←HOME

 素朴な暮らしの中の子育て 

戦前生まれの私たちは子どものころから、アメリカと聞くと、子育てを含めて、すべてにおいて進んでいる豊かな国、というバラ色の幻想を持っていました。物質的にはともかく、精神的には必ずしもそうとは言えないようだぞ、と気づき始めるまでに、何と長い年月が必要だったことでしょう。私たち日本人がアメリカの子育てを必死に追いかけているうちに、ご本尊のアメリカでは、東洋や日本の子育てに学べと言いだしたのです。

いま、アジアの発展途上の国の人たちから日本を見ると、ちょうど同じようなことが言えるようです。ついこのあいだ、東南アジアの国から来日しているお母さんが相談に来ました。日本という国はすべてが進んでいるのだとばかり思って、日本の育児書を読み、日本の人たちの助言を尊重して子育てをしているうちに、何がなんだか分からなくなってしまったようなのです。

お子さんが泣くとすぐに止めようとするので、「お国でもそうしているのですか?」と聞くと、「そんなことはありません」という返事でした。「おとなたちは幼い子どもにおおらかで、人々はみなやさしく、互いに助け合っています。何でも自立できるようにやっきにならなくても(時には甘えさせておとながやってあげていても)、大きくなると自然にひとりでやるようになります。お手伝いをしなさいとうるさく言わなくても、年頃になれば自然に家事を手伝うようになります……。」

その若いお母さんも、きっとそのようにして育てられたのでしょう。自分へのOK感、存在感がしっかり持っている方だ、という印象を受けました。お国の子育ての話をしてもらっているうちにいつしか、日本で子育てを続けることに自信を取り戻してくださったようです。

戦前の日本の子育て見聞記

沖縄の子育てに学べ


バリ島の子育て

HOME

戦前の日本の子育て見聞記

 いまから6、70年前、戦前の日本というと、いまの若い親たちはどんなイメージを持つでしょうか。学校も映画館もあり、電車もバスもタクシーもあり、工場も会社もあり、高層ビルもあり百貨店もありました。

 「戦前のような厳しいしつけを」という言い方がされることがよくありますが、早い話、戦時色が一気に強まった数年間を除けば、少なくとも一般庶民のあいだでは、戦前のしつけは必ずしも厳しいものではなかったのです。これには日本を外から客観的に観察する立場にあった証人がいます。昭和3年に来日して昭和11年まで東京に滞在していた、キャサリン・サンソムというイギリスの外交官夫人です。
 その滞在記(『東京に暮らす』、大久保美春訳、岩波文庫)には、「赤ん坊が生まれてきて一番幸せな国は日本です」と書かれています。当時は、戦時色がしだいに強まろうとしていましたが、一般の庶民はまだまだのんびりとした暮らしをしていた時代でした。

 滞在記によると、日本の家は、イギリスの家のようにきちんと整頓されて物が特定の場所にあるというわけではないので、赤ちゃんは思う存分遊ぶことができます。子どもたちはみんなからかわいがられ、あやされ、ほめられます。泣くと家族全員が駆け寄って、抱き上げ、なだめ、あやし、揺すって寝かせつけます。そのうち眠ってしまうと、みんなで「なんとかわいい寝顔でしょう」と言います。

 おとなたちがとてもおおらかに接していることがわかりますね。そもそも、おとな自身がおおらかに暮らしていたのです。サンソム夫人は、
「日本では男性ばかりでなく女性も田に出て忙しく働いていますし、西洋文明の影響でますます多くの人が時間に追われる生活をするようになったというのに、人々がとても大らかでゆったりしているように見えるのは実に不思議です。」
と書き残しているのです。また、

「日本にいると私はよく何十年も昔の自分の子供時代に戻ったような気になります。日本社会のテンポは私の子供時代の田舎の生活のテンポより遅いからです」

とも……。

 これが本来の、少なくとも戦前の、私たち日本人の姿です。日本の首都東京での人々の暮らしぶりが、それより何十年も前のイギリスの田舎の暮らしよりもっとゆったりしていたとは!

