←HOME

 日常に生かす
癒しの抱っこが楽しい 


    「絵本『しゅくだい』との出会い」  「KとA」 
「最近の抱っこから」 「講演会を聞いた後で」 「混乱から嬉しい抱っこへ」  「それくらいのことで親子の絆は…」

「絵本『しゅくだい』との出会い」

 阿部芳子さま
 たぶん先生はご存じかと思いますが、私にとっては不思議な縁で、『しゅくだい』という絵本に出会いました。数日前、母と大げんかがきっかけで、息子にひどい八つ当たりをしてしまい、途方に暮れて、息子を旦那に預けてひとりで車で外出して、本屋さんへ立ち寄ってぶらぶらと本をながめているうち、せめてものお詫びに、絵本でも買っていってあげようかな、と。

 どうも息子はいもとようこさんの絵が好きらしく、家でも、破れてしまってもうお話しとして成り立っていないようないもとさんの絵本をいつも持ってくるものですから、いもとようこさんの絵が使われている絵本はないかしら…と探してみました。何冊かはありましたが、文章が長すぎたり、いまいちピンとくるものもなく、ビニールで包装されていて中味が確認できなかったものの『しゅくだい』という絵本が、表紙に動物がいっぱい描かれていたので、息子は動物が大好きだし、他にないから仕方なくそれを選びました。「しゅくだい」なんて題名だったので、小学校低学年くらいが対象の内容で、たぶん息子にはまだ早いだろうな…と思いながら買ったのですが。

 家へ帰って、その日には包装すら取る気力もなく、次の日の昼に初めて息子の隣に座って開きました。そうしたら、…この絵本は、出会うべくして出会ったんですね…、「しゅくだい」というのは、「家でだっこをしてもらってください」というしゅくだいだったんですね。この状況で、私に必要な絵本だったからこそ私の元へやってきてくれたみたい。

 そういえば、つい何日か前、Mさんの通信でだったか、それとも新聞でだったか、はっきりとは覚えていなかったんですけど実際に、「宿題だってことは内緒にして、おうちでお母さんに抱っこをお願いしてみてね」という宿題を出された方の話を知ったばかりでした。

 ただ、もしも、自分が小学生の頃に実際に先生からこんな宿題を出されていたら、私は一日中母へ抱っこをお願いすることなんてできずにいただろうな…とものすごーく寂しい気持ちになったことも事実ですけど(笑)。おそらく、そういう宿題が出されたことを万が一母が知ったとしても母のほうも、どうにも抱っこできないでとまどって困り果てただろうな、と。

 学校の先生は、もしかしたら、実際にこういう宿題を出してみて、その感想などを聞いて初めて、ひとりひとりの家庭での環境を知ることができるのかもしれませんね。きっと、とっても嬉しそうな子と、とっても寂しそうな子と、はっきり二分されてしまうかも。もしかしてそういう宿題を出してもらっていたとしたら…私の人生も、ほんの少しでも変わっていたのかな???

 不思議なモノで、最近ずっと、抱っこをするたびに(それこそ一日に何十回も)、やたら「だーいすき」としがみついてくれていた息子は、やはりここ2日間くらいまったくその言葉を発しませんでした。表面的には息子の態度は何も変わっていないように見えるのに。昨日は「だいすきして」ってお願いしたら一度。今日はやっと一度、自分から「だーいすき」をしてくれました。きっといっぱい寂しかったんだろうな。自分をいっぱい反省したけど、その変化に気づける母親で良かった、とも思いました。抱っこ法に出会っていて良かった。

 あ、あのね、先生、母と喧嘩したすぐ直後のこと。飴をなめていた私は、泣いていて飴をちょっとのどに詰まらせて2〜3度むせたんですね。そしたらなんと息子が、私の隣へ来て私の口元に手をあてて、「ごほっ、ごほっ」と私をいたわる仕草を。そしてそのまま私のお腹へ抱きついて、「だいじ、だいじ」と二度。そのまましばらく、だまって私の体に寄り添って座っていました。こんなに私のことを分かってくれている息子に、本当に感激しました(なのにその数時間後に私は八つ当たりしてしまったんだ…)。

 あと一ヶ月でやっと2歳になる息子。生まれてからたったの2年でこんなにまで成長した息子を知っているのはきっと私だけです。単なる一般的な成長という意味ではなくて、こんなにも思いやりを持って接してくれているという意味で。もうすでに、息子にかなわないんだなぁ…。嬉しいくらい。

 そうそう、余談ですが、我が家の息子、眠る時は私が隣でくっついていないと寝ないんですけど。それが、腕まくらもしながら、両手で抱きかかえて横になっているのに、息子が自分で私の体に手を回してきて、「もっとくっついて、もっともっと」と言わんばかりに、何度も何度も力を込めて私の体を引き寄せるんです。毎日。これ以上くっつきようがないくらいくっついているのに(笑)。で、手に持って離さない車のおもちゃが邪魔になることに気付いて、いつも途中で枕のむこうへおもちゃを置くんですよね。自分で。それからまた改めてぎゅううううってくっついてくる。何度抱っこしてもどれだけぎゅうってしても、これに限っては飽きるってことはなくって、どれだけでも、子どもにはあればあるだけ必要なんだなぁって思います。もしかしたら、「赤ちゃん(8か月になりました)が生まれても、ぼくの抱っこも忘れないでね」って今のうちにいっぱいアピールしているのかな???

