←HOME

親の自分育て体験談
親から親へ伝える
「抱っこの話をしています」 「今日はダメでも明日があるさ」 「みんなに伝わって」

「抱っこの話をしています」

 新年明けましておめでとうございます。突然のメール失礼いたします。
 ずいぶん前ですが(1年3ヶ月くらい前だと思います)、娘が半年くらいの時にお世話になったものです。

 一回しか伺っていないのですが、そのときの先生(芳子先生)の言葉の選び方、声かけの仕方がすごく勉強になったのを覚えていて、それからず〜っとなにかあれば娘の言葉を代弁するように、心が落ち着くまで同じ言葉を話していたり、「Mはママの宝物だよ」と話したりしています。

 また自分でいろいろ感じたことを独り占めするのはもったいないなぁと思って自分がしている抱っこの話を良くしています。たとえば「人見知りってどうしてますか?」という男の子のママさんからの問いに、

 まず、人見知りってすごく自然なことだと思うんです。大人になっても人見知り多かれ少なかれ人見知りってすると思うんです。そこから打ち解けるには大人でも時間がかかることあるような気がします。子どもだからといってすべての人に人見知りしないって大変だと思うんです。

 うちの子も人見知りする時期がありました。うちの子の場合は面白くて発達の次のステップに行くときに人見知り&ママべったりになります。そこで愛情チャージしてからステップアップしていきました。立ち上がるときとか歩き始めなどの時は顕著にでました。

 また、うちの子は授乳中なので強く思うのかもしれませんが、最初はお腹の中に一緒にいて、生まれてから直ぐのときは肌を離すだけでもお互い寂しくて、もう少しすると見えてる範囲ならお互いそわそわしなくてすんだりして、だんだんお互いの距離が離れていくんだと思ってます。最近は言葉を話すようになったので、見えないところにいても少しの間なら大丈夫になってきました。すこ〜しずつ行ったりきたりしながら我が家は子どもとの距離感(?)が変わってきました。

 この距離感というか安全基地の範囲というかそういうものは子どもたちの集まりなどでも感じます。最初はお母さんと遊んでいて他の子どもを見たりしながら、どうしよ〜かな〜なんて思ったりして、少し近づいては戻ってみたりして、ゆ〜っくりゆ〜っくりお友だちと自分の安全基地が重なったときに仲良く遊んでいます。そんな我が子も公園で放牧(^^;)して私がベンチでニコニコしてればると、お姉ちゃんたち混じって遊ぶまでになりました。

 もちろん人見知りのほとんどない子もいるとは思いますが個性だと思うんです。その子その子のペースがあると思うんです。のんびり見ててもいいのでは?と思います。ただ、周りに「あら〜、人見知りするのね〜」なんて(悪意はもちろんなくても)いわれるようでしたら、「ちょっと恥ずかしいみたいです」と取り合えずやりすごして、お子さんには「自分のペースでいいからね」とお話してあげるのもいいかなと思います。「そのままのあなたでいいからね。そのままのあなたで十分すてきよ」って自分もいわれたら勇気わいちゃうもん(私が単純??)。

 我が家は両親が「そのままのMでいいんだよ。とってもすてきだし、大好きよ」ってオーラを出してMのサポーターになろうと思ってます。

 お母さんがそう構えていれば同じ人見知りでも違う側面が見えてきて人見知りも上手く折り合いが付くかも(折り合いが付くって書いたのは、個人的に人見知り0でなくてもいいと思っているので)と思います。

 なんだか、長々と書いたのにうまく伝えられなくてすみません。


 とお話してみたり、「反り身で困ってます」という問いには、

 私は自分が今までしてきた抱っこ法の経験(すんごく浅いですが)をもとにカキコしますね。

 初めての育児、いろんなこともあって不安ですよね。私もそうでした。

 我が家の最初の抱っこは「何かつたえたいんだねぇ。今は分からないけど、分かってあげたいんだよ」ってお話しました。

 抱っこの基本は子どもの気持ちに共感することなんですが、もっと大事なのは、自分の気持ちをよしよししてあげることだと思います。「あ〜頑張ってきたね。わからないこといっぱいだね。そっか〜不安なんだ。」って少しずつ自分をよしよしすることが大事だと思います。自分を大事にすることが子どもや家族を大事にすることにつながると思います。体を休めることかもしれないし、人に甘えることかもしれないし、わがまま言うことかもしれないし、ここなどで相談にのってもらうことかもしれないですが、いろんな方法があると思います。そして、今の状態は決して**さんが問題なのではなくって、みんな同じようにいろんなことで悩んでいくんだと思います。まずは**さんをお子さんが選んで生まれてきてることを信じて(私はそう思ってます)どんな状態でもお子さんにとっては**さんが一番なんですから自信をもって、そして自分の心をよしよししてあげてください。

