←HOME

  幼児期後半の実例@
「わたしとなかま」の時期(3歳〜6歳)

 友だちを強く求めるようになり、子ども社会の仲間入りをします。聞き分けも良くなり、ことばで表現することも上手になり、お手伝いもしてくれたりして、家庭でも頼もしい家族の一員になります。 
 
【赤ちゃん抱っこなら…】  【「みんな好き」】  【とても繊細なNちゃん  【なかなかおっぱいが卒業できなかったのは…】 
【お母さんはウブ】  【子どもに手を挙げてしまった】  【ドラエモンが帰ってしまうとき】  【今はお母さんの番】
【どうしていいか分からない気持ち】  【頑張りすぎて歯ぎしり】  【爪噛みをする】  【聞き分けがない】 
【よくかんしゃくを起こすようになって】  【いじけてしまっていたLちゃん】  【怒りに怒ったQちゃん】  【登園拒否になって】 
【にんじゃごっこ】  【「待って」「ひっぱって」「追いかけて」】  【お友だちをいきなり叩いてしまう】  【乱暴な振る舞いをしてしまうWくん】 
 

【赤ちゃん抱っこなら…】

 Oさんは保育園の年長さんのお姉ちゃん(Hちゃん)と、年少さんの弟さん(Tちゃん)のふたり姉弟のお母さんです。

 予約したいと申し込まれた時のお話では、弟のTちゃんが産まれたとき、お姉ちゃんが産まれたときのように「光り輝いている」と感じられなかったのは、その時の助産婦さんの対応に「不信感があった」と気が付いたので、そのことを話したいとのことでした。当日はお父さんもHちゃんもご一緒でみんなで「弟さんのために来た」感じでした。

 ところがいよいよ抱っこが始まるとすっかり話が変わってしまいました。Oさんは自分がやってみたいと思う仕事が見つかって、週1日通い始めたらTちゃんの様子が変わって保育園へ行くのを嫌がるようになった、と言う話を始めました。「私の帰りが遅くなって、パパのお迎えでTは『寂しいんだ』と思う。その後仕事場を変わろうとしたけれど上手くいかなくて、運悪く今までの仕事場も辞めることになってしまった」と言うことでした。

 Tちゃんはお母さんの話で泣いていましたが「その話じゃない!」とばかりの勢いでした。もともとOさんは自分を責めやすいタイプの方で、この日もその「落とし穴にはまった状態」になってしまいました。その時、Tちゃんは「トイレ、おしっこ」と叫んでトイレへ入ると出てこなくなったのです。

 お母さんの慰めてあげなくてはという気持も、「こんなはずではなかった」というTちゃんの気持も分かります。私が「トイレから出てきたら、今日ママが本当に話そうとしていたお話にするからね」と思っていたら、パパとママに迎えに来てもらえたからか、頑固で動かなくなると言うTちゃんが戻ってきました。

 抱っこを私が変わって「今日のお話は何だったっけ」と話を変えると、Oさんは助産院で産まれた時の話をしてくれました。ところがその話を聞きながらTちゃんはすっかり眠ってしまったのです。助産婦さんの心ない態度に自分のお母さんや姉妹との関係を甦らせてしまって「心から喜んであげられなかった」と自分を責めているお母さんに「そんなこと何でもないよ」と言っているようでした。

 その後「Tちゃんが時間をくれたから抱っこしてみようよ」と予定にはなかったHちゃんの抱っこをすることになりました。「いやだ。いやだ」と言うHちゃんに「そういわずに」と誘っていると、Hちゃんは「泣くと頭が痛くなるからいや」と言うのです。OさんはHちゃんの抱っこの時にもついつい自分を責めることがあって、Hちゃんが泣いくと自分の心も奥に響いてしまって、どうしても苦しくなってしまうのです。お母さんが苦しくなるとどうしてもHちゃんも又、苦しくなってしまうのでした。それで「泣かなくても良いよ。ママに抱っこしてみようよ」と「泣かない抱っこ」に誘いました。

 Oさんが「赤ちゃんみたいに抱っこしたいな」と言ってくれたので「そうだ。10迄数える間だけで良いから、赤ちゃん抱っこしてみようよ」と言うと「いやいや」と言いながらも嬉しそうにママに抱かれました。まだまだ突っ張っているので「それでは赤ちゃんらしくないよ。赤ちゃんはじっと抱かれているよ。まだ数えられないな」としばらく待っていました。

 そして「かわいいHちゃん…1…。大好きなHちゃん…2…。ママのかわいい赤ちゃん…3…」とゆっくりゆっくり数えていきました。その内にあの突っ張りもすっかり無くなってゆったりと抱かれていました。気が付いたらパパもママの隣で、かわいく抱かれているHちゃんを見守っていてくれています。まるで本当の赤ちゃんのようでした。

 5月の阿部先生の講演会でOさんは「最近自分が『守られているという感じが欲しかった』という自分の幼心に気が付いた」と話されて、阿部先生から「ついつい自分を責めてしまいやすいOさんだから、抱っこするたびに慰めたくなるでしょう。でもお母さんが求めているものが『守られたい感じ』なら、お母さんとツーカーのHちゃんも『守られたい』気持を感じているでしょうから、ただ黙って守ってあげる抱っこが出来ると良いですね。今日存分にハグしてもらってその感じを大切に持って帰れたら、無心に向き合う良い抱っこができるんじゃないかな」という課題をもらっていました。

 この日、その「守られていると実感できる抱っこ」が実現したのでした。Hちゃんのにこにこ顔が「大成功」と言っていました。弟のTちゃんの「お姉ちゃんに時間をあげるよ」という協力で「ママとパパのふたりに赤ちゃんのように守られている」幸せそうなHちゃんでした。

 Oさんやりましたね!おめでとう。



【「みんな好き」】

 Mちゃんは3歳、なかなか元気が出ません。お母さんが元気が出ると、少しずつ元気になるのですが、お母さんの元気がなくなるとたちまち元気がなくなってしまいます。お母さんの気持ちとMちゃんの気持ちが連動してしまうことに、お母さんはずっと自分を責めていました。「お母さんのことはお母さんがやるからいいの。Mはそんなこと心配しないで元気になってね」と言うのですが、Mちゃんはそんなお母さんの気持ちはわかりながらも、いつも一緒の気持ちになってしまいます。「Mはいいから、お母さん元気になってね」と言っているかのようでした。お母さんは最近は、それはMのお母さん思い、いえ、子どもはどの子もそうなんだと受けとめられるようになってきました。

 Mちゃんはこの頃よく、「ママはMが一番好きなの?」と聞くようになりました。「そうだよ。「ママはMが一番好きだよ」と答えてもらって、そしてまた聞いて、何度も聞いて、そして安心するようです。そんなある日お母さんは、「ママはMが一番好きだよ」と答えた後に、「Mは誰が一番好きなの?」と聞いてみたそうです。そしたら少し考えてからMは、「みんな好き」と答えたのだそうです。

 お母さんは、「ママ」と答えるかと期待していたのですが、「みんな好き」という答えが返ってきて、ちょっとはさみしい気持ちもあったけど、それよりはそんなふうに答えるMに感動し、とってもうれしい気持ちになったそうです。

 その話しを相談室においでになった時に話してくださって、援助者も感動してしまいました。もちろんそんなことを考えているMちゃんに感動したのですが、それ以上に、「ママ」と答えてくれなかったことに落ち込まないで、とってもうれしかったと言うお母さんに感動してしまいました。元気がまだまだでない状況の中にいるお母さんですから、なにやらうれしい報告と感じて、途中まで話しに耳を傾けていて、「ママ」と言ってくれたんだなと予想をしながら聞いていたのですが、その予想は外れました。でも「みんな好き、と言ったんです」と本当にうれしそうに話してくれるお母さんがいて、そんなことがあってから少し元気になったようでした。

 また元気がなくなってしまうかもしれないけど、そんなふうに日常の中で、Mちゃんのきらりと光るところを見つけて喜べるお母さん、お母さんの芯には元気のもとがしっかりあるんだと感じられる、とてもすてきな報告でした。



【とても繊細なNちゃん】

 Nちゃんは4歳、幼稚園の年中さんで、自閉傾向があるといわれています。でも最近は、言葉でコミュニケーションがとれるようになってきたし、友だちに「遊ぼう」と言えるようになって、友だちとのかかわりも自信がでてきました。それでもまだかかわり方が下手なので、抱きついてしまったり、叩いてしまったりして、友だちに嫌がられることもありますが、先生がうまく仲を取り持ってくださって、だんだん上手になっています。

 相談室には定期的に来ているのですが、やはりまだ、ひとりの世界にいる感じのことがあります。とても反応がいい日と悪い日があるのです。あるいは反応のいい時と悪くなる時があるのです。なんなんだろうなあと見ていると、とても過敏なNちゃんがいました。

 椅子に座っていた援助者の膝に乗って、そこからぴょんと飛び降りるのを楽しんでいましたが、何回目かのときに、足がちょっと滑って、援助者が支えたので落ちはしませんでしたが、うまく飛び降りられませんでした。そしたらもう、それまでの楽しい開けた感じのやりとりはすっとなくなり、今まで何もなかったかのようにそこから離れて、一人おもちゃをいじって、周りと関わりなくしてしまいました。

 お母さんに抱かれて、そこに援助者がじゃれついて、きゃっきゃっと楽しんでいたのですが、援助者が急に反対側から覗いたら、すっと固まってしまいました。予期しないことだったので怖くなってしまったようでした。それからまたもとのようにやってみたのですが、もう遊べないどころか、しばらく固まってしまったのがとれませんでした。

 おもちゃで遊んでいて、居合わせたお友だちとなんとなく一緒に遊んでいたのですが、そのお友だちに差し出したおもちゃをいらないと押し返されたら、固まってしまって、それからふと離れてひとりになって、もう関わろうとしなくなってしまいました。

 お母さんがつらい気持ちを援助者に聞いてもらって、泣いていたりしたり、話しが少し時間がかかったりすると、不安になったようで、すごくはしゃいで行動が雑になり、ヒヤヒヤさせられる行動をとったりするようになります。

 そんなふうに怖かったり、不安になったり、どうしていいかわらなくなったとき、泣いてお母さんを呼んだり、気持ちを表現して何かが起こっていることをアピールしたり、助けを求めてお母さんのところに戻ってきたり、近くのおとなにも訴えられず、ただ独りで耐えてしまいます。だからよく見ていないと、なんでそうなったのかがわかりません。普段の生活でもそんなことがあるのでしょうけれど、見逃してしまいそうな些細なことなのです。

 そんなNちゃんのような子どもは、泣いて発散してというよりも、安心をあげられる抱っこが必要なのです。お母さんの懐で安心してほっとして弛緩できると、その後自然に泣いたりしますが、その時の涙はあたたかい涙になり、さらに安心がしみ通ります。子どもの泣き声が悲鳴のように聞こえたら、もしかしたらNちゃんのようなところがあるのかもしれません、そんな時はあたたかい安心の抱っこを心がけたらいいのです。泣くよりも安心が先なのですね。



【なかなかおっぱいが卒業できなかったのは・・・】

 Mちゃんは、3歳を過ぎても全くおしゃべりをしないということでお母さんが心配されて相談にこられたお子さんです。1歳半健診の時の保健師さんの対応にお母さんはいやな思いをされたそうで、その後は相談にくるように誘われてもお断りになってきたとのことでした。こちらの言うことはよくわかって応じてくれるし、他には困っていることもないのでそのうちにしゃべり出すはずとどんと構えていらしたようですが、3歳を過ぎて、特に体格もいいMちゃんが話しかけられても全くお話ししないということに、周囲の目も少し気になってこられた感じでした。

 早くからおしっこもちゃんと教えて失敗しなかったりお母さんが言ったこともよくわかって応じてくれたりする一方で、おっぱいをせがんだり抱っこをせがんで歩こうとしなかったりと、初めて相談室に来たときのMちゃんは、お兄さんの部分と赤ちゃんの部分が混沌とした感じでした。またそのMちゃんを前にしてお母さんは困りながらもどうしていいかわからずMちゃんに任せている感じがありました。抱っこを通して「ちゃんと三歳のお兄ちゃんになりたい」という思いがMちゃんにあることをお母さんにわかっていただき、生活の中でもMちゃんのお兄さんになりたい気持ちをしっかり応援して行動も導いていただくようにお伝えしました。それから2ヶ月後、3回目に相談室に来られる頃にはもうお話も始まり外でもしっかりと歩いてくれるようになっていました。

