←HOME

 幼児期の気がかり
きょうだい・下の子・上の子 


      「子育てで最高の瞬間‘抱っこ’」 
「次女が産まれた日のこと〜」  「3人も」  「IとMちゃん」  「Kと双子との日々」 
「Mちゃんの気持ち」 「入院さわぎの中で」 「わが家の宝物」  「赤ちゃんがえり」

「子育てで最高の瞬間‘抱っこ’」

〈第1信〉

 先日は貴重な時間をお付き合い下さいましてありがとうございました。本当に感謝でいっぱいです。

 予約を入れてから一ヶ月くらい間があっての‘抱っこ’になって、実はその一ヶ月で、長女の気持ちが落ち着いてきているのを感じていました。でも何となく私が長女にしっくり来なかった事と、長女と二人で学校を休んでまで出掛けるという決心には、‘抱っこ先生へ行く’が一番背中を押される感じだったので、キャンセルはしないでいました。

 そして、伺ってから長女を抱っこに誘ったら、あっさりと抱っこにきて、抱っこしてもリラックスしていて穏やかで問題なしって感じ・・・・・。それから先生から、ママが長女に気なる所は?という質問で、「妹弟に手を出す事」と答えたら、「なぁんだ、甘えてるじゃない!手を出した時、(長女を)止めてあげればいいよ」って。もうそれで長女の気持ちはすっきり!解決だったみたいです。

 その後、なんとなくすぐに帰る支度ができなかったのは、私だったんですね。私の気持ちを質問されたら、一気に涙が止まらなくなって、その時自分の気持ちに気付きました。もちろん分かっていると思って、知っていた気持ちだったから、気付いていると思っていましたが、‘気付く’って大きいですよね。私がまた天心に参加させていただきます。子どもたちは、私と主人が揃っていれば大丈夫なんだなって思えました。

 帰宅後、妹と弟がケンカを始めて、どうしたもんかなと見ていたら、長女が私の横へ来て、「ママ、ほら抱っこだよ!」とアドバイスをくれました。「そっか、でもどっちを抱っこかな?」と聞くと弟を指したので、弟を抱っこしてみました。ケンカのキッカケは弟が吹っかけたから、泣いていたのも弟だけど(妹はからかっていた感じで笑っていました)、とりあえず弟を抱っこ。落ち着いたなと思ったら妹が八つ当たりを始めて、今度は妹を抱っこすると「うわ〜〜〜〜〜ん」と泣いて、相変わらずとっても上手な甘え泣きができました。

 そしてその後ゆっくり眠り、今朝になって長女が八つ当たりを始めたから、「あっ!これね!」と言って、後ろから抱っこをしたらあっと言う間にみんなニコニコに戻りました。

 やっぱりこれが子育てで最高の瞬間ですよね。また味わえた事を本当に感謝いたします。ありがとうございました。


〈第2信〉

 あれから何度も‘抱っこ’で子どもたちの笑顔を取り戻すことができました。しかも前回のメールの後またまたステキな事があったんです。

 私がイライラして子どもたちに八つ当たりをしてしまっていて、自分でも気付いていたのにどうにもならないでいたら、なんと長女が私を抱っこしてくれました! 最初は振り払ってしまおうかと思ったのですが、長女の健気さが伝わってきて、照れくさいながらもちょっとじっとしてみました。すると子ども達が3人とも私の顔を覗き込み、ニコニコ笑っていました。

 子どもに救われますね。素直で純粋で、見習わないといけませんね。。

 母とは進展なしです。母には何もしたくなくなってしまうんですよね。本当にガンコな親子なんです・・。母とはこれからですね。何か変化を感じられた時はすぐに報告いたします。

 では、梅雨でモヤモヤしますが、お体をお大事になさって下さい。



「次女が産まれた日のこと〜」

♪ハッピーバースデー♪
 昨日は次女の誕生日。プレゼントは年末に彼女の強い希望で早めに買ってあげてあったので、当日はナシでした。でも誕生日の記念にたまたま母が見つけた‘映画のオーディション’を受ける事にしてみました。

 本人も乗り気だったからやってみるのもいいかなと思って、私もちょっと協力して準備をしてあげました。履歴書みたいな物を書いて、写真を撮って、子どもにとって‘自己PR’を考える事は初めてだからとってもいい経験だったみたい。

 オーディション会場の近くに東京タワーがあって、ちゃっかり観光も済ませて帰ってきて、次女はニコニコでした。

 次女が出かけている間に、私は長女とケーキの準備。全部手作りにしてあげたいけど、とってもムリ。材料を揃えて飾りつけをするだけで精一杯。でも子どもたちは大喜びで食べてくれました。チョコペンで‘おめでとう’を書く予定が、ペン先ではなく反対からチョコがドロドロ出てきてしまって大失敗。でもこれも思い出ですよね

 誕生日の当日は朝から、私は整体 へ行く予定があって出掛けてしまいました。主人は仕事で私と同じくらいの時間で出勤してしまいました。

 次女は初めてのオーディションで緊張してるだろうけど、私はチビ太君がいるから行かれないので祖母にお願いしました。なのに送り出す事もしてあげられませんでした。だから前日の夜からずっと励まして、心をガソリン満タンにして次女をずっと気にかけていました。

 昼過ぎ、私が整体から帰って来た時は長女とチビ太君が待っていました。
長:「(チビ太君が)イイ子に待ってたよ。‘ママ’って言わないで待ってたよ!」
と早速報告してくれました。

 しかしそれから何だか長女の様子がおかしい事に気付きました。何だかすごく嫌な感じのイジワルっ子になってる。何度か怒鳴らずに見ていたけど、上手く気持ちが出てこないみたいで私もついに爆発。
マ:「いい加減にしてよっなんなのっすごくイジワルな感じっ!全然可愛くないっ!本当は可愛くても今のその感じは全然可愛くないっ!どうしてっ!」
長:「だって(次女が)イヤなんだもん」
マ:「(次女が)そんなに悪い子なのっ?そんなに嫌な子なのっ?」
*言った事は覚えてないけど長女がイヤだと感じた時のことを聞いていって、その時の長女の心の自分では気付きにくい気持ちを私が代弁していきました。

