←HOME

私が見つけた癒しの子育てA


 @ A  B   C  D  E F  G
 

申し訳ない気持ち

 3月11日に起きた東日本大地震は、とてつもない深い悲しみと、大きな不安と底なしのような怖さを、今なお残しています。被災地から離れた東京にいる私たちでさえ、(被災地で苛酷な中を生きている方たちを思うと情けないですが)やりきれない気持ちになり無力感に襲われそうになっています。自分にできることは何かと考えても、節電や節約が少しできるだけで何もできず、とてもちっぽけな自分に思えます。水もガスも水道も使えて、温かいご飯を食べ、布団に寝られる、そうしている自分が冷たい人のように思えたりもします。被災地の悲惨な状況を映しているテレビの画面を観て、居ても立ってもいられない気持ちにはなるけど、涙が流れない自分もいて戸惑ってもいました。

 そんな自分も感じながら、直接の被害がない地域にいる私たちが、支える立場にあるのだから、私たちこそ頑張らなければと思い、自分を立て元気を取り戻したつもりでした。でも、今度は感じないようにしていたようで、被災地の方とのメールのやりとりの言葉がなんか上滑りに感じたり、どう慰め共感したらいいのかわからなくなったり、変な自分になっていました。そんな時はまず自分の気持ちに気づくところからと、いつもみなさんにお伝えしている私でしたが、それができなくなっていました。

 そんな時、福島県民の怒りと悲鳴に触れました。そして感じないようにしていたのは、原発事故が報じられたところからだったことに気づきました。私は原発のことについて、福島原発のことについて、あまりにも無知だったのです。最初は、東北地方にある福島原発のことに、なぜ東北電力でなく東京電力が出てくるのか、そんな疑問から始まりました。それが、福島原発の電力が、東京電力管轄の関東地方、中でも首都圏の電力のために作られ、40年も前から電気を供給してくれてきたんだということ、豊かな生活ができていたことが、福島県民の苦しみの上にあったんだということ、を知ることになり、のほほんと豊かな生活をしてきた自分が許せなかったのだと思います。原発事故はどんどん悪い方向に、取り返しのつかない状況になっていき、原発はこんなに怖い物だと初めて実感し、どうしよう!どうしよう!ばかりになり、気持ちが固まってしまっていたと思います。そんな時、福島県民の怒りと悲鳴に触れ、自分の気持ちにつながり直すことができました。

「関東で使う電力を作っている福島で、原子力に事故があるとその福島県民が苦しい思いをしているのは、とっても納得がいきません!」

「福島は農業で成り立っているのに、放射物質があるから、農作物を作るなと言われるのは、生きるな、といっているのと同じ事です。福島の人が使わない電力のために、なんで私たちがこんなに苦しまなければならないの!!」

「東電の対応の悪さに腹が立ちます。事故を隠そうとする体質、事故を大丈夫だという体質、事故の前から、対応に誠実さが全く見られませんでした。前の知事も、随分と東電と対立していたように思い出します。私たちは何をそんなに対立しているのかはわかりませんでしたが、東電はあまり誠実ではないという雰囲気だけはわかりました」

「地震の被害はもう大丈夫なのに、学校に行けない子供たちはかわいそうです。原発が心配で、外に出すのもはばかられます。本当は大丈夫なのかもしれませんが、いつ爆発するか…なんて思うと、「家にいなさい」と言ってしまいます。こればっかりは怖いです。東京電力の人にはがんばってもらいたいのですが、私たちは東京電力の人をあまり信用していないのです。原発については今までいろいろありましたから。本当はもっと大変な状況になっているんじゃないか…と思っています。報道されているのが正しいのだと思いますが、どこかで疑っているのです」

「地震の影響は少ない地域なので、もっと日常の生活に戻れるはずなのに、原発でいやな思いをしなければならないのが悔しいです。原発のせいで物資のトラックが引き返した…ボランティアの希望者がいない…作業の人がいやがる…という報道にも、やりきれません。もっと正しい情報を発信し、それによって動いて欲しいです」

「福島県に近づきたくないトラックがいることも、納得しなくてはいけないんだな、と悲しく思いました。ただ、待つしかないのです」

「被災地に派遣される保健師さんの応募が、岩手や宮城にはたくさんあるけど、福島は極端に少ないのだそうです。それは原発が怖いからです。いわき市に救援物資がこないのも、原発が怖いからです。でも、そこには住んでいる人がいます。働いている保健師さんの方もいます。福島の人たちも、原発が怖い中、がんばって暮らしています、働いています。岩手や宮城の人たちと同じように疲れています。原発が怖い…わかります。でもどうして福島を避けるのでしょうか。関東以外の人は関係ない、福島原発の電気を使っていない人は関係ない、関東の人たちも、原発のことに心を痛めるけど、自分たちの使っている電力の事故のせいで福島の人たちが苦しいのに、なにもしてくれない…そんな風に見えてしまいます。もっと福島を助けて欲しいです。私たちは福島に住んでいるのです。生きているのです。福島を助けて下さい」

「まだまだ続く放射線漏れに、土壌や空気は汚染され続けます。そんな福島に、もう安全と言われたら人は来てくれるでしょうか。子どもたちが、福島出身ということだけで差別されたり、いじめに遭ったりしないでしょうか」

 こんな福島県民の怒りと悲鳴が、どど〜ん!ずし〜ん!と心の真ん中に響きました。心臓がドキドキして、体がガチガチになって、身動きできない感じになりました。でもその後でやっと、自分の気持ち「申し訳ない」「ごめんなさい」につなりました。それまで「申し訳ない」「ごめんなさい」という気持ちを感じないようにして、どこかに追いやっていたんだと気づきました。「申し訳ない」「ごめんなさい」の気持ちを、しっかり感じるところからしか進めないことに気づきました。ドキドキとガチガチと身動きできない感じのままにいながら、「申し訳ない」を感じると、「申し訳ない」「ごめんなさい」が声になりました。何回も声に出してみたら、やっと涙が流れて、心が解れていきました。「申し訳ない」「ごめんなさい」の気持ちを感じながら、自分を取り戻しました。

 こんな怒りはほんの一部だと思うのですが、怒りを伝えてくれた人たちにありがとうと言いたいです。被災地の方々も、こんな怒りを表現せずにいたら、気持ちがパンパンになって、苦しすぎてしまうでしょう。そして私たちにも、その苦しみが伝わらなくて、人と人とが隔てられて、力を合わせていけないでしょう。怒りや文句を聞かせてもらえると、過酷な中で生きている方々の気持ちも、伝えてもらえればもらえるほどわかるようになります。気持ちを伝え合っていけば、福島の人も首都圏の人も支え合って、原発のことを真剣に考えられるし、節電も言われたからではなく、自分の生き方を変えるところからできると思います。

