←HOME

親から子へのメッセージ 
このメッセージ集は、親から子へ、本来こんなメッセージを言葉や態度で伝えることができたとしたら、親も子も満足でき、子どもの存在感をはぐくむのに役立つのではないか、と思われるメッセージを集めたものです。

でも、現実には、世代から世代へ、社会から家庭へとつらなるしがらみのなかで生きてきた親としては、こうしたメッセージをそのまま子どもに伝えることはなかなかできません。でも、ご自分を責める必要はまったくないのです。

このメッセージ集は、「親はこういうメッセージを伝えられなくてはだめだ」とか、「こういう気持にならなくてはだめだ」ということを言いたいために作られたのではありません。そうではなく、せちがらい世の中で自分を見失いがちな私たちが、しあわせな自分を取り戻し、しあわせな親子の関係を取り戻すための、一つの手がかりとして作られたのです。

そのメッセージは、それぞれ太字で書かれています。「○○ちゃん」というところには、お子さんの名前を置き換えて下さい。呼び慣れた呼び方がいいでしょう。

まずメッセージを一つずつ、自分で読んでみて、自分の胸にどんなふうに響くか、味わってみてください。また、お子さんを抱っこしながら、一緒に読むこともできます。必ずしも書かれたとおりの表現でなくてかまいませんから、そこに書かれている内容を、自分たちにぴったりする言い方に変えてください。一つずつ読んで、そのつど子どもから返ってくる反応を、自分の全身をセンサーにして聞き取ってみてください。

お子さんはそのメッセージを聞いて、時にはかすかにもがいたり、泣きだしたり、「あまりピンとこないね」などとしらばっくれたり、何らかの反応を返してくれます。

そんなときには、<B>太字のゴシック体</B>の下に書かれたメッセージを、自分たちにぴったりする内容や言い方で伝えてみてください。そうすることできっと、親子の関係に新しい風を持ち込んでくれる何かを体験することができるでしょう。

先を急ぐ必要はありませんから、手応えのあったページを何回か繰り返して読んでみるのもいいでしょう。残りのページはまた別の機会に読み続けることにして。また、書かれている順でなければならないということもありませんから、なんとなくここにしようというところから読んでくださっていいのです。

それから先をどうするかは、あなたとお子さんのなかに無尽蔵に眠っている才覚におまかせするとしましょう。

なお、親をあらわす言葉は「ママ」で代表させました。場合によって、「お母さん」とか「母ちゃん」とか、あるいは、「パパ」「お父さん」「父ちゃん」などと、普段使っている呼び方に言い換えてください。 
 
 
○○ちゃん、だーいすき。かわいくて、かわいくて、たまらないよ。ママのかけがえのない、大切な宝物だよ。

たしかに、「○○ちゃんなんかかわいくない」って言いたくなったときもあったけどさ。○○ちゃんだって、「ママなんかだいきらい」って言いたくなるときがあるだろう。そう言いたくなるときは、自分が苦しいときなんだよね。ほんとはいつだって大好きなのに、苦しくてどうにもならなくなると、心にもないことを思ったり、言ったりしてしまうんだね。でも、ほんとは、「○○ちゃんなんかかわいくない」と言っているときでさえ、○○ちゃんがかわいいんだよ。だから、いまは心から言うよ−。
○○ちゃん、だーいすき。かわいくて、かわいくて、たまらないよ。ママのかけがえのない、大切な宝物だよ。
○○ちゃんがママの子どもでよかった。ママのところに生まれてきてくれてありがとう。

たしかに、生もうかどうしようかと迷ったこともあるけどさ。ママも生きていくのに必死だったし、親になる心の準備もできていなかったから、いろいろ迷ったんだよ。「子どもは生むものではない、授かるものだ」ということが、まだ分からなかったんだよ。でも、迷った末に、「生まれてきてね」と決心したんだよ。だから、いまは心から言うよ−。

○○ちゃんがママの子どもでよかった。ママのところに生まれてきてくれてありがとう。 
○○ちゃんがいてくれる、ただそれだけでうれしいんだよ。何かが上手にできるからかわいいとか、ママのために何かをしてくれるからかわいいということではなく、○○ちゃんのそのままで、丸ごとぜーんぶかわいいんだよ。