マ:「相手が悪いんじゃなくて、自分の中の寂しい気持ちが騒いだんでしょ?」
長:「(涙)・・・うん」
マ:「やっと可愛くなった。素直に‘寂しい’って泣けたらこんなにカワイイのにイジワルしたくなかったね」
長:「うん。・゜゜・(≧д≦)・゜゜・。」
これできっとすっきりしたはず・・・ではなかったんです・・。

 次女が夕方帰ってきて私にオーディションの話をしたり、祖母からのプレゼントの話をしていると、またまた長女のイジワル虫が騒ぎ出して、何とも聞きづらい嫌味の連発。

 午後からの公園遊びに疲れたチビ太君はグッスリ眠ってしまったので、長女と次女と私の三人での夕飯でした。子どもたちに先に食事を出して、子どもたちが食べようとした時、長女の一言に私はまた爆発。
マ:「何なのよっ!うるさいっ!嫌味ばっかり言って祝ってあげられないならどっか行ってよっ!」
長:「・・・(涙)」
長女はシクシク泣き続けて座っていました。私の食事も出来たので私も座り、長女の気持ちは充分わかっていたので、次女が産まれた日の事を話してあげました。

 長女と次女が隣、私が二人の前に座って、長女は食事をしないで泣いて座っていました。だから私はそのまま話を始めました。

マ:「(次女が産まれた)その日はね、(長女を)保育園に送った後お腹が痛くなって、ママは病院へ行ったの。そのまま出産になって入院になったから、家には急にママが居ない事になってしまったの。きっと保育園にお迎えに行かれなかったから、その時すでに(長女は)すごく寂しい気持ちになったんじゃないかな。それなのにまた訳も分からず病院に連れて行かれて、やっとママに会えた!と思って近づいたらママの横には小さな赤ちゃんが寝ていて、(長女は)びっくりしてママから離れてしまったの。きっとその時もすっごく寂しかったよね。帰る時だって本当は‘ママァ〜寂しいよぉ〜(ノ◇≦。)’って泣けたら、ずっと気持ちは楽になったかもしれないけど、小さなお姉ちゃんはそのままパパとジジとババに連れて行かれて帰って行ったの。きっと寂しくて寂しくて仕方なかったよね。更に次の日から水疱瘡になってしまって、退院までママには会えなくなってしまったのだから、(次女が)産まれた日は楽しくお祝いなんてしてあげられなかったんだよね」

次:「うわ〜〜〜ん。こっちが泣けてくる。・゜゜・(≧д≦)・゜゜・。ママ!どうして私まで泣かせるのよ〜」

 長女も何で自分がイジワルになってしまったか、心からお祝いしてあげられなかったか理由がわかって、泣きながらもホッとした感じでした。そして、三人で泣きながら食べ始めて、終わる頃にはニコニコになっていました。

 次女の出産の頃はまだ‘抱っこ’ を知らなかったから、私もガマンしてしてもらうしかないと思っていたので、何年も経ってからやっと長女の気持ちに気付いてあげられました。

 でも子どもはけなげに待っていてくれるんだなと、‘抱っこ’の基本をまた感じる事ができました。



「3人も」

 阿部先生。ご無沙汰しております。蒸し暑い日が続いておりますが、皆さんお元気ですか??

 Kは4歳4ヶ月に。双子のTとNは1歳3ヶ月になりました。3人とも元気に保育園に通ってくれ、わたしも仕事復帰して早3ヶ月が経ちました。

 ついこの前6月までは、やってもやってもやる事ばかりで、「死にたい」だの言っていたわたしです(恥)。二度ほどやりきれなくなって泣きじゃくり、子どもたちに気持ちをぶつけ心配かけてしまいましたが、この頃はこう思うようになったのでご報告がてらお便りします。

 休日に1人をおぶり、1人をベビーカーに乗せ、お姉ちゃんの手を引き、汗かきながら歩いていると、
「こどもは多いほうがいいわねー。奥さん幸せね」
と、声をかけられることがしばしばある。こういう言い方をするのは限ってお年寄りに多い。中年の方は、
「あら、双子ちゃん?大変ねー!お姉ちゃんもいるの?」
が多い。でも、腰の曲がったおばあちゃんとか初老くらいの人は口をそろえて、
「幸せねー」
と言ってくださる。

 「そうですね」と一応はいうものの、今まではピンと来なかった自分がいた。わたしの中にはいつも「も」が付いていた。「3人も」ってね。でもね。最近下の双子が大きくなって意思の疎通ができてきたせいか、3人は楽しーな、と思うことが多々ある。

 ヨチヨチ歩くNの手を引いてくれるKちゃん・・・そんなときの2人はとびきりの笑顔。

 TとNがわたしの後を並んでついてきてくれる時・・・やっぱり笑顔。

 Kちゃんが歌を歌っていると、Tがユラユラリズムをとり、Nはパーパーと何やらおしゃべりしてくれる・・・やっぱりみんな楽しそう。

 ニコニコ・ニヤニヤ・ケラケラ。うちには3つの笑顔が常にある。

 双子育児は大変さは1.5倍。楽しさは2倍以上。って聞いたことがあるけれど、やはりその通りです。しかも家にはもう1人お姉ちゃんがいる。頼りになる存在!!!

