←HOME

 私が見つけた癒しの子育て@

私とは阿部芳子で、このホームページの管理人で、
癒しの子育てネットワーク代表阿部秀雄の連れ合いです。

 @ A  B   C  D  E F  G
 

真っ直ぐに向き合って

 O保育士は、もう1人の保育士と組んで、2歳児13人を受け持っています。最近、担当している子どもの1人であるjちゃんが、何かにつけてグズクズいい、言うことが聞けず、泣き出すと1時間半も大泣きするので、1人だけに手をかけられないので困っていました。

 最近Jちゃんのご両親の関係が悪くなっていることを聞くので、Jちゃんの様子がこんな感じになるのも無理ないなあと、Jちゃんの気持ちに寄り添うよう努めるのですが、あまりに手に余る感じが続き、クラス全体がうまく回らなくなってくると、O保育士もついイライラしてしまって、「いい加減にして!」「もう知らない!」なんて言葉を出てしまい、後で罪悪感に駆られるのでした。

 そんな話しを抱っこ法援助者の先輩に話したら、「泣かれるとつらくなってしまうんじゃない?」と言われました。確かに泣かれるとつらくなる気持ちがあることは気づいていたけれど、その気持ちが保育の場にも出てくることに、先輩に言われて気づきました。なんとかその自分の気持ちに邪魔されないで、Jちゃんと向き合い、気持ちを受け止め、お兄さんらしい行動に導きたいと思いました。

 ほんとはJちゃんとゆっくり向き合えればいいけれど、もう1人の保育士に他の子どもたちを任せて、Jちゃん1人の時間をとることはとても無理。どうしようと思っていたけど、物を投げたのをきっかけに、向き合うことに意を決しました。物を投げることを止めるために抱きしめて、そこから癒しの抱っこが始まりました。JちゃんはO保育士の腕の中で大泣き大暴れとなりました。気持ちの6割はJちゃんに向けながらも、4割は他の子どもたちの様子を見ながらです。

 Jちゃんが泣き続けると、O保育士の心の中の泣かれるとつらい気持ちに響いて、抱きしめる手の力が抜けてしまい、離れていきそうになるのを、必死で抱き留めなおして、また逃れられそうになる、また抱きしめるの繰り返しになりました。O保育士は自分の気持ちとも向き合いながらとなったのです。たぶんそうしないと、またイライラしてしまい、Jちゃんと向き合えなくなったと思います。O保育士はJちゃんを抱きしめながら、自分の気持ちも抱きしめていたのです。

 そうしていると、O保育士自身の幼い頃のことがJちゃんと重なって思い出し、泣いてしまいました。O保育士もまた、幼い頃に両親の不仲の中にいて、心配とさみしさで苦しい思いをしていたのです。深いところでJちゃんとO保育士は共感でつながったのですね。すると、Jちゃんは泣きやんで、O保育士の涙をぬぐってくれたのでした。そのかわいいしぐさに、O保育士の悲しい涙はあたたかい涙に変わり、2人はあたたかさと安心に包まれていました。Jちゃんは身を任せてしっとり抱かれていました。

 そのやりとりの時間は長いように感じたけれど、たぶん5分くらいだった。その間、クラスの他の子どもたちは、協力してくれているかのように、邪魔しに来なかったし、困ることはしないでいてくれました。でもその時間が終わったら、O保育士にまとわりつく子どもが何人もいて、次は私の番ね、僕の番ねといわれているように感じました。かわいい子どもたちです。

 その後のJちゃんはずいぶん落ち着いていて、O保育士にも素直に甘えてくれ感じになりました。でもJちゃんのご両親の心配は続いていて、どうにもできないことなので、Jちゃんの行動は時々乱れます。でもちょっとつき合うと落ち着くようになりました。O保育士は自分がついているからね〜という気持ちで、Jちゃんを見守り続けています。
 

チャップリンからのメッセージ

 チャップリンの映画『独裁者』は、ずつと前のものなのに、その中の演説は今の時期に必要なメッセージに思えました。「どんな状況になっても希望を失うな!」「歴史の傍観者となってはならない!」と魂にひびきます。映画を見直したいと思っていますが、演説の部分をここに紹介します。

