←HOME

 私が見つけた癒しの子育てE


 @ A  B   C  D  E F  G
 

『ハチドリのひとしずく』

 『ハチドリのひとしずく』という本が、若者の間で静かなブームになっているそうですね。私はその本の存在をつい最近テレビで知りました。南米アンデス地方の古くて新しいお話だそうですね。

『ハチドリのひとしずく』
 監修=辻信一
 原画=マイケル・ニコル・ヤグラナス
 デザイン=佐藤晃一+ひねのけいこ
 制作・編集協力=(有)ゆっくり堂
 編集協力=環境ジャーナリストの会 芦崎治
 光文社

 森が燃えていました。
 森の生きものたちはわれ先にと逃げていきました。
 でもクリキンディという名のハチドリだけはいったりきたり。
 くちばしで水のしずくを一滴ずつ運んでは、火の上に落としていきます。
 動物たちがそれを見て『そんなことをしていったい何になるんだ』といって笑います。
 クリキンディはこう答えました。
 『私は、私にできることをしているだけ』


 燃えさかる森の火事の上に、ハチドリがくちばしからひとしずくひとしずく水をかける。懸命にいったりきたり。それで火事が消える見通しが立っているわけではないし、危険な目に遭うかもしれないのに、その時出来ることをしているハチドリなんですね。ハチドリの口から落ちるしずくがとても光ってきれいに見えます。私もそんな生き方がしたいなあ、出来たらいいなあ、そういう生き方が好きだなあ、でもとっても難しいなあと思って読みました。

 

ダダこねに遭遇して

 この間通りがかりの2歳くらいのお子さんが、ダダをこねて通路にひっくりえっていました。お母さんはそのすぐ前を、上の子らしい子どもと並んで歩いていたようでした。何がイヤでひっくり返ってダダをこねているのかはわかりませんでした。お母さんはちょっと振り返って、でもそのまま歩いて行きそうな気配でした。いつもの事、しょうがないわねという感じが伝わってきました。

 私がそのようすに気づいたのは少し離れたところでした。私もその方向に歩いていくので、どうしたのかな、お母さん大変だな、どうなるかな、などと思いながら、だんだんに近づいて行きました。いつものように私はどうしたらいいのかちょっと悩んで、でも何か行動を起こそうとまでは思わないうちに、ひっくり返っている子どもの3メートルくらい前に来ました。

 その時、私を通り越して30歳代くらいの女の人が、すすすーっとその子の傍に行って、両脇の下をかかえるようにして、すくっと立たせたのです。そしてその女の人はすたすた過ぎ去りました。その背中に向けてお母さんが、「ありがとうございました」と声をかけました。親子はさっきまでのダダこねはなかったかのように、手をつないでにこやかに歩き出しました。そこにはさわやかな空気が残りました。

 う〜ん、ただ者ではなかったなあ。

 

娘とお父さんの関係

 最近、娘とお父さんがうまくいかなくて……という話をけっこう聞きます。思春期になった娘の場合、お母さんとはうまくいくことも、お父さんとはぎくしゃくということがあるようですね。お母さんとしては、夫は娘がかわいくて、お父さんとしてそれなりに付き合おうともしているのに、娘に拒否されたり無視されたり、お母さんはそばで見ていて心を痛めているのですね。

 この間父の日だったので、中学生の娘とお父さんとの関係で胸を痛めていたAさんに、「父の日はどんなだった?」と聞くと、「それが……、夫ががかわいそうだった」とため息でした。娘に「今日は父の日だよ。どうするの?」と訊くと、「べつに!」という返事。今までは一緒に食事を作って、ありがとうの気持ちを届けていたのに、今年はそれもしてくれなかったそうです。しかたないのでAさんは、一人で食事を用意したのだそうです。寝る時間までなにもしないので、「せめて気持ちを手紙で届けたら?」と促すと、面倒くさそうに、「お父さんありがとう」と一行の手紙を書いて、ぽいっと置いて、寝に行ってしまったといいます。