 そして3月、幼稚園の入園を1ヶ月後に控えて、お母さんは、夜もゆっくり休みたいし幼稚園も始まるので、もうおっぱいをおしまいにしたいのに卒業できなくて…とおっしゃっていました。昼間はMちゃんからおっぱいを求めることもなくなっていましたし、もうお母さんの決断一つで卒業できそうな感じで、むしろMちゃんとしてはそれを待っているのではと私には思えました。

 そして、困っているとおっしゃりながらも、お母さんの方に何か終わりにしづらい思いがあるようにも見受けましたので、「おっぱいを終わりにするのは、何か寂しい感じがする?もっとMちゃんに赤ちゃんでいてほしいって感じがどこかにあるかな?」とお母さんに聞いてみました。すると、一呼吸おいてお母さんから「私、もっとお母さんに甘えたかったのかもしれない」という言葉が返ってきました。元々口数も少ない方で、ご自分の感じていることを言葉にするのがあまり得意ではないお母さんでしたが、こんなことを話してくださいました。

 Mちゃんのお母さんが生まれたときに前後してお父さんの弟さん(Mちゃんのお母さんの叔父さん)のところでも赤ちゃんが生まれたのだそうですが、悲しいことにその赤ちゃんのお母さんは出産後間もなく亡くなられたそうです。それでしばらくの間、お母さんはその赤ちゃんとMちゃんのお母さんの二人にご自分のおっぱいを飲ませて一緒に育てられたそうです。Mちゃんのお母さんは以前からそのことは聞いていたけれど、今初めて「ほんとはもっとお母さんに甘えたかった、お母さんにもっと私の方を見ていてほしかった」という思いに気がついたといって涙を流されました。そして、お母さんがそのことを口に出されるやいなやMちゃんが安心したようにストンと眠りに落ちたのも印象的でした。

 Mちゃんのお母さんが赤ちゃんとして「もっとお母さんに甘えたかった」という思いを抱いていた一方で、お母さんの側としてもいろいろな気持ちを抱えておられたことだと思います。そのお母さんの死もショックだったでしょうし、またその残された赤ちゃんの育児を引き受けられたことも大変だったと思います。その赤ちゃんにも気持ちを向けてあげなくてはならなくて、無条件にただMちゃんのお母さんにだけすべての愛情を傾けてあげられるという状況ではなかったことでしょう。もしかしたら、何にも気がねすることなくMちゃんのお母さんだけを思う存分見ていてあげたかったという思いを残していらっしゃったかもしれません。Mちゃんのおっぱいの卒業に当たり、Mちゃんのお母さん自身の思いに加えて、そんなお母さんの思いももしかすると受け取っておられたのかなあと私には感じられました。

 そしてそれから1ヶ月後、Mちゃんはすっかりおっぱいも卒業し、元気に幼稚園に通っているとのうれしいファックスをお母さんからいただきました。



【お母さんはウブ】

 6歳の男の子が自分に暴言を吐くのが気になって、聞くとイライラして子どもを叱ってしまう、というお母さん。おとなに言論の自由があるのと同じように、子どもには暴言の自由がある、などと説明したのですが、「そうは言っても……」とお母さんには納得できないようでした。

 そこで、まずはお子さんを抱きしめてもらうことから始めて、何かが起きるのを期待したいと思いました。

 でも、せっかくお母さんが抱っこしても、「暑いなあ。早く終わらないかなあ」などと言いながらもがいているので、ゆったりと気持ちが通い合うどころではありません。険悪な関係は相変わらずです。お母さんも、「いつまで抱いていればいいのですか」といった感じで、ちょっとムキになっているようです。

 そこで援助者は、「お母さん、イソップ物語の太陽になりましょう。旅人が突っ張りのマントを自然と脱ぎたくなるように」と助言しました。お母さんはハッとして気づいてくれたようで、大らかな、優しい気持ちになって、Gくんを抱きしめてくれました。Gくんも目に見えて落ち着いて、うれしそうにお母さんに身をまかせるようになったのですが、照れくさかったのでしょう。
「ああ、うれしい」
とは言わずに、
「しかたない、こうやって眠ってしまおう」
と憎まれ口をきいて、寝たふり。お母さんはがっかりして、
「いくらやさしい太陽になっても、マントを脱いでくれないわ」

 せっかくのいいムードが壊れそうになりました。援助者はあわてて、
「Gちゃんはね、すでにマントを脱いだよ。でも、照れくさいから、まだ脱がないふりをしているんだよ。お母さんはウブだから、Gちゃんの男心にだまされてしまったね」
「あら、私たちもだまされてしまったわ」
と、そばにいたスタッフたちが笑いました。当のお母さんは、
「いま言っていただいたことで、ぜーんぶ腑に落ちました」
とうれしそうです。

 いままでは、子どもの言うことをそのまま真に受けてカリカリ来ていたのだけれども、「暴言」のウラに肯定的な真意があることが分かったら、もう暴言も気にならなくなった、とのこと。何回か通って頂いた相談は、その日で終わりました。



【子どもに手を挙げてしまった

 お母さん自身が小さい頃に叩かれて育ち、とてもつらかったので、我が子には絶対にしないと決心していたのに、とうとう叩いてしまった。一度叩いたら歯止めがきかなくなってしまって、自分自身が怖くなった。なんとかして止めたい、と相談にみえました。

 子どもはGちゃん、3歳です。相談室での親子のようすを見ていると、Gちゃんが威張っていて、お母さんを振り回している感じがしました。お母さんから家のようすでや経過を聞くと、やはりそんなようすで困っている感じでした。半年くらい前から特に、頑ななほどの自己主張をしてきて、ダメと言おうものならお母さんを叩くし、泣き喚く大騒ぎになるそうです。日常がうまくまわらないほどになり、さすがのお母さんも耐えきれなくなって、叩いてしまうことになったようです。そして、かわいいという気持ちもなくなってきた気がするといいます。

 お母さんが耐えきれなくなるほど、Gちゃんは自分を見失ってしまっているので、Gちゃんを助けることになったのですが、お母さんとしては、叩いてしまったことで自分を責めているようでした。まずその気持ちからでないと、Gちゃんの気持ちを受けとめられないようでした。

 お母さんにどっちの手で叩いたか聞くと、右手だというので、援助者がその右手をそっととって、「痛かったね」となでたのでした。お母さんのその手からは、お母さんの心の痛み、Gちゃんの心の痛み、お母さんの手の痛み、Gちゃんの叩かれたほっぺの痛みが伝わってきました。伝わってきた痛みを全部ひっくるめて、「痛かったね」と慰めました。お母さんは涙を流して、その慰めを受け取ってくれました。

 Gちゃんはその間遊んでいてくれたのですが、お母さんが泣き出したら心配になってそばに来たので、お母さんに抱っこしてもらいました。抱っこされたGちゃんは、お母さんの涙を、とてもやさしく拭いてくれました。

 一段落して、いよいよGちゃんの番です。半年前からひどくなったというので、その頃何かあったか聞くと、舌小帯の手術をしたという。「手術怖かったね」「痛かったね」などと慰めるが、あまり反応しない。なぜ手術しようと思ったか聞くと、「無呼吸があって」とお母さんが言うか言わないかで、Gちゃんは突っ張ってもがいて、激しく泣き出しました。息を詰めたような苦しい泣き方でした。「呼吸ができなくて苦しかったね」「苦しくて死ぬかと思った」という慰めでしばらく激しく泣いていました。

 こんなやりとりから思ったのは、Gちゃんの頑なさは、死ぬかと思ったというくらいの怖さからきていることのようでした。無呼吸からくる怖さが慰められて癒されていくと、きっとGちゃんはもっと柔らかく生きていけるようになり、お母さんが叩きたくなるほどいらいらすることはなくなるでしょう。

 2週間後に相談室においでになった時は、親子の関係がとてもよくなっていて、毎日が楽しいと言っておられました。いい循環が始まったのですね。1回目では援助者が抱っこする時間が多かったのですが、2回目はお母さんが抱き留めて受けとめられるようになり、素直に泣いて甘えることができたGちゃんでした。怖さも少しずつ軽くなっているようでした。こんなやりとりが親子でできるようになるまで、しばらくは通ってくることになりました。



【ドラエモンが帰ってしまうとき】

 Fちゃんは3歳、言葉が遅くコミュニケーションがとりにくい、ということで相談にみえました。弟が病弱で、Fちゃんを家に残したまま付き添って入院しなければならなかったり、お母さんが味わってきた苦労がひしひしと援助者に伝わってきました。それなのにお母さんは、自分のことよりも、さびしかった気持ちが子どもに残っているなら慰めてあげたいと連れてこられたようです。親って有り難いですね。

 2回目の抱っこのセッションの時、お母さんは、数日前にドラえもんのビデオを観ていて気づいたことを話してくれました。そのビデオのストーリーは、ドラえもんが22世紀の未来の国に帰らなければならなくなった話だったそうです。のび太くんはドラえもんと別れるのがとてもつらい。そんなストーリーに、お母さんは思わず涙が出たのですが、ふととなりでテレビを観ていたFちゃんを見ると、やはり涙ぐんでました。

 お母さんは、下の子に付き添って入院しなければならなくなったときに、まだ小さいFちゃんを祖父母に預けていったときの体験と、ストーリーとが重なったそうです。お母さんに、ストーリーが自分の気持ちのどこに一番響きましたかと聞くと、「置いていかれたFちゃんがかわいそうでたまらなかった」と答えました。

 そこで援助者が、「のび太くん、かわいそうだったね」「Fちゃんもさびしかったね」と代弁しますが、Fちゃんは気持ちをわかってもらって泣くかと思いきや、もがきはするものの、まだ泣くのをこらえています。

 Fちゃんに響かないのは、Fちゃんはもっと別な気持ちでいたのだろうと思われました。そこで、「ドラえもんは行きたくなかっただろうのに、のび太くんを置いて行かなくてはならなくてかわいそうだったね」と援助者が言うと、Fちゃんはうぇーんとかわいく泣いて、「そう、そう」というように相づちを打ちました。そう、帰りたくはないけど帰らなければならないドラえもんは、のび太くんのことが気がかりでしかたなかったのです。「病院でFちゃんのことを思って泣いていたのを、この子は知っていたのかしら」とお母さんは言いました。Fちゃんがどんなにかさみしく心細い思いをしているだろうと思うと、お母さんは心が締め付けられる思いだったのです。

 Fちゃんは確かにお留守番はつらかったのでしょうけれど、お母さんが置いていったことで、そんなにまで自分を責めていることの方がつらかったようでした。「お母さんは置いていきなくなかったんだよ」と、お母さんも自分の気持ちを、涙ながらに伝えました。Fちゃんはますますかわいく泣いて、お母さんと心が通じ合い、そのうち満足して、お母さんの腕で眠ってしまいました。

 ドラえもんのビデオを観て、お母さんはのび太くんの気持ちにFちゃんを重ねて、「かわいそうなことをした」とつらくなったのでした。でもFちゃんは、行きたくないのに置いていかなければならない、ドラえもんのつらさとお母さんが重なって、お母さんのつらい気持ちがつらかったようでした。おかあさんがFちゃんを置いていくのがつらくて、人知れず泣いていたのを知っていたのです。お母さんはFちゃんが、そんなふうに感じていたことにびっくりしていました。

 「お母さんは置いていくのがつらいよう」とFちゃんに気持ちを伝えていたら、そこで心が一つになれたんだと、今日の体験でお母さんは気づかれました。お母さん自身の気持ちも大事にしたらいいことも。こんなふうに、自分の気持ちに気づき、気持ちを伝え合っていったら、心が通じ合い、Fちゃんもきっと気持ちを伝えやすくなっていくことでしょう。

 ところでのび太は、ドラえもんが帰るときに残していった最後の道具を使います。しゃべったことがすべて嘘になる道具「ウソ800」です。一人になって寂しくなったのび太はつぶやきます。「ドラえもんは、もういないんだ。もう帰ってこないんだ」

 肩を落として自分の部屋に戻ると、そこにはなんとドラえもんが!



