←HOME

 幼児期の気がかり
引っ込み思案・激しい人見知り・吃音 


    「ぼくにげちゃうよ」  「保育園でボーっとする」 
「幼稚園で食べないし、トイレにもいかない」 「これでいいのか迷いながらの抱っこ法」 「抱っこでお話ししてみました」  「心がつながった実感」

「ぼくにげちゃうよ」

 2月の中頃でしたでしょうか。6歳のSとの不思議な時間というか、かかわりがありました。幼稚園を卒園間近にひかえた6歳2ヵ月のSは、初対面の相手でも、その人や家のものを、好奇心から、かってに触ってしまうのです。何度注意してもなかなか治らず、困っていました(他のことは、特に問題なく優しく素直で明るい子に育ってくれているのですが…)。

 その日も近所のお宅に伺ったとき、何のことわりもなく、勝手に郵便ポストを開けたり、庭に入りこんだりしていたので、「ちゃんと、『これ触ってもいいですか?』と、たずねてからでしょ!!」と、きつく言いました。うちにもどるまでの間、「お母さんが、そういうふうに教えてくれなかったから悪いんだ」とか「ぼくなんか生まれて来ないほうが良かったの?」とか「せっかくお母さんのところに生まれて来てあげたのに」と、言いながら、思いきり私のことをたたいたり、けったりしていました。

 うちについた後、しばらくしてカチャッと、門の閉まる音が聞こえたので、見に行くと、Sが一人で、出て行こうとしていました。1〜2m後ろからついて行くと、「着いてくるな」「ぼくは、家出するんだ」「家出して、お腹が空いて、他の人のもの何も触れずに食べずに死んでしまうんだ」と言うので、私は、「Sくんが、家出なんかしたらいやだよ」「大事なかわいいSくんなのに」と言いました。「ついてくるな」「こっちへ来るな」と、言いながら、そっぽを向いたり、こわい目で、私をにらみつけたりしたり、数メートル歩いては止まったりしていました。「Sくんのつらい気持ち、ほっとかれへん。お母さんそばにおるから」と言い、やはり、数メートルの間隔を開けて、立ち止まっていることが10分くらい続いたでしょうか。向うに歩いて行きかけたSが、私の方を振り返り、一瞬、ものすごい形相で、にらみつけました。そして、私の方へ突進してくるので、「なぐられる」と、身構えました。ところがSは、そのまま、私に抱きついて来たのです。ほんの少しの間、静かに泣き、その後はケロッとして、私に抱かれたまま、甘え
ながら家にもどったのです。

 子どもと過ごしていると、迷いながらの判断が多いのですが、抱っこの先生方に、「つらい気持ちのまま、放っておくのではなく、その気持ちに寄りそってやる」ことを、教えていただいていたので、おかげ様で、こんな体験ができました。ありがとうございました。

 4歳3ヶ月になるTは、最近、自分の方から、発話というのでしょうか、いろんなことを話しかけてくるようになりました。4歳過ぎまでは、こちらが言うことのオウム返しだけだったのが、幼稚園の発表会で自信をつけ、何やら、一生懸命話しかけてきます。発音が、あまり上手でなく、私以外の人には、なかなか理解してもらえないのですが…。先日、保健婦さんの勧めで、言葉のリハビリの先生にお会いしたところ、「理解力が2歳代だ」と言われました。理解力がないから足りないから、発音がおぼつかないのも無理はない、日常生活の中で、今まで以上にもっと話しかけるように、と指導を受けました。少しショックでしたが、ずっと以前から、抱っこの先生方や、仲間たちから、「トモくんは大丈夫。優しくて、いい子だし言葉の方もきっと大丈夫だよ」と、励ましてもらっていたので、その先生のご意見はほんの少しだけ、参考にさせてもらうことにします。

 だって、Tの最近の理解力の進歩の目ざましさは、ちゃんとわかっています。1ヶ月前に、保健婦さんと面接したときに「これは何色?」とか、「どっちが長い?高い?大きい?」などという質問に、全く答えられなかった(怒って、答えようともしなかった)Tが、この日には、とても頑張ったのです。1ヶ月前のように怒ることもなく投げ出すこともなく、言葉の質問、ひとつひとつに、「わかんない」「これ、ないよ」と言いながらも、最後までつきあえたのです。途中、一度だけ、「もう、イヤだ」というように私の肩をさわりましたが、ゲーム感覚で楽しむように、先生の質問に答えていたのです。Tは、えらかったです。何が2歳代の理解力よ。Tは、何でもちゃんとわかっています。おそらく、舌の都合もあって、口があまり開かず、発音しにくいだけなのです。幼稚園の担任の先生も(3月末で退職されましたが)、ちゃんとTのことを理解してくれていて、Tなりにとても進歩していると、教えて下さっています。