 Aさんの娘さんは、うまくいかなくなったきっかけがあるそうで、それは娘さんがスポーツクラブをやめてしまったことだったそうです。お父さんがそのスポーツが好きで、父娘の共通の話題になっていて、お父さんも応援に行ったり、アドバイスしたり、お母さんも入り込めない二人の世界があったんだそうです。娘さんはやめたことで、お父さんをがっかりさせてしまったと自分を責めているのかもしれない、という話しにもなりました。大好きなお父さんの期待に応えられなかったことで、お父さんに顔向けできなくなる気持ちが、突っ張って出ることもありますものね。

 そんな話を聞いていたHさんが、「私もお父さんとはずっとうまくいかなかったの。結婚してからやっとずいぶん普通の付き合いができるようになったのね。でも今でも怒りをぶつけてしまうときがあるの。お父さん大好きなのに、面と向かうとやさしくできないのよね」と話してくれました。

 するともう一人居合わせたMさんが、「私の娘も思春期からずっとうまくいかなくて、おとなになってやっと少し口をきくようになったのね。小さい頃はとってもかわいがっていたのに、ほんとに気の毒だった。なんだか、小さい頃かわいがった娘は、大きくなってお父さんに反発が大きくなるのかしら」と言うのです。

 すると「そうかもしれない」と3人がうなづく。Aさんの娘さんも、小さい頃、というか最近まで、とってもかわいがって、ちょっと甘すぎるんじゃないと思うほどだったといいます。Hさん自身も、感情的に怒られることがあった反面、とってもかわいがられたそうです。Mさんの娘さんも、そんなに甘くていいのというほどのかわいがり方だったといいます。

 小さい頃かわいがられた娘は、思春期になって、お父さんをどんなふうに感じるようになるのでしょう。素直な表現ではなくて、八つ当たりではあるけれど、大好きだから反発して甘えているんでしょうね。お父さんは社会の入口的な存在だから、2歳頃のダダこねをお母さん相手に練習するのと似ていて、思春期はお父さんを相手に、おとなになるための練習をしているのかもしれませんね。特に甘やかしと思われるほどのかわいがり方をしてくると、もっと私の成長を助けてよと、突っ張るのかもしれませんね。お父さんが嫌われていると引かないで、練習相手になってあげたら、早くそこを抜けられるのかな。

 私自身は息子しか育てたことがないし、自分自身は、生まれてきた時にはすでに父親は亡くなっていて、父親との付き合いの体験がないのです。娘から感じる父親ってどんななんだろう。Aさんの娘さんも、娘としてのHさんも、Mさんの娘さんも、お父さんにそんなふうに甘えられていていいなあって、大好きいっぱいあるんだなって、ちょっとうらやましい気持ちになりました。


 

『子どもは笑う』を読んで

  『子どもは笑う』

子どもが笑っている
ひとりで笑っている
ひとりでに笑っている
誰もいない野原で

丘のほうからふいてくる風
さっき岩の上で見た虹色のトカゲ
泥まみれの友だちの泣き声の谺
祭りの太鼓の思い出
頭の真上のまぶしい太陽

見たもの聞いたもの
嗅いだもの触ったもの
それらすべてにくすぐられて
子どもが笑っている

今いのちが生まれているのだ
子どもの中に


子どもには百千もの笑うわけがある
それが大人にはただひとつにしか見えない
子どもが笑っているだけで大人は安心してしまう

だが子どももまた
苦しみを笑うすべを知っている
垢だらけの無垢をあらわに

子どもはもう
大人を嘲るすべを知っている
あどけない笑顔を武器に

百千もの笑顔を
大人は見分けているだろうか

どこで覚えたのか
いつ覚えたのか
笑うことを
大声で泣きながら
この世に生まれたあとで

この世と戦うためにほほえむ子ども
この世と和解するためにほほえむ子ども
どんな貧しさも
どんな富も子どものほほえみを奪うことは出来ない

         集英社 「シャガールと木の葉」 谷川俊太郎


 つい数日前に、Kさんが教えてくれた詩です。愛と哀を併せ持つ子どもの笑顔。子どもってそうだよな。私たちも子どもの頃そうだったよな、って思って、みなさんに紹介したくなりました。

