←HOME

私が見つけた癒しの子育てB


 @ A  B   C  D  E F  G
 

お姉ちゃんと妹ちゃん

 和く輪く舎での体験会でのスタッフの話しです。

 私には孫が二人(姉妹)いて、上の孫はおっぱいを、事情があって6か月でやめたんですね。下の子の時はそのこともあって、ママ(嫁)が心残りがいっぱいあるから、もうおっぱいが切れて痛いし、もう充分だと思っても、「おっぱい!」と言われると、その思い残しもあるからあげてしまう。痛いのを堪えながらあげている。今飲んだのにまたおっぱいというのが、ずっと続いていたのを見ていたら、これはちがうなあと思えていました。でもそこまでいくとさすがにお母さんは、「イヤだー!」になるでしょ。乳首が切れちゃうし痛いしでね。それでもとことん踏ん張れるのがお母さんなんですけど、そうすると、「もっと!」となって、それって、お互いつらいですよね。

 そんな時、お母さんにちゃんと枠を作ってもらえたら、「もう充分あげたから、お母さんおっぱい痛いから、こうしょうね」と言ってあげるといいけど、お母さんが我慢して言えないと、お母さんにイヤだー!と言わせる行動をいっぱいとっているお子さんもよくいます。お母さんにとっては、ずっとくっついていてくれた子が離れていくのは、とてもさみしいから、子どもから「もういいよ」と言ってもらえると助かるのかもしれませんけれどね。

 孫の話に戻りますが、下の子がちょうど6か月の頃、ママがおっぱいを飲ませようとすると、上の子が、「おっぱいよこせ!!」とすごい勢いでママに突っかかってくるようになって、ママは「お願いあっち行ってて」と大変な時がありました。

 そんな話しを聞いて私は気づいたんですね。上の子がちょうど6か月頃に、事情があって、おっぱいを急にやめたので、その事情は聞いていないし、どれだけさみしい思いをしたかと思うけど、下の子が6か月になって、その頃の気持ちを思い出して、それをちゃんとチャンスをつかんで訴えていたんですね。それで慰めの抱っこをして、「あの時はちゃんとお話ししないで急におっぱいをやめてしまってごめんね。さみしかったね」と慰めて、いっぱい泣いて、ママに気持ちを分かってもらって、それからは邪魔をしなくなりましたね。

 下の子が断乳をした時には、ミルクのみ人形を欲しがって、買ってあげたんですね。哺乳びんでミルクをあげて、それが、きちんと座って、ものすごく真面目にミルクをあげて、そして「はい、おしまい」とはっきり言っていたのですね。まるで断乳の時のようにね。

 やめて一週間位したときには、上の子を相手に、「はい、おっぱいよ」とおっぱいを出して、上の子もうまいもので、来てはチュッチュッと飲んだまねして遊んでいました。

 そうやって癒しているんですね。子どもにもそういう力があるんですね」

 子どもからのサインをキャッチしてくれて、ママとつなげてくれるおばあちゃんの存在は、とっても助かりますね。ママひとりで頑張るしかない人にはうらやましいね。そんな方は和く輪く舎に来てください。支えていきますよ。


雨が降ってきたとき

 雨が降ってきたときに、子どもが母の制止を振り切って、傘も差さずに遊びに外に出て行った。
    ↓
 お母さんは子どもが風邪を引くのではと心配になった。
    ↓
 お母さんは子どもの背中に向かって声をかけた。
 「もうおまえなんか、風邪引いて死んでしまえばいい!」

 気持ちを伝えるのが下手な例として、よく使われる話しだそうです。こんな伝え方よくしてしまうなあと思いながらも、客観的に読むと、ほほえましい光景が浮かびニヤニヤしてしまいます。お母さんの子を思う気持ちが伝わってあったかくもなります。

 でも自分のこととして感じ直してみると、ほんとに伝えたい気持ちを伝えられずに、思ってもいないとんでもない言葉をぶつけてしまうのは悲しいです。これではほんとに伝えたい気持ちが伝わらないとわかっているのに、ほんとの気持ちを感じる前に怒りが出てきて八つ当たりになってしまう。「あなたが大事だから心配。傘もささずに外に行かないで欲しい」と、ほんとに伝えたい気持ちを言えたらいいのに。

