←HOME

私が見つけた癒しの子育てF


 @ A  B   C  D  E F  G

「くそっ!くそっ!くそっ!」

 この間相談室に来られたお母さんから、自分の気持ちとしっかり向き合った体験を聞きましたのでご紹介します。そのお母さんは、一年ほど前からお子さんの抱っこに通われていて、半年前から天心の集いにも参加されています。最初の頃は、自分の気持ちがわからない、すぐに感じないようにしてしまうとおっしゃっていました。続けて来られているうちに、いろんな自分の気持ちに気づいて、時には苦しくなったりもしていました。その時は、上のお子さんの友達関係のことで怒りが湧いていたそうで、自分の中から「くそっ!くそっ!」という言葉が溢れだしてきたそうです。そんな汚い言葉を言ってはいけないと思ったけど、気持ちを認めることが大切、気持ちに浸るのも大切と聞いていたので、そんな言葉が溢れてくるのを止めないでみたそうです。車の運転をしながら「くそっ!くそっ!くそっ!」、台所仕事をしながら「くそっ!くそっ!くそっ!」、時にぶつぶつ、時に大声で言っていたそうです。言おうとしていうのではなくて、本当にあふれ出て来るという感じだったといいます。そして一週間くらい経った時、自然に止まったのだそうです。そんな報告をしているお母さんは、それで何かが変わったかはわからないと言うのですが、いつになく元気だったのです。そしてお子さんの怒り泣きにも動じないでいられた気がしました。怒りは八つ当たりで人に向けてしまうことが多いのですが、このお母さんの場合は人には向けず、自分の気持ちとして怒りを表現させてあげられたことに感心しました。やさしい控えめなお母さんが、「くそっ!」と怒っている姿を想像すると、「うふふふふ」とニヤニヤしてしまう私です。

 

どっちもいい

 今やっているNHKの朝の連続ドラマ『風のハルカ』を、またとびとびですが観ています。少し前のシーンなんですが、気持ちのやりとりで心に残ったシーンがありました。それが、1月28日に和く輪く舎でやった講演会でのワークと重なって感じられました。

 『風のハルカ』は、離婚している両親と成人した姉妹の物語なんですよね。そのシーンは、妹のアスカは新人小説家で、二年続けて文学賞にノミネートされていたけど、今年もダメだったと、アスカからの電話を姉のハルカが受けたところから始まりました。ハルカは妹が心配で、その時一緒に暮らしていたお母さんと2人で、アスカのいる東京に大阪から駆けつけます。アスカはなんでもないといい、平気を装っていました。その時の2人のアスカへの対応が対照的でした。姉のハルカは、「そんなの気にしないで。また来年があるよ」みたいな励ましでした。お母さんは「悔しいね。賞がほしかったよね。お母さんも賞をとってほしかった。悔しいよね」という慰めでした。励ましにアスカは怒りを表現します。慰めには涙を見せます。そして元気を取り戻していました。

 和く輪く舎の講演会で、参加していたお母さんが、兄弟げんかにどう対応したらいいかわからないという話題提供がありました。それで、お母さんとスタッフ2人で役割交代とて、お母さんにいろいろ体験していただきました。いつもは弟がおもちゃを取って、お兄さんが怒って弟を押し倒したりして泣かせてしまうので、お母さんはお兄さんを叱ることになってしまうと言います。

@お母さんに弟役になってもらって、お母さん役のスタッフが、おもちゃの取り合いで弟を押してしまったお兄さん役のスタッフをよしよししてみました。弟役になっていたお母さんは、これも「いいかもしれない」と言う感想でした。
A今度はお母さんにお兄さん役になってもらって、同じようにしてみました。「これはうれしい」とお母さん。弟役をしていたスタッフも、「安心して泣いてみていられる」と言っていました。
B今度はお母さんにお兄さん役になってもらって、お母さん役になったスタッフが、弟をよしよししてみました。そしたらお兄さん役になっていたお母さん、「だっておもちゃを取ったんだもの」と文句が言えていました。「これもいいかもしれない」とお母さん。

 ハルカが励ましたのでアスカは文句を言って怒って甘えられたし、お母さんが慰ぐさめてくれたから泣いて甘えられたアスカだったし、どっちもいいんだな。弟を先によしよししたらお兄ちゃんは文句を言って甘えられるし、お兄ちゃんを先によしよししたら弟は安心して泣いて甘えられるし、どっちもいいんだな。


 

お母さんが愛を確かめる風景

 和く輪く舎に向かっていたある朝の錦糸町駅。電車を降りて階段の方に歩いていると、お父さんに抱かれている1歳半くらいの子どもが目に入りました。子どもはお父さんの肩越しに、後ろ(つまり私が居る方向)の少し右後ろの方をじっと見ていました。子どもの目線の先にはお母さんらしい人がいました。でもその子どもから2メートルくらい離れていて、そしてお父さんが階段を降り始めると、お母さんらしい人は階段の一番上で止まってしまい。離れていく子どもを見ているようでした。あれ。子どもはお父さんとお出かけで、お母さんは別のところに行くので、別れを惜しんで見送っているのかな、と私も階段を降り始めながら、見るともなく見ていました。

