←HOME

親の自分育て体験談
「天心」を体験して
  「天心のコースに通して参加して」  「お母さんは強いんだぞー!」  「“愛”を少し理解できたよう」 
「『天心』受けてきました」  「いい発見!」  「『天心』との出会い」  「言葉なんていらない、ただ包んでほしい」 
「私って単純な人間だったんだなあ」  「天心初級コースに参加して」  「幸せは、今ここに」  「甘えて泣く体験ができた」 
「久しぶりの天心」  「自分のフィット感」  「恐るべしコア探し」  「私の『コア探し』」 
「怒りを怒りきれなくて」  「天心どきどきコースに参加して」 「和く輪くだよりありがとう」 「晴れ渡った青空のように」
「天心1日ワークショップに参加して」 「今日の天心のお土産は?」 「拗ねたりふてくされたりは心地いい」 「小さな幸せの積み重ね」

「天心のコースに通して参加して」

 ご無沙汰しております。昨年秋まで天心でお世話になりました。おかげさまで、その後楽しく子育てをしています。

 天心にこにこ最後の日に、一緒に組ませていただいた方の補助をしながら、一緒になって泣けたことで、一つまた鎧をはずさせてもらった私でした。皆さんどうしていることでしょう? 天心に行かなくなってからも、参加出来てよかった、みんなと一緒に出来てよかったという思いが、日常の生活をしながら、ふと心の中に沸いてきます。それは何とも暖かな心地よい感じがします。

 今更ですが、ふりかえってみて、「どきどき」から通して「にこにこ」まで、休まずに参加できたことに驚いています。私自身は休むのがもったいない気がして、行く気満々でしたが、同行する子どもの「行きたくない!」という抵抗は毎回あり、「こんなに嫌がるなら無理に行くのは止めようかな」という気持ちで子どもに付き合っていたら、ひどくなくなって何とか参加できたということが度々でした。

 「にこにこ」最後の会の日、子どもが布団から出ようとせず、「いやだ。行かない。起きない」というのにつきあっていたら、「お母さんが一緒にいない子が行くところ(保育園)だからいやだ」と言い出しました。「家と同じように、いやだ!って言っていいんだよ〜我慢しなくていいんだよ〜」と話していたら落ち着いてきて、「お弁当は何持って行こうかな?」等々話すうち起きてきましたが、私の方は話をしながら、「我が家は我慢しなくていい場になっているんだろうか?」とふと疑問が沸いてしまったのでした。

 にこにこ最後の会のバスごっこ。印象的でした。乗客は、一番後ろの席で運転手さんに気が付いてもらいたいと思いながら、黙ってじーっとしていました。運転手も車掌も、この乗客の存在は知っているけれど、大人しくて邪魔にならないので注意を払う必要もない感じ。車掌は、乗客と一緒になって「気が付いてくれないね」「どうしようか」と悩んでしまい、運転手は乗客の言いたいことまで分かっているけど、運転第一で耳を貸すような感じではありません。

 車掌役の方に「もう少し運転手さんの近くに行ってみよう」と促され、後ろの席から真ん中まで同行してもらいました。側に居てもらっても落ち着かず、抱きかかえるように支えてもらって、「ここに居てもいいんだ」という安心感を持てました。とても臆病な乗客でした。車掌役が、大人心を持っていいこと(家庭での母親だなと思いました)に気が付いて、ああ自分の育ちが関係するんだなと感じました。

 その後、別の方のバスごっこに参加しながら、自分のワークをしているような感覚にさえなってしまいました。
 
 お仕舞いの天心で、バスごっこの時の不安な感じを外に出すこともできました。またその後パートナーの天心では、お手伝いしながら一緒になって涙を流してしまいました。今まではお手伝い役なんだから、無表情でいなくちゃとか、一緒になってはいけないと思っていました。でも、あの時は、「お手伝い役なんだから我慢しよう」なんて思いもしませんでした。どんどん涙が出て止まらないし、「彼女は今まで頑張ってたんだなあ」と泣けて泣けて止めようがありませんでした。不思議でした・・・。お手伝いする私も一緒に泣いてもいいんだなあ〜。とっても素敵な体験をさせていたきました。ありがとう。

 天心に同行していた子どもは、この春から年中で幼稚園に通い始めます。4歳の誕生日頃から、急に男の子らしくなり、友だちとの口げんかや自我を通すことや、恐いジェットコースターへの挑戦や、暗いところへの冒険などもするようになりました。寝言で「ヤダ!」「絶対ヤダ!」と絶叫することもあり、どきどきする私ですが、本人は翌朝ケロっとしていてまた遊んでいます。2月の末に従兄弟が生まれ、もともと焼きもち焼きの子、赤ちゃんを可愛いと思いつつも、私が抱っこするのを好ましく思わないのですが、それでも「あとで抱っこしようね」というと「うん」とお兄さんらしくしています。ちゃんと成長しているんだなあと親としてはホッとしています。

 4月から通う幼稚園は、キリスト教に基づいて温かく見守って保育して下さるとのことで、保育時間も他に比べると短いのですが、信頼して子どもを預けられる園が徒歩圏内にあることに有り難さを覚えます。これからも、毎日、子どもと共に成長していきたいと思います。

 遅くなりましたが、天心どきどきコースからにこにこコースまで通しで参加させていただき、得たものはその後の生活に大きな自信になりました。

 リーダーの皆様、一緒に参加してくださった皆様には、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。機会がありましたら、天心の会やきらきらコースにも参加したいと思います。
 
 先生方 皆様のご活躍とご健康をお祈りしております。どうぞお元気で。
 

「お母さんは強いんだぞー!」

 日曜日に行ってきた天心では、いつものような「変った!!」という感じはなく、‘無心’に近い状態かな???と言うくらい微妙な変化だった。

 近況報告から始まって、3番目にいた私が、「子どもの娘二人がとんでもないケンカをして、鎮めようと気を取られている間に、下の娘がとんでもない方へと走っていく。みんな勝手で本当に大変」と言ったら、「‘お母さんは強いんだぞ〜’をやろう!」と言う事になった。

 私がみんなの前で、先生(女性で細くて私よりひと回り小さい感じの先生)を相手に、やってみた。先生を‘お母さん’と思って体で張り合う。でも私が力を入れたらコロッと倒れそう。

先生「お母さんは強いんだぞー!」
私「え〜、本気になったら私が倒しちゃうよ」
先生「絶対大丈夫!意外と強いんだから本気でおいでー!」
私「そんなこと言われても信じられないよー」

 終わって「なるほど!」と思ったのは、私がいくら「ママは聞いてあげらるよ」と言っても、気持ちが安定していないのは子どもにはお見通しで、「とても頼りなくて話なんかできない」と思う事もあるのかもと気づくことができた。そうなれば子どもはその‘思い’を抱えているから普段の態度もおかしくなってくる、私もそれにイライラしてくる、これが悪循環の始まりだ!知らなかったら怖いな〜。

 もう一つ印象に残っているのは最後にやった‘自分の根っこ(気持ちの)を感じてみる’だった。私は何が望みなのかな?と自分に聞いてみる。自分の家族や両親、兄弟たちが出てきてみんながここ一番の笑顔でいる。これだ!私が望んでいるのはみんながいつでもこの笑顔になれること。そうしてあげられない自分にいつもイライラする。病気、ストレス、ケガで不安があっていつでも笑顔でいられない、それをみんな一気に解決したくなるから空回りになる。
 

「“愛”を少し理解できたよう」

 今回の天心わくわくコースで、すごく素敵なプレゼント(とても大切な気づき)をもらったようです。そのお礼に、感謝の気持ちを込めて、今、感想を書いています。

 わかれ道のワークでは、「お母さんに温かく見守られながら、すねるというのは、なんて、なんて気持ちよくて、安心できて、楽しくて、うれしいことなんだ!」ということがわかりました。今書いていても涙が出てきます。すねただけでそうなのですから、長男がやだ!やだ!とダダこねしても、「T、おいでよ!」「おこってるTちゃん、かわいい!」「おいで、おいでよぉ」なんて優しく見守ってもらえたら、どれだけ幸せか想像がつくくらいです。どんな自分でも否定されないでうけとめてもらえるということ、これが“愛される”ということ?なんて思えました。“愛”なんて言葉、なんだか気恥ずかしいし、使ってみたって、なんか空々しいという気が今まではしていましたが、“愛”を少し理解できたような気持ちです。

 わくわくコースの3回目が終わった翌日の朝、今、ダダこね真最中の二男が「歯をみがかない!」と言い出しました。「みがきたくないけどみがこう。みがきたくないね、やだねえ」と言いながら、体ではりあいながら洗面所まで連れていき、二男も渋々磨くというのがこれまでのパターンでした。時間に余裕がない時は、もっと一方的に磨かせたり、私が負けてみがかせなかったりしていました。それがこの日は違いました。「Yちゃん磨かない!」と言ってふんばる二男を前に、もう温かく見守られながらダダをこねる気持ちよさを知った私は、目の前の二男がかわいく思えて仕方ありませんでした。

 「Yちゃん、磨こう」「Yちゃん、かわいい!」と子どもが「Yちゃん磨かない!」と言ったのと同じリズムで言い返しました。子どもが「Yちゃんみがかない!」と言って、私が「Yちゃん、みがこう」と言って・・・そんなやりとりが少し続くと、二男が足も動かし始めたので、私が足首を持ってつきあいました。そうこうしているうちに子どもが笑いをがまんしているような顔になって、ついに笑いをこらえきれなくなって、ケラケラ笑い、私も笑ってしまいました。そして、二男の足の動きは、いつの間にか、言葉のリズムにあった動きになっていました。これはもう遊びでした。ものすごく楽しくて幸せな遊びになりました。私は、感激のあまり、遊びが終わると同時に歯を磨かせることをすっかり忘れてしまいました。そうしたら、なんと二男の方から、「歯、みがこう!」と洗面所に向かったのです!その姿はとてもお兄ちゃんらしい感じでした。

 この出来事を思い出すと、ワークの中の「変わりたいという気持ちでは、なかなか変われない」(実際、もっと的確な表現だったと思うのですが・・・)「いろんな自分を認めてあげること、大事にしてあげることが結局、近道なんだ」というWさんと参加者の1人のやりとりが心に響いてきます。私は、何かすっきりせず、苦しさを抱えているように見える子どもたちを、早く変わらせてやりたい、楽にさせてあげたいと思ってばかりいました。でも子どものどんな気持ちも温かく受け止めてやること(愛?)が、結果的に子どもを変えるのだということが少し分かりました。何だか涙が出てきてたまりません。本当にありがとうございます。

 それから、歯みがきのやりとりがあった日、私が少し苦しくなると、「イライラしちゃうね、でもしょうがないよ。イライラしてもいいよ。そんな完璧な人なんかいないよ」とか、「今は、子どもたちに優しくできなくても仕方ないよ。大丈夫、大丈夫」なんて、私の中にお母さんの私の声がしました(これを大人心が立ってきたというのでしょうか?)。その声はダダこねする二男に、「Yちゃん、みがこう!」「Yちゃん、かわいい!」と言った声と同じ声でした。

 私は、一年前よりずい分変わったと思います。そういえば、和く輪く舎のスタッフのみなさんは、いつも、ただただ温かく、どんな私も認め、受け止めてくれ、待ってくれますね。ありがたい気持ちでいっぱいです。今私は、自分を大切にするということが頭でわかっていたところから、やっと体験的に理解できてきた感じです。これからまた毎日、バタバタすると思いますが、できるだけ気持ちのよい毎日を過ごしていきたいと思います。

 Wさん、Iさん、一緒に参加した方々、素敵なプレゼントを本当にありがとうございました。

PS、Wさん、「生きている、ただそれだけで尊い価値がある」そんな見方を自分にも、他の人にもできるようになりたいと思いました。みんながみんなそんな風に思えたら素敵ですね!

