←HOME

  小学生以降の実例@
 小学生〜

 学校に通い、本格的に学習活動に参加します。友だちとの付きあいがますます重要な意味を持つようになり、仲良しもできます。低学年のうちはまだ幼児期のおもかげを残していますが、高学年になると、思春期に近づいたという気配を感じさせるようになります。
【お兄さん心の応援】  【生活の目標と人生の目標】   【とことん怒る】 【自己実現の大切さ】 
【お姉ちゃんが心配】  【けんかのわけは】  【自分の力で生き延びた】  【父ちゃん大作戦】 
【学校で苦しい気持ちになる】  【お母さんの中の子どもとやっと出会えた】  【うそをつくのが心配】  【後ろ盾】 
【お母さん、怒っていいよ】  【ママの子どもと仲良くしてね  【みんな役に立ちたいんだよね】  【「絶対に入らない!」】 
学校に行かれなくなったUちゃん】  【自分の行動をコントロールできないで苦しんでいるS君】  【学校で乱暴する】  【わがままなVちゃん】
 

【お兄さん心の応援】

 一年生のBちゃん。カッとなってお友だちに手や足が出てしまうという心配があり、相談に来られました。最初の何回かは、溜め込んだ感情のストレス発散をお手伝いしました。少しずつ落ち着いてきていたところで、お兄さん心の応援のやりとりもしてきました。

 お友だちへの乱暴はほとんどなくなったものの、家で妹にはまだ出でしまうといいます。でもそのやり方が、「やるぞ〜」とママのようすを見ながらやるようで、これはママにもお兄さん心の応援をしてほしいんだなと分かりました。今までは援助者が張り合う役になっていたのですが、本当はママにしてほしいのですよね。日常にママにお兄さん心を支えてもらい、もっとお兄さんらしく振る舞いたいのですよね。

 そこでその日は、ママにお兄さん心の応援のやりとりをしてもらうことになり、部屋の隅から隅までの距離を、手を繋いでママに合わせて歩く、という課題に取り組んでもらいました。

 やってみてもらうと、一応手を繋いで歩けたけれど、ママに合わせているようでいて、Bちゃんのペースになっているようの見えました。そこで援助者が代わって歩くと、たちまちイヤイヤが出てきました。Bちゃんのペースになってしまうと、張り合ってあげられないので、気持ちにも触れられないのですよね。イヤイヤが出てくると、手を繋いででは受け止められないので、後ろから体を抱える体制になり、イヤイヤを体で受け止めながら、ちょっとずつ歩くという感じになりました。

 イヤイヤがだいぶ表現出来て、合わせて歩くお兄さん心が強くなってきたところで、またママに交代です。今度はママもBちゃんのペースにならないように、張り合えるママでした。ところが張り合うのだけれど、イヤイヤも出てくるんだけど、お兄さん心が喜ぶ感じにはなりませんでした。張り合いが苦手なママのようですから、無理もないのですが、ママもBちゃんもやれた!にならないと、つまりママとBちゃんのお兄さん心、両方が勝つようなやりとりになってほしいのですよね。そこでコツを伝授しました。

 ママはあそこまで歩いてもらうという意思を、まずしっかり持ちます。その意思は揺るぎなく持ち続けつつ、体もぴったり保ち続けて、歩こうと促します。するとイヤイヤも出てきますから、イヤイヤしている間はそこにとどまって受け止めます。そのうちふっと、Bちゃんのお兄さん心が立って歩く気持になる瞬間があるので、その時にママの張り合っている力をちょっとだけ強くすると、Bちゃんの歩くぞ〜が支えられて歩けます。その時は、やれた〜になるのですね。でもちょっと歩いたところでまたイヤイヤが強くなるときは、また受け止めつつ待ちます。するとまたお兄さん心がスッと立ちときがあるので、そこをまたちょっと押すと、やれた〜の気持で歩けます。何回はそんなやりとりをしていくと、あるときすっくっとお兄さん心が立って、そこからは歩けるようになるのです。

 Bちゃんの歩こうという気持ちの準備が出来るのを待って、準備が出来たときに支えると、お兄さん心が立ちやすく、歩けた〜やれた〜が残って、Bちゃんも応援するママもうれしいのですね。



【生活の目標と人生の目標】

 20歳の青年。自閉症といわれる生き難さをかかえていて、言葉の表現にハンディがあるので、筆談で表現を助けています。

 この間、あれこれ気持ちを書いたあとに、「ぼくには、生活の目標と人生の目標があるのです。生活の目標は作業所で物作りをすること、そして人生の目標はまだ見つからないので、これから探していきます」と話して(書いて)くれ、教えられました。しっかり考えて生きているのですね。

 生活の目標と人生の目標、そんなふうに真剣に考えていなかった、自分の20歳の頃。今だってそう訊かれても、すぐには答えられない私です。ハンディといわれる生き難さを持って生きてくると、深く考えたり、悟ったりが早いのは、そんな子どもたち(人たち)に多く出会って感じていました。でも見かけやようすが、そうは見えないので、なかなかわかってはもらえない、それがつらいと訴えられます。筆談などで表現してくれると、外面と内面の違いを親ごさんは初めはびっくりされますが、内面を知るほどに、見せかけでない本来のお子さんが見えやすくなって、関係が変わっていき、お互い過ごしやすくなってくださいます。

 その日は、私もまたその青年を見直してしまいました。もっと多くの人たちに、この青年たちの訴えが届くように、これからもお手伝いしていきたいです。



【とことん怒る】

 小1のHちゃんは、ずっといい子で手のかからない子どもだったのですが、小学校に入学してなれてきた頃から、急に怒りんぼになり、お母さんに乱暴するようになりました。最近は学校でも友達に手や口が出るようになって、悩んだお母さん、インターネットで癒しの子育てに出会い、本を買って読んで、さっそく癒しの抱っこをしてみたそうです。熱心なお母さんで、毎日、2時間以上の格闘をしての癒しの抱っこ、髪の毛を引っ張られたりつねられたりしながら続けてきたそうです。でも少し様子が落ち着いてきた気はするけど、このまま続けていけばいいのか迷いも出てきて、と相談に来られました。お母さんの腕には痛々しいひっかき傷が残っていました。

 相談室に来ておもちゃで遊んでいるHちゃんは、怒りなんてないかのように穏やかでした。お母さんが話をする間も静かに待っていました。お母さんの話が、急に怒りんぼになった頃、離婚の危機があったという話になったら、すっとお母さんの方に来ました。なんかそのあたりにヒントがありそうでした。

 普段の取り組みを見せていただくことにして、お母さんが抱っこしようとしてつかまえると、すぐに怒り出して、それからほんとに格闘技になりました。いつもはお母さん一人で受け止めているとのことでしたが、あまりの激しさに、援助者も足持ちに加わりました。何しろ小1の体力で全身で表現してくるので、それはそれはすさまじい勢いです。でもお母さんの抱っこで心地よいのを知っているし、お母さんも動揺せずに受け止めているので、とっても気持ちよさそう。小一時間の格闘の末、すっかり落ち着いて、お母さんの懐にすっぽり抱かれるようになりました。

 それから離婚の危機の話に触れて、「心配だったね」と慰めました。「でもそのことはおとなのことだから、お母さんに任せておこうね」と話して、さらっと終わりになりました。いい子でひとりで気持ちを我慢していた甘え下手さんが、その心配がきっかけで気持ちが胸に納まりきれなくなり、甘え上手への道が拓けたのでしょう。つらい出来事が、絆の結び直しになったのですよね。

 それから10日後に2回目の相談に来所したHちゃん、お母さんの話しでは、とっても穏やかで落ち着いているとのことでした。援助者も見違えるほどのいい表情で、なんか更にかわいらしくなっていました。家での抱っこも大暴れではなく、ちょこっとちょこっとですむようになって、自分から「あれやって!」と催促するようにもなったそうです。まだ甘え上手の入口のようですが、お母さんが受け止めやすくなって、一段落でした。

 それにしてもあの猛烈な怒りが、見事に昇華していたのにはびっくりでした。お母さんが迷いなくしっかり受け止められ、とことん付き合えると、子どもは躊躇なく思いきり解放できるものなんですね。いがいが怒りの角がぽろっととれたセッションでした。



【自己実現の大切さ

 Jちゃんは今年4月に中学生になりました。Jちゃんは生まれてすぐから体に不自由さがあり、根気よく訓練に通って、家でも取り組んで、小学生になってから、少しずつ歩行できるようになりました。そして相談室にも通って来られて、心のケアも続けていました。