【今はお母さんの番】

〈相談者より〉

 昨年の12月に相談させていただきましたTです。3歳の娘ともうすぐ1歳の息子がいます。その時は、抱っこをしようと試みても最初抵抗されてしまうので、自分の抱っこの仕方に迷いが出てきた為に相談させていただきました。しかし、芳子先生からの優しいお言葉で勇気付けられ、頑張っていこう!と思い、根気強く抱っこしていました。

 でも・・・、今年に入り・・・。三人目がお腹の中に居る事が分かり(現在は妊娠4か月です)、なんだか、娘の入園準備などに追われたりして、私自身の気持ちが切羽詰っていました。

 それに加えて、旦那の仕事が忙しくなり、二人でゆっくり話をする時間も激減してしまい、なんとなくもやもや、イライラすることもありました。お恥ずかしい話ですが、娘に当たって、大したことをしてないのに怒ったり、時には手をあげたりしてしまいました。癒しの子育てのHPからも気付けば少し遠ざかっていて・・・、理想的な子育てからは遠く離れた所にいたんです。でも、当然「このままではいけない!」という気持ちも、ずっと心の奥底でくすぶっている感じではあったのです。

 そしてつい一週間くらい前から、娘の夜泣きがいきなり出てきたので、「これは本当にまずい!!」と思い、再び抱っこしてみようと思いました。しかし、これが苦戦しまして・・・。まぁ、当然ですよね。それまで母親らしい優しさなど機嫌の良い時しか見せないような自分でしたから、それを見ていた子供としては、信用して胸に飛び込んで思い切り泣くなど、出来ないでしょう。そう思いつつも、今までの事を謝ったりしながら、激しく怒ったように泣き叫ぶ娘を抱っこしました。

 今までに前例の無いほどの抵抗ぶりで、びっくりしたと同時に、本当に娘に悪いことをしたと反省しました。そして、毎晩、また、昼寝から起きると必ずそういう状態になり、でも抱っこしていました。なかなか娘の様子がおかしいのが収まらずに困り果てていたのですが、そんなある日、昼寝から起きた娘をいつものように抱っこしました。

 最初は娘の気持ちを代弁するように、色々と声をかけていたのですが、相変わらず怒るような声をあげるだけで、とうとう今まで張り詰めていた糸がぷちんと切れたように、私も涙をながして泣いていました。すると娘が静かになって、私の顔を見つめ、しまいには私の回りにおもちゃやぬいぐるみ、自分の大切にしている毛布などを持ってきて遊び始めたのです。それも、本当にすっきりした感じで。

 娘は私の日ごろ我慢していた涙を流させてくれようという気持ちを持っていたのかなぁ・・・と思いつつ・・・。そこから2〜3日は一旦娘も落ち着きを取り戻したのですが・・・、その後はまた逆戻り状態で・・・。

 実は今日の朝も、なかなか朝の身支度をし始めない娘に対して、ちょっときつめに怒った事から、娘がすごい勢いで泣き始めたので、抱っこのチャンスかと思い、きつく怒ったことは謝り、その後ゆっくり話していました。でも、昨晩、旦那との会話でちょっと自分の心に引っかかる事を言われたこともあり、なんだかまたまた悲しい気持ちが流れ出て、私まで泣いてしまいました。すると、また娘は落ち着きを取り戻して、普通に遊んだり私を慰めたりしてくれ始めたのですが・・・。いまいち娘の気持ちを分かりきれていない感じで、私自身が、これでいいのかどうか、迷いの気持ちでいっぱいなのです。そこで、このようにメールを書かせていただいている訳なのですが。

 私の推測できる範囲としては、三人目を妊娠しているということ、そして幼稚園入園に向けて、娘の生活リズムを整えたり生活習慣を見直したりして、色々口うるさく言うこともあること、そしてやはり下の子との接し方にまだ完全に慣れていないこと、母親である私自身が育児の仕方に自信を持てないでいること・・・。このくらいしか思いつかないのですが・・・。なんだかあまりにも最近の抱っこの時の抵抗の仕方が激しくて、何を問いかけても怒るようにして激しく泣くので、もう、私自身も何がなんだか、娘の気持ちが分からなくなっている状況で・・・。

 まとまりのない文章で申し訳ないのですが、一言でも芳子先生からのお言葉を頂けたらと思い、メールさせていただきました。お忙しい中、読んでいただいて、本当に感謝です。こうしてメールを打っていると、少しずつ自分の気持ちも落ち着くような気がするのですが、今だ迷路の中に迷い込んでいるような気持ちです。よろしければ、お言葉を頂きたいと存じます。

 それでは、本日はこの辺で失礼させていただきます。暖かくなったかと思うと、冬のような寒さがいきなり戻ってきたりするので、お体にはお気をつけて・・・。



〈返事〉

 3人目が来てくれたとのことおめでとうございます。
 またしばらく大変ですが、大変な分喜びもくれるはずですから、「大変だあ」と言いながら乗り切って下さい。

 でも大変にも限度があるのかな。上のお子さんに当たってしまって辛かったですね。当たってしまった自分をまず「よしよし」してください。お父さんが忙しくて、心を支えてもらえないと、お母さんは気持ちがいっぱいいっぱいになってしまいますよね。

 でもそんな中“抱っこ”したんですね。今はなるべく目をつむって、上のお子さんには頑張ってもらったらいいですけれどね。赤ちゃんが生まれて、お母さんが動きやすくなってからにしてもらいましょうよ。お腹の赤ちゃんも大事にしてほしいです。

 お子さんを“抱っこ”して、お母さんのいっぱいいっぱいの気持ちが少し涙で隙間ができたかな。それはいい抱っこでしたね。そんな抱っこならしていったらいいと思います。今一番大変なのは、お子さんでなくてお母さんでしょうから、お母さんが「よしよし」してもらえるといいですね。お子さんもそれを望んでいるから、お母さんが涙を流したら静かになったのではないかな。今はお母さんの“抱っこ”の番にしてください。上のお子さんは、お母さんが動けるようになってからで充分間に合いますからね。その時にお手伝いが必要なら言って下さい。

 大事に大事にしてください。


〈相談者より〉

 お忙しい中、早速のお返事をいただきまして大変嬉しく思っております。
 三人目の子も、日々元気に育っているようでとても嬉しい限りです。もう、たまにお腹のなかで元気に動いているのが分かるので色々話しかけたりもしています(でもなかなか三人目ともなると、ゆっくりお話してあげることもできないのですが・・・)。

 そして、私の抱っこの時期にしたらいいというアドバイスをいただき、本当にそうかもしれないなぁ・・・と思いました。色々と悩む事も多かったりしたので、精神的にも肉体的にも疲れてしまったのかもしれないと思います。もともと、そういうことを人に相談したり、弱音を吐いたりというのが得意な方ではなく、つい一人で抱え込んだりしてしまうタイプなようで・・・(^^;)。それでも、せっかく信頼出来る旦那さんという存在がいるのですから、ありがたいことですよね! 世の中には、シングルマザーで一生懸命子育てしている方だってたくさんいるのですから。少し旦那の仕事が落ち着いたら、ゆっくり話しを聞いてもらおうと思います。

 さて、娘はその後、なんだか落ち着いてきて、夜泣きもちょっと夢見が悪くてぐずったりする程度になってきました。これで、ちょっとは安心できそうです。娘の事を信じて、頑張れる所は今は頑張ってもらおうと思います。まずは自分を「よしよし」ってしてあげられるようにしようと思います。

 アドバイスに救われました。もし心配なことがあれば、また助けを求めさせて頂きます。とにかく、今はお腹の赤ちゃんを元気に産む事を考えます。ありがとうございました。




【どうしていいか分からない気持ち】

 Cちゃんは3歳、引っ込み思案で気持ちも我慢してしまうということで相談にみえて、その日は何回目かの来談日でした。

 Cちゃんが相談室の玩具で遊んでいたところに、やはり相談にお母さんに連れられて、Cちゃんよりは半年位年下のDちゃんが入ってきました。Dちゃんは物怖じしないで、Cちゃんのそばに来て、Cちゃんの遊んでいた玩具をいじったり、自分の好きなように並べ替えたりし始めました。Cちゃんはその物怖じしない近づき方にひるんでしまい、固まってしまって、じりじりと後ずさりして、隅っこの壁のところまで行ってしまいました。そこで固まったままで、Dちゃんの遊ぶようすを見ていました。こんな時Cちゃんは、お母さんのところに戻って来られないし、泣いてお母さん助けても言えなくなってしまいます。

 お母さんはそんなCちゃんのようすを見ていて、「まただ」というような苦笑いをしていました。でも見ていたお母さんも固まっていて、助けてあげられもしませんでした。そこで「抱っこ始めよう」と援助者が間に入りました。

 お母さんに抱っこされたCちゃんは、すぐに泣き出して、やっとお母さんに助けを求めることができ、お母さんも受け止めることができました。しばらくただ「よしよし」と、Cちゃんのもがきや突っ張りや泣きを、お母さんが受けとめました。そして少しおだやかな感じになってきたところで、同席したもう一人の援助者であるWさんに気持ちを聞きました。というのも、その日Cちゃんは来たときからWさんに寄っていって、玩具を渡したり、何かと気にしていたのです。こんな時はその人がキーワードを持っているものなのです。

 案の定Wさんは、その朝からあることをきっかけに「どうしていいか分からない気持ち」になっていて、「自分はできない」「ダメな人間なんだ」と苦しい気持ちになっていた、と話してくれました。「そんなときにどうして欲しい?」とWさんに聞くと、「ただそばにいて欲しい。そばにいてくれるだけで充分」と言いました。その言葉を聞いたCちゃんは、ひときわ激しく泣いていました。

 しばらく「よしよし」と受けとめて、また下火になった時、Wさんが、「錦糸町駅の横断歩道を渡るころになって、この『どうしていいか分からない気持ち』を味わうしかないんだーと思えた」と話すと、お母さんがうわーっと泣き出しました。それでひとしきりお母さんを「よしよし」しました。実はお母さん自身がWさんのと同じような、「どうしていいか分からない気持ち」によくなると言うのです。

 Wさんの気持ちを話してもらったことで、同じような気持ちになっていたCちゃんとお母さん、同じような気持ちになりやすい三人が、共感しあって心を一つにでき、癒されたのでした。そのあとのCちゃんは、Dちゃんに自分から近づき、譲り合えたし「イヤ」も言えて、引っ込み思案が引っ込みました。



【頑張りすぎて歯ぎしり】

 3歳のEちゃんは幼稚園の年少さん。とても頑張って幼稚園に通っています。楽しそうにしてはいるけど、幼稚園の先生にも毎日ほめられてしまうほどいい子にしていて、お母さんは頑張りすぎているのではと心配もしていました。そんな折、夜寝ると歯ぎしりをするようになりました。やっぱり頑張りすぎているんだと、家でお母さんが抱っこをしてみたそうですが、全く気持ちを抑えてしまって泣けないので、と相談室に連れられてきました。

 相談室に来てからのようすを見ていると、元気には見えるが、お母さんの言うことが素通りしている感じでした。言うことを聞かないという感じではないけど、聞こえているはずだけど知らんふりというような、反応が鈍いという感じでした。親子の心のパイプの通りが少し悪くなっているようでした。そこで、「どら、どんなに頑張っているかみせてね」と、Eちゃんに畳に寝てもらって、体操と称した体のやりとりをしてみました。

 体操とは「赤ちゃん体操」みたいなもので、仰向けに寝てもらって、両足そろえて屈伸したり、左右に倒したり、ねじったりという簡単な動きです。それをゆっくり目にやっていくと、気持ちを我慢していて心の通りが悪くなっていると、弛緩して身を任せてはくれません。脚を曲げていこうとすると突っ張って曲げさせないし、のばしていこうとすると自分勝手に一気に伸ばしてしまい、一緒に動かすことができません。子どものそんな動きを援助者の腕で受けとめながら付き合っていくと、体でお話しするかのようなやりとりになって、そのうち気持ちも動いてくるのです。私たちはそんなやりとりを体話と言っています。

 Eちゃんと体話をしていくと、まず初めの屈伸で突っ張って、全然曲げさせてくれません。「脚を曲げようね。一緒に曲げるよ」と言うのですが、頑として聞き入れようとせず、抵抗していました。これはかなりの気持ちの我慢がたまっているようでした。その我慢は、背伸びした我慢で、独り相撲のように見えました。我慢を泣いて発散することより、お母さんに甘える方が先のように感じて、「こんなふうに言うこと聞けない時は、さみしい時だから、お母さんに甘えておいで」と、体操は中断して、お母さんに抱っこしてもらいました。

 ぎゅっと抱きしめてもらってうれしそうなEちゃんでしたが、お母さんがEちゃんに気持ちを集中できないようすです。一緒に来た上のお子さんに声をかけたり、援助者に話しかけてきたりしてしまいます。忙しいお母さんは、いつもどこかに心が行ってしまっていて、Eちゃんに100%向けていられないみたいです。それではEちゃんは満足できません。そこで援助者に「今はEちゃんのことだけ考えて」と言われて、お母さんははっとして、Eちゃんに気持ちを向けておられました。ほんの5,6分のことでしたが、100%気持ちを向けてもらって、Eちゃんは満足げでした。

