←HOME

 日常に生かす
相談に行って 


      「『母』」になれた気がする」 
「初めてセッションを受けて」  「今を大切に」  「癒しの子育てネットワークの皆様」  「勇気を持って連絡して」 
「初めての個別相談」  「やっとここまで来たのかな」  「『うんうん』とただ聞く」  「これが私たちの流れ」 
「阿部先生へ」  「不思議な体験」  「スネた気持ち」  「やっとの思いで相談室に行って」 
「抱っこのあとに」 「穏やかな波の中」 「抱っこに出会えて本当によかった!」  「『抱っこ法』って何?!」

「『母』」になれた気がする」

 こんばんは。先日お世話になりました。あれから3日間くらい心の整理がつかず、宙に浮いたような気持ちで過ごしておりました。しかし、今何かに気づいた気がして、とても興奮しております。

 Mさんにセッションをしていただいたその夜、最近なぜか嫌がるお風呂と歯磨きがいとも簡単にできました。しかし、息子の変化にはもちろん驚きなのですが、私の変化の方が大きく、恐らくそれは想定外だったために興奮しているのだと思います。今回私は初めて息子がどれだけ私を心配し、励ましてくれていたかに気がつきました。 この気づきは本当に大きなものでした。

 妊娠中から出産後の今まで、子育てがつらくてつらくて仕方がありませんでした(そんな母ですから息子もさぞかしつらかったでしょうね・・・)。経済的にも夫にも恵まれていて、何の不自由もないのに、心休まる時がなかったのです。

 それがすーーーーと楽になったのです。息子のことを安らかな気持ちで眺められるのです。なんて幸せな空間なのでしょう。息子の心がつかめないような不安がなくなり、ただかわいくてかわいくて、どうどうとした「母」にやっとなれた気がします。

 あれから毎日夜寝る前に抱っこをしており、息子はイヤイヤを楽しんでいます。日に日にイヤイヤ時間が減っており、今夜など、1分くらい泣くというより大声を出しながらジタバタしただけでした。その後のなんとも幸せそうな甘えた愛おしい表情が、抱っこ法のすべてを物語っていると思えます。本当にありがとうございました。

 しばらく本を読み直したり自分を見つめたりしながら勉強して、またご連絡します。今後も宜しくお願いします。



「初めてセッションを受けて」

 こんにちは。先日相談のメールをお送りしまして、援助者をご紹介していただいたものです。あれから紹介していただいたMさんに連絡をして、抱っこ法のセッションをしていただきましたのでご報告と思いメールいたしました。とても印象深い出来事で日記に書き記しておいたので、まずその文章を記載しますね。

↓以下日記内容です↓
 『ダダこね育ちのすすめ』の著者・阿部秀雄先生のネットワークが全国にあり、メールで問い合わせをすると最寄りの援助者の方を紹介して下さる、というのは本で読んで知っていた。そして意を決して阿部先生にメールをし、その後先生の奥様から返信があり援助者の方を紹介していただき、とうとう昨日、その方に「抱っこ法」と呼ぶセッションをしていただいた。

 私は当日まで具体的にどんな事をするのか知らないまま、言われるままに妊娠中・出産・産後についてのこと、困っていることや相談したいことなどを書き出して用意していた。

 気持ちを溜めている子は最初は激しく泣くので、と聞いていたので、どんな事をするのかと次第に緊張する私。自宅まで来ていただけるということで、約束の時間どおりにインターフォンを鳴らして現れたMさんという女性は、後で聞いたのだけどお孫さんがいらっしゃるようには見えない、若々しい方でした。

 ひと通り私が書いたものに目を通してから早速始めることに。まずは私が息子を横抱きに抱っこする。が、遊びたい息子は逃れようと暴れる。しかし抱っこ法はどんなに暴れても離さないのが鉄則。泣き出す息子。「息子さんに言っておきたいことがあれば先に言ってあげて」と言われ、「○○君(息子の呼び名)、今までたくさんひどい事を言ってごめんね。でもお母さんは○○君のことが大好きなんだよ」といった意味の事を言いながら、もう泣いてる私。

 そしてMさんが紙を見ながら、私と息子の気持ちに寄り添うように語りかける。この時点で息子のギャン泣きと暴れ具合は、Mさんの声がかき消されるくらいMAXで、私は正直「そりゃ遊びたいのを無理矢理押さえ付けて抱っこしてるんだから、泣くのは当然じゃない?」と思った。

 Mさんの語りかけはとても優しく、私のことも私が淋しさを抱えた原点である両親のことも決して責めない、ただ私と息子の、本人ですら自覚してなかったかもしれない辛さや悲しさに寄り添うような言葉の数々。

 息子のギャン泣きはどれくらい続いただろうか? 暴れてもがき続けるため、次第に頭も体も汗びっちょり、私も泣いて涙と鼻水でぐしょぐしょになっている。最初にタオルを用意するように言われたけれど、フェイスタオルではちょっと足らなかったね。

 全部で30〜40分くらいだったろうか。Mさんの語りかけが終わりにさしかかると、息子のギャン泣きが少し落ち着いて何だか甘えたような泣き方に変わってきた。というより、息子の様子を見てMさんは語りかけを調節していたのだと思う。

 少し泣きやんでは思い出したようにまた泣き、泣きやんでこのまま寝るのかな?と思ってしまうような表情になるけど、またちょっと泣いて、という状態になったところで終了。

 これも私は最初「泣くのに疲れただけかな」と思ったけど、いや、違う。息子は赤ちゃんの時から激しく泣く子で、嫌なことがある時は1時間でも2時間でも全力で泣く子だった。その頃より体力がついている今、拘束されたのが嫌で泣いているならずっと泣き続けるはず。

 それに泣き始めた時と落ち着いてからの表情が何となく違う。Mさんが教えてくれて気が付いたが、息子は最初に抱っこした時から私を決して見ようとしなかった。決して私を見ないで、目はどこか空を見るような感じで激しく泣いていたのが、落ち着いたあたりから私の目だけをまっすぐにじっと見ている。激しく泣いている最中は、「はなして!」「本がみたい!」「汗かいちゃった!」「おこるよ!」などと拒否するような言葉を叫びながらも、合間に「抱っこして!」とも叫んでいた。

 あぁこれが本で読んでいたやつか、と思った。本当はしっかりつかまえて(抱っこして)いて欲しいのに、甘え下手でお母さんとの関係がうまくいっていない子どもは、裏腹なことを言ってしまうのだ。

 Mさんいわく、息子は最初の「さびしかったね」という言葉にすぐに反応してしまったそう。確かに、ぎゃあぎゃあ泣きながら「さ、さびし‥」と2〜3回、鳴咽まじりに言いかけていた。私の聞き間違いじゃなかったんだね。私と、きっと息子にも、最も響いた言葉はこれだと思う。

「お母さんは子どもの頃にね、自分のお母さんやお父さんに甘えたりダダをこねたりすることが十分にできなくて、とっても淋しかったよね。結婚しても旦那さんがあまり家に居なくてやっぱり淋しくて、だから○○君はお母さんを助けてあげたかったんだよね。でも○○君が生まれてもお母さんはち〜っとも幸せそうに見えなくて、『僕なんか役立たずだぁ』と思って悲しかったね」

 そうだった。言われてみれば私はいつでも、何をしていても、いくつになっても、いつもどこかに淋しい気持ちがあった気がする。○○君が生まれて、大変だけどよかったなぁと思うことは、孤独ではなくなったこと。私と息子のキーワードは「淋しさ」だったんだね。

 ○○君が夜なかなか寝ないのは、生活リズムをなかなか調えられないせいもあるけど、「自分が寝たらお母さんが一人ぼっちになっちゃう」と思っているから。小さい子がたくさんいる場所に行っても、お友達と遊ぼうとせず私にべったりくっついているのも、自分が離れたらお母さんが淋しい思いをするから。私の育児バイブルの中に「あふれるまで愛をそそぐ」という本があるけど、あふれるほどの愛をそそがれていたのは私だったね。