 そのうち、4、5段下に見える子どもの顔がこわばってくるのがわかりました。お母さんと一緒と思っていたのに、急にバイバイで不安になっているんだと、階段を降りる足は機械的に動かしながら、「よしよし」と包み込む気持ちで子どもを見ていました。子どもの表情がかなり緊張してきて泣き出すのかなあと思っていたら、その次の瞬間笑顔がこぼれてはしゃぎ出しました。え?と思って思わずふり返って見ると、お母さんが手を振りながら笑顔で早足で降りて来るところでした。

 お父さんはそんな子どもとお母さんのやりとりは知らずに階段を降りきって、子どもの体が跳ねるように動いて、声まで出て来たのでなんだと思ったのでしょう、お母さんの方を振り返りました。階段のあと三分の一くらいのところにいるお母さんを、怪訝そうに見ていました。お母さんが追いついてからは何事もなかったかのように、3人で連れだって改札を出てデパートの方に歩いていきました。

 そこから私は別の方に行くのでその親子は見えなくなったのですが、今見た光景はなんだったんだと、考えていました。ああそうか、お母さんが愛を確かめていたんだ。お母さんも愛を確かめたくなるときあるんだ、そうだよねと、なんだかそのお母さんがとってもかわいく思えたのでした。

 

立つワーク

 日常のちょっとした動作でもワークができるということで、ワークショップで紹介したワークのひとつ、「立つワーク」。いつもは何気なく立っているし、理性で意識を働かせて立てば何ということなく立ててしまうものを、内側に意識を向けて無意識と繋がりながら、動作をゆっくりゆっくりやってみると、これが立てないんですよね。

 私の場合はよりむずかしくと思って、寝ころんだところから「立つ」をしました。「立とうね」と自分に言います。「うん」と言ったものの、体が動こうとしないで起きあがれません。「立とうね」とまた言います。「立てないよ」「立つんだよ」「立てないよ」「立たなくっちゃね」「立てないよ。寝ていたいよ」「でも立たなくっちゃ」「立てないよ。いやだよ。寝ていたいよ。寝かせておいてよ。疲れたよ。寝ていたいよ」と、どんどん「立てない」「立つのがいや」の方の気持ちが強くなってきました。ではまずは「立てない」気持ちに浸ってみようと思い、「立てないねえ。立ちたくないよね。疲れちゃったよね。立つのなんか嫌だよね」とその気持ちに共感していきました。するとどんどん体が重たくなってきて、ほんとに動けなくなっていきます。

 時間があればもっとそこにいたらいいんでしょうけれど、今はちょっとしたワークの時間なので、そんなに時間が取れません。「さあ、どうしよう、どうしたら立てる方にいけるのかなあ」と思いつつ、少し意志を働かせて立つ方にほんの少し体を動かしました。そしたら体が丸まって、胎児姿勢になりました。なんだこれはお腹の中みたい。

 「そうだお母さんのお腹の中だ」と感じました。ちょっとその感じを味わっていたら、いきなり「ママー」と呼ばれました(息子が幼い頃はママと呼ばれていました)。お腹の外から息子に呼ばれている感じでした。「あ、呼ばれている。行かなくっちゃ」と思って少しずつからだが動きました。少し動いてうずくまった状態になったら、こんどは「ママー」と私が外に向かってお母さんに呼びかけていました(私はお母さんと言っていて、ママとは呼ばなかったけれど……)。「ママー、今行くからね。待っててね」と言いながら立つ方向に動いていきました。するとまた「ママー」と自分が呼ばれます。「はーい、今行くよ」と動きます。ほんの少しずつ体が動いて体勢が変わっていくにつれて、自分が母に呼びかけるのと、息子に呼ばれるのと交互になっていました。最後の方では「ママー」「ママー」「ママー」と息子に呼ばれ続けて、その声に力づけられて立つことができました。

 今でもまだ、「ママー」と幼い頃の息子の声が耳に残っていて、心がほわっとあたたかくなり、元気が出るのです。いやあ、子どもから「ママー」「おかあさーん」と呼ばれるのって、力をもらっているんですね。ずいぶん助けられてきたんだと、「ありがとう」の気持ちになりました。

 

『モモ』の道路掃除夫ベッポ

 ずっと毎月20日頃に更新してきたのに、1月はできなくて、今日になってしまいました。楽しみにしていてくださった方にはごめんなさい。1・2月合併号としてお届けします。

