←HOME

  乳児期前半の実例
 「わたしはあなた」の時期(誕生〜9か月)

  一体感を味わう   泣きの意味を理解する
  生活リズムを整える   哺乳のやりとり
   あやしのやりとり

 高等な哺乳類の赤ちゃんは、生まれるとすぐに立ち上がったり、泳いだり、抱きつくことができるのに、人間の赤ちゃんは半年ほど早産で生まれてくる、と言われています。「胎外の胎内期」とも呼ばれるように、母親との一体感によって守られている時期です。ここでは区切りを9か月としましたが、6か月ととらえてもいいかもしれません。
  【お母さんだから泣いて甘える】 【ここにいるよ〜】 【生後20日の赤ちゃんの気持ち】
【赤ちゃんとの協力関係】  【ただわかってほしかったんだね】  【3か月の赤ちゃんに電話で話して】  キーキー苦しそう】 
【体にイヤイヤが】  【3か月の子が母だと泣く】  【パパとのお風呂で泣く】  【3か月の娘が泣いて泣いて】
【あっちに行ってほしいの?】  【突っ張り赤ちゃん】 【赤ちゃんの言い分】  【赤ちゃんでいてね】 
【お風呂をいやがる】  【ひんぱんに目を覚ます】  【噛む】  【4か月の娘に抱っこ法?】
 

【お母さんだから泣いて甘える】

 病院にお見舞いに行くことがあって、その時の出来事です。
 赤ちゃんがお母さんから離れて入院していたようなのです。とてもお利口にしていて、看護師さんからほめられていました。ところがお母さんが面会に来て顔を見るなり泣き出したのです。看護師さんは「あれ、今までお利口だったのに、お母さんが来たらどうしたのでしょう!?」と言いながら離れていきました。

 看護師さんは世の中一般の考え方で言っているので悪気はないのですが、お母さんは看護婦さんの言葉に戸惑ったようすに見えました。そこでお母さんのそばに行って、「お母さん、そうしてお母さんに泣いて甘えられるのはとってもいいことですよ。 お母さんが大好きで信頼しているからですよ。病院で頑張っている分、お母さんが来たら安心して愚痴をこぼせるのです。甘えているのです」と伝えました。

 するとお母さんは「え?わたしに甘えてくれているのですね」と言い、顔がふっとゆるみ、涙がほろほろとこぼれました。そして赤ちゃんを愛おしそうに抱きしめておられました。お母さんと赤ちゃんの気持ちがつながるのを感じました。よかった!

 もう一つはバスの中の出来事です。
 赤ちゃんがベビーカーにのって、その後ろにお母さんが立って、バスに乗っていました。ベビーカーには幌がかかっているので、赤ちゃんはお母さんの姿が見えません。赤ちゃんは目に入るおとなを見回していました。そばにすわっていたおばあちゃん的な人にあやされて、ちょっと笑顔になりそうでしたが、すぐに別の人の方を向いてしまいました。なんだか緊張がましている感じが見て取れました。

 途中の停留所から乗客がいっぱい乗り込んできて、お母さんは押されて、赤ちゃんの前の位置に立つことになりました。お母さんの顔が見えたとたん、赤ちゃんはうえ〜ん!とべそをかきました。赤ちゃんはお母さんの姿がずっと(15分くらい)見えなくて不安になっていて、お母さんが見えてほっとして甘え泣き始めたのでした。よかった!と見ていた私です。

 でも赤ちゃんが泣き出したら、お母さんはあわててバックの中からお菓子をとりだし、手に持たせました。赤ちゃんは泣き止んでお菓子を口に入れましたが、でもまたすぐにうえ〜ん! お母さんは今度はおもちゃを出して機嫌取り。それでもまだ泣き出したところで、その親子はバスから降りていきました。泣かれることにとても気をつかって、ドキドキしているお母さんの気持ちがその場に残りました。

 このお母さんには、「お母さんだから甘えて泣けたね」と伝えられずに別れてしまって、赤ちゃんからのラブコールのうえ〜ん!は、お母さんに届かなかったね。残念!



【ここにいるよ〜】

 8か月のSちゃん。お兄ちゃんの相談に連れてこられました。お母さんがお兄ちゃんと抱っこでお話ししている間、下に寝かされて待っていました。とてもおとなしく、いるかいないかわからなくなるほどの存在の仕方でした。あんまり静かにしているので、手の空いていた援助者が抱っこして待つことにしました。ところが抱っこしてみると、とても軽く、援助者の腕の中でも居ないかのような様子をしていました。まるで存在を消しているかのようでした。生まれてからずっとお兄ちゃんが大変だったから、きっと協力して来たのでしょう。でもあまりにも気持ちを一人で抱えている甘え下手さんの様子に、心配になりました。お母さんがまだお兄ちゃんのことでいっぱいいっぱいなので、Sちゃんの心配までさせてしまうのもいけないけれど、後になって苦労なさるのも気になって、少し気にかけてあげてと伝えました。

 2回目に連れてこられたSゃん。何かちょっと様子が違いました。1回目のように下に寝かされていましたが、少しして声が出てきて、ぐずぐずし出したのです。きっとお母さんがSちゃんに気持ちを向けるようにしてくださったのでしょう。せっかくぐずぐず言って甘えようとしているSちゃんなので、前回つきあった援助者が抱っこしました。するとその日は8か月らしい重さを感じ、抱くと少しもじもじしていたけれど、そのうち泣き出したのです。ちょっと喉を詰まらせるような泣き方でしたが、泣いて甘えてくれました。ほっとしました。

 援助者がSちゃんの気持ちを代弁して、「お母さ〜ん、お母さ〜ん」と呼んでみたり、「抱っこして〜」「こっち見て〜」「来て来て」などと言っていたのですが、「ここにいるよ〜」と言うと、激しく泣いたのです。その言葉が気持ちに一番ぴったりしたのですね。「ここにいるよ〜」「ここにいるよ〜」という度に深く泣けて、そこでお母さんにバトンタッチ。お母さんの抱っこでかわいい甘え泣きができました。

 帰りの用意におむつ替えをしたときも、いつもはおとなしくさせていたのが、イヤイヤしながらやっていました。ちょっと甘え上手になってよかったです。お母さんにとっては大変になるけど、Sちゃんがひどく甘え下手のまま育っていったら、後になってもっと大変な思いをすることが、相談で多くの親子に付き合っている体験から予想できるので、今できるだけでいいから手をかけてあげてね。



【生後20日の赤ちゃんの気持ち】

 赤ちゃんが生まれて20日が過ぎました。お母さんと赤ちゃんは、お母さんの実家にお世話になっています。お父さんは家がすぐ近いので、毎日会いに来るけど夜は帰っていきます。その日会いにきたお父さんが、珍しく挨拶もしないで帰ってしまった後、2階にいる赤ちゃんがいつになく激しく泣いているのです。お祖母ちゃんが見に行くと、お母さんが悲しそうな顔をしています。聞くとお父さんの実家からお宮参りの話や、孫に会いたいという話があったようです。お母さんはまだ赤ちゃんにおっぱいを飲ませることも軌道に乗らないし、慣れない子育てに手一杯で、寝不足も続いていて全く余裕が無くて、それどころではありません。

 お祖母ちゃんは、お父さんの実家のお祖父ちゃんお祖母ちゃんが、孫と嫁の入院中、毎日見舞いに来てくれていた事を考えると、孫に会いたい気持も分かるので、お父さんとその時間や時期を相談するよう提案しました。

 お母さんは、「このままでは赤ちゃんが落ち着けなし、おっぱいも飲んでくれないから」と、早速お父さんに電話をしました。赤ちゃんはお母さんが電話を取ったとたん、それまでお祖母ちゃんの腕の中であれほど激しく泣いていたのに、泣きやんで静かになりました。そしてまるでお父さんとお母さんの会話を聞いているように、時々「あーー」と声を出しました。

 2人の話し合いの結果、お父さんの実家へ行くのは2時間ばかりの食事会にすること、お宮参りは3ヶ月過ぎて首が座ってからの頃にしようと決まりました。

 お母さんは電話が終わると、「こんなに私のことを心配してくれたんだ」と赤ちゃんを抱きしめて、うれし泣きに泣きました。その時のお母さんは疲れも取れたようなしあわせそうな表情でした。そしてそのあと、赤ちゃんは何事もなかったかのようにおっぱいを飲んでいました。

