←HOME

親の自分育て体験談
幼いときの気持ちをもてなす
  「『寂しさ』に共感できた抱っこ」 「小さい自分を褒めたよ」
『ごめんね』 「気持ちに気づいたら」 「そろそろ(抱っこ)かな…?」 「“わからない”は気持ち?」

「『寂しさ』に共感できた抱っこ」

 お忙しい日々をお過ごしだと思いますが、お変わりありませんか?
 半年来、ご無沙汰していました。無事、二人目を出産しました! 自宅に戻りバタバタしていました。久々の赤ちゃんはかわいい! 正直、こんなにかわいいものとは思いませんでした。

 そういえば、長男が生まれた時にも夢中になったな〜、かわいかったな〜、と思い出します。三歳になった今、なかなか難しいお年頃?ですから、赤ちゃんの頃がなおさら懐かしいです(笑)。今になって思い出すと、あまりにかわいくて泣けばすぐに抱っこ、泣きやむからすぐおっぱい。泣かないように泣かないように先手先手の先回りで育ててたんだな、と実感。泣いたと言えば、断乳の時で、1週間夜、泣いて泣いて、がんばってる姿に、「泣いていいよ、泣いていいよ、いくら泣いてもいいんだよ!」と毎晩抱っこして過ごした後、周りの友だちが「○○くん性格変わったね!」って言うくらいおおらかになってました。あの時に抱っこを知ってれば、泣ける芽をつまずにもっと泣かせてやれたのにな〜。

 下の子がお腹に宿った時、幼稚園に入園する時、先生にご相談して送って頂いたメール、何度も読み返して息継ぎしました。ありがとうございました。相変わらず、振りだしに戻っては私が「ああ、またか!」と落ち込んで、葛藤葛藤してます。最近は、、「幼稚園行かない行かない」の一点張りで大変でした。

 出産以来、抱っこよりは、お父さんとケンカごっこしたり、私とはおもちゃで遊んだりと、「一緒に遊ぶ」ことで発散させていたつもりでしたが、よく考えるとほとんど泣いたことがなかったです。やっぱり、色々寂しいことや、我慢してることもあるんでしょうね。赤ちゃん抱っこすると「腕が痛いからやめて」だの「お腹が痛い」だの言ってましたが、「お母さん、○○が大好きなんだもん。抱っこさせてよ」って言うと大泣きして暴れてました。下の子が泣き出してしまったので、途中でやめて抱き抜くことはできませんでしが、翌日は幼稚園で初めて他の子と遊んで帰ってきました。

 下の子が出来てから気が付いたのですが、父親や私の実家の母と他の人にまざる時には、家でのイキイキしたままの長男なのに、私と家にいる時や、他の人とまざると表情が固まったり、なにかすごく緊張していたり、苦しそうだったり。そんな事が重なって、「私が母親じゃなかったら、この子はもっとのびのび育つかもしれないのに・・・」と落ち込みました。子どもに申し訳なくて。友だちの家なんかで内心苦しくて緊張して思うようにならない息子を見てると、それが手にとるように分かるのに、主人のように受け入れて上手く手を差し伸べてやることが出来ず、自分まで苦しくなってイライラしてしまうのです。
抱っこ、やっぱり小出し小出しで少しずつでもしていった方がいいですね。

 どんどん体が大きくなっていく息子を見てると今しかないなって気持ちもあります。体は大きくなっててもまだ三歳、きっといっぱい私に甘えたいでしょうね。自分自身が弟が来たときの強烈な寂しさを覚えています。しかも、全く親にそんなそぶりを見せなかったのだから、長男にはそんな思いは絶対させたくないと思って、妊娠中もかなり気をつけていました。今、家の中で「お母さん、お母さん」と言ってる長男。頭で分かってるのに、つい後回しにしてろくに目を合わせることもなく、そのくせ叱ってばっかりの自分がいます。

 でも、ふと生まれたての次男を見ると、長男が赤ちゃんだった頃を思い出し、あれ程、かわいがって来ておいて、今になって急に邪険にされて、長男はどんな気持ちでいるかと思います。先生、どんな風に受け止めてやればいいのでしょうか。