 こんなに素直に抱っこをしたがる息子がいてくれて、やっぱり私って幸せですよね。



「KとA」

〈ぱーと1〉

 KとAは私の娘達です。長女のKが3才、次女のAが1才です。Kは妊娠中へその緒が首に巻きつき逆子、それに羊水不足の環境で出産は帝王切開という、険しい道のりを経て生まれてきたのですが、その後、低体重の為保育器での10日間の生活!!試練の連続を頑張ってきた日々だったんでしょう。1才半になった頃でも母親にコアラのようにしがみつき、他の子どもが自由に遊んでいる中、母親から離れようとしませんでした。私達の両親や他の子のお母さんに抱っこされるものなら、ひきつけを起すのでは?という泣きを周りの人達に浴びせていました。

 そんな中Aの妊娠がわかり、Kにもべったり出来なくなるからという事で、保育園へ1ヶ月に1回お試しで預ける事になりました。我が子Kはなかなかのもので、預けて1時間もすれば保育園から「これ以上泣かせたらかわいそうだから」とお迎えの強制TEL!!高い保育料を支払う事、何度か続きました。これではいけない(お金の事ではありません?)と思い悩み、阿部先生の所へ。2回のセッションで阿部先生に抱っこ法を受け、母親も私もしっかり抱き止める経験をしました。今回はセッション内容を細かく説明はしませんが、首元に触れた時、初めて明瞭な言葉の「いたい」を訴えていました。胎児の時のへその緒の首まきで苦しかった思いが、よみがえって来たようでした。

 その日しっかり泣ききって自宅に戻りました。その日から気持ちのバリアーが程よく取れた様に、どんどん積極的に、皆の前では母親から離れ自分を表現するようになり、自宅では母親に子どもらしい甘えん坊になりました(最近では、ひょうきんなキャラと下ネタ?ばかりを叫んでいて・・・)。それでも基本的には、私達のとっても頑張り屋さんの性格を引き継いでいるので、『頑張りすぎているかな』と思った時、自宅で抱っこのセッションをしています。甘え泣きが上手になったKは、かわいさ満面の思い切り大きな泣きと涙の中、短時間のセッションですっきり元気を取り戻す事が出来ています。

 そんな光景を、Aは興味深そうにいつも2〜3歩離れたところで見ていました。「私は・・・ちょっと・・・今は・・・いいや・・・」と自分に確認するかのようにしていました。そんなある朝、Kの歯みがきするしないから抱っこのセッションが始まり、一通り流れが終わるが、その場でじーっと見ているAがいました。私が手まねきをすると自ら膝元に来て横抱きの姿勢になっています。私は軽く体を保持してみましたが、全く体に緊張入っていなくてダラ〜ンとしていました。A自身、Kと何か違うと感じたようで、おもむろに「うえ〜ん」と泣き真似をし始めました。当然ながらそれも違うと感じたAは、しばらくは声を出していましたが、目をキョトンとさせ困っていました。

 私は「じゃあお手伝いをするからね」という気持ちで背中を何度かさすり、トントンと軽く叩くとみるみる感情が溢れのけぞり、大粒の涙とかわいらしい泣き声で気持ちを表していきました。初めての抱っこのセッションの経験なので、大きな泣きを越えてたのち、ゆっくり立て抱っこし充分に落ちついたあと母親の所へ。しばらく母親の元で泣き甘えをし元気になりました。もともと積極的で、人の面倒を見たい気持ちが強い1才児のAは、この日を境にどんどんKと同じ事がしたい、出来る事ならKの面倒も見てあげたい気持ちが生まれ、時折、姉⇔妹の役割を交換してお互い楽しんでいます(そんな時Kは『こぱAね』といっています)。

 抱っこ法に出会い、子どもが好きな私はもっともっと愛しく思えるようになり、家族って私の宝なんだと感じる日々になりました。今までは子どもの泣き声を聞くと、愛しい気持ちの中に「かわいそう」という感情が出てきたのですが、今では「かわいい」って思えています(時々は、うるせ〜と思いますが)。二文字の違いが大きな私の気付きになっています。これからも抱っこ法には子どもたち・妻・私と、たくさん癒していってもらおうと思っています。


〈ぱーと2〉

 今回は、家族旅行に行ったときのエピソードです。私達家族プラス姪っ子Nの5人で旅行に行きました。お菓子工場の見学や美味しい食事、みんな大好きな温泉とわいわい元気に遊んでいました。子どもたちは大分疲れたと思いましたが、旅行の中でのテンションは決して彼女たちを休息させてはくれませんでした(もちろんそれに付き合う私達夫婦も・・・)。

 楽しいお風呂も終りお楽しみのアイスクリームを皆で楽しんでいました。Kはシャーベット状の棒アイス、Nはクリームソーダーの棒アイス、Aは紙パックの緑茶で、おのおの快適な時間、私達夫婦には待望の休息の時間がやってきました。このまま旅行初日が無事終わると決して疑わなかった私でしたが、楽しい旅行には想い出作りが必要なのか、突然Kにアクシデントが舞い降りてきました。ナント楽しく食べていた棒アイスは時間とともに溶け出し床に落ちたのです(そう、シャーペット状のアイスは溶けやすいのです)。あまりのショックに5秒ほど口を大きく開けこの悲劇をしっかり味わった後、とてつもなく大きな叫びを温泉のロピーに響きわたしました。

 それを見た店員さんが迅速な対応で、汚れていないアイス部分を救出しお皿に移してくれました。お姉さんらしく上手に食べたいと思っていたK、失敗してしまったショックからそのアイスを受け取らず、もっとパワーを上げて泣き叫びました。店員さんに私がアイスを受け取り、立て抱きのまま抱っこをしました。疲れていた事もあるから、思考回路が混線しているようだったので、言葉はそれほどかけず、上手に食べたかったねと共感のみしてしっかり抱きとめ続けました。