 子育てはお母さんが子どもを見守っていると思っていますが、本当は子どもに見守られているのですね。



【赤ちゃんとの協力関係】

 『いい子に育つ! 6000回のおむつがえ 』を読んで、5か月の赤ちゃんに実践していたお母さん。「おむつをあてるからお尻をあげてねと言うと、ほんとにお尻をあげてくれるんです」と感動の報告がありました。それまでは面倒なおむつ替え、なるべくさっさとすませるようにしていたけど、本に書いてあるように、話しかけてやりとりしていくと、赤ちゃんの反応がよくわかって、それがうれしくて、楽しいおむつ替えになったそうです。前から赤ちゃんに、今からやることは予告したり話しかけてはいたけれど、お母さんからの一方通行だったので、おむつ替えで、独り言が対話(体話)になったという感想もいただきました。

 その赤ちゃんとお母さんに会う機会があって、おむつを替えるところに居合わせました。お母さんは赤ちゃんのやりとりしながらおむつ替えを進めていました。「おむつをあてるからお尻をあげてね」とお母さんが言うと、ほんとに赤ちゃんはお尻をあげてくれました。まだ小さい赤ちゃんですから、あげる気配というのが普通の気がしますが、その赤ちゃんはおむつが入れやすくなるくらいまで自分であげていました。お母さんが「ありがとう」と言うと、赤ちゃんは満足そうにして、おむつ替えはとてもスムーズに終わりました。

 ほんとに赤ちゃんって、お母さんの思いを受けて協力してくれるんですね。その仕草がかわいくて、やりとりになるのが楽しくて、おむつ替えの時間が、お母さんと赤ちゃんとの大切な時間になっているようでした。

 そんなお母さんと赤ちゃんのやりとりを見ていて、大切なポイントに気づきました。お尻をあげたり協力関係ができることが、赤ちゃんがそこまでできるとお母さんは思っていない場合が多く、できたことで感動されるのですよね。そしてそこに気づくと、やりとりがしやすくなって、楽しくなるのですよね。それはそれで何も言うことないのですが、ちょっとだけ気にかけていてほしいのは、共同作業になっているかどうかということなのです。

 この赤ちゃんはお尻をあげるのに、お母さんのやりやすい高さまで、ほんとに一人で持ち上げていたのですね。お母さん思いの赤ちゃんは、協力は惜しまないのだけれど、ともすると一人で頑張るに行きそうと思ったのです。赤ちゃんが協力してくれることで成り立つやりとりですが、赤ちゃんとお母さんと、それぞれ一人ひとりが頑張るのではなく、二人一緒の共同作業こそ大事なのですね。ですからあげるお尻にお母さんの手が添えられていると、一緒にやった、一緒にやり遂げたという感覚が残るなあと思いました。その手の添え方は、月齢によって、赤ちゃんによって、微妙な加減が必要なのですけれどね。この赤ちゃんの場合は触れているくらいそっと添えるくらいでいいと思います。それでもちょっとイヤイヤしたくなるときには、しっかり添えたりもするときがあるでしょう。

 一人作業が共同作業に、独り言が対話(体話)になるおむつ替えのやりとりは、親子の絆をしっかり結び、これからの親子関係の基盤を作るのにとても役立ってくれるでしょう。そしてこのやりとりが身についていると、日常のやりとりのすべてに繋がっていき、イヤイヤ期になったときにもきっと大丈夫!



【ただわかってほしかったんだね】

 上のお子さんが赤ちゃんの時によく泣いたりして大変で、相談に来られていたお母さんから、下のお子さん(Aちゃん)とのステキなやりとりの報告を聞きました。

 6か月のAちゃん、少し前から夜寝る前にグズクズが多く、最初はグズリたいのねと見守っていたけれど、段々にひどくなり、抱っこすると突っ張ってのけぞって泣き叫ぶようになってしまったそうです。

 Aちゃんは逆子で,助産師さんが手を尽くしてくれたけど直らなくて、きっとこの体勢が赤ちゃんにとって一番居やすいのでしょうと、それからは赤ちゃんにそのままでいいよと話しかけてきたそうです。そして助産所を選んだお母さんにとっては、病院に移って逆子のままの出産になったことで、心残りはあったけど、自然分娩で生むことができ、生まれてすぐにおっぱいも飲んでもらえて、まずまず満足のお産だったそうです。

 でも、寝グズリがひどくなった時、助産師さんに相談したら、「お腹の中や生まれたときに赤ちゃんも苦しかったし,首も痛かったのかもしれませんね。苦しい気持ちや首のコリを訴えているのではないかしら」と言われたそうです。それで、お母さん自身は満足していたので、Aちゃんの苦しさには気づいてあげられなかったと,自分を責めてしまったといいます。

 そこでお母さんが慰めの抱っこをして,出産の時のことを話してみたそうです。お母さんはAちゃんの苦しさに、今まで気づいてあげられなかった責める気持ちが強かったようで、その苦しさを取り除いてあげなければと、「苦しかったね」「痛かったね」「気づいてあげなくてごめんね」と涙ながらに慰めました。Aちゃんは突っ張って怒り泣きしていたけど、甘え泣きにはなかなかならず、なんだか慰めても、Aちゃんの気持ちとつながらない感じだったそうです。

 そこで阿部の本に書かれていたことを思い出して、「Aちゃんは生まれるとき苦しかったこと,お母さんにわかってほしかったんだね。お母さんわかったよ」「苦しい気持ちをわかってほしかったね。わかったよ」と語りかけたら、突っ張り怒り泣きが、かわいい甘え泣きに変わって、やっと気持ちが通じ合った気がしたそうです。

 お母さんがごめんねしたい気持ちがあるなら伝えたらいいけど、Aちゃんはただ気持ちをわかってくれればそれでよかったんだね。お母さんよくそこに気づいたね。上のお子さんの時に相談に通われていた体験も役立ったね。

 それからのAちゃんは、ひどい寝グズリが落ち着いて、甘え泣きが上手になったと言うことです。



【3か月赤ちゃんに電話で話して】

 生後三ヶ月の赤ちゃんが、激しく泣いて血管が切れそうで!と、心配したママからの電話がありました。電話口からは赤ちゃんが激しく泣き続ける声が聞こえてきました。

 急遽次の日に相談の予約はしたけれど、それまで「どうしよう」とママはせっぱ詰まった様子でした。そこでとっさに思いつき、赤ちゃんの名前を聞いて、赤ちゃんの耳にに受話器を当ててもらって、「RちゃんRちゃん、いっぱいお話あるね。可愛いRちゃんが泣くと、ママが困ってしまうから、明日行くまでお話待っててね。必ずママの応援に行くからね」と話していると、泣き声が変わり静かになりました。ママが、「聞いてるみたい?」「分かるんですか?」と。

 次の日お会いすると、笑顔で迎えてくれました。出産のこと、ママとおばあちゃんのオッパイとミルクの考え方等々、ママは一人で悩んでしまい、忙しいパパにも聴いてもらえないまま、困っていました。

 もう一度お会いした時は、パパも一緒にお話ができ、安心した様子でしたが、私が「帰るからね」と伝えると、可愛らしく泣き出しました。するとママが「淋しくなったのね」と言ってから、すかさず、「だいじょうぶよ、ママがいるから」と自信に満ちたママの言葉がありました。「またいつでも連絡してね」と言ったものの、もう大丈夫かなと思えたのでした。



【キーキー苦しそう】

 4ヶ月になるDちゃん。お食い初めを実家でおおぜい集まって祝ってもらって、自宅に帰ってきてからキーキー声を出すようになりました。泣くときもキーキー、泣かないときもキーキーで、なんだか苦しそうでと相談に来られました。

 キーキーは多いときと少ない日があるが、外出したり人がおおぜいの中にいたりするときが多いという気がするとお母さん。キーキーが多くなる日の夜は、寝つきも悪くなり、夜何回も目が覚め、時には朝まで眠れなかったりもするといいます。Dちゃんは出かけたその場面ではニコニコといい子にしていて、愛想を振りまいてくるのだそうです。どこにも行かないでいた方がいいのかもしれないけど、どうしても行かなければならない時もあるし、お友だちと会って話したいしと、お母さんは困っておいででした。

 それは甘え下手さんになっているのだから、泣いて甘えるのが上手になれば大丈夫、と始まった相談。Dちゃんは外で頑張っている分、自宅では我慢が外れていいことなんだけど、今はキーキーで表現しているんだよね。キーキーと甘えているんだよね。もっと甘え上手になって、え〜んえ〜んと泣いて甘えられるようになると、キーキー甘えはしなくてすむようになるからね。