 原発事故の修復ができずに長引いているところから、関東や首都圏にも放射線汚染がおき、小さいお子さんを育てている親にとっては不安が大きくなり、精魂込めて育てた作物が出荷できなくなって廃棄とか、魚や海苔が先行き不安になったり、苦しみが広範囲になってきています。それぞれの立場で苦しみはあり、それはきっと客観的にはどうこうと言えない、ご本人にしか分からない苦しみで、比べられるものではないのだと思います。それぞれの苦しさに真摯に寄り添っていけたらと思います。

 あるタレントが避難所を訪問したときに、一人のおじいさんが泣いて訴えてきて、そして最後に、「みんなも泣かしてあげてください。泣かないと立ち上がれません」と言われたそうです。命を守ることが最優先で、泣いてなどいられない時期もあると思います。少し落ち着いたら、怒りたい気持ち泣きたい気持ち、自分の気持ちにつながってみてください。一人で抱えないで誰かに聞かせほしいと思います。

 支え合って立ち上がっている被災地の方々、子どもたちの笑顔が映し出されると、元気をもらえています。少しの物に感謝し分けあっている人たち、肉親がまだ行方不明なのに避難所で懸命にお世話をしている人たち、被災した同志が助け合っている、そんな姿に頭が下がり、勇気ももらえています。それでも、不安で買いだめに走りたくなったり、風評の買い控えに迷ったり、少し落ち着いてくると今までの生活に戻りそうになったり、そんな弱い部分を戒めながら、支え合っていくことなのかもしれませんね。


  この人もきっと、
  人生の深い悲しみや寂しさを知っている。

  人生の深い悲しみや寂しさを、
  私も知っている。


  この人もきっと、
  絶望のなかで輝きを失わない魂を持っている。

  絶望のなかで輝きを失わない魂を、
  私も持っている。


  この人もきっと、
  自分らしく生きる道をいまに見つける。

  自分らしく生きる道を、
  私もいまに見つける。


  この人もきっと、
  どうにもならない運命に頭を下げることを学んでいる。

  どうにもならない運命に頭を下げることを、
  私も学んでいる。


  この人もきっと、
  気高く生きようとする誇りを持っている。

  気高く生きようとする誇りを、
  私も持っている。


  この人もきっと、
  生きる悩みを喜びに変える力を持っている。

  生きる悩みを喜びに変える力を、
  私も持っている。


  この人もきっと、
  生きる苦しみを乗り越えようとしている。

  生きる苦しみを、
  私も乗り越えようとしている。


 

甘えるということ

 最近、援助者仲間からその存在を教えてもらって、小学2年生の中村咲紀さんが書いた、『「あまえる」ということについて』という作文に出会いました。この作文は、1998年の第47回全国小・中学校作文コンク一ルの作文優秀作品だったものです。これを書いた中村咲紀さんは、当時栃木県河内町の小学校2年生で、『セロひきのゴーシュ』(宮沢賢治作)の読書感想文として書かれたようです。教えてくれた援助者仲間が、「まるで抱っこ法を知っているみたいですよ」と言っていたので、読みたくなって作文集『日本語ということば(赤木かん子編・ポプラ社)』を取り寄せました。ずいぶん長い作文ですが、心の有り様が書かれていて、小学2年生で!!と、とてもびっくりしました。1章が『セロ弾きのゴーシュ』の感想文、そして2章以降は自分のことを振り返って書いています。

 『セロ弾きのゴーシュ』はみなさんきっと読んだことがあるでしょう。私も、子どもの頃に読んだし、親になってから読み聞かせもしていましたが、中村咲紀さんのようには読み取れていませんでした。抱っこ法に関わるようになってからは読んでいなかったのですが、作文を読んでから読み直して、とても納得しました。

 ゴーシュは甘え下手だったのですね。甘え下手だったからこそ、心の中にへんなもの(気持ち)がたくさん入っていたので、本来の自分になれなくて、いくら練習してもセロをうまく弾けるようになれなかったのですね。そこに毎晩動物たちがやって来て、怒りの八つ当たりも受けながら甘え上手になる手伝いをしてくれて、本来の自分を取り戻す助けをしてくれたのですね。

 ここで作文から引用させていただいて(全文は長すぎるので抜粋です、でもだいぶ長いです)、中村咲紀さんの捉えたゴーシュの心の変化、甘え下手が少しずつ甘え上手になっていく変化をご紹介しますね(以下、《 》内が引用です。文章が続いていないところは《 》をし直してあります)。

《ゴーシュは、金せい音楽だんのセロをひくかかりでした。けれども、なか間の楽手の中で一ばん下手で、楽ちょうにいつもおこられてばかりいました。町の音楽会の十日まえには、「おこるもよろこぶも、かんじょうがまったく出ない」とどなられました。すると、ゴーシュは、セロをかかえてかべのほうをむいて、口をまげてぽろぽろなみだをこぼしました。

 ひとりぼっちでだれにもあまえることができないゴーシュは、おこられるといつもそうやって、くやしい気もちも、かなしい気もちも、いやだと思う気もちも、みんながまんしたのです。

 ゴーシュは、ぼろぼろないたあと、気をとりなおして、じぶん一人だけでれんしゅうをはじめます。でも、わたしは、ゴーシュのがまんが、一生けんめいれんしゅうする気もちにつながるとは思いません。

 だれも気がついていないけれど、ゴーシュの心の中には、へんなものがたくさん入っています。へんなものというのは、その人によってちがうけど、じこまん足だったり、つよがりだったり、がまんのしすぎだったり、色んなものがあります。そういうへんなものが心の中に入っていると、本当のじぶんがちゃあんと見えません。ゴーシュは一生けんめいれんしゅうしているつもりだけど本当のじぶんがちゃあんと見えていないので、本当のれんしゅうができていないのです。本当のじぶんをちゃあんと見ないでどんなにがんばっても、まちがったがんばりしかできません。それは、本当のがんばりにつながりません。

 けれども、きせきがおこります。

 楽ちょうにどなられたばんにねこが、つぎのばんにかっこうが、そして、たぬきが、のねずみが、じゅんばんにゴーシュのいえにやってきます。

 どうぶつたちに、いろいろ言われながられんしゅうしているうちに、ゴーシュは上手になります。音楽会で、みんなはゴーシュが上手になったことに気がついて、ゴーシュをアンコールのぶたいに出します。それでもじぶんが上手になったことに気がつかないゴーシュは、「どこまで人をばかにするんだ」と、おこって、ねこにひいた時と同じように、「インドのとらがり」をひきます。おこってひいたのが「インドのとらがり」にはぴったりだったのでしょう。ちょうしゅうは、しいんとなって一生けんめいきき入ります。あたまの中が「インドのとらがり」のきょくでいっぱいになって、しんけんな気もちになったのだと思います。》