 そこでまた体操に戻ると、Eちゃんは突っ張らずに身を任せて、脚を屈伸できました。短い時間でも充分気持ちを向けてもらって甘えられると、こんなにも違うことを目の当たりにして、お母さんは大事な気づきをされたようでした。

 そしてその後のお母さんの抱っこでは、気持ちよく泣いて甘えて、Eちゃんとお母さんの心のパイプはすっかり通りがよくなりました。Eちゃんの心のバイブも通りがよくなったようで、お母さんの言うことにすぐに応えられて、Eちゃんもうれしそうでした。



【爪噛みをする】

 Hちゃんの爪噛みが気になると相談室に来られました。Hちゃんもうすぐ5歳、2歳の弟とまだ赤ちゃんの妹との三人きょうだいの一番上のお姉さん。お母さんは、Hちゃんがお姉さんとしてとても頑張っていてくれるのがよく分かっていて、本当にうれしいと思っている。誰にも聞いてもらえないお母さんの愚痴の聞き役もしてもらい、頼りにしているところもある。でも、あんまり頑張りすぎるのもHちゃんの負担になっているようで心配になってしまう。それに最近、お母さんが「泣くな!」と怒ってしまった時があって、それから爪噛みが激しくなった気がし て、お母さんとしては気持ちを伝え直したいとも思われているようでした。

 お話を聞 いていくと、弟が生まれた時も爪噛みをするようになったことがあって、その時も抱っこで乗り切ることができた体験お持ちでした。お母さんからお話を伺っている間、下の二人は何となくお母さんにまとわりつきつつ遊んでいたけれど、Hちゃんは少し離れたところでひとりで本を読んでいました。普段から下の二人は甘え上手で、Hちゃんは甘えるのが下手ということでした。でも Hちゃんはそれを当たり前のように受け入れていて、お母さんがいうような不憫さは感じさせませんでした。確かにお姉さんとして大変だし我慢もしているようでしたが、お母さんの愛情はいっぱい受けていて満ち足りているし、お母さんが気になさっているほどHちゃんが大変そうには見えなかったのです。お母さんのとても心配な気持ちと目の前にいるHちゃんの様子とが、援助者の心の中で微妙に違って感じられて、なぜだろうと思いつつさらにお話を伺っていきました。

 お母さんが爪噛みが気になるにはもっと深いわけがありました。お母さん自身、今でも爪噛みをしているそうなんです。そして「ずっと頑張ってきて苦しかった」ので、Hちゃんには自分のような苦労はさせたくないと思われているのでした。お母さんはHちゃんに、自分の幼い頃を重ね合わせて見ていたのです。

 それというのも、お母さんも三人きょうだいの一番上のお姉さんで、とても頑張って生きてきたそうで す。親からも先生や回りのおとなからも、「あなたはしっかりしているし、大丈夫」 と思われていて、いつもしっかりするしかなかったそうです。でも心の中はとてもさみしくて、「私なんかどうでもいいんだ」という気持ちにさえなっていたと言います。そのさみしかった気持ちを親にも誰にも分かってもらえずに、ひとりで抱えてすごく頑張って生きてきた、それは苦しかったよね。お母さんのその苦しい気持ちは今でも心の奥にあって、それがうずく時に爪噛みをして、自分を助けているのかなと思いました。

 お母さん自身がそんな苦しさをずっと抱えて生きてきたので、Hちゃんには自分と同じ苦労をさせたくないと思われているのでした。それなのに、Hちゃんを見ていると小さい頃の自分にそっくり、頑張りやでしっかりもの。その上爪噛みが始まると、お母さんとしてはいてもたってもいられなくなってしまうようでした。

 いよいよ抱っこの時間。本を読んでいるHちゃんに「お母さんのところに行こう」 と促すと、お母さんの懐に駆け込んでいった。お母さんもいかにもかわいい、うれしいというように抱きしめていていい感じ。お母さん、そんなに心配することないよ、Hちゃんの心とはつながっているじゃん、と思ってみていました。

 それでもHちゃんは、ぴったり抱かれて甘える態勢にはじきに落ち着かなくなって、わざと後にひっくり返ったりしてしまう。それに付き合って、しばらくぎったんばっこんなどして楽しく遊ぶ。そのうちに足がイヤイヤ言い出し(蹴り始める)、それを受け止めていると口でも「イヤイヤ」を言い始める。「イヤイヤ聞くよ」とお母さんが横抱っこにすると、「きつい!」「苦しい!」「帰る!」「痛い!」と泣き出す。「よしよし」と泣き声に耳を傾けていくとそのうち、「お母さんなんか大嫌い!」「(私のことなんか)どうでもいいんだ!」「大事じゃないんだ!」とお母さんに気持ちをぶつけ、甘えることができました。お母さんは何を言われようとも全然動じずに、「Hちゃんはお母さんの宝だよ」「Hちゃん大事だよ」「Hちゃん大好き!」と心を込めて慰めておられました。

 お母さんが幼い頃に言ってほしかった言葉、お母さんが分かってほしかった気持ちを、今Hちゃんはお母さんに言えて分かってもらって受けとめてもらって、きっと幼いお母さんの気持ちまで癒されているだろうなあと思いつつそばにいました。Hちゃんそれでいいんだよ。ひとりで頑張らないで、甘えながらお母さんと一緒に頑張ろうね。



【聞き分けがない

 友だちに乱暴したり聞き分けがなかったり、というので以前相談に通ってきていた4歳のお子さん。発達の遅れがあり、健常な子どもたちに何とか追いつかせてあげなくてはと必死になっていたのをやめて、別に遅れがあってもいいんだ、そのままでかわいく、かけがえのない我が子なんだ、と心から思うようになったとたんに、乱暴がなくなって、すっかり落ち着いていました。ところが、最近急にまた乱暴が出て、聞き分けも悪くなった、というので再び相談に見えました。

 いつから?とお聞きすると、数日前に、外で遊んでいたとき急に大泣きが始まって、その翌日から乱暴が出て、聞き分けも悪くなったとのこと。

 何か月もずっと聞き分けよく、しかも、めった泣かず「おりこう」に過ごしていたのを、お母さんは「もう泣く必要がなくなった」と思い違いをしていたのかもしれません。しかし、親の無条件の愛を受けてしあわせに育っていても、日々のささいなストレスは受けます。

 お子さんは最初、外で遊んでいたとき「家に帰りたくない」というのを口実に大泣きを始めたのですが、ママはその真意がわからずにびっくりしてしまったようなのです。ママに気持ちが伝わらないときには、「これならどうだ」と表現の仕方がエスカレートする傾向がありますから、翌日から乱暴したり、聞き分けが悪くなったりするのです。

 あるいは、たんに日々のストレスが溜まりに溜まってというだけでなく、ママの知らないところで何かつらい思いをしたのかもしれません。でも、子どもの世界が家から外へと広がっていくにつれて、それを突き止めるのは難しくなります。「何が」つらかったのかなではなく、「何か」つらいことがあったのね、と聞いてあげればよいのです。



【よくかんしゃくを起こすようになって】

〈相談者より〉

 3歳と3ヶ月になる娘がいます。上の子なんですが、下の子が産まれた時、上の子にとってはストレスがおおきいだろうと、とっても気をつかって相手をしていました。ちょっと気難しくなり甘えた様子はみられましたが、赤ちゃんに嫉妬する様子もなく、大丈夫なんだとおもっていました。

 その後、下の子が2ヶ月の時引っ越しをしました。新しい環境にかわって、最初の2週間くらいははしゃいでいたんですが、だんだん落ちついてきたころ、ちょっとしたことでかんしゃくをおこして大泣きするようになりました。ちょっとしたことで泣いて、こちらがなにを言ってもおさまらず、だんだん私もイライラしてきて、しかってしまう、、ということが続きました。それまで、こういうふうにかんしゃくをおこして泣くことはなかったので、どうしたんだろうと悩み、もっていた育児にかんする本をよみかえしました。そのなかに『抱く子は育つ』があったのです。

 さっそく、かんしゃくをおこしたときにだっこしてみると、初めてみるくらいのすごい泣き方で大暴れでした。それでもずっと抱っこして、いろいろきいてみると「お母さんが怒るのがいや」といってきました。いままで下の子のことが原因だとばかりおもっていたので、この言葉をきいてびっくり。でもはっと気がつきました。

 引っ越しや二人目の育児でぴりぴりしているところへ、上の子がいろいろいたずらしてくると、イライラして叱ってしまっていました。でも泣いて「怒らないで」と訴える娘の言葉で思い返してみると、べつに怒るようなことじゃなかった、ただ遊ぼうとしただけだったり、悪いことをしようとしたわけじゃなくて失敗しただけだったのに、、。そう気が付いて、娘にこんなに可哀想な思いをさせていたのかとおもうと、私も涙がでてきて「ごめんね」とあやまって一緒に泣きました

 そうしたら次の日からしだいに落ち着いてきて、私もだだをこねも余裕で受け止めてあげられるようになったので、もう大丈夫かなと思っていました。するとこんどは夜寝ているとき突然泣き出すようになり、これまで夜泣きをしたこともなかったし、もう落ち着いていると思っていたのでなにが悪いのかわからず悩みました。そのときインターネットで、癒しのネットワークのページをみつけました。今まさに私に必要なことだ!と夢中になって読みました。

 大丈夫かなと思っていたけれど、まだまだいっぱい不満や怒りがつめこまれているんでしょうね。でも最初の抱っこ以外、怒りをだしきる、ということができません。どういうものかわかったみたいで「だっこはしないで!」とすごい抵抗にあって、私も最後まで抱っこしきれず離してしまいます。感受性の強い子だとおもいます。こういう場合、今後どうやっていけばいいのでしょうか。
 ただ、一回目のだっこ以来、それまで忙しい時にだだをこねられると、ちょっと疎ましく感じていた長女のことが、とても可愛く思えてきて、私が怒ることがなくなったせいか、最近はとてもおちついてきています。

 そういえばこの間、赤ちゃんをだっこしたおばさんが「かわいいねぇ。おばちゃんがもらってもいい?そしたらお母さんひとりじめできるよ」といった時、これまでだったら、なんて答えるかなと見ている私を見て、「だめ」といっていたのが、このときはちょっとにやっとして、「いいよ」といいそうな(実際はだまっていたんですが)うれしそうなかんじでした。これまでは私に気をつかっていたんでしょうね。

 二番目の子は素直に可愛いとおもえるけど、上の子の時は必死でかわいいと感じる余裕もありませんでした。でも、今抱っこに出会えて、やっと心のそこからかわいく思えるようになりました。今回のことがあったおかげで、そのことに気付くことができましたこの文章をかいていて、長女がかんしゃくをおこしてくれてよかった、という気持ちになっています。



〈返事〉

 『抱く子は育つ』を読んでご自分で抱っこされたんですね。最初はどの子も、大暴れ大泣きになるのでびっくりして抱ききれないものなんですが、よく最後までやられましたね。そして、「お母さんが怒るからいや」とお母さんに訴えることができて、わかってもらえて、お子さんはどんなにかうれしかったことでしょう。親子の気持ちが一つになった瞬間ですよね。それでお母さんも、お子さんが心からかわいいと思えるようになったのですから、ほんとに大成功の抱っこでしたね。親が子どもをかわいくないはずがないのですが、何かの気持ちが邪魔をしてそう思えてしまうのですが、その邪魔が取り除かれて、親子の絆を取り戻したんですよね。よかった。

 子どもの心にあった邪魔も取り除かれたので、お母さんに遠慮がなくなると、もっと聞いて、もっとわかってと出してくるのが普通です。こんなにあったの!と思うほどです。でも訴えを受けとめていくと、落ち着いた様子が見えたり甘えてきたり、お姉さん(お兄さんかな)らしくなる部分が見えてきたりします。今まではお母さんを困らせたくない気持ちから遠慮していますから、その枷をはずしてあげたのですから、これからが本番ですよ。かんしゃくが減って、かわいいダダこねになったのは、気持ちが楽になってきたことでしょう。夜泣きになったのも大きな進歩かもしれません。次はきっと昼泣きになりますよ。夜泣きは昼泣きがたりないときに起きることが多いですよ。