 くぅ〜〜〜、泣けるぜ。

 ○○君、こんなに小さな体なのにとっても大きな愛で私を包んでくれて、本当にありがとうね。


・・・以上が日記の内容です。言葉が少し乱暴なのですが、どんな様子でセッションを受けたのかを表現するにはこれが一番かと思ったので、失礼いたしました。

 セッションを受けてMさんが帰られたのは昼近くでしたが、息子が「お腹がすいた。ごはん食べたい」というので、私が昼食を準備している間に、息子はソファに座ってテレビを観て待っていました。15分たった頃、あまりに静かなので近くに行ってみると、息子は眠っていました。息子は眠くてもすぐに寝られない子で、今までこんな寝方をしたことはあまりなかったので驚きました。たくさん泣いて疲れたのか、安心したのか。たぶん両方でしょうね。

 抱っこ法は結構体力を使うので私自身も疲れがありましたが、なんだか心地よかったです。お昼寝の途中、思い出したようにまたちょっと泣きましたが、私はなぜか安心して見ていられました。

 息子の場合は、お昼寝から覚めたあと寝るまで、いつもより少しわがままになりました。ここで私が「気持ちが通いやすくなったからだね、よしよし」と思えればよかったのですが、まだまだ私の中の子どもの心が感情の舵をとっていて、何度か怒ってしまいました。それがちょっと残念でしたが、長年放っておいた子どもの私は、そう簡単にはいかないですよね。あまり自分を責めすぎず、落ち込みすぎず、でもあきらめずに地道にやっていこうと思います。

 ためしにセッションを受けた日の夜、「抱っこするぞ〜」と言って息子を羽交い絞めっぽく抱っこをしてみたら、最初は笑っていた息子が途中で本気のような声で「やめてよ」と言ったので顔を見てみると嬉しそうに笑っていました!

 あの泣き続ける抱っこ法を一人でやりきるには少し体力?勇気?がいりますので、Mさんに教えていただいたように、途中まででもいいので癒しの抱っこを日常に取り入れてみたいと思います。

 私が満たされない限りは息子の気持ちもまたふさがってしまうので、少し遠いですがMさんがやっていらっしゃる勉強会などにも参加して、頑張っていこうと思います。

 本当にどうもありがとうございました。



「今を大切に」

 阿部先生、芳子さん、お元気ですか?

 前回の個別セッションでは、お世話になりました。私が息子の立場になり、芳子さんが私になって抱っこしてもらうと、すごくあたたかくて、「抱っこしてもらうのって、こんなに安心できるんだなー」と実感しました。私が息子を抱っこする時も、息子はこんな気持ちになれるのかなって思うと、もっと自信を持って抱っこしようと思いました。抱っこってスゴイですね。

 話は変わりますが、セッションから帰って思ったことです。いままでいろいろ悩んでいましたが、それは表面的というか、浅い部分だけであって、何かもっと深いところに、私の生きづらさの理由や、人として大事なものが隠れているのか、もしくは、欠けているか足りないようなことに気づけたような感じがしました(うまく言葉にできなくて、わかりづらくてすみません)。

 それと、5〜6年間は今のところにすむ予定で引っ越してきたのに、先日突然主人から、「会社の営業所が移転することになった」と聞かされ、本当に驚きました。関東ではあるのですが他県にまた引っ越すことになります。移転まであと半年くらいだそうです。

 この話を聞くまでは、今のままの環境での一年先二年先のことを心配していました。でも今回のことで、気づかせてもらったのは、「人生、いつ何が起こるかわからない(いいことも悪いことも)」「いつどうなるかわからないのなら、今を大切にして、めいっぱい生きよう」「今しかできないことをしよう」と思いました。

 「この気持ちをずっと持ち続けられたら、きっと幸せだろうな」っと思います。いいことに気づかせてもらって感謝です。

 またお会いできる日を楽しみにしています。



「癒しの子育てネットワークの皆様」

 こんにちは。何度も相談に乗っていただき、先日は援助者の紹介をしてくださってありがとうございました。昨日、援助していただきながら抱っこをすることが出来ました。

 娘はまだ泣ききるというところまでは到達しませんでしたが、とても私に甘えるようになりました。私は私でいっぱい泣いて、援助者さんのおかげで娘に嫌われていない、という確信が持て、気持ちがぱーっと晴れやかになりました。本当にありがとうございました。

 こうせねばならない、こうあらなければならない、という気持ちでがんじがらめだった私は、ようやく少し肩の力を抜けそうです。

 昨日の抱っこでは、抱っこが始まるまではおとなしくしていた息子(6か月)が、抱っこが始まり、援助者さんが私の気持ちを代弁して下さったとたんに泣き始め、腕の中でずーっとずーっと、娘の抱っこが終わるまで一緒に泣いてくれました。息子も私や姉ちゃんのことをこんなに心配してくれているんだと感激しました。

 娘はいつも何かにつけて、「父ちゃんがいい」「父ちゃんとお風呂に入る」「父ちゃんと遊ぶ」と言っていました。里帰りの間中ずーーーっと「父ちゃん帰ってくるかなあ」と言っていました。私は、よほど娘は父のことが好きなんだな、くらいにしか考えていなかったのですが、昨日の抱っこの間にふと頭をよぎったことがありました。もしかしたら娘は、私が主人に対して言いたいことを代弁してくれていたのかなあ、と。

 私は主人に「早く家に帰ってきて」とは言えません。結婚当時は私は中間管理職、主人は新入社員という状態で、私は会社で頑張って仕事を片付けるのですが、帰りはどうしても終電になり、主人と気持ちがすれ違いつらかったのです。なので、今中間管理職になった主人に「早く帰ってきて」とは言えないのです。主人はもともと家族の方が大切なので、早く帰りたい気持ちがあるのは知っています。でも状況がそうさせないだろうこともわかっています。だから、娘は「父ちゃん父ちゃん」と甘えて、「母ちゃんのためにも私のためにも早く家に帰ってきてよ」と言っているのではないかと。とても本当に優しい娘です。

 ところで、自己流で抱っこをした後、娘は私が怒ると「怒っとる母ちゃんがきた」と言うようになりました。ああそうだ、怒ってる母ちゃんは早くどっかに行ってもらわないと、と私が思うようになって、怒りの持続時間が劇的に短くなった気がします。すごいことだと思いました。娘は魔法使いみたいです。

 自己流抱っこの後娘と二人になった時に、
「母ちゃんすぐ怒っとる母ちゃんが来るなあ」
「いかんなあ」
と話しかけると、「うんうん」とうなずくのですが、
「怒っとる母ちゃんが来ないように、母ちゃんがんばるな」
と話すとそっぽを向くのです。どうしてだろう?と思っていたのですが、昨日先生が来てくださったおかげでヒントが見えた気がします。娘は母ちゃんにこれ以上頑張らせたくないのでは、と思っているように思います。

 私以上に頑張っている人はものすごくたくさんいますが、私は私なりにとても頑張っているんだと、自分をよしよししてあげたいと思います。

 抱っこ法に出会い、ホームページを拝見し、こうやってメールを書いて実際に援助していただき、本を買って読み、買えない本は図書館で借りて読み、そうするなかでこんな娘の優しさに気づくことができて、本当にうれしいです。ありがとうございます。

 これから先もたくさんいろんなことがあると思います。そのたびに悩み、落ち込み、どうしようもなくなるかと思いますが、抱っこ法を支えに頑張っていけそうです。

 しばらく自分で頑張れそうです。そしてまたどうしようもなくなったら、その時はどうか助けてください。よろしくお願いいたします。

 皆様がた、ご多忙を極めていらっしゃると思いますが、どうぞお体にだけは十分お気をつけて。本当の本当にありがとうございました。



「勇気を持って連絡して」

 お返事が遅くなりました。セッション受けられました、ありがとうございました。

 驚きました。それまでにこにこしてた彼女(子ども)が、支援者の方のそばで私に抱っこされて、すぐに泣き出して。色んな事を我慢してたんだなーと分かり、セッションから時間が経った今、私自身はとても落ち着いています。

 抱っこの仕方も、我流とは違ってました。もっと早く勇気を出して(連絡して)いればよかったと思ってます。まだまだ分からない事も多いですが、子どもは何かあった時は自分から「お話する〜」と言ってきます。ただ、抱っこをすると、「やっぱりいいの」と言って逃れようとしてしまい、教わったように抱っこするのですが、やはり自分だけでは、自信がもてません。そして、まだお話したいことがあるけど、できない部分があるようです。何度か通わせて頂く中で、分かっていくのでしょうか?

