←HOME

親の自分育て体験談
子どもがかわいく思えない
「娘に幼い頃の自分を重ね」

 「娘に幼い頃の自分を重ね」

〈第1信〉
 こんにちは。以前、抱っこ法についての相談させていただいたところ、お忙しい中ご返信いただき、本当にありがとうございました。絶叫して抱っこをいやがる娘の姿に、自分のやり方に自信が持てなかったところ、大丈夫だよと背中を押していただけたような気がしました。

 その後、娘は少し落ち着いた様子を見せていて、主人がいても私にもずいぶんと甘えてくるようになりました。ですが、私自身がなんだか娘と向かい合うことができず、甘えてこられてもあまりかわいく思えなくて、娘に十分に応えてあげられない苦しさが続いていました。

 しばらく抱っこ法にチャレンジする機会はなかったのですが、昨日、なんとなく抱っこしていた娘が抱っこを嫌がり始めたので、抱っこ法を試してみました。泣いて降りようとする娘を抱きしめて、「甘えたいのに我慢させてたね」「ママのためにいっぱい我慢してくれてありがとう」などと話しているうちに、娘に対する申し訳なさとともに、心の底から娘を愛おしいと思う感情があふれ出してきました。それは今までの抱っこには無かった、初めての感覚でした。暴れていた娘もすっかりおとなしくなり、じっと話を聞いていました。

 私自身、甘えられず泣けない子ども時代を過ごしていましたので、我慢している娘がなんだか幼い頃の自分を見ているような気分でした。娘はすっかり落ち着いてしまったので、今度は下の子が号泣しているのが気にかかり、今度はいつ抱っこをやめていいのか悩んでしまいましたが・・・。とにかくたくさん「大好きだよ」と言い、娘に笑顔が出たところでおしまいにしました。

 それ以来、変わったのは娘ではなく私でした。娘がかわいくてかわいくて仕方なくなったのです。今まで些細なことでイライラしていたのも、なんだかおおらかに受け止められるようになりました。すると娘の方もかわいく甘えてくるようになり、「ママ大好き」と言ってくれたり、とても聞き分けがよくなって、ますますかわいさが増す一方です。

 今回の癒しの抱っこで癒されたのは私自身でした。娘に幼い頃の自分を重ね、「そのままで大好きだよ」「泣いていいんだよ」と自分に言い聞かせていたのだと思います。厳しい両親の元で育った私は、常に自分に自信が持てず、人から愛されたいと思うばかりに他人の目が気になって仕方なく、何でも判断基準は「他人がどう思うか」で、のびのびと自分を出すことができない人間でした。

 たった一度の癒しの抱っこで完全に変わったとは思いませんが、これから変わっていけるきっかけになったのではないかと思っています。今後また辛くなったら、ご紹介いただいた援助者の方に連絡をとってみようと考えています。

 下の子が生まれて、主人が仕事で忙しくなり始めてから、心が押し潰されるような日々に、「助けて!」と言いたくても言えない、言える人がいない、苦しくて息がつまりそうな状態がずっと続いていました。でも、今度は「助けて!」と言える人がいるんだなと思うとそれだけで大きな安心感につながります。実際に助けを求めなくても、ただそこにいてくれると思うだけで安心できるってすごいことですね。見守られているような、そんな気持ちになります。そんな気持ちを授けてくださって、本当にありがとうございます。私も誰かにとってそんな存在になれたらいいなと、でも何かしてあげようと肩に力を入れ過ぎなくてもいいんだなと、このメールを書いている最中もなんだかいろいろと考えが深まりました。自分の中でもうまくまとめきれず、全部お伝えしきれないのが残念です。

 メールを読んでくださり、ありがとうございました。少しでもこの感謝の気持ちが伝わりましたら幸いです。抱っこ法がもっともっと世の中へ広がりますように。


〈第2信〉
 その後、娘とは、かわいくてたまらない付き合い始めたばかりの恋人同士のような、熱い関係からだいぶ落ち着きました。私が疲れていたり体調が悪かったりする時には、やはり存分に甘えを受け止めてあげることができません。イライラしてしまうこともあり、それで自己嫌悪に陥ったりもします。

 以前と同じことを繰り返しているようですが、娘も私もなんとなく違っているような気がしています。どこがどう違うとはっきりは言えないのですが。

 最近では、娘は私に「気付き」を与えるために、下の子は私を「救う」ために、私の元へやってきてくれたのではないかと思っています。

 昔から自分に自信がなく対人関係がうまくいかないのは、自分の親との問題を抱えているためだと気付けたのは、私自身が親になり我が子と向き合うことになったためです。娘がいなければ、私は自分の問題に気付かないまま、今も原因のわからない人間関係の苦しさに悩まされていたでしょう。

 また、私が少しイライラしていたり疲れていたりすると、必ず「ママ元気?」と聞いてきてくれたり、「怒っちゃダメよ」と諭してくれたりもし、その都度ハッとさせられます。すごいです。

 下の子はその存在だけで私を救ってくれるというか、私がイライラしている時でさえも全身で私を受け入れてくれているような、いつもストレートに120%の愛情を注いでくれているような子で、私が私のままでいいんだと安心させてくれる存在です。

 二人ともかけがえのない子どもたちで、私の元に来てくれて心から感謝しています。


TOP
 自分育て体験談「項目」へ  HOME