 なぜ遅れたかって、聞いていただけますか? 昨年一年間『しあわせ子育て通信HP版』として、毎月の更新をしてきました。画像をいろいろ使って(無料素材を使わせていただいているのですが)、楽しいものができていました。自分でも気に入っていて、ずっと保存したい気分なんですが、ホームぺージ全体の容量からいうと、今までのをそのままにこれからまた一年作り足していくのは無理なのです。それで12か月分を全部解体して、一般ページに合体することにして、その作業がけっこう時間と労力をくったのです。相談室が休みの日の空き時間を使って頑張っていたんですが、今日までかかってしまったというわけです。

 この果てしないような地道な作業をしていて、私はミヒャエル・エンデ作『モモ』(岩波書店)の中に出てくる、道路掃除夫ベッポのことを思い出していました。ベッポがモモに、道路掃除の心得を話しているのです。

「とっても長い道路を受け持つことがよくあるんだ。おっそろしく長くて、これじゃとてもやりきれない、こう思ってしまう」

「そこでせかせかと働き出す。どんどんスピードをあげてゆく。ときどき目をあげてみるんだが、いつ見てもこの道路はちっともへっていない。だからもっとすごいいきおいで働きまくる。心配でたまらないんだ。そしてしまいには息が切れて、働けなくなってしまう。こういうやり方はいかんのだ」

「いちどに道路ぜんぶのことを考えてはいかん、わかるかな? 次の一歩のことだけ、次のひと呼吸のことだけ、つぎのひとはきのことだけ考えるんだ。いつもただつぎのことだけをな」

「するとたのしくなってくる。これがだいじなんだな、たのしければ、仕事がうまくはかどる。こういうふうにやらにゃあだめなんだ」

「ひょっと気がついたときには、一歩一歩進んできた道路がぜんぶ終わっとる。どうやってやりとげたかは、じぶんでもわからん」

「これがだいじなんだ」


 
 

隅っこが好き

 隅っこの好きな自分は、思い起こせばいつもすぐに顔を出しているみたい。例えば会食をするとき、一番隅っこに座れると居心地がいい。真ん中に座ることになったりすると、せっかくおいしいご馳走の味も充分味わえないほど緊張してしまう。真ん中にいたい、注目していてほしい、一番がいいという気持ちは確かにあるんだけれど、実際にそうなったらもう逃げ出してしまいたくなる。だってずっとずっと隅っこになるべく目立たないように生きてきたんだから、もうそうしなくていいと分かっていても、そこが居心地がいいんですよね。

 ずいぶん楽になっている私のはずなんだけど、こんな自分はあまり昔と変わらない?と思ったら、よく見てみるとやっぱり変わってる。前なら隅っこでも居心地悪かった。どこにどういても居場所なんてない感じだった。今は隅っこかもしれないけど居場所が確かにある。それは大きな違いですよね。隅っこに居て惨めではない、隅っこに居てさみしくない、隅っこに居て楽しめる、隅っこが好き。

 この先気がついたら真ん中が居心地よくて、いつも真ん中を選ぶ自分になるかもしれない。そうなるもならないもいいけどね。なあんて、自分でそう選んでいるときはいいけど、誰かに「あなたは隅っこでいいの」なんて言われたら、きっと真ん中にいたい自分が黙っていなくて、相手に腹を立てたり、いじけたりするんでしょうね。心ってやっかいですね。

 この間、和く輪く舎のスタッフで、講演会に向けてどんなワークがいいか話し合っていました。「イエス」「ノー」のワークはどうかという意見が出て、その場で試しにやってみました。2人で向き合って座り、1人が「イエス」もう1人が「ノー」と交互に言って、それだけでやりとりをしていくのです。イエスとノーの他に言葉がないのに見事にやりとりになっていくのですよね。言葉を使わないだけに、むしろ、気持ちのやりとりができるのです。

 普段は言葉の裏にある気持ちに気づきにくくて、表面的な言葉の通りに受けとめてしまうし、気持ちを伝えるのも難しいですが、言葉がないと気持ちがとてもよく感じられるし、身体や態度や雰囲気で表現できるのです。子どもは幼いほど、言葉以前のそういうやりとりしかできないみたいです。でもおとなは「ちゃんと言わなくちゃ分からないでしょ」と言いがちです。こんなワークで気持ちのやりとりをしてみると、言葉より雄弁な気持ちが見えてきていいかも。

 

おせっかい

 「隅っこが好き」と書いたら、「隅っこで座っている芳子さんを抱きしめて、真ん中に居ることで苦しくなる気持ちから私が守るから、一緒に真ん中にいてみない?なんて、おせっかいな私がいます」と、Tさんからいただいたおたよりの中にありました。それを読んでじわっとあたたかい涙がこぼれた私です。その涙はたぶん、「真ん中にいたい自分」のものでしょう。「おせっかいうれしい」と返事を書いたのですが、自分から言えなかったり動けなかったりするときに、おせっかいはほんとにうれしいなあと思いました。

