←HOME

私が見つけた癒しの子育てD


 @ A  B   C  D  E F  G
 
 
『自閉症の僕が跳びはねる理由(わけ) 』  欲しいと言えない  「わたしはわたし ドッチボールでもいいんだよ
心の置き場  赤ちゃんとの体話  往きと帰り  とっさに動けない 
怒りの奥に悲しみが  木を見て森を見ず  失敗と後悔  大好き大好き大好き 

『自閉症の僕が跳びはねる理由(わけ) 』

 東田直樹くんの最新刊、『自閉症の僕が跳びはねる理由(わけ) 』(エスコアール出版部)を読みました。読み終わって、自閉症といわれる人たちが、思っていた以上に生き難さを持っていて、でもその生き難さに翻弄されやすく困っていて、でもそこから出て、みんなの中で生きたいんだということを知りました。見せかけで判断しないで、内面とつき合ってほしいと伝わってきました。

 私が三十代に通園施設の保母(今は保育士と呼びますね)をしていた頃に、初めて自閉症の子どもたちと出会いました。その頃は自閉症という診断名がまだ一般的ではなく、知的障がいということで、就学前の幼稚園という感じで通園施設に通ってきていました。障がいを持った子どもたちの中でも、付き合いが難しい子どもたちが自閉症だったんだと思います。その子どもたちをどう理解し、どうしてあげたらいいかわからなくて、毎日試行錯誤していました。

 お子さんの一人は、終日外で砂を手にすくってはさらさらと落とすことをしていました。それをしていることで楽しんでいるようには見えませんでしたが、落ち着いているようには見えて、ずっとそれをさせてあげていていいのか、いつも迷っていました。言葉でのやりとりは全くできずにいて、その頃の私は見せかけの姿しか見られなくて、わかっていないと思っていて、ちゃんと説明したりせずに、次の行動に誘ったりしてしまっていましたね。ある日の給食にバナナがでたのですが、そのお子さんが自分の分を食べ終わって、もっとほしそうにしていたとき、「バナナちょうだい」と言ったのです。とってもかわいい声で言ったのです。話したことなどなかったので、一瞬耳を疑いました。でも確かにその子さんが話したのですね。もちろんすぐにバナナをあげましたが、卒園までの間に、聞いた言葉はそれだけでした。その頃はそれがどういうことなのかわからないまま、そのお子さんの内面も知らずに、卒園となってしまいました。

 一人のお子さんは、部屋の棚の上に段ボールを置いて、その中にいつまでもじっとしていました。怖がりで、大きな音や人の突然の動きにすくんでしまうので、少し高い位置にある段ボールの中にいて、辺りを見回していると安心していられるようでした。給食やトイレのときは自分から出てきて、保母の手を取って一緒に行動していました。行事などで、大きい部屋でみんなで集まるときは、こちらから誘い出して連れて行くのですが、その時は抵抗して大変でした。そのまま箱の中にいさせてあげられたらよかったのかどうか。でも保母の手はそんなになく、そのお子さんを一人そこに残しておくわけにはいかないので、連れて行くことになっていました。大きな部屋は騒がしいですから、保母にくっついていて、ずっと耳を塞いでいましたね。

 一人のお子さんは部屋の中にいることが苦手のようで、すきあらば部屋の外に飛び出してしまって、ぴゅーっと庭の端から端へ走り回っていて、呼んでも知らん顔で、給食時間や活動は我関せずのような感じした。動かずにはいられない感じはしていましたが、それが楽しいという感じはしないけれど、他の楽しいことも見つけてあげられずに、そうして走り回るのを見守ったり、付き合えないときには部屋の中にいてもらいました。部屋の中にいるときは、なるべく隅にいて、触れられるのも警戒していましたね。極度の怖がりだったのかもしれません。なので他のお子さんが近づくだけで押してしまったり、触れられると大暴れになったりしていました。着替えとかトイレとか食べるとかの関わり一つ一つで騒動が起きていましたね。気持ちをわかろうとはしていましたが、わからなくて、怖がりを和らげてあげられなかったですね。

