←HOME

  乳児期後半の実例A

「わたしとあなた」の時期 (9か月〜1歳半)

    探索のための安心基地になる
     泣き上手・甘え上手とは
    原しつけで軟着陸できる
    おむつ替えのやりとり
    離乳のやりとり

 後追いや人見知りが現れて、いざというときにはママでなくてはだめ、という母親への愛着と安心の関係が成立します。母親や信頼するおとなを安心基地として、まわりの世界のに興味を燃やして、探索に出かけていきます。 
      【一体感実感の大切さ】 
【お父さんの「泣いていいよ」】  【ママ〜ママ〜】  【地震の慰め】  【小さい張り合い】 
【夜泣きでくたくた】  【初回の相談を巡って  【1分の抱っこ】  【断乳しようかな】 
【自己表現を応援する体のやりとり】  【ボクにはできないよ】  【泣き上手は甘え上手】  【出す(表出)と入れる(飲む)】 
【まぎらしのおっぱい】  【おっぱいを片時も離さない】 【先ずお母さんにしっかり甘える】  【路線変更でうまくいった】 
 

【一体感実感の大切さ】

 1歳2か月のCちゃんと1歳5か月のDちゃんの相談を、同じ頃に受けました。Cちゃんは物を噛んでしまう、Dちゃんはママや友だちに噛みついてしまうという、ちょっと似た相談でした。そしてどちらのママも、泣かれたりクズられたりするのがとても辛いというのも同じでした。泣いていいというのは本を読んで分かっていて、気持ちの我慢はさせたくないと思っているけど、日常では泣きを受け止められない。気持ちの我慢が気がかりの様子を見せるんだろうと思えるけど、どうしていいかわからない。泣いてもグズっても受け止められるようになりたい、という切実な願いもどちらのママ持っておられました。

 面談表に書かれた生育歴を見ると、CちゃんもDちゃんも、月齢の低い頃から、抱くと反り返って、特に横抱きは嫌いなそぶりを見せていたようでした。その頃は癒しの子育てにも出会っていなかったママたちなので、抱くと反り返ってイヤなそぶりを見せるし、そのまま抱いていれば泣くので、イヤなことはさせたくないと、縦抱っこや背面抱っこで過ごしてきたようでした。我が子が抱っこすると身を任せてくれて、穏やかな表情で見つめてくれたり、腕の中で安心したように眠ってくれたりすることで、子育ての苦労が報われるし、ママの自信にもなると思うので、しんどい子育てだったのではと、心痛く思いました。

 最初の2〜3回の相談では、ママが泣かれるのが辛いし、反り返られるのを抱き続けるのも無理のようなので、援助者が代わって抱っこしました。そしてそばにいるママが辛くならないくらい1分とか3分とかよしよしして、ママに返して縦抱っこで落ち着くというのを、何回か繰り返しました。子どももママの様子を感じているかのようで、これくらいでいいというところで、ママの方に行こうとするのをキャッチもして、ママに返すのでした。

 そんな経過で2〜3回の相談を経て、2人のママはまた同じ頃の相談で、大きな局面がありました。その相談では、それまでのように何回か援助者が泣きに付き合って、最後の最後にママの抱っこで反り返らずに抱っこされて可愛く泣けて、そして泣き止んで、ママの腕の中で身を任せてしっくり抱かれることができたのです。すぐに降りようともせず、もじもじもせず、ママの懐に包み込まれて、ママと子どもとの全くの一体感がそこにありました。この一体感をこそママはずっと求めて、得られなくて辛かったのだと思いました。

 一体感を実感された日の帰りは、「なんかできそうな気がする」と希望を持たれ、ママの顔が輝いていました。よかった!



【お父さんの「泣いていいよ」】

 上のお子さんの相談の間、1歳5か月の下のお子さんにお父さんが付き合っていました。下のお子さんが泣き出すと、お父さんはお母さんから抱っこ法の話は聞いていたので、「泣いていいよ」と抱っこしてくれていました。

 援助者は上のお子さんとお母さんのお相手をしながら、お父さんと下のお子さんのようすを気にしていたのですが、お父さんの必死さが涙ぐましいほどに伝わってきていました。お父さんは「泣いていいよ」と頭ではわかっているのですが、泣かれると気持ちはつらいようなのですが、お子さんのために必死で抱っこしてくださっていたのです。なので下のお子さんはずっと泣いていました。

 ところが少ししたら、下のお子さんの泣き方が少し怒ったような、苦しいような泣きに変わりました。あれ?と思ったら、お父さんはかなりつらくなってしまって、でも何とか頑張ろうとしてくださっていていました。つらくなっても頑張ろうとすると、つらい気持ちをしまい込んでしまうしかなくなるのでしょう。お父さんが気持ちをしまい込んで抱っこを続けていると、子どもは親思いですから、親がつらそうなら泣くのを我慢をしようとしまいます。でも、すぐには泣き止めなくて泣けてしまう。すると、「泣いてしまう」でも「泣いてはいけない」という葛藤になり、それで苦しい泣きになるのです。こんな時は泣いてもすっきりしなくなってしまいます。

 抱き手であるお父さんやお母さんが泣かれるとつらいときは、そのつらい気持ちをしまい込まないで、つらさを感じたままでいてくれると、子どもはちょっと安心。そしてつらすぎるところまで来たら、それ以上は頑張らないで、「今は(今日は)ここまでね」と終わりにしたらいいのです。お父さんお母さんの気持ちを大事にして、気持ちのつながった抱っこを少しずつにしたらいいですね。少しずつの積み重ねですね。



【ママ〜ママ〜】

 1歳2か月のUちゃん。気持ちを一人で抱えて甘え下手になっていて、お母さんをひっかいたり、自分の頭をゴンゴンしたり、わざとお茶をこぼしたり、イヤイヤも多くなって、お母さんがやってほしいことをやってもらえず、やめてほしいことはやめてくれず、どうしていいかわからなくなって相談に来られました。

 Uちゃんは相談室に入ってきたときから固まった感じで、玩具にも手を出さず、所在なさげにいました。ママに抱かれても固まった感じで、気持ちを一人で抱えて頑張っているようすでした。そこで援助者が足を触ると、その足を引っ込めました。でもまた伸ばしてきて、それが催促のように感じ、また触るとひっこめます。そんなやりとりをしているうちに、ちょっと遊びのようになって、Uちゃんの固まった感じが少しほぐれました。そして足を持っても大丈夫になり、次に手を持つと、足の時と同じように引っ込めては持ちのやりとりになりました。