 先日観たテレビドラマ。その小学生の両親は離婚して、お母さんが離れて暮らしいてる。会いたくて会いに行くけど、お母さんに向けた言葉は「お母さんなんて大嫌い!」。お母さんはその言葉に「私は子どもを守れなかったし、何もしてやれていないから、嫌われて当然」との思いを強くして、駆けて行ってしまう子どもを固まって見ているだけ。

 折しも学校では、地域の伝統芸能を練習して公演することになっていて、でもその子は元気をなくして練習しようとしない。担任の先生が、お母さんにきっと来てもらうからと、子どもを励まし、クラスメイトも協力してくれる。

 担任の先生自身、厳しかった母親と、「お母さんの操り人形にはならない!」とケンカ別れして家を出て、そして和解する前に母親に死なれてしまい、後悔している。それだけに、その子にはお母さんと仲直りしてほしいと強く願っている。

 公演の当日、お母さんが来ないうちに幕が上がってしまう。壇上でセリフも言えずうなだれてしまうその子。その時、クラスメイトの手がそっと伸びてその子の手を握った。反対側にいたクラスメイトもそっと手をつなぎ、両側から支える。やっとの思いでその子は立ち直り、演目が進む。もうすぐに終わりというときに、外で会場には入れずにたたずんでいるお母さんをみつけた先生が、場内に連れてくる。お母さん姿を見つけたその子は、笑顔で演じ終える。

 終わってから、自分からお母さんのところに行けないでいるその子の背中を、担任が押すと、やっとお母さんの懐に飛び込めた。お母さんもひしと抱きしめて、二人で涙し、「大好き!」と言葉にはしなかったが、ほんとの気持ちが伝わっていた。クラスメイトのつないだ手や担任の背中の支えがあって、やっと伝えられたほんとの気持ち。

 ドラマを観ていて涙が流れたのは、隣からそっとクラスメイトの手が伸びて、その子の手とつないだ時だったのです。相談室で出会う親子に、クラスメイトの手のような存在になれたらいいと思いました。私も今までそっと出してもらったそんな手で、何回も救われてきましたから。

 

欲求を知ることが大事?

 だいぶ前になりますが、朝日新聞の「あの人こんな話し」欄に、スーザン・バトソンさんのことが載っていました。女優であり、俳優養成スクールでコーチをしている方だそうです。

 「毎日が充実感にあふれて幸福か、と問われて『はい』と答えられない人は、まだ本当の自分を生きていないのかもしれない、とスーザンさんは言う。自分のことは自分が一番よくわかっていると思っても、実はどんな人も無意識の奥の奥に押し込めている感情や欲求があるのだそうだ」という書き出しに、考えさせられました。

 スーザンさんは、欲求(ニード)を知ることが、自分を知り、自分を生きるために何より大事と言います。それも幼い頃の第一の欲求を知ることだと言います。

 私は自分に向き合ってきて、存在さえ否定して生きるのが苦しかった自分が、今はまあこんな自分だけどいいじゃない、苦しいこともつらいこともあるけどしあわせ、と思えるようになりました。「毎日が充実感にあふれて幸福ですか?」と私に問われたら、「う〜ん、まあ、はい」という感じなのかもしれません。だいぶ本当の自分を生きられるようになっているのでしょう。でも即座に「はい」と答えられないのは、まだきっと自分を生きていない部分もあるのでしょうね。この記事を読んで、自分の第一の欲求って何なんだろうと探し始めました。

 欲求を知るときには、「あなたが必要としているものは何ですか?」という質問がいいそうです。その問いかけに、多くの人は最初は「お金が欲しい」「有名になりたい」「いい仕事がしたい」といった、第一の欲求とはかけ離れた答えが出てくるといいます。そんな時には、「五歳の頃、あなたは何を必要としていましたか?」と問い直すと、第一の欲求に近づく答えになりやすいといいます。中には「五歳の頃」の問いに、直ぐに第一の欲求が出てくる人もいるそうです。

