←HOME

親の自分育て体験談
おとな心を立てる・気持ちに線を引く
  「気持ちをバッグにいれて」
「子ども心だとわかったら」 「新しい本を読んで」 「足下の落とし穴」 「私にとって『抱っこ法』って何だろう」

「気持ちをバッグにいれて」

 すっかり春になりましたね。うちではもう夕方からカエルの大合唱がはじまりました。チューリップも咲いて、今コデマリのつぼみが膨らみ始めたところです。

 いつも気持の感じかたで、気持ちそのもの、じゃなくて、こういう気持ちになっちゃうんだよね、って感じようねって、言っていたでしょう? 最近、その感じが前より実感できてきたかも、って思います。

 私の場合はね、今こういう気持ちを持っているんだ、って思うと気分が楽になるみたい。気持は自分の持ち物、って思う感覚。だから、私はその気持ちを持つこともできるし、手放すこともできるんだ、そんな感覚。

 気持に乗っ取られる時もあるけど、感情は自分のバックにいれて持ち運んでいるようなイメージを持ち始めたら、なんだかいい感じです。今日はこんな気持ちと、こんな気持ち持ってるなあ、って。あれ、今日はずいぶん大きい気持ちが独占してるなあ、とか。バッグが重い時も、イメージしている、持ち手の私自身は、生き生きとした、エネルギー満タンの自分を常に想像しているのね(イメージしている本来の私、という感じかしら)。

 それで、この気持ちは、おろせるかな?まだ持っていたいのかな?とか問いかけると、意外と、手放せる気持もあったりして、余裕のあるときはそうやって遊んでます。
 

「子ども心だとわかったら」

 私の子ども心を主人が受け止めてくれて、私が主人の子ども心に気付き、受け止められるようになりました。

 主人は甘えん坊で寂しがりやさんで、娘が泣くと娘の方に駆け寄る私に、「自分の方を見て!」と言うのです。最初は冗談なのかと思っていたのですが、そう言ってるのは子ども心のようで、最近は娘に待ってもらって、主人の子ども心を抱きしめ、ヨシヨシしてあげてます。主人も長男なので、いろいろと我慢して育ったようです。

 今日、娘が抱っこで泣き始め40分ほど泣きました。年始に主人の実家に帰り、いろいろと我慢していたようです。主人の方の父母は娘が初孫なこともあって、とても可愛がってくれたのですが、横抱きにすると泣くので、ずっと4日間たて抱きで抱っこされており、泣きたくても泣けず苦しかったようです。お正月の間、泣かず、いわゆるいい子だなあと思っていたのですが、やっぱり我慢してたんだと思いました。娘の心に気付けて良かったです。

 ふと気付いたことなのですが、私自身がきつくなって、娘が心配してくれてるとき、「これは私自身のことで、時間がたてば、いつものお母さんに戻るからね」と語りかけてたときです。ふと、母の感情も母のもので、私のものではないんだと思いました、当たり前のことかもしれませんが、とても心が楽になりました。

 母はすぐに人のせいにする癖があり、姑との同居したくなかったといって、父にどうして同居しなきゃいけなかったの?と言ったりするのです。母も同意していたのですが…。

 母は子ども心に占領されてるんですね。私も随分いろいろ言われ、悲しい気持ちになったり、怒りをかんじたりしてました。が、母の中の子どもがいってるんだと思えるようになりあまり気にならなくなりました。以前はとてもショックで落ち込んでました。何故母はそんなことをいうのだろうって。今日も母の子ども心がでてきていたのですが、気付けず、受け止めれませんでした。一瞬悲しいという気持ちが現れ、おとな心を立ち上げれませんでした。

 母は私ができちゃった結婚をしたので、主人に私をとられたみたいで主人にやきもちをやいているのです。結婚前にゆっくりと私と過ごしたかったらしく、主人の悪口をいうのです。産後一ヶ月ほど聞かされたのです。同じことを何度も何度も話し、黙ってきくのですが母の気持ちは晴れません。つい最近まではとても辛く、聞きたくなかったのですが、子ども心がいってることが分かって気持ちが楽になりました。

 そういう悪口を聞く度に私は母に悪いことをしてしまったんだ。母の気持ちが治まるなら、母の為に何かしてあげなくちゃと思っており、母をこんな気持ちにさせた私自身に罪悪感がありました。

 自分のおとな心を立ち上げて、母の子ども心に気付けてよかったです。今まで、さんざん母の子ども心に振り回されてきたので、今度はしっかり受け止めたいと思います。きるでしょうか?

