←HOME

私が見つけた癒しの子育てC


 @ A  B   C  D  E F  G
 

抱っこ法クイズ

 3年前に秀雄が講演会に呼ばれて行った時の資料が出てきました。その時の参加者は、すでに抱っこ法を体験している方で、でもそれだから、「抱っこ法とはこうだ!」とご自分たちなりに受け止めて、全体が見えなくなっている方も多かったようでした。一方で、伝え手の私たちがうまく伝えてこなかったなぁ、申し訳なかったなぁという思いも感じつつ、その資料を見ています。

 その資料に「抱っこ法クイズ」というのがありました。

【問題】抱っこ法って、なあに? 次の答えのうち、どれが一番ぴったりした答えだと思いますか。また、明らかに間違っているものがあるとしたら、どれでしょう。
□子どもを抱きしめてぬくもりを伝え、安心感をはぐくむ。
□子どもを抱きしめて、心から「大好き」」「かわいい」「ステキ」を伝える。
□子どもと触れ合って、ウマになったり、じゃれ合いや追いかけっこで遊ぶ。
□子どもが聞き分けのないとき、抱きとめてしみじみと親の気持ちを言い聞かせる。
□子どもが泣きたがっているとき、心ゆくまで泣かせてヨシヨシしてあげる。
□子どもの微妙な表現を感じ取り、子どもの気持ちを代弁しながら慰める。
□子どもの心が傷ついた過去の体験にさかのぼって、つらかったことを慰める。
□親自身の思い残しを抱きしめながら、子どもを抱きしめて親の思いを伝える。
□親心をしっかり立てて、子どもの気持ちを大らかに包み込む。

 みなさん「これだ!」というぴったりの答えはありましたか? これは意地悪クイズで、正解はないのです。だからといって、明らかに間違っているのも1つもありません。とくにすぐれている答えもありません。全部正しいといえば正しい。でもどの答えであっても、「これこそが正しい」と思ったとたんに、それは間違いになるのでご用心を。

 講演会では、「子どもを抱きしめてはいないけれども、カンシャクを起こしている2歳の子どもを、少し離れたところからあたたかく見守り、大らかに包み込んでいる」ビデオの一場面を見てもらいました。これも一つの抱っこ法ですよね。

 また、「お母さんに叱られて、“僕は家出する”と宣言して出て行った子どもを、子どもの後から、“ついてくるな!”といわれながらもついて行ったら、あるところで子どもが向きを変えてお母さんの方へ突進してきて、“なぐられるかな”と思った瞬間、お母さんの胸に飛び込んでわっと泣き出して、気持ちが通った」というあるお母さんの体験談を紹介しています。これも一つの抱っこ法ですよね。

 この他にもいろんな例を紹介しながら、「抱っこ法とはこういうもの……横抱きにしなきゃ…歯止めをはずさなきゃ…思いきり泣かせなきゃ…代弁しなきゃ…過去の体験を慰めなきゃ……」という既成の概念を崩して、もっと柔軟にとらえ直してもらおうとしたのです。

 要は、今の自分たち親子にとって意味のあるのはどんなやりとりか、ということ。そんなふうに考えていくと、抱っこ法とは、「子ども本来のステキな自分、親と子のステキな関係を育て、取り戻すために、現実ベストの方法を追求していくこと」といった、あいまいな定義をするしかなくなってしまいます。みなさんも、自分たち親子にとっての、現実のベストを見つけていってください。そのために必要な感性と知恵とが、みなさん一人ひとりの内面に秘められていますよ・・・と話したとのことです。

 この時参加されたお母さんたちは、抱っこ法への思いこみがほぐれて、自分たち親子にぴったりを探し始められたようです。でもでも、どうしても「こうでなきゃ」に縛られがちなのが私たちですし、思いこみにはまっていることすら気づかないで苦しんでいたりしますから、事はそんなに簡単ではないですよね。「思いこみにはまらないようにしなきゃ」「自分たち親子のぴったりを探さなきゃ」という思いこみにはまりそう。動きがとれなくなったときには、岡目八目の援助者の助けを借りてください。

 さてさて、今回は抱っこ法をすでに体験して取り組んでいらっしゃる方々へのメッセージでした。まだ体験したこともなく、これから取り組もうとされている方々には、「抱っこ法とは、子ども本来のステキな自分、親と子のステキな関係を育て、取り戻すために、現実ベストの方法を追求していくこと」といった定義では、全くわからなくなってしまいますよね。ホームページや本を読んで、ご自分なりのとらえ方から入ってくださっていいのです。そして時々立ち止まって、大好きが前より伝わり合っているか、お子さんが甘え上手になってきて、前よりいい親子関係になってきているか、お母さん自身のもう一人の自分(おとな心)がちょっと脇から見られるといいですね。もしこれでいいのか不安になったときには、繰り返しになりますが、やはり岡目八目の援助者に相談してみてくださいね。

