←HOME

日常に生かす
ちょこっと抱っこ・遊びの抱っこ  

    「言い合える日々は幸せ」  「気持ちを分かってもらえるのってうれしい」 
「プチ抱っこのチャンスはこんなところに!」  「〜しようね」  「悲しかったの」  「自分に快適なもの大切なもの」 
「みんなで抱っこ」 「いないと思ってごっこ」 「手のひらと手のひらが丁度いい感じで」  「3人が幼稚園に入園してから」 

「言い合える日々は幸せ」

 今、わくわくブログ見ました。それで、
『私がいじけると、主人も子ども達もシャンとしていい感じになるの。それだったら私、ずっといじけてたほうがいいかななんて思っちゃう。でもそれはさみしいからやらないけど。その中間がいいんだけどなぁ』
なんか、笑っちゃいました。私も同じようなこと思ってるから(笑)。

 私がいっぱいいっぱい、とか怒り神に乗っ取られてると、Mちゃんも凄く機転の利く優しい子になるの。で、ちょっと落ち着くと、文句ばっかり、怒ってばっかり。で、なによ、それっ!って私もぶつぶつしてばっかり。

 あーぁ、いざって時にお利口にできるんだから、普段からしてよー、って。

 でもね、今日ちょっとだけ、ほんのちょっとだけ思えたことがあって、お風呂上りにMちゃんの髪にドライヤーをかけていたら、いちいち文句を言うのね。それで、私もむぅっと来て、
「いちいち文句言わなくたっていいでしょー。風邪ひかないように髪乾かしてるんだから、じっとしてなさいよ」って言ったら、ぶーたれながら「はーい」って言って、そのあとニヤッとしてたMちゃん。

 ほんとに、あの子は文句&やつあたりの女王様だと、この頃私は思っているんだけど、何かにつけて私が注意とかすると「悪いのはママの方でしょ」とか、いちいちカチンとくることを言うの。それで私もまた文句で応戦して、あぁ、なんて品のない、とか、どうしてこうも気持がかき乱されるの、とか思って。

 私は、そういう文句の言い合いのない、穏やかで平和に満ちた日常が最高の幸せというか、到達すべきゴール、みたいに思っているんだけど、ひょっとしたら、こうやって言い合える日々や関係が、いいのかもしれないなあ、って。

 ただ、私はこういうやり取りなんてしていなくて経験値がないから、そういう日々のひとこまで起こる自分の感情の起伏に戸惑って、自己嫌悪したりするけど、こういう言い合えるひとこまは、案外どこの家庭にもあって、決して、それが悪でも嫌な関係だとも決めつけられないのかも・・・・って。

 でも、やっぱり文句がない、っていうか、文句を言われてもそれをふうわりと包み込むような、母親の姿が、いつでも私の理想像として、居座っているんだけれど。だから、そうできない自分を、あぁ、だめ〜って凹ましちゃう。

 まだまだ、私の中にいっぱい言い分を抱えている子どもがいるうえに、「私のことなんて気にしてくれなくていい!」って自分を粗末にしている子どもも、どっしりと居座っているようで、その気持ちが大きいから、自分の気持ちを聞ききれないのかも、って感じてます。

 でも、そうやってやってきた私が、子どもたちと触れ合って、抱っこに果敢にも(?)挑戦して、文句言い合ってって今日までしてきたことは、やっぱりよく頑張りましたよね。

 少しずつでも、そうやって自分を認めて大切にしてあげたいなあ。




「気持ちを分かってもらえるのってうれしい」

 こんにちは。いつも抱っこでお世話になってありがとうございます。今日はうれしいことがあったので 芳子さんに伝えたくて、聞いてほしくて,手紙書かせていただいてます。

 夕方の5時過ぎにちょっと息子と近くの公園に行ったんですけど 5時半におじいちゃん、おばあちゃん達と食事に行く約束をしてて、「ちょっと遊んだらごはん食べに行くから帰ろうね」と息子には言ってあったんですけど 素直にすぐ帰ってくれるか不安でした。

 案の定不安は的中して、5時25分頃息子に、「帰ろう。おじいちゃんたちととごはん食べに行くよ」と言っても、「やだ」と言って全然言うことを聞かず、次から次へ遊んでしまって、無理矢理抱いて帰ろうとしてもじたばたもがかれ、片方の手におもちゃを持ってる身としては、かかえきれず降ろしてしまい、「じゃ、ママ一人で帰っちゃうよ」と言って帰ろうとしても、もちろん待ってとついてくるはずもなく、もう5時半になってしまってるし困ったなあと思ってました。