「『天心』受けてきました」

 Iさん、お元気ですか。
 もうすっかり春ですね。5月、6月は学校、幼稚園の行事が多く、何かと忙しいですが、それぞれ2年目なので、ちょっと余裕かな…なんて。

 「天心」受けてきました。いろんな意味でよかったです。でも不思議。通信で体験した方のお話を読んで、今いちよくわからなかったのが、何となーくわかりました。両腕の手首と肘を援助の方に触れてもらっただけで、いろんな気持ちがわいてきました。私の右手の方は私が動きやすいように触れてくれてたのですが、私は物足りず、反対に左手はわりとしっかり触れてくれてたので、手首がとても動かしやすかったです。すると気持ちは「だだこね」したくなり、左の手で、払いのけたり、いやいやみたいにしてました。少しすると、何かもういいやという気持ちになって動かなくなったら今度は横になりたくなりました。横になると、ちょうど援助の方のヒザあたりに頭がきて、抱っこされてる気分になりました。そしたら、涙が出てきたのです。ちょっと悲しい涙でした。後から考えると「わかってよー、私のことしっかり受け止めてよ」「だだこねさせてよ」でしょうか。

 天心受けようと思ったのは、Aの抱っこがいつもすっきり終わらないのですが、もしかして私の方に問題(?)があるのかな、私の心に何かかかえてるからかな、と思ったからでした。それは母に対する思いなのかな…と。頭でわかろうとしてもなかなか難しい、それなら思い切って…。

 きっと天心では泣きわめいて、母へのうらみつらみ、思い、出てくるのかなーと思いました。でも最後には「ま、いいか」という気分でした。そりゃいろいろあった(ある)けど、ま、いいや…と。

 それと、ちょうどこの1ヶ月、Sの習い事でいっしょのお母さんに陰で悪く言われ、雰囲気がますます悪くなって、ものすごーく落ち込んでいたのですが、そっちの方も、ま、いいか…なんて思えたのでした。ま、少し先が見えるようになっていたのもあるのですが。

 なんていうのかなー。“いいんだよ…いいの…それでさぁ”って私のまわりの空気がそうなってる感じ。ふんわかしてるようなやわらかーい感じ。阿部先生の雰囲気がそうだったのかなー。時間を追って天心もどきから入っていって、少しずつ体が素直になってゆく中で、いつも先生が、“いいんじゃない、∞∞で、きっと今そうなんだよ”という言葉がちらばって。魔法みたい!!魔法で体が素直になっていったみたい。いつまできくのかなーこの魔法。でも効き目がなくなったら教えていただいたみたいに、天心(私のバアイ、もどき)をしてみればいいんですよね。

 今回の天心で「何がどうの」というのは今のところないんだけど絶対いつか何か出てきそう…。少し心にゆとり(?)が出たような、何か出てきそうな・・・。でもきのうはTを怒ってたし、Aも何かありそうな雰囲気で、今も夜泣きしたので行ってみたけど、どーせお母さんはわかんないよ。おしえてやんないもん。ほっといて!と言われてるみたいでした。すぐに寝てしまうんだけど、手を頭にくんでねるのです。何かあるとそうやるのです。あーあ、私もお母さんにそうだったのかなー、すねてたのかなー。どうすればいいんですか?私の「だだこねしたい」気持ちとすねてお母さんを困らせてるのと…。

 天心の時、とてもだれかに抱っこしてもらいたくて仕方ありませんでした。頭よしよししてもらいたかった。天心にきていた方と話していた時、言ったんですけど、私、ちょっとさみしかったり何かあった時は、子どもたちによしよししてもらいに行くって。私って、子どもにちゃーんといやしてもらってたんですね。すごい!!なんてね。

 今回東京に行って一日留守にすることを子どもたちに話すと、長女のSが一番泣きました。本当の理由は私がいないとお父さんは3人の世話をしなくてはいけないから、すごくおこりっぽくなって、大好きなお父さんにおこられるのはいやだ!なのです。出かける日も朝早く起きてきて、出かける直前まで泣いていました。時間がなくなり、ふり切ってきました。後でどうしたか聞いたら、妹のTになぐさめてもらってたそうです。「大丈夫だよ!」と言ってくれたそうです。

 帰ってきて、通信とIさんからの手紙を読み返してみました。前よりぐっと心にきます。ふかーく読むことができました。また、ボケーッとしながら考えてみようと思います。

 ホントウに、いろんな意味でよかったです。1人でTOKYOに行けたし、子どもたちもお父さんと留守番できたし。なかなか東京には行けないので東京にいる人がうらやましいです。天心に来た方とする話は、“抱っこ法”や、阿部先生の話が心にとまる方々なので、とても初めてとは思えませんでした。私の住んでいる近くにもネットワークあるといいのになー。阿部先生の顔は写真よりずっとやわらかいし、芳子先生や、W先生の顔もわかって、和く輪く舎の様子もわかったし。これからどんな「私」が出てくるのかしら。楽しみです。

 それでは また…。
 

「いい発見!」

 昨日は天心一日ワークショップに夫婦で参加して、阿部先生方ととても楽しい時間を過ごせました。

 自分だけではなく、他の人の話を聞く事もとても癒されるものだなと思いました。私は泣くに泣けないでここまできたので、泣く=癒しと思い込んでいたようで、今回の天心ではダダこねも楽しい、怒ることも楽しいとまた新しい発見ができました。

 そして何でそんなに泣く事をしなくてもよくなったのかな?と自己分析してみると・・子どもたちが代わりに散々泣いてきてくれているからかなと思うのです。天心のワークショップで、「泣いている方を見てこちらがすっきりしてしまう」と言う不思議な感覚に出会いました。だから納得と言う感じです。

 それなら簡単、怒ってもいいんですよね。楽しんで怒れば。今度は私はきっともっと楽しみたいんだ!と言う気持ちに出会いました。

 そしてもうひとつ不思議なのは主人も楽しかったと言う感想だった事です。更に、両親の気持ちはこんなにも子どもに伝わるのかなと感じたのは、帰ってから子どもたちと過ごしていると、いつもと同じように姉妹でけんかをするのですが、すぐに笑い声が聞こえてくるのです。本当にいつもこの状態でいたいと思う幸せな瞬間でした。

 今朝も姉妹でけんかが始まり、この時は笑って終わる様子はなく、いつまでたっても終わらず、妹は大泣き、姉は「むかつくっ!むかつくっ!」と怒りが納まらない様子。とりあえず泣いて私に甘えてこれた妹はよし! 怒りの納まらない姉は、このまま学校に持っていくのはいい事ではない!と、昨日の自分の体験を生かして、手と手を合わせて力でしばらく張り合うことをしてみました。数分張り合い姉がすっと力を抜いたので、「すっきりした?」と聞くと、何も返事はしませんでしたが怒りも納まったようでした。

 本当にいい発見です。また参加したいと思います。
 

「『天心』との出会い」

 最近やっと、天心のワークショップにはじめて参加しました。11/19(日)初心者、12/10(日)経験者、の二回です。

 楽しかった。何も無理しなくてよくて、とてもラクでした。ゆったりして、本当に自分の居場所があるというかんじでした。そしてまた、「ここにいたくない」という思いを持ったとしても、いいんだ、なんて。そういうすべてが、とてもホッとしました。知らないうちに参加者の皆それぞれに少しずつホッとして、自然なペースで、それぞれのやり方で場にくつろいでいける感じでした。許されているような、やさしい感覚です。

 私は、最初、「抱っこ法」のことを本で知って興味を持っていたのですが、「天心」の方は、どんなことをするのか、知らないで参加しました。大人用の抱っこ法、をやるのかなーと思っていたら、やらないんです、すぐには。あとで次第にわかってきたのですが、「抱っこ法」は、感情の解放の力が本当にある。だから、大人同士の場合、最初の日にいきなりは、全身の抱っこはしない、し合わない。あくまでも安全に、そのときの自分が手に負える範囲で、確実に自分の感情に触れていく能力を育てていく方針みたいでした。

 じゃあ全身の抱っこはしないけど、代わりにどんなことをするの?? と思ったら、なんと、手を、腕だけを、本当に本当にそーっと、やさーしく「抱っこ」しました。しかも、止まってやるんじゃないんです。驚きです。コエックスとか、コンティニュアム、野口整体の活元運動、のような、自動運動。身体のいうことに、本当に耳をすませて待っていると、誰でも、その身体が、身体みずからの動きたい方向へと動き始めるのですが、その、普通は一人でやる自動運動に、他の人がそっと手を添えてくれるのです。

 他の方のやさーしい手。これが、本当に、本当に、気持ちがよくて・・。そして、あたたかい気持ちや、今までのつらさがみるみる手当てされていく感覚、ときには深いところからの涙・・。そして、本当に、本当に、何の努力もしていないのに、いつのまにか、他の人を信頼し始めている自分がいるのです。いつもはあんなにそれが、難しいのに。 二回出席しただけですが、どちらのときにも、時間が経つにつれ、なんともいえない良い感じ、人間という存在への信頼感が、その場全体をいつのまにか覆っていることに気付きます。その場にいる皆が、次第に一人一人をとても大切なもののように感じ始めていることが伝わってきて、それだけで、涙が出そうです。本当に、人間は、大丈夫なんだ、これが、人間という生き物なんだ、なんてあったかくて、なんてきれいなんだろう・・。いつのまにか、何だか深く心打たれています。

 今までこの十数年ほど、いろいろな「感情の解放の方法」を実体験してきましたが、「天心」は、さまざまな方法の長所をあわせ持つ、素晴らしい方法だと思います。最もすごい点は、深い感情に触れる際に起こりやすい、心の耐え難い痛みや荒れ(ハードペイン)が全くないことです。終わって、一人になった後にも、やさーしいあたたかさと包まれている感覚が残って守ってくれるのです。そして、誰でもすぐに会得できるのに、深い感情を簡単にやさしく解放できること。私は、試しに何人かの友人に伝えてみました。皆、すぐに自分の身体と心で体験して、あまりに簡単にソフトに感情に触れるので驚き、このやり方の威力を非常によくわかってくれます。