***************

 申し訳ないが。私は皇帝になどなりたくない。
 支配も征服もしたくない。できることなら、皆を助けたい。
 ユダヤ人も黒人も白人も。
 私たちは皆、助け合いたいのだ。人間とはそういうものなんだ。
 お互いの幸福と寄り添いたいのだ、、お互いの不幸ではなく。
 憎み合ったり、見下し合ったりしたくないのだ。

 この世界は全児類が暮らせるほど大地が豊かで、
 皆に恵みを与えてくれる。
 人生は自由で美しい。

 しかし、私たちは生き方を見失ってしまった。

 欲が人の魂を毒し、
 憎しみと共に世界を閉鎖し、
 不幸、惨劇へと私たちを行進させた。

 私たちはスピードを手に入れ、
 自分自身を孤立させた。

 ゆとりを与えてくれる機械により、
 貧困を作り上げてしまった。
 知識は私たちを皮肉にし、
 知恵は私たちを冷たく、無情にした。

 私たちは考え過ぎ、感じなさ過ぎる。
 機械よりも、人類愛が必要なのだ。
 賢さよりも、優しさや思いやりが必要なのだ。

 そういう感性なしでは、世の中は暴力に満ち、
 全てが失われてしまう。

 飛行機やラジオが、私たちの距離を縮めてくれた。
 そんな発明の本質は、人間の良心に呼びかけ、
 世界がひとつになることを呼びかける。

 今も、私の声は世界中の何百万の人々のもとに届いている。

 何百万の絶望した男性たち、女性たち、小さな子供たち。
 人々を苦しめる組織の犠牲者たち。
 罪のない人たちを投獄させる者たち。

 私の声が聞こえている人たちに言う、
 絶望してはいけない。

 私たちに覆いかぶさる不幸は、単に過ぎ去る貪欲であり、
 人間の進歩を恐れる者たちの憎悪なのだ。

 憎しみは消え去り、やがて独裁者たちは死に耐えるだろう。

 人々から奪い取られた権力は、人々のもとに返されるだろう。
 決して、人間は永遠に生きないように、決して自由は滅びることもない。

 兵士たちよ。
 獣たちに身を託してはいけない!
 君たちを見下し、奴隷にし、人生を操る者たちは
 君たちが何をし、何を考え、感じるかを指図する。
 君たちを鍛え、食事を制限する者たちは、
 君たちを家畜として、ただのコマとして扱うのだ。
 身を託してはいけない!
 そんな自然に反する者たちなどに。

 機械人間たち、
 機械のマインドを持ち、機械の心を持つ者たちなどに。

 君たちは機械じゃない!
 君たちは家畜じゃない!
 君たちは人間だ!
 心に人類愛を持った人間だ!

 憎んではいけない。
 愛されない者が憎むのだ。
 愛されずに、自然に反する者が憎むのだ。

 兵士たちよ。
 奴隷を作るために闘うな!
 自由のために闘え!

 「ルカの福音書」の17章に、
 「神の国は人間の中にある」と記されている。

 ひとりの人間ではなく、
 一部の人間でもなく、
 すべての人間の中に、君たちの中にあるのだ。
 君たち、人々は力を持っているんだ!

 機械を創り上げる力、
 幸福を築き上げる力を持っているんだ。

 君たち、人々が持つ力が、
 人生を自由にし、
 人生を美しし、
 人生を素晴らしい冒険にするのだ!

 民主義国家という名のもとに、その力を使おうではないか。

 皆でひとつになろう!

 新しい世界のために闘おう!
 常識ある世界のために。

 皆の雇用に機会を与えてくれ、
 君たちに未来を与えてくれ、
 老後に安定を与えてくれる世界のために。
(雇用や福祉が保証された世界のために)

 そんな約束をして、独裁者という獣たちも権力を伸ばしてきた。
 しかし、奴らは嘘つきだ。
 奴らは約束を果たさない。
 これからも決して、果たしはしない。

 独裁者たちは、自分たちを自由にし、
 人々を奴隷にする。

 今こそ闘おう!
 約束を実現させるために。

 闘おう!
 世界を自由にするために。
 国境を失くすために。
 欲望を失くし、嫌悪を苦難を失くすために。

 理性ある世界のために闘おう!
 科学と進歩が全人類の幸福へ、導いてくれる世界のために。

 兵士たちよ!