 この詩を読み終えて切なさが残りました。その切なさは、私の子どもだった頃の哀とつながったからかもしれません。愛があったはずなのに、心にいつも感じていたのは哀だった気がします。でもその哀をこれっぽちも見せないで、哀があることさえ感じ取られないように笑っていた。母親は、笑顔でいれば安心していて、哀には気づいていなかったでしょう。母親は自分の哀でいっぱいいっぱいで、私の笑顔がなによりの救いだったと思うから。今はそれもよかったと思えるようになったけど、ずっとずっと苦しかった。

 でもそのすぐ後に、母親としての自分も、わが子の愛は受け取ったけど、哀は見えなかったことも思い出した。哀があることにも気づかず、笑顔に安心してしまっていた。自分の幼い頃と同じだった。

 そんなことに気づいたのは、癒しの子育てを知って、そして自分と向き合ってから。知った今は、子どもの、そしておとなの、愛と哀が隣り合わせにあることがよく見えるようになった。

 

「分かれ道」のワーク

 和く輪く舎での講演会のプログラムを考えているうちに、生まれたワークが「分かれ道」です。天心の集いでもよくやるワークとなりました。スタート地点では一本の道が、途中で二本の分かれ道になります。講演会では幼児期のしつけと重ねてのワークとしてやったので、一本はお母さんが導こうとする道、もう一本は好き勝手にしたい道、という設定です。お母さんが来てほしい方の道の先から「おいでー」と呼びます。子ども役で体験している人は、その時の自分の気持ちのままに体験します。ワークでは、我が子の気持ちがわかったり、自分と母親との関係が出て来たり、自分の生き方が出て来たり、新しい自分に出会ったり、さまざまな体験になっていました。

 先日個別のセッションに来られたお母さん(Aさん)にも「分かれ道」のワークをしてもらいました。Aさんには「幸せになってはいけない」という信念(間違った思い込み)があることがわかっていました。まだ自己否定感から抜けぬけだせなくて、苦しい気持ちに占領されて、落ち込んでしまうことがけっこうあるようでした。「幸せになってはいけない」という信念が、楽になっていくことを邪魔しているように思えたので、分かれ道で、「幸せになる道」と「幸せになってはいけない道」とを設定してやってみてもらいました。

 Aさんは分かれ道のところまでくると、躊躇することなく「幸せになってはいけない」方の道に突き進んで行こうとしました。サポートする人が3人いたのですが、その3人が必死で止めたのですが、もう止めるのが大変なくらいの力でそっちに行こうとしていました。幸せになってはいけない確信に満ちていました。そんな固い信念があるのには深いわけがあるのでしょうけれど、みていてとても切なかったです。Aさんも終わってから、そんな自分が居ることにびっくりしたと言っていました。その日はそんな自分に出会ったところで終わりにしましたが、出会ったことからまた何かが始まるのですよね。そして、必死で止めていた3人が、Aさんの夫と娘と息子にだぶってみえました。Aさんが幸せになる道に行こうとしてくれるまで、3人は必死であの分かれ道で、Aさんを止めるのでしょうね。Aさん、3人がいてくれてよかったね。

 また、Bさんは天心で「分かれ道」のワークをして、すごい気づきをしたと感想をよせてくれました。

 Bさんは分かれ道のところで迷ったそうですが、行きやすい道には行こうとはせず、お母さんの待っている道を味わいながら進んだそうです。最後まで行って気づいたのは、行き易い道は易きに流される道、周りの友達に合わせて自分のやりたいように遊んだり、進路を選んだりする道。そしてお母さんの望む道は、Bさんが家族の問題の面倒を見ながら、窮屈な思いをしながら大した事もできない道とわかったそうです。

 分かれ道の所で、母役のスタッフが「お母さんが応援してあげるから」という言葉をかけてくれたら、反射的に「お母さんは私を応援するなんて無理」と思ったそうですが、導かれて「母の道」を歩き終えると、それぞれの道が違う意味合いを持って見えてきたといいます。行き易い道は自分見失ってしまいそうな道、お母さんの望む道こそは自分の生きる道だと思ったそうです。