 心の壁をやさしく崩してくれて、自分でも知らなかった自分の気持ちに、安全に触れていくことができるようにしてくれる、魔法の方法。今、私はヒーリングスクールに通っているのですが、スクールの学友や、子どもを持つ同世代の友人たちと接する中で、世界も人々も、大人も子どもも、「天心」や「抱っこ法」のような方法を本当に待っていると、ひしひし感じます。「天心」と「抱っこ法」が、どんどん広まっていったら、どんなにみんなが生きやすい世界になるだろうかと思います。もっと何度も天心に通って、体験を深めることが先ですが、私もそのお手伝いがしたいと思う今日この頃です。
 

「言葉なんていらない、ただ包んでほしい」

 昨日の天心を終えて、気付いたこと書いてみます。“だっこして”と言っている自分の口調は、まさに娘そのものでした。「いい子でありがとう。」と声をかけられ、「いやだ、もういやだ!」と言っていたのは、小さな私でした。親が子どもの養育を放棄していたあの頃、小さな私はいい子でした。年子の弟は、万引をくり返していましたが、私はその弟をかばい、大人をこまらすことなく、すごしていました。病気ひとつしない丈夫な子なのではなく、病気もできない、心がこおりついた状態だったのです。小学1年生の時、クラスのワンパク坊主が授業参観の合間で母親に甘えている姿、髪の長い女の子がきれいにポニーテールしている姿を鮮明に覚えているのです。そのわけは、私もお母さんに抱きつきたい、髪を結ってほしいと思っていたからなのですね、形式ばった抱っこにばかりとらわれていました。天心で気付けたのです、言葉なんていらない、ただ、つつんでほしい、抱きしめてほしい。小さな私が望んでいることと、娘の願いは、きっと同じだと考え、昨夜は、そっと抱きしめてみました。

 小さな赤ちゃんをあやす様に、頭をなでて、じゃれあってもみました。私がずっと願っていたこと。ただの甘えという言葉では、表現できない深い母の愛を求めていたこと。それは、触れていてほしかったということ……。娘は不思議なくらい素直で嬉しそうでした。今までも、何度も娘を抱きしめてきました。けれど、心がついてゆけなかった。この手紙を書いてみようと思っていた時、ポロポロと流れた涙の奥に、小さな私を、今の私が抱きしめている姿がみえてきました。そうです。昨日、天心で三人の方々に包んでいただいたように……あの感触のままの自分でいたのです。……ホラ、また、でてきました。大きな私が、小さな私を、たかいたかいしているのです。小さな私は、とても嬉しそうなのです。ごめんね、小さな私、つらかったね…。

 ごめんなさい、もう書けません、涙で文字がみえない…。 又、私をだっこして下さい。
 

 「私って単純な人間だったんだなあ」

 おはようございます。先日はお返事ありがとうございました。FAX送ります。自分でも何回も読み返してやっぱりまた泣いたりしているんですよ・・・。でも毎回楽しみにしていた通信に自分のことがのるのかあと思うとちょっとフクザツ。気恥ずかしさと嬉しさと幸せとがごちゃまぜになっている感じです。でもやっぱり嬉しいかな。感情にまかせて書いた(打った?)ので読みづらいでしょうがよろしくお願いします。
 P.S. 息子は最近よく甘えます。うれしい。 

  * * * * * * * *

 昨日はありがとうございました、10時からの天心でお世話になったNです。自分は複雑な人間だと思っていましたが、実は単純な人間だったんだなあと思いながら帰途につきました。たった一回の天心で私、幸せになったのですもの。本当に本当に感謝しています。

 最初はドキドキしていました。自分を見せなきゃいけないのかなあと思っておっくうでした。何が始まるんだろうと考えながら最初の瞑想をしていました。でも、目を開けて、輪になって、手をつないで、みんな自分のことを少しずつ話し終えた後、思いがけず自分の感情を吐露しながら「本当はみんなの前で何かをする…って一番嫌い。でもさせてくれてありがとう」って泣きながら進めて下さった○○さん(ごめんなさいお名前がわかりません)を見てなんだか自分もぼろぼろ泣いていました。もらい泣きとも、悲しい涙とも違う不思議な涙でした。

 それから、グループにわかれてセッション(っていうんですよね)が始まって、音楽を聞きながら両側からささえてもらって目をつぶるとやっぱり泣きたかったので、つづき・・といった感じで泣きました。「私、泣きたかったんだ。ユウくんの幼稚園入園で大変だったもの。娘も目が離せなくなってピアノも教えてて余裕がないもの。頑張ったもの。」思いっきり泣いたら、ふと気持ちが上のほうに上がってきて、「私何やってるんだろう」っておかしくなってきたのでちょっと笑って、自嘲気味に笑い続けて気がつくと首を横に振ってました。

 そしてでてきた言葉は「やだ」。それから思いきり「いやだ」ってしました。だだをこねたかったんですね。小さい頃三人姉妹の長女であんまりやだって言わなかった自分を思い出したり、ユウくんと同じ事している自分をおかしく思ったりしながらひたすらやだやだしてるとやさしく頭をなでてくれて、「だいじょうぶだよ」って言ってもらってなんだか安心して…。

 幸せな気分になったと思ったら今度は本当に突き上げられるように泣いてました。ここから先は自分の中のものが勝手にあふれ出た感じです。本当に不思議。でもおかげでやっと、自分のなかで本当に辛かったことを思い出せました。結婚前の24から29の私。誰にも言っちゃいけなかったこと。死にたいくらい辛かったこと。言っちゃいけないので心の底にしまっておいたうちに子育てが姶まって自分でも忘れてしまっていたこと。でも忘れちゃいけないこと。・・私こんなこと抱えて子育てしてたんだ。私の根っこにあったことが、その時の想いが蘇ってきて吠えるように泣いていたら、突然ブレーキがかかった。だめ、このことは言っちゃだめ、誰にも言っちゃだめ。もうこれ以上聞かないで、こっちに来ないで。で「だめ」をつづけてたら・・突然ブレーキが終わった。

 そして嬉しくなっちゃったんです。ちぢこまってた体を伸ばしたくなった。笑いたくなった。幸せになった…その幸せは、今も続いてます。終わった後に芳子先生が「いっぱい出てきたね」って言ってくれて、「一番つらかったこと思い出せた」って言ってまた泣いたら「かわいい。」って抱いてくれた。

 よく分からないけれど、私が幸せって思っていると、息子もいつもと全然違うのですね。昨日もやっぱりトイレで失敗しておしっこだらけにしちゃった。でもいつもみたいに怒鳴ったり怒ったりぶつぶつ言ったりする私じゃなくて「もうしょうがないねえ」って言いながら普通におしっこふいてる私がいる。幼稚園のバス停から家に帰るのがいやで、中庭でキャーキャー叫ぶ息子に、(ご近所に恥ずかしい)と思いつつ険しい顔で強引に手を引く私じゃなくて、(そして家に帰ると「いいかげんにして」って怒ってた)「遊びたいよねえ、でも雨降ってるからお家であそぼ」って普通に手を引いてる私がいる。全部今まで「こうしたい」と思ってもできなかったこと。そしてできない自分に落ちこんだり、「ダダこね育児なんてできるわけない」って抱っこ法に八つ当たり(精神的に)したりしてた。でも私が幸せだとそれって自然にできる当たり前のことだった。幸せな人間って、子どもをあるがまま気持ちに受け入れることができるんですね。夕ご飯をいつになくパクパクおいしそうに食べながら「今日は楽しいねえ。」って言う息子を不思議な気持ちで見てました。

 ね。つくづく単純な人間でしょう。いつまで続くか分からないけれど、たとえ一時的なものなのだとしても、今のこの感謝の気持ちをどう表現したらよいのか分かりません、ささえてくださった皆さん(お名前覚えてなくてすみません)そして芳子先生、本当にお世話になりました。(またお世話になります)(有村先生によろしくお伝え下さい)

 あ、夜授乳後、ふつうならす一っと寝る娘がギャーギャー泣いて訴えてくれました。初めての本格的?抱っこでこれもびっくりでした。息子は恐怖が植えつけられてしまって、「ぼくが悪い子だから抱っこする。抱っこはおしおき」って思ってしまってるので(ごめんなさい)ちょっとトライしたけどやっぱりだめでした。息子とパパにも幸せになって欲しいので、パパには天心を勧めていますし息子の抱っこもまたご指導くださればと思っています。
 長くなりましたが、昨日のお礼と感想その後のご報告まで差し上げます。じめじめしたお天気ですがお身体お気をつけ下さいね。

 「天心初級コースに参加して」

 上の子が2歳位の頃にどもりが出始めて、抱っこ法に出会って、半年位ですっかり良くなったことをきっかけに、今もう8歳になります娘と私がずっとお世話になっています。

 娘の抱っこ法をお世話していただきながら、いつも私自身の心のもやもやを聞いていただいていました。ずーっと夫との関係のことで悩みながら結婚15年が経っていました。

 天心では初級コースに出て私の気持ちの中を覗いてみたい気持と、これからどう歩んで行ったらいいのかを考えたくて出席しました。参加者一人一人が同じような思いを持っているためか、とても安心感が持てて、自分をさらけ出してもいい雰囲気だったので、リラックスできました。

 午前中は阿部先生のお話を聞きながら、自分たちも体験してみました。お話しの中で、「自分の中から湧き出る感情を大事にしましょう」という言葉に驚いてしまいました。悲しい気持が出てきて、その原因が今わからなくても、今までの生活の中で、多分幼い頃からかも知れませんが、悲しかったことがあって、誰かに慰めてもらいたかったのに一人できたこと(かもしれない)が、その後の生活の中で、ちょくちょくいろんな形で出てきていたと思いました。

 その悲しい気持を目を閉じて「悲しかったんだね。よくがんばったね」と小さい頃の自分をイメージして抱っこしてやってみました。その後、目を開けてみると、何だかスッキリした安心した気持になっていました。何だ、これだけのことで随分自分が癒やされるんだ、自分に目を向けることは簡単なようで全然やろうとする気持もありませんでしたし、自分の心から湧き出てくる気持を大切になどしてきませんでした。やさしい阿部先生の声を聞いただけで涙があふれて止まらなかったり、やさしい声をかけてもらえることのありがたさに感激してしまいました。

 家庭ではしょっちゅう夫から「お前はバカだ、状況判断ができないのかよ」と言われ続けて洗脳されていたような気がしました。もっと自分を大切にしていかないとと、目が覚めた気もしました。

 午前中はあっという間に終わって、お弁当を持ってきた人や、買って部屋に戻って食べる人といて、その時間が特に楽しくて、研修している方に、差しつかえなかったらどんなお仕事をしているのか伺っているうちに、どこに住んでいるのかとか、美容師さんの方には、どうしたら似合う髪型が見つかるのか質問したり、わいわいととても楽しい一時でした。