 最近は相談には月一度くらいに来られていたのですが、先月と今月で、Jちゃんのようすにすごい変化があってびっくりしました。Jちゃんはずっと、体のやりとりをしても受け身が多く、微かな自己主張を受けとって増幅すると、少し力が出てきて、動きが活発になる感じがありました。車いすを操作できるようになってからは、動かすのがうれしくて、その時は意欲的だそうです。でもお母さんは、車いすばかりに乗るのではなく、今は歩く楽しさを味わってほしいと思っています。

 そんなJちゃんに、ハートウォーカーという器具(訓練器具というよりも日常生活用具)がいいのではないかと、お母さんが情報を集めました。そして先ずは貸し出してもらい、体験してみることにしたのです。そのハートウォーカーが家に来る前が先月、家に届いて体験をしてみてからが今月のJちゃんだったのです。

 今月会ったJちゃんは、見るからに活気があり、いつものように体のやりとりをしたら、反発も出るくらい力がみなぎっていて、楽しそうに動かしていました。動きもスムーズで、身のこなしにも自信が感じられました。笑顔もいっぱいありました。張りのある声も多く聞かれました。

 そんなJちゃんを見て、自分の力を使えるという自己実現は、慰めや励ましとはまた違った、生きる力をもらえるのだと感じました。ありのままでいい、何かができるできないではないというのはもちろんなんですが、それでも自分の持っている可能性を伸ばせる、自分の力を発揮できるというのは、とても大切なんですね。

 Jちゃんは話し言葉での表現が苦手なので、筆談や指談で意志の疎通を図っています。ハートウォーカーのことについての、Jちゃんの気持ちを綴った文章をご紹介しましょう。

*******

ハートウオーカー

 きもちよくあるいてます
 こんどみにきてよ
 たくさんあるいて
 なんかいも ころびそうになって
 ころばないの すごくたのしくて
 いちにちでも やすみたくない

母「はやく 自分のがくるといいね」

 うん まちどおしいです
 おとうさんに ありがとう
 おかあさん ぼくまいにち れんしゅうして
 たくさんあるいて
 あるけるように なりたい
 はしるの
 こうえんでやりたい
 おかあさん ありがとう
 すごく きにいりました
 せかいが かわり
 きもちが まえむきのなりました
 がっこうのせんせいも
 びょういんのせんせいも
 Jさんといって
 びっくりして
 おかあさんやぼくを
 みるので
 はながたかいです
 みんなにいいたい
 ぼくは ハートウオーカーに
 であえて
 ほんとうによかった
 ぼくけっこううんどうすき
 ゆめにむかってあるきます

母「夢はなーに?」

 たびがしたいです
 いきたいです
 ハートウオーカーで
 もっていけるのかな
 すいぞくかん いきたい   

*******




【お姉ちゃんが心配】

 ある日の相談で、いつもは弟の方だけ連れて来ていましたが、その日はお姉ちゃんも一緒でした。学校が休みの日だったので連れてきたと言います。弟は発達に心配があり、言葉でのコミュニケーションがスムーズにはできません。それで手を添えて書くことで気持ちを表現することをしています。お母さんは幼稚園の卒業式が終わり、小学校に行くことで、ストレスを抱えているだろうと、そのあたりの気持ちを聞こうとしていました。でもなかなか書いてくれません。「何かもっと他のことで話したいことあるのかな?」と聞くと、「おねえちゃんがしんぱい」と書きました。

 お母さんはそれを見て、「お姉ちゃんは甘え上手だから大丈夫」と即座に言い、姉のことは全く心配していないようすでした。でもお姉ちゃんの表情は、援助者から見てもちょっと心配でした。寂しそうで少し元気がないように見えました。お母さんに「お姉ちゃんはどんなふうの甘えるの?」とお聞きすると、「よく膝に抱かれたりくっついてきたり、ダダもこねるし文句も言うし」とお母さん。なるほど甘え上手のようでした。それなのにお姉ちゃんが寂しそうで元気がないのはなぜだろう。

 そんな親子に出会って、甘え上手ってどういう事なんだろうと考えてしまいました。癒しの子育てを伝えるのに、「甘え上手になろう」とよく伝えています。「甘え上手は泣き上手」だから、先ずは泣き上手になろうとも伝えています。お母さんに気持ちを甘えるということの原点は、泣いて甘えるということなんですものね。

 ということは、このお姉ちゃんは、泣いて甘えることをしてこなかったので、甘えているようでいて、もっと奥の気持ちを伝えていないということなのでしょうか。心の奥底には、寂しいとか悲しいとか怖いとか悔しいとか、そんな気持ちが押し込まれているのかもしれません。小学生になっての癒しの抱っこをすると、怒りまくるという感じによくなります。それは甘え下手になっている姿なんですが、そんな小学生でも、拗ねた感じは見せずに、甘え上手に見えていたりもするのです。でも一旦気持ちの歯止めが外れると、すごい怒りのマグマがあるのがわかるのです。そして怒りを受け止めていくと、その後ろにある寂しさとか怖さとかが見えてくるのです。そんなに溜め込んでいることを、お母さんは気づかずにいますから、怒りまくられるととってもびっくりされます。

 でもね、このお姉ちゃんの場合も、お母さんはどうしても弟の方が心配で手も心もとられるので、お姉ちゃんとしてはお母さんに協力して頑張ってきたのですよね。その頑張りもありがたいし、お母さんとしてはできるだけのことをしてきたので、それ以上どうにもならなかったのですよね。お母さんは大丈夫と思っておられるのに、寂しくて元気がないとことを伝えるのは、この親子の現実のベストから離れてしまうのかもしれません。それでこの時は、何も言わずに、心の中の声で、「お姉ちゃんの寂しい気持ちわかっているよ。お母さんに協力してくれてありがとう」と伝えながら、援助者が抱きしめました。そしたら逃げる追いかけるの遊びになって、楽しいやりとりで終わりました。お母さんにも、こんなじゃれあいを家でもしてみてねとお話ししました。これからも弟の相談で定期的においでになるので、お姉ちゃんのこともお話しする機会もできるでしょう。

 それにしても弟は、お姉ちゃんの気持ちをちゃんと知っていて、伝えてくれたのですよね。「おねえちゃんがしんぱい」と書いて伝えてくれたことは、きっとお母さんの無意識には届いたことでしょう。お姉ちゃんの寂しい気持ちに光が当たるのは、そんなに遠くではないと信じています。



【けんかのわけは】

 Mちゃん7歳、Aちゃん5歳、Hちゃん1歳を連れての相談です。Mちゃんは何をやっても心ここにあらず状態で集中できなくて、宿題などもなかなか進まない。お母さんがなにか言っても反応が返ってこなくて、なに考えているのかわからない。Aちゃんは最近、「自分はいらない子なんだ。真ん中の子はいらないんだ」というのが気になる。二人のけんかがまたすごくて、なんでそんなことでとお母さんはイライラしてしまう。Hちゃんは指しゃぶりが多くて気になる。

 一方、お母さんはHちゃんが生まれてから、アトピーで苦しんでいます。Hちゃんにもアトピーが出ているので心配しています。1か月ほど前にはとてもひどくなり、顔が腫れ上がるほどになってしまい、数日間入院になったそうです。Hちゃんは一緒だったけど、上の二人は頑張って留守番をしてくれました。

 三人とも、「お母さんが心配」の気持ちで泣き出しました。そして、お母さんが心配でたまらなくて、その気持ちをMちゃんはAちゃんを叩くことでぶつけてしまう。Aちゃんもお母さんが心配の気持ちをMちゃんに、悪態をついてぶつけてしまう。「二人のケンカは、お母さん大好きのケンカだね」と援助者が言うと、「え!?え!?」のお母さん。「あなたたちのケンカは、お母さんが心配の気持ちからなの?お母さん大好きの気持ちなの?」と、思いもよらなかったという感じで言うお母さん。なんだかとってもうれしそう。Hちゃんの指しゃぶりも、お母さんが大変なので僕は大丈夫だよと、指しゃぶりで頑張ってくれていたようです。三人の大好きがお母さんにしっかり届いた瞬間でした。

 お母さんのことで心配があれば、子どもに気になる言動が出てくるのはあり得ることですね。でも、心配してそんなようすを見せていることを、お母さんが「心配させてしまった」と自分を責めてしまわないで、大好きな気持ちを受け取ってくださったので、子ども達は頑張りがいがあったでしょうね。子どもが根っからの親思いであることを、また実感したセッションでした。



【自分の力で生き延びた】

 Tちゃんのお母さんはお祖母ちゃん(実の母親)との関係がとても重荷のようでした。お祖母ちゃんからは何をどうしても頭から否定されて、自分の言いたいことも言えず、結婚してからも、「家が片付いていない」「子ども達に甘い」と口やかましく言われ続けてきたそうです。それでも何かと頼ることがあり、「イヤだなー」と思いながら実家へ行って、叔母さんまでもがお祖母ちゃんに加勢してお説教をされて、結局イヤな思いをして帰ることが多いようでした。