 通園施設の保母をやめてから抱っこ法に出会い、相談室を始めた頃から、また自閉症の人たちとつき合うことになりましたが、抱っこ法的なやりとりで気持ちがわかるようになって、通園施設での子どもたちのことも、こういうことだったのかなとわかってきて、もっとこうしていればよかったと、反省ばかりでした。でもね、みんなみんなかわいかったですよ。

 今では、自閉症といわれる人たちが、見せかけと内面とのギャップがすごくあることはよくわかって、内面と付き合えるようになってきました。でも本当にはわかりきれないのでしょうけれど、直樹くんのように発信してくれると、わかろうとする手がかりをもらえて、また近づける気がします。でも確かに違う面があるようには思うけど、本質的には何も違わないことも確かだと思うのですよね。

 

欲しいと言えない

 相談室に連れられてくるお子さんは、電車や汽車の好きな子どもが多くいます。特に男の子ですけれどね。それで毎年、電車や汽車のカレンダーを使うようにしています。月ごとに変わるカレンダーなのですが、部屋の奥につるしてあるのに、入口の方から目につくのですよね。子どものところからカレンダーまで、6メートルはある距離で、写真はけっこう小さいのに、なんの電車かちゃんとわかるのですよね。

 ある日二人の男の子が居合わせて、前の月のいらなくなった汽車のカレンダーを欲しいと思ったようでした。そして一人は「欲しい、欲しい」とお母さんに言えて、お母さんが「いただけませんか?」と私に訊いてこられました。私は、その時点では、もう一人のお子さんも欲しがっているとは知らなかったので、どうぞと差し上げました。

 ところが帰る頃になって、そのもう一人のお子さんも欲しがっていたことが判明。そのお子さんは言い出せなくて、でもお母さんにはぼそっと言っていたみたいだったのですが、そのアピールが弱かったので、お母さんも流してしまって、そして本人もそれ以上は言えなかったようでした。でも欲しかった気持ちは同じくらいにあったようで、悔しい思いをしたようでした。知らなかったとはいえかわいそうな思いをさせてしまって、謝ったのですが、心の痛みが残りました。

 その心の痛みは、欲しいと言えない自分のおさな心に響いたのかもしれません。私も言えない子どもだったので、言えなかったお子さんの気持ちがよくわかったのです。私は、欲しいもイヤも言えなくて、いつも悔しい思いやさみしい気持ちでいました。言えるとどんなにかいいのにと思うけど、その時になると言えないのですよね。欲しい気持ちを隠して、どうぞ!と自分から譲ってしまったりもしていました。言わないと欲しがっているのも嫌がっているのも、相手にはわかりませんよね。でも幼い私は、言えないけどわかってよ〜、言えないんだからわかってよ〜、と思っていたようです。

 私は自分探しをしてきて、今はけっこう言えるようになってきました。その言えなかったもう一人の方のお子さんも、今から甘え上手になっていけば、きっと言えるようになるからね。言えない気持ちもわかろうとしてもらおうね。言えないでいることに気づいたら代わりに言ってあげるからね。

 

「わたしはわたし」

 自責で苦しんでいるお母さんたちのなんと多いこと。精一杯できるだけのことをしてよくやっている自分は見えなくて、もっとこうだったらああだったらと、そうできなかった自分を責めてしまうのですよね。そんなお母さんたちに秀雄からのメッセージ。あるお母さんに書いた返事の一部なんですが、シェアさせてもらいますね。

 「最近、これまでずっと自己否定に悩んできたあるお母さんから、小学生の娘から親身になって支えられているという実感を味わえるできごとがたまたまあって、親子で泣いて、お互い涙を拭きあったら、何だかそれですっきりして、「これまで至らないところもあったけれど、私なりに精一杯やってきた」と思えるようになり、責めていた自分のことも、プラスでもマイナスでもなく、淡々と感じていられるようになった。「そう、これが私。私は私、それ以上でもそれ以下でもない私」と思えるようになったことが、何だかいい感じなのだとのことです。

 「これがわたし。わたしはわたし、それ以上でもそれ以下でもないわたし。これでいいんだね」と自分で思い、「それがあなた。あなたはあなた。それ以上でもそれ以下でもないあなた。それでいいんだよ」と相手が言う。そんな関係がすてきですね。