 歩き出すのも1歳7ヶ月、と、ゆっくりでした。Tは人よりかなりゆっくりかもしれませんが、ちゃんと何でも上手にできるようになっています。

 今のところ、舌小帯を切る、という選択はしたくないので、それによる体のこわ張りをほぐしてやりながら、鷲尾先生に教えていただいた方法で、Tと接して行きます。舌っ足らずで、友達の「トモくん、赤ちゃんみたい」ーも、Tの明るいパワーではね返してやります。

 そのまんまのTを認め、夫の「お母ちゃんが、Sばかり話しかけて、Tに話しかけないから、こうなったんだ」という非難にも「そしたらお父さんが、私の足りない分も、Tに話しかけてやってよ」と言い返し、かわいいTと楽しく過ごしていくぞ、と決意しています。上の子とちがって、反抗的で、なかなか私の思い通りにならず、イライラさせられていたTを、「心からかわいい」と気づかせてもらったのが抱っこ法でした。これからもできる限りお手伝いをさせていただきたいし、私自身を癒すために、お世話になりますが、どうか、よろしくお願いします。とりとめのない文になりましたが、近況報告でした。



「保育園でボーっとする」

〈第1信〉

 こんにちは。もうすぐ5歳になる長男のことで悩んでいます。昨年下の子が生まれ、私は現在育児休暇中です。来年の4月から復職する予定です。

 長男は、1歳から保育園に預けていますが、保育園ではよく「食事の食べが悪い」「活動中や給食中によくボーっとする」「字をよく読むが、字より絵を描かせて」といわれてきました。それでも去年あたりから、お遊戯会にも喜んで参加するようになり、運動会でもほかのお友達と混じってがんばれるようになり、初めのころこそ「どうしてみんなと同じようにできないのだろう?」とあせっていましたが、だんだんこの子なりの成長を喜べるようになってきました。長男も、去年は保育園の担任の先生が大好きだったようで、よく、私を呼ぼうとしてその先生の名前を間違って呼んでしまうほどでした。

 しかし、今年度に入ってからまた「朝から帰るときまでボーっとしている」「リュックのしたくも何もしないで、歌を歌ったりテレビアニメのことをはなしている。夜は早く寝かせているのか?ビデオの見せすぎではないか?字ばっかり読んで、公文式でもやっているのか?」等々、私たちにはまったく考えもつかないことばかり言われ、特に私は保育園のお迎えに行くのが恐怖の時間になってしまいました。

 そのころ、家では私たちも、下の子が生まれたのでそちらに手がかかる分フォローしてあげなくちゃ、と一緒に遊んだりお散歩に言ったりといろいろ気を使ってきたつもりでした。その反面、もう年長さんだから、朝おきたら、顔洗い、歯磨き、着替え、朝ごはん・・・自分でやらせなきゃ!とがんばらせ、家では前よりずっと成長したように見えていました。

 今思えば、下の子が生まれて不安だったのに、お利口に見せかけていたのだと思います。年度が変わって環境の変化がきっかけで、出てきた症状なのかな?と。赤ちゃん返りなのかな?とか。

 悩んでいる最中、知人からずっと以前もらった阿部先生の抱っこ法の本のことを思い出し、読んでみて、悩んだ末に自分で実践してみました。SOSのサインが、長男の行動に当てはまることばかりだったのです。

 2回ほどやってみましたが、やはり激しく抵抗されました。1回目、抵抗されてもがんばって抱っこし続け、聞いてみましたが、そのうち泣き疲れてしまったようで、問いかけに対して「うん、うん」とうなずくだけで、自分から訴えることなく寝てしまいました。2回目、あれだけ抵抗してきたのでもういやだろうな、と思っていたのですが、夜、寝る前、なかなか寝付けないようすだったので「どうしたの?」と聞くと、「下の部屋でお母さんと2人で寝たい」といいました。私の勝手な解釈でお話がしたいの?と聞くと返事がなかったのですが、そこで抱っこしてみました。やはり激しく抵抗され、「おりる〜」「お父さんとこいく〜」「くるしい〜」といいましたが抱っこし続けました。でも、1回目と同様、なかなか視線が合わず、そのうち大好きなアニメの「トムとジェリー」の話をしだしてしまいました。最後は「保育園がいやだ」というところに落ち着いたように見えましたが、今度はお父さんとお話ししたいというのでバトンタッチしました。お父さんは抱っこ法を詳しくは知らないので隣に座って聞いていたようですが、保育園の先生がすぐ怒るので嫌い、という話をしていたようです。

 このまま、私のやり方で抱っこを続けていていいものかどうか、悩んでいます。ただ、わたしが手応えとして感じているのは、あれだけ離してくれと泣き喚いた割には、あとで何事もなかったかのようにしていることです。でも、なかなか本音というものは聞けないものだと感じています。近くに援助してくださる方がいれば、お伺いしたいです。


