←HOME

親の自分育て体験談
大きな自分・大きな存在に包まれて
「コア探しのようなある日」 「○と・と大きな存在と」

 「コア探しのようなある日」

 メールありがとうございました。私の心の内が伝わったかのようなメールの内容に驚きました。「ああ・・・、大きな力が働いている。守られている。しっかり向き合っていったなら必ず道は拓ける」って思いが少し大きくなりました。今日は、芳子先生にメールをしようと思っていました。夕べ、私の中に嬉しい変化があったので、それを聴いてもらおうと思っていたのです。

 でも、芳子先生のメールを読んでさらに喜んでいたら、ずいぶん元気になっていたら・・・、ぽーんと、「だめ、だめ・・・、そんなに簡単に楽にはさせないよ」って重苦しい感じが広がってきてしまいました。「だめだよ。頑張れない私はだめなやつだよ」って声が大きくなってきました。
「えーっ、せっかく喜んでいたのに、ものすごい変化だって喜んでいたのに・・・、すぐに、そうやって引き戻そうとするんだから、もういい加減にしてよ」
「そうか、そうか、あのくらい言い分を聴いたくらいじゃ納得できないよね。それに、私は、あなたたちのこと悪者扱いしているものね。もっともっと、言い分を聴いてほしいよね。認めてほしいよね」
というわけで、まだまだ、積み重ねが必要。なんとか抱えていよう・・・ということになりました。

 さて、夕べの嬉しい体験を聴いて下さい。娘が学校に行かないことで騒ぐ気持ちも大きくなるし、それでも、家事はやらなければならないし。ひとりで、あくせくしていても夫は知らんぷり。娘は部屋にこもったまま。もう、気持ちはいっぱいいっぱいでした。

 階下に用事があって階段を降りていたら、泣きたくなってきました。仏様の前に座りました。どんな気持ちから始まったか忘れてしまいましたが、とにかく、仏様の前に座り、泣いていました。次から次と、言い分が出てきました。「助けてなんてもらえないよ。誰も助けてくれないよ。だって、誰にも助けてもらえずにひとりで頑張ってくるしかなかったもの」「人なんて信じられないよ」「頑張ってないとダメだよ。つまづいたらいけないよ。つまづいたら誰も相手にしてくれないよ」・・・・、母は病気のことでずいぶん肩身の狭い思いをしてきたこと、幼い私は、そんな母に元気になってもらいたくて、人に認められるように頑張って頑張ってきたこと・・・等など、次から次と、色々な思いが出てきました。時に、母に話しかけたり、時には、おとな心の私が、相づちをうったりしながら・・・。

 車の中で自分の気持ちを聴くのは、誰かくるかもしれないという気がかりがありましたが、家ならその心配もなく、安心して気持ちに浸れました。そんなことをしているうちに、「母ちゃんが大好きやった。だから、大好きな母ちゃんに笑っていたもらいたかった。だから、私は頑張ってきたんだ」という気持ちに出会いました。

 自分の母への大好きに気づいたら、娘の私への大好きにも気づきました。しっかりつながっている。娘には、何もかもお見通しって思いました。さらに、色々な言い分が出てきて、それを聴いているうちに、「人の真似はできないよ」って言葉が浮かんできました。「そうか、生い立ちも背負っているものも違うんだから、私は私なんだ。人の真似はできないよ」って思えたのでした。いつも自分のこと責めてばかりで、些細なことが気にかかって、人の顔色みておどおどしていて・・・。おおらかになれないし、バイタリティ溢れる感じで、あれこれと頑張れなくて、ただ、今ここにいることがやっとの私なんて、全然だめって気持ちに、知らず知らずのうちに乗っ取られていたことに気づきました。娘が学校に行けなくなって、慌てて、なかなかでーんと構えられなくて、そんな自分を責めて、そんなだから娘がいつまでも苦しいままなんだってさらに責めていた私でした。

 でも、自分の苦しい気持ちをよしよししながら、なんとか娘に寄り添おうとジタバタしている、それでいいじゃない。それが私なんだ・・・って思えました。ふと、気づくと、腰が立っていました。

 娘は、今日こそ行こうとしていたようです。今朝は、目覚ましがセットしてありました。かばんに今日の準備もしてあったようです。でも、行けませんでした。今の苦しい気持ちに寄り添っていられたらと思います。

 根気強く自分の気持ちを聴いていけたらいいです。

「○と・と大きな存在と」

 和く輪くだより届きましたよ。Sさんにも赤ちゃんができるといいなあとここ最近私もずっと心のどこかで思っていたので、Sさんの文章に出会ったときやっぱり繋がっているように思いました。まだ、出来ないこと、今はとても苦しいだろうけど、私もずっと待っていたいです。

 Sさんの赤ちゃんのこと、ハグちゃん(お腹の赤ちゃん)にお願いして、繋がって、早く来て下さいって、みんなあなたのこと待っているよって、楽しみにしてるよって、伝えてもらいますね。何度でも、来てくれたら、やっぱりうれしいもの。生まれたかった赤ちゃんは、やっぱりまだそばにいる気がするよ。

 あのね、関係ないようだけど(あるのかもしれないけど)、あのね、私の中と外にある小さな気持ち、そして大きな気持ち。小さな点に働きかける大きな丸のような感じのイメージがずっと私の中にあったよ。