 今は、一番酷く辛い時期を乗り越え、子どもと二人の生活(以前は仕事をしていました)も悪くないな、と思えるようになりました。勇気を持って連絡してよかったです。ありがとうございました。



「初めての個別相談」

 前田さん、芳子さん、阿部先生
 今日は、個別の相談を受けていただき、ありがとうございました。

 相談が終わってから、「よかったねぇ」としみじみと何度も言ってしまいました。私が何よりよかったと思ったのは、主人が、「人生観(教育観って言ってたかな?)が180度変わったよ。来てよかった」と言ってくれたことでした。さらに、「全面的に受けとめてもらえた気がした。我々のこともありのままを言ってくれて、よかった」と言ってくれました。私は夫婦の問題を正直に言ってしまってよかったのか不安もあったので、主人の言葉に感激しました。

 娘は、家に帰って来てから、前よりもいたずらを堂々としているように感じます。積極的に顔をかじってきたり、「どうぞ」と物を渡すフリをして奪ったり…と、「もっといたずらしたいんだよ〜」と言っているように私には感じられました。その時に、今日前田さんに教えてもらったように、「かじりたいんだね。でも、痛いから優しくしてね」と言ってみました。優しくはやってくれませんでしたが、様子を見ていきたいです。

 さっき寝付く前にも一泣きしましたが、やはり手をくわえながらでした。私も疲れていたので、しばらくしてからおっぱいを飲ませました。こちらも様子を見ていきたいです。

 2週間後にまたお会いできるのを楽しみにしています。「初めて癒しの抱っこを体験した方へ」のパンフレットに書かれていたように、娘が本当の甘え上手になるまで通いたいと思います。

 今後ともよろしくお願いします。



「やっとここまで来たのかな」

 昨日はありがとうございました。帰りの電車の中では、MとAが相変わらず足でじゃれあっていました。仲良くとは言いがたいですがケンカまではならない様子でした。帰ってからもつついたり叩いたりがあるものの激しいケンカにはならない様でした。

 Mは「何で私だけ何度もやったんだろう」と、何度も私にいいにきていました。何度か訴えたあと、「でもすっきりしたからいいか」ともいっていました。Aは気持ちが分かってもらえたから安心したのか、抱っこの事は何もいわないですが、私の所へきては「ママだ〜いすき」と抱きついてきたので、私もギューをしました。Hは歯磨きの時にいつものようにイヤイヤが始まったので、しばらく「歯磨きイヤー、でも歯磨きしよー」を繰り返して泣いた後、歯磨きをきちんとがんばって夜泣きをすることなく寝ていました。

 一方で私は何となく腑に落ちない感じが残りモヤモヤです。何となくモヤモヤが始まったのは、母との事を話した頃からだったのはわかっているのですが、どうしたいのか出てこない、というか出したくない、出すのが不安な感じです。

 なのでどうしたらいいか相談です。天心に参加するか、子どもたちと抱っこに伺うか、両方ともやってみるか。悩んでいます。

 今まで一番いじりたくない気持ちの箱が、どこかにしまって無くなったはずなのに出てきたみたいで、びっくり箱のようにふたを開けたらみんな飛びだしてしまいそうです。やっとここまできたのかなという感じです。



「『うんうん』とただ聞く」

 教えていただいた援助者のUさんに早速電話をし、昨日ご自宅に伺いました。叩くわが子の相談が、いつの間にか自分の抱いている悲しみまで聞いてもらいました。

 Uさんは、私が「もしかしたら間違っている考え方かもしれない」と思う気持ちも、「うんうん」とただ聞いてくれました。今までは同じことを主人に話すと、「そうかもしれないけど、でもね、それはね・・・」とアドバイスをされていました。この『でも』って言葉、今の私にはただの「否定」にしか感じることができません。さらに主人は『がんばれ』をよく使うのです。

 主人はずっと体育会系で育ってきた、強い(のかどうかはわからないけど)気持ちをもつ人です。趣味と実益を兼ねた職人なので、自己実現のためにまっすぐにぐんぐん進んでいくタイプです。だから彼の言う『がんばれ』は、本当、彼の心のこもった励ましなのかもしれません。だけど私には、『私は今がんばっていないってこと?これ以上何を頑張ればいいんだよ(怒)』と感じてしまいます。だからUさんにはただ『うんうん』と聞いてもらえたのが、ものすごく嬉しくて嬉しくて。『ああ、私は今のままでいいんだ、自信はないけど悩みはたっくさんある、こんな凸凹の自分でも大丈夫なんだ』と少し思えるようになりました。

 私が『こんな自分がこの子を育てていいのかどうか・・・』と尋ねると、Uさんは『この子はあなたがママでなきゃ、困るのよ〜』と言ってくれました。その後、『だから、がんばって!』とは絶対言わず、『大丈夫よ、いい子に育ってる。今までのあなたの子育ての仕方が良かったのよ!』と言ってくれました。こんなこと誰も言ってくれなかった・・・。こんなホクホクな気持ちになったのは初めてです。

 でも晩ごはんの時に主人と喧嘩をしてしまいました。前述した『がんばれ』についてです。私はよっぽどUさんに話を聞いてもらえたのが嬉しかったのか、主人にもUさんのように、話を聞くときはすべてを受け入れてくれるように望みました。でも彼は『100%は受け入れられない』と言っていました。どうしてでしょうか・・・。きっとニュアンスの微妙な違いでお互い理解しあえていないだけだとは思うのですが。

 私のことを受け入れられないと言う彼のことも、私は受け入れようと思います。いや、受け入れられそうです。たぶん、抱っこ法のおかげです。

 主旨がずれてしまいましたが、とにかく、Uさんを紹介していただいて本当にありがとうございます! また何かあったら相談させていただこうと思っております。色々ありがとうございました。



「これが私たちの流れ」

 こんにちは。以前、近くの援助者をご紹介いただいた者です。

 先日、2回目の相談に伺いました。家でぐずるときとは違い、援助者さんに誘ってもらい泣くと、上手く泣き止んで、その後どこかすっきりとした顔をしているのが印象的でした。なかなか自分だけでは、そうはできないのですが、あせらず子どもの気持ちと向かい合っていけたらいいな、と思います。

 抱くと反り返ったり、顔をそむけたりすることも、過剰に気にせず、その都度、彼の気持ちを抱きとめて、少しずつでも変わっていけたらいいのかな、そんな気持ちになりました。

 援助者さんには、これからも何かあれば、いつでも連絡して、と言って頂きました。定期的にというより、しばらく様子を見て、きっとまたご相談すると思います。

 私がちゃんと大きく産んで上げられれば、おっぱいをもっと出してあげられれば、そんな母乳を主体にせず、ミルクをたっぷりあげれば…息子も余計な辛い思いをしなくてすんだはずなのに、と思ってばかりでしたが、これが私たちの流れで、だから癒しの子育てネットワークのことを知ることになったし、援助者さんとも出会えたし、子育てのことを考える機会になったんだ、って、ちょっと思えるようになりました。

「お母さんが与えるのはおっぱいだけじゃなくて、心の栄養と安心感、その方がずっと大切」
 援助者さんにそう言っていただいて、今、自分の気持ちを見直しています。すぐに切り替えるのは正直難しいですが、母親としてスタートからダメダメだわ〜と思っている自分の状況も受け入れられたらいいな、と思います。

 これからも、ホームページなど、見せて頂き、また機会があれば講習会などに参加しようかと思っています。本当にありがとうございます。



「阿部先生へ」

 先日はお世話になりました。
 初めて2人の子どもを連れての抱っこでしたが、先生方のおかげで、はるばる東京へ行ってよかった…!!と思えました。

 長男の中の「お兄さん育て」、今まで、ずっと、このままずっと小さかったらいいな…と思い、赤ちゃんのように甘えさせていました。でもお兄ちゃんになりたかったのだと気付きました。