 確かに、お姉ちゃんの対応に困ることも結構あるし、双子にいたっては今の時期何でも1人で食べたがるので食事時は大騒動です。ちょっかい出されるのでお姉ちゃんもゆっくりご飯を食べられない。コップやお皿をひっくり返されることもしょっちゅうあるので、わたしも頭から湯気が出そうなくらいテンパっている。でも、最近わたしに余裕が出てきたせいか、ダメ!って取り上げる前に見守って見られるようになってきた。すると、不思議と自分でコップ飲みが上手にできていたり、自分でフォークに上手に刺せていたりしているじゃない?? なーんだ、できるじゃない(笑)。

 遊んでいるときも、危ないからダメ!とむげに取り上げるのではなく、すこーし見守り体験させてみる。すると、そぉぉっとトライしているTくんがいたり。ドレッシングのビンをおもむろに持ち上げるので、「キャー何するの?」と思った瞬間、お皿にかけるまねをしているNさんがいたり。「見守る」って大事ですね。「見守れる」には、わたしがどういう状態でいればいいか。そう。「余裕を持つ」こと。「余裕を持つ」には??? 「ニコニコ」すること。「カラダをほぐす」こと。「鼻うたを歌う」こと。わたしも笑顔でいなきゃね。

 という気づきが最近やっとできてきました。Kのときも試行錯誤しながら、そうやってきたはずなのに忘れてしまっていた。人間は同じ間違いを何度となくするのでしょう。へへへ。「わたしってダメなやつだなぁ」と思いつつヘラヘラしているわたしです。ヒヒヒ。

 そして「抱っこ」のはなし。先日Kちゃんに「コラッ」と怒ったら、ふてくされたので「抱っこ」してみました。
「おかーさんは、Kちゃんのこと嫌いだから怒るんだ」
「TとNばっかりにニコニコしてわたしには怒ってばっかり」
「怒りんぼのおかーさんは大嫌い」
「でも大好き」
なーんて声をかけながら、布団でごろごろ抱きしめていました。

 すると、ご機嫌で遊んでいた双子っちがとたんに号泣。3人一緒には抱っこできないので、Kちゃんの気持ちが収まるまで双子には泣きながら待たせる形に。そりゃギャーギャーとすごいありさまでした。Kがスルリと抜けていってしまったのでヨシとして今度はTくん。
「Nちゃんばっかり歩いて、Tはうらやましいねー。くやしいね」
と声をかけるとガッと目を開いて、体をバタバタし始めました。おおー、ヒットかな?と「歩けること・歩けないこと」を重点に声をかけ、抱っこしていたら、側で泣いてごろごろしていたNちゃんが泣きつかれて寝てしまいました。Tはかなり怒り泣きをしていたので、わたしも疲れてしまいおっぱいをあげたら、そのまま寝て、なんと6時間も眠っていました。

 一方、泣き疲れて寝てしまったNちゃんは、1時間ほどで起き、1人でベットから降りてリビングまで、てくてくと歩いてくるという偉業を果たし(ビックリしました)。その後ちょっと抱いたのですが、眠そうだったのでおっぱいをあげたら再びZzzz。

 その日は日曜だったのですが、抱っこのおかげで穏やかな休日と、その後に続く一週間、その後の日々を頑張れそうです。抱っこ法、知っていて本当によかったと思います。やはり、こどもって結構がまんしていたり、がんばっているものですね。

 先月の泣きじゃくったときは、本当に苦しくて苦しくて、泣きながら阿部先生、芳子先生のお顔とお声を思い出し、先生ならどうおっしゃるか・・・思い起こしながら泣きました。きっと怖い顔をしながら泣いていたに違いありません。子どもたちも一緒に泣いたのですが、とっても心配そうにしている顔も忘れられません。

 子どもたちと共にわたしも少しは成長しているのかな〜? 進歩しないといけませんね。

 長々と失礼しました。それでは、またお便りしますね。   



「IとMちゃん」

〈第1信〉

 下の子、Mちゃんは、1月で2歳になります。10月から保育園へ行き始めました。先生たちも驚くほど、保育園では元気いっぱいの様子で、最初の日送っていったときだけ少し泣きましたが、2日目からは「バイバーイ」と元気に手を振って、楽しそうです。

 でも、1週間通って、金曜日の夕方、1時間半ほど泣きました。それまでの1週間、Mがあまりにも普通に元気に振舞っていて、きっとものすごく頑張っているんだろうなぁ、と心配していたので、泣いてくれたときは、正直ほっとしました。次の日の土曜日も行く予定でしたが、Mちゃんがお休みしたいというので、お休みさせました。

 先生たちは、いつもMちゃんが元気いっぱいなので、家で泣いたと知ってものすごく驚いていましたが、私は「Mちゃんと私だけの秘密の大事な時間だもーん!」という感じです。ただ、先生たちが責任を感じてしまうといけないので、「環境が変化して、本人Mはすごく頑張っていたみたいです。でも保育園は大好きみたいなので、心配しないでくださいね」と伝えました。

 3週目に入った現在、毎朝送っていくとやっぱり「ばいばーい」と元気に手を振って遊び始めます。11月からは私も毎日ではありませんが、お仕事へ行き始めます。

 この間、朝、洗濯物を干していたら、寝室からMちゃんの泣き声が聞こえました。あわてて寝室へ飛んでいったら、3歳の息子のIが寝ぼけまなこで起き上がって、Mちゃんをトントンしながら、「大丈夫だよ。にいちゃんがいるからね」となだめ、さらに「Mちゃん、おいで」と抱っこ。Mちゃんも泣きながらIにくっついていき、抱っこしてもらっていました。

 しばらくすると、二人でニコニコしながら部屋から出てきました。うーん、二人とも、なかなかやるな!!