 Kはいつものように、「いたい。いたい。ママー、ねね」と繰り返し訴えています。徐々に体の力もぬけて、泣きも、かわいい声で思いっきり泣いていました。するとひとやま越えた後に、人たちに鋭い視線が送られていることに気づきました。そう、ここは温泉のロビー、泣いて「痛い、ママー」を訴えている子どもを抱きとめるパパは、周りからは虐待パパとして存在していたのです(しかも後で温泉のパンフレットを見たら、刺青の方が沢山入るための苦情が多く、最近入店拒否をしたという土地柄でした。そして周りに、ワイルドな家族が多いとも後で気づきました)。

 私も周りの人からそのような視線を浴びた事で可愛そうな気持ちが出てきたので、ひとやま超えたところで、マッサージが終わったママの元へ行かせました。子どもたちには当たり前の日常の為、抱き終えた後NがすぐにKのそばに来て、一緒にママの所へつれて行ってくれました。Aは本当にいつもどおり、一通り終えたKを見たら、私の所にニコニコでやってきて、横抱きに勝手になり体に力を入れて気持ちを出そうとしていました。今、Aの要求に答えると、「あかちゃんにまで虐待パパ」への視線を感じそうだったので、「今はやりませんよ」と伝え、我慢してもらいました。

 驚いた事におとなたちの厳しい視線とは裏腹に、知らない子どもたちはKの抱っこが終わると、私のところへやってきて私に遊びをせがんで来ました。暫く遊んであげると子ども同士の遊びが始まり、仲良しになっていきました。やっぱり子どもの感性は鋭いなあと思いながら、知らない子どもたちに、「私をまわりの冷たい視線から助けてくれてありがとう」という思いになりました。まあその後、その子どもを連れて帰る親御さんは無言で連れて行ってしまいましたが・・・。それでもいいんです。私はたすけられたのですから。楽しい旅行のちょっとした思い出作りの抱っこでした。



「最近の抱っこから」

〈出会い〉

 「抱っこ法」との出会ったのは、5年前三男生まれた時でした。4年ぶりの出産で赤ちゃんはとてもかわいいのに、小学一年生になったばかりの長男とはしっくりこなくて悶々としてしていた時(それまではそんな気持ちにはなったことはなかったのに)、たまたま図書館で阿部先生の「大好きを伝える子育て」が目にとまりました。長男の言動が「赤ちゃんにお母さんを取られて淋しい」「小学生になって緊張と不安」「帰りの遅いお父さんに代わってボクがお母さんを助けなくては」という思いからきていることに気づくのと同時に、今まで自分自身が蓋をし閉じ込めてきた感情が溢れてきて涙が止まりませんでした。その後おっぱいのことでNさんにお世話になり「ネットワーク信州」や「まほら」との出会いにつながり、子育て7年目にして私が求めていたものに出会えてとても嬉しい気持ちでした。

 とはいえ長男のセッションには至らず、横抱きにこだわらなくてもよいとアドバイスをいただいて、気持ちのやり取りを学ぶために三男をよく抱きました。気持ちを出しやすい子で、私も受け入れやすく「なんて子育てって楽しいんだろう」と心から思えました。三男は長女の出産に立ち会ったので「自分も生まれる時頭が痛かった」ことを伝えてくれたり、乳腺炎でフラフラする母を心配して、留守番ではなくマッサージについてきてくれたり、病院での採血で泣いた妹を心配して母に抱っこを求めてきたり、決して「母に置いていかれるのがイヤだ」とか「妹に母を取られていたので終わったらぼくの番」という気持ちだけでないことをよく教えてくれました。


〈最近の抱っこから〉

 この3月に次女を出産し、まほらの仲間に母の癒しで「お母さん頑張っているね」と声をかけてもらっていたころ、長女は「私だって頑張っているのよ」と、母より先に感じて泣き出しました。妊娠中も産後も出来るだけ長女の、「お母さんの身体がつらそうで心配」「赤ちゃんに取られて淋しい。甘えたい」「お姉ちゃんとして頑張りたい」という気持ちに寄り添ってきたつもりだったので、「あれ?」と思いましたが、研修中ということもあってさんHさんに手伝っていただいて久々の横抱きの抱っこに取組むことにしました。

 横抱きにするとすぐに泣き始めました。妊娠中、出産後の長女の頑張りや淋しい気持ちを代弁してみましたが、なかなか泣き方に変化がありません。いつもなら抱きながら子どもと一緒になって泣いたり、セッションのお手伝いをする親子のやり取りに感じて涙が出てしまう私ですが、この時は「自分で抱ききらなくては」という思いからか、妊娠中にあまり心を波立たせることを避けてきたせいか全く泣けませんでした。自分でも不思議な気持ちでした。

 そのうち怒っているような泣き方になりましたが、私も分からなくなりました。その時手を添えていたHさんが、「足で怒っているみたい」と言ってくれました・足のこと・・・。長女は足取りがおぼつかなくてよく転びます。そのことで「歩き方がおかしい」と私に言われたり、急ぐ時はベビーカーに乗せたり車の中で待たせたりしていました。そのことで怒っているのかと思い「K(長女の名前)の足は変じゃない。もう少し大きくなればちゃんと歩けるようになる!(と本当は母が思いたかったんでしょうね)」と言ってみましたが泣き方は変わりませんでした(と感じられました)。長時間にわたったため不完全燃焼ながら一旦終了。それでも膝から降りるとニコニコしておにぎりを食べ始めました。

 その後接していく中で、「自分でも歩きづらいと思っている」こと「この足のことで母に心配をかけていると思っている」ことが分かり、これがきっかけとなって医師の診察を受けました。採血やレントゲンも嫌で大泣きですが、事前に説明したり、慰めの抱っこをしたりで長女も頑張っています。

