←HOME

生き難さを持つ子と共に  

「ボクノートと駅伝大会」  「会報を読ませて頂いて」  「祝 卒業 おめでとう!!!」  「『ソファーのつぶやき』ーClose to You」 
「やっとこ中学が決定しました」  「なにサ!なにサ!」  「コア探し」  「魂との出会い」 
 
「ボクノートと駅伝大会」

「君に伝えたくて 巧くはいかなくて/募り募る感情はふくれてゆくだけ/吐き出すこともできずに」

 この曲「ボクノート」(作詞/大橋卓弥・常田真太郎、作曲/大橋卓弥・常田真太郎、唄/スキマスイッチ)は、友人が、「この詩はSくんにピッタリだと思ってて、いつかプレゼントしようとずっと思ってたの」と、手渡してくれた曲です。それも手渡されたのは、Sが参加する駅伝大会当日の朝の車の中でした。大会競技場へ向かう車の中で、その友人と何度も繰り返し聴きながら、泣きなから(笑)運転していきました! 

 大会が始まって、第5走者のSが、大観衆の見守る競技場の中へ現れました。誰の手も借りず、自分の力だけで、プレッシャーも緊張もはねのけ、懸命に走る姿がそこにありました。『ボクノート』の歌詞とメロディーとSの走る姿がひとつになって、私は涙・涙・涙!!
「ガンバレ〜!S!」
そして緑色のタスキをしっかりと次の走者につなぎました。

 日常というものは、予期せぬ仰天ハプニングを含む色々な出逢いの連続ですが、それぞれみんなちゃんとつながっていて、意味があって、最後には大切な気付きや、感動や感謝を導いてくれるんですね! 全ての出来事が私たちをもう一歩前進させるための貴重な時間なのだと、スナオに思えたSの駅伝大会でした。

 Sありがとう。君はどんどん成りたかった自分に近付いているんだね!



「会報を読ませて頂いて」

 Kさん、会報を拝見させて頂きまして…お休の調子はいかがですか? 毎日寒い日が続きますね。

 昼間のニュースで、長野で行方不明になっている小学生の男の子がまだ見つかっていないと見ました。私達が小さかった頃のように、どこまでも自転車で遊びに行けたような世の中じゃなくなってしまったのでしょう。私の姪も丁度小学校1年生で、亡くなった広島や栃木の女の子と同じ年齢ですが、こんなに小さい子どもをどうして傷つける事ができるのか…本当に不思議です。又、長野の子を捜すお母さんの姿がテレピで流れましたが、愛・地球博でのKさんがお子さんたちとはぐれたときのご心配だったお気持ちを思い出して、本当に大変だった事だろうと思いました(私も行った時、本当に人の多さに心の底から疲れた事を思い出しました)。長野の子どもさんについて、コメンテーターの方が、「お母さんを困らせたいという気持ちがあったのでしょうね」と言っていました。犬の散歩について注意されたとの事で、一人で帰ると走って行ったとの事…。どんなにお家の方が心配されていらっしゃるか、そして本人も帰るに帰れなくなったのか…寒さも、そして事件に巻き込まれないか等、関係のない私まで心配でたまらなく思います。

 毎月会報を楽しみに待っておりますが、書いていらっしゃるKさんは〆切(?)とかあって、色々と大変なのだろうなあ…と思い大切に大切に読ませて頂いております。私は結婚する前、保育士の仕事に就いておりました。学生時代、キャンプ村でハンディのある方々の一泊二日の研修会のお手伝いをさせて頂いた事があります。又、実習先が明星学園で、大変お世話になりました。

 100号の合唱コンクールのS君の姿を思い浮かべるだけで涙が止まりませんでした。申し入れをした男の子、きっと自分の事で精一杯で相手の事を思う余格がなかったのでしょうか…。主人と二人で読ませて頂き話し合い、S君の去年の様子と違う姿が見れた喜び、そしてその前にあったクラスでの出来事…Kさんがおっしゃるように、どんな思いでいたのか…二人で胸がしめつけられるようでした。

 その時主人が「男の子も今まで頑張った、一番頑張りたかった合唱かもしれないね。だから言っちゃったんだ。言わずにいられなかったのかもしれない」と言って。その時、そうか!みんなの前で約束させられて(本当に悲しかったでしょうに…)自分の歌いたいように歌っていたS君だったけど、男の子の申し入れを受け入れ、すごくすごく傷ついたと思うけど、男の子の思いを知って頑張ったんじゃないか…ってすごく誇らしい気持ちになりました。男の子も『クラスー体となる』とか目標があったのかもしれない…。だからといって何でも言っていい訳ではないと思うし、S君の気持ちや御両親のお気持ちを考えると切なくなりますが、子どもの世界も(おとなの世界もそうだと思いますが)色々と意に反する事や悲しい事を、言ったり言われたりそういう中で色んな感情が芽生えたり、涙を流したり、我慢したり、乗り越えたり…。親や他の人には見えない場所で、毎日毎日いっばい頑張っているんだるうな…と会報を読ませて頂いて教えて頂きました。

