←HOME

私が見つけた癒しの子育てG


 @ A  B   C  D  E F  G

一緒に座り込んで

 相談室に始めてきた3歳のCちゃん、入口のドアの外に座り込みです。初めての場所や慣れない人がいると入っていけないし親から離れないで遊べない、この4月から幼稚園なのに心配、というのがこの日の相談でしたから、無理もない姿です。お父さんとお母さんとまだ赤ちゃんの弟と4人で来られたのですが、お母さんは赤ちゃんの授乳の時間ということで、すぐに赤ちゃんと二人で部屋に入ってしまいました。お父さんは少しそばにいましたが、直に一人で中に入って、玩具があるよ、これおもしろいよと誘うのですが、Cちゃんは座り込んで動こうとしません。援助者が誘ってみたけれど、誘うとますます尻込みしてしまいます。

 そこで一緒に座り込んでみました。すると少しずつ安心したようすになってきました。でも誘おうかなと思った瞬間、また尻込みしてしまいます。それではとことん座り込みに付き合ってみようとそばにいました。そして、「一人でいるのさみしいよね。お父さんもお母さんもさみしいよ。一緒にいてくれたらうれしいよ。一人はさみしいよ」と話しかけていました。そして赤ちゃんのおっぱいが終わった頃に、「お母さんにお迎えに来てもらいたいのかなあ」というと、首を伸ばしてお母さんを見ました。「そうか、お母さんに来てほしいんだね。お母さんが来てくれたら入れるんだよね」というと、目をしっかり見ました。そこでお母さんに来てもらって抱っこしてもらったら、すんなり入って、そして安心したように遊び出しました。

 寄り添ってもらうと元気を回復して、自分から動き出してみようという力が湧いてくるのですね。そして動き出そうという気持ちになったときに、必要な手助けがあると、自分でやったという自信も残るのでしょうね。Cちゃんから大事なことを教わりました。


おねだり

 昨日、思いがけない荷物が届きました。それは手作りの天然酵母パンで、この間の天心1日ワークショップの時に、みんなで試食みたいにしてご馳走になって、とってもおいしかったのです。持ってきてくれた人は遠くに住んでいるので、めったに来られません。近かったら焼いて持ってくるのにと言ってくれたので、宅急便で届くよなんて、冗談半分におねだりしたのでした。でもその時はちゃんとおねだりした意識もなく、はっきり送るねって約束してもらったわけではないから、それきりその気持ちは通りすぎていました。だから、荷物が届いてその人の名前を見ても、すぐにはそのパンとつながりませんでした。

 玄関で受け取って居間に持ってきてテーブルに置くまでの間、「なんだろう!何を送ってくれたんだろう?」と「???」でした。テーブルに置いて、よくよく送り状を見て、「パンだ!」とその時のやりとりにつながったのでした。それからは何しろうれしくて、しあわせな気持ちが心を包んだのですが、心の隅っこではまだ「え?ほんとに?ほんとに私に?」と、信じ切れていない私もいました。

 信じ切れていない気持ちは私の中の子ども心。子どもの頃の私は、おねだりもめったにしないし、いつも人に譲って自分の分がなくてもなんでもない顔をしていたし、たまにおねだりしてもそれが叶うはずがないと思っていました。だから今回のように実際パンが届いたら、幼い私にはとってもびっくりでにわかには信じられないのです。おねだりしたくてもできない私、控えめにちょっとだけおねだりしてみる私、でも叶うはずもないからおねだりしたことも忘れてしまう私、そんな幼い私がこのパンを巡って出てきていたようです。そして願いが叶ってびっくりして戸惑って、おとなの私がとてもうれしくて喜んでいたら、幼い私もじわじわと喜びに満たされて、そのうち、もううれしくてうれしくて、「歓喜」という言葉がぴったりの気持ちになりました。幼い頃には体験できなかったことを体験できて、子ども心の信念が変わったかもしれない出来事でした。しあわせを感じて小躍りしている幼い私がイメージに浮かびました。

 日常でこんなふうに子ども心は出てくるんですね。おとなの私と区別がつきにくい時もあるけど、今回は子ども心だということがよくわかりました。3歳くらいかなあ。けっこうかわいい私でした。

 最初にご馳走になったパンは、イチジクから酵母を作ったそうです。そして今回は柿だそうです。その人が子どもの頃から大好きだった「だいだいまる」という柿だそうです。私は酵母パンを作ると言っても、出来合いの酵母菌から作るものだと思っていましたが、果物や干した果物で酵母ができるんですって。ほんとの天然酵母ですね。とってもおいしいので、今度作ってみたくなりました。

 