 幼い頃の私は、「隅っこが好き」でいたわけでなくて、みんなの中に入っていきたかったのにできなくて、仕方なくて隅っこにいて居心地悪くて、どこにも居場所がない、存在感の持てない子でしたから。あの頃に、真ん中にいる怖さに共感してもらいながら、抱きしめてもらって真ん中に連れて行ってもらいたかったんだろうね。「いやいや」したと思うけど受け止めてもらいながらね。そしてどこも私の居場所だと思える存在感を持てていたら、もっと楽に生きてこられたのになあ。

 相談室で、いろんなサインを繰り広げて、おせっかいを待っている子どもたちに出会います。乱暴をするとか落ち着きなくなるなど外に向けてか、感情を殺して自分を失くしたり自傷したりと自分に向けてか、どちらかの傾向に分かれるようですが、親から見たら心配なようすをみせます。

 この間相談室に来ていた年長の男の子、少し自暴自棄的な乱暴になっていました。待っている間に、周りにいた小さい子どもに危ないので抱き留めては、「よしよし」していました。はじめはとても突っ張っていて悪態もついていて怒るばかりでした。でも3、4回抱き留めを繰り返していたらだんだんに怒りが小さくなっていって、「人生これからだよ。やけを起こすんじゃない」と言うと、ほろほろっと涙を流して、それでずいぶん落ち着きました。

 自分で自分がどうにもならなくなっていたので、その子にとってはおせっかいがうれしかったと思う。抱き留めると初めはとても嫌がるので、本当に嫌がっていると思ってしまうとおせっかいができない。乱暴なんかしたくないのにしてしまう苦しさを抱きしめて、どんなに大事な存在か、あなたが大好き、あなたでなくてはダメという気持ちを伝えると、存在感が戻ってくるのです。そんなおせっかいを待っているのですね。

 また、お姉ちゃんのセッションに連れられてきた4か月の赤ちゃん、待っている間抱っこさせてもらっていました。ところが抱きごたえが軽すぎる。体重から言えばもっと重みを感じるはずなのに、手応えがあまりなく、存在を消しているかのように軽い。でも足だけはけっこう元気に動かしているのに気がつきました。その足の元気を、ほんのほんのちょっとずつ、親指の先くらいで張り合って受け止めていきました。「生まれてきてくれてありがとう」「いてくれてうれしいよ」「あなたを見て、抱っこしてあたたかさを感じているだけでしあわせもらっているよ」と、親指の先でおせっかいをしました。そしたら少しずつ少しずつ元気が体の上の方まで広がって、だいぶ重みを感じ始めたら、「ふぎゃぁー!」と一声泣いて、お母さんの方を向き、お母さんを呼びました。お母さんにすぐに来てもらって抱っこしてもらって、おっぱいをもらって、そしてまた私の腕に来たときは、ずしっと重く感じました。まだこんなに小さいのに、おせっかいしないと存在感を持ってもらえない子もいるんだね。

 泣かないいい子でいなくていいよとおせっかいしなくっちゃ。


お兄ちゃんがいてよかった

 この間電車に乗ったら、反対側のドアのところに、お父さんとお母さんと2人の子どもの家族がいました。上の男の子は小3くらい、下の女の子は年中さんくらいでした。お父さんが女の子と手をつなごうとしたら、女の子はお父さんの手を振り払っていました。そしたらお父さんは、反射的に頭をごつんとしていました。痛かったようで顔をしかめて、わきにいたお兄ちゃんに寄って行き、胸に顔を埋めていました。お兄ちゃんは黙って頭をなでなでしてあげていました。次の駅で降りた4人は、女の子はお母さんと手をつなぎ、お兄ちゃんはお父さんとにこやかに話しながら行ってしまいました。女の子のふりほどいた手は、何を言っていたのかなあ。お父さんは何を感じていたのかなあ。お兄ちゃんはすべてを知っていて、間を取り持ったようにみえました。お兄ちゃんがいてくれてよかった。


「腹黒い」「腹白い」

 長男のことを書かせてもらったら、何人もの方から慰めや励ましのメッセージをいただき有り難かったです。その中の一つ、「訴えやすくなることって本当にいいの?」というメッセージがとても心に残りました。Kさんからのものです。掲載許可を得たのでその部分をまず読んでみてください。


