←HOME

              基本的な考え方
SOSをキャッチしたら
  本来の姿を見失うとき
 見せかけにまどわされないで
 子どもに嫌われた?
 SOSをキャッチしたら
 子どもは「公案」だと考えて
 小さな和解と大きな和解
 自分たち親子にぴったりの答えを
 親の感性がひらくまで


本来の姿を見失うとき

 どの子も本来は、その子らしいすてきな魂が光り輝いているのですが、事情によって、本来の姿が見失われることがあります。親子のあいだで大切な気持ちをうまく伝えられなくなると困ってしまって、いろんな形で遠回しに、SOSとなる表現をせずにはいられなくなります。その表現は、夜泣きが始まったり、オッパイを飲んでくれなくなったり、頭をゴンゴンぶつけたり、乱暴になったり、髪の毛が抜けてきたり……など、年齢により個性によって千差万別です。

 落ち着かなくなって動きが激しくなるかと思えば、逆に元気をなくしておとなしくなったりします。お母さんに噛みついたり友だちをたたいたりして人に乱暴するようになる子もいれば、頭を床にごんごんぶつけるなどして自分を痛める子どももいます。お母さんなどいなくても平気であるかのようにどんどん離れていってしまう子もいれば、お母さんべったりになって外の世界に出かけられなくなる子もいます。聞き分けが悪くなる子どももいれば、背伸びして懸命に“いい子”でがんばろうとする子もいます。

 気がかりなことがあっても、成長にともなう一過性のものなのかどうか、迷うこともあるかもしれません。そんなときは、喜怒哀楽が豊かで、きげんのよいときには目がきらきら輝いて、しあわせそうな笑顔や表情があり、ゆったり落ち着いているか、親子でしっくり気持ちがつながっているという実感があるか、といった全体的な印象を大切にしたらいいでしょう。

 もっとも、たとえばパパの失業で一家が大変な思いをしているとか、両親の仲がうまくいっていないとかの場合には、子どもだけ楽しくしあわせいっぱいに過ごしているわけにもいきません。そんなときには、親子で思いを一つにして難局を乗り越えていかなければならないのですのから、子どもに輝くような笑顔iにさせてやれないからといって、自分を責めないことです。

 苦悩が子どもを不幸にするとばかりはかぎりません。親と子が心を一つにして苦悩を乗り越えていく子どもは、思いやりのある、やさしく強い子どもに育つでしょう。



見せかけにまどわされないで

 気持ちをすなおに
 いずれにしても、子どもが自分を見失って、自分の気持ちをそのまま表現できなくなる(いわば、すねた状態になる)と、心にもないことを言い、自分でもしたくないようなふるまいをせずにはいられなくなるのですから、子どもの見せかけの言動にまどわされないことが大切です。

 たとえば、「ママなんか嫌い、パパが好き」と言ったり、よそのお母さんにいやにべたついたり、ママに背中を向けて寝たりしますが、子どもが「お母さんを嫌い」と言いたくなることはあっても、本心からお母さんを嫌いになることなど絶対にないのです。

 また、りっぱなおにいさん・おねえさんとしてふるまって、自尊心や向上心を満足させたいし、親にも喜んでほしいと願っている子どもが、ひどく聞き分けが悪くなってしまうこともあります。親のことが心配なあまり、かえって親を困らせるふるまいをせずにはいられなくなる場合もあります。「そんなに私のことを心配してくれるのだったら、せめてあなただけでも心配かけないでよ」と言いたくなるでしょうが、そういうわけにもいかないのがつらいところです。

 落ち着かなくなっているので、「自分の気持ちをすなおに伝えられなくなっているのだな」と思って、子どもを抱きしめて心と心をつなごうとしても、「やめて」「この抱っこは嫌い」「つらいことなんか何もないよ」などと言って、慰めようとする働きかけをあしらうこともあります。

 気持ちで気持ちをまぎらすこともあります。たとえば、「怒りは無知」と言われることがあります。怒りの気持ちの奥には、もっと真実の気持ち(たとえば、さびしさだったり、こわさだったり……)が隠れていて、それがどうにもならないほどに一気に溢れてくると、怒りという表現をとることが多いのです。そして、そのさびしさやこわさの奥には、「大好きを伝え合いたい」「全身すっぽり包まれる安心感を得たい」というさらに真実な気持ちが、宝石のように眠っています。

 自分を責める気持ちも同じです。もっと深い気持ち(たとえば母を亡くした悲しみ)に触れるのを避けようとして、生きているときああもすればよかった、こうもすればよかった、と自分を責めます。真実の気持ちに触れるには勇気が要るので、自分を責めていたほうがまだ楽なような気がしてしまうからです。一種の自傷行為ですね。

 そんなふうに、自分自身を教材にして、自分の気持ちと向き合い、いろいろ感じてみてください。この教材は、身近にあっていつでも使えるし、しかもタダです。おまけに、うまくいけば、すてきな自分と再会できるかもしれません。



子どもに嫌われた?