 私が生まれてきたときには、父親が病気で亡くなった後だったので、母親は悲しみとさみしさと責める気持ちと将来の不安と、とてもつらかったと思います。なので私は生まれてすぐから笑顔で母親を励ましていたようです。いろんな気持ちがあったはずですが、笑顔ですべての気持ちを隠して、笑顔を母親やまわりに振りまいていたようです。

 その頃の私の欲求って何なんだろうと感じて見ると、「お母さん元気でいて」「お母さんの笑顔でいて」「お母さん死なないで」「お母さんの心を私に向けて」「お母さん一人で苦しまないで」「誰かお母さんを助けて」・・・と言葉が出てきます。

 第一の欲求かどうかはまだわかりませんが、一番響くのは「お母さん元気でいて」です。この言葉を言ってみると目頭が熱くなります。幼い私は、「お母さん元気でいて」と切実な欲求が叶えられるように、いつも笑顔でいたんですね。けなげな私でしたね。

 スーザンさんは、欲求がかなわないとき、生きていくために外向きの自分(パブリック・ペルソナ)を作るのだと言います。幼い私の笑顔は、初めは欲求の表現だったのかもしれませんが、そのうち外向けの自分になっていったのでしょうか。イヤなときも困ったときも怖いときでさえ、笑顔の私だったようですから。母親はきっと、私が笑顔でいるので、私のことは心配ないと安心していたのだと思います。あぁ、「心配してほしかった」も二次的な欲求にあったかも。

 第一の欲求にたどり着きたいし、そこから自分を否定して苦しく生きる自分になっていくのは、どんな経過をたどるのだろう、楽になったのは何がどうなったんだろうと、欲求と感情の関係ももっと知りたくて、スーザン・バトソンさんの著書『NEED〜本当のあなたをさがす旅〜』(小学館)を取り寄せて、読んでいるところです。


 

小さいママ

バスの中でのことです。小学3年生のお姉ちゃんが3歳の妹が「ママーママー」と泣いているのをしっかり抱いて、「ママは電車で来るからね。大丈夫だからね」とよしよししていました。反対側の座席には5歳の弟が乗っていました。お姉ちゃんは妹が泣きやんだところで、弟にも「大丈夫?」と声をかけていました。周りの乗客が話しかけて、それに答えていたのを聞いていたので年齢が分かりました。お姉ちゃんの小さいママぶりにみんな感心していました。

そのうち、弟の前の席が空いて、妹に座るようにと押しやって、お姉ちゃんは荷物をしっかりかかえながら、弟・妹の方を気にしていました。その時妹が、降りるのではないのにピンポンを押してしまいました。弟が「まだ降りないよ」と妹に言い、そしてお姉ちゃんに「押しちゃった!」と困り顔を向けます。お姉ちゃんは「大丈夫だから!」と弟に言います。

そしたら、また次も降りないのに妹はピンポン。今度は弟が「ダメ!」と妹を叱りました。そしたらお姉ちゃんが「いいから!怒らないの!」と弟を叱ります。弟はもっと困り顔で、前にいた私と目があったので、「いけないって教えてあげたのよね」と弟を労いました。そこで私は降りてしまったので、その後どうなったかな!?

お姉ちゃんはきっと、妹をまた泣かせないようにと気づかっていたのでしょう。泣いている間はほんとに大変そうでしたからね。小さいママにはちょっと荷が重そうに見えましたけど、お母さんがお姉ちゃんに託さなければならない事情があるのでしょうね。それにしてもしっかりと小さいママをやっていたお姉ちゃんはすごい!

私が小さい頃は、こんな小さいママはあちこちにいました。きょうだいも多かったし、親は生活のために働かなければならかった時代でしたからね。でも、最近ではあまり出会わない光景でした。不況や重税で生活が大変になっている世の中をですから、これからもっと出会うようになるのでしょうか。なんだか切ない気持ちが残っています。

 

