←HOME

癒しの子育てへようこそ
阿部秀雄の本  
 ホームページを読むことで、癒しの子育てについてかなり理解していただけたことと思います。でも、本を読んでくださればさらに理解がすすむでしょう。本から伝わるものはまた格別です。何回か読むことで、そのたびに心に響いてくることが違うと、お母さんたちからよく聞きます。手元に置いて、何かの折りに開いてみてください。 
 画像をクリックするとアマゾンに飛びます(小冊子は別)。
  『母乳と育児とこころのケア
 〜大切なことは赤ちゃんが教えてくれる〜』

(共著・メディカ出版・2100円・2012年刊)

 「おっぱいを急に飲まなくなった」「授乳しようとすると抱っこを嫌がる」などなど…母乳支援の現場でお母さんたちから寄せられる悩みに応えるために、助産師が知っておきたい大切なこと、ママたちにとっても役立つ実践的な示唆が書かれています。 
   『0〜1歳半今日から赤ちゃんとお話ができる
    やさしいふれあい体話術
          お話ししながらおむつ替え』

(共著・カンゼン・1365円・2010年刊)

 知っていますか? まだ言葉が話せない赤ちゃんでも、ママの言葉はちゃんとわかるのです。どんなときに、どんな働きかけをすると、赤ちゃんとの会話を楽しむことができるのか、実例でわかりやすく示しています。
   『我が子は自閉症?と思ったら
         〜抱っこ法による心のケア〜』

(共著・エスコアール出版部・1260円・2010年刊)

 この本は、我が子が自閉症ではないかとか、コミュニケーションがとりにくいとか、発達に気がかりがある、などで心配になっている親のために、「抱っこ法という技法を使っておこなう心のケア」と、「自己表現の不自由さを乗り越えるケア」とが、大きな可能性を持っていることをお伝えしている本です。
  『いい子に育つ! 6000回のおむつがえ 』
(共著・主婦の友社・998円・2009年刊)

 赤ちゃんが生まれてからすぐに始まるおむつがえ。トイレの自立までのなんと6000回ものおむつ替えを、親子のしあわせコミュニケーションにしてしまおうという、逆転の発想のを提案している本です。絵本のようで読みやすくコンパクトになっています。 
  『1~6歳 成功する! しつけの技術 』
(カンゼン・1365円・2008年刊)

 しつけが親子の戦いになっていませんか? 叱っても、叩いても、しつけはうまくいきません。子どもが逆らうのは甘えなのです。親が子どもに手を添えてしっかり支えてあげれば、子どもはイヤイヤしながらも、自分からしつけを受け入れてくれます。しつけを通して親子の絆を深められる、親子が納得の「しつけ技術」が具体的に書かれています。 
  『魔法の子育てカウンセリング―お母さんのイライラがニコニコに変わる 「おとな心」の親になるために 』
(カンゼン・1365円・2006年刊)

大切なかわいいわが子なのに、泣いたりグズグス言ったりすると、たまらないほど苦しくなって、イライラして怒ったり、もう知らないっと無視したり。理想通りの子育てができなかったわとやみくもに自分を責めたり。そんなとき、おとな心が立つと不思議と子育てが楽になるのです。おとな心ってなに?どうしたらおとな心が立つの?それについて書かれている本です。最初に読む?それとも最後に読む? 
  『子どもの「泣く理由」がわかる本―泣く力・甘える力を伸ばせば、必ずしあわせに育つ 』
(リヨン社・1365円・2005年刊)

 「なぜ泣かれるとつらくなるか」とか、「泣かせない子育ての背景は」とか、「泣くことにはどんな大切な意味があるか」とか、とにかく、甘え上手になってしあわせな親子関係を楽しめるようになるために、泣くことがどんなに大切か、に絞って書いたので、むしろ初心の人にお勧めかもしれません。「赤ちゃんの場合」という一章も設けました。 
  『阿部秀雄のきっと親子がしあわせになる「抱っこ法」
(新紀元社・1365円・2004年刊)

 2004年9月末発行の阿部秀雄の本です。著者が抱っこ法を日本に初めて紹介してから20年経ちました。子育ては本来素朴で楽しいはずなのに、今ではとても複雑で困難になっています。それはなぜだろう、どうしたらいいのだろう、とずっと追求してきて、たどりついたのが「しあわせ成長システム」。癒しの子育ての全体像を明らかにしようとしています。これまた、最初に読むか、ほかの本を先にして仕上げに読むか、お勧めするのに迷うところ。 
  『ダダこね育ちのすすめ』
(中央法規出版・1470円・2001年刊)

 小冊子『「ダダこね育ち」のすすめ』とタイトルが同じですが、ずっと詳しく書かれています。思春期までを見通した上で、ダダこねとは何か、どんな意味があるのか、どのように接していったらいいのか、詳しく解説しています。ダダこね期の子育て真っ最中の方にはもちろん、ダダこね期の課題をまだ引きずっているようだと思う方にも何かを示唆してくれるはず。 
  『「大好き」を伝えあう子育て―抱っこ法の考え方とその魅力』
(中央法規出版・1575円・1996年刊)

 癒しの子育てについて書いた最初の本。いまから振り返ると、考え方が足りなかったり、舌足らずの表現だったりするところがないでもないのですが、何しろ初めての本だけに全力を投入して書いた、著者にとって特別に愛着のある本です。児童文学者エンデに共感しながら書いた「はてしない物語と癒しの子育て」の章は、楽しんで読んでもらえると思います。 
  小冊子『ダダこね育ちのすすめ』
(日本家族計画協会・262円・2009年刊)

 1歳半から3歳になるくらいまでの子どもが、発達の筋道で通るダダこね。自己主張と自制心を育てつつ自尊心を育む大事な節目。でも親にとっては乗り越えるのがやっかいな山場です。カンシャクを起したり、ダダをこねたりする子どもとの付き合い方・子どもを納得に導くしつけ方が、分かりやすくかつコンパクトにまとめてられています。 
  小冊子『ニコニコ抱っこのすすめ』
(日本家族計画協会・262円・2009年刊)

 抱っこのいろんな役割を中心に、赤ちゃんにも話が分かること、共感の大切さ、泣くことの2つの意味、赤ちゃん期のしつけや父親の役割などについても言及しています。全体として、こんなことに気をつけると、先々の子育てがラクになるでしょう、ということを伝えたいと思って書きました。 
  小冊子『ワクワク巣立ちのすすめ』
(日本家族計画協会・262円・2009年刊)

 3歳を過ぎていよいよ子ども社会へと本格的に巣立っていこうとするこの時期に、三つ子の魂をしっかり埋めて送り出してやること、親もまた家族のきずなを縦軸に、社会のきずなを横軸にして子育てをすることを願いながら書きました。 
  単行本の9冊は書店でお求めになれますが、癒しの子育てネットワークにも常時置いてあります。ただし、こちらから送る場合には送料がかかります。1冊では290円、2〜3冊では340円、それ以上は冊数によりますのでお問い合わせください。お問い合わせはここから

 小冊子は、書店では手に入りません。日本家族計画協会(電話03−3269−4727・FAX03−3267−2658)に直接申し込んでいただくか、こちら癒しの子育てネットワークからお送りするかになります。送料は、1冊では140円、2冊では180円、3冊では210円です。それ以上は冊数によりますのでお問い合わせください。お問い合わせはここから

 こちらに送付をご希望の方は、本のタイトルを明記の上、本代・冊子代と送料の合計を下記の郵便振替で送金してください。

  郵便振替 口座番号 00110−2−13907
  加入者名 癒しの子育てネットワーク