『らくだの涙』を観て

 『らくだの涙』という映画を観ました。モンゴル南部のゴビ砂漠で、らくだとともに暮らしている、遊牧の家族の日常を描いていました。曽祖父母、祖父母、父母、それに3人の子ども、という4世代の家族で、移動式の住居(ゲル)に住んでいます。毎日が淡々と、でも時に自然の猛威の砂嵐が吹き荒れ、それでも自然と一体になって生きていました。まだ昔ながらの素朴な生活をしていましたが、その中にゆとりと豊かさを感じました。生きていること存在していることそのものが中心にあって、そして家族や近隣の人達がつながっていて、支え合っているのでした。先進国と言われる日本を含めた国が、置き忘れてきてしまったものがありました。じわじわとあたたかさが私の心にしみ込んできました。

 映画の後半は、らくだの出産と子育てが映し出されていました。らくだには繁殖期があって、一年のある時期一斉に赤ちゃんを産むのだそうです。何頭かのらくだが出産を終わり、親子の仲むつまじいようすが映されていたのですが、最後の一頭がまだでした。そのらくだは、いつも群れから一頭だけ離れていて、何か意味ありげだなあと思っていたら、ひどい難産になり、何とか産まれたものの、赤ちゃんらくだが乳を飲むのを拒否するようになりました。赤ちゃんが必死になって乳房に寄ってくると膝で蹴りを入れます。顔を合わせるように仕向けると、噛みつこうとさえします。仕方なく、乳を搾って与えていたのですが、赤ちゃんらくだはだんだん衰弱していきます。そのらくだ母子の苦悩と、らくだを思う家族の痛みが伝わってきました。

 どうなるのだろうと観ていたら、遠い町まで丸1日かけて、お兄ちゃんと弟で馬頭琴(チェロのような二弦の楽器)の名手を探しに行きました。そしてはるばる来てもらって、母親らくだの労いの儀式が始まりました。馬頭琴の音色が響き、3代目の若いお母さんが母らくだの体ををやさしくやさしく撫でながら、母らくだに心をこめて、呼びかけるように歌い続けます。歌うといってもその歌詞は、「よし、よし。よし、よし……」といった感じの言葉の、単純な繰り返しでした。

 やがて母らくだは、大粒の涙をぽろぽろとこぼしたかと思うと、赤ちゃんらくだを受け入れて、乳を飲ませ始めるのです。母と子はすっかりむつまじくなり、母らくだが立ち上がると、子らくだも立ち上がって母らくだに寄り添います。母らくだ子らくだも、穏やかな声で鳴きます。

 抱っこ法基本、援助者のあり方の原点を観た思いです。
 東京の上映は間もなく終わって、その後各地で上映されるようですから、近くで上映されたらご覧になってみませんか。DVDにもなって販売されています。

 

くも膜下出血に倒れてから5年

 NHKの朝の連続小説『天花』に抱っこ法が登場して、びっくりでした。脚本家はどこでどう抱っこ法に出会っていたのでしょう。これで、抱っこ法が少しでも世の中に知られたとしたらうれしいです。

 私がくも膜下出血で倒れてから、もう5年が経ちました。あの時は、一度はあの世への入り口に立った気がしています。まだその時ではなかったようであの世には踏み込めませんでしたから、どんなところかは見られなくて残念でした。

 最期の時に、走馬燈のように過去を思い出すと聞いていましたが、本当にそうでした。私の場合は走馬燈のようになんてゆっくり回ってはいなくて、高速で早送りしているように映像が飛んでいました。一つ一つが何を映し出しているかは見られないけれど、確かにいつかのことのようだとは思えました。全生涯をたどって、総点検をするのでしょうか。でも本当に猛スピードだったので、ちゃんとは確かめるられませんでした。頭の中に覚えていることは、あんなにいっばいあったんだとびっくりするほどのフイルムの長さでした。最近はとみに記憶がうすれて忘れっぼい私ですが、意識できないけれども、記憶は記録されているのでしようね。ああして早送りをして、記憶も全部置いていくのでしょうか。不思議な体験でした。

 それから死ぬ直前というのは気分のいいものだということも体験しました。穏やかで平安で静かで、ほのかに明るくてほどよくあたたかくて、体がふわっと浮くような、何しろ気分のいいものでした。こんな体験を、ずっと前にしたなあと思ったら、もしかしたらお腹の中かもしれないと思いました。あるいは、私は幼い頃はとても体か弱くて、大病を次々としていましたから、そのうちのいつかは、あの世の入口まで行ってきて、同じような感覚を体験していたのかもしれません。死ぬのは怖いと思っていましたが、体験してみると気分いいものでした。怖いというのは何か外からの知識で覚えたのかもしれないと思いました。最終章の結びが、こんなにもいい気分だと知る有り難い体験でした。