 
『……ご長男のことを読んで、また改めて親子について考えています。そして、「訴えやすい子」について自分自身を重ねていました。私は自分の意見を言う事はしてきたはず、たぶん「訴えやすい子」。ただそれをちゃんと聞いてもらえなかっただけなんです。母も「小さい時から好き嫌いがはっきりしている子だった」と言うくらいだし、すぐにイヤな事があると顔に出てしまうし、親からは我が強くて困ると言われてきたのです。本当に「訴えやすい」ということがいいのかなあ。私は訴えやすくて、いろんな所にぶつかって傷付いてきたんです。まわりの人たちをみていて、「訴えない事がおとな」というふうに感じ、「訴えない事」でバランスをとっているんだなあと感じるのです。もう自分の心や口にふたをして訴えずにいられたらいいのに。もっと人の話しも聞けて、家族も楽になるんじゃないのかな。いっぱいダダをこねて、これから少しずつおとなになっていけたらいいのかなあと思っていたけど、自分のダダこね育ちはやっぱり自分の中でだけにしていかないといけないのかなあ。おとなになっていろんな自分の気持ちに気付く人もいれば、子どもの時から自分の中のみんなと違う気持ちに気付いていて、生まれて来ちゃいけなかった、こわれているんだと思って、おとなになってしまった私もいて、みんなみんな知らないで生きていけたらどうなのかな。それから私の家族や両親は、私がこんな私でなかったら幸せだっただろう、苦労せずにいられただろう……。いつもニコニコ笑っていられたらいいのにね。怒りはおばかさん!どっかにいっちゃえ! もっと優しく、もっと誰かのために生きたいのに、怒りや悲しみがいつもじゃまをします。大好きをいっぱい伝えるために生まれてきて、みんなで幸せになりたいのに、これじゃあ大嫌いばっかり伝えています。もっとおとな心を育てたいです。自分の中の子どもをしっかり抱きしめられるくらいなおとな心を育てたいです。ごめんね……』

 Kさんと私とは正反対の子どもだったようですね。私は感情を抑制しきって、何もないかのように生きてきました。いつも自分の気持ちはしまい込んでまわりに合わせ自分を見失ってきました。Kさんはいつも真っ直ぐに思いや感情を伝えてきたようですが、訴えても受け止めてもらえず、それどころか怒られてしまって、そのあげくに自分を見失ってきてしまったのですね。これでは訴えやすい子がいいとも訴えにくい子がいいとも言えないですね。

 相談室で出会う子どもたちも、訴えやすいがためにお母さんが苦しくて、育てるのが大変な場合も結構あります。お母さんが苦しくなってしまえば子育てがままならなくなりますから、子どもの訴え上手に待ったをかけることもあります。とは言え、そうでなくても子どもは、お母さんが苦しくなっていれば自分のせい、自分が悪い子だと思ってしまうものですから、「訴えるあなたがいけない子だよ」というメッセージにならないように、「頼むから……」と真心込めてお願いするのですけれどね。

 お母さんが受け止めてあげられるだけ、程良く訴えてくれるのが一番いいのでしょうけれど、現実はそううまくはいかないのですよね。それに訴えても受け止めてもらえないからもっと訴える、そうするともっと受け止めてもらえなくて、それでもっと訴えるというようにエスカレートしていってしまうのでしょう。でも、世の中全体が泣き言もいわずに頑張る風潮が続いていたので、その結果、訴えにくいおとながいっぱいになって、訴えやすい子は受け止められにくくなってしまっています。Kさんがいろんな所にぶつかって傷付いてきたというのも、Kさん親子がそんな社会のひずみにはまってしまったためなのでしょう。訴えやすい子どもも、訴えやすい子どもを持った親も、余計に苦労するというのは分かる気がします。

 でもでも、子どもが訴えられるようになり、親が受け止められるようになっていくところから、親子が出会い自分とも出会っていくように思います。何せ親だって子どもの気持ちが分からないことだってある(よくある?)のですから、訴えてくれないとそれでいいと思ってしまったりしますしね。それに訴えすぎになってしまうから親が受け止められなくなるのでしょうから、そうならないように助けていきたいです。

 要は自分を見失わずに自己肯定感を持って、自分らしく生きられることができればいいのですよね。そのためにどうしたらいいか、自分の親子だったらどこをどうすることからすればいいか、それぞれ探していけばいいのですよね。Kさんも私も、そして私の息子たちも、自分を見失い、自分はいない方がいいだとか、自分の存在そのものが迷惑だとか、この自分ではダメだとか、人を信じられないとか、こんな自分では認めてもらえないとか、自分を肯定できないことが苦しいのですよね。自分なんか大嫌いだダメだと自己否定してしまうことが苦しいのですよね。親が自己肯定感を取り戻すにはどうしたらいいか、子どもに自己肯定感を持って育ってもらうのにはどうしたらいいか、そこなんですよね。

 私の場合をもう少し思い出してみました。我が家は私たち両親とも訴えにくい方でしたから、二人の息子もしっかり訴えにくく育って(育てて)しまいました。でも長男は、多分持って生まれたものは訴えやすい方だった気がします。次男は持って生まれたものも訴えにくい方だったようなので、極めつけの訴えにくさを身につけておとなになってしまい苦しく生きています。私の感触では、訴えやすさを持って生まれた長男の方が、手がさしのべられるし、少しはほどけやすい気がします。次男は怒られても泣かない子で、それがまた親の怒りをかってしまっていました。今思えばなんとひどいことをしたと冷や汗タラーリです。気持ちを分かってあげない上にもっと怒られてしまうなんて。