 保育園でクラスを担任させて頂いていた頃、毎日様々な子ども同士のやり取りや保護者の方とのお話の中で、やはり同じようにたくさんたくさん教えて頂いていたなあと感謝(改めて)すると共に、Kさんがたくさんたくさん涙を流されてS君を抱きしめられたように、会報を読ませて預いた私も(そしてたくさんの力が)、一緒に抱っこをさせて頂きたい気持ちになりました。とお伝えしたい気持ちがいっぱいになりました(勝手に思っているだけですが、きっとその様に思っている方がたくさんいらっしゃると思います)。そして我が子も急に抱きしめたい気持ちになり…抱きしめました(いやがられましたが、しました。しちゃいました)。

 S君、合唱コンクール頑張ったね! Kさんも切なく辛い思いをたくさんされて本当にお辛かったでしょうね…。でも会報で教えて頂いて、自分自身がたくさん気付ける事ができてありがとうございました。増々寒さが厳しくなる季節ですね…どうぞお体にお気を付け下さいませ。早くお風邪も治るよう願っております。



「祝 卒業 おめでとう!!!」

「小学部、卒業しました!」
・小学校お受験・・・失敗 (>_<)!
・公立小学校(特学)入学・・・が、しかし2ヶ月で挫折(>_<)"!
・息子と私の“不登校+ひきこもり生活・・・一年半(T_T)!
・そして、やっと出逢えた“私の居場所”・・・養護学校(>^_^<)!

・・・本当にいろいろありました。苦しい時間もたくさんありました。でもその分、人との出逢いがあたたかく、楽しい時間がおもいきり輝きました。私たち家族にとって、とても重みのある大切な卒業です。

 お世話になった大好きな先生方とお母さん方に、感謝の気持ちを込めて「贈る言葉」…。

 4年半前の私は、“ガンバレ!”と言われれば、“もうガンバレナイ!”と思い、“ガンバラなくていいよ!”と言われれば、“私がガンバラないで、このSと一体どうやって生きていけばいいのよ!?と思い、どんな励ましの言葉も、なぐさめの言葉も、全部はじいてしまう苦しさでいっぱいの母親でした。

 そんな時に出逢ったのが、K養護。何にも(なんにも)しなくていい。そのまんまのSとお母さんでいい。私達と一緒にここにいるだけでいい…!!

 三日間の体験入学で、子どもたちと先生方は多くを語らず、壊れそうな私たち親子を静かに見守り、そっと寄り添っていてくださいましたね。

 体験入学の後、校庭のブランコを、空を見上げながら気持ちよさそうにこいでいるSを見て、私も空を見上げたんです。そしたら空がとても青かった…。“空って、こんなに青かったんだっけ…?ここから見える空は、ホントに青くてきれいだねえ…。“ねえ、S−ちゃん、この学校にしよーっか…?”って話しました。

 Sはそれに答えるように、嬉しそうにまたブランコを空に向かって、胸を張って大きくこぎました。その時私達は、K養護にお世話になることを決めたのです。

 それからはもう、「出逢い」と「学び」と「気づき」の“うずの中”でした。どんなことがあっても必ず乗り越えられるということ。そして何よりも“生きているということは、楽しいことなんだよ!ということを、Sのこの4年間の学校生活を通して、私自身がたくさん味わいました。

 子どもの頃から自分が傷つくのが怖くて、自分から進んで前に踏み出すようなことは決してすることなく、親の敷設してくれたレールの上を、フワフワ――ッと生きていた私がなんとな―く、12年前に、Sと出逢いました。

 それはまさに、天と地がひっくり返ったような衝撃的なものでした。袋小路に入り込んでしまい、常に私の苦しい気持ちの方が邪魔をして、Sの存在を受け入れるまでに、何年もかかりました。けれど次第に「生きる…ということに、もっと正面からしっかりと向き合わなくてはならない!」とSが教えてくれているのだ…と感じるようになり、また勇気を出して自分から前へ踏み出す機会もSに作ってもらっているのだ…と、思える自分へと変わってきました。

 最近では、「私も、結構がんばってやっているじゃない!!」という自分への肯定感、そして「私はここにいていいんだ!ここにいてちゃんと役にたっているのよ!」…という存在感も、自分の中に育ってきているのを感じます。K養護に来て成長したのは、Sだけではないのです!

