←HOME

幼児期の気がかり
友だちとのトラブル・園での心配  

「まばたきをするようになって」 「出来事のあとから何かが違う」  「息子が幼稚園に通い始めて」 

「まばたきをするようになって」

 Kさん。
 1月の半ば頃、長男の事で ふと気づいた事がありました。冬休みが終わって、また幼稚園に通い始めたころから、変なまばたきをするようになっていたのです。主人共々おかしいナ、変だナと思いつつ1月に入っても治る気配はありません。私も段々注意するようになってしまって、これじゃいかんなと思っていました。

 幼稚園では発表会が近づき、担任の先生からは熱心に練習しているし、変わったことは特にないと聞きました。私がいろいろあったからなのか、それとも4月から保育園に転園する事がひっかかっているのか・・・母の心中は穏やかではありません。こりゃもう、Kさんのヘルプだなと思ってました。

 そんな中、明日が発表会だという日の帰り、いつになくぐずぐずモードで聞き分けもなかったので、「よーしっ」と思い、抱っこしてみました。あーだ、こーだと言っているうち、どうも発表会の事を話したがらないので、何かあったのか聞くと、
「オレ、本当は狼役やりたくなかった」
「どうして?」
「間違えちゃったんだよっっ!」

 長男クラスは発表会で“赤ずきんちゃんのオペレッタ”をやる事になり、その役決めが冬休み明けにあったようです(本人は日付まで覚えてました)。本人は狩人の役をやりたかったのに、手を挙げるタイミングを間違えてしまい、ずっとそのことを気にかけていたのです。
「そうかー、そりゃ悔しかったナー。じゃさ、せっかく明日発表会なんだし、狼さんやらなくちゃなんないんだし、今、お母さん聞くから、“狩人やりたかったよー、くそーっ”て言っちゃいな、すっきりするかもよ」
「か・・・か・・・」
って、
「そんなの言えねーよっっ」
「か・り・う・ど」
「狩人やりたかった!!」
言った後の晴れ晴れとした顔は忘れられません。

 翌日、無事狼役をやりきって、誇らしげな長男に感動しました。
 
 それにしても・・・後悔の念を引きずりながら、誰にも言えずに園では、一生懸命練習に打ち込んでいた子の気持ちを思うと複雑ですが、内心「そんな事だったんかい?!」と思ってしまった母は冷たい?!

 でも本人にとって、それは一大事だったのでしょうネ。「かっこいいオレが見せられない」とでも思っていたのかな・・・。今回の事で改めて、長男の成長を感じました。

 Kさん、いろいろ相談にのってくれてありがとう。私の背中押してくれましたね。そんな訳で、まばたきも治っちゃいました。




「出来事のあとから何かが違う」

〈第1信〉

 最近、もう少し早く気が付いてあげられればと自分を責めてしまうような出来事がありました。しかも、今まで順調にきていた下の子に・・・。娘がこんなに苦しんで、私に訴えてきたのは初めてなので、びっくりしました。

 保育園年長、この年でもお友達関係の悩みってあったんですね。どうやら同じクラスの女の子にいじわるをされていると、前から聞いてはいたのですが、たいした事はないだろうと、聞き流していたのですが、それが最近とんでもないことになっていていました。

 きのう行事があって、みんなで料理をしたのですが、その女の子に「○○ちゃん(娘)とは、口聞かないほうがいいよ」と、同じグループの子に言ったらしく、グループの子に話してもらえなかったと言ってきました。楽しみにしていた、イベントだったので辛かったし、悲しかったとわんわん泣いて、何で辛い気持ちに早く気付いてくれなかったのと、まずは、私に怒りをぶつけてきました。きっと、今日だけじゃなくて、前からたまっていたのかも・・・と思いました。

 だから、気付いてあげれなくてごめんね、辛かったねと、よしよしをたくさんしてあげました。すると、私も、娘の気持ちになってみたら、怒りでいっぱいになりました。どうしてするんだろう?と思い担任に事情をお聞ききし、園での指導を頼みました。

 しかし、娘の心の傷は癒されたのだろうかと心配になりますが、たくさん泣いたので次の日は、ケロッとしていました。なので、きっと乗り越えてくれるて信じています。


〈第2信〉

 今日は、びっくりする事がありました。私は週2回バレーボールの練習をしているのですが、とにかく子どもの習い事と曜日が重なっているため、仕事が終わってから慌ただしい時間を過ごし、ご飯を作って急いで練習に行くのですが、今日は、特に忙しく、家事を途中で止め練習へと出かけていきました。きっと帰ったら大変だ・・・と考えながら家へ着くと、テーブルの上はきれいに片づいていて、茶碗は、桶に浸水してあり、おまけに、布団まで敷いてあり、びっくりでした。

 誰がしてくれたの?と聞くと、下の子が「はーい」と。正直、胸が熱くなり、感動しました。布団なんて押し入れと上の段にしまってあったので、重かっただろうと考えると本当に感激しました。