たしかに、○○ちゃんがママの思い通りにならないと腹を立てたり、よその子とくらべてがっかりしたこともあったね。人に負けないようにがんばらないと生きていけない世の中だから、ついつい、「かしこくなってほしい」「何かができるようになってほしい」という期待を押しつけようとしてしまうんだよ。振り返ってみると、ママも子どものときに、まわりがそうした期待を押しつけられて育ってきたような気がするよ。でもそれは、おとなたちがみな、世の中の動きに振り回されて、人がしあわせに生きていくために大切なことをつい見失ってしまうせいだ、ということが分かってきたよ。だから、いまは心から言うよ−。

○○ちゃんがいてくれる、ただそれだけでうれしいんだよ。何かが上手にできるからかわいいとか、ママのために何かをしてくれるからかわいいということではなく、○○ちゃんのそのままで、丸ごとぜーんぶかわいいんだよ。 
いつでも、どんなときでも、これからもずうーっと大好きだよ。ママがお出かけしているときでも、○○ちゃんが外に遊びに行っているときでも、いつでも○○ちゃんが大好きだよ。

たしかに、(弟妹の)△△ちゃんが生まれてきたとき、「ぼくよりあっちがかわいいんだ」と思わせてしまったかな。そんなことはなかったんだよ。ママが仕事のことで悩んでいたとき、「ぼくより仕事が大事なんだ」と思わせてしまったかな。そんなことはなかったんだよ。○○ちゃんが保育園に行っているあいだ、「ママはぼくがいなくてほっとしているんだ」と思わせてしまったかな。そんなことはなかったんだよ。もちろん、△△ちゃんはかわいいよ。お仕事も大事だよ。たまにはひとりでほっと息抜きもしたいよ。でも、ママは○○ちゃんのことが大、大、大好き。だから、いまは心から言うよ−。

いつでも、どんなときでも、これからもずうーっと大好きだよ。ママがお出かけしているときでも、○○ちゃんが外に遊びに行っているときでも、いつでも○○ちゃんが大好きだよ。 
○○ちゃんはなんてすてきなんでしょう。ママの自慢の子どもだよ。○○ちゃんを見ているだけで、ママはしあわせで、ニコニコしてしまうよ

たしかに、○○ちゃんのだめなところばかり目について、すてきだと思えないときもあったね。実はそれは、ママが○○ちゃんではなく、自分のことをだめだと思っていたからなんだよ。自分をすてきだと思えなかったので、自分が育てた○○ちゃん、自分に似たところのある○○ちゃんをすてきだと思えなかったんだよ。○○ちゃんはほんとはすてきだよ。だめなところなんかないよ。だから、いまは心から言うよ−。

○○ちゃんはなんてすてきなんでしょう。ママの自慢の子どもだよ。○○ちゃんを見ているだけで、ママはしあわせで、ニコニコしてしまうよ。 
○○ちゃんを大切に育てるからね。○○ちゃんが困ったときにはいつでも助けるよ。怖がらなくてだいじょうぶだよ。心配しないでもだいじょうぶ。ママが付いているからね。必ず守ってあげるからね。いつでもママを頼りにしてね。

たしかに、ママが頼りないと思わせてしまったことがあったかな。何かと自信がないママは、子育てにも自信がなかったので、何かにつけてすぐに自信をなくしてしまっていたよ。○○ちゃんの様子をよく見て、○○ちゃんの声をよく聞いていれば、大事なことはみんな○○ちゃんが教えてくれていたのにね。だから、いまは心から言うよ−。

○○ちゃんを大切に育てるからね。○○ちゃんが困ったときにはいつでも助けるよ。怖がらなくてだいじょうぶだよ。心配しないでもだいじょうぶ。ママが付いているからね。必ず守ってあげるからね。いつでもママを頼りにしてね。
ママはいつでも、○○ちゃんのすることを見ているよ。話すことを聞いているよ。○○ちゃんの気持ちを感じているよ。