 その時 あっそうか! 息子の気持ちになればいいんだという事をふいに思い出し、息子に「ぼくはまだ帰りたくないよ」「もっと公園で遊んでたいよ」と言ったら、スーと、寄ってきて「ママ帰ろ」と言ってくれました(もちろん「ママ帰ろ」なんてしゃべってませんけど)。歩かせて帰る余裕もないので 抱っこしておうちに帰ったのですけど、久しぶりに上手に息子の気持ち理解してあげれたことがすごくうれしくて、何号か前の通信の編集後記に載せていただいた“お風呂“の話と一緒なのですけど、しばらくそういう事忘れてて、つい怒鳴って、こっち(おとな)の気持ちを一方的に押しつけてばかりいたので、今日は力ずくで連れて帰ってきたわけではないのですごーくうれしかったです。ちょっと子どもの身になって物事を考えて、気持ちを代弁してあげればすんなりうまくいくのに、なかなかそれができずについつい自分の都合や気持ちばかり押しつけちゃってるんですよね。おとなでも子どもでも気持ちをわかってもらえるのって、とっても安心でうれしいことなのだという事を改めて実感した出来事でした。日常のほんのささいな1コマだったんですけど どーしても芳子さんに聞いてほしくて、あの、読んでくれてありがとうございました。




「プチ抱っこのチャンスはこんなところに!」

 小学3年の息子とおもしろいやりとりがありました。

 先日、学校でぎょう虫検査がありました。“朝起きたらすぐに”の通り、半分寝ぼけた息子にお尻を出すよううながしました。が、息子はまだ眠いやち、恥ずかしいやら(いっもは言わなくてもお尻出して走り回っているのに)で、くねくね動いてなかなかやらせようとしません。こちらとしては、こんなふうにお尻をだしてくれるのもいつまでか、とかわいいやら嬉しいやらではありますが…、何とか2日分のシートを完成させ、ランドセルの上に置いてやりました。

 その後準備をすませてランドセルを背負おうとした息子が突然、「(ぎょう虫検査紙をランドセルに)早く入れろ!」と言いました。その言葉にムッときて、「なにっ! 親切にビニールに入れてそこへ置いてやったのに、ランドセルにまで入れないかんのかね!」と私。

 案の定、逆切れした息子は、部屋の戸をバンッ!と閉め、靴もひっかけたまま走って外へ向かいました。しかし、このまま学校へ行ったらつまらん一日になるだろうと考えた私は、走って追いかけました。

 私が追ってきたと分かった息子は、玄関のドアを外側かち押し、私が外まで追ってこないように必死にドアを押さえます。それに対し、私が内側からドアを開けようとして、ちょっとした押し合いになりました、その時、ふと、「あ!これ、抱っこ法だ!!(学習会でやった)五分と五分の力での張り合いだ!」と気づきました。そう気づくと、「何だか楽しい〜! もっとやっていたい!」という気持ちになってきました。けれど、もう集合時間!そういつまでもは押し合っていられません、結局、押したり引いたり、その時間はわずか一分足らずでした。

 ドアを押すのをやめて小窓からそっとのぞくと、足取りも軽く、スキップ混じりに集合場所へ向かう息子の姿がありました。その姿を見て「やった!」と思った私でした。

 こんな朝のやり取りで、日常のほんのちょっとしたすきまに、いくらでもプチ抱っこのチャンスが潜んでいるんだなあと実感しました。




「〜しようね」

 いろんなことがあったけど・・・。また何事もなかったかのように、始めてみようかな。苦しくて苦しくて、私の周りにいる人にSOSをいっぱい発信してみました。主人、先生、友人・・・。子どもたちにも。それぞれが適切なアドバイスをくれるって、すごいですよね。人生、何も無駄になる事がないと、改めて実感です。

 だからって、今の私が必ずずっと前向きかって言うとそうではなくて凹んでいる方が多いかも。それでも少しずつ前に進みたい私は、今朝とりあえず『日常抱っこ』をやってみました。

 それは突然はじまる次女の爆発、
次:「ママァ〜小さくなった上履き、持って帰ってくるのを忘れたけど、新しい上履き持って行ってもいい〜?」
マ:「ママとの昨日の約束は、古くなった上履きを持って帰ってきてから新しい上履きを持って行くってことだったから、今日はガマンしようね」

解説:ママのセリフに注目。いつもの私は「〜しなさいっ」って言ってしまう。でも阿部先生の新刊 に載っていた『しつけの技術』で、お母さんが子どもにいけない事を教えてあげる時の言葉遣いが書いてあって、私自身も「〜しなさいっ」より「〜しようね」の方が言う事を聞けるなと思ったので、早速実験。

