サドベリー・バレー校
 既成の学校のワクを超えて、生徒の自由な学習を大切にした学校で知られる、米国サドベリー・バレー校を創設したダニエル・グリーンバーグ著『「超」育児』(一光社)という本を読んで、ぴっくりしました。原題を直訳すれば、ただの『育児』ですが、従来の子育て論を超える内容だということから「超」を付けて訳されたのでしょう。ちなみに、グリーンバーグさんの著書は、他にも『「超」学校』や『「超」教育』(どちらも一光社)が邦訳されています。子どもは自分から成長しようとする力を持っている。自分から興味を燃やし、自分から挑戦し、成功を喜ぴ、失敗から学んでいく。何より大切なことは、「自立した」人間になることだ。それなのに、従来の教育制度は、子どもをコントロールすることに基礎を置いている。何を、いつ、どのように学ばせるかを、おとなが決めようとしている…というのが、グリーンバーグさんの教育への不満でした。

サドベリー・バレー校には、固定した画一カリキュラムもなければテストも点数も、評価も差別も、学年も通信簿もない、あるのは子どもたちの学びの自由とイニシアチブ、そしてそれを支える学校デモクラシー。すでに30年を超えるりっぱな実績を残してきた学校には、4歳から18歳までの子どもたち、200人ほどの生徒たちが通ってきます。見学に行った千葉市で在宅学習を支援する「たらんと広場」を主宰している古山明男さんは、

 生徒たちは9時頃から三々五々やってきて、2時頃から三々五々かえっていきます。野外でスポーツしている者たち。一室で料理をやって、できたものを売っている者たち。釣りに熱中している者たち。一室にこもって数学をやっているものが約一名。とくに何をするでもなく、たむろしてだべっている者たち。納屋の一角でコンピュータをいじっている者たち。それぞれの自由が保証されています。みんないい感じでやってるなという印象でした。ようするにこれは、普通の学校の体み時間と同じだ、休み時間を安心して続けていられる学校なのだと思いました。勉強の必要があるときは、生徒から先生に交渉して授業が成立するそうです。 

と学校の様子を紹介して、「体み時間だけでできてる学校」のようだ、と訪問した印象をずばり語っています。(詳しくは、古山明男さんのサドベリー・バレー・スクール訪問記「休み時間だけでできてる学校」をご覧ください。

http://homepage2.nifty.com/irer/sadval.html#koyama

いいですね。好奇心が尊重され、自由な知的活動が保障され、必要なとき必要な援助が与えられさえすれば、子どもは遊びに熱中するのと同じように、学ぶことにも熱中します。

自由だからといって、自分勝手ということではなく、いったん参加することを取り決めた授業については、責任ある参加を求められます。生徒は学校運営にも参加し、教師をリコールする権利まで保障されています。「誰かがぼくの持ち物をいたずらした」などという訴えも裁判所で解決されます。

さて、『「超」育児』を読んで、何に一番びっくりしたかというと、「4歳になったらもう子どもではない」と書いているところです。4歳になったら、あらゆる点でりっぱな一人前のおとなであり、家族の一員としての責任を果たすこともできる。だから、おとなとして扱わなければいけない。他の家族と同様に、行動の自由と発言権を認めなければならない。また、家庭の仕事にも参加してもらわなくてはいけない。

だから、ほんとならこの育児書の中で取り上げるべきでないかもしれないが、と断りながら4歳を過ぎた子ども(?)についても書いていますが、そこではもっぱら、彼らがいかにおとなであるかが説明されています。

4歳以上がおとな、そして、「1歳から4歳までは思春期」、という言い方にもびっくりしました。確かに、十代の思春期というのは、おとなになる直前の、おとなへの移行の時期のことですから、もしグリーンバーグさんの言うように4歳からがおとなだとしたら、1歳から4歳までは思春期だということになります。

0歳は赤ちやん、l歳から4歳までは思春期、4歳を過ぎたらおとな…。ちょっと過激な、でも、すてきな考え方ではありませんか。

ところが、その4歳までの時期に、自分の訴えようとしている気持ちをまわりのおとなが分かろうとしてくれずに育つと、「ぼくの親はちっとも分かってくれない」とさながら思春期の子どものように不満を持ち、4歳を過ぎるともういっぱしの「すねもの」になってしまう、とすごいことを言っています。

考えてみれば私も、『「ダダこね育ち」のすすめ』(阿部秀雄著・日本家族計画協会発行)のなかで、もっと穏健に、1歳半〜3歳頃まで(と、グリーンバーグさんよりは少し年齢幅を狭く押さえていますが)の時期には、十代の思春期に似たところがある、と書きました。

 1歳半〜3歳は、いわば心理的な自立期。第一反抗期と呼ばれることもある。子ども社会への仲間入りに向けて、親を相手に自我を育てるトレーニングを重ねる時期。

 十代の思春期は、いわば社会的な自立期。第二反抗期と呼ばれることもある。おとな社会への仲間入りに向けて、親を相手に自我を育てるトレーニングを重ねる時期。 

4歳の思春期にいっぱしのすねものにならないように、子どもの気持ちに耳を傾け、自我を育てるトレーニングの頼もしい練習相手になってあげましようね。さもないと、4歳を過ぎてからの子ども、失礼、おとなは、自由な学びの場を与えられても、それをうまく活用することが難しいでしょう。日本の幼稚園や保育所で試みられてきた自由保育が、時として行き詰まることがあった一因には、そうしたことが考えられると思います。
  戻る