 今、きようだいそろって大の字になって眠っています。下が出来るとこんなにも上の子が大きく見えてしまうんですね。あまりにとりとめもないメールで申し訳ありません。


〈第2信〉
 こんばんは。先日は、あまりに苦しく、夢中で先生にメールを送りました。今読み返して、本当にまとまりのない内容で、途方に暮れていたとはいえ、失礼しました。先生の本も何度も読み返して、なんとか自力で、と思ったのですが、あの日はなにかがプチっと弾けてしまいました。

 今日、メールしたのは、改めて先生にご相談したいと思ったからです。前回のメールを送らせて頂いた翌日、自分の中でどうしても、という強い思いに動かされて抱っこをしました。おっぱいをやるときの横抱きにすると「痛い、痛い、お母さん、痛いよ、やめてよ」と暴れていました。そのうち、ふと、「泣かせて楽になりたいのは自分だな」と気づきました。

 自分が弟を迎えた時の強烈な寂しさ。親の前で、拗ねたり、泣いたりもせずそのままその寂しさを抱えて育ったことが一番辛かった。全てをそのせいにしてはいけないけど、今思っても学生時代、可笑しいほど、人とかかわるのが不安で、大きな波に揺られる小舟のように、いつも揺れてました。自分のことを責めてばかりで。だから我が子だけはそうせずに育てたい。希望と、「でも、そうなったらどうしよう」の不安と。いざ、下の子が出来てからは特に強く意識してきました。

 なのに、産まれて自宅に帰ってみれば、長男のことがとにかくイライラする。無性に気に障る。あれほどまでにかわいかった息子が、嫌だ!と思う瞬間が何度もあることに自分自身に腹が立って、怒っていました。

 本当は、自分の中の寂しさや怒りがうずいてたんでしょうか。抱っこをしながらそれにふと気が付いた時、次男が産まれてからの日がだーっと頭の中によみがえり、不思議な程、「あの時、あの時、あの時とか、長男はただ寂しかったんだろうな」と実感しました。自分がどんな時に寂しかったか、どんな風に受け止めてもらえたら良かったのか、抱っこしながらそう考えたら、無意識に長男に「寂しかったね。あの時も、あの時も。本当にただ寂しかったね。ごめんね」と言ってました。長男が「お母さ〜ん、お母さ〜ん」と何度も言いながらうわ〜っと泣きました。私も泣きました。息子の名前を呼びながら。

 それで、どうなったか。今までの抱っこならすぐに「あれ、感じが違うな」って実感しました。でも、今回はまるでそれがないのです(笑)。抱っこが終わった後も、性懲りもなくすぐにイライラしてケンカしちゃったし。翌日が土曜日で朝から主人が仕事に出かけ、幼稚園はお休みで、親子三人で煮詰まって私、出産して最大級のドツボにハマッテ、それこそ昨日の抱っこはなんだったんだ!?というくらい長男に当たりっぱなし、すんでのところで「あんたなんか、大嫌い」って言ってしまいそうになりました・・・。

 もう止まらなくて、どうしようもなくて。このままじゃ、どうにかなってしまうんじゃないかと本気で怖かったです、自分が。そんな私といれば、感受性の強い長男のことです。お母さんは自分に対していつもイライラしている、と自分への自信、なくなってしまって当たり前のような気がします。なんとかしなくちゃ、と思います。自分の寂しさとごっちゃにしちゃいけないって分かっています。同じ思いはさせたくないって気持ちは今もあります。ただ、土曜も、日曜も、長男は主人のところで大声で泣いていました。どこかぶつけて痛いだの、なんだのと。多忙で家にほとんどいられない主人ですが、長男をしっかり受け止めてくれていました。これで、多少、発散できていたのでしょうか?

 先生、長男に自分を好きでいて欲しいです。自分への自信を持っていて欲しいです。そのために、私が今、一番気をつけて、していかなければならないことは何でしょうか。答えだけ求めてはいけないとは思いますが、せめて道しるべが頂ければ幸いです。ご多忙の先生にすがってばかりで、本当にすみません。でも、助けてください。


〈第3信〉
 日差しはきついですが、吹く風はすっかり秋を感じさせます。今日、なんだか日記のように、3通目のメールをさせて頂いています。ようやく、先生に嬉しい報告が出来ることがとても嬉しいです。

 先日来、ドツボにはまってご相談させて頂いてました。出来ることなら少し遠くに出向いてでも援助者の方にお願いしたい、と毎日思っていました。近くに援助者の方がいらっしゃらないのが残念で。そんな毎日に一筋の光が見えました。