 また、数日前の新聞で、重いガンを病む我が子に居ても立ってもいられなくなった父親が書いている文章を読みました。「かわいそうにと相手を慈しんでいるようで、実は、自分がつらさを見たくない、ということだったんだ」ということに気づいたら、「子どものつらさに寄り添うのではなく、私の中に投げ込まれている私自身のつらさに寄り添うしかない」と思えるようになり、「あなたはあなたの生を生きよ。父さんは父さんの生を生きる」と腹をくくったら、「かわいそうな我が子ではなく、精一杯その時々のいのちを輝かせている我が子」として見えてきたそうです。

 この父親はお坊さんだそうですが、それでもこう思えるようになるまでには長い月日がかかったことでしょう。でも、「小さい悲しみはやがて消えていく。深い悲しみは私を育てる。大きな悲しみは慈しみにつながる」というその父親の最近の心境を聞くと、人生って何が起こっても、まんざら捨てたものではないな、と私も思うのです」 


 

ドッチボールでもいいんだよ

 お子さんとキャッチボールしていますか? それともドッチボール? あ、ボール遊びでなくって、親子のコミュニケーションです。

 以前、NHKの『ようこそ先輩』という番組で、元プロ野球選手の村田兆治さんが、6年生の生徒に、キャッチボールの体験授業をしていました。村田さんは、キャッチボールが上手になる指導をしていたわけではなく、それを通して、心のキャッチボール、コミュニケーションを伝えていました。「キャッチボールから、人を思いやる気持ちが生まれ育ち、いつか心と心が通じ合っていく」という信念をお持ちのようでした。

「相手の胸に、とりやすいボールを投げてあげる思いやり」
「とりやすいように胸に一生懸命投げようとする。それでもそれた時には、とる人が正面でとる努力をする」
「心と心のつながり、相手の気持ちになって、うまく伝わっていく」

 そうだなあと思って観ていました。でも、ボールでのキャッチボールのようには、気持ちのキャッチボールはうまくいかないものですよね。特に親子や夫婦となるとなかなかで、ドッチボールになりがちですよね。

 先日、援助者仲間のある人が、「ドッチボールもいいんだよ」という話しとご自分の体験を聞かせくださいました。ドッチボールも大事なコミュニケーションなんですね。そのおたよりをここに紹介しますね。

 最近<コドモ塾>で学んだことがあります。子どもとドッチボールは大いにやっていいと思うのです。

  #従来のルールは、中の人は、ボールを当てられたら、アウト!
   だから、強い球は、必死の思いで受けるか、逃げるか・・でした。
   親子のコミニケーションのドッチは、
   ボールが飛んできます。両手で、ブロックします。
   球は、「ポテッ」っと落ちます。止めたからセーフ。

   相手は子どもだから、ヘロヘロボールだもん、止められる。
   そして、地面に落ちたボールを落ち着いてゆっくり拾って
   「どこから来たのかな?」「どうやって返そうかな?」って考える。

   「おとなだから、全部うけいれなくては・・」と無理していると、
   受け入れ準備ができていないボールが来ると、
   「なんじゃこりゃあ〜」と剛速球投げ返していまうんです。

   受け入れる前に、先ず、受け“止めて”あげればいい、
   「あっ、ボールだね」と認めてあげるといい
   それが受け入れるの始め

 と聞いて、なるほど!と思いました。

  先週、次男が少し思春期をやりまして、しゃべらない、無断外泊(もう21歳ですから、自己責任でいいんですけど・・・)、 無言で部屋の壁をドンドン叩く・・・ばあちゃんが怖がります。「剛速球、当てにきたな・・・」と思って、「ポテッ」をしてみました。ボールをよく見て、抱きしめて、信頼できる友人にパスして、そこから、次男に返してもらいました。成功!4,5日でキャッチボールできるようになりました。抱っこを知ってると、そのボールを抱きしめられるんですね。これ発見です。

 

心の置き場

 心ここにあらずだった1か月前。心がどこに行ってしまったのか探しにいこうと、自分と向き合うことをちょこっとした時間にしていました。なんだか深い悲しみが見え隠れしていました。これはちょこっとでは向き合えそうもないなあと、もう少し先延ばしにして、ゆっくり向き合おう。それまでは心ここにあらずでも仕方ないなぁ。