 やりとりしているうちに、気持ちが動いてきたのを感じたので、放せと引っ込めようとする手を放さずにやわらかに張り合いました。するとUちゃんはやっとうえ〜んと泣き出しました。でも、すぐに喉が詰まるような苦しそうな泣きになるので、ほんのちょっと泣きたい気持ちに寄りそって、そして縦抱っこにして泣き止む手伝いもしました。ちょっとずつを繰り返しやるうちに、Uちゃんは少しずつ楽に泣けるようになり、それにつれてママの抱き具合も、フィットしてきたようでした。

 でも、ママと目を合わせようとしないUちゃんで、ママは寂しいといいます。そこで「ママ〜ママ〜」とUちゃんに代わって援助者がママに呼びかけると、呼びかける度に泣いて、段々に目を合わせるようになりました。そして目が合う度に泣けるようになったUちゃんは、かわいく楽にうえ〜んと甘え泣きになっていきました。

 「ママ〜」と泣いて甘えたかったUちゃん、「ママ〜、大丈夫?」と言いたかったUちゃん、「ママ〜、あのね」と気持ちを伝えたかったUちゃん、ママ〜と甘えたいいろんなUちゃんがいたのでしょう。でも「ママ〜」と言えない甘え下手のUちゃんだったのですね。それではお互い寂しいよね。

 「ママ〜ママ〜」と呼ぶほどに、甘え上手になっていったUちゃん。これからは援助者が仲介しないでも、「ママ〜」と甘えられるように手伝うからね。



【地震の慰め】

 Wちゃんは1歳2ヶ月。大震災があったとき、茨城のママの実家にいたそうです。大きな揺れを感じて、すぐにママはWちゃんを抱いて家の外に飛び出し、治まるのを待ちました。おばあちゃんが車で出かけていたので、ママはそのことが先ず心配になり、携帯電話をかけましたが、すでに通じなくなっていて、連絡がとれないことで余計に心配がつのりました。仕事に行っていたパパともおじいちゃんとも連絡がとれず、更に心配が大きくなりました。

 さいわい家族はみんな無事でほっとしました。でも、実家の家はものが落ちたり倒れたりめちゃくちゃで、停電もして、その夜はやっと寝られるスペースを作ったけれど、おとなはみんな眠れませんでした。実家の屋根や壁にも被害を受けて、津波の被害は受けなかったけれど、地震の大きさをあらためて感じたそうです。電車が動かなくなっていたのでパパが何とか車で迎えに来てくれて、自宅に帰ってきたのは4日後だったそうです。

 予約をされたのは地震の前で、4月から保育園にWちゃんを預けることになるので、その前にそのことを巡って、気持ちを聞いたり慰めたりしたいということでした。でも、予約日に来られたときには、先ず地震のことを慰めたいと、ママの思いが変わっていました。それはそうですよね。

 ママは癒しの抱っこは今までもしてきたので、ママに横抱っこして始まりました。ママが上記のような地震の日からのようすを、援助者に話す間、Wちゃんは泣いたり泣き止んだりしながらママの話に付き合っていました。ママの話しがおおむね終わったときに、今度はWちゃんに「怖かったね」「心配だったね」など、慰めの言葉をかけていただきました。Wちゃんは少しは反応するのですが、それだけでいいの?というくらいの感じでした。

 ひとしきり地震の慰めはしてみたのですが、思ったほどではなく、ママに守られていたので、Wちゃんは大丈夫だったのかしらね、と地震のことから保育園のことに話題が移りました。

 それから3週間目の次の予約日。Wちゃんは保育園に行ってママを助ける覚悟ができているようで、ちょっぴりお兄さん顔になっていました。初めは慣らし保育で早くお迎えで、段々に時間が長くなるという話しも、納得して聞いていました。それでも保育園生活の日々のストレスは、子どもなりにあると思うので、泣き上手になっているといいね、帰ってきたときにちょこっと抱っこして一泣きするのもいいね、と話して、その日もひとしきり泣き上手の練習をしました。ところが、今日はもう終わりかなと思ったところから、地震のことで大泣きとなりました。

 ママと援助者が、放射能の怖さなど地震のその後のようすを話していたら、Wちゃんがむずかりだしたのです。そこでママに抱っこしてもらい、「怖かったね」「心配だね」と慰めると、大泣きになったのです。Wちゃんはとても怖かったというように、身もだえして泣いていました。身もだえするWちゃんをママがしっかり抱きしめることで、怖さをぬぐいとってもらうことになるのですね。ママは必死で抱きながら、「怖かったね」と心から慰めてくださいました。でも、Wちゃんの大泣きははなかなか収まらず、途中で縦抱っこにして、今日はこのくらいね、また怖い気持ちを聞いてもらおうね、と終わりにしました。

 ママは前回来たときに、地震のことには反応があまりなかったし、ママの気持ちもあの時よりずっと落ち着いて来ていたので、この日に地震のことでこんなに大泣きになることに、少しびっくりされていました。たぶんWちゃんは、ママが少し落ち着いて来たからこそ、訴えられるようになったのでしょう。

 ママが大変すぎるときには、子どもは協力して頑張ってくれるのですよね。こんなふうにママの気持ちと子どもの気持ちに、時間差ができることはあるのですよね。もしかしたらもっと後に、なんでこんなことくらいでこんなに泣くの?と、ママが戸惑うような感じで、地震の怖さを訴えてくるお子さんもいるかもしれません。

 まだまだ続く余震や放射能汚染、ママの不安はそう簡単には収まりません。でもママが不安に押しつぶされてしまうと、子どもは一人で頑張りきれなくなって心許なくなり、いろんなサインを見せるようになるでしょう。ママが少し落ち着いたときに、ぜひ慰めてみてくださいね。援助者もお手伝いしますから、連絡をくださいね。



【小さい張り合い】

 1歳3か月になるYちゃん。何回か相談に通われて、泣き上手になってきていて、気がかりも落ち着いてきていました。ところが3週間後の次の相談日に来たYちゃんは、また我慢の苦しい泣きになっていて、何でだろう?と不思議でした。