 今日では、日本人が世界有数の<せっかち><せかせか>民族であることについては自他共に認めるところですが、これが日本人本来の姿だと思い込むと、大きなまちがいなようなのです。−実を言えば、私がサンソム夫人の滞在記について知ったのは、『日本人はいつから<せっかち>になったか』(織田一朗 著・PHP)を読んでのことなのです。

 サンソム夫人によれば、当時のイギリスでは、赤ちゃんは、決められた時刻になったらベッドに入らなければならないなど、まだおっぱいを飲んでいるうちから少しずつ、厳しいしつけが始まります。日本の子どもに比べると性格が激しいので、優しさと厳しさをうまく上手に使い分けていく必要がある、と考えられています。ところが、

「不思議なことに、日本の子どもは甘やかされても駄目になりません」

と夫人は首をかしげます。すべて昔はよかったと美化するつもりはありませんが、幼い子どもの育て方については、なかなかいい線を行っていたようです。むしろ、こうした戦前の生活や育児を一変させてしまったのが、やがて台頭してきた軍国主義だったのです。

 甘やかされてもダメにならない、というのは確かに不思議なように思えます。いま日本の子どもが、甘やかされて駄目になっている、と言われているのを思うと、確かに不思議です。結局、

「子どもをダメにする甘やかし」
「子どもを幸せにする甘やかし」

と、甘やかし方に二通りある、ということになります。

 赤ちゃんのうちに抱き上げられ、揺すられ、丸ごとたっぷりかわいがられた日本の赤ちゃんは、「子どもを幸せにする甘やかし」をしてもらっていたため、存在感がたっぷりあって、無茶な要求はしなくなり、してよいことといけないことの聞き分けがよく、落ち着いた子どもに育っていったのでしょう。

 しつけをしなかったわけではないにしても、厳しいしつけをするぞなどとことさら構えなくても、楽にしつけができたのでしょう。逆にイギリスの子どもは、赤ちゃんのときから厳しいしつけが始まる分だけ、性格が激しくなり、そのためよけいに厳しいしつけが必要になったらしいのです。

 また、最近の子どもは、存在感が弱いまま、およそ本来の子どもらしくない、心にもないわがままを言いはるようになっていますが、それに対してどうしつけたらよいか分からないまま、子どもの要求にまどわされてしまう親から「子どもをダメにする甘やかし」を受けがちになり、ますます自分を見失ってしまう、ということなのでしょう。

 言い換えると、しつけがうまくいくかは、親との愛着のきづなや存在感(=子どもを幸せにする甘やかし)に大きく依存している、ということになります。


沖縄の子育てに学べ

 アメリカの"Attachment Parenting International"(国際愛着育児の会)というホームページに、"A Lesson From Okinawa"(沖縄からの教訓)という記事が載っていたのでびっくりしました。

 第二次大戦が終わって、軍医として沖縄に上陸してきたアメリカの精神科医マロニーは、あれだけの戦火を浴びた沖縄住民の間に、精神障害を受けた人がごく少ない事実に驚嘆して、その原因を追求した結果、

「沖縄の受容的な自然の育児が安定した人格を形成しているためだ」

という結論を得た、というエピソードが紹介されています。沖縄では子どもが2歳になるまで、母親は子どもの欲求に自然に応じるし、つねに子どもと一緒で、子どもがほしがればいつでも、とりわけ子どもが不安になったときには母乳を与える、という育児に精神科医は注目したのです。

 それというのも、当時アメリカでは、抱きぐせをつけるからやたら抱いてはいけない、時間が来るまでミルクをあげてはいけない、そうすることで自立心が育つのだ、と信じられていたからです。マロニー医師はアメリカの人々の間を巡回して、『沖縄の人たち』という教育映画を上映し、「もし沖縄についての私の観察が正しければ、恒久的な世界平和はここから出発して達成することができるであろう」と力説したそうです。

 ホームページを見てびっくりしたというのは、私はその話をすでに何年か前に、沖縄で幼児教育の仕事をしている川崎則明さんから聞いていたからです。川崎さんは沖縄で出版された何かの本でそれを読んだと言い、後にその書名を調べて教えてくれました。

 ところが、あいにく私はその書名を間違って覚えてしまったため、インターネットで新刊書籍の検索をしても出てきません。もう絶版になった本なのかなとあきらめかけていたら、琉球新報記者の田積あやさんが調べてくれて、それは1982年に出版された宮城悦二郎著『占領者の眼』(那覇出版)という本で、現在も取り寄せ可能だ、と知らせてくれました。