 そんなふうに思っていた時、もらったメールで、なんだかとっても安心して楽になって、心がここにあるようになってしまいました。

 「私もこころここにあらずだなぁって、芳子ちゃんのこと思い出して、なんか一緒みたいでうれしかった。そういうので一緒もうれしいって思っていたんだからね。私のこころもここになくて、芳子ちゃんのこころもそこにはなくて…、もしも、わたしのこころが芳子ちゃんのところにあって、芳子ちゃんのこころが私のところにあったら、芳子ちゃんがわざわざ探しにいかなくても、わたしが届けてあげるからね」

 「芳子ちゃんのこころは私が持っていていいんだね。私のこころも芳子ちゃんが持っていてくれたらいいなぁ。こころここにあるって私も思っていたのに。こころがここにないときって、自分ではなかなか気づけないものなんだね。でも、私のこころも芳子ちゃんのところにあるって思ったらすごく安心したよ。芳子ちゃんも私のこころ、預かっていてね。不便なときもあるけど、東京にあるなんて思うと、芳子ちゃんのところにあるなんて思うと、なんかうれしく感じてくるよ。芳子ちゃんのこころここに置いて、私も、いつでも、抱っこしているからね」

 私の心はどこに行っちゃったんだろうと、はてしない宇宙を探すような気分でいたのが、心がその人のところにあると思ったら、なんだかすごく安心してしまったのです。なんだ、その人のところにあったんだ。よかった。必要になったら届けてね、今はそこに置いておいてね、と思ったら、不思議と心がここにあるのです。これって、大きな存在に包み込まれて、大きな存在に預けられたってこと? その人は私を大きな存在にいざなってくれた? それともその人が私の大きな存在になってくれたの? 心の有り様ってふっと変わるんですね。


 
 

赤ちゃんとの体話

 少し前の日テレを観ていたら、「泣きたいあなたへ 笑ってコラえて!」のアンコールの番組が流れていました。仕事をしながら何となく見ていたのですが、一つの話題から観続けていました。それは、ご夫婦に待望の赤ちゃんが誕生した話しでした。1回目の妊娠は流産で、2回目の妊娠が死産で、3回目に元気に生まれてきてくれてほんとにうれしそうでした。

 産院を退院してから、死産だったお子さんのお墓に報告に行って、その後の自宅でのインタビューの時のことです。お母さんが赤ちゃんを抱っこして、先ずお母さんが生まれてきてくれたうれしい気持ちを伝えました。赤ちゃんはじっと聞いていました。次に隣にいたお父さんも、赤ちゃんにしあわせな気持ちを伝えました。その時もじっと聞いていた赤ちゃんでしたが、「二人分のしあわせを持ってきてくれたね」というような言葉の、「二人分」とのところで、赤ちゃんは体をもじらせて、応えていました。赤ちゃんに一番届いた言葉だったのですねきっと。抱っこ法で体話を知っているからわかったその反応でしたが、生まれて間もない赤ちゃんも話がわかることを見せてくれていました。

 それからもう一つ、NHKの「食彩浪漫」を観ていたら、荻原次晴さんのお子さんが出てきて、膝の上に抱っこして映りました(赤ちゃんは生後3〜4か月くらい、首が座った頃に見えました)。アナウンサーが「○○ちゃんは何になるんだろう」と言うと、お父さんの次晴さんが、「それはスキー選手だよな」と赤ちゃんに言うと、赤ちゃんが「うん、うん」とうなずいたのです。そしてさらに、「オリンピック選手だよな」と言うと、また「うん、うん」とうなずいたのです。「ほらね!」とお父さん。これにはアナウンサーも気づいて、「頭動きました。確かに」と言っていました。

 私は赤ちゃんもこんなにわかっていることを、体話ができることを、癒しの子育てを知ってから実感を重ねています。残念ながら自分の子育ての時には全く知らずにいて、我が子の人生の出発の頃から、気持ちのやりとりができていたらよかったなあと、つくづく思うこの頃です。

 

往きと帰り

 相談室から自宅までバスだと二つ目です。先日帰りにバスに乗りました。席が空いていたので座って、なんだかぼんやりしてしまっていました。気づいたら降りる停留場に停まって、降りる人が降り終わってドアが閉まってしまったところでした。「あっ私降りるんだった」と大きな独り言を言って立ち上がったら、ドアをまた開けてくれました。降りようとした私に、50歳台くらいの奥さんがにっこり笑顔で、「あぁ、いろんな考え事していたのね」と言葉をかけてくれました。ドジして恥ずかしい気持ちはどこかに行ってしまって、なんだかほっとして、足取りが軽くなっていました。東京のこのあたりは下町といわれるところなんですが、時々こんな人情味に出会います。