 Yちゃんのお母さんはずいぶん甘えさせ上手になって、家でも慰めの抱っこができるようになったのですが、最近は抱っこしてもあまり泣かなくなって、これでいいのかなあと思われていたようでした。そのあたりに何かヒントがありそうだと思いつつ、お母さんにYちゃんを抱っこしてもらいました。最初はうえ〜んと泣くのですが、すぐに泣き止んでしまいます。体にはまだ力が入っているので、やはり泣くのを我慢している感じでした。

 そんな様子を見ていたら、微妙に顔を背けているYちゃんがいました。その時は少しだけ起き上がり姿勢になって、顔がお母さんの顔と真っ直ぐにならない位置になっていました。そこでお母さんに真っ直ぐになる位置に戻していただきました。するとYちゃんの我慢が外れてうえ〜んと泣けました。少しすると今度は、ほんの少しだけお母さんの胸の方に顔を背けていました。そこでお母さんにまた真っ直ぐに向けてもらうとうえ〜ん。その次には、後ろに少しだけ反り返って我慢。お母さんが戻すとうえ〜ん。そんな小さい張り合いのやりとりを繰り返しているうちに、Yちゃんの我慢は外れやすくなり、甘え泣きができるようになりました。

 相談に来られた最初の頃は、我慢の仕方が見え見えだったので、お母さんにもわかりやすかったのですが、そんな微妙な我慢の仕方になると、つい見逃してしまうようでした。それで少しずつ我慢がまた強くなって、苦しい泣きになってしまっていたのですね。

 こんな微妙な我慢の仕方になったのは、それだけ楽になっているのは確かだと思いますが、お母さんとしてはレベルアップの時なのですね。Yちゃんもそれを望んでいたようで、泣き止んでいたYちゃんに、「お母さんの練習のために、ちょっと我慢してみて」と援助者が頼むと、微妙に顔をそらしてくれました。3回もね。お母さんが小さな張り合いをして顔を真っ直ぐに向けると、お母さんと目を合わせてかわいくうえ〜んと泣けて、お母さんも思わず「かわいい!」と抱きしめておられました。これで親子の気持ちがもっとつながるね。



【夜泣きでくたくた】

 10か月のMちゃん、夜に1時間おきに泣いて起き,おっぱいですぐまた眠るときもあるが、泣きが治まらないときもあって,お母さんはもうくたくた、イライラもしてしまって・・と相談に来られました。

 相談室にMちゃんは穏やかで落ち着いていて,援助者に笑顔も向けてくれました。そんなようすからは夜の大変さが見えませんでした。お母さんが面接票を書いている間もおもちゃをいじりながら穏やかに待っていました。

 さあ、お話を聞こうかなというところで、おっぱいとおむつを替えをすることになりました。おっぱいを満足そうに飲んで、おむつ替えも,ちょっと援助者が助けることで、スムーズに終わりました。「今日はおりこうだったね」とお母さん。いつものおむつ替えは動いて大変なんだそうです。

 そこからお母さんの話しを聞くと、お母さんは泣かれるとせめられているようでつらいという。そんな辛さを訴えるお母さんにはよく出会いますが、それでもお子さんのために何とかしたいと相談に来られるのですね。つらいけどそのままでは、子どもとの気持ちがつながらないし、子どもも甘え下手のまま大きくなっていき、新たな気がかりが出てくるのですね。気づいた今が好機と、お母さんのつらい気持ちとの格闘が始まりました。

 お母さんが泣かれることがつらいと、子どもは泣くまいと頑張ってくれます。なので最初の頃は泣きたい気持ちを聞くよと言っても、泣くまいとしながら泣けてしまい、苦しい泣きになるので、援助者がお母さんを支えながら、ほんのちょっとずつよしよししていきます。そんな時、お母さんをつらくさせたくないという、子どものけなげな気持ちに心打たれます。同時に、何とか子どもが気持ちを楽に表現してくれるようにと、自分のつらさと向き合うお母さんの堅気さにも心打たれます。

 でもね、泣かれるとつらいお母さんの気持ちは、幼い頃から抱えてきた気持ちとつながるので、そう簡単には静まってくれません。それでも援助者が支えながら回を重ねていく内に、お母さんがぐぐっとたくましくなる時があるのですね。Mちゃんのお母さんも、お付き合いして半年を過ぎた頃にそんな時がありました。甘えさせ上手になっていくお母さんに歩調を合わせるように、Mちゃんも甘え上手になって、気づいたときには最初の気がかりがなくなっていました。

 そして最近では、イヤイヤして甘えるも出てきて、お母さんは次のステップへのレベルアップをMちゃんに求められているようです。お母さん、ダダこね期も支えていくからね。



【初回の相談を巡って】

 生後8か月の女の子ですが、お母さんの気がかりは、

 生後5か月まではムダに泣くことはなく、おっぱいも良く飲むし、夜もぐっすり寝るし、母子のコミュニケーションは取れているように感じていました。

 ところが6か月になったとたんに、自己主張が強くなり、大泣きすることが増えました。母親の姿がちょっと見えなくなると、もう大絶叫です。昼寝から目覚めると、泣きながらフトンから這ってきます。

 おむつ替えもいやがってさせてくれないし、着替えも大変です。

 また、私に抱っこされるのをいやがります。横抱きにするとのけぞったり、降りたがったり、私の体を這い上がろうとしたりして、とにかく抱っこをいやがります。ママの抱っこを拒絶!?されると私もショックで、抱っこしてあげることも少なくなってしまいました。

 泣いたら抱っこであやしてあげる・・・ってことをあまりやっていません。自分でもだめだなと思うのですがおっぱいをあげてしまいます。そのへんがコミュニケーションが取れていないようでモヤモヤしています。おっぱいで泣き止ませるっていいのでしょうか? 