 体いっぱいぶつかってくる事は以前より減りました。保育園のお迎えの時だけは、先生の前で思いっきり私に体でぶつかってくる姿はありますが、その理由が分かった気がします。保育園ではわりと控え目な長男の、「本当は自分は強いんだぞ!!」というアピールのような気がしました。抱っこから帰ってきて数日がすぎましたが、主人は「最近K(長男)がママによくなついているなあ」と言っています。本当にその通りです。

 A(長女)と私のチャイルドの関係も今は落ち着いています。一回「行かないで!!」のダダこねがあり、教えていただいた通り手を取りひっぱってみると、案外(多少のはり合いはあるものの)すんなり私の方へ来ました。このような事は私にとってはあまり慣れていない行動ですが、先日U先生に手を引いてもらい張り合った時の、うれしさ、あたたかさ、強さを忘れず、これからは、私の生きていく一つのかてにしようと思いました。

 Aは本当に私を助けてくれます。多分一番。ありがたいです。うれしいです。かわいいです。こんな我が子に出会えて感謝です。Aももっと甘え上手にしてあげたいなぁと思います。

 私は2人の子どもに恵まれ、お母さんにしてもらえました。

 もっと、この子たちから教えてもらうことがありそうです。仕事上、沢山の親子と関わりますが、今自分には、目の前の我が子とのステキな関係を築きたいと思います。それが、これからの私の仕事(助産師)にも生きると思います。

 阿部先生の強さの中のやさしさ、やさしさの中の強さに、私のチャイルドは癒されました。ありがとうございました。また行きたいと思います。

 暑い日が続きます。お体には気を付けてください。



「不思議な体験」

 鷲尾先生、先日は本当にありがとうございました。早くお礼と予約を・・と思いながら、今日まできてしまいました。すみません。水曜日はあの後、娘と駅までの道をとても満たされた気持ちで歩きました。ふたり通じ合っていたかのように大通りの斜向かいに花屋さんをみつけ、娘のリクエストで淡いピンク色のチューリップを買って帰りました。娘はとてもうれしそうでした。ふだんなら、いろんなお店を前に、あれやこれやとねだるのに、このときばかりはそれもなく、私もきっと欲しがらないだろうなという安心感がありました。一度、乗換駅で、娘がちょっとしたことに腹をたて、おにごっこになってしまい、「あー、この幸福感もそう長くは続かないのか・・・」とため息がでました。が、あきらめずに追いかけて、抱っこして、とやるうちに娘がまたすっと素直な調子に戻っていきました。その夜は娘の寝姿がどことなく落ち着いて、幼くすっぽりおさまっているような感じがしました。私自身、「自分が親なんだ」と、もしかしたら初めて実感した日だったかもしれません。少し、背筋が伸びた気がします(これが、本に書いてあった、おとな心が立つ、という感覚でしょうか)。

 初めての癒しの抱っこ法はやはり不思議な体験でした。私の場合、面食らったのはその始まり方で、「えっ、あ、もう、始まってるの〜?」と、結局最後まで他人事のようなおよび腰。考えてみると、それもなんとも変な話で、でも、実際それが私と子どもとの距離感だったのかな。始まるも何も、ずいぶん前から親だったはずなのに。

 で、娘が泣き暴れるとやはり自分が悪いのではないかと思い、手がゆるみました。たぶん、辛くて、何も感じないようにもしていたかもしれません。娘もがんこちゃんだけど、私もかなり歯止めのかかった、つっぱり頑固者です。鷲尾先生が「お母さんに時間くれる?」と何度か娘に尋ねてくださったのに、自分が表現する番かと思ったら、内心ひるんで、聞こえないふりしちゃってました。ごめんなさい。やっぱり自分がどうなってしまうかまだ怖かったのです。少し前、母親に言いたかったこととして、私から出てきたのは「自立して。私の人生の邪魔をしないで」というものでした。今はまた何がでてくるかわかりませんが、同じ気持ちを3人の子どもたちも私に感じているような気がします。言えないでいる気持ちは、身体ですると、お腹の下の下のほうに張り付いている感じ。どちらかというと左が強いかなあ。でも、少しずつでも癒していきたいです。

 また、鷲尾先生が声かけしてくださる言葉は温かく、一つ一つが新鮮でした。ハッとする連続でした。そばでこういうふうに言ってもらえたら、きっと子どもたちも楽になるのだろうなと思いました。私はおばあちゃんっ子だったので、先生の雰囲気に祖母の記憶もふっと甦るようでした。

 娘は数日前も寝る前に大泣き、大あばれしました。まだまだぺっぴり腰の私は、部屋中逃げ回る娘にしがみついてるのがやっとでした。これもまたなんとかかんとかおさまったものの、なんだか「ま、今日の所はこれくらいで許してあげるね」と娘に呆れられてるようでした。 まだまだ、練習しなくてはいけません。数日経つと、あの時感じたまろやかさも次第に薄れてきます。それでも、私には希望の光がみえ、安堵したせいか、事情を知っている周りの方から「少しは落ち着いたようね」と言われました。

 あの時、すがる思いでうったメールに素早く対応してくださった芳子先生、阿部先生に本当に感謝しています。ありがとうございました。それで、次回の予約をお願いしたいのですが、しばらくは、水曜日の方がお休みがとりやすいです。鷲尾先生のFAXに、予定をお送りいたしますので、よろしくお願いいたします。

追伸:阿部秀雄先生はひょっとして「ちび○○こちゃん」のおじいちゃんのモデルでは?!と思ってしまうのは、私だけでしょうか・・・(失礼しました)。



「スネた気持ち」

 先日はありがとうございました。すぐにお礼と感想を、と思いながら、なかなかまとまらず一週間が過ぎてしまいました。

 その後は、そちらへ伺う前と比べると、とても穏やかな気持ちで過ごせています。具体的にこれがこう変わったから、というわけではないのですが。

 私に関して言えば、阿部先生に「スネている」と言われたこと。その言葉で、ひとつ不可解な自分の謎が解けました。Qにとても苛立つ時、「何でこんなにまで腹が立つのか」と考えることがあり、でも、「かなしいの?何かこわいの?」といろいろと考えても、どんな思いなのかわからなかったのが、それは、「わかってほしいのにわかってもらえない気持ち」がスネてたんだ、と。なるほど、と。自分の中に何か子どもっぽい感情がある、と感じていたのは、「スネる」という気持ちだっだのか、と。その気持ちを理解しただけで、こんなに気持ちが穏やかになるんですね。

 そして、Qを初めて自分の子どもだと認識した時の気持ちをお話したことで、その時の気持ちが、そこに気持ちを向けるといつでも感じられるところにいてくれるようになって、それもまた私を穏やかにしてくれているようです。

 Qは、帰りの電車の中で、「抱っこのところは大嫌い!!」と言っていましたが、見るからにすっきりした様子で、私が言うことを無視したりすることがあったのが、随分素直に聞き分けてくれるようになりました。ただ、私はQが大泣きしているのをみて、「あー、すごい泣いてるなー。わー、何で泣いてるんだろう。この泣きが素直に泣けてるっていうのかー、そうなのかー」と、抱っこ初心者のような傍観者の気持ちに支配されていて、泣いていた理由が実はわかっていません。「お母さんが元気になってきたのは僕のおかげ」という阿部先生の言葉に泣いていたのは、「そのとおり。僕のがんばりをわかって」ということだったのでしょうか。

 そして、抱っこに行った後の毎度のことなのですが、帰ってきてから、歯ぎしりがひどくなっています。昨日、寝る前に膝の上に向かい合わせで抱っこをしながら、「Qくんにありがとう。Qくんがお母さんの所に来てくれて、いろんなこと教えてくれたから、いろんなことがわかってきて、子どもの頃の嫌なことは捨てちゃって、Qくんとお父さんとの今が楽しくて大切ってわかった。Qくんが産まれていろんな苦しいことがあって、その中でお母さんがんばってきたけど、Qくんとお父さんが『がまんする』っていうことをがんばってくれたおかげで、今すごく楽しい。お母さんにこにこになってきたのわかるでしょ。おかあさん大丈夫よ。おかあさんはおかあさんの道を行くから、QくんはQくんの道を行ってね」というようなことを話したら、「その話しかよー」と言いながら、うんうん、とうなづきながら聞いてくれました。