 そこでその日は、お母さんの抱っこで、1分間Dちゃんの泣きに寄り添って、そして縦抱きで落ち着けて、を何回か繰り返して、甘え泣きも見られるようになりました。おむつ替えでもイヤイヤして泣きながらできて、最後にはお母さんの懐にしっくり落ち着きました。そのしっくり抱かれた感じがお母さんにもわかって、こんなふうには今までならなかったとおっしゃいます。泣いて甘えると、身も心も任せて、身も心も甘え上手になるのですよね。

 2週間後の2回目に来られた時には、キーキー甘えが減って、夜もずいぶん眠れるようになっていました。でもまだお母さんが泣かれるととっさに「泣かないで〜」になってしまうので、続けて来ていただいて、お母さんの甘えさせ上手をお手伝いすることになりました。泣くとつらいお母さんを気づかって、キーキー甘えになっていたんだものね。安心してえ〜んえ〜ん甘えできるようになろうね。大好き伝わるえ〜んえ〜ん甘えね。



【体にイヤイヤが】

 5か月のAちゃんは眠りが浅い、夜中によく目を覚ましうなる、泣くとキーキー声になる、という心配で来談されました。その日は2回目の相談でした。気がかりは少しよくなっていました。

 先ずは援助者が体話をしてみることにしました。Aちゃんを仰臥に寝かせてもらい、お母さんにはAちゃんの頭の方にいてもらって、お母さんは一緒にいるよという気持ちを込めて、軽く肩に手を当てていてもらいました。援助者は足の方にいて、下から順にそっと触れて、動いたらその動きに付き合っていきました。足、膝、お尻、腰までは、少し動きがあるくらいで、楽しいやりとりになっていました。

 次に肩甲骨の内側あたりに手を当てると、そこは何とも気持ちよさそうに、うっとりした感じでじっとしていました。お母さんにもそれが分かって「気持ちいいねえ」と声をかけていました。

 しばらくうっとりに付き合って、次に肩に手を当てると、今度はもがいて体をのたうち回るようにして動かし、それを受けとめていくと泣き出しました。絞り出すような深い泣きでした。肩のあたりにイヤな気持ちがこびりついていたんだね、「よしよし」と動きが静まってくるまで付き合いました。

 そこでお母さんに抱っこしてもらって、肩のあたりにイヤな記憶が残るようなことが、何かあったのかなあ?とお訊きしました。するとお母さんが、生まれたときにへその緒がたすき掛けに絡まっていたようですと話されました。それでは生まれるときに引っかかって苦しかったかもしれませんね。その苦しい気持ちがここに残っていたんだね。分かってあげられて、訴えてもらって、よかったね。

 ところがお母さんは、「肩は触られるとイヤなんだね。触らないようにするからね。肩甲骨のところは気持ちいいんだね。よしよし」とナデナデするのでした。親心としてはとっても分かるし、優しいお母さんの気持ちはAちゃんにどいたのですが、ちょっとカン違いがありますよ。

 もちろん気持ちいいところはいっぱいナデナデしてあげてね。でも、イヤがるところもナデナデしてね。だってほんとにイヤなんではなくて、その部分にイヤだった気持ちがこびりついているので、ナデナデしてあげるとイヤイヤが出てきて楽になっていくからね。抱きしめながらナデナデすれば、もがいてお母さんにこすりつけるようにしてくるので、吸い取ってあげやすいかな。ときどき少しずつナデナデしてイヤイヤしてもらうと、そのうちその部分を触ってもイヤイヤでなくなって、気持ちよくなると思うよ。触らないでそっとしていると、いつまでもそこにイヤが残ってかわいそうだからね。そうしてあげることは、ひとりでかかえない甘え上手になるチャンスにもなるからね。

 でもまだAちゃんは甘え下手さんだし、お母さんもまだ甘えさせ下手さんだから、ゆっくり少しずつね。今日イヤイヤが出て行った分、今夜はいつもよりぐっすり眠れるかな?



【3か月の子が母だと泣く】

〈相談者より〉

 こんにちは。初めてメールさせて頂きます。友人から「抱っこ法」の話を聞き、またHPも見せて頂き、本も購入して少しだけ勉強させて頂きました。でも、どうしていいのか分からず悩んでいます。3ヶ月と15日になる息子のことで相談させて頂きたいのですが、よろしくお願い致します。

 まず、わたしに対して笑顔がないのです。主人やおじいちゃんおばあちゃん、近所の人、初めて会った人、いろんな人に笑顔を見せてご機嫌な声を出すのですが、わたしにはよっぽどご機嫌でないと見せてくれません。抱っこをしてもなかなか泣き止んでくれませんし、顔もそっぽ向けて、まるでわたしを避けるような仕草です。主人が抱いてご機嫌なときに私が抱っこを代わると大泣きします。その逆もです。私が抱いていて大泣きしてるのを主人に代わると泣き止んでご機嫌になります。主人だけでなく、おじいちゃんでもおばあちゃんでもです。可愛くって可愛くって仕方ないのに心が通い合っていないような感じ、とても悲しいです。主人や母親に相談しても取り合ってもらえません。
「そんなことない」
「思い過ごしだ」と・・・。
わたしが何回も主人に訴えると主人は、
「そんなことこの子に聞いてみないと分からないことなんだから、考えたって答えは出てこない」
って言いました。この子に聞けないから困っているのに・・・。しまいには、
「この人(主人)、自分には懐いているからあたしに対して優越感を感じて、こんなこと言うのかなぁ」とひねくれた事を思ってしまいます。

 そちらから購入した本も読みましたが、漠然と「抱っこ法」とはどういうことかと大きなテーマのようなものは分かりましたが、じゃあ、わたしはどうしたらよいの?と考え込んでしまいます。

 近くに相談にのって頂ける方はいらっしゃらないでしょうか? よろしくお願い致します。



〈返事〉

 本やホームページを読んでくださったとのことうれしいです。でも実際にはうまくいかないのですね。

 3ヶ月の赤ちゃんが、お母さんには笑顔を見せないし、お母さんの抱っこで泣くのですね。それでは嫌われていると思ったり、なついてくれていないと感じたり、私ではダメなんだと自分を責めたり、悲しいし寂しい気持ちだったでしょうね。

 でもね、書かれているお子さんのようすは、お母さんが大好きで、お母さんを一番信頼して、お母さんに甘えているからなんですよ。本やホームページから、その部分は読み取っていただけなかったようですね。

 お母さんが何かイライラしていたとして、でも隣の奥さんにはにこやかに挨拶するでしょ。そして気の許せる夫にはぶすっとした顔見せたりしますよね。一番頼りにしているからこそ、大事な人だからこそ、気を許してイライラをぶつけたりしますよね。例えて言えばそんな違いです。お母さんによそいきの顔や態度でいたら、それこそ寂しいものですよ。お母さんだからこそ弱いところも全部見せているのですよ。お母さんの合格証書をもらったようなものですね。

 でも、何かお母さんに伝えたい気持ちもあるのでしょうね。どんな気持ちを伝えたいのか、分からなければ、泣いているままをよしよしとしていればいいのですよ。泣いて甘えてくれているんだね、泣いてお話ししてくれているんだね、よしよしとね。それでお子さんは安心して気持ちよく泣いて、安心感を育むことでしょう。

 それでも心配が募るようでしたら、○○市に援助者がいますから、援助してもらったらどうでしょう。連絡先をお知らせしておきますね。電話をする際には、癒しの子育てネットワークの阿部から紹介されたと伝えてください。応援しています。


〈相談者より〉

 メールありがとうございました。読ませて頂きちょっと分かったような気がします。私がイライラしている時近所の奥さんにはニッコリ出来ても、主人には不機嫌な顔をするという例えで少し気持ちが軽くなりました。

 阿部先生のホームページを拝見し、ご本を読ませて頂き、最近少しですが息子の様子が変わって来ました。息子がと言うより私の気持ちが変わったのかもしれませんが。

 今まで眠たくなると仰け反って顔を真っ赤にして、1時間近く大泣きしないと寝てくれませんでした。そんな時、「抱っこ法」に出会う前は、どうして?どうしたら泣き止んでくれるの? 時には、もう分からない!と投げ出したくなることもありました。でも阿部先生のご本を読んでからは、
「大丈夫だよ、泣いていいんだよ。いっぱい泣いたら寝れるからね。ねんねするまでお母さんが抱っこしてるからね」
って笑顔で言いました。そう言ってみると不思議と、今までの私のイライラもすーっと消えるような気がしました。そしたら初めてメールさせて頂いた直後くらいから、その泣き方に変化が出てきました。

 今までは必死に泣いてる感じだったのですが、最近は声は一段と大きくなったものの、必死さがなくなったと言うか、イライラした感じがなくなったと言うか・・・。そして少しの間大泣きしたら、私の顔を見ながらクルっと丸くなって、しがみつくような感じで寝てくれるようになりました。本当に感動しました。