 

大好きが受け取れなかった

 食事をしていたら、辛さが喉にひっついてゲホゲホ!。「水!、水!コップ!」とちょっとパニックの私。すかさず食器棚の近くにいた息子がコップを出してくれた。でもそのコップは阿部のMyカップ。それじゃなくってとガラスコップをという私。それで水を飲んで一呼吸して落ち着いた。

 その時、「はやい方がいいと思って!」とつぶやく息子。私が苦しんでいたので一番近くにあったコップを取ってくれたんだよね。とっさにそういうやさしい気持ちを受け取れない私なんだな。「あぁ、ごめんね」とは言ったけど、心が痛くてたまらなくなった。差し出された大好きを受け取らないで突き返れたみたいで、息子はガッカリしただろうね。大好きが届かないときほどガッカリはないものね。

 こういう大好きをいつもちゃんと受け取れるのが阿部なんだよね。昨日も出かけるのに折りたたみ傘を鞄に入れて出かけたんだけど、息子が駅まで重い荷物を持って行ってくれることになって、息子は一足後から出て行った。それで私は、電車に乗るのに折りたたみ傘を濡らすと面倒だと思ったから、普通の長い傘を息子に二本持っていってもらった。駅まで長いのをさして行って、息子に持ち帰ってもらえばと思ってね。そしたら息子は持ち帰ってこなかったの。その長い傘を持って行ったんだよね。息子がせっかく持ってきてくれたからとね。

 そんな阿部を感じると、いつもお母さんを思い浮かべるのです。あのお母さんだったら、幼いころに大好きを受け取ってもらえていただろうなって思える。それがなかった私だから、受けとめるのが下手な私でも仕方ないなって、自分を納得させている。でも受けとめられなかったときには心は痛い痛い。

 相談室で出会うお母さんたちは、多くが幼いころにしてもらえなかったことを、我が子にしているすごい人たちばかり。でも困難はつきまとって、挫折しながらだから苦しんでいるよね。ほんとによくやっているんだけどね

 

上の子の気持ち

 ホームで電車を待っていた時のことです。お父さんとお母さんで、ベビーカーに2〜3か月くらいの赤ちゃんを乗せて、2歳後半くらいの上のお子さんを連れている親子が、上下線が両側に走るホームの中央あたりで電車を待っていました。

 お母さんがベビーカーを押すように立っていて、その横にお父さんと上の子が手をつないでいました。するとその手を離してベビーカーに寄って、のぞき込んだかと思ったら、赤ちゃんの目に手を差しこむようにしたのです。お母さんは幌がかかっている後ろにいたので見えなかったようですが、お父さんは見ていてすぐに「ダメ!」と声をかけました。でも子どもは「入れてない!さわっているだけ!」とちょっとスネたように言って、目から手を離そうとしなかったのです。赤ちゃんはぎゃーっ!と泣きました。それでお母さんはすぐに赤ちゃんを抱き上げていました。

 そしたらその子は、ぷい!という感じで、そっぽを向いたかと思ったら、ホームの端(線路の方)に突っ走りました。そこはちょうど私たちがいる近くで、とっさに阿部がその子を抱きとめました。ひやっとしました。

 ご両親もさぞひやっとしたのでしょう。その気持ちと他人に迷惑かけたことからか、お父さんは戻ってきた子どもに声を荒げて怒っていました。お父さんに怒られて、べそ泣きをして、それからちょっと落ち着いて、またお父さんと手をつないでいました。でもその子の気持ちはまだぶすぶすとくすぶったままの表情でした。もちろんご両親とも、上のお子さんもとってもかわいがって育てているようすは、伝わってきたんですけれどね。

 「お父さん〜!赤ちゃんの目に手を持って行かせないで、しっかり止めてよ〜!」「ホームの端に走り出そうとしたら、行かせないで止めてよ!」「声かけだけでなくて迎えに来て、体で付きあってよ!」と、言いたくなっている私がいました。だって、そこから親子の気持ちがつながるんだもの。だって、そこからべそをかいて甘えられて、親子の気持ちが近づくんだもの。だって、そこからくすぶった気持ちが涙ですっきりできるんだもの。だって、そこからご両親に心配かけないで、上の子らしい振る舞いができるようになるんだもの。だって、そこから赤ちゃんとももっと仲良くできるんだもの。