 その上Tちゃんも、弟もお母さんにとっては体の発育や怪我や病気、お友達関係についていろいろ心配なことがあって、病院や相談機関へ行くことが多かったようです。今回、3年ぶりに来てくれたTちゃんは3年生になっていました。

 お母さんは、お祖母ちゃんとの関係は、自分たち家族と区別しようと考えるようになり、今回初めて、「お祖母ちゃんのことはもういいよ」とTちゃんに話しかけました。お母さんのその言葉で、援助者が抱いていたTちゃんがもがき始めました。「Tちゃんはお父さんとお母さんの子だものね」と援助者が言うと、怒り泣きを始めました。

 Tちゃんのこれまでの生活は、お母さんの実家が大きな役割を占めていたのです。孫がかわいいお祖母ちゃんから「Tちゃんおいで」と言われると、ひとりでお祖母ちゃんのお家へ行って泊まってきたり、最近はお母さんがお仕事を始めていて、夏休みには弟が保育園へ行っているので、一人でお祖母ちゃんのお家で留守番をしていました。

 「Tちゃんはお父さんとお母さんの子どもでしょう?」と繰り返すと、ますます強く怒ります。ずっと「お祖母ちゃんの家の子ども」を演じてきてくれたような感じです。その時、「お母さんはTのお母さんだよ」と、初めてお母さんとしての自信に満ちた言葉を聞くことが出来ました。「すごい!おめでとう! お母さんの子どもになった誕生日だね」と声をかけると、泣き方が変わりました。お母さんに抱っこを代わってもらいました。そこには今までとは違うお母さんがいました。

 そこでTちゃんとお母さんとの感動的な出会いがあると思ったのですが、「やっとお母さんがTちゃんのお母さんになったよ」と言っても、予想に反してなかなかピッタリと抱かれなくて、そっぽを向きます。

 そこで手伝ってくれていた別のスタッフがおっぱいの話を始めて、「赤ちゃんでも自分から生きようとする力があって、自分からおっぱいを飲む」という話をしてくれました。その時、「生きてきたのはTちゃんの力だ」と感じたのです。

 「Tちゃんはお祖母ちゃんやお父さん(弟が生まれてお父さん子になっていた)の力を借りて生き延びたよね。それもTちゃんの力だよ。良くやったよ」と声をかけました。すると、それまでの突っ張りが取れて、Tちゃんはお母さんの胸ですっと眠りに入りました。やっと自分の頑張りを認めてもらえたと言っているようでした。お母さんはおしゃべりで気持を紛らわせがちな方だったのですが、その時ばかりはただじっとTちゃんを抱きしめて、ほほえんでおられました。何年分かの「ありがとう」を言ってくれているように思いました。そしてTちゃんは今までの甘え足りない分をしっかり取り戻しているようでした。



【父ちゃん大作戦】

 4月で六年生になったYちゃん。赤ちゃんのときからの付き合いで、年に2〜3回、生き難さをもっているお兄ちゃんと一緒に来て、お母さんがとことん付き合う時間を作ってきました。ここ数年は、お父さんとお母さんの夫婦間の隙間を気にして、気持ちを聞いていくと、最後には、いつもそのことがテーマになるYちゃんでした。お母さんとしてはすぐにはどうにもならないことなので、お母さんなりに向き合っていくから任せておいて、と線を引いてきました。

 その日はセッションの中ではそのことは出てこなくて、勉強に本気を出さないのが気になるという、お母さんの心配が中心でした。やればもっとできるのにもったいないというお母さんの気持ちでした。少し前までは、お父さんに勉強を教えてもらっていたそうです。お父さんが帰ってくるのを待って、Yちゃんが時間を作っていたのだそうです。でもお父さんはすぐに熱くなってしまって怒るので、Yちゃんのお父さん作戦も段々に遠のいて、最近はその時間もなくなっているとのことです。そんな話をしながらのやりとりでした。六年生ともなると、感情の発散はあまりできなくなって、体でのやりとりが主になるのですが、お母さんと援助者で汗だくになって、ひとしきり体で受け止めて終わりました。

 帰り支度をしていたのですが、なんだか帰りたがらず支度が手間取るYちゃんでした。そこでもう一度援助者が抱き留めました。お母さんが脇から、「いいものいっぱい持っているのにもったいない」と、言い残した気持ちを吐露しました。それを受けて援助者が、「まじめに勉強しなさい!お父さんの後を目指して!」と言うと、この日初めての涙を見せたYちゃんでした。そして更に援助者が、「お父さんに甘えなさい。じゃないとさみしいよ」と言うと、「わかった!」と晴れやかになって帰っていきました。

 帰ってさっそくYちゃんがお父さん作戦を始めたようすを、お母さんが伝えてきてくださいました。

*******

前略

 先日はお世話になりました。

 本当に二人とも帰りたそうじゃないので、発した一言が思わぬ気づきとなりました。Yは父親を求めていたのですね。

 きのう、夕方プールに行くのをやめて(Y、朝耳かきしてて私がちょっと失敗、プール休むことになって)、私とお兄ちゃんもジムさぼって家にいました。

 夕食前、ちょっとせんべいでも食べてと三人でおりましたら、父親も外から戻ってきて、コタツに座りせんべいを手に・・・。するとY、ブロックス(4人で遊ぶゲームの名)しようともってきて、4人で勝負となりました。三回戦して、そのあとYは、「とうちゃんオセロしよう」と次の手。私は夕食作り。Yは二回負け、私がかたきうちのつもりが、これまた二回負け、もう一度Yが挑戦。結局二人とも惨敗、父親が五勝で夕食となりました。

 Yのしたかったこと、特別じゃなく、こんなこと。なんだか幸せな夕方でした。

 そして日曜日にも、午前中に「ゲームしよう!」とお父さんを誘いました。三回戦して、私以外はみなそれぞれ一勝ずつ……悔しい! 

 夜になって、「もっと協力してよ」と言われてしまいました。「もっととーちゃんと近づきたいの?!」「うーん」ですって。そうか。そうか。

 Y、頑張っています。とうちゃんのこと。

 ありがとうございました。

*******




【学校で苦しい気持ちになる】

 Kちゃんは一年生、家では落ち着いているのに、学校で苦しい気持ちになって、乱暴が出てしまったり、自傷行為が出てしまったりして、学校にも行きづらくなって相談に見えました。

 3回目のセッションで、担任の先生が他の子を怒る声に、お母さんとKちゃんの二人で、びくっと怖くなってしまうという話になりました。そんなに怖い声ではなく、大声でもなく叱る声なのにだそうです。でもその話で、Kちゃんは反応して大泣きになりました。Kちゃんも怖い気持ちがあって、それでとっさに乱暴が出たり、自分をいじめたりしてしまうんだね、ということに気づいて、お母さんがほっとされました。そしたらそれから学校にも嫌がらずに行けていたし、乱暴などもすっかり落ち着きました。びっくりなほどの変化でした。

 ところがそれから1か月後くらいにおいでになった時には、また自傷行為が出ていました。その時のようすを詳しくお聞きしているうちに、担任の先生に「わかって、わかって」とあきらめずに伝え続けているKちゃんがいることがわかりました。「担任の先生だって苦しい気持ちがじゃまして、どうしようもないこともあるんだよ。だからわかってほしい気持ちはわかるけど、先生に求めても仕方ないかもよ。ここで愚痴を聞くから、もう求めないことにしようか」と話しました。そしたらお母さんが、「この一年間ずっと私が求めていたのかもしれません」となんだか何か納得されたようで、すっとお母さんの背筋が伸びたように感じました。そして、「なんだか元気になりました」と笑顔で帰っていかれました。

 Kちゃん親子は二人で、「わかって」の気持ちを手放したのかな。でも子どもたちが生きやすい学校、生きやすい世の中になってほしいと、そうやって伝え続けてきたことはすごいこと。自分たちが苦しくなりすぎないようにしながら、伝え続けることもやめたくないよね。これからも愚痴を言って、弱音を吐きながら支え合ってやっていこうね。