 確かにもっと溜まっているので、抱っこして気持ちを表現させてあげるといいのですが、「抱っこしないで!!」と言われるとできなくなってしまうのですよね。お母さんにとってはそこからが難しいのでしょうね。お母さんが無理をして頑張って抱っこすると、お子さんがまた遠慮してしまいますから、無理をしないで少しずつ、溜まった気持ちが解放できるように助けていったらいいですね。幸い夜泣きをしてくれるのですから、その泣いたときに「よしよし」できたらいいのではないかな。子どもが自分から泣きだしたときに受けとめていく、それなら無理はないでしょ。そんなときはどんな抱き方でもいいのです。そして、最後の和解まで抱き続けなければと思わなくていいです。
 怒り泣きが甘え泣きになったら離しても大丈夫。10分でも5分でもいいですよ。お母さんが一緒に泣いてしまうのも、お母さんに余裕を作りますから、これからもできるといいね。

 そして、目的地は泣き虫になることなんですよ。痛い思いをしたとき、怖い思いをしたとき、さみしい思いをしたとき、その時に訴えて泣き受けとめてもらって落ち着く、ということができなかったので溜まってきたわけですから、これからは溜めないように、泣き虫になることが大事なんです。過去の溜まった気持ちが出ていくと、お母さんが受けとめやすいように訴えられますから、その時その時解消していけるのですね。そこに行き着くまでは、子どももついつい遠慮の癖が出ますし、お母さんも泣かせない子育ての癖が出ますから、激しい怒りや泣きに出会います。それにひるまないでもらえると子どもは助かるのですが、ひるむお母さんの気持ちも無理しないで、何とか少しずつやってみてください。そしてまた様子を知らせてください。

 「赤ちゃんもらっていい? そしたらお母さんをひとりじめできるよ」といわれてうれしそうにしたなんてかわいいですね。ほんとに下の子をあげちゃいたいなんて思っているはずないのですが、お母さんにもっと甘えたい気持ちに共感してくれたのがうれしかったのでしょうね。そう、もっと甘えたいのですよね。上の子だけに気持ちを向けられる時間を作って上げるのも大切ですよね。10分でもね。


〈相談者〉

 忙しい中、お返事ありがとうございました。丁寧なお返事で感激しました。せっかく忙しい中のメールでしたのに、私の方がその後の様子をお知らせするのが遅れてしまいました。

 その後、娘はすごくダダこねをするようになりました。もうわがままでいたずらばっかりでたいへんです! これでいいんだと頭では理解していても、実際はいらいらしてしまって、「これも成長の一過程だ」と自分に言い聞かせてたえています。それでも時々は怒ってしまいますが……。
 夜泣きはなくなりましたが、昼間に意味もなくかんしゃくをおこすことはまだあります。そのときは抱っこしようとしても大暴れでいやがるので、むりに泣き止ませず、泣きたいだけ泣かせて、抱っこできるくらい落ち着いてから、よしよししています。それで、無理に理由もきかず「泣いてもなにしても大好きだからね」といってあげています(泣かれている間は、やっぱりこっちも「なんでよ〜」とイライラしますが)。わがままでいたずらばっかりですが、イライラした様子はなくなって、前のようにお調子者の子にもどり、楽しそうにしています

 抱っこ法で問題をなくせば落ち着いてもっといい子になるかも...という気持ちがあったんですが、3歳の子どもにとって「いい」状態のときは、好奇心いっぱいで意志強固で、親の言うことなんか聞くわけないんですよね〜。甘かったです。もしかしたら、前よりも手強くなっているかもしれませんが、できるだけ押さえ付けずに見守っていきたいと思っています(でもこんなことは子どもが寝ているいまだから言えるのかも。実際わがままばっかりされると、心の中では「すぐにでも保育園か幼稚園にいれてしまおう!」といつも思っていますから)。

 下の子のことは、前とかわらずかわいがっています。かわいがりすぎて嫌がられる程です。「もらっていい?」といわれてうれしそうにしていたのも、下の子が嫌いなわけではなく、かわいいけど、お母さんも一人占めしたい、と思っていたからだと思います。最近は、夜寝る時、見ると手をつないで寝ていたりして、とてもかわいいです。

 「目的地は泣き虫になること」の言葉が一番うれしかった。どうしても、同じくらいの子どもがダダもこねず、泣きもせずに遊んでいたりすると、ついああいう風になってほしいと思ってしまって、泣き虫にしちゃいけない!と肩に力が入ってしまっていたんですが、この言葉を読んでから、子どもが泣いても「泣き虫でもいいさ〜」と楽になりました。 

 いまは下の子が小さくて動けないのですが、いつかぜひこちらで講演会をしていただきたいです! 何年後かはわかりませんが、その時はぜひ△△にいらして下さいね! ありがとうございました。



〈返事〉

 うれしい報告ありがとうございました。ダダをこねられたり泣かれたりすると、まだまだ苦しくなる自分がいるのに、お子さんが明るく好奇心旺盛な、それでいてやさしい(下のお子さんと手をつないで寝ているなんてなんてやさしいんでしょう)、今を楽しく生きる子どもらしいお子さんにもどったなんてびっくりです。お母さんが自分の苦しさをわかりながら、付きあい方を工夫しているからでしょうね。よくやってるなあ。

 ますます手強そうだけどやりがいがありますね。そんなお子さんをありのままに認めてあげながらも、本当のわがままにならないように、必要な時は手強い手綱をしっかり引くこともしてくださいね。これは押さえつけではないですよ。その方が突っ張が泣き虫になったりします。泣き虫がいいんです。小さい頃の泣き虫は、おとなになったら柔軟な強さを持ったやさしい人になります。



【いじけてしまっていたLちゃん】

 3歳のLちゃんのことで困っていると相談に見えました。最近の様子をお聞きすると、2歳下の弟が持っているものを何でも取り上げるし、たたいたりもしてしまう。お母さんのいうことを聞かない。外に出るとひとりでどこかに行ってしまうし、一緒に歩いてくれない。落ち着きがなく、幼稚園でも集団の輪の中に入れない。着替えなど何かをさせようとするとすぐに泣く。相談室での様子を見ていても話された様子をかいま見せて、下のお子さんに手がかかるだけに日常がいかに大変かが察せられました。お母さんはつい怒ってしまってと自分を責めてしまっていましたが、それだけどうしていいか分からない袋小路に入ってしまっているのですから、イライラしてしまうのも当たり前ですよね。お母さんそんなに自分を責めないでって思いました。

 こんな様子がひどくなったのが、赤ちゃんができてつわりがひどかった頃からのような気がするというので、1回目と2回目の抱っこでは、そのことにまつわる慰めの抱っこをしました。つわりで苦しそうなお母さんが心配だったこと、赤ちゃんができてお母さんを取られてしまうのではないかと不安だったこと、お母さんがそんなに大変なのに助けられないで、かえって心配をかけてしまったことなど訴えて、お母さんに受け止めてもらって、少し落ち着きを取り戻したLちゃんでした。でもまだ今ひとつお母さんとLちゃんの心が一つになれない感じがしていました。

 そして迎えた3回目の抱っこ。やはり弟の手にしたおもちゃを取ってしまったので、それを止めたところから抱っこになりました。その時のLちゃんは、おとなたちの様子をうかがいつつおもゃを取り上げ、まるで抱っこを催促するようなやり方でした。いやいやをいっぱい聞いたあとに、また赤ちゃんができてつわりがひどくて、実家に帰って寝ていた頃の話になりました。

 でもその日は、今までの慰めと同じようなことを繰り返してもぴんとこないのです。お母さんはどんな気持ちで寝ていたのか、その頃のお母さんの気持ちを聞いてみました。そしたら、そのころからのLちゃんとの気持ちのずれが浮かび上がってきました。始まりはLちゃんがお母さんのことを心配して、おばあちゃんとお利口に待っていたことだったのですが、それ以来、実家に行くとおばあちゃんおばあちゃんで、おばあちゃんがいなくなると大変、お母さんはいてもいなくてもいいみたいになってしまう。そして家でもお父さんお父さんで、お父さんにべったりでお母さんはいてもいなくてもいいみたいになっている。そうお母さんが話されました。それでやっと、お母さんがLちゃんに必要とされていないという気持ちになって,自信をなくしてしまっていたのが分かりました。

 子どもが心配という親心で来室されると、どうしても子どもの気持ち中心に抱っこが進んでしまうのですが、お母さんの気持ちが大きく関わっていることは分かっているものの、そこに行きにくい時もあるのですが、Lちゃんに導かれてお母さんの気持ちに気付いていくことができた抱っこでした。

 お母さんがLちゃんに必要とされていない(嫌われている)と思っていると、多くの場合子どもも同じように、お母さんに必要とされていない(嫌われている)と思ってしまうもののようです。それでお母さんもLちゃんもいじけてしまっていたようです。こんなに大好き同士なのに、大好きが届きにくくなっていたんですね。Lちゃんはそれでいろいろ心配な様子を見せていたんだなと分かりました。

 ちょうどそんな親子の気持ちが見えてきたところで、弟が待ちきれなくておっぱいになったので、その間援助者がLちゃんを抱っこしていて、お母さんの気持ちを伝え、本当は大好きなんだということも話しました。おっぱいが終わった頃に、Lちゃんを励まして「ママ」って呼んでママを振り向いてもらって、呼び寄せてしまおうということにしました。そうすることによってLちゃんも自信が持てるし、お母さんも必要とされていると思えるのではと思ったのです。でもLちゃんは自信がないようでなかなか「ママ」と呼べません。「呼んでも来てくれるか自信ないよう」「来てくれないかもしれないと思うとこわいよう」と泣きました。そんなこと絶対ないよ、Lちゃんのこと大好きなお母さんだもの。忙しかったり気分が悪くて、返事ができなかったり来られなかったときはあったけど、でもLちゃんのこと大好きだったんだよ。今はすぐに来てくれるよ、大丈夫。私(援助者)が応援しているから勇気を出して呼んでごらん、と励ましました。

 そして呼べたんです。ちょっと小さい自信なさそうな声だったけど「ママ」って呼べたんです。でもね、その時ちょうど弟もぐずぐず言っていて、小さなLちゃんの声がお母さんに聞こえなくて、お母さんは振り向いてくれませんでした。そしたらLちゃんは、またすぐいじけてしまって、しばらくまた呼べなくなってしまいました。またしばらくLちゃんは自信ないと泣いて、援助者に励まされて、またやっとの思いで「ママ」と呼びました。今度はお母さんにちゃんと聞こえて、お母さんはすぐに返事をしてLちゃんの所に来て、Lちゃんを抱き留めてくれました。Lちゃんはお母さんにひしと抱きついてうれし泣き。「Lは、ママって言えなくなっていたんですね……」とお母さんの目からも涙がこぼれて、やっとお母さんとLちゃんの心が一つになりました。

 それからのLちゃんは、自分から少しずつ甘えられるようになり、お母さんはそれがうれしくてひるまなくなり、二人の大好きが届きやすくなってきています。お母さんが大好きなLちゃんのその気持ちがお母さんに届いて、お母さんの大好きもLちゃんに届いて、大好きという本当の気持ちが伝えられるようになりました。



【怒りに怒ったQちゃん】

 Qちゃんは5歳、幼稚園の年中さんです。2歳の頃から必要な時に随時相談室に来ていたのですが、今回はQちゃんがなんか元気がなくて心配ということで見えました。
 Qちゃんはどちらかというと自分の思いを言えない方で、相談室に初めて来た頃も、お友達におもちゃをとられても何をされてもされたまま、という心配でした。抱っこをしていくうちに、結構お友達に自己主張ができるようになっていて、お母さんは安心してきていたのですが、ここ数ヶ月またできなくなってしまったというのです。

 お母さんは幼稚園のお友達関係を心配していて、強い子がいるから言えないのだろうと心配していました。そんな話をおとながしばらくしていましたが、Qちゃんは時折説明に加わったりしながら、そばで落ち着いて遊んでいました。どうもそのことではなさそうです。

 Qちゃんが元気がなくなったその頃に、他に何か思い当たることがないか聞くと、その少し前からお母さんが体調を崩していたと言うことでした。お母さんはそれ以来、今でも体調が回復しきっていなくて、何とか動いているということでした。その話になったら変なちょっかいを出してくるようになり、このことだなと予想がつきました。「お母さんのこと心配だったね」と言うと「うん」とQちゃん。お母さんはお友達のことと思っていたので、お母さんの心配だったことに「え?!」と意外そうでした。どうやらQちゃんはお母さんが心配で、その気持ちが高じて元気がなくなり、調子の悪いお母さんに訴えるわけにもいかなくて、だんだんに訴えられないいつもの癖になってしまっていたようでした。