 “大変だなあ〜”どうしよう?”…“まいったなあ…”と思うことはこれからも姿形を変えて、色を変え、いろいろ起こるのでしょうが、みなさんに包まれて、支えられて、ちょっぴり成長できた私は、Sと一緒に中学部へ行きます! 小学部で頂いたこの生きる力をしっかりと握り締めて、また一歩ずつ、前へ前へとゆっくり、Sと一緒に歩いてみようと思います。

 先生方、お母さん方、本当にお世話になりました。
 これからも応援していてください!
 どうもありがとうございました。




「『ソファーのつぶやき』ーClose to You」

 「そばにいてよ/泣けるから/いつまでも/そばにいて」
 これは、Sobani Iteyo という歌。自分の気持ちを歌(詩)で表現することの多いこの家の“お兄ちゃん”の、一番のお気に入りです。 

 こんにちは。私はソファーです。最近この家にやってきました。今日は、この家に住む10歳違いの2人の男の子の話をしたいと思います。

 弟くんは、1歳7ヶ月。私のうしろに隠れて「いない、いない、ばぁ」と顔を出すのが大好き。身体が小さいので私の上に登るのもひと苦労ですが、よじ登ってきてはテレビやビデオに合わせて、歌ったり踊ったりしています。

 お兄ちゃんは、11歳。養護学校の5年生。私の上に寝そべっていたかと思うと、いきなり立ち上がって思いっきりジャンプ!これには私も飛び上がるほどビックリさせられています。お母さんによると、お兄ちゃんは周りにいる人たちがビックリすることを“しでかす”のが得意(?)なのだそうです。

 実は、この前もビックリすることがありました。お母さんが郵便局で切手を買っていたわずか3分の間に、お兄ちゃんは待っていた車の中から外に出て、そのままどこかへ行ってしまったのです。初めてのことだったので、お母さんは大慌て。弟くんをおんぶして捜し歩きましたが見つからず、とうとう110番通報。2時間後に郵便局近くの地下駐輪場にいたところを、お巡りさんに発見されたのでした。

 家に帰ると、お母さんとお兄ちゃんは私の上に腰かけました。「寒かったでしょ? 暗くなっちゃって怖かったね。不安だったね。ひとりぼっちでさみしかったね・・・」お母さんはお兄ちゃんを抱きしめました。「あなたがママをビックリさせる時はいつも決まって、“どうしても伝えたいこと”があるでしょう。今日伝えたいことは何だろう?って、ずっと考えていた」お母さんは私の上でお兄ちゃんを“抱っこ”しました。

 「僕なんか、消えてなくなってしまった方がいいんだよ!」と、お兄ちゃんは泣きながらお母さんに伝えました。お兄ちゃんはすっかり自信をなくし、自分の“存在感”までも失いかけていたのでした。

「そんなに追いつめられていたのに、また気づいてあげられなかったんだね。ごめんね。いつまでたってもお兄ちゃんの苦しみを分かってあげられなくてママも苦しいよ。どうすればあなたの世界に近づけるのだろう?でもママは、あなたがいないととっても困るの。ママにはどうしてもあなたが必要なの。大変なことが次々と起こってヘトヘトになるけど、それでもママはあなたに支えてもらっていることの方がずっと大きいと感じている。ママがどんなにひどい状態で荒れ狂っている時でも、あなたはママのそばに寄り添っていてくれるでしょう。だからこれからもずっとママのそばにいてよ。あなたが少しでも居心地良く居られる場所を作ろう!って、お父さんとこのソファーもやっと見つけてきたんじゃないの。あなたの居場所はここ!お父さんとママと弟のいるこの家のこのソファーの上です。寒くて暗くてさみしい駐輪場なんかじゃないんだから。絶対にあなたをひとりぼっちになんかさせない!わかった?」

 私の上で抱き合ったまま、お母さんとお兄ちゃんは声を上げてたくさん泣きました。次の日の朝、お兄ちゃんは自分からしっかりと起きて、元気に学校へ行きました。 

 その日の正午前。今度はイタズラ連発の弟くん君を抱えたお母さんが、私の上に腰かけました。「さぁ、今度は君を“抱っこ”しなくちゃね!」弟くんは、足をバタバタさせながら泣き出しました。「ボクは、お兄ちゃんに嫌われて居るんだ。だってお兄ちゃんはボクを見てもニコニコしないし、声もかけてくれない。一緒に遊ぼう!って近づくと、知らんぷりしてどこかへ行っちゃうし・・・」と、さみしかった気持ちをお母さんにぶつけました。

 「そうだね、君の言うとおりだね。ママもお兄ちゃんのことを今の君と同じように感じて、悲しい気持ちで過ごしていた時間がたくさんあったよ。でもね、本当は全然ちがうんだってことがわかったの。お兄ちゃんは君のことが大好きなのに『大好き!』って言えないんだって。君と一緒に遊びたくてウズウズしているくせに、上手く遊ぶことができないんだって。お兄ちゃんは生まれたときから、自分の思うように話をしたり、遊んだりすることができない身体なんだ。そんな不自由な身体の中に、ずっと閉じこめられたままでいるんだよ。その上周りの人たちからは、何も分からない、何もできない、変なことばかりする困った子だと誤解されてしまう。一番さみしくて悲しくて辛いおもいをしているのは、お兄ちゃんなんだよね・・・。それでもまけないで、その身体と闘いながらお兄ちゃんは毎日生きているんだよ。だけどお兄ちゃんだって人間だから、時々そういう自分がイヤになって落ち込んでどうしていいかわからなくなって・・・。昨日みたいなことが起こってしまったんじゃないかな? お兄ちゃんの世界をわかってあげるのは難しいけれど、ひとつだけ君に信じてほしいことがあるの。それはね、『お兄ちゃんは、君のことが大好きなんだ』ってことそれだけはぜったいにわすれないでほしい」弟は泣きやんでいました。黙ってお母さんを見つめて、お母さんの話を聞いていました。

