←HOME

 学童期以降の気がかり 

「ぼく、成長したみたい」  「心の場所」  「息子の気持ちをキャッチし寄り添えた」  「三人の命を守ってきた」 
「ひととき」  「Aの自立」 「反抗期の出来事」 「反抗期にうまく入れそう」 
「安心がたまる」  「抱っこの後で」  「どっちが親?」  「まーだまだ現役です!」 
「気持ちを伝える」 「抱っこ法の研修会に参加しました」 「新刊が届いて」  「心配だよぉぉぉぉぉ」

「ぼく、成長したみたい」

 Tちゃんが一年生になった頃から落ち着かないとか、かっとして乱暴し、言葉でもひどいことを言うとかが目立ってきて、心配したお母さん(あーちゃん)が癒しの抱っこの指導を受けに和く輪く舎に来られた。本来はやさしくて人なつっこく、でも以前から怖がりで、不安になりやすい方だったという。

 相談1回目、弟が生まれてさみしかった思いを慰めて、いっぱい怒って泣いた。そしてお母さんに「赤ちゃんが生まれてからだって、いつでもずっと大好きだったよ」「T、大好き」といっぱい言ってもらって。ちょっとほっとしたようす。でも膝から降りたら途端にお母さんに乱暴する。ついやってしまうという感じでなく、わかっていてやるようにみえた。そこでもう一度抱っこして、「自分で自分を粗末にするんじゃない」という励ましをして終わる。

 2回目、この間ついかっとなってやってしまった時に、この間言われて「自分を粗末にするんじゃない」という言葉を思い出して、しゅんとしていたという。この日はやはり弟のことで慰めたが、「ぼくはじゃまだ」という言葉に強く反応して怒って泣いていた。「ぼくのこと好きって聞いてごらん」と励まして、お母さんに聞けてほっとして終わる。

 3回目、前回からときどき、お母さんを引っ張っていって2人きりになり、「ぼくのこと好き?」と聞き、「大好きだよ」とおかあさんが答えて抱きしめると、とってもうれしそうにして、「このことI(弟)には内緒だよ」と言っていたという。だいぶ落ち着いてきていたので、お母さんも安心してきていたのだけれど、久しぶりに絵の教室に行ったら、ちょっとしたことで乱暴が出てしまった。もうすぐ2学期も始まるし、「時間はかかりますよね」と言いながらもお母さんは不安そう。この日は、T大好きだよというそばから、弟が割り込んでくるのを許してしまっていた日常がわかった。Tに向き合うときは弟に割り込ませない、と言う約束をお母さんにしてもらって終わる。

お母さんからの手紙(8月27日)
 今日はありがとうございました。相談室のマンションを出た後、「あーちゃん、ぼくのこと抱っこしたい?」「したいよ」「今?」「今、しちゃおうか」「うちに帰ってから、思いっきりしていいよ」と嬉しそう。
 照れ屋の彼は、抱っこ法が終わって二人きりになると、とても素直に、かわいい子になります。
T「きょうもホントのこと(自分に)聞けてよかった?」
T「オレ、だんだんあーちゃんのこと好きになってきた」
母「ヤッター!!」

 コレ、錦糸町の駅に着くまでの会話です。アー、私こそ、だんだん、Tのことが好きになってきて嬉しいです。もちろん、今までも愛していましたが、ちょっと、ちがう感じなのです。安心して踏み込める、というか、彼の心に介入していって、近づいている気がします。でも、まだまだ彼の心はかたい。なにか、隠れているようでなんだか、わからないものがある。もっともっと、Tと二人で、Tの本当の心に近づきたい。

 Tは、赤ちゃんの時から気難しくてすぐ怒って大変でした。小袋から取り出したクッキーが割れていると、いつも泣いて怒って食べませんでした。だから、袋から出すとき、みんな、はらはらしたほどです。

 保育園の参観日でも、いつも泣いて、怒っていました。そんな彼に付き合っていて、私は、とても疲れました。子育てって大変!と思っていた(と、今にして思います)。ところが次男のIは、かなりのわんぱくですが、泣いてもすぐに機嫌が直り、人なつっこい。私はとてもホッとしたし、母としての自信と余裕を彼は私にくれました。そんなIと母の間に通い合うものをTは敏感に感じ、シットしていたのだと思います。

 小学校に入学してから、いろんなことが明らかになってきました。ちょっと気にくわないことがあると、カッとなって先生になぐりかかり、「おまえなんか死ね! うるせえ!」と、もう止まらなくなってしまう。友達にも手を出す。授業は中断してしまうし、先生はTにかかりきりになってしまう。すぐにあきてしまって、授業中座っていられない。自分ができないと思うことは最初からやろうとしない……う、一学期は毎日のようにトラブル続きでした。

 でも、担任の先生はTの優しさや、他の子にない彼の良さを見つけてくれます。虫を追いかけている生き生きとしてTの輝きを愛してくれ、無理に席に座らせる指導に疑問や悩みを感じると涙ぐんでくれます。Tのために、どうしたら一番いいのか、一緒に考えたい、と言ってくれます。

 今は、暗中模索で、前途は厳しいな、と思います。でも、抱っこ法に来てTと私の心が近づいていることが、今は大きな希望です。たくさん大好きを伝えあって、みんなに支えてもらいながら、乗り越えていける力が、私たちにきつとあると信じています。支えてくださって、とても心強いです。どうぞこれからもよろしくお願いいたします。

 帰宅後、思わず書きつづりましたが、乱筆で読みにくかった思います。申し訳ありません。残暑厳しき折、どうぞお身体大切になさってください。


お母さんからの手紙(9月4日)

 9月に入っても、蒸し暑い日が続いておりますが、お元気でいらっしゃいますか。2月期が始まり、4日たちました。Tはとても順調な滑り出しです。先生のお話によると、ニコニコして、表情がとても和らいでいるそうです。特別問題になる事もなく、お友だちとも、仲良くやっているそうです。授業も一生懸命やろうとしている様子で、先生も感心してくれています(途中であきてしまうことはよくあるようですが)。

 1学期から嫌がっている日直や、給食当番は、やはりできないそうですが、それでも、先生が仕向けてくれた、日直の手伝いや、給食当番の人の配膳をやっているそうです。

 実は、今日は、ご報告したいことがありました。今朝のことです。漢字の宿題をやろう、と誘うと強く抵抗しました。「やらない! 絶対やらない!」「どうして?」「漢字キライ、やりたくない!」どんどん荒々しくなっていくので、抱っこをしました。「勉強キライ。無理にやらされるから」「やりたくないのにガマンしてやっているんだね。カッとしないで頑張っているよね。よくやっているね」などと、話しかけていくと、暴れて泣いていました。しばらくして落ち着いたので、宿題のことはまあいいやと思って離したら、「宿題やるから、見てて」と言って、自分の机でやり始めました。けっこう楽しそうにやり終えると、晴れ晴れして、すっかり元気になってしまいました。スゴーイ!!と私はびっくりしています。

 今日はこのことお知らせしたくてお手紙を書いた次第です。
 Tは、阿部先生がおっしゃった『「いまはTくんの時間」って、その時は弟が泣いて寄ってきてもさえぎって、Tくんを抱っこするように』というのがとても気に入って、『あれ、やろう!』と私を誘います。今日おかしかったのは、『「I、いいよ」って代わってあげると作戦どおりでしょ。ウソだよー』って言ったことです。これ、先生が『そうしていると、泣いているIくんがかわいそうになって、「今度はIくんを抱っこしていいよ」て言えるようになる』とおっしゃったことを、ちゃんと聞いているのですね。オドロキでおかしかったです。

 でもTは、明らかに安心してきているんです。私は今まで、Tに対しての方が、費やす時間も、気持ちも、ずっと多かったのに、Tの求めているものにうまくつながっていなくて、Tは不満だったのですね。私がTにつらい思いをさせてきたと思うと、かわいそうです。Tがサインを出してくれて、抱っこ法にに来て、本当によかった思います。Tの前でお話しすると、彼はいやがるので、お手紙に書かせていただきました。
 それでは次回、お伺いする日を楽しみにしています。どうぞよろしくお願いします。


その後のこと・お母さんの手紙(1月6日)

 あけましておめでとうございます。日ざしが暖かいお正月で、子どもたちはコートも着ないで、ポケモンの凧を手に走り回っていました。先生方もよい新年をお迎えのこととお喜び申し上げます。どうぞ今年もよろしくお願いいたします。