 なるほど、『占領者の眼』を読むと、マロニー医師のことが、アメリカのホームページよりもさらに詳しく紹介されています。

 マロニー医師は、当時の沖縄の子育てを、日本本土の子育てよりさらに高く評価していたようです。

 ところで、子どもが不安になったときおっぱいをあげてなだめる、という記述を読んだ読者は、それではおっぱいが泣きたい気持ちの歯止めになってしまうではないか、と心配になるかもしれませんね。でも、だいじょうぶ。だって、沖縄には古来、
「泣ちぶーがる意地やちちゅる」
(子どものときの泣き虫こそおとなになってしっかり者になる)
という、すばらしいことわざがあるのですからね。
                  

バリ島の子育て

 平成13年2月21日、よこはま自然育児の会に呼ばれて講演をしたとき、ジーン・リードロフさんが1992年にインドネシアのバリ島を2か月間訪れて撮影した、子育てのビデオの一部を見ていただきました。

 この時代になってもバリ島では、日本などに比べればまだしも、昔の素朴な子育てが残っていて、大きい子どもが幼い子どもの相手を自然にしており、自分たちの遊びをじゃまされても寛容です。

 住居の近くで父親が鎌か何かをつくる鍛冶をしていて、危ない火炎や刃物や道具など危険だらけの場所で、幼い子どもがおとなの仕事をまねて遊んでいる場面もありました。危険に近づくと、おとなや大きい子どもが幼い子どもを自然にかばっています。

 特に印象的だったのは、若い夫婦がベランダのようなところで木工芸品をつくっているすぐそばで、ちょうど1歳半になるよちよち歩きの子どもが遊んでいた場面です。

 坊やはしばらくのあいだ、両親がつくった製品や道具を使って遊んでいます。見ていてハラハラしますが、親も「危ないよ」とあまり止めないし、幼い子どもにも無茶なことをしない自制心が働いているようです。ところが、両親はそれぞれ仕事をしているし、相手をしてくれる大きい子どももいないし、だんだん退屈してきます。

 すると、慰めを求めるかのように、お母さんに抱きついて、おっぱいを求めました。ゴックンゴックンとおいしそうに、うれしそうに飲んでいました。お母さんも、仕事の手を休めてちょっと休憩、という感じで、母と子の楽しい触れあいのひとときが過ぎました。

 それから満足したからのように、両親のかたわらでまたひとり遊びに戻りました。
 しばらくすると、また退屈してきたようです。ふたたびお母さんに抱っこしてもらうのですが、いかにも退屈を訴えているような様子がうかがえます。おっぱいを飲みはじめますが、飲みっぷりがどことなく、さきほどのように熱が入りませんし、飲んでいるときの満足な様子もあまり感じられません。

 はたして、飲み終わってお母さんから離れると、じきにまた、お母さんに抱きつきます。そして、自分から抱きつきながらも、お母さんが抱き上げると、お母さんの腕のなかでもがきます。

 一見「放せ、放せ」と言っているかのようなので、
(あ、お母さん、ここで放してしまうかな)
と思いながら見ていると、お母さんには、子どもがじれて、すねかかっているのが分かっていたようです。坊やを手放さずに、もがきやつっぱりと張り合うようにしてしっかり抱き続けていました。

 その間、ほんの1分足らずだったでしょうか。坊やの目からは涙がひとしずく……。お母さんがおもちゃになるようなものを差し出すと、怒ってそれを払いのけます。お母さんがもう一度差し出すと、また払いのけます。

 こうして感情を発散したら、それきり機嫌がよくなって、お母さんにゆったり抱かれました。お母さんが3度めに差し出したものを受け取り、笑顔が現れたのです。

 おっぱいというのは、たんにおいしい栄養物というだけでなく、お母さんからの愛情や安心を伝えてくれるものですが、それが度を越すと、訴えたい気持ち・解き放ちたい気持ちに歯止めをかけてしまう場合もあります。

  やすらぎとなるおっぱい 
  まぎらしとなるおっぱい

 その微妙なせとぎわを見せてくれた貴重な映像だったと思います。そして、バリ島の若いお母さんが、大事なところで踏みとどまって子どもを抱きしめ、子どもの笑顔を取り戻した自然なやりとりに、癒しの子育ての原形を見たような気がしてうれしくなりました。

TOP   HOME