 民主主義国家の名のもとに、
 皆でひとつになろう!
 団結しよう!

(恋人に向けて)
 ハンナ、聞こえるかい?
 顔を上げるんだ。
 雲が晴れていく。太陽が輝き、あたりを照らし始めた。
 人類が新しい世界に。
 そこには貪欲も憎悪も野蛮さもない。
 見上げてごらん。
 人類の魂には翼があったんだ。
 いま飛び始めた。
 虹の中にも飛び始めた。
 未来の希望の光に向けて。
 希望に満ちた未来が我々人類のもとに。

 だから上を見上げてごらん。
 だから上を見上げてごらん。

***************
 
 

生まれた瞬間から心の繋がりを


 11月末に、子育てを一から見直すプロジェクトと抱っこ法協会共催で、「子育て支援者講座」が開催されました。その講座は今年で3回目になりました。子育てを一から見直すプロジェクトは、子どもの気がかりができてから相談に来られることがほとんどの出会いの中で、もっと早く、生まれた瞬間からの心の繋がり方をお伝えできれば、しあわせ子育てができると、阿部秀雄が呼びかけて活動をはじめました。『6000回のおむつがえ』や『赤ちゃんとお話ができるやさしいふれあい体話術』を世に出し、来年は『母乳から始まる心のケア』(仮題)が出版されることになっています。

 今年の講座でのトピックは、このプロジェクトの代表である福田さんが、ご自身が開いている母乳相談室で出会った親子の授乳の映像とお話でした。おっぱいは母親が飲ませるという感覚だった私には、赤ちゃんが自分からおっぱいを飲むしぐさにびっくりしました。

 生まれてすぐの赤ちゃんをお母さんのお腹に乗せると、おっぱいまで這っていって飲む、ということは映像でも見たことがあり知っていたのですが、それは原始反射のようにとらえていました。でも赤ちゃんはその時だけでなく、新生児や数ヶ月の赤ちゃんもその力を持っていることをみせてもらいました。お母さんがおっぱいを飲みやすい角度(45度だそうです)に抱っこしていると、赤ちゃんが大きなお口を開けておっぱいをまさぐって口に含んで飲み始めるのです。赤ちゃんの力を信じて、お母さんは必要なだけそれを助けるという感じでした。

 6000回のおむつがえの元になる赤ちゃん像も、赤ちゃんは話せば分かるし、力をもっていて協力もして、おむつがえは親子の共同作業という、これまた目から鱗の提示だったのですが、おっぱいもそうだったのですね。こんなつきあい方をしていると、赤ちゃんは自信を持って生きていけるし、お母さんはやってあげなければ!が減って、心が繋がって子育てが楽しくなるはずですよね。

 癒しの子育てで育て直しをお手伝いしながらも、こんな親子の営みが日常になっていくように援助者の輪を広げ、今赤ちゃんの子育て真っ最中のお母さんに、これから子育てをするお母さんに、一人でも多く伝えたいです。

 

神様に会った話し

 このみさんは、幼いときに両親の不和の中にいて、とても心を痛めていました。そして小学生になったある日、お父さんが暴れてしまったとき、お母さんを守らなければと、包丁を持ってお父さんに立ち向かったのだそうです。両親はびっくりしてその場はそれで収まったけれど、問題児になってしまったのかと心配した両親は、学校に相談し、そして教育センターに連れて行かれ、何回か通いました。

 その時に何をやったのかどんな先生がいたかなど、よくは覚えていなくて、ただ深く心に傷ついた嫌な気持ちが残っていて、親やおとなに対する不信感が大きくなった出来事だったと言います。

 このみさんはおとなになった今も、その時のことが心の闇として残っていました。そのことが直に響いているわけではないけど、幼い自分の思い残しが自分を見失わせていることに気づき、一年ほど前から自分と向き合ってきました。

 そしてつい最近の天心1日ワークショップで、その時の怖い気持ちに出会って、お母さん的存在の人に抱きしめてもらいながら怖い気持ち浸り、「怖い怖い」と気持ちを発散できて、怖い気持ちを癒すことができ、安心が心に広がったと言います。