 そういえば、私の母を見送ったときも、とても穏やかでした。亡くなる前日はあの世を見たらしくて、「きれいー」「きれいー」とうれしそうにつぶやき、付き添っていた姉と顔を覗くと、満面の笑顔をうかべていました。天国を見たんだとしか思えないようすでした。母は、何も思い残すことなく、すーっと旅立っていきました。だから見送るのも、別れの悲しみはありましたが、それだけですみました。91歳でしたしね。母のように自分でも満足な、残る人にも余計な気持ちを残さない最期を迎えたいものです。

 倒れたときは、指一本動かしても命に響く時があり、一言しゃべると一日中眠るばかりなんて状態で、体は楽ではなかったけれど、家族や周囲の人にありのままを受け止めて包み込んでいてもらい、身に余るしあわせを感じていました。体は苦痛でも、心が満たされていると幸せなんですね。自分が幸せを感じて生きていたら、きっと余計な気持ちを残さないですむのかもしれませんね。

 なんて話しをできるのは、今元気だからです。一年前に3階建ての一戸建てを借りて、階段の上り下りが日常になって、深層筋が鍛えられているみたいです。能を舞う人が長生きなのは深層筋を使うからだとか。1階で洗濯をして、屋上まであげるのはかなりの筋トレ。一度助かった命、筋トレでますます元気になって、長生きしなくっちゃと思っています。

 

大丈夫じゃないんだけどな

 「大丈夫!」ってついつい思いたくなってしまうけど、「大丈夫じゃないんだけどな」って、ますます強く思うこの頃です。いろんな痛ましい事件などをよく見聞きするからかもしれません。

 自分の息子がおとなになってからの姿を見てそう実感しますし、自分自身のことを振り返っても大丈夫ではなかったし。でも自分の子育ての真っ只中では、まさか大丈夫でないなんて思いもよらなかった。そして私の幼い頃に、私の母親も大丈夫じゃないなんて思いもよらなかったでしょう。でも私は大丈夫でなかったし、息子たちも大丈夫でなかった。

 自分の子育て中に、大丈夫じゃないって気づいたとしても、どれだけ我が子と向き合って受け止められたか自信はありません。だってあの頃の私はとても苦しくて大丈夫ではなかったですから。だから今目の前のお母さんが、大丈夫って思ってしまうのも、大丈夫って思いたくなるのも、大丈夫じゃないとわかっても受け止められない苦しさもわかる気がします。

 だから子どもが大丈夫でないことに気づいて、でもお母さん自身も苦しくてそんなに簡単に受け止められないけど、でもあがいてドタバタして浮き沈みしながらも、何とか子どもと向き合っているお母さんたちが、とてもまぶしく見えます。私自身はもう大丈夫になったので、きっと本当に大丈夫になるよということも伝えたいです。

 
 

依存的な伝え方

  「のどかわいたねえ」と言われて、「ああ、お茶が飲みたいんだな」と気持ちをとらえて、「お茶入れる?」と訊いて、「そうだね」と言われてお茶を入れる。そんなやりとりはいつもあることだけど、それはやさしい気遣いの範囲。でも、そのような気持ちの伝え方がもっと高じてしまうと、気遣いも疲れるし、わかってももらえない。そんな気持ちの伝え方を「依存的な伝え方」と言うようです。「のどかわいたねえ。お茶の飲みたいからいれて」と最後まで伝えられると、お互い疲れないかもしれませんね。

 そんなことを本で読んでから、自分の伝え方を感じてみたら、けっこう依存的な伝え方をしていて愕然としました。たぶんそんな伝え方をしていて、「わかってくれない、どうせ私のことなんか」といじけてきた気がします。子どもというのは依存的なのが当たり前で、泣いただけでおっぱいがでて、手を伸ばしただけで抱っこしてもらって、そうしてわかってもらえたと安心し、欲求が満ち足りるのですよね。もしかしたら子どもの頃、わかってもらえなくて、満たされることが少なくて、それで依存的な言い方がおとなになってもぬけないのかも。私の場合は幼い頃、伝えるところで挫折していて伝えられなくて、依存を充分していなかったのかなあとも思っています。

 

お父さんの存在

 お父さんの存在って大きいなあと、私も長男と向き合って付き合っていて感じていたところです。長男が仕事に行くのも怖くなったと訴えてきてくれてから、できるだけ向き合ってきました。長男が小さい頃からかかえていた苦しい気持ちを受け止めていくと、最初に出てきたのはほとんど父親に対する思いばかりでした。「お父さんはあのときこう言ったのが悲しかった」「お父さんはぼくなんか嫌いだと思ってた」「お父さんはこのぼくではダメなんだ」などなど、ずっと胸にひとりでかかえていたことをぶつけてきてくれました。父親はそれをまるごと受け止めて、父親の気持ちを伝え直していました。長男が幼い頃だって、私も父親も、「大好き」な気持ちを伝えてきたつもりでしたが、長男の心を占めていたのは否定的な感情でした。そんな気持ちをかかえて生きていたことを、私も父親もちっとも分かってあげていなかったのが分かりました。

