←HOME

 赤ちゃん期の気がかり
断乳・卒乳の体験談 


  「育児の方向転換」  「私の断乳挫折」  「断乳2日目の夜に」 
「断乳をしました」  「哺乳瓶にちゃんとさよなら」  「母子でやり抜いた卒乳」  「Rとおっぱいの741日」 
「おっぱいが病気で痛い」 「おっぱいやめれば何とかなる!?…」 「娘の断乳」  「お姉ちゃんらしくなりました」

「育児の方向転換」

 はじめまして。
 私は抱っこ法を知ってから、本当に今までの育児のやり方とは、全然反対のことや、考えもしない方法ばかりで、本当に驚きました。さっそく、娘との関わり方をいろいろ変えてみました。私はすぐカッとなる自分が嫌で、そうならないようがんばるのだけれど、爆発したり、その後、すごく落ち込むことがあり、すごくムラがあって、娘に嫌な思いをさせてしまう…と心配していたので、娘が何か感じていたなら、わかりたいと思いました。また、泣かれると困ったりイライラすることがあり、特に、抱っこ法を知る一か月前から、卒乳にそなえて、おっぱいをほしがるだけあげよう、としていました。本当にのみたいときはいいのでけれど、泣きたい時は、オッパイで紛らわせていることに気づいてしまうと、またまたオッパイの与え方の方向転換で、娘はすごく戸惑っただろうと思います。

 少しずつ泣かせていくと、今度は怒り始めてかんしゃくを起こすと、さわれない状態になりました。外でこれをされるとちょっと困ってしまい、慰めたいけど抱くこともできず、暴れられて、見るに見かねたおばさん(通りすがりの)から、「あっ、犬がいるよ」と気をそらす言葉をかけてもらい、一度は泣きやむものの、また大泣きで、「最近の母親はあやし方も知らない」なんて言われているだろうな、ってちょっと落ち込みました。その後も何度か、かんしゃくをおこしたとき、抱っこを試みましたが、うまく抱っこできず、抱っこしてもついには「おっぱい」に負けて、飲ませてしまいました。

 そこで、抱っこ法協会から近くの援助者を教えて頂き、教室に行ってみました。が、すぐには個別の援助を受けられないことになって、がっかりして帰ってきました。でもその日を境に、家ではなかなか進まなかった娘のトイレトレーニングが、家でも外出時と同じようにできるようになったので、娘も何かは感じているのだと思います。

 そして、自分の心境の変化を経て、なんとか、抱っこし続けることができました。ちょっとしっくりいかないところもあるのですが。抱っこしていると「おりる、おりる」と言うのはいつものことですが、抱っこに至るまでのダダこねに対して、自分の小さい頃の子だと思って話しかけてみようと思って語りかけていたので、怒りながらも娘から近づいてきました。

 ずっと抱っこしていると、「終わりがどこにあるのだろう…」と不安になってしまい、一度中断しました。すかさず「おっぱい」とやってきましたが、もう一度、抱っこし、歌ってみると、それまではなに言っても聞かないという感じが、すごく耳をすまして聞いているので、歌う口調で語りかけてみました。「ママが怒りすぎることあったね」「ママと、パパが、辛いことをかかえてることを知って、心配してたね」とか、いろいろ言うと、ギャーと泣いたり。でも反応して泣いているのか、判断ができませんでした。

 そのうち、おもちゃを見つけ、一人で遊び始め、「おっぱい」。「おっぱいで紛らわせないで、お話ししようね」というやりとりが何回かありました。突然、ケロッとしてしまったので、これは歯止めが再びかかったのか、すっきりしているのかどっち?とまた分かりませんでした。でも、ここまで泣かせてあげたことも、おっぱいなしで大泣きから立ち直ったことも初めてだったので、進んだのかも、と思いました。

 その後、一人で遊んでいるようすをみて、おとなびて見えることがあって、ドキッとして、やっぱりすっきりしているのかも、と思いました。

 自分が母に対して、こだわってきた出来事が、抱っこを知って、自分の内面から変化を始めてから、さっととけて、なくなってしまうということがありました。それは、『通信』38号の、『おかあさん、もうどこにも行かないで』と言う文章を読んで、自分でもびっくりするくらい泣いてしまいました。ああ、私は、甘えたかったんだと、と分かると、二十数年間こだわってきたことが、今では、それがなんだったのか思い出すには、考えなければいけないほどです。

 自分の心の変化、そして、夫に素直に、今私は助けてほしいと思っていることを伝える(それまでは、スネていました)。いろんな変化があっての、娘との抱っこの変化なのかもしれません。

 以上が、抱っこ法を知ってからの主な抱っこに関する出来事です。そして、今、私は、天心を受けてみたいと思っているところです。



「私の断乳挫折」

 春は職場に復帰するお母さんが多いせいか、断乳や卒乳についての相談が増えるように思います。今でこそそんなお母さんたちの応援をしている私ですが、実は私は断乳挫折の経験者なのです。ですから子どもの「おっぱい」連呼に挫ける気持ちがよくわかります。気を取り直して再挑戦したのは挫折後1年経ってから。娘はすでに2才5ヶ月になっていました。

 和く輪く舎に相談でお邪魔したのはその時でした。近所の小学生のお姉ちゃんたちの仲間に入りたいとキーキーウダウダ私に訴えるくせにいざ遊んでくれるとなると固まって「いい」と断るのくり返しで常に欲求不満な様子なのが気になって相談したのです。

 「あれ取って、いや違う、こっち」と親を動かしたがったり「この本読んで」と広げるわりには、ちっとも聞かずに次々と本ばかりを運んできたり、しょっちゅう「オッパイ」とせがんでも大して飲む様子もなかったり。

 今、思い返せば泣いてスッキリしたい様子がアリアリでした。自宅で抱っこ法をやってはみるものの何か今ひとつしっくりこないまま、泣き疲れて寝るので思いきって相談に行ってみようと出かけたのでした。

 「どうも娘さんは困ってるみたいよ」と抱っこ法の先生。「お姉さんになったらいいのか、赤ちゃんのままがいいのか どうしたらいいのかわからないみたい」娘は「暑い!、かゆい!汗!鼻くそ出た!」など私に抱っこされて、さんざん騒いだ挙げ句、先生の「困っているみたい」でワーンと泣き出しました。

 「何もかもお子さんに決めさせるのはかえって酷ですよ。最後の一押しはお母さんがしてあげないと」そうか断乳も共同作業なんだと私は思いました。私は自分の分まで娘に押しつけていたんだと思ったのです。娘はお姉さんになる一押しを私にして欲しかったのです。

 私が1年前に断乳を決意しておきながら挫折したのは、オッパイ無しで親子の絆がどうなるのか不安だったからです。もちろん、その時は「こんなに欲しがるのにやめるなんて可哀想」と思っていました。娘のためにオッパイを続けるのだと思っていたのです。でも、本当はあげないと不安な私だったのです。オッパイが手放せなかったのは私でした。娘はそれに付き合ってくれていただけなのだと、私はつい最近、気づいたのでした。



