃんのこれからの目標は、「(家で)泣きながら(外で)頑張る」です。



【おもいっきり抱っこ】

 Wちゃんは4歳。ダダこねがまだひどくて言うことを聞かないことに、お母さんは毎日イライラ。「もう知らない。勝手にすれば」ということが多いいそうです。下の子は甘え上手なのでかわいい思うけど、Wちゃんはかわいい気持ちも隠れてしまうと言います。

 今の子どもたちがみんなそうであるように、Wちゃんも甘え泣きが下手になっていて、ストレスをため込んでいました。でもお母さんは、今のお母さんがみんなそうであるように、泣かれたりぐずぐずいったりするのがとてもいやで、苦しくなってしまうそうです。

 そこでまずは援助者が抱っこして、思う存分発散してもらうことにしました。Wちゃんはおもちゃで遊んでいたのですが、「もう終わりにしてお母さんのところにおいで」と言っても知らん顔。そこでWの肩に手を添えて促すと、たちまち癇癪を起こしました。援助者がしっかり脇の下を支えて、お母さんの待っている座布団のところまでの2メートルくらいを、「いやだね。でも行こうね」と体全体を張り合いながらゆっくり進みました。ゆっくりの方がイヤイヤが言える時間が多くなるので、お母さんのところに行ってから落ち着くのです。Wちゃんは気持ちよさそうにイヤイヤしていました。お母さんのところに来たWちゃんは、お母さんにぴったり抱かれていい感じでした。

 その後は、援助者のところでイヤイヤしてはお母さんのところで安心して落ち着く、というのを何回か繰り返しました。やるほどに泣き声がやわらかくなり、体の突っ張りもとれて、お母さんに行ってからの落ち着き具合も深くなっていました。お母さんのふところですっかりリラックスしたところでその日は終わりました。

 1週間後に相談室に再来したWちゃん、お母さんのそばを離れないで甘えられるようになっていました。それまでは平気なように離れてしまっていて、でもそれは「ほっといて」のすねた行動だったようです。聞き分けも少し違ってきたし、お母さんが家で抱っこも試してみたら、抱っこした後は甘え上手になって、聞き分けもよくなるということでした。まだすぐにすねてしまって甘え下手なので、もっともっと甘え上手にしてあげましょうということで、しばらく続けて通われることになりました。

 Wちゃんはお母さんに気持ちを聴いてほしくなると、「思いっきり抱っこは横抱っこ」と言うのだそうです。思いっきり感情を発散したら楽になり、本来のWちゃんに戻れて、お母さんの言うことも聞けるのは、Wちゃんもうれしいのでしょうね。イヤイヤの感情が小さな胸に一杯になってしまうと、本来の自分ではいられなくなって、聞き分けもできなくなってしまいます。お母さん、「思いっきり抱っこは横抱っこ」をお願いね。



【一体感から出るのが怖い】

 Tちゃんは3歳。自閉傾向のあるお子さんで、言葉が遅い、こだわりがある、幼稚園に入ったけどみんなの輪に入れない、自傷するときもあるということで相談にみえました。定期的に通っているうちに、単語が増え、ストレスがたまらないように抱っこで発散を助けると、こだわりも自傷も減って、幼稚園でもみんなと一緒にできるようになっていました。

 その日もいい報告が聞かれたのですが、お母さんがぽつりと寂しそうにおっしゃったのが、「Tは、お父さんが誉めるととても喜ぶのに、私が誉めても喜ばないのですよね」ということでした。お母さんはお父さんの方が好きなんではと思い違いして、寂しくなっていたのかもしれません。でもそんなことは絶対ない、もちろんお父さんも大好きだけど、お母さんもそれ以上に大好きなはず。なのに喜んでくれないのはなぜなんだろう。