 先日来、週末には主人のところでなんだかんだと泣き始めていた長男が、幼稚園の運動会の演習がありました。その場にいた友だちから、以前よりも活発に動いていると教えてもらい、私、泣いてしまいました。ただ、ありがたくて。

 一人っ子でこちらさえ我慢すれば長男をケアできた毎日には、どこかに「こんなにやってるのに」って気持ちが大きくありました。でも、きようだいができ、色んな葛藤があり、幼稚園の出だしも最悪でストレスもたくさんありましたが、長男もがんばってるんだって実感する今は、ちょっとしたことでも「すごい、がんばってるな〜」って気持ちも出てきました。

 そして、長男の変わった理由はやっぱり抱っこを通して「寂しさ」に共感できたからでしょうか。あの日の抱っこがなかったら、あまりにイライラしていた私は頭で長男の寂しさは分かっていても、実感することは到底できなかったはずです。自分も泣いてしまったあの抱っこで何がどうなったのかは分かりませんが、お互い、どっかで慰められたのかもしれません。

 毎日、小舟のようにゆらゆらしていますが、抱っこを支えにまた少し進めそうです。先生、ありがとうございました。こうしてメールをできる人がいることで、救われてます。お忙しい先生に勝手なメールばかりで本当に申し訳ありませんでした。でも、抱っこのすごさ、また実感できました。

 次も嬉しい報告が続くといいな。

「小さい自分を褒めたよ」

 先日読んだ本で、なんて書いてあったのか忘れてしまったのですが、ふと、自分の小学3年生のことが思い出されました。お別れ会が開かれることになり、みんな何かの出し物をすることになりました。私は一人でリコーダーの演奏をしたのですが、私の演奏の後に先生が、「一人じゃなくて大勢の方がいい」というようなことを言いました。そしたら、次は同じ曲を何人かの人たちで演奏することになっていて、私はますますみじめな思いをした、という場面が思い出されました。

 その時にどう感じたのかはわからないのですが、今の私が推測するに、それをきっかけに、“一人でいるのはいけないこと、恥ずかしいこと、寂しいこと”と思ってしまったのではないかな、と。実際、4年生には休み時間をどうして過ごそうか悩んでいたことを覚えているし、一人で帰るのは変なこと、だから帰る方向は別なのに、昇降口を出て少し歩くところまで一緒に帰れる、唯一声を掛けられる子を誘っていました。

 それで、その3年生の時の自分に声を掛けてみることにしました。‘寂しいね’‘寂しかったね’と。でもね、しっくりこないの。お風呂でも声掛けてみたの。せっかく頑張ったリコーダーなのにね。ちょっと失敗したけど、だいたいうまくいったよね。あ、そうだよ、思い出した。

 お別れ会が開かれ、出し物をしなくてはいけないとき、私は誰かと一緒にしよう、とは思っていなく、特に一人でいることが恥ずかしいこととは思っていなく、何をしようかな、と自分で考え、そうだ、リコーダーが得意だからそれをやろう、そして習ったばっかりの曲をやろう、と思ったんだよ。ちょっと失敗したけど、終わった後はすがすがしかったんだよ。一人で考えて、胸がわくわくして、そしてどきどきして、すがすがしくなったんだよ。

 誰かと一緒じゃないとだめ、なんて考えなくて、一生懸命やったんだよ。そうだよ、私、すごいね。やったね。ちょっと失敗したけど、やったね! そうしたら、うれしくなってね、私ってすごいなぁと思った。やればできるし、やってたんだ。‘一人は寂しい’に縛られて、それからは何するにも自信なくしてたけど、自信持ってやれるんだ。

 小さいときのことを思い出すとき、どうしてもネガティブな気持ちがあるんじゃないかって思っていたけど、こういう、褒めて欲しかった気持ちもあったですね。あぁ、だから私は拗ねてしまったのかしら。“どうせ褒められないんだから、さ”なんてね。褒めてもらった小さな私は、にこにこしてたよ。

 早いものでもう6月。一年の半分、過ぎてしまいますね。それでは、また。
 

『ごめんね』

 先日は初めて癒しの抱っこを体験させて頂いて4日経ちますが、感動が消えません。本当に心から有り難うございます。子どものストレスの発散を上手にさせられる母になりたいというのがキッカケでしたが、思いもよらず、私が誰より発散させられ、それからの私は息子と同様に少し変わりました。