 ワークはそこで終わったのですが、後日談があって、それがまたすごいのです。ワークでの余韻がじわじわと広がって、その後、お母さんが、自分の人生をしっかり歩けるよう応援してくれているんだ、と思えたそうです。ワークの中では応援してくれるなんて無理と言ってたのにです。どうしてそんなふうに思えたのかはわからないけど、なぜかそう確信的に思ったそうです。水面下で深く浸透して、無意識での変化なんでしょうね。Bさんはお母さんをそれほどに身近に感じ、肯定的に受け取れたのは初めてのことなのかもしれません。すごいことですよね。

 「分かれ道」のワーク、実はまだ自分では体験してないのです。私の分かれ道はどんな分かれ道なんだろう。今度ぜひやってみたいものです。


 
 

腰の痛みからおねしょの頃に

 この間また腰が痛くなりました。どうやら腎臓と関係があるらしくて、1か月前くらいに痛くなった時は、腎臓のケアをしたら直に治りました。ところが今回は同じようにケアしてもなかなかよくならなかったのです。それで腰痛の言い分を聴いてみました。そしたらなんと、小6までおねしょをしていたことに行き着きました。おねしょをしている自信のない自分と、おねしょをしている自分を裁いている自分との葛藤があるみたいでした。今までおねしょをしていた自分とは向き合ってこなかったので、ここにいるよって存在をアピールしてきたのかな。

 おねしょを繰り返ししてしまって、自信をなくしているのかなと、自信のない自分に焦点を当ててみました。確かにおねしょをする自分は否定していました。毎日朝がとってもいやでした。母親にそのことで怒られた記憶はないけれど、母親のがっかりは伝わっていましたから、またしてしまった自分が情けなくて仕方なかったです。母親が布団を干してくれるのだけれど、地図がはっきり見えてしまって恥ずかしかったです。しばらくその頃の自分をよしよししました。それから、いつからおねしょをしていたのかなって掘り下げてみましたが、いつからかははっきりしないのですが、自信のない自分は、どうやらそのもっと前からいたようでした。

 自信のない自分はいつからいたのかなあって、さらに自分の内面に問いかけていったら、なんと母親のお腹の中にいる小さな小さな自分に出会いました。小さな小さな自分は、存在することに自信がないのでした。それはすぐに納得でした。母親が私を育てる自信がなくて、お腹に中で育っていくことも喜べなかったのでしょうし、生まれてきていいよって思えなかったかもしれないからね。小さな小さな自分は、存在していていいかわからなくて、自信がなかったのはよくわかる。

 それで、寄りそっていてくれた人が座っているお腹のあたりに、自分の頭がいくように横になって、包み込むようにしてもらいました。そして「存在していいんだよ」繰り返しいってもらいました。小さな小さな自分は、その言葉をなかなか受け取れなかったけど、包み込んでもらっているあたたかさと安心は受け取っていました。

 そしてその役割を交替してみました。私がお母さんになって、相手に小さな小さな自分になってもらって、包み込んでみました。愛おしい自分でした。「自信がないんだね」「自信がなくてもいいよ」「そのままでいていいよ」と言ってあげたら、それは受け取ってくれて、ほっとしていました。存在することに自信がない自分も大事な自分と思えました。

 腰痛はそれでケロッという訳にはいきませんでしたし、体のケアと休息もなくてはなりませんでした。が、自信をなくした自分と向き合ってからの快復ははやかった気はしています。体と心は確かに繋がっているという体験をまたしました。

 

「かわいい!」

 2歳半になるUちゃん、和く輪く舎での天心の集いにお母さんが参加して、その間スタッフが保育で預かっていました。私がその部屋に入っていったら、Uちゃんが「かわいい!」「お花かわいい!」と、エプロンの花柄をみて言ってくれました。どこにでもあるようなありきたりの花柄なんですけれどね。かわいいUちゃんにかわいいと言ってもらって、とっても幸せな気持ちになりました。お母さんに報告したら、最近電車の中とかでも、となりのおばさんに「かわいい!」と声をかけるのだそうです。かわいいUちゃんに言われて、みんなとってもうれしそうにしてくれるそうです。Uちゃんの周りに、しあわせの輪が広がっていくね。