たしかに、ママが忙しかったり、自分の気持ちにゆとりがなかったりすると、心がお留守になって、○○ちゃんのすることをまるで見ていないことがあったね。○○ちゃんの言うことをまるで聞いていないことがあったね。○○ちゃんの気持ちをまるで感じようとしないことがあったね。ママが心の鏡になって、○○ちゃんの伝えてくることにうなずき返してあげたら、○○ちゃんはもっと自分に自信がもてただろうにね。だから、いまは心から言うよ−。

ママはいつでも、○○ちゃんのすることを見ているよ。話すことを聞いているよ。○○ちゃんの気持ちを感じているよ。 
甘えたくなったら、遠慮しないで甘えてね。遊びたくなったら、一緒に思いきり楽しく遊ぼうね。

たしかに、○○ちゃんが甘えてきたとき、ママは「もう赤ちゃんじゃないでしょ」と言ってしまったことがあったね。「遊ぼ」と寄ってきたとき、「忙しいからあとで」と言ったきりにしてしまったこともあったね。○○ちゃんが甘えたいのにうまく甘えられなかったとき、気がつかなかったり、知らんぷりしたこともあったね。ママは小さいときに甘えられなかったし、甘えるのが下手だから、ついついそんなふうに言ったりしたりしてしまったんだね。それにママはしなければならないことがいっぱいあって忙しすぎるし、責任も重くって疲れているから、そう言いたくなってしまうんだね。でも、不安になったり元気がしぼんでしまうときは、思いきり甘えて、思いきり楽しく遊んでこそ、またがんばれるんだよね。もっと成長したいっていう向上心も働きだすんだね。だから、いまは心から言うよ−。

甘えたくなったら、遠慮しないで甘えてね。遊びたくなったら、一緒に思いきり楽しく遊ぼうね。 
悲しいときには、泣きにおいで。心ゆくまで泣いていいんだよ。ママが慰めてあげるからね。淋しいときには、抱きしめてあげるよ。くじけそうなときには、励ましてあげるよ。

たしかに、○○ちゃんが泣いて訴えてきたとき、「泣くんじゃないよ」と叱ったり、「どうしよう」とおろおろしたり、「どうしたら泣きやむだろう」と対策を考えたり、何かほかのことで泣くのをまぎらしたりして、○○ちゃんのつらくて泣きたい気持ちに心から寄り添ってあげなかったね。振り返ると、ママも子どものとき心ゆくまで泣かせてもらえなかったみたいなんだ。○○ちゃんが泣くと胸が切なくなって、泣き声を聞いていられなかったんだよ。でも、それでは○○ちゃんは苦しくなるばかりだったよね。ママもいまでは、○○ちゃんの泣き声を、胸の古傷に響かせながら聞いていられるようになったよ。だから、いまは心から言うよ−。

悲しいときには、泣きにおいで。心ゆくまで泣いていいんだよ。ママが慰めてあげるからね。淋しいときには、抱きしめてあげるよ。くじけそうなときには、励ましてあげるよ。 
○○ちゃんがもっともっとすてきなおにいさん(おねえさん)になれるように、してはいけないことと、してほしいことと、大事なことをちゃんと教えてあげるからね。

たしかに、○○ちゃんに「いやっ」と言われると、ついひるんでしまって、○○ちゃんの言いなりになってしまったことがあったね。でもそれでは、もっとすてきなおにいさん(おねえさん)になりたくてもなれないので、○○ちゃんは困ってしまったよね。ママは小さいときから、まわりのおとなの思いどおりの、期待された人にならないといけないと思って、自分のためではなく、誰かのために頑張って苦しかったから、○○ちゃんにはそんな思いをさせたくないという気持が働きすぎてしまったんだね。それに、「いやっ」」って言われると、ママは自分が嫌われてしまうような気持になってしまうときもあったみたい。○○ちゃんはただ自分の気持ちを「いやっ」って伝えたいだけだったのにね。だから、いまは心から言うよ−。

○○ちゃんがおりこうなおにいさん(おねえさん)になれるように、してはいけないことと、してほしいことと、大事なことをちゃんと教えてあげるからね。 
自分のしたいと思ったことを何でも、思ったとおりにしてごらん。いけないことをしたら、ちゃんと止めてあげるし、困ったときには助けるから、安心して挑戦してごらん。

