←HOME

  乳児期後半の実例@

「わたしとあなた」の時期 (9か月〜1歳半)

 後追いや人見知りが現れて、いざというときにはママでなくてはだめ、という母親への愛着と安心の関係が成立します。母親や信頼するおとなを安心基地として、まわりの世界のに興味を燃やして、探索に出かけていきます。 
 
【一人で頑張ってしまう赤ちゃん】 【大好きが素直に伝えられるように】  【おっぱいもうやめるの?】   【しあわせな気持ちになった抱っこ】
【手で伝えていたんだね】  【出産時の気がかり】   【迷っているお母さんも大好き!】 【泣かれると怒りが】 
【甘えているようですねている】  【おっぱいより切実なこと】 【1歳前後の癒しの子育てって?】  【寝つきが悪いときの抱っこ】 
【妹の自覚】   【赤ちゃん体操】 【素直に気持ちを伝えてみて】  【抱っこをいやがる】 
【息が詰まるほどに泣く】  【過ぎ去った断乳の慰め】  【外出先で人見知りが激しい】  【おっぱいを飲まなくなったMちゃんNちゃん】 
 

【一人で頑張ってしまう赤ちゃん】

 Wちゃんは10か月。寝返りもお座りもハイハイもなんでも早くしてしまう赤ちゃんでした。今は伝い歩きができるようになってうれしそうということで、歩くのも早いのかなとお母さん。ところがずっと困っていることが一つありました。目が覚めている間はおっぱいを飲んでくれないのだそうです。仕方がないのでおしゃぶりをすわせて、うとうと眠くなったところでおっぱいをあげていたそうです。そのようにすると飲んでくれいて、それで大きくなってきたとのことでした。Wちゃんはお母さんのそんな苦労を感じさせないほど、ふくよかに健康そうに育っていました。母乳の手当に通っているところの助産婦さんに、何か心の訴えがあるのかもしれないから、相談に行ってみたらと言われて来室されました。

 何かそのきっかけとなることはないか尋ねると、生まれてまだ産院にいる時に、乳腺炎になってしまって、痛くてたまらなかったということがありました。お母さんが痛そうなので、気遣って飲まなかったのかなと、その時のことを抱っこで慰めることにしました。

 「お母さんが痛そうだったから、飲めなかった」「お母さんに痛い思いをさせるくらいなら飲まない」「お母さんのこと心配だった」などと赤ちゃんの気持ちを代弁していくと、かわいく泣いていました。でも何か今ひとつの感じです。

 他になにか思い当たることはなかったか聞くと、生後の3ヶ月くらいの間は、お母さんが不安でたまらず、自信もなかったといいます。初めての赤ちゃんですから、お母さんが不安になるのも自信が持てないのも当たり前ですが、でも赤ちゃんからみたら、「お母さん、大丈夫かな。私がしっかりしなくっちゃ」という気持ちだったのでしょうか。それでなんでも早くできるようになって、本当にしっかりしてしまったのかもしれません。

 「まだまだ小さいんだから甘えていいんだよ。助けてもらっていいんだよ。お母さんはおとなだから、大変そうに見えたって、Wちゃんを守ったり助けたりできるんだよ。それにお母さん、もう痛くないし、元気も出たから安心していていいよ」と話しかけました。そしたら少しうえーんと泣いたあと、お母さんをじっと見ていて、そして自分からおっぱいを求めました(口をおっぱいにくっつける仕草をしました)。そこでおっぱいを飲ませてもらうと、おいしそうにごくごくと飲んで、そして眠ってしまいました。

 お母さんが大変そうに見えると、子どもによってはこんなふうに自分から頑張ってしまうことがあります。お母さんが実際に大変な時もありますが、子どもが大変そうと思ってしまうと、お母さんを助けなきゃって頑張り出します。Wちゃんも、最近でこそお母さんが癒しの抱っこを家でやり始めたのもあって、少し泣き虫になりましたが、ずっと泣かないでお利口していてくれたそうです。

 Wちゃん、お母さん思いはうれしいけど、一人で頑張らないでね。まだまだ甘えていていいんだよ。



【大好きが素直に伝えられるように】

〈相談者より〉

 ご無沙汰しています。あれから1ヶ月、娘も1歳になり、保育園へ行くようになりました。まだ慣らし保育で送り迎えは私の母にお願いしています。娘は保育園で母が帰るとき泣きますが、園ではとてもいい子にしているようです。私が帰宅して抱っこをしても、すぐに母のほうに「抱っこしてーー」と行きます。私が見ると顔をそむけたりして、母にベターとくっついたりしています。その後、私に抱っこされたがったり、母に抱っこされたがったりと、行ったりきたりしながら大人をもてあそんでいるような感じです。

 さて、昨日久しぶりに抱っこ法をしましたら、今まで見たこともないような尋常でない泣き方に、少しショックを受けました。パニック状態で途中で呼吸が出来ないくらいの状態になり「息ができなくて死んでしまったらどうしよう」と慌てて縦抱きにしました。その後も縦抱きのまま、のけぞったりして暴れながら泣き続け、そのうち、悲しそうな泣き方に変わり、寝てしまいました。40分くらいかかりました。今日もまたやってみましたら、昨日よりは激しくなかったものの、やはり途中からパニック状態で呼吸が止まりそうになったので、慌てて縦抱きにしたら、今日は暴れずに悲しそうな泣き方になり、そのまま寝てしまいました。今日は20分くらいでした。

 どうやら慣れてきてエンジョイしているのかと思っていた保育園は、実はつらかったようで、つらいけれども頑張っていることをわかってほしかったようです。色々話しかける中で「おばあちゃんの家に行く?」というとその瞬間は泣き止んで真顔になります。が、あとは、何を話しかけても、とにかくひっきりなしに激しく泣いている状態です。

 抱っこ法で癒してあげられたら、と思いながらも、尋常でない泣き方をする場合は、すぐ縦抱きにしてしまってよいものか、そのまま泣かせてあげたほうがよいのか、アドバイスをいただけますと嬉しいです。また土曜日にでも、相談に伺えたら、と思っています。

 だいぶ肌寒くなってまいりました。御身体ご自愛ください。



〈返事〉

 お子さんが一歳の誕生日を迎えられたのですね。おめでとうございます。
 そして保育園通いが始まったのですね。別れの時は泣いて、それからは頑張れているのでは安心ですね。帰ってきてからも、お母さんにもおばあちゃんにも甘えられていて、いい感じですね。

 それでもお子さんにとっては、初めての外の世界ですから、もちろんストレスもあることでしょう。気持ちを聞いてあげるよと言えば、溢れてくるのでしょうね。でもまだ一歳ですから、ほんの3分とか5分にしてくださいね。泣いてストレスを発散するのも大事ですが、要は普段から甘え上手になって、気持ちを溜め込まないようになってもらうことですからね。そのためには、ちょっとずつ呼び水的に泣いてもらって、上手に甘え泣きが始まったらもう縦抱っこにして、そのままヨシヨシと揺すってあげていればいいのです。縦抱っこの時は、泣き上手をヨシヨシしながら、好きなときに泣きやんでもいいよという気持ちで、ゆったり抱いていてあげたらいいでしょう。泣き上手と共に、落ち着き上手になってもほしいですからね。

 横抱っこだと3分でも息が詰まる感じになるなら、横抱っこはやめにして、縦抱っこでヨシヨシしてくださいね。息が詰まるようになってしまうのは、泣き下手ということですから、そういう意味でも少しずつ丹念にがいいですね。お母さ〜んと甘えられるようになっていても、お母さんがちょっとでも大変そうに見えると、我慢して頑張ろうとするのが子どもです。そういうときにはまた、おばあちゃんの方がいいというそぶりを見せたり、お母さんの抱っこはイヤみたいな態度をとりますから、その時こそお母さんから手を差し伸べてくださいね。

 口をへの字にぎっと結んで頑張っているお子さんのかわいい姿を思いだします。お母さんもお仕事と育児の両立で大変でしょうけれど、親子の心がいつでも通い合っているしあわせを大切にしてくださいね。


〈相談者より〉

 お返事どうもありがとうございます。横だっこで泣かせるのはほんの3分、5分でよかったのですね。沢山(長時間、泣き止むむか、眠るまで)泣かせてあげるのが癒しなのでは、と思っておりました。

 芳子先生からのメールで、以前は口をぎっとへの字にかたく結んでいたのを思い出しました。このごろは以前ほどへの字ではなくなったように思います。少し表情がやわらかくなったように感じます。よく抱っこ、抱っことせがみ、甘えられるようになったからでしょうか。しかし抱っこするとすぐに「降りたい!」と身体をつっぱります。降ろすとまた「抱っこして」の繰り返しです。これはナゾの一つです。

 今日もやはり私が帰宅して抱っこすると、「おばあちゃんのほうへ戻りたい!」とおばあちゃんに向かって身体を向け、手を伸ばし、ぐずっておりました。それを行かせず頑張っております。

 娘が甘え上手になれるように少しずつやってみようと思います。また袋小路に入ってしまうようでしたら、相談室に伺わせてください。



〈返事〉

 そう、3分、5分でやってみてください。そしてその後に甘え上手が、もっと上手になっていればいいのです。でもずいぶん甘え上手になっているようで、その調子です。

 癒されたということは、お母さん大好きが素直に伝えられる、態度で示せるようになることですからね。そして安心してどんな気持ちも表現でき、自分自身でいられるということですからね。だから癒そうとするよりも、いかに泣き上手、甘え上手にしてあげられるかを考えてくださいね。そして子どもは親思いがゆえに、すぐに我慢して頑張ろうとするので、そこを見抜いてあげてくださいね。

 いつでも必要な時にはいらっしゃってください。応援しています。


〈相談者より〉

 抱っこ法、私は少々勘違いしていたようです。お母さん大好きが素直に伝えられるように、心を自由にしてあげて、泣き上手、甘え上手になれるように手助けしてあげるのですね。沢山泣かせてあげて癒してあげなくては、と「癒すこと」が目的になっていました。

 今日も横抱きにした瞬間やはり尋常でない泣き方だったので、3分どころか10秒くらいですぐ縦抱きにしましたが、3分くらい暴れながら激しく泣いていました。落ち着いてきたところで眠たいのかと思ってお布団に寝かせたら、にっこり笑ってご機嫌で眠りにつきました。

 しばらく自分でやってみて、また袋小路に入ってしまったら、相談室に伺わせていただきます。どうもありがとうございました。




【おっぱいもうやめるの?】

 Pちゃんは1歳5か月。今年に入って舌小帯の手術と、続いてもう1回ちょっとした手術をしてから、病院のようなところに行くと大泣きで、最近では電車に乗っても火がついたように泣くようになってしまった。子どもの心をよほど傷つけてしまったのでしょうか。そんな時に抱っこしているのも大変なほどのけぞってしまう。家にいる時は、絶え間なくおっぱいで、夜もちょくちょく起きておっぱいなので、お母さんも疲れて限界になってしまった。心に傷があるなら癒してあげたいしと、相談にみえました。

 相談室に来たPちゃんは、もう入口から泣いていました。「ここは痛いことしないからね」と説明するのですが、あたりのようすを見ながらしばらく泣いていました。泣かれることに困っているようすのお母さんに、「こんなふうに不安な気持ちを、泣いて伝えられて、泣くことで解消しているのですから、まずは泣けてよかったと思ってね。むしろ怖くても不安でも、その気持ちを我慢してしまうと、心に傷が残ってしまうのです。泣けるということはそれだけ癒されていることですよ」とお話しすると、お母さんはまずはほっとされたようでした。そのおかあさんの「ほっ!」が通じたのか、Pちゃんは安心したように泣きやんで、差し出すおもちゃをいじったりもし始めました。

 お母さんの話しを聞いたところで、Pちゃんがおっぱいをほしがり出しました。おっぱいをほしがった時に、本当におっぱいの時と、気持ちの我慢の時とがあるので、今はどうやら気持ちの我慢の気がするから、ちょっと待ってみてもらいましょう。ということでお母さんの抱っこで泣き出しました。「おっぱい飲んで我慢してしまった気持ち聞くよ」と「よしよし」して、2分くらいして、さあおっぱいにしようねと飲んでもらいました。1回目は、日常でもできる、そんなやりとりを数回体験していただきました。