 我が家のお父さんは外で運動的な遊びをしたりする、いわゆる遊び上手ではなかったけれど、子どもをこよなく愛していて、たとえどんなにやらなければならない仕事があっても、子どもが求めてくれば気持ちをすぐに向けて相手をしていました。子どもが何か大事なものを見えなくしてしまって探していれば、たとえ石ころでも子どもが大事なら、見つかるまで親身に探してくれていました。母親である私はと言えば、忙しければイライラと断ってしまっていたし、捜し物も一応は探すけど、ないからあきらめなさいなんて冷たいことを言っていました。なんであんなに親身にできるんだろうと不思議なくらいでした。そんなお父さんなのに、長男には文句がいっぱいあったのです。言えてよかったけれど、どうして?

 「お父さんに認めてもらえないと(と思っていた)、社会が怖くなるよ。お父さんは子どもにとっては社会なんだよ」と長男が訴えていました。父性は社会性を育てるのに必要なのかな。男の子だから余計に、父親から学ぶのかな。長男と向き合っている今、母親なんてちっぽけなんて感じてしまいます。それだけ父親の存在が、長男の心の中に大きいのを感じるのです。我が家も子育ての主体は母親だったので、私がなんでもやっていた感じがします。それだけに、幼い頃の息子たちは二人ともお母さん子で、一人くらいお父さん子だったら助かるのにと思っていたときもありました。でも息子たちは本当はお父さんを求めていたんでしょうね。きっと母親が代われない部分もあるのですね。お母さんがいいと言われても、お父さんに頼んだ方が、子どもとお父さんが触れ合えてよかったんでしょう。それを子どもは望んでいたのかもしれません。

 そんなふうに思う一方で、それほどお父さんの存在が大きいのかなあと、父親のいなかった私には分からないところもあります。私はお腹の中にいたときに父親が亡くなっていますから、父親の存在は全く知らなくて、母親だけに育てられました。小学生の頃などに、お父さんのいる友達がうらやましいと思ったことはありましたが、それも一時のことで、私の心の闇をつくったことはなかったと思います。お父さんがいるから求めるのであって、いなければ求めないものなのではないかな。求める対象があるから求める、得られると思うから求める、求めても思うようにいかないから心の闇ができる、そういうものではないかな。だから私は、父親に求めていたものはないので得られなかった思いも残っていず、母親にはいっぱい得られなくて心の闇になってしまったものがあります。私の心の闇は母親との間にできたことばかりのようです。長男には父親がいたので求めていたものがあったのですよね。求めてやまなかったものが得られなくて心の闇もできたのですよね。もちろん私とのことでも必ず心の闇ができていることでしょう。父親への思いが出切ったら私の番でしょう。父親よりずっといい加減で、感情的で、雑な母親でしたから、ぶつけられるのを覚悟しています。ぶつけてくれたら受け止めるられるから、そしたら長男の心の闇がもっとなくなるからうれしいです。

 私は次男が赤ちゃんの時から喘息がひどかったので、3年間ほどは育児に専念していたのですが、その他はずっと仕事をしていました。保育園の終わる時間までに迎えに行けなくて、二重保育をしてもらっていました。小学生になってからは子どもだけで家で待つ鍵っ子でした。長男が一年生になったときは一人で待つことになったので一番かわいそうでした。その頃は通園施設の保母をしていたので、子どもの遠足や運動会や授業参観と仕事の行事が重なれば仕事を優先していました。小学校の入学式でさえ仕事の入園式と重なって、知人に頼んで行ってもらいました。社会的な責任を果たしていたのではあるのですが、母親としてはダメでした。子どもの身になって、それがどう受け取られているか、どんな気持ちでいたか深くは知り得なかったし、慰めるなんてことは全く圏外でした。仕事なのでそうしなければならなかったにしても、母親が(父親も)来てくれないなんてどんなにかさみしかったか。自分の存在を否定されているようにとられてもおかしくないですよね。

 その気持ちを分かろうとして、「来てくれないなんてイヤだー」「さみしいよー」「ぼくより仕事の方が大事なんだー」と訴えてもらって、「よしよし」とできて、どんなに「大好き」かを伝え直すことができていたら、おとなになるまでかかえなくてすんだだろうに。その頃に癒しの子育てを知らなかったとはいえ、本当にかわいそうなことをしました。長男も次男もすでに歯止めのかかった子どもでしたから、子どもの方からも訴えることもできなかったのです。気付かない親と訴えられない子どもでは、心に闇ができるのも当たり前だなあと今は分かります。長男の方がまだ少しは泣き虫だったのですが、それだけでは全然たりませんでした。せっかく気持ちを表現してくれても、その頃はきっと、それくらいでなに泣くの?となじってしまい、受け止めてはあげなかったでしょうしね。