 私事ですが、私はひどい難産で母の両足首には切って輸血した跡が今も残っているほどです。その後、私は赤ちゃんの頃(0才から)近所の(全くの他人ですが)商店を開いている家によく預けられ3才ぐらいの時、何とか今日こそ実家で寝て欲しいと私の両親はオモチャを買ったりしたらしいのですが、泣いて頑として帰らないと言ったほどその家を好んでいたようです。

 小学校に入っても1年生の頃はそちらに帰ってしまっていたのを覚えています。その後、私は気管支喘息をしたり、体が弱く、何かの検査で入院した時麻酔をしたのですが、無理矢理やっと片目だけ開けて「心配かけてごめんね」と言ったのを覚えています。夜も喘息がひどいと眠れず咳き込みましたが、同室に眠る母は、家が漁師なのでひどく疲れている事が多いので咳をこらえる事もありました(でもこらえられるものではありませんが)。

 中学に入っても3つ上の姉、4つ上の兄はいわゆるその当時「つっぱり」で、母が泣くのを見ていた私は反発など出来ませんでした。本当に誕生の時から始まった親不孝をどう返せるのかとばかり考えていた様に思います。なのにうらはらに、今更反抗期の様に口を返してしまっております。

 私の中に屈折したような心の中に何か知れない曇りがいつもいつもありました。それはきっと自分の存在に対する罪悪感の様なものだったのだとこの間の抱っこからはっきりと感じられる様になりました。

 息子は「一緒に頑張ろう」と言うと、今まですぐ「歩けない、抱っこ」と言っていたのに「S頑張れる! 3歳だもん!」と言って歩いたり、何か頑張る力が増したのを感じます。

 そして私はほぼ初めて、主人に思う事をその場で言えたのです。今までは躊躇しながら結局時間が経ちすぎて言えなくなったり、言っても聞き流されるだけでお互いストレスになるだけだったりだったのです。すごい前進と、私の中ではかなりスッキリしています(主人の気持ちは戸惑いが先だと思いますが)。

 それから涙が出せる様になりました。今まで人前で涙が出ないたちで、一人だとマンガ本でも涙が出るのに、主人がいても泣けなかったのですが。Wさんに出会えて本当に嬉しいです。
また和く輪く舎のあの一室には不思議な気の様なものがあるのでしょうか。息子は眠っていましたが、何故か私は部屋に入るとすぐに胸があつくなったのです。すぐに涙が出そうでしたが“ガマン”してしまいました。息子も目を覚ますなり泣けた様ですし。

 ところで今日、息子がコップを間違って割ってしまったのですが「もういらない」とか言って「ごめんなさい」を頑として言いませんでした。なかなかこの一言が出せないままでしたので抱っこして「大切な言葉はありがとうとごめんだよ…」等と話しました所、しばらくして息子は「小さいSが言ってるんだけど『ごめんね』って、心の中だよ」と言うのです。思わず涙が出てしまい「嬉しくて涙出た」と言いながら、今まで言えなかった一言が3才の今、出て来たのが嬉しくて抱きしめてしまいました。

 長々と書いてしまいましたが、近いうちにまたお会いできる日を楽しみにしています。その時は宜しくお願いします。“しあわせ子育て通信”の体験も読ませて頂いてWさんのあたたかさ、娘さんの素敵さがとても伝わり感動いたしました。

 心から抱っこをして心を繋ぐこの充実感、素晴らしさに出会えた事に感謝しています。少し肌寒くなって来ましたが、どうぞお体にお気を付けて下さい。

 「気持ちに気づいたら」

 ご無沙汰しております。先月、今月とセッションに伺えず残念に思っております。

 仕事も産休をいただくおかげで、それまで仕方ないとあきらめて、引き継ぎの準備をしているところです。12月以降は、仕事も辞めてしまうので、その後は子連れでいろいろな研修会に参加したいなと楽しみにしています。

 先月、気が沈みがちでイライラしていて、子どもが眠った後、メソメソ・グズグズしていたら、娘が起きてきて、「みんな、お母さんのこと心配しているんだよ」と泣き始めました。しかし、私としては、その言葉の意味を素直にありがたく受け取るよりも、「ほっといてよ!」という気分だったのです。