「断乳2日目の夜に」

〈第1信〉

 初めてメールさせていただきます。先日、先生の本をたまたま借りて読ませていただきました。

 その後、1歳3ヶ月の息子の断乳中、私にとっては心を打たれる事がありましたので思わずメールいたしました。息子には3歳半の兄がいます。

さて、息子の断乳1日目(土曜日)
 昼間は何とかハイハインやおむすびでごまかされ、クリアー。もともと昼間は保育園なので大丈夫でした。問題の夜、寝付きは30分くらい号泣しましたが、寝ました。いつも夜中の1時と朝の4時に授乳していました。夜中1時にやはり目をさまし、号泣。暴れる暴れる。体を反り返し、私を叩いたり蹴ったり、とても泣きやみません。私は私で、パジャマがおっぱいで濡れてしまい、おっぱいのにおいもプンプン。これじゃあ我慢しろっていうのも可哀想だなと思い、その時はあげてしまいました。

息子の断乳2日目(日曜日)
 昼間は昨日同様にクリアー。夜の寝付きも昼寝をほとんどしてないので、30分くらい号泣で寝ました。問題の夜中1時・・・またすごい号泣とともに暴れる。やっぱり泣きやみそうにありません。桶谷という母乳育児相談所の先生のアドバイス通り、「おっぱい飲みたいよね、辛いね、がんばってるね」等、息子の気持ちにそったアドバイスをずっとしていましたが、全然効き目ありませんでした。まだやめるの早いのかなあ、もっと先に延ばそうかなあと思い、今日もおっぱいあげようと思ったときに、ふと『心を育てる抱っこ法』で読んだことを思い出しました。

・・・抱っこしているとき体を反らせてお母さんから逃げるようにしたり、抱っこしていて目を合わせないようなとき、子どもの心にお母さんに対するわだかまり、不安(そんな言葉だったと思います)がある可能性があるから、それをおしゃべり出来ない子どもの変わりに代弁してあげましょう。そうすると、嘘のように泣きやんで寝てしまったり、素直になったりします・・・

 私は試しにと、思いつく限り言ってみました。
「おっぱい勝手にやめるってきめていやだった?」
→反応なし
「今日、トイレに長い時間こもって(おっぱい絞っていた)、待っているの寂しかった?」
→反応なし
「こけたの痛かった?もっとさすって欲しかった?」
→反応なし

「!」

 私はもう1つ思いついて言ってみました。
「○○が男の子だってわかったときお母さんがガッカリしたのが悲しかった?」
その瞬間、あんなに激しく泣いて、暴れていたのが嘘のようにおとなしくなりました。私は本当に驚愕してもう一度、
「お母さんが女の子欲しいって思っていて自分が男の子だったからお母さん僕でいいのかなって思っていたの?」
と聞いたら、しがみついてきました。そして泣き方が変わってシクシク泣き始めました。
「本当に!?そうなの・・・そんなことがあるの?」
と半信半疑になりながらも、泣きやんだのは事実なので、そのまま続けてみました。

「お母さん、確かに女の子欲しかったから、男の子だってわかったときガッカリしたよ。でも、実際生まれてきてくれて○○の顔みたら、やっぱり○○がよかったと思ったよ。男の子の○○が良かったよ」
シクシクからか細いフエ〜ンに泣き方がまた変わりました。
「3人目ほしいって言っているのがイヤなの?女の子が欲しいからだと思うの?自分はいらないのかなと思ったの?」
と聞いたらまた少し反応。
「お母さんは3人目も男の子でも女の子でもいいと思っているんだよ。女の子が欲しいからじゃなくて子どもが欲しいから生みたいなと思っているんだよ。○○は男の子でよかったし、とても可愛く大事に思っているんだよ」
というと段々泣き声に寝息が混じるようになりました。

 でも、あともう一息という感じ。

「『おとうさんとおかあさんの大事な大事な○○くん、ゆっくりおやすみ』って○○も言って欲しかった?」
(↑これは兄が生まれたときから、兄には毎晩欠かさず寝る前に言っている言葉だったのですが、寝させるタイミング上、弟の○○には言ったことがありませんでした)

 そう私が言ったら、すうすうと安心したような顔をして寝てしまいました。もちろんおっぱいなしで。

 おっぱいを飲んだ後、いつも私と反対をむいて、布団からはみ出して遠くで寝ていた○○は、昨日は私の方を向き、寄り添うように寝ていました。そのまま朝までぐっすり寝ました。

 主人は横で見ていて、私が何を話していたかは聞こえなかったけど、急に大暴れしていた○○が泣きやんですうっと寝たのでビックリしたと言っていました。

 偶然かもしれませんが、私は胸がいっぱいになりました。こんなことが本当にあるなんて。○○がそんな風に不安に思っていて、それをおっぱいで何とか解消していたのかなと考えると涙が出てきました。

 今晩も、また一悶着あるかもしれませんが、○○が心にためている話を沢山わかってあげられたらいいなと思います。

 先生の本を読んでいなければ全く気づかないままだったと思います。一度で解消されるものなのかよく分かりませんが、不安になったらまた何度でも言ってあげようと思いました。

 ありがとうございました。


〈第2信〉

 断乳中の息子は、抱っこ翌日から、寝る際10分くらい泣きますが、暴れるほど泣くことはなく、すんなり寝るようになりました。夜中に起きても同じです。きっとすっきりしたのでしょう。本当に良かったです。ありがとうございました。

 断乳は母親にとっても辛いですし、おっぱいが恋しくて号泣しているのか、他の何かの不安を紛らわそうと泣いているのか判断も難しいと思います。このような体験でも皆様のお役に立てるのでしたら、ホームページに掲載してくださって、もちろん私はかまいません。

 下の子にかまっていると今度は上の子が寂しいのかおかしくなってきます(苦笑)。昨日は上の子を抱っこしてみましたが、「ねむ〜い」と言って逃げられてしまいました。上の子の方が手強く、どういう風にとっかかりをもっていけば良いか難しいです。

 またご相談させていただくこともあるかもしれません。
 今後ともよろしくお願いいたします。ご丁寧にありがとうございました。



「断乳をしました」

〈第1信〉

 三週間前に断乳をした1歳7ヶ月(断乳時1歳6ヶ月)の男児のことで悩んでいます。親子ともども心に傷を作らないようにと思って、桶谷式のマッサージに通いながらの断乳でしたが、結果今は食欲はなく今までのような 元気がまったくありません。食欲に関しては、断乳直後より抱っこ法を試みた最近のほうが細く、最低限の水分とちょっと口にするだけで体を心配してしまうほどです

 3回くらい抱っこ法を試みているのですが、眠くなる前のぐずったときにやっているからか、15分くらいで落ち着いた泣きになって眠りについてしまいます。

 1回目は、彼がおっ ぱい大好きだった気持ちや、もっと飲みたかったの?という話をし、逆に私が彼のもっと飲みたい気持ちを知ってから、もっと飲ませてあげたいけれど、もうおいしいおっぱいが出なくて悲しい気持ちを話して、号泣してしまいました。その間彼が私をじっと見てくれて、私が癒された感じでした(その後抱っこですやすやと眠りました)。

