←HOME

 親自身の悩み
子育てたいへん・もうイヤ 


「これが私の一番息子と向き合える方法」 「MとHとの日々」  「そこに幸せは絶対にある」
「これが私の一番息子と向き合える方法」

 動きました。いろいろと。動くとなるといつも超特急。せっかちなんだなぁ、私って。

 この間、旦那にぶつぶつ文句を言っていたら、自分がどうしてイライラしてるのかを、どんどんしゃべっていました。それで、そうか、そういうことだったのか、と思って、自分の選択は間違っているかもしれないけれど、とりあえず動いてみました。

 旦那の帰りがいつも22時、23時で、息子が生まれてから来年夏までは、たまたま昼勤専門の部署なんですけど、それが終わるとまた去年までのように夜勤生活も始まります。息子が生まれてからはなかなか生活のペースもつかめなくて、何となく日々だらだらしてる感じで、しばらくは仕方ないだろうとは思っていましたが、もう半年もたつのにこれでは、この先どうなるんだろう…と思っていました。

 それで、毎日朝から夜遅くまで息子とふたりだけで過ごしていて、1日のうち半分くらいは、何して遊べばいいのか分からなくなってしまったり、息子の成長がものすごいので(6ヶ月現在、74センチ10キロ)、私の体が、やはりついていききれていなくて、この間から背骨を痛めて、さらにアトピーもちょっとひどくなってきていました。病院へ行こうにも息子を抱えてはなかなかつらくて行けず(私の母も息子が病気をひろってくるといけないので連れて行くなと言っていて、私もその通りだと思っていたので)、どうにも動けなくて、でも体がつらいと息子の気が済むまで付き合ってあげられなくて、毎日旦那は一体何時に帰ってくるんだろうと待つようになりました。

 そんな状態でしたから、抱いている時に息子が飛び跳ねたり、ぐずって暴れたりすると、もうどうにも付き合いきれなくて、ある時おんぶをしようとしていたら背中をガンガン蹴られたのが、私がちょうど痛めているあたりだったので、イライラがつのっていた私自身がプツンときれてしまいました。思わず「痛い!」と言って、息子の足をバチンと叩いていました。

 同じことが、その後3日ほど続きました。イライラしている自分自身にも嫌気がさして、その上絶対にしたくないと思っていたのに息子を叩いてしまったので、息子がどんなにショックを受けているだろうと思い、余計に気持ちが沈んできました。

 そこへ、たまたま、休みの少ない旦那が、遠方へ1週間の出張の話しを持って帰り、さらに別の休みにも組合のボーリング大会が強制参加になったり、めったにない連休が課のレクリエーションで泊まりがけの宴会になったり、とそんな話ばかりが出てきたので(旦那自身もとても嫌がっているのですが)、旦那にイライラをがーーーっと吐き出しました。

 今まで私がやっていた仕事は、徹夜になったりめいっぱい急いで納品に走ったり、そういう状態だったので、これでは息子との時間が取れなくなる、と自分で潔く扶養に入ったんですが(息子を放っておくような状況はダメだ、と旦那も何度も言っていたので)、しばらくは旦那も夜勤がなくなったために収入面も来年夏までは不安定で、それも少し気になっていました。

 また、自分がフリーで独立した頃は、出産後にも続けられるようにとの思いが一番あったのですが、息子がある程度落ち着いてからまたもとの仕事を復活させようにも、印刷物などのデザインの仕事では、時間を空けてしまうと、デザイン用のソフトやその他もろもろがどんどん変わっていくので、ついていけなくなってしまうんですね。独立した頃走り回って営業したときにはまだ会社勤めのつながりもありましたが、しばらく離れてしまった後に再びお客さんをつかまえるのは至難の業だという気もしていて、…ってことは、現実的には復帰するのは無理だろう、と。そうしたら、私が今までやってきたことは何だったんだろう???と。それも私の中のイライラの原因でした。

 それで、旦那に言っても仕方ないと分かっていながら、旦那の帰りがもっと早ければ、もしくはせめてちゃんと休みが取れるような状況だったら、私だって何とか仕事を続けられたかもしれないのに…と、旦那に愚痴をこぼしました。イライラしていて息子を叩いてしまったこともその都度話していたので、旦那が毎日少しずつ話し合う時間を持ってくれました。

 いつか<癒しの子育て>の勉強会にも参加してみよう、と思い始めてから、それがひとつの私の人生の希望にもなっていましたが、息子に対して向き合えなくなってしまった自分が存在していては、元も子もないね、と何日かに渡って話し合っていました。