【お母さんの中の子どもとやっと出会えた】

 Aちゃんは小1、3歳前から定期的に相談室に来ています。最初はAちゃんの心配できていましたが、段々にお母さんのイライラと向き合うことが中心になっていました。イライラは時に爆発してしまって、Aちゃんに向けて怒りまくって、「あんたなんかお母さんの子じゃない」「顔も見たくない、出て行け」「全く人間のくずだ」……などと言ってはいけない言葉が暴走してしまうといいます。どこかにカチッとスイッチが入るかのように、もう止まらなくなってしまうようです。普段はとってもやさしいお母さん、Aちゃんをかけがえのない存在として大切に育てています。スイッチが入る時は、自分で自分がどうにもならなくなってしまう時です。もちろんきっかけはAちゃんにあります。約束を守らなかったり、うそをついてごまかそうとしたり、やらなければならないことをやらないでいたり……、でもそんなに怒ることでもないのにと、いつも後で落ち込みます。そんな自分が嫌いで嫌いで、消えてしまいたくなり、自分がお母さんでなかったらよかったのにと何回思ったことかと言います。

 お母さんの話を聞いたり、ワークや天心をしたりしていくうちに、何にスイッチが入るとそうなってしまうのか、自分の中の子どもが騒ぐ時だと分かってもらえ、Aちゃんにも「お母さんの子どもが騒いでいるだけだから」と言えるようになって、親子ともずいぶん楽になりました。でもその自分の中の子どもと仲良くなって、認めたりよしよししたりはなかなか出来ないでいました。だから前ほどではないけど、やはり怒ってしまうのです。

 そのうち自分の中の子どもがどんな気持ちになった時かが分かってきました。「見捨てられる恐怖」「孤立感」のようでした。一番大事なAちゃんだから、そのAちゃんから拒絶されたように感じるとスイッチが入ってしまうのでしょう。それはそのお母さんが幼い頃に、親に対しての気持ちとして芽生えたものだったのですよね。でも癒されずにずっと抱えてきていて、子育てに吹き出てきていたのですよね。やっと癒されるチャンスが来たのですよね。

 その子ども心に出会った頃から、日常いろんな気持ちがあることに気づいていき、その気持ちを自分で認めてあげられるようになってきました。と言うことは、認めてあげている気持ちより大きな「私(おとな心)」が力を取り戻してきたのですよね。だからそのころから、カッとなることがずいぶん少なくなりました。そして涙がすぐにこぼれて泣けるようになりました。カッとなりそうなのが分かって、気持ちの切り替える時間もとれるようになっていました。

 そんな経過のある日のセッションで、天心をやっていて、「自分の中の子ども」に出会ったのです。3歳くらいだったそうです。誰にも気持ちを分かってもらえなくて、ひとりぼっちで泣いていたそうです。その子どもをイメージの中で見て感じて、「かわいそうに」「さみしかったね」と思えたそうです。その子どものさみしかった気持ちの涙がいっぱい流れていました。

 遊んで待っていたAちゃんが、ちょうどその時そばに来たので、お母さんに抱っこしてもらいました。「よかったね。お母さんが自分にやさしくなれたよ。お母さんが自分をそれだけ好きになったんだよ」と言うと、Aちゃんはうれし泣き。お母さんとAちゃんは抱き合って、あったかい涙が流れていました。

 怒りも大事な感情、でも自分の怒りとして自分で持っていられないと、周りの大事な人に八つ当たりして悲しい思いをさせてしまいます。怒りの後ろには必ずもっと根っこの気持ちが隠れているのですよね。Aちゃんのお母さんは「さみしい」でした。スイッチはこれからはじかに「さみしい」に入るので、怒りにはスイッチOFFになるよ。「怒り」さん今までありがとう。ここまで生きてこられたのはあなたのパワーのおかげかも。そしてAちゃんに感謝。Aちゃんがここまで道案内してくれたんだよね。これからがAちゃんの本格的な抱っこになるね。



【うそをつくのが心配】

 Qちゃんは小学2年生。最近うそをつくのが心配ということで、一年ぶりに相談にみえました。子ども会の行事で持たせたお金で、100円はおつりとして残るはずが持って帰ってきませんでした。訊くと、落としちゃったと言います。落としちゃったのなら仕方ないとお母さんはそのままにしていました。ところが後日、買い食いをしていたことが、他のお母さんから判明して、落としたとうそをついていたことがわかりました。その1回で終わっていたのなら、そんな時もあるさと見過ごしていたのでしょうけれど、同じようなことがその後続けて2回あったので、うそをつくQちゃんがとても心配になってしまったと言います。

 ほしいものがある時には、お母さんに言ってくれれば、できることはやってあげるからというのだけれど、黙って使ってしまい、そして取り繕ううそを言ってしまうQちゃんのようでした。お母さんはきびしくしすぎたのかとか、怒ってしまうから言えなくなったとか、お母さんの今までのQちゃんにたいする接し方がいけなかったと、自分を責めているようでした。親にうそをつくほど、信頼されていないのかと思うと悲しいとも言われ、愛情がたりなかったのでしょうかとも問いかけられていました。

 お母さんと援助者でQちゃんを抱っこしながら、お母さんからそんな話しを聞いていたのですが、Qちゃんは固い表情で抱かれていて、そっぽを向いていました。援助者としては、そういう言動はいけないことと知っていてやってしまう、この年齢の子どもにありがちな、親の枠からはずれたくなる気持ちをまず思いました。その気持ちをわかりながら導いていけばQちゃんは大丈夫と思えるのだけれど、お母さんのうろたえぶりは大きく、その方が気になりました。どうやら、お母さん自身の自己否定感がまたふくらんできているようでした。

 援助者がお母さんに、「わけを問いつめたり、いろいろ詮索しても、解決にはならないのではないかな。それよりも、お母さんの気持ちを伝えたらいいよ」と言うと、Qちゃんは堰を切ったように泣き出しました。Qちゃんはとってもお母さん思いのやさしい子なので、お母さんにつらい思いをさせてしまった自分が、怒られても仕方ないと思って来ていたのかもしれません。Qちゃんの心がそこで開かれて、お母さんの心に届いたようでした。お母さんも涙して、「お母さん自信なくなってしまって、Qちゃんのお母さんやめたいなんていってしまったのよね。不安にさせてしまったね。Qちゃんのこと信頼もできなくなってしまっていたねえ。それはお母さんが自分を信頼できなくなっていたからだったのが今わかったよ。Qちゃん、お金を黙って使ってしまうのは悲しいよ。そしてうそをつくのはもっと悲しいからやめてね」と、お母さんの気持ちを伝えると、Qちゃんも「ごめんなさい」と心から謝って、親子はひしと抱き合っていました。

 お母さんにとってはつらい出来事でしたが、Qちゃんとの絆がこのことを通して、また結び直されたのを感じました。そういえばお母さんは、ここのところ仕事のことで心ここにあらずが続いていた言います。Qちゃんからのサインだったのかもしれませんね。子どもは親子の気持ちの隙間を、いろんなサインで知らせてくれます。出来事にばかりにとらわれないで、絆があやしくなっていないかと見直す時、と思えるといいのかもしれません。



【後ろ盾】

 今年4月に小学一年生になったRちゃん、元気に通ってはいるけれど、なんかようすが変で心配と相談にみえました。どんなことかとお聞きすると、よく忘れ物をする、持って行くものなどの連絡ノートを書いてこない、学校からのプリントを持ってこなかったり、持っていても出さないで何日も経ってしまって、揃えるものが間に合わなかったりする。家でも何か訊いても上の空の返事だったり、聞こえなかったりして返事が返ってこない。心ここにあらず状態とのことでした。

 学校はどうかなとRちゃんに訊いてみましたが、特に気になるようすは出てきませんでした。初めての授業参観に、お母さんが仕事で行かれず、おばあちゃんに行ってもらったので怒っているかな。お母さんが仕事で遅い日も多く、一緒にいる時間が少なく、もっと甘えたいのかな。お父さんも部署が変わって忙しくなり、夕食もお風呂も祖父母とが増えていて、さみしいのかな。お母さんは遅く帰ってきて、子どもが寝るまでの2時間くらいを、バタバタと過ごしているので、ゆっくりと相手ができないので、さみしいと思います。子どもが寝てからも、持ち帰った仕事をしなければならなくて、早く寝てくれればという気持ちがあって、せき立てているかもしれない。子どもにかける気持ちと時間がほんとに少ないんです。それでも仕事をこなしきれなくて、満足行く仕事ができていない。やっぱり仕事は辞めようかなんて考えているこの頃ですとお母さん。