〈第2信〉

 芳子先生がメールをくれたおかげで、また余分に運動会の感動を思い出しちゃった。ふふふ。

 本当は、Iにも(最近はMちゃんにも)毎日毎日怒ってばかりです。でも、怒られてごめんなさいをしたあと、Iはかならず「抱っこ」と甘えてきてくれます。時々、何でもないときでも、例えば着替えをさせたりしていても、ふとIやMちゃんをぎゅーっとしたくなって、しばらくぎゅーっとしていることがあります。Mちゃんはまだ普段の生活で抱く回数が多いからか、当たり前って感じであっけらかんとしていますが、Iはぎゅーってしたとき、かならず私の肩に顔をくっつけてぎゅぎゅーっと返してきます。

 たぶん本当はもっともっとぎゅーってしてもらいたいんだろうな。だから、保育園にお迎えに行ったとき、他の子はみんなちゃーんと自分で靴を履いて出てくるけど、Iは毎日「履かせて」と言うので、それだけは「自分でやりなさい」とは言わずに、「おっしゃ」とか「しょうがないなぁ」とか「えー」とか返事しながらも、Iの毎日の中での唯一の特権、ってな感じで受け入れています。家の中にいるときは、「もう、自分でやってよ!!」と何でもかんでも怒ってしまうから。

 Mちゃんは、やっぱり時々いんねんをつけて怒ってきて(アイスをもっと食べたいとか、牛乳をもっと飲みたいとか)、私の足をばんばん叩いたり、力いっぱい押し続けたりしながら、しばらく大きな声で泣きじゃくることがあります。きっと頑張っているんだろうな。いつも夕飯の準備をしている最中に始まるので、入園して最初の一回以来、ちゃんと抱っこしてあげられていないけど、とりあえず、「頑張ってるんだね」「時々寂しいときもあるね」「いっぱい泣きたくなっちゃうね」と声だけ掛けながら、炊事をこなしている日々です。またゆっくり時間を取ってあげないとなぁ。Iにも、Mちゃんにも。



「Kと双子との日々」

〈第1信〉

 芳子先生、ご無沙汰してます。先日はお便りありがとうございました。思いがけなかったのでとても嬉しくて泣いてしまいました。日々抱っこの精神で過ごすようにしており、なにかあれば先生に相談が出来る!と思う安心感でなんとか乗り越えられるのです。だからお便りにあった「大好きパワー」はいつも受け取っていますよ。

 双子も三か月が過ぎ、なかなか可愛くなりました。2人同時にミルクをあげたり、並べて寝かせている時など、2人とも私を穴が開くほど見つめてくれるので、照れてしまいます。産まれた時は2490gと小さかったNは5980g。一方Tは5500gとマイペースです。

 Nは良く泣き、Tは良く寝ます。でも比較的2人とも良く寝てくれるので助かります。朝はお風呂に入れ、ミルクを飲ませるとお昼すぎまで寝ているのです。夜も7時頃から夜中の1時2時まで寝てくれる事もあります。Kの時には考えられない事!!!(きっと母乳が足りなかったのでしょうね)

 妊娠中もそうでしたが、今でも「どうして2人授かったんだろう?」と思ってしまいます。
1人だったら…Kと赤ちゃんと出かける事も楽なのに。
1人だったら…Kともっと遊んであげられるのに。
1人だったら…泣かせて置かずに済むのに。
と、思ってしまうのです。子宝に恵まれ、一度の出産で二人も産まれてくれて(それも男女だし!)感謝の気持ちばかりなのですが、自分のペースが調子悪いとすぐにそう思ってしまいます。悪い癖ですね。

 Nが良く泣くのは、そんなわたしの気持ちを察してなのかもしれませんね。

 Nは生後三日の時、新生児室で大泣きだったので、「寂しかったのかな?」と声かけると、おっぱいから口を離してニッコリしてくれました。それは、「そうそう当たりだよ!」と言っているように見えました。

 Tは入院中、母と喧嘩して泣いている私の手をギュッと握り返してくれました。子どもは心底親思いですね。私の勘違いかもしれないけれど、抱っこ法を知っていたから気付けたんだと思います。

 さて、Kのことは長くなるので次のメールでお話しますね。


〈第2信〉

 さて我が家のお姫さま、Kちゃんのことです。

 今回のお産では里帰りしなかったので、退院と同時に5人家族の生活が始まりました。一気に弟と妹ができたKはそれはそれは興奮し、なおかつ私が15日間も入院して離れていたわけで、チチと二人生活していた家の中が、私と赤ちゃん二人やってきてなんとも不自然に感じていたのでしょう。私の目にはなんだか違う子どものように感じました。それだけKが普通の状態ではなかったのです。私も術後の身動きできない状態で、双子の面倒をみるだけで手一杯。それでもKは泣いている双子に、チューしたり抱っこしたりしてくれましたが、それがかなり危なっかしいのです。ダメダメと周囲のおとなに注意され続けて、ふてくされる時期が何週間が続きましたが、今はなんとも頼りになるお姉ちゃんになってくれています。

 私も理不尽に怒りつけたりして(悪いなぁと思いつつもどうにも感情のコントロールが取れないのです)、そんな時、影でファイティングポーズをしたり(怒!!!!!)、悪ぶる一面もみせながらも、でも双子のことは可愛いらしく、「TクンとNチャンは赤ちゃんだからやさしくして!!!」と、逆に怒られたりします(苦笑)。そして、最近では私に怒られると「お母さんは怒ってばかりだからキライだよ」と言います。私も怒っているときなので、「キライでもいいから早く歯を磨いて!」と言っていると、「でもお母さん少し好きだよ」と切り返してくるので、私もハッとして、「あぁ怒りんぼの母さんでごめんね」と、逆に誤ってしまう・・・なんてこともあります。

 ただ、4月5月と2ヶ月の間、週末になると義母がKを実家に連れ出してくれたのです。Kにとっては初めてのお泊り。嫌がるかな?と思いきや、すんなり行ってそしてなんともない顔で帰ってきました。それでも心配だったので、抱っこして気持ちを聞いてみましたが、楽しかったの一点張り。すぐに話しをそらしてしまいます。そして、そのまま私もその気持ちは忘れてしまっていました。

