小学生以降の大きいお子さん

学校に通い、本格的に学習活動に参加します。友だちとの付きあいがますます重要な意味を持つようになり、仲良しもできます。低学年のうちはまだ幼児期のおもかげを残していますが、高学年になると、思春期に近づいたという気配を感じさせるようになります。

最近、小学生などの大きいお子さんの相談が増えています。大きくなるに従って甘え下手は板に付いていますから、家でお母さん一人ではなかなか取り組めなくなっておられます。乱暴が出ている時はほんとにどうにもならなくなっておられます。そんなようすが家の中だけの場合はまだなんとか過ごされていますが、外でのトラブルも出てくると、お母さんはほんとに困って途方に暮れておられます。

小学生になってもやはり、甘え下手のお子さんが甘え上手に、甘えさせ下手のお母さんが甘えさせ上手になるようことを基本にお手伝いするのですが、甘え下手になっている大きいお子さんは、まず怒りから受けとめなくてはならないので、そして受けとめていくと、気持ちのブレーキの悪態もすごいですから、お母さんは怯みがちになります。そんなお母さんを支えて、最初は援助者が受けとめていきます。怒りが治まってきたときにお母さんの抱っこにすると、お子さんは本来のお子さんの素顔を見せてくれて、ちょっぴり甘え上手になっています。そんなときお母さんも,日頃のもう!いい加減にして!というイライラや,憎らしいとも感じる気持ちは静まって、お子さんをかわいいと抱きしめてくださいます。

怒りというのは,悲しいとか寂しいとか苦しいとか・・・の気持ちがたまってしまって、一気に噴き出すときなんですよね。よくダムが決壊するときのようだと説明するのですが、決壊するときのエネルギーが怒りで,あふれ出る水はそれらの感情なんですよね。ですから怒りとなって溢れてきた水の正体の気持ちを知り、その気持ちをよしよしできれば、決壊するまでたまらずにいられるようになるのですね。怒りに付き合うときにも、どんな気持ちがあるのかなって感じようとしていると、伝わってきたりします。その時には涙に変わっていくのですね。
 
 戻る