 そんなお母さんの横抱っこしながら聞いていたRちゃん。所々で少し反応がありましたが、これこれそれそれという感じではありませんでした。

 そのうちにお母さんの仕事場での話しになって、最近のうれしい話しになりました。仕事ぶりを上司に認められたこと、上司が責任は全部持つから、やりたいようにやってみなさいと言ってくれたことで、守られていると思えたこと、4月にRちゃんが2週間ほど入院することになった時、仕事の割り当てを変えてくれて、早く帰れるようにしてくれたこと、など。そんな話しを聞いていて、「後ろ盾があるということは心強いことだよね」という援助者のことばを受け取って、お母さんの顔がぱっと輝いて元気を取り戻し、これからもやっていけそうだと希望が持てたようでした。お母さんは生い立ちで、ご両親に守られている実感を持てないできたので、「後ろ盾」を実感したことは大きなことだったのでしょう。

 そこで援助者がRちゃんに向かって、「Rちゃんのおかげ」と言うと泣き出しました。「お父さんのおかげ」「家族のおかげ」にも反応していましたが、やっぱり「Rちゃんのおかげ」に一番反応していました。「お母さんをずっと応援してくれたね。お母さんがここまで来たのはRちゃんのおかげだよ。ありがとう」とお母さんも声をかけていました。ひとしきり泣いて泣きやみ、お母さんがRちゃんをしっかり抱きしめていて、親子の心が一つになっていました。「お母さんがRちゃんの後ろ盾になろうね」と援助者が言うと、お母さんは大きくうなづいておられました。

 赤ちゃんの頃からずっとお母さんのことを応援していたRちゃんですから、お母さんの仕事がうまくいって、お母さんが生き生きしていてくれれば、それがなによりうれしいことなのでしょう。お母さんはRちゃんの日常に気がかりがあって慰めに来たのですが、Rちゃんは、お母さんが元気を取り戻したら元気になってしまいました。Rちゃんにとってはお母さんさえ元気を取り戻してくれたらいいのですね。もしかしてRちゃんは、お母さんを相談室に連れてきてくれたのかもしれませんね。

 2週間後に念のために予約を取ってあったので来られた時には、Rちゃんの気がかりはなくなっていて、「私が元気だと、子どもは元気ですね」とお母さん。



【お母さん、怒っていいよ】

 Gちゃんは小学3年の女の子。最近ちょったしたことでキレたように泣き叫ぶことがあり、そして一旦そうなるとなかなか収まらず、お母さんがどうしていいかわからなくなり、最後にはお母さんが怒ってしまって、親子げんかになって、しばらく冷戦が続くので苦しい、どうしたらいいかと相談に見えました。

 Gちゃんとは幼児期に何回か相談室に見えていての再会です。そのころは気持ちの我慢が強くて、普段はお利口すぎて心配な感じがありました。もっと甘え上手になったらいいなあと思っていたのですが、お母さんの事情があったのでしょう、相談は中断していました。なので今のようすをお聞きして、まだなんとか抱きかかえられる今、気持ちをお母さんにぶつけられるようになってよかったと思いました。

 でもお母さんは癒しの子育てを知って、頭ではいいと思えるようになってはいても、そんな泣き叫びのGちゃんを受けとめることなんてできないと言います。お母さん自身がお利口にしてきて、気持ちは一人で抱えてやってきたのですから、些細なことで切れてしまうGちゃんが理解できないし、お父さんからは「おまえが甘いからだ」と言われてしまうし、お母さん自身がパニックになってしまうようでした。でも今のうちにGちゃんを助けてあげないと、これからが心配とも思うしと、受けとめられない自分も責めておいででした。

 お母さんの怒りの気持ちをゆっくりお聞きして、「お母さん、怒ってしまっていいよ」と援助者が言うと、「え?」と拍子抜けしたみたいになって、縛られていた一本の糸がするするとほぐれた感じがしました。もちろんお母さんだから、怒らずに子どもの気持ちを受けとめられるのは理想です。でもとても苦しくなってしまって、お母さんの心がぎゅっと固まってしまって触れなくなるより、怒ってでも動きがあった方が、子どもは心を通じ合わせ易いのは確かなんですね。だから今の現実のベストは怒っていいのです。それに「怒らずに子どもの気持ちを受けとめなくてはダメ」という縛りも、かえって子どもとの心の距離を作ってしまいますよね。

 お母さんが怒ってしまう時、おとなの自分ではない我が子と同年齢の、あるいはもっと小さい自分が怒っているんだと思えると、子どもへの威圧感が減って、親子ゲンカでなく姉妹ゲンカげんかになって、楽しくできるかもよ。



【ママの子どもと仲良くしてね】

 Eちゃんは小学一年生。最初は子どもの気がかりで相談室に来られていましたが、いつの頃からか、お母さんが自分と向き合うことで来られるようになりました。お母さんの怒りの気持ちはけっこう大きく、Eちゃんについつい八つ当たりしてしまって、その自分がとても嫌で何とかしたいけど、突然怒りは湧いて、「止めたい」という意志は押さえにならず、怒りがエスカレートして、どうにも自分で止められなくなるのでした。怒りが治まったときには自己嫌悪でひどく落ち込み、しばらくは立ち直れないくらいになってしまいます。普段は子どもの気持ちを大切にするやさしいお母さんなのにです。

 お母さんの怒りが少し静かになったきっかけは、お母さん自身の中にいる、3歳くらいの子どもの存在に気づいたときでした。気づきはしたけど、最初はその内なる子どもが大嫌いで、とても「よしよし」なんてできない感じでした。それでもミニ天心したり、話しを聞いたり、ワークをしたり,その時必要なことをしているうちに、だんだんに内なる子どもを認められるようになってきました。

 内なる子どもと向き合うことが上手になっていったら、その時によって6歳の子どもだったり、赤ちゃんだったり、10歳だったり、いろんな子どもがでてきて、「よしよし」することになりました。相談室で「よしよし」がうまくなると、家で一人の時もできるようになって、怒りもずいぶん間遠になっていきました。それでも時にはイライラして怒ってしまうので、日頃からEちゃんに、「ママの子どもと仲良くしてね」と頼んでおいたのです。なのでお母さんが怒り出すとEちゃんは、「お母さんのお腹の子どもが怒っているんだよね」と言って、お母さんと自分との心に距離を置いていられるようになり、もろに怒りを受けなくてすむので、Eちゃんも楽になっていきました。

 ある日、急にEちゃんが寄ってきて、お腹に手をおいて「よしよし」したそうです。お母さんはEちゃんにそうされて、初めて自分がイライラしていたことに気づいたそうです。Eちゃんがよしよししてくれたおかげて、イライラは治まって、怒りまでいかないですんだそうです。Eちゃん、「ママの子どもと仲良く」してくれてありがとう。お母さんの怒りは爆発しなくてすむようになるね。



【みんな役に立ちたいんだよね】

 夏に抱っこ法の研修会があり、九州まで行ってきました。その時大阪の援助者であるSさんから、「ゆらゆら体操」を親子でやっているという発表を映像とお話し、それから実技を通して教えてもらいました。Sさんの所に通ってくる人たちが映像ででてきました。初めはまず自分たちがお母さんにやってもらうことから体験していったそうです。でも最近はお母さんにやってあげるようになり、役割を交代することでのメリットがたくさんあるということでした。「ゆらゆら体操」とは1人は床に寝てもう1人が足をごろごろ揺らしたり、腕をぶらぶら揺らすことで受けている人がリラックスしていきます。

 交代してお母さんにやってあげている男の子の満足そうな姿に、「これだ!!!これだ!!」と思いました。そして相談に来ている何人かの顔が思い出されました。私の中にずっとどうしたらいいだろうと思ってきたことがあったのです。それは小さいときから相談にきて泣いたり笑ったりしてきた子たちが、思春期を迎えて、「自分はやってもらうだけで何もかも中途半端だ」と思って、苛立ちとあきらめのような何とも言えない感じが、彼らから伝わってきていたのです。人の役、もっと突き詰めると、今まで大事にしてきてくれたお母さんに、なんにもしてあげられない不甲斐なさみたいなものが、早い人は小3ぐらいから沸々と沸いてきて苛立ちとなって暴走してみたり、怒ってみたり、自分を傷つけたり、八つ当たりしている姿が痛々しく見えていました。どんなに「そのままの君でいいんだ」と慰めても、埋められない空虚さがきっと彼らにあったのでしょう。

 それはそうですよね。生きていく上で役割って大きな生きる糧になりますよね。大きな視点に立てば“そのままでいいんだ。そこにいるだけで障害のあるその人生を歩み続けるだけで、周りの人にたくさんのことを気づかせてくれる”のだけど、本人とすれば見える役割、直接「ありがとう」と喜んでくれる相手がいる役割がほしいものですよね。そう、私だって同じことでした。持ちつ持たれつの相互関係はとっても大事なことですよね。