気持ちだけはわかる

 今回もまた、朝の連続小説『ファイト』からですがお付き合いください。なぜって、ある日の場面が、まさしく抱っこ法だったので、伝えたくなったのです。

 お父さんの工場が倒産して、お母さんは下の息子を連れて旅館の住み込みで働き出しました。お父さんと主人公優(高1)は、家を売ってしまったので、閉鎖した工場に寝泊まりしています。優と優の親友とは、そのお父さん同士の仕事のいざこざに巻き込まれて、ギクシャクしてしまって、優は学校に行けなくなります。お父さんは自分の責任だと自分を責めていて、その裏返しで、学校に行けない優を追いつめるように言ってしまいます。

 優が心配で、仕事を休んで帰ってきたお母さん、優の憔悴した姿に胸を痛めます。何が原因で学校に行けないのか、どうしてあげたらいいのかと、担任に相談に行ったり、優の相談相手になってくれている大学時代の友達に訳を聞こうとしたり、オロオロしています。お母さんは、優が前から出入りして、一つの心の拠り所にしていた厩舎に来ていて、馬のようすを見て、「気が立ってるんだね!」と共感して、よしよししている馬飼いの人に、「馬が気が立っている訳が分かるのですか?」と訊きます。「いやあ、訳は分からないけど、気持ちだけは分かる。気持ちだけはね」とその人は答えます。

 夕方になってお父さんと優が待つ工場に帰ってきたお母さん、夕飯の用意をしている優の背中をじっと見つめます。その雰囲気を感じて、お父さんも何も言わず二人を見つめています。その時優が熱い鍋に手を触れて「熱い!」と叫びます。慌てて近寄ったお母さん、優の手を取って水道で冷やします。優の手を包み込んでいるので、身体も触れ合っています。手や身体から気持ちを感じ取ったお母さん、「つらいね」「ずっとつらかったね」と優のつらさに共感して、もう片方の手でそっと抱きしめます。優はつらさを分かってもらって、包み込んでもらって、ひとりで抱えていたつらさが解けていきます。お母さんも泣いています。二人の気持ちがつながって、心が一つになっていました。

 その場面は何度観ても(録画してあるのです)、私も涙が流れるのです。つらい優だけど、心配して切ない気持ちの親だけど、なぜかあたたかい涙なんですよね。 


ヤケドをさせしまって

 この間和く輪く舎に来られた親子が、昼食を相談室で食べていました。私はもうすんでいたのですが、ちょうど出版社の方が打ち合わせにみえてお茶を出すことになりました。茶碗にお茶を注いでお盆にのせて、その方は充分注意していたのですが、テーブルにおいた急須に注意が行き届かないで、引っ掛けてテーブルから落としてしまいました。そしたらちょうどそこで食事をしていたお母さんの足に、急須に残っていたお茶がかかってしまい、足の裏にヤケドをさせてしまいました。慌てて流水で冷やしてもらって、その後氷で冷やしていたので、帰る頃には赤味も消え、歩くのも大丈夫になってほっとしてさよならしました。夜に電話をしてようすを聞くと、帰りの電車の中ではそのことを忘れていたくらいなので大丈夫ですと言ってもらって、さらに安心しました。

 でもそのことがまだ心の中にずきずきしています。まず、自分がその時急須を引っ掛けて落としたことに気づかずにいて、「熱い!」とそのお母さんはびっくりして声をあげたことで、私は初めて事の次第を知ったのでした。自分の行動が見えていなかった、足の先まで意識していなかった、そんな自分にまずショックでした。いつもなら、ああ注意していたのにやっちやったとか、あそこでこうなったから引っかかったんだとか、その時のそうなった状況をわかるのですが、急須の時にどうしてそうなってしまったのかわからないのです。スタッフに「歳だね!」と言われましたが、そういうたぐいの失敗でした。

 それにやっぱり人様を傷つけてしまったことが一番のずきずきなんですね。傷は癒えているし、相手は許してくださっているし、最初から責められることも全くなかったのですが、それでもずきずきは残っています。相手はもうそんなに気にしないでと言ってくださいます。だから今となってのこのずきずきは、相手との関係で生じたものとはいえ、自分のものなんですね。そしてそれはもしかしたら、もっと以前の、幼い頃のずきずきとつながっているのかもしれませんね。このずきずきは何なのか、かかえていてみようと思っています。