 娘とコミュニケーションが取れていない気がしています。娘に不満や言いたいことがありそうなのです。フッと真顔になるのが気になります。たまに歯ぎしりもします。私は娘に安心感を十分に与えてあげられていないんですよね・・・(泣)。一日でも早く娘の心の不安、不満、さびしさ等をいやしてあげたいです。 

ということでした。お母さんの抱っこでも落ち着かず、おむつ替えや着替えのような原しつけもうまくいかないとあっては、お母さんが不安になるのもわかります。
 本を読んで、家で自分なりに癒しの抱っこをしてみたものの、話しかけても反応がわからないし変化もない、とのことなので、家でやってみたように抱っこしてもらうと、もじもじしながらやがて泣きだしました。


〈思い当たることを慰めてもらうが・・・

 生まれたとき、促進剤を使い吸引分娩になったことが気になるとのことなので、お母さんと一緒になってあれこれ語りかけてみましたが、格別の反応はありませんでした。
 また、生まれてきたときどんな気持ちでしたかと伺うと、「親子で力を合わせてやりたかったのに、助産師にもう一回イキんで頑張りたいと言ったところ、これ以上は赤ちゃんの負担になるからダメです、と言われ、お腹を押されたりして残念で悔しかった」とのこと。赤ちゃんは泣きながらもお母さんの話を聞いている様子でした。出産時に味わった納得できないお母さんの気持ちが聞けてよかったのですが、赤ちゃんの泣き声にはあまり変化がなかったので、ひとまず縦抱きにしてもらうとすぐに泣きやみました。「人生思い通りにいかないこともあるよね」と支援者が言うと、赤ちゃんはじっと支援者の顔を見ました。
 また、「夫がそばにいるだけでイライラしてしまうので、そんな私の気持ちが伝わっているのかもしれない」と打ち明けてくれました。それは一大事。両親の仲がしっくりしていないでは、赤ちゃんは安心して日々を過ごせません。「子育てに協力的な夫だし、いいパパなんだけど・・・」ということなので、仕事ばかりで子育てに協力してくれない夫とか、母親になってしまった妻を自分のほうに振り向かせようとしている夫、ということではなさそうです。「幼い頃の思い残しを引きずっていると、その思いが夫に向けられてしまうこともありますが」といった話をしただけで、その場は終わりました。
 ところが、こんな深刻な話にも、赤ちゃんは相づちを打ちません。もっと切実なテーマがあるようでした。


〈むしろ泣き下手になっている〉

 おむつ替えがたいへんということなので仰向けに寝かせて、起き上がろうとするのを止めてもらおうとすると、息が詰まりそうに泣くので、すぐさま抱き起こして、縦抱きにしてもらいました。お母さんとしては、何か傷ついている気持ちを探り当てて癒してやりたいと思っていたようなのですが、どうやら、泣いて訴えることがひどく下手になっているようです。
 聞けば、生まれて1〜2か月くらいから抱くとのけぞっいやがっていたので、泣くとおっぱいでなだめてきたそうです。最初のうちは、「赤ちゃんは横抱きにすると、母乳のにおいでおっぱいがほしくて泣く」と聞いていたので気にしていなかったけれども、それからもずっとそうだったので、泣くとおっぱいを飲ませて泣きやませていたそうです。
「もしかすると、お母さんが気にしていた出産時のトラブルを泣いて訴えていたのかもしれませんが、泣くとお母さんが困るのでお母さんを気遣って、泣かずにがんばろうとしてきたかもしれませんね」と話しました。お母さんはそれを聞いて、赤ちゃんをいっそういとおしく感じたそうです。
「生まれたばかりの赤ちゃんがひどく泣き続けてなだめにくかったら困ってしまったでしょうから、泣くとおっぱいでなだめてきたというのは現実ベストの対処だったでしょう。でも、ここに来てそのままではちょっと苦しくなっているのではないでしょうか。これからは少しずつ泣きだし上手・泣きやみ上手にしていってあげましょうね」と伝えました。


〈まず安心〉

 そんな話をしながらの合間に、おむつ替えのときのような仰臥に誘って、激しく泣きだしたら即座に抱き上げてもらうを4回ほど繰り返したのですが、回を追ってお母さんが肩をしっかり押さえられるようになり、赤ちゃんも楽に泣きだせるようになりました。最後は、1分ほども泣きながら横になっていられるようになり、お母さんに縦抱きで抱き取ってもらったとき、お母さんの体に身をまかせて抱かれたので、「これまでこんなふうに、抱っこしたとき首に手をまわしてぴったりフィットしてくることがなかった」とのことでした。
 相談を終えて実際におむつ替えをしたときも、起き上がろうとする肩を支援者がちょっと止めただけで、泣きながらおむつを替えることができ、終わって抱き上げたら落ち着いていました。
 まだまだ泣きだし下手・泣きやみ下手を抱えたままの赤ちゃんですが、それを一気に解消するのは無理があります。初回の相談では、たとえ縦抱きではあっても、たとえしばしのことではあっても、お母さんの腕のなかで落ち着く実感を、親子に味わってもらうことができました。それに加えて、あおむけになっておむつを替えるという赤ちゃん期の原しつけへの見通しもできました。このとりあえずの安心感が、本格的な安心感に向けた取り組みの出発点になったのだと思います。


〈初回の相談を終えてから〉

 相談が終わってからのメールで、お母さんの思い残しについて、
「小さい頃を思い出すと、いつもさびしくて、甘えたり、抱っこやよしよししてもらうことがありませんでした。母親の気を引きたくて、いつもワルイ子でした。反抗期もひどかったし、結婚して家を出るまで犬猿の仲でした。相談から戻ったその晩、小さかった頃のさびしい私を思い出し、主人にも聞いてもらって泣きました。出るわ出るわ・・・(笑)。なんだか気持ちがずいぶんラクになったように感じます。そして主人に当たることが少なくなったようです(笑)! 今後も時々自分の気持ちもケアしていきたいと思います」
と知らせていただきのことでした。また、相談室で買い求めたおむつ替えの本を読んでみたところ、
「とても分かりやすくて、さっそくおむつ替えを実行してみました。そしたら一緒に協力してくれて上手にできたんです! 涙が出ました☆ 希望が持てました!」
とありました。抱っこと泣きについても、
「10分くらいギャンギャン泣いた後フエ〜ンと甘え泣きになったらおっぱいにしたり、寝てしまったり、を繰り返していました。普通に抱っこしてあげる回数も増えました。そうすると、普段からあんまり抱っこしてあげてなかったなあと反省しています。今までの分を取り戻せるくらいめげずにいっぱい抱っこしてあげたいです。そして私たち親子も、泣き上手甘え上手、泣きの受け止め上手甘えさせ上手になりたいです!」
とのこと、しあわせな親子関係を取り戻す第一歩を踏み出すことができたようです。



【1分の抱っこ】

 10か月のNちゃん、抱くと突っ張るし目を合わせないし、ふだんはあまり泣かないけど、何かで泣くとギャーッと悲鳴のような声で、なかなか泣きやまない。そんな時はイライラしてしまう。癒しの子育てを知ったお母さんは、我慢させてきたのかもしれないと、相談に来られました。