 2回目に来た時には、おっぱいの間隔が少し長くなって、お母さんも少し楽になっていました。電車で泣くことはなくなり、大きな建物に行っても今までのような大泣きにはならなくなったそうです。その日は、手術にまつわる慰めもして、お母さんの腕で安心してぐっすり眠りました。手術のことはすでに日常でいっぱい泣いていたので、そんなに残っていないようでした。泣いた後の眠りは、安心をみなぎらす時なので、重いけどずっと抱っこしていてもらいました。目覚めたPちゃんは、くずらずに着替えをさせてくれていました。

 3回目に来たPちゃん、日常ではまたメリハリがついてきて、泣く時間と機嫌がいい時間があり、お母さんが泣かれることにだいぶ動じなくなっておいででした。この間のようすを聞くと、お母さんの実家に長期に滞在していて、お母さんの甘えられる時だったようです。でも何かその間のことで、Pちゃんの心に引っかかっていることがあるようすでした。なんだろうと、お母さんと援助者であれこれいってみるのですが、なかなかあたらず、Pちゃんは「もう!はやくわかってよ!」とじれ泣きになっていました。

 やっとわかったのは、「おっぱいもうやめるの?」とPちゃんが心配していた気持ちでした。というのが、実家に行っている時に訪ねてきた姉妹が、Pちゃんより少し大きくて、そろそろ断乳しようと思っているという話しが出て、それから断乳とか卒乳とかの話しになったそうです。Pちゃんのお母さんはまだまだたっぷり飲んでほしい、そして卒乳にしたいと考えているとのことで、おっぱいをやめることなど、その時には全く話していなかったのでした。なのにPちゃんは、おっぱいで苦労をかけていたこともあって、そんな話しを聞いていたら、Pちゃんがもうおっぱいをやめなければならないのだと勘違いをしてしまったようです。

 そういえば実家から帰った夜は、前のように大泣きで、おっぱいから一時も離れずにいたそうです。そして次の日の夜から昨夜までの3日間は、同じような状態だったけど、しきりに外に出たがって、外に出ると泣きやんで眠れたのだそうです。おっぱいなしで泣きやむ練習をしていたのかもしれないねと、そのけなげさに胸を打たれました。

 Pちゃんはお母さんに、「おっぱいはまだまだやめないよ。安心していっぱいのんでね」と言ってもらって、そしてその場で充分おっぱいを飲んで、とっても安心したように眠ってしまいました。今夜からは安心して眠れそうな気配でした。Pちゃんはニコニコ顔で帰っていきました。

 子どもって、おとなの話を聞いていてそんな勘違いもしてしまうのですね。わかってあげられてよかった。



【しあわせな気持ちになった抱っこ】

〈相談者より〉

 こんにちは。
 現在、一歳半の娘がひとりいます。
 抱っこ法は日本学校図書から出版されている本を、娘がまだ新生児の頃に初めて読んで知りました。それ以来たびたび悩んだり、落ち込んだり、自信がなくなった時に何度も読み返しては元気をもらっています。でも本を読んで、、原因を自分なりに考えても分からないことが出てきたので、思いきって相談に行ってみようと思いました。

 娘は割と早く十ヶ月の頃から歩き始めたのですが、歩くのが好きではないようで今まで長く歩いたことはありませんでした。「まだ歩き始めたばかりだし・・・」と思っているうちに半年以上経ってしまいました。他のお子さんは割とよく歩き、走り回っているのに娘はここ最近特に歩きたがらなくなりました。玄関のドアを一歩外に出たとたん抱っこをせがみます。歩くのが嫌いな子はずっと嫌いなままだという人もいて、「なんとか歩かせなくては・・・」と焦ってしまいます。
 
 私は力が弱く、長い時間の抱っこをしたことがありません。娘がもっと小さい時はあまり抱っこをせずに子育をしてきたような気もします。当時の抱っこが足りなかったから、今になって頻繁にせがむようになったのでしょうか? それとも私自信歩くことが嫌いなので私が楽しく歩く姿をみせてやらなければいけないのでしょうか?

 その他にも娘は未だに私の姿が少しでも見えなくなると泣いてしまいます。主人や祖父母ならいなくても大丈夫なのですが。人見知りはどうしてするのでしょう? 娘の心の中に何か不安でもあるのなら取り除いてやりたいと思います。

 今まで抱っこ法を試したことは何度かあるのですが、いまひとつ上手く引き出してやれないでいます。それどころか中途半端な慰めをしたためか、それが恐かったのか、横抱きをして、雰囲気をさっしただけで必死になって逃げようとします。

 近くに介助者の方がいらっしゃればいいのですが・・・。よろしくお願いします。



〈返事〉

 お子さんが歩いてくれないのと、人見知りがあるのがご心配なんですね。お母さんがお身体が弱い方なのでは、歩いてくれたり、お父さんやおばあちゃんに行ってくれたら助かるのにね。

 人見知りは、子どもの成長に必要なことで、1歳半ですとまだ終わらないのも自然だと思います。これからダダこねをして、ダダこねをするほどに自立心が育まれていって、そしてお父さんやおばあちゃんに、さらに子どもの世界にと広がっていきます。人見知りの時期は充分お母さんに甘えさせてあげるといいですね。充分なほど自立がスムーズに行きますよ。

 今はお母さんの姿が見えなくなる時には、「トイレに行って来るよ」とか声をかけてからにしてあげて、それでも離れない時には、どこに行くのも一緒がいいかもしれないですね。泣きながらついてきてもらったらいいですよ。

 歩かないのも甘えの一つだと思いますが、お母さんができないのでしたら、歩いてもらったらいいですよ。お母さんの体が弱いことは、お子さんはとても心配しているでしょうから、心をこめて頼んだら、きっと歩いてくれますよ。ただ、頼む時に、「心配だよー」という気持ちを泣いて癒されることも求めてきます。だから、お願いの抱っこをして泣いて癒されて、でもいざ歩くことになるとまたイヤイヤして泣いて、でも歩いてねと言って、泣きながら歩いてもらうのです。そんなやりとりもお子さんは甘えられていることになりますから、甘えながらお姉さんになっていけて、ダダこね期の付き合いへと進んでいけますね。そんなやりとりをしてから歩くと、お姉さんになれた誇りも残って、自尊心も育まれますよ。そろそろダダこね期にも入っているのでしょうね。

 抱っこ抱っこが多い子どもは、甘えることがまだ必要なのかもしれません。赤ちゃんの頃にお母さんが弱くて、抱っこが充分でなかったとしたら、今それを埋めているのでしょうね。なんとか体の負担にならないように工夫して、甘える抱っこをしてあげたらいいと思います。甘える抱っこはしてあげて、歩くことはしてもらってください。矛盾しているようで大事な両面です。今満たしてあげると、ダダこねも付き合いやすくなるし、自立もしやすくなります。満たされないと、ずっと引きずってしまって、お母さんもずっと苦労することになりやすいです。今ならまだ小さいから抱きやすいし、満たされるのも早いはずです。

 癒しの抱っこを試されたら、うまくいかなかったのですね。なにか辛いことがあれば慰めてあげようとしたのでしょうね。お母さんのやさしい気持ちは届いたと思いますが、慰めるより甘えたい時なのではないでしょうか。だから抱っこ法というよりは抱っこが必要な気がします。まずは抱き方はどうでもいいですから抱っこして、「かわいいかわいい」「大好き」「大事大事」の気持ちを伝えてください。

 阿部秀雄の最近の本『きっと親子がしあわせになる抱っこ法』を読んでいただくと、きっとそんなことがわかっていただけるかな。

 援助者はお住まいの地域にはいなくて、隣の地域まで行ってもらうことになります。ご紹介しておきますから、必要な時には行ってみてください。


〈相談者より〉

 御返事ありがとうございます! 『きっと親子がしあわせになる抱っこ法』をさっそく注文しました。しっかり読ませて頂いて勉強したいと思います。

 今、娘を就寝前に「抱っこしてあげようか?」といって抱っこしてあげると、とても気持ちよさそうに力を抜いて身をまかせてくれました。「抱っこ好き?」と聞くと「好き」と言うのでしばらくベランダに出たり、玄関の方に行ったりしながら抱っこをしていました。すると娘の方から「ねんね」と言うのでベットに連れて行ったら、自分で横になって布団を掛けてそのまま寝てしまいました。

 考えてみると育てやすい子だったので、つい親の方も手を抜いてほんとに抱っこをしてこなかったなぁ、と改めて反省しました。今日は私の方もとても幸せな気持ちにしてもらえました。これからも一日のうちのできる時に、抱っこをして甘えられる時間を作ってやりたいと思います。もうすこし私なりに試行錯誤してみて、うまくいかなければ援助者の方の所に行かせて頂こうと思います。

 また後日談を御報告させて頂きますね!
 今後ともよろしくお願いします。




【手で伝えていたんだね】

 Mちゃんは1歳になりました。順調に育っている中でのお母さんの気がかりは、夜に3〜4回起きることと、手をつないだり手に触ったりすると嫌がることでした。抱っこ法を知ったお母さん、何か言い分があってのことではないかと、家で慰めの抱っこをしてみたけれど、手応えがわからないということで相談にみえました。

 お母さんの横抱っこしたMちゃんは、すぐに可愛くうえーんと甘え泣きができて、「かわいい」とお母さんに受けとめてもらって、Mちゃんは満足そう。

 Mちゃんがお母さんに一番伝えたい気持ちってなんだろうということになって、お母さんは「ああしてあげなかった」「こうしてしまった」ということがあるようでしたが、Mちゃんが反応したのは、「お母さんが心配」でした。「心配」ということばに顔をくしゃくしゃにして泣きしました。お母さんは、Mちゃんが生まれてしばらく、体の調子が悪くて、やっと動いていたということでした。そんなお母さんを心配していたMちゃんだったのですね。「心配」で泣くMちゃんを、「こんなに心配してくれていたのね」と、お母さんも感動の涙が流れ、母子の気持ちがつながったときでした。しばらくお母さんはMちゃんを抱きしめて、その感動に浸っておられたようでした。

 母子の気持ちがつながって、ここで終わりにしてもよかったのですが、お母さんが手のことを気にされているようだったので、一旦縦抱きにしてもらっていたMちゃんを、再び横抱っこしてもらい、お母さんにMちゃんの手をそっと握ってみてもらいました。なるほどMちゃんは、嫌がっているかのようにふりほどきました。でも放されてちょっとMちゃんは寂しそうにみえました。そこでお母さんに、もう一度握って、今度はふりほどかれないで握っていてもらいました。握り続けていると、Mちゃんは泣き出しました。放してしまうと手からのメッセージがお母さんに届かなくなって、Mちゃんは寂しくなるのでしょう。

 その時お母さんがはっと思い出されたのが、生まれてすぐに抱っこしたかったけどできない状況で、でも目の前に連れてきてくれて、Mちゃんの手でお母さんのほっぺを触らせてくれたということでした。それが唯一の接触だったということでした。そこから出産時の話になり、赤ちゃんのようすから帝王切開になったので、生まれてすぐから母子同室のはずだったのが、3日間は離ればなれになってしまったそうです。お父さんが新生児室に会いに行ってくれたそうですが、出産直後はびっくりしすぎているように、ずっと手足をビクビクさせていたと言っていたそうです。その二つの話を聞いて、手に触れたり握ったりすることを嫌がるようすをみせるということが関係ありそうと思いました。

 そこで、出産直後のMちゃんの気持ちを思いやり、共感していくと、「一緒にいるよ」「一緒にいようね」と安心してもらう言葉、「一緒」がMちゃんに響いたようで、またうえーんとかわいく泣いていました。

 お母さんを初めて実感したのが手だったのですね。3日間離れていただけに、その小さな手に実感したお母さんは大きかったのでしょうね。Mちゃんはその手から実感したお母さんを力に、離れている3日間、寂しかったし怖かったけど頑張れたのでしょう。

 そしてその3日間の、「寂しい」「怖い」「助けて」「傍にいて」「抱っこして」などなどの気持ちを、手で表現もしていたのですね。まだうまく泣けないから、手でビクビクとさせて表現していたのでしょう。

