←HOME

親の自分育て体験談
流産・死産の悲しみ
「母の気持ちを重ねていると」

 「母の気持ちを重ねていると」

 あけましておめでとうございます。
 昨年は大変お世話になり、ありがとうございました。

 先月のセッションで、生まれてきて今までに感じたことのない感覚を体験しました。私が、よく「死にたい」や「消えてしまいたい」と思うことがあるので、阿部先生に私が母のお腹の中にいるときの母の気持ちを訊かれて、母の立場になって考えていると、母が幼いときに母(祖母)を亡くしていることや、私が生まれる前に流産を二回、死産を二回経験していることを思い出しました。すると、目には見えないけれど、亡くなった兄や姉がそばにいて見守ってくれているような感じがしました。

 「兄や姉たちがいたから、今の私がいる。私はひとりじゃない。兄姉の分も生きるんだ」と思うと、涙があふれてきました。

 私自身も二人目を流産しています。そのときは、とても悲しくて、何日も泣いていました。そのときの気持ちと、母が流産死産をしたときの気持ちを重ねていると、そのあとに、生まれたばかりの私が母の腕の中で眠っている姿が、頭の中に出てきました。私を産んだとき、母はとってもうれしくて、幸せだっただろうなあと、思いました。すると、また涙があふれてきて、いつまでも涙がでてきて止まらなくなりそうでした。

 うまく言葉にできないのですが、あとで考えてみると、あれは私が私を抱っこしていたような?外見は母でしたが、心は私で、自分で自分の赤ちゃん姿を抱っこしていたような?? とんちんかんなことを言ってるかもしれませんが、不思議な感じでした。

 年末から一週間ほど、実家に帰省していました。そのときに母とたくさん話をしました。流産死産を繰り返し、父は亡くなった兄や姉を、お墓に埋葬し、私がお腹にいるとわかったときには、「もう我が子を埋葬するという、辛い思いはしたくないから、おろしてくれ」と母に言ったそうです。でも、母はおろす気は全くなかったと言っていました。

 私が登校拒否をし始めたとき、母が悩んで父に相談すると、父は「一家心中でもすればいい」と言ったそうです。この話は私が社会人ぐらいになってから、何度か聞いています。

 今回帰省して思ったのが、昔から父親に似ていると言われることは多かったのですが、自分でも本当に父親に似てるなあと思いました。そして、「母は強いなー」と、思いました。父に似ているということは、認めたというよりも、諦めたという感じです。父のことが嫌いなわけではないのですが、母と二人で、父の話をしていると、「私もそういうところあるわー」と言うことがたくさんありました。私が子どもの頃の父は、平日は仕事、休みは朝からパチンコに出かけていて、話をしたり、一緒に遊んでもらった記憶はほとんど無いんですが、なんで似ちゃうんでしょうかね・・。

 新学期が始まりました。幼稚園が苦手なのは子どもよりも、私のほうだなって思いました。まだまだ、自分を責めたり、嫌になったりすることもありますが、つい、いつものように「もーいやだ!自分なんか大嫌い!居なくなりたい」と思ったときに、セッションでの、兄や姉がそばにいたような感覚を思い出すと、すーっと気持ちが落ち着いてくるようになりました。

 本当に寒くなってきましたね。お体に気をつけてくださいね。


TOP
 自分育て体験談「項目」へ  HOME