自分の思いを横に置き

***************

「家族のために頑張る喜び」

先日、夕食の支度で台所に立っていたとき、7歳の次男が私の横に来て、「今日、お風呂洗いたくない」と言ってきた。

我が家のお風呂掃除は長女、長男、次男の当番制である。まぎれもなく、その日は「次男の日」だった。

「何言ってるの。今日はあなたの番でしょ」と、のど元まで出かかったが、ふと以前耳にした言葉を思いだした。

子は親の鏡−−−。

できない、やりたくないは、まさに日頃の私の「心のくせ」だと気づいた。

「そうね、そういう時もあるわよね」との言葉をかけ、受け止めた。

そして、「ママもね、ご飯つくりたくないなあって思うときがあるの。でも、そんなときも頑張ってつくった後、家族が『おいしい』って言ってくれると、やっぱり一生懸命やってよかったって思えるのよ」と続けた。

しばらく黙っていた次男は、「今日はいつもよりきれいに洗ってくる」と走り出し、やがてズボンのすそをまくり上げて戻ってきた。

「ありがとう、きっと今日は温泉なみだね」と声をかけると、満面の笑みを返してくれた。

自分の思いを横に置き、家族のために頑張った後の喜び。それを我が子がが実感している様子に、私もうれしくなった。
(2008.12.11 朝日新聞「ひととき」欄より)

***************

 たぶんこの次男さんは、ちょっと愚痴を言いたかっただけで、愚痴を本気にされて「じゃあいいよ」と言われてしまったら、とってもがっかりして挫折感を持ったでしょうね。気持ちに共感して受け止めてもらって、そしてちゃんとやれたのは、家族に喜んでもらえるということで力をもらえるけど、それ以上にできたことがうれしかったのではないかしら。自分で自分に力をあげられて自信になったよね。

 「やりたくない」と言われてとっさに怒りたくなったお母さんだけど、お母さん自身の気持ちにつながれて、その自分のその気持ちの存在を認めることができて、そしてその気持ちをお子さんに話して、それが次男さんの気持ちに届いて、それで次男さんの気持ちは和らいで、やる気になったのではないかしら。

 「自分の思いを横に置き」ができ、「心のくせ」も自覚しているお母さん、すごいな。なかなか難しいのにね。

 ここにも癒しの子育てを見つけました。


 
 

大きい小さい

 最近お付き合いしたお母さんが、我が子が大きくなったり小さくなっりするという話しをしてくださいました。イヤイヤや文句や反抗が多くなる時には、我が子が大きくなるそうです。そしてその後、お子さんが爆発して泣いた時には小さくなると言います。そこで援助者が、お子さんは同じなんだけど、お母さんが小さくなったり大きくなったりするのではないですか?と言うと、ああそうかもしれません、大きくと言うか、同じくらいに感じるのです、自分が子どもと同じくらいの大きさに感じるのですね、とお母さん。

 お母さんは子どもが大きく感じる時、どうしたらいいかわからなくなるそうです。ご自分がその年齢の時には、イヤイヤや文句や反抗はしたことがない、お利口にふるまっていた子どもだったそうです。我が子が大きく見える時は、お母さんでいられなくなる時で、小さい頃の自分になっている時なのでしょうね。見かけは大きいお母さんでも、その時は小さい自分なんでしょうね。そしたらどうしていいかわからなくなるのもわかりますよね。

 抱っこのお付き合いをしている時、お母さんを助けたい子どもが、お母さんが抱っこしていて身の丈は小さいのに、とても大きく感じて、子どもがお母さんを抱っこしているように見える時があります。そして気持ちがほぐれてお母さんに安心して甘えられるようになった時、身の丈通りの、大きいお母さんに抱かれた小さい子どもに戻るのですよね。その感じは不思議で説明がつきにくいことなんですが、実際にそう感じるのですよね。

 そんな感じをこのお母さんも体験されていたのですね。お母さんが小さくなってしまうと、お母さんとして子どもを包みこみ導くことは難しくなってしまうでしょうね。でもそんな感じになることを知っていると、小さくなっている時の自分との付きあい方もわかってきて、早くお母さんに戻れるようになるのではないかしら。そして、そんな時出て来る小さい自分を、よしよしできたらいいですよね。我が子と一緒によしよしできたらいいですよね。


 