 そしてもう1つ思ったのは、人を傷つけてしまったことは、相手との関係が安心になったにしても、自分自身の中にずきずきとして残るものだということを実感したら、子どもたちが怒りや怖さの気持ちに乗じてうっかりお母さんやお友だちを傷つけてしまったとき、ずきずきがきっと残るんだろうなということです。私の今のずきずきも、もしかしたらそんな幼いずきずきとつながっているのかも。だったらやっぱり、乱暴な行為は止めてあげたいなと思いました。先日もお母さんに殴る蹴るをしてしまうお子さんの相談で、お母さんはそうやることで気がすむなら受けてあげたいと言われました。子どものつらい気持ちは全部とってあげたいという親心のあたたかさからの思いなのですが、子どもに残るのはずきずきかもしれませんね。

 この文章を書いたのが25日の午後。その日はテレビをつけなかったので、夕刊を取って知った兵庫県での電車事故の大惨事。私のずきずきなんかどっかに吹っ飛んでしまいました。こんなちっぽけなずきずきのことを書いてどうするという気持ちもして、やめにしようかと思ったのですが、自分の中のずきずきが、この大惨事の大きなずきずきとつながっていく気もして、そのままにしておくことにしました。

 

気持ちのすれ違い

 朝の連続小説『ファイト』をまたとびとびですから観ています。主人公優は高校一年生。親友と同じ高校に受かり、部活も同じソフトボール部。まだ下っ端で、活躍できないで悶々としています。やっと代走をやらせてもらったけど、ホームでアウト。がっかりしていました。練習も終わり片づけている時、親友が監督に積極的に打ち方を訊いていて、監督も一生懸命教えていて、それを見て優は裏切られた気持ちになった、というところで今朝は終わっていました。親友二人の関係はどうなるのだろう。

 優の親友にしてみれば、優を裏切るなんて気持ち全くなくて、純粋にうまくなりたい気持ちだったと思うのですが、優にしてみれば裏切られた気持ち、その気持ちも真実なんですよね。すぐに「裏切られた気持ちになったよ」と言えれば、そこでお互いの気持ちを伝え合って、なんだそうだったのねと和解しますから、親友の関係に響くことはないでしよう。でも言えないとそこから溝ができてしまうのですよね。

 言えない時ってどんな気持ちが邪魔するのでしょう。そんなこと感じた自分はダメ、そんな自分を見せたら嫌われてしまう、なんて気持ちなんでしょうか。裏切るなんてひどいと怒っていて、あっちから言ってくるまで許さない、なんて気持ちなんでしょうか。優と親友の場合、もし優が裏切られたという気持ちでいっぱいになって、親友に近づけなくなったとすると、親友の方はなにがなんだかわからないでしょうね。そんな時親友から、どうしたの何か変だよと言ってくれれば、そこから気持ちを話せるかな。でも親友もなんだかわからないまま言えないでいれば、お互い心の距離ができてしまいますよね。

 こんな気持ちのすれ違いを日常でよく感じます。この間は隣の人とのことで感じました。我が家は3階建ての一戸建てで、屋上に洗濯物を干すようになっています。この間曇っていたけど、風で乾くので、洗濯物を干しました。三回に分けて洗濯機を廻していて、3回目が終わって干した時にはお昼を回っていて、なんだか今にも雨が落ちてきそうになりました。それでもちょっとだけでも干したら水切れすると思って干しました。その後、昼ご飯を終わって外を見ると、やはりぼちぼち落ちてきたようす。右隣の家で布団が干されていたのを思い出して、まず玄関を出て右隣に知らせました。そして屋上に上がって、まだ水切れまでもいかない洗濯物、取り込んだらいいかどうしようかと空を眺めて迷っていました。その日は左隣の家も干すのが遅く、私と同じに乾いていない洗濯物、取り込んだらいいのかと迷われているのかなあと思いつついました。ところが次の瞬間には大粒の雨になりました。ああ大変これでは取り込まなければと、一つ二つ取り込んで、その前に左隣に知らせなければと思っていた時、左隣の人が取り込みに出て来ました。ああよかった、と思いつつ取り込むのに忙しくしていました。隣の方が洗濯物の量が少ないので、すぐに取り込み終わって、気がつくと居なくなっていました。