 日々相談に追われているので、電話による相談はお受けしていないのですが、それには別の理由もあって、何と言っても実地に体験していただくのが納得しやすく、自分の子育てを支配していた無意識のパターンにも気づきやすいからです。ところが、時にはよんどころなく電話でお話を聞くことがあります。

 ある日のこと、私の書いた本を読んだというお母さんから、「子どもに嫌われてしまって……」という切ない電話がありました。よそのお母さんの言うことはよく聞くのに、自分に対してはまるで聞き分けがない、二歳を過ぎてもごはんを食べずにミルクばっかり、という相談でした。
「お子さんと気持ちが通いにくくなったのはいつごろからですか」
「もう生まれたときからです」
と深刻そうな声が返ってきました。

 いくら愛情を傾けて育てていても、生まれたときからずっと、まるでのれんに腕押しのように手応えがなかったら、お母さんはむなしくなってしまいますね。

 生まれてからずっとだとしたら、妊娠中か誕生時に、たとえば切迫流産や難産のような深刻な体験をしているのかもしれません。そんなとき、生まれてきた赤ちゃんがそのことを訴えて、激しく泣き続けて、なだめにくいことがあります。

 あるいは別の原因だったかもしれませんが、いずれにしても、母と子のしっくりした関係を妨げる何かの事情が、早い時期からあったのかもしれません。

 誕生から今日まで二年間ずっと気持ちが通いにくかったとしたら、それを修復するにはじっくり腰を据えてかからなければ……。そこで、ぜひお子さんを連れていらっしゃいと誘って、お互いの都合のいい日時を予約しました。

 ところが、電話を切って数時間して、そのお母さんから明るい声の電話がありました。悩みはすっかり解決した、ごはんもパクパク食べるようになった、というのです。

 聞いた私のほうがびっくり。それというのも、先ほどの電話では、どうしたらいいかというアドバイスは一切しなかったからです。

 ただ、とりあえず、子どもがお母さんを避けるようなそぶりをして、お母さん以外の人になついたり聞き分けがよかったりというのはよくあることで、それはお母さんが嫌いだとか、お母さんになついていないということではないのだ、という心のからくりだけは説明しておいたのです。

 大好きな人の輪がお母さんから、お父さん、おじいちゃん・おばあちゃん、近所のおばさん、保育所の保育士さん……と広がっていっても、いざというときにはやっぱりお母さんです。

 でも、何かの事情があって、大好きなお母さんに気持ちを伝えることがすなおにできなくなってしまうと、ほんとうは甘えたいのに、
「お母さんなんか知ーらない」
「ママよりパパがいいんだもん」
といった、心にもないポーズを見せるようになります。あなたも、子どものときそんなふうにすねたことはありませんか(え、いまでもすねる?)。子どもがお母さんを嫌いになるなどないのです。

 でも、その説明をしただけで、どうしてこのお母さんの問題が解決してしまったのでしよう?

 実は、その「子どもがお母さんを嫌いになることなどない」という説明こそがお母さんの求めていたものだったようなのです。お母さんは、子どもに嫌われていないのだったら、と元気が出て、すでに私の書いた本を読んでいたこともあり、本気でお子さんと向き合おうという気持ちに戻ることができたそうなのです。

「ふしぎなことに、先ほどお電話していたとき、子どもがそばで全然騒がなかったのです。いつもなら、誰かに電話すると、早く切れとばかりに騒ぐのですが」

 お母さんが電話をしているとそばで騒ぎ立てるのも、苦しくなっている子どもの、心にもない行為であることが多いのですが、こんなふうに、お母さんが助けを求める電話を掛けているときには、何かを期待してか、まるでじゃまをしなかった、ということがよくあります。

 子どもは親の話がよく分かるということを最初にお伝えしましたが、話を聞いて理解するどころか、お母さんが口に出さなくてもお母さんの気持ちを察知してしまう直感力には並々ならぬものがあります。
「昼寝から起きたら、まるでスタンバイした私の気持ちを見抜いているかのようにぐずりだしました。私は子どもを抱きしめて、子どもの泣き声に耳を傾け、私の思いも伝えました。そうしたら……」

 その結果が、お母さんのうれしい報告となったわけです。このお母さんの場合は、子どもに嫌われているのではない、という納得がいっただけで、あとはお母さんが誰しも持ち合わせている子育ての感性が見事に働いて、親と子の心のつながりを取り戻すことができました。