 けれど自分のせいで悲しい思いをさせてしまっているという思いはあって、そばにいただけですが、娘の泣きに付き合っていました。娘は、さんざん「お母さんのこと、お父さんのこともお兄ちゃんも私も心配してんの」といって泣いた後は、スッキリしたようすで一人で遊び始めました。

 夫が帰宅したので、娘の寝かしつけを頼み、一人でドライブにでました。家では大声で泣けないし、とにかく泣くでも叫ぶでも、思いきり吐き出したい気分だったからです。

 しばらく、大声で泣いてみましたが、それよりも、“私寂しかったんだ。夫に対しても母に対しても。なにかをしてほしかったんじゃなく、寂しいと伝えられない、伝えなかったことが悲しいんだ”と、気づいたことが、なぜか気持ちを落ち着かせたというか、スッキリしたというか、そんな気分になれて、家に帰ることができました。

 気づいただけで落ち着くなんて意外でした。これは、抱っこ法とは少し違うかもしれませんが、自分の気持ちを感じた時間だったのだと思いました。こうした時間が度々持てれば、突然、大爆発して、怒りまくることはなくなるのでしょうね。

 また、娘も、私がグズクズしていようがいまいが、自分の気持ちに気づいて出せたら、スッキリして遊び始めたんだと理解できました。

 すみません。とりとめもなくだらだらと書いてしまいました。だんだんと寒さが増しています。どうぞご自愛ください。実りの秋に、研修会に参加されるみなさんにとって、実り多い研修会になることを祈っております。

 「そろそろ(抱っこ)かな…?」

 阿部先生へ
 素敵な絵ハガキありがとうございました。二重に入会してしまったので、来年分として、お取り扱い下さい。お手数をおかけして申し訳ありませんでした。

 近頃の子どもたちは、休む事も殆どなく元気に小学校、保育園へ行っています。上の子(Mくん)は、毎日自分の身の回り事、学校の支度、お家の手伝いと、こんなに…?!と思うほど頑張っているので「そろそろ(抱っこ)かな…?」と思う時に抱きつくと、案の定ギャーギャー泣いて嫌がったり、抱っこを受け入れるフリをして体と体に隙間をつくったりと、とてもわかり易くてかわいいです。ただ保育園の時とは違い、学校でどんな事があったのか…などを詳しくは分からないので、「何かあったんだね」と漠然としか受け入れてあげられませんが、これからもっともっと親元を離れて行くことを考えると、仕方ないかも知れない…と思い、少し淋しい気持ちです。ただ、今のところたまに抱っこをすると、わりと言い当てているのか(は分かりませんが…)その後はとても落ち着いたMくんに戻るので一安心です。

 下の子(Kちゃん)の方は、抱っこをしてもなかなか気持ちを言い当てる事が出来ず、いつも「的外れだよー」と言うように遠い目で、心ここにあらずといった様な表情で抱かれています。私も言い当てることも出来ず、何に共感したらいいのかも分からず、でもいつもふと思うのは、「今の事じゃなくて、Kちゃんが産まれてくる前の時からさかのぼって、必要とされて愛されて産まれてきたと話して、Kちゃんの存在を認めてあげるところからやり直さないとダメじゃないかな、何故なら、私自身自分が産まれてきた意味をずっとわからずにいたから…」と、そんな事でした。

 少し前に「二人に逢うためにママも産まれてきた。だから産まれて良かったよ」と言ったら、自分自身の誰にも認めてもらえなかった存在を少し自分で認めてあげられた気持ちになりました。上の子は寝ているフリをしていましたが、下の子は私をぎゅーっっと抱きしめてくれました。この二人の子育てを通して、自分の子ども時代の隙間を埋めていくんだという基本をまた思い出したようでした。

 その次の朝だったか、下の子が「今日も僕泣きたいから苦しい抱っこして」と言ったのにはとても驚きました。「抱っこの先生やだー」と大泣きしていたのにも関わらず、4才にして心に触れてもらい、抱っこしてもらう心地良さを言葉で言えるなんてすごいなーと思いました。

 まだまだ私の心が小さいので共感できない部分もありますが、子どもに癒され励まされながら、二人の子どもの心を大切に育ててあげたいと思っております。

 “遠い目をするKちゃんの心を探しに、また夏に予約を入れさせて頂きたく思っております。その時は鷲尾先生をはじめ、阿部先生、スタッフの先生方の御指導を頂きたく思います。宜しくお願いします。