 

3つの甘え

 「相談の実例から」でも紹介している、「3つの甘え」。第1は「受け入れられて満たされる甘え」、第2は「泣いてヨシヨシしてもらったりして元気を取り戻す甘え」、第3は「でたらめをやったらしっかり止めてほしいという甘え」の3つです。

 実例のお子さんは、第3を一番求めていて、その次が第2でしたね。第1は、お母さんが甘えさせているんですけれどとおっしゃるように、充分甘えられていて足りていたのですよね。多くの場合、「もっと甘え上手にしてあげましょうね」というと、お母さんから、もう充分甘えているとおっしゃるのです。でも満足していないようにも感じておられるのです。それはやはり、第2と第3の甘えがもっと必要なんでしょうね。第2は泣くのをよしよしと、もがくのも突っ張るのも含めて受け止めることですし、第3はダダこねのやりとりに付きあうことになりますから、第1よりはずっと難しいですよね。ただ、第1の甘えも、時間ではなく質なんだと思います。心ここにあらずで抱っこすると時間ばかりかかって満足度が少ないし、心を込めて心をここにおいて抱っこすると、短い時間でも満足度は高くなりますからね。

 「甘え上手」になるために、この「3つの甘え」を押さえておくのはとっても大切だと思います。我が子にどの甘えがもっと必要か、どこを満たせば全体に満たされていき、甘え上手に近づけるかを知ると、どこでどう接してあげたらいいのかの目安になりますからね。

 でもわかっていても、苦手な甘えがあるでしょう。第1は得意、第2もこの頃だいぶ受け止められるようになった、でも第3はどうしてもイライラしてしまう、なんて方も多いのではないかしら。先ずはそういう自分の得意と苦手を知ることも、大きな一歩ですよね。

 さてさてあなたは、なにが得意でなにが苦手ですか? え?どれも全部苦手? そうなんだ。そういう方はきっと、自分自身が全部の甘えをしてこられなかったのでしょうね。だったら苦手なのも当然です。では我が子より先に、ご自分の中のさみしい子ども心を甘えさせてあげたいですね。私からもぎゅっ!ぎゅっ!ぎゅっ!ぎゅっ!ぎゅっ!

 

小さなナイト

 駅のエスカレーターのところで出会った3歳くらいの男の子。お母さんと手をつないで歩いて来た。見るともなく見ていたときには、母に手をつながれている男の子だった。でもよく見たらナイトだった。

 お母さんに手をつながれているのではなく、男の子がお母さんの手をそっとつないでいた。男の子の手のひらは上に向いて、お母さんの手がそこに置かれていて、男の子が半身ほど前を歩いて、お母さんを気遣いながらが歩いて来た。まるで淑女をエスコートするナイトだった。お母さんのお腹はもうかなり大きくなっていて、出産も間近いのかもしれないようすでした。どこに行くのか、男の子がお母さんをしっかり守っている感じだった。優しさの中にきりっとしていてかっこよかった。感動してしまった。

 それで通り過ぎて、しばし感動していたんだけど、時間がたつとちょっと切なくなりました。その場面で男の子ではなくて、お父さんを置き換えてイメージしてみたら、切なさは消えてほっとしたんですけれどね。きっとお父さんは企業戦士で、男の子はお父さんの代わりをしていたんでしょう。

 小さいナイトさんありがとう。でも、頑張りすぎないでね。子どもであることも忘れないでね。

 
 



 最近の相談の親子にお付き合いしていて、「『絆』ってどうしたらできていくの?」「『絆』を取り戻すのにはどうしたらいいの?」「『絆』が心許ないと存在感も持ちにくいよね」……などと考えていました。

 あるお母さんは、「向き合ってこそ絆ができる」と言っていて、それは大きなポイントだと、とても納得したのでした。子どもをいっぱい抱っこしたり、可愛がったり、大好きを伝えたり、それも大事なポイントで基本だと思うのですが、それだけでは絆が確かなものにならないのかもしれませんね。

 出会ったお母さんたちのけっこう多くは、ご自身の親と絆でしっかりとは結ばれてこなくて、それで自分自身生き難さを感じてきているし、そして子育てをすることで、そこの部分が浮き彫りになりやすくて、子育てを困難にしている気がします。泣かれたり、ぐずられたり、ダダこねされたりすると、その部分にすぐに響いて、絆が危うくなる気がしてしまうのではないでしょうか。抱っこしてもすぐに降りようとしたり、突っ張ったりのけぞったり、目を合わせようとしなかったりすると、その部分にすぐに響いて、絆を断たれる気もしてしまうのではないでしょうか。