 いつもならお先にと言い合っていたのに、今日は黙って居なくなられたなあと後から気づいて、ちょっと変と思いました。こんな時はなにか悪いことを私がしたのではと、自分に非を見つけるのが得意です。そうだ、右隣には知らせたのに、左隣に知らせなかったことになってしまって、それで気分悪くされたのかな。自分の中では差別していたわけではなく、布団だったからすぐにと思ったし、干したばかりの洗濯物だったからどうしようと考えていたわけでした。でも左隣の人から見たら、なぜうちには知らせてくれなかったの?ということになったのかなあ。取り立てて説明することでもないから、そのまま過ぎていきましたが、気持ちのずれはできたのかなあなんて気になっています。親友とは違ってそれならそでもいいのですがね。

 もっとも、気にしているのは私だけで、相手はなにも感じていなくて、ただあの日は慌てていたから、声をかけなかっただけかもしれないのですよね。気持ちってけっこうやっかい。自分の一方的な感じ方も大きいし、伝えにくいし、そして気持ちのすれ違う時って、些細なことなんですね。

 

重苦しさに浸って

 あることをきっかけに、重苦しい気持ちが、かなり大きく胸のあたりに陣取っていました。自分でちょこちょこと、ちょっとしたワークをしてみても、なかなか小さくなってくれませんでした。持ち続けている時なのかなと思って、かかえ続けていました。

 そんな中、相手のいる自分の時間に、その胸の重苦しい気持ちと向き合ってみました。言い分を言葉にしたり、胸の感じるあたりをなでなでしたみたり、かけてほしい言葉を言ってもらったりしましたが、あまりいい感じになりませんでした。それで、その重苦しさを、体で感じてみることにしました。相手の人に、肩に両手をおいて体重をかけてもらい、その重苦しさにぴったりになるまで重みをかけてもらいました。もっともっとと重くしてもらって、その人の全体重をかけたくらいになってもまだ足りないくらいの重さでした。その人の全体重をかけてもらって、胸の重苦しさにひびかせて、しばらくその重さに浸っていました。そしたらある時点で、その重苦しい胸の広がりの真ん中あたりから、ぴょこんと、「悲しい」気持ちが飛び出してきました。「なんだ私悲しかったんだ」と気づいて、その悲しみに浸ると、悲しみが全身に広がって、ひとしきり涙が流れました。その後では、その悲しみはかなり小さくなって、胸の重苦しさもほとんど感じなくなりました。

 

Aちゃ〜んAちゃ〜ん!

 相談室和く輪く舎でのある日のこと。4歳のお姉ちゃんと2歳の妹の、抱っこのセッションが終わった時のことです。お姉ちゃんがなんの訳もなく、妹を何回も呼ぶのです。「Aちゃ〜ん」と呼んで、ちょっとしてまた「Aちゃ〜ん」、またちょっとして「Aちゃ〜ん」。そのうち、「Aちゃん」「Aちゃん」「Aちゃん」と連呼。その呼ぶ声からは「かわいい〜!」というのを超えた、存在そのものを歓迎しているような、ありのままを受け止めているような、とてもあたたかい包み込むような響きでした。聴いている私の心がとってもあたたかくなりました。Aちゃんはそれほど反応してはいないように見えましたが、心の深いところで受け取っていたでしょう。こんなふうに呼んであげられるお姉ちゃんに感動しました。帰り間際だったし、自分が感じて受け取ったものがこんなにすてきなものだったこと、お姉ちゃんのすごさが後からふくらんだので、その場でお姉ちゃんに返してあげられないで送り出してしまいました。今度来たときには、Aちゃんを呼んでくれたように、お姉ちゃんに呼びかけてあげたいと思っています。

 「♪おかあさ〜ん、おかあさん、おかあさんてばおかあさん。な〜んのごようもないけれど、なんだかよひだいおかあさん♪」という歌の歌詞を思い出していました。お母さんという存在も、きっとなんの訳もなく呼びたくなるのでしょう。そしてそんなふうに呼んでくれたら、呼ばれるお母さんもとってもうれしいでしょう。

 
TOPへ   HOME