←HOME

親の自分育て体験談
体と気持ち
「う・ん・ち」

「う・ん・ち」

 こんにちは。お久しぶりですね。毎日いいお天気が続いていますが、お元気でしたか。私は、パソコンの調子が悪いのと一緒に、お腹の具合がよくありませんでした。そのことで、とてもおもしろいことがあったので、お話ししますね。ちょっとくさくて汚いけど…。ちなみに、今は元気です。

 お腹が痛くて朝起きあがれないのが2日続き、医者に行ってきました。大したことはないらしく、整腸剤をもらってきました。私も安心したらそのうち痛みがなくなってきました。そうしたら次の日から出ないのです、うんちが。まぁ、2日くらい出ないのは今まででもあったので気にしないようにしていたのですが、腹痛の後だったので、ちょっと気にしていました。

 3日経ち4日経ち…。でもね、体重は増えていないし肌も荒れてない、体も重くないの。しかし、たまっていることはたしか。どうしたんだろう…。そんなこと考えているとき、その日は工事の人が午後からくることになっていたのですが、何時かは言っていなくて、いつくるのかなぁと思いました。ここ最近、こういう場面があるとドキドキしてくるの。いつくるのかな、来たらどういうふうに話せばいいかな、とか。そしたらお腹がきゅ〜っとなりました。

 そうだ、私ったら緊張するとお腹に来るんだよね。久しぶりの場所に出掛ける前とか、初めての場所に行くときとか、小学校の時は遠足の前の日にお腹を壊したときがあったなぁ〜。あぁそうか、私はお腹で感情を表現していたんだなぁ。私それまで、うんちが出ないのは感情を表現していないからだと思っていたの。我慢している気持ち、表現できない気持ちがうんち、表現していないし我慢しているから出てこない…と。そうじゃなかったのね、お腹自体が表現していたんじゃない。代わりに、感じてくれていたんじゃない…。

 そしたらね、つい何日か前に、「もう気持ちを感じたくない!」と強く思ったことを思い出しました。もしかしてお腹は、怒っているんじゃないかしら。だからうんちがでてこなくなっちゃったのかしら…。いっしょうけんめい感じて、きゅるきゅる言いながら表現していたのに、「気持ち感じるのいやじゃ!」なんて宣言されたら、不機嫌になるよなぁ。

 それでお腹の気持ちに寄り添ってみることにしました。でもね、怒っているのでもなく、いじけているのでもないのです。なんだかつんとして、すましているの(私みたい)。「寄り添ってもらわなくて、結構」って感じ。でもね、心配じゃないですか、うんち。あっそうだ、それを伝えればいいや。「心配してるからね、うんち出なくて」と。

 そうして1時間たったころ、なんだかうんちが出てくれそうな雰囲気。便秘の時はそういう兆候の時は積極的にトイレに行った方がいい、と言われているのでとりあえず行ってみました。そしたらね、今までは踏ん張っても踏ん張っても出てこなかったのにスルッと、しかも久しぶりだからにおいも覚悟してたのに、健康な時と変わらず…。あらあら不思議。よく、“痛み”に寄り添った方のお話しは聞きますが、もともとは同じですよね。ちょっとくさい話でしたが…。スルッと出てきたときは、なんだかおかしくておかしくて…。

 このことで、私はお腹と話をしてみようと思いました。お腹と私自身が、なんだか似ているのです。なんか言いたいことがあるような気がするのです。いままでがんばって緊張を感じてくれていたお腹、言いたそうで言ってやるもんか、と思っているような感じのお腹、自分の奥の気持ちと繋がってくれる糸口があるような気がしたのです。楽しみです。


TOP 
 自分育て体験談「項目」へ  HOME