 その数日後に夢で神様(違うかもしれないけどそう思えた)に出会ったのだそうだす。その神様は「いいんだよ」と言ってくれたのだそうです。金色に輝く光の中だったので、顔は見えなかったけど、声は阿部先生だったとか。

 今までおとなはみんな意地悪で、自分の気持ちなどわかろうとしないで、おとなの勝手にセンターに連れて行ったり、いろんなことをさせていて、だから辛かったし、おとななんで信用できないと思っていたけれど、そうではなかった。いつの時も子どもの自分を助けようと一生懸命で、みんな支えてくれていたんだと、思い直すことができたのだそうです。できる事なら、出会ってきた人たち一人ひとりに会って、「ありがとう!」って伝えたい気持ちでいると言います。

 子どもの頃に思い込んでしまった「おとなは信じられない」という信念が、塗り替えられた体験をしたんですね。傷ついた子ども心が癒やされて、辛い気持ちがむやみに自分を乗っ取って、辛い生き方はしなくてすむようになるでしょうね。そして本来の自分を取り戻していくことでしょう。よかったね。


ぐるぐる回りも大事?

 ママが母親への思い残しを引きずっていて、子育てにも夫との関係にも影を落としているということは、よくあることですよね。Sママもそうでした。相談に来られる間にメールのやりとりをしていても、母親とのことがよく出てきていて、「気持ちをわかってもらえない」「気持ちが通じ合わないない」と、日常の出来事を通して訴えられていました。子どもの頃はいい子でいて母親を助けていたようですが、ママになった頃から文句を言うようになって、バトルになっているようでした。言えるようになったのはいいけど、わかってはもらえないのは相変わらずで、ずっと悶々としていたようでした。

 夫やお子さんに対しても、気持ちが通じないで怒りになってしまうことがよくあって、感情をぶつけてしまっては落ち込んでおられました。「気持ちをわかってもらえない」という気持ちが、母親との関係でいつもあって、夫や子どもとの関係にも再現していたのですね。

 そしてつい最近、5か月ぶりに相談室に来られたSママは、ぐるぐる周りから抜け出しておられました。今までママが母親に話すと怒り口調になってしまい、ほんとの気持ちを伝える前に言い合いになってしまっていたと言います。ところが少し前に、母親にとて冷静に、「何かしてほしいというのではない。ただ気持ちを聞いてほしいだけ」「気持ちが伝わらなくて寂しかった」と話せたのだそうです。そしたら母親も「そうなんだ」とわかってくれたそうです。生まれて初めてほんとの気持ちが伝えられて、そして受け止めてもらえて、とてもほっとしてうれしかったと、ウルウルしながら話してくださいました。

 そして母親とそんな話ができた後、夫とも穏やかに話すことができて、夫に繰り返し言ってきた何とかしてとほしい部分を言うと、夫から「その部分も好きになってくれ!」と言われ、力が抜けてしまったそうです。それからの夫は、何か違って、Sママの夫へのイライラがなくなったそうです。

 母親とも夫とも気持ちが通じ合ったら、子どもとの関係も余裕が出てきたのだそうです。子どもは今まで甘え下手で、気持ちが伝われにくかったけれど、素直に伝えてくるようになったのだそうです。

 ずっとぐるぐる回りの中にいたSママが、なぜそこから抜け出せたんだろうと、ママに訊いたのですが、特にきっかけはわからないのだそうです。きっとぐるぐる回りが続いても、あきらめないできたことなのしょうね。

 援助者として支えてきましたが、少し遠方で続けて相談室には来ることができず、メールでは役に立たないなあともどかしく思っていました。でも、ぐるぐる回りにいたSママのありのままに寄り添ってはきたので、それでよかったのかなと思うことにしました。


もったいないすれ違い

 1歳9か月のFちゃんの、家での取り組みがこれでいいのかわからなくなってと、久しぶりにの相談に来られました。以前2度ほど相談に来られて、それからママが自力で癒しの抱っこをしていたようなのです。なんか気になることがあったときに、横抱っこして慰めてきたけれど、未だに反り返りが強く、怒り泣きで終わってしまう。それでもそのあとの様子はいいようには思うけど、本に書いてあるような、最後に腕の中で身を任せてしっくり抱かれるというところまでいかない。目を合わせてくれないのもさみしいということでした。