 それで、以前から息子を、「預かってあげるから仕事をしたほうがいい」と、私の母も言い続けていたので、この機会に、平日午後だけの仕事ですが、少し母にも息子にも甘えて仕事に出てみることにしました。それに加えて、しばらく様子を見て、放送大学への入学も考えてみることにしました。

 息子にももちろん話しました。「毎日離れてしまって寂しいけど、今のままだと○○につらくあたってしまうから、ママは仕事に行くことにしたよ。○○にも寂しい思いをさせちゃうけど、今はこれしか方法が分からないから、何とか頑張ってママに協力して」ってお願いしました。

 仕事に行き始めた初日から、息子に対する思いはものすごく変わりました。息子が寂しいながらも頑張ってくれていると思うと、ぐずっても暴れても前ほど腹が立たなくなって、一緒にいる時間は前よりもうんと減ったはずなのに、前よりも、息子を抱っこしている時間が明らかに増えました。…というか、息子にくっついていたくなるというか。

 仕事に行く時は、母や妹に預けるので、どうしても「ママお仕事に言ってくるからおりこうにしていてね」と声を掛けますが、土曜日には、「今日のお仕事が終わったらお休みだから、そうしたらいっぱいわがまま聞くよ」と言って出かけます。

 土曜日の仕事が終わった後は、「さぁ、ママもうお休みだから、今日と明日はおりこうさんにしなくてもいいぞ〜!」って、息子をしっかり抱っこして走り回ったり、もうべったりくっついて遊んだりしています(*^_^*)。「おりこうさんにしてる日」と「おりこうさんにしなくてもいい日」を聞き分けられるとしたら、それこそ<おりこうさんにしてる>ってことなんですけどね。

 私がイライラし始めた頃から、仕事が始まって1週間経ったお休みの日まで、息子はそれでも「泣く」ことをしませんでした。それが少し気になってはいたのですが、お休みの日に一緒にお昼寝しはじめた時、息子は寝ながら突然「うえーん」と泣いてぽろんと涙をこぼしました。息子を抱きながら私も寝かけていたので、すぐさま「よしよし」ってなだめたら落ち着きましたが、またちょっとすると「ふえーん」とぽろぽろ泣きました。見ると完全に寝ている状態です。起きている時には歯止めがかかっていて、今はもう寝ている時にしか泣けなくなってしまったのか、と、改めて息子が我慢していることに気付きました。

 それで、寝ている息子に、「今日はママはお休みだから、いっぱい泣いてもいいんだよ」と何度か語り掛けているうち、息子はいつの間にか目を覚ましました。「○○くん、我慢してるんだね。思い切って泣いちゃおうか」と言うと、「うあー」と声は出すモノの、うまく泣けません。「今日は我慢しなくていいんだよ、泣いちゃおうよ」「うわーん」を何度か繰り返しているうち、泣きかけるとその都度、息子が自分のこぶしを口にあてておしゃぶりしようとすることに気付きました。それで手を口に持っていこうとするたびにその手を握って、「ほら、また我慢しようとしてるな」「我慢しない、我慢しない」と、それも何度か繰り返しました。

 そんな状態が1時間弱続き、そろそろ本格的に抱っこの体制に持っていこう、と息子を抱いてリビングのソファへ移動しました。息子を抱いて、息子の手も握って、
「ママがイライラしてたから、いっぱい我慢しすぎて泣けなくなっちゃったね」
「ママが忙しそうで、泣いていいのかどうか分からなくなっちゃったね」
「毎日ママがお仕事で寂しいのに寂しいって言えなかったね」
と話しかけているうちに、やっと息子は大泣きを始めました。長いこと、ずいぶん長いこと、息子は泣いて暴れて泣いてのけぞって、いっぱいいっぱい泣きました。

 ずいぶん久しぶりの「抱っこ」でした。息子がとっても可愛いと思えたのと同時に、こんなに小さいながら寂しいことに耐えているんだと思うと、ママのわがままのせいでごめんね、って、私も目が腫れるまで一緒に泣いてしまいました。

 次の日の午前中は、私が仕事へ行く前に、息子は泣きました。その次の日からは泣かなくなりましたが、やっぱり多少は我慢をしているんでしょうね。

 次の週、私が自宅で受けている仕事のほうでトラブルがあって、パートの仕事が終わった後も息子を預かってもらうことになりました。その仕事が徹夜になりそうな気配になってきて、私の母が、今日は一晩息子を預かってあげるよ、と電話で言ってくれました。それはありがたいと思いつつ、とりあえず必死で仕事をすすめましたが、夜の10時すぎ、どうしても息子が気になって。「ばーばのところへ泊まってね、って話してないから、遅くなっても迎えに来てくれると思って待ってるよね」と、結局旦那と11時ごろに迎えに行きました。