 相談室にお母さんに抱かれて来たNちゃん、下におろされるとお母さんにくっついて座り,援助者に笑顔を向ける。「笑ってくれるのね、うれしい」と援助者が言うと、「いつもこうなんです。外面はいいんです」とちょっと寂しそうなお母さん。かわいがりたいのにかわいがらせてくれない様子ですから、それは寂しいですよね。

 どんな感じになるのかお母さんに抱っこしてもらいました。いつもの縦抱っこです。でも縦抱っこでももじもじして落ち着いて抱かれていません。そこで横抱っこにしてもらいました。するとNちゃん一気に泣き出して、息がつまる感じになり、慌てて縦抱っこに戻してもらいました、かなりの泣き下手さんになっているのが分かりました。こんな一気泣きになってしまうお子さんは、ほんのちょっと、1分ほど泣きを受けとめて、縦抱っこにして、泣き止む手伝いをします。

 Nちゃんも、お母さんに横抱っこしてもらい、泣き出したら1分くらい泣きに付き合い、縦抱っこで泣き止んでを、何回か繰り返しました。最後には縦抱っこにしてもちょっとの間やわらかい泣きが続き、体もやわらかくなり密着度が増えて、ほんのちょっとだけれど甘え上手になったNちゃんでした。なにしろ気持ちを一人で抱えるのが上手になっているので、ギャーっと泣いていても、縦抱っこにすると見事にピタッと泣き止んでいましたから、これだけでもうれしい変化です。

 一気泣きがなくなり、ギャー泣きもやわらかい泣きになって来たら、お母さんが慰めたいことを慰めましょうねと、その日は終わりました。お母さんの腕の中で、やわらかく泣けて、そして落ち着く、ということができるようになった時、お母さんはNちゃんと気持ちがつながっている、大好きが通じ合っていると、実感され、お互い寂しくなくなりますからね。それまでお付き合いしますからね。



【断乳しようかな】

 Mちゃんはもうすぐ2才の女の子です。夜泣きが多かったり、家の中ではお母さんにべったりなのに一歩家を出ると反対に落ちつきなく動きまわって心配なことが多いと相談に見えました。

 前回は「パパとママの仲が心配だった」Mちゃんの気持ちが分かってお母さんは「それほどまでに…やさしいMちゃんありがとう」と感動されたのでした。

 それで赤ちゃんの頃からの夜泣きが一旦落ちついたのですが、またまた夜中に大泣きになって(今までは4・5回の夜泣きが大泣き1回、昼間泣いた日は泣かないと変わってはいました)、お父さんが「どこか具合でも悪いのでは…」と心配するほどになっていました。

 お母さんは、「2才になったら断乳しようかな」と考えはじめているのですが、最近急に飲んでいない方のおっぱいの乳首を、ギュッとつねる気がかりもありました。お母さんは痛さのあまり、Mちゃんの手を叩いてしまうこともあるようですが、それではかわいそうなので、つねられないように手を握ってとめてと工夫もしたそうです。でもほとんどは痛みをこらえるために、お母さん自身が自分の体をつねって、おっぱいの痛みを弱くしようとしていたのでした。

 お母さんがMちゃんのためにそれほどまで我慢しなければ…と思ってしまうには訳がありました。

 おっぱいが充分にでなくてミルクを足さなければならなかったのですが、「おっぱいで育てたい」という強い思いがあって、母乳育児の先生の指導を受けながら、8ヶ月以後は母乳だけで充分になるまで母子で頑張ってきたのでした。

 それにお母さん自身が育ってくる過程で、「有無を言わせず、しつけられた…」思いが強くて、子どもの気持ちを大切にしたいと考えているお母さんでした。断乳についても、実家のお祖母ちゃんから、「しつけがなっていないあなたのことだから、2才になっても結局やめられなくて、3才まで飲ませるんじゃないの」と言われて、「あんたにそんなこと言われたくない!」という気持ちになってしまうというお話しでした。

 そんな話をお聞きしている時、Mちゃんが丁度、「おっぱい、おっぱい」とほしがって泣いていたので、「おっぱいに優しくする練習」を提案してみました。Mちゃんにはおっぱいを飲みながら、もう一方のおっぱいを「やさしくなでなでする」練習をしてもらったところ、とても上手になでてくれるようになり、「上手、上手」と2人でほめたり励ましたりしました。お母さんは「こんなふうになでてくれたら、すごく気持ちがいいわ」と、Mちゃんに抱っこで話してくれました。そして「おっぱいなでなで」で気持ちよく泣いたのです。

 2才の誕生日にはママの育児方針に沿って、おっぱいを上手に飲んでくれたMちゃんと、充分に出るようになったおっぱいと、おいしいおっぱいをたっぷり飲ませたいと食事にも気を配ったお母さんが、「よくやったねありがとう」と大満足でバイバイできたらいいですねと話しました。

 そこでお母さんは、「誕生日のいつやめるかについても迷ってしまうんです」ということなので、「それはママが決めて、『Mちゃん、こうしようね』と言っていいんですよ」と励ますと、お母さんは、「朝たっぷり飲んでバイバイします」と決めて安心なさったようでした。

 子どもにとって断乳はやっぱり辛いものだから、「これほど辛いならいっそうのこと、『そんなに痛くするんだったらもうあげない!』とお母さんを怒らせて、けんか別れした方がいいかも知れないと思ってしまうかも知れないわね」と話すと、Mちゃんは大泣きになるので、「けんか別れなんて悲しいよ。さみしいけれど仲良くお別れして、いつでも『おっぱい』と言ったり、触ったり、のぞいたりチューしたりしよう」と話しました。お母さんも、「仲良く仲良くバイバイしようね」と慰めてくれました。

 今回のMちゃんは、抱っこされながらお母さんの肩を「よしよし」とするように、優しくトントンと叩きます。おっぱいを飲む前も、飲んだ後も、また今も優しくトントン叩くのです。

 私はMちゃんのトントンが分からなくて、「なんで?何があるのMちゃん?」と思ってしまいました。Mちゃんはまだ何か聞いてほしいことがあるかも知れない、という感じがあるのですが、「何が…」は全く分かりませんでした。

 仕方がないのでお母さんに、「Mちゃんが泣くとどんな気持になるの?」と尋ねてみました。癒しの抱っこを知る前は「もうやめてよ」と思っていたが、抱っこを知って泣くのに意味があったり、ストレスを発散することが分かったので、「聞いてあげなくちゃ」という気になるということです。それでMちゃんの「ママ…トントン」の意味が分かったような気がしました。