 Tは相変わらずよい調子です。急にカーッとなる事もず一っと少なくなりました。宿題やちょっとやりたくない事でも、誘うと「うん、そうだね」とやれることが多くなりました。以前は「絶対やらない!」と言うと、本当に絶対拒否し、抵抗し、混乱し、もうウンザリでした(今は私の方も、しっかり受け止めてやれぱ、自分でちゃんと混乱から立ち直れると分かっているので、「おっ! 来た来た。もっと怒っていいよ」という感じで、少々の事じゃウンザリしなくなりました)。

 それから、嬉しいことは、弟にやさしくなったことです。もちろん、大きな声を出したり、派手なけんかもありますが、ずいぶん相手の事も考えられるようになりました。

 きょうは、こんな事がありました。配達された年賀状のなかに、弟のIが待っていたお友だちからの年賀状がありません(兄のまねして書いた年賀状をお友だちの家に届けました。書く事がうれしかったのだとおもった私は相手のお母さんに“返事はいいのよ”と言ってしまったんです)。
 「まいちゃんからきてない。あ一ちゃん(母である私のこと)のせいだ」と涙をぽろぽろ流しています。私はそばで一生懸命慰めていました。すると、隣の部屋から「あ一ちゃん、ちょっときて」とTが呼びます。「ぽくとあ一ちゃんでIに年賀状を出してやろうよ」という提案で、1枚ずつ年賀状を書き「・・・Iさま」と宛名も書きました。「はい、あ一ちゃんと兄ちゃんからの年賀状。Iちゃん、今年もよろしくね。」と渡すと、たちまちニコニコ。「ねっ! 作戦大成功!」とT。こんなやさしさを見せてくれると、本当に嬉しくなってしまいます。

 それから、12月の半ばの出来事で、ご報告したい事があります。担任の先生から「T君がピアニカを全然やらないんです。苦手のようなんですが、他にもできない子もいるし、練習すれば大丈夫、と誘うんですが……」というお話がありました。“みんなのようにはできないし、ほくはやらないんだ。”と頑なな思い込みにはまってしまったように思えました。

 でも、みんながやっている時間、参加しないでいるのって辛いはずですよね。家でなんとかしてやりたい、と思いピアニカを持ち帰らせてもらう事にしました。
T「児童朝会で1年生がピアニカ吹くんたけど、才レはやらないからいいんだ」
母「できない!やりたくない!嫌だ!っていっぱい言つていいよ。やりたくない!って大きな声でいいながらやってみようか」
と言うと、すんなりピアニカのふたを開いて、落ち着いた様子で練習を始めました。曲は「きらきら星」だったのですが、1回やるごとにどんどん上手になっていくんです。自分でも意外だったのでしょう、熱が入って何度も何度もやりました。父親や祖母にも聴かせ、できるようになった嬉しさがあふれていました。「児童朝会におかあさんが来てもいいんだよ」なんてお誘いまでしてくれました。

 それからはピアニカの時間は自信を持って参加できるようになり、先生も喜んで下さいました。でもTは、どうやら2週間位けっこう辛い気持ちでいたようなんです。どうして「ピアニカができなくて困ってるんだ」って、言ってくれないのかな、と思います。やっぱり気持ちを我慢しているんですよね。こういうところ、もっと楽にしてやりたいな一と思います。

 それでも学校生活はとてもうまくいくようになりました。2学期はお友達との問題は全く起こりませんでした(ふつうのケンカはあったでしょうが)。先生に「本人が嫌だと言う時、嫌だという気持ちを受け止めてやりながら、それでも励ましてやらせるようにしている」という話をしました。先生はよく分かって下さり、信頼関係を軸にして、絶対引かないつもりで、嫌がっている給食当番をするよう励ましたそうです。その初日は抵抗しながらだったけど、翌日からは平気でできるようになったそうです。本当に、見せかけのイヤの内側には、成長したい、いい子になりたいって心がある事を教えられます。

 1学期、学校でトラブルが続いていた時、「ぼくは死にたい! ぽくのこと殺して!」と暴れたこともありました。学校でうまくやれないことを辛く感じていたに違いないし、気持をコントロールできず、どんどん暴力的になっていく自分をどうにもできなかったのだと思います。本当に哀しい時期でした。1回目の時、芳子先生がTに言って下さった「どうせオレなんかって、オレなんかいなくていいんだ、どうせ悪者なんだっていじけてるよ。大事なんだよ。大好きなんだよ。自分を粗末にしちゃだめなんだよ」という言葉は、あの時のTに一番必要な言葉だったと思います。その後、カーッとなった時、あの言葉を伝えると、「それ、こないだ言われた」と言って落ち着くことが何度かありました。あの頃を思うと、今は夢のようです。おかげで私自身が本当に大事な勉強をさせて頂きました。

 15日にお伺いする前に、Iのこともお話しておこうと思ったのですが、きょうはここまでにしたいと思います。Iのことは当日にお話させて頂きます。それから「しあわせ子育て通信」に、Tの抱っこの経緯と私の手紙を載せて頂き、ありがとうございました。貴重な紙面、たくさん割いて頂き、ちょっと驚きました。読んで下さった方に少しでも役立つことがあれぱ、こんなにうれしい事はありません。私も学びINGですが、支え合える人の一人になりたいな、と心から思っています。どうぞ今後共ご指導よろしくお願いいたします。

 とりとめのない手紙になってしまいました。私は手紙を出させて頂くことでも、とても支えられているのだと思います。いつも読んで下さってありがとうございます。お会いする日を楽しみにしています。



「心の場所」

 拝啓
 突然お手紙をお送りして申し訳ありません。『「大好き」を伝え合う子育て』を読ませて頂きました。
 私は三児(小5、小2、2歳5か月)の母をしています。さっそく抱っこ法に取り組んでみました。ものすごい抵抗にあい、ショックを受け、ついでに自分の心の中のちょっとしたふれたくない部分まで、チクチクとうずいてしまいました。まだ3回ですが、子どもの心の解放どころか、私の心の解放にまで広がってしまいました。

 1回目は、絶叫とバタバタと涙の大抵抗にあい、それでもがんばって、最後は眠ってしまいました。
 2回目は、やはり大抵抗でしたが(おしっこまでして、二人ともグッショリで)、どうしてよいかわからず、私も泣けてしまいました。すると子どもは泣きやんでしまいましたが。

 3回目は、少々弱まったものの抵抗され、二人で泣いてしまい、何だかんだとしているうちに、最後は大笑いをしたりしました。抵抗を受ける原因は山のように思い当たるので、思いつくまま話したり、あやまったり、感謝したりしました。

 そのうちに、私の思いは母の思いと重なってくるようで、母の中にも私と同じ思いがあり、私もいつの間にかその思いを、子ども達にくり返していたのではないかと思いました。

 本の中に、「はてしない物語」のヨルの絵の採掘抗がありましたが、「お父さん、悲しみをずっと氷のような心の中に閉じ込めて、ひとりで苦しんでいたんだなあ。ぼくの悲しみは、お父さんの悲しみと同じだよ」というところを読んだとき、なぜか涙があふれてあふれて……しまいました。そうして子ども達は、私を助ける為に来てくれたのかなあ……と思いました。

 今回の抱っこ法も、子どもの心の抵抗は、私の心の抵抗のような気がします。「こんなことぐらいで泣かないの。泣いてもわかんないの」と子どもたちに言いながら、自分に言い続けてきた言葉です。抱っこしながら、「泣きたいなら泣いていいよ。おこってもいいよ」「泣いても、怒っても、大好きだよ」って言葉がでてきます。私にも、「泣いても、おこっても、笑っても、そのままぜんぶ大好きだよ」って、言ってもらえる心の場所があったらよかったなあ……。

 末の子でこうですから、上の二人の子は、どれほどがまんしているでしょう。下の子でもう少し頑張ってみてから、上の子たちにも抱っこ法してみようかなと思います。もし近くに子育てネットワークがありましたら教えてください。それではお忙しい中、私の手紙を読んでいただいてありがとうございます。(12月1日)

【本を読んだだけで抱っこができてしまってすごいね。子どもはお母さんに文句を言いたい事なんて一つもないよ。泣くに泣けなくなっているだけ。親子とも泣き虫になってね。近くに指導者がいないので、自力でやってみて。その取り組みでいいのですよ。というような返事を書きました】