 最初の晩にやってきたのは猫。
《ゴーシュは、ねこにひどいことをしたと思います。「トロイメライ」と言ったのに、ねこには一ばんいやだろうと思われる「インドのとらがり」をひいたのですから。ひる間楽ちょうにどなられたむしゃくしゃをみんなぶつけておこりまくり、こわがってパニックになっているのをおもしろがり、さいごには、ねこのしたでマッチまですったのですから。

 だけど、ゴーシュは、そうやって、今までがまんしていたむしゃくしゃをぜんぶ外に出せたので、かんじょうを出してきょくがひけるようになって、みんなをかんどうさせたのだと思います。ゴーシュは、かんじょうをだせるようになりました。

 ゴーシュがかんじょうを出せるようになったのは、ねこのおかげです。ねこは、そのために、やってきたのだと思います。》

 二晩目にやって来たのはかっこうです。
《かっこうは、ゴーシュに「ドレミファ」をひかせ、そのたびに「ちがいます」と言っては、また何回もひかせました。そうやってひいているうちに、ゴーシュは、かっこうのほうが上手な気がしてきます。ゴーシュは、じぶんがとても下手なことに気がつくのです。

 ゴーシュは、今まで、楽ちょうにおこられるから、ないたり、れんしゅうしたりしていたと思います。あんまり上手ではないというひょうばんを気にしていたのかもしれません。それは、ゴーシュが、本当にじぶんは下手だと思ってれんしゅうをしていなかったということです。だから、かっこうは、「ドレミファ」を何回もやらせて、ゴーシュに、本当のゴーシュを見させたのです。》

《ゴーシュは一生けんめいれんしゅうしているつもりだけど、本当のじぶんがちゃあんと見えていないので、本当のれんしゅうができていないのです。本当のじぶんをちゃあんと見ないでどんなにがんばっても、まちがったがんばりしかできません。それは、本当のがんばりにつながりません。》

《だけど、ゴーシュは、かっこうのことばを聞いて「出ていけ」と言いました。そうしたら、かっこうに「もう一ぺん」と言われたので、「朝めしに食ってしまうぞ」と、どんとゆかをふみならしました。かっこうは、びっくりしてにげ出そうとして、ガラスにぶつかってじゅうしょうをおいました。》

 三日目の晩にやって来たのはたぬきの子です。
《ゴーシュは、かっこうと同じようにおいはらってやろうと思っていたのに、たぬきの子とはなしているうちにわらい出してしまいます。でも、さいしょのうちはむりにこわい顔をして「たぬきじるにして食べてしまうぞ」と、おどします。だけど、たぬきの子は、おとうさんに、「ゴーシュさんはとてもいい人だ」と言われて、ゴーシュをいい人だとしんじています。

 ふつうの人は、じぶんをしんじている人にいじわるやひどいことをする気もちにはなれません。ゴーシュは、このばん、この本の中ではじめてわらいました。たぬきの子の人をしんじるあかるいきれいな心が、きつかったゴーシュの心をゆるめたのです。そして、ゴーシュのわらいこえといっしょに、心の中のへんなものがだんだんなくなっていったのです。そうして、すなおになったゴーシュは、たぬきの子に「二ばん目の糸をひくときおくれるねえ」と言われて、「そうかもしれない」と言えるようになっていました。そして、どうやったら上手になるだろうと、一生けんめいれんしゅうしました。

 ゴーシュは、はじめて本当のれんしゅうができました。たぬきの子が、ゴーシュの心をすなおにしたからだと思います。》

 四日目のばんにやってきたのは、のねずみの子です。
《のねずみは、どうぶつたちが、びょう気になると、ゆかの下にもぐって、ゴーシュのセロをきいてびょう気をなおすことをはなしました。のねずみがないてたのむので、セロをひいてやると、本当にのねずみの子のびょう気がなおりました。のねずみが「ありがとうございます」と十回ぐらい言うので、ゴーシュはかわいそうになってパンまであげました。

 ゴーシュはひとりぼっちじゃなかったのです。下手でだめだと思っていたセロは、どうぶつたちのびょう気がなおるのでかんしゃされていたのです。ゴーシュの心があたたまります。それでゴーシュは、のねずみにやさしくできるようになったんだと、わたしは思いました。

 びょう気がなおってパンまでもらったのねずみは、ないたり、わらったり、おじぎをしたりしてかえっていきます。のねずみは、ゴーシュの心をあたためにやってきたけど、ゴーシュのやさしさで、のねずみの心もあたたまったんだと思います。

 これが、心と心をくっつけ合うということです。

 みんなひとりぼっちじゃないのはいいなあ。たすけ合うのはいいなあ。ゴーシュが、やさしいゴーシュにもどれてよかったなあ。と、わたしは思いました。》

 そして1章の最後に、中村咲紀さんは次のように書いています。
《わたしは、このおはなしを読みおわって、へんだと思うことがあります。ゴーシュは本当に下手だったのかな。へんだと思います。だって、下手だったら、どうぶつたちのびょう気がなおるわけがありません。わたしは、ゴーシュは本当は上手だったんじゃないかなと思います。わたしは、それで、ゴーシュがどうして下手になってしまったのか、考えてみました。

 ゴーシュは、町はずれのこわれた水車小やにたった一人ですんでいます。きっと、なかよしのともだちも、だれもいなかったと思います。それでゴーシュはじぶんが一人ぼっちだと思って、だれにもあまえることをしないで、がまんして心をきつくしてしまったんだと思います。そして、本当のじぶんが見えなくなって、本当の心でれんしゅうができなくなってしまったのだと思います。おまけに、セロもおんぼろです。ゴーシュはますます心をきつくして、下手になってしまったのだと思います。そうして下手になったゴーシュは、じぶんが下手なので、またもっと心をきつくして、もっとだれにもあまえられなくなっていきます。そうして、ゴーシュの心がへんなものでいっぱいになって、まい日どんなに一生けんめいれんしゅうしても、セロが上手にならなくなってしまったのではないかと思います。