 早く、母のおとな心がたちあがりますように。立ち場が逆な気もしますが…。

 抱っこ法、本当に素敵ですね。抱っこ法にあえてよかったです。
 

「新しい本を読んで」

 新しい本を送って下さってありがとうございました。送っていただいた『魔法の子育てカウンセリング』は私の中の子ども心をより分りやすくしてくれました。自分の中の子どもと何度も対話しています。その子は私に色んなことを次から次へと話してきます。

 その晩は乗客と話していて大泣きでした。どのぐらい対話をしたのか、最後にその子が「私、見捨てられていたんだね」とつぶやいたんです。そしたら涙がスーっと引いて気持ちが安らいだんです。その子がしがみついていた手をスーッと離してゆったりと席についてくれました。

 あんなに見捨てられたくなかったのに、その為だったら何でもしてきたのに。でもその子が「見捨てられていたんだね」とつぶやいてから気づいたんです。母は子どもを見捨てるぐらいに辛かったのだろうと初めて感じました。それを感じてから母に対して感謝の言葉を言えたり、いたわり言葉がスーっと出てくるようになってきました。今でも私に傷つくような言葉を投げかけてしまう母。しかし母の中の乗客が暴れてるんだろう。と思えるようにもなってきました。

 まだまだ乗客の言葉に気づかずに、私も息子に八つ当たりしてしまうときもあります。少しずつですね。

 私が生まれた環境は私が望むような所ではなかったけれど、厳しい環境にも意味があり、そこから学ぶことも、これからはあると思います。これからも苦しいことは必ずあると思いますが、そこから少し学べたらいいなと思っています。

 最近息子に「またママ怒ったー」とか言われます。私は「今のは、小言っていうの。ママは明るく健康で小言の多い人を目指すんだっ」と言っています。今までは自分を責めては息子に謝ってばかりいたんですけど、あっけらかんとしている私の方が息子は良いみたいです。私は今まであっけらかんと笑った自分の記憶はないのです。不思議です。阿部先生の本にも書いてありましたが、DNAの中に眠っていたものが出てきているのかもしれません。

 『らくだの涙』の話は何度読んでも心が熱くなります。らくだの涙を始めて聞いた時、外されたくなかった私の鍵が音をたてるようにガチャガチャ外れてしまって、ガタガターっと体が崩れてしまいました。

 本当に素敵な本をありがとうございました。そして阿部先生、渡辺先生、鷲尾先生に出会えたことに感謝です。渡辺先生は私が心を閉ざそうとするのを、必死でこじ開けてくれました。鷲尾先生は母のような愛で私に体を張って下さいました。ありがとうございました。

PS.「今日も歯磨き出来ちゃった〜!」って言っては、息子と掌タッチをしています。も〜ホント当たり前のようなことでも「ヤッター!出来たー!!」って掌タッチをどんどんやってると、最後には「ママが出来たーー!!」って勘違いしちゃって。息子に便乗させてもらってます。

「足下の落とし穴」

 ときどき見るインターネットの占いで、何の占いか忘れてしまったけど気づいたことがありました。 人の気持ちを考えて、それをしょっている、それで疲れ果ててしまうんだということ。

 何かの集まりがあると、ぐったりと疲れてしまう私、そんな自分にうまくつきあうことができるようになりました。家に帰ってくると、疲れた私の気持ちを聞くようになりました。あれこれ、大したことないことにいちいち気にしている、そうなんだけど気持ちがゆらゆらして落ち着かなくなってしまうのです。

 それをよしよしするといい、ということに気が付きました。でもね、どうしてこうなっちゃうんだろう、気にしなければいいことなんだけどなぁ、と。

 そんな時に見た占いに、人の気持ちまで背負っている、ようなことが書いてあって、そうだ、私のことだと思いました。集まりで人と会うと、人の気持ちを考えてしまう。それは当たり前のことなんだけど、私はその人の気持ちまで自分の気持ちにも重ねてしまってそれで疲れてしまうんですね。人の気持ちを自分の気持ちと一緒にして、こう思っているかしら、傷つけてしまったかしら、と。相手がどう思っているかなんてわからないのにね。

 今朝、私の一言にいじけた息子(第三子)。あーもうやだ。言う言葉にも気を使わないと息子はこうやっていじけるんだから。来週から春休みなのに。毎日毎日こんなんだったら、もうやだ! でも、あの占いの話を思い出しました。

 そう、いじけてしまうのは息子の気持ち。それに寄り添うのは良いけど、その気持ちを私が抱えることはないんだ。息子が寄り添って欲しいときは寄り添って、その他は私は私でいいんだ。そう思ったら、鼻歌歌いながらパソコン開いたりして。その前に息子に「Aくんまたいじけてるんだ」と言っておいたから、いじけていることをわかっているよ、ということは伝わっているな。よしよし。普段通りにしていたら、いつまでもしつこくいじける息子がむくっと起きあがって、勉強の続きを始めました。