 先生のおっしゃっていることを私は正しく理解できているか自信がありませんが、何か一歩進めたような気がします。ありがとうございました。

 そして昨日もまた驚くことがありました。息子のお披露目のホームパーティーが主人の上司の家でありました。総勢20人程の大変にぎやかなものでした。息子はいろんな人に抱かれ、泣きはしなかったものの不機嫌な顔でした。途中でみんなから抜け出して別の部屋で、
「ごめんね、びっくりしたね。もう誰も居ないから我慢しなくっても嫌だったら泣いてもいいよ」
って言ってみました。そしたら、今までの不機嫌な顔とは打って変わって、満面の笑みを見せてくれました。それに答えて笑顔を返すと声を出して笑ってくれました。その後も暫く手足をバタバタさせながらご機嫌でした。

 こんな感じでいいのでしょうか? 少しは「抱っこ法」を理解できていますでしょうか? 阿部先生の教えに出会えて本当に良かったと思います。これからもいろいろあると思いますが、このことを忘れず頑張って育てていきたいと思います。自分自身も変われた気がします。ありがとうございました。

 それからご紹介頂きました○○市の援助者さんですが、近く開かれる集いに参加させて頂くことになりました。「抱っこ法」についてもっとお勉強したいと思います。そして、もっと息子の気持ちを分かりたいと思います。

 悩んでいたことに光が見えてきた嬉しさに思わず長々と書いてしまい、すみません。本当に感謝しております。ありがとうございました。




【パパとのお風呂で泣く】

〈相談者より〉

 初めまして。10日ほど前に4ヶ月を迎えた息子を持つ母親です。結婚して10年目に授かった息子で、毎日育児で大変ですが、夫婦で協力しながら頑張っています。

 実は1週間ほど前から、息子がパパとのお風呂を嫌がるようになりました。最初は頭を洗うようになると泣き始めていたのが、今ではお風呂に浸かるだけでも大泣き。そんな日が三日も続いてしまったので、今度は私が一緒に入ると全然泣くことはありません。なぜか主人が世話をすると泣いてしまうのです。

 先生の本を読んで、色々と思い当たることを話しかけてはいるのですが、どうも「これ」という解決策が見つかりません。主人もかなり自信喪失しているようで、私としてもどうしていいかわかりません。

 こんな内容なのですが、一度相談にお伺いした方がいいのでしょうか。よろしくお願い致します。



〈返事〉

 結婚10年目に授かったお子さんでは、ほんとにうれしくてかわいいことでしょう。メールからしあわせが届きました。

 パパも育児に参加されているようで、いいですね。でも最近、パパとお風呂に入ると大泣きなんですね。パパと入ったときになにかちょっとしたことがあったのでしょうか? 石けんが目に入って痛かったとか、お風呂がちょっと熱かったとか、水がかかってびっくりしたとか、などね。あるいはお風呂とは関係なく、なにかきっかけがあったのかなあ。

 何かあったとしても、赤ちゃんがそうして泣いてくれることで自己治癒しているのですから、おおらかによしよしの気持ちでいるといいと思います。

 あるいはお風呂とは関係なく泣きたい気持ちがあって、パパに泣いて甘ているのかもしれません。赤ちゃんだって。赤ちゃんだからこそ、些細なことでストレスを感じることがありますから、そのストレスを発散して泣いて癒そうとしているのかもしれません。ママは大変そうだから、パパに聞いてもらっているのかもね。

 癒しの子育てでお付き合いしていると、泣きたい気持ちを我慢してしまうことの方が、親子の気持ちがすれ違ったり、絆が揺らいだりになりやすいのを感じますから、そうして泣いてお話ししてくれるのはとってもいいと思います。「よしよし」「そうかそうか」と話し相手になってあげてください。

 もしそんなやりとりがわかりにくいようでしたら、相談室においでになってみてください。いらっしゃるときには予約が必要なので、電話をください。

 また、『子どもの「泣く理由」がわかる本−泣く力・甘える力を伸ばせば、必ずしあわせに育つ』か『「ニコニコ抱っこ」のすすめ』を読んでいただくといいかもしれません。

 応援しています。


〈相談者から〉

 お返事大変にありがとうございました。読ませて頂き、私たち夫婦にとって目からうろこの内容でした。

 泣かれること=嫌われていると思っていた主人はほっとしたのか、昨日の夜から一緒にお風呂に入るようになりました。息子も泣くよりむしろご機嫌な様子で、ときどき「きゃっ、きゃっ」言いながら親子のお風呂を楽しんでいました(^^)。アドバイスがなければ、主人もしばらく落ち込んでいたと思います。本当に丁寧なアドバイスをありがとうございました。

 これからも「抱っこ法」を参考に、楽しい子育てをしていきたいと思います。ご紹介のありました本も早速読ませて頂きます。また何かありましたら相談させて下さい。

 本当に本当にありがとうございました。




【3か月の娘が泣いて泣いて】

〈相談者より〉

 助けて欲しいです。3ヶ月の娘の母親です。

 生まれたときからよく泣く子でした。病院の助産師さんからも「よく泣く子だよ」と言われていました。2ヶ月前半まで毎日寝るのは2〜3時。それまで泣いて泣いて・・・という日々でした。

 それがやっと最近なくなり、日中の大泣きも少しずつ落ち着いてきたかと思っていたのですが、数日前からまた日中の大泣きが始まりました。

 もう泣き始めたら息がつまり、オッパイも飲めないくらいになります。真っ赤な顔でのけ反り足をばたつかせます。もうこうなったら、どうにもなりません。

 今回は『子どもが「泣く理由」がわかる本』を見てメールしました。

 ホームページの中に、「目が合わない、よく泣く、抱っこしてないと眠らない、抱くとのけぞってしまう」という相談の実例がありましたが、まさにうちも同じです。しかも興奮すると手をグーにしたまま思いっきり口にいれ、顔を振りながら押し込むような感じになります。

 今日も物凄い大泣きになり、時間も少し泣き止みながらも2時間。私も途中で泣き、そのうちイライラし始めこのままでは子供に何かしてしまいそうで怖い気持ちで一杯です。

 思いつくまま書いてしまい、ばらばらの文章かと思いますが、私の住んでいる近くに相談できる方がいたら是非紹介してください。抱っこ法の本も注文しましたが、それを読んでから・・・と思っていましたが、もうそれまで待てる自信がありません。どうかお願いします。



〈返信〉

 返事が遅れてごめんなさい。
 『子どもが「泣く理由」がわかる本』を読んでメールをくださったのですね。何か少しでもお役に立ったのならうれしいですが、そうもいかなかったのでしょうね。メールからはお母さんの悲鳴が聞こえてきましたもの。

 ほんとにほんとに大変な毎日なんですね。生まれてからよく泣く赤ちゃん、毎日寝るのが2〜3時、それまで泣いて泣いての日々を、よく過ごしてこられましたね。どんなにかつらい日々だったことでしょう。お母さん自身も、出産からまだ体が快復してない時期ですから、どんなにかお疲れだったことでしょう。

 それが少し落ち着いたと思ったら、また大泣きなんですね。泣くと息がつまるようで、オッパイも飲めなくなるのでは、どうしてあげたらいいのか困ってしまいますね。

 なんでそんなに泣く必要があるのでしょうね。お母さんは充分にやってあげていらっしゃるのですから、何かがやり足りないわけではないですよね。赤ちゃんなりに泣く理由があるのでしょうけれど、言ってくれるわけでないからわからないですよね。理由はわからないけど、泣きたい気持ちはあるのでしょうから、今までなさってきたように、抱っこしてあげているのが一番なんだとは思います。

 でもお母さんが疲れ切って、どうにもできなくなっては大変です。誰か少しの時間でも代わってもらえる人はいないのですか? 誰でも助けてもらえる人は総動員して、お母さんが少しでも楽になるようにできるといいですね。

 赤ちゃんは泣きたいだけ泣いているので、それだけで楽になっているのですが、受け止めるお母さんは容易ではないですね。まずはお母さんをよしよしして、「こんなに大変なのによくやっているね」と労いたい気持ちです。

 援助者が近くにいれば、お母さんを支えることはできると思いますが、あいにくと近くにはいないのです。△△市まで行けばいるのですが、かなり遠いですよね。連絡先を書いておきますから、行ってみようと思われたら電話をしてみてください。