 <癒しの子育て>に出会って、もう今では当然、旦那も私も息子が私たちの言葉をちゃんと聞いていることは分かっているんですね。息子を一晩預かってもらうとなれば、疲れのたまっている旦那も「確かに俺も楽といえば楽だけど」と言いつつ、「でも多分○○が待ってるだろうから、それが気になる」と。で、旦那と私ふたりして「やっぱ迎えに行こう」となったんです。

 母に「やっぱり迎えに行くことにした」と電話を入れたとき、後から自分で気付いたんですけど、「○○に『今日泊まってね』って言ってないからさ」って、私、当たり前のように母に言ってたんですね。<癒しの子育て>を知らない人が聞いたらおかしく聞こえたでしょうね。6ヶ月の赤ちゃんに泊まってねって話してないから迎えに行く、なんて。

 息子は遊びながら待っていました。お風呂に入ってミルクを飲んでから、ものすごく眠そうでぐずって何度も目をこすっていたのに、どうしても寝ようとしなかったそうです。さぞかし息子は怒っているだろう、私と目を合わせてくれないだろう、と覚悟していたのですが。驚いたことに実際は全然逆でした。次の日は朝からよく笑い、私の顔を触ってはにっこりし、もしかしたら、迎えに来たのが遅かったということよりも、遅くなってもやっぱり迎えに来てくれた、ってことのほうが息子には大きかったのかもしれないな、って思いました。私たちが想像してるよりも、息子にはたくさんの気持ちが伝わっているのかな、って。

 今、午後だけ仕事に出ている私の生活は、どうしても働きに出なければいけない家庭とは事情が違って、ただの私のわがままです。でも、私には今のところこれが一番息子と向き合える方法で、「○○のために私がこれだけ頑張ったのに」って息子に言わなくても済むし、逆に「ママのために頑張ってくれてありがとうね」って思えるから、私にはこういう子育てが一番合っているのかもしれません。

 今は、自分のワガママだってよく分かっているから、息子に対しても、母や妹や旦那に対しても感謝の気持ちが出てきます。

 9月に尾西のほうで「しあわせの森」のつどいがあるみたいなので一度そちらへ参加してみようかと思っています。知立の方でも講演会があるようなのですがちょっと遠すぎるので、まずは尾西の方へ行ってみようかと。

 とてもとてもとても長くなってしまいました。仕事は火曜〜土曜なので、明日はまだお休みです。 午前中は私の病院がありますが、午後からはまた息子とベタベタしているだろうと思います(笑)。

 あー、でも、ホント、イライラしてたときはものすごくつらかったです。息子を可愛いと思える時間が少なかったのは、息子もものすごくつらかっただろうけど、私もホントにつらかった。お隣の部屋にも息子より2〜3ヶ月早く産まれたお子さんがいて、楽しそうな声が聞こえると、またさらにつらかった。虐待しちゃったりするお母さんたちって、きっとこんなふうに自分自身が一番つらいんでしょうか。

 反対側のお隣さんのところも、つい数日前に女の子が生まれたはず。そこのお母さんには前に「こんなの読んでみる?」と聞いたら読んでみたい、とおっしゃったので、抱っこ法の本を貸してあげたんですけど、こうやって少しずつしあわせな親子が増えていくといいな。私、抱っこ法を知らなかったら、本当にいったいどうなっていたんだろう。

 息子は田舎のガキ大将みたいな感じですけど、もー!本当に可愛いです。



「MとHとの日々」

 全然FAXする暇がありません(-_-;)。携帯からです。Hが産まれて4ヶ月が過ぎて落ち着いてきたのもつかの間、オンブが出来るから楽だな〜なんて余裕ぶってたら、なんだかH君穏やかであまり泣かないし、可愛いもんだわ〜なんて思ってたのに、最近泣く泣く(^_^;)、悲鳴に近い泣き方でびっくりします。

 起きてる時は機嫌良かったから私も楽で家事やら出来て、泣いたら眠い時で、寝かせて、ってリズムだったのに、最近騒ぐ騒ぐ! しかも昼寝は二時間とかしてたのに長くて一時間、眠いのにすぐ泣く。Mに余裕をもって遊んだり出来なくて可哀想だし、私もイライラ! いっそのことサイレントベビーになってくれた方が楽。なんて恐ろしい事考えちゃいます(-.- )。

 ベビーカーでも最近泣くし、オンブで寝る時もギャンギャン泣く、最初は楽で可愛いな〜なんて余裕あったのに、今はMといる方が気楽です。はぁ〜! なんで私の子たちは手のかかる子たちなんだ! Mにいっぱい我慢させて。元々ヘルニアの腰痛もちの私は、日々オンブ抱っこで遂に立てなくなってしまい、毎日整体に通ってます。弱い母で情けない!