 Mちゃんにとってお母さんが、気持を分かってくれることは本当に嬉しいことだけれど、自分の気持や体調や都合を我慢して付き合ってもらうのは嬉しくない。子どもは皆、向上心を持っていて、お姉さんになりたいし、お母さんを助けたい気持があるから、頑張る時と甘える時のメリハリをつけてもらえると、子どもは嬉しいし、お母さんも子育てが楽になるとお話しました。そして、「今はがんばろう」という付き合い方の練習をしていただくことにしました。

 方法としては、Mちゃんに横に寝てもらって、お母さんにMちゃんの手と頭を支えてもらいました。起きあがろうとするMちゃんを押しとどめて、「起きたいね」と共感しつつ、「でも今は横になってね」と体で付き合うのです。お母さんにはMちゃんの「いやだ、いやだ」に共感して体に付き合うことで、Mちゃんの気持に添えることや押しとどめることが、お母さんの「こうしてね」という気持が、体を通して伝えられることを説明しました。私はずっと足に付き合っていました。30分くらい大泣きが続きましたが、お母さんは「いやだよね」と言いながら付き合い続けて下さいました。

 その後Mちゃんはすっかり落ちついて、スムーズに着替えができました。お母さんは終わって、「私もこんな風にしつけられたら良かったですね!」と本当に嬉しそうでした。



【自己表現を応援する体のやりとり】

 1歳半のCちゃんが、最近夜泣きが激しいということで、相談に来られました。Cちゃんは昼間はぐずることも少なく、お利口にしているそうです。Cちゃんがお腹にいる頃から、お父さんの仕事がうまくいかず、お母さんが仕事をしながら子育てをしていて、とても大変だったそうです。そんなお母さんを見ていて、お利口にしてくれていたのでしょう。Cちゃんは頑張ってお利口にしてきたけどかかえきれないで、夜泣きが続いていました。

 1回目のその日は、お母さんが泣かれるのがつらいように感じたので、体のやりとりからしてみることにしました。自己表現を応援する体のやりとりです(体操と言ってやることが多いです)。Cちゃんを仰向けに寝かせてもらい、援助者がCちゃんの脚を屈曲するやりとりをしました。ゆっくりと無理のない可動範囲で曲げていきます。その時に、「Cちゃんの動きたいように動いていいよ、どこまでもついて行くからね」という気持ちで、脚に寄り添っていきます。

 Cちゃんは最初はお利口なCちゃんの様子が伺えるような、おずおずと援助者の動きに合わせるような動きでした。それで、かすかでもCちゃんからの自発的な動きが出たときに、その動きを丁寧に拾って付き合いました。そして、かっこいいねとか、可愛いよと、声もかけました。するとCちゃんからの動きがどんどん出てきて、そのうち気持ちも動いて、かわいく泣きだしました。そこでお母さんに普通に抱っこしてもらいました。Cちゃんはお母さんにピッタリと抱かれていました。親子の気持ちがつながったときです。

 その夜に泣き出したとき、お母さんは「心ゆくまで泣いていいよ」と抱っこしてくださったそうです。でもあまりに泣き続けるCちゃんのようすに、お父さんも起き出してきて、お父さんが抱っこしてくれると、Cちゃんはあっという間に泣き止んで寝てしまいました。朝までぐっすり寝てくれたそうです。お父さんがお母さんにやさしくしてくれたので安心したのでしょうね。それからは夜泣きがだいぶ落ち着いたそうです。

 Cちゃんはきっと、だんだんに昼間に泣くこともできるようになって、ダダこね期で自己主張もするようになり、少しお母さんを手こずらせるようになるでしょう。お利口は気持ちが通じ合わないて寂しいからやめて、甘え上手になっていくでしょう。お母さんはうれしい反面大変にもなるかもしれません。その時はまた応援しますねとお伝えしました。

 体のやりとりは、自己表現が控えめなときは、この日のような子どもの動きに寄り添うようなやりとりになります。でも自己表現が上手になってきたときには、「Cちゃんはこうしたいんだね。でも今はこうしてね」という、自己表現を支えながらも、おとなの言うことも聞き自制心も育てる、こちらから働き掛けるやりとりも大事になります。

 Cちゃん、今度来たときには、張り合いある張り合いをしてあげるからね。



【ボクにはできないよ】

 1歳半になるEちゃんは、パパが仕事に出かける時は、毎朝大泣き。ママはそんなにパパがいいのとヤキモチ焼けてしまうくらい。でもパパが家に帰ってくると、何かと突っかかって、「パパなんか行っちゃえ!」というかのように玄関から押し出そうとしたり、「パパ、イヤー!」なんていうしで、どうなっているのか、子どもの気持ちがわからないとママ。

 援助者がお子さんを抱っこして、ママの話をお聞きしていくと、ママは出産後からマタニティブルーで、元気がでないでいるので、パパや誰かがいてくれる時は紛れるのだけれど、昼間子どもと二人になると、さみしくて気持ちが落ち着かなくなってしまうといいます。土日のパパがいる日が待ち遠しいのだそうです。

 「パパがいてくれないとボクにはママを助けられないよ。パパどうして行っちゃうの? どうしていつもいてくれないの? 早く帰ってきてよ。パパがいないとぼく困るよ」というのが、抱っこしてわかったお子さんの気持ちでした。

 ママが大好きで、ママに元気でいてほしくて、でも小さい自分ではどうにもできなくて、パパをとても頼りにしていたんですね。朝に泣いて後追いするのも、パパが帰ってきた時に八つ当たりするのも、パパを見込んでだったのですね。



【泣き上手は甘え上手】

 泣き上手は甘え上手、甘え上手はお母さんが大好きを受け取りやすく、大好きをあげやすい。だから親子の気持ちがとても通じやすくなって、お子さんの気持ちもいつも軽やかになって、自分らしくいられる。お母さんだってかわいくて仕方なくなって、子育てが楽しくなるはず。

 さすがのお母さんだって、わが子の気持ちが分からない時だってけっこうあるし、間違えることだってある。そんな時甘え上手は「そうじゃない」「こうがいい」「これはいや」と伝えられるから、お母さんもすぐに気づいてくれる。そしてまた気持ちがぴったりになる。