 援助者のところまで行けないなら、保健所や巡回保健師さんに相談してみるのはどうでしょう。お母さんが話を聞いてもらうだけでも違うかもしれません。

 メールではたいしたことできませんが、よかったらまたメールもどうぞ。
 応援しています。


〈相談者より〉

 ご丁寧なメールありがとうございます。とっても嬉しく、涙が出ました。

 実は昨日、注文していた「抱っこ法」の本が来ました。待ちに待っていましたので、一晩ですべて読みました。もう先へ先へ・・・という感じで読んだので、すべて理解したわけではありませんが、早速実践したことがあります。

 それは大泣きしたときに、
「泣いていいよ、お母さんもう元気だから」
「愛してるよ!大好きよ!大事なの!宝物なの!」
と声に出して言うことです。

 今晩も3回目の物凄い大泣きがやってきました。体もとても軽く感じられ、一瞬「どうしよう?」と思いましたが、主人も留守でしたし、私がしっかりしなければいけない状況でした。30分ほど泣いたところで、「愛してるよ!大好きよ!大事なの!宝物なの!」と言いました。すごい大きな声で泣いていたので「聞こえるかな?」と思いましたが、なんと泣き止みました。とても偶然とは思えない泣き止み方でした。赤ちゃんでも本当に言葉がわかるんだ!と思った瞬間でした。

 まだしばらくは足をばたつかせ、手で私をドンドン叩きながら泣く日が続くと思いますが、少しだけ光が見えたような気がします。ですが、他に気になる点もいくつかあるので、主人と相談して、紹介していただいた援助者に連絡をとってみたいと思います。

 今回この2冊の本に出会えて本当に良かったです。でなければ、子からのSOSに気づくことなく時間が過ぎていたと思います。本当に感謝いたします。ありがとうございます。

 実家の母や主人には私がこんなに育児悩んでいることをまだ言っていません。昔から母の前では「優等生でいなければ」という環境でしたので、未だに誰の前でも自分の弱い部分を見せることに抵抗を感じます。でも主人にまずは話しをしてみようと思います。これから長い時間、一緒に子育てをしていくパートナーですものね。

 このように貴重なきっかけを作ってくださってありがとうございます。またどうしても行き詰ったときにはメールをさせていただくかもしれません。その時はよろしくお願いします。

 本当にお盆の期間中にも関わらずありがとうございました。



〈返信〉

 少し光が見えたとのことよかったです。本がお役に立ってうれしいです。

 「泣いていいよ、お母さんもう元気だから」「愛しているよ!大好きよ!大事なの!宝物なの!」と声に出して言ったら、泣き止んだなんてびっくりびっくり。言葉が届いたのもよかったけど、お母さんの肝が据わったのが何よりだったのかな。いつもこうはいかないかもしれないけど、こんな体験ができたことは心強いですよね。

 お母さんはひとりで頑張ってしまう人なんですね。赤ちゃんはそんなお母さんを心配もしていたのかな。ぜひご主人と苦労を分け合って、甘えてくださいね。

 援助者のところに行ってみよう思われているのですね。お役に立てたらうれしいな。

 またようすを知らせてくださいね。
 これからも応援しています。



【あっちに行ってほしいの?】

 Cちゃんは7か月すぎて、少しずつ身のこなしが自由になってきました。寝ころんだ姿勢から起きあがってお座りし、腹ばいになり、またお座りしてと楽しんでいます。2か月前に相談室に初めてきた頃は、硬い表情で、動きも軽やかではなかったのですが、たんに成長したというだけでなく、体の動きを楽しんでいるという感じになりました。お母さんにもだいぶ甘えられるようになって、絆がしっかりしてきたからでしょうね。お母さんもかわいさが増して、いい循環になってきています。

 その日のCちゃんもずいぶんお母さんを意識して、お母さんの周りで動きを楽しんでいるようで、気持ちも穏やかなように見えたのですが、よくよく見ていると、ふっと甘えを我慢しているのがわかりました。そのたびに援助者が「お母さ〜ん」と代わりに呼んで、お母さんに甘えるように促して、お母さんに抱き留めてもらうようにしました。こんなかすかな振る舞いでは、普段お母さんは気づかずに過ごしてしまうだろうなあと思いました。

 Cちゃんはよく泣くということで相談に見えたのですが、最近ではずっと泣いているということはなくなり、必要なときだけになりました。甘え泣きが上手になって、ちょうどいい加減になってきています。それでもまだ泣かれると辛くなってしまうお母さんの気持ちがあるので、受け止めきれなくなるときがあるようです。そんなお母さんの気持ちは、お母さんもまたそうして育てられてきたわけで、無理もないことなんです。でもCちゃんはそんなお母さんを気遣って、お母さんが大変そうだとたちまち一人で頑張ってしまって、「お母さ〜ん」と甘えられないなくなるようです。泣いて甘えないだけでなく、甘えたいときに母さんに手を差し出したりする接近行動も控えてしまうようです。それが続くとさみしくなるので、また泣くことが多くなってしまうのかもしれません。

 お母さんに抱かれて満足して、また周りで遊んでとやっているうちに、少し泣きたい気持ちが出てきたみたいで、ほんとはお母さんに甘えたいところなに、泣かれるとつらくなるお母さんを気遣って、援助者の膝によじ登ってきたCちゃんです。そこで援助者がよしよしすると、かわいくえ〜んと泣いて、その後でお母さんに手を出して抱かれていきました。そんなやりとりを3回して、お母さんにずいぶんぴったり抱かれるようになりました。

 そこへ、阿部先生が「どうですか」と声をかけに来ました。するとCちゃん、お母さんからすぐに離れて、阿部先生の方に来ようとする気配になりました。するとお母さん、さっさと離してしまいそうになりました。阿部先生がせっかく来てくれたのだから、Cちゃんを抱いてもらわなくてはと思ったのかもしれません。Cちゃんも本当はお母さんがいいのに、「お母さんは、阿部先生の方に行ってほしいんでしょ?」と気遣って、お母さんに言われる前に離れようとするのです。気遣いの二人のようでした。

 「お母さんがいい」と言えないCちゃんと、「お母さんのところにいてよ」と言えないお母さんの、気遣い同士のボタンがしっかりはまってしまうのがわかりました。気遣いは優しさからだけど、さみしさを残してしまうのではなんにもならないよ。阿部先生がおいでと言っても、Cちゃんは「行かない」と言っていいし、お母さんは「行かせない」と言っていいんだよ。自分の本当の気持ちを大切にしてね。



【突っ張り赤ちゃん】

 目が合わない、よく泣く、抱っこしてないと眠らない、抱くとのけぞってしまう、という心配から、それぞれ4か月、5か月、9か月の赤ちゃんを連れたお母さんが、最近立て続けに相談に見えました。

 気がかりは同じでしたが、それまでの状況や、生育歴や、家庭環境はいろいろでした。でも、3人とも共通したところがありました。それは泣き下手なところです。お腹の中にいた時のことや、出産時のことなど、この世に生を受けてからの体験に泣きたいわけがあるようでした。慰められてすっきりしたらいいのですが、あれこれ慰めるまえに、まずはもう少し泣き上手にならないと始まらないという感じでした。泣き下手さんは落ち着くのも下手なんですよね。だからお母さんが自力で癒しの抱っこをしたら、よけいに泣くようになってしまって困ったという赤ちゃんもいました。泣きだそうとすると、あるいはちょっと激しく泣くと、息が詰まるように泣き方になってしまう赤ちゃんもいました。

 泣き下手になってきたきっかけや経過はそれぞれでしたが、泣き上手になってもらう道は同じです。まずはお母さんに、泣くことはいいことなんだと分かっていただく説明をしました。それでほっとして、赤ちゃんが泣いても「よしよし」が出来るようにちょっとなりました。でもどの赤ちゃんも、お母さんにいつものように縦抱っこしてもらって泣いているのをみていると、お母さんの胸を小さな手で押しやるようにするのです。つまり突っ張って泣いているのです。「お母さ〜ん」と甘えて泣けないのです。

 この突っ張りが、お母さんがよしよしするのを出来なくしています。「抱っこが嫌なのね」「母さんの抱っこは嫌なのね」「そんなに母さんは嫌なことした?なんなのよ!」の気持ちになってしまうようです。そうではなくて、今は泣くのも甘えるのも下手だから突っ張ってしまうのです。抱っこが嫌なわけではなくて、ましてやお母さんの抱っこが嫌なのではなくて、今はそういう甘え方しかできなくなっているのです。だからそこで突っ張りをそっととってあげて、お母さんにべったりくっつくように、繰り返しし手伝ってあげると、段々に甘えて泣くようになりました。そうなるとお母さんは楽によしよしが出来るのですよね。