 Mはずっと咳や風邪ばかりで病院通いで、Hをその度に預けてたりでHも心配してるんだろうな〜。大泣きした時に色々語りかけてもイマイチで。とにかく早く腰を治して元気になりたいです。もっともっと話したい事ありますがまずは寝ます!


〈第2信〉

 なんか忙し過ぎて基本を忘れちゃいますね(^_^;)。結局私は自分の思い通りにならないと嫌なんですね。手がかからない子といたい。Mは落ち着いているというより私が抑えこんでいる、という感じです。毎日ケンカもするし。怒ったり脅したり(-.-)、気持ちに寄り添ってはいないです。
甘え上手なのか〜。Hが大泣きするのは甘えてるんですね。可哀想だと思ってしまいます。でもMの時よりは余裕をもって聞いてあげられるかな。でもやっぱり一人でたっぷり寝て欲しいな。せめて夜だけでも。でも可愛いですね。こないだ寝返りしました〜。早い!

 順番を待ってたのかな〜。私に余裕ないの分かって。凄いな〜赤ちゃんて。私も今だに母の様子を伺ってSOS出すので(体調が悪い時ですが)、二人目はそうなっちゃうのかな。Mはもう少し伺って欲しい(^_^;)。

 でもMも去年から風邪ひきっぱなしだからストレスあるんでしょうね。M、そけいヘルニアの手術したんですよ! 脱腸です。一泊でしたがHがいるのでパパと入院しました。心電図、採血、レントゲン、ほとんど泣かずに頑張りました! 泣いても良かったんですが、本人は頑張りたかったみたいで。最後手術室に入って麻酔する時に大泣きして眠りました。ママ〜恐い〜って。私も泣きながら見送りました。大した事ない手術と言われてもやっぱりメスを入れるんだし、親子で凄い事件でした。前泊だったんですが、とってもお利口だったとパパが感動してました。

 さすが4歳!と誉めてました。お医者さんごっこがよりリアルになりました(^o^)。私も夜以外は病院にいたので、Hは2日お祖母ちゃんに預け、授乳の度連れて来てもらいました。Hも頑張りました。その日の夜は初めての大泣きでした。でも朝までぐっすりでした。

 さて春からMは幼稚園です。近所のお友達がみんな一緒に行くので私もMも心強いですが、やっぱりドキドキワクワクですね。保育園のように常に遊んでくれる先生と違って、結構子どもたちだけで遊ぶ事が多いので、寂しがり屋のMはどうなるかな(^_^;)。近くなので見に行きたくなっちゃいます。では又メールします。


〈第3信〉

 携帯からだと凄く見にくいでしょうね〜すみません(^_^;)。 

 Mは本当に言いたい放題で。でも分かりやすい。転んでお風呂入ったり絆創膏をとる時が凄い大泣きなんですが、こないだ「濡れると痛いから入りたくない〜!(>_<)」から始まり、泣きながら「頑張りたいけど頑張れない〜!頑張るけど泣き止めない〜!」(^^) 凄い分かる!! こっちもあまりのゴタゴタ具合に、最初は怒ったり呆れてても、最後は笑いながらハイハイ。ああしたい、こうしたい、これが嫌だ。とママ以外にも誰でも言うし、言い過ぎて損するタイプ。最近の口癖は「M頑張ってるもん」ハイハイ(-.-)。

 芳子先生のお子さんも喘息だったんですね。健康で夜泣きされても大変なのに、子どもの病気は可哀想。私が赤ちゃんの頃から5歳くらいまで喘息だったので、母が大変だったろうな〜。紫色になって呼吸困難で何度も夜中病院に行ったそうです。酔っ払いの父はあてにならないので、2歳上の姉を連れて私をおぶって。アトピーもひどかったので、泣きながら痒い〜と背中をいつも掻いてもらってた記憶があります。そういうのを聞くと少し頑張れそうですね。私は本当に昔から体でしか訴えられないんでしょうか? 母はここからはもう入ってこないで!みたいな壁があるからな〜。やっぱり今更もめるの面倒だし顔色伺います。