 先日はあたたかい言葉のお手紙ありがとうございました。子育て通信を申し込ませていただきたいと思います。

 抱っこ法も、下の子から順に(2歳♂、小2♀、小5♀)と取り組んで、やっと上の小学校5年生の子まですみました。苦しんでいたなと思います。私と同じ、自分の心を開く場所がなくて、閉じ込めて、言えなくて、泣けなくて、辛かったようです。いつの間にか同じ思いをさせてゴメンネと、二人で涙をながしました。

 三人とも、もっともっと一緒にいて、愛して、私を見てほしいと、自分のどんな気持ちも(怒っても、泣いても)受けとめてほしいようです。三人とも甘えんぼになりました。下の子はちょっとぶつけても、一度泣きに来ます。泣き虫になりました。以前はそれが、つらかったりいやだったりして、「泣かない」と言っていたのが、「痛かったぁ、いっぱい泣いていいよ」といって受けとめてあげると、すぐにニコニコしてしまいます。それから「大好き。心が強くてやさしい子」と言います。

 抱っこ法で、私の一番ふれたくない部分に焦点をあてることができ、苦しさが涙とともにながれて、なんとも言えず、ほんわりとした気持ちです。こんなに身近で、かんたんにできて、しあわせになれる方法に出会えてうれしいです。ありがとうございました。(12月20日)

【小5、小2というともう言葉も達者で、多くの人はひるんでしまうのに、自力でよくやったね。もう少し詳しい経過を書いて下さいませんか、通信で紹介したいので】

 拝啓
 昨年はご指導ありがとうございました。早くお返事を書こうと思っていましたが、私が自動車の運転免許の更新を、10か月も忘れて(子どもに忘れ物のことは何も言えなくなりました)、最初から取りなおしていました。(中略)

 「抱っこ」の取り組みの経過を通信に載せていただけるとのこと、私事で何かお役に立つのでしたらありがたいことです。ただ、物忘れがひどくって、2通の手紙にどんなこと書いたっけなあと、よく覚えていないのです。あの時の気持ちは、あの時に書いたもので、また今とは違うようです。

 抱っこ法には、子どもともども助けられています。子どもとの関係がギクシャクする時、ぐずる時、いらいらする時、悲しいとき、以前なら「おーいやだ」と終わっていたことが、「チャンス!心が楽になれるかも」と思ってしまいます(いつもではありませんが)。

 2歳の子は一番わかりやすくて、何かへんだぞと思うと抱っこします。苦しいときは「抱っこいや。大好きいや。いや、いや」と抵抗して、泣き、もがきますが、「お母さんと一緒にいたかった。離れている間泣きたいのがまんしてた。心細くて泣きたくて、泣けなくて苦しかった」などと話して(試験を受ける時、母や託児所にあずけたので)、「お母さんも悲しい事やつらいことがたくさんあったよ。離れてさびしかったあ。預けている間どうしてるかなって心配だったけど、頑張っていてくれるから、お母さんも頑張ろうって思ったよ」と、自分の心の中を素直に話しました。

 託児所にあずける時も、お迎えも、大泣きですが、以前ならきっと「泣かないで」と言ったかもしれませんが、「いっぱい泣いていいよ。離れるのいやだったものね。いっぱい泣いていいよ」って、「泣いても、笑っても、怒っても、大好きだよ」と言っていました。いっぱい抱っこして、この1か月をのりきったかなっというところです。

 抱っこ法を続けてから変わったことは、以前はお昼寝の時は、おんぶやだっこでゆらゆらして歌ったりしていたのですが、今は膝の上で抱っこして、大好きな歌や詩を言うと、すぐ眠ります。ねつきがよくなりました。

 抱っこのたび、大好きって抱きしめているので、時々私にしてくれます。私が泣けば「大丈夫!大丈夫!」って言います。相変わらず泣き虫ですが、それに対して私自身いらいらすることが少なくなってきました。ずっとぐずぐず泣かずにワーッと泣いて、気分を変えることが多いように思えます。泣くことがいけないこと、というようなマイナスイメージが、私の中から消えていったからでしょうか。

 二番目の子と一番上の子は、まだ2回ずつくらいです。まだまだ私の心の中に、抵抗しているふれたくない部分がたくさんあるようで、その場面が来てもできないことがたびたびあります。苦しい思いがあふれそうになるのを止めてしまいます。それだけあの子たちもつらい思いをしただろうなあと思うのですが……(ここで抱っこするだけでいいんだと思ってもできないんです)。弱い自分に気づき、弱い自分を許すたびに、同じように人の弱さを受けとめることができるのでしょうか。頭でわかっていることが実践できて、本当にそうだと実感できるまで、まだまだかかりそうですが、「抱っこ」という、この簡単で日常的な方法は、どんどん広がって、深くなっていくようです。

 子どもだけでなく、私も泣き虫になりました(もともと泣き虫をがまんしてたんです)が、こんな私でも「大好き」って言ってくれるんです。あの子達。子ども達には「迷惑かけてごめんね」でしょうか。それでは、お元気で……。(1月28日)



「息子の気持ちをキャッチし寄り添えた」

 この間、息子の身の上に「アンラッキーな出来事」が起こりました。学校から元気よく「ただいま」と帰ってきた息子でした。ちょうど、その時、私は、階下で用事をしていて「おかえり」と息子を迎えたのでした。今は、マラソン大会の練習をしていて、その練習がきつくて嫌だと言っている息子です。「きょうも走ったよ。もう、ホントきついよ」と開口一番。「がんばって走れて良かったね」と私。

 そして、息子が2階へ行きかけた時、「あー、きょうは、ほんと、アンラッキーな日やった」と言い出したのです。「何が?」と聞き返すと、少し引き返してきて、話し始めました。言葉で伝えることはあまり上手ではないので、具体的に聞きなおしたりしながら、私にも、何があったかがおおよそわかりました。

 授業中に、クラスのAさんとと男の子Bくんの間で揉め事があったそうです。そして、その後の休み時間に、Aさんが息子に、Bくんを蹴飛ばせとか引っ張れと言ってきたそうです。息子はそんなことはしてはいけないことはわかっていたからやりたくなかった。でも、Aさんの命令を拒みきれずに、Bくんを蹴飛ばしたりしてしまったそうです。そのことを、部活の時間に同じ部の何人かの子達から非難されたそうです。堪えきれなくなって、怒り出し、そして泣いたそうです。その経緯は部の顧問の先生の耳にも入り、「人の言いなりになってはいけない」と注意を受けたそうです。

 私に話しながらも、また目に涙を浮かべてきました。私は息子の手を握っていました。「やってはいけないってわかっていたのに、断りきれずにやってしまって困っていたのに、人からまたあれこれ言われて嫌だったね。悔しかったね」と息子の気持ちを代弁しました。「うん」と頷いていました。

 やがて、「よし、気を取り直していこう」と息子。2階へ上がっていきました。その後は、いつもと変わりない様子で、ゲームをしたり、テレビを見て大笑いしていました。

 Aさんのことは、担任の先生から聞いていました。息子をやたらとからかっていたそうです。息子は言い返したりもしていたらしいのですが、先生もずいぶんと気にかけてくださっていたのです。すぐに、息子のいない所から担任の先生に連絡をしました。授業中のいざこざは、先生の耳にも届いていたそうですが、その後、息子がからんでそんなことが起こっていたことは知らなかったそうです。先生の胸にとどめておいて、Aさんと息子の様子を少し気をつけていてほしいということをお願いしました。私から連絡があったということは息子には決して言わないでほしいとお願いしました。息子は「誰にも言わないでほしい。お母さんだから話したのだ」と言ってくれたので。「私にも訴えられなくなってしまったら困るので」とお願いしました。

 翌日になって、振り返ってみて、色々に思いを巡らせました。昨日、息子は、帰ってきたとき私が2階にいて、家族が同じ部屋にいたら、きっと言い出せなかったと思う。言い出せないまま、いつも通りゲームしてテレビ観て笑っていたら、何も気付いてやれないまま、抱えたままになっていたと思う。頭ごなしに「ゲームばかりして」とやっていたかもしれない。そしたら、「何もわかっていないくせに、そんな言い方して・・・」になってしまっていたでしょう。