 気持ちが通い合わなくなると、子どもはすねるしかなくなって、本心とは違った様子を見せるようになります。「すねる」というのはあまり語感がよくありませんね。他に適当な言葉がないので使いますが、要するに、ほんとうは訴えたいことがあるのに訴えられなくなってしまっている状態のことです。

 そんな「すねる」状態になると、子どもは「親しい人ほどしりぞける」という落とし穴にはまりがちです。抱っこされて甘えたいのに、抱くと嫌がる素振りを見せてしまったり、お母さんに訴えたいのにほっといてと知らん顔するし、お母さんを求めているのに「パパがいい」と言ってしまったり……します。

 そんな見せかけの子どもの姿にまどわされて、「嫌われてしまった」「私ではダメなんだ」などと引いてしまうと、子どもはますます「すねる」になってしまいます。親の方から、お母さんの方から、本来の子どもを取り戻す、助けの手を差し延べてあげたいですね。


SOSをキャッチしたら

 子どもの様子が気になるようになったとき、親として、どうやってその立ち直りを助けたらよいのでしょうか。

 子どもは、泣いたり、遠回しのいろいろな表現を使ったりして、直接・間接の仕方で「なんとかしてね」とは訴えますが、「こうしてね」とまではめったに教えてくれません。赤ちゃんだけでなく、言葉を話すようになった子どもでもなかなか教えてくれません。というより、自分でもどうしてほしいかよく分からないのだと思います。親からぴったりの対応を受けてはじめて、「そう、そう。こうしてほしかったの」と満足するのでしょう。

 そこで、親として早く何とかしたい、安心したい、という気持ちになるのは分かりますが、ここは大事な腹の据えどころ。まずは深呼吸をして、あせる気持ちをたしなめながら、じっくり取り組むことにしましょう。



子どもは「公案」だと考えて

 禅の世界では、老師から「公案」(こうあん)と呼ぶ問題が与えられるそうです。例えば、夏目漱石は27歳のとき、悩みをかかえて鎌倉の禅寺にこもって、「父母未生以前(ぶもみしょういぜん)の本来の面目(めんもく)はいかに?」(あなたの両親が生まれる前のあなた本来の姿はどうだったのか)という公案を与えられたそうです。漱石の『門』という小説によると、主人公の宗助が、いくら考えてもなかなか答えは出てこない。絶望しかかったところで、世話をしてくれていた若いお坊さんから、「悟りは待ち受けるとつまづきますよ」と言われます。

 私たちだって、こんな問題を出されたら困ってしまいますね。でも、そこであきらめることなく考え抜くと、やがて翻然として、それまでの自分の枠を大きく打ち破って、仏の教えを悟ることができるのだとか。

 子どものことで困ったときには、その「公案」のように考えたらどうですか、と心理学者の河合隼雄さんが助言してくれています。

 親を困らせたり親に心配をかけるようなことをしても、元々親思いでやさしく、物分かりがよくてかしこい子どもは、少しもうれしくないのです。それなのに、あえて困らせたり心配をかけたりする行動や様子を見せるとしたら、それにはそれなりの深い意味があるはず。その意味を読み解こうと、頭と心と体をぜーんぶ使って、子どもと一緒に泣いたり、笑ったり、悩んだり、試したりして道を求めていくうちに、「ああ、そういうことだったのか!」と、明るい展望がパッとひらけてきます。

 でも、いくら悩み抜いても、すぐに答えが出るとはかぎりません。物事が熟成するには、すべて時間が必要です。河合先生も、公案を解くには、「焦らずにどっかりと腰を落ち着けてやらねばならない」と言っていますが同感です。

 私たちのところへ相談にいらっしやる方にしても、1回で済んでしまう場合も、数回必要な場合も、時にはもっと長期にわたって通ってきてくださる場合もあります。人それぞれ、「いまの自分たち親子にとって何が必要か」ということは違いますから、回数が多くかかったら、時間が長くかかったらダメ、ということではないのです。



小さな和解と大きな和解

 たとえば、1年間ずっと相談に通っていたのに、なかなかお母さんの心配が消えなかった男の子が1年かかってようやく、「おっぱいの先生のところや抱っこの先生のところに連れて行かれるのは、ぼくはダメな子なの?」という、ずっとあたため続けた思いを、お母さんにぶつけることができました。その問いかけが突破口になって、お母さんの心の層に埋もれていた大鉱脈が掘り起こされ、後はもうめでたしめでたしの結末を迎えました。

 もしも第三者である援助者が1年前に子どもの思いを感じ取ってそのままお母さんに言葉で伝えたとしても、時期尚早で小さな和解しか得られなかったことでしょう。困っているとき、苦しいとき、どうしても早く安心したい、楽になりたい、そのためには、「あんちょこ」を使ってでも手早く答えを出してしまいたくなりますが、それでは大切なことを悟ることができないのです。