〈第2信〉

 メールの返事をいただき、ありがとうございました。本音が感じられるようになるまで、信じてやっていこうと思いました。

 先日初めてメールさせてもらったときには、家での様子に変わりなかったのですが、あれから家でもすごくわがままを言うようになりました。我慢せずに本音が聞けるようになった、と思いうれしい反面、こちらが参ってしまいます。

 今、保育園のお迎えは私が行っているのですが、帰り道、「こっちの道を通って!」それが通らないと、怒る怒る。「クリームソーダのジュースが飲みたい」といい、近くの自販機になかったので違うのにしてといっても、やだ!やだ!といって、助手席で暴れます。

 昨日は、病院にいってからでないと帰らない、と言い張ります。じゃあ一度診てもらおうか、と連れて行きました。下の子を抱っこしていたのですが、僕も抱っこ、というので、2人抱っこするからおいで、といっても「僕だけ〜〜」と怒るし、診察室に入るときにもそんな感じで一苦労でした。昨日は保育園の前で、初めて「行きたくない」と抵抗した、と主人が行っていました。今朝は、体操服に着替えるとき「行きたくない」とぽろぽろ泣いて、「給食がいやなの」と言いました。

 徐々に「いや」と言う気持ちが表れているととらえれば、私たちの考えている方向に間違いはないのでしょうか・・・。長い目で見れば、ひとつの成長と言っていいのかな・・・。と、毎日毎日心が揺れています。


〈第3信〉

 保育園では相変わらずみんなと一緒にできないことがほとんどで、園長先生と一緒に活動しています。先日給食の様子を見に行きましたが、「給食はいや〜〜」と、一人したくもせずに床にしゃがみこんでいました。園長先生が「今日はお母さんが見ててくれるから、がんばって食べるか」というとしぶしぶ動き出し、みんなと一緒のところで食べました。私のほうにちらちらと視線を送りながら。後半は園長先生に食べさせてもらっていましたが、それまでみんなのところでは食べることができずに、廊下とか別の部屋で食べていたとのことだったので、「案外しっかり食べてるな」と思いました。

 抱っこ法の本を何冊か読ませてもらっていくうちに、いい子にしようと育ててきたつもりはないけれども、知らず知らずのうち、泣かせないように怒らせないように、と親のほうが先回りして、この子の学ぶ機会を奪っていたんだなあ、と気づきました。そのような話を園長先生にしましたら、「そうだねえ、大事に育てすぎちゃったんだね」と言われ、まったくそのとおりだと思いました。

 「抱っこ法」って、何も特別なことではなく、考えてみれば当たり前のことなのに、自分の子をいざ目の前にすると、気づかなかったんです。そのことに気づかせてもらえて、本当によかったと思います。


〈第4信〉

 援助者の連絡先を教えてくださりありがとうございました。お礼の返事が遅くなって申し訳ありません。

 長男のほうは、保育園ではまだまだ集団の中に入れないこともありますが、今までできなかった給食後の歯磨きや、嫌がっていたお散歩にも行けるようになってきました。お迎えに行くと、前のようにベットに寝ているというようなことはなく、みんなと一緒に何か活動していたり、できなくても何かやって遊んでいたりします。

 うれしいのは、帰るときに友達から長男に「バイバイ!!」「ぼくのおうちにあそびにきてよ!」などと、声をかけてもらえるようになったことです。こんなわがままな子なのに仲良くしてくれているお友達がいることが、本当にありがたいです。

 あれから、まだまだ悩んだり、落ち込んだり、人のせいにしてみたり、いろんな本を読んで考え込んでしまったり・・・という毎日ですが、ひとつ、思ったのは、私自身がもっと自立したおとなになる努力をしよう、ということです。

 目先のことばかりを気にしたり、人の言うことを気にしすぎたりするのは、自分に自信がない=自分が好きになれない、ということじゃないかな?と。そういう態度が一番、子どもに伝わってしまうんですよね。そういう自分もいていいけれど、子どもをどんなおとなにしてやりたいか、それには、親として何をして、何をしないか、(これが「ボス」になるということなのかな?)考えて過ごさなきゃ、と最近では思うようになりました。

 保育園の先生にも、前は「迷惑をかけてすみません」という気持ちばかりが先にたってしまっていましたが、子どもの表れについて相談しよう、とか、要望も、自分の言葉で伝えよう、と思えるようになってきました。私は時間に余裕があると、考えすぎてしまう傾向があるので、育児以外に自分が打ち込めるものを見つけたほうがいいのかもしれません(仕事以外に・・・)。

 子どもの思いに共感しつつ、自立を促すしつけをしていくのは、自分がそんな風に育ってきていない場合には、本当に難しいことです。時として、共感が甘やかしになってしまったり、しつけが脅迫や怒りに変わったりしていることもあります。でも、常に自分の言動を振り返って、両方のバランスをとっていこうと思います。時には間違えてしまうこともあるかも知れないけれど、それも「バスの乗客の一人」と思って、悪かったことを素直に謝って次に生かしていけばいいのかな?と思います。「こんな風に冷静になってる自分って、えらいじゃん」って、少しずつ思えるようになってきました。自分のことを好きになれない親が子育てしたら、その子どもも自分に自信がもてませんよね。