 以前、高校生だったSちゃんに、「芳子さんも私と同じに腹黒い仲間だよね」と言われたことがありました。「え?このかわいいSちゃんが腹黒い?私も腹黒い?」と、そのときはどういう意味で「腹黒い」と言っているのかが理解しきれなかったのですが、今は、言えてる言えてると、Sちゃんの感性に脱帽しています。

 「腹黒い」という言葉を一般的な解釈で受けとめて理解しようとするので、「私腹黒いかな?それほどでもないと思うけどなあ。結構いい人だと思うよなあ」と反応している自分もいました。確かに「腹黒い」という言葉は誤解を招くけれど、言っている意味は的を得ているし、今とてもよく分かるのです。

 そしてSちゃんはその時、「腹黒い人」と「腹白い人」がいるという、二つのタイプで人を理解しようとしているようでした。その場にいた数人を、「Rさんは腹白い方でしょ、Aさんもね。SさんとIさんは腹黒い方だよね」と二つのタイプ別にして説明をしてくれました。

 Sちゃんの言うタイプで分けると、私のように気持ちをしまい込んでしまうのが「腹黒い人」、Kさんのように自分の気持ちをしまい込めないのが「腹白い人」、ということになりますね。どっちがダメでどっちがいいというのではなくて、自分がどっちのタイプか知っていると、少しは対処しやすいのかなと思うのです。我が子がどっちのタイプかも分かっていると、自分のタイプと子どものタイプが向き合ったときに、たとえうまくいかなくても、こういうことなんだとわかって、親が自分を責めることが少なくてすむかなって思ったのです。

 ところで、程良く訴えられるようになったら何色の人になるんだろう。今度Sちゃんに聞いてみよう。

 

「腹黒い」「腹白い」再び

 「腹黒い」話しからまだ離れられない私です。

 朝の連続ドラマ「ほんまもん」の夫婦で食事をしている1シーン。一切れ残った芋の天ぷらに二人が同時に箸を延ばしました。「あ、いいよ。どうぞ」と二人は譲り合って、二人とも箸を引っ込めてしまいます。ぎこちない雰囲気が流れます。時々しか見ていないのでドラマの進行を分かり切っていない私ですが、気持ちが通じ合っていないことがその一切れの天ぷらのやりとりで感じられました。なんと「腹黒い」二人なんだろうと思った私です。「食べたい」って真っ直ぐに言えばいいのに。そしたら半分こにして一個全部食べるよりおいしく食べられるのに。どうしても一切れ全部食べたいならそう言えば、相手だって心から「いいよ」って言えて、おいしそうに食べる最愛の人をいとおしく見ていられるのに。一切れの天ぷらに夫婦の関係が如実に出ていましたね。

 まるで自分たち夫婦を見ているような気もしました。私たち夫婦も、いつも思いやりの気遣いからなんですが、真っ直ぐに気持ちを伝える前に遠慮し合ってしまう。私は木葉よりもっと「腹黒い」かもしれない。相手が食べたい気配を感じると箸さえ延ばさないで譲るからね。まるで私は食べたくなんかなかったみたいにね。そのくせそんなことが何回か続くと、「私の食べたい気持ち分からないで平気で食べないでよ」なんて不満が湧いてくる。「食べたい」って言わなきゃ相手は分からないのに、言わないでおいて不満を持つなんていけないよね。たかが天ぷら一切れならこれくらいで終わるけど、もっと切実なことになったら、二人の間にはいつの間にか溝がなんてことになる。木葉夫婦は離婚の危機にまでいってしまったようですね。私たちは「腹黒い」ながらも結構仲良ししてますけど。

 その一切れの天ぷらを気にしながら何もないかのように食べ続けているときに、誰か「腹白い」人が来て、「あ!おいしそう。いただき!」なんて食べてしまったら、拍子抜けしてしまうだろうなあ。「腹白い」人がさりげなく言えてしまうのがとってもうらやましいと思うのと同時に、いつも自分は損をしている気分になるかも知れない。そして言えない自分を責めるだろうなあ。あるいは言えない自分を棚に上げて、言える「腹白い」人に怒りを感じてしまうかもしれない。感じてもぶつけられない私なので、またひとりでもんもんとする。ますます「腹黒い」さが見えてきます。