 今まではお母さんが抱っこして気持ちを聞いていたのですが、体調を考えて援助者が抱っこすることにしました。抱っこして「心配だったね」と慰めても、最初はがまんが強くて気持ちが出て来ませんでした。根気よく慰めていくとやっとつつーっと涙が流れ、歯を食いしばってこらえるように泣きました。「我慢しないで泣いていいよ」とお母さんが言うのですが、こらえ泣きが続きます。お母さんのことが心配で我慢しているのを止めるわけにはいかないという感じでした。お母さんが見ていられなくなって抱き取ったのですが、「いやだー、離してー」とお母さんには本気で気持ちをぶつけ出しました。Qちゃんの力が一瞬激しくなって、ちょっとお母さんの腕に力が入らなかった時に、Qちゃんは抱っこから逃げてしまって、でもはじけた気持ちは収まらず、それから怒った怒った、怒りまくったQちゃんでした。あまりに気持ちよく怒っていたので、その日は、形を変えた怒りの抱っことなりました。

 相談室を所狭しと動き回り、地団駄踏んだり、座布団を蹴ったり、時々お母さんや援助者のところに来て、脚を蹴ったり背中を叩いたりしていました。でもちゃんと痛くない力加減で、場所をわきまえて叩いていたし、蹴るのも控えてやっているのが分かりました。お母さんに八つ当たりのような攻撃的にはならず、自分の怒りがはじけて表現しているという感じでした。そうしながら、「何で抱っこするんだよ」「抱っこなんかいやだ」「お母さんの意地悪」「お母さんなんか大嫌い」「ばばあ(援助者のこと)なんかあっち行け」「うるさい」「黙れ」「はばあなんか大嫌い」「もういやだって言ったのに」「いやなんだから」「お母さんのうそつき」「ばかばかばか」「嫌いなんだよ」「もうだあい嫌い」「もう赦さない」「絶対嫌い」「お母さんのばか」「いやだって言ってるでしょ」「もう赦さないからね」「怒ってるんだから」「いやなんだから」……、と悪態をいっぱいつきました。その悪態も笑えてしまうほど(怒っている時に笑うわけにはいかないのでこらえましたが)ほほえましいものでした。

 そんな晴れやかな怒り方だったこともあって、お母さんは動じることなく、「怒りたいんだね」「怒りたいだけ怒っていいよ」「大好きよ」「Qちゃんが怒っても大好きだよ」「怒っているQちゃんもかわいいよ」などと、援助者と一緒に怒りを受け止めていられました。20〜30分怒りまくったQちゃんは、それでもだんだんに迫力がなくなっていって、近づいてきた時にお母さんが抱きしめると、お母さんにしがみついておいおいと泣きました。涙をぽろぽろこぼして赤ちゃんのように泣きました。そしてその後は今のが何だったんだというように、けろっとして上機嫌になってしまいました。思いっきり怒らせてもらったQちゃんは、晴れ晴れとして輝いていました。

 怒りというのはなかなか受け止めにくいものですが、お母さんはしっかりと受け止めて感心しました。Qちゃんも上手に発散していたし、お母さんもかわいいなあというような態度で受け止めてくれました。怒っても嫌われない、怒ってもいいんだと、Qちゃんは貴重な体験をしたことでしょう。本当にQちゃんは赦される範囲をわきまえて怒っていたのが立派でした。誰も傷つけることなく怒りを表現できたすてきなセッションでした。

 それ以来Qちゃんは、前にもまして元気になったということです。



【登園拒否になって】

〈相談者より〉

 4日前、『心を抱きしめると子育てが変わる』という本の中で、初めて癒しの子育てに出会いました。

 私には5歳の長男と4歳の長女、2歳の次男がおります。今悩んでいるのは長男のことです。一週間程前から登園拒否になってしまいました。それだけでなく、一日通して不安定なのが明かです。突然始まったのではなく、数か月前から不安定です。でも過去をたどっていくと、私のお腹にいたときから苦しい思いばかりさせてしまいました。私自身苦しかったんです。

 そんな状態で、長女、次男とできて、彼らもまた苦しみを抱えているだろうと思います。でも今一番苦しんでいる長男を、何とかその苦しみから解放させてやりたいです。てですが、何から慰めてあげればいいか……、あまりにもたくさんあるだろうから、わからないし、逆にそれを思い起こさせることで、さらに苦しめてしまうのではないかと不安です。

 まずは長男の様子からお話ししようと思います。あの本を手にしたのが先週の木曜日で、それから三日間、私なりに抱っこを試みました。

 たあいないようなことでダダをこね始めたときのことです。この数日、このダダこねをしているときの長男のようすがとても苦しそうだと、すごく感じていました。そして、それが始まると、私から逃げようとしていたんです。本を読む前までは、どうしていいのかわからず、ただ落ち着くまで離れていることしかできずにいました。抱っこ法を知ってから、離れてはいけないんだ、と思い、逃げようとする長男を抱き、なぜそんなに苦しんでいるのか?と聞くと、「お母さんはがゆい」と言いました。「そっか、」お母さんがはがゆくてたまらないんだね」と返すと、いままで見たことがないような恐い顔で私をにらみつけました。こぶしを握りしめて、私に向かってくる勢いだったので、最初は少しためらいましたが、たまっていたものが噴出してくるような感じで、私の太ももを力をこめてなぐってきました。この子にこんなに力があったんだと思うくらい、痛かったです。そしてその後、うわーっと泣き出しました。

 抱きながら、「悲しかったんだね……、何でそんなに悲しかった?」と聞くと、「お母さんが怒るから、悲しくてたまらなかった」と言いながら、しばらく泣いていました。私は、「怒ってばかりでごめんね……、でも、○○がなかなか言うこと聞いてくれないと、お母さんも我慢ができなくなってしまって、怒りたくないけど、怒ってしまう。ごめんね……」と言いました。というのも、ここ数か月、長男のイタズラがひどく、何度言っても治まらないので、怒ってばかりでした。

 そして、こういう事情をご存じの保育園の主任保母の先生(担任ではない)が、長男にこう言ったとも、その時に私に話し出しました。「お母さんが怒るのが悪いと先生が言うのに、なんでお母さんは怒るのか」と。ショックでした……、先生がそんなことを言われたなんて……。その先生からは、「失敗しちゃダメだ」とも言われたというので、私が、「失敗してもいいのよ。お母さんだっていっぱい失敗してるよ」と言うと、「だって先生がこぼしたらダメって言ったもん」と長男は言いました。この時、長男は先生が言ったといいましたが、私自身が長男に言ってきたことかもしれません……。

昨日一昨日のやりとりはこんな感じでした。この抱っこの後は少しスッキリしたように見えましたが、まだまだ長男の悲しみは深いような気がします。それは私が幼い頃から抱えてきた悲しみを、今もまだ抱えているからなのでしょうか……。

 それから、私が行った抱っこのやり方でいいんでしようか? 焦ってもしょうがないのですが、はやく長男の晴々とした顔で毎日を送ってくれる姿が見たいんです。どうぞよろしくお願いします。



〈返事〉

 本を読んで癒しの子育てに出会い、共感していただいてうれしいです。

 長男さんが不安定だし登園拒否ではご心配ですね。お腹の中にいたときから、お母さんの苦しさと共にいてくれた長男さんは、お母さんを支えたかった、助けたかったんでしょう。先ずは「ありがとう」と言ってあげたらいいですね。そして、お母さんはもう大丈夫だとわかってもらって、お子さんの苦しみを解放してあげられたらいいですね。

 それにしても、本を読んで抱っこ法の核心がわかってしまわれたのですね。相談室で面談してでさえ、なかなかその核心を伝えるのが難しいのですが、初めからわかってしまうなんてすごすぎます。

 核心をつかんでおいでなだけに、抱っこはうまくいきましたね。それでいいんですよ。そんなふうに必要なときに抱きしめて、気持ちをわかろうとしてあげて、大好きを伝えればいいんです。とってもうまくいってますよ。

 子どもにも歴史があるので、一度二度抱っこしたからといって、全部解決するはずがありませんから、必要なときにお母さんのできる範囲で、繰り返し抱っこしてあげるといいですよ。そして目的地は、その時その時癒してしまえるように、泣き虫にしてあげることです。世の中いやなことだっていっぱいありますから、その時にお母さんの懐に包まれて、いやな気持ちを涙で流してしまえば、いつだってすぐに晴々してしまいます。子どもの歴史の中で、どうしても訴えにくさを身につけてしまいますから、その訴えにくさをとってあげるのが抱っこ法と言ってもいいくらいです。訴えやすくなれば苦しさも溜まらないのです。訴えやすくなればお母さんに上手に甘えられるようになって、助けてが言えるようになります。その後ろ盾があれば、自分で切り開いていく勇気も、自分を輝かせて生きていける元気も湧き出てくるものです。

抱っこのようすを読ませてもらって、この先気にしていってもらいたいところをお伝えしておきます。今回のこの抱っこのときは、そのまますべてよかったんですよ。ただ、これから続けていくのに、心にとめておいてほしいことです。

☆この時はお母さんを叩いて表現することが必要だったみたいですけれど、基本的には乱暴はさせないでください。でも言葉で制してしまうと気持ちも引っ込んでしまいますから、叩かせないでその手を持ってあげて、その手から伝わってくる気持ちだけを受けとめるのです。「お母さんを叩きたくなるような気持ちがあるんだね」「怒りたいんだね」「怒っているんだね」とか、その時の子どもの気持ちを言葉にしてあげるといいんです。そうすると叩かなくても、本当に聞いて欲しかった方の気持ちが現れて、泣き出したりします。子どもは大好きなお母さんを感情的に叩いてしまったりすると、そのことが痛みとして残り、晴々に一点曇りが残ってしまうようですよ。

☆子どもは気持ちを言葉に表すことが難しいのです。深い気持ちになるほど難しいのです。だから気持ちを聞くといっても、言葉で返してくることに頼ってしまうと、表面的なやりとりになりやすいと思っていた方がいいですよ。深い気持ちはまず体話からなんです。だから抱きしめるのです。体話をしていくと次には感情レベルで話してきます。それが泣くという代表的な表現になります。泣く前に怒ることも多いし、笑うことだって震えることだって叫ぶことだってあります。言葉にすることはブレーキになることが多いかな。「あつい」「離して」「のど乾いた」「痛い」「おしっこ」「遊ぶ」……、そんなことを口走っている中で、時には本心があったりもしますけど、多くは感情を抑えるためのブレーキです。でも試行錯誤でやっていくうちに、お母さんの勘が鍛えられるから大丈夫。

☆お母さんに文句を言いやすいので、「お母さんが××したから」と訴えてきますが、それは多くは言いがかりですよ。お母さんに怒りたいことなんてないのです。だからあまり「ごめんね」はいらないのです。お母さんにごめんねを言われると、訴えにくくなってしまう子どももいますよ。ただ「そうかそうか。よしよし」と聞いてもらえた方が、子どもはもっと訴えやすくなるようです。でもお母さんの気持ちで「ごめんね」を言いたいなら言ってください。でも子どもの言うことを真に受けないで、その言葉の奥の気持ちを「そうかそうか」「よしよし」と受けとめていくといいですよ。まあこれも試行錯誤でやっていけばいいですけれどね。

☆保育園の先生のことは、まずはただ、お子さんの気持ちを聞くことにしてみてください。お母さんがそれで何とかしてあげたくなるでしょうけれど、何とかするのは本人なんですよね。気持ちを聞いてあげて、勇気と元気を取り戻せれば、自分で解決していくでしょう。ただ、本当に親が助けなければならない時はありますから、その点は見極めてください。長男さんの場合、言っていることが本当だとすると、お母さんが悪く言われたことがくやしかったのでしょうね。

☆親の抱えている悲しみを子どもは知っていますが、今はまず子どもの抱っこからでいいのではないかな。親が悲しみを抱えているから子どもが苦しいと、あまり直結して考えない方がいいですよ。それは親の悲しみがあるかないかではなく、親がその気持ちをどう抱えているかなんだと思います。抱えていることが子どもに影響するのではなくて、抱え方だと思います。どう抱えていくかを追求していってください。


〈相談者より〉

 昨日は本当にありがとうございました!!
 長男はおととい、きのう、今日と嫌がらずに登園することができました!!
 本を読んでから一週間程たちますが、本のおかげで私が自分の気持ちを変えることができたこと、それから、読む前までは長男の気持ちが全く理解できていなかったのですが、読んでからは手にとるようにわかるようになって、長男の様子が明らかに変化してきました。

 また、実際に抱っこを試みて、いくつかあった疑問点も、きのういただいた返事のおかげで解消され、これから自分で子ども達を抱っこしていけるという大きな自信をいただきました。本当にありがとうございました!!

