←HOME

 幼児期の気がかり
よそから持ち帰る・盗み 


  「叱られて落ち着いた」

「叱られて落ち着いた」

 お忙しい中、お返事下さりありがとうございます。私の体調はだいぶよくなってきています。お気遣いありがとうございます。

 あのメール後、「あ!そうだ、自分のチャイルドを抱きしめるつもりで娘と接すればいいんだ」と言うことを思い出し、実践しています。

 慰めの抱っこより、娘は私と遊んだりしたいのかもと思い、じゃれつき遊びを夜寝る前にするというのを続けています。

 ですが・・・、ついに幼稚園の知育教具を勝手に持ち出してしまうという事件が起きました。私は知らなかったので、何でこんなものあるんだろうと思い、聞いたら「もらった」というので、怪しいと思いつつも信じることにしました。しかし、また翌日になって同じ教具を今度は二人分持ち出してしまったのです。すぐに幼稚園に引き返し、先生に一緒にお詫びをしに行きました。

 先生に叱られ、家に帰っても私に叱られパパにも叱られました。しかし、何故かこのことがあってからちょっと落ち着いたような気がします。

 落ち着きはしましたが、励まし方が難しいのでどうやってやるのがよいのか、今度うかがった時に教えていただこうかと思います。よろしくお願いします。

〈追伸〉
 今回の事件(教具持ち出し)は何故してしまったのか分かりませんが、変に勘ぐらず「やっちゃった」ぐらいに思ってもいるのです。先生と直接話しをしてみて叱り方を勉強させてもらったと思います。

 先生はとても上手に叱りました。さすがベテラン先生は違います。本人を叱るのではなく、行為そのものだけを叱る方法を見せていただきました。「悪いことに使う手ではなく、いいことに使いましょうね」と先生はおっしゃっていて、「なるほど」と思いました。そして、どうしていけないことなのかしっかり伝えていました。こういうときに必要な言葉も本人に復唱させたりと・・・。私の感情的な叱り方と違ってとても理性的に接していました。

 どのようにすれば子どもの心に届く叱り方になのか勉強になりました。その後も、娘自ら「今日はいいお手々だった」と話すこともあり、人の物を勝手に使ったりすることも減りました。

 多分、お姉さんになりたい気持ちと、まだ赤ちゃんでいたい気持ちと両方あるんでしょうね。その間で揺れているんだと思います。私の役に立つととてもうれしそうにしています。が、その反面妹が抱っこされているのを見ると、自分もそうしてもらいたい。夜中に寝ぼけて「ママ抱っこして!」と叫びますから。いじらしいですね。


TOP
 体験談「項目」へ  HOME