 そこで援助者がひらめいたのは、「お母さんは一体感がありすぎて、自分が自分を誉めるようなものなのではないかな」ということ。それはどうもあたりだったようで、それまで静かに抱かれていたTちゃんが、その言葉を聞いたら激しく泣きだしたのです。それでお母さんも「そうなんだ」と納得してホッとされていました。お母さんも大好きなことが確かだと実感できて、ホッとされたのでしょう。

 その後、最近のTちゃんは、家で癒しの抱っこをすると「怖い」とよく言うようになった、お母さんはなんなんだろう、なにかあるのかなと気になっていたという話しになりました。あれこれ話しているうちに、お母さんが生まれた時のことを思い出されました。かなり難産で大変だったそうですが、その話になったら、Tちゃんがまた激しく泣き出しました。それで生まれた時のことを慰めて、お母さんは胸のつかえが取れたようでした。「怖い」と言っていたのは、生まれるまでのお母さんとの一体感から出る怖さだったようです。

 子どもは、生まれる時に体の一体感から出る怖さを乗りこえて、そしてダダこね期で心の一体感から出る怖さを乗りこえて成長していくのかなと、考えさせられるセッションでした。



【「おばあちゃんのバカ!」】

 Vちゃんは5歳。最近怒ってばかりで、「ママのバカ」「ママなんて大嫌い」の連発で、大嫌いは大好きとわかっていても、あまりの怒りにさすがのお母さんもイライラしてしまい、怒ってしまうというその日の相談でした。

 お母さんはここのところ体がつかれ気味で、気分も落ち込みがちだったそうで、Vちゃんはそんな自分を心配しているんだろうとは思っていたそうですが、どうにもイライラしてあたってしまうようでした。以前のVちゃんは怒ると叩いてきていましたが、今は言葉で怒るようになっています。それだけお兄さんになったねと、それも認められるのですが……。

 家での癒しの抱っこも、お母さんの体と心が元気が出なくてできていないと言います。Vちゃんはお母さんの心配や、幼稚園での頑張りなどでストレスがたまっているようでした。相談室に来てのお母さんは、援助者が支えるのもあって、「さあ、存分に聞くからね」とでんと構えられていたので、Vちゃんは一気に感情を爆発させて発散していました。

 ひとしきり怒って泣いたVちゃん、さてどんな気持ちが一番伝えたいのかしらと、お母さんが思いつくことを言っていきました。「お母さんが心配だったね」「幼稚園でお友だちに気持ちが伝わらなくて悔しかったね」「お父さんが忙しくて遊んでもらえなくていやだったね」……。それなりの反応はあったのですが核心には届きませんでした。

 そこでちょっとVちゃんから離れて、お母さんの話しを聞くことにしました。お母さんの元気のない原因にはいろいろあるようでしたが、そのひとつが実家の母親との軋轢のようでした。そんな話しが出てきたところで、Vちゃんが反応していました。それでVちゃんの気持ちを代弁して、「おばあちゃんのバカ」と援助者が言うと、それそれというように激しく泣いて怒りました。「おばあちゃんのバカ」「おばあちゃんのバカ」といっぱい怒ったら、抱いていたお母さんが涙!涙! そしたらVちゃんはすっと落ち着きました。なんだVちゃんの怒りはお母さんの怒りとつながっていたんだね。お母さんは自分のイライラの根っこの一つがわかって少し楽になりました。Vちゃん怒ってくれて、そして怒らせてくれてありがとう。



【うれしい気持ちを分け合いたい】

 Oちゃんは3歳になって幼稚園に行き始めました。言葉がまだ自由に使えず、気持ちを伝えるのが下手なので、お母さんは園でつらい思いをしないだろうかと心配していました。お母さんから長時間離れるのも初めての経験で、お母さんなら気持ちを汲み取って助けてくれるけれど、先生にはまだ伝わらなくて、ひとりで困っているのではないかなあと、朝送って帰ってきて家にいても、気持ちは幼稚園という感じでした。