 それにしてもつくづく思うのは、子どもの身になって感じることができていなかったんだなということ。私だって父親だって、あんなにも子どものことを「大好き」に思っていたし、かわいがってもいたので、子どもの心に闇ができているなんて考えてもみなかった。自分がまぎれもなく子どもを愛しているし大切に思っているので、それが子どもに届いているはずだと安心してしまうのでしょうか。心配しておろおろしてしまっても子どもの身になれないけれど、安心しきってしまっても子どもの身になれないようですね。

 「毎日楽しいよ」と、長男は心機一転、引っ越しをして訓練校に通っています。溶接科なんですが、薪ストーブがブームとかで、学園祭に向けてストーブ作りをしているそうです。生徒が作るのは安く売るので人気なんだとか。そんな長男の様子に、今はちょっとほっとしている私です。でも、おとなになってからの育て直しは、親に気持ちを分かってもらえてそれだけですむものではないようです。自分で自分を認め、自分を愛する心を取り戻さないとね。まだまだつづく……です。

 長男が作った薪ストーブが使えるような家に住みたいなあ。


あなたは大きく、わたしは小さい

 最近、声がかすれるようで弱々しくなったし、あまり泣かないのが心配という、4か月の赤ちゃんに出会いました。その赤ちゃんが生まれた時、お母さんが出血多量のため救急車で他の病院に送られ、危機一髪で命拾いした、ということがありました。お母さんはその後遺症で、体調がまだ完全には回復していないということでした。2歳違いでお姉ちゃんがいるし、介護の必要なおばあちゃんの世話も手伝わなければならない状況にありました。お母さんは頑張りやさんなので、そんな大変な状況をもものともせず、やりこなしていました。

 でも赤ちゃんには、頑張りやのお母さんが、自分がそれほど大変だということを自覚していない分まで感じ取って、泣いて甘えたり、抱っこしてと要求したり、お腹がすいたということさえあまり訴えないで、お利口にしていてくれました。それがお母さんにはわかっていたけど、どうにもできなくていたようです。

 お母さんに抱っこしてもらうと、すぐに手でお母さんを押しのけて、甘えようとしないようすが見えました。いつも抱くとこうなんですと、お母さんはちょっと寂しそうにおっしゃいました。「甘えていいんだよ。お母さんは確かに大変だけど、でもおとなだから大丈夫、あなたはまだ赤ちゃんなんだから、いっぱい甘えていいんだよ」と言いながら、突っ張る手を援助者がそっと握って、「やめてよ」とばかりに突っ張るのをやさしく受け止めながら、頭や胸をお母さんの胸にそっとくっつけました。赤ちゃんは泣き泣き突っ張って離れようとしたので、やさしくその動きにつき合いつつも、くっつける方に誘いました。突っ張る時には目もそらして、まるで「いいの、いいの、ほっといて」と言っているかのようで、泣き方も怒ったようで、甘えようとしませんでした。

 こんな小さな内から、お母さんを助けようとして、甘えることを遠慮してしまう姿を目の当たりにして、とても切なくなりました。子どもの親思いは果てしなく深く広いと、抱っこで出会った子どもたちから教えられてきました。その親思いに、親はどれだけ助けられてきたかしれません。たとえ親が間違えて怒ってしまっても、自分が苦しくなって無視してしまっても、やってあげたいのにやれないことが続いても、子どもは親を嫌いになったりしません。ありのままの親をいつも大好きでいてくれます。そしてこの赤ちゃんのように、お母さんが大変そうだと、自分から甘えるのを我慢してしまうのですね。

 それどころか、そんなふうに大変そうにしているお母さんを、また苦しそうでしあわせそうでないお母さんを、助けてあげられないと苦しみます。助けてあげられない自分の非力を責めたりもします。この赤ちゃんもこのまま甘えられなかったら、自分を責め、自己否定をしていくようになるのかもしれません。この赤ちゃんには4か月の今、甘えていいことを教えてあげられて本当によかったです。最後にはぴったり抱かれて、うえーんと元気にやわらかく泣いて甘えて、懐に包まれて身を任せて安心してもらえました。

 あるワークショップで、「あなたは大きく、わたしは小さい」というワークをしました。「あなた」とはお母さんお父さん、「わたし」は幼い頃の私。マインドフルになって「あなたは大きく、わたしは小さい」と言われたとき、大きな懐に抱かれて、安心しきっている私は、とっても小さく感じました。でも、小さいから無力ではなく、ただそこにいるだけで充分という感じでした。存在そのものでいられて、等身大でいられて、今ここにいられて、満ち足りているのでした。お母さんを助けなければ、助けたいという私はもういなくなりました。子どもはただそこにいるだけでいい、存在しているだけでいい、という原点に返りました。4か月の赤ちゃんがこの日に最後にたどりついたのも、ここだったのでしょう。