たしかに、せっかく○○ちゃんが新しいことに挑戦してみようと思っていたのに、「むりだよ、やめなさい」と止めてしまったことがあったかな。自分の力でやってみようとしていたのに、手伝ってしまったことがあったかな。失敗したとき、「だから言ったじゃない」と叱ったことがあったかな。でも、挑戦するのを止められたら、自分に自信がもてるようにならないよね。それどころか、やってみようとする意欲さえしぼんでしまうね。だから、いまは心から言うよ−。

自分のしたいと思ったことを何でも、思ったとおりにしてごらん。いけないことをしたら、ちゃんと止めてあげるし、困ったときには助けるから、安心して挑戦してごらん。 
○○ちゃんはかしこくて、何でも分かっているのだから、自分自身のなかから聞こえてくる自分の声を信じていいんだよ。

たしかに、ママは○○ちゃんのかしこさが信じられなくて、○○ちゃんのすることをはらはらして見ていたことがあったね。やたら教え込もうとしたり、止めてしまったりしたね。でも、いまではママも、自分の内側からの声に耳を傾けていれば、どこからかすてきな知恵が働いて、探していた答えを教えてくれる、ということが分かってきたよ。
だから、いまは心から言うよ−。

○○ちゃんははかしこくて、何でも分かっているのだから、自分自身のなかから聞こえてくる自分の声を信じていいんだよ。 
○○ちゃんに「だめ」とか「いけません」とか言うことがあるけれども、それは○○ちゃんが大好きだからだよ。

たしかに、○○ちゃんが大好きだからというより、ママが感情的になって叱ってしまったことが何度もあったね。ママのいらいらした気持ちを○○ちゃんにぶつけてしまったね。ママは自分の苦しい気持ちをもてあましてどうしていいか分からなくなると、身近にいる○○ちゃんにぶつけてしまったんだよ。八つ当たりしているときでも、○○ちゃんがかわいいことには少しも変わりがなかったんだけどね。ごめん、ごめん。ママも自分にやさしくして、自分のいらいらは自分で解決していくつもりだよ。だから、いまは心から言うよ−。

○○ちゃんに「だめ」とか「いけません」とか言うことがあるけれども、それは○○ちゃんが大好きだからだよ。 
他の人とは違った自分でいいんだよ。ママやパパとは違った人になってもいいんだよ。そんなことで嫌いにならないからね。

たしかに、親は自分の子どもにはこうなってほしいという夢を持つよ。自分に果たせなかった夢があるときには、その夢を我が子に託したくもなるよ。でも、ママの夢は夢として、○○ちゃんちゃんはママの夢ではなく、自分の夢を追いかけていいんだよ。だから、いまは心から言うよ−。

他の人とは違った自分でいいんだよ。ママやパパとは違った人になってもいいんだよ。そんなことで嫌いにならないからね。 
この世は、生きていて楽しい、すてきなところだよ。生まれてきてよかったと思えるように、自分のいのちを大切にしようね。

たしかに、いま人々はお金を稼ぐことにあくせくしていて、互いに苦しめ合って生きているところがあるよ。でも、ほんとはそうじゃない。人間は、一回かぎりのいのちを楽しむため生まれてくるんだ。ママも自分のいのちを大切にして、しあわせに生きていきたいと思っているよ。だから、いまは心から言うよ−。

この世は、生きていて楽しい、すてきなところだよ。生まれてきてよかったと思えるように、自分のいのちを大切にしようね。 
どんなつらいことがあっても、あきらめずに、しあわせを求めていこうね。○○ちゃんとママとパパと、心を一つにして生きていこうね。

たしかに、ママにつらいことがあって、でも、○○ちゃんに心配をかけてはいけないと思って、さりげなくふるまっていたけど、ママが元気をなくして沈みこんでいたことは、○○ちゃんには分かっていたんだね。それなのに、ママが何でもないふりをしていたから、やさしい○○ちゃんは、ママと心を一つにしようとしてもとりつくしまがなくて、困ってしまったかな。これからはママも、自分の気持ちを親しい人と伝えあうことにするよ。だから、いまは心から言うよ−。

どんなつらいことがあっても、あきらめずに、しあわせを求めていこうね。○○ちゃんとママとパパと、心を一つにして生きていこうね。