 電車ですと一駅です。朝はラッシュは過ぎているものの、まだ混んでいる時間に乗ります。するといつも小さなバトルになります。相談室のある駅は、快速や地下鉄に乗り換える人も多く、とても急いでいて殺気立っています。なのでその一つ前で乗るときに、すぐに降りられるようにドアのところにいたい人とのバトルがあるのです。まだ何人か乗る人がいるのに、ドアのところを動かないので、乗る人とその人たちとのバトルになるのです。私も乗りたいし、腹も立つしで負けていません。押し合いっこでやっと乗って、押し合いっこしながら一駅辛抱して、着くと一緒に吐き出されるのです。転ばないように注意して降りますけどね。この時は人情は吹っ飛んでしまいます。

 朝の電車の私と、帰りのバスの私と、二人の私がいて、周りの人はそれぞれに見せてくれるものが変わるのでしょうか。


とっさに動けない

 ホームで電車を待っていたら、近くの自動販売機に故障の張り紙がしてありました。買う予定もない私でしたから、故障なんだなあと見るともなく見ていました。そしたらひとりの私くらいの年配の女の方が、その自動販売機の前に立って、何にしようかなというように、並んでいる飲み物を見ていました。あれ?故障なのに気づいていないみたいと思いつつ、でも声をかけるまで気持ちが動かないでやり過ごしていました。その方はこれにしようと決まったらしく、やおら財布からお金を出して、投入口を探されて、そしたらそこに故障の張り紙がしてあって、半歩退いて、お金をまた財布に戻しておられました。なんだかがっかりの気持ちが伝わってきました。だって本当に楽しそうに、何にしようかなって、しばらく時間をかけて選んでいたのです。それなのにいざ買おうとしたら故障だったのですから、がっかりもしますよね。肩を落としてそこから離れて行かれました(そう見えました)。

 私はそんな一部始終を見ていて、なにもしなかったのですから、意地悪だったですよね。その方が販売機の前に立ったときに、すぐに故障のことを言ってあげられたらよかったのにね。無関心でいたわけではなかったんだけど、なぜか気持ちが行動を起こせなかったのですよね。飲み物が買えなかっただけなので、そんなに悪いことしたとも思っていないのですが、なんだかもやもやが残りました。

 行きずりに、ケンカをしている人に出会ったり、暴力行為に出ている場面に出会ったり、そんなときに自分がどう行動したらいいのか、とっさに動けなくなることがよくあります。無関心はしたくないのに、なにもしないで通り過ぎることもあって、そんなときはとても悪いことした気持ちになって、どうしたらよかったんだろうと、しばらくもやもやが残ります。


怒りの奥に悲しみが

 和く輪く舎での講演会をどのようにしていくかの打ち合わせをしていました。あるスタッフが、最近怒りが収まらなくて困っている、そんなお母さんも多いのでは、と言うことで、そのスタッフの天心から始めました。そのスタッフがどのように変容していくかを見ることで、みなさんに伝えることが見えてくるのではということになったのです。

 天心を始めると、最初は怒りを手や体で表現していました。それを支えていたスタッフが掌や両手で受け取りました。そんなことを10分かもう少しの時間していると、涙をポロポロ流し始めました。支えるスタッフが手をつないだまま傍に寄り添っていました。しばらくするともういいというので、一旦終わりにしました。

 怒りの奥には悲しみがあったことに気づいたと、悲しみに出会ってよかったと言っていました。そこでそのスタッフはちょっとほっとした感じでした。この悲しみにすぐに気づくようになれば、怒りに困ることもなくなるよねとうなずき合いました。でも、怒りの奥に気持ちがあるということは知っていても、こうして支えてもらわないと、ひとりではなかなかそこに行けない。さてどうしようと話し合いは進みました。