 自分はどうだったのかと考えてみると、私も母親との絆がしっかり結べなくて、存在感が希薄に育ってしまって、ずっと生きるのは苦しかったですね(自分と向き合ってきて、存在感は取り戻しましたけど)。でも私は、抱っこやおんぶはよくしてもらっていたし、おっぱいもきっと遅くまで飲んでいたし、可愛がって大事にもしてもらっていたという記憶はあるので、何でだろうとわかりきれない部分もありました。そしてたどり着いた一つが、気持ちと全く向き合ってこなかった、葛藤を避けてきたからなんだろうなということなのです。子どもの立場から言えば、気持ちと向き合ってくれなかったし、葛藤を避けられていたということになるかしら。

 私はいつもニコニコしておとなしい良い子で、自分の気持ちはひとりで抱えてしまい込んでいました。自分は我慢してお母さんを支えなくてはと思っていたのでしょうね。だから母親としては、葛藤の火種がないから、向き合う時がなかったのかもしれません。静かにスネスネしてはいたのですが、気づいてはもらえませんでしたね。そしてすぐ上の姉はイヤもああしてこうしても文句も言えて、ダダこねをちゃんとしたようで、母親に何でも言える関係になっていましたね。絆も私よりずっと太かったと思います。自分から火種をつくって、母親に否応なく向き合ってもらえてきたんでしょうね。母親はその姉は手のかかる子だったと言っていましたからね。

 子どもたちの中には、私のように静かにスネスネくらいしかできなくなっている子どももいますが、それでも癒しの子育てで付き合っていくと、少しずつ気持ちを表現できる子になっていきます。でも多くの子どもは、ダダこねし気持ちを表現できる子なんですよね。ただ、表現の仕方が下手で、スネスネ突っ張りいじけも入って、お母さんはとても受けとめきれない感じではあって、それで相談に来られるのですけれどね。そこで援助者である私は、お母さんの大変さに寄り添いながらも、子どもたちがそうしてダダこねしたり気持ちを表現できることにほっとするのです。そこから絆が育ち確かなものになると思うからです。

 でもでも、お母さんたちは日々大変になるのもわかるので、どこからどうしたらいいのかを見つけて、お母さんたちを何とか支えていきたいと思っています。お母さんは苦しいけど踏ん張ってくださっているので、子どもたちよ!あきらめずにダダこねして気持ちを表現して甘えでほしいよ。子どもたちが表現が上手になって、甘え上手になるようにも助けるからね。

 

心配と不安の文句

 阿部が少し大きな講演会の講師で行くことになっていた前夜、めまいがおきそうになって、どうなることかととても心配しました。講演会は突然行けなくなると、関係者や参加者の皆様に多大なご迷惑をおかけすることになりますからね。今回は他のスタッフに代わりに行ってもらうこともできない会で、なんとしても行かなければならなかったのです。

 そんなめまいが襲いそうになった前夜、本人はどんなにか心配で不安だったことでしょう。でもそのわきいた私も、心配と不安がいっぱいになりました。とふつふつと文句が出てきました。「だから、昨日ちゃんと休んでいればよかったのに!」「だからパソコンに向かいっきりにならないで、時々休めばよかったのに!」「だから居眠りでなくて、眠くなったら布団に横になってちゃんと寝たらいいのに!」「休日は体を休める日でもあるんだから、家でも仕事ばかりはやめてよ!」……次々出てくる文句。

 うん?

 それは心配や不安から出てきた文句だと気づきました。「心配なんだね」「不安だよね」と、その気持ちたちに話しかけて、その気持ちに寄り添っていました。そしたら文句が小さくなって、心配も不安も小さくなって、私は先に寝息を立てていたようです。

 心の中の文句にしておいてよかった。口に出さないでよかった。

 次の日、ちょっとしんどそうだったけど無事に行けて、そして無事に役目を果たすことができて、本人も私もほっとしました。よかった。


手紙〜親愛なる子供たちへ〜

 今朝のNHKの番組で、私は初めてこの歌『手紙〜親愛なる子供たちへ〜』を知りました。さっそく歌詞を調べて読んでみました。私も、もういろいろ弱った部分が出てきている歳になりましたから、私から子どもへという気持ちでこの歌詞を受け取るかと思ったのですが、そうではなく、娘として、もうずっと前に見送った母のこととして感じていました。