 もしかしたら、**さんが不安だったり、私はいいママじゃないって思ってることに対してお子さん心配してるのかな?とも思います。子どもってものすごく親思いですし、親が困ってると「自分のせいで」っておもっちゃうこともあります。

 あと、ほかにも「え〜〜こんなこと心配してくれてたんだぁ(涙)」なんてこともありました。ご自身の抱っこに不安の時や八方ふさがりになってしまって、亀戸、錦糸町がお近くでしたら、阿部先生の所へ行かれてもいいと思います。私も伺ったことがありますが、言葉の選び方などすごく勉強になりました。

 そうそう、娘の訴えが分からなくてつらそうなときは、「つらいね〜つらいね〜」なんてエンドレスに言って寄り添ってるときもあります。そして思いついたことをひとつずつ聞いてみます。それと、月齢が低いときは、抱っこで「これだよ〜」って泣きにはいったら、ある程度のところでこちらが「よしよし」ってなだめて上げないと自分で収拾がつかなくなってしまうそうです。

 いろいろあるかもしれませんが、ひとっとびでいいお母さんになる人はだれもいませんから、ゆっくりでいいと思うんですよ。お子さんだってお母さんが育つのを手伝いたいって思うだろうし(お役に立ちたいっていうのは思ったより小さいころからあると思うんです)もっとお子さんにも甘えてみてくださいね。


 そのほかにもダダこねの問いに関して、

 うちもダダこね&イヤイヤ期に入りました。ダダをこねて♪ストトントン♪とステップを踏む様は「そんなに速くステップを踏めるのね〜」なんて妙に感心してしまうくらいです。そしてうちもオッパイっ子です。

 我が家の場合、(親が出来る範囲で)秩序とリミットを教えるということをしています。あと抱っこ法ですね。最近よく感じるのは、「話せば分かるなぁ」ということです。いままでも分かるのは分かるのですが、頭というか理性と本能が葛藤してるんだなぁというのを感じます。

 ダダこねといえば、昨日も東京は雨でしたが、体のメンテナンスのために整体にいったんです。そこに行くまでに途中で何か食べさせようと思ったんですがそうも行かずそのまま治療を受けていたら、クズリ出してしまい、「いつもおとなしいのに・・」と治療院の方もちょっとびっくりしていました。単におなかがすいていて限界だったのですが・・。

 また、雨で我が家はベビーカー用のレインカバーがないので、長靴を履かせて歩いていったのですが、帰りには眠くなってしまって、あちこちあそび始めてしまいました(うちの子は眠いのを我慢してるとハイになってしまうことがあります)。最後には書店の前に出してある幼児雑誌コーナでこれ欲しいとダダこねをはじめてしまい、それまで小さな欲求の数々を我慢してきただけにもう爆発! 床に座り込むし、大声で泣き出すしアララと思いましたが、他の方の邪魔にならないところに移動して「今日は疲れちゃったね。いっぱい歩いて頑張ったね。まゆちゃんに本を買ってあげてもいいんだけど、ママの持ってるお金は食べ物を買うためのお金しかないの。今買ってしまうと食べ物を買えなくてパパもママもまゆちゃんも困っちゃうよ。パパに今度買ってもいいか聞いてからにしようね。泣きたくなっちゃったね。少しエ〜ンエ〜ンしてから帰ろうか?」といって思う存分泣かせて(といっても10分くらい)から帰りました。周りの人も親が「泣くんじゃない!!バシッ!」なんてやってるわけではないのでそう奇異な目では見られませんでした。

