←HOME

 赤ちゃん期の気がかり
乳を飲まなくなった 


  「子どもと真剣に向き合って」

「子どもと真剣に向き合って」

 前略、台風一過と共に連日暑い日が続いておりますが、阿部先生を始めスタッフの皆様一同お変りありませんか?

その節はいろいろお世話になりました。先日は『和く輪くだより』をご送付頂き有難うございました。本来なら、こちらから先に礼状を出すべき所を大変恐縮しております。事後報告を兼ね、一度手紙を書こうとは思っていたのですが、忙しさに取り紛れてしまい大変失礼致しました。

 1歳1か月の息子が、母乳を突然飲まなくなって、思い当たる原因もなく、おっぱいのケアをしても何をしても、口にさえ入れてくれなくなって、必死な思いで相談室を訪ねてから2か月経ちました。お陰様で、その後息子は順調に母乳を飲んでくれています。何度かハンストを繰り返す場面もありましたが、その都度教えて頂いた<抱っこ法>を試みて何とか凌いでいます。息子が突然反り返って母乳を飲まなくなる度に、つい受話器に手が伸びるのですが、その都度「母親としての感性を大切に」という先生の言葉を思い出し、人を頼ってばかりでは母親としての感性は育たないんだと自分を励まし、自己流ですが自分なりの<抱っこ法>を実践しています。毎日試行錯誤の連続ですが、最近では息子のぐずりが生理的なものなのか、癒しを求めてのものなのか、大体判別がつく様になって来ました。以前とは比べものにならない位、息子といい関係が築けていると思います。

 思うに今回のことは、密室育児の閉塞感から子育てに後ろ向きになっていた私に、神様が子どもと真剣に向き合う機会を授けてくれたんだと、今では感謝しています。いくら母乳育児を形の上で実践したとしても、そこに<心>がなければ子どもには伝わらないんだと痛感しました。まだ何も分からない幼児だと思って、侮っていた自分が恥ずかしいです。

 芳子先生と伴に闘っていた嵐の様な1週間を経て、以前では考えられなかった位ゆったりした時間を息子と過ごせるようになりました。日に日に息子がいとおしくなっていきます。こんな短期間に心境が劇的に変化するなんて自分でも不思議ですが、出産当時の敬虔な気持ちが蘇って来た感じです。それまでの私は本当に毎日が辛くて、抱いてほしくて膝にまとわりついて来る息子を本気で煩わしいと思い、時にはどんなに抱いてあやしてもぐずり続ける息子にに腹を立て、このまま床に叩き付けてしまいたい程の激しい衝動に駆られる事がありました。我子に対してそんな気持ちを抱くなんて、私は母親失格なんだと自己嫌悪に陥る毎日でした。そんな私に息子が懐かないのも当然で、息子がおっぱいを飲まなくなった時、本気でそれまでの自分を反省し後悔しました。でも当初、私は息子は私に対する報復として頑なに飲んでくれないのだと思っていたので、「子どもが母親を嫌うなんてあり得ない」と言う先生の言葉には何だか救われた思いがしました。

 <抱っこ法>を実践する様になってから、ずっと楽に息子の前で笑えるようになりました。私が笑顔を返す度に手足をばたつかせて喜ぶ息子の姿を見るにつけ、どうして今までこんな簡単な事が出来なかったのかと不思議になります。秀雄先生の著書に「お母さんが自分の気持ちと向き合い始めると、母と子の間で不思議な程の感情の交流が深まることがよくある」とありましたが、身をもって実感しました。

 先生のおっしゃる通り、子どもは母親が暗い顔をしていると、全部自分のせいだと思ってしまうものなのですね。腱鞘炎の話が出た時、ひときわ泣き声が大きくなったのも、息子は息子なりに私の体を気遣って色々我慢していたんだと思います。「親の心子知らず」ではなく「子の心親知らず」でした。

 思い返すと、出産後、半年過ぎた頃から、社会から隔離されてしまった様な訳もない孤独感や焦燥感に駆られる様になりました。この頃から息子の前でめっきり笑顔が減っていった様に思います。でも、笑わなかったのではなく、笑えなかったのです。元々愛想のある方ではありません。一日中誰とも口をきかず、笑い合う事のない暮らしの中で、いつしか表情も強張っていきました。時々息子が私のほうを見て気遣わしげな表情をすることがありましたが、今思えばこんな小さな子どもに、遠慮や我慢を覚えさせる程心配を掛けていたんだと思うと、心から申し訳なく思います。