 抱っこ法との出会いをくれた長男は小学6年生、思春期に入りかけました。今までとは違い手強くなってきました。怒ったり泣いたりケンカしたり、お母さんをやめてしまいたくなる時も正直なところあります。でもやっぱり子どもたちに伝えたいことは「あなたが大好きだ」ということ。あなたのことを理解したいし、気持ちのやりとりをしたいのです。「抱っこ法」を知っていてほんとうによかったと思う今日この頃です。この先もバトルの日々は続くでしょうが母はあきらめません。

 また月1度の個別抱っこの時の研修では、スタッフの皆さんに自分の話を聞いていただいて気持ちが楽になりますし、元気ももらえます。そんな変化は子どももすぐに分かるのでしょう。待ってましたとばかりいろいろな話を聞いていて欲しがります。


〈今後〉

 自分のためにと始めた勉強でまだまだ我が身で精一杯ですが、いずれ私のように悩む親子へのお手伝いが出来たらと思います。今は小さい子どもを持つお母さんに「私も助けてもらっているんだよ」と抱っこの本を紹介したり、「泣くことは素敵なことだよ」と伝えるだけです。



「講演会を聞いた後で」

〈第1信〉

 こんにちは 初めてメールを送りますが、ずいぶん前からこのHPも先生の本も読ませてもらいました。私には2歳9ヶ月になる男の子がいます。先日、講演という形でじかに先生のお話を聞き、また終わった後も先生に相談に乗っていただきました。

 その数日後、「抱っこ」をするチャンスに出会いました。朝ごはんを食べてから一人で遊んでいるので私はお茶を飲みながら新聞を読んでいました。息子は「一緒に遊ぼう」としつこく私を誘い始めたのです。私は疲れていたのと、新聞を読みたいのとで断っているとだんだん泣き始めたので、ふと「抱っこしてみたらいいのかも・・」と思い横抱きにしました。すると大暴れでギャーギャー泣き出し、「降りる!あっち行く!やだ!」あまりみたことがないほどの苦しそうな泣き方で私のほうがびっくりしました。でもここでひるんじゃいけないんだと思い、「よしよし、やだね。でもママは抱っこしたいんだ」

 「何がやなんだろう?」などなど話しかけてもものすごい嫌がりようでした。しばらく続けていると泣きすぎて吐いてしまい抱っこはそこで中断しました。汚れた服を着替えさせて、立ったままでしたが抱きしめてやり、私は後片付けをしに台所に行きました。その後洗い物をしている私のところへ来て、「ママ、こうやらないで」といいにきたのです。「こう」というのは肩が凝ったときにするような頭を左右に傾けるしぐさです。初めは何のことかわからなかったのですが、もしかして私のことを心配してるのかも??と思い、「ママが疲れてると思ったの?ママが心配なの?」と聞くと、「うん」と答えました。私はうれしいのとびっくりしたので涙があふれてきました。そして「ありがとう、ごめんね。ママは大丈夫だよ」と泣きながら抱っこしました。そうするときはおとなしく、横向きにも抱っこされるんですね。

 こんなことがあったからといって、息子の駄々こねも、いやいやもてこずるし、心が通じているわけでもないのですが・・・ただ、子どもの気持ちがわかるってすごいなと思ったのと、子どもは本当に親のことを気遣っているんだなと思ったので、メールをしました。

 主人にも講演や相談で聞いたことを話すと、「俺も勉強しようかなぁ」といっていたので、先生の本を読ませようと思っています。

 先生のところまでは少し遠くて行くのが大変なのですが、私のうちの近くにも援助してくれる方はいらっしゃるのでしょうか? もしいたら、相談に行きたいなと思うのですが・・・

 寒くなってきましたので、お体にはお気をつけください。


〈第2信〉

 こんばんは。
 「さっそくすてきな抱っこができましたね。しかも、抱っこのあとで、ママを心配していた気持ちを自分から伝えたなんて、すごい! うれしかったでしょう」とお褒めの言葉をいただき、なんだかとってもうれしくなりました。専業主婦の私は誰かに褒められたりすることが全く無くなっていたんですね。というより、私はあまり褒められたことが無いんだなぁとおもいました。「芯の強い子」と子どもの頃からなぜか言われていて、周りの人から(親も含めて)褒められたことがなかったような気がします。なぜかいつも「出来て当たり前、もっとできるように」と望まれてしまっていました。いつも私の存在感があるような無いような感じでつらいこともありました。でも、大勢の中のひとつのこんな報告に返事をいただいて、なおかつ褒めていただき、自分に少し自信が持てたような気がします(とまで言うと大げさですが・・・)。

 その後、子どもが変わってきたので、報告したくてメールをしました。おとといは子どもと「好き好きごっこ(と勝手につけましたが)」をしました。先生の本にあったように「好き好き〜〜!」といっぱい抱っこしてチューとしたり、などなど。そのときはとってもうれしそうで、「ヤダヤダ〜」といいながらも本気で逃げる気配は無く、むしろやめると「もっとやって」と催促するようでした。

 昨日は、私の腰が痛かったにもかかわらず、毎週行ってる親子教室の日でした。徒歩15分ぐらいのところなので、雨の日以外はなるべく歩いていくことにしていますが、「抱っこマン」の息子はすぐ「だっこ〜〜」でいつもは覚悟して、行きは頑張って歩かせ帰りはおんぶで、と通っていました。でも昨日はそれも無理そうなので(私が疲れていたので)、本人に確認してみたところ、「歩いていく!」と言い張るのです。