 手から実感したお母さんに、そんないろんな気持ちを、手から伝えようとしていたようでした。手に触ったり握られたりして嫌だったのではなくて、手は雄弁だったのですね。その日はひと泣きした後は手を握らせてくれていました。Mちゃんの手からお母さんに、安心と大好きが届いたね。もっともっと安心と大好きが届くように、お母さん放さないでね。手でお話ししようね。

 夜何回か起きてしまうのは、おっぱいを飲むとすぐに寝てしまい、お母さんの許容範囲にあるようなので、もう少し甘えさせてあげるのもいいのかな、ということになりました。 



【出産時の気がかり】

 Fちゃんは1歳を過ぎたばかり。癒しの子育ての本を読んで、出産時のことがとても気になりだして、そのことでFちゃんが傷ついていて、それでよく泣いたりぐずったりがあるのではと、そのことを慰めたいと相談に見えました。本を読んで家で慰めの抱っこをしてみたけれど、そのことを話しても、そのことで泣くのかもわからないとのことでした。

 相談室に来たFちゃんは、初めはお母さんにくっついていましたが、そのうち少しずつ離れておもちゃをいじったり探索して、そしてまたお母さんのところに戻って来てというようなようすで、母と子の関係がうまくいっている感じがしました。そのうちちょっとおでこをぶつけてしまったらうえーんと泣いて、すぐににお母さんのところに自分から抱かれに来て慰めを求め、お母さんが抱きしめて「よしよし」したら、すぐに元気になってまた離れて遊んでいました。癒しの子育てから言っても、痛手を受けたその時に「よしよし」してもらえる関係ができていて、とってもいいと思いました。

 Fちゃんは表情も柔らかく、笑顔も出ていて、取り立てて心配な様子は伺われませんでした。でもお母さんは出産時のことがずっと気がかりで、普段何かのときに泣いたりぐずったりという、1歳前後のお子さんだったらありがちなことまで、そのことで傷ついているからだと結びつけてしまわれていたようです。

 出産時のお話を聞くと、生まれてすぐに抱きたいと頼んでいたのに、そして催促したのに抱かせてもらえなかったこと。新生児室でずっと泣いていたので、お母さんのそばに連れてきてほしいと頼んだけれど、それもかなえてもらえなかったこと。それらがFちゃんにとって、どんなに心細く怖かったか、それで傷ついているのではないかと思われていたようです。

 そこでお母さんにFちゃんを抱っこしてもらって、そのことを慰めてみました。でもあまり反応はありません。それよりも「そのことで苦しい思いをしていたお母さんが心配だった」という言葉に反応していました。Fちゃんは今までによく泣いていて、それでお母さんの「よしよし」してもらえていて、すでに癒されてきていたのでしょう。だから自分のことはもうよくって、お母さんがずっとそのことが心に引っかかっていて、Fちゃんにかわいそうな思いをさせてしまったと気にしていた、そのお母さんの気持ちを知っていて、Fちゃんはお母さんが心配だったのでしょう。

 何か辛い体験があったとき、その場で、あるいはその後でお母さんに訴えて、受けとめてもらってしまうと、その辛い体験は忘れてしまうかのように、なんということではなくなるのです。Fちゃんは甘え上手に育っていたので、そしてお母さんは甘えさせ上手だったから、出産時の辛い体験も、癒されてしまっていたのでしょう。

 甘え上手な子どもにしてあげる、甘えさせ上手な親になる、それが癒しの子育ての目指すところだと再確認させてもらったFちゃん親子でした。欲を言えば、お母さん自身がもっと甘え上手になっていくと、Fちゃんのお母さん思いの心配も、一緒に癒していけるんだけどな。出産時につらかったのは、お母さん自身だったのかもしれませんからね。



【迷っているお母さんも大好き!】

 Uちゃんは1歳2か月、お母さんが断乳しようかどうしようかと迷っています。本当はもっと飲ませていたい。でも、お母さんの体調が段々悪くなっていて、お医者さんから、おっぱいやめたらもっと強い薬を飲んで治しましょう、と言われている。おっぱいを夜中にも何回もほしがって、寝不足になることも影響している。寝不足と体調不良で、すぐにイライラしてしまい、子どもに怒ってしまう。やめて夜に眠れるようになって、薬も使ってお母さんが元気になったら、その方がUちゃんにもいいと思えるので、やはりやめようかなと頭では思う。でも、まだいっぱい出るおっぱいなのに、なんでやめなきゃいけないの、Uちゃんもほしがっているし、お母さんも飲ませているととても幸せ、だからやめなければならないなんてわからない、と感情はついていかない。

 ところが少し前から、あれほどいつもおっぱいおっぱいだったUちゃんが、気がついたら昼間はほとんどほしがらないし、夜もおっぱいなしでも寝る時があるようになっているのでした。Uちゃんはもうやめようと頑張りだしているのがお母さんにわかりました。それならお母さんも頑張らなくてはと、相談室に来る数日前に、実は断乳を決意して飲まない1日を過ごしたそうです。ところが、2日目には、まだよく出るおっぱいが張って痛くて、手で絞ってもカチカチで、お母さんもとてもつらいし、Uちゃんも夜中に手のつけられないほど怒って泣いて、それでお母さんは飲ませてしまったそうです。それでも昼間はほとんど飲まないで過ごせるので、夜だけにしてしばらくようすを見ようかなと思ったり、でもUちゃんがせっかくやめようとしているのに、返ってかわいそうだから、やっぱりやめようかなと、また迷っているようでした。

 相談室に来たお母さんは、おっぱいをまだまだあげたい気持ちがとても強いと話されました。何歳までもUちゃんがほしいだけあげて、もういいと言った時に卒乳みたいにしてやめたいと、そんな母としての思いだけでない気がするというのです。実母に、自分が幼い頃のおっぱいのことで聞いてみたけれど、実母はあまり覚えていなかったそうです。ということは、手こずらせることなくおりこうにやめたんだろう。妹とは年が離れていたので、好きなだけ飲めたはずだけれど、舅姑、小姑達のいる家族で、実母は嫁として大変だったようですから、わりと早い時期に、そうUちゃんくらいの頃にはやめていたらしい。何か自分の断乳の頃のことで、思い残しがあるのかもしれないということでした。そう思えるくらい、強いおっぱいへの執着がお母さんにあると言うのです。

 援助者は、まずはお母さんのおっぱいやめたくない気持ちに寄り添っていました。でも今の状況からいえばやめた方がいいと思っている気持ちも、お母さんから伝わってきます。2つの気持ちに揺れるお母さんを丸ごと受け止めていると、突然お母さんが、「U、お母さんを助けてよ。Uが頑張ってくれないとお母さんやめられない」とUちゃんに話しかけました。その言葉からは、Uちゃんが夜中にひどく怒って激しく泣いてしまうことがなければ、という気持ちがにじみ出ていました。癒しの子育てになじんでいるお母さんですから、それはUちゃんには酷なお願いだとわかっていても、そう言わないといられないお母さんの葛藤を感じました。

 「迷っているお母さんも大好き」「決められるまで迷っていていいよ」「Uはそんなお母さんに付き合うからね」と、援助者がUちゃんの気持ちを代弁すると、お母さんの目からやっと涙がこぼれて、「U、ありがとう。迷っているお母さんも受け入れてくれるんだね」と、泣かれました。Uちゃんを愛おしそうにしっかり抱いて、あったかい涙を流されていました。

 その後なんと、お母さんは迷いもなく、はっきりとした方針を立てて、Uちゃんに宣言していました。「昼間は飲まないで、夜もできるだけ飲まないで抱っこで眠るようにして、どうしても飲みたくなって、お母さんがあげたくなってしまった時だけ飲んでね」と、断乳を決意していたのでした。Uちゃんが、迷っているお母さんも丸ごと大好きと言ってくれたことで、お母さんの親心がすくっと立ってしまったようでした。まだまだ迷いの中にいるのも必要なんだろうなと思っていた援助者には、あれよあれよという展開になりました。Uちゃんの愛は深かった。

 Uちゃんは、ずっとお母さんに抱っこされて、おとなの話についてきてくれて、お母さんの気持ちに反応して泣いたり、うなずいたり(「Uちゃんはやめようと思って、頑張ってくれているんだよね」とお母さんが言った時には、「うん」と返事をしていました)、違う違うというように身もだえたりしていました。そしてお母さんが方針を立てて宣言したら、すっと力が抜けて落ち着いてしまいました。抱っこが終わってからのUちゃんは、顔が引き締まって、一段とお兄さん顔に見えました。



【泣かれると怒りが】

〈相談者から〉

 初めまして。こちらのHPをいつも拝見させて頂いております。
 私は、○○県△△市に住む、28歳の専業主婦です。夫と11ヶ月になる娘と3人暮らしをしています。もうどうしていいか分からなくなり、娘に手をあげてしまう前に援助者の方に助けて頂きたく、メールをさせて頂きました。

 2〜3ヶ月前から、後追いが始まりました。最初の頃は、姿が見えなくなったら泣く程度だったので、離れる時には声をかけたり、扉を閉めないようにしたりしていました。台所では、足下で遊ばせていれば、割といい子にしていました。

 ところが、2〜3週間前から、離れると、ぎゃーぎゃー泣くようになりました。もう本当に殴られたりでもしたかのように・・・。離れると足下にすがりつき、せっぱ詰まったように泣きます。以前、『心を抱きしめると子育てが変わる』という本を購読しました。そこで抱っこ法を 何度か試みてみましたが、やはりよくわからないのです。

 最近のいがるような泣き方に、私は怒りが抑えられなくなり、壁を蹴ったり、おもちゃやその辺にあるものを投げ(子どもには当たらないように)、罵声を浴びせています。何度も子どもを抱いて 泣きながら謝りました。こんな日々がずっと続いているのです。手を挙げまいと我慢をすればするほど いかりで体が震え、興奮状態になります。

 この子には優しい子に育って欲しいと 願いつつ、こんな事をしている自分に腹が立ち、私は母親になるべきではなかった この子を不幸にしてしまうと自信がなくなっています。自殺も考えました。昨日は泣きながら、子どもの前で首にタオルを巻き付けました。でもやっぱりできなかったんです。

 主人も主人の両親、私の両親も、相談に乗ってくれます。とても優しくして頂き、見守ってくれています。

 しかし 子どもがものすごい勢いで泣き始めるとどうしようもなくなってきます。私自身、おとなになりきれていなかったり、子育てに対しての覚悟がたりないのだろうと思うのですが、この怒りを、子どもにぶつけてしまっている自分が本当に情けなくなります。

 どうかお力をお借りできませんでしょうか。



〈返事〉

 近かったら相談室に来ていただくと、なにがしかのお手伝いができるのですが、△△市では遠すぎますね。近くには援助者がいないし。

 お母さんはなんにも悪くない、お子さんもなんにも悪くない、でも泣かれるとつらくなるお母さんの気持ちがあるのですよね。その気持ちを吸いとってあげられたらどんなにいいでしょう。お母さんとしてはほんとうは、泣いている我が子でも抱きしめてあげたいのでしょうに、つらいですね。まだ赤ちゃんですから、手を挙げてしまうと大変です。なんとかそこだけはご自分で止めていらっしゃるのですから、その強さを自分で信じてください。体が震えるほどの怒りは、その裏にどんな気持ちがあるのでしょう。悲しみでしょうか、怖さでしょうか、さみしさでしょうか。そんな裏の気持ちに気づくと、それほどの怒りにならずに、涙に変わるのですが、ひりとではむずかしいですよね。せめて怒りの気持ちを認めて、そこにいるねって自分で認めてあげると、ちょっとは怒りが薄まるかもしれません。体が震えるほどの怒りですから、気持ちを認めたくらいではどうにもならないでしょうか。

 なんか何にもできない私です。お母さんのつらさを思いやって、その気持ちを抱きしめるくらいしかできません。つらいけど生きていてください。お子さんにとってはかけがえのないお母さんなんですから。お母さんでなけれればダメなんですから。