 2回目は、1回目の気持ちを代弁したときは柔らかい泣きで、どうしてママはおっぱいやめさせたの?と代弁したらおお泣きでまた眠りました。

 3回目は、おっぱいの話でおお泣きだった後、妊娠後期に切迫流産で1ヶ月の入院生活のときの気持ち、彼があまり泣かない子だったためあまり気にかけてあげられず、お姉ちゃん優先だったこと、日頃から彼の気持ちに気づいてあげてなかった上に、彼の気持ちをわからずに断乳してしまったことを話しました。するとどれがどれだかわからないくらい、イヤイヤ!言って私から離れようとしました。結局泣きつかれたのかお昼寝しました。

 なんだか、いつになってもやわらかい泣きにならず、食欲もなく、これからどうすればよいのか途方にくれています。

 このまま抱っこ法を続けていいのか、眠そうなときにやらないほうがよいのか、彼の気持ちを癒すことができるのか、断乳による心の傷は癒されるのか、断乳以外に問題があるのか・・・自分の気持ちが悶々としてしまい、前に進めない気持ちです。これでは、彼も元気になれずに苦しむと思うと、何とかしたいのですが、動けません。少し助言をいただきたくてメールしました。


〈第2信〉

 お忙しい中お返事ありがとうございます。この一週間の報告をいたします。

 あまりに食欲がなく自分もどうしたらよいかわからなかっため、桶谷の助産士さんにお聞きしたところ、「母親本人が暗いからではないか、もっと子どもと遊ばせて貴方が元気出しなさい」とアドバイスいただいて、心がけました。なんとか前よりか元気になりましたが、まだ食べるのを拒否していました。

 メールをして4日くらいした日の昼寝のとき、また訴え泣きがあり、私が抱っこ法のようにどうなぐさめても泣き止まず、それを聞いていたパパとお姉ちゃんが覗きにきました。そこで、なぜかパパと私が「泣きたければ泣いていいよ」と言ってもべそをかいたままなのに、お姉ちゃんが声をかけると、反り返って「いやーいやー」と泣き叫びました。2回繰り返した後泣き止んで起きました。

 そんなことがあった次の日から、何故か普通に食べるようになりました。食べることを拒否する姿もなく、訴え泣くこともなく・・・・。

 それからは敢えて抱っこ法を行っていません。それからというもの、お姉ちゃんに負けないほどに主張が強くなり、今はママを放さない!という意思がみられます。

 今振り返ると、今までは彼の気持ちを考えるよりも先に、主張の強いお姉ちゃんに合わせてしまっていたのかなと思います。そこで彼はやりきれない気持ちをおっぱいを吸ったり、おっぱいを飲む二人の時間で消化していたのかな・・・と。その大事な役割のおっぱいがなくなったために、彼自身困ってしまったのでは・・・と。パパやお姉ちゃんにもそんな話をして、彼の気持ちをきちんと受け止めてあげることにしました。

 ・・・こういう解釈をいているのですが、どうでしょうか・・・。


〈第3信〉

 そうなんですね、お姉ちゃんに声をかけてもらえたことで、気持ちを訴えることができたんですね。私だけではどうすることもできなかったところを、彼女の力で彼を元気にすることができた、嬉しく思います。

 あれからはきちんと食事を食べてくれ、私も彼から元気をもらっています。まだ、遊びに出かけても「抱っこして〜」が多いですが、いっぱい抱っこしてあげてのんびり見守ってあげようと思います。

 実はお姉ちゃんにも抱っこ法をしてあげなきゃと思っています。これからは、励ましの抱っこ等もう少し勉強して、娘と息子との心の距離を縮めていきたいと思っています。

 抱っこ法に出会えて本当によかったと思います。ありがとうございました。



「哺乳瓶にちゃんとさよなら」

 Wさま、3月に相談室でお世話になりましたSの母です。ずっとご無沙汰してしまいまして失礼しております。お元気でお過ごしのことと思います。

 おかげさまで、どうなることかと思っていました卒乳を無事4月にすることができました。ミルクはすんなり卒業できていましたが、哺乳瓶の卒業には少し時間がかかりました。「オミズブブが赤ちゃんの国に行っちゃったよ!!!」と大泣きして寝ない日々が数週間続き、余りに辛そうなものですから、ちゃんとさようならを言っていなかったのかもしれない、心の準備ができていないまま卒乳させたかもしれないと思いまして、「急にいなくなっちゃったかな?さよならしてなかったのかな?」Sに聞きますと、「うんうん」と言うので、「さよなら言いたいから一度戻ってきてもらおうかな?」と聞きましたら、また「うんうん」。

 そこで、哺乳瓶ににっこりマークを書きまして、「こんばんは。Sくん泣いてるんだってね。会いに戻ってきたよ。元気にしてるかなあ!」と渡しましたら、顔かパーっと輝きまして(ほんとうに輝くのですね〜ああつらかったんだなと再度思いました)、「オミズ入れて!」と渡しますので、お水を入れてやりました。それは嬉しそうにチュチュチュチュと吸いました。でもすぐにもういいんだという風にテーブルに置いて遊び始めたので、私のほうが、え?もういいの???という思いでした。「もういいの?」「うん」「哺乳瓶さん赤ちゃんの国に帰るよ?」「うん」「さよならしたのかな?」「バイバイ」あっけないほどのさようならで、元気に遊んでおりました。

 30分くらいして、自分が置いた場所にふと戻ってきて、哺乳瓶がないのに気がついたのですが、「ないんだな」という風でまた遊びを続けていました。そばで見ていた私には、その様子は、哺乳瓶が居なくなってしまったことをSが受け入れているように見えました。その夜からは、オミズブブ!!と言って泣くこともなくなり、きっぱりと卒乳しました。すでに3ヶ月余りが経ちましたがときおり「哺乳瓶さん帰っちゃったね・・・」とは言うものの大騒ぎして泣くことはなくおしゃぶりで寝付けるようになりました。そして「ぼく赤ちゃんじゃないんだもの!」「ぼくおにいちゃんになっちゃったんだもの!」と言っては色々とチャレンジしている毎日です。毎日、ずーっと話をして歌を歌っています。

 見知らぬ子どもが近づいてくるのは相変わらず嫌がって泣きますが、知っているお友達とは遊んだりしていますし、彼の中で区別があるようなのでちゃんと育ってきているように思っています。今はおむつはずれも真っ最中です。一度、上手に大小共にできるようになったのですが、私とSが風邪をひき、一週間紙オムツにしていたらまた逆戻りです。でも彼の中にできるもんという自信はあるようで、今年中に、オムツがはずれればいいかなあと思いながらお世話をしている状況です。

 そろそろ一番気になっていた胎児のころ、出産時のことを聞いてみる準備ができたかもしれません。カンガルーの新生児とママカンガルーの写真を見て泣き出し、ヤダーと言うのでポストイットで目隠しして図鑑を見ていたりするのです。私が気にしすぎなのかもしれませんが……。抱っこ法行こうか?と聞くと、泣きそうになって「イヤダ」と言いますので、あ!何かあるぞと思っているのです。