 そして、両母の手伝いもなくなったある日の週末。土曜日は夫が仕事なので、一人で子どもたちと過ごすのですが慣れないため、Kに当たったりすることもしばしばあり、夫のいる夜はなるべくKといるようにしていました。そして寝る時、新しく買ってあげた枕の位置が悪いと愚図りだしたK。寝ている頭を抱きかかえて直してあげたら突然暴れだしました。一瞬、「まったくもー」と思ったのですが、すぐに、泣きたい気持ちに気づき、ゆったり抱っこしてあげました。すると、「Kちゃんね。Jさんち行くのさみしかったの。おかーさんとTクンとNチャンがいなくてさみしかったの」(注:Jさん=義母さん)と言いだしました。でも、抱っこしても昔みたいに泣くことがないのです。気持ちが伝えられたこと・・・それだけで本人はいいのでしょうか。

 昨日も、私とふざけていたら、おもいあまって私の頭を殴ってしまったK。かなり痛かったので、怒りました(そこで怒ってはいけなかったことに気づいたのは後々です)。しゅん・・・となってしまいました。すると「おかーさん嫌いだよ。チチとTクンとNチャンは大好きだけどおかーさんは大嫌い」と言い出しました。私もムカッとして、「じゃぁ、おかーさんはこのおうちからいなくなるネ。そーだそーだ、一人で出て行こう」とTを抱きながら言いました。そこへ夫もやってきて、いろいろあって、最後は、「Kちゃん大好きよ。TクンとNチャンと同じくらい大好きよ。ふざけていて殴っちゃったんだものね。大丈夫よ」と抱っこして仲直り。夫もKの裏腹な気持ちに気付いており、頑固なKとわたしの背中を押してくれました。そのあと、おやつのクッキーを食べたら、夕方からなんと朝まで寝続けたKちゃんです。

 なかなか素直になれないのは私のほうなんですよね。こんなことでいいのでしょうか? 双子と比べて何でもできる3才のK。わたしの手がふさがっている時は、いろいろ指示を出すと上手にやってくれて本当に助かります。赤ちゃんが泣いている理由を聞くと、「オムツだよ」とか言うので、見てみるとなるほどオムツだったりして、予言者のようです(笑)。頼りになるのです。

 で、なんでもできるかと思っていると、急に甘えてやらなかったりするのです。まだ3年しか生きてないんですもの、当然なのに、「何故できない?」と怒ったりしてしまいます。こうして、冷静に書いてみるとKは本当に頑張り屋さんですね。わたしの精神状態の方が抱っこを必要としているのかも知れません。

 まだまだ修行が足りません。

 写真はKと2人で出かけた近所の温泉です。家から手をつないでたくさんお話したあとの笑顔です!



「Mちゃんの気持ち」

 我が家のMちゃん(現在2歳)は育てやすい子です。いつもニコニコ愛想が良く、気持ちの切り替えの早い、保育園でもいつも輪の中心にいるような女の子です。実はMちゃんとは、ゆっくり付き合ってあげた事がありませんでした。いつも「ゴメンね」と言いながらも、おとなの都合で振り回してきました。

 その間にH(現在6歳)が「お兄ちゃんストレス」から来る神経性頻尿になり音声チックが現れ、多動が一層激しくなりました。この子をどうにかしなければ…。インターネットを始めたのもこの頃でした。

 Mちゃんに悪い、と思いつつ、頭の中はHの事でいっぱいでした。ぴっかりさんのHPで抱っこ法に出会い、毎日逃げるHを抱っこしました。そんな時のMちゃんは、いつもタオルをしゃぶって静かに遊んでいました。唯一の欠点とも言える夜泣きさえ、タオルさえ与えればすぐに眠れました。

 Mちゃんは仕事の都合で、よちよち歩きで言葉もまだの1歳3ヶ月で保育園へ入園しました。
「一番可愛い時期なのに、一緒にいてあげたい時なのに、私はオニだわ」
一番小さな制服すらブカブカ。袖丈を詰めながら、心の中で何度も謝りました。ところがMちゃんは慣らし保育をあっという間に終え、一番で通常保育へ移行できました。多少の人見知り時期があったものの、毎日の保育連絡帳には褒め言葉がぎっしり。毎朝のバス通園も、嫌がることなく喜んで先生の腕の中へ飛び込んで行きます。Mちゃんは入園させて正解だった。きっと集団が好きな子なんだわ。いつしかそう思っている私がいました。

 その後、思った通りHに発達障害の診断が下され気がついた頃には、私の生活は完全にH中心になっていました。この半年は、寝ても醒めても「障害」「療育」の文字が頭を支配していました。

 先月初め、Mちゃんのクラスに新入生が入ってきました。近所に住んでいて毎日同じバス停で顔を合わせるのですが、その子(男の子)はママ恋しさから一日中泣いていました。そして、その頃からMちゃんに変化が現れました。激しい夜泣き…突然ギャーッと叫んでは、涙も流さずに「ヤダー!ヤダー!!」と転げまわります。半分眠っているのか、体に触れるだけで狂ったかのように泣き叫び、それが毎晩2回3回と続きました。

 はじめの頃はそれでも、しゃぶしゃぶタオルでどうにか治まっていたのですがそのうち何故かタオルを渡しても、投げ返してくる様になりました。同時に保育園でも、今まで喜んで参加していたお遊戯会の練習で音楽がかかると激しい癇癪を起す様になり、順調に進んでいたトイレトレーニングが全くダメになってしまいました。

 そこで初めてMちゃんを抱っこ法で慰めてみました。
 Mちゃんが生まれてからずっと私が「ゴメンね」と思っていたこと一つ一つを取り上げて語りかけてみました。ところが、全く目を合わせてくれません。真っ赤な顔して全身に力を入れ、そっくり返りギーともグーともつかない音で喉を鳴らし、逃げようとします。