 ご主人は優しい方のようですから、お母さんのそんな苦しい時に抱きしめてもらい、気持ちを聴いてもらったらどうでしょう。言葉で聴いてもらうだけではなく、体を抱きしめてもらうと、怒りは涙に変わりやすいのです。怒りが涙に変わると静まることは確かなんです。そして怒りの裏の気持ちに出会うと、そんなに怒らなくてもすむようになるのです。根気よく抱きしめてもらって、気持ちを聴いてもらったらどうでしょう。

 たいしたことも言えなくてごめんなさいね。でも応援しています。きっと道が拓けるからね。


〈相談者から〉

 先日は、お忙しい中、暖かいお言葉をいただき、本当にありがとうございました。メールを拝読させて頂いて、とても嬉しく思いました。

 しかし、日曜日、主人は泊まりの仕事に朝から行かなくてはならず、主人が出た後に、また大泣きが始まりました。やはり、どうしていいかわからず、私も泣いていました。そこへ、主人のお母様から電話があり、昨日まで主人の実家でお世話になっていました。そこでは、誰かがそばに居るせいか、ひどく泣くことはなく、私も落ち着いて過ごせました。

 今朝は、主人が出勤してから、おんぶで家事をしたり、極力側を離れないようにすると、そんなに泣くことはありませんでした。

 私が、甘えん坊なのでそれが移っているのでしょうか。主人が出勤すると寂しく感じるのを、子どもも感じているのでしょうか。二人になるとまた泣かれると不安に思うのを感じているのでしょうか・・・。原因を考えるときりがないくらい出てきます。

 先日、「大好き」を伝えあう子育てを購入いたしました。まだ全部読んでいませんが、無知の私に育児の手がかりがつかめればと思っています。

 ご心配をしていただき、本当にありがとうございました。また、何か変化がありましたらメールをさせて頂こうと思いますので、よろしくお願いします。


〈返事〉

 前回のメールより、少し元気を感じられるメールで、ちょっとほっとしました。甘えん坊の自分に気づいたんだね。ご主人が出かけてしまうととても寂しいんだね。そんなお母さんの気持ちも感じ取るから、「お父さんが行っちゃったら、お母さん寂しいんだ」と自分の気持ちをお子さんに伝えるといいよ。お子さんと二人になって不安な気持ちも伝えるといいよ。

 お母さんは幼い頃、一人で留守番したりしていたの? 幼い頃の寂しさが癒されずに心に残っていると、今のことがとても増幅して感じられてしまうのよね。でもそういうことだったら、今寂しいと感じる気持ちをないものにしないでいると、幼い時のさみしさも癒されていくと思います。そんな中でも、お子さんが泣いたら一緒に泣いたり、お父さんの実家に行ったり、家事の時もおんぶなどで離れないようにしたり、とても工夫していますね。お母さんが寂しくならないように、不安が少なくなるように、そんな工夫をこれからもしていってね。

 実際には何もできないけど、気持ちで応援しています。


〈相談者から〉

 『「大好き」を伝えあう子育て』を拝読いたしました。自分がしている抱っこ法が、うまくできているかどうかわかりませんが、子どもが泣いた時、落ち着いて抱っこをすることができるようになったと思います。今までは、抱っこしていろいろ聞いたりしていましたが、「早く泣きやんで欲しい」と思ったり、ご近所が気になったりと、集中していなかったのでしょうか・・・と、反省しました。本を読んでから、ぎゃーっと泣かれても、落ち着いて抱っこしてやることができるようになりました。いろいろ話しながら抱っこしていると、本当に泣き声が変わるんですね!! 自分でも驚きました。

 でも、泣くことがこの子の気持ちを伝える唯一の手段、母親である自分が受け止めてやらなければこの子がどんどんつらくなる・・・そう思うと、泣き声を聞いていても、「今はつらいのかな?苦しいのかな?」と 考えながら聞くことができるようになりました。

 私は、子どもの頃、両親が共働きで、生後3ヶ月ぐらいから同居している祖母にみてもらっていました。兄がいますが、いつも兄弟げんかばかりしていました。それを祖母が 仕事から帰ってきた父に報告し、父は兄ばかりを怒っていました。夕食時になるといつも兄はしかられ、手を挙げられていました。最近、私は、もっとしかられたりしてかまって欲しかったのではないかと思います。

 私自身、小学校低学年まで、ダダをこね、いがるように泣いたりもしていました。父は亭主関白な人ですが、母が明るくなんでも頑張る人なので、家庭の雰囲気が悪かったりということは 無かったと思います。父は毎晩のように麻雀や飲みに出かけていましたが、母は、いつも明るく見送っていました。そんな母の寂しさが、自分の寂しさと重なっていたのでしょうか。私は、よく母を仕事場まで迎えに行ったりしていました。それとつながっているかどうかはわかりませんが、やはり主人が出勤すると寂しくなります。子どももそれを感じているのかもしれないですね。

 主人は、仕事で当直があり、朝出勤して次の日の夜に帰ってくるということが月に3〜4回あります。やはりそんな日は、寂しさや不安があります。「今日一日どうしようか」とか、「また大声で泣かれたらどうしよう」とか、つい考えてしまいます。きっと、子どももそれを感じていたのでしょうね・・・。

 まだ時にはイライラすることもありますが、以前のように怒りで暴れるような事はなくなりました。少しずつですが、「お母さん」に成長していけるように頑張ります。

 いつか、お目にかかれる機会がることを 心よりお待ちいたしております。


〈返事〉

 メールをいただくたびに楽になられていてうれしいです。あんなに泣き声を聞くのも苦しかったのに、今は聞いていられるなんて、お母さんの中で何が起こったのでしょう。ご自分の中の甘えん坊、寂しさに気づいたからでしょうか。心って不思議ですね。でも本当によかった。お母さんの死ぬことさえ思った必死さがあったからでしょうけれど、10日前のメールと今回のメールでは、心の在りようが本当に違いますよね。こんなふうに人の心って動くんだと感動さえ感じます。


〈相談者から〉

 この度は、私の些細な悩みに、優しいお言葉をいただいたり、励まして頂いたり、本当にありがとうございました。

 今もしっかりと「抱っこ法」のお世話になっています。今回のことで、本当に自分が変われたのではないかと思います。例えば、夜なかなか寝ようとせず遊んでいて、それでも寝かせようとする時に、布団に連れて行ったりするとぐずります。でも、抱っこして「まだ遊びたいね。でも、もう夜遅いからまた明日ね」といいながらなだめていると、多少ぐずりますが、甘えたような声で一泣きするとそのまま腕の中で眠るのです。何度も抱っこをしてお話をしていると、今までも充分愛しかったですが、また今までとは違う気持ちがあるように思えてきました。言葉がしゃべれないのに、こちらの言っていることを理解している・・・そんなふうに思えます。

 言葉がしゃべれず、自分では生きていくために食べることもできない。今の自分がもしその立場なら、やはり泣きます。誰かに助けて欲しくて泣きます。子どもが母親を頼って泣いて訴えて・・・それを跳ね返されたら苦しくて悲しくて・・・当たり前ですよね。今では、子どもの優しさ、素直さをひしひしと感じます。

 以前の私は、「この子をちゃんと育てなければ」とピリピリした緊張感を持っていました。しかし、今はそんな先のことよりも、今自分の腕の中で抱かれている我が子を見て、「こんなに幸せな気持ちを感じさせてくれてありがとう」と、素直に思える余裕ができてきました。

 いつもいつもうまくいくわけではありませんが、こうしてお話を聞いて頂けるだけでも、自分の気持ちを考え直し、反省したり振り返ったりできたことも、私が変われたきっかけになったのではと思います。

 HPを知り、抱っこ法を知り、こうして阿部様にメールでお話させていただきましたこと、私を変えて頂いて本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

 自分がイライラして子どもとの歯車がかみ合わなくなるとどんどん苦しくなります。でも、そんなときこそ抱っこ法で、子どもと落ち着いて話をすることが大事なのだなと感じました。

 これから、卒乳・トイレトレーニング・二人目・・・と難関は山積みです。またつまずくことがあると思いますが、またどうしようもなくなりましたら、お力をお借りするようになるかもしれません。その時は、またよろしくお願いいたします。

 ありがとうございました。




【甘えているようで、すねている】

 Sちゃんは2歳、おにいさんの相談についてきました。待っている間部屋の中をよく動きます。電車が好きで、電車で遊んではいるのですが、一ヶ所で集中して遊べず、あちこち動いていました。けっこう援助者の周りをうろついて、なんだかいけないということをわざとしている感がありました。抱っこの催促のようです。

 そこで誘いに乗って抱っこすると、激しくもがいて泣き出して、大暴れでした。怒り泣きが続いて、10分くらいしてやっと涙が少し出てきました。涙が出るころになったら、やっとお母さんを求めて泣くようすが見られました。そう、それまでは、援助者に気持ちをこすりつけるかのように、腕の中で身もだえていました。楽になってきてやっとお母さんに向けて甘えて泣けるようになったのです。

 そこでお母さんに渡したのですが、お母さんに抱かれて弛緩するかと思いきや、すぐに立ち上がって、おもちゃで遊びたい素振りを見せます。せっかくお母さんに抱っこしたんだから、もっと甘えなさいと、Sちゃんの顔や体をお母さんに密着させようとするのですが、もじもじして落ち着きません。そこでまた援助者がSちゃんを抱っこすると、さっきほどではなく、それでももがいて怒り泣きをして、3分くらいで涙が出るやわらかい泣きになり、再びお母さんに、1回目よりはくっついていましたが、でも落ち着ききらずに遊び始めてしまいました。

 Sちゃんの遊びぶりは、それからはだいぶ落ち着いていました。お母さんに自分からくっつきに行くことはよくあるのですが、お母さんにしろ援助者にしろ、こちらから触れ合おうとするとすぐに避けようとし、親密なふれあいを避けるようすが見られます。自分のペースで自分からという甘え方で、一見わからないようにすねている感じがします。これからお友だちや人との関わりが広がっていくときに、相手からの関わりも受け入れることが、コミュニケーションを成り立たせていくために大事ですが、その基盤がお母さんからの関わりを受け入れてつき合うことにあるのですね。

 そこで援助者が、こまめに、ぎゅっと抱きしめて、2〜3秒くらいで放すを、何回もやってみました。そしたらやるほどに身を任せてきて、最後はぴったり抱かれるようになりました。そこで家でも、そんなちょっとぎゅっ!を、お母さんの方からしてもらうことを勧めました。来月来室したときにどうなっているか楽しみです。



【おっぱいより切実なこと】

 Pちゃんは1歳1か月、2週間前に舌小帯の手術を受けたのですが、それからおっぱいを飲まなくなりました。Pちゃんは呼吸が苦しく肩で息をしていて、無呼吸になることすらあり、ぐっすり眠れず、そのためか風邪をよく引くし活発さも少なかったそうです。手術を受けてから、呼吸が楽になったためぐっすり眠れるようになり、活発に動くようになり、お母さんから離れて遊べるようにもなりました。心配の殆どがなくなって、よかったよかったなんですが、でもおっぱいは飲んでくれないのでした。

 お母さんは癒しの抱っこを知っていたので、手術にまつわることを、「怖かったね」「舌が思うように動かなくてびっくりしたね」「痛かったね」などと慰めました。それでも飲まないので、「お母さんのこと心配で飲まないのかな」「お母さんは大丈夫よ」とも言ってみました。確かに反応はあり、泣いて訴えてもくれましたが、でもおっぱいは飲まないのでした。

 相談室に来たPちゃん、面接票を書く間お母さんにくっついていて、ベソをかきそうになりながらこらえていました。書き終えて、お母さんに話しを聞いているうちに少し場に慣れて、膝から下りて、お母さんのそばで遊び始めました。お母さんの話が「呼吸が苦しくて……」のところになったら、急にお母さんのところに戻ってきてぐずり始めました。話しを聞いていたんだね、その事慰めようねと、お母さんに抱っこしてもらいました。