 でも私も朝の忙しい時間に言われたので、「〜しようねっ」ってなってしまったけど(-。−;)。
次:「絶対に今日古いのを持って帰ってくるから〜」
マ:「今日(古いのを)持って帰ってこれるなら、月曜から新しいのにしようねっ」
次:「え〜、う〜。。。なんでっいいでしょっあ〜〜〜〜っもうっっ(。>0<。)それじゃぁ履いて行ける靴下も無いし一体どうすればいいってゆうのっ(号泣)」

 そして私が靴下をあれこれと出してみるものの、
次:「え〜これは小さいこれは大きいこれは気持ち悪い」(それでも気持ち悪い靴下を選んで履いたので)
マ:「あ〜気持ち悪いね。いやだね」
次:「あ〜もう気持ち悪いっ私、今すっごい気持ち悪いのをガマンしてるんだからねっ」
マ:「そうだよね、頑張ってるね」
こんなやりとりを何回か繰り返して、私はなるべく語尾を「〜しようね」に気をつけて・・・。

 すると数分後、次女からは鼻歌が聞こえて来ました。そして気持ちよく学校へ行く事ができました。私も気持ちよく送り出してあげられました。




「悲しかったの」

お返事ありがとうございます。そうですね、素直に表現できればと思いますが、何十年にもわたってきたことを今日明日に改善していくのは、自分でも無理だと思っています。阿部様のおっしゃるとおり、ゆっくりいきます。

ここ数日は、平穏な日々が続いています。もちろん一日のうちに衝突はしていますが、その行動に対して娘に話をしていて、だらだらと自分の感情をぶつけるようなことは無いです。

 今日は心疾患の子どもたちとの集まりがあり、そこの公園でお姉ちゃんに遊んでもらいました。そのお姉ちゃんたちと、少し離れた、動物公園へ行くというので、私とは離れて娘はいってしまいました。10分弱たったころでしょうか、お姉ちゃんにつれられて泣きながら帰ってきました(別のお母さん一人ついていってくれていたのですが)。わけを聞くと、一人で遠くへいっちゃったから悲しかったの・・・「わかる?」といっていました。「うん、わかるよ」といって、私の膝に抱っこされてひとしきり泣いて、膝に座ったままお絵かきをしました。最初はいらいらして、紙に殴りがきをしてましたが、しばらくすると落ち着いたようで、話をしながら絵を書き始めました。そのあとも機嫌よくしていました。

 いい子でいる日々が続くとまた、あのイライラの日がくるのだろうなあと思っているのですがどうなるのでしょう。

今日はこの辺で。ありがとうございました。




「自分に快適なもの大切なもの」

 すっかり風は冷たくなり長袖を羽織っているこの頃です。
 阿部先生他皆様お久しぶりです。

 息子は小学校一年生になり、毎日ランドセルを背負って友達と道草しながら学校に行っています。サッカーが大好きな息子は、早速学校のサッカークラブに入り泥と汗まみれで帰ってきます(^−^)。先日は公式試合がありました。残念ながら負けてしまったのですが、本当に悔しそうで・・・色んな感情が表に出てきて、傍らで見ていて微笑ましいです。

 学校の近くに引っ越したので、友達も沢山遊びに来ています。友達が喧嘩を始めると、「喧嘩するなら帰れ」なんて言ったりもしていますよ。自分も喧嘩するのに・・・(*^_^*)。相変わらずのお笑いと動きっぷりは変わりません(^_^;)。甘えん坊の所も変わりません。毎朝のハグでは「もっとハグして〜」!!(ムギュー)「ママ〜マッサージしてーー」・・・そのまま熟睡の息子君・・・zzz。

 サッカー、将棋、友達、自分の世界を広げている息子に影響されて、私も少しずつですが自分の快適なもの、大切なものを見つけられるようになってきました。
 観葉植物を育てたり、お花をテーブルに飾ったり。
 夕食は本を見ながら新しいメニューを増やしたり。
 画集をカラーコピーして額に入れて飾ってみたり。

 最近は母や義父も我が家にお茶を飲みに来てくれるようになりました。そんな両親にお茶を入れてあげたり出来ることが、とっても嬉しいです。人に甘えて自分を変えてもらおうとしてばかりでは、幸せにはなれないですね。ちょっと疲れていても、微笑んで思いやりの言葉を発するだけで、自分が幸せになれたりするんですね。