 先日届きました和く輪く舎のお便りを、テーブルに出してあったのを見つけたり、抱っこ法の話をしたり、私がご報告のメールを送ったりしたせいでしょうか、今日は、Sはおしゃぶり(彼はこれをおっばいといいます)をなかなか口ににせず、ずっと触っていましたので、「Sはミッキー君のおしゃぶりが大好きだね」と話をしていましたら、「僕のミルクなくなっちゃったの?」「僕ミルクほしいな・・」と言っておりました。「お兄ちゃんにミルクいるのかな?」「飲みたいな」「Sライスドリーム(我が家では牛乳は飲まないので)飲んでるね」「うん」、これで納得したようでおしゃぶりをくわえました。なくなっちゃたのは受け入れたけどでもちょっとさびしい気持ちはあるんですね。
 
 私の心の中は筒抜けなんでしょうね。あれもしてあげたい、これもしてあげたいと思う私の心も筒抜けで、ママにそれをやらせてあげるために僕は一緒に居てあげようと思って、なかなか私から離れないのかもしれないなあと思った一日の終わりでした。子育てはたいへんだけど楽しいですね。忘れていたものを思い出します。もう一度Sくらいオープンで優しい心の状態に戻れるよう、天心にも参加できるといいなあと思っています。

 また近々お世話になりたいと思っております。
 暑い毎日が続きますが、皆様体調崩されませんようにご自愛くださいませ。
お目にかかれますことを楽しみにしております。



「母子でやり抜いた卒乳」

 先生お元気ですか。
 娘は2歳の誕生日を迎えました。それを機会に卒乳することができました。抱っこ法を知ったのは、よこはま自然育児の会の母乳に関する資料からで、アイコンタクトがとれないなど(飲ませているとき)気にかかることがあり、おっぱいで感情を押し込めていると心配になり、卒乳に関しても、抱っこ法を知ってからチャレンジすると効果があると知り、調べ始めたことが始まりでした。今は卒乳でき、ホッとして、そしてこの成長をうれしく思っているのですが、この手紙を書く前に、抱っこ法を知ってから現在まで、私自身どう心の変化があったのだろうとふと思い、日記を読んでいました。こんなことしていたの?としあわせに浸りすぎて忘れていた事件などを思い出し、ちょっと落ち込みました。

 そして、卒乳は、5日前に娘に知らせておいたのですが、日記を読み返すと、その前から娘自身におっぱいなしで何かやってみよう、という兆しがあったのかな…と思いました。娘はだいぶ抱っこしやすくなりました。パニック泣きも少なくなり、ストレートにえーんと泣いてくれることが多くなりました。

 年明けの事なのですが、主人の実家で正月を過ごし、家に車で帰る車中で大泣きが始まりました。おっぱいを飲みたいようすなのに、自分でダメだとおさえているようで、パニック泣きでした。「のんでいいよ」と言っても私から逃げ、座席の下に行ってしまう。飲ませた方がいいかなと飲ませてみても、服を脱がそうとするとキィーと怒り始めたので、抱っこしました。顔をひっかかれたり、髪をつかまれました。いろいろ話しかけてみようと思ったのですが、そんなことより娘の気持ちを感じようと思い、「そうか、そうか」と抱いた。いつもなら、ひっかかれるとカッとしてしまうのですが、このときは何をされても愛おしく感じました。そのうちおとなしくなってきたので、おっぱいのことかなと思い話してみました。「(おっぱいの)傷、心配だったね」「あまり飲めなかったね」うわっと泣く。「おっぱい飲んで変なのって言われたね。でもそんなことないよ。ごめんね、ママがおっぱいのことそんなふうに言わないで下さい、ってちゃんと伝えればいいのに、ごめんね。どうしても言えないんで。変じゃないよ」むすめはうぁ〜んと泣くので、私も義母から言われてなにも言えなかったので、感情がこみ上げてきてうぁ〜と一緒に泣きました。

 でもまだなんかありそう。あっ、昼のことだ。「パパとママ、ケンカしてびっくりしたね。○○ちゃんが悪いんじゃないんだよ」このことが一番泣きました。1時間近く続きましたが、家に着いてからも泣いていました。私たちのケンカのとき、娘はおびえてイスから落ちていたのですが、そう言うふうにこわがらせる、もっと前の深い思いがあると思いますが、この日はこれ以上わからないと思い、おっぱいを飲ませました。

 パパが戻り、ほっとしたようすで、元気になっていきました。パパは泣くのをきいていて辛かっただろうと思いましたが、「途中で○○がうわ〜と泣いて、ホロッときた。ママもそれで泣いたんでしょ」と言うので、ちょっと違うと思いましたが、黙ってました。

 このことがあった2日後、私がいなくても、おっぱいなしで夜、パパと布団で先に寝てしまい、これ以後も、ちょくちょくパパと先に寝るようになりました。

 年末のおっぱいの傷で、片方しか飲ませられなくなり辛かったのと、虫歯ができはじめたのが気になっていたのと、やっぱり次の子が欲しいという思いから、2歳で卒乳させようと決めました。娘に話すと、納得したようなしてないような感じでした。「あと5日で、○○は2歳になるよ。サークルでハッピーバースデーして、ばあちゃんたちともケーキを食べてハッピーバースデーして、そしたらおっぱいさよならね」そう話した日からすごくおっぱいを欲しがり、できる限り飲ませました。

 そして誕生日の前の夜、ビエ〜ンと泣いて起きるので、抱っこしました。するとしばらくして、「ハッピーバースデー」と言っているようなので、「ママ急にさよならしようねって言って、びっくりしたかな」と言ってもあまり反応がなく、「ハッピーバスデーして、ちゃんとおっぱいにさよならできるか不安なのかな」というと、わぁ〜と泣きました。「心配だねー。好きだもんねー。ママもできるか心配だもんね」しばらく泣いて、「おっぱい」というので飲ますと、落ち着き眠りました。

 誕生日当日は、サークルのみんなに祝ってもらいうれしそうでした。そして、二人きりになり、おっぱいを飲ませ、「さよならしようね」と言って、おっぱいに絵を描くと、「アンパンマンだ」としばらく見て、おっぱいにチュッとしました。チュッとしたり、喜ぶと成功すると聞いていたので、ちょっとほっとしましたが、援助者に相談に行ったとき、「どういう断乳をめざしてるのか」ときかれて、「子どもがスッキリして、絵などをかいて、それを喜んで、ほのぼの幸せにさよならしたい」と伝えると、「そんなふうにはいかない。辛いものです。抱っこし続けられますか」と言われていたので、そのことが頭に浮かび、心配になりました。どうしたい、ときかれたので理想を言ったのですが、現実をみてないと思われたのかな、などと思っていました。

 その日の夜中も、それまでは2、3回飲んでいたので、同じように起きましたが、覚悟していたより、話にきいていたより楽で、泣いても抱っこすれば泣きやんだり、トントンと肩をたたけば自然に寝ていきました。

 次の日は、別人のように一人で楽しそうに遊び、寝ました。たまに「おっぱい」と言っても、アンパンマンをみせると、「チュッ」として「ないない」としまいました。

 そういう娘の姿をみて、本当に今まで頑張ってよかった、無理やりやめさせないでよかったとじ〜んとしました。おっぱいをやめること=辛いではなく、成長を感じられる節目になったこと、娘自身にも自信になったのでは……。子どもってすごいなあ、と感動の連続でした。今までのおっぱい生活をふり返り、おっぱいをめぐってのやりとりで、私が娘に謝りたいと思っていたことも、そうであるしかなかったのだと、温かいほほえましい思い出に変わりました。娘の中に、何か思うことがあったとしても、「そうか、そうか」ときいてやれそうです。