 「あなたは大きく、私は小さい」という、親子関係の原点をあらためて考えさせられた、4か月の赤ちゃんとの出会いと、ワークでの体験でした。


受け継がれていく命

 東京は五月晴れの5月というのに、晴れる日は数えるほどで、もう梅雨かなと思うようなぐずついた日が多いです。みなさんの地域はいかがですか?

 大きな存在に守られている、力をもらえている、と思った時、みなさんはどんなこと(もの、人)をイメージしますか? 最近私がイメージしたのはこんなことです。私の両親、両親のそれぞれの両親、そのそれぞれの両親のそれぞれの両親、そのそれぞれの両親のそれぞれの両親……、それはピラミッド型に膨大な数になっていきます。そんな命の連鎖があって、私は存在するんだと実感したら、とても大きな力をもらえました。その中の誰一人がいなかったとしたら私は存在しなかった。その誰をもが生き抜いて命を繋いできた。私の後ろに連なる、確かに存在してきた命。延々と受け繋がれてきた命。私が存在するという事実は、こんなにも多くの命の力があったから。その命たちが生きてきたという大いなるものに、「ありがとう」という気持ちになりました。

 先日、NHK3チャンネルのジュニアスペシャルという番組で、「赤ちゃん誕生」というのをやっていました。それを観て、赤ちゃんが誕生してくるのはとても神秘的で奇跡のようなもの、神業だと思いました。赤ちゃんの命が芽生えるのには、卵子と精子が出会うところからという、その出会いが、奇跡が起きるとしか思えないような、涙ぐましいほどの生きようとする力があるからなんですね。3億の精子が卵子に向かって生き抜いていく、最初の関門の卵子の粘液で1%しか残らないのだそうです。その1%も、第2第3の関門を超えて、卵子にたどりつくのはたったの200。そこでまた淘汰されて、ほんのいくつかが受精のチャンスをもらえるが、その中のたった1つの精子が卵子に入り込めるのですね。苦難の道をたくましく生き抜いた1つなんですよね。でもそれだけでは赤ちゃん誕生にはならず、そこから子宮まで旅路がある。受精して24時間以内に子宮にたどりついて着床しないと、受精卵は死んでしまうそうで、繊毛のゆっくりした動きに乗って前に前に進みます。そして子宮に到達して、子宮壁に着床して、やれやれというところですが、その内の1/3は育たなくて消えてしまうのだそうです。赤ちゃんがお母さんのお腹の中で無事に育っていくまでに、こんなドラマが展開されていたのですね。

 この番組の中で、小学6年生がこの旅路を、校庭に作られた障害物競走みたいなセットで実体験していました。途中で譲った命の芽たちは、受精できるたった1つの精子に、「私たちの分も生きてね」「生まれようとしたこの多くの心を持っていってね」と、惜しみなく応援をしていました。私が生まれてくるためにも、こんなに多くの命の芽があり、そのみんなからの応援があるんだと、ほのぼのとあたたかくなりました。

 

やっと父ができました

 65歳にして、やっと父ができました。父なし子で育って、親になって、還暦も過ぎて、ずっと父はないものでした。それがごく最近、父ができたんです。生まれて初めて父の存在を実感しました。私は生まれてきた時にはすでに父が病死していませんでした。では母が再婚?いえいえ、母はすでに15年前に91歳で亡くなっています。じゃあどういう事?ちょっと不思議な話でしょ。

 自分と向き合う作業をしてきて、ある日のワークでのことなんです。それは私の心象風景でしかないのですが、本当にやっと、私にも父がいて、愛されていて、私の命をつなげてくれたんだと実感して、父をすぐ近くに感じ、存在を自分の中に持つことができたんです。つまりは、これまで自分で勝手に父を自分の中から排除していた、あるいは自分の中にあるはずの父の存在をないものにしてきた、そういうことなんでしょうね。それを取り戻したのですね。

 そしてそれからは、「お父さんから受け取ります」と言いながら、そういう気持ちで、食事をしたりおやつを食べたりすると、どんどん父からの愛情がふくらんで、ますます満たされていくのです。満ちたりるとしあわせですね。

 ここからはおまけの話。今までストレス食べをしてしまっていた私が、「お父さんから受け取ります」と食べると、ゆっくり味わって、必要なだけ食べるようになってきたのです。お陰で1か月で5kg減量したんです。

 