 でも、話しが一区切りつくと、「あ、お母さん、ちょっと」とごまかして離れていってしまいました。その後絵本を読んで、いざ寝る時にQの顔が悲しい顔になり、涙が一筋流れました。どうした?と言っても理由は話してくれず、そのまま寝てしまい、一晩中、一段と激しい歯ぎしりでした。何が言い出せないことがあるのか、私が話した内容がQが言ってほしいこととは違ってたのか、歯ぎしりを私が気にしすぎなのか、なんだろうなー、と思っています。

 ひとつ、うれしい報告があります。Qが私に向かって「おかあさんなんか嫌い!」と言ったのです。今まで「大スキ」とは何度も言ってくれてたのですが、「嫌い」は初めてで、なんだか一歩前進したような気がしました。もちろん、「嫌い」と言われた後は、「嫌いなんて言う奴は逮捕する!」とはがいじめにして、じゃれあいました。



「やっとの思いで相談室に行って」

〈第1信〉

 秀雄先生、芳子先生、Fさん
 昨日は本当にありがとうございました。緊張してろくにあいさつもせず帰ってきてしまい、すみませんでした。結局Mは、帰りの新幹線で寝ませんでした。なんかご機嫌で乗っている感じでした。

 あの後「また来る?」って聞いたら「来な〜い!来る!来な〜い!来る!」って繰り返して、鼻歌でも歌っている感じでした。

 降りる駅に着いた、駐車場まで結構距離があって「抱っこ抱っこ!」って言い出して、「抱っこがいいねぇ。疲れたね〜。歩くのイヤだね〜」って言って歩かせてたら、変な言いがかりをつけてきてしつこいので、「歩かないならおいていくよ〜」って思わず言ってしまってすぐ後悔して、頑張って東京まで行ったかいがないじゃん!!って思い、「ごめん、ごめん、絶対おいていかない。大好きなMをおいていかない」「歩くのやだ〜、つかれた〜、って言いたいだけだよね」って言ったら、「だって疲れたも〜ん」って歩きだしました。

 でも家に帰ってきてはりきって遊んでいるように見えました。私も疲れたので一人でお風呂に入りたくて、「パパと入ってね〜、ママ入ってくるね」って軽く言って、一人でおフロに入りました。あがってきても遊んでいて、パパが「ハミガキするゾ〜」って言ってもムシしていて、最初は「あ、ムシしてる人どこかな〜」なんて遊びながらさそってもイヤイヤするので、よし、ママがと思い、寝そべってイヤイヤするのを「イヤだ、イヤだ」といいながら連れてきました。そしたらすごくおどろく程大泣き。

 横抱っこにしてみるとあばれないので、いろいろ聞いてみると、「今日こわかったもん。腕痛い!!いたい!いたい!こわい!!パパとオフロ、やだ〜」といいながら寝てしまいそうでした。こんなベタベタな体で寝てほしくないので、起そうとして床におこうとすると、「下におろさないで〜!!」て言われました。正直でおもしろかったです。どうしても寝てしまいそうなので、パパも「ママ今日は一緒に入ったら?!」って言うし、またしょうがなくMとムリヤリ入りました。オフロ中ずっと大泣き。

 今日の朝もどっちだか分からない要求(?)にすぐだまされましたが、1回大泣きしたらスッキリでした。なんかすぐ見せかけの要求にだまされますが(笑)、なんか前ほど頭にこなくなりました。でももっと分かりやすい方がいいな〜。

 今までMが10ヶ月の時に先生の本と出逢い、≪泣いてもいいよ子育て≫をしてきたつもりでしたが、かわいい泣き、甘え泣きの時だけは分かりやすいのでヨシヨシしてあげてきましたが、ぐずぐずしたり、怒ったりされると「なんなんだ!!」ってすぐ悲しくなり、ヨシヨシできずにいました。「怒らないでね」とご機嫌とりみたいにしていました。人目があったりするとどうしても、今はおりこうにしててね…今日は怒らないで…。変な目でみてないかな??とかいろいろ私本位のことばかり考えてしまいます。私を否定されると思ってしまいます。でも逆なんですね。ママはOK!だから怒ったり反抗したりするですね。でも分かりやすくなってくれないかな〜(汗)(すみません)。

 秀雄先生がおっしゃる通り、もう一回行ってだだこねの付き合い方の練習が必要ですね。


〈第2信〉

 和く輪く舎のみなさま。芳子先生。
 なんかあれからすごく人に話をきいてほしくてたまりません。思ったこと、FAXしたくなっちゃいます。どうぞ聞いてください。

 毎日少しずつ『しあわせ子育通信』を読ませていただいています。全部読みたいんですけど、もうバックナンバーはないんですよね? 44号の「腹黒い・腹白い」を読んで、私は「腹黒い人」だな〜(笑)なんて思います。そしてMはたぶん「腹白い人」、主人も「腹白い人」ですね。どんな形でもサインを送ってくるタイプ。私は悩みなんてないよ〜、って毎日楽しくしてるよ〜、て生きてきたタイプ。というよりは、いい人って思われたい=(イコール)嫌われたくない。自分に自信がないから、本当の自分をさらけ出すのが恐い。だから先日のセッションの時の緊張はそれだったんだな〜って。だれにも弱音をはけない。自分もだせない私が初めて会う皆様の前で、自分をさらけだすなんて〜、どうなんだろう。どう思われるだろう…。という心理状態で緊張していたんだと気づきました。

 さらけだすって私にとっては、やっぱり恐いのです。主人とつき合いはじめた時も、いつか私のイヤな部分とか知ったら嫌いになるだろうな…とずっと思いました。でも主人は私から逃げないで向き合ってくれたんだな〜って。だから私も逃げちゃだめなんだな…。主人はあまり「聞き上手」じゃありません。自分のことはいっぱい話してくるくせに、私の話を聞くんだけどすぐ自分の話をしたがります。それで何回もケンカしました。本当におしゃべりなんですよね〜。Mと似てる。でも最近は私の方が聞いてもらってるな〜。毎日「本日のMちゃんはどうだった?」って聞いてくれます。Mより私の方が心配だって。Mが生まれてからは、私がいつ家を飛び出してるんじゃないか…っていつも心配してたって。私はパパのこと全然考えてあげられていないのに…。ごめんねです。

 訴え上手だと思っていた主人も、一回だけ「助けてほしい…」って言われたことがありました。それを私に話すと嫌われるだろうし、離婚されるかもしれないけど、俺はそれをやめたいのにやめられないから助けてほしいと泣いていました。私もMが生まれたばかりで全然パパに気がいっていなくて、そんなに苦しんでいたなんて知りませんでした。私は先生方の「抱っこ法」と出逢っていて、なんとなく心理状況が分かってあげられて、そのことについては頭にもこなかったし嫌いにもなりませんでした。むしろ「ごめんね…」って私も泣いてあやまりました。そして「苦しかったね」って言えました。そしたらパパも私でよかったって言ってくれて、「許してくれてありがとう」って言ってくれました。本当に先生方の本に感謝でした。その時のお礼が言いたくて、今日になってしまいましたが、本当にありがとうございました。離婚の危機も乗り越えられました。「抱っこ法」のおかげです。そんなことも忘れ、またパパに甘えていました。今日帰ってきたらちゃんと話を聞こうと思います(笑)。


〈第3信〉

 早いもので、芳子先生に会いに行ってからもう一週間がたちます。この間にまたMに心配をかけることがありました。

 土曜日にパパと3人で公園に行き普通に過ごして、暑くて疲れてMと一緒に昼寝をして起きたら、たまたま肩(首)が痛くて大変でした。たまになるんですが、ひどくなると何もできないくらいで、下を向くことももちろん、トイレも着替えも、起きたり寝たりすることも辛いんです。それになりそうなくらい痛いので、すぐに近くの針灸に行ってきました。Mにもちゃんと言い聞かせて行きましたが、全然イヤイヤを言わず「淋しくな〜い」なんて言われてしまい、ひと泣きもさせてやれずに笑ってバイバイされちゃいました。

 何が原因なのかわかりませんが、「抱っこ」の時に少し痛めていたのが、エアコンの冷えなどで悪化したんだろ…と言われました。なんでこんなに弱っちいんだろう(泣)、パパも(またか…!!)って顔でした。せっかくいい感じなのに〜!!!