 我が家の場合泣くべきして泣かれているので(昨日は親の都合によくあわせて頑張っていました)泣かせようと思ったのでした。

 他にも、私は妊婦なので、体調が思わしくないときもありますし、娘を以前ほどは抱っこできなくなりました。そういう時は、「疲れて今は抱っこできないこと」や、「疲れてオッパイあげられない」とか「Mちゃんは好きだけど、これをされるといやだからやめて欲しい」とか具体的にお願いします。そうすると一旦は泣きますが、その訴えを聞いてあげて(たとえば「もっと遊びたかった」とか「もっとオッパイのみたかった」とか)よしよししてると何とか折り合いをつけてくれるみたいです。ギブアンドテイクな親子です。

 話はずれますが、最近私が叱ると些細なことでも泣き出し、抱きつくようになってしまったことがあります。「なんでだろう?」と思って娘をみていたら、すがるようだったので、「ママに嫌われたと思った?」ときいたら「うん」といわれたので、「Mちゃんのことはいつでも大好きよ」とお話したこともあります。そしてその日の夜から「Mちゃんのこと大好きだから手をつないでくっついて寝ようか?」とお話してぎゅ〜って抱っこしてから寝るようにしたら、オッパイで寝付かせなくても寝れるようになりました。長時間の授乳がつらいと感じるときがあったので、助かりました。

 自己嫌悪に陥ることはないんじゃないのかしら?と思います。お子さんがぐずるのもすごく自然なことだと思うし、お母さんがイライラするもの自然なことだと思います。

 私は、「どうして今こう感じているのか。どうしてほしいのか」を具体的に伝えることと、「感情的に話さず自分の気持ちを話す」ということをしています。こうしてると私は落ち着いて娘に話をできますし、お互い我慢もなく楽になりました。

 大丈夫ですよ、お子さんを壊してしまってないと感じます。ただ、**さんがすこしお疲れかもしれませんね。あっそうだ。**さんが体がつらくてイライラしやすいときは梅醤番茶を飲んだり、足湯をしたり、こんにゃくをグツグツ煮てタオルでくるんだりしておなかにあてたりして温めたりするといいかもしれません。お母さんが元気でいることが一番ですから、ご自身にも手をかけてあげてくださいね。

 それでは、また〜

とお返事して喜んでいただけました。

 私、高校生くらいのころからのテーマに(今24歳です)「自己主張と協調性のバランスをとる」というのがあったのですが、実は上手くいっていませんでした。でも娘に抱っこ法を取り入れた育児をしていて感じることは、「受け入れることと手放すことのバランス」をとることが大事で、それを支えるものが自己肯定感なんだなぁ。自己肯定感というのは一人ではなかなか培うことはできなくて、誰かの助けが必要なこともあるんだなぁ。でも最後は自分で見つけ、感じるものなのかな、と思っています。いろんな人の思いを受け入れ、自分の思いを手放し、助け合う仲間が出来つつあります。これからもそういう人々の輪をつくりたいと思います。

 今まで何回か御礼のお手紙をお送りしようと思っていたのですが、なかなかお送りすることが出来ず、たまりに溜まってこんなに長くなってしまいました。阿部先生に出会えて、抱っこ法に出会えて本当によかったです。第二子妊娠中で(7ヶ月にはいりました)、娘(1歳10ヶ月)の抱っこもかなりアクロバティックになってきて体力的にも大変になってきました。妊娠経過はとても順調で精神的にもおちついているので、なんとかなっていますが、体力的にきつくなったらお世話になるかもしれません。また、その際は、私と娘との普段の抱っこをみていただいて、アドバイスいただけたらいいなぁなんておもってます。そのときは宜しくお願いします。

 お忙しいとは思いますが、どうぞお体に気をつけてお過ごしくださいませ。先生や癒しの子育てネットワークの皆様の今後のご活躍をお祈り申し上げます。

 それでは失礼いたします。
 

「今日はダメでも明日があるさ」

 新年明けましておめでとうございます。皆さん、お健やかにおすごしでしょうか? 年末突然の雪が降ったりして、どうなる事か?と心配しましたが、元旦はすばらしい快晴でしたね。

 娘、Kも今年の3月で2歳になります。「魔の2歳児」という言葉を跳ね除け、「実りある年」にしたいと思います。

 昨年11月頃から夜泣きをしたり、なんだかKの様子がおかしくて、援助をお願いしようと何度か連絡取ったのですがなかなか予約が取れずにいました。気がかりな原因は2ー3思い浮かぶのですが、その事でダッコしてもピンとこない感じでした。でもダッコの後は、心のパイプが繋がった様子を見せてくれたし、私自身も(予約が取れないならまぁいいか…)程度でしたので、のんびり構えていました。そうこうしているうちに年末になり、今年は3日間のリフレッシュ休暇をもらう事ができ、クリスマスから12日間の休みに入る事ができました。