 Pちゃんはどうやら、手術のことはもう慰めてもらったので、その前の苦しかったときのことを慰めてほしかったようです。ひとしきりその事で慰めてもらって、Pちゃんは気持ちよく泣いて楽になったようでした。そこでおっぱいに口を持っていくので、おっぱいを飲ませてみることにしました。口を開けてくわえはするのですが、すぐに噛もうとして飲んでくれません、3回ほどトライしましたが噛もうしてしまいます。もう卒乳したいのかなあといってみるのですが、飲みたいようすがあるのです。

 お母さんが心配で飲まないとするなら、なんだろうとそちらを見つけていきました。数日前にお父さん(夫)に、お母さんが疲れているように見えたので、実家に長期に行って休んできたらと言われたそうです。その時はお母さんはそんなに疲れている自覚がなかったので、ちょっとムッとさえしたそうです。長期にお父さんがいない生活をPちゃんにさせたくない気持ちが強かったからだそうです。

 その話しを聞いて援助者は、自分のことは二の次三の次で、子どものこと家庭のこと第一で、自分の疲れさえも感じないお母さんがいるのではと思いました。お父さんにそんなふうに言われるほど疲れているのですから、Pちゃんも心配していたことは充分考えられます。お母さんがPちゃんのことをそれほど大事に思って、大切に育ててくれるのは、Pちゃんにとってとてもうれしいことだとは思いますが、自分がそれほど疲れているのに「大丈夫」と頑張ってくれるのでは、Pちゃんが安心して甘えられないのではないかと思いました。それではおっぱいも安心して飲めないのではないでしょうか。

 少し実家に行って休ませてもらったら?と言うと、1週間、せいぜい2週間ならいいけど、それ以上いると気を使ってかえって疲れてしまうということでした。なにやら実家のご両親も自分のことはおいといて、娘や孫にやってくれる人たちだそうです。ありがたいんだけど気を使ってしまい、本当の気持ちが言えなくて、やってもらうことが重たくなってくるということでした。それだけ大好きがいっぱいあるのだけれど、自分の気持ちをおいといてと、「我慢は美徳」とさえ言える生き方で、本心が言えなくなるのはお互い疲れてしまいますよね。

 そんな話しがでたところで、Pちゃんも、「本当はおっぱいがほしいのに言えなくなっているのかな。まだ小さいんだし、本音を言える方が楽だよ。親子なんだからなんでも言えるようになろう」と話すと、Pちゃんはほっとしたように眠ってしまいました。Pちゃんにとっては、おっぱいがどうこうと言うことよりも、気持ちの我慢をしてしまうお母さんが心配だし、自分も苦しくなるということだったのかな。もしかしたら、そんなに疲れているお母さんだから、「もう大変だからおっぱいは終わり」と、お母さんが言ってくれてもいいくらいに思っていたのかもしれません。お母さんがそういったら、「もっと飲みたい」と本心が言えて、そこから親子でどうするか考えられたらいいのにね。親子なんだから遠慮なんてしないで、本心が伝え合えたらいいねと確認し合いました。おっぱいのことから、もっと根っこのことに行き着いたその日のセッションでした。

 でもお母さん、気持ちを我慢してしまう自分を否定しないでね。そういう自分がいることを知っていることが始まりだからね。お父さんは気持ちを言える人だそうなので、見本にして、より楽な生き方を見つけていってね。Pちゃんが、まずは甘えん坊の駄々っ子になることを目指そう!



【1歳前後の癒しの子育てって?】

 Iちゃんは1歳になったばかり。癒しの子育ては本を読んで知っていて、頭ではわかっていたが、両親と同居していることもあり、泣かれないようにと育ててきてしまった。気がつくと、目が合いにくいし、夜泣きがあるし、気に入らないときは自分の頭を叩くし、奇声を上げたりもするようになっていました。いよいよ抱っこ法だと思ってやってみたけれど、反っくり返ってすごく泣くし、あのことこのこと言ってみるけれど、何で泣いているのかわからなくて、いつも20〜30分泣いて眠ってしまう。気になることはあまり改善されないし、これでいいのか不安になったと相談室に来られました。

 相談室に来たIちゃんは、お母さんから離れずに、抱かれてあたりを観察していました。少しして膝から下りておもちゃの方に行って、ちょっと離れたところでお母さんを確認しながら遊び始めました。でもお母さんが荷物の方に行ってしまって距離がもっと空いたら、Iちゃんはたちまちうえーんと泣いて、おかあさんの方に這っていき、またしばらく離れなくなりました。

 こんなようすはこの時期なら自然なことで、むしろ初めて来たところで平気で離れてしまうことの方が心配かもしれません。でも、お母さんは、何か心に不安をかかえているから私から離れなれないのでは、という心配もしていました。周りの同年齢の子どもを見ていると、お母さんから離れて遊べる子が多いというのです。もちろん個人差はありますからそれぞれだとは思いますが、Iちゃんのようすは、この時期のあるべき姿のように感じました。癒しの子育てを知って、離れられないのは何か不安な気持ちが癒されていないに違いない、と考えてしまうのは一つの落とし穴ですね。その時期では自然なことと心に曇りがあってのこととの違いは、見分けるのが難しいのかもしれませんが、お母さん自身の感性を最大限に働かせてくみ取ってほしいと思い、お母さんにお伝えしました。お母さんは納得して、一つ安心してくださいました。

 そんな話をおとなどうしでしていたら、Iちゃんはまた少しお母さんから離れて遊び始めました。そして立っちしたときによろけて尻餅、その時おもちゃに当たって痛かったようす。そこでうえーんと泣いてお母さんの方を見て助けを求めました。お母さんはまだ話しの方に気がいっていて、すぐに手を差しのべてIちゃんを抱っこしないで、見過ごしていました。たいしたことはないのでいいのですが、せっかく癒しの子育てを学びにいらっしゃっていた時なので、援助者が今がチャンスですよと言って、抱っこしてもらいました。でもお母さんは抱っこはしたものの、本格的な抱っこ法を学ばなければと思われているようで、その「よしよし」するチャンスに心を向けられないで、すぐに放してしまいました。これもまた落とし穴の一つなんですよね。

 赤ちゃんの時は、日常のそんな癒しのチャンスの時に、「よしよし、痛かったね。よしよし」とその時の気持ちを受けとめていけば、わざわざ本格的な抱っこ法をという必要がなくなるのです。泣いて甘えてきてくれたときこそチャンスなんです。もちろん泣いては困るところでは、心ゆくまで受け止められないこともありますが、基本はその時その時に受け止めていく、日常の抱っこなんですよね。ふだんはそれをしないで、時間をとって慰めようということでは、子どもから見たら、聞いてほしいときに受け止めてくれないで何よ、という気持ちのずれになってしまいます。そうはわかっているけどできないこともあるのと、知らずに見過ごしていってしまうのとでは、大きな違いですね、とお母さんはまた納得。

 でも、「家ではおばあちゃんが泣くなと言うんで」とお母さん。それはやりにくいですね。だからこそ、痛くて泣いているときに「よしよし」するのは、おばあちゃんから見ても理解し易いときですから、その時に少しオーバーに長めに「よしよし」したらいいのです。おっぱいを欲しがっているときも、抱っこをせがんでいるときも、オムツを替えたくないとごねているときも、おばあちゃんに泣いていることが理解しやすいですから、その時を最大限利用したらいいですよとお話ししました。おばあちゃんに癒しの子育てについてわかってもらうのはなかなかですから、工夫していくことが必要ですね。「うーん」と気の重いのはかくせないけど、やってみますとお母さん。

 さてそこで、本格的な癒しの抱っこはということになって、Iちゃんを横抱っこしてもらいました。Iちゃんはすぐに大泣き、反り返ったりもがいたり、全身で表現してきます。そんな時はあまりぎゅっと抱いて動きが取れないようにはしないで、子どもが気持ちよく動けるように、アコーディオンのように伸縮自在にしてあげたらいいのです。といってもゆるすぎると心許なくて気持ちよくありませんから、子どもの動きにぴったり寄り添う感じです。子どもは苦しい気持ちをお母さんの体に刷り込んで癒そうとしますから、みんなお母さんがとってあげるという気持ちで、体全体で受け止めるのです。

 ものの2〜3分すると、Iちゃんはやわらかい泣きになって涙がこぼれ、あまり暴れなくなってきました。そこでお母さんに縦抱きにしてもらい、そのまま「よしよし」してもらいました。「すっきりした?」とIちゃんに聞くお母さん。おやおやここにも落とし穴が。泣いて甘えにくくなっているわけですから、思い切り泣いてもらって、泣ききってすっきりするところまで求めるというのは無理なのです。むしろ、日常に泣いて甘えられるようになってもらうのが最初の目的です。だから楽に泣けるようになったら、それでいいのです。そして日常で、その時その時に受け止めていけばいいのです。赤ちゃんは抱っこ法以前の抱っこでいいんですよ。自己流でやっていたときには、20分も30分も抱っこして泣いてもらっていたと、お母さんは今ここで知ってよかった、間違えてやっていくところでしたとまた一つ納得。

 Iちゃんの場合はまだ、泣いて甘えた後に、お母さんが抱き留めるとなだめられて落ち着くのでいいのですが、もし思い切り泣いてもらうことがいいことだとか、泣きにくくなっているので早く泣きやすくとあせってやりすぎてしまうと、かえってなだめられて落ち着くということができにくくなってしまう場合があります。すでによく泣く赤ちゃんの場合も同じです。泣いて甘えて、受け止めてもらってなだめられて落ち着く、その泣いた後落ち着くまでが大切です。2〜3分で縦抱きにして落ち着くようにするよう助言したのは、一転してなだめにくくなる落とし穴にはまらないようにという意味もありました。

 それでもう一つわからないのはとお母さん。泣いているときに何を慰めていいか分からないといいます。出産の時のことや、お腹の中にいたときのことや、赤ちゃん時代に、いろいろつらかったと思うことがあるのですが、話しかけても反応がわからないと言うのです。Iちゃんの場合、まずは日常泣き虫になって、その時その時に受け止めていくことが大事。そうしていくうちに、何かこれでは満足していないなあと気づくときが来ますから、その時まではいいのでは。まだあまり歯止めがかかっていない今、抱っこ法でなく抱っこで気持ちを通い合わせることをまずしていってくださいと話しました。

 ところで気がかりはどうなるのでしよう、どうしたらいいですか、と最後のお母さんからの問いかけ。気がかりは今お話ししたような付き合いをしていくと、気がつくとなくなっていくはずです。その日も帰る頃にはにこにこ笑顔が全開したし、泣きながらも身を任せてオムツ替えをやらせていたし、目が合っていました。その日は合間合間に、2〜3分の抱っこを4回やっただけでした。それでも来た時とは違うようすが見られました。そんな微妙な変化を感じ取るのも大切ですというと、マニュアル世代には難しいとお母さん。なんのなんの、感性は眠っているだけ、子どもが開花させてくれますよ。とりあえずお母さんが家で取り組んでみて、1か月後にまたいらっしゃいとその日は終わりました。

 赤ちゃんや1歳になったばかりお子さんの癒しの子育ては、知ったがために落ちる落とし穴があるので、それが伝えられてほっとした面談でした。それにしても、子どものしあわせを願って一生懸命のお母さんの愛情には胸が熱くなりました。親って有り難いですね。その愛情はしっかりお子さんに届いていますよ。お子さんはそれだけでしあわせです。これからも、落とし穴に落ちることに慎重になりすぎないで、試行錯誤でやってみてくださいね。そしてこれでいいのか見通せなくなったら相談室に来てみてね。



【寝つきが悪いときの抱っこ】

〈相談者より〉

 こんにちは。昨年、2回ほど相談室和く輪く舎でお世話になった者です。その後は自分なりに時々やってみています。「あー、今日はいっぱい聞いてあげられたな」という時もあれば、うまくいかない時も多々あり、ですが・・・。