 いつもいつも、タイミングよく聴ける状況ではないかもしれない。うまく重なり合って聴けると、言えない時も、「もしかして・・・」と思いやれる。「色々あって悔しい思いや困ったこともあるけれど、なんとか頑張っているんだね」という気持ちで見守ってやれるようになると思う。

 息子は、先生の前ではいつもと変わった様子はなかったという。そう、そのくらいのことはやってのけるのだ。外に現れた姿だけを見て決め付けるのは良くない。あらわしてくる体や態度での訴え、いや、行動すべてが何かを訴えかけている。意味や理由を考えなくていいから、とにかく、そのままを受け取ってみるということかな。「先回りして」は避けよう。

 話してきた時、まずは、聴く。ひたすら聴く。すぐに、説教めいたことを言うのはNGだな。昨日の息子、人に命令されたからと言ってやってはいけないことだということはよくわかっていた。でも、断りきれなかった。あの場で、私が「いくら人に命令されたからって、ダメなことはダメ・・・」ってぴしゃりとやっていたら、断りきれなかった自分を責めるし、わかってもらえなかったことを悲しむ。「わかっていながら、悪いことと知りながら、断りきれずにやってしまった。それを周囲からあれこれ言われて、嫌だった、悔しかった」その気持ちをわかってもらえたなら、次にたとえ同じことがあっても少し対応は変えられるかもしれない。

 このときナイスだよ、私。もっとじっくり聴いてやれたら良かった、気持ちに共感してやれたらよかった・・・と反省してしまうけれど、まずまず「私はOKです」よね。

 それにしても息子の「気を取り直して」はお見事。



「三人の命を守ってきた」

 Iさん、お元気ですか。抱っこの方もなかなかいけなくて残念ですが、まあ、あせらずゆっくりとやっていきたいと思っています。

 初めての抱っこの時、Iさんの“あなたは三人の命を守ってきた”という言葉で、私は本当に気持ちが楽になりました。私の頭の中はいつもいっぱいでした。私の育て方は間違ってる。自分勝手で、自分の感情で子どもたちをどなり手をあげ、子どもたちを苦しめてきた。なんてダメな母親だろう。Tが学校に行かなくなったのも、私の育て方が間違っていたから、どうしよう、どうしたらいいのだろう。

 私はがんばっているのに、どうしてわかってくれないのだろう。にくらしくて、言葉でまた傷つけてしまう。なんでいつもそうなんだろう。ダメな私っと、いつもぐるぐる同じ所から出られず、苦しんでいました。

 子どもたちはそんな私を見て感じて、元気がなくなったり、心配してくれたり、自分のせいで苦しんでると悩んだりしたと思います。たぶん子どもの頭の中もいっぱいだったと思います。

 あの言葉のおかげで、たくさん気づきはじめてます。少しずつ自信を持ててきています。そうだ、私ちゃんと守ってきたんだ。それってあたり前のようだけど、一番大切なことだよな。よくがんばったよねって、自分をほめてあげました。

 私、今までの子育てを思い出すと、悪い所しか思い出せなかった。それがすべてになってた。でも違うんだっと気づいたんです。もちろん悪い所はありました。でも、全部そうではなかった。やさしく語りかけ、ふれあい、笑い、遊んだりもしていたんだって。

 自分のいい所を見つけ、がんばってるよねっと思い、悪い所が出てきても、ちゃんと慰めてあげることが、少しずつできるようになりました。子どもたちに対しても、いい所を見てあげられるようにもなりました。

 つい最近の話なんですが、給食費を持って行く行かないでケンカになってしまい、私は腹が立って、Tに怒りをぶつけてしまいました。その場でTは、泣きながら“もう行かない”と言って、部屋にもどってしまいました。

 “そっちが勝手にキレてきて、さっさと外に行って頭冷やしてこい”みたいなことを叫んでいました。全くその通りですよね。私はその場にじゃがみこみ泣きました。一番下のCがそばで心配してました。「ちょっと泣かせてね、大丈夫だから」って言って、“またやっちゃったね。ここのところがんばっていたからちょっと無理してたのかな。でも、昔の自分と比べてごらんよ。昔ならこの時点でもまだ怒りがおさまらず怒っていたよね。でも今はもう怒りはない”、そんなことを思いながら、少し泣いてました。でもパッと気持ちが変わり、Tの所に行ってあやまらなきぁ、顔をギューとしちゃったから、痛かっただろうって思い、すぐにかけつけて「ごめんね」と抱きつき、話をしました。

 腹が立つのは仕方ない。でも人に当たるのは良くないから、これからは気をつけようと心にきめました。また失敗しちゃうかもしれないけど、私少しずつ成長していると思うし、大好きな子どもたちの笑顔を見るためにがんばれると思う。

 Iさん、本当にありがとうございます。またお会いできるのを楽しみにしています。



「ひととき」

 相変わらず混沌の中にいて、さらにフリーズしてしまう心をどうしたらいいものやらと、持て余す時間を過ごしています。でもきっと、そんな時にだからこそ、いろんなものが心に響いてくるのですね。

 朝日新聞の「ひととき」欄の「9歳の哲学」(朝日新聞「ひととき」2006年12月15日)を何気なく読んでいました。始めは、おばあちゃんと孫のほのぼのとした朝の風景かと読んでいると、先に進むごとにかなり深い部分に触れてくるのです。フルタイムで働くシングルマザーの娘に代わって、おばあちゃんが小学3年の孫の朝の支度をしていたのですが、デザートにラ・フランスを出してやると、「おいしい、おいしい」を連発。「朝ごはんをおいしく食べて学校に行けるなんて、しあわせねえ」と言うと、しばらく間をおいて、「しあわせっていうのは、もっと違うことなの! ぼくの考えでは、いのちがあることをしあわせっていうの」と答えます。
 感心したおばあちゃんが「そうね。だからお友達のいのちも、みんなのいのちも大事だね」と応じると、また少し黙ってから、「それも少しだけ違うの。自分のいのちを、みんなが自分で大事にすればいいんだよ」と答えたそうなのです。

 おばあさんの受け取り方は、どうやら私と少し違うようですけれどね。でもそのおかげで、おばあさんの掛ける言葉と孫の言葉との対比がまた分かりやすいのです。

 40歳を過ぎた私が今頃になってやっと実感してきたことを、9歳の小学校3年生が言っていることに、この子達の未来は意外にそう悲観的でもないのかもしれないなあと、心の中に温かいものが入ってきました。

 ずっとずっと、誰かを幸せにしたり、誰かの為に何かをすることが、世界で一番大切だと思ってきた私には、小学校の時にそんなふうに到底思えませんでした。ずいぶん山を登ってきたなあという感じだったのだけど、未来の子どもたちは上り口さえ違うのかもしれませんね。



「Aの自立」

 Aが勉強するとき、「いやだ〜やりたくなーい〜」を連発しながら、一問解いては「いやだなぁ」、しばらく休憩してからも「やりたくなーい」、そしてしぶしぶやっています。1時間かけて。私は「いやだ」の気持ちに寄り添いながら、たまに怒りながら、たまに「そうやってだらだらやってるよりはさっさと済ませた方がいいよ〜」と諭したり。それでも、毎日毎日こうなんです。芳子さんに相談しようと思っていたのです。

 そしたら、土曜日にまたまた爆発しました。
「Aくん、やりたくないのはよくわかるよ。でもね、そのやりたくない気持ちは脇においとして、勉強するときは集中してやる。そうしないといけないんだよ」
今までうまくAに気持ちの切り替えの話が出来なかったので、こんなにうまく話ができるなんて話しながらびっくりしました。そうか、そういうことだったのね、なんてね。

 その日の夜、せっかく治りかけていた咳をまたし始めたA、あーあ、私への当てつけかしら、なんていやな気分になっていました。「どうせお母さんが怒ったからでしょ」なんて言ってやろうかしら。いや、なんか違うなぁ。Aの咳(言いたいこと・気持ち)はわかったけど、それはAのもの。私がイヤな気分になるのは私のもの。その区別が付いたら、気持ちが楽になり、そうしたらAの咳も治まって、寝ていました。

 Aは、やりたくない気持ちを脇に置くのができないんだなぁ。それは意味がわからなくてできない、というより、離して座布団に置くのができないのかも。

 それは私も同じ事。べっとりと離れない気持ちは、なかなか座布団にはいってくれないもの。その時って、また別の大事な気持ちがあるんですよね。芳子さんのメールを思い出しました。そうしたらAのその別の気持ちってなんだろう。思いついたことがいくつかあったので、寝る前に話してみました。でも、それがあたっているかは、わからないけど。