 「保育園に行くのがイヤ」「バスでバイバイするのがイヤ」「お兄ちゃんの事が心配」「お母さんの事が心配(幼児期のトラウマを引きずっているので)」この当たりで、涙をジンワリ滲ませながら苦しそうに泣くので慰めたのですが、何だかピン☆ときません。まだ、決定的な事が分からない…。この先にMちゃんの本音があるはずなのに、つかめない。

 その時、偶然にも調布で「抱っこ法入門講座」が開かれる事を知り何かヒントがあれば、と思い参加しました。実際はうろちょろする子ども達を見ながらだったのでじっくり聴けなかったのですが、
「子どもは絶対にお母さんが大好き」
「親を助けたいと思ってる」
の二つだけが、自分の過去の問題と重なったこともあって、心に残っていました。

 数日後の朝も、私は癇癪を起したMちゃんを抱っこしながら思いつく限りの言葉を掛けていました。
「Mちゃん本当は保育園行くのイヤなんだよね。でも保育園ではとってもイイ子なんだよね。イヤだけど頑張ってるんだよね」
相変わらずギーギー唸っていたMちゃんが一瞬止まりました。あれ?と思った私。
「本当はイヤイヤしたいのに頑張ってるんだね。イヤだ―って言って良いんだよ」
違う違う!という感じでもがくMちゃん。『頑張ってる』がキーワードのような気がするのに。
「MちゃんはHが大好きなんだよね。お兄ちゃんの事も心配だからお母さんがお兄ちゃんに話しをしてる時は一生懸命静かにしてたんだ。それなのにMちゃんまでイヤダって言ったらお母さんがもっと大変になっちゃうって心配してくれてたんだね。みんなを助ける為に頑張ってたのね。それなのに、お母さんMちゃんは良い子だから」って思っちゃってたね。頑張ってイイコしてるのが分かってもらえなくて、辛かったのかな」
Mちゃんが私の胸に顔をうずめてエ〜ンと泣いた。涙が出てる。
「しゃぶしゃぶタオルで紛らわせないくらい、お母さんに分かって欲しかったんだ。Mちゃんホントはすっごく頑張ってるの!思い出してよ!って言いたかったんだ。そうか〜、分かったぞ。Mちゃん、頑張ってるんだね」
しゃくりあげながら泣くMちゃん。自分で産んだ子なのに、ちっとも分かってなかった私。ここで、ゆったり出来るまで泣かせてあげられればよかったのですが園バスが来る時間になり、中断してしまいました。降園後、「Mちゃん、今日も頑張ったね!」というと「うんっ♪」と大きく力強く頷いていました。
 その日の保育連絡帳より。
「Mちゃん突然やる気が出たようで、今日はノリノリで踊っていました。おしっこも久しぶりにパーフェクトでした!何があったんでしょうか…?」
 2年2ヶ月悩んでいた夜泣きもあの日以来治まりました。先日のお遊戯会も元気に踊れました。保育園ではイイコ、家に帰ったら「自分で!自分で!」の正統派(?)反抗期という本来の子どもらしい部分が戻ってきました。
 又、今まで我慢していたのでしょう。
「おかーしゃん、抱っこって〜(抱っこして〜)」
「おかーしゃん、あ〜んてよぉ〜(食べさせてよ)」
ものすごい甘えん坊さんになっています。
 抱っこ法ってやっぱりスゴイです。何しろ我流もいいとこなんで、もしかしたら間違ってるところもあるかもしれないですが、私とMちゃんの距離が近くなったのを感じました。まだ会話もままならない娘ですが、あの瞬間、確かに気持ちは通じ合ったのです。事情があって、なかなかセッションに通えない私ですが、これからも抱っこを通じて子ども達と心を通い合わせ共感し、認め合っていきたいと思っています。

 そして将来子ども達が親になった時、「親にやってもらって気持ちよかったから」と自然と抱っこで心の交流ができたら…素晴らしいですよね。



「入院さわぎの中で」

拝啓
 先日は、「子育て通信」のご案内ありがとうございました。すぐにお返事を出すつもりでしたのに、こちらに引っ越して早々、思いがけないトラブルが相次ぎ、遅くなってしまい、失礼いたしました。
私がギックリ腰になったり、近くに住む義父がアキレス腱を切ったり、とても忙しかったのですが、極めつけは、次男がぜん息性気管支炎で、正月をはさんで2週間、入院してしまったことです。

 入院中は、赤ん坊になり、いろいろ我慢したり、イヤなことがたくさんあるようで、あやしても笑ってくれなくなった時には、また、母親に対する不信感が芽生えてしまうのではと、不安になりましたが、常に“癒す”ということを念頭に、心のケアに気をくばりました。彼の気持ちが、本当に癒されたかどうかわかりませんが、退院後はもとのように、気げんのよい、ニコニコ顔の次男に戻ったようです。ぜんそく気味なので、また入院ということもあるかもしれませんが、いつでも、石田先生に教わったことを心にとめて育ててゆきたいと思っています。

 また長男は、この時にだいぶお兄ちゃんとしての自覚を持ってがんばり、親戚にあずけられたり、一日に何度も、病院と自宅を往復する私のいうことをよく聞いて、ひとりでお留番したりしました。しかし、長男も風邪をひいて薬を飲んでいたのと、相当ストレスがたまっていたのか、胃が荒れて、ある朝血を吐いてしまい、びっくりしました。幸い大事には至りませんでしたが、反省させられました。

 弟とは6歳も離れているためか、やきもちは焼かず、とてもかわいがっており、役に立つ良いお兄ちゃんになったのですが、やはり、まだ6歳、ちょっと頼りにしすぎたようです。長男はその後、弟も退院したこともあり、すぐに元気になり、幼稚園に通っています。