 母は91歳で亡くなりましたが、最後に半年ほど看病をさせてもらっただけで、つらい思いはしなくてすみました。でも、この詩にあるような、子どもの頃にやってもらったいっぱいのことを、その時思い出してはいませんでしたから、深い気持ちでの看病にはなっていなかったです。むしろ、その時はまだまだ母との関係に隙間がありましたから、義務的になっていたのかもしれません。それから自分と向き合ってきて、その時よりずっと楽になっている今だから、この詩を読んであったかいものを感じることができたのかもしれません。そう、あったかい懐かしい感じになっています。そして、母とまた少し深くつながったという気がしています。

 この歌を聴いて、歌詞を読んで、あなたはどんな気持ちになるのでしょう?

***************
手紙〜親愛なる子供たちへ〜

歌:樋口了一
原作詞:不詳
訳詞:角 智織
補足詞:樋口了一
作曲:樋口了一
ストリングス・アレンジ:本田優一郎

年老いた私が ある日 今までの私と違っていたとしても
どうかそのままの私のことを理解して欲しい
私が服の上に食べ物をこぼしても 靴ひもを結び忘れても
あなたに色んなことを教えたように見守って欲しい

あなたと話をする時 同じ話を何度も何度も繰り返しても
その結末をどうかさえぎらずにうなずいて欲しい
あなたにせがまれて繰り返し読んだ絵本の暖かな結末は
いつも同じでも 私の心を平和にしてくれた

悲しい事ではないんだ 消え去っていくように見える 私の心へと
励ましのまなざしを向けて欲しい

楽しいひと時に 私が思わず下着を濡らしてしまったり
お風呂に入るのをいやがるときには思い出して欲しい
あなたを追い回し 何度も着替えさせたり 様々な理由をつけて
いやがるあなたとお風呂に入った 懐かしい日のことを

悲しい事ではないんだ 旅立ちの前の準備をしている私に
祝福の祈りを捧げて欲しい

いずれ歯も弱り 飲み込む事さえ出来なくなるかも知れない
足も衰えて立ち上がることすら出来なくなったら
あなたが か弱い足で立ち上がろうと私に助けを求めたように
よろめく私に どうかあなたの手を握らせて欲しい

私の姿を見て悲しんだり 自分が無力だと思わないで欲しい
あなたを抱きしめる力がないのを知るのはつらいことだけど
私を理解して支えてくれる心だけ持って欲しい

きっとそれだけでそれだけで 私には勇気がわいてくるのです
あなたの人生の始まりに私がしっかり付き添ったように
私の人生の終わりに少しだけ付き添って欲しい

あなたが生まれてくれたことで私が受けた多くの喜びと
あなたに対する変わらぬ愛を持って笑顔で答えたい

私のこどもたちへ
愛するこどもたちへ

***************

ささ・さう・うさ・うう

 「ささ脳」「さう脳」「うさ脳」「うう脳」と、4タイプの脳の働きがあるというのを聞いたことあります? タイプによってその人らしさの傾向があるらしいのです。これは、昨年の8月に、『人間!これでいいのだ』という6チャンネルの番組でやっていたのです。おもしろそうなので録画してあり、最近見直したら、やはりおもしろかったのでお伝えしたくなりました。

 この脳の働きによる4タイプの分け方と調べ方は、京都大学の坂野登博士が仮説を立てて調べているそうです。以前から自分の優位脳があって、右脳人間と左脳人間がいるというのは聞いていましたが、その流れのようですね。左脳が理論脳、右脳が直感脳。そして後側の脳で、見る聞く触るなどで情報を取り入れ、その情報によってどう行動するかを、前側の脳で決めて命令を出している。情報を受けるのが後側の脳で、出すのが前側の脳なのだそうです。

 調べ方は、指組と腕組みで、左右どっちが下になるかだそうです。親指が下になった方が自分の利き脳、腕が下になった方が情報処理の仕方の違いが解るそうです。指組をして、親指が下になるのはどっちか。腕組みをして下になる方は右腕か左腕か。その4通りで4つの傾向に分かれます。左親指が下で左腕が下が「ささ脳」(真面目な几帳面で細かい気配りタイプ、と説明していました)。左親指が下で右腕が下が「さう脳」(世話好きでおおらかタイプ、と説明していました)。右親指が下で左腕が下が「うさ脳」(個性豊かな負けず嫌いタイプ、と説明していました)。右親指が下で右親指が下が「うう脳」(楽天的なマイペースタイプ、と説明していました)。

 ちなみに私は「ささ脳」。まあ真面目で几帳面で細かい気配りというのは合っている気がするけど、左脳人間とはとっても思えないです。感性優先で生きてきたので、右脳人間とばかり思っていました。組み方が変わることもあるそうなので、今は仮の姿かもなんて希望(?)をつないでいます。秀雄は「さう脳」、さて夫婦の相性は?