 またその次の夜。お風呂から上がるとまた咳が始まりました。ところが私は、昨日のように交通整理が出来ずにいらいら。昨日で解決!と期待していた自分もいたからね。それでこんな話をしました。
「Aくんのその咳には言いたくても言えないことや、どんなことを言いたいのか自分でもわからないことが含まれているのはわかるよ。それはわかる。いつでも寄り添ってあげる。でもそれはAくんの気持ち。自分でなんとかしないとだめなんだよ。お母さんがなんとかしてくれる、なんて思っちゃいけないよ」
というようなこと。

 話しながら、Aの自立の時が来たのかなぁと思いました。いつまでも赤ちゃん扱いしてきたからなぁ。私が離したくなかったんだよなぁ。自立したくてもできない気持ちが、いつまでも「いやだ」を言わせていたんだな。悪いことしたなぁと反省。

 そしたらね、Aが泣いてしがみついてきたの! 当たりってこと? 気持ちの話をしてもよくわかんないような、面倒くさいようなしぐさをしていたAなので、話が通じたみたいで、びっくりしました。

 でもね、問題発覚。このメールを書きながら、悲しい寂しい気持ちになっちゃったよ。私がAから自立しないといけないって事ですよね。あーん、つらいよぉぉぉ。結局、私の問題だったりしてね。



「反抗期の出来事」

 我が家の反抗期の出来事をまたひとつ聞いてください。先生のことで愚痴る、八つ当たりする…が主な方法でやってきますが、ある時、一通り聞いてから「そんなムカつく気持ちをもちながら、穏便にやりすごしたS自身にありがとうって言ってみない?」と持ちかけてみました。

 Sは吐き捨てるように「ありがと?」と言ってトイレに逃げておしまいだったけど、わたしはしつこくそのSに「ありがとう」と何回も言ってたら、トイレから出てきたSは、けわしさなんか全くない、照れたような可愛いニコニコな顔になってました。

 反抗期のそれへの向き合いをしながら、とにかく共感でニコニコもあれば、文句言い過ぎじゃない?と突き放しては冷静になる時もあり、その部分にありがとうと言って取り戻すときもある…結局、小さい時の抱っこ法での関わりとおんなじとこあるな〜、しかも臨機応変、その時々で違うのが(あの手この手を尽くす感じが)またいいな〜って、今改めて思いました。



「反抗期にうまく入れそう」

 Wさん、こんにちは。散々力を貸していただきながらの私とSですけど、そのSも11歳を過ぎ、反抗期とか、思春期とか、親離れとか…。なんだかSの中にそんな欲求が芽生え始めているのを感じていました。

 とは言え まだかわいいとこもいっぱいありながら、抱っこに伺い始めた頃の苦しい泣きの3歳とは違う、今、また泣きたいけど泣くもんか…の意地がちょっと気になっていました。「宿題多すぎ!」「遊ぶ時間ないし!」「持ち物多すぎで入んないし!」…小出しにはしてたんですよ?

 さて、片付けなくてはならない宿題がいつもより沢山あるらしい…その日、もうご飯間近の時間、明日も早いから、お風呂や寝る事考えるとのんびり本見てられるはずもないのに、異様なのんびりさで、本を握って離さないみたいに見てるのです。私が「ご飯30分位で出来るよ」と言うと、溢れてきました。

「こんなに同じ事書かなくても覚えんだし!」
漢字ドリルとノートを放り投げます。
「うっさいんだし!」

 いつもなら、「でも、力になると思うし、出来ると思うから宿題だすんじゃない?」とか、「みんなも同じ事してんでしょ」とか、私は寄り添いもせず、自立を促したい気持ちで、突き放すような対応が多かったです。この日は、「(でも)は言わずに、言葉の奥を聞いてみよう」と思えました。

「先生はただドリル書き取らせて楽してるだけ」
「自分の都合で俺のノート返さないから、今日、昨日の分もやらなきゃなくなる」
「楽しい授業に限って説明長すぎるから、いっつも時間なくなる」
「それを指摘する子いたら、『楽しいばかりじゃダメなんだ』って言うけど、楽しい事なさすぎだ」
…でるわ、でるわ、先生へのだめ出し。

 その先生にも似た私の部分も、私は感じながら聞いていました。「お母さんも似てる時あるね」と言いましたが、ノーコメントで 怒りにふるえてる感じでした。ボロボロなきながら、ゴシゴシふきながら、Sは、先生は間違いや手抜きがあるのを棚にあげて、自分たちをただ批判ばかりしてて、悔しいという感じでいるみたいです。

「バカにすんなって思うね」
「ずるいって思うね」
「意地悪って思うんだね」
ただ横にいて聞いていただけなんですが、Sの中の、おとなや世の中の仕組みみたいのに対する、矛盾というのかずるさ、納得出来ない自分の苦しさが、苦しいほど伝わってきました。

「先生は、悪いなんて思ってないんだろうね。いいと思ってるんだろうね。分かってもらえなくて悔しかったね、悔しくて、悔しくて、悔しいのに…よく、頑張ってたね」
そう言ってたら私も涙が流れてきて 頭をいっぱい撫でながら 抱きつきました。いつもは、頭なでるのも抱きつくのも、やめーろーなんて言うけど、黙ってました。

 Sの口調が柔らかくなって、私は、「いくらでも怒ってもいいからね、恨むなよ」っていいながら、また泣けてきました。これは、(恨み言になるまで、ひとりぼっちにしてごめんね)…の気持ちの涙です

「おれ、小学校の先生になったら、もっと楽しくする」
そう言って、半分の宿題を一気に進めてご飯にしました。

 私も、最近ぼんやり思っていました。苦しい気持ちに向き合う事はわりと出来るようになったと思うけど、楽しい、嬉しいを分かち合うのは下手かもしれない。何でだろう。楽しんでちゃダメよ…がいるのかもしれません。

 この日、寄り添えた私には、実は訳があります。北海道にいる友達と、今まで以上に深く分かり合えるようなやりとりがありました。会ったわけでもないのに、力を分け合えたような感じで、私は聞く勇気が持てたのだと思います。人と人との支え合いの力…すごいです。

 Wさん、Sも成長したでしょう…。私よりずっと色んなこと感じながら、葛藤しながら、うまく反抗期に入れそうですよね? 私にはなかった反抗期、Sに向き合いながら、体験していけるかもしれないですね



「安心がたまる」

 芳子先生が、よく「安心がたまる」ってことをおっしゃっていたことを、さっき、ふっと思い出し、「あー、こういうことか・・・」って思っていました。私は、焦っていましたね。芳子先生に、そんなふうに言われれば、早く安心をためるようにして、目にみえる結果(登校)を出さなければって、結果に拘り、焦って焦っていたのですね。

 このごろようやく、私は、娘の安心をためてやるようなことができるようになりつつあるのかなって思います。昨日も、数学の勉強を始めましたが、私に、傍にいてほしいというのです。「なんで! 私だって疲れているのに、傍になんてついていられないよ。それに、私がいたら、おしゃべりして勉強が進まないでしょう」って内心苛立つ私がいました。それでも、なんとか、それは、直接ぶつけることなく、娘の傍にいました。でも、前日は、「自己申告書」に時間がかかり寝たのが2時過ぎだったので、さすがに、眠くてきつかったです。

 今日になって、昨日のことを振り返り、「あー、不安だから、勉強しなければいけないって思っても、なかなか、手につかなかったりする。でも、なんとかしなければって思って、私に傍にいてほしいって言ってくるんだなあ・・・」って思いました。苛立つ気持ちはなんとかいったんおとなしくしていてもらって、娘が少しでも安心して勉強できるようについていてやれたらいいなって思いました。

 「歴史の問題を出して」って言うので、クイズみたいにして出していたのですが、基本的なことがわからなかったりして、「えっ、こんなこともわからないの」っていう態度をとってしまったと反省。わからなければ、その場で覚えればいいことですね。難しい方の選択をして、不安いっぱい。しかも、入試目前。少しでも、できていることを取り上げ褒めていかないとね。