 でも、泣き下手は落ち着くのも下手ですから、ほんのちょっと1分くらい泣いてもらって、そしていつもの泣きやみやすい姿勢になってもらって落ち着かせて、を何回か繰り返しました。息が詰まるように泣き方になってしまう赤ちゃんの場合は、なおのこと慎重に事を運びます。お母さんにぴったり抱かれて、甘え泣きができるようになったところで終わりにしました。

 どの赤ちゃんも2回目においでになった時には突っ張りが減って、お母さんもよしよしがしやすくなっていました。でもまだ横抱っこはこれからです。まずは泣いて落ち着くサイクルを取り戻してきたところからと思っています。そしてあれこれの慰めはその後ですね。でもこうやって甘え泣きが出来るようになったら、あれこれの慰めはもういらない、ということも少なくないのですが。



【赤ちゃんの言い分】

 最近、3か月の赤ちゃんに続けて出会いました。どちらの赤ちゃんもすごく泣き、しかもだんだん激しく泣くようになって、おっぱいを飲ませても抱っこしても泣くので、お母さんが不安でたまらなくなり、相談室に来られました。

 一人目のYちゃん、すごく泣くと聞いていたけれど、相談室で抱っこからおろされたら、泣くどころかニコニコ笑いかけてくれました。お母さんが言うには、外に出ると機嫌がよくなって、家でお母さんといると泣いてばかりだということでした。それは、お母さんには心の中の全部を見せてくれることで、お母さんを信頼して頼りににしていることなんですよね。つまりお母さんには甘えられるのです。でもお母さんは逆にとっておいでで、お母さんがイヤだからと思われていたようです。それでは悲しくて寂しくて、お母さんとしての自信もなくなってしまうでしょう。その心のカラクリがわかったので、お母さんはちょっとほっとして、いよいよYちゃんの気持ちを聴くことになりました。

 下に寝ていたYちゃんを、お母さんが抱きあげて横抱っこにすると、Yちゃんはたちまち泣きだして、だんだんに激しい泣きになりました。「なぜ泣くの?どうしたの?」とお母さんはやはりすぐに不安になっておられました。お母さんが不安になっていると、赤ちゃんも不安になって、泣けてしまうけど泣いてはいけないとブレーキをかけつつ泣くので、喉を詰まらせる泣きになったり、悲鳴のような叫び泣きになったり、とても苦しい泣きになってしまいます。そうするとお母さんはますます不安になってと、悪循環になるのですよね。

 Yちゃんはそれほど苦しい泣きではなかったのですが、それでも初めはお母さんが不安そうだったので、一旦縦抱きにして、泣きを静めてもらいました。そして泣いて甘えていることはとていもいことで、先ずは泣くわけがわからなくても、甘えてくれているんだ、泣きたい気持ちがあるんだと、ただヨシヨシしてあげることが大切なことをお話ししました。すると、「ああ、泣いて甘えていたんですね。泣くことはいいことなんですね」と、お母さんはちょっとほっとされて、それからはずいぶんおおらかに泣きにつきあえていらっしゃいました。でもまだ3か月なので、1分くらい泣き声に耳を傾けては一休み、2分横抱っこしては縦抱っこで落ち着くという感じで、少しずつにしました。Yちゃんはだんだんに体がゆったりして、柔らかい泣きになって、穏やかな顔になりました。

 それでもなんだかまだこれで終わりという感じがしないで、何か今わかって欲しい気持ちがあるように感じました。それでお父さんのこととか、どんな毎日なのかなど雑談をしていたら、お母さんが思い出されたことがありました。Yちゃんが生まれる少し前に、Yちゃんといとこになるはずだった赤ちゃんが、生まれてこずに亡くなったということです。その話になったら、落ち着いていたYちゃんが、「そうそうそのこと」と言うようにぎゃっと泣きました。「悲しいね」と慰めと、悲しそうに泣いていました。お母さんはそのことについて涙ながらに話されて、Yちゃんはお母さんに話を譲ったかのように眠ってしまいました。Yちゃんにとっては、お腹の中のでの出来事だったのですが、お母さんや祖父母の気持ちを一緒に感じていたでしょうね。Yちゃんが生まれたときからすごく泣いていたのも、そんなわけもあったみたいでした。でもそのわけがわかったということよりも、悲しい気持ちで、母さんとそしてさらに祖父母と心が通じ合い、ひとつになって繋がった、そのことがよかったのですよね。

 二人目のZちゃんもよく泣いて、抱っこして揺すっていないとならないし、夜も何回か目が覚めてしまうということでした。特に、おっぱいを飲むときに泣いてしまって、おっぱいをおいしくするマッサージを受けたりしていましたが、改善されないとのことでした。でもそれらの気がかりが、夏に実家に帰省したときからということでした。

 Zちゃんの場合は、わけがあるようで、そして親子の間で気持ちがつかえているところも、泣いて甘えていいんだよというところではないようでした。先ずは、実家でのことを詳しくお聞きしてみました。どうやらおっぱいを巡って、実家のおばあちゃんにあれこれ言われたことが、お母さんの心に引っかかっているようでした。おばあちゃんは娘や孫かわいさで言ってくれるのですが、お母さんにしてみると、自分のやり方はいけないみたいに言われているように感じて、苦しくなってしまったようでした。Zちゃん自身が気持ちを抱えて苦しくなってか、お母さんの苦しさを感じてか、おっぱいを飲むときになると泣きたくなるようでした。

 話しの合間に、Zちゃんはぐずぐず言いだしたので、おっぱいを飲ませることになりました。なるほどお母さんが心配するように、飲み始めたかと思うと直に離してしまいぐずくず、そしてまた飲んでは離してぐずぐず、飲む時間がどんどん短くなっていって、もうぐずりの方が多くなっていきました。おっぱいを飲みたいのに飲めないという感じで苦しそうでした。やはりおっぱいにまつわる気持ちがあるように見受けられました。

 おっぱいを飲むのは後にして、泣きたい気持ちに少しつきあったらいいと思ったのですが、おっぱいを飲むことでイヤな気持ちを思い出すならかわいそうとおっしゃいます。かわいい我が子を慈しむやさしい気持ちがいたいほど伝わってきました。でもね、おっぱいを飲むことで思い出す気持ちは、おっぱいを飲まないときでも心の中にあるのですから、触れないでしまい込んでいるか、触れて涙で流してしまうかなんですよね。いつまでも胸の中にしまっておかないで、思い出すたびにちょっとずつ涙で流してしまえばえば、なくなっていくのですよね。

 お母さんはそこまで話すと、そういえばこの間は、もう泣いていていいよとちょっと開き直ってしまったら、その後はよく飲んでぐっすり眠ったと、ご自分の体験を思い出してくださり、納得されたようでした。そうしたらZちゃんはにこにこ顔になって、オックンオックンと会話に加わっていました。「そうなのよ、わかってくれた?」と言うかのようでした。



【赤ちゃんでいてね】

 Qちゃんは6か月。キーキー声やうなり声が気になるとということで相談にみえました。妊娠しにくくて、5年目にやっと授かった待望の赤ちゃんでした。

 相談室に来たQちゃんは、笑顔も多くふっくらとしていて、見たところでは気になる感じではありませんでした。お母さんに詳しいようすをお訊きすると、とても頑張りやさんでおりこうにしすぎる気がするといいます。めったに泣かないしぐずらないし、手がかからない赤ちゃんとのことでした。切迫早産で1か月入院して安静にしていたり、へその緒が首に3周巻き付いていて、そのためか胎内であまり動かなかった。そんなことが心に引っかかっているのなら慰めてあげたいということでした。

 そんな話しをしている間、お母さんの膝に抱かれていたQちゃんは穏やかにしていました。どうやらそれらのことは今日のテーマではないようです。

 次にお母さんの辛い気持ちを話されました。赤ちゃんが生まれるまではやさしかった姑が、生まれてからはがらっと変わってしまって、付き合うのが辛くなってしまったといいます。細かいこと一つ一つにうるさく言って、そんなやり方ではダメ、そんなんじゃQちゃんがかわいそう、ダメなお母さんねとQちゃんにも言うのだそうです。初めての子育てで、そうでなくても自信がないしわからないことだらけでやっているのに、それをいちいちけなされてしまうと、もうどうしていいかわからなくなってしまう。姑はわりと近くに住んでいるのでよく来るが、もう会うのも苦しいので、しばらく来ないでもらっている。電話が鳴るのもどきっとしてしまう。夫に相談すると、気にしすぎだと言って、おまえが変だと責められてしまう。そんな話しでお母さんは涙を流されていました。

 その間お母さんに抱かれていたQちゃんは、お母さんをじっと見ていました。お母さんを抱っこしているようにも見えました。お母さんが話しをして少しすっきりしたのでほっとしていたようすでした。