 卒乳を計画するに当たり、援助者のところで抱っこを経験した方がいいのかと、何度も考えました。「断乳することが決まったら連絡下さい」とのことだったのですが、おっぱいをやめる当日なのか、ちょっと前なのか、いつがよいのだろう、ともやもや考え、結局行かずに終わりました。終わってみて私は、とにかく不安が大きかったんだなあと思いました。いろいろありましたが、これでよかったように思います。自分自身でやり抜く決心が大事ですね。

 長くなりましたが感動にウズウズして、いっぱい書いてしまいました。読んでくださりありがとうございます。

 新しい年を迎えて、お忙しい日々を送られていることと思いますが、お体大事にしてお過ごし下さい。



「Rとおっぱいの741日」

 とにかくおっぱいの大好きなRでした。明けても暮れてもおっぱいでした、抱っこに出合うまでは。
 おっぱいを飲ませまくっていたのには、わたしなりのワケはあったのです。わたしのところに来てくれた小さな尊い生命にとって、わたしは世界の代表だから、求めれば与えられるという世界観を彼が築いていくために、と。赤ちゃんの頃は泣く度に、動けるようになってからは飲みに来る度に………疑問の余地など皆無でした、抱っこに出会うまでは。
 
 忘れもしない11年11月11日、初めて和く輪く舎のドアを押し、大切なおっぱいを「本当に飲みたい時に」「おいしく飲むために」、おっぱいを逃げ道にしないことを秀雄先生に教えていただきました。退屈なとき、痛かったとき、悲しくなったとき、Rはおっぱいに逃げることなく、きちんと自分の気持ちに対峙して、そしていっぱい泣くことができるようになりました。
 秀雄先生ありがとう!おっぱいも抱っこも上手に(?)なったし、よしっ、末永くおっぱいを飲んでいこう!やめる理由なんてひとつもないよね。(でもまさか、中学生になっても飲んでるってことはないよね。)………疑問の余地は皆無でした。

 2000年1月の抱っこ。もしもRが「おっぱいにバイバイしてもっとおにいちゃんになるぞ」という向上心をもつことがあるとすれば、その芽を摘み取ることはするまい。と、インプットする手助けをしていただきました。そしていっぱい泣きました。泣いたのは私。「やだやだやだよう。Rがおっぱいバイバイするなんてやだやだ。絶対にいやだ。Rにおっぱいあげるの大好きだもん。バイバイされたら寂しいよう。」………井村先生とRに抱っこしてもらった暖かいひとときでした。

 井村先生ありがとう!R、お母さんは、おっぱいがなくてもRのお母さんだし、Rがおっぱい飲まなくても大丈夫よ。………でもまあ、そんな日が来るとしても、遠い遠い未来のことだわね。Rはまだまだチビッコだし、おっぱい大好きな甘えん坊だもの。 目が覚めるか覚めないかの、とろとろとしたまどろみの時………Rが勝手におっぱい出して飲んでいる………それがいつの間にかふざけっこになって、一日の始まりだ!普通に流れていく普通の日常。Rにひと声かけて洗面所に行く。用を済ませて出ようとすると、外からバタンと扉が閉められた。そおっと開けるとRが泣いている。泣きながら扉を閉める。「ダメ。ママ。バイバイ。」………「え?」

 部屋に戻ろうとするわたしを、2歳になったばっかりのチビッコが全身で拒否し、押し戻そうとしている。「抱っこだ!」 「ママ、バイバイ。オッパイ、バイバイ。」………動揺して頭がグルグルする。ごめん、夕べビール飲んじゃったんだ。「今朝のおっぱいまずかったよね、ごめんなさい。これからは気をつけるね。」「ううん。オッパイ、バイバイ。」………グルグルする。まずかったって教えてくれてるんじゃなくて、もうずっと飲まないの?おいしくて、大好きなのに飲まないの?おいしくて、大好きなのに飲まないの?」「ウン、オッパイ、バイバイ。」………グルグルする。そんなこと言ったってまた飲みたくなるに違いない。ちょっと言ってみただけだろう。第一ねんねの時はどうすんだ?!

 ストップ!グルグルはストップ!Rの向上心だ!わたしが潰してどうする!「わかったよR。話してくれてありがとう。Rはもうおにいちゃんだからおっぱいは飲まないんだよね。すごいね自分で決めて。」内緒なんだけれど、正しかったかどうか定かではないけれど、それからもう一回だけ飲んでもらいました。だって、あのふざけっこのおっぱいが最後だなんて、悔いが残りそうだったから。その気持ちを丁寧にRに話して、2年前おっぱい用に作ってもらった揺り椅子を部屋の隅から出してきて、大切に、静かに飲みました。厳粛で豊かで幸せな、密度の高いひとときでした。

 「もういい?」「うん」「ありがとうR。おっぱいにありがとする?」「うん」
 ちいさなかわいい指をそろえ、そおっと優しくなでて、「ありがと」してくれました。ああ、本当に訣別したんだな。2000年5月13日、2歳の誕生日から10日目の出来事でした。
 
 とにかくよく泣きました(わたしわたし。わたしの方)。田舎の家では大家族の中で暮らしているし、保育園にも通っているからずっと気が紛れるおだろうに、よりによって東京の家にわたしとふたりで戻っている時に………田舎の家でも大威張りでのびのびと過ごしているけれど、さすがにここまでオトナのわたしが声を上げて泣きまくったら、家族も困り果てただろうし、わたしだって少し控えめにしていただろうと思う。まわり中のオトナ達が、よってたかって気晴らしに努めた………かも知れない。やるじゃんR!ちゃんと計算してたな。
 
 後日、芳子さんが「どんな涙だった?」と訊いて下さって、思い起こしてみたんだけれど、「寂しい」というより「幸せだったなあ」という感じ、Rはスゴイ!って尊敬する気持ち、世界中に声をふりしぼってみんなに伝え、感動を共有して欲しい気持ち。言葉にするとそんなふうだったのではないかしら。飲みたいのに飲まないRの辛さにシンクロしてもいただろうし、乳児だった自分が泣きたかった分まで泣ききった気もするし、きっと、もっとゴチャゴチャしていたけれど。「別れ」そのものの辛さももちろんあったと思う。
 
 田舎の家に帰る日が迫っていたのだけれど、おっぱいの手当の都合などで、もう暫く東京暮らしを続けることにして、それはRとのハネムーンのようでした。新しいRとの新しい関係を築いていく緊密な一週間になりました。ふたりで暮らしているから、おっぱいが「いつも」「すぐそこ」にあって、いやでも「おっぱいのない新生活」を意識せざるを得ない。そこにふたりできちんと直面して、わたしがわんわん泣けばRがよしよししてくれて、Rが泣けば抱っこして、抱き合って一緒にいっぱい泣いて、思いっきり嘆き悲しみつつ、ゆっくりと、どっしりと、落ち着きがやってきました。不安だった「夜」も、二日目からはぐっすりじっくり眠ることがでいるようになり、早くに断乳を勧めてくれた人達の根拠の一部が納得できました。
 