 午後、学校から戻ってきたお兄ちゃんが、私の上に座りました。そこへ弟くんがニコニコしながらやって来て、お兄ちゃんにピッタリとくっついて座りました。お兄ちゃんはどこにも行きませんでした。嬉しそうにちょっぴり誇らしげな顔で、弟くんをうしろから包み込むようにして動かずに座っていました。仲良く寄り添って私の上に座っている兄弟を笑顔で見つめるお母さん。その目には、光るものがあふれそうになっていたことがいたことを、私は知っています。




「やっとこ中学が決定しました」

 Kさん。こんにちは〜。ごぶさたしていますがお元気ですか? いつも会報をありがとうございます。私だけでなく、お父さんも私の友だちも楽しみ♪にしているんですよ。

 先週やっとこHの中学が決定しました(でも、私たち親もHも、初めから決めていたのですが・・)。

 まず7月に教育センターに、普通学級or特殊学級or養護学校のどこが好ましいのか、判定する検査を受けに行ってきました。小学校にはいるときも受けました。そのときには特殊学級ということでした。学校関係の先生方はこれをけっこう重要視していますが、私はまったくそう思っていないのです。6年たってHがどれくらいできるようになったかなぁ〜と、楽しみにしていました。判定の結果は養護学校でしたが、この時の先生(女性)と仲良しになり、家の方にも小学校の方にも会いに来てくれました。一度会っただけなのに、「Hちゃんおもしろいね。お友だちになりたいな」と言ってくれました。

 そして9月から数回に渡り、小学校の方で校長、原級の担任、就学相談の先生と、私とお父さんとで会議をしてきました。その間にも、養護学校にHを連れて見学に行ってきました。ここは家から遠く、通学には1時間はかかってしまい、親が大変という感じでしたが、Hが「ここはやだ!!絶対に!!」と理由も言うので、小学校の先生方にも伝えました。別の養護学校にも、私とお父さんで見学に行ってきました。ここは18年度から知的の方も受け取れてくれるのだけれど、今は工事中で無理ということでした。一応予定では、ビルメンテナンス、食品加工、クリーニング科を作りたいと考えているそうです。とても落ち着いていて、家からも20分もあれば行けるので、高等部からお願いしたいなと思うところでした。

 そして地域の中学にも、私が2度、お父さんが1度、私とHで1度見学に行ってきました。小学校、中学校の先生方の言うことには、「★こういう障害を持ったお子さんが自分で将来のことを考えて進路を決めることは無理なので、親や担任がよく考えて決める責任がある」と語った先生もいました。たぶんまわりにも、そう思っている人が多いのではと思いますが、Hはけっこう自分の考えを持っているのです。それは親だからわかるのですが、きっと自分で行きたいところを決めるだろうな・・と思っていました。それで親としては、見学に行くときはHを連れて行きたいと申し出たのですが、どこの学校も、まずは親だけ・・ということでした。理由は★の箇所にあるような以前言われたことでした。あぁめんどうだなぁ・・Hも一緒なら1度で済むのに・・と思いながら、あっちこっち行ってみましたが、ついに地域の中学校に決まりました。

 Hも「歩いていけるところがいい。とっても気に入った」と言っています。教室も広く3部屋あり、日当たりもいいし、人数は来年度入学の3人を含め4人とのこと。

 そうそう最後の話し合いで校長先生に、「ここを選んだ理由を教えてください」と言われ、いくつか答えましたが、障害がなければ地域の中学に入学するのに理由はいらないはずなのに・・と心の中で文句を言いました。

 小学校生活も残りわずかですが(まだスキー教室、参観日・・と忙しいですが)、今まで通り元気に楽しく過ごして、卒業式を迎えてほしいと思います。

 Kさんのお子さんの進路はすんなり決まりましたか?