 それでその番組の最後に、ある園の園児(年長さんかしら)を、指組腕組みで4タイプに分けて、段ボールの犬小屋を作ってもらっていたのが、その傾向がよく出ていておもしろかったです。先ず先生がこんなのを作ってねと赤い屋根の犬小屋のイラストを見せて、それを壁に貼り、大きな段ボール紙やクレヨンやガムテープや飾り物などの材料を用意してありました。

 ささ脳組は、先ずみんなで集まって相談。参考のイラストをよく見て、長さを測ったりする子もいて、絵だけで説明書がないからわからないなんて言う子もいて、慎重な滑り出しでした。出来上がりはイラストそっくりで、屋根には赤いガムテープを丁寧に隙間なく貼ってありました。

 さう脳組は、黙々とてきぱきと、協力して作業していました。作業が早い。ときどき他のグーループが気になる世話好きも見えていました。途中で犬が連れてこられると、作業は放って犬に夢中。それでも先生が声をかけると、力を合わせて仕上げました。でも飾り付けや色塗りはそれぞれ思いのままで、バラバラでした。

 うさ脳組は、なぜか最初にみんなで犬のお絵描き。犬を描くんじゃなくて家を作るんだと、やおら始まる。それぞれが段ボール紙を持ってきて、それを次々につなげていって、大きな大きな犬小屋ができました。屋根はない。犬が来たら3匹を全部入れてみて、犬は出ようと必死で壊れてしまったけど、それでも大喜びの子どもたちでした。

 うう脳組は、用意されていた風船をふくらましたりおもちゃで遊ぶことに夢中で、誰も犬小屋を作ろうとはしていない。先生に言われて作り始めたけれど、それぞれが思い思いに作っていて、全く違う5つの犬小屋が出来上がりました。先生にどれにするのと訊かれて、犬に選んでもらうと言います。犬が来たら自分のがいいとアピール合戦。無理矢理犬を押し込んで逃げられていました。

 これってやらせ?と思うほど、タイプによって違っていておもしろかったです。子どもにやらせはできないから、それぞれの傾向が現れるものなんですね。それでこの間の研修会で、ワークをするのにあたり、グループ分けにこれを使ってみました。子どもほどははっきりはしなかったけど、でも4つグループでなんとなく傾向が出ていて興味深かったです。利き脳ってあるんですね。でもあくまでも傾向なので、当てはまらない人もいますとその番組でも伝えていました。まあ、自分の傾向を知って、うまく生かしていったり、否定的にとらえないでいられたりしたらいいかなって思いました。

 

「大好き!」じゃんけんワーク

 先日長野での抱っこ法援助者の研修会に行ってきました。その時、九州から来ていた援助者が、日頃お母さんたちの集いでやっているという、いつくかのワークを紹介してくれました。その一つ、『「大好き!」じゃんけんワーク』で、しあわせ感をもらいました。ゲーム感覚で手軽にできるので、みなさんもやってみてください。このワークのほんとうの名前は聞きもらしいしまって、私が表題のようにつけてしまいました。

 2人一組になって向き合って座ります。左手をつないで、右手でじゃんけんするのです。そして負けた人が、「○○ちゃん、大好き!」と相手の目を見て心を込めてやさしく言うのです。その繰り返しをしていきます。研修会では確か1分間でしたが、会場は笑い声でいっぱいになって、恥ずかしながらもうれしそうなみなさんでした。○○ちゃんは、幼い頃に呼ばれていた名前がいいけど、それが引っかかる人は、何か別の呼ばれたい名前にしてもいいよとのことです。

 研修会ではおとな同士ですから、負けた人が呼んであげるときには、お母さんお父さん役になる感じでした。友だち同士でできたらいいね。家では、夫婦でやるのもよし、子どもとやるのもいいと思います。親とできたらすごいね。

 ちなみに私はすぐ隣にいた秀雄とやることになって、そして私は負けてばかりいたのですが、言ってもらうのもいいけど、言う方もとてもうれしくて、しあわせ感が残りました。大好きを伝えるのってうれしいのですね。