 今は何とかひとつの壁を乗り越えられそうですが、またこれから先、壁にぶつかったときには、相談させてください。自分のこと、子どものことを冷静にはなかなか見れないので、メールを何度も読ませてもらって、勇気が出ました。本当にありがとうございました。今後も、よろしくお願いします。


〈第5信〉

 その後の子どもの様子ですが、保育園で以前のようにボーっとしていることはほとんどなくなったようです。その代わり、先生や友達の前で、かんしゃくを起こす(たたいたり噛み付いたり…)ようになって困らせているようですが、仲のよいお友達もできて、今のところは元気に行っています。

 家では、早寝早起きを心がけ(月並みですが)、「いや!」とか「えーっ!」といえるような状況を作るようにしています(主人とは、「“小さいハードル”を作る」といっています)。日常の小さいことを我慢できるように励ます、ほんのそれだけのことで、ずいぶん変わってきた気がします。以前は、泣かせないように=いやな気持ちにならないように、と育ててきてしまったので、いつも自分の思いが通ってきてしまったのですね。「毅然とした態度で接する」の本当の意味が、やっとわかってきました。

 同じ年代の子と比べると、まだまだ…と思ってしまうことも正直言ってありますが、「どんなおとなになってもらいたいか」ということを、どんな場面でも頭において接していけばいいかな、と、自分なりにきをつけています。また、相談にのってください。よろしくお願いします。



「幼稚園で食べないし、トイレにもいかない」

〈第1信〉

 初めてお便りします。もうすぐ妊娠8ヵ月で、3才11ヵ月の娘がいます。今年の春から幼稚園へ入園しました。

 娘のことで相談ですが、赤ちゃんの頃から感受性が強く、とても緊張しやすい性格です。改まって声をかけられたり注目されると、心とは裏腹な行動をするタイプで、幼稚園で転んだり、砂をかけられても泣かないで変に我慢してしまうところが多いです。5月から長時間保育で週一回給食、あとはお弁当を持参しているのですが、今までお弁当を食べて来たのが3回だけで、しかも一口だけでした。詳しく言いますと、プチトマト1個食べたのが2回、スイカだけ食べたのが1回で、給食は一度も食べていません。

 理由を聞くと、“皆と食べるのがいや”“家で食べたい”と言います。“別室でひとりなら食べる”と言うので、先生に相談して別室で食べさせてもらおうとした時がありましたが、その時はその部屋に入るのも嫌がり、結局いつもの皆と食べる部屋にも戻れなくなってしまいました。それ以来、お弁当のふたをあけることも出来なくなってしまったようです。

 以前『心を抱きしめると子育てが変わる』の本を読み、“皆と食べるのが不安なんだね。初めての幼稚園でまだ皆と一緒に食べる自信がないんだね。でも、トマトやスイカを食べられたことがあるから、だんだん食べられるようになるから大丈夫だよ”と、抱き締めて時々言うのですが、全く食べられない状態が続いています。4時過ぎまで何も食べないので、フラフラになって帰ってきて、帰宅後お弁当と夕飯を食べ、2食分を一度に食べるのでお腹が痛いなどと言いながら7時前後に寝ています。

 幼稚園の先生には長期戦で見守って行きましょうと言われましたが、皆が美味しそうに食べている間、お腹がすいていて食べたくてもふたをあけることさえできない娘を思うととてもつらく、このまま続くと健康状態も心配です。

 幼稚園では元気に外で遊び、お昼以外は問題がないそうですが、トイレをずっと我慢して、一度も先生に自分から言えず、ずっと我慢するか、我慢できずもらしてしまったことも4〜5回あります。おむつがとれてからほとんど失敗したことはなかったのですが。

 “自分からトイレと言えない。先生に言われても出ないもん”と言うところも気になっています。“どうして初めての幼稚園で○○ちゃん(友達)はお弁当食べられるの?どうして○○ちゃんはおしっこって先生に言えるの?”と不思議そうに聞きます。他の友達のように、先生に甘えたり、転んで血が出ても“ばんそうこうはって”などと自分の意志を伝えることができないようなのです。

 それと、入園前からなのですが、朝起きて私がいないと泣き叫び、大暴れして私を呼びます。最初はすぐに行って抱っこしていたのですが、“一緒に寝て”としつこく言い、“朝御飯の準備があるから台所にいるから安心してね”と声をかけても不安なようで、離れようとすると大泣きして抱きついてきます。“ママがいなくなる、ママがいなくなる”と何かあるごとに泣き叫んでそう言います。3月に切迫流産で一週間入院したことがあり、その時は祖父母の家で預かってもらい、とても聞き分けがよく、おりこうにしていたそうです。