泣くのが仕事

 2歳くらいの子どもが、バスに乗ってきて、お母さんに抱かれて座りました。しばらくはおとなしかったのですが、そのうちグスグス言いだして、お母さんがぺろぺろ飴を持たせて静かになりました。でもだんだんに我慢できなくなったようで、またグズクズ言いだし、そのうち泣き出しました。

 その頃はバスが混んできて、向かい側に座っていた私には姿が見えなくなりましたが、泣き声は続いていて、お母さん大変だなぁと思いやっていました。でも気づいたら泣き声がしなくなって、眠ったのかしら、よかったねと思っていました。私が降りる時にはもうその親子はいませんでした。

 バスを降りてから、近くに座っていた阿部が言うのには、乗ってきたどこかのおばあさんが、「子供は泣くのが仕事だからね」と親子に声をかけたのだそうです。そしたら、泣きやんだというのです。その一言で周りの視線がやわらいで、お母さんがほっとしたのでしょうね。子どもも肯定してもらったと感じたのでしょうね。

 そんなふうに、ほっとする一言をかけたいものです。


笑いもいいもの

 すぐ前を、4歳くらいの女の子がお母さんと手をつないで歩いていました。もう片方の手には手作り風の布の手提げ。そこには楽譜が入っているような感じで、音楽教室に行くのかしらと見ていました。

 すると段差で女の子が転んでしまいました。思わず私は「痛い!」と声を出してしまいました。お母さんは一瞬何が起こったの?いう感じでしたが、次の瞬間に「アハハハ!」と、「何してるのよ〜しょうがないねぇ〜」というように、苦笑いみたいな恥じらうみたいな、軽やかな笑いを子どもに向けたのでした。びっくりも恥じらいも痛いも、どこかに飛んでいくような笑いでした。

 子どもはすぐに立ち上がって、後ろの私を、恥ずかしげな顔をして見たので、「痛い!痛い!」と、今度は子どもに共感するように言いました。子どもはにこっと笑って、お母さんと手をつないで、二人で何事もなかったかのようにスタスタと先に歩いて行きました。

 お母さんの共感的なこんな笑いはいいものですね。私の痛い!もちょっと役立ったかな?


姉は甘え上手・妹は甘え下手?

 6歳の姉ちゃんと4歳の妹ちゃんが、お母さんが用事でお出かけするので、おばあちゃんとお留守番することになった日のことです。おじいちゃん運転の車でおばあちゃんが迎えに来ました。車でおばあちゃんの家に行って、お母さんがお迎えに来るまで待つことになったのです。

 持ち物を用意して、妹ちゃんは「行ってきます」とすぐに玄関に。ところが姉ちゃんは、「ママと一緒じゃなきゃイヤだ〜!」「ママ〜ママ〜!」「ママと行きたい〜!」「ママがいい〜!」と泣いて、なかなか出かけようとしません。

 そこにパパが来て、「これを持って行きなさい」と、ママの服を持ってきたのです。そしたら姉ちゃん、しくしく泣きながらも、ママの服を胸にしっかり抱きしめて、出発することができました。

 姉ちゃんの甘え上手に、ママは振り回され気味。聞き分けのいい妹ちゃんには助けられています。

 こんな話しを聞いて、姉ちゃんにはお姉さんとして振る舞える抱っこをしてほしいな、妹ちゃんには甘え上手になる抱っこをしてほしいな、と思った私です。

 姉ちゃんは「パパって素敵!」「パパ大好き!」と、パパの機転に大満足。ちゃんとおばあちゃんの車に乗って出かけられて、お留守番できてうれしかったのよね。

 

笑顔で幸せもらった

 団地の我が部屋の真上は、東南アジア系の家族の方が住んでおられます。団地の入り口や階段で出会うと、「おはようございます」「こんにちは」と挨拶を交わします。でも、駅に向かう道路で、反対から歩いてこられるので、「あ、上の階の方だ」気づいて、近づいたところで「こんにちは」と言って会釈したのですが、視界に入っていないような感じで通り過ぎるのです。「あれ?違う方だったかなぁ」と最初は思いましたが、それから何回か行き会ううち、確かに上の階の方だとわかりました。でもいつもただの通行人同士で通り過ぎていました。国民性があるのかしら、日本人の顔はみんな同じに見えるのかしらと、そんなに気にしないでいました。私も2回目までは挨拶しようとしたのですが、その後はそっぽを向いて、知らないふりをして通り過ぎていました。