 中学に入学してからどうなるかな?と少し心配はありますが、どうにかなるかな・・?とお気軽に考えています。何かあったら私も学校へ行くぞ!!と思っています。でもいつもながら思うのですが、Hのまわりにはいい人ばかりなんですよね。きっと中学に行っても、先生かお友だちに恵まれ、楽しい学校生活が待っているのではないかと、のんきに思っています。

 この間のことなんですが、私がお父さんに「まったくもう!!」と怒っていると、次女は自分のことのように涙を流して、三女は黙って聞いていました。私が怒り終わるとHがお父さんの頭をなでながら、(お父さん、よくがんばったね〜。よく泣かなかったね〜)と言っていました。翌朝もまたHはお父さんに、「昨日、お母さんに言われたこと、わかった?気をつけてよ」と言うのです。お父さんも「はい・・」と・・。この家はいったい誰がお母さんなんでしょう???と思いました。

 それではまた〜ね。中学に入ってからのHもお手紙したいと思います。




「なにサ!なにサ!」

〈第1信〉

 お元気ですか。昨年、Kさんにお手紙を書いてから、早一年がすぎました。昨年は、災害の度にご心配いだだきありがとうございました。嬉しかったです。

 さて、この一年いろんなことがありすぎて(毎度のことか…)、何を書こうかと迷いましたが、まずは小学2年になった息子のことから報告します。

 昨年、クラスに居場所がなく、校長には遠まわしに特殊学級のある学校への転校を勧められましたが、ジャ・ジャ〜ン!!!創立百年の小学校の歴史を見事に変えて、今年、“特別支援教室”を創ってしまいました〜!

 何度も教育委員会の担当の方と連絡を取り合い、すっかり意気投合(私の一方的な思い込みかも)するまでになりました。全校90名余りの小学校にできるかどうかは半々の確率と言われながらも、親の一方的な熱い思いを申請書に書き連ね、無事に審査に通ってしまったのです。

 ところが、私自身は“特別支援教室”というところは、息子の居場所のひとつとして捉えていたのですが、周囲の人たちの反応はすごかったです。「バカだから、特殊学級に入れられた」「一緒に遊ぶな」「母親の両親(息子の祖父母)がいとこ同士で結婚したからあんな子が生まれた――――絶句。小さな村なので、まあスゴイ、スゴイ。

 私自身は、この地域での軽度発達障害児のパイオニアだと自負していましたが。そうか〜、私もただの“バカ親だったのか〜と。ようやく今気付かされました。

 さて、肝心の本人の反応は…2年生になって、初めて宿題を持ち帰ったときの反応がとてもおもしろかったのです。「ワーン!!2年生になったらちゃんと勉強しようと思っていたのに、このプリントがさっぱりわからない!!」と10分程泣き、その後「オレ、学校は遊ぶところだとばっかり思っていた。先生はオレに何にも勉強を教えてくれなかったー!!」と。

 そうです。昨年の担任は、「この子にだけ特別な配慮はできなません。勉強はお母様が教えてやってください」と言われました。授業中はひたすら粘土とおえかきをさせられていたのです。そのお陰で、絵は上手…というか、素晴らしい!!ものを描けるようになりました。

 私の方は、敢えて勉強を教えませんでした。学校で毎日いろんなことで先生に怒られ、家に帰ってきてからさらに勉強のことで私に怒られたら、本人の逃げ場がなくなる…勉強は本人が本当に困って求めてきた時が一番覚えられるのではないかという私の考えからでした。この時、息子に「今年から“わかば学級”で勉強が苦手な子のために、特別に楽しく教えてくれるんだって。行ってみる? 先生に頼んでみるからね」と。特別支援学級の存在を本人に話し、すぐに行くのではなく、先ず担任の先生に慣れる期間を1ヶ月程作ってから行くようにしました。

 1日1限(3時間目)だけ、算数・国語を教えてもらっていますが、初めての日はすごく喜んで「今日“わかば”で勉強したよ。すっごくおもしろい!!早く明日にならないかな〜」と言っていました。そして一週間もすると担任(前任は移動、転任されてきた)に「3限だけじゃなく、1日中“わかば”に行きたい」と言ったそうです。それに対して担任は「1日中はダメだよ。君がいないと淋しくなるからね」と言って下さったそうですが、私には「担任として、思わずやきもちをやいてしまいました。だって、本当に楽しそうに3限になると、“わかば”へ行って、終わると、清々しい表情で帰ってくるんですよ」と言っていました。

 さらには、他の授業を立つこともなく、落ちついて学校生活が送れている。とのことです。毎日、学校から帰ってきてからも、「こんなのカンタン!わかばの宿題だから、一人でできちゃう」と自分から宿題をしている姿に、親としてただただ良かったなァ…と思う毎日です。元気良く学校へ行っています。

 確かに同学年の子どもたちと較べたら、遅れはあります。昨年もっともっと私が頑張って本人に勉強を強制していれば、特別支援教室に入れる必要は全くなかったことでしょう。でもそうすることで、失うものの方が大きいと思うのです。息子は同級生に1年遅れて「字を覚えるって楽しい、計算が分かるって楽しい」という“知る楽しさ”を味わっています。そしてぐんぐんと吸収しているのがわかります。私が強制して教えることで、この“知る楽しさ”を奪わなくて良かったなァと思います。