 休みのほとんどは実家で過ごしました。5歳になる姉の長男(Dちゃん*癒しのダッコ経験者*)も単身で来ており、Kにとってもいい遊び相手になってくれて、楽しく過ごせたようです。Dちゃんは、ちょっぴり寂しくなったりすると、机の下に隠れてそっと泣いたりする子です。気持ちが優しいお兄ちゃんです。それにしても、子ども同士って真似ッ子が好きですね。私が誘導するとあんなに嫌がる歯磨きも、Dちゃんがやりだすと進んでやってくれるし、ご飯も、私と2人のときはあまり進まないのに、Dちゃんが食べると負けじとパクパク!!!頼もしい限りです。

 そんな中、大掃除やらおせち料理を作ったり、母の手伝いをしなくてはならず、Kのそばを離れる事が多く、10分ほどすると『おかーしゃーん』といつも私を探してばかりでかわいそうでした。2階建ての家では、離れるときにきちんと伝えないといけないんだなと、ちょっと反省しました・・・。

 そして、Kは「どうぞ・かして」ができず、Dちゃんの物も自分の物にしたがるので、Dちゃんのストレスも相当なものだったと思います。ましてや、大好きなママやお父さんから離れ、初めてひとりでのおじいちゃん家にお泊りなんですもの・・・。

 ある日、2人があまりにもそわそわしているので、3人で昼寝をしよう!と布団でじゃれ合っているとき取り合いになりました。しばらく右にDちゃん、左にK、を抱いてヨシヨシしていましたが、私の腕が痛くなってきたので、以前読んだ体験談を思いだし、順番にダッコしてあげよう〜と、Kからダッコしました。

・・・「お母さんとずっと一緒で嬉しいね。でもチチ(パパ)がいなくてさみいしよね。布団も違って寝にくいね。Dちゃんと遊んで楽しいけど、お母さんがすぐいなくなっちゃって不安だね。今度はちゃんと伝えるからね」

 私がいなくなって不安、のところでは足をバタバタ。とても怒って泣いていました。でも「大好きよ。チューして」と言うと、嬉しそうにチュッっとしてくれるKちゃんです。

 Kをダッコしている間、Dちゃんは毛布に頭から包まってじっと聞いていたようです。そしてDちゃんの番。今度はKが布団の上に寝転んでじっとしています。

・・・「ママとお父さん、妹と離れて寂しいね。Kちゃんも欲張りで困ったね。Dちゃんはお兄ちゃんだからって言われて我慢したくないよね。がんばってるね。私はおうちのDちゃんを見た事がないけど、この何日か見ててDちゃんはお家でも頑張ってるんだろうなーと思ったよ。ママやおばあちゃんからしっかりして!とか言われて嫌だね。でも頑張っててえらいよね。そんなDちゃんが大好きだよ」

 姉から<ダッコの時は暴れてスゴイ>と聞いていたのですが、私に抱かれたDちゃんは、最初ソワソワしていたものの、しばらくすると体を丸くして私の腕の中にすっぽり納まって穏やかな顔に。そして、Dちゃんの口から、「本当に大好きなのはお父さんなんだよ」って教えてくれました。その後も幼稚園のお友だちの事、英会話サークルのお友だちの事など嬉しそうに話してくれました。

 そして昼寝から起きたら、私とKの似顔絵を一生懸命お絵かきしてくれました。そして折りたたんで恥ずかしそうに手渡してくれました。

 5歳児・そして他人のダッコは初めてでしたが、Kを抱くのとまた違い、私自身の(抱こう)という気持ちが少し変わったように思います。Kの時は、何とかしてパイプをつなぎたい・原因を突き止めて楽にしてあげたいと思ってしまうから、Kも嫌がるのかもしれませんね。