 あー、こんなに簡単なことなんだ。気持ちも、楽になるんだ。これだったら集まりで人に会っても、大丈夫かも。集まりがあるその前に、やだなぁと思ってドキドキしていたから、それが少しは緩和されるかなぁ。仕事をしたくて求人を見るけど、受けたい会社があっても、仕事のブランクもあるから、こんなおばさんではだめだろうなぁ。何の売りもないから、面接でしどろもどろだろうなぁと、会社の立場に立ってしまい、仕事をしたい気持ちがどこかにいってしまってました。

 長女に、「お父さんの気持ちはお父さんの気持ち、Yちゃんの気持ちと一緒にしちゃだめだよ」なんて言ってたのに。人の気持ちと自分の気持ちに線を引けてた、と思ってたのに。ただおしゃべりをしているだけの人との気持ちを抱えてたなんて。自分の足下に落とし穴があって、それを発見した、そんな感じです。
 

 「私にとって『抱っこ法』って何だろう」

 抱っこ法のことを知りたがっているBさんに電話した。Yさんから抱っこ法の話を聞き、子どもが荒れたときに試みてみると、驚くほどおとなしくなったそうだ。そしてBさんは「やっぱり、こっちの気持ちがきちんと伝わるのよね」と言ったのだが、私はこの言葉がとても引っかかった。

 確かに、Bさんが「抱っこして真剣に話す」という、今までとは違う対応に子どもはBさんの気持ちが分かったかもしれない。でも、分かったからといって納得いくものだろうか、分かるからこそ、自分の気持ちを我慢することってあるんじゃないか。

 抱っこ法は「子どもを良い子にする方法」や「扱いやすくする方法」などというハウツーものと間違われやすいように私は思う。

 先日、旦那と喧嘩した。私がテレビを見ながら歯を磨いていると、旦那が歯を磨く音が気になると言い出したことから、「あっちいけ!」「何で私が行かなくちゃいけないのよ!」という口喧嘩になり、「U、お母さんともう寝よう」と子どもを連れて寝室に行った。 

 子どもに「お父さん、何であんな言い方するんだろう。歯を磨いていただけなのに・・・とブツブツ言っていると、「ちょっと待っててね」と子どもは旦那のいる部屋に走っていった。耳をダンボにしていると、「お父さん、お母さん(ゴニョゴニョ)なんだって」と何か言っている。その時、この子はこの子なりに、この状況を何とかしようとしているんだと思え、旦那とくだらないことで喧嘩して、子どもにこんな行動をとらせてしまったことを申し訳なく感じ、戻ってきた子どもに対し、「ごめんね。Uはお父さんのこともお母さんのことも好きなのに、好きな二人が喧嘩したら困っちゃうよね。本当にごめんね」と言うが、子どもはスッとそっぽを向いてしまった。

 その後何日か、子どもも少々落ち着きなく反抗的な感じで、私もモヤモヤしたまま過ごしてしまった。抱っこ法をしようと思っても、話が先に進まない感じなのだ。何回か試してみるうちに、フッと「今おかーちゃん、気持ちの中がモヤモヤして落ち着かないの。もうしばらくしたら元気になる予定だから、悪いけど気にしないでね」という言葉がでてきた。そうしたら私の中のモヤモヤしていたものがスッとなくなり、子どももその後、いつもの通りのUに戻った。

 私は子どもに対して、「嫌な思いをさせてしまって申し訳なかった」と言っていたのだが、これは子どもからみたら、「僕のせいでお母さんは嫌な気持ちになっている。僕がいなかったら、お母さんは喧嘩してもこんな気持ちにならなかった」とも受け取れる。つまり、「ごめんね、ごめんね」と言いながら、私のモヤモヤを子どもに押しつけていたのだ。だから、このモヤモヤは私のものなのだと、私がはっきり認識することによって、子どもは楽になり落ち着きを取り戻したのだと思う。無意識のうちに子どもに責任を転嫁していたとも言える。

 家庭でも保護者と保護される者、学校でも教える側と教わる側という二つの世界しか知らなかった私にとって、「誰かが私に何かする」「私が誰かに何かする」という物の見方や、育児には育てる側と育てられる側があり、私は育てる側の人間であるという観念がなかなか抜けない。

 抱っこ法の醍醐味は、この二つの境界がなくなることではないだろうか。子育てから子育ち、親育ちへと変化することが抱っこ法の本当の意味のように思える。今、目の前で起こっていることを手がかりに、親子一緒に、それぞれの気づきを得るというのが抱っこ法だと私は思う。


TOP
自分育て体験談「項目」へ  HOME