 午後は座った姿勢から目を閉じていると、後ろに寄りかかりたくなったり(やっている人を3人で支える方法なのです)、泳いでいる人もいたし、私の場合は白鳥になって空を飛んでいるイメージがわいてきました。以前天心を受けたときは海の中をゆったり泳いでいたのですが、今回は空でした。きっと私はもっと自由になりたい気持があるんだ、あったんだと、このお手紙を書いていて気が付きました。

 天心を受けたり、夫の両親や夫の姉のアドバイスもあり、今は夫と別居の生活をしています。自分自身、自然の流れでこうなっていったのでびっくりしています。 

 夫に「出ていけ!」としつこく言われ、3人で実家に戻り、夫からは「ほっておかれてこっちは大変だ!」とTELやFAXが来ますが、田舎の小学校で上の娘は「楽しい」と伸び伸びしているし、下の子もじじやばばに大切にされて、夫の顔色を気にせずドタバタ元気いっぱいです。

 夫は「一緒に住めないのなら離婚だ!3ヶ月が限度だ」と言われ離婚届も送られてきたのですが、夫の母や姉から「もう少し待ってもらってもいい?」とお願いされているので、時期を待っているところです。夫からはさんざん「母子家庭は大変だぞ」とか、「宅急便の仕事しか見つけられない(立派なお仕事ですよね)」など色々言われておりますが、精神的にはとても解放された生活をしています。

 夫の両親が軽自動車を買ってくださり(それまで車の運転は危険なので夫に禁止されていましたが)、二人の娘を乗せて、休みになるとあっちの温泉、こっちの牧場と出かけてばかりいますので、お金がすぐ無くなってしまいます。 

 将来は常勤の仕事に就いて、しっかり稼がないとと、試験勉強も少しずつ始めています。お金はゼロですが、かわいい娘や、その日暮らしのような生活の両親に支えられて幸せです。両親のこともこれからもっともっと大切にしていきたいと思います。 

 天心の感想のはずでしたが、私のここ8年位の生活の中で抱っこ法で、スタッフの方はじめ鷲尾さんに、いつも相談したりしながら助けていただきました。自分の気持ちに正直に、そしていろんな問題を乗り越えて生きていこうと思っております。きっと抱っこ法に出会っていなかったら、一生夫の顔色を伺いながら、びくびくとした生活を送っていたと思います。娘がどもってくれたことは、今思うとありがたいことだったと感じております。

 なかなか毎日忙しくて自分を見つめたくても、どう見つめたらよいのか分からないと思います。でも天心のコースに参加してみると、とてもよく分かると思います。私の場合は一回目はボンヤリしていましたが、二回目は色々感じることが出来ました。自分の限界を知ることの大切さ、がんばりすぎて、私の場合病気になっていたかもしれない自分の性格も知ることができました。

 阿部先生、奥様、鷲尾さんいつもやさしく迎えてくださりありがとうございます。また連絡します。

 「幸せは、今ここに」

 昨日あたりから、肩こりと頭痛とだる〜いのがきていて、いつもはひどいとそこから吐いたり、立ち上がれなくなったりでした。

 でも、今日お風呂に入ったときに、その痛みがどんな感じかイメージしてみて(ごつごつした茶色い岩みたいでした)、ただ、「それがある」っていう感じを確かめました。肩と、こめかみと、首と。そうやっていて、なんだかふっと、それを受け入れる、っていうのができたような気がしました。

 今までは、肩こりがなくなれば!とか、この首のコリがとれれば!とか思っていたんだけど、「そこにいるんだもんね、なんか意味があるんだもんね」と思ったら、あ〜、受け入れる、ってこういうことかも〜と。

 抑制してきた気持を、解放するとか、浄化する、って言っては、その実、早くそれを追い出したい、っていう否定の気持の仕業に乗っ取られている、これは私のお得意パターンだけど、そうじゃないんだなぁ〜〜、ってふんわりと、思いました。

 この気持がなくなったら、楽になる、じゃなくって、この気持が私の中にある、って認める、受け入れる。この気持を持っているのが私なんだもんね、って思えたら、楽だし、幸せ、なのかも。そう感じました。

 それで、痛みさんに、「何か言い分があっているんだもんね、そのうち聞かせてね〜」って、心の中でお声をかけて、お風呂から上がりました。そしたら、肩こりも頭痛も、うんと楽になりました。

 今、毎日お部屋がすぐ散らかるでしょう。絵本はあちこちにあるし、使いかけの積み木たち、ぐちゃぐちゃに折って飛ばした折り紙が散乱して、ソファの下を覗けば、スーパーボールやビー玉、鼻をかんだあとのティッシュまであったりして。台所にあるはずのお弁当箱はおもちゃ箱の中でおままごとのりんごが詰められてるし、きちんとまとめてあったはずの輪ゴムは持ち去られてあちこちに飛び散って。使った後のぬいぐるみ、ままごと、バッグたち、どれもみんなあっちこっちに転がっていて、毎日、「もう、片付けてよ〜〜」って私が拾っては片し、ご飯のときや寝る前は、「もう、いい加減片さないと、捨てるからねっ! 片付けない子は遊べないんだから!!」とおしりを叩いて、やっといやいや片付けさせて。

 でも、こうしておもちゃたちが散らかるのはあと何年だろう、って考えたんです。4年?それとも5,6年? どんなに長くても、10年はないかもしれないなあ・・・・。そして、この子達が大きくなって、このおもちゃたちがなくなる日をちょっと想像して。そしたら、この散らかったおもちゃのひとつひとつまでも、幸せそのものだわー、これも、愛の形だわー、とすごく大切なものに感じられました。今のこの日々の生活、それこそが、幸せなんだなあ、って。

 今、ここ、にちゃんと目を向けられた今晩でした。幸せは、今ここに。忘れずに、感じ続けられる私でいたいなあと、思います。

「甘えて泣く体験ができた」

 こんにちは、昨日は天心で阿部先生にお世話になりました。ありがとうございました。

 子どものように声をあげて泣いてしまいました。泣いている時は三人の子どもたちの泣いてる姿や声が聞こえてきた気がします。子どもをお手本にしてたようです。自分で言うのもおかしいですが上手に泣けましたよ! 我が子たちがお手本ですから当然かもしれませんけど(^^)。

 午前中は「あまりピンとこないな」と思っていて、今日は収穫があるのかな?位に思っていたのですが、午後になって‘おかあさん’がテーマになった時は、そこにいた5人の心がピタッとあった感じしたなと思ったら、急にフワァ〜っと涙が出て、後は気持ちが素直に溢れてくれた感じでした。そして子どものように号泣していました。本当に気持ちよかったです。文句を言っている時も、「お母さん嫌い!」という言葉を母に気遣うことなく甘えて言えるなんて、本当に最高の体験でした。

 その日、家に帰ってから長女に「ママは嫌なんだけど好きなんだよね」と言われて、嬉しくなる自分がいました。またタイミングよく言ってくれるのも嬉しいですよね!

 やっと甘えて泣く体験ができたなと、大きな収穫を感じた天心でした。
 

「久しぶりの天心」

 鷲尾さん、こんばんは。今日は、お会いできて、本当によかった!
 鷲尾さんにお会いできるのを、心の支えに、運動会後の日々を過ごしてきたので。運動会後、あんなに苦しくて、どうしようもなかった自分は、初めて、というくらいでした。「大丈夫、大丈夫」とか「私は頑張った」とか、「そんなに責められることではない」とか、「時間が解決してくれる」とか思おうとしたけれど、なかなか当日の夜は眠れず。

 一体、どうすればよいのか悩んだとき、ふと思い出したのが、鷲尾さんでした。鷲尾さんなら、私が期待するように、よしよししてくれる、そう思ったら、少し安心できたんです。だから、本当に、今日、会えるのを楽しみにしていました(*^_^*)。そして、会って、泣いて、励ましてもらったので、私は、わくわくコースにすんなり入っていけました。

 2年近くぶりの天心なので、行く前は、緊張するかな、とか、うまくやろうとしちゃうかな?とか思っていましたし、行ったみたら、他のお二人は既にお知り合い、しかも、秋山さん前田さんとは、どきどきコースからのつながりがある、ということを知り、私は素直に中に入っていけるかしら?と少し頭をよぎったのは、事実です。でも、鷲尾さんがいてくださったおかげで、以前と変わらず、素直な私で、取り組むことができました。

 そして、今日、コア探しの際、実は最初、別の気持ち(イライラ)に取り組もうと思っていたのですが、運動会の時に感じた、(怖い)気持ちに取り組むことになるに至ったのも、鷲尾さんのおかげと言っても過言ではありません。イライラする気持ちに向き合っていたら、なんだか、むくむくと、怖い気持ちが私の中に大きく沸いてきたんです。始まる前、鷲尾さんにお話していなければ、きっと私、その気持ちを押さえ込んでいたと思いますから、本当、鷲尾さんのおかげです。実際、バスジャックの絵を描いたときは、「怖い」という感情は、私の頭には思い浮かばなかったくらいなので。

 今になって思えば、運動会は、私に、そんな気づきを与えるために、存在していてくれていたんですね。・・・まだ、苦しい気持ち、少し引きずっていますけど、そう考えられるようになれたことは、本当によかった、と思います。

 それに、運動会で、子どもたちのお世話をした中で、育児に関して、気づくこともたくさんありました。というか、その気づきこそ、私に足りない、と思わせたものであり、苦しかったのですが。でも、そのおかげで、自分の子どもたちに、優しくできたのは、本当に大きい収穫でした。

 そんなこんなを、今日より以前に、メールしようかと思ったりしたんですが、なんとなく、うまく書けない感じがして、メールできませんでした。でも、今日は、色々、頭を整理できたので、書くことができました。よかった。本当によかった(*^_^*)。

 今日の「怖い」気持ちの気づきは、こんなことでした。きっかけは、先日の運動会のお手伝いだったのですが、「怖いチャン」が言いたいことがどうしてもわからなくて、前田さんが天心をやってくださったんです。そうしたら、ふと、子どもの時のことが頭に浮かびました。それは、私が子どものとき、両親が夜喧嘩しているのを聞いて、その原因が自分だと思った私は、泣きながら「いい子にするから喧嘩しないで」と言ったことです。
↑このことは、以前、鷲尾さんにはお話したような気がしますが、その時に「怖い」と思った感情が、ずっと私の中にいたんだ、と気づいたのです。でも、自分では、ちょっと意外でした。そんなに「怖い」と思っていたとは、思ったことがなかったので。(「嫌だ」と思っていました)。天心って、すごいですね。

 それにしても、同時に、息子にも、同じような場面があったことを思い出し・・・つまり、私と主人の喧嘩を聞きながら、泣いていたことがあったのです・・・。でも、今はとりあえず、そのことを責めず、私のコア探しに集中して、よい気づきをたくさんして、そして、私が元気になろう、と思っています。私が元気になることが、子どもたちにも何よりだ、と思うので。