 そしてここでもう1つ、「ゆらゆら体操」のいいところは、ただ揺らすだけで簡単ということ。何のテクニックもいらない。簡単ということは手伝う側も簡単だということ。もしかしたら本当はテクニックがあるのかもしれないけれど、揺らしてもらうだけで相当気持ちがいいので、難しいところはこの際、ちょっと横に置いといて「やってみよう」と研修を受けた時そう思いました。

  初めてやったのはY君。小さいときからお姉ちゃんがお母さんのお手伝いを上手にやってきたので、Y君の“お母さんの役に立ちたい”という気持ちはひとしおなんです。今はだいぶ穏やかな本来の彼に戻ってきましたが、1・2年前ぐらいはどっかに行ってしまったり、外で大声で泣きわめいてお母さんが困ったり、火がついていなかったので良かったのだけど、ストーブをわざと倒したりと、急にこんな風に困らせることばかりし始めた彼にとまどい、お母さんが一緒に生活できないかもとまで思い詰めた時期もありました。

 今回はひと泣きした後、お母さんに「ゆらゆら体操」をする前、ほんのちょっと本人に「こんな風にやるんだよ」と私が彼の足を揺らして見ました。そしてお母さんに横になってもらい、足のゆらゆらをやってもらいました。その時のY君のうれしそうな顔といったら、それはそれは輝くような顔で、本当に印象的でした。私は後ろで彼を支えていたので、横からの顔しかわからなかったのですが、にこにこと周りで見ていたおとなの顔やお母さんの顔を見渡しながら、本当にきらきらと目が輝いていました。後ろ姿はすくっと立って誇らしそうでした。お母さんも気持ちよさそうにして、お互いいい感じでした。Y君はどんな思いを伝えていたのでしょうか。いっぱい泣いたときとはまた違う“凛とした”感じかな。とてもいい感じの後ろ姿で親子は帰っていきました。

 それから次にやってみたのがT君。学習会に参加しているときも、1年ぐらい前から積極的になってきた彼、それまでは自分がピアノを弾く番でもおずおずと、「ほらT君の番だよ」と言われて真ん中に出てくる感じでした。それが「ぼくがやる」と自分から真ん中に出てくるようになって、「T君変わったよね」と喜んでいました。そして今年、4月になって担任が変わり、その先生との出会ったことで、“T君は車いすがとってもうまく操縦できる”ということを周りの人たちにわかってもらい、ご機嫌な彼。障害物があるとぱっと止まったり、くるっとUターンもお手のもの。そんな今までと違う彼の姿をお母さんも楽しそうに話してくれます。が、そうは言ってもうまくご飯を飲み込めなかったり、車いすの移動にも制限があるので、彼に対してお母さんがしてあげなくてはならないことは山のようにあります。だからきっとT君もお母さんに自分が何かをしてあげたいのではないかなと思ったので、「ゆらゆら体操」をやってみました。

 するとやっぱり!!うれしそうな顔でいつまでもいつまでもやっていました。この時も私はT君の後ろにいました。そしてT君の体を支えて、手の所を私の手で覆って彼の動きに付き合ってみました。するとおもしろいことに、彼の手が色々な所に揺らしながら移っていくのでした。移っていくとお母さんが「あぁそこも気持ちいいわ」といって喜んでいました。なんだか気持ちいい所に自然と手が行く感じがしてとっても不思議でした。

 その後、歌を歌ったり、ピアノを弾いたりしました。ピアノを弾く手が良く動いていたり、積極さに拍車がかかって何回もピアノを弾いていました。もうたくさんのことをやったので、今日はお母さんと字を書く練習はやめにしていいかなと私が言うと、なんだか不満げな顔。これは行けるかも!と、私の心の中で電気がぴかっと光った。「じゃぁ手のひらで○か×を使ってやるかやらないか教えてよ」と言って「やりますか」と聞くと、お母さんの手に○としっかり書いていました。やった!!!その後のドリルの問題も今までと違って手に力が入り過ぎず、リラックスしてやっていました。

 人のために自分も何かができるんだと思うその気持ちは、その人の中にある今まで発揮し切れていなかった力を引き出すだけでなく、気負いまでもをそぎ落とすそんなパワーがあるのですね。そしてあるがままのその人を、一人の完璧な人間としてそこに存在しているそんな感じがするのだなと、その様子を見て感じました。そしてT君が最後に、「ぼくが、ぼくが、ぼくがお母さんにやってあげられた」と何回も筆談で書いたのがとても印象的でした。この「ぼくが」を求めている人が他にもたくさんいるんだろうなってつくづく思いました。ぜひ「ゆらゆら体操」を子どもにやってもらって下さい。気持ちいいですよ。



【絶対に入らない!】

 Nちゃんは小学一年生の男の子。お母さんに連れられて初めて相談室に来ました。ところが入口のドアの外で立ちん坊しています。お母さんが部屋に入ろうと誘っても来ないようで、お母さんだけ入ってきて面接票の書き込みをし始めました。

 そこで援助者がNちゃんのところに行って、入ろうよと誘うのですが、やはり「絶対に入らない!」と頑なです。「こんなところに一人で置いておけないよ。入ってよ。お願い」「嫌だ、絶対に入らない」「入ってほしいよ」「嫌だ」と押し問答が続きました。援助者が「お願い」の姿勢で接していると、だんだんにNちゃんから、お母さんへの文句が出てきました。少し援助者に心を許して、愚痴を言い出したのです。

 「行きたくないといったのに、無理矢理連れてきた。ここに来る電車の中で、行きたくないってずっと言っていたのに、全然聞いてくれなかった。いつだってぼくの言うことなんて聞いてくれないで、なんでも無理矢理やらすんだ」「弟はおばあちゃんのところに預けて来た、いつだって弟はずるい。弟が行けばいいって言ったのに、ぼくだけ連れてきた。いつだってぼくの言うことなんて聞いてくれないで怒るんだ」「弟はぼくのおもちゃを壊すんだ。だから弟をやっつけるんだ」「お母さんは嫌いだ。すぐ怒るから嫌だ。弟は怒らないでぼくばっかり怒る」「お母さんなんて大嫌いだ。家から追い出してやる」「お母さんを蹴っ飛ばして血を出さしてやる」……、とだんだんに過激な愚痴になっていきました。その愚痴を、Nちゃんの気持ちになって丁寧に受け止めて、共感の言葉を返していきました。怒りのマグマが渦巻いている感じで、その怒りの一番奥には「お母さん大好き」があるのは伝わってきます。その気持ちの外側に、どんな気持ちがあるんだろうと思いながら付き合っていました。

 するとそのうち、「うるさいんだよ」というので、「何がうるさいの?」と聞くと、「お父さんとお母さんがケンカするんだよ」と言います。「それは心配だね」というと、「心配なんかじゃない」と強がっていましたが、図星のようで、それから少しトーンがやわらかくなりました。「お母さんが怒るとすげえうるさいんだ」「うるさいほど怒りたくなるお母さんが苦しそうで心配なんだね。Nちゃんはずっとお母さんのこと心配していてくれたんだね。やさしいね。かわいいね」と言うと、ちょっとやわらかい表情になって、ニヤッと微笑んだりもしました。「かわいいね」を合間合間に伝えていくと少しずつ落ち着いてきました。

 ところが、そろそろ触れてもいいかなと肩に触れてみたら、また怒りのマグマが浮き出てきて、殴ったり蹴ったりが出てきました。怒りのマグマがなくなったわけではなく、それまでのやりとりで少し静まっただけですから当然ですが、まだお母さんとの話がすんでいないし、お母さんが受け止める姿勢になっていないので、ここで怒りを出させてしまうことはできません。

 怒りを抑え込まないで、でも怒りを引き出してしまわないでの付き合いです。そういう時のおとなの姿勢がとても大事です。威圧的でなく、引いてもしまわず、張り合いもせず、言ってみれば掌握して、その中で最小限にごねてもらうのです。孫悟空の話しに出てくるお釈迦様の手のひらのように。手のひらで悟空が暴れ回って、そして勝ち誇って「俺はここまで来たぞー!」と書いて帰ってきたら、なんと地の果てだと思っていたのは、お釈迦様の指だったという話しです。そんな姿勢で付き合っていると、小爆発ですむので、ちょっとパンチが入ってしまって痛い思いはするけど、本人は本気でやろうとしてないので、思わず痛くしてしまうと、しまったというような顔になる。そんなふうで、Nちゃんも思いきりではなく加減していて、でも本気で受け止めてくれるので満足そう。そのうち、パンチする腕を持ち上げてジャンプにしたり、体当たりしてきた体を高い高いのようにしたり、途中から遊び的に受け止めていくと、そのうちプロレスごっこになり、「ここじゃあ狭い、中でプロレスだ」とNちゃんから中に入って、それからは楽しく体のやりとりで遊びました。