 息子は1歳2か月になったので、最近はイヤイヤやだだこねが増してきました。公園で遊んでいたいのに連れて帰ろうとすると、えびぞりになって抵抗します。共感して、言い聞かせているつもりなんですが、難しいですね。
 この前は、台所で魚が入ったままのグリルを引き出してしまって、床に魚がバラバラ・・・。でもそこで「魚が見たかったんだね」とか、「中に何が入っているか知りたかったんだね」なんてとても言えず、
「こらぁー!だめだめ」の連発でした(反省)。
 さて、今日ご相談したのは、寝かしつけのときのことなんですが、息子は寝つきがいいほうで、すんなり寝てくれることが多いですが、どうしてもだめな時は無理やり、腕枕をして、寝かしつけてしまいます。起き上がらないようにギュッと抱くので、ものすごく抵抗して、大泣きします。しばらくすると睡魔に負けて寝てしまうのですが、こんな風に寝かしつけてもいいのかなぁ、と心配です。寝るときは楽しい思いをして寝させたほうがいいのかな、なんて。



〈返信〉

 おたより拝見しました。1歳2か月では、いよいよダダこね期ですね。お母さんにとってはやっかいなときですが、子どもは「いやいや」言いながら成長していくときですから、「いやいや」は十分言ってもらって、でもお兄さん心を応援していってくださいね。その際、言葉のやりとりで納得させようとすると無理がありますから、体のやりとりで受け止めて、そして励ましてあげてくださいね。もしそのやりとりがうまくいかないようでしたら、また相談室にいらっしゃって、手取り足取り教えてもらってください。ダダこね期をうまく乗り切ると、この後の子育てがとっても楽ですし、子どもも自己主張と自制心のバランスのとれた自立心を育むことができます。
 うーんでも、魚バラバラは悲しかったですね。

 さて、ご質問の寝かせつけについてですが、これもダダこねの付き合い方と同じで、寝たくない気持ちに共感しつつも、もう寝る時間だから寝ようねという励ましをしたらいいのです。その結果抵抗して泣いたら、「よしよし」してあげたらいいのです。たぶんそうなさっているので、心地よく睡魔に負けているのではないでしょうか。もっとも、押さえつける時のお母さんの気持ちや手が、「早く寝ろー!」だけだともやもやが残るかもね。共感を忘れずにね。


〈相談者より〉

 先日はお返事ありがとうございました。アドバイス通りにしたら、寝付くまでの時間が、
短くなったばかりでなく、とても気持ちよさそうに寝てくれるようになりました。それまでも、やさしい言葉をかけていたつもりでしたが、肝心の「寝たくない」という気持ちに共感することが足りなかったみたいです(眠い、寝たいけど寝れない、だと思っていたので)。どうしても息子に対して主観的な見方ばかりになってしまうので、ご相談してよかったです。ありがとうございました。




【妹の自覚】

 Bちゃんは1歳になり、お母さんの産休が終わって保育園に通い始めました。癒しの子育てを知っているお母さんは、最初は泣くだろうと、泣き別れも覚悟して臨みました。ところが、毎日一日中泣いてるということで、担当のベテランの先生も音を上げ、「大変です」と迎えに行く度に聞かされました。

 Bちゃんには2歳半違いでお兄ちゃんがいます。実はお兄ちゃんのためにはすでに相談室に来て、援助を受けていたお母さんです。そこで今度はBちゃんの番、気持ちを聞いて慰めてあげたいと、初めてBちゃんのための予約が入って相談室に来られました。

 さあ気持ちを聞くよと、おかあさんの心は全開になっていたのですが、すでに泣けない我慢が上手になっていて、歯止めがはずれるまでに時間がかかりました。でも一旦泣き出したら、上手に泣いて甘えて、10分くらい泣いたところで甘え泣きになりました。そこでいつもの縦抱っこになって、ぴったりくっついてまたちょっと泣いていました。まだ思い切りというわけにはいきませんでしたが、初めて自分のための抱っこをしてもらって満足しました。

 今日は付き添いで来たお兄ちゃん、ひとりで遊んで待っていました。でもちょっと寂しそうだったので、呼ぶと、すぐに来て援助者に抱かれてほんのひと泣きしました。そしてお母さんに半分こで抱っこしてもらいました。ところがお母さんに抱かれたお兄ちゃんは、顔はまるでそっぽを向いていて、それでいて手は、妹とお母さんの間からお母さんに抱きつく感じになっていました。意識してかしないでか、お母さんと妹との間に割り込んでいるように見えました。そしてBちゃんはといえば、間に入られているのにもかかわらず、お兄ちゃんの頭をなでなでし、涙を拭いてあげようとしているのです。まるでBちゃんがお姉さんみたいでした。

 そこで援助者が、お兄ちゃんの手を「こっちでしょ」と妹を抱く位置に変えました。でもお兄ちゃんはすぐに手を引っ込めてしまいます。お母さんはそのやりとりを見て、「そうですよね。Bは妹なのに、いつもこうなんです」と、何かを気づかれたようでした。

 Bゃんがお腹に来た頃から、お兄ちゃんの気がかりが始まって、お母さんはお兄ちゃんの心配が大きく、Bちゃんがおとなしくしていてくれたので、助かったのです。そうBちゃんは、お母さんがお兄ちゃんのことで大変だったので、お利口にしてお母さんを助けてきました。赤ちゃんの頃からあまりぐずることもなく、お父さんとお留守番もしてくれて、今もまだ1歳なのに、お兄ちゃんの世話をしようとするのです。そして自分の欲求や感情を抑えてしまうようにもなったようです。

 もう一度援助者がお兄ちゃんを抱っこして、「あなたはお兄ちゃん。Bちゃんは妹」と話しかけると、悲しそうに泣きました。お兄さんらしくしたいのに出来なかった悲しみなのか、妹につらい思いをさせてしまったごめんねなのか、お兄さんとして頑張っていく不安なのか、もっとぼくだって甘えたいという気持ちなのか。しばらく泣いて、またお母さんに返しました。また二人で半分こです。おにいちゃんは今度はお母さんの方を向いて、妹を抱きはしませんでしたが割り込みはせず、仲良く抱かれていました。

 お母さんは、Bちゃんがお利口にしていてくれたことに、それが当たり前のように思えてしまっていたのかもしれません。たった1歳のBちゃんがお姉さんみたいになっていることに、その時あらためて目の当たりにし、Bちゃんの背伸びした頑張りに気づかれたようでした。保育園に通い始めたことで、その頑張りやさんも限界になって、毎日泣くことになったのでしよう。そんなに頑張らないで、1歳らしく甘えていいんだと思われたようでした。援助者が「頑張りすぎに早く気づいてよかったね」と言うと、お母さんは大きくうなずいて、「Bは妹、まだ小さいの。○○はお兄ちゃん、頑張ろうね」と繰り返していました。まるでお母さんが自分に言い聞かせるように。

 Bちゃんは、自分の頑張りをお母さんに分かってもらって、なんだかまた一段とお姉さんの顔になって、背筋をぴんと伸ばしていました。お母さんが大変なときには頑張って助けられたらうれしいのが、親思いの子どもです。でもその頑張りに気づいてもらい、泣いてガスぬきしないと頑張りきれなくなるのでしょう。これでBちゃんは、明日から、泣いて甘えながら、頑張りすぎないで頑張れるのかな。


【赤ちゃん体操】

 ある講演会で、用意してきた内容(次の「癒しのコツ? 赦しのコツ?」)を話し始めようとしたとき、「イチ、ニ。イチ、ニ……」とリズミカルに両脚を屈伸して、何気に赤ちゃん体操をしているお母さんが目にとまったので、代わってやらせてもらい、「こちらから体操を誘い、子どもの表現に寄り添い」というやりとりだけで気持ちを通わせることができることを、何人かのお子さんについて見てもらいました。

 赤ちゃん体操とは適切な名称ではなく、要するに、こちらが動かすのに身を任せて応じてもらう他動的な体操で、もちろん体操自体に健康法的な意味がないわけではないのですが、それよりは、親と子のかかわりの、最も単純で分かりやすい原型として使っています。年長の子どもにも使っていますから、赤ちゃん体操という名称は適当ではないわけです。

 私のやり方は、こちらとしては「こういう体操をやってあげる」という意図を持ちながらも、子どもが逆らえばその抵抗にじっくり付き合い、子どもから自発的な動きが出ればそれに付き従い、……というようにして、こちらが子どもの言いなりになるのでもなく子どもをこちらの言いなりにさせるのでもなく、そうは言っても基本的に親が主導する責任を負って遂行し、それによって互いに納得し満足できる結果をもたらす「やりとり」です。

 次はその赤ちゃんのお母さんの講演会に参加した感想です。


 1日目、受付を済ませて、7か月の息子にベビー体操をしていた私に、阿部先生が声をかけてくださり、交代しました。

 先生のベビー体操は、息子の意思を尊重し、やりたいように動かし、それを介助する程度のものでした。私は軽いストレッチがベビー体操だと思っていたので、これだけでいいの?!と信じられませんでした。

 しかし、そのあと息子が、阿部先生の顔を目でずっと追っているのです。よっぽど心地良かったのでしょうね。そのことを先生が説明してくださり、はっとしました。スキンシップを取っているつもりだった私は、息子の意識的な行為(やってみる)を束縛して、時には心の表現(思ってもみなかったノビができる)のチャンスをのがしていることもあったのではないかと思ったからなのです。でも、「どんな気持ちや行動にもムダはない」と教えていただき(これもありかな)、「子育てって難しいけど、すばらしいな。楽しいな」と、素直に思えました。
×     ×     ×
 まず初めの赤ちゃん体操のところから、今まで自分がいかに自分の価値観で、子どもを無理に動かそうとしていたかを反省させられた。子どもの気持ち、意志に寄り添って向き合っていくことは、抱っこして泣かせることに限らず、色々な場面でできること。何か今までカン違いしていたなーと思う。
×     ×     ×
 先生が赤ちゃんにかける声も心地よく、いつまでもこの時間が続けばいいのにと思いました。



【素直に気持ちを伝えてみて】

〈相談者から〉

 はじめまして、こんにちわ。
 現在1歳の娘を持つ母親です。

 娘とどうやって向き合っていけばいいのかわかりません。もうここ数ヶ月そんなことでずっと悩んでいるような状態で、私の心はもうパンク寸前と言った感じです。何がこんなにも苦しいのかわからないのですが、とにかく胸が苦しくて涙が出てきてしまいます。私は娘にとっての「いい母親」になれません。

 娘は生まれたときから、母親にべったりの子でした。母親(父親は大丈夫な時もある)以外の人の抱っこは受け付けませんでした。とにかく一日中体をくっつけていなくては駄目な子で、本当に家のことを何も出来ない状態でした。眠る時でさえ、私の腕の中じゃなければ眠れない子でしたし、ベビーカーに乗せると、この世の終わりかと思うくらい泣き叫ぶ子でしたから、片道30分のスーパーまで抱っこ紐を使い、荷物を入れるためのベビーカーを押しながらの買い物。 お風呂も私でなければ大泣きして入らないため旦那さんもお手上げ状態でした。

 母乳で、誰にも預けることも出来ず、夜も今日まで朝まで眠ったことはありません。私がどんなにそっと布団を抜け出しても気づかれてしまい、挙句の果てに私の上に馬乗りになって眠るような子でした。私は寝不足で、でも一日たりとも、一瞬たりとも一人になることを許されず、家事すらままならない。

 本当に本当に、ずっとイライラしてきたような気がします。一日でいいから一人になりたい、一人になりたい。ずっと毎日そんなことばかりを考えて、1年がたちました。

 そのうち、その思いが強すぎたのか、娘がいる前だというのに、私はひとり別の世界にはいってしまうことが多くなりました。娘の身の回りの必要最低限のお世話はしています。ですが、娘が少し一人で遊べるようになってきたここ最近、私は娘を観察もせず、テレビをボーっと見たり、新聞に目を通したり、携帯をいじったり、もうそんなことが当たり前になってしまったのです。

 当然、娘は怒ります。私がほかの事に夢中になると泣き出します。「ママ〜ママ〜」とキーキー声を出して、私にまとわりついてきます。でも、それがもう私にはたまらなく嫌なのです。それをかわいいと思うことが出来ず、イライラし、私は抱っこもせず、遊びの相手もせず、娘の存在を認めてあげることが出来ません。

 でも、娘の寝顔を見ていると、いつも反省します。この子の目が覚めたら、優しくしよう、心から娘と向き合って抱きしめよう、と本気で決意するのです。しかし実際は、思うとおりにはなりません。