 通い始めた頃は毎朝泣き別れをしていましたが、最近ではバイバイと手を振って別れるようになりました。朝の一連の手順(連絡帳を箱に入れる、タオルを掛ける……)も、最初のうちはやらせるのにひと騒動だったけど、今は傍で見ているとひとりでやるようになりました。でもみんなでやることはまだ参加できず、となりの部屋や職員室にもよく行くようでした。園庭で遊ぶ時間は、水道の水を出して遊ぶことが多く、遊びに加われないようでした。そんなようすの中でも、歌や手遊びの時間は好きなようで、参加しているという先生の話でした。

 この間初めての参観日があったそうです。ひとりでぽつんしているのかな、うろうろして何もできないでいるのかな、騒いでしまって迷惑かけているのかななどと、お母さんはその日幼稚園にドキドキして行きました。ところがところが、ママのドキドキをよそにうれしい園でのようすだったそうです。

 ところが相談室に来て、ようすはどうですか?という援助者の問いかけに、お母さんからの報告は、困ったこと心配なことが次々でした。確かにまだまだ困ったこと心配なことはいろいろあって、お母さんの苦労が伝わって心痛いものでした。だからそんなうれしいようすがあったことなど、その時点では予想もつきませんでした。ひとしきりお母さんのグチをお聞きして、そしてOちゃんのグチも聞いて、癒しの抱っこをしました。

 少しすっきりしたけどまだ何かありそうだなあ、なんだろうと思っているところで、うれしい話がお母さんから聞かれたのです。参観日に幼稚園に行って、子どもは先に教室に、お母さんは園長先生の話があったので別の部屋にいました。そしていよいよ参観のために教室に行くと、Oちゃんがどこにいるのかすぐにはわからないほど、みんなの中にいて、ちゃんと座っていました。そして歌や手遊びには楽しそうに参加していたそうです。そして返事を一人ひとり呼ぶときになって、どうなることかと見ていたら、声は出なかったものの、呼ばれたら一度ですくっと手を上げて返事ができたのでした。お母さんは感激の涙で、Oちゃんの姿がかすんでしまったくらいでした。ここまで来るのにもっともっと時間がかかると思っていたので、そのうれしさは大きなものだったといいます。

 それからは大らかに気持ちよく泣いていました。うれし泣きでした。お母さんも話しながら泣いておられました。相談室に来たら癒しの抱っこをして、苦しさをとってあげたいという親心があるので、どうしても困ったこと心配なことが出てくるのでしょう。でも子どもは、お母さんに喜びをあげたい、お母さんの笑顔がなによりうれしい、それがあったら辛いことなんて小さくなってしまうのですから、うれしい報告でうれし泣きができて、いつになくすっきりしてしまいました。終わってからの笑顔も多く、聞き分けもよくなっていました。

 その日は、これから毎日のちょっとしたいいことに目を向けて、お母さんの喜びを抱っこして伝えてね、ということで終わりました。

 2週間後に来たときは、お母さんはまずうれしい報告をしてくださいました。母の日のお母さんの顔を描いてくれた。とっても上手だったので、先生が書かせてくれたのかと思ったら、ちょっとした支えで自分で描いたとのことだった。みんながやることは一通りやってみようとしていて、部屋から出て行ってしまうことなく、みんなの中にいる。世話好きのお友だちが面倒をみてくれるのを、ちょっと迷惑そうにしながらも受け入れている。園の先生に、自信がついてきたようですねと言われた。水道でずっと遊ぶことはみられなくなった。

 喜びの抱っこから元気をもらい、自分のやれているところを認められるようになったOちゃん、いいところがますます輝いてきて、自信が持ててきたのかな。もしかしたらお母さん自身に自信が持ててきたのかもしれませんね。



【ママは強いんだぞ】

 講演会であるお母さんが、その日の朝5歳の坊やを相手に体験したことを話してくれました。他人にも我が子にもとっても優しい人で、以前は子どもに「ママ、きらい」とか言われると、ことばをそのまま真に受けて落ち込んでいたのですが、最近ようやく、ほんとうは好きなくせに、と思えるようになってきて、「ママはTちゃんが大好きよ」などと気楽に返せるようになったそうです。