 一緒にお風呂に入りました。ふたりであかすりをしました。もう、ぼろほろと垢が出てきて、「すごい」って大きな声をだしながら、こすりっこをしたりしました。お風呂からあがると、私の眠気もとれていたので、また一緒に少し勉強をしました。娘が娘の部屋で寝て・・・というのでそうしました。なかなか寝ようとはせず、あれこれ話してきます。娘がじゅうぶん満足するほどには聴いてやれなかったと反省。でも、睡眠時間も確保したいし、家事もやらなければならないから、ずっと、娘につきあってもいられないですね。「何時までね」とかって、時間を決めて、その時は、100パーセントに近く気持ちを娘に向ける・・・みたいなやり方をしてみようと思います。

 明け方にね、手のひらが痒いといって、私を起こしました。不安がこういう形で出てくるようです。「薬を塗るか」というと、「うん」と言うので、かゆみ止めの薬を、心をこめて塗りました。なんだか満足した感じがしました。じきに、また眠れたようです。

 「母に徹しなければ・・・」で、カチカチになって、チャイルドの言い分をないがしろにしないようにと思い、誰もいない和室に行って、仰向けに寝転び、お日様のなんともいえない暖かさを感じながら、「そんなこといったって大変だよね。不安でたまらなくもなるよね」って心の中でつぶやいてみます。足が、「そうだよそうだよ」って動き出すので、その動きを味わっていました。お日様の暖かさは、「大きな力」をイメージしやすいです。

 娘は不安や愚痴が多いのだけれど、昨日、お風呂で、「私はやってみたいことがたくさんある」って言い出して、それを聞いたときは、とても嬉しかったです。「お母さんは、食べてみたいものがたくさんある」って言ったら、笑っていました。「北海道のおいしいラーメンに、盛岡のわんこそば、本場の讃岐うどん・・・」



「抱っこの後で」

 10歳になる娘を連れて、久しぶりに和く輪く舎へ行きました。赤ちゃんの頃から抱っこ法をやっていて、だいたいのコツはつかんでいるから、一人でできると思ってきたけど、このところ扱いにくくなってきていて、ちょっと困り始めていたからです。

 どういう感じかというと、とにかく何に対しても反抗的な態度をとるんです。それで何か言い分があるかと思い、話を聞いたり抱っこをしたりすると、のらりくらりとかわされてしまい、私もイライラして最後には大喧嘩、というのが日常になっていました。『大喧嘩→泣く→仲直り』の繰り返しは、それなりの発散にもなるけれど、何かしっくりこない感じを解消したくて、助けを求めることにしたのでした。

 さて、和く輪く舎へ行く日を決めてからずっと、「ママ以外の人に抱っこはされたくない!」と言い張っていた娘ですが、前日に「明日は和く輪く舎だよ。(汗をかくから)着替えも持って行かなきゃね」と言うと、いそいそとリュックに着替えを詰めていました。その姿が嬉しそうに見えたので、「楽しみ?」と聞くと「べっつに〜」と反抗的な態度。でも何となくにんまりしているようでした。

 和く輪く舎でHさんとの抱っこが始まり、近況を話したりしていたら、私の方が先に泣けてしまって…そんな私を娘はニコニコしながらヨシヨシしてくれました。私が少しスッキリしたところで、いざ娘の気持ちを聞こうと、あれこれ話しかけていたら、にやにやしながら「へ〜それで?」「別に〜」といつもののらりくらりが始まりました。

 「そうそう、これが頭に来るんだよね」と私が言うと、Hさんが「さびしくてもさびしいって言わないで…心配でも心配って言わないで…助けて欲しくても助けてって言わないで…頑張っているんだね」と声をかけてくれました。そのとたん、へらへらしていた娘が、もがき始めて泣きだしました。私は娘の気持ちに共感するというよりは、その泣き顔がかわいくてたまりませんでした。久しぶりに見た「甘え泣き」でした。

 和く輪く舎から帰ってきた後の娘は、もやが晴れたような印象を受けました。今までも反抗しながらも、私のことを大好きでいてくれる気持ちは伝わっていましたが、どこかひねくれた感じでした。でも抱っこで泣いた後は、その気持ちをまっすぐに伝えてくる感じになりました。そうして、ますます私にまとわりつき、甘えるようになりました。まるで親ガモのあとを一生懸命ついてくる小ガモのようで、そんな姿は本当にかわいいなあと思います。

 でもその反面、そのことに煩わしさを感じる自分がいて、だからこそ娘が一人で頑張るようになり、素直になれなくなって突っ張るようになったんだな、ということがよくわかりました。でも前の私だったら、「私が受け入れられないせいで苦しい思いをさせた」と自分を責めてしまったと思うけれど、今の私は「苦しい気持ち(たぶん、“この子はこんな風に甘えられてうらやましい!!”かな?)が騒いでいるだけ」と思うことができるので、以前のように落ち込んではいません。この騒ぐ気持ちを抱えてしまったことにも、私なりにちゃんとした理由があるので、それを大切にしたいと今は思っています。

 そうやって折り合いをつけながらだけれども、娘には甘えることの心地よさを味わってもらえたらいいなと思っています。でも、これからも何度もつまづくんでしょうね…でも、難しかったら今回のように手伝ってもらえばいいんですものね。

 娘自身も、抱っこについては「すっきりした」と、とても満足そうでした。驚いたのは、いつもなら口を酸っぱくして言っても動かない子だったのに、その後積極的にお手伝いをしてくれたり、やるべきことをてきぱきと済ませるようになったこと。スローでマイペースな子と思ってきたけれど、気持ちが晴れるとこんな風に変わるんですね。『辛い気持が癒されたら、本来の力が出せるようになる』と今まで何度も読んだり聞いたりしていたことですが、こういうことだったのか、と腑に落ちました。とすると、頑固で不器用でやる気に乏しいと思っている私自身も、辛い気持ちが邪魔をして、本来の力を出していないだけなのかもしれないとも思いました。



「どっちが親?」

 我が家の長女はとてもしっかりしている。そんな長女は、前世は絶対私の母だった!!と思うときが度々ある。

 バレンタインのチョコを渡して帰ってきた長女、なんとなく元気ないかな・・??と思って、聞いてみました。
マ:「今日はどうだった?」
長:「うん。渡したけど・・・」
マ:「落ち込んでるの?」
長:「うん。だって直接渡せなかった」

 長女の話では、ずっと同じ男の子にチョコを渡しているから、学年の殆どの子が長女がその男の子を好きな事を知っていて、今回はクラスが変わってしまって初めて渡すバレンタインで、すっかり周りにひやかされて、肝心の男の子が恥かしがって、教室の外に来てくれなかったとか。

 バレンタインで直接渡す事をずっと楽しみにしていた長女だけに、こう言う時こそ息抜きが必要と思い、学校を休んでショッピングに行こうと誘ってみたら・・・、
長:「ママ、気持ちは嬉しいけど、学校あるし、気持ちだけもらっておくね」
って、え〜〜〜〜〜〜!!!

 その後私が、「息抜きも必要だよ」とか「たまにはいいじゃぁ〜〜ん」とか言っても、長女の気持ちは動きませんでした。



「まーだまだ現役です!」

 阿部先生、芳子先生、スタッフのみなさま。ご無沙汰しております。

 先日、阿部先生の「成功する!しつけの技術」をお送りいただきまして、どうもありがとうございます☆

 もう、息子はすっごく大きなお兄さんなので、「イヤイヤ」と張り合うことも無くなってしまって・・・、と思ったのですが、「そんなことない!」と今、思いつきましたよ〜〜〜(笑)。

 高校最初の期末試験で数学が0点(TдT)。夏休みは、補修と宿題がたんまりあります。単位を落としたら、進級にひびく=卒業が危ういから・・・(成績が悪いのは数学だけではないので!)。数学の先生が日直の日に、判らないところを質問しに行くという日。

「行きたくないーー」
「こわいよーーー」
「ホントに嫌だよーーー」

と、散々ダダこねをしたんで、

「ああ、そうだね〜こわいよね〜、でも行くんだよね!」
「行きたくないよね〜解かってるよ〜〜〜でもがんばって行こうね〜」

と言って(息子もニヤニヤしてましたが)送り出したのでした♪ まーだまだ、現役です!

 その日は日直の先生とマンツーマンでみっちり勉強してきて、帰宅後「俺、今日かなりがんばったよ!」と言いました♪♪

 本は、読ませていただいたら友人のヤングママさんにプレゼントしようかな〜

 息子はファッション命!おしゃれBOY(?)ですよー。

 ひどい暑さ、雷雨&豪雨など、天候が体調にひびきますね・・・。ご自愛くださいませ!