 娘と私の間には確実に壁があり、どうしてもその壁を壊すことが出来ないのです。娘は小さい時から怖がりでしたが、最近、それがますます目立つようになってきたように感じます。

 また、私にべったりなのも「ママが大好きよ、ママといると安心できるの」という感じではなく、「ママに置いて行かれるんじゃないか、ママは私を捨てるんじゃないか」そういった感じのまとわりつき方なのです。それはもうずっと小さい頃からそうでした。私は今まで一度だって娘を一人置き去りにしたことなどないのですが‥。いつも不安そうにキーキーと甲高い声を出し、それが私のイライラをいっそう募らせるのです。

 最近、二人目を妊娠し、余計に情緒不安定気味になっているのかもしれませんが、このままでは私は二人目ばかりをかわいがり、娘につらくあたるような母親になってしまうでしょう。こんな自分がいやなのに、娘とどうしても向き合うことが出来ません。

 娘にとって理想の優しい母親に絶対になりたいです。今、このときを逃したら駄目になってしまうような気がするので、どうか私を助けていただけませんか。お願いします。娘と私を助けてください。ほかに頼れる人は誰もいません。よろしくお願いします。



〈返事〉

 メール拝見しました。
 生まれたときからお母さんべったりのお子さんだったのでは大変でしたね。とっても大変だったのによくここまで育てられてきましたね。少しは離れられるようになったら、お母さんが少し心を休ませないことにはつづかないでしょう。そうしたからって「いい母親」でなくなるわけではありません。自分を保つためにはそうせざるを得ないのですからね。自分に、「よくやってきたね」「大変だったよね」「ありがとう」といっぱい言ってあげてください。お連れ合いにも言ってもらったらいいですよ。

 さて、癒しの子育てでお手伝いできたらいいのですが、あいにく△△県には紹介できる援助者がいないのです。東京の、私どもがやっている相談室和く輪く舎まで来ていただくことになります。癒しの子育てネットワークホームページの「相談を受けるには」をみてみてください。遠いですがいらっしゃいませんか?
またのご連絡をお待ちしています。


〈相談者から〉

 お返事ありがとうございました。相談室へのお誘い、ありがとうございます。

 実は、最初の相談メールを送った後に、私はふと「娘と向き合うってどういうことなんだろう」と今一度自分なりに考えてみたのです。娘が、母親を常に不安そうに求めるのには理由があると思いましたし、思い当たることはありました。

 私が娘を妊娠した時、まだ結婚はしていませんでした。妊娠しているかもしれないと思っても怖くてなかなか確かめることが出来ず、その間私はただひたすら泣いていました。嫌だとかそういう感情ではなく、ただこれからのことが怖かったのです。

 でも本当に妊娠しているとわかった瞬間は、母性本能のなせる業なのか、ほんわかと嬉しいような不思議な気持ちになりました。しかし、そのあとはまたずっとただただ不安でした。周りがどんなに祝福してくれても、出産のための環境が整っても、私は母親になる覚悟を持てなかったのです。喜びと不安はいつも隣り合わせでした。本当に生むギリギリまで「これでよかったのか」と悩んでいました。

 娘はそれをお腹のなかでずっと感じていたのでしょう。自分が生まれてくることを不安に感じている母親のお腹の中で、どんなに心細かったことでしょうか。もちろん、生んだ瞬間、迷いは本当に一瞬にしてなくなったのです。生んでよかったと心から思いました。
私のところへ来てくれてありがたいと本当に思いました。

 だから、娘がもう少し大きくなったらこのことをちゃんと謝らなければならないと思っていました。でも、娘は母親に置き去りにされまいと必死だったのでしょうね。こんな小さな娘に謝っても、娘にはまだわからないと思っていたけど、素直に気持ちを伝えてみてもいいんじゃないかとメールを送った直後、ふと思ったのです。

 それで部屋を薄暗くして、娘を抱き寄せました。そして、娘がお腹の中にいた間のことを自分なりの言葉で謝りました。謝っているうちに、涙がぽろぽろ止まらなくなってしまって、私自身、この思いを吐き出せずに苦しんでいたのかと自分でも初めて知ったのでした。娘はただ黙って私の胸に無防備に身を任せていました。ずっと私の話を聞いてくれていました。

 私は「生まれてきてくれて本当に本当に嬉しかったこと」「○○のことが大好きだということ」を最後に伝えました。

 すると、心の中がすっきりして、今までうじうじ悩んでいたことが嘘のように軽くなりました。それから、娘に対して、うっとうしいと思う気持ちが今ではもうありません。娘も変わりました。私に対してニコニコと良く笑ってくれます。とてもすがすがしいいい笑顔です。だから私も笑顔を返すし、それに対してまた娘もいい笑顔を返してくれます。

 そちらのホームページを拝見し、思い切ってメールを出したことが私自身を振り返るいい結果につながったのだと思っています。ですから、もうしばらくはこのまま自分なりのペースで娘と付き合っていこうと思っています。もし、またどうしても自分の力でどうにもならなくなった時にはぜひそちらへ伺わせてください。ご親切にありがとうございました。これからも頑張って子育てをしていきたいと思います。




【抱っこをいやがる】

 どのママも愛情いっぱい。どの子どももママが大好き。それなのに、よんどころない事情のために、心のパイプが詰まってしまい、親も子も苦しい思いをするようになります。苦しいサインは子どもによってまちまちですが、抱っこという親密な触れ合いを借りてホンネとホンネを伝え合うことができるようになると、親も子もふたたびすてきな自分や、しあわせな関係を取り戻し始めます。
 
 だから、抱っこによって大好きの気持ちや、喜びや、慰めや、安心感を伝え合うことは、何よりも大切なことなのです。

 ところが、東京大学の汐見稔幸助教授を代表とする研究グループが保育所に預けられた赤ちゃんについて調査したところ、抱っこをいやがる赤ちゃんが四人に一人もいることが分かった、という報告が昨年秋ある学会で報告されました。抱っこをいやがるというのは、具体的には、

「手や足を保育者の体に回さない」
「抱っこに対して拒否・抵抗する」
「体を動かして落ち着かない」
「体が硬い」
「抱いてもぴったりフィットしない」

といった形で現れているそうです。
 
 こうした保育者の違和感は以前にはほとんど感じられなかったそうです。だから、自分の親ではなく他人に抱かれるからいやがる、ということではないのですね。むしろ、自分のお母さんとも、しっくりした抱っこ関係ができていない、ということなのでしょう。

 身も心もすっかりママにまかせて安心できるはずの抱っこがいやなはずはありません。抱っこそのものがいやなのではなく、心のパイプが詰まってしまったために、ママに訴えたいのに訴えられなくなっている、ということがよくあるのです。

 人類の歴史とともに古い育児行為である抱っこ−。その抱っこに秘められた育児力や治癒力を大切にしていきたいものです。



【息が詰まるほどに泣く】

 怒って泣くと、息が止まるほどに激しく泣く、という一歳を過ぎたばかりの赤ちゃんです。

 見たところ激しく訴えるお子さんのようですが、むしろ逆で、もっと小出しに、楽に訴えることができない、ということなのです。もちろん、もっと穏やかに、楽に泣けるようになるといいのですが、

 お母さんの話では、なるべく泣かせないように育てて、しだいに泣かない我慢を覚えさせてしまった、というのではなさそうです。むしろ、家庭保育園に入ってから、楽に泣けるように自力で挑戦してみたのですが、息が詰まるように泣くので断念していた、とのことでした。
 
 ではいつからこんな泣き方に?とお聞きすると、もう生まれたときから手や足をばたばたさせて怒っているように見えたとのこと。こんなときのママの直感は、概して正しいのです。

 そこで、妊娠中や出産時のことをいろいろ話してもらいますと、話題によっては、なるほど息が詰まりそうになります。このままほんとに息が詰まったらどうしよう、とこちらも寿命が縮む思いがして、その話題を早々と打ち切り、胸を揺さぶったりして泣きだしてもらおうとやっきになりました。
 
 そこで、「一気に楽に泣けるようにとあせってもしかたないので、少しずつ、少しずつ、楽に泣けるようにしてあげましょうね」と話していると、ママが妊娠中の喫煙のことを話題に出してくれました。
 すると、とたんに、「それだよ、それだよ」という感じで、息を詰まらせずに泣きだしたではありませんか!

 ママは、妊娠中の喫煙は控えたほうがいいと知っていたので、気にしながら吸っていたとのこと。私も若い頃、何十回となく禁煙に挑戦しては意志が続かず、喉に前ガン症状のようなものが出てようやくやめられた、という体験をしているので、ママの気持ちはよく分かります。
 
 「あのこと?、このこと?」という詮索はしてくれなくてもいいから、とにかく泣きたいときには泣きたいだけ泣かせてよ、というのが子どもの言い分である場合が多いのですが、このお子さんの場合は、「あのこと」にまで話題が行ってはじめて、親子のパイプが通じやすくなりました。

 でも、「おなかにいたとき、ママがたばこを吸うと苦しかったよ」という意味なのか、「ママが吸うのをやめなくてはと思いながらもやめられず、自分を責めていたのを心配していたよ」という意味なのかは、はっきり分かりません。でも、互いの気持ちが通い合って母も子も喜びを噛みしめているいま、ことさら突き止めることもないだろう、と思ってやめました。



【過ぎ去った断乳の慰め】

 Oちゃんは1歳4か月、よく夜中に目を覚ますことと、食が細いことが心配で相談室にみえました。

 お母さんの話を聞きながらOちゃんを見ていると、口に手を入れていることが非常に多く、お母さんにしがみついていて、不安そうでもありました。口に手を入れていることが訴えのように感じて、「おっぱいのことかな」と言うともじもじし始めました。 断乳についての経過を聞くをお母さんに聞くと、4か月で母乳の出が悪くなったので哺乳瓶でミルクとなり、1歳で哺乳瓶もやめたといいます。しかし両方の断乳とも、きっぱりといつからというのではなく、何となくだんだんにやめられたので、お母さんは辛いはずがないと思っていたようでした。ところがOちゃんは、「おっぱいバイバイいやだったね」と語りかけると、うえーんと泣き出したのでした。そこで断乳の慰めをすることになりました。

「おっぱいバイバイいやだったね」〜ゆるい泣き。
「もっと欲しかったのに、欲しいって言えなかったね」〜少し泣きが強まる。
「Oちゃんがバイバイしようって覚悟しないうちに、終わりになったちゃったね」〜ゆるい泣き。
「お口がさみしかったね」〜反り返って強く泣く。
「お口、さみしいさみしい、さみしいねえ。お口さみしいよ。お口さみしいよ」〜語りかけながら、口のまわりに軽く触ると、さらに強く泣く。
「おっぱいをしゃぶっていると安心だったんだね。おっばいないとさみしいさみしい」〜少しおだやかな泣き方になる。

「どっちのおっぱいかな。哺乳瓶かな、おっぱいかな」〜どちらとも分からなかったので、哺乳瓶の時の慰めをしてみるが落ち着かない。

「お母さんのおっぱいの方かな」〜ふっと泣きがやわらかくなり、そうそうと言うように、語りかけていた援助者の目を見る。
「ああ、お母さんのおっぱいのことだったのね。おっぱいバイバイして哺乳瓶になったの、いやだったの」〜再び強く泣き出す。
「Oちゃん、おっぱい好きだったのね。おっぱいバイバイさみしかったね。お口さみしかったね」〜Oちゃんは「バイバイ」と言いながらひとしきり泣いていた。
「お母さんOちゃんがいやがらないで哺乳瓶で飲んでくれたから、なんにも心配してなかったよ。ごめんね。本当はいやだったんだね」〜お母さんがそう慰めてくれると、Oちゃんまた少し強く泣く。
「Oちゃん頑張って飲んでくれてありがとう。でもおっぱいバイバイいやだった気持ち、お母さんに分かってほしかったんだね。お母さんに伝わったよ」〜少しやわらかい泣きになるが、まださっぱりはしていない。