 それでも、坊やがちょっとすねてしまって、ママが抱っこしようとすると、強い力でもがいたり、「痛い!」などと言われると、どうしても引いてしまっていたそうです。

 「でも今日は、『ここで負けてはいけない、ママの強いところを見せてやらなきゃ』と思って、プロレスわざを掛けたんです。わざというほどのことはないんですが、体重を掛けて押し倒したんです。そしたら、『痛い』と泣きだしました。痛かったはずはないんだけどな、と思いながらも抱っこしてヨシヨシしたら、全然もがかずにペタッと抱かれていました。

 成り行きで、お互い三回ずつあやまろうということになって、『じゃ、Tちゃんが先にあやまって』と言ったら、『ごめんね、ごめんね、ごめんね』と立て続けに言いました。私は、三回あやまってしまったら抱っこが終わりになってしまいそうな気がしたので、なるべく時間をかけて抱いていたいと思って、わざとゆっくりと、『それでは、これから、わたしは、Tーーーくーーーんーーーに、さーーんーーかーーいーー、あーーやーーまーーりーーまーーすーー。・・・まーーずーー、1ーーかーーいーーめーー。Tーーーくーーんーーー、ごーーめーーんーーなーーさーーい。・・・』といった感じであやまりました。でも、あやまるのが終わってもずっと抱かれていて、とてもうれしかったです」

 ことばでは真に受けなくなっていても、からだのやりとりで「拒否」されてしまうと、また話は別、ということになりがちなのですが、そこを乗り越えたのですね。

 それはおもしろい、ということになって、みんなで二人一組になって、かわりばんこに押し倒しっこをしました。倒すのも楽しく、倒されるのも楽しい、すてきなひとときを過ごしました。 



【「してもいい?」って訊かれても……】

 Jちゃんは5歳。半年ぶりに相談室にお母さんに連れられてきました。秋頃から、家の中でも、お母さんの姿がちょっと見えないと探しまわるようになり、不安そうなのが心配ということでした。そしてそんな不安そうなようすなのに、4月からお母さんは仕事に出ることになって、保育園で長い時間待つことになったりして大丈夫かと、仕事はしたいけど、子どもに負担がかかるのではやめた方がいいのかと、決めかねているということでした。

 不安なようすになった秋頃になにかきっかけがあったのかをお聞きすると、スーパーに買い物に行ったとき、しばらく独りで車で待たしていたら、帰ってきたら大泣きしていたことがあり、その頃からのような気がするということでした。まずそのことを慰めましたが、あまり反応がありません。

 さらにお母さんの話しを聞いていくと、その頃近所づきあいのことで、とても怖い思いをしていて、外に出るのもどきどきしていたと言います。その話しになるとJちゃんは反応して泣いていました。「なんだ、お母さんをひとりにするのが心配で、そばについていてあげたのね」というと、「うん」とすっきりした表情になりました。お母さんはそんなJちゃんを、「ありがとう」と抱きしめて、ほろっとしていました。

 そしていよいよお母さんが仕事を始めるという話になりました。お母さんが、「お母さん仕事に行ってもいい?」と訊くと、Jちゃん「うん」と即座に答えます。でも目は合わさないし生返事の感じがして、お母さんは「ほんとにいいの?」とまた訊きます。お母さんはJちゃんがイヤならやめてもいいんだよと、Jちゃんの気持ちを大事にして決めたいと思われているようでした。「本当の気持ち聞かせて。お仕事に行っていいの?イヤなの?」と気持ちを聞き出そうとしますが、そうすればするほどJちゃんは言えなくなっています。