 本当だったら、これで止めておけば良いとは分かっているのですが、Kさんにどうしても伝えたくて、もうひとつ話します。

 昨年12月に第3子を出産しました。1人目・2人目は年子でしたので約7年ぶりの出産でした。もうすぐ7ヶ月になろうとしています。7年ぶりとあって、年子の育児に較べたら、余裕を持って育児をしています。息子を産んでから、3人目がなかなかできず、私自身どうしても欲しかったので、この不妊期間がすごく長く感じられました。

 でもこの間に、抱っこ法に出会い、天心を体験し、また私自身の辛さにきちんと向き合うべくカウンセリングを受けたり、他のワークショップやセミナー等を受けまくった日々でした。すごく長く待たされた3人目でしたが、今思えば私が3人目を引き受けるために必要な、心の準備期間だったように思えるのです。

 1人目出産から、娘の泣き声を聞く度、なぜか心がザワザワして、“泣かせない育児”を必死になってやっていました。そして2人目がすぐに生まれ、息子の保育所での様々な問題行動によって、私はようやく息子の問題を通して、私自身のこれまで、ずっとずっと我慢し続けてきた心の痛みに向き合わざるを得なくなりました。息子の辛さって、そのまんま私自身の辛さでもあったのです。

 でも、そのお陰で私は今本当に幸せ…幸せというのも恥ずかしいので、しみじみ良かったなと思います。そしてこの心境に至るまでに、身体を張って問題提起し続けてくれた息子に深く深く感謝しています。息子のお陰で、抱っこ法に巡り逢い、Kさん、Tさんをはじめ、いろんな方と出会うことができ、私の懐も随分と広げてもらえたからです。

 “母親”として、娘と息子に鍛えられた日々があったからこそ、7年ぶりの3人目育児を余裕を持って臨めるのだと思います。

 長々とすみません。またお便りします。お元気でお過ごしください。


〈第2信〉

 お手紙ありがとうございました。

 「……なにサ、なにサって、周りを取り込んでこれからやっていきましょう」に、思わずふき出してしまいました。そう、ほんとうに昨年は「なにサ!」の心境でした。Kさんに伝えたいことがたくさんありすぎて、7か月の息子のお昼寝中にワーッとすごい勢いで手紙を書いてしまいました。ポストに投函するまで、何だか昨年あった、あれこれの感情が蘇ってきて、テンションがかなり上がっていました。

 あの手紙を読まれたKさん、文章から私の熱い(いたい?)オーラで、ヤケドしなかったかしらと、ポストに入れてしまった後で、ちょっと反省していたところでした。

(中略)

 来週から夏休みに突入します。また、楽しい思い出たくさん作りたいですね。
 お元気で!




「コア探し」

 私は子どもとの日常生活の中で歯車が合わなくなったり、Rの本当の気持ちとは裏腹の自己表現をしてくる時の扱いにくさに疲れを感じたり、他の子達と明らかな発達の違いを目の当たりにする時、周りの人が「この子おかしい」と思われてると感じる時...etc.それがあまりに積み重なると心の中で「Rは障害児」という言葉が重く重くのしかかり、堪えることも頑張り続けることも全てがあまりに苦しくて生きていることさえ嫌になることがあります。一旦そんな思いに縛られるともう一度奮起して明るさを取り戻すまでにはとてもとても時間がかかります。 

 阿部先生からは「自閉症じゃないかと疑って悲しんだり苦しんだりすればするほど、Rは自分が生まれてきたことや自分の存在自体を否定されているようで、出せる能力も十分発揮できないよ。自己表現をしにくかったり苦手なこともあるけれど、それはもう個性のうちだと思うことにしようよ」と、何度か私たち(主人と私)の気持ちをもう一度リセットし、もっと肯定的に見れるよう何度も励ましていただきました。が、1歳半検診で、「自閉症かもしれません」と言われたその言葉はなかなか簡単に打ち消すことはできずにいました。天心のバスジャックのワークでもやってみましたが、結果は、自分の中の車掌さえもお手上げで、慰めも平安も得られないままでした。ある日のセッションでそのことを阿部先生にお話したら、そんなときはその思いの「コア探し」をやってみたらとアドバイスいただき、試してみました。

 まだあまり慣れない私が、リードして下さる方もなく一人でやるのは最後まで辿り着けなさそうで不安でしたが、今回はどうにか辿り着けたように思います。

テーマ:Rを自閉症ではないかという疑いから抜けられずにいる思い

 〈Rに障害があると否定できず苦しんでいる思いはどこにいるの?〉
 →《左胸》

 〈どんな感じ?〉
 →《ナイフで刺された7cmくらいの傷で、外見は出血もなくまるで特殊メイクのような醜い傷跡だけが見える。でも中ではその傷を中心に真っ黒な血が身体全体ににじんでいる》