 それで泣き下手さんを泣き上手にしてあげようと、お母さんは頑張って抱っこ法をしてくださいます。すると泣き上手になるのだけれど、でもあまりに子どもの泣き上手がお母さんの泣かせ上手を越えてしまうと、お母さんはとても大変で、親子の気持ちがずれていってしまいます。抱っこ法なんかやらなければよかったとつぶやきたくなるのもこんな時かもしれません。

 相談に来られて、泣き上手に誘うときに、必ず泣き出し上手になるのと泣きやみ上手になるのとをお手伝いしているつもりですが、お子さんが泣いて和んでスッキリしてしっくり抱かれたり、気がかりが減っていったりすると、「泣くことはいいことだ」と頑張り屋のお母さんは家で一生懸命取り組んでくださいます。するとどうしても泣きだし上手にばかりなって、泣きやみ上手が置いてきぼりになるみたいです。子どもって本来は泣きだし上手で甘え上手なんですから、いいよと言われればけっこう簡単に泣きだし上手になれるみたいですよ。

 泣きやみ上手になるには、先ずは今まで助けてもらっていたおっぱいで落ち着くとか、立って揺すってあげるとか、好きなおもちゃを手渡してあげるとか、指しゃぶりだって助けてもらっていいのですね。そしてだんだんにそんな助けがなくても、子どもが自分で泣きやめるようにもなって、お母さんの懐で落ち着けることを目指していけばいいのですよね。少しずつね。

 お子さんにとっても、泣きやみ上手も手に入れていれば、泣きだし上手になるのも怖くなくなりますからね。何しろ泣くことで、お母さんを困らせたり苦しくさせたりするのが、親思いの子どもにとってはイヤなことなので、それで泣くのを堪えてきたのですからね。

 泣きだし上手と泣きやみ上手が同時に上手になるのが、本当の泣き上手なんですよね。本当の泣き上手が甘え上手なんですよね。お母さんが受けとめやすい甘え上手ですね。



【出す(表出)と入れる(飲む)】

 Vちゃんは1歳6か月。先週舌癒着の手術をしたが、おっぱいを飲まなくなってしまったと相談に来られました。手術した直後はちょっと飲んだが、ほんとにちょっとだけで、それからいっさい受け付けなくなったといいます。

 癒しの子育ての本を読んでいたので、なにも話さずに急に手術は怖がらせてしまうと思って、手術の前にちゃんと、手術の日やするわけを話して、わかってくれていたと思うのですが、おっぱいを飲んでくれないのです、とお母さんはどうしていいかわからないという感じでした。癒しの抱っこもしてみたけれど、ちょっとは泣くけど、すぐにお茶とかあっちに行くとか言って、膝から降りてしまう。「うまく泣けないが、ワケをわかってあげられなくて」とお母さんが泣きそうでした。

 手術の前までは、おっぱいで泣きたい気持ちを紛らしていたということなので、泣き下手になっているようでした。そこで、「ワケ探しをしないで、歯止め探しをしましょうね」と話す。そしてお母さんに対面抱きしていたVちゃんの足に、援助者がちょこっと触れると引っ込めて「うわ〜ん」。次に腕をそっと持つと払いのけて「うわ〜ん」。お母さんに言いつけるようにお母さんの目をしっかり見ながら「うわ〜ん」。援助者が誘いを休んでいると、催促するように見て、また手首を持つと「うわ〜ん」。それはそれはかわいいべそ泣きをしてくれました。だんだんに長く持たせてくれて、その頃には、しゃくり上げるように上手に甘え泣きができていました。

 甘え下手だったVちゃんですから、一気にいっぱい泣いてもらったら、逆に泣きやみ下手になってしまうので、少しずつにしましょうと、おっぱいチャレンジタイムにしてもらいました。

 おっぱいを飲んでくれないのが気がかりで、「飲んで飲んで」の気持ちがはやるのはわかるけど、泣くという出す働きと、飲むという取り入れる働きのバランスが大事ですからね。泣き上手=笑い上手=話し上手になるからね、とお話しして1回目は終わりました。

 結局そのセッションでは、乳首を口に含んだだけでした。でもそれもはじめてで、うれしいとお母さん。家でも取り組んでみるということで帰られました。飲んでくれたらいいけどな。



【まぎらしのおっぱい】

 ニコニコ笑うしあわせそうな、もうすぐ1歳になる赤ちゃん。何が気になるのですか、とお母さんにお聞きすると、抱っこ法を試みているが、泣いているときなかなか理由が言い当てられない、とのこと。ふだんの様子でどんな気になることがあるのですか、と重ねて聞くと、別にないということです。

 それだったら、ことさら抱っこ法などと考えずに、ふつうにかわいがって育ててくださればいいじゃないですか。

 と言っているそばから、赤ちゃんがおっぱいをほしがりました。
(あれ、ついさっき飲んだばかりだけどな)
と思いながら、
「ただし泣かせない子育てにだけは気をつけてね。よくある例は、おっぱいがやすらぎのおっぱいではなく、まぎらしのおっぱいになる例・・・」
と言いかけると、「ああ、それ、やっています」という答え。

 一方で抱っこ法を試みながら、一方では泣かせないようにおっぱいでまぎらしている。矛盾していますね、という笑い話で終わりました。

 さっき飲んですぐまたほしがるようなときには、ちょっとだけ待ってもらって、ちょっとだけ泣いてもらってからおっぱいにしたらいいですよ。一気に歯止めを外してしまうと、お子さんが混乱してしまいますからね、少しずつ泣き上手を取り戻していきましょうね、と助言しました。



【おっぱいを片時も離さない】

 Eちゃんは10か月。おっぱいを片時も離さない感じで、家事もままならず困っている。夜もずっとおっぱいを離さないので、寝不足になっているのではと心配。お母さんも眠れなくてつらい。ということで相談に見えました。

 相談室に来たEちゃん、お母さんの話しとは違っておっぱいを求めず、お母さんに抱かれたり、降りておもちゃをいじったりしていました。外に出ると他に興味が行くのでこんな感じにもなりますということでしたが、それにしてもごく普通に過ごしていました。

 面接票を書き終わったお母さんが、おむつ替えをしようと寝かせたらうぇ〜んと泣き出しました。するとお母さんは大慌てでおむつ替えをしようとして、でも泣いて起きあがってしまったら、立った姿勢でやりにくそうだけれど、そのまま替えていました。