 そうですよね。そんな大事なことをJちゃんが決めることになってしまっては、Jちゃんは責任を持ちかねますよね。Jちゃんの気持ちを大事にしていることが、返ってJちゃんの重荷になっている感じがしました。そこでお母さんに話しました。「働いてもいい?ではなくて、働くからね」と言ってくれる方が、子どもはらくだと思います。「働くからね」と決めてくれると、「イヤだ」と言いやすいし、イヤだと言ってくれれば、「そうかヨシヨシ」としてもらえますね。ヨシヨシしてもらえれば、お兄さん心が強まって、「行ってらっしゃい」と言えて、お母さんを応援できて「うれしい」と思えるのではないでしょうか、と。

 Jちゃんはお母さんを応援したい気持ちがいっぱいあるけど、不安もあるから、「ヨシヨシ」もしてもらわないと頑張れない気がするのでしょう。だから「ヨシヨシ」してもらって、そして頑張りたいのが本当の気持ちなのでしょう。決めるのはお母さん、文句を言ってから頑張りたいのが子ども、なのではないかな。さらに、仕事に行って生き生きしたお母さんが、元気になって笑顔でいてくれたら、それはもういうことなくなるね。



【お母さんの言い分】

 Lちゃんは3歳。言葉で表現することが苦手のようで、人との関わりもスムーズではありません。お母さんはそんなLちゃんをまるごとかわいがって、慈しみ育てておいでですが、呼んでも知らん顔されたり、目を合わせてくれなかったり、言うことを聞いてくれなかったり、気持ちが通い合わないので、切なくなってしまうといいます。無理ないですよね。

 その日は、そんな切ないようすが目立ってしまっていたときで、お母さんはとても落ち込んでしまっていました。と言うのも、もうすぐ一日入園で、その時のようすを見て入園か決まるということでした。今のようすではとても入園できないのではと、先が見えない不安の中にいました。そしてもし入園できたとしても、友だちに相手にされなかったり、意地悪されたりしないかという心配もありました。

 きっとLちゃんも同じような不安心配をかかえていたのでしょうけれど、親子で気持ちは別々のところにあったので、別々に苦しんでいたようです。Lゃんもお母さんも、気持ちを抑えてしまうのが上手で、そして一人で抱え込んでしまい、お互いとりつく島がなくなってしまい、気持ちが通じ合わなくて寂しい思いをしているように感じました。

 それでお母さんに今の気持ちをLちゃんに言ってもらうことにしました。「たとえ態度でもいいから表現してほしい」「顔を向けるだけでもいいから、返事してほしい」「知らん顔してあっち向いていたんでは、伝わっているんだかいないんだか、手応えがないほど寂しいことはないよ」「Lちゃんこっち見て」とお母さんは涙ながらにLちゃんに言いました。

 Lちゃんはお母さんにそう訴えられて、「それを言われるのが一番つらいよ」と言うかのように大泣きになりました。援助者がLちゃんを支え、そんな気持ちも代弁してお母さんにぶつけました。そしてまたお母さんも「表現してよ。返事してよ」と訴えて、Lちゃんも「そんなこと言ったってそれができなくて苦しいよ」と吐くほどに泣いて反論しました。

 お母さんもLちゃんも、言いたいことを言ってすっきり。そして気持ちが伝わり合って、しっくりぺったり抱いて抱かれて、心が一つになりました。お母さんはLちゃんの気持ちがわかり、Lちゃんに文句が言えて、和解しました。そのあとのLちゃんはにこにこ顔で、鼻歌が出るほどご機嫌でした。



【赤ちゃんができてもママの宝物】

〈相談者より〉

 子どもが5才(女)と4ヶ月(男)です。上の子が3才位の時に初めての相談をして、あたたかい励ましを頂きとても救われました。でもなかなか思うようにはいかず…御返事を書けないままで、2年ほど過ぎてしまい申し訳ありませんでした。

 抱っこ法はとても素晴らしいと思いますが、難しくて奥が深くてそううまくはいきません。それでも泣くって大切なことだという認識は強く、上の子にもいつも、泣きたい時は泣こうと言って育てています。私の口癖のせいか、ケガをして痛くて泣いた時に、ついでに普段お姉ちゃんとして我慢している淋しさなどがでてきて、ワァーと泣いて抱きしめると、「ケガがきっかけで、いっぱい泣けてよかったァ。スッキリしたァ。元気になったぞ!」などと言うようになりました。