「“わからない”は気持ち?」

〈第1信〉

 私、母に対して、
「どうして教えてくれなかったの、何も教えてもらってないからわからなくて、どうしていいのかわからないんだよ」
と思うのです。

 何かに躓いて立ち止まって考えるとき、“わからない”が出てきます。「わからなかったから、教えてもらわなかったから、今こうして生きるのにもがいている」と。もしあの時教えてもらっていたら、同じ人生だとしても、もっと前向きに、楽に生きていけたのに…と。

 図書館に予約してあった絵本を読みました。タイトルは『こころ』(大月書店)といい、香山リカさんが書いた本です。その本は、心がどういうもので、傷つくとどうなるのか、といったことが書かれてあります。

 私は、『みずいろのこびん』(岩崎書店)を読んだときに思ったのですが、子どもの頃自分の気持ちを感じることがありませんでした。楽しいや悲しいや苦しいやおもしろいなど、感じていたのは確かなのですが、寄り添ってみる、でしょうか、苦しい自分の気持ちに寄り添い認めてきたことはなかったように思います。ないものとしてきたから、今こうして悩んでいるんだと思います。だから自分の気持ちを知ったようちゃんはすごいなぁと思いました。

 この『こころ』に書かれている子も、自分の気持ちや友だちの気持ちに気づきます。私はそんなことあったのかなぁと思います。だから今、自分の子どもたちに「気持ち」の話をたくさんするようにしているんだと思いました。私のように苦しくならないように。「気持ち」の存在を知っていれば、その対処法を知っていれば、躓いても苦しくなっても、大丈夫なんじゃないかなと思っています。

 私が母に、「どうして教えてくれなかったの」は、きっと気持ちの存在や気持ちの寄り添い方を教えてもらわなかったから出てくるんだと思います。今の自分の気持ちがわからなくなるのも、自分の気持ちと向き合ってこなかったからだと思います。

 この“わからない”は結構やっかいで、なんだか気持ちがむずむずするとき、どんな感じなのか探ってみても“わからない”時があり、そうなるとどうしていいのか“”わからなく”なり、あーあ、とがっかりします。情けなくなります。でも、それは仕方ないことなんだと思い、そのうちにわかってくるだろうと思うようにしています。

 そう、こんな、気持ちのわからない、気づかないことってあるのでしょうか。“わからない”気持ちってあるのかなぁ。


〈第2信〉

 昨日、久しぶりに自分の気持ちに寄り添いました。長女の受験から気持ちが落ち着かなくて、寄り添おうとしても寄り添えなかったので、こんな日がくるだろうと思っていましたが、‘いらいら’ちゃんがやってきました。

 今年は長女と次女が学校が変わるし、息子もクラス替えがあるので、心配の種がたーくさんあります。次女なんか「中学校楽しみ」と大騒ぎしているのに、それでも心配なんだから仕方ないですね。あ、きっと私自身が学校が苦手だったから、小さい私が出てきたのかな、と思いました。

 私がつまづいた原因と思っているのは、高校時代。その高校生に長女がなります。長女の高校生に、自分の姿を重ね、少しでも高校時代の気持ちをわかることができればいいなぁと思っています。もっとどきどきするかな、と思ったけど、今はそうでもないです。これからか?

 私は友だちがなかなかできなくて寂しかったのに、長女は、高校のオリエンテーションで後ろの女の子に話しかけられ、途中まで一緒に帰ってきた、と言ってうれしそうにしていたから。この様子だと、この心配はないのかなと。

 そうか、自分の気持ちにフォーカスすればいいのかと思いました。私は友だちが出来なくてさみしかった…。ううん、なんだか違うなぁ? そりゃ、友だちがいなくて寂しかったのは事実。でもこの入学の前はそんなことは感じていなかった気がする。そう、とまどったの。長女のオリエンテーションでも感じたのですが、『○○高校生として〜』という、重圧?みたいのが苦しかったの。それなりの進学校、周りからも『お〜』と言われるようなキチンとした高校生になるように…とかなんとか。

「あ〜私こういうの苦手」

 そして進学校に行きながら、大学進学をまったく考えていなかった私には、勉強の話に、ついていけなかったんじゃないかな、と思いました。「大学に進学するためにはこういう勉強をしなさい」のような。私は、家の近所の商業高校に行きたかったの。父が事務所を開いていて、一階が事務所、二階が自宅、という生活環境で、時々事務所で遊んでいました。