 そして援助者も疲れてきたので、「休憩」と寄りかかって抱っこして休みました。身を任せて触れ合うことができました。お母さんは他のスタッフに話しを聞いてもらって、少しずつ肩の荷が下りてきたようでした。涙も流しておいででした。

 Nちゃんは、Nちゃん自身が少し楽な気持ちになったのだけれど、お母さんが少しほっとしたのも伝わっていたのでしょう。Nちゃんはそれから後はとても落ち着いて、相談室にあったおもちゃで未来都市みたいなものを創って遊びました。創造的な未来都市でした。みんなで誉めて拍手して、「写真に撮っておきたいくらいだね」というと、すかさずお母さんが携帯のカメラに収めてくれて、大満足でした。「うまいねえ」とまた言うと、「お母さんが泣いているのを聞きながら創った」とうれしそうに言いました。お母さんは帰るので片づけてと言ったのですが、「こんなすてきなのはしばらく見ていたいから壊さないで」とそのままにしておいてもらいました。Nちゃんはそれもうれしかったようで、「うまく創ったからね」と誇らしげでした。

 帰りにお母さんが、「来てよかったでしょ」というと、「うん。おばあちゃんちにいるよりよかった」と答えていたNちゃんでした。「お母さんを連れてきてくれてありがとう」というと、にっこりして「うん」。そして「また来たい」とお母さんに甘えていたNちゃんでした。



【学校に行かれなくなったUちゃん】

 Uちゃんは小学3年生。2年生までは結構楽しく学校に行っていたのですが、3年生になったらだんだんに学校に行きたくないと言い出して、5月の連休明け頃から時々休むようになり、行けない日がだんだんに増えて、6月後半には全く行けなくなってしまいました。

 学校での様子を聞くと、靴を隠されるとか、からかわれるとか、仲間に入れてもらえないというような意地悪をされているとのことでした。前からお母さんには話していたようですが、その意地悪もだんだんエスカレートしてきているようだということでした。お母さんが「先生に言って助けてもらいなさい」とも言うのですがそれもできず、最近では放課後の友だちとの付きあいもなくなってきてしまったとのことでした。担任とも何回か話し合いを持ったのですが、らちがあかないうちにずっと休むようになってしまいました。

 それでも家が安心の場になっていたので、学校に行かない日は、家でのびのびと好きなことを楽しんでいるので、それもいいのかなとお母さんは思っていたようです。でもUちゃんの様子を見ていると、家で楽しそうにしていても、本当にそれをよしとしているのではなく、本心は学校に行きたいんだという気持ちがお母さんには感じ取られて、お母さんとしてはどうしてあげたらいいのかかわからなくなって相談に見えました。

 最初の1、2か月は毎週のように相談室に来て慰めの抱っこをしました。意地悪された悲しみや、うまくお友だちと関われないくやしさや、先生に助けてほしい気持ちなど、学校でUちゃんの思い当たることを慰めました。慰められて少しずつ元気は取り戻していったのですが、なかなか学校に行こうと踏み出せないようでした。お母さんもまだ困惑の中から抜け出せないでいました。

 そんな折り、相談室でのUちゃんとお母さんのやりとりの様子を見ていると、どうやらお母さんはUちゃんに振り回されてしまっているなあと援助者には感じられました。このあたりに解決のヒントがありそうだと見えてきました。お母さんはUちゃんの気持ちを大事にしたいと思っているようなのですが、Uちゃんの本来の気持ちを大事にするというよりは、歯止めがかかった状態から言う、見せかけの言動を大事にしてしまっているようなのです。Uちゃんも言葉巧みにご託を並べるので、お母さんが見分けられないのも無理ないことなんですが。

 つまりはお母さんがボスになれていなくて、Uちゃんがボスになってしまっているのです。子どもがボスになると親がいいなりになることになるので、子どもにとってはしあわせかというと、そうではないのですよね。だって子どもは本当にそうしたいのではないのですから、本当にそうしたいことでないことをしてもらってもうれしくないのです。それよりも、それはダメと言ってもらって、本当はどうしてほしいのか、どんな気持ちかを分かってもらいたいのです。見せかけの言動の裏にある本当の欲求や気持ちに気づいてほしいのです。

 Uちゃんとお母さんとのボス対決が相談室で繰り広げられました。体のやりとりを通して、気持ちを受けとめながらもお母さんの要求を受け入れで、お母さんに身を任せるやりとりです。はじめつっぱったり抵抗したり、お母さんがひるむような言葉を言ったりしていましたが、お母さんはしっかり受けとめていけるようになっていきました。それにつれて普段の生活でも、「○○してよ」「いまはできない」「いやだいやだ」「いやだよね。でもいまはできない」というやりとりができるようになり、「学校行きたくない」「行きたくないんだねえ。でも1時間だけいってみよう」「いやだいやだ」「いやだいやだねえ。いやいや言いながら行こう」とか、気持ちを受けとめながら張り合うことができるようになっていきました。そうしてもらうことで、Uちゃんの勇気や自信が回復していって、学校にも行く力が戻ってきました。

 確かに意地悪をされたりいやなことがあったし、居づらい状況があったのですが、そのことに端を発して、元々あった心の闇が大きくなってしまっていて、行きたいのに行けなかったようです。それがお母さんにしっかり支えてもらえるようになったら、心の闇が晴れていって、少々のことではくじけなくなったようです。

 学校に行きやすくなったのはUちゃん自身のことだけでなく、学校の受け入れが少しずつよくなったこともあります。というのも、お母さんはUちゃんのボスになれてきていたことで、お母さん自身のボスにもなれたようで、学校の先生にも感情的にならずに話し合って、親やUちゃんの思いをしっかり伝えることができるようになったようでした。

 Uちゃんの登校拒否は、幼い頃からの親子の関係性を映し出し、軌道修正する機会ともなりました。お母さんがいいボスになることがこんなにも子どもの安心が得られるものなのだと、教えられる成り行きでした。相談室に来始めて4か月、今では毎日みんなと同じに通えるようになりました。初めて一日いられた日にはUちゃんから、「今日全部いられたんだよ」と、学校から帰るとすぐに援助者にうれしそうに電話が入りました。



【自分の行動をコントロールできないで苦しんでいるS君】

 小学校の特殊学級に通う3年生のS君が久々に、療育園の診察に行ったときのことです。 幼児期から通っているところなのですが、以前は待合室で診察の順番を待っている間も、落ち着けなくて、お母さんも大変だったようですが、今回はずいぶん成長したなあとその落ちつきぶりに、感心されたようです。

 また、以前通っていた学校では、、なかなか担任の先生にS君の行動を理解してもらいにくく、学校中走り回ってしまうS君を、先生も追いかけることでただただ疲れてしまうという状況だったのですが、お父さんの転勤があって、今度転入した学校では、先生が、しっかりとS君の、本当はしたくないのにしてしまうでたらめな行動を止めてくれるというところから始まり、ずいぶん落ち着いて授業を受けられるようになってきていて、この1年は、学校生活でもいろいろなことができるようになり、その成長ぶりをお母さんは、うれしく感じておられました。

 夏休みに入り、家族から離れての3泊4日のキャンプをボランティアのお兄さん方と一緒に楽しく過ごすことができた体験も、S君、お母さん共々自信となっていて、今日は療育園の主治医にも、その成長ぶりを一緒に喜んでもらえるのでは・・・といつになく、お母さんもうれしい気持ちで、診察の順番を待っておられたようでした。ところが、そのお母さんの期待を察してでしょうか、だんだん診察の順番が近づいてくると、今まで落ち着いていた、S君が、にわかに緊張し始め、全く落ち着けなくなってきたのです。そのまま、診察の番が回ってきてしまい、主治医の先生が話しかけても、会話にならず、結局一度も先生の方に顔を向けることもできないまま診察室の回転椅子を回し続けているS君を見ていて、先生は、「これで、学校で授業を受けられるんですかねえ」とおっしゃったとのこと、お母さんもさぞがっかりされたことでしょうが、S君の落胆ぶりも想像以上のものでした。

 間もなく2学期が始まったのですが、学校でも落ち着かず、教室にいられないし、以前ちょっとけがしたことがきっかけになって始まったこめかみ部分の髪の毛を抜くことが激しくなってしまっていました。

 今回は、そんな状況で来られた抱っこの時間でしたので、まず、その療育園を受診した日のことから話題にしました。「先生にほめてもらってお母さんに喜んでもらいたかったのに、がっかりさせてしまった。いつも駄目な僕。お母さんを嫌な思いにさせてばっかり。もっとお兄さんになりたい」そんな援助者のどんな言葉かけにも、体中をものすごい力でつっぱらせて、思うようにいかない自分自身へのもどかしさやくやしさが、痛いほど伝わってくる泣きでした。