 この素晴らしい出来事を味わいなおすだびに、抱っこに出会うことができた幸運を思わずにはいられません。和く輪く舎に寄らせていただく度に、先生方から、Rから、わたし自身から、ステキな贈り物をいっぱい受け取って、そのひとつひとつが積み上げられて、こうして実っていく。それは、日々の生活の積み重ねも、同じなのでしょうけれど。Rとコミュニケーションする術、Rの(そして自分の)気持ちに心を傾ける術、感情を解放してゆく術を下さって、ほんとうにありがとう、ありがとうと、おおきなおおきな大いなる存在にも心を向けて、感謝を捧げずにはいられません。

 そして、素敵なおっぱいライフを実現するために惜しみなく力を貸してくださった沢山の大切な方々と、懐の深い家族達、大好きな龍眼(わたしの夫)にも、ありがとう。管理のずさんなおっぱいを、いつも喜んで飲み続けてくれたRにも、ありがとう。頑張ったわたしにも、ありがとう。

 赤ちゃんから子どもへ、見事な成長を遂げたRとの暮らし………「実り」が見え易しいことばかりではないだろうけれど、彼への畏敬の念を胸に刻みつつ、仲良く楽しくやっていきたいなあと思っています。

 ところで、おっぱいとの訣別を果たしたかに見えたRですが、最近「おっぱいずき」なんですよ。「おっぱいスキスキ」をしたり、夢見が悪いとさわりにきたり、「飲む」以外に考えられる全ての事をしているかも知れない。………まさか、中学生までやってるってことは、ないですよね。



「おっぱいが病気で痛い」

〈第1信〉

 I先生。先日はお忙しい折、お世話になりました。帰路、あれだけ泣いてあばれたのに不思議と元気でごきげんな娘。私の気持ちを代弁するかの様に「またこようね」と。これまで私にしか出来ない“授乳”という行為にしがみついていた私ですが「抱っこ法」に出会え、先生と娘に教えられたことで少し自信を持って、また、娘にとっても“体を痛めてまでの授乳は問題”ということ納得出来たので、15日当日からおっぱい卒業としてしまいました。

 で、、、、結果は、、、、、大騒ぎになるかと思いきや、「おか−ちゃんだいじょうぶ?」「夜のどがかわくから豆乳おいておいて」と言って、2人でぎゅ〜〜〜っと抱き合って寝てしまいました。深夜に目が覚め、涙が止まらなかったのも母親の私だけか、やはり私のために飲んでくれ、抱っこしていてくれたみたいです。虫歯をきっかけに断乳を試みたものの、大泣き、大暴れだった数ヶ月前とはウソのようです。先生を通じ娘自身の気持ちを分かちあえたことで幸せなおっぱいライフの幕をおろせたこと、深く感謝しています。今後ともよろしくお願いします。


〈第2信〉

 先日はありがとうございました。直後コーフンσσしてハガキを書いてしまったのですが、その後いろいろありまして、アドバイス頂けたら…と思い、FAXさせて頂きました。

 「おっぱいが病気で痛い」と言った為、「早く治してね。治った?」と毎晩聞きます。なんて答えたらよいのか??? いつも「未だなの」といって期待させてしまいます。ちょっぴりお姉ちゃんになったから、おっぱいはもう必要ないといったこと言いますと、悲しい顔で「ほしい、ほしい」「離れたくない!」と申します。私のゆらぐ気持ちを見透かしているようです。昼間はいっさい言いません。寝ぎわと、寝起きのみ、「飲みたい〜」と言いますが、いつも私がもずもずしてしまいます。それと、娘ストレス&栄養失調で、ビタミン不足とか全身に湿疹が出てしまい、病院通い、それもこれで良かったのか…と、時々私が思ってしまいます。ちゃんと食べているのですが…。


〈第3信〉

 I先生、お世話になっております。その後の報告をさせてください。
 やはり、私の心情を察して、「おっぱい〜」と言ってくれていたようです。「治った。元気になったよ」と言ったら、「よかったねー。おっぱい治ってねー」と言って、さすってくれて終わりでした。ビックリ!! 以来、夜も含め、全く「おっぱい!」と言いません。

 それからというもの、ぐ〜〜〜ぐ〜んと成長して感じで、自分でも「○○たん、お姉ちゃんになったからねー。なんでもできるよー」というのが口ぐせで、その言葉通り、“赤ちゃん”でない娘の姿に、私もようやく、みれんでなく喜びを感じ得るようになりました。

 先日、卒乳後のおっぱいケアに、助産院で40分マッサージを受けた時、娘は一人別室でイスにすわり、待っていてくれました。母にあずけようとしたら、「おかーちゃん、○○たんが一緒に行ってあげる。みていてあげる」って。痛いおっぱい(←本当は痛くない)を抱えた母をほっておけないという感じでした。母子逆!! 

 その後、「一人でちゃみちかったのよー」と言いますが、「○○ちゃんのお陰で元気になったよ。一緒に行ってくれてありがとう!!」と言うと、満足げ、何回かそのやりとりをくり返していますが、娘自身もお姉ちゃんになったという自覚のめばえた経験の1つだったようです。

 先生ありがとうございました。 又何かの折、よろしくお願いします。



「おっぱいやめれば何とかなる!?…」

 急にあたたかくというよりあついくらいの陽気に、桜もびっくりして一気に満開になってしまいました。今はその反動で寒いくらいですが、開花した時にちょっと寒いくらいな方が、花をゆっくりたのしめたのになーと少し残念です。

 この4月、我が家は忙しい月でした。長女の入学と二女の入園が重なりました。式自体はおごそかに終わりましたが、特に長女の小学校は親として初めての事で、心配なことがいっぱいで、日々落ち着きません。式の次の日、長女は死んだようなボーっとした顔で帰ってきました。あーやっぱり…。その日は私もドキドキしていました。帰ってきてから特に抱っこするでもなく、ただ長女に合わせて過ごし、昼寝をさせ、夕方くらいには元にもどったでしょうか。ちょうど土日をはさむことになったのでゆっくりさせ、そして私自身も泣いてすっきりさせました。そして次の週、わりとニコニコして帰ってくる様になりました。

 私は小学校時代(〜学校生活全般かな)にあまり良い思い出がなくて、集団登校のお兄ちゃんがこわかったり、おとなしい子だったのでなかなか友達がいなくてさみしい思いをしたり。長女は私と似たタイプなので私と同じになったらかわいそうだ…と心配でした。その土日の間、自分のさみしい思いを泣いていたら 少々すっきり、ふっきれ、長女も元気を取り戻した感じです。

 でも、今は一番下の息子の事で私はパニック状態です。何かつらい思いか、聞いてもらいたいことがあるんでしょうね。朝起きれば着替えはしたしくない、二女を送って帰ってこようとすると外で遊びたい、中に入りたくない、何から何まで素直に事が運びません。私もこういうわけだからこうしてね、と話して出方を待つのですが、一日中そればっかりで、しかもだからといって言う事は聞いてくれないので、イライラ…。抱っこしても何が原因か私もさっぱりわからず、最後の切り符、おっぱいでおわり…です。もうおっぱいは歯止めです。本当は春休み中に断乳する予定でしたが、まさか察したのか中耳炎になり、なおりかけに水ぼうそうになり、GWあけに断乳できれば…と思ってます。息子のぐずぐずには体の調子が悪いこともあるとは思いますが。阿部先生の「『大好き』を伝えあう子育て」を読んで、考えて、泣こうと思ってます。私に原因があるのかな…。本の中に、「子どもに怒ってはいけないと思い、別の部屋で新聞紙をたたいていたら、自分にこれほどの怒りがあったとは」という文があります。20代前半の頃、よく母とぶつかり、思いが通じないとじたばたふんで(自分の部屋で)あたり散らしてました。私も怒りをかかえていたんだなーと。何に怒っていたのかしら。本にあるようにスーッとした覚えはなく、泣きさけんで終わりだったと思います。