 Mは訴えていいと思ったら、ママが肩を痛めて(訴えるとママは肩を痛くする…)って思ってるんだろうな〜。ふうー!! 「抱っこ」するとやっぱり痛いし、今はムリはできませんね。横抱きにしなくても「抱っこ」の方法ってないですかね…。少し私がイライラして、Mも落ち着きがなくなってきて、ママ友とかと話してると、さらにハイテンションになって、言いがかりやらすごくて、久しぶりに頭を少し叩いてみたりしました。いい感じだけど、あまりムリしないでゆっくりね…と体が言ってるんでしょうか?…(泣)針灸に行ったらほぼ良くなりました!!

 日曜日は前から髪を切りに行く予定でパパに預かってもらいました。(肩も良くなっていたので)ただMの気持ちを思うと一緒にいたいと思いましたが…。Mは朝から忘れ(?)ていました。まあ私に余裕ができたら、ゆっくり話そうね…と思い、今はこれでいいと思いました。

 そして通常の日々。「抱っこ」(東京)に行く前と今との、大きな私の心の違いがあります。それはMと2人でいても恐くない、憂鬱じゃないんです。前は(と言ってもつい最近までですが)家の中に2人でいても、一緒に遊んだりしててもMがすぐ怒ったり言いがかりをつけられたり、不機嫌になったり、訳の分からない要求を言ってきたりするので、私も怒ったりイライラしたりしてしまうので、Mと向き合うのを避けていました。2人でいるのがイヤで外に出たくて仕方がありませんでした。朝起きて、ああMがぐずぐずする前に出掛けよう!!出掛けなきゃ!どこに行こう?どこかに行って楽しませなきゃ!!どこかに行かないと…。

 ぐずらないように、怒らないように、あれとこれを持って…。でも本末転倒ですね。外に行ったって、どこに行ったって、Mが言いがかりや怒ったりするのは変わりません。私の気が少しだけ紛れるだけで。私が人前だと少しは心が広く(?)なり、いいママでいられるので…。でもそれは我慢してるだけですよね。

 最近はその我慢もきかなくなってきていて、人前でも感情をむきだしにして怒ってしまいます。怒った後に、あっ…マズイ。幻滅されたかな?とか勝手に思ってました。なので、結局は我慢は少しずつたまってたまって爆発するのです。なんの解決にもなってないのです。Mから逃げてるだけです。現実から逃げてるだけです。Mは私の敵でもなんでもない!味方だし!!

 今でももちろんイライラしたり怒ったりケンカしたりの日々ですが、一緒にいても恐くない。それだけでもすご〜く気が楽です。軽いです、気持ちが…。

 「訳の分からない注文や言いがかりをつけられて本当に頭に来るんです」と芳子先生に話したら、「Mちゃんもママも怒りたいのよ。怒りたいんだから、言うこと聞いちゃダメなのよ」と言われて、「あっ、そっか…」ってそんなことが分からなかったんです。だから気楽になれたんです。最近は言いがかりをつけられるとなんか笑ってしまいます。からかいたくなります(笑)。

 本当に東京の往復は大変でしたが、行って良かったです。まだまだ私が八つ当たりしてしまったり、だだこねされると辛くなったりするので、また行きたいと思います。その時は宜しくお願います。

 また、FAXします。


〈第4信〉

 「夫婦はめいわくかけるけど、よろしく」なんですね。素敵です!!そんなラブラブ?と言われた私たちは、今日の朝早々ケンカしちゃいました〜。

 先日久しぶりにパパと2人で出かけたんですが、Mはパパの実家に預けられたんです。無事に帰ってきて、次の日に「昨日、おばあちゃんとなにしたの〜?」ってなにげなく聞いたら「チョコレートと牛乳のんだの」ってMが教えてくれたんです。Mはアトピーが少しあるので(私自身がアトピーなので)、チョコレートと牛乳は普段あげてないんです。「あっ、そうなんだ〜おいしかった〜!!」って別におばあちゃんたちに対して、何で飲ませるの〜!なんていう気持はありませんでした。孫に欲しい!飲みたい!って言われれば買っちゃうだろうし、泣かれたらイヤだろうし。ただそのことを、Mがママに無邪気に教えてくれた出来事を、パパに聞いてほしくて話しただけだったのに、パパは「い〜んだって!たまになんだから!預かる方も大変なんだから!」て、なーに私がめんどくさいこと言ってんだ!!的な発言で、その話題からのがれようとして新聞読んだりして、めんどくさそーに受け答えするので、頭にきて、「チョコレートなんか一回食べて覚えちゃったらくせになるし、預ける度に欲しがるんだから!!」って言いました。

 私はこんな事を言いたいんじゃないのに…って思い直して、「ただ私は話を聞いてほしかっただけだよ。チョコレートはやっぱりさけてほしいよね〜。ってわかってほしいだけだよ。お義母さんにはよくしてもらってるし、何をやめてほしいとか言ってるんじゃないし、ケンカするつもりもない。ただMがいつもダメって言われてるのを、『食べたんだよ!!』って笑ってうれしそうに話してくれたのを伝えたいだけだよ」ってパパに言ったら、パパはバツ悪そうに「ごめん…」て2回言ってくれて「行ってきます…」って会社に行きました。「行ってらっしゃい」のチュッはしなかったです(笑)。

 なんかパパにいつも聞いてほしい、分かってほしい病??の私は、Mの気持ちがすごくよく分かりました。子どもはママに分かってほしいだけなんですよね。パパとケンカしてMの気持ちに気づくことがたくさんあります。私は、私の母にだだをこねられなかったので、パパに受けとめてほしいのが強くて、パパも大変ですね。(笑)

 おばあちゃんは(パパの母)腹白い人ですので、私はつき合いやすいんです。感情的な人でたまに、えっ?今のはなに??って言うほど、ビックリするくらい正直に言ってくれますので。私の母もちろん腹黒黒ですね〜。姉はどっちかな〜??

 私が肩を痛めたので、早く帰ってきてくれたり、洗い物をしてくれるパパもイライラがたまってたのかな〜、またごめんねですね。肩も大分治ってきました。痛むことで自分を守っているのか…。何を守ってるんだろう??

 7月○日にMが転んで口の中と唇からすごく流血して大変でした。すぐ病院に行ったら、縫うほどではなかったんですが。一日は飲めず食えずでした。その時に大泣きするMを抱っこしながら電話をしたり血をふいたり、いろいろしたらやっぱり肩痛が復活!!やれやれですね。一日だけ私の実家に帰ってきました。

 そんな近況です。最近は抱っこができないので、足や手で張り合ったりしています。なんとかがんばってみます。



「抱っこのあとに」

 Wさん こんにちは。
 錦糸町までは2時間位かかり、遠いですが行くのがとても楽しみです。なんと言ってもSと気持が通じ合うのが感じられるのが心地よくてたまりません。毎回S以上に私が泣いているのがちょっと恥ずかしいですが…。あとWさんも手や背中や言葉がとても気持よかったです。思い出して涙が出てきます。(;_;)

 先日にお邪魔した帰りに、錦糸町の駅のホームで電車を待っているとき、反対ホームに電車が着いたら私の目を見て、「ママぁ〜電車!」って教えてくれました。電車は好きなようでいつも喜びますが、一人で「電車!電車!」と言って手を動かしているだけだったので、些細なSの行動がすごく嬉しかったです。