 こんなこと書いていたら、「腹黒い」人というのは欲求が言えなくなってしまった人なんだと見えてきました。感情は後からついてきたものなんですね。天ぷらが「食べたい」というのは欲求ですよね。欲求を伝えられないからそれにくっついていろんな感情が湧くのですよね。そして繰り返しそんなことが起これば、思い違いという信念になっていくのですよね。「私は存在することさえ迷惑だ」「私は価値のない人間だ」「人を信じてはいけない」「こんな自分ではダメだ」……とかいう信念ができてしまうと、ますます欲求が言えなくなります。だから、感情を抑制してしまう人も、感情を表現しやすい人も、どっちも欲求が伝えられなくなっている「腹黒い」人ではないだろうか。「腹黒い」人が何かの状況に出会ったとき、感情を表現しやすい人としにくい人とがいるだけで、結局ほとんどの人が「腹黒い」のではないだろうか。

 何でそんなに欲求が伝えられなくなってしまうのだろう。
 「抱っこして(安心させて)」「お腹空いたよう(満足させて)」「痛いよう(防いで・守って・助けて)」「怖い(助けて・守って・防いで)」「遊んで(楽しませて・一緒にいて)、幼い頃はすべて欲求なんでしょうね。生きていくために、安心して心地よくしているために、欲求を叶えてほしくって、欲求を伝えるために泣いたり怒ったりぐずったり、感情の力を借りて訴えてくるのですよね。その欲求を伝えないことにしてしまったのは、親思いがさせる業だったのかな。すねたり、いじけたり、ひがんだりしてしまうのは、「腹黒い」入り口なのか出口なのか、「腹黒い」そのものなのか。「腹黒い」人になって来た道筋をもう少しはっきりさせたくなっている私です。

 次は寄せられた感想です。まず、Tさんから寄せられたものです。
 『先月号の芳子先生の文章で訴えやすいことに対することへの不安について、なんてアドバイスをするのだろう・・私も不安に思うしなぁと思い読んでいると、なるほど!自己への肯定!本当にそうですね。自分を認めてもらえば自信がついて前に進める。そしてだいたいの人は私と同じく訴えやすい腹黒い部分と 中にためてしまう腹白い部分があるのではと思いました。訴えれる人と、訴えないほうがいい人と区別しているような気がします。これでバランスとっているのでしょうか? どちらもいいと言うのではありませんが、我が子はそんな私に育てられどうなっていくやら。とにかく自分に自信が持てて自己肯定ができるようにしたいものです』

 「ママでなきゃだめ」「そのママがいい」のさ。そう、その時の状況や相手によって、違う自分が見えますよね。でも、「腹黒い」ではないよね。次はAさんから。

 『私思ったんだけど「腹黒い」って結局自分の感情をすべて押さえ込んだなれのはてでしょ。最初は、白かったのにいろいろな色(感情)が洗い流されないでお腹にたまって全部の色を混ぜると黒になってしまったんでしょ。そして「腹白い」はお腹に何も残さないですべて自分の思った事を言ってしまって,時には相手を傷つけてしまうこともあるでしょ。私考えたのよ。白と黒合わせたら灰色そう英語でグレイだよね。だからちょうどいい人の事は,「腹グレ−」なんてどうかな。なんてね・・・。そんなくだらない事を一人お腹の中で考えている、やっぱり「腹黒い」母ちゃんでした』

 「腹グレー」か、あははは、おかしい! でもこれって少し訛った「腹黒れー」だよ母ちゃん。そうそう、この間Sちゃんに聞いたら、マーブルがいいと言っていました。マーブルって大理石のことで、いろんな色があるけど混じり合わなくて、それぞれが調和してひとつの美しい石になっている。黒も白もいろんな色の自分が居てよくって、それらがひとつにまとまってその人になっていて、いろんな色を出せるんだね。それが人間かも。

 

死んでしまいたい自分と出会って

 最近また自分のワークをして、今まで居たことにも気づかなかった自分に出会いました。それは、私が母のお腹の中にいるときに死んでしまった父の後を追って、死んでしまいたいと思っていた自分です。ずっと自分の存在を否定して生きていたのは、そんな根っこからだったのかもしれないと納得しました。父はいなくても、母や家族には充分かわいがられていたはずなのに、すごい自己否定がありましたから、そのギャップに疑問があったのです。いろんなワークをして、そのギャップは埋まってきてはいましたが、最後のピースがはまったという感じです。やっと地に足が着いた実感をしています。今ここにしっかり居る実感です。

 そんな根っこを知らずに抱えて、知らずに生きて、でもわが子たちはそれに気づいていて、長男は私を見張ってハラハラしていたみたいだし、次男はぼくが行くからお母さん生きてと言っているような気がして、世代を超えた苦しさの連鎖をあらためて深く感じました。たぶん私が、父を失った悲しみに蓋をして、ないものにしてきたので、父との別れをしっかりしてなかったのですね。それは、母もあまりの悲しみと責めで蓋をして、何もなかったかのように生きていたのでしょう。母との間でできなかった悲しみの克服を、せめて私がその悲しみと向き合って乗り越えていたなら、息子たちには苦しみをあげないですんだんでしょう。