 そこで秀雄が、「その悲しみはどんな悲しみなの?」と聞いてくれました。そしたら、「わかってもらえない悲しみ」「伝わらない悲しみ」というようなことが出てきました。こんなことわかってもらえない、こんな気持ちわかってもらえない、どうして伝わらないんだろう、だから悲しいと、ひとしきりまた涙が流れました。それでさらに楽になったようでした。でもまだその先がありました。

 何があったらいいの?何を欲しているの?ということに進みました。「お母さんが幸せになってほしい」「お母さんが幸せそうでないから悲しい」と、そのもっと奥の気持ちにたどり着きました。そうなんだと、そのスタッフ自身、自分の奥の本当の気持ちに気づいて、びっくりしていました。最後にあたたかい涙が流れて、すっかり楽になりました。今までの怒りがうそのようになくなりました。

 そんなやさしい気持ちから出ていたのに、どうしようもない怒りになってしまうのですから、もったいない。どうしたらその本当の気持ちに気づけるようになるのだろう。


 最初に欲求があって、その欲求が満たされないと感情がわいて、普段感じるのはその感情の部分なんですよね。その感情を素直に表現できるといいけれど、たまってしまうと怒りになってしまって、出発点の欲求は全く見えなくなるし、途中の悲しいという感情も隠れてしまうのですね。カラクリはわかるけど、実際どう辿っていくといいのでしようね。怒りの奥に、「お母さんが幸せでいて欲しい」という欲求があるなんて、なかなか気づかないですよね。

 

木を見て森を見ず

 辞書によると、「木を見て森を見ず」とは、一本一本の木に目を奪われて、森全体を見ないこと。ものごとの些末(さまつ)な一面に拘(こだわ)り過ぎて、本質や全体を捉(とら)えられないことの喩え。

 なんてことなぜ書いたかというと、癒しの子育て・抱っこ法を伝える時に、みなさんに木を見せることはできても、森を見てもらうのは難しいなあと、最近よく思っていたので、こんな言葉が気になったのです。

 講演会や体験会に参加したり、本やホームページを読んで、それぞれが、「これが抱っこ法!」と捉えられて、共感してくださいます。でも多くの場合、その「これが抱っこ法だ!」と捉えられたのは、全体の森ではなく部分の木のように感じるのですね。森があることを知っていて、いろんな木を見つけていって、するとそのうち森が見えてくる、そんな感じになるといいのですが、どうしても木を見てこれが森だと思ってしまい、その木の部分での理解に留まってしまいがちなんですよね。

 でも木を見ずにして森が見えないのも事実だと思います。援助者のところに相談に来てくださると、こういう木もあるし、こういう木もあると説明でき、それが広がっていくうちに、森に気づいていただけるのですよね。一旦森に気づくと、その真髄(核)も見えてきたりします。真髄が見えてくると根っこ育てがうまくなって、すてきな木々が育ち、森も豊かになるのでしょう。

 なんかとても抽象的なことでごめんなさい。何とか森を見ていただけるようにと願い、伝える苦労は惜しまずに悩んでいきますね。

 

失敗と後悔

 先週の土曜日に、和く輪く舎で講演会が開催されました。その時のスタッフが、講話の中で紹介してくれた言葉が心に残りました。「子育ては失敗はあったけど、後悔はない」という言葉です。そのスタッフがある講演を聞きに行ったとき、講師である70歳を越えた先生が、「先生ご自身の子育てはどうでしたか?」という質問に答えられ言葉だそうです。そのスタッフの親の年代の先生なんてすね。そのスタッフは、その言葉を聞いて、自分のお母さんをとても身近に感じ直して、次のお母さんと会ったときに「ありがとう」を伝えたそうです。まるごとありのままのお母さん大好きの気持ちがふくらんだそうです。やはり同じ年代の私には、その言葉がすとんと心に落ちました。だってその時その時精一杯一生懸命してきたもの。でも失敗はいろいろあったよな。

 「失敗してもいいんだよ。でも後悔することないからね」

 