 でもこれはいつものことなので、事情を説明し何度も念を押しても歩くというので、そうしてみたところ、行きはもちろん帰りもちゃんと玄関まで歩いてこられたのです! その上、いつも親子教室では「だっこ〜」べったりくっついて何もやらないに等しいのに、昨日はのりのりでみんなの前でふざけて踊ってしまうほど。帰ってきてからも、ご機嫌で私におやつのお菓子を「おいしいから食べてごらん」と口に入れてくれたりと、なんだか急に成長した気がしました。

 でも、夜眠くなってきたときには激しくダダをこねて泣きまくり。息子はもっと遊んで欲しかったようですが、私は疲れて無理だと話し、横抱きではなかったのですが、抱っこして「よしよし」をしていました。

 それでも激しさはとまらないので、「今日は頑張ったもんね」「ママのためにいっぱい我慢してくれたんだもんね、疲れたよね」と慰める(という表現でいいのでしょうか?)と、だんだん泣きつかれてカクッと寝てしまいました。昼寝もしていなかったので眠かったのには違いないのですが、なんだか慰めてから急に泣き方のトーンが変わったような気がしました。こんな感じでいいのでしょうか?

 ここ二日だけのことで何もかもがいいほうに行くとは思えませんが、相談に行かなくてもこんな感じでいいのなら、もうちょっと自分で頑張って行けるかなと思います。紹介していただいたIさんはぴっかりさんのHPで紹介されているところですよね? 偶然私の実家が近くなのでずーーーっと気になっていたのです。だけど電話する勇気が無くて今日に至っています。今はちょっと私の気持ちも子どもの様子も落ち着いているので、また大変になったら勇気を出して電話をしてみたいと思います。

 文章が下手なので長々書いてしまいすみません。お忙しいのに、読んでいただいてありがとうございます。お友達にも本やHPを紹介したところとっても反響が大きいです。私よりももっと苦しんでいる人に相談を受けて欲しいなと思います。でも、人に勧めるのは難しいですね。支離滅裂になってしまいましたが、これで失礼します。



「混乱から嬉しい抱っこへ」

〈第1信〉

 昨日は祝日なのに予約を受けつけていただいて感謝しています。芳子先生には今まで相談にのって頂いていたのに、そのお礼も言えずに失礼しました。なんだか、あの日ぼーっとしてしまって・・言いたいことの半分も言えずに帰ってきてしまいました。すみません。

 さて早くも困った事になり、私の頭が混乱して夜も眠れないので思いきってお手紙書いています。


*出来事その1*

 相談室に伺った帰り、眠そうだったのでダッコするとスーっと寝てしまい、帰宅してベットに降ろし5時から7時くらいまで眠っていました。食事の支度ができあがった頃、泣いて起きたのですが、少し前に帰ってきていた主人に任せ、配膳をしてから寝室に迎えにいきました。主人は寝たままの娘の側で背中をトントンしていました。眠そうだから寝かし付けるつもりだったのでしょう。娘は私の姿をみるなり泣きが激しくなり、私は縦抱きで抱いてあげました。「ぐっすり寝ていたね。お父さん帰ってきてたね」などと語り掛けましたが、どうも『のけぞり泣き』がひどいので、また寝室に戻り今度は、横抱きで抱きつづけました。10分ほど泣きつづけたでしょうか? 一向に収まりません。ハタと気付き「起きた時すぐにお母さんが来てくれなくて嫌だったね」と言うと泣き方がかわり、甘えた感じになりました。

 もう少し抱けば落ち着いてリビングに戻れるかな?と思っていた矢先、主人がのぞきに来て、「おっぱい欲しいんだろ」と声をかけた途端!娘の体が急に動きおっぱいを飲む態勢になり、ひきつけるように泣きだし私のシャツをまくり、「パイパイ」と嗚咽しながら求めてきました。結局主人の横槍のせいでおっぱいに逃げてしまったのでしょうか?


*出来事その2*

 次の日。
 保育園から帰ってきた主人と娘を迎え、いつものように娘が「パイ」と言うので今日あったことを言ったり聞いたりしながらピッタンコタイムしていました。いつもより長くピッタンコしている娘。「昨日はたくさん甘えられてよかったね。今日は久しぶりの保育園で疲れた? たくさん遊んで楽しかったけどお母さんいなくて寂しかったね。よく頑張ってるね」と言いながら頭を撫でてあげていると私の手を払いのけるので、「優しくされると我慢してる気持ちが溢れちゃう?」と聞いた途端降りる姿勢に・・・アッこれは発散させてあげなくては!と思い、主人がいるにもかかわらず別室に行き横抱きを始めました。ここで、素直に床に降ろせばよかったのに・・と今になっては後悔しています。

 相談室でのダッコの時のように反り泣き続ける娘。前日に引き続き、主人が来て、「嫌がってるだろう、抱っこ法なのかもしれないけどちょっと貸して」と言われ、必死だった私は「少し放っておいて」と言ってしまいました。言葉の使い方にうるさい主人は、その「放っておいて」の言葉にカチンときて、「勝手にしろ」と娘もビクッとする大きな音を立てて出ていってしまいました。私はなんとか気持ちを立て直し、娘を抱いたままリビングに戻ると、あわただしく自分の茶碗を片付ける主人。私を迎えるでもなく、私の後ろを無言で通りすぎる主人を見て、とっても悲しくなり、娘を抱いた姿勢のまま動けなくなり・・涙が出てきました。すると抱かれていた娘が私の首に手を回しギュッと抱きしめてホッペをつけてきてくれました。その娘の優しさにまたまた涙が溢れてしまいました。

 お腹が空いていれば腹もたつわと気を持ち直し、まずは私が食べる事にしました。そこで主人から一言、「あなたはお母さんと同じ事をしているよ」。強い主人の前では何も言えなくなってしまう私がいます。退席したかったのですが、動けずただ呆然としていましたが、娘が食事をしたいと言い出したので、娘とお話しながら食事をしました(娘は私たちのことが気になり、全く食べずに私と主人のことを交互に見て笑いかけ、それはそれは痛々しかったです)。このままではいけないと思い、主人に先ほどの言葉の真意を聞きました。そこから言い争いが始まったのですが、要点をまとめると、


※主人の言い分

A:抱っこ法だかなんだか知らないが、泣いていやがっているのに無理に羽交い締めにする事はないだろう。ただ、遊びたいとか自由にして欲しいと思っているのかもしれないのに。現に俺が抱くと泣き止むだろう? キミは抱っこ法の説明をするが、聞いて欲しいとYが言葉で言ったのか? 話せないYの事が何故わかる?