「気持ちを伝える」

〈第1信〉

 昨日、民生委員の研修がありました。今回は虐待がテーマ。その中に、精神を病んで、家事が出来ず、子どもにちゃんとした生活をしてあげられないお母さんの話がありました。その家族に、どんな支援が出来るか、ということをグループで話し合ったのですが、その中で、やっぱりお母さんが元気でいることが一番だよね、という話が出ました。どんなお母さんでも、お母さんは太陽だよ、って。

 研修は1日がかりだったので、Aはおばあちゃんとお留守番。たった1時間だったのに、夜はいじけてしまったし、今朝は「今日はお母さんいる?明日は?」なんて聞いてくるし。こんな母ちゃんだけど、元気でいることが大事なんだなぁと思いました。


〈第2信〉

 昨日、発見がありました。私の気持ちを伝えるって事はとても大事なことなんだなぁって。

 気持ちを伝えずにいじけることをしていたけど、伝えることでAに納得してもらう、わかってもらう。Aはお母さんは何でもいうことを聞いてくれる、と思っているけど、お母さんにも気持ちがあって、譲れないこともあって、それをわかってもらうにはお母さんの気持ちを言わないといけないんですよね。

 それって、大事ですよね。わたしの‘葛藤’もあるし、Aの‘葛藤’もあるんですね。なんかうまく言えないけど、子どもたちの気持ちのことは考えてきたけど、自分の気持ちのことを考えてこなかったから、そのことと子どもたちのことが関係してくるなんて、思わなかった。この‘葛藤’って、すごく大事だな、と思いました。これも、天心に行ったおかげで気づきました。

 ここから見える山は雪をかぶりました。そういえば、去年は仕事で山に行ってたんですよね。芳子さんに覚えてもらってて、うれしいよぉ。雪道はどきどきだけど山に行くのは楽しみだったよ



「抱っこ法の研修会に参加しました」

 研修会の抱っこのセッションの後の話し合いの中で、遊子先生(講師)が、「今のセッションも違う人がやれば、それぞれ違う展開になる」ということをおっしゃいました。私には、そのことがとても新鮮で、「あーっ、そうか」と、「目からうろこ」(ちょっと大袈裟かな)って感じでした。ついつい、正解を探そうとしている、答えはひとつだと思い込んでいる自分にあらためて気付きました。

 そうか、これっていう決まったやり方なんてないんだ。ましてや、母と子であれば、言葉では説明できないものがいっぱい。あの本にこんなふうに書いてあったからとか、人がこんなふうに言っていたからとか、そんなことにそんなにとらわれなくても、私が思ったように、私に無理のないように、私なりに娘の気持ちに寄り添おうと心がけながら、やってみればいいんだ。そんなふうに思いました。

 「それぞれのアンテナのはり方が違うのだから、それぞれがどんなふうに思ってもいい」
というようなお話もしてくださいました。セッションの後の話し合いなどでは、自分が人とずいぶん違うことを思っていたりすると、「私ってだめ」って思ってしまったり、講師の先生と同じようなことを思っていたりすることが良いように思ってしまいがちな私でしたが、その言葉を聴いて、「そうか、自分の感じたままでいいんだ」と思えました。また、その時々で自分の最大の関心に引き寄せて見ているような気がして、そのことも、いけないことのように思っていました。もっと、広い観点から見られるようにならなければって思っていました。

 今回は、私の中で、「試行錯誤」という大きなアンテナが張り巡らされていたからだと思いますが、2日間を終えての感想を一言で言うならば、「試行錯誤を繰り返していくしかない」ということになります。

 「HUGしましょ」の本に登場する抱っこを実際にやってみる実技をしました。どの抱っこも、それぞれに感じることはあったのですが、とりわけ、禅の抱っこのときの体験を聴いてください。足の裏を合わせて、ふたりとも、仰向けになっていました。私は、その足をなんだか動かしたくなりました。でも、しばらく戸惑っていました。そのうち、思い切って少し動かしてみました。右に左に。すると、相手の方も、その動きについてきてくれました。嬉しくなりました。左右ばかりではなく、押したり押し返されたり、張り合ってみたり、ひいてみたりでした。そのうち、靴下をはいていたけれど、相手の方の、足の指の感じも伝わってきました。こんなふうに、足の裏だけで、やりとりができるんだ。言葉では言い表せないけれど、確かに、相手の方と交流ができたと感じました。言葉に頼らなくても、こんなふうに、気持ちのやりとりができる。そして、それは、言葉でするよりも、奥深いところにある気持ちや、うまく言葉では説明のできないような漠然とした諸々の気持ちもやりとりできるような気がしました。「これは、すぐ使える」と思いました。娘だって百も承知の理屈をごちゃごちゃ言うよりも、「うまく受け止めてやれないけれど、それでも、お母さんはあなたの気持ちに寄り添いっていたいっていつも思っているよ」そんな気持ちを込めて、娘を抱きしめたり、娘の雄弁な足に、私も体で応えてみればいいんだと思いました。

 さっそく、今朝、試してみました。「眠たい」と言ってなかなか目をあけようとせず、たたこうとしたり、足で蹴飛ばそうとするので、その手や足と張り合ってみました。そのうち、目を開けました。声も出てきました。それでも、なかなか、起きて、行動開始しようとしない娘の上にのって、抱きしめていました。そしたら、動き出しました。その後は、明るい表情で車に乗り込み、学校に到着しました。

 今日も保健室登校した娘に、「全校集会で、昨日の郡の陸上大会の表彰式があるから」と、保健の先生が出てこられました。ちょっと戸惑ったものの、大慌てで、集会に行きました。そのまま、私は、ランドセルを保健室に置いて、すぐに、仕事に向かうことができたのでした。郡の陸上大会では、80メートルハードルで、3位になれたのでした。

 町の連合運動会の後、期待していたら、休んでしまったので、きょうもどうなるかなあと心配でした。それよりも、いっそのこと、前の晩から、休むことを決めておこうかとさえ考えたりもしていたのです。でも、なんだか決心がつかずにいました。昨日の夜の娘の様子を見ていて、「これは、明日、蹴飛ばして(張り合って)みよう。それで、その様子によっては、きっぱりとあきらめることにしよう」と思いました。嬉しく予想がはずれ、朝の集会から参加できて良かったです。

 研修会の報告に戻りますが、100円ショップで売っているおもちゃ(振るとピコピコという)を使ってのやりとりの実技もおもしろかったです。おもちゃを振り始めたら、思いがけず、いきなり、文句を言いたい気持ちが出てきて、思いっきり振っていました。相手の方も、それに応じて、振ってくれて、なんだか嬉しかったです。ひとしきり、振ると、なんだか、すっきりしていました。こんなふうにして気持ちって出せるんだと驚きでした。出てきたときは具体的にどんな文句なのかわからなかったのですが、後になって、「あー、私、あのことに文句がいいたかったんだ」と気付きました。頭で考えるのではなく、こんなふうにして、気持ちに気付くことができるのかと嬉しくなりました。気持ちに気付く方法、気持ちをすっきりさせる方法が、こんなに身近にあったのですね。これも、「すぐ使える」と思いました。さっそく、100円ショップに行ってみましたが、残念ながら、売っていませんでした。何か代わりとなるものを探してみることにします。

 昨日の郡の陸上大会をめぐっては、聴いていただきたいことがあります。嬉しい報告のつもりです。でも、きょうは、時間がないので、また、後日にします。
 きょうは、このへんで。



「新刊が届いて」

 先日は新刊を送ってくださってありがとうございました。ちょうど新刊が届いた頃に、仕事の人間関係で苦しい気持ちになっていました(それは今もまだすっきりとしたわけではありませんが・・・)。

 その日会社から帰ると、Hがこの本をポストから持ってきてくれていて渡してくれました。そこで夕ご飯の後で、早速に本を手に取りました。まず表紙に、1〜6歳・・とあるので、もう我家では通り過ぎてしまっているなあと、まるで思い出を振り返るような感じで読み始めると、これが思い出を振り返るどころではなく、現在進行形の問題に当てはまるようなのです。

 始めのマンガの部分が終わると、『こころの運転手になる』とあり、(あっイタタ・・痛いところを突かれた)という感じがしました。人との関係で苦しい気持ちになっていた私は、まるで暴走して走るバスのようなものだったのかもしれません。そこで気がついたのは、私自身ももちろん相手の方も駄々コネが下手なのだろうなあということでした。