 今日は、本当にありがとうございました。次回もお会いできるのでしょうか。これからも、おとな心を立てていく、成長していく、私を、見守っていてください。よろしくお願いいたします。

PS 余談ですが・・・帰りは順調で、無事、息子の帰宅にも間に合い、息子の習い事にも余裕で行けるわ、と思ったら、なんと! 私が、鍵を持って出るのを忘れたことに気がつき(>_<)、今日は、主人に娘の幼稚園の見送りを頼んだので、つまり、主人が後からうちを出たわけで、主人が鍵をかけた、ということなんです。まさか主人に帰って来てはもらえないし・・・、そうだ!車で15分のところに住んでいる、父が、鍵を持っている!と思ったのもつかの間、父は、車で30分離れたところに外出中で。でも、電話したら、すぐ、帰宅して鍵を持って、うちに来てくれる、とのこと。ほーっ(*^_^*)。

 習い事には少し遅れましたが、幼稚園で預かってくれている娘のお迎えにはなんとか間に合いました。やれやれ。でも、今日の今日だったので、いつもなら(以前なら)イライラして、自分の至らなさを責めて怒ってしまっていたでしょうが、ほとんどイライラすることなく、少し余裕含みで?父の到着を待つことが出来たんです。ついでに、庭の草むしりでもしようか、なんて、草むしりしたりして(^_^;)、もう鍵を二度と忘れまい、と思いましたが、なんだか、自分の変化を感じることができた出来事でした(*^_^*)。

 今日は、本当に、いろんな気づきがあった、充実した一日で、久しぶりに、気持ちよく眠れそうです。ありがとうございました。
 

「自分のフィット感」

 天心わくわくコースで、苦しみを喜びに変える呼吸のワークをして、手の指の関節の動きから、生きる喜びが手にあることを知りました。そうして掌から生まれた炎を大切に扱う手の動きに従って、“どうぞ”と差し出すような気持ちになりました。私が苦しい時は助けてねという気持ちも加えながら(笑)、そうして差し出しながらも、今回また、大事な気づきのプレゼントをいただいたような気がしています。

 天心を終えたその夜、二男のいたずらに腹を立てた長男が、二男に「死ね!」と言ったのです。何か反発するつもりで軽く口にしただけだったかもしれませんが、私はその言葉にすごく反応してしまって、すぐに長男を抱っこしました。心がザワザワしていました。こんな状態で抱っこすると、以前のように怒りが出て、かえって長男を傷つけてしまうかもしれない。無理しないで簡単に注意するだけの方がいいのかも。私も疲れてるようだし。そんな風に思いながら、冷静になれる自分がいることが、うれしいなとも感じました。

 そして、長男を抱っこしながら突然「この怒りって何だったっけ?」と疑問が湧いていたのです。自分に対する怒りは、今はもうない気がするし、何だっけ?知ってるのに知らんぷりしているというか、いつの間にかフタをしていたというか・・。あっ思い出した!おばあちゃん(主人の母)に対しての怒りだと、そんな風に答えが出ました(急に腕が重くなり、筆が進まなくなりました)。

 天心のバスごっこで、Dさんが乗客の気持ちを吐き出して「あー気持ちがいい」と言っていた時、私も吐き出してすっきりしたい思いが、少しうずうずしていたことを思い出しました。でもその時私は何を吐き出したいのか、自分でも気づいていなかったのです。長男を抱っこしながら、久しぶりに、心からおばあちゃんを許せていない私・傷ついた私・怒っている私をしっかり意識し、またそんな私をどうにかしたいと思っている私がいることが分かりました。

 おばあちゃんへの怒りを意識して、まっさきに思うことは、「おばあちゃんがああした!ひどい!」「おばあちゃんがこうした!許せない!」という形の発散は、もうたくさんという思いです。私が求めていたのは、まさに「苦しみを喜びにかえる呼吸」や「慈愛の呼吸」のようなワークだったのかもしれません。

 瞬時にそんな風に思えた私は、長男を抱っこしながら、「苦しみを喜びにかえる呼吸」をしました。まず私の体の怒りの部分からグレーの息を吸い込んで、金色の光にして口から出しました。それを何回かやった後、「怒りがあって苦しいね。でも、そのまんまでいいよ!」と怒りの部分にじっくりと伝えました。すると天心でやった時のように、グレーの息が金色に変化しました。何だかほっとして、体がゆるんでいくような金色の呼吸の輪が出来ました(私にとって「そのまんまでいいよ」と体にメッセージを与えることはすごくいいみたいです)。

 そして今度は、抱っこしている長男かかえている苦しさ(本人は矢が何本もささっていると言っています。でも言えるだけいいですよね!)と、私の怒り・悲しみの両側からグレーの息を吸い込んで口から金の光を出し、「そのままでいいよ」のメッセージを与えて、安らかな金色の輪ができるまで続けました。それから「ママにも矢がいっぱいささって辛いよ」という気持ちがあふれてきて、少しの間泣かせてもらいました。

 抱っこをしながら、目をつむって呼吸をしていたので、長男がどんな様子だったかは分かりません。泣いたり暴れたりはしていませんでした。抱っこの後、にこにこしていたような気がします。私はというと、“すご〜くスッキリ・さっぱり”した気分でした。おばあちゃんに対する怒りには、この呼吸でつきあってあげる方法が自分にすごくあっている気がしました。

 今回もいろいろありがとうございました。たくさん笑えたこともよかったです。自分のフィット感を大事にするって、とても気持ちのいいことですね。そして、これから楽しい気持ちやうれしい気持ち、ありがとうの気持ちなんかも、じっくり味わってみたいなあなんて思いもしています。

 次回もよろしくお願いします。
 

「恐るべしコア探し」

 Oさんへ
 月曜日にはお会いできなくて残念でした。「和く輪くだより」デビューおめでとうございます。私にとっては「ベールに包まれたOさん」だったのが、とってもお近づきになれたような気がしています。

 Oさんが怒鳴っちゃったんだ〜とか、え〜音大生だったのね、キャー、ピアノが弾けちゃうんだ〜と、ひとりで盛り上がっていました。なにせ、私はピアノが弾ける人にとてもあこがれる癖?があるので。

 で、私はこの「和く輪くだより」で、今までず〜っと一人ではできないと決め付けていたコア探しが、ひとりでできるものなんだと納得できて、早速錦糸町に向かう電車のなかですることができました。今までず〜っと誰かにリードしてもらったほうが気分がいいし、ひとりでなんて私にはできるはずがないと決めていたのに・・・何だかよかったな、一人でもできるようになって、うれしいです。Oさんがコア探しをしたところと、千葉県のE.Kさんの「コア探し」を読ませてもらって、私もやってみようと思えて。

 久々のコア探しで私が出会ったのは、本当に思いもかけない自分でした。もちろん上手にはできなかったので少し中途半端だけど、こんな幼い自分がいるんだとわかっただけでもうれしいです。どんな私か、ついでに聞いてもらってもいいですか?

 それは兄ともっといっしょに遊びたかった2歳の私でした。兄は小児喘息で寝ていることが多かったのでしょうね。「息ができないよ〜死んじゃうよ〜」と言ってる兄を心配そうに見ている私。「お母さん、お兄さんが死んじゃうよ」と幼い私は心から心配していたのに、母は私の心配と恐怖を払拭することはできなかったみたいです。小さいから説明してもわからないと思われちゃったのかもしれませんね。

 はっきりはわからないけど、今までの私は、兄を気が合わないとかあまり好きではないと否定的にしか見られなかったのですが、2歳の私は兄のことが大好きで、喘息で寝ている兄は、いっしょに遊ぶことができないから淋しかったみたいです。この2歳の私を今度じっくりよしよししてあげたいです。

 でもこのコア探しのスタートは、「家の中を片付けられないことですごくイライラする私」なんですよ。このスタートからまさか兄のことが好きなんだと気がつけるとは・・・恐るべしコア探し・・・です。

 ありがとうございました。

注・コア探しとは、一見否定的な気持ちから出発して、その奥にある心の宝物にたどりつくワークです。
 

 「私の『コア探し』」

 Iさま、Wさま、Aさま
 天心わくわくコースに、引き続きお世話になります。

 今回から始まった「コア探し」。自宅に戻ってからのプリントを参考にしながら自分でやり直してみました。何度も途中で止まっています。ゆっくり山登りをしている感じがします。良い景色だけ見ているんじゃなくて山全体を体感しているような感じ、レジャーじゃなくて自分の持っている山を見て回るようなそんな感じ、それが私の「コア探し」です。

 浮かんだ言葉を心の情景の中で繰り返す度に嗚咽感が湧いてきます。感じるきるまでずっと続けていたら、どれほど時間がかかるのか分からないので、涙がひくまで待って眠ったり日常生活に戻ったりして、次の日にもまた同じことをやっています。しばらく言葉を心の中で響かせることを続けていると、溜まっていた嗚咽感を感じることができて、ようやく涙も出なくなりキーワードがリセットされていくようです。

 そうやって次のステップに進んでいるのですが、また行き止まりです。大変だったキーワードは、「お母さんの子どもに生まれてよかった」「大好き」だったけれど、「お母さんの子どもでよかった」なんてちっとも思っていなかった自分がいました。だけど昨日少し満足できて、ニッと笑って心の中の母に伝えることができました。「お母さんの子どもに生まれてよかった〜」と、心が満足できるほどに思えたら一体どんなことになるんだろうか??? 頭ではいろいろ言葉が浮かびますが違う気もします。5つのコアの例もわかるんだけれども、今はまだ心に響いてこないのです。しばらく「お母さんの子どもに生まれてよかった」を味わって暮らしてみようと思います。充分に感じきるって時間がかかりますね。

 先日、Nが「あしたは何の日?」と聞くので「明日はお母さんとお家や公園で遊ぶ日よ。仲良しのお友だちはいるかどうか分からないね。」と言ったら「ボクね、お母さんのいるところがいいよ」「お母さんがいるのがいいんだよ」と言っていました。なんだか毎日あったかい言葉をたくさんもらっているなあと思います。おかげさまで、週一回通い始めたお遊び中心の幼児教室にもすんなりと入り込め、第二週からの親子分離(お母さんは買い物に行ってくるから待っててね〜と言って出て行き一時間半ほどして迎えに行きました)も無事通過しました。

 最近は3年保育が支流になりつつあるようで、公園で会っていた同級生のお子さんは殆どが幼稚園に入りました。Nを手元に置いて毎日を一緒に過ごし、様子を見ていたい私でしたが、3年保育の方が子どもにいいのか?遊び相手がいなくて悲しがるんじゃないか?とかなり悩んだ時期もありました。

 でも「お教室もお母さんが居るといいなあ」「ボク、お母さんとバイバイはしないからね(行ってらっしゃいはできるのにね!)」「幼稚園はお母さん居ないからね、ボクはまだ3才だから幼稚園には行かないの。4歳になったら幼稚園にいくんだ〜」というNの言葉や、私自身の負担も今の生活の方が少なく楽なことを考えると、我が家にはこれでよかったなあとホッとしました。