B:キミは世の中の情報におどらされている。自分の子どもなのだから自分の信念もって育てなさい。

C:俺は抱っこ法の事を理解できないし、理解しようとも思わない。両親が同じ考えので子育てしないと、子が不幸だ。だから俺が折れるからキミは勝手に抱っこ法とやらでYを育てれば良い。その代わり俺は一切口を出さないし相談もしないでくれ。もし途中で子育てを間違ったと思っても取り返しがつかないんだゾ。

おっぱいの事だってそうだ!1歳過ぎてもホイホイあげているから、いつまでもけじめがつかない(俺にもなつかない!と言っている様にも聞えました)。

D:語り掛けること自体は良いことだと思うし、いままでキミがYに語り掛けてくれているおかげで最近おしゃべりが出てきた。もし『語り掛け』が抱っこ法の1つだというならそれを取り入れるのもいいだろう。でも『抱っこ法』という他人が考えた方法だけが全てと思ってはいないか?

 Aに対しては心のからくりを説明したのですが、一向に理解を示してもらえませんでした。Yの事がわかるのは母親だから、と言うと、どうせ父親にはわからないサと嫉妬している様子。

 Bに対しては、私自身が母の育て方を真似たくないから、外から情報を得、それがとても素晴らしいことだと思ったので、まだ勉強始めたばかりだけど試しているの、と伝え、私自身がアダルトチルドレンかもしれないという事まで伝えました。母に聞いてもらえなかったから自分の気持ちを整理するのが下手だし、人に伝えるのが苦手。心と裏腹のことや違ったニュアンスのことを、つい滑って言ってしまうこともある、とも伝えました。でも『吐いたつばは飲めないんだゾ』と聞きません

 育児放棄宣言まで出され、すっかり不安にかられてしまいました。おっぱいについてのケンカのときも他の時でもそうなのですが、主人はなかなか頑固です。自分がこれだと思ったら主義主張は貫き通せ!と父親に育てられた主人、それが主人らしいところでもあるとは思います。でも良い情報なのだから、少し知識として取り入れてもいいのでは?と促しても、この時はテコでも動きませんでした。このままいっても平行線なので、今度は私が折れようと、「父母の意見が違うのは私としても辛いので抱っこ法止めるよ」と言うと、「自分がいいと思うならやってみればいいじゃん」との返事…。なんだか『抱っこ法』というネーミングに反発しているのかも、とも思えました。

 私は、方法じゃないんだよ。心の持ちようだったり、ものの考え方なの。あなたは誤解している。だまされた気になって本を読んだりネットで調べてみて。と言っても聞く耳持ちません。

 そのやり取りの最中、すがるようにおっぱいを咥えつづけ、眠ってしまった娘。寝ながら笑っていましたが、その心中を思うとかわいそうでなりません。

 今回のことで、また『この結婚やめればよかった』…と思ってしまいました。結局の所はただの夫婦ケンカなのでしょうが、私は娘にどう接していいのかわからなくなりました。家の中で一人ぼっちのような気分です。私も主人もお互いを受け入れていないから、こう言う争いになるのでしょうか? さっきふとんの中で泣いていたら、こんなことを思い出しました。

 私が小さい頃、寝ていると両親のケンカが始まり、私はふとんをかぶって泣きながらごめんなさい、と言い続けていた事を。同じ思いをYにさせているのでしょうね。どうしたらよいのでしょう?

 今後、主人の前では横抱きにして泣かせる事は止めた方がいいのでしょうね、きっと…。でも、娘が聞いてよ!と愚図った時はどうすれば良いのでしょう? 仰け反り泣きが始まってしまうと、おっぱいでしか収まりません。それを繰り返していれば、きっとおっぱいも受けつけなくなるでしょう。お母さん!この前は聞いてくれたのに、お父さんがいる時はどうして聞いてくれないの? とますます離れていったりしないでしょうか?

 他の方の相談もあり、お忙しいのにこんなに長く申しわけありません。子育て相談でなく、人生相談になってますね。本当にすみません。


〈第2信〉

 先日お手紙を送った時点では、堂々巡りで同じ考えに留まっていた気がします。私も頭を冷やし、資料を読みあさり、いろいろ考えた末・・・私たち夫婦に足りないのは、自己肯定感が足りず、他人を否定する所から入るのではないか?と思い、我が家の3か条を考えました。

1.よく話し、よく笑う
2.泣きごとを言う
3.お互いの存在をみとめ、許しあう

 お休みにこれを主人に見せて説明しました。
 2.に対しては・・・「泣きごとってグチだよね。グチをこぼす相手ってだれ彼構わずではなく信頼の置ける人を選ぶでしょう?!家族なのだからこそ信頼が置けてグチをこぼせる関係になりたい」

