←HOME

 子どもを見直す
子どもってかしこい・話が分かる・向上心がある
 

「あんなつらい朝を」  「子どもの力」  「かけっこ」 

「あんなつらい朝を」

 芳子さん、あんなにつらい朝をこんなにも穏やかな一日にかえらるなんて思ってもみませんでした。子どもってすごい。幼な子はまっすぐな心で向かってくるんですね。

 今日はある集まりで、託児係りに初めて加わったのです。「ママがいいの」といって身をよじって泣く子を抱っこで受け止めて、よしよししました。「ママがいいんだよね」といいながらよしよししました。しばらく抱っこしていると、力んでいた力がだんだん抜けてきて、「お外で遊ぶの」になりました。

 「靴下ぬげちゃったね」といったら、いつの間にか両方の足ではさんでもちあげてみせてくれました。そこで、ふたりでくすくす笑い。すっかり打ち解けて仲良くなりました。

 子どもはすごい! 2時間遊んでくれました。帰るとき、バイバイしたら「また遊ぼうね」って言ってくれました。うれしかった! もうすぐ3歳になる、少しお姉さんです。おしっこ、しちゃったらこっそり教えてくれました。そして、もう少し小さい子の世話をしていて手が放せない間、「ちょっと待っててね」を聞いてお利口さんにして待っていてくれました。

 さあ、パンツ取り替えようね、とお部屋に戻る時、たっぷりたっぷり甘えてくれました。嬉しかった。わたしにもできることがある、って。小さい子とももうすこし大きい子とも、心を通わせることができました。

 天心に行っていてよかった。甘えさせていいんだ! みんなと同じ、お姉さんなんだからいい子にしてね、とひとことも言わずに付き合うことができました。変に褒めずに、まっすぐにつきあえました。芳子さん、ありがとう。たくさんたくさん、力をもらっていたから勇気がでたんだと思います。

 自分のことになると、てんで駄目だけどヒトのことなら力を発揮できそうです。嬉しいな。

 幼な子と接するのは、正直なところ、とても勇気のいることでした。あの子に出会うまで、恐る恐る遠まきに眺めているのが精一杯のわたしでした。娘と離れていることで、わたしは幼な子に積極的に関わる勇気がないのです。でも、こどもはすごい。そんな私の内気な気持ちにはおかまいなく、胸にとびこんできてくれるのですものね。わたしのなかから、大きな力を引き出してくれたあの子たちに、ありがとうを送ります。

 そしてわたしの娘に、大好き!を送ります。



「子どもの力」

 先日、サーカスを見に行ったとき、またいつもみたいに泣かれてしまうのかなー、とドキドキしながら行ったのですが、テントの中に入っても、結構平気でワクワクしている様子だったのです。その時、“クマさんとの写真撮影を行っています”と放送があったので、記念にとってもらおうとクマに近づいたら、とたんに、「ウワーン!」と泣きだし、「あっ、やめたらよかった」と思ったのですが、係りの人に押さえられ、おまけにクマさんの手をかけてくれたものだから、もう大変!! 席に帰っても、まだ「ウエーン」、パンフレットを配っていたピエロさんが心配そうに見てくれたら、もっともっと大きな声で泣きだしてしまいました。周囲からは、“あんなに大きいのに……”というような冷たい視線が送られてくるし、「これは、ショウが始まってもまだ泣いていたら帰らなきゃなー」と思っていました。

 ところが幕があいて、かわいい小犬たちが走り回っているのを見ると、ケロッとして、手拍子をして喜んでいるのです。そして家に帰ると、「サーカスおもしろかったね。ワンちゃんがべービーカー押してたね。クマくんが……」と楽しそうに話してくれました。おまけに自分の泣いている写真を見て、「ぼく、エーンエーンしたの。こわかったの」と話してくれました。
 
 私はとっても恥ずかしくてつらかったけど、息子は、周りのことを気にせず、自分のこわいという気持ちをストレートに伝えてくれました。そして、全部出し切った後は、とっても楽しくサーカスを見ることができたのです。なんか、子どもっておとながごまかさなくても、ちゃんと立ち直る力を持っているんだ、と感心してしまいました。