大好き大好き大好き

『大好き』


大好き、大好き、大好き、大好き、大好き、
届かなかった分も、大好き、大好き。

静かに静かに、大好き。

思い出して、大好き、全部を大好き。
包んで、包んで大好き。
力を込めて大好き。

放さないって、大好き。
大丈夫の大好き。

伝わらなかった分も、大好き、大好き。


離れた場所から大好き
届いてるか心配しながら大好き。

届いてるって強引な大好き。
大好きを届けたい大好き。

書きたいから、ここにいて、パソコンを開いてるから、
大好き、大好き、大好き、大好き、大好き。

やっぱり、大好きはひとり。

やっぱり大好きは一緒。

不安で大好き。

考えて考えて大好き。

繰り返して、しあわせになりたいから、
大好き。

メールが届いて大好き。届いていないときも勿論大好き。
届くといいなのときも大好き。

見て 見て、見て、見て、見て、見ての大好き。

触って、触って、もっともっと触れての大好き。

夢の中でもやっぱり大好き
伝えていないときも、大好きが見えないの大好きも。
続いて続いて大好き。

留まっていなくても、流れていても、
思ってくれないときも、嫌いに思われたときも、

手を放したときも大好き。

手を繋いでるぬくもりだけが残っても大好き。
ひどいじゃないか、の大好き。

置いてくなんて、何もわかってないって、大好き。

全部が大好き、
書いても書いても、考えも考えても無くならない大好き。

こんなにいっぱい書いても、大好き。

まだまだ、足りないようで、大好き。


分かって、分かって、の大好き。
分かりたい、分かりたい、の大好き。

いつも違う大好き。

安心したいから、大好き。

終わらない大好き。
未来じゃなくて、過去でもなくて、
今ここにいて、大好き。

今の気持ちはずっと大好き。

考えてることの中は、大好き。
何にも考えてないときも、
分かってないようなときでも、大好き。


大好きの言葉はいっぱい、
気持ちがいっぱい。

溢れてもまだまだ大好き。
こぼれたら、また、大好き。

次々大好き。

一緒にいたいから、大好き。

伝わるかなの大好き、忘れてる大好き。
大好きを忘れてる、まだまだ忘れてる。

思い出して大好き。

書ききれなくても大好き。

私のように、不安定な大好きでも、
大きくなる、広がる、大好き。

ほら、もう部屋にいっぱい。
でもまだまだ大好き。部屋の外に出て大好き。
家中に広がって、大好き。
外に出て大好き。

広げて、少しだけ空に舞う大好き。

雲になって大好き。

誰がいちばん好き?大好き?
の大好き。

私に戻ってきて、大好き。

あしたもずっと大好き。

もったいないから、書かない大好き。隠して。
でも、見たい?もっと見たい?
我侭な大好き。こまったちゃんの大好き。
子供に戻って大好き。

赤ちゃんに戻って大好き。
笑って笑って大好き。
泣いて泣いて大好き。
抱っこされて大好き。
目をみて大好き。

ちっちゃな手が大好き。

膝の暖かいの大好き。
指で手のひらに大好き。

あしたはどんな大好きだろうって、考えて大好き。

そろそろ散歩に行かなくちゃって、でも、言わなきゃ。
大好き。大好き。大好き。大好き。大好き。
あるがままを大好き大好き。

無条件はいつも出来なくても大好き。

一人ぼっちの大好き。

大きな大好き。小さな大好き。

雪のような大好き。ぽつんぽつん。
キラキラ光って大好き。

陽射しの中に大好き。

私から抜け出して、大好き。

沈んで沈んで大好き大好き。

どこに行っても大好き。
なんだ、終わらない、終われない。
大好きは終われない。

終われないから、大好き。

私だけの大好き。
誰かじゃなくて、大好き。

どれも大好き。

辛くても大好き。
悲しくても大好き。
うれしくても大好き。
全部が混ざって見えなくなっても大好き。


大好きは、どこ?
忘れてる大好きはどこ?

大好きで胸の痛み。大好き大好きってきっと言ってる。
痛くて痛くて淋しくても大好き大好きって。

終われる大好き。胸にある大好き。私は私のなかで大好き。
見つけたよ、大好きの場所。

だから、またね。


 私がいただいたあふれるほどの大好き、私からみなさん一人ひとりに、あなたの特別な人からあなたに……届けます。大好きが、広がっていって、宇宙まで広がっていって、みんなの心の中の大好きと繋がって、誰かへの大好きと繋がって、愛になって広がっていったらうれしいね。大好きに終わりはないよね。大好きは続いていくんだよね。

 
TOPへ   HOME