 お教室では時間一杯とても楽しく遊んでいるようで「楽しかったよ〜」と言っていますし、5月からは3時間親子分離で過ごすことになりますので、更にお友だちとの接し方なども学んでいくのかなと思っています。

 以前2年保育のことでWさんに相談した折に「いいのいいの。お母さんが手元に置いていられるなら置いてあげればいいのよ」「子どもにとっては飽き飽きするほどの日常が幸せなのよ」と、言っていただいたのも心の支えでした。我が家のスタイルでいいんだなあと、やっと実感してきました。安心できている子どもは躊躇なく親離れできるということも今回分かりました。

 心の中が整理できたり、少し前に進めるようになった感覚があって、毎回お便りさせていただいています。いつも励ましのお便りまでいただき恐縮です。どうぞお気遣いなくお願いいたします。

 皆様、楽しいGWをお過ごしください。
 来月もよろしくお願いいたします。

PS.嬉しかったのでご報告しておきたかったことがあります。子宮摘出をしたせいか、出産後、丹田に気を溜めることが出来ず、妊娠以前にやっていて効果のあったヒーリングタオをやろうとしてもできず、あきらめていました。それが、天心に初参加した日、寝る前に少しだけ深い呼吸と気をまわせるようになりました。イメージでお話しますが、そうするうちに子宮のあった位置に様々な色、形のものが集まってきて立体パズルのようにカチャカチャと組み合わさっていきました。最後の1ピースがはまって「再生完了」その後子宮の欠落感がなくなりました。気も少しずつためられるようになりました。うれしいです。

 「怒りを怒りきれなくて」

〈第1信〉

 こんにちは。東京も寒かったみたいですね。こちらも寒いです。

 この間から落ち込んでいる、と書きましたが、何が気になるのかまだ気に病んでいるのです。まあ、そのことが終わっていなくて、これからのこともあるというのが、そうさせているのかもしれませんが…。一番に落ち込んだ時は、「自分が大好き」という言葉が出てきたんですよ。こんな私だけど私はそれでいいんだ、こういう私が好きだ、と。こんな風に思えるなんて、と感動していたんだけど、いつまでも気に病んでいるのです。

 いじけているんです。「こんなことを起こした私は本当におばか」と思わないといられない、と。うまく説明ができないですが。

 私はある会の役員の人に怒ってしまったのです。なんだか理不尽に感じたから。そしたらその人たちに呼び出され(3対1で怖かった〜)、わけを説明しました。結局、お互いのコミュニケーション不足、話し合い不足だと思うんですが。怒って自分の気持ちを出したことは、納得できるんだけど、そういう風になってしまったことは失敗したな〜と思っていて、それを納得するためには、「こんなことを起こした私はおばか」と思っていじけてないとやってられない、いじけておくととりあえず納得できる、「ふん、どうせ私はおばかだもん」と。

 自分の気持ちを発言した自分は納得できて、「自分が好き」と思えたのに、そういう行動に出て呼び出されたことは後悔していて、いじけているのです。どういうことなのでしょう。

 なんだろう、自分の中にあるたくさんの気持ち。自分の気持ちの気にするところがずれていて、気にしなくていいところでものすごく気にしている、それで勝手に落ち込んでいる。きっと、「自分の気持ちを言ったんだから、それでいいじゃない?」で済むところを、言ったことによって相手の人を怒らせてしまった、そして、私の気持ちを誰もわかってくれてないんだなぁと思っている。自分の気持ちをよしよししたり、それは相手にぶつける気持ちじゃないよと言ったり、いろいろやってみるけどなんだか落ち着かない…。私何やってるんだろう。母からそう言われたのに、未だに悶々しています。

 気にしなくていいところで気にしすぎて、胃が痛くなって…。本当におばかな私です。どこかがずれている感じがします。自分の気持ちと仲良くなっては来ているんだけど、出す、表現することは難しいですね。私自身がわかっていれば、と思うけどそれも寂しいしね。なんだか難題にぶつかった気がします。


〈第2信〉

 メール、ありがとうございました。「怒りを怒らないうちに引っ込めた」という文章にピンときました。そう、電話をもらったとき、「それは出来ないのでそちらでやってください」と怒りを込めて、言いました。でも、こういうときって私の独りよがりのときがよくあるの。私一人でなく、他の人の意見は違うかもしれない、と思い、怒りは怒りでちゃんとあるんだけど、抑えて抑えて、他の人の意見に従うに越したことはない…。そんな感じでいたら呼び出され…怒りを味わう間もなく怖い思いもし、それに伴って「やっぱり私はおばかだな」も出てきて…。からまった糸がほどけました。

 それで、怒りを味わおうとしたんだけど、もうそれはいいみたい。でもね、「寂しいよぉ」という気持ちが出てきたの。それは電話をもらう前の、みんなで集まって話し合いが行われたときにあった気持ちなの。クリスマス会のことで話し合ったんだけど、役員の人たちはある程度の提案をしたら、あとはクリスマス会の係の人たちで話し合ってね〜となり、当日手伝ってくれるのか聞いたら、応えてくれなくて、雰囲気から「手伝わない」のがわかりました。私たち仲がいい人たちの集まりでなく、係だから集まっただけで、しかもただのお母さんだからクリスマス会を仕切って、と言われても…とすっごく寂しくて心細かったの。でもやらなくちゃいけないし…というわけで、その夜は寝られませんでした。その時の寂しい気持ちが、待ってました!と出てきたのでした。

 今読んでいる本が袰岩奈々さんの「感じない子ども こころを扱えない大人」です。まだ途中ですが、その中でネガティブな気持ちを受け入れないとどうなってしまうか、とかネガティブな気持ちに共感することで子どもたちがどうなっていくか、とかどうネガティブな気持ちと付き合うか、なんかが書いてあって、ちょうど芳子さんからのメールと重なって、よーくわかりました。私の‘怒り’‘寂しい’気持ちをちゃんと味わわなかったからなんだなぁって。

 こういう気持ちって大事なんですよね。ネガティブな気持ちもあっていいんだ、とわかっていたつもりだったけど何かが引っかかって、認めていない所があったみたい。だけど今回自分がネガティブな気持ちをよしよししなくてどうなってしまったかを実感したので、ネガティブな気持ちがとっても大事だって思いました。

 うーん、芳子さんありがとう。うまく表現できなくてメールしようか迷ったんだけどメールしてよかったよ。それにいじけている私が大好きなんて言ってもらって、ホントにうれしかったよぉぉ。なんかこんなに素直に大好きが受け取れるなんて、びっくりの自分もいました。

 朝は曇っていましたが、青空が見えてきました。

「天心どきどきコースに参加して」

 Aさんが居てくれたので、3回来る事ができました。ありがとうございました(注:天心どきどきコースは、 相談室和く輪く舎でやっている大人のための癒しの会。月1回×3か月で一つのコースが終わる)。

 一回目の時、私、やきもちやいてたんですよ。だって、いつもは私に付き合ってくれるAさんがいるのに、カーテンで仕切られて、Aさんはよその子どもたちとずっと楽しそうにしてるから・・・(*^_^*)。

 色々な感情が出てきて、一回目は輪から外れ、『見学』という形になってしまったのですが、その間、カーテン開けて、Aさんの所に泣きながら行って、子どもたちどかしちゃおうかな、なんて考えたりしてました(*^_^*)。

 家に帰ってから、私、<やきもち>やいてたんだよなあ、と考えてたら、<やきもち>って私が小さい時、あるちょっとした出来事で、きっちりきっちきちに蓋をしめた感情と気づきました。気づいたので、やきもちくんを「ごめんね。ずいぶん久々だねえ」と、よしよししてあげられました! やきもちくんは、奈良美智が描く子どものように、上目使いで私をみて、「遅いよっ」とつぶやき、うれし恥ずかしそうにしていました。

 一回目が終わって、Aさんに抱きしめてもらいながら、「難しかった?(T_T)いやだった?(T_T)」を言葉に出して吐き出して・・・、私がしてもらいたかった事、娘がしてもらいたい事はこれなのか!と実感してました。そして、まだまだ私は、抱きしめられるのに慣れなくて、自分の体が強張ってる事も実感してました。

 二回目は、自分でも頑張った!っと思えて、とても心地よかったです。また終わってから、Aさんに「頑張ったね?」と抱きしめられながら褒めてもらえて、またまた私がしてもいたかった事、娘がしてもらいたい事はこれだ!と実感!!

 そして三回目、自分からAさんに抱きつきたいと思って、抱きつくことができてとても嬉しかった!! かなり大きなトゲがとれたかな・・・。

 まだまだこれから先、さまざまな落とし穴があるだろうけど、私は私の人生を楽しんでいい!!という許可を感じとってます。

 Aさん ありがとう!!!また!!!
 

「和く輪くだよりありがとう」

 1月の講演会と、1〜3月の天心どきどきではお世話になりました。とても有意義な時間を過ごすことができたのを、和く輪くだよりを読み、思い出しました。

 実は、子どもの春休みに、一度個別相談に、と思っていたのですが、子どもと私が、立て続けに風邪をひいてしまい、そうこうしているうちに、気持ちもうやむやになってしまってました。そんな時、和く輪くだよりが届き、講演会の自分の感想を読みました。ああ、そうだった!私はそんなことを思ったのだった!と、気持ちが前向きに考えられました。どうかすると、つい後ろ向きに考えてしまうのですが、本当によいタイミングでおたよりを頂戴しました。

 鷲尾さんのお話や、天心のお話、なども読み、やはり次の天心のコースに行きたいなあ、と思いましたが、上の子の幼稚園の送り時間の関係と、預ける親の都合がつかないので、しばらくは、残念ですが無理のようです。

 でも、抱っこ法に出会ってから、子育てがよい方向に向かっていっていると思います。手に負えなくて、可愛く思えないことが多い、と感じていた、『上の子』を抱くことが増え、また、上の子も自ら「抱っこして」と言うことも増えました。上の子も可愛い!と思う時間が増えたように思います。

 鷲尾さんのお嬢さんのおうちのように、寝る前に上の子の「抱っこタイム」を作りました。その間は、下の子がなんと言おうと、上の子優先です。上の子は嬉しそうです。時間にすればほんの少しですが、「ああ、こうすればよかったんだ」と思ったことでした。

 天心に出会い、本当の意味で、自分を見つめることができてきたように思います。今までも、自分をなんとかしたい、と考え、自分探しの本を読んだことはありますが、どうもしっくりこなくて、途中で読むのを投げてしまってばかりでした。でも、天心は、ネットで出会ったときから、「私が探していたのはこれだ!」と思ったくらい、私が必要としていたものでした。