 一人でがまんしてないていると、心がかなしくなります。そして、じぶんのやさしさをうしなってしまうのです。そうしてがまんしすぎて、一人ぼっちで心をきつくしていると、心がわるいほうへいってしまいます。本当のじぶんではないじぶんになってしまうのです。そしてほうっておくと、もう本当のじぶんにはもどれません。

 ゴーシュは、そうなってしまうところを、どうぶつたちにたすけてもらいました。どうぶつたちは、本当のゴーシュのやさしさと、本当のゴーシュがひくセロが大すきだったのです。それで、ゴーシュの心がへんなものでいっぱいで、どうぶつたちのしらないへんなゴーシュになってしまうのがいやで、やってきたのだと思います。人は、一人ぼっちではいけません。人は、がまんしすぎてはいけません。人は、いつもみんなでくらさなければいけません。一人ぽっちで、いつもだれにもあまえることができないと、かなしい人になってしまいます。

 ゴーシュに、どうぶつたちがいてよかったなあと思います。》

 ほんとに抱っこ法で伝えている大事なところ、甘えずに一人で頑張ると、心の中にへんなもの(気持ち)がたまってしまい、心を縛ってしまって、本当の気持ちもわからなくなって、本当の自分でいられなくなるから、気持ちを伝え合って 本当の自分で支え合って生きたらいい、ということが書かれていますね。

 この文章の2章以降を読むと、中村咲紀さん自身が、妹ができてから一人で頑張って、甘えられなくなっていたけれど、「抱っこして」とお母さんとお父さんに言えたことから、甘えられるようになって楽になった話が書かれています。全部をお伝えできると、「甘えること」についてもっとわかりやすいと思うのですが、それはまた次に続きで。


甘えるということの続き

 先月にご紹介した中村咲紀さんの作文、そこでは一章のセロ弾きのゴーシュが甘え下手だったことについてでしたが、今月はその続きの文章から、咲紀さん自身の「甘えるということ」についてご紹介しますね。二章から五章にわたり書かれているのですがとても長いので、部分的に引用させてもらいながらご紹介しますね。 (以下《 》内が引用です。)

 二章で咲紀さんはゴーシュと同じだったと、幼稚園時代を振り返ります。
《わたしは、ようちえんの時、とてもつらかったです。ともだちが一人もいませんでした。わたしは、ようちえんがきらいでした。中でも一人ぼっちでさみしい外あそびの時間が大きらいでした。外あそびの時間、わたしは、にわのすみにある石でできた白ちょうやぞうのせ中にのって、その白ちょうやぞうとあそびました。

 わたしはふしぎでした。わたしのすがたは、だれにも見えないみたいでした。だれもこえをかけてくれませんでした。えんていにいる先生たちも、大ぜいいるともだちも。》

《わたしは、先生は、わたしがともだちがいないのをしっていると思っていました。だって、先生は、年しょうの時も、年中の時も、ずっとわたしのたんにんだったのです。わたしのことを見ていたらわかるはずです。

 「さきちゃんはおともだちがいません。何とかしましょう」と、本当のことをちゃあんと言ってほしかったです。でも、もし本当に気がつかなかったのなら、「さきちゃん、おともだちいないの?」と、わたしにちゃあんと聞いてほしかったです。先生は、そのどちらもしてくれませんでした。わたしは、この時からこの先生を、わたしのことわかってくれないわるい先生だと、思うようになりました。》

《先生は、だれにでもやさしい先生だったとおもいます。もちろん、わたしにもやさしかったのかもしれません。わたしがなくと、かならずだっこしてくれました。わたしは、そのだっこが、「なかないでちょうだい」のだっこに思えてきらいでした。でも、あれは、先生のやさしさだったのかもしれません。わたしは、心がきつくて、先生のやさしさが見えなかったのかもしれません。

 わたしは、そういうことに、今ごろ、気がつきました。でも、どうしても、先生は、わたしにとってはわるい先生だと、今でも本当は思います。

 人をわるいと思うのはいけないことです。人をわるいと思う人間は、じぶんもわるい人間になってしまうと思います。わたしは、先生をわるいと思うのはやめようと、何十回も何十回も思いました。でも、なかなかやめられません。これが、わたしの心の中に、今ものこるへんなものです。わたしは、心のびょういんがあったら、いってなおしたいです。》

 この頃の咲紀さんは、心の中にへんなものがあって苦しかったし、ゴーシュと同じように甘え下手だったから、お母さんに辛いことを話せなかったし、先生に助けを求められなかったし、友だちにも自分からは声をかけられなかったのでしょうね。心の中にへんなものがある、自分らしくない咲紀さんだったのですね。

 それでも頑張って休まず登園していた咲紀さん。
《わたしは、まい日、ようちえんのもんをくぐる時、おかあさんとわかれのあく手をして、「がんばるぞ」と思いました。それは、元気な「がんばるぞ」じゃなくて、心の中でなきながら言う「がんばるぞ」です。わたしは、いえにかえってきても、うーんとがんばっていて、おとうさんにもおかあさんにもあまえることができなかったのだと思います。

 今考えると、わたしの「がんばるぞ」は、本当の「がんばるぞ」ではなかったと思います。「つらいのがんばってがまんするぞ」の「がんばるぞ」だったのです。わたしは、へんなものがいっぱいで、じぶんじしんもまわりの人も、何もかもちゃあんと見ることができなかったのだと思います。わたしは、だれにもあまえないで、心をきつくしてぼろぼろないていただけだったのかもしれません。だから、いくらがんばっても、つらいことばかりだったのだと思います。わたしのがんばりは、がまんするだけで、本当のがんばりにつながらなかったのです。わたしはゴーシュだったとおいます。》

 幼稚園で辛かったことをお母さんにもずっと話せなくて、妹さんが入園してから、妹さんとばかり遊ぶ咲紀さんの様子から、お母さんが自分のクラスの友だちと遊びなさいと言ったことから、やっとお母さんに話せたのですね。
《わたしは、「風ぐみさんとずうっとあそんでいないからはずかしくって、『あそぼう』と言えないの」とはなしました。おかあさんは、ようちえんで、わたしがつらいのはわかっていたのだと思います。「先生に、そのことおはなししようね」と言いました。わたしは、心の中で「おかあさん、ありがとう」と言いました。》

 咲紀さんは「抱っこして」と「マクドナルド食べたい」と言えることが、甘えるということの象徴的なことだったようですね。
《わたしは、ようちえんにかよっている間、おとうさんにもおかあさんにも、「だっこして」と言えませんでした。「『だっこして』と言ってごらん」と言われても、言えませんでした。だっこしてもらうと、うれしくてたまらないのに、もっともっとだっこしてほしいのに、それでもやっぱり「だっこして」と言えませんでした。

