←HOME

親の自分育て体験談
「いい子」の私
「天使と悪魔」

 「天使と悪魔」

 梨木香歩さんの「エンジェル エンジェル エンジェル」(新潮文庫)を読みました。主人公のコウコは自分が「いい子」を演じているのを自覚していて、そのことに息苦しさも感じています。

 人の意見に同調してしまう自分がイヤなんだけど、最後は「自分らしい」と思うの。それはおばあちゃんとの不思議なふれあいがあってそう思えるようになるの。このおばあちゃんも「いい子」だったらしく、『思い残し』みたいのをコウコとのふれあいで手放すことが出来ます。

 コウコが飼っている熱帯魚、一緒の水槽に入れた魚を全部食べたりつついたりして、残った最後の一匹のエンゼルフィッシュが、コウコの手違いから死んでしまいます。その最後のエンゼルフィッシュは、おばあちゃんからすると『悪魔』です。なんたって他の魚を食べ、仲間のエンゼルフィッシュまでもいじめて殺してしまったんだから。その悪魔に、おばあちゃんは石を振りおろします。「おまえなんか…卑怯者」と。それと同時に、そのエンゼルフィッシュはおばあちゃん自身でもあって、心のしこりでもあります。コウコは「もういいよ…かわいそうだよ」、そして魚に「悪かったねぇ」と言います。するとおばあちゃんは、「神様もそうなげくことがおありだろうか。おまえたちをこんなふうに創ってしまって悪かったねえって」。

 だれも、『悪魔』になりたくてなっているわけじゃないんですよね。おばあちゃんは若いころに、自分の心の中に人を呪う気持ちがあることにびっくりしてしまいます。なんせ「いい子」だから、そういう「汚い気持ち」を持つ自分は、もう「いい子」じゃないんですね。そのことをしこりに思っています。忘れようとしてもずっと心の奥底に潜んでいるんです。よしよしして、「そんな気持ちもあるよね」と言ってあげられればよかったんだろうけど。

 私の場合、その心の奥底に沈んでいる気持ちは、その気持ちを持つことによって、「いい子」と思ってくれている母や学校の先生に対して罪悪感を感じていました。そして「いい子」じゃない自分を肯定することができなくなってしまったようです。もう「いい子」でいるのはいやだなぁと思います。‘素’の自分はどこだろう、と思います。でもね、それに対して、最近は違和感を感じていたの。

 「いい子」を演じてはいる、けどそれはそれで人としてちゃんとやっている、部分なんだよね。それに、「いい子」を演じている自分は客観的に見て苦しそうではない気がするの。そうすると、それって「いい子」を演じているのではなくて、「私」なんですよね。なぁんだ、「私」だったのね。

 だから最後に、コウコが人に同調してしまう自分を「自分らしい」と思えたことに、共感できました。「いい子」って、自分の気持ちを押し殺してしてしまうのは苦しいけど、苦しくなくて「いい子」だったら、すごいことですよね。

 こちらのローカル局で、6年くらい前のドラマ「僕の生きる道」をやっています。その時も見ていたのですが、きのう、もう終わりの方だったのですが見ました。主人公の草なぎ剛さんはがんで余命一年と言われます。自分らしく生きたいと思うのですが、自分が思っている生き方では違和感があるようです。それで気づきます。自分らしく生きる、ということは自分の気持ちに正直に生きる、ということだ、と。じわーっと涙が出てきました。今のそのままの気持ちを大事にするということですものね。

 もうすぐ七夕ですね。今年は我が家も飾り付けしてみました。その竹を、子どもたちが通った幼稚園の理事長先生から頂きました。子どもたちの願い事はそれぞれで、おもしろいですね。


TOP
 自分育て体験談「項目」へ  HOME