 子どもの心配をマイナスと考えると、心配が消えてマイナスをゼロにしたい、と考えがちです。でも、実際に何が起きるとかいうと、心配が消えたときには、親のがわに大きな気づきや、すてきな変身や成長が生じており、子どももますますしあわせな自分を発揮できるようになっているので、むしろマイナスはプラスになるのです。それが大きな和解です。

 なぜそうした大きな和解がもたらされるのでしょうか。

 たとえば、ガンのような深刻な病気にかかったときというのは、ひとつの「危機」なのだ、という人がいます。つまり、いのちの「危」険にさらされると同時に、自分のそれまでの生き方を振り返る好「機」でもある、どちらに生かすかはその人しだい、というわけです。

 子どもの心配が強く現れるときにも、同じようなことが言えます。子どもの心配と取り組むということは、とりもなおさずそれまでの子育てを見直すことになり、ひいては、それまでの親自身の人生を振り返り、本来の自分自身を取り戻すチャンスでもあるのです。

 ですから、子どもの心配という公案は、子どものいのち、親のいのちが、ますます光りかがやくことができるようにと、天が与えてくれた宿題のようなもの、と考えたらどうでしょうか。問題が難しければ難しいほど、解けたときにどんなしあわせな展望がひらけてくるのかを楽しみにしながら、じっくり解いていきましょう。

 心配がなかなか消えない苦しさの中にどっぷり漬かって、面白いパズルでも解くような気持ちで、苦しみを楽しみ続けようではありませんか。「苦しいよ、苦しいよ」と泣きごとを言いながら、子どもと付き合い、自分と向き合い続けましょう。応援しますね。



自分たち親子にぴったりの答えを

 子どもが答えを教えてくれないとなれば、育児書や誰かに答えを求めたくなるのももっともです。私たちもよく、「こういう心配ごとがあるのだがどうしたらよいか」とアドバイスを求められることがあります。でも、同じような心配ごとであっても、その背景は個々まちまちです。たとえば、「赤ちゃんの夜泣き」といっても、その原因と対策にはいろいろ考えられますから、「夜泣きのときにはこうしたらいい」……というワンパターンの答えはないのです。

【実例】哺乳びんをなかなか手放せないとき、近所の人のアドバイスに従って、3歳の坊やの目の前で哺乳びんをガチャンと割って見せ、「もうないよ」と言って聞かせました。効果てきめん、哺乳びんは手放せたのですが、ショックで言葉が出なくなり、1年以上相談に通って、ようやく元気な自分を取り戻しました。

 もちろん、近所の人の体験談を参考にするのは悪くないし、地域の保健婦さんや近くの子育て支援センターに相談してみるのもいいでしょう。本を読んだりホームページをのぞいたりして一般的な知識を学ぶことも大切です。相談の実例からや体験談を読んで、他の親の体験も参考にするときっと役に立ちます。

 でも、大切なことはあくまでも、自分たち親子にぴったりの答えを見つけていくことです。私たちは、わきからそのお手伝いをするつもりです。



親の感性がひらくまで

 車の運転のような、子育てに比べればずっと単純なことでさえ、何十時間も教習所に通って身につけなければならないというのに、子育てはぶっつけ本番。素朴な暮らしの時代には、それでも自然にうまくいっていたのでしょうが、ここ何十年かのあいだに世の中が大きく変わり、のんびりしていた暮らしや子育てがせかせかとせわしないものになり、また、核家族になって身近に助言や労力の助けが得られなくなりました。その結果、親は子育てに自信を失いがちです。

 まして、いったん子育てに行き詰まり、子どもからSOSが出て、子育ての立て直し(それをここでは「癒しの子育て」と呼んでいるわけですが)をしなければならない段になると、ほとんどお手上げと言ってもよい状態になったとしても無理はありません。

 このホームページでは、癒しの子育てに役立つ情報をいろいろ提供していくつもりですが、それでも、自力で解決がつかないときには、そのまま袋小路に入り込んで悪戦苦闘を続けるよりは、お子さんを連れて相談にいらっしゃってください。実地に体験してみて、「ああ、なるほど、こういうことだったのか」と納得できることが多いからです。はるばる遠方から(時には海外から)泊まりがけできてくださるかたも少なくありません。

 だからといって、何も知らない親に、私たちが教えてあげる、ということではありません。親としての感性や知恵は、誰でも心の奥のほうにちゃんと眠っていて、いったん見いだされればたちまち目を覚まして働きだします。いったん目覚めれば、もう我が子に関しては誰にも負けない専門家になります。相談の場は、親に秘められた感性がおのずから花開くのを助ける場なのです。
前のページへ  HOME