 歯医者さんの話では、まるでこの間Hを始めての歯医者さんに連れて行ったばかりだったので、よ〜く頷けるものがありました。といってもHは6年生なので泣いて困ることはありませんでしたが、強がりを言いながらも待合室で待っているときの緊張した顔からは、やはり『どんなことをされるんだろう』という不安と心配が見られました。私もついでに歯の検診をお願いしてあって、別の部屋に行かなければならず、(1人で平気かなあ)と心配しながらも、Hを待合室に残して行きました。

 検診が終わって待合室で待っていると、もうHは治療に行っていて、しばらくすると看護婦さんが「歯の磨き方について指導しているところなので、お母さんも一緒に見ていてください」とのことで、Hの治療台の所へ行くと、すっかりおとなっぽい顔をしてちゃんと指導を受けていました。

 治療が終わり、歯医者さんの外に出ると、途端におしゃべりになり、「先生が、ちゃんと毎日歯を磨くようにって言ってた。今日から毎日磨くよ」とのこと。帰ってからも歯磨きを嫌がらずにやるし、「ここが磨きにくいんだって」なんて説明もしてくれたりしました。・・まあ、効果は一週間程しかありませんでしたけれどね。言葉にするとまあ普通のことなのですが、治療の後のHの表情がとても良かった事が印象的でした。何しろいくら言っても歯を磨かないHですから、積極的に歯を磨く姿が見られたのには歯医者さんの指導力の優秀さ(笑)に感心しました。歯医者さんというのは痛みを伴う場所であるから人の心に寄り添うのも必然的に上手になるのでしょうか。

 何だか本の感想にならなくなってしまいましたが、やはり今回も初心に返ることを思い出させてくれた新刊に感謝しています。

 私はお盆休みは特になく、子供達は先週末私と実家へ行き、そのまま実家で今週末まで過します。来週はHは短期水泳教室、Rは部活があり、夏休みの終わりで宿題も勉強もという感じになるのでしょう。

 内職も終わり、今は夜のんびりできる時間が増えています。そのぶん内職代も入らないことになりますが、また流れで仕事が増えるときも来るのではないかなあ・・・というか、増やさなくてはなあという感じでしょうか。あんまり働き者ではないので(笑)、自分でもう少しお尻を叩かないとダメだなあなんて思っていますが、肩の力ももう少し抜きたいなあ。矛盾していますけれどね。

 こちらの夏も暑いですが、私は日中冷房の中にいるのでそれほどバテバテではないです。それよりもあまり汗を掻かなくてよくないなあと思っていて、この頃自転車で会社に行き始めたらいっぱい汗を掻くようになりました。体を動かし始めたらもっと積極的に運動できたらいいなあなんて思いも出てきたりして・・。どちらかというと夏の暑さよりも会社の人との関係の中での苦しい気持ちの方が比重は大きいかもね。相手の人は26歳の若者なんだけど、どう付き合っていったらいいのか試行錯誤中というところです。仕事は出来る子なんだけれど、扱いが難しい子なので、よほどおとな心を立てていないと巻き込まれてしまうんです。まあ乗り越えられない壁は出てこないのでしょうから・・なんとか今を乗り切るぞって思っています。

 芳子さんも阿部先生も体に気をつけてくださいね。睡眠などたくさんとって、ゆっくり休む時間もとってくださいね。

 この頃また、芳子さんとの出会いの頃のことを思い出しています。あんなふうに誰かを受け止めることの出来る自分になりたいと思うこの頃です。今日は同僚の愚痴を聞きながら、ついふっと彼女の背中を撫でていました。その行動を別の自分が見ていて、何だかちょっとだけ力が抜けた自分を感じていました。いろんな人に助けられながら、苦しい時もいっぱいあるけれど幸せです。

 いつもありがとう。



「心配だよぉぉぉぉぉ」

 昨日ね、自分は役に立っているんだ、と思えることがありました。

 何気なく次女に、「今は誰とお友だちなの?」と聞きました。クラス替えがあり、でも次女は誰とでもつきあえる(と思っていた)ので大丈夫、家での様子も変わりないし、と特に心配はしていませんでした。

 そしたら、「まだいない」との答え。えーっ。「休み時間はどうしてるの」「暇だから図書室に行ってる」図書委員なのですが、当番の日でなくても図書室に行っているらしい。すっかり安心していた私は、がーんと殴られた感じ。

 私の小さい頃の寂しい気持ちがムクムクと出てきて切なくなってきました。でも自分のことではなく子どものこととなると気持ちを分けられるようになった私、次女にどうしてあげればいいのか、考えました。

 普段の様子はあまり変わりないのです。相変わらずぎゅーしよう、と言ってくるのですが、それを心を込めてやろうと思いました。なんせ今までは私の気持ち次第で心を込めていなかったので。長女のように落ち込む様子が見えないので、わざわざ「友だちがいなくて寂しいよね」と言わなくてもいいかな。

 そうだ、休みの日に次女がクッキーを作りたいと言っていたから、それを一緒に作ろう!丁度公民館主催の母の日の料理教室が定員いっぱいで、断られてしまったので、何か作りたいんだろうなと思いました。

 と、いろいろ考えてたら、私が今まで、今もだけど苦しい気持ちでいて、それを何とかしようと癒しの子育てを知って少しずつ気持ちを聴けるようになって、そのおかげで子どもたちのこういう問題が発生したときに、自分の気持ちと分けて考えられるようになったんだな。私は子どもたちの安心基地になっているんだな、と思えたの。そうしたら、自分は役に立っているんだなぁと思えたの。

 仕事を辞めてしまい、家で読書三昧の日々。みんなは一生懸命勉強と仕事をしてきているのに私は好きなことしている。ずいぶんと引け目を感じていたけど、こういうことがあったときのために私がいるんだなぁと思えたのでした。

 ところで、やっぱり心配ではある次女のこと。今までは割と誰とでも話せて友だちを作っていっていたのですが、休み時間に教室にいられない、ということは話しかける友だちがいない、ということなのでしょうか。4年の時の友だちはおっとりとした友だちで、何事も積極的でパキパキしている次女は、長女みたいにおっとりした子がいいのかなと思いました。きっと本当の次女は、おっとりとのんびりとしているのかもしれませんね。

 そんなお友だちと良い関係だったのかな。新しいクラスの子にはそういう子がいないのかもしれません。いても、まだ気づかないのかもしれませんね。長女がそうだったのですが、やはりすぐには友だちができなくて、でもじっくりと観察し、この子となら友だちになれると思った子と仲良くなっているようでした。次女も、そうだといいんだけど。

 それとね、友だちがいないこと、やっぱり寂しいですよね。ううん、やっぱりぎゅっーしてあげることが一番ですね。それで友だちができるようになればいいし、もしガマンできなくなったら寂しい気持ちを言ってくれるでしょう。それまで待ってていいですよね。

 それで、自分の時のこと考えました。友だちがいない→寂しい→友だちが出来るように努力する。でもその努力は、自分を卑下してしまったので、私はすっかりいじけ虫、ひねくれ虫になってしまいました。友だちがいなくて寂しくても、いじけることなく乗り越えた人はたくさんいるのに、どうして私はいじけてしまったのだろう。そうだよ、さみしいよぉーと、母に言うことも、察知してもらうこともなかったんだもん。うん、やっぱり次女の気持ちに、寄り添うことが大事だ。

 それから、この間から気になっている「孤独」。次女がどう感じているのかわからないけど、一人でいる、ことに引け目やつらい思いをしなくてもいいように、うーんうまく言えないなぁ。一人でいることは寂しい。でもその寂しさを追いやってはだめなんだよね。寂しい気持ち、それも大事で、それも充分感じながら、でも、一人でいるのは恥ずかしい、とかそういう気持ちにならないようにしてあげたいと思いました。

 と、ここまで書いたけど、やっぱり心配だよぉぉぉぉぉ。

 学校ではがんばっているんでしょうね、次女は家では大騒ぎです。もともとおもしろいことをする子なのですが、宿題しながら変なことして笑わせたりして、いつもよりテンションが高いのです。友だちと遊ぶ約束もしてこないから、よっぽど家でホッとしていたいのかなとも思いました。


TOP
 体験談「項目」へ  HOME