←HOME

日常に生かす
癒しの抱っこをいやがる  

「大切だもの離さない」 「行き詰まっていたのに」  「久しぶりの‘赤ちゃん抱っこ’」 

「大切だもの離さない」

 K先生お元気ですか。この間は抱っこのサロンでのご指導ありがとうございました。あれから気になることがあるので、先生に聞いてもらいたくてお手紙しました。

 K先生と共に娘を抱っこしていただいた時の声かけで、子どもがあばれながら「離して、離して、抱っこしないでよ」と言い、K先生が娘に「離さないよ、離さないよ、大切だもの……」と伝えていたのですが……。その時のことを思い出すのでしょう、その言葉がうれしかったのでしょうか、あれから何度となく、ふと私の膝の上に来ては、「抱っこしてママ、大切だから離さないよって言って」と自ら言ってくるのです。

 私も抱っこをし、そう言ってみると、「いや、離して、離して……」とあばれ出すのです。きっと、「離して……」と言いながらも、「離さないよ、離さないよ、大切だもの、大切だもの」という言葉を確かめたいのでしょう、聞きたいのでしょう。それは感じるのですが、一体どうしてなんでしょうか。娘は不安をたくさん抱えていて、不安で心配でしかたがないのでしょうか。言葉に出していってもらわないと不安なんでしょうか。安心できないのでしょうか。それとも、それほど気にせずに、言葉のやりとりを楽しんでいるのでしょうか。家で抱っこしてみても、言葉のやりとりにまどわされ、なかなか心の奥深いところで、通じ合わないような気がします。

 出産時の陣痛促進剤、人工破水、そして吸引分娩。元気な赤ちゃんだったのですが、娘は黄疸が強く、生後2日目から10日間、私とは別の病院に移され、入院してしまいました。その間は、1日最高1時間のみの面会しかできず、おっぱいも沢山出るのに直接飲むこともできず、抱っこもできない時間が、なんと長かったことか……。私も不安と寂しさでいっぱいの気持ちでした。今思い返してみると、娘はどんな思いだったことでしょう。胸が張り裂けそうな思いがします。

 先月の抱っこでは、生まれてすぐに離れて入院したことかな、と思えるようなことを口にしてくれたのですが、目を合わせることは全くできず、中途半端に終わってしまいました。

 今月の抱っこでは、眠くなったようで途中で寝てしまい、10分くらいで目が開いたのですが、表情は硬く(口をかみしめている)、目をそらしていたのです。一緒に抱っこしてくださった方も気づいてくださって、他の先生に話してくださったのですが……。目をそらしたのは一瞬で、すぐに遊び始め、その後はすっきりした様子で、とてもおだやかでした。

 普段私自身に心の余裕がない時など、ついつまらないことで怒ってしまったり、子どもの当たってしまうことがあります。ああいけないと思った時は、娘にあやまるようにしているのですが、そんな日頃の私の言葉や行動が、子どもを傷つけてしまっているのでしょうか。出生時の様々なことが大きく関与しているのでしょうか。複雑な気持ちでいっぱいです。

 抱っこ法を知って(知ってというにはほど遠いのですが)、子どもの気持ちを考えてみる、子どもの視点を考える、感じるのが大切だ、ということに気づかされ、とてもありがたく思っています。言うのは簡単ですが本当にむずかしい、。そして、先ほどと説いた『通信』の、Uちゃんのママの言葉、「いっぱい暴れて、私の愛をどんどん感じてちょうだいって感じです」という文章が、という文章がとっても心に響きました。ずうっと心にとめておきたい言葉です。ありがとうございます。

 来月もどうぞよろしくお願いします。




「行き詰まっていたのに」

 お手紙ありがとうございました。本当にとってもとっても嬉しかったです。お手紙をいただいた日は、なんと○○ちゃんの抱っこができたのです。全然ちゃんとした抱っこじゃなかったけど、○○が逃げようとしても、へこたれずに頑張ることができたのです。そして、その日は、なんと一緒に寝ることができたのです。すごいと思いました。あんなに出来なかったことなのに。