 私もMの時も夜泣き酷くて、毎日大変でやっと落ち着いてきて懐かしいな〜と思える時になったら、又赤ちゃんが欲しいと思うんですよね。また今を忘れて笑える日がくるでしょうね。きっとすぐかな。Mと二人で買い物楽しいんですよ。ケーキ食べ放題行ったりバーゲン行ったり。ママ〜こっちの方が可愛いよ〜!とか(^^)。腰痛酷いのでMとのコンビが最近多いんです。ひらがなや数字の練習中なんですがどんどん分かるようになってすごいな〜と関心です。手を焼いて大変ですが自慢の子どもでもあるんです。

 届きますかね?  我が家の手のかかる(甘え上手な?)子どもたちの写真です(^o^)。



「そこに幸せは絶対にある」

 つい数日前の朝日新聞のひととき欄に、ずっと子どものころから冬になるとしもやけに悩まされていて、この時期は痛い、かゆいばかり思う季節だという方の投稿が載ってました。

 その方の高齢になられたお母さまが、娘の霜焼けになった手を見て、「私の手と取り替えてあげたい」と言ったそうで、そのお母様の一言に、お母様の深い愛を感じて、涙を流して、しもやけになってよかったと、しもやけに感謝したそうです。そうしたら、軟膏が劇的に効いて霜焼けが治った!そうです。

 私ね、これを読んで、すごくいろんなことを感じました。この方のしもやけは、本当に長年の苦痛だったけど・・・・それは、愛を実感できるその時を、ずっと待っていて、お母さまからの大きな愛を受け取るために必要なものだったわけで・・・・そして、しもやけになってよかったと、感謝したら治っちゃって。

 苦労は幸せの前半分、というのと、何事にも意味があって、感謝すること、あぁ、本当にこういうことってあるんだなあって、思いました。

 だからね、今私が感じている心の中のひっかかりや、苦しいと思えることも、長い時を経て、幸せや愛を感じさせてくれる、大きなギフトなのかもしれない、と感じられるんです。それって、結局、苦しみも、つらさも、愛の一部、なのかなぁー。

 それにね、昨日Mちゃんが、私に、MちゃんやHちゃんが小さいときはどんなふうにしていたの?って聞いてきたんです。

 それでね、おっぱいをあげたり、おむつを替えてあげたり、お風呂は抱っこして入れてあげたり・・・・大きくなったら一緒にお散歩もしたし、ベビーカーに乗せて買い物にも行ったよ、そうそう、Hちゃんが生まれてからは、Hちゃんをスリングに入れて抱っこして、自転車に乗るMちゃんを押しながら、スーパーまで行ったっけ、なんていろいろ思い出して話したの。

 それでね、すごく、不思議!と思ったのが、その当時まっただ中にいた私は、子育てって大変!って思っていて、でも、なんとか幸せを感じなきゃと思っていて、苦しさに飲み込まれる日もあり、子育てが楽しいと思えない日もあり、手放したいと思った日もあり、そういう事ばかりを思っていたはずなのに・・・・・・

 今、その時の光景を思い出すと、とってもとっても、幸せなんです。思い出す私の姿の中には、もちろん、その苦しさを抱えた私も含まれているんだけど、でも、でも、そういうの全部ひっくるめて思い出す当時の光景の中には、とってもとっても大きな幸せと愛おしさが、あるんです。確信を持って、あのときは、本当に幸せだった、と。今の私は、苦しんで頑張っていた当時の私を、とっても愛おしく思えるんです。よく頑張ったね、あの当時は一生懸命だったね、って。

 だから、Mちゃんに
「そうねえ、いろいろあったけど、でも、これって、ほんとに幸せよね」
って堂々と言ったら、Mちゃんはとても嬉しそうでした。

 よくわかんないけど・・・・・今の私の感覚でね、渦中にいるときは、苦しさやつらさという色眼鏡がかかってしまうし、それはしょうがないことなんだけど、苦しみしか感じられない時でさえ、そこに幸せは絶対にあるんだ、って、昨日のMちゃんとの会話を通して、信じられるようになったような。

 何ができて何ができなくて、って、普段は思ってしまうけど、でも、思いだす光景とその幸せを感じるとき、そこにあるのは、私がいて、子どもたちがいて、あの日あのときがあって、ただ、それだけなんです。そこに私たちの日常があった、それだけ、それこそが、幸せ、って。

 そうやって、今この時、この瞬間を、いつも幸せと思えたら、いいのにね。それができるようになるために、修行しようと、今生生まれてきたのかなぁ(笑)。

 どんなときにも、たとえ自分が気づけなくても、そこに絶対的な大きな愛や幸せはある! そんな確信に近いものを感じているだけで、苦しさに飲み込まれているときも、ちょっとは楽、かなぁ。


TOP
 体験談「項目」へ  HOME