苦しさの根っこ

 自分の苦しさの根っこが最近見えてきた気がしています。「罪悪感」「見捨てられる恐怖+予期不安」の二本立ててす。この二つは、日常のあれこれに顔を出しているようです。

 「罪悪感」は前からあることに気づいていて、かなり根深くて、いつも瞬時に私を乗っ取ってしまうやつです。こいつとは今までも何回も向き合ってきました。そして少しずつ楽になっていました。でもまだまだ健在のようです。「罪悪感」という大きな木があって、いくつもの枝が伸びていて、その一つ一つの枝の部分と向き合って来て楽になっているけど、その根っこはまだ健在と思ったらいいみたいです。

 ついこの間は、「私の言うことややったことで相手やまわりの人がいやな気分になるのがとても嫌」という自分と向き合っていたら、やはりこれも「罪悪感」の木の一つの枝だったみたいです。

 「見捨てられる恐怖」というのも、結構繁く顔を出して乗っ取られていたようでしたが、こちらは乗っ取られていたことさえ気づきませんでした。そういう苦しさがあることは知っていて、向き合ってみたこともあるけれど、日常によく顔を出していることには全く気づきませんでした。「サポートをしていた人が自立していったり、他の人に助けられて楽になったり、それは私にとってとてもうれしいことなんです。喜んでいる自分がいることは確かなのに、でも何かモヤモヤが残ってしまって……」ということから、これは何だろってワークをしていったら、「見捨てられる恐怖」ってやつがいることに気づいたんです。こんなところにさえ顔を出すんだったら、もっともっと顔を出しているなあと思ったら、あの時もこの時もってすごく納得してしまいました。だからあんなささいなことや、あんな分かり切ったことなのに苦しくなっていたんだって、自分が分かった気がしました。だからたいしたことでないのに胸がわさわさして無力感に陥ったり、強い口調で返してしまって罪悪感にさいなまれたりしてたんだ、と分かりました。

 そしたら、そいつがどんな経緯で出来上がってきたんだろうって興味がでて、次の自分の癒しの時間に探ってみました。まだよくは分からないんだけれど、どうやら何も言えなかったことが大きな部分を占めるように思えました。生まれてすぐから歯止めが掛かって泣けない赤ちゃんで、いつもにこにこしていました。お腹がすいても、気分が悪くても、怖くても、孤独でも、赤ちゃんは泣いてお母さんを呼べなかった。お母さんは笑っているので満足してるって思ってしまった。自分でそうしておいて「分かってよ」って言う方が無理かもしれないけれど、赤ちゃんはほって置かれたと思ってしまい、怖かったんじゃないかな。自分では何もできない赤ちゃんにとって、泣いて回りを動かせないと、命の危険さえ感じるでしょう。「見捨てられた恐怖」はそんなところから出来上がった気がしています。

 最近2歳後半のインナーチャイルドにイメージの中でよく出会います。その子はすねまくっていて、やさしい言葉をかけても何を言っても知らん顔しています。お母さんはどうしていいか分からなくて立ち往生しています。だからその子は「どうせまた見捨てられる」と予期しています。すねて知らん顔してるけどそばにいてほしいんです。どうしていいか分からなかったら、ただそばにいてくれればいいんです。

 でもその時のカウンセラー役の人が、「分かってあげられなくてごめん」「分かろうとするからね」なんて言ってくれたら、怒ることができて、文句をいっぱい言いました。「お母さんは何にも分かってない。何にも何にも分かってない。分かろうとするなんてうそばっかり。分かるはずがない。どんなに苦しくて怖くてさみしかったか!ごめんなんてたやすく言わないでよ。この私の苦しみがそんな簡単に分かるはずがない」などと怒りました。

 イメージの中のお母さんはますます立ち往生していたので、子どもの私が教えてあげました。「お母さんは何にも分かっていなかった」「おかあさんは全く分かっていなかった」それに気づいてくれたらいいんだよ。どんなに私が辛かったかなんて、そんなに簡単には分からない、分かってたまるか! だから先ずは分からなかったことに気づいてほしいんだよ。カウンセラーがお母さんになってそう言ってくれたら、やっとほっとしました。「見捨てられる恐怖」はまだしっかりあるようです。これからまたそこから自由になるように向き合っていきます。どうなっていくか楽しみです。

 

「大好き」が伝わらない

 もっと愛されたかった、抱っこしてほしかった、認めてほしかった、かまってほしかった……と、私たち大人がこども心(インナーチャイルド)を思い出すと、満たされない思いがいっぱいあることに気づきます。満たされない空洞が、心にポッカリ穴があいたまま大人になってしまったのです。自分の伴侶に、その空洞を埋めてほしくて求めるけど、大体は満たしてもらえない。本当はそれは、幼い頃に自分の親に求めていたものなので、それと同じものを、大人になった今、夫や妻に求めても満たされるものではないのだけれど、求めては得られない挫折感を繰り返し、空洞を更に掘ってしまうのかもしれない。