 私の母は、どうして子育てにストレスを感じるのか分からないと言います。私自身、母親として生きる覚悟の定まらない自分自身を責めてばかりいました。そんな時、子育てに悩む私の姿を見かねて父が一冊の本を勧めてくれました。ご存知かもしれませんが、大日向雅美さんの『子育てに出会うとき』(NHKブックス)という本です。大日向さんによると、子育てや女性の生き方は社会的・経済的な影響を受けて変化するものだそうです。私を始め、今の母親達がなぜそれ程までに子育てに悩み苦しむのか、その原因について時代背景を交え客観的に述べられており、私自身説明のつかなかったイライラに解を得た様で、まさに目から鱗が落ちる思いでした。そして、少なくともこの本の著者は、私の苦しみを理解し肯定的に受けとめてくれるんだと思ったら、読んでいて涙が止まりませんでした。現役の母親の約8割以上が、「我が子をかわいく思えない時がある」との問いに「YES」と答えていると聞き、私だけじゃないんだと少しほっとする反面、出産以来、母親として常に完璧であらねばと肩肘を張っていた自分に気付きました。

 今回指導していただいた中で一番印象に残った事は、子どもには<共感>しその思いに寄り添ってやる事が大切なんだという事です。そして私が今回急速に元気になれたのも、先生やスタッフの方に私の悩みに共感し、苦しみを理解してもらえたからに他なりません。私の苦しみの大半は、本当に理解してほしい人に理解されない虚しさであった様に思います。これまでどんな時にも一番の理解者であった母に、私の気持ちを全く理解してもらえず、半ば自暴自棄になっていました。本当は、私は母に私の立場を理解し、共感し、慰めてもらいたかったんです。

 甘えたいのに甘えられない。一方、無条件にかわいがられている息子がいて、自分が受け入れてもらえない悔しさから、いつしか我が子に嫉妬に近い屈折した感情を持つ様になってました。そんな私に、息子の甘えを受け入れるだけの心の余裕がなかったのは、今思えば当然の事でした。35歳にもなって、まだ親に甘えたいだなんて笑われるかもしれませんが、今回気付いたのは私のそんな複雑な思いでした。そして、本来甘えるべき対象は母ではなく、生涯の伴侶である夫であるべきだと言う事にも気が付きました。

 そういった意味で、今回の事は夫婦の関係を見直すきっかけにもなりました。率直に私の悩みと気持ちを打ち明けた所、夫はそこまで私が思いつめているとは全く思っていなかったらしく、これからは育児にもっと積極的に参加してくれると約束してくれて、今の所可能な範囲で実行してくれています。

 例え夫婦でもちゃんと言葉にして伝えることの大切さを知りました。「言わなくても分かっているはず」「ちゃんと分かっているつもり」<信頼>と<思い込み>はとてもよく似ています。だからこそ、時々言葉にして確認する必要があるんですね。生まれも育ちも違う二人の人間が、長い間一緒に暮らしていくにはそれなりの原動力が必要だと思います。それは、愛し愛された昔の思い出や子どもであったり、人それぞれだと思いますが、<一つの思い>を共有する事で末永く仲良く暮らしていけたらいいなと思っています。

 働きに出る事を考えた時期もありますが、その気になれば働く事はいつでもできるので、今は二度とない子どもとの貴重な時間を一緒に過ごしていこうと思っています。それに今まで自分本位に生きてきた人間にとって、世の中で一番思い通りにならない子どもと言う生き物と対峙し続ける生活は、とてもいい精神修行の場でもあると思います。よく「子育ては、自分育て」と言いますが、子どもと一緒に成長出来たらそれはとても素敵な事ですよね。

 お礼の手紙が何だか取り留めのない内容になってしまいましたが、癒しの子育てネットワークの活動が広まり、一人でも多くの悩める親達が救われる事を心から願っています。芳子先生も時節柄くれぐれもお身体ご自愛下さい。また、これから息子は恐怖の<ダダこね期>に入ります。一人で手におえなくなりましたら、またお力をお借りする事もあるかと思いますが、その節はどうぞ宜しくお願い致します。


TOP
 体験談「項目」へ  HOME