 わたしは、もう一つ言えなかったことがあります。わたしは、マクドナルドのハンバーガーが食べたかったのです。ようちえんで、みんなが、「マクドナルドで何食べたあ」なんてはなしているのをきいたり、となりのいえのマーくんが、マクドナルドのおまけのおもちゃを、たくさんもっているのを見たのです。わたしは、年中のころから、ずっとマクドナルドが食べたかったけど、おねだりできませんでした。マクドナルドはたかいだろうと思いました。おとうさんは、マクドナルドは食べない人だろうと思いました。》

 そして年中さんの時に、やっと「抱っこして甘えたかった」ということがお母さんにわかってもらい、抱っこしてもらえたのですね。
《わたしが、ようちえんの年中のまん中へんのころだったと思います。「さきのこと、ずうっとだっこしていなかったから、だっこしてあげようか」と、おかあさんが言ったことがありました。いもうとのまきがへやにいない時でした。
 わたしは「いい」と言いました。
「どうして」
「まきがおかあさんにだっこしてほしいと思った時、いつでもだっこしてもら.えるように、わたしはもうだっこしてもらわなくていいの、まきがだっこしてほしいと思った時、わたしがだっこしていたら、まきがだっこしてもらえないでしょう」

 おかあさんは、その時、一生けんめいな顔をして、わたしをだきしめてくれました。おかあさんは「この日のことをずっとわすれない」と言います。「さきがそんなにだっこしてほしがっていることを、この時まで気がつかなかった」と言います。

 わたしもぜったいにわすれないと思います。だって、その時のだっこが、わたしのおぼえているさいしょのだっこだからです。これよりまえのだっこを、わたしはおぼえていません。》

 それからの咲紀さんは自分からも「抱っこして」が言えるようになりました。そして咲紀さんは、「マクドナルド食べたい」も言って甘えられました。咲紀さんは「抱っこして」と「マクドナルド食べたい」という気持ちを、伝えられて受けとめてもらえて、そこから甘え上手になっていったのですね。それは「きせきがおこったみたいでした」と咲紀さんは書いています。
《ゴーシュにはきせきがおこりました。「きせき」ということばを、わたしのもっている国語じてんでしらべたら、「ふつうでは、とても考えられないような、ふしぎなできごと」と書いてありました。

 わたしもきせきがおこったかというとわたしにはおこりませんでした。でも、ようちえんのそつえんしきのあとのわたしの気もちには、まるできせきがおこったみたいでした。

 そつえんしきがおわって、いえにかえってきてせいふくをぬいだ時、もうこのせいふくはきなくてもいいんだなと思ったら、ほっとしました。おとうさんに、「よくがんばったな」と言われて、もうようちえんにいかなくてもいいんだなと思ったら、うれしくなりました。その日、わたしは、がんばって、「おかあさんだっこして」と言ってみました。そしたら、おかあさんは、とってもにこにこして、ぎゅうっとだっこしてくれました。そして、「さきちゃん、『だっこして』と言えたじゃない」と、とってもうれしそうにいいました。つぎに、もう一回がんばって、「おとうさん、だっこして」と言うと、おとうさんは、「まってたぞ」というかんじでわらってだっこしてくれました。うれしかったです。それからすぐあとの日曜日、こんどはだっこの時よりがんばって、わたしは、おとうさんに言いました。「マクドナルドのハンバーガーが食べたいのでかってください」「いいよ」おとうさんはあっさり言いました。わたしはびっくりしました。そんなにかんたんに「いいよ」なんて言われると、わたしはびっくりするタイプです。おとうさんは、あれから時どき、マクドナルドのハンバーガーをかってくれるようになりました。「かおうか」というのはおとうさんです。わたしは、ちょっとわるいなあと思いながらも、「いいよ〜ん」とこたえます。》

 甘え上手になると、こんなに気持ちが違い、世界も違ってしまうのですね。咲紀さんは甘え上手になってから小学生になったので、小学校でほんらいの咲紀さんでいられて、お友だちもおおぜいできて、元気に楽しく過ごしていたそうです。よかった!よかった!

 甘え下手になるのは、咲紀さんのようにけなげなお姉ちゃんとして頑張り、お母さんに協力してきたことからなんですよね。根っからの親思いの子どもたちって、そうして自分から甘え下手になっていくことが多いのですよね。そんな親思いの気持ちはありがとうなんだけど、気持ちを一人で抱えて頑張らないで、甘えながらの方がいいことをぜひぜひ伝えたいですね。甘え下手になっている子どもたちが、甘え上手に戻るように、そしてお母さんたちが甘えさせ上手に戻れるように、これからも応援したいと切に思います。

 

どんな時もどんなお母さんも大好き

 この間の朝のNHKの番組で、『絆〜ママへのラブソング〜』(渡辺照子作詞・橋本昌彦作曲)という歌が、お母さんたちの間で広まっていると聞きました。「どんな時もお母さん大好き」「どんなお母さんも大好き」という子どもの思いが歌われています。

 この歌を聴いて、子どもの思いをあらためて感じとても愛おしくなったというお母さん、生まれたときの感動を思い出して、子育ての楽しさを感じられるようになったというお母さん、余裕のない子育てをしてきてしまったけど、いつも大好きを伝えてくれていた子の思いを思い出して、絆を取り戻したお母さんが、番組で紹介されていました。各地でミニコンサートも開かれているということで、お母さんたちが元気が出るスイッチを押してもらえる歌になっているのでした。

 この歌はインターネットでも公開されているので、部分的だけど歌詞をご紹介しますね。
♪困らせたくて、泣くわけじゃない/甘えたくて、抱きしめて欲しいから/あなただけが守ってくれる/誰よりも、何よりも♪
♪怒らないで、叩かないで/きっと、あなたの気に入る私になるから…/優しい顔も、怖いときの顔も/どんなあなたも、大好きだから♪
♪期待通りの私じゃないけれど/ちぎれるほど、あなたの 指をにぎりしめて/伝えたい あなたに代わる人はいない♪

 相談室で出会う子どもたちからは、いつもこんなメッセージを感じ取っていました。子どものそんな思いを、お母さんに伝えるのが援助者の大事な役割と思えます。お母さんが子どもからの大好きに気づかれると、そこから親子の大好きが伝え合えるようになり、いい循環が始まるのですものね。

 でもね、とても不思議に思うのは、私たちおとなだって、幼い頃はそんな子どもだったのですよね。きっと惜しみなく大好きを伝えていたんだすよね。それなのにいつからか、そんなふうに純粋に大好きが伝えられなくなってきましたよね。なぜなんだろう?どうしてなんだろう?いつからなんだろう? それが不思議でなりません。そして子どもが大好きを惜しみなく伝えてくれている内に、大好きが伝え合える親子になってほしいと切に願う私です。


どう?大丈夫?