 和く輪く舎を出るときに家で作ってきた蒸しパンを、「電車に乗ったら食べよう」って言っていたので、電車に乗るとすぐにSが「パン」って言ったんですけど、すぐ乗り換えなので、「すぐ降りるから次の次の電車に乗るまで待ってて」と言ったら、次の電車では何も言わず、その次の電車に乗って座ったら「パン」と言って催促しました。相変わらず物分かりがいいというか…。プチ自慢にしようかな。

 パンを「ママぁ〜」と私の口に入れてくれたり、食べ終わってしばらく本を読んだりした後、私の足の上に向かい合いになるように座って抱きしめてくれたり、両手で首をそっと包み込んでくれたり(甲状腺は首にあるのがわかっているんでしょうか?!)、「ママぁ〜ママぁ〜」って甘えたりしています。

 Wさんに「よく頑張ってるよ」と言われると知らずに涙が出てしまうことに気づいたのですが、電車で私と娘のやりとりを見て、見知らぬおばさんが降り際に、「上手に子育てしてるわね」って言ってくれたのがとても嬉しくて、また涙が出そうになりました。

 主人が帰ってきて、早速「いつもなんて言って欲しい?」って聞きました。自分が言ってもらうためには相手のことも知っておこうと思ったので。でも主人はなかなか答えを言わなくて、食事をして、お風呂に入って、いくら聞いても言わないんです。「ないの?」って聞いたら「あるけど教えたら言ってくれるの?」って言うから、「言うから教えてよ」って言ったら、「好きだよとか」って言いました。私と同じでした。「それだけ? 他にはないの?」って聞いたら恥ずかしそうに「う〜ん。一緒にお風呂入ろうかなぁ」って言いました。実は主人も甘え下手なのかなって思いました。ちょっと笑っちゃいますよね。

 次の日の朝から娘と「パパ〜好きよぉ〜」コールです。主人も娘と「ママ好きよぉ〜」コールを贈ってくれます。次は私と主人で「Sちゃん、好きよぉ」コールしてます。

 それからSのおもしろい変化ですが、鏡に向かって「や〜だ〜」と言うようになりました。自分なりのストレス発散方法を見つけたのかな?!とおもいました。おもしろいので私も一緒に鏡に向かって「やだぁ〜」って言ってます。Sがダダこねすることがあったら、是非一緒にダダこねもしてみようと思います。

 和く輪くだよりの49号、読ませてもらいました。Wさんのお孫さんの存在と同じように、Sも私に大きなプレゼントをもってきてくれるんですね。私がSからもらっているプレゼントは『逃げないこと』『人と上手く付き合うこと(自己主張を上手くすること)』だと思います。今までの人生、色んなことからうまく理由をつけて逃げてきました。結婚も仕事から逃げるための口実だったのかもしれません。結婚生活からも逃げたくなった事がありますが、そのころにはSがいました。子どもがいなかったら離婚していたかもしれません。育児からも逃げたくてたまりません。でもSが大切だから自分でも舌の手術をしたり、抱っこ法にお世話になったり、色んな本を読んで何とか上手く付き合いたいと頑張れるのかもしれません。私もいつかSに心から「ありがとう」って言いたいです。



「穏やかな波の中」

 先日は娘の「抱っこ」ありがとうございました。その後、10日過ぎましたが、我が家は穏やかな波の中にあります。それ以前に私自身の心が波立っていないのかな?とも思います。そして、娘の様子は…と言うと、なんともまぁ!「カワイイかわいいYちゃん」です(;^ω^A テレテレ。親バカかもしれませんが…(いや親バカでしょう)。

 以前は一人遊びばかりしていたのですが、最近では私の後ばかりついてきて、お料理しているときも小さな椅子に登り、作業を見ながらおしゃべりしています。時間のあいた時は、娘と私、お互いに「あ・そ・ぼ」と誘い合い。最近ではトンネルごっこが大好きです。最初は娘がトンネルに入り、『いないいないばぁ』をひとしきりして、そのうち私がトンネルに入り、その上からYがのしかかり、「やられた〜」遊びになるともう興奮状態。本気で痛いときもありますが、まぁ楽しいので、やられっぱなしにしてあげてます。こんな風に遊べるようになったんだなぁと思うと、嬉しくなりこれからがたのしみです。

 そして、こんなことがありました。ある晩、主人とプチ言い争いをしました。主人の頑固さは巨人の星の一徹父さんを上回るものがあり、2日に渡って険悪なムードでした。さすがに2日目なのでなんとか静めたいと私が下手に出ていると、相変わらずプイッっとする主人・・。それに対して私もフツフツと怒りが・・。そんな時、娘がちょっと転んだのをきっかけにおっぱいを飲みに来て、話し合いをしている間中、私のホッペをナデナデしてくれていました。その娘のいじらしさに打たれ、私のおとな心を立てる事ができ、うまく仲直りすることができました。

 あんなに嫌がっていた横抱きも、少しだけ泣き、あとはゆったり抱かれ、娘のほうから、私の顔をいじったりくすぐって来たりして甘える様になりました。そんなときはバッチシ目も合います。

 それもこれも、新刊『親子が幸せになる「抱っこ法」』のおかげかと思ってます。最後まで読みましたが、とてもわかりやすく心に響きました。とくに(おおらかに・にこやかに・おだやかに)という言葉はドキッとさせられました。

 おおらかに=包み込んであげ
 にこやかに=楽しみをあげ
 おだやかに=安心させてあげ

そうすると、存在感が根付き自尊心が定着し、それにともなって自制心・自立心が育つのですね。いつも穏やかに子どもを導く・・そんな母親になりたいです。

 一緒に取り寄せた『ダダこね育ちのすすめ』を、いま読み始めたところです。今後の課題は、娘の要求に同じ力で張り合える様に、もう少し勉強したいと思います。少々放任ぎみの私(いや、ひるみがち?!)、興味のあるものはなるべく気の済むまで与えたい。でも、大事なものなどはやはり困るので取り上げると、うつ伏して大泣きしてしまいます。でもその後ダッコして、「面白かったんだね(うん)もっと遊びたいね(うん)でもお母さんの大事なものだからやめようね(うん)」とやり取りすると、涙を目に貯めて納得し、晴れ晴れした様子で他の遊びに移る事ができるようです。

 心のからくりが分かると、こんなにも子どもの気持ちが手に取るように分かるのですね。そして、私も共感の気持ちや感じたそのままを、素直に子どもに出したら良いのですよね。そのうち頑固一徹な主人も、丸くなってくれるといいのですが・・。

 Yちゃんは、最近では私には素直に着替えさせてくれたり、ご飯を食べてくれるのですが、主人に対しては着替えを嫌がったりします。主人が嫌い、というふうでもないのですが・・、今度は主人がすねない様にしないとね。

 昨日は義理の母が泊まりに来てくれました。私と主人がケンカすると、知っていたかのように訪問してくれ、そしていつも仲裁に入ってくれる人です。親になってもまだ親の世話にならないと問題解決できない、なんて情けない夫婦ですよね。でも、さすがに母親!というか年の功でしょうか?息子の説得は手馴れたもので心の中で拍手喝采でした。

 癒しの子育てのホームページの『しあわせ子育て通信』10月号できあがりましたね。私の体験が一番最初に乗っていてちょっとドキッとしました。そして、編集後記。「らくだの涙」なんて素敵な話なんでしょう。読んでいて涙ぐんでしまいました。ぜひ見たいと思ったら東京ではもう上演していないのですね。ホームページのラクダの顔がまた、なんとも言えず温かい写真ですね。ビデオが出ないかなぁ?