 その日は、横抱っこするとどんな様子になるか、ママにやってみせてもらいました。なるほど反り返って怒り泣きから始まりました。Fちゃんが最近頭をぶつけて痛くて怖かったことがあったけど、その慰めがちゃんとできているか心配とのことなので、先ずはそのことを取り上げることになりました。

 ママが一生懸命慰めの言葉をかけるのですが、反り返りの怒り泣きが続くので、一旦縦抱っこで落ち着いてもらいました。先ずはこんなふうに、一気に慰めようとしないで、小刻みにしたらいいかもしれないとお伝えしました。

 そしてママの気持ちがふと気になって、「ママは自分を責めていませんか?」とお訊きすると、ハラハラと涙をこぼして、責めていた気持ちを吐露してくださいました。このことに限らず、自分を責めるのは得意のようで、それは辛いね。

 それで思ったのは、子どものしあわせを願うが余り、ママの気持ちは置いてきぼりにして慰めるけれど、それはほんとにあったかいママの愛情なんだけど、子どもにしてみればママも辛いのに……と、困ってしまうのではないかと思いました。ママの愛情が降り注ぐ抱っこなのに、子どもがそれを充分に受け止めないことになるし、深いところで気持ちがつながらないことになるのは、とってももったいないことだと思います。

 そのママは自分の気持ちを子どもに話すのが抵抗があるみたいだったので、言葉にして話さなくても、ママが心の中でその気持ちに気づいて、その気持ちに話しかけてあげて、気持ちに浸れればいいということを伝えました。そして子どもには、「ママは今悲しいの」とか「ママは辛い気持ちなの」とか「イライラしているの」とか、気持ちだけを伝えてあげるといいのだと思います。そうすると子どもは、すでにママの気持ちを何となく感じ取っているので、深いところで気持ちがつながるので、すっきりして納得するのですね。その後で子どもの気持ちを慰めてもらえると、安心して子ども自身の気持ちを訴えられのですね。

 相談に来られて癒しの抱っこを体験したママが、家でも実践されているけれど、どうも今一手応えがないということがあります。そんな時、この親子のように、ママ自身の気持ちとつながることは大事かもしれません。

 それからすれ違いが起きやすいと思うのは、癒しの抱っこの場面では受け止められるけど、日常では受け止められない場合。泣かれたクズられたりがまだ辛いときには、それもありだなとは思うけど、目指すところは日常が、気持ちの伝え合いが上手な甘え上手になってもらうことですから、それを意識していていただくといいと思います。

 もう一つ思うのは、慰めではなく励ましてほしい時に、慰めに偏ってしまっている時。子どもは向上心があるので、特にダダこね期以降は、向上心を支えてもらうことを求めていることが多いです。そんなときは、「イヤだね」だけではなく、「イヤだね。でもやろうね」がぴったりするのです。それに「イヤだね」だけの時より、「イヤだね。でもやろうね」の時の方が、イヤイヤの気持ちも訴えやすくなるのですね。

 どの時にも、お母さんは子どものしあわせを願って一生懸命なので、その気持ちも必ず子どもに届いていますからね。ただ、気持ちのすれ違いがもったいないなあって、お伝えしたくなりました。

 癒しの子育てでは、子どもの甘え上手と親の甘えさせ上手を取り戻すのが、目指すところと思っています。甘え上手は泣き上手、泣き上手は泣き出し上手で泣き止み上手。甘え上手は訴え上手で納得上手。甘え上手は気持ちの伝え方が上手なので、親が受け止めやすいので、子どもも満足しやすく、子育てが楽しい。

 甘え上手と甘えさせ上手への道のりは、ママ一人ではなかなか大変と思うので、援助者がお手伝いしますので言ってね。


あっち行こうね

 癒しの子育てでの子どもとの付き合い方を体感していただくのに、いくつかのワークがありますが、その1つに「あっちに行こうね」いうワークがあります。

 子どもに「あっち行こうね」と誘うとき、「イヤ!」とダダをこねるときがよくありますよね。そんな時、「もういい!勝手にしなさい!」と言いたくなるお母さん自身の気持ちを大事にしながら、「よしよし、イヤだよね」と子どもの気持ちに寄り添いながら、「でもあっちに行こうね」と、お兄さん・お姉さんらしい行動に導けるいいですよね。