「おっぱいおいしかったね」〜と語りかけると泣きながら援助者の目をじっと見て、だんだんにやわらかい泣きになる。
「おっぱいおいしかったね。おっぱい大好き。哺乳瓶よりおっぱいがよかった。おっぱいおいしかった。おっぱい大好き」〜と語りかけ続けるとすすり泣きに変わり、かわいいべそをかき泣きじゃくる。そして眠ってしまう。

 Oちゃんはこの後から、手をしゃぶることが減って、食も少しずつ太くなっていきました。本当は断乳をするその時に、子どもの気持ちを慰め癒しつつやっていくと思い残しがないのですが、Oちゃんのようにその時は気づかずに過ぎてしまったときも、子どもの気持ちになって慰めてあげると気がすみます。子どもはその時の気持ちがもやもやして残っているのを、ただ分かってほしいだけなんです。だから後悔はいらなくて、気持ちを受け止めてあげさえすればいいんです。

 Oちゃんはそれからも何回か通ってきて、他にもいろいろ気持ちを分かって慰めてもらって、不安気はなくなるどころか本来の活気が出て、今度はダダこねにうれしい悲鳴を上げているお母さんです。



【外出先で人見知りが激しい】

〈相談者から〉

 現在一歳一か月の娘がいますが、人見知りが激しく悩んでます。日本でも人見知りはしてましたが、アメリカで暮らすようになってからますます激しくなりました。

 こちらでは家族同伴のパーティが多く、行くたびに大泣きです。しかも同じくらいの月齢の子はみな愛想がとてもよく、私はパーティに行ってもいつも隅の方であやしてます。日曜日に教会にも行っていますが、そこでも毎週大泣きで、私は周りに気をつかってばかり。人に会うのが怖いくらいです。

 今まで赤ちゃんに良いといわれることはできるかぎりしました。ベビーマッサージや母乳育児、歌もよくうたってます。寝る時も必ず添い寝です。それなのに人見知りはいっこうに良くなりません。



〈返事〉

 アメリカでは家族同伴のお付き合いが多いんですね。そんな暮らしのなかでお子さんの人見知りが強いと、お母さんとしてはますます途方に暮れてしまいまうでしょう。

 まず、お母さんが困る気持ちと、お子さんの人見知りが強いことの心配とがごっちゃにならないように、気持ちの整理をしてくださいね。
 人前で大泣きされたら親が困ってしまうのは当たりまえです。困ってしまって、どうしていいか分からなくなる自分の気持ちを認めて、大事にしてください。

 でもね、一歳一か月といえば、人見知りをするのが当然の時期です。もちろん個人差がありますから、そういう場でお母さんが抱っこさえしていればだいじょうぶな子もいます。でも、お子さんのように、今はお母さんとの蜜月期間を必要とする子もいるのですよ。

 人見知りは、心のなかに「安心」という土台を築く、とても大切な成長の一過程です。それによって、これから先の自立がしっかりできるのです。

 また、慣れない土地で暮らすお母さんの不安までも感じていたことでしょう。親が不安になれば子どもは親の分までも人見知りをすることになるものです。親子別々に不安がりさびしがっているとよけいに不安やさびしさが募りますから、むしろ一緒になって「不安だね」「さびしいね」と共感し合うようにすると、不安もさびしさも半減しますよ。口に出すだけでも楽になりますよ。

 人前で大泣きされたら、お母さんは困ってしまいますね(大いに困ってください)。でも、お子さんが人見知りすること自体は心配ないのです。集まりに行ったら、「お母さんが抱っこしているから安心だよ」という気持ちになって、ぎゅっと抱きしめていてあげたらどうでしょうか。また、断れるものは断って、お母さんとべったり、ゆったりの時間をたくさん作ってあげましょう。


〈相談者から〉

 最近はクリスマス・ディナーのお誘いが多く憂鬱でした。案の定、子どもは最初大泣きをしました。そこで、先生のアドバイスにあったように、子どもと気持ちを一つにして、「こわいねー」とか「びっくりしたねー」とか「ゆっくり慣れようね」とか言ったんです。すると不思議なごとに、その日はあまり大泣きすることがなく、いつもは私にしがみついて離れようとしないのに、下に降ろすと機嫌よく遊んでいたんです。

 その日はたまたま機嫌が良かったのかもしれないと思いました。でも、昨日またクリスマスディナーに出掛けて、しかも、うちの子どもが少し苦手なタイプのご夫婦の家でした。それというのも、すごく子ども好きのご夫婦なので、うちの子によく話しかけてくれるのです。 ところが、またまた機嫌が良く、びっくりしました! そして、私も主人も心穏やかに過ごせました。

 いつも「泣かないで」とか、「みなさんに申しわけない」とか、「困った」とか、自分のことばかり考えてました。こんな簡単な、子どもの気持ちになってあげることを気付いてあげれなかったなんて……と反省しました。




【おっぱいを飲まなくなったMちゃんNちゃん】

 Mちゃんは1歳半、Nちゃんは7か月、2人とも舌小帯の手術を受けてからおっぱいを飲まなくなってしまったと、どちらのお母さんも心配でたまらない様子で相談にみえました。2人共にアレルギーの心配があるので、まだおっぱいを飲んでくれないと困るとのことでした。同じような体験をしているのですが、月齢が違うためかもっと別のわけか、訴えるポイントが違いました。でも2人とも、飲めるようになりたいとけなげな頑張りを見せてくれて、そして子どもの気持ちを受け止めてしっかり支えるお母さんに助けられて、見事に乗り越えたのでした。


《Mちゃん親子の頑張り》

 Mちゃんのお母さんはお話をしながらも、コップに手でおっぱいを絞っては飲ませていました。コップなら飲んでくれるとのことでした。でも吸って飲むのとはやはり摂取量が違うようで、お腹もすくし水分補給からも、早く飲んでほしい状況でした。家で何回かは手術のことを慰める抱っこをしてはみたけれど、すごくのけぞって泣いたけれど、飲むようにはなってくれないとのことでした。

 舌小帯の手術の前後の話を詳しく聞きました。事前に話していたか。どんなふうに話したか。手術の日はどんな手順で進んだか。その時のMちゃんの場面々々での様子。手術室に行くときの母から離れるときの離れ方。母の所に戻ってきた時の様子。戻ってきてから最初のおっぱいを飲むまでの様子。最初のおぱいを飲んだときの様子。帰ってくるまでの様子。家に帰ってきてからの様子。手術後の再診の時の様子。術後最初のおっぱいから今までの、Mちゃんとおっぱいとの関わり方。今の舌の様子。これからの受診の予定。それから母が手術を受けようと思った動機と、受けた後の感想、おっぱいに対する思いなどもお聞ききました。

 Mちゃんは術後最初のおっぱいのときに、うまく飲めなかったのがとてもショックだったようでした。すごい挫折感を持ってしまったようでした。Mちゃんはお母さんから事前に話を聞いて、自分も受ける気持ちになっていてとても頑張ってくれました。さあもう全部終わったから飲めるぞーと喜んでおっぱいに吸い付いたようです。ところが痛いのと、今までの使い慣れた舌ではなくて思うように動いてくれなくて、何がなんだか分からなくなってパニックになっていたようです。6時間の間飲んではいけなくて、お腹もすいているし喉も渇いていていたのに、それっきりおっぱを口にもしてくれなくなってしまいました。次の日にたま慰めの抱っこをした後には、口に入れてしゃぶってくれるようにはなりましたが、やはり吸ってはくれなかったそうです。

 お母さんに横抱きにしてもらって、先ずはおっぱいを欲しがったのであげてみてもらいましたが、ちょっとしゃぶってすぐに離してしまいます。離したときに、「おっぱいうまく飲めなくてびっくりしたね」「手術が終わったら前よりもっと上手に飲めると思っていたのに飲めなくてショックだったね」「舌がうまく動かなかったよー」「飲もうとすると痛くてうまく飲めないよー」「痛かったよー」「お腹空いたのに飲めないよー」「おっばい飲みたいのに飲めないよー」などと慰めの言葉をかけていくと、えーんえーんと突っ張らずに泣いていました。ひと泣きするとまたおっぱいを欲しがるので、また飲ませてみてもらいました。飲もうとけなげに頑張っているMちゃんに、「まだちょっとは痛いかもしれないけど飲んでみてね」「舌もとても動きよくなっているよ、試しに使ってみてね」「思い出して怖かったら泣きながらでいいから飲んでみてね」などと励ましの言葉をかけました。でもまだ飲めなくて離してしまうので、離したときは慰めて、するとうえーんと泣いて、またほしがったら飲んでみてもらって、口にしているときは励まして、そんなやりとりを何回も繰り返してみました。

 でもその日は飲めるところまでいかなくて、でも絶対に飲めるようになるからと、次の予約を3日後にとって帰られました。3日後においでになって「飲めるようになったんですよ」とうれしい報告。1回目にみえたその日はまだ飲めなくて、でも2人で繰り返し、慰めて励まし飲むのに挑戦していたそうです。そして次の日に、お母さんがひらめいて、お医者さんの絵本を読んであげて、もう一度こういうために手術をして、こんなふうに楽になることを話したそうです。そしたらその後で、何回も挑戦して少しずつ吸い付くようになって、とうとう飲めるようになったそうです。お母さんとMちゃんの晴れやかな笑顔が美しかったです。


《Nちゃん親子の頑張り》

 NちゃんはMちゃんよりずっと月齢が低い7か月だけに、お母さんはひどく心配そうでした。Nちゃんはスプーンなら飲むということで、おっぱいを絞ってはスプーンで飲ませているとのことでした。

 お母さんが面接票を書き終わると、Nちゃんがおっぱいをほしがったので飲んでみてもらいました。手術の後は口にもしてくれない日が続いて、やっと一昨日くらいからしゃぶってくれるようになったけど、まだ吸い付こうとしないとのことでした。その時もじきに離してしまって、母も子もやっぱり飲めないとため息が出そうでした。

 先ずはMちゃんの時と同じように、手術の前後の様子をなるべく詳しく話してもらうことにしました。ただ、Nちゃんがすでにおっぱいを飲む態勢に抱かれていたので、その横抱きの態勢のままに、経過を追って話してもらいました。

 手術のことは事前に話してあったので、その直前まで機嫌もよく、その時になって看護婦さんに抱かれて治療室に行ったときも、泣き別れはせず、部屋に入って見えなくなって少しして泣き声がしたと言います。お母さんは泣き声がしたときは、暴れないようにおくるみのようなものでくるまれた時だと思うというので、そのことを慰めましたが反応がありません。援助者には、いくら分かっていて覚悟もしていたとはいえ、7か月の赤ちゃんが泣き別れをしなかったということが気になったので、「お母さんとバイバイして一人で治療室に行ったねえ」と声をかけると、少し体を突っ張ってうえーんと泣き出しました。「ひとりで怖かったね」「お母さんがいなくて怖かったね」と言うとさらに強く泣きました。離れることは話してあったのか聞くと、「あ、そのことは話してなかった」とお母さん。「お母さんと一緒に頑張ろうと思っていたのに、お母さんが来てくれなくてびっくりしたね」「ひとりで頑張るのは心細くて怖かったね」と語りかけると、かなり激しく泣きました。お母さんにも、「離れることを言うの忘れてごめんね」「お母さんがいなくて心細かったんだね」と慰めてもらって、「離れていたけど心はずっとそばにいたよ。一緒に心細かったし、一緒に怖かったし、一緒に痛かったよ」と言ううちに泣きがやわらかくなって、またおっぱいをほしがったので飲んでみてもらいました。でもやはり飲めなくて、すぐに離してまた泣き出しました。

 「飲みたいのに飲めないねえ」と声をかけると、そうなんだよと言うかのようにまた少し突っ張って泣き、そしてまた吸おうとし、そしてまた飲めなくて離し、「飲みたいのに飲めないよう」と泣いて、そしてまた吸い付いてと、泣きながら挑戦しているのでした。そんなやりとりをあきらめずに20〜30分続けたNちゃんとそれを支えるお母さん。すると少しずつ舌を使うようになって、「そうそう上手上手」「それでいいんだよ。その調子」と励ましていくと、ついに吸い付くことができたのでした。あきらめずに挑戦して吸えるようになったNちゃんとお母さんは、とても誇らしそうで、そしてほっとしていました。
 
Aへ      HOME