 ここからは上記の4・5日後です。
 息子ですが 私がパニックに陥り、「もう今日でおっぱいおしまい!」と断乳宣言しました。私の頭の中には 断乳してしまえばなにもかもうまくいく、おっぱい=歯止めさえなくなればなんとかできるという考えがずっとありました。だからGWあける前、水ぼうそう直ったばかりでも大丈夫!と思いました。ところが息子はいつまでたってもおっぱいを求めてくるのです。泣きました。おっぱいに絵をかいて見せました。でも何かあるたびにおっぱいを指さし、そのたびまた泣いたり、おっぱい見せてがっかりしたり、あーなんか違う。まだ息子にはおっぱい必要なんだ。育児書には、1才を過ぎしっかり歩ければ断乳OKとありましたが、この人にとっておっぱいは心のよりどころなんだ…。息子に「おっぱい飲む?」と聞くと喜んでタオルを持ってきました(おっぱい欲しい時にいつもタオルをもってくるのです)。おっぱいの絵を見ると飲めないのでかくして、勝ちほこった顔して飲んでました。「左のおっぱいも飲む?」と聞くと右の方をはなし、左の方をくわえた時は二カッと笑ってました。

 あー断乳やめてよかった…。おっぱい飲ませながら思いました。息子は息子なりにさみしかったのかな。おっぱい飲む時が私を独占できる時だから。でもおっぱい飲んでいても私は息子の顔を見るというより、上のお姉ちゃん達と話したり新聞読んだり。これじゃさみしいですよね。今日からは求めてきたらおっぱいをやり、今までの事をあやまりました。そしたら朝はちゃんと着替えてくれるし、エプロンして食事してくれるし、「今日は寒いから外で遊ばないで中にいようね」と言ったら「外行くー!」と言いませんでした。お姉ちゃん達は外にいるのに…。ホントにホントに!子どもはお母さんに“愛されてる”実感がないとダメなんですね。相変わらず甘えんぼうでベタベタしてくるけど 前のような苦しい感じはありません。話せればわかってくれるし、私も“大好きだよ”と言ってるだけで、心や目が本人からそれてる事に気づきませんでした。

 断乳には失敗し、そのおかげでつらい思いもしたけど、おっぱいのおかげでいろいろ気づいてよかった。おっぱいやめればなんとかなるとおっぱいのせいにいろいろしてたけど、息子にしてみればいろいろあって、おっぱいなくては落ち着かなかったんですね。その時々に初心にかえり、『「大好き」を伝えあう子育て』を読まないといけないなあと思います。読んで少し落ち着き、心が息子に向いていってたと思います。“断乳”を強行してしまったけど…。
 GW後半 寒い日ばかりで 外遊びができません。早くあったかくなあれ!!



「娘の断乳」

 9月10日、娘の断乳の日となりました。10日ほど前より、ちらほら、「おっぱいバイバイしていいかな」と聞いたり、カレンダーを見ながら、「この日が来たらおっぱいバイバイしてもいいかな」と問いかけたり。娘は「いいよ」と明るい返事。カレンダーを見て指さし、「おっぱいバイバイ」と自分で手を振ったりして、あまりの明るさに、どこまで分かっているのか疑わしい感じでした。

 私の方は、先生のところで断乳の日を娘と約束したにもかかわらず、あとわずかなのだから、おおらかに、ゆったりおっぱいをやればよかったのですが、なんだかやっぱりつらくて、娘をあたたかく抱いてやれない自分がありました。娘もそんな内心の私の状態を察していたのでしょうか。だからあんなに明るく「バイバイ」なんて言えたのかな、と思ったりしているのですが。

 へその緒を切ることも、おっぱいを絶つことも、おとなの私にとっては、それほど大きなことではなく、気にしなければ、無造作らやってしまえるものなのですが、赤ちゃんや子どもの側に立って、そのことをどう受け止め感じているかを、感じ味わうと、本当に気づかなかった子どもの気持ちに、ハッと目が覚めるような思いで、出会うことになるのですね。

 7月に芳子先生と娘を抱っこして、そのことを実感として感じることができました。初めて、その日に、娘に断乳のことを話してみたのですが、芳子先生が「おっぱいやめるのいやだよ」と、娘の気持ちを代弁して語りかけると、その度に、呼応するかのように、大声で、全身全霊で泣いていた娘。何度先生は、その言葉をかけてくださったか……。

 娘の泣きの激しさは、とどまることがないかのごとく、本当に本当によく泣きました。その娘の姿を見て、娘にとって、このおっばいが、どんなに大事なものであるか、そう、実感としてつかみとることができました。「そうか、娘は、おっぱいのこと、そんなに大事に思っていたんだ!」と。

 芳子先生がしてくださったことを思い出して、同じように、娘の気持ちを代弁するように、「おっぱいやめたらいややねんよね」と言うと、やはり前と同じように大声で泣き始めました。でも、泣きながらも、決して、それまでのように、私の服をさぐりあげておっぱいに吸いつこうとはしませんでした。そして、やがて泣きがおさまると、「おっぱいほちい!」という言葉が、「お茶ほちい!」に変わりました。

 一週間は、食事が終わった後のおっぱいや、夜寝る前のおっぱいの時間になると、よく泣きました。阿部先生が、こんな時は泣いて当然。泣かない方がかえって問題なんだよ、と教えて下さったことで、娘の泣きにつきあえたんだと思います。もしこのことを聞かされていなければ、抱っこ法に出会っていなければ、娘の泣く姿にうろたえ、またイラだち、そして、ああこれは断乳の日をまちがえたのだと思って、ひるんでいたように思います。そして何より、娘の本音にふれることができなかったと思います。

 泣いて泣いて、大泣きする娘をみて、『つらいよ、お母さん!』と、私に本音をぶつけてくれることがうれしく、「ああよかった」と思いました。

 それは、娘が自分の本音はここにあるんだと、泣きながら確かめられているような気がして、そして、お母さんなら、私の本音分かってくれる」と、私を信頼してくれているような気がして。

 思えば、私のこれまでの悩みの根源は、自分で自分の本音が何なのかを、見失ってしまったことにあるように思います。本当は一体何を求め探しているのか、それがわからなくて、何をしてもこれもちがう、どこにいてもここじゃない、あそこでもない……と、自分の気持ちのしっくりと落ち着ける場のなさがありました。自分の本音を確かめられることを導き、ひきだしてもらえるような人や事を、探し求めていたように思います。

 そして、どうして自分のことなのに、これほどわからなくなってしまったことか。娘をさずかり、育てさせてもらう中で、又、こうして抱っこ法に出会えたおかげで、その因果関係が少しずつ見えてきた気がします。

 泣き様が少しおさまりかけて、先生が、「おっぱいバイバイするのいやだけど、大好きなカーカン(お母さん)が言うことだし、バイバイしてもいいかな」「おっばいバイバイしても、カーカンはどこにも行かないよ。おっぱい見たってさわったっていいんだよ。おっぱいもどこにも行かないよ」「おっぱいバイバイする日を今決めていいかな」と語りかけてくださいました。その時の娘はもう、「イヤだ!イヤだ!」という感じではなく、泣きながらもどこかで、そのことを受容しているような気がしました。そして、泣き終えた後、娘のすがすがしい表情!