 入院前は入院することをきちんと話し、娘も泣いてはいましたが、頭では何となく理解してくれていたようです。が、退院してから間もなく朝の大泣きが始まった気がします。“入院していた時寂しかったんだね。おりこうにしていたけど、ママがいなくて我慢して大変だったね。これから赤ちゃんが産まれる時はまた入院するけど、入院前にはちゃんと○○ちゃんにお話して、赤ちゃんが産まれたら○○ちゃんの所に帰ってくるから、だまっていなくなったりしないから安心してね”と慰めても朝の大泣きは変わらず、私も朝の忙しい時間にイライラしてしまいます。

 落ち着くまで抱き締めたほうがいいのか、きちんと説明したらあとは放っておいていいのか、どう対処したらいいのか悩んでいます。今、切迫早産で安静を指示され、娘とも外で遊んでやれず、抱っこも座ってどうにか抱っこしている状態です。娘を妊娠中にも切迫早産で2ヵ月以上出産まで入院していました。その頃から娘は心で何かを感じていたのでしょうか。

 朝の大泣きが始まった頃から(だと思いますが)ダダこねがひどく、何ごとにも“嫌だ”と言ってとても反抗的な態度が続いています。何でも変に我慢したり遠慮してしまうところがあり、素直じゃないそぶりや言動を見せる娘の心の奥深くには、私にも気付かない苦しさや悲しみがたくさんあるような気がします。


〈第2信〉

 大泣きやダダこねは子どもにとってとても必要で、良いことなんですね。目からウロコです。幼稚園から帰宅後はいつも不機嫌で特にダダこねがひどく、空腹と眠さと疲れのせいだと思いながらも、私もいらいらして付き合っていました。初めての集団生活でたくさんのストレスを感じ、身が持たなくて、発散させていたんですね。

 家ではできるだけ甘えさせて、たくさん抱きしめてあげようと思い、今日は私もいつもよりおおらかな気持ちで向き合えたように思います。遠慮がちにうれしそうに何回も抱きついてくる娘がとても愛おしかったです。今までも甘えたかったのに、もしかしたらお腹を気にしてとても遠慮していたのかなと感じました。

 また娘が5ヵ月の頃に腰を痛めてしまい、それから抱っこするのも絶えず腰を気にしながらで、すぐおろしていました。そのことが少し気になったので聞いてみると、自分のせいで腰を痛めたんじゃないかと気にしていたようなのです。“○○のせいじゃないんだよ。あの時は変な姿勢をして腰を痛めてしまって、たくさん抱っこできなくてごめんね。座ってだったら大丈夫だから、いつでも抱っこしてあげるよ”と言ったら少しほっとしたようでした。

 私の心の中に、次の子が産まれてからも毎朝大泣きとダダこねがひどい状態が続いたらどうなるのだろう・・・という思いがあり、今のうちに娘を自立させなきゃと突き放そうとしていたのだと思います。でも、突き放そうとすればするほどかえって甘えたり離れなくなったりして逆効果なんですね。あまり先のことは気にせず、今は何より安心して過ごせるような甘えられる環境にしてあげたいと思いました。

 今日はまたうれしい事が一つありました。“幼稚園でトイレ行って来た”と言って帰って来たのです。先生には言えなかったらしく一人で行ったらしいのですが、“えらかったね。よくできたね。”とたくさんたくさん褒めてあげました。

 お弁当はまだ一口も食べられない状態が続いていて、“家で食べたい。ママと一緒に食べたい”と言いながら今日も帰宅後食べていました。健康面では心配ですが、あまり“食べてね”と言うのもかえって本人がプレッシャーになるかと思い、“明日は食べられるといいね”と言うくらいにして、そっと見守っていこうかと思ってます。


〈第3信〉

 大変お世話になります。先月相談した者です。
 幼稚園でお弁当を全く食べられなかった娘ですが、先月半ば頃から、一口、ふた口と食べられるようになり、今月に入って全部食べてくるようになりました。トイレも失敗することはたびたびあるのですが、“○○ちゃんと一緒にトイレ行った”と言うこともあり、徐々に慣れて来たようです。お昼を食べられるようになってから、本人も自信がついたのか“遊ぶ顔つきが変わってきた”と先生にも言われました。色々心配ではありましたが、夏休み前にお昼を食べることができるようになって、園生活も楽しく過ごせることができるようになりました。お陰様でありがとうございました。

 幼稚園からの帰宅後や、朝の大泣き&ダダこねは相変わらずほとんど毎日で、2時間近く泣き叫んで大暴れすることもあります。私も9ヵ月半ばに入り、ついお腹をかばってしまい、少し離れて様子を見ている感じですが、私に少しでも叱られたり、突き放されると感じると、“ママが大好きママが大好き”と大泣きして足にしがみついてきます。まだまだ精神的に不安が強いようで、2番目が産まれるとますます不安定になるのではと心配ですが、“大好きだよ”と言う言葉かけと、抱っこできる時は抱き締めてあげたいと思っています。