 でも、親って本当に自分勝手だと思うんです。息子がはじめ、友だちに玩具を取られても、何をされても、「イヤ、ダメ!」とも、泣くこともできなかった頃は、せめて泣くくらいしたらいいのに、とイライラし、とても悲しい気持ちになっていました。ところが、抱っこ法で慰めてもらって、やっと自己表現ができるようになったら、玩具を奪い取ったり、たたいたり、「あっち行って、きらい!!」と相手を傷つけるようなことを言ったりするようになり、“なんて乱暴な子なんだろう。親はどんなしつけをしているんだ”って、周りのおとなたちに思われているんじゃないか、まるで子どもを見て、私自身が採点されているように感じてしまいます。だから、しばらくどうするか見ていようと思っても、つい「そんなことしちゃダメ、言わないの!」と怒ってしまったり、たたいたりしてしまう、そして、お友だちと遊ばせるのがめんどうになり、家に呼ばなくなってしまいます。そういう私の気持ちが、今度は息子を苦しめてしまうのかもしれないと、またつらくなってしまいます。

 だけど、よく息子を見ていると、少し前までは、自分がやられた時や、私に止められて怒られた時には、泣いてくれなかったのだけれど、「くやしいよー、痛いよー」と泣いてくれるようになり、また、この玩具なら使っていいよっていう感じに先に配ったりするようになってきました。

 子どもって本当に純真で、その時感じたことをそのまま表現してしまう。それには、おとなのような汚れた憎しみや悪意はないのに、周りのおとなたちはその言葉や行動に驚いて、抑えつけてしまう。子どもは、そんなケンカをした後もケロッと遊べるのに、おとなは引きずってしまう。なんかとても悲しいですね……!!



「かけっこ」

 ご無沙汰しています。掃除しながらふと森さんへファックスを送りたいなあと思ったら、いてもたってもいられなくなってパソコンを取りだしてきました。

 この間の土曜日、Mの運動会がありました。我が家にとっては初の子どもの運動会です。感激することだらけの運動会で、さらにまた、自分を大きく反省した運動会でした。

〈中略〉

 そして、かけっこ。
 私は、自分も、自分の妹も、小さいときからずっと一番だったので、当たり前のようにMが一番になるものとばかり思い込んでいました。それまでに先生から聞いていた話では、Mは練習のときはいつも嬉しくて仕方ないようで、周りで上のクラスの子たちが見ているときなどは特にはしゃいでしまって「えへ、えへ」と笑いながら欽ちゃん走りをしているんですよ、という話でした。だから運動会の朝に主人が、「M、ちゃんと真剣に走るんだよ」とMに話していたときも、「まぁ、欽ちゃん走りなら欽ちゃん走りでも面白いじゃん」と言いながら、私は本心ではドキドキしていました。かけっこのMの番が近づくにつれて、「転ばないだろうか」「途中で私たちを見つけてこっちへ来てしまうんじゃないだろうか」と緊張は増すばかり。その緊張の中でも、もしMが真剣に走ったら、そうしたらきっと一番になるだろう、と期待していました。

 Mの番が来て、他の4人の子のあとに「Mくん」と呼ばれると、Mは嬉しそうに大きな声で「はいっ」と手を上げて並びました。よーい、どん。Mはいいスタートを切りました。真剣に走りました。はじめ、Mは一番でした。カーブで、外側を走っていたMは二番になりました。それでも真剣に走っていました。途中で一瞬転びそうになりましたが、そのまま、二番でゴール。私は、転ばなかったことにほっとしながら、少し残念に思いました。「二番かぁ」。口には出さなかったけど、一番になれなかったことにがっかりしていました。