 ところがついこの間出会った時、また知らない振りをして通り過ぎようとしていたら、なんとあちらからにこっと笑顔を向けて、「こんにちは」と挨拶してくださったのです。もちろん私もにこっとして挨拶してすれ違いました。

 ただそれだけのことなのですが、あちらから笑顔で「こんにちは」と言ってくれたことがとってもうれしくて、ふわっとあったかい気持ちになりました。それからまだ幸せな気持ちがずっと続いているのですね。

 日常でそれ以上のお付き合いのある方ではないので、通行人でもよかったはずなんですが、気にしていないようで気になっていた私がいたのでしょうね。たかが「こんにちは」なのに、一方通行のさみしさとお互い交わせることの幸せを感じたのでした。

 

楽しんで走っていた2人

 駅から自宅へ歩いているとき、3歳くらいの女の子と2歳くらいの男の子のきょうだいらしい2人に、小走りに追い抜かされました。うん?お父さんかお母さんを追いかけているの? でも先の方にはそれらしき人がいない。

 2人はちょっと行ったところで立ち止まって、振り返った。私のもっと後ろに目線がある。私もつられて振り返ったら、そこにはお母さんらしき人がゆっくり歩いてくるのが見えた。すぐ後ろではなく、ちょっと離れている。お母さんを確認できたら、また2人はお母さんに背を向けて走り出した。そしてあれっ!先に行ったちゃうの?と思った頃、止まって振り返って、お母さんが近づいたのを確認したらしく、また走り出していた。

 2人はただ走ることを楽しんでいる感じでした。何かに向かっているふうではなく、競争しているふうでもなく、走るのが楽しいというように走っていたね。見ている私も楽しくなるような、かわいい2人でした。

 そこは車の往来はそんなにない道の歩道なんだけど、細い道と交わるところはあって、お姉ちゃんはそこでちゃんと止まって右を見て左を見てをしてからまた走っていたけれど、弟くんはちゃんとは止まらないで、お姉ちゃんについていく感じ。その交差する道も、たまにしか車は来ないのだけれど、弟くんにはちょっと危ないかも。

 でもその時の私は危ないという感覚にはならなくて、その2人の楽しげな走りと共にいました。都会なのに、そしてお母さんと離れてなのに、その2人のかわいい走りには、ハラハラしないで見ていられたのはなんなんでしょうね。

 お母さんが見守っている中で、子どもたちはただ楽しんでいられたから? お母さんの言うことを聞かないで、勝手に走っているようではなかったから? ほんとにただ楽しんで走っていたかわいい2人でした。

 

みんなで跳んだ!

 8チャンネルで『エチカの鏡』という新番組が始まりました。録画しておいたのを観て、その第1話で泣けてしまった私でした。第4話まであるのですが、第1話を観たところで止めて、響いた気持ちを味わっています。

 その話は、小田原市の中学校の運動会のクラス対抗大縄飛びで、2年1組は最下位だったにも関わらず、みんなが飛び上がって大喜びしている映像から始まりました。

 1組には勉強も運動もちょっと苦手な、軽い知的障がいを持つ少年がいました。キャンプで目的地までの長い距離を歩いていて、少年は徐々に遅れてしまい、それでも必死にみんなの後を追っていると、一人の生徒がそれに気づいて、みんなで止まって待っていて、励ましながら一緒に歩き通したなどというように、いつも支え合ってきた仲のよいクラスだったそうです。

 ところが運動会で、6分間で何回跳べるかを競うクラス対抗大縄飛びをやることになって、仲のよいクラスに亀裂ができたというのです。何回も練習したけれど、少年安部ちゃんの足が縄に引っかかって、どうしても跳ぶことができるようにならなかったのです。クラスのみんなの中には、優勝したいという気持ちと、一緒に跳びたいという気持ちが葛藤していました。一緒に跳ぶのが平等なのか、それとも外すのが思いやりなのか、クラス全員が悩みます。少年は「応援係」というのが、2年1組が少年の承諾も得た上で出した結論でした。

