←HOME

癒しの子育てへようこそ
 このホームページの利用のしかた
 

 できることなら、このホームページの隅から隅まで読んでほしいのです。お子さんがすでに大きくなっていても、赤ちゃんについて書かれたところから何か学ぶことがあるでしょうし、ダダこねが気がかりだったとしても、他の気がかりのところにも役立つことがあるはずです。

 でも、実際のところ、全体の分量は単行本十冊ほどにもなるでしょうから、それにかかりっきりになっていたら、肝心の子育てや家事がおろそかになってしまいます。

 ですから、まずは『癒しの子育てへようこそ』『基本的な考え方』に目を通したあとは、直接当てはまりそうなところから読んでいただいて、おいおい他のページに読み広げていただいたらいいと思います。

            *     *     *

 あいにくなことに、単純で素朴なはずの子育てが、ひとたびこじれてしまうと、解きほぐすのが意外とやっかいです。それというのも、どうして、どうやって、こじれてきたのかは、親子によって違うからです。

 こんな気がかりがあったときはこう解決する、夜泣きのときにはこうしたらいい、弟妹にいじわるをするときにはこうしたらいい、というワン・パターンの答えはないのです。

 同じような気がかりであっても、親子によって、またその時々で解決のしかたは異なります。ですから、このホームページを1つの手がかりとて、その時々の、自分たち親子にぴったりの答えを探していってください。

 子育ての勉強は、即答を求めず、じっくり時間をかけて続けるだけの価値があります。しあわせな親子の関係を末永く楽しむためにきっと役に立つはずです。

 自分たち親子だけにあるはずの大切な答えを見つけるには、時には何週間も何か月もかかることもあるかもしれませんが、答えを見つけようという前向きの気持ちになったところですでに、道の半ばを行ったようなものです。

            *     *     *

 ところで、もうひとつやっかいなことに、子育ての知恵は、言葉ではなかなか伝えにくいところがあります。子どもが自分を見失うからくり、そして、子どもが自分を取り戻すのを助ける癒しの手だて、についての理屈は必ずしも難しいものではないのですが、それを頭で理解するだけでなく、心から納得したうえで、実行に移すとなると、いろいろな困難がつきまといます。車の運転などと同じように子育てはひとつの技(わざ)なので体験によってこそ身につきやすいのです。

 なるべく分かりやすく説明していきたいとは思いますが、体験してはじめて分かる事柄を文章で伝えるのは、とても難しいのです。

 もちろん読んだだけで納得できることもありますし、理屈で学ぶこともあるわけですから、まずは読んでみてください。そのさい、目と頭を使って読むだけでなく、日々の子育てに照 らしつつ、心(感情)に響かせ、時には体を使って確かめながら読んでくださいね。読むことで、しあわせな子育てを取り戻す手がかりが、1つでも2つでも見つかることを祈っています。

            *     *     *

 やはり、援助者と一緒に実地に体験してみることで、「なるほど、こういうことなのか」と納得しやすいのです。うまくいかないようだったら、どうぞ親子で相談にいらっしゃってください。援助者の問い合わせは日本抱っこ法協会にどうぞ。

日本抱っこ法協会・本部
TEL/FAX  042-485-7367
MAIL  info@dakkohou.com
表紙に戻る