 長男は赤ちゃんだった頃、なかなかミルクを飲んでくれなかったり、夜泣きがひどかったり・・・と決して手がかからなかった訳ではありませんが、今日までずっと不安定だったわけではありません。よかったり、悪かったりの繰り返しで、悪かった時は私のイライラが原因だったのがほとんどだと思います。

 私のイライラの原因は何なのか、それは去年アダルトチルドレンの本を読んだ時からわかっていました。だから本を読んですぐは、こんな不幸はもう自分まででとめなきゃいけない、と思い、それからしばらくは子ども達もすごく落ち着いていました。

 でも今年の3月頃、ある事がきっかけで私の父親から怒鳴りつけられて以来、私はまた闇の中へ突き落とされた気分になり、それからまたイライラが始まってしまいました。いけない、いけないと思っていても、自分でもとめる事ができずに、長男はどんどん不安定になっていき、信じられないようなイタズラをしたりして、それでまた怒られ、さらに不安定になって・・・という悪循環を繰り返していました。日に日にどんどん苦しんでいく長男を見て、私はやはり自分を責めました。私のような人間は母親になんかなっちゃいけなかったんだと。もしも、取り返しのつかないような事がおきた時は、長男を連れてあの世へいくしかない、とまで思いつめていました。

 この思いを主人に告げ、申し訳ない・・・と謝りました。すると、主人は私には何も聞かずに、ただ「ずっと一緒にいようよ」とだけいって、泣いていた私を慰めてくれました。励ましてくれたのは主人だけでなく、周りの友達も温かく私を見守ってくれました。みんなに支えてもらったおかげで、私は元気を取り戻すことができ、前向きになれたから、この抱っこ法にも出会うことができたんです。私は知らず知らずのうちに、みんなに抱っこしてもらってたんですよね。だからこそ、長男にも何が必要なのかがすぐにわかったんだと思います。

 抱っこ法に出会えたこと、本当に感謝します。



〈返事〉

 何だかどんどんいい循環になっているようですね。よかった、よかった。

 袋小路に入ってしまっているときにはねなかなか悪循環から抜け出せなくて、いいことなんてなんにもないみたいに思ってしまうものでよね。本当にとことん苦しまれたんですね。ご主人がいてくれてよかった。ご主人に話せてよかった。お友だちにもありがとうですね。

 その袋小路から、ご自分で抜け出せたのですから、本当にたいしたものでするそんな苦しい経験を経ているから、わかってしまったことも多いのでしようね。タイムリーに抱っこ法に出会って、お役に立ててよかったです。自信を持ってすすんでください。さらに前に進むためにはつまづきはつきものですから、そのときはまたご相談ください。癒しの子育ては連鎖を断つ作業でもあります。何代かの清算を今やろうとしているのですから、そうそう簡単てではないですから、子どもたちと手を取り合って、焦らずあきらめずに向き合っていきましょうね。



【にんじゃごっこ】

 6才になる自閉症のKちゃんはとってもかわいい女の子。まるで天使みたい。周りの大人にも恵まれて、障害を丸ごと包んでくれるおじいちゃまやおばあちゃま、そしてお母さん又お母さんをサポートしてくれる理解ある仲間もたくさんいます。そんなKちゃんとは約2年前に出合いました。

 初めてあったKちゃんはやっぱりとってもかわいくて透き通った感じでした。そんなKちゃんですが、なぜかお母さんの所だと泣かない子、お家ではちょっとは泣くけど泣きづらい子でした。一番聞いてもらいたいお母さんの所に行くとにこっと笑って我慢してしまうのです。又この笑顔がかわいいのだけど・・・。さっきまで阿部先生や私の胸の中で泣いていたのに、お母さんの所に返すとぴたっと止めてしまうので、お母さんもがっくり。Kちゃんもがっくり。

 お母さんは泣きたいことがある時のKちゃんが、プールに行ったとき身体が硬かったり、目を合わさなかったり、横抱きになるのをいやがったり、首をちょっと持ち上げたりすることがわかっているようでした。そして、おかあさんは泣いていいよと言っているのに我慢してしまうのです。

 それがこの間の抱っこで気持ちよく泣けたのです。嬉しそうだったなぁお母さん。もちろんKちゃんも。

 その極意は忍者ごっこにあったのです。Kちゃんは首を反り返して我慢するのが得意でかなりの力がかかります。だから手だけでは支えきれないので膝も使っていたのですが、それだけではないことに気が付きました。横に抱っこしたとき、胸に顔をくっつけてそっぽを向かないように「ふあぴた」っと抱きます。弱すぎず強すぎず心地いい感じでスポット包み込む感じ。それから「なんてこの子が愛おしいのでしょう」と、むぎゅっと抱きしめたくなるときがありますよね。

 そんな感じに抱きしめるの2つを使うと、我慢のカギがはずれて気持ちを出せることに気が付きました。Kちゃんが反らそうとしたらぱっと捕まえるようにむぎゅっとするのです。泣くことを期待しないで追いかけっこを楽しむみたいにやっていると、そのやりとりが楽しくなってきました。大人の話になったときも、耳は話しにでも手はKちゃんから意識を反らしません。すると忘れた頃、Kちゃんがぱっと身体をよじろうとするのでむぎゅっとします。「いつだって忘れてないんだから」ってかんじで。

 そのやりとりが続くと我慢強い殻がぽろっと取れて、かわいくわーんと泣けました。でも又すっといなくなってまうのです。いなくなり方が他の子より速くて捕らえどころが無く、身体はここにあるけど、Kちゃんは足の先にほうに小さく消えていく感じがしました。さっと波が引く感じ。

 私も、自分の聴いてあげたい気持ちをとどまらせるのって難しいと感じているけれど、Kちゃんの場合はそれ以上に障害の不自由がからんでいる気がしました。阿部先生がKちゃんにそのことを語りかけると、力が入り泣いていました。

 あと気のせいかもしれないけれど、Kちゃんが私の胸の中にいると感じてるとき、Kちゃんの眼の瞳孔が大きく開いている気がしました。そして足の方にいなくなると瞳孔も小さくなるのです。最初は光の加減かもと言っていたお母さんが、副交感神経と交感神経の切り替えで瞳孔の大きさが変わることをふと思いだし、口にしたらまたわーと泣くKちゃんがいました。「えーKちゃんそうなの?」とKちゃんの反応にこちらもびっくりしました。

 Kちゃんが、波が引くようにいなくなってしまうと、大人の心にも変化がありました。それは私の心が挫折感で一杯になったのです。「もう聞いてあげられない」と言う気持ちで一杯になり、あきらめたい気持ちになるのです。「あぁ、お母さんはいつもこの気持ち味わっているのかもしれないな」と思いました。抱っこを一緒にやってくれる人がいると「又呼び戻そう。Kちゃんを見つけよう」と思うけれど、1人でやるとき、この気持ちを感じながら抱っこするのはきついなと感じました。これじゃあ出会いたい二人が出会えないと思いました。

 今私がKちゃんを抱っこして感じたこと気が付いたことをお母さんに話してみました。普段Kちゃんは何かあると、「むぎゅ」といって自分から短い間だけどお母さんに抱きしめてもらうそうですが、お母さんの方からこんなふうに長く使うことはなかったと言っていました。

 後半からはお母さんとKちゃんのむぎゅ抱っこが始まりました。Kちゃん曰く「にんじゃごっこ」だそうです。どうしてかというと忍者は姿を消すのが上手いからだそうです。巧妙に逃げるKちゃんをお母さんが、「ふあぴた」と「むぎゅ」を駆使して捕まえていきます。この時は援助者が足に行ってしまうKちゃんを止めるため、足を気持ちがでる丁度いいところまで持ち上げてお手伝いしました。そしてとうとうお母さんの胸の中でおいおい泣くことができました。お母さんも全身を使って受け止めていました。通ってきて約2年。こんなに心ゆくまでお母さんの胸の中で泣いているKちゃんを見たのは初めてでした。記念すべき日になりました。

 初めて会ったときに比べてずいぶんたくましくお姉さんになったKちゃん。これからもお母さんの愛情に後押しされてますます素敵なお姉さんになっていくのでしょうね。楽しみです。



【「待って」「ひっぱって」「追いかけて」】

 3歳になったばかりのTちゃんは、言葉がまだスムーズに使いこなせません。会話のようにやりとりにはなりにくいし、単語で独り言が多くて、やっとオオム返しがよくでるようになってきたところです。こんなようすにだいぶ前から心配をしていたお母さんでしたが、最近ありのままのTちゃんでいい、Tちゃんのペースで成長していけばいいと思えるようになっていました。

 ところが3歳児検診で、自閉症かもしれないので再検査を受けるようにいわれて、お母さんはまたまた心配が再燃し、心が乱れて落ち込んでしまいました。そんな折りの抱っこのセッションでした。

 Tちゃんはお母さんが落ち込んだ頃から、何となく様子が変で、お母さんの言葉が通りすぎてしまい、呼んでも振り向かなかったり言うことを無視したり寄りつかなくなったりしていたようです。そんな日のTちゃんは、お母さんが抱っこして慰めようとしてもしらっとしていてとりつく島のない感じです。自分のことでお母さんは心配をし落ち込んでいるので、「ぼくのせいでごめんね」という気持ちが大きくなってしまっていて、そのお母さんに慰められても、「ぼくよりつらいのはお母さんでしょ」という気持ちになりがちです。なのでそんな時は、お母さん自身がつらい気持ちを感じて浸ってしまい、その気持ちをまず聞いてもらったらいいのです。相手が子どもしかいなければ、子どもにまず聞いてもらって、お母さんの心に少しでも余裕を作ってから、さあ今度は聞くよと、子どもの番にしたらいいのです。

 この日は援助者がいましたから、Tちゃんを抱っこしたままお母さんの気持ちを聞くことができました。Tちゃんはお母さんの話に所々反応して、うっとなったりちょっと泣いたりしながら聞いていました。そしてお母さんの気持ちが落ち着いてきたところで、援助者が代わってTちゃんの抱っことなりました。

 援助者だとブレーキがはずれやすいので、Tちゃんは最近のいやだった気持ちを訴えてきて、大暴れ大泣きになりました。検診の場では、Tちゃんが話さなかったり検診にのってこないので、分からない子として、本人の前でいろんな話しをしたそうです。それを全部聞いていて、お母さんと一緒にとても心を痛めていました。分からない子と思って扱われたことが一番つらかったようでした。分かっているけど話せない、できるけどやれない、やめたいけどやめられない、そんな苦しさをいっぱい訴えていました。

 あれこれ慰めて気持ちを代弁したり共感したりしているうちに、「待って」「ひっぱって」「追いかけて」という言葉が繰り返しでていることに気づきました。「さっきから何回も、待って、ひっぱって、追いかけて、っていってるよね」と援助者が言うと、お母さんがはっと気がついて、「分かったよ、Tは待ってほしいんだね。そしてひっぱってほしいし、追いかけてもほしいんだね。Tは待って、ひっぱって、追いかけてもらったら自分で成長していけるんだよね。分かったよ」と言うんです。お母さんがそういうのを聞いて、援助者もTちゃんの訴えがはっきりと分かりました。

待って→ぼくのペースでやるから任せて待っててね。
ひっぱって→やりたいけど自信がなかったり勇気がでない時は、必要なひっぱりをして助けてよ。
追いかけて→やめたいのにやってしまう時、追いかけて張り合って止めてね。

なんとTちゃんは、抱っこ法の真髄を言ってきたのです。すべての子どもがも本来の自分を見失わずに育つためにしてほしいことですよね。自分を見失っているすべての子どもが、本来の自分を取り戻すのに必要としていることですよね。

 抱っこのセッションで子どもに教わることが多いのですが、この日のTちゃんには脱帽でした。でもそのフレーズを聴いてすぐに分かってしまったお母さんにも脱帽でした。次の日にお母さんからの感想が届いたので、了解を得て載せさせてもらいます。

 昨日は抱っこありがとうございました。
 Tの「待って、ひっぱって、追いかけて」にはとても感動でした。今までも「待って」と「ひっぱって」は泣きながらよく言ってたんですけど分かってあげられなかったんです。考えれば考えるほど奥が深くて大事な言葉だなぁと思います。まさに今の私にぐっと来る言葉でした。
自閉症のお話もしていただけてよかったです。自閉症と一般的に言う普通の子との境目ってなに?っていう疑問が晴れて私の気持ちもぱぁっと晴れました。言葉が出るのが遅いとか○○が出来ないとか、そうゆうのって個人差じゃないの?ってなんとなく思ってはいたんです。育児書どおりできる子もいればずーっとずーっと時間をかけて出来るようになる子もいて、でも出来るようにならない子もいたりして。
 その対象が言葉とかの場合、なかなか出来ないと障害って言われるけど、オリンピック選手のように走るとか学者のように難しい計算が出来るとかっていう話になれば一生かかったって出来ない人のほうが断然多いじゃないかー!結局多数決で大体みんなが出来ることが苦手だったりすると障害児って言われちゃうだけなんじゃないのかな・・・って思ってたんです。でも行くところ行くところで問題児扱いみたいにされるから気持ちが大分揺れていました。でも今日の抱っことお話でモヤモヤがふっとんじゃいました。