 お母さんの話が一区切りして、苦しい気持ちを吐き出して少しすっきりしたころで、お母さんの気持ちがQちゃんに向くと、Qちゃんは急に目をそらしてもじもじしたり反り返ったりし始めました。お母さんの時間が終わって、今度はQちゃんの時間とわきまえているようです。「お母さんが心配だったね」言うとウエーンと泣き出しました。そこで「心配」の気持ちを慰めました。反り返って段々に激しい泣きになっていきました。涙はあまり出ません。でも5分くらいすると急に泣きやんでうなり出しました。そういう声も出すんですとお母さん。

 それはQちゃんからのサインのように思えて、慰めるのは止めにしました。微妙に顔をそむけているのをお母さんの方に向けたり、微妙に首が反り返っているのをそっと支え、「大好きよ」「可愛いよ」「大事な大事なQちゃん」「生まれて来てくれてうれしいよ。Qちゃんがいてくれることがしあわせ。見ているだけでもしあわせだよ」などと話しかけると、またやわらかくウエーンと泣いていました。

 Qちゃんはまだ6か月なので、まずは安心を実感してもらうことが大切です。慰めることで安心が広がることもありますが、辛いねえ苦しいねえと慰めるより、安心の懐で存在感を確かめることが一番大事なのです。Qちゃんは慰めに対して泣いてはいましたが、気持ちいい泣きではなかったようです。後半の安心を実感をしてもらった時の泣きは、とてものびのびとしていました。そして涙も出ていました。また5分くらいすると、おっぱいを求めるしぐさをしたので、おっぱいタイムにしました。これももういいというQちゃんのサインのように思われました。

 最後に、「Qちゃんはまだ赤ちゃんでいてね。安心して赤ちゃんでいていいよ」とお母さんが言うと、ふえーんと顔をくしゃくしゃにしてひと泣きして、懐にすぽっと収まりました。Qちゃんが赤ちゃんらしく小さくなった感じがしました。キーキー声もうなり声も出なくなり、涙をこぼしてのやわらかい甘え泣きになりました。お母さんがつらい気持ちを援助者に聞いてもらって楽になり、自分の気持ちは脇に置けて、Qちゃんに百パーセント気持ちを向けることができ、Qちゃんを丸ごと包み込むことができました。お母さんは大きい、Qちゃんは小さい、そんな本来の親子関係に戻ってくれたかな。



【お風呂をいやがる】

 とくに何を分かってほしいというのでもない。日々のささいなストレスが溜まっているだけ。だから、ただ泣かせてくれればいいの。という場合もよくあります。でも、分かってもらえるものなら、やっぱりあのことを分かってほしいな、という場合も少なくありません。懸命に何かを訴えようとしていますが、言葉で伝えてくれるわけではないので、なかなか分かりません。さあ、どんなふうに言い当てたらいいのでしょう。一つの方法は、

※気がかりな様子がいつから始まったか、
※その頃に何か思い当たることはなかったか、
※それがどうつらかったか、

と振り返ってみる、というものです。実例として、あるお母さんの体験を紹介しましょう。

 1歳7ヶ月の息子は「おふろ大好き!」−のはずでしたが、1週間ほど前、私がカゼで熱を出したのでお父さんに入れてもらった日を境に、大のおふろ嫌いになってしまいました。「おふろよ」の声でべそをかき、無理に入れようとすると、耳をつんざくような声で大暴れです。ふだんは、お父さんとも機嫌良く入浴していたので、その日はたまたま眠くてぐずったかな、くらいに軽く考えていました。ところが、その後もおふろに入れるのが至難のわざになってしまいました。元気になった私が入れようとしても、なのです。
 
 困り果てた私は、「抱っこ法」で解決を試みることにしました。まず、服を脱がそうとするところでぐずりだした息子を横抱きにします。そうすると、おっぱいを欲しがったりもがいたて暴れたりするので、「ちょっとお話しようね」と言い、さらにしっかりと抱き続けます。息子は顔を真っ赤にし、髪を逆立てて泣いています。
「どうしておふろがいやになったの?」
「お父さんと入るのがいやなの?」
「シャワー熱かった?」
「シャンプー沁みた?」
などと思い当たることをどんどん聞いていきます。

 あれこれ話しているうちに、ハッと思い当たり、「去年の……」と言いかけると、息子は「それ!」と言うように、いっそう大きく泣きだしました。ちょうど去年のいまごろ、私は持病の腰痛が悪化して、実家に戻っていました。腰の痛みがひどいときは、息子を入浴させることもできないので、代わりに妹に入れてもらっていたのです。私の実家とはいえ、息子にとってはよその家。母ではないひととの入浴は大きなショックだったようです。そして何より大好きなお母さんの体のことをほんとに心配していたことが分かり、私は思わず「ありがとう!」と泣いてしまいました。
 今年、同じ季節に体調を崩し、おふろに入れてあげられないというよく似た状況で、去年の辛い思い出がよみがえってしまったようです。

「大変だったね。お母さんのことが心配だったね」
などとしばらく慰めるうち、泣き方がおさまってきたのでおっぱいをあげ、二人でおふろに入りました。「抱っこ法」をしているあいだ入浴していた夫は、びっくりするやら感心するやら……。
「母は偉大なのよ」
とゆっくりほほえんだものの、実は私自身、思ったより早く問題が解決したことに驚いていたのでした。「抱っこ法」によって、息子の心の傷を癒すのと同時に、私の人生観も大きく変わったのでした。

気がかりな様子がいつから始まったか=1週間ほど前。

その頃に何か思い当たることはなかったか=母がカゼで熱を出したので父に入浴を頼んだ。

それがどうつらかったか=1年前実家で母が腰痛になったので叔母と入浴したのを思い出したかも。
ということになりますね。簡単でしょう?

 ある3か月の赤ちゃんもまた、それまで嫌がらなかったおふろを嫌がるようになり、「石けんが目に入ったのかな?」という問いかけをしたときに、急に泣き出しました。「石けんが目に入っていたかったね」「気づいてあげられなくてごめんね」「痛かったね。痛かったね」「これからは気をつけるからね。安心していいよ」などと慰めたあとで、またいやがらなくなりました。
 
 でも、いつもこんなふうにうまくいくとはかぎりません。どうしても分からないときには、
「ごめん、ごめん。分かってあげられないよ。でも、何かつらかったということは分かるから聞いてあげるよ」とでも言って、存分に泣いてもらえばよいのです。



【ひんぱんに目を覚ます】

 夜中に10分から30分おきに目を覚ましてしまう、という九か月の赤ちゃん。

 生まれてからよく泣く赤ちゃんだったそうです。ヘソの緒が巻きついてなかなか出てこなかったため、鉗子分娩になってしまったとのこと。その苦しさを訴えて泣いていたのかもしれませんが、ママにしてみれば、まさかそんなことで泣いているとは思わなかったにちがいありません。

 少しでも眠ってほしいという親心から、(最近では窒息事故のおそれがあるので望ましくないとされている)うつぶせで寝かせてみたら、2〜3時間続けて寝るようになりました。

 やれやれと思ったのもつかのま、月齢とともに目覚める間隔がますます短くなりました。そこで、泣くとオッパイを飲ませて寝かせつけていたそうです。 

 来談してしばらく遊んでいるうちに友だちとトラブル。ママに抱いて慰めてもらおうとすると、さっき飲んだばかりのオッパイをまたもやほしがります。生育歴の事情から無理もなかったことですが、「泣きたくなるとオッパイでまぎらす」というパターンが、赤ちゃん自身に取り込まれてしまったようです。日中泣きにくくなっている分だけ、夜中に目覚めて泣かずにはいられなくなっているのでしょう。

 飲み終わるとすぐママの膝から下りようとします。下ろさずに横抱きのままにしてもらうと、すぐに泣きだしました。「横抱きが嫌いで」とおっしゃるので、そうではなく、身も心もまかせるしかない横抱きにされると、泣かない我慢が外れそうになるので、横抱きにされるのを避けるのですよ、と説明しました。
 
 出産のときの話題に触れると激しく泣きだして、今度は、なかなか泣きやまなくなります。ママが動揺し始めるといけないので、ひとしきり泣いたところで、いつものようにオッパイで泣きやんでもらうことにしました。

 「『早く泣きやませよう』から『泣きたいときは泣いていいんだよ』にママの気持ちを切り換えてください。だからといって、オッパイでまぎらすのを一気にやめてしまうと、一転して、かつてのようになかなか泣きやまない心配になってもいけませんから、こんなふうに少しずつ少しずつ、歯止めを外していってあげましょう。そのうちオッパイでまぎらさなくても、ママの腕のなかで落ち着けるようになりますよ。そうなる頃には、夜もぐっすり眠れるようになるでしょう」と助言しました。