 「あっち行こうね」は、ほんとにあっちに連れて行きたいときだけでなく、「何かをやってね」の1つの形で、そんな時の練習になるワークです。

 援助者がお母さん役になり、お母さんに子ども役になってもらいます。そして、
@迷いながら「あっち行こうね」と誘う
A強引に「あっち行くの!」と引っぱる
Bきっぱりと「あっち行こうね」と誘う
の3タイプを体験していただきます。

 すると、体験したどのお母さんも、Bのきっぱりと誘ってもらうのがいいと言われます。@だと、どうしていいかわからなくて、イヤイヤも言えなくて、モヤモヤして行くことになる。Aだと、子どもの気持ちは置いてきぼりになりので、やはりモヤモヤが残る。Bだと、イヤイヤも言い易いし、納得もし易いし、安心感もあると言うことでした。こんなにも子どもに伝わり方が違うことにびっくりされます。

 お母さんが迷うのは、子どもの気持ちを大事にしたいということからの、親心だと思うのですが、何だか逆に、子どもが気持ちを我慢してしまうことにもなるようなのですよね。親が決めると、その枠に守られて気持ちも表現できるし、ほんとはお兄さん・お姉さんらしくしたい向上心もあるので、納得もし安心感も持てるのでしょうね。子どもの気持ちを大事にしているつもりが、それは子どもに決めてもらうことになるので、子どもはどうしていいかわからないことなのでしょうね。

 日常によくある些細なやりとりだと思うのですが、ちょっと気をつけることで、親子関係がよくなる、なんて大げさですかね。

手伝うよ

 処理しなければならないいくつかの仕事が立て込んでいて、間に合うかなあと追いつめられて、相談のメールも返事がかけずにたまってしまって、「どうしよう〜!?」「大変だ〜!」と焦っていた時、子どもが「手伝うよ」と言ってくれました。

 それらの仕事は、どれもその時すぐには子どもには手伝ってもらえる種類や内容の仕事ではないので、子どもはそのことも分かっていて、「手伝うよ」と言ってくれたようでした。「手伝うよ」と言ってもらったとき、私の大変さを分かってくれたと思えたし、その大変さをほんとに助けたいという気持ちがあるとも思えて、すごく心の支えになりました。実際に手伝ってもらうと同じ、もしかしたらもっとうれしい気持ちになれるのかもしれません。

 事柄によっては、実際に手伝ってもらわないと助けにならないこともあると思うけど、大変さや頑張りを分かってもらえて、ほんとに助けたい、支えたいという気持ちを言葉にして伝えてもらうと、頑張ってやれてしまうんじゃないのでしょうか。私も「手伝うよ」と言ってもらった後は、グ〜ンと仕事がはかどりました。心の支え方ってこういうことなんだと実感した出来事でした。
 

負けるものか!

 大地震から2か月が経ったのに、津波の被災地も、肉親がまだ見つからない方々もおられ、避難所生活が続いている方も多く、自宅に居られてもライフラインが戻らないところもあったり、どんなにか堪えがたいかと、思いやるばかりです。そんな情報も、テレビからしか感じられていないので、最近はあまり報道もされなくなると、痛みも薄れていくようで怖いです。

 原発事故も解決に向かうどころか、大変な状況が今更のように明らかになっていて、福島県民を中心に苦しみが続いています。原発事故は先がまだ見えないので、どんなにか不安で落ち着かない日々を、なんとかやり過ごしておられると思います。そんな不安も苦しみも、離れたところにいる私には、ほんとには分かるはずもないですが、決して忘れてはいけないと肝に銘じてはいます。先月からの「申し訳ない気持ち」ももちろんまだありますが、それよりは、「負けるものか!」が大きくなっています。