 

足の裏の声に耳を傾けて

 朝日新聞の今の連載に、『いじめられている君へ』という欄があります。毎日いろんな方面の方々からのメッセージが書かれています。2006年11月22日に作家の高史明(コ・サミョン)さんのメッセージが載っていました。

 高さんの息子(真史)さんは、12歳で自死してしまったそうです。親としてどんなにかつらかったことでしょう。同じ親として思っただけで背筋が凍って身ぶるいしてしまいます。我が子にもそんな危機があったのかもしれませんから。高さんは「なぜ!」の自問をくり返しながら、息子さんが人知れず書きためていた詩を、詩集としてご両親で出版されたそうです。最後の詩は、

 ぼくはしなない

 ぼくは
 しぬかもしれない
 でもぼくはしねない
 いやしなないんだ
 ぼくだけは
 ぜったいにしなない
 なぜなら
 ぼくは
 じぶんじしんだから

      『ぼくは12歳』(岡真史著・ちくま文庫)

だったそうです。詩集を出してから、読者から多くの手紙が届き、訪ねてくる中高生も後を絶たなかったそうです。

 新聞に載ったメッセージの一部を紹介します。
    
 ある日、玄関先に現れた女子中学生は、見るからに落ち込んだ様子でした。「死にたいって、君のどこが言っているんだい。ここかい?」と頭を指さすと、こくりとうなずきます。私はとっさに言葉をついでいました。

 でも君が死ねば頭だけじゃなくて、その手も足もぜんぶ死ぬ。先ず手をひらいて相談しなきゃ。君は普段見えない足の裏で支えられて立っている。足の裏をよく洗って相談してみなさい。

 数カ月後、彼女からの手紙には大きな足の裏の線が描かれ、「足の裏の声が聞こえてくるまで、歩くことにしました」と書かれてありました。

 思えば真史が最後までこだわった「じぶんじしん」とは、足の裏で支えられた自分ではなかった。そのことに気づかせてあげれば……。

     

 命は一つだから大切なのではなく、君が家族や友人たちと、その足がふみしめる大地でつながっている存在だから貴重なのです。切羽つまった時こそ、足の裏の声に耳を傾けてみてください。

 死にたいほどつらい時、苦しい気持ちがいっぱいになってしまってどうにもならないた時、大地を踏みしめて支えてくれている足の裏の声を聞いてみましょうね。 

 次は、高さんのメッセージを読んで寄られた感想です。

 わたしも頭だけで生きてるね…きっと、頭だけで考えて行動してる。言われてみて初めて、足の裏の気持ちがあるなんて!って驚きにも似た気持ちで考えていたよ。まるで天心をすっかり忘れていたってみたいに。

 歩いていると足の裏の声が聴こえるんだね。大地の言葉が足の裏から聴こえてくるんだね。足の裏で感じるんだね、感覚を研ぎ澄ませて歩かないといけないんだね。歩くことは大事なことなんだね。頭じゃなくて、体で生きるってことそのものなんだね。

 天心には逢いにいくってだけが先行して、逢えればいいという願いにも似た気持ちは、私の頭で考えた気持ちだったのかなぁ。でも体は私の頭の考えにくっつてくるよね。私の中のいろんな気持ち、私の体全部と一緒にね。

 天心に行けたら、体の言い分にちゃんときっと戻れると思うんだけど…。そしたら、頭と体は、やっと繋がって、やっと私はすっぽり私の中におさまって、私は私のまままるごとくっつくと思うんだけど…。そしたらいろんなことがすっかりきれいになって、私は私をもっともっと好きになると思うんだけど…。