 そして、その日をさかいに一皮むけたように、娘の表情がすっきりしたような気がしました。このことが、私が断乳に向かう、大きな支えとなり、確信となりました。

 大事なおっぱいだけど、バイバイしても、お母さんはずっと娘のそばにいるし、バイバイすることのつらさの中に、ひと山越えて成長していくことの喜びも、又必ずあるはず。ちょうどひとり立ちしていく歩き始めた頃の、あのうれしげな姿の中に感じた喜びを、娘もどこかで感じているにちがいないと思えるようになりました。

 おっぱいの絵を描いて断乳しようかと思いましたが、娘の大好きなおっぱいが、急に姿形をかえたことを、娘がどう感じるのか、私にはちょっと予想もできず、何だか抵抗を感じてしまいました。そんなわけで絵は描かず、最後のおっぱいを飲ませて、話してみました。「○○、これでおっぱいはもうおしまいよ。もうつぎから、おっぱいのむのはもうおわり。だから、いっぱいおっぱいのんで、バイバイしようね」と話しました。娘は「おしまい」というより、「いっぱいのんで」ということの方がひびいたようで、「いっぱい!」と自分で言いながら、うれしそうに飲み終え、その時は、何でもなく終わりました。

 ですが、夕方になって、おっぱい恋しくなった時、私が「もうおしまいよ」と、服のすそをおさえた時、初めて悲しそうに泣き始めました。

 先生が、「心の傷」は本音がストレートに訴えられなくなったことから起きる。体験自体が辛いのではなく、それにまつわる思いを閉じこめてしまっているから辛い。泣きたい気持ちに歯止めをかけることから心の問題は起きる、と教えてもらえたおかげで、その大泣きする娘から逃げ出さず、向き合える自分になれたことの喜びはひとしおです。

 「○○、大きな声で泣いていいよ。泣いて、ちゃんと自分の本当の気持ちがどこにあるのか、自分のありかを確かめてね。そして、お母さんには、ちゃんと本当の気持ちをぶつけてね」と娘に祈る思いです。そしてその祈りがかなえられるような私自身であるために、私も自分の本当の気持ちに少しずつ、出会っていけるように、と思います。



「お姉ちゃんらしくなりました」

 こんにちは。すっかり寒い時期になってしまいました・・皆さんお変わりありませんか? 新刊が15日に出ましたね。ぜひ読んでみたいと思っています。

 セッションをお願いした日から随分たちました。おかげさまでお腹の双子ちゃんの方は5ヶ月に入り、二人とも元気に同じペースで成長しているようです。まだ5ヶ月なのにすごいお腹になってしまい無事10ヶ月までしのげるか今後の不安でいっぱいですが、なんとか勤めもこなしています。

 今回のセッションでKちゃんにお願いした断乳ですが、セッションの日からすっかり乳離れしお姉ちゃんになっています。おっぱいも飲みたがらず、困った事にはなっていません。お風呂などでおっぱいを見ても、懐かしむ感じで「おっぱぁい♪」とニコニコしておしまいです。休みの日などは、わたしがパジャマでいると、甘えてきておっぱいを触ったり眺めたり時にはペロリとなめてみたり・・それはそれは可愛らしいです。

 そして、随分とお姉ちゃんらしくなりました。本人の口癖が「お姉ちゃんなんだから・・」とか、将来何になりたい?の答えが「お姉ちゃん」とか、自分でなんでもやりたい意欲マンマンです。チチとも仲良しになりました。これは夫自身が、次の子ができた事でKに寂しい思いをさせないように・・と気持ちを切り替えた事が大きいのかもしれません。

 双子だと、出産前に入院・・なんてこともあり得るそうなので、娘離れできていなかった私にとって心配な事でしたが、夫と娘を見ていると、私がいなくてもなんとかなりそうだ・・と(少し寂しいですが)、「二人任せ」にしても大丈夫かも?と思えてきます。

 私自身の事ですが、セッションの時に芳子先生に、「子どもの考えている事はすべてはわからないものよ」と言われた事が、ずっとずっと心に沁みています。お話を聞いたときは「えーー、分からなくていいの?そんなことでいいの?」と少し戸惑いましたが、その後のKの様子を一歩引いて見ているうちに、あの言葉の意味がわかってきたようです。

 どう言葉にしてよいやら(・・文才がないのが悔しいのですが)、今までのわたしは、何か気にかかった事があると・・「抱っこしなきゃ! 原因は何かしら? どうにか気持ちをわかってあげなくちゃ!」と躍起になっていたのかもしれません。Kはそろそろ2歳9ヶ月。言葉も記憶も達者になってきている娘にとって、母であるわたしが辛い思いをしていることが・・気にかかっている状態そのものが・・イヤなのかなぁ〜?

 先日も、着る服で揉めたのです。娘はお気に入りのスカートをはきたがっていたので、「スカートだけでは寒いからズボンも履こうね」と納得したのに、スパッツはイヤ。じゃぁこれは?〜イヤ。じゃぁこっちは?かわいいよ〜イヤイヤイヤ! スカートの下にモコモコのズボンを選ぶんですもの。一時はそれでも履かせて、履きにくい事を自分で感じればいいや・・とも思ったんですが、何故かこの日のわたしは引き下がれませんでした(おとな気ない・・)で、新しいズボンを見せ、「スカートはやめてスボンにしよっか?」と提案。本人も「やったー!」とウキウキ。まだ洗濯していなかったのでタグを取ってあげ、いざ履こう!というところまで行ったのですがまたイヤになったようで、ふくれっつら。

 ここでわたしもキレてしまい、「あれもこれもイヤなら仕方ないねぇ〜。お母さんはお腹が空いて腹も立つので朝ごはん作るから・・」と台所へいきました。しばらく素足のままゴロゴロしていましたが、自分からズボンとスカートを抱えて台所へやってきました。どうしたの?と目を見ていたら小さい声で、「おかあしゃん、これ履く」とやっと言えました。ゴロゴロしている間、自分で考えたんでしょうねー。結局おろしたてのズボンを履きました。

 そっか、これでいいのかな?と思えてきました。これから双子も産まれるとしばらくは戦争の日々だそうです(双子のママ談)。実家の母の手伝いも得られそうにありません(あぁこれがまた問題なのですが・・悲)。「言葉で気持ちを伝える癖」を徐々につけている娘や、「家族っていいなぁ〜」と思い始めている夫に助けてもらいながら乗り越えて行けたらいいなと思っています。実際どうなりますか?ご期待ください(笑)。


TOP
 体験談「項目」へ  HOME