 12日間の休みは、私と娘の「安心の木」が少し育ったように思います。私の膝に座り、降り返ってニコーッと自分からチュッとしてくれる様になりました。

 やはり普段、時間が足りないのでしょうね。そして、時間が足りなくなると私の許容量がなくなり、Kに対して「こころここにあらず」になってしまいます。どうしたら、その気持ちをそっと置いておく事ができるのでしょう??? 今年の課題はその辺にあるように思います。今日はダメでも明日があるさ、行ったり来たり、少しずつ成長できたら…と思っています。
おおらかに。
にこやかに。
おだやかに。
…今年もいろいろお世話になる事と思いますが、どうぞ見捨てずよろしくお願いいたします。

 web版12月号の編集後記読みました。自分の胎児時代に思っていた事がわかるなんてスゴイです。天心で気がついたんですか? いやー、本当にスゴイの一言です。私は、何を思いこの世に産まれてきたんだろう? そして本当の自分はどこにあり、どこに向うのでしょう?・・・子どものころの記憶さえ忘れているわたしです。

 新年早々長くなってしまい申しわけありません。
 最後に、和く輪く舎の皆さまのご健康とご発展をお祈りしています。
 

「みんなに伝わって」

 10日間の予定で娘と二人で実家へ帰った時のことです。滞在5日目頃に妹の家で友だちの子どもの抱っこをして、うまくいったので調子に乗って翌日友だちの天心をすることになりました。妹も私の家へ1ヶ月滞在してた時、1週間に2〜3回「和く輪く舎」へ通っていたので、二人いれば何とかなると思いやってみました。

 妹が背中を支えて私が手を持って動き始めたら
 友だち 「画面が紫になった。あっきみどり、黄白に変わった。部屋の角が見える。死体があるようだ。ぞっとする。」
 妹 「今頭だ」と言いながら頭をさわったり、さすったりしている。
 友だち 「黄金色だ…今花火が散っている」
 なんて解説をしながら、話をしながら不思議な面白い天心です。しばらくして、妹が友だちを抱きかかえたら泣きだした。妹も頭をさすりながら「いいんだよ。だいじょうぶだよ」と泣きながら声をかけているのです。このとき初めて、妹が感じることが出来ると気が付いたのです。妹を見ていて、なんだか鷲尾先生(ごめんなさい)みたいだなと思いました。

 これもうまくいったので、勢いで感じる妹を頼りに、母の天心をしてみようかと誘ってみました。妹はOK。母はえっ!という感じでしたが、意外に簡単に始めさせてくれました。この時も妹が背中、私が手を持って動きはじめたら、
 妹 「よりかかりたいって言っている。(しばらくして)横になりたいみたいだ」
と言うので、(母に)横になってもらった。
 妹 母の頭に手をあてながら、「休みたいと熱を出している」(この時は、妹も頭が熱くなるのだそうです)
 妹 母の足をさすりながら「痛いでしょ?」
 母 「うん」
 妹 足をさすりながら「休んでいいよ。休んでいいんだよ。休もうよ」と泣きながら声をかけている。

 このとき私は、子どもの頃母に休んでもらいたくて、妹、弟の三人で一生懸命手伝いをしたのを思い出した。その頃から今まで母の休んだ姿をあまり見たことがないのです。

 母 しばらくして手の動きが止まり休む。伸びをして、目を開けてにこにこしています。
この天心の時は、何も言いませんでしたが、あとで実は、あの時熱が出るかと思っていたら天心のおかげで出さなくてすんだ、と言っていました。母にどうしても天心をやってみたいと思ったのは、母の熱の原因を知りたかったからです。2年前から1週間に1〜2回熱を出して半年おきに3回も病院を変えて放射線を気にしながら検査を受けていたのに異常ないと言われ、見守るしかないと思っていた時、阿部先生と話をする機会があって母のことを話したら、いろんなことを考えるより熱を出したほうが楽だと熱を出す場合もあるんですよといわれました。

 母の場合父がだらしないので、一人で気を張ってずっと頑張り続けてきてパンクしたようです。やはり先生の言われたとおり熱を出すことで休んでいるんだとわかったら少しほっとしました。

 天心をした友だちは子どもたちの楽しそうな笑い声を久しぶりに聞いたそうです。友だちの子どもの抱っこ、友だちへの天心、母への天心、とても充実した日々でした。抱っこや天心が友だちの家族、妹の家族、私の家族や母へとてもいい影響を与えてくれ、感謝しています。ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。


TOP
自分育て体験談「項目」へ  HOME