 3.に対しては・・・「例えば、この前駐車違反でレッカー移動され警察に行ったよね。その時私は、『やられちゃったねー。気をつけていても魔が差すんだよねぇ。お金かかるねぇ』としか言わなかったわ。でも『えー今年2回目でしょ。この前ももって行かれたのに何故気をつけなかったの? まったく!お金ばっかりかかってもう!』と言うのとどっちがいい? 前者の言い方は『許す』って事よ。この考え方は抱っこ法なのよ」

 と、そして、子どもがダダ子ねした時の言葉かけの事も付け加えました。すると主人は納得してくれたようです。ただ、主人は子どもの時からグチをだれにもこぼして来なかったので、ピンとこなかったようですが・・・「きみのやり方をしばらくみているよ」と言っておりました。

 今の娘自体、特に問題な行動があるわけではないので、父親として今のままの子育てで良い、と思っているようです(それって抱っこ法のおかげなのにね(^_^;))。これからしばらくは、お父さんを説得しようとしないで、こっそりと安心の木を育てていきます。

 分かり合えなくてつらいこともあるけど、抱っこ法を知らなきゃよかった、とは思ってません。むしろ、出会えた事に感謝し、これからどんな人生になるのかワクワクしています。今後もたわいのないケンカもするかもしれません(その最中はどん底ですが)。これからもよろしくお願いします。

 それから、私の理解がこれで良いのか教えてください。


※怒り泣き=心の歯止め。

歯止めが取れる=母と子に信頼関係が築けた。
……彼女の中で、この歯止めが取れれば、多少の怒りは甘えにかわるのでしょうか?

【返事:怒り泣き=怒って甘えている。泣いて甘えて、怒って甘えて、ダダをこねて甘えて、文句を言って甘えて=母と子の心の垣根がなくなって、もっと気持ちが通じ合い、信頼関係がしっかりあると実感でき、もっと太くなる。信頼関係があるからこそ、怒り泣きもできる。でも怒り泣きは少し甘え下手になっていることだから、怒り泣きもおおらかに包んで、「よし、よし」していくと、甘え上手になって、甘え泣きになっていきます。怒り泣きは体をそり返したり、突っ張ったり、逃れようとしたり、もがいたり、と身体でも表現してきますから、体ごと「よし、よし」してあげれば、次第に甘え泣きに変わります。なにしろ今のその時のまんまを「よし、よし」することが大事です。お母さんからのどんなYちゃんも大好きが伝わると、Yちゃん自身の肯定感、存在感が根付いていきます。なにしろ親思いの子どもたちですから、親が不安になって抱っこしていると、心配かけたくなくって我慢しますからね。だからもし不安になった時は、「お母さん泣かれると不安になってしまったから、今日はここまでね。また続きは今度ね」とやめてしまって、お母さんの余裕を取り戻したら、また抱っこしたらいいのです。お母さんに無理がいかないことも大事です。少しずつね】


※主人がいる前で、聞いて欲しいよーとのけぞり泣きを始めそうになった時、テレビやおっぱいで封印をしてしまう事は、信頼関係を壊す事になりませんか?

【返事:「お父さんはYが泣くととってもつらくなってしまうんだって。だからお父さんがいる時にはじっくりは聴いてあげられないよ」と、前もって事情を話しておくと、場をわきまえて出してくれると思います。お父さんも大好きなYちゃんですからわかってくれるはずです。それでも子どもですから、あふれてきてしまうことはあるでしょう。そんな時はほんの少し時間稼ぎして気持ちを出してもらって、そしておっぱいをあげたりしても大丈夫です。例えば、おっぱいを出すまでに手間取るのです。どこで飲もうかなんて場所を選んだり、ボタンがかなかなはずれないなあなんてことにしたり、あるいは、あっちに行って遊びたいなんて時には、「あっちいこうね」と連れて行きながら、歩幅を小さくしたりゆっくり歩いたり、そんな工夫をして、何十秒かでも気持ちが聴いてあげられたら違いますよ。お父さんからみて不自然でないようにね。子どもは賢いから、事情をちゃんと理解しますよ。お母さんも賢くやってください。そんな工夫をしていくと、子どもの気持ちも受け止められるし、お父さんへのいたわりもできて、そして結果もついてきますよ。信頼関係は元々あるから大丈夫。気持ちの我慢をしやすいだけです。それはおいおいにほどけていきますからね】

 今朝は、とても冷えこみましたね。日中はまた暑さが戻るようです。ステキな秋の足音が近づいて楽しみでもありますが、くれぐれもお体ご自愛くださいませ。


〈第3信〉

 ご無沙汰しております。先日はいろいろお騒がせして相談に乗っていただきありがとうございました。

 あれから毎日お父さんと一緒に帰って来る娘を迎え、食事の前におっぱいピッタンコタイムをし、食事をしてお風呂に入って・・ハイ寝ますよーとあわただしい生活を送っておりました。そのオッパイの時は私をまたぐ様にして縦抱きで飲むのですが、たまに横抱きにしようとすると途端に苦しそうに泣き出して、私の膝から降りてしまうのです。主人もいるし、無理には泣かせることはしていなかったのですが、私はずっと気にしていました。「なにかつらい事があるんだろうな」「あわただしい中でもスキンシップしてあげてるつもりだけど足りないのかなぁ」「おっぱいで口封じしてしまっていないかなあ」とね。泣き出す娘にも、「お父さんいるからね、言いたいのにね。がまんだね」といいながら我慢させてましたが、食後や風呂上り3人でゴロゴロしている時は、彼女なりにとっても幸せそうに見えました。

 そして昨日のこと。主人が夜に仕事の関係で外出すると言うので、主人と二人で車でお迎えに行って途中でご飯を済ませ、家に着くと主人はすぐに出かけていきました。チャンス!!!とばかりに抱いてあげました。「お父さんがいたから泣きたくても我慢して偉かったね」「今日はたくさん聞いてあげるよ」と抱きはじめました。