 このように新しい幼稚園になじんでホッとしたのもつかの間、すぐにトラブルは起こりますが、この先育児の道のりは長く険しいですが(「いじめ」問題など本当に気が重いものです)、いつも先生のアドバイスを思い出し、子どもと共に歩んでゆきたいと思います。

 入院中に気づいたのですが、体が弱く、本人も兄弟も、何度も入院している子が多く、その中には、精神的に傷ついているのではないかと思われる子どもが、非常に多かったことが気になりました。母親が来るまで、声がかれても、1時間以上叫び続ける子、3歳なのに一言もしゃべらない子、へそをまげると手がつけられない子、何をするにもへそまがりな子などなど、例をあげるとキリがありません。その中で、私が抱っこしてあげて、「お母さんが帰っちゃってさみしいね。悔しいなら思いっきり泣いていいんだよ」と30分ほど抱いてあげると、うちとけた子もいました。病院では、病気にケアはもちろんですが、心のケアを同時に行う必要性をとても感じました。抱っこ法できっとよくなるだろうナ、と思われる子もたくさんいました。そのすべてに私の経験を話すことはとても難しく、また、話しても理論としては非常にあたりまえのことなので、母親自身が、「癒す」ことが自分ではできていると、かんちがいしている場合もいくつかあり、非常に歯がゆい思いをしました。

 退院した今でも、あの子はどうしているだろうと(自分の子さえ、育てているとは言えないのに)、とても気になります。病弱な子の親には、病院通いの大変さよりも、子どもの育ち方に悩んでいる人がたくさんいます(育て方に悩むというのは、どう育てたらよいかわからない状態ですが、「育ち方」というのは、ちゃんと育てているつもりなのに、どうしてこんな風にそだっちゃたんだろう、という状態)。抱っこ法がこういう場にも浸透すれば、救われる親子がふえると思うのですが。

 長々と書いてしまいましたが、今回はあまりにも、抱っこ法を応用する場面が多かったため、ご報告しました。
先生もますますご活躍の場を広げられ、頑張っておられるご様子、少しでも多くの人々に、そのお仕事が広まるよう、心から願っております。
 今年の風邪はたちが悪く、なかなか直らないうえ、3種類もあるそうですので、くれぐれもお気をつけください。
かしこ。



「わが家の宝物」

 わが夜には、3歳と1歳の女の子が2人。毎日毎日けんかばかり。私は、毎日毎日、鬼のような顔をして怒っている。

 そんな私が、3人目を宿していることが分かった。私は、とてもうれしく舞いあがった。……しかし、同時につわりも始まって大変になり、長女に、「お母さんのおなかに赤ちゃんおるんよ。無理できんよ」
 そう言うと、長女は大きな目を一段と大きくクルクルと輝かしながら、「うん」と言って毎日毎日、「赤ちゃんおるんなー」と言った。毎日体調の悪い私のかわりに洗濯物をたたんでくれ、幼稚園にもぐずることなく毎日笑顔で行き、台所のことも手伝い、自分のこともほとんど自分でするようになり、また妹のこともよく見てくれるようになった。これには、さすがの私も驚いた。確かにもともとしっかり者で、2月生まれの割には、クラスの中でも少々おませさんであった。でも、おなかの赤ちゃんの出現が長女をもっと変えてしまった。

 しかしそんな日々がつづいていた頃、私は毎週のように病院へ検診に通っていた。おなかの赤ちゃんの成長が遅いからだ。なかなか先生からいい言葉をいただけず、毎日私は、イライラしていた。次女はそんな私に、もっとかまって−と甘えてくる。その時でも長女が次女に、「だめだよ。赤ちゃんがしんどいよー」と、次女を止める。“長女は、すごいっ”と思った。三歳にしてこの優しさ。一体、長女は誰に似たんだろう。

 6月下旬、長女がおなかの赤ちゃんに会いたいと、一緒に病院へ行った日、病院の先生は優しい声で、「赤ちゃん、育ちませんでしたね。残念ですが今回はあきらめましょう」

 私はある程度覚悟していたがやっぱり……と思って、涙が出るのをがまんしていた。その時、先生が長女に、「残念だったね。お姉ちゃんになれなかったね」と言うと、長女は大粒の涙をその場で流した。本当に、3歳の子の感じ方とは思えないほどだった。そして私はその長女の涙に、本当になぐさめられた。

 家に帰ってから、長女は、「どうして、赤ちゃんいなくなったの?」と何回も聞くので、困っていると主人が、「神様が、一人じゃ淋しいんで、一緒に赤ちゃんを連れていくネって、連れてったんだよ。きっと」と言うと、長女はすごく足をふんばり、「だったら、く一ちゃん(長女)が神様のところに行って、やっつけてくる。そして、神様に『くーちゃん家の赤ちゃん返して』って言ってくる。お母さん、返してもらってくるから待ってて。元気だして。くーちゃんがずっとずっとそぱにいて守ってあげるから。大丈夫」

 私はその時、きっとすごく暗い顔だったのだろう。長女のけな気な言葉とともに、長女の優しい顔が目に入った。私はその時思った。(私は幸せ者だ。こんな優しい娘がいて、その優しさに気づくことができて。私はきっとこの世の中で一番幸せ者だ)

 思えば長女は、ほしくてほしくて、生まれてきた子でありながら、1歳8カ月でお姉ちゃんになってしまい、気づかぬ間に私は長女に年齢以上のことを望み、長女はそれに必死で応えようとしてくれていた。私が未熟でダメな母親であるのに、長女はいつもいつも、「お母さん大好き」と抱きついてきてくれた。

 今回の3人目の妊娠、流産……私は、まだまだ完全には立ち直れそうにない。でも、この出来事をきっかけに、わが家は長女とともに皆、成長できたように思う。長女は、多少なりとも自分が生きていることを実感し、他人に対しても優しくなった。 わがまま一杯だった次女も、ほんの少しがまんすることを覚え、お姉ちゃんと遊ぶことを覚えた。主人も、目には見えなくとも3人の子がいた歓びの中で、家族が健康でいることができることに感謝をしているようだ。そして、かくいう私自身が一番成長したのだろう。子どもに生かされているということ。夫婦の思いやり、優しさにまた再び気づけたこと。私は、一生、この家族に幸せを感じていくことだろう。

 夫婦2人に子ども3人。優しさとあたたかさ。家族は本当にいい。幼い頃、死にたいと思ったこともあった。でも今は、生きたい、生きつづけたい、そう思う。主人と子ども、私は、明日も鬼のような顔と笑顔をくり返しながら、子どもたちと過ごしていくことだろう。これからもよろしく。わが家の宝物!