 〈どうしてそんな思いでそこにいるの?〉
 →《体中に流れ込んだその黒い血のせいで、見ること聞くこと感じること五感の全てが過敏に反応し、Rはやっぱり障害児だと結び付けようとする》

 〈どうしてそう言われることになったと思う?〉
 →《傷ついたから。。。自閉症かも知れないと言われてとても苦しかったから》

 〈どうしてそんなにも心配していたの?〉
 →《生まれて間もない頃から、私がRの発達にいちいち気になり、かなり神経質になっていた。正常だろうか大丈夫だろうか?といつも心配していたから》

 〈どうして子どもの能力開発教材をを始めたの?〉
 →自分ではその教材で学んで、胎教からしっかり行い、生まれた後も教材を使って結構真面目にやっていたはずなのにおかしい。先を行くことはあっても、どうして他の子よりも遅れたところがこんなにあるんだろう?胎教も何もしていない子のほうが発達しているのはどうして?定期的に 送られてくる新聞に、天才的なスーパーベビーのことが取り上げられてるのを見ては、「どうして? 私の教材の進め方がおかしいのかな」〜などと、「どうして?」ばかりが頭を巡り、眠れない時期もあるほどだった。そのことで余計に、他の周りの同月齢くらいの子どもたちといちいち神経質なほどに細かなことまで比較するようになった。そうやっては子どもと自分自信を追い込んでいった気がする。

 〈どうしてそう思ったの?〉
 →《いくつか理由はあるが、世に名を残すほどの立派な人になって欲しかった》

 〈どうしてそう思ったの?〉
 →《「すごい!」と人から認められ皆から賞賛を受けたかった》

 〈どうして? 誰を?〉
 →《ギャフンと言わせてやりたかった》

 〈それからどうしたかったの?〉
 →《小さかった頃の私は、親戚や祖母から都合の良い時だけ利用され、あとは影でバカにされる父を見てそう思った》

 〈それでどうしたかったの?〉
 →《みんなを見返して、大好きなお父さんを(お父さんの娘が産んだ孫を通して) 認めさせたかった》

 〈それでどうしたかったの?〉
 →《お父さんがそんな姉妹や母親のもとで育ったなかでの、孤独や悔しさを全部取ってあげたかった》

 〈それでどうしたかったの?〉
 →《いつも苦しみを抱えていた父だったので、いつも何の心配も悔しさもなく、おおらかに笑わせてあげたかった》

 〈それでどうしたかったの?〉
 →《お父さんはこの世に生まれてきて、本当に価値ある掛け替えのない大切な存在だったんだと知って欲しかった》

 〈それでどうしたかたの?〉
 →《生を受けこの世に生まれてきたことを、心から心から喜んで欲しかった》

 〈それでどうしたかたの?〉
 →《いつも幸せでいて欲しかった。それだけでいい》

 〈今どんな気持ち?〉
 →《ゆったりと落ち着いた、それが私の使命だった気がする》

 こんな感じでした。

 コアがわかった直後しばらくは、子どものこともあまり落ち込むことなく、ポジティブな目で見れる日が続きました。つい否定的な思いに乗っ取られて、「Rは自閉症。どうして私たち家族がこんなに苦しまないといけないんだろう。一生ずっとこうなのかな〜」と、いつものデフレスパイラルに入り込みそうになった時は、「曲がりくねって本当に曲がりくねったけど、なんだかそれって、亡くなったお父さんを幸せにしたかったからじゃん!」と言い聞かせます。

 でもそれから少し時間が経った今、それはもう遠〜〜〜い昔のことのようで、コア探しの最後に感じた、あの何とも言えない静寂と安堵はどっかに吹っ飛んでいってしまいました。正直コアを見つけた後も、私から『自閉症』という胸に刻まれた刻印を消すことはできず、相変わらず今も、「Rは自閉症かも」という思いに落しつぶされそうになることがあります。が、私の中の何かはきっとほんのほんの少しだけ前に進んだような気もします。

 コア探しをして自分の心に問いかけると、意識の中では今まで思ったこともないような思いが出てくるので驚きました。実際の意識の中では、能力開発教材を始めた切っ掛けもかなり違うものでした。でも気付いた時からずっと今も本当に後悔しています。 私がいかにRを追い詰めてしまったのかと思うと申し訳なくて申し訳なくて、、、ドン底まで突き落とされてやっと目が覚めました。Rにはいろんな才能があります。でも親としの子どもに対する欲のようなものは一切なくなりました。時間がかかってもRの傷がいつか癒え、Rが、何でもいいので興味のあるやりたいことを見つけて、のびのびと楽しく明るい人生を送ってくれたらと、心から心から願っています。これだけは自信をもって私の心からの思いとして言える気がします。