 抱っこからの帰り道、Tはよくしゃべっていて、私たちもそれを真似したり笑ったりしていたらTも楽しそうに笑っていました。あぁこれでいいんだなぁって、言葉ではっきり伝えられなくったって楽しさとか分かち合えるんだったら十分なんだって思いました。それにTの日頃の言葉を振り返ってみるとアンパンマンの手遊び歌にトーマスのキャラクターの名前を当てはめて替え歌してたりキツネの絵を見てフォクス!って英語で言ってたり、結構いけてるんじゃないって思いました。それにまだまだ会話にならなくったって今までしゃべることすら自信がなくて出来なかった子が言葉の真似をするって事は話してみようって気になったんだから凄い進歩なんだ!って嬉しくなりました。

 また、どこかで専門っぽい人に何か言われたら揺らいでしまいそうで怖いと思う自分もいるけどそれも自分だし、こうして大事なことに気がつかせてもらって幸せだなぁってひたっています。こうして抱っこに通わせてもらってる私たちって幸せだなぁって思います。ありがとうございました。「待って、ひっぱって、追いかけて」を常に心において頑張ってみます。ありがとうございました。



【お友だちをいきなり叩いてしまう】

 Yちゃんは3歳。3歳の子どもとしては言葉での表現が苦手です。こちらの言うことはよく分かっているし、家での生活には不自由していないのですが、幼稚園に行き始めたら、相手に言葉で伝えられないのが不自由なようです。初めのうちは緊張のしっぱなしで、よく風邪を引いたりしていました。そうかと思うと、すぐにイライラして自分の頭をすごい力で叩いてしまうのです。家でお母さんやお父さんが、叩く手を止めては抱っこして少しずつ落ち着いてきました。

 そんな折りに相談室に来る日になりました。Yちゃんは相談室でも、おもちゃで遊んでいてうまく遊べないと、頭をバンバン叩いてしまうので、その手を止めたところから抱っこになりました。

 お母さんに抱っこしてもらったのですが、気持ちをすぐにしまってしまって、「Yちゃんがいないねえ。どこに行ったかな」と語りかけては、今ここに心を置いてもらうという働きかけをして、でもまたしまい込んで繰り返しで、なかなか気持ちを訴えてはくれませんでした。

 それでも一番動いているのが足だったので、足の動きを丹念に受け止めていくと、だんだんに気持ちを表現してくれるようになりました。そして最後には大暴れ大泣きのYちゃん。お母さんと援助者が必死で抱いていたくらいでした。それですっきりして落ち着いたYちゃんでした。これで叩くのがなくなるといいなあと送り出したのでした。

 そしてその3週間後に次の相談日になりました。その時のお母さんの心配事は、幼稚園のお友だちを急に叩いてしまうということでした。何か嫌な思いをしたのではなくて、なんにもしてないお友だちに近づいたと思うと、いきなり叩いてしまうので、お友だちはきょとんとしているということでした。担当の先生から聞いていたのだけれど、ついこの間参観日があって、お母さんは目の当たりにしてしまったというのです。なんとかやめてもらわないと、お友だちに敬遠されてしまうという心配です。

 そんな話しを聞いているそばで、1歳下くらいの居合わせたお友だちに、にこにこしながら近づいていって、手を振りかざしたので、慌てて止めたのでした。その様子からは、仲良くしたい親しくなりたいという気持ちで、親愛の情を手にこめて叩いてしまうらしいと言うことが分かりました。言葉でうまく伝えられないし、遊びに加わるのも苦手なYちゃんの、精一杯の社交術のようでした。でも叩かれるお友だちにしたらたまりませんから、どうしようということになりました。

 でもそんなお母さんの心配をよそに、その日のYちゃんはとても明るく、軟らかい表情をしていました。居合わせた他のお友だちのそばに行って、そばで遊びをみていたり、顔をのぞき込んだりうれしそうにしています。お母さんは相談室に来るまでは、何かつらい気持ちがたまってしまって、お友だちを叩くようになってしまったと思っていて、今日も思い切り泣いて暴れて発散してもらおうと思っていたようでした。でもYちゃんの様子は、そんなにつらさがたまっているようには見えませんでした。

 それで、「遊ぼう」と声かけを練習することにしました。お母さんに抱っこしてもらって始めましたが、なかなかその気にならないので、援助者が代わりました。「遊ぼうって言ってみよう」と迫ったのですが、泣きもせず応じもせずなんです。なんか無理があるのを感じました。

 「そういえば自分を叩かなくなっている」と、ここでお母さんがはたと気づきました。前回来たときには困っていたことがなくなっていたのですが、新たな心配事が始まったので、そのことがお母さんの意識に上っていなかったようでした。お母さんとしては自分を叩くよりもお友だちを叩く方が心配が大きいのかもしれません。
 それにと、またお母さんが次の気づきを話してくれました。ちょっとしたことで親を叩くようになった、八つ当たりばかりといいます。でも、ひとりで気持ちをかかえていないで親に訴えられるということは、一つのステップとしていいことだと分かっていて、受け止めようとしているお母さんでした。それでも、急に叩かれてひどく痛かったりすると、カッとしてしまうこともあるということでした。

 その2点は、Yちゃんにとっては前進していることなのです。気持ちを親に訴えることができるようになって、Yちゃんが心を開くようになっている、そして親子関係がいい方向に行っている証拠です。友だちとのことも、Yちゃんの方から積極的に関わろうとして来ていることで、社会性の面での成長が伺われます。確かにまだいいやり方ではないけれど、成長の一過程としてはとてもいいことだと思えました。どおりで、お母さんの心配をよそに、Yちゃんの様子がよかったわけです。

 Yちゃんの急に友だちを叩くということだけを見ると気がかりですが、Yちゃんの成長の一過程からそのことをとらえると、もう少し長い目で見守っていく必要がありました。Yちゃんの訴えの核心も、「友だちと関わろうとしているけど、まだうまくいかない。うまく関われるように助けてほしいし、うまくいかないところはもう少し見守っていてほしい」ということのようでした。

 お母さんに友だちを叩いてしまう時の様子をもう少し詳しく聞くと、そんなに強くはないので、友だちはぽかんとしている感じというので、それなら先生にお願いして助けてもらいながら、もう少し見守っていこうということになりました。そうお母さんの気持ちが定まったら、Yちゃんはほっとして力が抜け、さらにやわらかい表情になりました。元気な張りのある声で「ママ、来て」とお母さんを誘い、遊び始めました。

 お母さんの心配な気持ちをかかえながら、Yちゃんの今の精一杯も認めて、一緒にYちゃんを応援していこうね、お母さん!



【乱暴な振る舞いをしてしまうWくん】

 Wくんは4歳、1歳の弟がいます。明るく元気がいいのですが、元気が余ってお友だちに乱暴な関わり方をしてしまいます。お友だちに突然ぎゅっと抱きついてしまったり、戦いごっこのつもりで力一杯組みついてしまったりして、最近ではお友だちに少し敬遠されてしまっているといいます。弟も、かわいくて仕方ないのないようすなのですが、関わりが乱暴なので、怒られることが多いといいます。お母さんは家でも外でもいつもハラハラしていなければならず、だんだんに外に連れ出すのがおっくうになってきましたと相談にみえました。

 相談室に来たときのようすは、本当に元気なんですが、地に足がついていなくて張り切りすぎているという感じでした。おもちゃもすべて戦いごっこなるし、でも動いている方が多く、部屋の中を所狭しとひとり戦いごっこをしていました。そのうち同じ年くらいのお友だちが来たら、すかさず戦いごっこに誘い込むかのように、その子の前でポーズを取ったり、それに相手が乗ってこないと、組みついていってしまうのでした。ほんとに屈託なくて、相手に乱暴しようと思っていなくて、体の中から出てくるエネルギーに突き動かされている感じでした。援助者はそんなようすを見ていて、どんなエネルギーがはけ口をさがしているのだろうと、糸口を見つけるために様子を見ていました。

 お母さんは本を読んで家で抱っこもしてみたけれど、泣くことは泣くけど、乱暴な態度はちっともなくならないと言うのです。まずはお母さんにいつものように抱っこしてもらいました。するとすぐに弟が泣きながら割り込んできました。いつもこうだからWくんに十分やってあげられないと言います。まだ1歳ですから無理もないのですが、Wくんにしてみたらさみしいことでしょう。でもけなげにお母さんを弟に譲って、明るく頑張ってくれているようでした。

 そこで弟に、「今はお兄ちゃんが甘える時間だから待っててね」といって、割り込ませないことにしました。でもまだ遊んで待ってはいられないので、お母さんの背中にくっついて泣いて待っていてもらいました。そしてお母さんの気持ちを、弟には10のうち2〜3分くらいにして、なるべくお兄ちゃんの方に向けてもらいました。最初のうちはWくんの方が、泣いている弟のことが気になって、我慢してしまっていましたが、だんだんに遠慮がなくなって、怒り出しました。突っ張って反り返って、体中で暴れて、そのうち引っ掻いたり叩いたり噛みつこうとしたり、そのうちつばも吐き出しました。お母さんと援助者で必死にならないと抱ききれないくらい、4歳のWくんにこんなに力があったのかとびっくりするほどでした。ひとしきりそれを受けとめていく、だんだんに涙を流してうぇーんと泣けるようになっていきました。うぇーんと泣けるようになると体に力が入らなくなるし、お母さんに体をそわしてくるので、お母さんも受け止めやすくなります。

 乱暴をしてしまう子どもは、乱暴したくてするのではなくて、自分の中からの衝動を自分でコントロールしきれないからなのです。苦しい気持ちがたまりにたまって、そのはけ口として乱暴がでてしまうということもありますが、Wくんの場合はどちらかというと、一緒に遊びたいとか、親しくなりたいとか、大好きな気持ちを現すことがうまくいかないようでした。でもどんなに気持ちが大好きのものであっても、伝え方をお兄さんらしくしていかないと、友だちとうまく関われません。

 お母さんは心の中の苦しい気持ちを慰めてあげたら、乱暴しなくなるのではと思って慰めてきたようなのですが、それだけではWくんの助けになりきれてなかったようでした。Wくんが乱暴してしまうときに、できれば事前にとめて、力が抜けるようになるまで手を持っていてあげて、力を吸収してあげることも大事です。その際には子どもが、悪いことをしたからお仕置きで拘束されているという気持ちになってはなんにもなりません。あくまでもWくんが自分ではできない部分を助けてあげるということでなければなりません。がちっと持ちすぎては拘束になってしまうし、力に振り回されてしまっては力を吸収してあげられないので、アコーディオンのように適度の動きと支えが必要になります。

 そんな説明をしながら、抱っこしたままで、お母さんにWの腕でやりとりを体験してもらいました。初めはWくんの力に負けて離してしまったり、ぎゅっと押さえすぎてしまったりしていましたが、そのうち良い加減でやりとりできるようになり、腕話( Wくんの腕とお母さんの腕で気持ちのやりとりができて、お話ししているよう)になりました。そばにいた援助者も気持ちが良くなるような、2人の息がぴったり合った動きでした。Wくんの腕の力は完全に抜けていました。

 その後で、お母さんの後ろで待っていてくれた弟にWが手を伸ばして、弟の腕をぎっとつかみました。待っていてくれたありがとうの気持ちを伝えたかったのでしょうけれど、まだやはりやりすぎです。でもその時はWの腕を持っただけで気づいて力が抜けました。「すごい。それでいいんだよ。今とてもうまく力を抜くことができたね」と、援助者がすかさずほめて認めると、Wはほっとしたように「うまい?」と聞いてきました。お母さんにもほめてもらって、その加減が良かったことを実感してもらいました。そしてそれから何回も、弟の腕を持ってみては、「これでいいの?」と聞き、お母さんに「いいよ」といわれて自信を少し持ったようでした。

 まだすぐにはうまくいかないだろうけど、お母さんの助けがあれば大丈夫と、明るい見通しをもって終わったセッションでした。
 
Aへ Bへ    HOME