 それから1組の大縄跳びは練習を重ね、どんどん記録を伸ばすことになり、予行練習では一位になりました。そして迎えた運動会の前日、一人の生徒が先生に気持ちを伝えます。「大縄跳びで安部ちゃんを外して跳ぶのは…、やっぱりイヤです」「勝ちたいという気持ちがあって練習してきたけど、やっぱり心のどこかで、一人外して跳んでいた自分に葛藤みたいなひっかかりみたいなものがあって…」と。先生はクラスの雰囲気を感じていて、そういう発言を待っていた感じで、「それでは話し合いをやろう」と、放課後にクラス全員での話し合いがもうけられました。

 一人一人が意見をぶつけ合い、「何でいまごろ言うんだよ!」と運動会を明日に控えて怒りをあらわにする生徒もいました。一時間話し合っても、「勝ちたいから安部ちゃんは外してやりたい」「一人も外さないでみんなで跳びたい」との意見はまとまらず、先生が採決をとっても半々。

 そのとき一人の生徒が立ち上がり、「俺たちが決めることじゃなくて、安部ちゃんが決めることだよ」と言ったのです。いつも周りのみんなに気をつかい、自分の意見を言わない少年。応援係になることが決まるときにも、何も言わなかったのです。知らず知らずのうちに置き去りにしてしまった少年の気持ち。みんなが少年の言葉を待ちました。

「…跳びたい」

少年が心の底から絞り出した言葉。それは少年が初めて自分の気持ちを表現した瞬間でした。その言葉でみんなが気づかされました。勝ちたいという気持ちが先走り、忘れかけていた何か…。「安部ちゃんが跳びたいんだからみんなで跳びたい」「勝ち負けなんて関係ないから、一緒に跳べればいい」「予行練習で一位だったんだからもうそれでいい。本番は安部ちゃんと一緒に跳びたい」 二つに別れていたみんなの思いは一つになっていました。

 「放課後、みんな残って、安部ちゃんのことを話しました。金子さん、鈴木さんの泣き顔、まだ頭の中から離れない。あっそうそう、先生の泣き顔おかしかったな。先生必死になって泣くのをやめようとして。ああいう時は泣いていいのに」「私、このことは忘れないと思うな。みんなの優しい気持ち、すっごくよくわかった。2年1組はとってもすてきなクラスだと思う。一回も跳べなくていい。みんなで楽しみながら大縄しよう」と生徒がノートの書き残していました。

 そして迎えた運動会当日。午後にある大縄飛びの最後の練習を、昼休みにみんなでしました。みんなのかけ声でまわした縄は、やはり少年の足元で止まります。でもそのときには、「安部ちゃんを応援する気持ちしかなかったです。跳べないことで、やっぱりビリかとかではなくて、全然そんなの意識しないで、安部ちゃん頑張れって…」と、みんなで一緒に跳ぶことを選んだ2年1組の生徒たち。

 そして一度も跳ぶことができないで迎えた大縄飛びの本番。クラスの親が偶然撮影してあったビデオ映像に、「クラスみんなで見つけた勇気が映っていました」と、そのときのようすが映像で流れました。

 その映像には、一人の生徒が安部ちゃんを抱きかかえるようにして、跳んでいるようすが映っていました。それでも一回目、二回目…と安部ちゃんの足元で縄が止まります。ところが何回目かに跳べたんです。少年と一人の生徒と一緒に跳べて、みんな一緒に跳べたんです。跳べたとき、競技中であることも忘れて、生徒全員が飛び上がって喜び合いました。1、2、3、4、5…連続して跳べていました。

 そして、その続きに映った映像には、誰の支えもなく、少年自らの力で跳び始めた姿が映し出されました。みんなで一緒に連続して跳べていました。みんな泣きながら跳んでいました。先生は後ろ姿しか映っていませんでしたが、きっと先生も泣いていたでしょうね。

 「五位、2年1組、71回」とアナウンスが流れら、みんな飛び上がって喜んでいました。安部ちゃんは、みんなと一緒に71回も跳べたんですね。みんな一緒に跳べたんですね。最高のびりっけつ!


 
TOPへ   HOME