 おたよりを読んで、天心コースで学んだ、自分がイライラする気持ちに乗っ取られそうなこと、を思い出しました。おとな心をたてるのを、忘れていました。また思い出したので、バスジャックされないよう、今努力しているところです。どうしてイライラしてしまうのか、自分なりに考えてみたり、子どもを怒鳴りたくなったときに子どもの気持ちを考えられたり、と、また一歩進歩できたので、自分で自分をほめてあげようと思いました。

 都合がつくようになったら、またお世話になりに伺うつもりですが、取り急ぎ、皆様にお礼申し上げたくて、メールさせていただきました。井村さん、鷲尾さんには、天心でとてもお世話になりました。よろしくお伝えください。

〈追伸〉このメール、4月始めに書きましたが、今頃送信になってしまいました。春休みも終わり、上の子は年長になりました。うーん、やはり一度相談に伺ったほうがいいのかなあ、と思ったり、という毎日を送っています。夫がもしかしたら関西に転勤になるかもしれない、という状況で、落ち着かないので、それがはっきりしてから、また考えたいと思っています。
 

 「晴れ渡った青空のように」

 大変ご無沙汰しております。お元気でお過ごしでしょうか。
 我が家は昨年末引っ越しました。住所変更をお願いします。引越から既に2ヶ月近く経つというのに、まだ段ボールの中に埋もれて生活しています。

 さて、かなり長くなりますが、いろいろと今までの話を聞いていただけるでしょうか。
 まずは、和く輪くだよりに、私の天心の体験談を載せて下さってありがとうございました! 読み返すたびにあの日の感動がよみがえってきて、「一粒で2度も3度もおいしい」思いをしております。少し、天心の後の様子を聞いていただけますか。

 天心に参加したあの日は、朝からとても良いお天気でした。空がぬけるように青く、雲一つなく晴れ渡っていました。私は、天心に向かう途中で、ふとその青空を見上げ、この空のように私の心が晴れ渡る日は来るのだろうか、と思いました。当時私は心療内科に通い、うつうつとした気分で日々を過ごしていました。天心には少し期待を抱いていましたが、
「1回参加したくらいで心が晴れることなんてないだろう、だいたい1度の参加で効いてしまうような劇薬みたいなものでも怖いし…、とにかく過度の期待は禁物」
と思っていました。

 そして天心に参加し、久しぶりにうきうきと足取りも軽く帰途につき、地元の駅を出たところで、また、ふと空を見上げました。そこには、少し薄闇がかかっていましたが、ぽっかりと澄み切って晴れ渡った空が広がっていました。そしてその空を見た瞬間、思ったのです。
「ああ、今、私の心はこの空のように晴れ渡っている」
そう感じたとき、言いようのないうれしさがこみ上げると共に、行く途中に思ったことを思い出して少しおかしくなってしまいました。天心は、1回だけでこんなにも私の心を晴らしてくれた。でも、劇薬なんかじゃなくて、穏やかに、優しく、あたたかく、包み込むように…。そして一層うきうきしながら自宅への道を急ぎました。

 自宅に帰ると、Aが満面の笑みで迎えてくれました。まるで、私の心が晴れ渡っているのを「知っていた」かのような、曇りのない、すっきりした幸せそうな笑顔でした。そしていつになくうれしそうに私の膝に乗ってきたり、一緒に遊んだりしました。母親の心の状態が変わると、子どもの心の状態もこんなに変わるんだ…と、その変化にとても驚くと共にとてもうれしくなりました。

 そしてその晩、子どもが寝てから、いただいた資料をゆっくり読んでいて、とある部分で息をのみました。そこには、天心とは、
「大空がカラッと晴れて澄みきったような心だ」
と書かれていました。これって、まさに私が感じたものそのものだ!!! あんな状態であんな心境にたどり着けるなんて、なんだか嘘のようです。あの日の出来事は、天から授かった素晴らしい贈り物のように感じています。

 余韻が冷めないうちに2回目を、と思っていましたが、引越などに忙殺されて参加できないまま今に至っていますが、なるべく早いうちにまた参加させていただきたいと思っております。

 なお、私の状態は少しずつですが改善していき、天心の後ほどなくして心療内科での治療を終えることができました。天心以外の方法でもいろいろと改善を試みていたので、どれがよかったとは一概には言えないと思うのですが、天心の効果も大きかったものと感謝しております。

 さて、最近のAの様子ですが…
 2歳半を過ぎた頃からダダこねが本格化し、現在格闘中です。ダダこねとの付き合い方は、抱っこ法の指導を受けたり天心を受けたりした中で知らず知らず身に付いたようで、割と上手に張り合えていると思うのですが、あまりにしつこいときと時間に余裕がないときは困ってしまっています。また、ちょっと注意すると「ママ、怒ってる?」と何度も聞いてきて、なんでこんなに人の顔色をうかがうんだろう…と少し心配ではあります。

 その一方で、ダダこねがちょっと行きすぎているかな…と抱っこしてみても、多少は暴れますが割とすぐに身をゆだねるように抱っこされますし、目線を合わせないときにも張り合うとすぐにじっとこちらを見て、あまり泣くこともありません。

 最後は、私の方が展開に困って、「Aくんの苦しい気持ちはどこにあるのかな…ここかな…ここかな…」とおなかのあたりをくすぐって、きゃっきゃと笑いあっておしまい、となります。全体としてもあまりに苦しい様子ではありませんし、スキンシップなども自ら求めてきて、甘え方も自然で素直な感じがしており、あまり歯止めがかかっている風でもありません。

 大人の目から見ればダダこねですが、見方を変えれば非常によく自分を出せているようにも思えますので、あとは上手につき合って、自分の欲求のコントロールの仕方を身につけさせてあげられればいいだけのようにも思います。

 ただ、私の側の課題として、時間があるときはじっくりつきあうのですが、時間がないときや恥ずかしながら頭に血が上ってしまったときには、問答無用で無理矢理こちらのやりたいようにやってしまうのです。そういう「心に余裕がないとき」でもなるべくAの意思と尊重してあげたいのですが…。

 今はこのまましばらく様子を見ようと思っていますが、私の手に余る場合はまたお力をお借りしようとも思っておりますので、そのときはどうぞよろしくお願いいたします。

 どうかお体お大事になさって、ますますのご活躍をお祈りしております。

「天心1日ワークショップに参加して」

 天心1日ワークショップに参加しました。井村さん渡辺さんによる、工夫をこらした楽しい企画でした。もう一人の参加者共々、私たち二人に寄り添う内容には感謝感激でした。

 『三軸』では、からだが語るのを少しずつ聞き取るような、おっかなびっくりな働き掛けです。嵐の中を夢中で漕ぎ出してきたような、頑張りすぎている私をよしよし、して来ました。やっぱり頑張り過ぎていたのを封じ込めていた自分に、出会いました。

 三軸で、私がちょうどいい体で立つと、真後ろにいる人にそれが伝わる?でしたでしょうか。前屈をしたら、かちこちに固まっていた私が、もう一人の人が心地よく立つと、すんなり前屈できちゃうんですから不思議でした。天心の裏番組で私もいろいろ取り組んできました。帯津先生の気功に触れたり、竹内敏晴先生の「からだと言葉のレッスン」の触りの部分に触れたり。そうしたからだに耳を傾けることにそれは通じているような気もする…。気を通じて?場には気が満ちていて、心地よさは伝染する?ということなのでしょうか。

 伝わりあうその心地よさを体験した後で、『未来へ向かって歩く』のワークをしました。二人がそれぞれの目的地に向かって歩いたのです。前々回参加した際の天心でこのワークを初めて体験したときには、「がむしゃらに」前へ進まなくてはいけない、何としても「一人で行かなければいけない」と頑張ってしまいました。他人の力を借りられない私。今回は、未来を「こういうもの」と思い描いて進みながら、「途中で、寄り道をしながらすすんでいくのもいいのかな?」「他人の助けをしたり、借りたりしながらでもいいのかな?」と自分に聞きました。さらに進むと、自分から手を出して「借りたい!」と意思表示しなけりゃ!になり、そうしないと、それまで私に手を差し出してくれていた人が去ってしまう、という恐い思いをしました。

 ずいぶん回復している、と思っていたけれどまだまだ引っ込み思案の私がいました。でも、今はそんな私によしよしできるようになったぶんだけ、足取りが軽い。ふと気付くと、自分からは手を差し出していない私がいる。待ち一辺倒の私に気付きました。ここから先へはまだ進めそうにありませんが。

 勇気を振り絞って、たどりつくと、未来が「待っていたんだよ」と言ってくれて、安心を得られました。やっとたどりついた未来は涙、涙でした。

 ここで体験したのが、ファミリー・コンステレーションとつながっている感じです。未来に待っていたのが、『三軸』に取り組んでいる渡辺さんだったせいかもしれないのですが。未来にいた渡辺さんが、私を待っていた気持ちを言語化してくれました。「待ってたんだよ」「絶対来てくれるって信じていたよ」そんな想いが、まるでファミリー・コンステレーションのワークで家族を立てて行なった時に起きたこととそっくりだったのです。未来に描いたこと・・・これが娘の想い?だったらうれしいな。荒野を一人ただがむしゃらに歩いていた、前回。そんな寂しい気持ちをいだいて歩いていたときと今度ずいぶん違いました。時間ぐすりと、私は私でいいんだ、と思えるようになったからかな。大好きを抱いているからかな。ようやく安心して歩いて行けました。

 ファミリー・コンステレーションでは家族を立てることで、その時点での私に再会したようでした。どんな私であっても。自分を確かめてうけとめるしかない、感じがありました。私の場合には三回経験したワークのうち、二回は私は棺桶に横たわる人を見つめ、寄り添う!?という姿でした。もうそんな私を引き受けるしかない頃は、去年のことですが、きつかったですよね。それは天心で、ずいぶん助けてもらった一年でした。やっとたどり着いた未来がもう一つの体験と重なったので、肯定的なイメージを取り戻して、ファミリー・コンステレーションを想い起こした『歩く』のワークでした。うれしい体験になりました。

 今ようやくいろんな人に必要とされて生きていることを実感できるようになりました。歩きながら、そんな想いが次々と沸き上がってきました。寄り道しながら進んでいくよといってみたりできました。このみちのりには、やっと誰かが手を差し延べてくれて、あるときは助けを求められ、あるときは助けてもらう。少しふくらんできました。

 あこがれの『ダダこね』のワークはまだうまくできません。それで引っぱって、引きずってもらうことにして、その楽しさ、初めて知りました。内心はまだ、かなりしんどい我慢の子なんです。ダダこねの楽しさを知るのはまだまだこれからなんでしょうね。

 みなさんに井戸端を作ってもらえる私は幸せだなあ。
 今日は癒されました。はあ〜!
 