「魂との出会い」

 少し前のことです。 私の心にとても大きな変化をもたらした1冊の本に出会いました。

 息子Oはあまり他のお子さんたちのように素直に自分の気持ちを自己表現できません。本音とは全く裏腹のことを言ったりやったり、親の気を引こうとしてすることがあまりに遠回りをして訴えてくるために、問題解決の糸口を見つけるまでには(抱っこ法の御陰で随分それはわかり易くなりましたが、それでも・・・)、親の私たちはいつもへとへとです。Oもわかってもらえるまで同じように彼の心はへとへとかも知れませんが・・・。

 ダイレクトに訴えてくれば、もっとすっきり楽にお互い解決できるはずなのに、それが彼の生まれ持っての生きにくさを思わせる個性なのでしょう。なかなかそうはいきません。先生方の御陰でOは随分言葉でも態度でも、心を開いて表現してくれるようになりましたが、親としての修行が足りない私は、まだまだどう付き合っていけばいいのかわからないことが日常茶飯事です。わかってあげたくてもわかってあげられない親の私たちも、親や周りの人たちにわかってもらえない鬱憤を発散できないOも、お互いにイライラし、溜息ばかりの悶々とした日々を過ごしていました(過去形ではなく実は今もそうかもしれません)。

 少しでも子どもを理解してあげられれば・・・、どんな時どんな言葉どんな状況がOの心を孤独にさせるのか、今よりほんの少しでもわかってあげることができればと思い、ある日図書館で、Oと同じように日常生活の中で対話表現が苦手な子どもの気持ちを(本人が)綴った、10歳の男の子の本を読みました。子どもが違えばタイプも違うため、全てを取り入れることはできませんが、その男の子からたくさんのことを教えてもらい、とても大切なプレゼントをもらいました。 

 その本の中でとても印象に残ったことの一つに、その男の子が「現世に生まれてくる前のことを僕はほんの7秒だけ憶えている。生まれてくる前から僕はママとずっと一緒だったんだ。野原のようなところでずっと一緒に遊んでいた。怒ると時々怖いけど、生まれてくる前も今もやっぱりママが一番さ」と綴った箇所がありました。

 私はその言葉を読んだとき、「今はOも私もチャレンジばかりの毎日だけど、私とOはこの世に生まれる前一体どうだったんだろう?」それをとても心で感じたくなりました。

 私は静かに目を閉じて自分の心のずっと深いところに問い掛けてみました。しばらく自分の心を見つめていると・・・。

 とてもふっくらとしたお星様のような形をしたOと、(その星型に比べれば)それは小さくまるい形をした私が見えました。Oのほうがわたしよりもずっとずっと大きく見えました。大きさも完全に逆で顔はよく見えず、身体も今のOと私ではないのです。魂とでも言ったらいいのでしょうか。でもそれは確かに私たちでした。そのお星様のようなOは一時たりとも私から離れることはなく、いつもいつもピッタリ私のそばにいました。そのまるい小さな私が元気がなくなったり怯えたりし始めると、星型をしたOは、前になったり後ろに来たりして、ずっと私のそばで私を励ましている感じでした。星型のOが小さな私を常に守ってくれているようでした。そしてその二人はそれは仲が良くて楽しそうで、お互い本当に特別な存在のように見えました。

 確かに32年も先にこの世に生を受け、3歳のOに比べればおとなの私は当然身体も大きく、この世で生きる上での経験も年数分だけは多目です。今の段階では大きくてあらゆる面で強い私のほうが、ついつい親のペースを崩したくないために、子どもの意思を尊重してあげられていないこともしばしばです。でももしかしたら魂のレベルでは、Oの方がずっとずっと立派で大きな存在なのかもしれません。前世と同じようにずっとそばにいて、弱々しい私を守りながら幸せにしてくれるために、そしてこの現世での私の魂の成長を後押しするために来てくれたのかもしれません。Oは私の子どもとして生まれてきてくれるために、ずっと待っていてくれような気がします。 

 そう感じたとき、ただひたすら「ありがとう。生まれる前もこうして現世でも、ずっとずっと私のそばにいてくれてありがとう。Oは私にとって本当にかけがえのない大切な大切な存在だよ・・・」と、感謝の気持ちでいっぱいになりました。そしてOを抱っこし、泣きながら何度も何度もありがとうと伝えました。Oは私の「ありがとう」をしっかり心で受け止めてくれたようでした。そのことでOと私はまた少し前進できたように思います。きっとこの魂との出逢いが切っ掛けの一つになった気がするのですが、私は前より少しだけ、今まで音声では聞こえていても心に届かなかったOの言葉を、心の耳で聞いてあげられるようになってきた・・・そんな自分に最近気付きました。それとこれまでのように気分的にダウンしそうになると、その星型のOと守られている小さな私の特別な関係を、静かに目を閉じて思い出すようにしています。 

 天心や抱っこを知ることが出来た御陰で、自分の心を見つめ、心に問い掛けるということが少しずつできるようになってきました。阿部先生をはじめ和く輪く舎の皆さんが、いつもあたたかく励ましながら御指導下さることをとても感謝しています。


TOP
 体験談「項目」へ  HOME