「赤ちゃんがえり」

 いつもお世話になっております。近頃あったかかったり寒かったりしますが、いかがおすごしでしょうか? 私は妊娠33週(9ヶ月)になり、第二子ということもあってあわてて出産準備をしています。

 先週の出来事なのですが、我が家の抱っこの近況を書きます。もしよろしければ目を通していただけるとうれしいです。内容は娘の赤ちゃんがえりについてです。

 娘は妊娠発覚直後に赤ちゃんがえりがあって、抱っこして娘の話をきいてみたら、「赤ちゃんが出来たら自分はいらなくなってしまうのではないか。自分の居場所はなくなってしまうのではないか。自分はここにいてもいいのか」という不安を抱えていたようで、この気持ちによりそって、また娘自身の「大きくなりたい」という気持ちにもよりそっていたのですが・・・・。最近娘の頑張りに甘えてちょっと娘の気持ちによりそっていませんでした。

 土曜日のことです。お台場に主人と3人で買い物にいったのですが、主人は娘に自分で歩かせようと抱っこをせがんでも抱かず手もつながずにあるいていました。そうするとあっちこっちと眼に映るものに興味を示して寄り道するのですが、本人が来るまで連れ戻したりしませんでした。そしてそんなこんなして、ちょっと眼を離した隙に娘を見失ってしまいました。ほんの数分のことなのですが、その間に娘はスタッフの方に保護されていたようです。

 主人と私はフロアじゅうを探しまわったのですが見つからず、インフォメーションに迷子を保護していないか伺ったときにちょうど事務所から連絡が入って娘は無事帰ってきました。

 娘はスタッフの方に抱かれてきたのですが、泣くこともなく淡々としていたのです。いま振り返ってみればここで「何か変だ」と気づけばよかったのですが、主人の「Mは全くこりないなぁ。人懐っこいのにもほどがある」と発言を聞いて、この娘の状態を見過ごしてしまいました。それから買い物をつづけたのですが、妙にハイテンションになったり、お漏らしをしたりしていたりしました。

 このまま夜になって、娘が新生児用の肌着を着るといって聞かないので、着せてみたり、オムツをしてみたりしました。ようやくこの辺から私も「変だ」と感じはじめ、抱っこしようかなと思いました。

 そして布団に入ってからぐずりだした娘に、「抱っこする?」といったら「うん」というので抱っこをしたのですが、「赤ちゃんになりたくなっちゃった?」「あかちゃんうらやましいねぇ」にちょっと反応したのですが、どうもちがうようで、主人を起こして「ちょっとパパ抱っこして」とパパにバトンタッチしました。

 ここから3人で抱っこです。激しく暴れて、パパにも訴えがあるのが分かりました。最初はすごく怒っていて大変だったのですが、「今日、はぐれちゃったねぇ。もうパパとママとあえなくなっちゃったかとおもったねぇ」というところでとっても反応があって、「パパとママ大好きなのに、Mちゃんなんかいらなくなっちゃったかとおもったねぇ」「大きくなってパパとママと会えなくなっちゃうなら、赤ちゃんの方がいいねぇ」「赤ちゃんならパパとママと離れないもんねぇ」「寂しかったねぇ。こわかったねぇ。泣きたいけどなけなかったねぇ」「パパもママもわかってくれなかったねぇ」と話して、娘最初はものすごい怒りようでしたが、最後のほうには泣きに変わり、泣くだけ泣いてすぅ〜っと眠りました。

 主人と2人で「泣きたいの我慢していたんだねぇ。泣けないくらい怖くて寂しかったんだねぇ。今不安でしょうがないのにかわいそうなことしたね。M泣きたいの抑えるのに怒りの感情をつかっていたんだねぇ。弱冠2歳にしてそんなことさせてしまっていたんだね。抱っこ法知っていてよかったね」と話あいました。この話の途中でふ〜っと目覚めようとしたのですが、でも落ち着いて寝ていました。

 翌日になって娘はすっかりもとに戻ったのですが、やっぱり2歳児、手加減なしに親にぶつかったり、いたずらします。そして私は限界がくるとちょっとバシッと手がでてしまうのですが、今日はこのときに、「Mちゃん、ママのことすき?」といったら「すき」といったので(じつはすきといえたのはこれが初めてです)「ママもMちゃんのことすきなんだけど、痛いとバシってやっちゃうの。でも大好きなMちゃんのことたたくのいやだなぁ。二人で気をつけようか?」といったら「うん」といってそれからいろいろ気をつけるようになりました。

 抱っこ法をしっていてよかったなぁ。パパが抱っこに加わってくれてから娘もだいぶ癒されているなぁという思いとともに、もうすこし娘の気持ちによりそってあげないとと反省しました。パパが加わってから抱っこもだいぶ楽になってきました。これからも3人で(4人ですね)抱っこをしていこうと思います。

 それでは、また何かあったらご報告させていただきます。これからも宜しくお願い申し上げます。


TOP
 体験談「項目」へ  HOME