 それに関係して、この頃、私に嫌な思いをしたことを、自分から言うようになった娘。この前、爆発してからいろんなことを話してくれます。今までは、娘はしっかりしているから大丈夫なんて思っていたので、泣き言はあまり聞いたことがありませんでしたが、この前の出来事のあとから、何かが違う?かもって思います。そして、とても成長を感じます。また今日は、娘のやさしさを感じました。思わず、ご報告したくなりメールをしました。




「息子が幼稚園に通い始めて」

 息子Aは、この春から幼稚園に通い始めました。幼稚園に行き出したら楽ができるぞー!と思っていたら、ちょっと甘かったです(笑)。

 毎日のように担任の先生から電話が入り、どうやらお友達から叩かれたり仲間はずれにされているようなのです。握りこぶしで連打されたり、胸をつかんで壁にガンガンぶつけたり、首をしめられたり・・・。息子は何も言わないので先生からの電話がショックでした。また相手のお子さんに怒りを覚え、許せないと感じました。2、3日夜も眠れないほどでした。今まではいつも友達の中心にいて明るく元気な子でしたから、人を怖がって友達の輪に入れないなんて・・・。

 それからは、そのお友達に「死ね!」「おばけはあっちに行け!」とか仲間はずれにされた話を聞くと辛くなります。また服のボタンがちぎれて帰った日もありました。とても穏やかな気持ちで見守ることが出来ません。

 そのお友達はご近所なので幼稚園バスも同じ場所から乗りますし、お母さんとも毎日顔を合わせます。その子は毎日幼稚園に行くのが楽しくてしかたないそうです。うちの子とは逆です。息子を傷つけていることを全く気にもせず楽しそうにしている態度を見ると、どんどんその親子がイヤになってきます。・・・情けないですが。

 これは息子が乗り越える問題なのは分かっています。でも心静かに見守ることができません。お願いだからそんなに楽しそうに私たちの前に現れないで!という心境です。すっかり私の問題になってしまってます。

 息子は・・・それでもそのお友達が好きだと言います。わたしには理解できません。いじめられても好きなんて。やり返すような人にはなってほしくないけど、せめて近づかないくらいしてもいいと思うのに。幼稚園では他のお友達からも誘われたり話し掛けられているようですが、その子の後ばかり追いかけてはいじめられているようです。

 勇気を出していじめている子(男の子)のお母さんに相談してみました。すると妹ができて寂しがっていること、家に帰るとずっと泣いていること、お父さんが厳しくて弱音を吐けずにがまんしていることなどが分かりました。

 そしてその子のお母さんが「Aくんはいじめられて辛いんだよ」と言うと「ボクだって辛いんだよ。先生はいつもボクばかりを怒る」と言ったそうです。・・・胸に響きました。

 確かにそうかもしれませんね。その子の立場で考えてくれる人がいなかったわけですから。その言葉を聞いてその子が許せそうな気がします(相手の子へ思いやりと愛情が注げるときと、無性に腹が立って「許せない!」と思うときがいまだにあります。だからぜんぜん偉そうなことは言えないのです。たかが3歳の子に本気で怒っていた私も私ですが・・・)。

 昨夜、息子が唐突に「ボクはぜったいに人を叩かない」と言いました。「あ、そう。そうだね」とだけ言いました。それは息子が叩かれなかったら学べなかったことだったのだと気づきました。今ごろ息子は泣いているかもしれない。でもその辛い気持ちから何かを学んでくれたらいいです。また息子が泣いているのをみて相手の子にも何かを感じてほしいです。

 息子のかんしゃくに振り回されていた頃がウソのようです。そんな悩みはどこかに飛んでしまいました。だから今悩んでいるお母さんには自信をもって言えます。「ぜったいに大丈夫!上手くいくよ」って。

 とは言え、わたしも悩みをかかえていらっしゃるお母さん達と一緒で、前向きでいられるときばかりではありません。自分の揺れる気持ちに右往左往しているのが現状です。

 くじけそうになったとき、わたしを支えているのは理想です。心の中に描いている「幸せ」のイメージです。息子が明るく本来の自分に戻れたらどんなに幸せでしょう。相手の子を心から許せたらどんなに幸せでしょう。誰も傷つけず、悪者を作らず、みんなが笑えたらどんなに幸せでしょう。愛に包まれ和気あいあいとした雰囲気の中に自分たちがいられたらどんなに幸せでしょう。ほんとうにこうなれたらいいなって思います。こういうことがすんなり出来ない自分が歯がゆいです。でもその思いもよく味わってみます。

 これは成長するためのチャンス!今はそう思っています。そして次から次へと親子で成長するために新しい課題が与えられるのですね。わたしも相変わらずヒーヒー言いながらがんばっています。親子で泣いたり笑ったりしながら・・・(笑)。

 これからもずっと先生方の活動を応援しております。



 TOP
体験談「項目」へ  HOME