 抱っこ法を知ったお陰で、上の子の時よりもっと、赤ちゃんだってすべてが分かっているという思いが強くなり、一人の人間として接しているせいか、下の子も発達が早いように感じます。

 5才はなれたので、お姉ちゃんは小ママのように下の子の世話をして、私がいい加減だとたしなめるほどですが…やはりまだ5才、甘える面がうまくできなくて、バランスを崩してしまうことも…上の子がすごくしっかりしているだけに、私もついつい甘えてしまい、難しいなと思います。ストレスがそんなにたまっているように見えないときでも…時々夜中に大泣き大暴れをします。

 その時はものすごい力で、主人は怒り始めるので、抱っこ法をやる余裕などないのですが、昼間の泣き方とは正反対、とにかく大泣きです。そんな時、本人は夢の中で何を言ってもダメで、夢から覚めることもなく、抱こうものならもっと激しく暴れます。すごいエネルギーで、私は赤ちゃんを守らなければならず、主人がはじめは辛抱強く接するのですが、結局、けられたりたたかれたりして、主人が怒り、上の子をたたくか何かしないと、夢からさめなくて、治まらないので、後味悪く、いつもこんなでいいのか…と考えています。こんな時はどうしてあげるのが良いのでしょうか。



〈返事〉

 赤ちゃんがお生まれになったのですね。おめでとうございます。
今までお子さんを「泣きたいときには泣こう」と言って育ててきたのですね。お子さん自身が「ケガがきっかけで……」と言えて「すごいことだ!」と感心してしまいました。とても素敵な子育てをしていらっしゃったと思います。

 ところが夜中に大泣きの大暴れをするので、困っているのですね。

 赤ちゃんが来るとだれもが、「今までの自分で良いのだろうか」という気持ちが頭をもたげます。お母さんはただ赤ちゃんに手が掛かるだけなのに、「私より赤ちゃんの方が好きなのかな?」とか、「今までみたいに甘えてはいけない」とか、「お姉ちゃんになってお母さんを赤ちゃんに譲ろう」と考えたり、自分で決めてしまうこともあるのです。それに赤ちゃんのことで忙しいママを気遣い、ついつい頑張ってしまう事もあるのです。

 お母さんが気づいておいでのように、「やっぱりまだ5才…」なのですね。そう思って頑張ってみるけれど、うまくいかなくて、「私ってだめだ」と自分を責めてしまうこともあります。一度お姉ちゃんに、赤ちゃんが来ても今までと同じように、「かわいい、大好きなママの宝物」であることをお話しする、抱っこの時間をつくってみてください。お姉ちゃんの思いこみが解けていくのではないかと思います。お母さんの真心はきっと通じますからね。

 それから、新しい阿部の本も出ていますから、読んでみてくださいね。


〈相談者より〉

 お忙しい中、早々の御返事を本当にありがとうございました。
5才離れると、上の子の精神的フォローが複雑に思えて、上の子を可愛いと思えなくなってしまったり、私自身の子どもへの愛情のバランスが崩れてしまっていることでも悩んでいました。

 なので、そうか…「赤ちゃんがきても大好きなかわいいママの宝物」と抱きしめてあげることが必要だなと思っても、果たしてそれができるか…不安にもなりました。ところが手紙を読んだ2時間後にチャンスが訪れました。