 9月からまた幼稚園が始まり,二人目の世話等で多忙になるかと思いますが、なるべく娘が家にいる時は上の子を優先して甘えさせてあげたいと思います。突き放すより、甘えさせることの方が娘にとっては大切なんですね。

 色々と不安は尽きませんが,少しでも良い方向に向くようこれからの時期乗り越えたいと思います。



「これでいいのか迷いながらの抱っこ法」

〈第1信〉

 こんばんは、私には1才9ヶ月の娘がいます。娘は生まれた頃からよく泣く子でした。それもかわいいって感じの泣き方ではなく・・・、今もよく泣いています。泣くというか、すぐに怒るという感じです。ちょっとしたことでも怒るんです。自分がしてほしかったこととちょっと違ったり、食べ物が欲しくてももらえなかったり(おやつ・食事は決まった時間にあげてるんですが、おやつを限りなく欲しがるときもあるんです)、一度怒り出すと、ひたすら泣き叫んでいます。抱っこ法を試してはみるんですが、いまいちわかりません。30分でも泣いています。何がいけないのかさっぱり分からなくて一緒に泣いてしまいたくなります。周りにはわがままだと言われてしまうのも悲しいです。

 もう一つ気になることがあります。それは言葉の発達は早いほうだし、語彙も多いと思うんですが、他人に会うと、あいさつが出来ないんです。もちろん無口になってしまいます。知ってる人なのに、あいさつをどれだけうながしてもしてくれません。それでもしばらく一緒にいれば別れ際にはバイバイは言えてたはずなのに、最近はそれすら言ってくれるとは限りません。

 昔から人見知りが激しく、他の人には絶対に抱っこさせない娘でした。人見知りが少し治まってきたかなと思うと、また急に人見知りしてるのかなと思うときがよくあります。なかなか笑顔も出ないので親としては悲しいです。4月から託児所に行ってるんですが、1ヶ月くらいで慣れてきて、帰り際には先生にバイバイを言っていたのにGWあけから先生にバイバイも言ってくれません。さっさと帰ろうとしてしまうのです。先生にも最近はあんまりしゃべってくれないし、すぐに顔を背けたりしちゃってます、と言われました。

 きっと何か我慢してるんでしょうか?
 思い当たるところで、おっぱいを1才2ヶ月で一応言い聞かせてやめたつもりだったんですが、まだはやかったのかも・・と思い試しに聞いてみましたが、泣き方が変わるとかいうことはわかりませんでした。悩みはつきることがありませんが、とりあえず、上記2点が非常に気になっています。


〈第2信〉

 あれからまた何度か娘が大泣きしたときに抱っこ法試みてみました。何度かやってみましたが、いつも分からず・・・。でも今日はもしかしてちょっと近づけたかもと思うことがありました。

 今日も託児所から帰った後、いつもと同じように夕飯を食べ、主人が帰宅するまで一緒に遊んでいました。その後、パジャマを着せて寝かせようとしたところ(昨日まで風邪をひいていて、入浴は今日までおやすみなので)、服を脱ぐのを嫌がって大変!でした。それでもなんとか脱がせたんですが、パジャマはがんとして、着てくれず、怒り泣きが始まりました。

 なんとか気を静めようと主人と二人で頑張ったんですが泣きやまず、抱っこ法をしてみようと思いました。結局いつもと同じく探せなかったんですが、ひたすらいろいろ聞いてみたい!と思い、主人には席をはずしてもらいました。

 横抱っこは意地でもさせてくれず、でも私のひざに座りたがったので、座らせました。そして、娘はさっき消してしまった電気をつけろつけろと泣くのでつけてみました。娘は泣きながらまた私のひざに座り私の両手を自分のおなかに持っていきました。私はおなかが痛かったの?と聞いてみましたが泣きは激しくなり、どこか痛かった?と聞いても変わらず。じゃぁ・・と思い、おなかの中で真っ暗で恐かった?と聞いたら少し変わったような気がしました。もしかして・・・と思い、真っ暗なおなかの中にいたのに、ママはいつもいらいらして、パパとけんかばっかりして寂しかったんだね?って言うと、泣き方が優しくなりました(そうか、ごめんね、ママいつも怒ってばかりいて一人で真っ暗なおなかの中で寂しかったんだね、それなのに産まれてからもイライラしてばかりで、悲しかったんだね?産まれてきてよかったのか悩んでたのかな?)、という感じで聞いていきました。さらに(産まれてきてくれてありがとう)とも言いました、すると、娘は急にすやすやと寝ていったのです。

 すごくビックリ!しました。たまたま眠かった時間だったのもあるのかもしれませんが。成功したのかどうかは分かりませんが、なんとなく娘に近づけた気がしました。嬉しかったです。