 以前治療してあった歯がまた痛くなって、抜かないで治療をし様子をみていたけど、歯茎の腫れがどんどんひどくなって、とうとうその歯を抜く羽目になりました。痛くなって歯医者に通い出してから、3週間経ちました。まだ腫れは引かず痛みが残っています。もう少ししんどい日々が続きそうです。

 でも本当につらい日々の間、毎朝顔を合わせると、「どう?大丈夫?」と必ず声をかけてくれた息子。痛みはつらいけど、そんなふうに労いの言葉をかけてくれると、痛みもふっとびそうに心が和むのでした。

 子育ては、幼いほど24時間気が抜けず、日々育児に奮闘しているお母さんたち、こんな言葉かけがあったら、どんなにか救われることでしょう。ほんのちょっとした言葉でいい、気持ちを乗せて労いの声をかけてもらったら、どんなに大変でも頑張れるんだろうなと、ちょっした言葉かけのなんとありがたくうれしいことだと実感した私が、思ったことでした。でも、多くの場合は、気持ちはいっぱいあるのに、言葉にして伝えることがなかなかできないですよね。夫婦だとなお、照れくさくて言葉にできなかったりするのですよね。

 「どう?大丈夫?」「大変だね?」と声をかけてもらうと、気にかけているよというメッセージが伝わってくるのですよね。それは自分の存在を認めてもらっているような気がするのでしょうね。大事な存在なんだよと、言ってもらっているように感じるのでしょうね。

 「どう?大丈夫?」「大変だね?」と、そんな一声が掛け合えたらいいな。

 

ムッ!からカーッの怒りへ

 以前NHKの『ためしてガッテン』という番組で、「夫婦ゲンカ−怒りの心理学」というテーマでの放映がありました。「怒り」については、取り扱いに困っている方がいっぱいいて、特に我が子に向いてしまうのを何とかしたいという相談がよくあります。その番組に何か手がかりはないかと、録画してあったのを見直してみました。

 まずおもしろかったのは、猿での実験でした。猿の群れが競って餌を食べているところに、笑顔のお面をつけて人間が近づき、猿の前の餌に手を伸ばそうとすると、餌をとられまいと伸ばした手を制止するかのように、すぐさま攻撃してきました。次に怒りの表情をしたお面で近づくと、餌に手を伸ばす前に近づくだけで攻撃を受けていました。その次には、怖がっている表情のお面で近づくと、なんと攻撃はなく、しぶしぶ餌をとらせてくれていました。

 その猿の心理を飼育員が言うのには、笑い顔には「こいつわかってねえ!」と怒り、怒り顔には「やる気か!?」と怒り倍増、でも怖れ顔には、「分かってんだったらいいや」なのだそうです。確かにその人は怖々近づいていったでしょうから、本心が伝わったのでしょうか。作り笑いや八つ当たりは、分かり合えないですものね。怒りの奥にほんとに伝えたい気持ちがあるというのは、人間も猿も同じ通じ方をするのですね。

 さて本題の怒りですが、モデルになったご夫婦の家の居間に、カメラがある期間四六時中回っていたようなのですが、ケンカになったら、カメラの存在も忘れてしまっていたそうです。いくつかの場面のよくある夫婦ゲンカが映し出されていました。

 どのケンカも、最初は「ムッ!」で始まるのだけれど、途中でどっちかが「カーッ!!」となって、そこからは怒りが怒りを呼びヒートアップしていました。番組では、その「ムッ!」と「カーッ!!」を分けられるといい、つまり「ムッ!」で収まる手立てを紹介していました。それは【愛】(愛=I=私)という小旗を作り身近に置いておき、「ムッ!」が「カーッ!!」にいきそうなときに旗を掲げていました。すると、「もうあなたは!こうなんだから!……」という攻撃的な言い方でなく、「私はこう思う」「私はこう感じる」と目を見て気持ちを伝えられるので、ほんとに伝えたい気持ちを一生懸命伝えようとして、ケンカをする必要がなくなったそうです。

 確かにケンカになると、自分でも何を言っているのだか、何を伝えたかったのかも分からなくなり、お互い分かり合えなくて、気分の悪さだけが残るのですよね。ほんとに伝えたいことが伝わらないので、また何か種を見つけてはケンカになるのですよね。本心を私言葉で伝える、それができたらほんとにいいですね。この夫婦も、ほんとに伝えたかったのは不安な気持ちだったり、相手を思いやる気持ちだったりしたのですよね。

 それにしても夫婦ゲンカの中にいる子どもは、けっこう辛い思いをし、やきもきし、なんとか仲直りしてほしいと思って苦労しているのですね。この録画にも、その家の子ども(2歳代後半くらいの男の子)が一緒に写っていたのですが、心を痛めて仲裁に努力しているようすが伝わってきました。ケンカの途中で、お父さんが「ママ、イライラしないの!」と投げやりに言うと、「イライラしてないじゃん」と子どもが言い、お母さんがお父さんに、「いつもやると言ってやらないじゃん!」と怒ると、「そうそう」と相づちを打って、お母さんの味方になっている場面がありました。また、ケンカが激しくなると、「ギャー!ワーワー!」と叫び声を上げて辛さを表現し、その声に我に返ったお父さんとお母さん、ケンカは止まり、お子さんを交えて和んでいました。また子どものことがきっかけでケンカになった場面では、うえ〜ん!と悲しそうに泣いてしまって、やはりケンカは収まりました。両親が仲良くしていてくれることが、子どもにとっては一番の安心でしあわせなことですから、この実験で、今までよりずっと仲良し時間が増えたというのですから、よかったね。

 怒りはなかなかしぶといので、すぐにはうまく扱えなくても、練習して、ほんとの気持ちを伝えられるようになったらどんなにいいでしょう。一番伝えたいのは「愛」「大好き」のはずですものね。

 

大冒険!大冒険!