「今日の天心のお土産は?」

〈第1信〉

 天心1日ワークショップに参加しての帰り道、「なんだろう?この釈然としない感じは・・・」と、考えていました。なんとかして、すっきりしたいと焦っていました。新幹線の中で、気付きました。「そうか・・・、『せっかく来たのに今回はお土産がなかった。がっかり』って気持ちがあるんだ。そして、そんな気持ちを認めまいとしている気持ちもあるんだ。だから、釈然としないんだ」って。いつも、伺えば、想像以上のお土産をもらった気になって帰っていました。この前参加した1日ワークショップでは、個別セッションでは体験できないことを体験できて、嬉しい発見があって大喜びで帰りました。だから、今回も、きっとすてきな出会いがあるに違いないって、かなり期待していたと思います。ところが・・・。

 でもね、大きな私はちゃんと知っています。今回の1日ワークショップも私にはとても大切な時間、出会いだったということを。否定的なおさな心が顔を出してきて、私の中で波風がたっています。断片的に印象深く思い出されることがあります。ひとつひとつ丁寧に分析したい私がいます。「そんな分析なんてしなくても、なんとなくその感じに浸ってみて待ってみたら・・・」という声も聴こえてきます。大きな自分も確かに感じられるけれど、まだまだまだまだ言い分を聴いてほしがっているおさな心がたくさんいる、ダダをこねたい私がいるってことに気付きました。平気ぶらないで、「不安だよ」「助けてよ」って怯えている私の存在を忘れないでいようと思いました。


〈第2信〉

 芳子先生からのお返事を読んで、まずは、ほっとしました。だって、せっかく秀雄先生やスタッフの先生が一生懸命やってくださったのに、「何もお土産がなかった」なんてひどいことを書いたのだから、そんなことはないってわかっていながらも、芳子先生たちを怒らせてしまったのではないか、「もう知らないよ」って言われてしまうのではないかって、びくびくしている私が顔を出していたからです。この私も、お馴染みさんです。

 ほっと・・・の次は、「そうか・・・、なるほど! 頭が休んで体が体験していたんだ!」って嬉しくなりました。今まで、「お土産いっぱいもらえた」って大喜びしていたのは、頭(意識)だったんですよね。振り返ってみれば、私がここまで来られたのは、何月何日の体験によってこうなって、何月何日の体験によってああなって・・・なんて、言葉で説明できるものではありませんから。これまでの、錦糸町での体験、抱っこ法研修会での体験、こちらでのジタバタ等など、諸々のことが繋がってのことですから。

 芳子先生にハグしてもらったとき、初めはなんとなく戸惑っている私でした。しばらくすると、その戸惑いが少し小さくなり、芳子先生にしがみつく感じになりました。そして、「やっぱり不安だよ。助けてよ」って気持ちが出てきて、涙がにじんできました。「そうか・・・、そうだなぁ。まだまだ、この気持ちもしっかりあったんだなあ」って納得したのでした。個別セッションでは、おさな心の言い分に心ゆくまでつきあってもらっていました。そして、元気になって帰っていました。今回のワークショップでは、それがなかった。だから、私は、物足りなさも感じたのだと思います。最後の天心のときに、おさな心の言い分につきあってもらうことだってできたのに、平気なふりして、他の方が心地よい体験をされた様子だったので、私もそれに合わせようなんて考えたのでした。寝そべって、手首と足首を持ってもらった心地よい感触は印象的でした。両手を引っ張ってもらって動きまわりそのまま眠ってしまいました。目がさめて、自分のいる位置を見ると、動いているときに自分で意識していた位置とはかなり違っていました。「あれ、こんなところにいたんだ」って意外な感じがしました。今日、なんだかそのことが今の私に何かを示唆しているかも・・・なんて振り返っています。まあ、あんまり考えないほうがいいですね。

 「大きな存在に気付く」ワーク?で、参加者の一人の方が今の自分の気持ちを表現したとき、テーブルと座布団で自分の周りを囲ってしまったことに驚きました。「あー、これもありか・・・」って。それまで私は自分の周りを囲ってしまうなんて考えもつきませんでした。囲ってしまってはいけないっていう思い込みもありました。私も、あの囲いの中に入ってみたいなって思いました。囲いの中に入ったら、どんな気持ちが出てくるのだろう? 囲いの外から、ノックしたり、呼びかけたり、のぞきこまれたり、色々に働きかけをしてもらったら、どんな感じなのだろう? その時その時で味わう感じは違うのだろうなあ・・・。そのうち、自分でやってみよう・・・。
 

「拗ねたりふてくされたりは心地いい」

 天心に参加したその後のこと聴いて下さい。

 家に帰ってきて、「いっぱいお土産がもらえてよかったけれど、でも、ずっと私は忙しく頭を働かせていたなあ。ただ感じる・浸るってことができなかったなあ・・・」と思いました。まあ、それもよしかな。

 「手を誘ってもらうワーク」でのこと、私の相手をしてくださった方は、「これでいいのかな」と少々戸惑いながらつきあっていてくださっている様子でした。でも、一生懸命に付き合おうとしてくださっていることがしっかりと伝わってきました。その時、「そうか!」って思ったのです。私は、いつも娘と付き合うとき、「これでいいのかな。もっと違うやり方のほうがいいのかな」って、自信を持てずにいました。そして、ついつい、心が今ここから離れていたかもしれません。でも、それでいいんだ。なんとか娘の気持ちに寄り添おう、娘のこと支えたいっていう気持ちで一生懸命に関わろうとしている、そのことが大事なんだと。だから、帰ってからは、少し自信を持って、娘と一緒に居られるようになったと思います。

 娘が拗ねたりふてくされたりすることをどうしても否定的にとらえてしまい、ひるんでしまいそうになる私でした。手を誘われたとき、途端に、ぷいと横を向いてしまい触らないでという気持ちが出てきました。本当に触れてほしくないわけじゃないのに・・・。どのワークのときでも、まずは、触らないで、ほっといて、離して・・・、そんな気持ちが出てきて、手や足で怒ったり文句を言っていました。秀雄先生が、「甘えべただから、誘われるとついつい拗ねてしまうんだよね」っておっしゃいました。理屈人間の私は、言葉での説明が聞けて、ますます納得しました。こちらから、娘に誘いをかけていくと、必ず、娘は拗ねたりふてくされたりです。でも、その理由も納得できたし、自分の体験を通して、拗ねたりふてくされたりも、けっこう心地よかったりすることがわかったのでよかったです。

 Sさんともまた会えて嬉しかったです。帰ってからSさんがくれたメールに書かれていたことを読んだとき、「あー、私も、その日は、頭も働かせていたけれど、気持ちよく文句が言えて、駄々がこねられて、気持ちよかったなあ。なんだか、少しすっきりした感じがするのは、チャイルドが安心して気持ちを受け止めてもらえたからだったんだ」って気付きました。普段も、なんとかひとりでチャイルドの言い分を聴きながらって心がけているつもりですが、やはり、誰かに受け止めてもらえるほうが断然嬉しいですよね。

 受け止め方は、まだまだじゅうぶんではないけれど、娘のチャイルドの言い分に、私は毎日つきあおうとしている、この積み重ねでOKなんだって思えました。それに、ついつい、言葉を求めてしまうのですが、その日は、私はほとんど言葉は発しなかった。でも、腕で足で体全体でいっぱいおしゃべりさせてもらえました。何を言っているのだろう、何が言いたいのだろうってそんなに詮索しなくても、とにかく、体の動きにつきあえたらいいのかなって思いました。

 これまでだって、いつもいつもそんなふうに先生たちは、つきあっていてくださったのでしょうが、今回のような気付きには到りませんでした。アンテナの張り方の違いでしょうか。私なりに、「実行」を試みたことで、これまでとは違う気づきが得られたのだとも思います。

 秀雄先生からお借りした本(『つっぱり母さんの記』佐藤貴美子著・汐文社)を、帰りの新幹線の中で読み始めました。しばらく読み進んで思ったことは、「なんでこんな本を貸してくれたの。きょう来たお陰で、せっかく、波風たてて、背中を押して、なんとか学校に行けるようにがんばるぞって気持ちになれたのに。こんな、『焦らないほうがいい』とか書いてある本なんて・・・」です。もう、途中でいったん本を閉じてため息でした。しばらくして、続きを読み始めました。そして、最後まで読み終えたとき、「そうか!」ってすっきりでした。私は、お借りした本から読み取ったことは、「両親が協力すること」「本人を信じること」、このふたつのことにぶれがなかったら、きっと大丈夫ってことです。

 「手を誘ってもらうワーク」の中で、片手を1人の人にひっぱってもらうのより、両手を、男女2人に引っ張ってもらって、お父さんとお母さんに引っ張ってもらえたように感じたら、もうそれだけで嬉しくて嬉しくて・・・、あの感じを忘れずに、夫とともに娘のこと引っ張ったり押したりができるようになるよう、怖さもかかえつつ、エッジを越えられたらいいなあと思います。
 

「小さな幸せの積み重ね」

 私の最近の状況ですが、天心どきどきコースを始めてから2年4ヶ月がたちますが、常に常に変化し続けているようです。毎月毎月の天心の会で、1ヶ月を振り返り、常に新たな発見と体験をしながら2年余りが過ぎていったようです。そして今でも毎日新しいこと驚くことの連続で、人間の不思議、宇宙の不思議を思い知らされます。自分のチャイルドと向き合おうとするとき、心がすごく苦しくなって無意識で気をそらしてしまったりします。

 でも今、前と少し違ってきた事は、つらい中でもなんとなく先が見えるようになってきたかなってことです。今までつらい体験の先に何があるのか全く分からなかったので、ただただつらい思いの中にどっぷりとつかっているだけでしたが、今はその先に幸せがあるから、積極的にチャイルドと向き合うことができるような気がします。私の場合、幸せは小さな幸せがいくつも集まってきたような感じがします。

 子どもの小学校のお母さん達と、バレーボールの仲間と、地域の人達と。心から話し合える人が私の前にどんどん現れて、たわいのないおしゃべりが今までとは質が違うものになり、精神的な成長を望む人が周りに増えて、なんとなく小さな幸せを日々感じます。

 その中で自分がやるべき事なども分かってきて、たとえばバレーボールでは、今まで不足していたチーム内のコミュニケーションを積極的にとるように働きかけたり、今まで連絡を取っていなかった友だちと連絡するようになったり。

 今また私の中に1人のチャイルドが出てきていて(とても久しぶりです)、向き合うときは(まだチャイルドと向き合うのが下手なんでしょうね)、とても辛い気持にどっぷりつかっています。もっと上手な解決をしていった方がいいのだろうなと思いながら、でも出てきてくれたチャイルドに感謝しています。辛い気持を持ちながらも、今日は私は何をすべきなのだろうか、今何に取り組むべきなのだろうかと考え、出てきた答え(教えられた答え)を一つ一つこなしていくことで、自分が変わっていき、変わっていく自分を感じながら、毎日ワクワクしながら過ごしています。小さな幸せの積み重ねで、そのうち大きな幸せになっていくのかなと思いながら、今は過ごしています。今月の天心の会は都合でお休みしましたが、次回は是非また参加したいと思っています。


TOP 
 自分育て体験談「項目」へ  HOME