 体の気持ち全然聞いてなかったなぁ。私は私の体の中にすっぽり納まっていたいのに、なんかずれてるの、きっと。

 気持ちって難しいねぇ、そのときはそれが確かなものに思えてるのに、時間が経つといいのかなぁって思ってる。私にはきっといっぱいの思い込みとか、あるのかも知れないよ。

 乗っ取られたまま、人と繋がっているのかもしれない。だからいつもうまくいかないのかな。

 幼い気持ちに引きずられてる。だから崩れないように、慌てて頭で考えて立て直す。しっかりした場所に戻れるように…。

 体の気持ちを聴くと、体は冷たくてとっても硬いの。ぎこちなくて、なんとなく私に馴染んでない。

 腑に落ちるいう感じをしばらく味わっていないように、お腹に「分かった」ってすとんって落ちてくる感覚をすっかり忘れてるわたし。

 昨日ね、秋刀魚を切っていたら、ウチの包丁あんまり切れないから、力任せに切ってたら、左手の中指の裏側を切ってしまったよ。絆創膏をしてるけど、あんまりぬらしたくないから、洗い物をするときはなるべく、人差し指と親指で支えて洗っていたのね、そしたら、人差し指に中指がついてくるの、待って〜〜、お母さん、置いてかないで〜〜っていってるみたいに。するとね、お母さんゆびが言うの、「ぬれるからきちゃダメ!」って。ぬれたら早く治らなくなるからきちゃダメっていうのね。でも自然にいつもついてきちゃうの。よっぽど気をつけてないと、中指はお母さんにくっついてくる。

 それを言葉にして遊び感覚でやっていたんだけど、そしたらそれにパパが乗ってきて、ヤダヤダ置いてかないで、って言ってくれたりして。なんかそれは小さなパパが言ってるみたいで、面白かった。

 傷ついた中指の言い分は聴いても、足の言い分まではでも、私気がついてなかったよ。

 小さな体の部分のひとつひとつの気持ちが、「生きる」ってそのものに繋がっているなんて、思ってもいなかったけど、きっと繋がっているんだよね。

 私は生きるってことは、もっともっと外側に向けていくものだとどこかで思ってた。外側の“何か”に“目で見える確かなもの”に自分をあわせて生きていくって、そのやり方が染み付いてる。

 足で生きる。足で大地を踏みしめて生きる。一歩一歩の歩みを味わって生きる。足で生きるってことは、バランスをとって生きるってことに繋がっていくことだよね。私はきっとバランスが悪いから、転ばないように気をつけて歩こう。

 手で生きる。手で風を感じて、手のひらの熱を感じて…ほんとに微かに血管に血が巡っていて、しゃべってるみたい。ほっぺにくっつけたら、だいじょうぶって言ってるみたいだった。

 腕を広げて、心を広げる、広げた腕と心で誰かを抱きしめて生きたい。でもすぐ閉じちゃう。だから、その腕で、自分の体を抱きしめる。私はここにいる。

 大好きなあなたを抱きしめたい。いっぱいいっぱい抱きしめたい。

 お腹で生きる。息を吸って、いっぱいいっぱいお腹に力を蓄えて、生きる。食べ物を蓄えて生きる。力を溜め込んだお腹から言葉を出して伝えたい。お腹に蓄えた力を言葉に込めて伝える。小さな声じゃなくて、もっともっと大きな声で。もっともっと力強い声で。

 もっと体で深呼吸して…。忘れてたよ、体で呼吸すること。

 夜はちゃんと食べるね。甘いものばっかりじゃなくて体にいいもの。

 私はやっと私の中にいるかな…。

 なんとなく淋しがりやの私を見つけたような気がしたよ。うずくまって下を向いてる。淋しいって言ってる。

 

受け取り下手

 印刷の仕事のきついのがあって、でも期限があったので3日間頑張ったのですが、その後ダウンしてしまいました。背中から腰までパンパンになって、心臓がことこといい、青菜に塩的にぐったりしていました。一週間、段々によくなってはいたのですが、なかなかスッキリとしないで、一仕事してはふーっ!という感じで動いていました。

 そんな折、今度の体験会の相談をしていて、あるワークがいいのではないかと、スタッフで体験してみることになりました。お母さんたちに輪になってやってもらったらどうかという意見が出て、それではスタッフも輪になって、と思ったら、7人しかいなかったので輪になりませんでした。それでは一列でやってみようになりました。

 それで私はスタッフに体験してもらいたくて、一番後ろになったのです。そして体験し終わったら、なんと私元気になっていたんです。一気にスッキリしてしまったのです。なんだこれ?て感じでした。なにが起こったんだろう、あのワークがよかったのか、と言っても、私は前の人の肩に手を置いて、ぴたっと圧したりふわっと軽くしたりを何回かやっただけなんです。

 実はその数日前に、スタッフの一人に手当てをしてもらって、それでかなり軽くなったのでしたが、それでもスッキリまではしなかったのですね。それでスタッフに、「芳子さんは、してもらうよりして上げた方が元気が出るのね」と言われました。確かに、して上げるのはなんの苦もなく喜びだけど、してもらうのは苦手だなあと、そんな自分に改めて気づきました。受け取り上手も甘え上手と発見したばかりなのに、やっぱりまだまだ受け取るのが下手みたいです。


 
TOPへ   HOME