 その中でも、一番の訴えは、「一度落ち着けなくなると、どんどん崩れてしまい、自分でコントロールできないのがつらい、どうしたらお兄さんになれるの?」ということのようでした。「ほんとうにやりにくくて大変だね。でも、よくやってるよ。確実に積み上がっているよ」と伝えて、学校生活やキャンプにおいて、着実に成長しているS君自身を思いだしてもらい、少し落ち着いて、抱っこを終えました。

 その後いつもやっている算数と国語のプリント学習をしたのですが、鉛筆を持つ手が遊び始めたり、他のところに注意が行ったりする度に、援助者が、「ほら、今、自分と戦うんでしょ?今は何をする時かな?」というような言葉をくり返すだけで、すぐに自分から学習に戻れたのです。そしてそのようなやりとりをくり返すうちに、どんどん集中できる時間が長くなり、誤答も少なくなっていき、自信に満ちた表情に変わっていきました。そして今までにない驚くような速さで、算数と国語それぞれ10枚ずつのプリントをやり終えることができました。S君が今一番求めていたこと、「自分自身で、行動をコントロールできるようになりたい」という気持ちと、援助者の応援がうまくかみ合ったようでした。

 ところで、この時一緒にプリント学習をしていた、3才年下の妹のAちゃんは、とてもしっかり者で、いつもならなかなか集中できないS君のお世話をいろいろやってくれるのですが、この時ばかりは、「お兄ちゃんが終わっちゃう、負けちゃうよー」と言って自分のことに一生懸命でした。また、昨年生まれた、もう一人の妹のBちゃんも、いつもはお母さんのことやS君のことをいっぱい心配してくれているのですが、プリントに向かっているお兄ちゃんとお姉ちゃんの横で、それはそれはにこにこしながら、お母さんとボールの転がしっこを楽しんでいました。「本当は、僕が一番お兄ちゃんだから、お母さんをいっぱい助けてあげたいのに、手伝うどころか、いつもお母さんを困らせてばっかり、もっとお兄さんになりたい」といつも思っているS君ですので、きっとゆったりとBちゃんと遊んでいるこの日のお母さんの様子がとてもうれしかったことでしょう。

 後日、お母さんから、その後、髪抜きが、少しずつおさまってきた様です、とうれしいファックスが届きました。



【学校で乱暴する】

 学校で友だちに乱暴してしまうという小学1年の男の子。何回か相談に来ていただいているうちに、お母さんが嫁姑の関係で悩んでいることが心配なのに、その心配でたまらない気持ちを家でお母さんにぶつけるわけにはいかないので、学校で友だちにぶつけないではいられないのだ、ということが分かってきました。

 相談室では最初、「苦しい気持ちなんか何もないよ」と言わんばかりの様子を見せて、自分の気持ちを抑えていましたが、スタッフが「体操」を使って誘うと、お母さんのことが心配でたまらない気持ちのもやもやが溢れてきて、お母さんとスタッフのふたりでかろうじて保持できるほどに激しく暴れだしました。

 「体操」というのは、子どもに床に寝てもらって、おとなが手足や全身ゆっくり動かすのにただ身を任せてもらう、という最も単純な聞き分けのやりとりです。でも、言い分を溜めた子どもは、こんな単純な課題でさえ、すなおに応じるのを避けようとします。
 その動きが乱暴に走らないように、おにいさんらしいふるまいという枠のなかで気持ちを表現するように導きました。自己表現と自己抑制という、一見相矛盾するふるまいを同時に助けたことになります。

 何回めかの来談のとき、「もうだいじょうぶ。乱暴しないで学校に行ける」と本人が言っています、というお母さんの話です。子どもがそう言っているというだけでは心許ないので、「お母さんはどう思いますか」と聞くと、「私もだいじょうぶだと思います」というお答えです。「どうしてそう思いますか」と重ねて聞くと、お母さんはにっこり笑って、「私が元気になったからです」ときっぱり答えてくれました。その笑顔を見て、たしかにもうだいじょうぶだ、と確信できました。お母さんの置かれた大変な状況はそれまでと変わらないのに、お母さんの心のなかで何かが起きたようなのです。



【わがままなVちゃん】

 Vちゃんは1年生。言うことを聞かないし、言うと文句がひどく、お母さんをイライラさせます。ゆっくりめの子どもではあるのですが、それにしても朝の支度はぐずぐずで、何度も「早く!」と声をかけることになり、大きな声で怒鳴ることになり、朝からお互いいやな気分になるといいます。3歳違いで妹がいるのですが、すぐにけんかになってしまいます。妹より力が強いのでVちゃんがいつも取り上げたり貸さなかったりになるし、手が出でしまうことも多く、それでまたお母さんに叱られることになります。お母さんに叱られるとワーワーと泣いて手がつけられなくなるようです。

 近くに祖父母がいるのですが、そんな様子を見て、Vちゃんもなじられるし、お母さんが甘いと、遠回しにお母さんへの非難もされるので、ますますお母さんのイライラが募ります。学校では頑張っていて、担任から聞く話はほめられることばかりなので、「怒ったりたたいたりしてしまう私に問題があるのでしょうね」と、お母さんは自分を責めていて、でもどうしていいかわからない様子で相談に見えました。

 実はVちゃん親子は、2歳の頃にすでに相談室に来られていたことがあり、その後はしばらく自力でされていて、久しぶりの再来だったのです。2歳の頃は、お母さん自身がとても苦しそうで、Vちゃんの泣き声にさえ自分が責められ、何が辛かったか探っていって訴えを見つけると、それでまだそんな辛い思いをさせてしまってお母さん失格、みたいに自分を責めてしまっていました。お母さんが自分を責めてしまって苦しくなると、子どもはお母さんを苦しめてまで訴えないと、我慢してしまうものなんですが、Vちゃんもそうでした。そんな時は訴えを聞いてあげようとしてもじきに苦しい泣き方になってしまって、聞いてあげられなくなってしまいます。

 この日まで、子どもの気持ちを大事にすることを癒しの子育てから学んで、できるだけそうしてきたようでした。ところが子どもにとって張り合って成長を助けてほしいところまで、お母さんはいいよいいよと通してしまったものですから、わがままになっていっていました。

 これは癒しの子育てを知った親の陥りやすい落とし穴の一つなんですよね。特に親自身が幼いときに気持ちを聞いてもらえず押さえつけられていたりすると、我が子にはそんな苦しい思いはさせたくないと思うあまり、反対の側に行き過ぎてしまうようです。Vちゃんはそんなお母さんの“やさしさ”に後押しされて、ダダこねがどんどんエスカレートして、この時期まで持ち越してしまったようでした。

 その上Vちゃんの歯止めのかけ方は、よく泣くし文句は言うし譲らないしで、一見訴えやすくなっている、訴えてくれているという姿を見せていたので、お母さんは、前よりずっと訴えてくれている、よかったという思いもあったようです。確かにひとりでかかえてしまってお利口しすぎるよりは、訴えているとは言えるのですが、歯止めはかかっているのです。これも一つの落とし穴と言えるのでしょう。

 Vちゃんのような場合は見え見えの訴え方なので、その訴えに巻き込まれず、本当に訴えたい気持ちに気付いていってあげたらいいのです。援助者がついていて、お母さんが巻き込まれてしまうの気づいてもらうことから始めました。

「お母さん、今は黙ってよしよし聴こうね」
「あ、そうだ」
「お母さん、本当にそうしてほしいんじゃなくて、甘えたい気持ちさえ分かればいいんじゃないの」
「あ、そうか」
「お母さん、お母さんにつらい気持ちがあるんじゃない? Vちゃんはお母さんのこと心配してぐずぐず言ってるみたいだよ」
「え?私のこと心配していてくれたのね」

……、こんなふうにお母さんとVちゃんの橋渡しをしていきました。そんな助けをしていったら、お母さんがだんだん巻き込まれずに受け止められるようになっていきました。もちろん抱っこの場面では、思い切り怒って暴れて悪態をつきました。お母さんが頼もしくなっていく過程では、Vちゃんがわざとひどいことを言ってはぐずぐずし、お母さんがしっかり受け止めてくれるかなと試してみる時期もありました。それでもお母さんが受け止めてくれ、気持ちは分かってくれながらもダメなことはダメと張り合ってくれるようになって、Vちゃんのぐずぐずは見事に影をひそめていきました。

 今まで親子でいる時間の長い休みは憂鬱だったお母さん、この間の冬休みはとても穏やかな楽しい時を過ごせたと喜んでおいででした。
 
Aへ     HOME