 先日、福島第一原子力発電所が建っている、大熊町の方の話を聞く機会がありました。東京電力や政府のいう、原発はクリーンエネルギーということを信じてきたので、事故があったときすぐには理解できなくて、避難しても、2〜3日で自宅に帰れるものだと思っていたのだそうです。それが帰れるどころか、避難所もどんどん遠くへ移っているそうです。一時帰宅なども叶えられない地域で、着の身着のまま出てきた人たちは、心はまだその地にあるのでしょう。「私たちは大熊町を捨てることはできない、必ず帰る。自分たち世代が(その方は50歳後半とみられました)が、大熊町を元に戻すためなら、放射性物質が高濃度でもいいから帰って、放射性物質の洗浄をし、孫が住める大熊町に戻す」と涙ながらに話されました。その叫びのような言葉は胸を突き刺しました。

 放射性物質というのは、今の科学では、毒を消したり中和したり分解したりということが、何もできないのだそうですね。ただその物質が自己崩壊していくのを待つしていくしかないのだそうですね。放射性物質の、ヨウ素は毒が半減していくのが8日だそうで、そのまた8日経つとまた半減、また8日経つとまた半減……と減っていくので、完全に毒を出さなくなるのはやはり長い時間です。そして、体内に蓄積しやすいのがヨウ素なのだそうですから、見張っていなければならないですね。さらにセシウムとなると、半減期が30年だそうなので、30年に半分、そのまた30年にそのまた半分……と途方に暮れる時間がかかることになるそうです。大熊町の方が、孫の代までになんとかという望みの遠いのが分かります。さらに、プルトニウムは2万4千年、ウランに至っては45億年と、とんでもない負の遺産となっていくのですね。福島原発の事故は、なんとかせめて、すでに出てしまっているセシウムまでで止まり、プルトニウムは出さずに収束してもらえわなければなりません。絶対にお願いします。命のケアがあっての心のケアであるのですから、見過ごせない私がいます。

 放射性物質については、東京でも高濃度のところが出ていて、小さいお子さんを育てている親御さんは、不安が大きくなっているようです。でも、どうしてか、そんな不安な気持ちを、口にすることができにくい雰囲気があるといいます。一つには、もっとひどいところがあるのに、自分たちが言うことさえはばかられるという気持ちのようです。それから、そんなに気にすることないと思っている親御さんもいるので、気にしてしまう自分がいけないように思えたりもするようです。そんな時も、それぞれの気持ちを大事にして、分かり合えるといいですね。そしてそれぞれを認め合って助け合って、つながり続けていられるといいですね。

  心配ないからね 君の想いが
  誰かにとどく明日がきっとある
  どんなに困難でくじけそうでも
  信じることを決してやめないで
    (『愛は勝つ』 作詞・作曲 KANより)


枠があると安心

 和く輪く舎でのダダこね期の体験会で、1つのワークとして相撲をしました。お相撲というと力比べのようになりがちですが、自分の感じを確かめながらのやりとりになるように体験していただきました。

 スタッフがお母さん役になり、お母さん一人一人に子ども役をしてもらって、四つに組むのです。子ども役のお母さんは気持ちに合わせて押していいのですが、お母さん役のスタッフは2通りのお母さんになって体験してもらいました。1つ目は、子どもに負けてしまう弱いお母さん、2つ目はしっかり張り合って受けとめられる強いお母さん。

 体験し終わって感想をお聞きすると、弱いお母さんでは、とても心許なくて寂しくてどうしていいか分からなくて、自分のことよりお母さんが心配にもなる。そして強いお母さんだと、とっても安心でうれしくて楽しくなり、愛されている実感をもらえる、ということでした。

 ダダこね期のお子さんは、親に行動の枠を作ってもらうと、その中で安心してダダをこねて、たまった感情を発散できてすっきりし、枠があるので自分を律することも体得し、自立へと羽ばたくのですよね。そして枠の中で守られていることで、丸ごと大事にされていることも感じ取り、自尊心も育まれるのですよね。枠のない中では、子どもは自分で頑張らなくてはならなくなるので、一人で頑張る甘え下手さんになっていくのですよね。

 親に作ってもらった枠は、大きくなるにつれて内在化され、自分の心の中に枠ができます。触れ合いと共に、枠はとても大事なのですね。
 
TOPへ   HOME