 この間、住んでいる団地の一階のベランダで洗濯物を干していたら、子どもの声がしてきました。少しして視野に入った声の主は、小1くらいのお姉ちゃんと、お姉ちゃんに手を引かれた4歳くらいの弟君でした。弾んだ声で、「大冒険!大冒険!」と言いながら、お姉ちゃんはスキップで、弟君は小走りに近づいてきました。とっても楽しそうで、初めての大冒険で、おばあちゃんのおうちまででも行くのでしょうか。あまりにその声と姿がかわいくて、干す手を止めて見ていました。「大冒険!大冒険!大冒険!・・・」と歌うように言いながら通り過ぎて、見えなくなっても「大冒険!」はずっと聞こえて、そしてだんだん小さくなっていきました。

 今でも、大冒険!の姉弟の声と姿を思い出すたびに、私の心がほんわかあったくなるのです。思いがけずいいものをもらった出会いでした。テレビで「はじめてのおつかい」という番組がありますよね。これもかわいくて観るのですが、実物はこの姉弟のようにもっとかわいいのでしょうね。

 こんな姉弟に出会ったら、息子の小さい頃をちょっと思い出しました。小学校に上がる前までは、外を歩くときは手をつないでいましたが、入学の年に暦が変わった頃から、1人で歩く練習をしました。初めはすぐそばを手はつながずに一緒に歩き、横断歩道は、「右見て、左見て、もう一度右を見て」と一緒に声を出して練習。段々に距離を置いて、そしてとうとう道路を渡ったお店まで、1人でお使いに行ってもらいました。

 その時のドキドキ感を今でも思い出します。後を追って見に行きたい気持ちを抑え、ここは息子を信じるんだと自分に言い聞かせ、家で待っていました。「ただいま!」と無事に帰ってきた時には、ほっとして涙が出ました。そんな感動を息子にももらっていたことが蘇り、あったかい日になりました。

 子育て真っ最中で日々が大変だと、そんな小さな幸せを見逃しがちだと思いますが、子どもはきっとそんな一コマを見せてくれていると思います。大変なときこそ、ちょっと探してみてね。そして心にとどめておくと、いつでも思い出して、エネルギーをもらえます。 


手を添える

 援助者仲間の一人が、提出しなければならないレポートが書けないでいました。もう期限が少し過ぎているので、焦る気持ちはあるけど、何かの気持ちが邪魔をして書けないみたいでした。書かなければいけない、でも書けない、その葛藤に苦しんでいるように感じました。

 そこで、「手を添えるから、今から書こうよ」と伝えました。私は本気で、その時その場ですぐにでも書き始められるように支えたいと思っていました。「え?今から?先にやらなければならないことがあるから……」との答え。やはりダメかな?!

 ところがその後に、その人は自分一人で書き始めたではないですか。一旦書き始めたらどんどん書き進めていました。何日も書けなかったようなのに、書けていたのです。「手を添える」と言ってもらったら、一人で頑張らないでいいと思えたら書けた、とその人は言っていました。実際に手を添えたのではなかったので、心に手を添えたということなのでしょうね。

 でも、帰る時間までには書き終わらなくて、続きは家でということになりました。また書けなくなるという不安があるからと、「手を添えるおまじないをして」と手を差し出してきました。差し出した手は左手だったので、その左手に私の手を重ね、もう片方で包みこみました。

 そしたらその人が、私の手のその上にその人の右手を置きました。そしたら何と、その右手は、私の手が間にあったにしろ、力ない左手をしっかり支えようとしていました。左手は「書けない」と苦しんでいるその人、そして右手は「書けるよ」と支え励ましていました。

 そう思った私がその人に伝えると、「え?自分としては、右手もすがる思いで重ねたつもりだった」と言います。でも右手の力強さをその人も感じ直したみたいでした。そして「書けるよ」に支えられて、「書ける」とがしっかり立ち上がったではないですか。それからその人は帰って行き、その夜には書きあげたと言います。

 相談の時にもよく、手を添えて導いてねとお伝えしていますが、そのカラクリをその人とのやりとりで実感させてもらいました。「できない」「ダメだ」という気持ちと隣り合わせに、「できる」「大丈夫」という気持ちが必ずあり、手を添えることでその気持ちを支えると、「できるかもしれない」「大丈夫かもしれない」と力をもらい、「できる」「大丈夫」と立ち上がるのですね。お兄さんお姉さんとして頑張りたいと思っている子どもたちにも、手を添えてもらうってとっても助かるのですね。


しあわせの輪が広がったとき

 この間6ヶ月の赤ちゃんの相談に来られたお母さんとお父さん。その赤ちゃんがお父さんの母親、つまり赤ちゃんのおばあちゃんに抱かれると、いつも大泣きになってしまうと言います。とてもやさしくて、いつも助けられていて、お世話になっているおばあちゃんだから、お母さんとしては戸惑っていたようです。おばあちゃんは苦手なのかなあと思い、どうしたらいいのかなあ、おばあちゃんに申し訳ないとお母さんは悩んでいました。

 時々、そんな話しを聞きますし、逆におばあちゃんにはニコニコで抱かれるのに、お母さんに来たとたんに泣くという話しも聞きます。子どもはとても愛に満ちて賢く、自分の立ち位置を感じ取るようです。お母さんとおばあちゃんが少しぎくしゃくしていたりすると、その間を取り持とうと、おばあちゃんに笑顔を向けて労ります。同じ状況でも、お母さんの気持ちを考えて、おばあちゃんにはなつかない感じになる子もいます。どちらも子どものしあわせ作戦なのでしょうね。

 この赤ちゃんの場合は、お母さんとおばあちゃんの仲はとてもよく、赤ちゃんは立ち位置に気遣いする必要もなかったのでしょう。おばあちゃんに抱かれて泣いてしまうのは、おばあちゃんが嫌でも苦手でもなく、大好きで安心して抱かれていたので、泣きたい気持ちを自然に表現できていたのでしょうね。そしてもしかしたら、自分の気持ちで泣いているだけではなく、おばあちゃんの気持ちの分も泣いたのかもしれません。だっておばあちゃんは、とても頑張り屋さんで泣きごとを言わない方のようですから、おばあちゃんの心の奥にある、悲しい気持ちを感じ取っていたのかもしれません。おばあちゃんもこんなふうに泣けたら楽になるよと、教えてくれていたのかもしれません。

 そんなことをお話ししたら、お母さんもお父さんもほっとされて、赤ちゃんの愛の深さに感動され、父と母と子の心がつながり、そしておばあちゃんともつながったようでした。赤ちゃんのしあわせ作戦で、援助者までしあわせをいただきました。しあわせの輪が広がったときを共にいさせてもらいうれしかったです。


 

思い込んだら命がけ

 ある生まれたばかりの赤ちゃんの援助事例を読む機会がありました。アメリカの心理学者ウェンディ・マカーティ博士の論文『信念の持つ力−赤ちゃんが私たちに教えてくれるもの』(2002年)に紹介されている4つの援助例の1つだそうです。