 「明日の耳鼻科での鼓膜切開がどうしてもこわい」とメソメソし始めたのです。すかさず2人になって抱きしめ、気持ちを聞き始め、共感していくと、甘えきれていなかったつらさを、いろいろと話してくれて、「幼稚園に送ってくるとき、門のところでおろすんじゃなくて、部屋の前まで来て欲しい」とか、「夜寝るときYより先に寝ないでほしい」とかいくつかして欲しいことを、話してくれました。妙に大人びてしまい、甘えてもこないYを、かわいくないと誤解していたのは私の方で、Yは、必死でお姉ちゃんとしてがんばらなければと、甘えたい気持ちにブレーキをかけていたんだと思うと…かわいそうだったと思うし、子どものけなげさに、本当に愛おしく思えて、抱きしめることが出来ました。

 「ママYとの気持ちがぐっとちぢまった気がするよ」と言ったら、「Yも」と、手でこのくらいからこのくらいまでちぢまったと、20p→5pまでちぢめてくれました。「残りの5pはまだだめなの?」と聞くと、「それは今言ったことをやってくれればちぢまるんだよォ。だけど、そのちょっとが難しいんだけどね」と言われてしまいました。こんなふうに気持ちが通じあえたのも、Wさんのアドバイスのお陰です。本当に感謝しています。

 阿部先生の新しい本も読んでお姉ちゃんが甘え上手になれるようにしてあげたいです。本当にありがとうございました。




【おっぱいをやめたかった】

 Dちゃんは3歳。来年の4月から幼稚園に行くことになり、この間の来室時に、幼稚園が決まったと聞きました。お母さんがいいと思った幼稚園と、Dちゃんが行きたがった幼稚園が違ってしまって悩んだけれど、お母さんのいいと思った方に決めたということです。子どもの気持ちを大事にしてあげなかったと、お母さんは気になっていたようです。

 「お母さんの勝手で」という言葉が、最近のようすを話しながら、何回か出てきました。お母さんは幼稚園のことだけでなく、上に2人のお兄ちゃんがいることから、赤ちゃんの頃からずっと、Dちゃんがいい子にしてくれるのをいいことに、振り回してしてきたといいます。そうしなければやってこられなかったのだけれど、かわいそうなことをしてきてしまったと、「ごめんね」の気持ちになっていました。それというのも、3歳になった今、気持ちの我慢が強くなってしまって、抱っこして慰めようとしても、もがいて突っ張って歯を食いしばってしまうのです。

 相談室でお母さんに抱っこしてもらうと、やはりもがいて突っ張ってしまい、顔を真っ赤にしながら口を一文字、気持ちの我慢がすごいのです。ほんとに甘えられなくなっていました。援助者が替わって抱っこして、なるべく手足を動かしてもらい、体も適当に動かせるようにしてみました。それで少しずつやっと泣き声が漏れてきて、涙がぽろっとこぼれました。でもまだまだ我慢していてつらそうでした。今日はこれくらいかな、少しずつ甘え上手になったらいいかなと、援助者が思い始めたとき、お母さんがおっぱいのことを話題に持ち出されました。

 おっぱいはDちゃんがほしがる間は飲ませようと思っていて、昼間は忘れているのだけれど、夜中はまだほしがるのだそうです。でも夜中に飲んだとき、飲んだ後に決まってすごい歯ぎしりをするのだそうです。歯ぎしりはその他の時にはしたことがないとのこと。そんなようすからお母さんは、そろそろおっぱいをやめたいのかなと思っているということでした。その話をきっかけに、おっぱいにまつわる話を聞いて、援助者ももうやめたいのじゃないかという気がしてきました。「もうやめたいんだね」とお母さんがDちゃんに言うと、Dちゃんは今までの我慢はどこかにいって、うぇ〜んと楽に泣き、ふっと力が抜けてしまいました。何これっとあっけにとられるようなDちゃんの反応でした。

 お母さんは自分の勝手でDちゃんに我慢をさせていると気になって、せめておっぱいくらいはDちゃんの気持ちを大事にしたいと思っていたけれど、Dちゃんは、そのお母さんの気持ちを汲み取って、「もうやめたい」と言えずにいたみたいでした。子どもの気持ちを大事にしたいお母さんの上をいっているDちゃんでした。
 
@へ Bへ   HOME