 これからも色々あるとは思いますが、色々あるのが人生と思い毎日を送っていきます。遠くで見守って下さる先生方本当にありがとうございます。




「みんなで抱っこ」

 こんにちわ、お元気でしょうか、和く輪くだより届いています。ありがとうございます。 引っ越ししてはや、1ヶ月半何とか片づき落ち着いてきました。T市に来てからKはしょんぼりしているように見え、お腹もゆるく、精神的にまいっているのかと思いました。でも下痢が2週間も止まらないので病院にいくと、4月に体調をくずした時と同じ、086が原因でした。それから病院通いと薬を飲む日々が続き、先日ようやく菌がなくなりホッとしているところです。こんな理由で、なかなか連絡もできませんでしたが、その短い間にKが変わってきたので報告します。

 T市に帰ってから、ベットで毛布をかぶり、「赤ちゃん産まれたよ」ごっこをするようになりました。「苦しかったよう〜」「暗かったよう〜」と言いながら毛布から産まれてきて「ママ抱っこして」と赤ちゃん抱っこをせがみます。何度も何度も同じ事を毎日繰り返していました。1か月くらいやっていたでしょうか、気がつくといつの間にかお友達と遊べるようになり、小さい子、赤ちゃんにも少しやさしくできるみたいです。キイキイと金切り声で叫ぶ事も少なくなりました。先日、初めてこっちの抱っこに参加しましたが、子どもの数より、先生の数が多く、でもその後、すっきりした顔で笑い、いろいろ話しだしました。こんな事は初めてだったので、とてもおどろき、うれしかったです。家で私一人で抱っこしていても、ここまではたどりつかなかったのですから・・・それではまた連絡します。走り書きですみません。




「いないと思ってごっこ」

 我が子は抱っこが大好き。小学1年生になって「まぁかわいい」などと抱きしめられて、まだトロケソウな顔をしているのは赤ちゃんの頃に満たされない思いがあったのかなぁ、と思ってみたり、抱っこするのは良い事だから許されればどの子もこんななのかなと思ってみたり。どちらにしても抱っこは私も幸せなのでもう暫くは続くでしょう。もうひとつ我が子の好きな遊びが<僕がいないと思ってごっこ>。私におんぶをして「あれ? Mがいない」と言わせるんです。状況設定は色々で、出掛けようとしている時であれば「もう、置いていっちゃうよー」「やだよ、待ってよ」「じゃあ、早くしなさい」「まってー」「だめだめ」と外へ出ると現れて「あれっ? 何時の間に」となります。時にはあっちだよこっちだよと言って家中探させます。「2階にいる」(えっ?おんぶしてるんだよぉ。行きたくない)「降りておいでー」「来てーー」(あー)重いのをがんばって階段をそ〜っと登り「わっ!!」なんていないと判っている部屋に飛び込んだり。「後ろにいるよ」と言われても見つけてはいけないので、首だけ回さず上半身ごと回して後ろを見るんです。で、「いないじゃない。声はするのになー」なんて。それにしても、ぴったりくっついていながらいない事にするって意味深じゃぁないですか?もともとは、私が始めたおふざけなんですけど。何かの本だったかな、もっと小さい子についてだったと思いますが親から離れる練習みたいに書いてあったものもあったような・・・。やっぱり、幼いんですかね。




「手のひらと手のひらが丁度いい感じで」

 3年生になったMは、クラスの友だちも担任の先生も替わってまだなれないようで、友だちともいろいろあって元気がありません。夜は怖い夢、自分が死ぬ夢が多いらしく、寝たがりません。勉強も自信をなくしているようで、宿題にも手がつけられません。今までは学校から帰ると友だちと遊びに出かけたのに、今はずっと家でひとりで居ます。自分で自分を立て直しているような感じがして、頑張ってるなって感じています。

 私は、今は、ぎっくり腰が良くなってきたところなので、あんまり体で張り合ってあげられず、話を聞いています。でも、私、ただ「そうなんだ、大変だね」って聞いているだけで、Mの心とはずっと距離があるのかも。この前の自分と向き合う時間に、ロールプレイをしてみて気がつきました。それに、話しを聞いているうちに、私のおとな心が、子ども心にバスジャックされてしまうんです。いろいろ思い出して、子どもの時の気持ちが現れてきて、一緒に不安になってしまうんです。どしっと構えて「大丈夫!」と言える力のあるお母さんでいようと思いつつも居られないんです。でも、不安な気持ちを持ちつつも寄り添ってくっついて、あったかく抱きしめてあげたいなと思いながら、接しています。