 すると、はじめから私にぴったり寄り添ってくるのです。言葉をかけるとたまに仰け反ったり涙を流したりはしますが、私の目をじっと見てなんともまぁリラックスしている事。(*^o^) 20分くらい張り合ってそのまま眠ってしまったのです。そして今朝、もりもりご飯を食べ、お腹がいっぱいになると、主人の所に行ったり私のところに来てベタベタして、ホッペをくっつけてくるのです。なんともまぁカワイイかわいいカワイイ娘でした。

 登園時も家を出るときは私が抱き、車の前で主人に渡すのですが、いつもはイヤイヤとそっぽ向く娘が、今朝は主人に手を向け、「だっこー」と素直に抱かれ車に乗ってくれました。

 通勤電車の中で『通信』を読みつづけていますが、頭で理解しても、実際抱けない環境をもどかくし思っていましたが、昨日のことで少し心で理解できた感触を得ました。まだまだ外を歩く時に手をつないでくれなかったり、目を合わせなかったりとすねている部分もありますが、少しづつダダこねと付き合っていけそうです。

 来週は予約しておりますので、また色々と教えていただけたらと思います。

 また台風が来ていますね。週末はは保育園の運動会なのに・・。テルテルボウズを久しぶりに作ってみましたが効きそうにありません(でも雨天なら体育館なのでそれはそれで楽しみたいと思います)。

 阿部先生。芳子先生はじめ和く輪く舎の皆さんのご健康をお祈りしております。



「それくらいのことで親子の絆は…」

 早速のお返事有り難うございました。
 WさんにFAXをした次の日の出来事です。3人(双子のお姉ちゃんNとT、2才。弟H、1才)を連れて公園に行きました。2つしかないブランコにHも含め3人が乗りたいので順番です。でもこの日はTしか代わってくれません。Nに「じゃあ、あと10回ね」を3回しますが代わりません。

 ここで私が「じゃあ、もういい!」と言ってしまえばいつもといっしょ。WさんにFAXを書いたことで少し気持の整理が出来ています。黙っているNにまずは泣いてもらうことにしました。外なのでちょっと気になりますがチャンスです。

 ブランコから降りないので「じゃあ、ママが抱っこしてあげるから代わって」N「いや!」「おして!」私が手をかけると抵抗しますが抱きついてきて泣き出しました。(やった!)

 ここからNが怒り始めます。私の手をバシバシたたいて「(ブランコを)押して!」「乗りたいよね〜、でもHも乗りたいんだって」

 そしてNの苦しい気持を探ります。思いつくあらゆることを話してみました。「保育園がいやだったかな〜?おしゃぶりなくてさみしいね〜・・・・」「Nチャンの苦しい気持はなんだろうね。うまく説明できないね〜」Nはまだ怒っています。

 私の頭の中はNが黙ってしまうとき、どんなときだったか整理しながら話しています。(かわりたいけどかわれない。ベビーカーからおりたいけどおりたくない・・・彼女の中での葛藤。何か言いたいけど言えない。私もよく言いたいことがあるときは黙りこくったっけ・・・・)

 そこでTが助け舟です。
T「Nチャンおんぶだって」
私「え、おんぶなの?」
N「おんぶ・・・」「そっか。おんぶか」とNを背負います。
自然と私の口から「頑張ったもんね」とでました。するといままで怒っていたNが「うえ〜ん」と私の背中で泣きはじめました。

 キーワードはWさんの察した通り「頑張った」でした。ここで私も泣きたくなりましたが、外だったので我慢しました。残念・・。

 そうでした。Nは頑張りやさんでした。何をするのも「自分が(で)!」とやってきたN。ただ、我を通したいだけでなく、お姉さんになりたかったのですね。毎日のことだったので気付いてあげられなかった。順番できることがお姉さんみたいだけど、だけど代わりたくない自分もいる。駄々を上手にこねられなかったのですね。言いたいことを言えないのは私が押さえつけてる?と思ったりしましたが、どうやら彼女自身の成長願望の心の葛藤だったようです。

 その日の夜の出来事です。寝る前にみんなミルクを飲むのですが、前はたまに「赤ちゃんする」と言って横抱きにして「よしよし、N(T)赤ちゃん、おいしい?」なんてこと、よくやっていましたが最近はあまり自分たちから言わないし、私から言っても「やらない。赤ちゃんはここ(H)」というのでやっていませんでした。ところが恥ずかしそうにちっちゃい声で「あかちゃんして」と言ってきました。久々に赤ちゃんごっこをしました。そして眠るとき、ここのところ私の隣じゃなきゃ寝ないくせに、私に背を向けて寝ていたNが私のほうを向いて眠りました。

 そんなこんなでめでたしめでたしと言ったところでしょうか?ひとつ超えてまたひとつ。山は沢山ありますね〜。次はTでしょうか・・・。なんだか暴力に拍車がかかってきました。みんな順番順番って待っているのでしょうね。

 今回で「抱っこ」ってこれだ!って実感しました。そして気にしていた「きらい!」って言ってしまったことや、たたいてしまったこと、そういうことってもちろん肯定できることじゃないけど、それくらいのことで親子の絆は損なわれるものじゃないみたいですね。兄弟喧嘩と同じなのかな?Hも毎日NとTにやられてるけど、にこにこよっていくし。NもTもどんなにかまれたってたたかれたって、やっぱり大の仲良し。親子もそういうものなのかな。って思ったら、言いたいことは言おう!って思いました。

 また、行き詰まった時には相談させてくださいね。


TOP
 体験談「項目」へ  HOME