 ところが、ゴールのあと、順位別の旗のところへ並ぶMの姿を見て、はっとしました。Mはとっても嬉しそうでした。ちょっと飛び跳ねてやったーという仕草をしていました。私は、そのわが子を見て、とたんに嬉しくて仕方ない気持ちになりました。Mが喜んでいた理由はもちろん正確には分かりません。が、走り終えたことが嬉しかったのか、二番になれたことが嬉しかったのか、よく分からないけれどもMが喜んでいることははっきりと分かりました。私はものすごーーーーーく自分を反省しました。そして、走り終えてあんなに嬉しそうにしているわが子を、とても愛しくて仕方ない気持ちになりました。あんなふうにかけっこそのものを楽しんでいるわが子を誇りに思いました。旗のところへ座ったMは、すぐにきょろきょろして私を見つけ出し、「ママー!!」と手を振ってきました。私は全身笑顔、という感じで両手を大きく振り返しました。そのあとすぐMのクラスは退場門へ並んで帰っていきましたが、その間じゅう私は手を振り続けていました。

 その日一日、私はずっとMに「すごかったね。頑張ったね。楽しかったね」と言っては、Mとべたべたくっついて過ごしました。「Mのかけっこ、かっこよかったね」と何度も何度も言いました。それは、本心でした。本当の本当は、かけっこのあとの、Mのあの喜んでいる姿が、かっこよかった。それが、この運動会で、一番の感動として私の中に残りました。

 Mが大きくなったら、いつか、そのことをまたMに伝えたいなぁと思います。もちろん、負けてくやしくて泣いてしまった子もいました。その子はその子なりに、一生懸命で、それもまた、とっても愛しい姿でした。でも、Mの、走り終えた後の、あのやったーの仕草がどれほどかっこよかったか。かけっこが一番だったら、あのやったーの仕草がこれほど心に残ることはなかったはず。何番であっても、走り終えた後にあんなに満足して「やったー」の気持ちになれるわが子、頑張って走ったことそのものに「やったー」になれるわが子、私は今まで自分になかったその感動を、わが子からプレゼントしてもらいました。

 時々同じ保育園のお友達のお母さんから、「うちの子は負けず嫌いだからねぇ…」という話を聞いて、うらやましく思ったりしていました。Mは今のところ、負けず嫌いという言葉とは縁の無い子です。負けず嫌いで粘りづよい、という他の子の話を聞くとよくうらやましく思いました。でも、MにはMの、素晴らしい才能がありました。あんなに嬉しそうなカオをする才能。全身で喜びを表現する才能。運動会の前、練習のときに、初めて衣装を着ての練習が「Mくん、もう嬉しくて嬉しくて仕方なかったみたいで、もうずっとはしゃいではしゃいで。はしゃぎすぎて衣装が破れてしまって『いやだぁー』と泣いてましたよ(笑)」と保育園の先生にお話を聞きましたが、今、そのMの姿が目に浮かぶようです。入園当時も、はじめてのお散歩のとき、Mはとにかく嬉しそうで全身から喜びがあふれ出すような姿で、職員室の先生たちにまで大きな声で「Mねぇ、お散歩行くの!」と呼びかけたと聞いたことがありました。そのとき職員室にいた先生たちが「見て!あのMくんの嬉しそうなカオ!」と話していたそうで、あとからその職員室にいた先生のひとりから直接話を聞いたこともあります。

 Mには、他の子には無い、こんな素晴らしい才能があります。私はこの運動会で、本当に貴重な経験をしました。当たり前のように一番を期待してしまう自分を、Mはいとも簡単に変えてくれました。喜びを周りにまで伝染させてしまうほどの豊かな感情を持ったわが子、これをずっと大切にしよう、と思いました。何番でもいいし、失敗してもいい、ただ喜びも悔しさも一緒に共有できる親子でいよう、と思いました。

 抱っこ法に出会っていなかったら知らずに通り過ぎたことが、きっとたくさんあります。こうして喜びを伝えられる森さんという存在がいることが、私にはまた大きな喜びです。つらくて泣くときも、嬉しいときも、森さんに話したいと思える。そういう存在がいてくれるということそのものが、私が自分の今までの人生を宝物にできる大きな理由だと思います。森さん、いつもありがとう。私の周りにある幸せにいつも気づかせてくれて、本当に本当にありがとう!!


TOP
 体験談「項目」へ  HOME