 さて、HP先ほども読んでいましたが、読めば読むほど娘には何かあると感じてしまいます。気がかりな子にしっかり当てはまってしまうんです。すごく悲しいですが、事実をしっかり受け止めて娘を救ってあげたいです。○○市に援助者の方がみえるということですよね。時間があえば、助けて頂きたいのですが、仕事を始めたばかりで平日には時間がとれそうになくて・・。時間がとれそうな時に是非お力をかりたいと思います。その時はよろしくお願いします。


〈第3信〉

 さてさて、娘ですが・・・、今週からちょっと変わってきた気がします。先週、出産前に寂しかったんだねって話をした後、ふと、そういえば最近託児所に頑張って行ってることほめてあげてなかったなと思い出して(事後のねぎらいっていうのですかね?)、行きだしたころは一応頑張ったねって言うようにはしてたんでしけど、最近慣れてきたかなって思うようになって忘れてしまってました。ひょっとしたらその寂しさもあるかもと思い、抱っこ法ではないのですが、寝かし付けてるときに隣で今日も一日頑張ったね、寂しいよね、ごめんねなどと語りかけてみるようにしました。明日もよろしくね、とちゃんとお願いしたりもして。

 それがよかったのか、今週になって託児所でたくさんお話するようになりました。さらに前は帰りの車でよくぐずっていたのにぐずらないでCDにあわせて大きな声で歌ったり。家についてからもべったりだったのが一人でよく遊び、ご飯ばかりせがむこともなくなりました。こんなに急に変わられるとまた何か我慢してるんじゃないか、頑張りすぎてないか心配になるんですが。とにかくうれしいです。これからも語りかけ続けようと思います。

 まだあれこれ悩むことはありますが、気長に見守りたいと思います。では、またいい報告できるように頑張ります!



「抱っこでお話ししてみました」

 阿部さま
 こんにちは。
 お返事をありがとうございます。
 手違いがあったとのこと、お知らせありがとうございます。なにかまずいことを書いてしまったかしら・・・と気になっておりましたのでほっとしました。

 本を読んで、ほんとうに抱っこ法っていいなーって感じました。みんなこんな風に子どもと向き合えたら、子どもに対する不安や心配がずいぶん減るでしょうね。

 本やHPを参考にして、自分でも2歳4か月の息子に抱っこでお話をしてみました。1週間ほどかけ2、3回したところで、表面の気持ちがほぐれた様子で、だいぶ変わりました。まず、よく笑うようになりました。赤ちゃんのときからあまり泣かない子なので、助かるなと思っていましたが、実は泣かせない育児をしていたのだと、そのとき初めて感じました。

 そして少し甘えん坊になりました。でも保育園で「お兄さんは泣かない」雰囲気があり、なにかと「ぼく泣かないもん」とがんばっていた気持ちが、ちょっとゆるいだふうです。「泣いていいよ」というと「泣いてもいいの?」と何度もきくのです。毎日毎日、がんばっているのだな、と改めて感じました。

 それから、体がやわらかくなったのです。よく全身を突っ張っる子なのですが、抱っこでお話しして一泣きしたあとは、ぐにゃーって体がやわらかくなっています。子どもの体がやわらかい、というのはこういうことなの?ととても驚きました。

 歯磨きもお風呂もおむつ替えも、いろんなことがスムーズになりました。抵抗しても、「そうかそうか」とひっぱりっこなどしながら、話をするとすんなりと。本当に本にあるとおりで感動しています。

 とはいえ、日々、我慢はたまっていくのですね。少したまって、少しゆるめて・・・とやっていくのがいいのかしら、と思っています。

 夏休みなどあり、9月以降に相談に伺いたいと考えています。仕事をしているので、土曜日にお願いすることになります。そのときはよろしくお願いいたします。



「心がつながった実感」

 Tです、娘のKとの抱っこ法でお世話になっております。先日は予約をキャンセルする事になってしまい、申しわけありませんでした。

 キャンセルした直後、こんなことがありました。なんとなく駄々っ子になる事が多くなった気がして、私なりに抱っこしてみました。30分ぐらい格闘しても収まらず、また的が外れているような感じがしていて、さあどうしたものか・・と途方に暮れそうになったその時、ふっと頭に浮かんできた事があり、

「Kはママを助けにママの所に生まれてきてくれたの?」

と聞いてみたら、パッと目を開けたと思ったら突然大粒の涙を流しながら力を抜き泣き出しました!! それまでは目をつぶったまま、凄い力でのけぞって殆ど涙は流さず泣いていたのに・・・(いつもこんな感じで家での抱っこは、納得いかないまま終わっちゃっていました)。前々から気になっていた「ごめんね、ごめんね」というのも、ママを助けてあげられてないからと感じていたらしいのです。暫くの間、やっと解って嬉しかったのと、気づいてあげれなくて申し訳なくて二人でワンワン泣いていました。Kはすっきりしたようで(勿論私も!)、初めて2人だけの抱っこで手ごたえ(?)がありました(その後ごめんね、ごめんねは殆ど気にならなくなりました)。