 でも今がその時なんだと、自分を責めたりはせず受け止めてはいます。だって小さな小さな私は、その時そんな深い悲しみを感じてしまったら、泣いて泣いて母を困らせて、悲しみに沈んでいる母を支えることはできませんでしたからね。今がその時で、息子たちに背負わせてしまった分は、自分たちで何とかしてもらうことしかない、と思っています。ありのままに大好きを伝えながらね。これは逃げではないですよね。

 

再来室の時

 1、2歳(中には0歳)の頃に相談室に来始めたお子さんが、今小学1、2年生位になったところで、再び定期的に来室されることが目立つようになっています。一旦は卒業になっていたのですが、いよいよ本格的に言い分を聞いてあげたいということなんですね。

 幼い頃に何か心配があったから相談にみえて、それなりに落ち着いて、というところで卒業となっていたのですが、なんの引っかかりもなくなってではないのですね。それはお母さんもどこかでそう感じていて、援助者と暗黙の了解みたいなところでそうなる気がします。その時の家庭状況や親子関係や、更にお母さんの受け止められる容量がある中で、今はこれでいいねということなんですね。

 でも、全く引っかかることがなくなったわけではないから、それからもお母さんの模索がずっと続いていくのですね。多くのお母さんは、和く輪く舎で天心やカウンセリンや、他所でのワークを受けたりして、お母さんが自分と向き合って、自分を取り戻す作業を続けておいででした。そうしているうちにお母さんの受け止める容量が大きくなって、そろそろまた子どもの番というのが就学頃になるようです。お母さんが受け止められるようになってくると、子どもが待っていましたとばかりに、何かのサインを出してくるのです。

 子どもは根っからのお母さん思いですから、お母さんが苦しくなるならいいよと待っているのですが、それでも苦しさはあるわけで、お母さんが大丈夫そうと分かると、訴えてくるのです。きょうだいで一人が心配なときは他の子は待っていてくれるけど、その一人の心配が一段落すると他の子が訴えてくるなんてこともよくありますしね。もちろんそれどころではないくらい苦しいお母さんは、エネルギーを蓄えるために、そっと時の氏神に助けてもらって向き合う時期を待っていることでしょう。それも子どもは知っていて、待っていてくれるのです。家族って意識しないでもそうやって協力し合っているのですよね。

 その時期に子どもからの特別のサインがあってでなく、子どもが訴え上手で訴え続けていて、もうこれ以上はいらいらをぶつけるのを何とか止めないと、子どもの引っかかりが取れないで大きくなってしまって、自分と同じような苦しさを背負わせてしまう、何とかしたい、というぎりぎりの時期ということもあるようです。また、親の準備がまだできないところで、子どもの後押しで向き合わされるという再開もあります。そういう場合はちょっと大きなサインを出してきます。そんなときは親は必死ですから、苦しむけれども一気に突き抜けていきます。子どもはそこまで察知しているのでしょうかねえ。今はまだ頼りないけどきっと乗り越えて受けとめてくれると。

 1、2歳のあの頃は、泣かれるだけでおろおろしていたお母さんが、「おにばばあ、うるせえんだよ」「今すぐ離さないと大嫌いになるからね」「怒りんぼお母さん大嫌い」「お母さんなんかあっちいっちゃえ」「ぶっ殺すぞ」なんて悪態つかれて腕の中で大暴れされても、「よしよし」と受けとめられるようになっているのです。「あの頃は張り合ってあげられていなかったのが今は分かります。気持ちをきいてあげていたつもりだったけど、振り回されていました。さぞさみしかったでしょうね」と、筋肉痛になりながら体でやりとりして、年齢相応の態度を求める頼りがいあるお母さんになっているのです。

 そんなふうにお母さんが、子どもと真っ直ぐに向き合っていけるようになると、子どもは安心して訴えて、分かってもらえたと満足して、その後には素直に甘えるので親子の関係が親密になるし、子どもが無理なく頑張るようになるのでお母さんの安心が広がります。親子の歯車が噛み合って回り出し、しあわせが倍増していきます。そうなっていく過程では、お父さんも輪に入ってきて、夫婦の親密さも取り戻し、家族がまとまってくるのですから不思議です。子はかすがいという言葉が本当だと思うときです。

 お母さんが楽になると、それだけで子どもは楽にはなるのも事実です。だったらお母さんだけが癒していけばいいかというと、そうではないのですね。それだけでは子どもの心の中に引っかかっているものが残ってしまいます。待っている間に歯止めがかかってしまっているからですね。歯止めがかかったままでは、親子の気持ちの通りが悪いし、本来の自分が発揮できないですから、苦しい生き方になってしまいます。お母さんが楽になったら子どもの番にして、どちらも一緒に楽になっていってほしいです。すでにおとなになった息子と向き合っていると、小さいうちが楽だよって、子育て真っ最中の後輩に言いたいです。

 
TOPへ   HOME