 ぎっくり腰で起きあがれなくて寝返りもできなかった時、Mが体でお話ししてきました。私の体に「張り合って」って感じでぐいぐい体全部で押してくるんです。ぎっくり腰なので、ほんのちょっとの振動もすごく痛いんです。何も応えてあげられない、自分のことで精一杯って感じでした。「痛いよ」っていうと私の腕を引っ張ってきました。Mの手のひらが私の手のひらをぐいぐい押してきて、押し合ったり、どっちかの押す力が強いとくねくねしたり、引っ張りあったりしてました。いつの間にか、二人の手のひらと手のひらが、ちょうどいい感じの押し心地、張り合い心地で押し合っていました。「なんだか、丁度いい感じで気持ちいいなあ」と味わっていたら、Mの力の入った顔が、すっきりした顔になって、「ママ、だいすき!」ってくっついてきました。体が全然動けなくても、病気で寝ている時でも、全身で思い切り受け止めてあげられなくても、、、いいんだ、、、。いつも全身で全力で張り合ったり追いかけまわしていたので、、Mの育ちに追いつけなくなってきていたので、、、じ〜んときました。うれしい出来事でした!




「3人が幼稚園に入園してから」

 鷲尾様
 こんばんは。ご無沙汰しております。いつからお便りしていないのか忘れてしまうくらい久しぶりですね。その間、たくさんいろんなこともあったし、いろんなこと感じながら過ごしてきました。

 3人の幼稚園の入園、役員を引き受ける羽目になり忙しい毎日、そして主人がダウンしてしまい入院、代理で仕事・・・などなど。怒りの感情が抑えきれずお弁当箱を投げつけて壊してしまうなど、相変わらずチャイルドが暴走してしまうことも多々あり・・・。きっと泣きたいんだってわかっていても泣けなくて、怒りばっかりあふれ出てきて仕方ないので、誰にも見せられないくらいの怒りに満ちた顔を思いっきり布団をたたいていると、一瞬固まった子どもたち。しかし、ハッとして隣の部屋へ行き、楽しそうに特大の「たたき棒(新聞紙を巻いた棒)」をつくり、私に手渡してくれました・・・。それが嬉しいやらおかしいやらでやっと泣けてきました。泣きたかった原因なんて結局のところわからないんだけど、それでよしっと。

 何でしょうね・・・子どもは明らかに成長していて・・・・多分私も成長してるんだって思います。これでいいんだって思えるし、だんだん地に足が着いてきた感じがします。駄々こねの時期が過ぎてなのか、夏休みゆったりと過ごせたからなのか、今はわりと3人ともそう、ギャーギャー言うこともなく扱いやすくて、何だか物足りない気も・・・(笑)。

 そんな中、主人には非常に感謝していることがあって、仕事が休みの日や、主人の実家に行ったときなど、パパが悪者になって、子どもたちに「かにバサミ(足で子どもの身体を捕らえる)」をして、「パパの味方です。もうわがまま言いません! はずしてください」と言うまで放さないという遊びをします。これは、もう小さいときからのお決まりの遊びなのですが、・・・。そしていつも3人は泣かされ、私の元へ・・でも、ちょっと「ヨシヨシ」ってしてあげると、あんなに泣いていたのがあ〜ら不思議。

 すぐにパパに向かってやっつけにいっています。すぐやられちゃうんですけどね・・・。でも、子ども3人で団結してやっつけに行くと、パパは負けちゃうんです。この辺はパパも考えてるんでしょうね。普段なかなか泣いたり駄々をこねたり出来なくなってきたけど、そんなパパの遊びや、おじいちゃんおばあちゃんの家に行くと、おとなの頭数も多くて安心するんでしょう。急にたいしたことじゃないのにすねて聞き分け悪くなったり、ワルごとしてみたり甘えて、「ごはんたべしゃしぇて・・・」なんてことも。もちろん、たっぷり甘えさせます。本当におじいちゃんおばあちゃんの存在はありがたいですね。

 今日はSが、「幼稚園は、何するところ?遊ぶところ?」というので、「ん〜」っと私が考えていると、Hが「頑張るところ!!」とキッパリ言うのには驚きました。子どもにとってはその言葉がぴったりのような気がしました。そして、おとなはそれに気づいてあげるべきだと・・・。おとなが思うよりもはるかに意識して頑張っているんですね。だから家はいつも、「頑張らなくてもいい、ありのままの自分でいられるところ」でありたいですね。

 いつも私が疲れたとか○○が痛いなどと言うと、布団を敷いてくれて「寝ていいよ」「休んでて」と言ってくれる子どもたち。すっかり甘えて、だらだらと過ごす私・・・、怒ったり、泣いたり出来る家・・・・。私が育った家では出来なかったけど、このうちは本当に私にとって居心地のいい家になりました。果たして子どもたち、主人にとって、自分が自分でいられる場所なのかな・・・・?

 またお便りします。



 TOP
体験談「項目」へ  HOME