 これがきっかけで私自身、娘への接し方が変われたような気がします、まだまだですが・・・。まだ3才になっていないのにこんなに私の事を思ってくれるなんて・・・とても嬉しい反面、こんな小さい子にそんな心配をかけてしまう自分の不甲斐なさが嫌で嫌でたまりませんでした。でもここで気づく事が出来て本当によかったと思います。

 先程、暫く収まっていた夜の寝呆けがあり(以前のような夜驚のようではなくなりましたが)、芳子先生に教えてもらったように暴れても放さないように抱っこしていました。寝呆けると何をやっても駄目で、ある程度騒いでからおっぱいを飲むまで収まらないのですが、今日は何となく途中から思い当たる事を話しかけてみました。キーワードがヒットすると言葉が返ってきました(不安なの?と聞くと不安と言うように)、がすぐ元の状態に戻ってしまいます。

 実は昨日、引っ越し先のマンションの内覧会で、体力の無い私は疲れがとれず、今日1日ダウンしていました。もしや、と思い「ママが具合悪いから心配なの?」と聞いてみたらこれがジャストミート!! のけぞったり抱っこから降りようとするのを止めて力を抜きました。そこで「具合が悪いんじゃなくて疲れちゃったの。ママは小さい時からすぐ疲れちゃってすぐペタンと座っちゃったり・・・」と話しかけたら、突然ニコニコしながら「ペタンってぇ〜」としらふ(?)になりました!そのまま何故疲れちゃったのか一通り説明したら、ガクンと重くなり納得したかのように寝息をたてはじめました。芳子先生、これが抱っこなんですよね?嬉しくって芳子先生に報告したくて・・・!!

 この子がわたしの所に生まれてきてくれて、改めて心の底から感謝の気持ちが湧いてきました。まだ小さいのにこんなにも優しくて、私自身とても恥ずかしい気持ちでいっぱいです。この子の為にもいい意味で変わりたい、落ち着きたいと心から思っています。

 そもそもの「どもり」ですが、一進一退です。相談に伺う前の呼吸困難状態になることは無くなりましたが、まだですね。先週ホメオパシーで処方していただいたものがやっとヒットしたらしく、ここ一週間は突然よくなりつつあります(またちょっと酷くなり始めていたのが、飲みだした翌日から突然収まったんです・・・)。きっと抱っこやホメオパシーや私と娘の関係など色々な事がここ最近重なり、やっといい方向に向かいだしたような気がします。

 私は「どもり・吃音」について、周りに吃音の方が居なかった事もあり考えた事・意識した事が全くありませんでしたが娘のどもりを経験して、本人も家族もこんなに辛い事はないと感じています。まだ2才だった娘曰く「苦しい・・・!!」と言っていました。病気ではないのですが「心の叫び」が「どもり」として現れるのですね。「夜驚」については私自身幼少の頃経験があるのでよく解るのですが、何故か分からないけどとにかく「怖い」んです。これもある意味「心の叫び」ですよね。娘はダブルなのでとても見ていて可哀相です・・・。言葉が出てこなくて、口に手を入れてよだれを流して苦しんでる娘の姿が今でも目に脳裏に浮かんできて辛いです・・・。

 でも私が今気づけたので、なんとかここでくい止めたいのです!!(私が知ってるだけで「夜驚」に関しては「親子3代」なんです・・・) 父もそうでしたがヒステリックになる事が多く、周りはたまったものじゃないですよね。でもそうなると自分でも止められなくなってしまうのです・・・そんな私を見ていれば子どもは「恐怖」ですよね・・・私もそうでした・・・私の為に娘に辛い思いをさせたくないのです!! まだまだ道のりは長いですが「肝っ玉かあさん」目指して精神的にどっしりと落ち着きのある人間になりたいです。頑張ります。

 娘のKですが、最近「Kはね、ママが大好きなんだよ!」とよく言ってくれます、突然。とても嬉しいです、でもほんと「突然どうしたの?」というくらい唐突に言うのでちょっとビックリしてしまう事も。あの抱っこ以来言うようになったので何かのサインみたいな気がしています。子どもに「ママ大好き!」って言ってもらうのって、すっごく嬉しいし幸せな気持ちです!! そういえば、私は親に言った記憶はないし、親から言われても素直に納得出来ず嬉しくなかったんです・・・。

 娘から色々な事を気付かされます。私の夢だった「幸せな家庭」をつくる為にも、これからも頑張ります!!

 寒くなってきましたからお風邪など召しませんよう・・・
 長くなってすみません、では (*^−^*)


TOP
 体験談「項目」へ  HOME