 「愛されたい」「愛いされたい」「認めてほしい」「認めてほしい」「こっち見て」「こっち見て」「分かって」「分かって」「一緒にいて」「一緒にいて」……。本当に「大好き」を求めてやまない思いがいくらでも出てきそうです。

 最近私の身の回りで、心が痛む出来事が続きました。私とある人と、ある人たちとある人たちと、私たちとある人たちと、またある人たちとある人たちと、そして私の仲間のある夫婦が、「大好き」が伝わらなくなって悲しい思いをしました。みんないい人で、良くやっていて、愛すべき人たちなのに。
 
 悲しい思いをしながら、どうしてこんなに「大好き」を伝えたいと思っているのに、どうしてこんなに届かなくて、人と人が離れたり、憎み合ったり、断絶してしまうのだろうと考えていました。

 そして、自分のために行ったあるワークショップで、「ラビンク・プレゼンス(愛の存在)」という言葉を繰り返し聞いて、「あっ、そうか」って気づいたのです。私たちは「ラビング・ブレゼンス」であると信じて生まれてきます。それは、愛されるに決まっていると信じているし、誰だって大好きだと思えてしまうことです。

 だから赤ちゃんは惜しみなく愛を伝えてくるのです。眼差しで、仕草で、身をあずけて、「大好きだよ」って、何度でも伝えてくるのです。そして、「大好きだよ」って伝わってくるのは、何の疑いもなくみんな受け止めてくれるのです。だから私たち大人は、安心して「大好きだよ」って伝えられるのです。「大好き」って伝えれば、何時だってそのまま、「大好き」を受け止めてくれるのです。
 
 こう気づいた時、私たちって、「大好き」って言ってほしい、愛されたいって切に思っているようでいて、本当は「大好き」を受けて止めてほしい、自分から発信する「大好き」が、いつでも受け止めてもらえる安心を求めているのではないかと思えたのです。

 赤ちゃんのとき、自分はどんな時でも、誰からでも、「大好き」がやってくれば受信できる。でも赤ちゃんから「大好き」って発信したとき、周りの大人が忙しかったり元気がなかったりして、その「大好き」を受け止めてくれないことが続くと、愛が伝わらないと挫折して、「大好き」を伝えることが怖くなってしまう。それでも幼いほど諦めずに伝えようとするが、そのうち挫折感に支配されて、「愛されていない」から、「愛されたい」思いに変化していくのではと思ったのです。

 だから大人になった今だって、「大好き」の思いで事を進めていっているときに、それが届かないとき、拒否されてしまったとき、とてもがっかりして気落ちしてしまう。それに「大好き」って届けたい人がいても、相手が受け取ってくれそうもない気配があれば、怖くてやめにしてしまう。私の「大好き」なんて必要ない、もっと適した人がいるからいいんだと、届けようとする前にやめてしまうことすらある。

 「大好き」の感情を止めてしまうのはとても苦しい。「大好き」が届くととてもしあわせ。「大好き」の感情を伝えたい、怖がらずに伝えたい。きっと伝わる、だって誰だって「大好き」って言ってもらうのは嬉しいはず。誰だって「大好き」が伝わってくるのを待っている。始まりは、「大好き」はいつでも受け止めていたんだもの、みんな受け止めてくれるはず。恐れているように感じるのは、相手の「大好き」を受け止めてもらえなかった挫折感。「大好き」を拒否しているわけではないよね。
 
 数日前のHちゃん(1歳)の癒しの抱っこで、目をつむってみてくれません。「大好きなHちゃん、目を開いて見て」「見てほしいよ、大好きよ」とこちらの思いを伝えてみました。でもなかなか目を開けてくれません。それで、「かわいいHちゃんどこかな。かわいいお顔が見たいよ」「隠れないで。かわいいHちゃんが見たいよ」と、「大好き」を伝えるのではなく、「大好き」を伝えてほしいと、こちらの思いをかえてみました。そしたらチラッと見はじめて、見てくれたら私がとても嬉しくて、「見てくれて嬉しいよ。とっても嬉しいよ」と心から伝えることができて、そしたらどんどん見てくれるようになりました。Hちゃんの顔がどんどんほころんで、満面の笑顔になって、いっぱい見てくれて、「大好き」をいっぱい伝えてくれて、私もお母さんもとても幸せになりました。でも一番幸せになったのはHちゃんのように思えました。それまで何回かのセッションをしてきて、「大好き」はいっぱい伝えたけれど、「大好き」をHちゃんから受け取った今日、今までにないほどの満面の笑顔をくれました


 
TOPへ    HOME