・←○

「○は・に、こんなふうにすればいいよ」なんて、働きかけてる。だけど、その周りに存在してるずっと見えないぐらい、大きな存在がそれらすべてを包み込むようにしている。そのことが、見えたような気がしたよ。大き過ぎて姿は見えなくて、そこにあるっていう感じなんだけど。

 その存在は、大き過ぎて、これがダメ、あれがダメなんてことを全然云わずに、どんな風になっても、きっといい方に向かっていく、その可能性をいっぱい知っているっていうこと。そのことがわたしをとても安心にしてくれた。大きな存在は、きっと、いい時を知っている。

 うん、やっぱり、繋がった。だから、包まれながら、届けますっていうこと。

 チョコちゃん(ワンちゃん)は私に怒られてばかりで、かわいそうなんだけどね…。そのおかげか、子どもたちには最近怒ってないような気がします。怒っていても「大好き」という本心が見つけられていたら、そんなに苦しくはならないのかもしれませんよね。小さな点の気持ちでいるときは、忘れてるんだよね。

 長男の行事のことなんですけど、今年は、6年生で小学校最後の行事ばかりなんですよね。お腹のハグちゃんのことばかり考えてしまっていたけど、長男もいまを、今だけしかない長男で毎日生きてるんだから、もう少し母親らしい視線を送ってあげなきゃいけないなぁと気づかされました。

 子どもって大きくなるのが早いなぁと毎日見ていると変わらないようでいて、写真を見ると、やっぱり大きくなったなぁって感じます。

 私も母親らしい気持ちでいられるときって少ないけど、子どもみたいな気持ちのときは、怒ってばかりいて、可愛いと思う余裕さえ失っているときもあるけれど、それは、子どもたちが悪い子になっているんじゃなくて、わたしの視野が狭くなっていて、いろんな気持ちがうずいて、ただ満たされたくて、その思いが、自分本意な考え方しかできなくなって、してもらうことばかり考えているからだと思います。

 いてくれてうれしいって、そばにいて一緒に暮らしていたら、楽しいこといっぱいあるのに、しあわせな時間はいっぱいあるのに、それさえも味わえなくなっている。

 どんどん時間だけが過ぎていって、いつか満たされるときはいつも、どこか遠い場所に。

 そのどこか遠い場所を引き寄せられるのは、今を大切にする心だし、あるものを大切にして、ありがたいってことうことだって、気づいて、そのたびに軌道修正していくけれど、淋しさや悲しみやいろんな気持ちを知らずに貯めてしまうと、それだけがいっぱいになって、心が凝り固まってしまってる。

 優しくない気持ちばかりひとりで、家の中に広げて、自分が嫌いって思うときだって、そのまま、家族は私のそのままを何も云わずに、私だって至らないところ沢山たくさんあるけど、それをそのまま許してもらってるその感覚だけが私に残ってく。

 私が出来てないことをすんなりやってのけて、わたしは不器用にしか、そのお返しはできてないけれど。

 課題が山積みにあって、手がつけられない状況で、毎日そのガラクタを避けながら、なんとか日々をつないでいるけれど、なりたい自分とも家族の在り方ともほど遠いけど、今は、お互い逃げる心の居場所、長男は何かあるとすぐにゲームに逃げ込むし、次男はマンガ本にかじりついて、わたしは、もの思いにふけったり…さまざまな、気持ちを紛らわす方法を見つけては、向き合う気持ちから逃げているけれど…。それなのに、子どもたちがゲームとかしてると怒ったりしてるんです…。

 心が触れ合うのは、やっぱりまだまだ怖いから、自分ひとりで癒される方法を探っていくしか、出来ないけれど、言葉ではないところで気持ちが通じていくなら、ハグちゃんにも、いろんなひとに、言葉じゃないところで、大きな気持ちで、包み込むような気持ちが届いていくならいいなって思う。

 ・と○と、そしてなにか大きな存在につながる柔らかさを、私もいつも持っていたいと思うよ。

 進めなくなったときに、その空間を上に広げて乗り越えていくみたいに、いろんな方法があってもいいよね。

 私らしいってなっていくんなら、それはそれでOKだって、自分を好きになって、もっと人を好きになって、心配していることも、そしたら全部大丈夫ってなっていく。不可能はないみたいに思えてくるよ。

 だからね、出来ないことも、やれないこともいいの。どうしてもダメな気持ちはそのままでいいし、乗り越えられない気持ちもそのままで。

 いつかは、きっとだいじょうぶになっていく、それだけを信じて、今はいま自分ができる範囲で楽しむ。自分ができる範囲で自分をしあわせにしちゃう。

 思い残しはまだまだたくさんあって、拗ねたくなる気持ちだってあるけれど、その気持ちに気づいたら、そのたびにあなたは、どれほど小さいかってことを教えてあげる。教えてあげて、教えてあげるたびに私を大きくする。

 なんだかわくわくブログの文章をみたら、そんなことを思いました。そしたら、わたしは・の小さいままで暮していくんじゃなくて、大きさを呼び起こして、○にもその外にある広い空間にもなることが出来ますものね。

 そしたら、私らしさの象徴みたいに、小さな・だって、雨みたいに、時には空間を彩ってくれる素敵な模様になれますよね。わたしは雨とか雪とか粒粒したのはそれがなかったら、景色はもっと物足りないって思うぐらい大好きだから。


TOP 
自分育て体験談「項目」へ   HOME