 そこの事務員さんがステキで、私は「事務員さん」になりたいと思っていました。だから商業高校に行きたかったのに、この成績ならこちらの学校がいいよ、なんて誰が言ったのでしょうか。洋裁をしている母も、商業高校の夏の制服は透けるからやめなさいなんて言って、私も何も考えず、普通高校にしたのでした。だから、大学に進学するなんてひとつも考えていない私に、大学進学の話はわからないし、興味もなかったんでしょうね。そういう学校に来てしまったことに気づき、ショックを受けたのでしょうか。

 それでね、こういう時、私はどうしたのかなと思いました。今の私だったら気持ちに寄り添えるのに、あの時の私は‘気持ち’をわからなかったから、寄り添えないまま、「なんだ、この気持ち」と思うこともないまま、虚無感を漂わせて生活していたのでした。あ〜、こんな時母が気持ちのことを教えてくれたら…。と、ここで“わからない気持ち”で出てきた、お母さんが気持ちのことを教えてくれたらよかったのにが出てきました。

 わお、つながった。

 ここからどうしたらいいのかしら。私も、“わからない気持ち”をYさんに投げかけたものの、どうしたらいいのか、わからないのです。ホントに、深いところに行きすぎてしまったのかなと思いました。少し早かったのかもしれないなぁと。

 でも、みずいろのこびんと、私の空洞と、つながるんじゃないかなと感じています。まだまだかかりそうだけど…。

 でもね、私、商業高校にそんなに行きたかったんだ、とびっくりしました。今もなんだか「事務員募集」に惹かれてしまうのはそのせいかしら。それに、長女が高校を決めるときに、「大学に行かないのならこの高校に行かない方がいい」と何気なく言っていたんですよね。

 でもね、普通高校に行っても、初めはショック受けても、もし気持ちに寄り添えていたら、高校三年間を無駄に過ごすことはなかったと思います。 進学先は大学でなくても、高校生活を楽しめなかったのはどうしてなんだろう。そこか、問題は…。


〈第3信〉

 「商業高校に行きたかった。事務員になりたかった。」は欲求のような気がします。なんかこのことを知ったとき、元気が出てきたの。もう高校生ではないし就職する予定もないのですが、自分も目標ができたような、そんな‘元気’が出たの。なんだろうね、商業高校に行く事なんて不可能なのに、欲求だと思いました。不可能で、もう行くこともできない事実を実感すると…うーん、今の私は、「高校時代は何の目標もなくつらい時だった」と思っていたけど、「目標ができた」になったから、不可能でもがっかりはしていない。欲求だから、わくわくしてるのかな。うーん。

 感じたことがたくさんあるんだけど…。集約するとYさんがいてくれる安心感って、本当に大事だなぁと思いました。私は、誰かがいてくれる安心感を味わった記憶がないような気がします。だから「わからない」時に不安を感じてどうしていいのかわからなくなって、でくの坊のようにじっとしていた方が安全、という感じになってしまう。あ、Yさんがいてくれるんだ、そう思っただけで前に進めると思いました。

 安心感は、心の奥に踏み込んで心配してくれる、という人がいることだと思いました。母は、心の奥には来てくれなかった。もっと私の心に寄り添ってくれればうれしかったし、「心が成長」するんじゃないかな、と思いました。

 小学校で新しいことが初まります。「チャレンジ△△」(‘△△’は学校の名前)と言って、例えば「朝起きたら家族とあいさつします」「履き物はきちんとそろえます」とか、あたりまえのことなんだけど今の人たちって出来ない人が多いですよね。これをきっかけに出来るようになってもらいたいのと、子どもと親の会話を増やして欲しいそうです。出来ないことを叱るのではなく、どうしてできなかったか、とかどうすればできるようになる、とか、もう少し簡単な目標にしよう、とかそういう話し合いをして欲しいのだと思います。チャレンジ項目は子どもと親で決めるそうです。

 私ね、こういう話し合いが母となかったような気がするの。出来ないなら出来ないまま、出来たら出来たまま…。そこに、出来ないならどうしようか、出来たらすごいね、ということがなかったような。出来る・出来ないじゃなく、その過程で親子がどうやってかかわってきたか、それが大事で、「心の成長」になるんじゃないかな、と思いました。私はこれが欲しい。


TOP 
 自分育て体験談「項目」へ  HOME