 その赤ちゃんは、生まれてすぐから頑なにおっぱいを拒否して、おっぱいをスポイトで口に垂らしやっと命をつないでいたのだそうです。でも体重は増えずやつれてきて、とても心配な状況になっていきました。

 その赤ちゃんはへその緒が首に巻きついていたため難産で、羊水や胎便を飲んでしまっていて呼吸ができず、喉から吸引して取り除き、無事だったのだそうです。それは命が助かるために必要な、大事な処置だったのです。

 でも生まれてすぐにそんな体験をした赤ちゃんは、口に近づいてくる物は危ないと思い込み、おっぱいでさえ口にちょっと触るだけで、のけぞって拒否をして、けっして飲もうとしなかったのだそうです。

 博士は、両親に誕生時の様子について、赤ちゃんの反応を確かめながら話してもらい、赤ちゃんの相づちがあったり、様子が変わったりしたときには、話を先に進めず、赤ちゃんの反応を認め、代弁し、共感し、ショックの発散を許し、パワーを強めるようにして、癒しの場を提供したのだそうです。

 その癒やしの過程で、赤ちゃんが「口に近づいてくるものは危ない。口に入れてはいけない」という思い込んでしまった信念が解け、赤ちゃんはおっぱいを飲むようになったのだそうです。この赤ちゃんは文字通り命がけの信念だったので、信念が解かれ、おっぱいが飲めるようになってほんとによかったですね。でももし身近にこんなサポートができる人がいなくて、信念が解れないで、飲まなかったらとぞっとします。何とか命はつないだにしても、その信念が解れずに持ち越されると、生き方を縛っていくのですよね。

 こんなやりとりは、癒しの子育てのやりとりとそっくりなのですが、この事例を読んで、改めて信念を解きほぐすことが大事だと意識したのです。子どもたちも多かれ少なかれ、信念を持ってしまっていますが、おとなになると、信念にもろ縛られて生きている気がします。

 自分のことを顧みてみると、「私は存在していてはいけない」いう信念が、生きてくる中で、一番きつかったように思います。その次にきつかったのが、「自分のせい、私が悪い」という自分を責める信念だったと思います。「疎外感」「孤立感」も、人の中で生きているのですから、きつかったですが、これはどんな信念から生まれた気持ちなんでしょう。あるいはこんな気持ちが、もっと別の、例えば「人に受け入れられるはずがない」「私はつまらない人間だから相手にされるはずがない」のような信念を作り上げるのでしょうか。そのへんの、気持ちと信念の関係はだいぶ複雑のようなので、今ここで説明ができません。でも確かに、思い込んだ信念は、私たちを苦しい生き方にしているので、解きほぐされたらどんなにかいいと思うのです。私は、40歳になってから自分と向き合ってきましたが、今ではそのきつい信念も、ずいぶん解れて来ました。でもまだとっさにそこにつながってしまうとこもあり、しぶとい信念です。

 こんな信念がどう形成されていくのか人それぞれでしょう。いつ形成されるのかも、この赤ちゃんのように生まれて間がないときからもあるし、生きてくる過程のどこかかもしれません。でも一旦信念が形成されると、思い込んだら命がけのようで、全てのことをその信念に引きつけて、ますます信念が強まったりするのですよね。

 相談室で出会う親子が、気持ちが通じ合ってひしと抱き合う時、何かの信念がカタカタと音を立てて崩れ去る瞬間があります。そんな時は、親子だけでなく、援助者もその周りにいる人みんな、心が一つになる感じになり、しあわせをもらうのですよね。信念という言葉は、一般的にはいい意味に使われることが多いですから、いらない信念は手放して、「私は私でいい」「私は大事な存在だ」「私とみんなはつながっている」「私は私が大好きだ」「人生は楽しい」・・・こんな信念に塗り替えられたらいいですね。

 

飽きちゃったよね

 バスに乗りこんだら、5か月くらいの赤ちゃんを抱っこしたお母さんが乗っていました。お母さんは座っていて、赤ちゃんもあたりをきょろきょろしながらおとなしく乗っていました。

 でも少ししたら、ぐずくず言いだしました。お母さんはトントンしていましたが、くずくず声が大きくなってきました。そしたら立ち上がって、大揺れに揺らしてほいほいし出しました。公共の場で赤ちゃんの泣き声さえ迷惑がられる世の中ですから、お母さんの気持ちがよくわかりました。お母さん大変だなあ、何か声をかけてあげたらいいかなあと考えててたら、赤ちゃんと目が合いました。

 赤ちゃんに「飽きちゃったね」と声をかけると、じっと見てくれました。さらに「飽きちゃうよね」と言うと、赤ちゃんはにこっと笑ってくれました。それから何回も笑顔を向けてくれて、それからはぐずらなくなりました。お母さんはまた座って落ち着かれました。それから程なく赤ちゃんは眠ってしまいました。

 よかった。



イヤイヤもダダこねも甘え

 3歳のお子さんの相談が終わって、帰る前にお母さんがトイレに行きました。そのお子さんはもう落ち着いて、遊び始めていたのですが、イヤイヤが始まりました。援助者が抱きとめるのに大変なほどのイヤイヤぶりでした。「イヤイヤ言いながら待っていようね」と、お母さんを送り出しました。お母さんが帰るまでイヤイヤしていそうな感じでした。

 ところが、お母さんが部屋のドアを出て、姿が見えなくなったとたん、イヤイヤはスッと引っ込みました。援助者はその変化にえ?え?と拍子抜けでした。なんだちょっとだけイヤイヤ言ってみたかったのねと思って、お母さんを待っていました。そしてお母さんが部屋の戻ると、またすぐにすごい勢いでイヤイヤが始まりました。その変化が余りにもはっきりしていたので、笑ってしまったほどです。

 こんなお子さんの様子を見ると、イヤイヤやダダこねが甘えなんだと実感するのです。援助者に甘えたってしょうがない、甘えたいのはお母さん。そのお母さんはお子さんの様子を話したら、「私に甘えてくれているんですね」と納得してくださり、うれしそうでした。

 こんな見え見えだとわかりやすいですが、私にだけイヤイヤする、私が抱くと泣く、私には目を合わせない、私にばかり文句を言う、私が帰ってきたとたん言うことを聞かなくなる、などなど、子どもの甘え方はお母さんに自信をなくさせてしまうことも多いですよね。嫌われていると思ってしまったりもします。お母さんを嫌いな子どもなんていないのにね。

 それにしてもお母さんが受け取りやすい、もっとわかりやすい甘え方になってくれるといいですね。泣き上手甘え上手は、お互い楽です。

 
TOPへ   HOME