 私には見守ってくれる人たち(和く輪く舎の方々)がいる。家は近くじゃないけど、私にはいるのです。私には、いるんだ! なんかそのことがとても嬉しいというか、良かったです。親には言えないことばかりだけど、私には聞いてもらえる所がある。それが嬉しいです。自分の中の醜い気持ちまで聞いてもらえる所なんて、他にはありませんよね。 

 今、返事を書こうとして、下書きをしてみたのです。そうしたら、”私はダメな人間”がすぐ出て来るのです。もうあまりにもダメな人間すぎて、世界で一番ダメな人間で、ダメな人間のチャンピオンになったのです。そうしたら、何でも一番はすごいや!と思い、ダメな自分を認めることが出来たのです。

 手紙を読んで涙して、夜、抱っこして、一緒に眠ることが出来て、返事を書いていて、自分の中の嫌な自分の一つを認めることが出来て、すごい!と思いました。一人で行き詰まっていて、どうしていいかわからない時に手紙がきてくれました。人には人の力が必要なんですね。

 子どもの所へ行っても、余計に自分のことが嫌になるばっかりで、一人でいると傷つかないから一人が良かったけど、これからは、変わればいいと思います。思い込みが激しく勝手に傷つくダメな私だけど、ダメな私なりに、やって行こうと思います。

 今はとても前向きな気持ちです。でも、いつものパターンでは、またすぐ落ち込むのです。そうなるのが嫌だけど、また上がればいいのですよね。次の問題が来るのが嫌だなぁ。来なければいいのに! いつまでも今の気持ちが続くことを願って。

 ありがとうごさいます。いてくれて良かったです。ありがとう。




「久しぶりの‘赤ちゃん抱っこ’」

 ここのところ、ちょっとチビ太君の様子がアヤシイ・・・。どのようにアヤシイかと言うと、
@落ち着きがなさすぎる!
A私から離れない
B動きが大きすぎる
この三つが彼の行動パターンになっていました。

 そして、それを見ている私もイライラしてきたので、これを‘怒り’でぶつけるのではなく‘抱っこ ’でぶつけようと思い、昨晩じっくり抱っこ(かなり久しぶり)してみました。

 お風呂にも入り、寝る支度も出来たので、
マ:「ちょっと赤ちゃん抱っこ してあげるよ〜」
チ:「あ〜オレ赤ちゃん抱っこして欲しかったんだよね〜」
とすんなり抱っこの体制に入ったものの、
チ:「もういい、苦しいから放して」
すぐに気持ちを表してくれました。

 しかし!それからが結構大変で、どうにも治まらないチビ太君の‘怒り’のような感情が、次から次から出てきて、大暴れ。その中で私なりに受け取ったのは、
○もっと立派なお兄さんなりたい
○もっとママの役に立ちたい
○弱い自分を見せたくない
でした。

 表面的には末っ子で一番甘えているのに、チビ太君の心には、もっとかっこいい自分を表現したいと強く思っていた事に気付きました。私から感謝の気持ちをいっぱい伝えて、時々見せるかわいい甘え泣きの顔に、「かわいい、かわいい」といっぱい伝えていたら、40分位でウトウトし始めて、力が抜けてきて、すると立派な甘え泣きをいっぱい見せてくれました。

 抱っこのおかげで少し落ち着いた感じのチビ太君。その日は抱っこしてそのまま眠ってしまったから、感想を聞いてみたくて、
マ:「抱っこはどうだった?」
チ:「気持ちよかったぁ〜〜〜〜」
と一言。

 うんうん、それで充分伝わった。

 抱っこしていた40分の内、35分くらいは、「離せ〜〜」とか「苦しいぃぃ」とか「ママ、バァ〜カッ」などなど嫌がった言葉ばかりだったのに、見せ掛けの姿に騙されちゃいけないと、ニヤニヤしちゃいました。

‘抱っこ’のすすめでした。



 TOP
体験談「項目」へ  HOME