 そんなようすに、今日のテーマは「泣かせない子育て」かなと予感しての始まりになりました。というのも、おっぱいが離せないのも、泣かれないように泣かれないようにとしているからかなと予想していたのですが、おむつ替えの時のようすを拝見して、やはりそうではないかなと思いました。

 お母さんに、「おっぱいを離してしまうとどうなのですか?」と訊くと、「泣きます」という返事でした。どうやら、泣く=子どもがふしあわせ=かわいそうという等式ができているようです。泣くこと自体が甘えで、泣くことで癒されてすっきりして、子どもにとってはしあわせなことなんだと話すと、そうなんですねとわかってくださいました。

 いつもおっぱいを飲んだばかりなのにほしがるので、ほんとうにおっぱいがほしいのではないのにほしがる、というお話なので、おっぱいでないなと思うときには、泣いてもちょっと待ってもらうといいですね、泣いて甘えたいときですからね、と話していると、さっそくEちゃんがおっぱいをほしがりました。来る前に飲んだばかりだから(近くにお住まいなので)、まだすぐにおっぱいでなくていいというので、では待っててもらう練習をしようということになりました。

 お母さんに抱かれると、Eちゃんはすぐに泣き出しました。「待っててね」というと一段と泣き声が激しくなります。でも、おっぱいを求める仕草はなく、泣きたい気持ちがあったんだ、泣くぞーというかのように、気持ちよさそうに泣いていました。それでも3分も泣くとお母さんが不安になられるようなので、少しずつにしようということでたて抱っこにして、落ち着いてもらいました。お母さんが不安になると、たちまち泣き方が苦しそうになるので、お母さんが不安にならない範囲がいいのですね。

 じゃあおっぱいにしようかと横抱っこにしたら、おっぱいより泣きたいのか、おっぱいを口に入れても飲もうとせず、泣いていました。そこでまたお母さんが不安にならない少しの間よしよしして、落ち着いてを数回繰り返したらすっきりしたようで、それからおっぱいをじっくり飲んでいました。時折かわいいべそをかきながら飲んでいて、お母さんはいかにも可愛いというように、頭をなでなでしていました。

 一眠りして起きてからのおむつ替えは、泣きながらも床に横になったままやらせていました。お母さんが泣かれても動じなくなっていました。そして2週間後においでになったときには、おっぱいのことは解決していました。夜も2回ほど起きるけど、おっぱいを飲むとぐっすり眠るようになっていました。泣く=泣いて甘えてくれている=幸せという新たな等式ができたのかな。



【先ずお母さんにしっかり甘える】

 Fちゃんは10か月。目が合いにくい、抱くと突っ張ってしまう、反応が弱い気がするなどの心配で相談に来られました。

 Fちゃんをお母さんに抱っこしてもらうと、縦抱っこでもお母さんの胸に手を突っ張ってしまって、ぴったり抱かれません。それで援助者が反り返る頭や手に後ろから支えて、「お母さんに甘えていいんだよ」と伝えると、しばらくうえ〜と泣いて甘ることができました。そして手を離すと泣きやんで、またちょっと突っ張って、手で支えると泣いて突っ張りがとれて、の繰り返しをちょこちょことしていきました。やるほどにお母さんに体全部を預けられるようになり、泣き方も柔らかくなって甘え上手になっていきました。

 そのあと、お父さんが一緒に来ていましたので、お母さんにしっかり甘える練習を手伝っていただきました。お母さんには「お母さんのところにずっと居てね。行かないでね」としっかり抱きしめていてもらい、お父さんに脇から「おいで」と、肩や腰のあたりを少し引っ張ってもらったのです。そしたら最初は、大好きなお父さんがおいでと言うから行かなければという躊躇が見られましたが、お母さんが「行かないで」としっかり抱きしめていると、だんだんにお母さんにしがみついて離れなくなりました。そんなことをしばらく楽しんだら、Fちゃんはとってもしあわせそうな顔になって、体も柔らかくなり、お母さんもすごくぴったりするとうれしそう。

 甘え下手のお子さんは、お母さん思いが邪魔をして、お母さんに抱っこしていたいのに離れようとしたり、お母さんの方がいいと言えなくて、お父さんやおばあちゃんの方に行ってしまうということがよくあります。お父さんもおばあちゃんも好きだけど、今はお母さんがいいと言えると楽ですね。先ずは、お母さんにしっかり甘えてくれるようになってほしいですね。Fちゃんまた手伝うからね。



【路線変更でうまくいった】

 Gちゃんはもうすぐ1歳。2か月前頃から相談室に来ています。最初の心配は、目が合わない、よく泣く、昼間は下にねないのでずっと抱っこやおんぶ、おいでと手を出しても知らんぷりなどでした。おかあさんはGちゃんに嫌われていると、自信をなくしてしまっていました。なのでお父さんがいたり、誰かが一緒の時はいいけど、子どもと2人の時間が苦痛になってしまうと言っていました。

 何回か通ってきているうちに、お母さんに甘えるようになって来て、お母さんも自信回復。Gちゃんがそっぽをむいたり、お母さんを避けるようなそぶりをしても、お母さんから手を差し出してあげられるようになりました。そしてそんなそぶりが見られるときには、家でお母さんが癒しの抱っこをできるようにもなっていました。

 ところがある日、子ども広場に連れて行ったときに、ある人から言われた一言で、お母さんは苦しくなってしまい、元気がなくなってしまいました。そしたらGちゃんがてきめんに、お母さんを避けるようになってしまったそうです。でもお母さんはすぐには元気になれないし、癒しの抱っこもできない心境でした。二人でしばらくどうにもできないでいたといいます。

 でもこのままでは、また前のように甘えられなくなってしまったら嫌だなと思ったお母さん、いわゆる癒しの抱っこはあきらめて、Gちゃんの動きをまねしてみました。ハイハイすれば一緒にハイハイして、何か仕草をすめばそれを一緒にやって、そのうち声が出てきたので、その声を一緒に出したり、そしたらGちゃんはいつの間にかお母さんと触れ合って、抱っこもせがんでくるようになり、にこにこ笑顔も戻って、お母さんが抱っこするとぴったり抱かれるようになりました。それからはまた甘えられるGちゃんに戻ったそうです。お母さんもその頃にはもやもやが小さくなって、ずいぶん元気になっていたようです。

 これもまた、みごとな癒しの抱っこです。やったね!お母さん! 
 @へ   HOME