 今日は雨で冷え込んでいますね。新潟の被災地では、大変な思いをしている方がたくさんいるかと思うと、心にも悲しい雨が降ります。「抱っこ」関係の方で被害にあわれた方、いらっしゃるのでしょうか? 天災は恐いですね。お見舞い申し上げます。
 今週は冷え込むようです。お体ご自愛くださいませ。



「抱っこに出会えて本当によかった!」

 阿部先生、芳子先生へ
 いつもありがとうございます。私が“抱っこ”に出会ってからまだ6ヶ月ぐらいしかたっていませんが、ずいぶん通いつめてますよね・・・(抱っこと天心で)。

 当地に引っ越してきて、誰も知らない土地で、不安で、不安で、「誰か助けて!また何も出来ずに泣いてばかりになってしまう」と、必死でパソコンで探して、ホームページに出会えて、メールを打ったらすぐ、“きっといまにうまくいく!”“焦らずあきらめずに”と返事を頂いて、何度も読んで泣いていた日(辛くなると読んでは泣くの繰り返し)を思い出します。

 何回行っても、私の涙でぐちゃぐちゃ、堂々巡りの話ばかりで、子どもの“抱っこ”はまだまだの状態ですが、この6ヶ月で気付いた事、感じた事などを書きます。

・子どもの事を心の底からかわいい存在だと思えるようになった事
 情けないんですが、今まで思えませんでしたし、子どもといても緊張して、ピリピリしていたのが、子どもと一緒にいてもリラックス出来るようになったこと!6年もかかってごめんねって気持ちです。

・自分が、子どもの目を見てゆったり、穏やかに話ををしている事
 目を見て穏やかに話している自分に気づきました。今までしてあげてなかった気がします。そして、子どもが私の目をじっと見つめて話をしてくれてる事に気付きました。そんな事を感じていると、ある日子どもが、「ママの目にHが映ってる!Hの目にもママが映ってる?」って聞いて来ました。子どもはずっと私の目を追っててくれてたんですね。生まれてからずっと・・・。今、書いてても涙が出ます。これからもしっかり目を見て話をしたいです。目を見て話すって勇気がいるなってことも、ゆったりしてると自然に出来てる事も発見です。

・自分を前ほど責めなくなった事
 先日の“抱っこ”でまた私の話ばかりをして、「ずいぶん楽になって来たんですが、次はどうすればいいですか?」みたいな話をした時に、阿部先生が、「たとえば、高校を受験して合格したら、その合格をゆっくり味わってから次の事を考える」みたいな事をおっしゃいましたよね。座布団を使って・・・あの話はほんとによく分かりました。今まで、私はそんな達成感や充実感をゆっくり味わえた事がなく、それが出来なかったからどんどん苦しいままになってたのかなと・・・。これから半年、小学校の準備、準備と焦らずにゆっくり過ごすつもりです。自然に次の幸せに向かっていけることを希望しながら・・・(一週間無理せずゆったりしていたら子どもが逆に落ち着かなくなってきて、私も少し何か動きたくなってきたような・・・やっぱり適度の枠は必要かな?)。いつもの癖が出てきたらお話を聞いてくださいね。

・母と穏やかな関係になれた事
 今まで、母が私の事を心配してる事はわかってても、なかなか私の苦しい気持ちを理解してくれず、衝突していたのですが、10月の通信に『婦人の友』に阿部先生の記事が載ってると書いてあったんで、母に「見てみて」と連絡したのがきっかけです。偶然にも『婦人の友』は、母が30年以上読んでいる本だったので・・・。読んだあと、母は、「あの話よく分かったよ。ずっと我慢してたんだね」と言ってくれました。それから母は、子育て中の息子や娘を持ち、関係に悩んだり心配してる友人に本を見せて、阿部先生の事を話してるようです。ちょうど先日、母が遊びに来て、「あなたが穏やかになってうれしいし、あなたが元気なときに来たのは、初めてね」と喜んで帰りました。一週間けんかも無しでした(笑)。“ダダこね育ち”の本も知らない間に読んで、「とても分かりやすい」と友人に教えているようです。阿部先生と芳子先生のおかげです。そして何か目に見えない力も働いているような不思議な気持ちです。通信がポストに入っていると温かさを感じていました。私だけに来た特別の手紙のような気がして・・・。たくさんの人の手のぬくもりなんでしょうか? 今月で最後なのがとても残念な気持ちでいます。

・「そうしないとやってこれなかったんだから」と思えるようになった事
 寂しくて不安な気持ちを持ってるのに、ずっと“小さくても負けちゃいけない”“頑張らなきゃいけない”って思って、ごまかして生きてきたから苦しかった事。時々それが爆発してた理由。どうにもごまかせなくなって何も出来なくなった事。初めのころからよく阿部先生が、「生い立ちの中で身に付けたものだからしかたがない」っておっしゃっていたけど、なぜか納得いかなかったんです。でも、でも、って・・・だけど今は“しょうがない。そうしないとやってこれなかったんだから”って思えます。やっと出発点に立てた気持ちですが、生まれた時からの思いに寄り添って、そこから認めていってあげないと、いきなりは今の自分を認めてあげられないような気がしています。I先生が天心の時、「まだまだ騒ぎだすかもしれない」とおっしゃったんで、先は長いんでしょうね(笑)。いつか、バスジャックされないようにおとなおとな心をしっかり持って、木ではなく森を見れるようになりたいです(よく主人に「木を見て森を見ず」と言われるので)。

 ここ数年最低の家事しか、それすら出来ない時がたくさんあったのにずっと待っててくれている主人にも本当に感謝です。子どもにも感謝です。・・・まだまだ甘えると思いますが・・・・(あきらめてるのかも)。
 和く輪く舎の皆さんこれからもよろしくお願いします。



「『抱っこ法』って何?!」

 不思議なベールにつつまれたその言葉…1月中旬、私もいよいよ体験することになりました。ドキドキしながら、どんなふうにしたらよいのか…。

 でもそんなことを思っていたのは少しの間だけ。S(1歳半)を抱き、話しかけはじめたとたん、今思うとSの中(心の中)に吸い込まれていった気がします。

 私の家では9月頃主人が転職して生活のパターンが少し変わり、ある日、私が突然ストライキをおこしたことがありました。もう何か月もたっていたことだったのに、Sを見つめていたら、その時の悲しそうなSの顔を「ふっ」と思い出し、問いかけてみました。Sはそのとたんとても怒った顔をして私をにらみ、すごく強く泣き出しました。「ごめんねSちゃん、淋しかったんだね。お母さん怒ってごめんね…」お父さんにもSにもやつあたりしたその日のことを、私はその時本当に反省しました。

 でも先生がしばらくして、「ひとりぼっちだったのは本当はお母さんだったんだよね…」って…、Sは私の顔を見て、また泣き出しました。今までよりももっと強く…そーなんです。そのころから主人も私も、せっかくの週末だからとお互い頑張っていたけれど、結構つかれていたのです。心の中でイライラしたりして…Sの前では仲良くしていたのに…Sはそんな私たちを心配していたのです。あのときのSは淋しかったのではなく、私のことが心配で、父のことが心配で…そんな気持ちで、私たちを見つめていたのです。そんなときの言葉が聞こえたとたん、私は強く抱きしめ、声をあげて一緒に泣いてしまいました。

 その晩、主人にそのことを話しました。ずっと黙って聞いていたけど、時々目を指でこすっていました。その日は久しぶりに夜遅くまでいろいろな話をしました。何でお父さんは週末しか一緒にいないのに、子どもはみんなちゃんとわかっていて、お父さん大好きなのかって…。男の人は根本的に何倍もやさしくって、何か見えないオーラを出していて、女の人は意外と薄情で、例えば他に好きな人ができると、前の人はすぐに忘れてしまうように…だから、すぐに忘れないように、お腹を傷めて子どもを産むのは女の人って、神様が決めたのかな?!とか…まあこれは余談ですが…ともかくこの日から、今まで自分の思い通りにいかないと、「何でこの子は」と思っていた私が、本当、自分でもびっくりするくらい、「この子に会えてよかった」って…「Sに会えてよかった」って…。わが子を見ていると、抱きしめたくなるほどかわいく思えて、そんな時自分がとてもしあわせに思えるのです。

 あ! それからその日もう一つ不思議なことがありました。Sが生まれる日陣痛が始まり、病院に行く途中の車の前をたぬきが横切ったのです。この日も、帰ろうと車にエンジンをかけたとたん、人家からたぬきが突然あらわれ、車の前を横切っていったのです。きっとあの日もこの日もがんばれって…私にかSにかわからないけれども、応援してくれるんじゃないかなあ、なんて…。
 わが子と気持ちが通じあえることを知ると、こんなにしあわせなことがまわりにたくさんあることを私は知りました。


TOP
 体験談「項目」へ  HOME