「泣いて訴えるのを我慢してしまう」
のも苦しいものですが、
「泣いて泣いてなだめにくい」
とママが困ってしまいます。
「元気に泣いて、ヨシヨシと聞いてもらって、さわやかに泣きやむ」
というのが理想的です。



【噛む】

 Aちゃんは8か月。6か月の頃夜泣きがひどく、本で癒しの抱っこを知り試みたところ、一時はよかったけれど、最近また夜中に起き出したり、困ったことにお母さんや祖母に噛みつくようになった、というような相談で来室されました。

 来室時眠っていたのですが、お母さんから話を聞き始め、「哺乳壜を嫌がって……」という話になったところで目を覚ましてぐずり出しました。ぐっすり眠っていたようだったのに、おとな同士の話が自分の関心事に触れたところで、そのことだよ、待ってましたとばかりに目を覚ますことはよくあります。

 泣き出したところでお母さんに抱っこしてもらって、訴えを聞くことになりました。哺乳壜が嫌いだった、という話で目を覚ましてぐずりだしたので、先ずはその話題を取り上げました。おっぱいは、はじめの数日は出なかったけれど、その後は出すぎて何度か乳腺炎をおこしたくらいだという。乳腺炎をおこしたときは飲ませられないし、お母さんが外出しなくてはならないときのことも考えて、哺乳壜の練習をしたのだが、どうしても飲んでくれなかったという。哺乳壜におっぱいを絞って入れてみたけれど、それでもダメだったのであきらめたという。そういえば生まれてすぐの時に、まだおっぱいが出ないので、砂糖水をやっても飲まず、ミルクも飲まずで、チュウブを入れられたとお母さんが思い出した。よっぽど哺乳壜が嫌いだったんだねと、「哺乳壜いやだった」「哺乳壜嫌い」と慰めた。よくよく慰めた。でもAちゃんはいっこうに落ち着かない。

 面接票に「切迫流産」という言葉が書いてあったので、そのことを取り上げてみた。でもそれは今日のところは素通り。それよりも、切迫流産で入院しているとき、おばあちゃんが亡くなったという話になって、Aちゃんの反応が変わった。 

 おばあちゃんは数年前から体調を崩していて、入退院を繰り返していたが、とうとう亡くなってしまったという。もう危ないと言うときに、医者の許可を得て、入院中の産院から、おばあちゃんに会いに行った。もう意識が薄れていたけれど、おばあちゃんの手を取ってお腹のAちゃんを撫でてもらってきたという。その5日後におばあちゃんは亡くなった。「会いたかったね」「抱っこしてほしかったね」と慰めるがそれだけでは納得しない。

 お母さんがおばあちゃんの看病のことなど話してくれて、とてもドタバタしていた中で、ひこっとAちゃんが来ていたという。何だかとても不思議な気がしたと。「おばあちゃんを元気づけようとして、それで急いできたんだね」という言葉をかけると、「そうそう」と言うようにほっとしてくる。「それなのに間に合わなくて無念だね」「間に合わなくて、Aちゃんの無念と、おばあちゃんの無念と、お母さんの無念と、お父さんの無念があるね」というと、けろっと泣き止んでにこにこ満面の笑顔になってしまいました。「何これ?」とお母さんがあっけにとられたくらい、けろっと。
 
 子どもの心の中につかえていた思いを、癒しの抱っこをして分かってあげると、子どもはとても満たされるのです。気持ちが伝わり、共感してもらうことは、子どもが一番求めていることです。それにしても、夜中によく起きるとか、夜泣きとか、噛むと言うことで、こんな気持ちを訴えていたんですね。



【4か月の娘に抱っこ法?】

〈相談者から〉

 はじめまして。私は譲り受ける形でビデオと本を入手させていただき、熟読させていただきました。

 私には4ヶ月になったばかりの娘がおりますが、本を拝見するまでは「泣く=授乳」という対応しか出来ずにいました。私なりに「抱っこ法」を理解したつもりで向き合っていくと、確かに何か訴えたい泣き方があること、は分かったのですが、言わんとしている事が的を得ていないようで、泣きを増発させてしまっているだけに終わってしまっています。

 幸い娘は穏やかな性格のようで、おむつや空腹の時には、「あう、あう」と声をあげて泣かずに呼ぶことが増えてきて、大泣きをするといっても1日1度あるかないか、といったところです。思いつく限りを語りかけて、「違う」と言われているような状態のまま泣きつかれて寝てしまっているようで、どうしても最後は「わかってあげられなくて、ごめんね」としか言えない現状です。

 ホームページを拝見させていただき、講演会があることを知りました。△△での開催はないのでしょうか?
 ビデオのように、直接指導させていただける機会があるのでしたら、場所や料金も含めて教えていただけると幸いです。


〈返事〉

 『心を育てる抱っこ法』のビデオと本をご覧になったのでしょうか。

 4か月ということですから、まだ、抱っこ法というより抱っこのときですね。泣いたときにすぐに行って、まず抱き上げて守られている感覚を伝えて、そしてどうして欲しいのかなと欲求を汲み取って、そして満たしてあげる。育児はそんな繰り返しですよね。そんな繰り返しをしていくうちにだんだんに親子の歯車がうまく回るようになって、だんだんにお母さんは直感が働くようになるのですよね。そんな中で「泣く=授乳」はまだ必要なことも多いと思います。おっぱいは安心も一緒に飲みますからね。泣いたらとりあえずおっぱいを上げてみるのもいいのではないでしょうか。そうしているうちに、おっぱい上げても満足していないなあ、これは訴えたい気持ちもあるのかなあ、と考えてみたらいいです。

 さいわいあなたの家の赤ちゃんは、機嫌のいいときと泣きたいときのメリハリがついているし、自分から1日一回は泣くことがあるのですから、その時に「よしよし」と受けとめて上げたらそれで十分ではないかしら。どんな気持ちを訴えて泣いているのか分かろうとしながら、普通に抱っこで「よしよし」していたらいいのです。気持ちをわかってあげられればいいですが、分からないなら、泣きたい気持ちがあることだけわかってあげて、受けとめてあげれば満足しますよ。いっぱい泣けばいいのではなくて、「泣いて訴えて受けとめられて落ち着く」ということが大事なんです。

 お母さんは、もうすでにそんなやりとりは重ねてこられているのではないかしら。だから泣いて訴えることもあるけど、「あーあー」と声を出したり、目や仕草で訴えることもするようになっていますから、親子の気持ちのやりとりがうまく回っているように感じます。ただ赤ちゃんだって、まわりのおとなに気遣いもしますし、赤ちゃんだから感じる気持ちもありますから、その調整を1日一回の大泣きの時に癒しているのではないでしょうか。抱っこ法なんて構えないで大丈夫のように感じます。

 講演会は今のところ△△では予定がないのですよ。ごめんなさい。また東京でやりますけど。
 それから直接のご指導も、東京まで来ていただくことになります。△△方面からは何人も来てくださっていますが、JR錦糸町駅から徒歩5分ですので、乗り換えなしでいらっしゃっることができる地域ですといいですね。必要になったら声をかけてください。


〈相談者から〉

 こんにちは。以前、娘が4ヶ月の頃メールをしたところ、とてもご丁寧なお便りをいただきながら御礼もせずに失礼いたしました。娘も7ヶ月になりました。

 友人伝いに本・ビデオに触れて「抱っこ法素敵!!やりた〜い」という意気込みだけが強すぎて、結局方法にこだわる余り、娘を見失いかけてしまっていたことに気づきました。

 「まだまだ充分に抱っこをする時期」との先生からのお返事に、まずはとにかく抱っこだ〜と、逆抱っこグセ(私が抱っこしていたい)になるほど抱きしめて、チュウして、「大好き!大事な子!!」と愛情をたっぷり注いで育てています。

 それから、ホームページを隅から隅までくまなく読んで、「大好き」・・・の本と8年分の『しあわせ子育て通信』を送っていただき、子どもが寝ている間に少しづつ読んでいます。
 通信の中で、みなさんが心をそのままに文章に表し、心の底から愛情があふれているのを感じます。今、娘のことで取り立てて表面化した問題はない(私が見えていないのかもしれませんが)ですが、子育てに自信を持つ意味でも、もっと娘を大好きでいるためにも、育児の真ん中に「抱っこ法」を知れたら素敵だなぁ・・・と思いました。

 そこで、5月の講演会にはぜひ参加したいのです!!

      HOME