←HOME

上の子・下の子・きょうだい・親子の絵本 
                    絵本の画像をクリックするとアマゾンへ

『おとうとバーゲンします!』
 イム・ジョンジャ 作
 キム・ヨンス 絵
 星あキラ/キム・ソンミ 訳
                                    
 チャンイが いちばへ いきます。おとうと うりに いちばへ いきます。なんでも うってる、とおりの むこうの いちばへ いきます。

 チャンイは、おもちゃやさんや花屋さんにおとうとを買ってもらえるか聞きます。でもいいこぶってて、なきむしで、くいしんぼうのおとうとを買ってくれる人はいませんでした。友達のスニに「ただでも いらないわ」と言われたチャンイは、「でもね、ねるときは かわいいのよ」と、おとうとの良いところを言います。さてチャンイはこの後どうするのでしょう…。

 弟なんかいらない、と売りに出すけど、お姉ちゃんが持て余している弟が売れるわけがない。それで良いところを言わないと売れないと思い良いところを考えるけど、そのうちにいらないと思っていた弟は、本当はいくらお金を出してもらってもあげることはできないことに気づきます。むふっと笑えて、かわいい絵本でした。きょうだい(兄弟・姉妹)って、こんな感じですよね。





『おにいちゃんがいてよかった』
  細谷亮太 作
  永井素子 絵
  岩崎書店 


 わたしがだいすきなケーキ、あれ。だけど、きょうは、おにいちゃんのすきな、あのケーキ。
 この公園、おにいちゃんときたっけ。わたしの、にじゅうとび、お兄ちゃんは、車いすからニコニコみてた。

 この絵本は、おにいちゃんが病気で亡くなり、残された妹のお話です。病気になった子もつらく厳しい体験をしますが、残された兄弟も、深い悲しみを経験することを知りました。この絵本を読み、悲しみも喜びも、わかちあってこそ家族なんだなぁと思いました。

【細谷先生の「あとがき」から】
 病気が始まった時から、きょうだいたちへも心くばりをすべきです。病気の話をされても、ひとごととしてしかとらえられない子も、まれにはいますが、おるす番やお手伝いが多くなり、ずっと長い間つらい思いを強いられるかれらにとって、おとなが時間をかけてまじめに話をしてくれたという記憶がのこるだけでも意味があります。きょうだいも闘病のチームの一員に加えておけば、いよいよ病気の子が治らなくなった時にも、きょうだいとしてどんなふうにかかわっていきたいのか、かれらの希望をきくこともできます。できるかぎり長く、家族といっしょに過ごせる時間を確保するのも大切です。そばにいるということは、きょうだいにとってとてもつらい体験ですが、「死」を身近で考えることこそが、今後の悲しみをのりこえる力になると思います。宗教的なフィーリングや同じような境遇の子同志の話し合いも、とても大きな助けとなります。




『いもうとのにゅういん』
  筒井頼子 作
  福音館書店

 あさえは ともだちのひろちゃんと にんぎょうのほっぺこちゃんであそぶやくそくをしました。けれども あさねかせていったうばぐるまのなかにみえません。「またあやちゃんのいたずらだ。わたしのほっぺこちゃんをかえしなさい!」そのとき、ぐったりしたあやちゃんをおんぶしたおかあさんが ほっぺこちゃんをつれてきました。そして「いまびょういんにつれていくところよ。」といってでかけてしまいました。

 おとうさんとふたりだけのゆうごはんのあと でんわがなりました。「あやちゃんのしゅじゅつおわったの。もうだいじょうぶよ。あしたおとうさんとおみまいにきてね。」「うん…」 「おみまいになにもっていこう」おりがみをおりました。てがみもかきました。あさえはかんがえ、かんがえ、ずっとかんがえつづけました。「そうだ、そうしよう!」あさえはきれいなかみで すこしおおきなつつみをつくりました。


 あさえちゃんはほっぺこちゃんをあやちゃんにあげてしまいます。私は読んでいて、あさえちゃんはすごいなぁと思いました。私だったらとても大事にしているお人形を、病気で入院しているとはいえ、あげてしまうかなぁと思いました。一番大事なものはとっておいて、二番目に大事なものだったらあげるかもなぁ。

 でも姉妹ってこういうものなのでしょうか。いつも一緒にいた妹が「入院」してしまったら、お母さんがいない寂しさと同じくらいに妹のいない寂しさと、手術をした妹に対して起こる気持ちを考えたら、一番大事なほっぺこちゃんをあげてしまうのはわけないことなのでしょうね。

 私は長女なので、いい子のあさえちゃんに同情して、最後の場面にあさえちゃんをぎゅっとする場面があればいいのに、なんて思っていましたが、ひとつお姉ちゃんになったあさえちゃんにはお母さんからの最後の一言が一番うれしかったでしょうね。





おかあさん おかあさん おかあさん…』
 大島妙子 作
 佼成出版社

 おかあさんは、おっちょこちょい、おりょうりがへた、おしゃべり、わすれんぼ。おかあさんてまったく…。そんなおかあさんでも、いないと寂しくて不安になる。私が、カゼで寝ている間にいなくなってしまったおかあさん。心配で、心配で、もう寝てなんかいられない…。おかあさん、おかあさん、おかあさん、おかあさん。あ、おかあさんが帰ってきた! 帰ってきたおかあさんはやっぱり忘れ物していた。でも、おかあさんのはなうた、あるくおと、おかあさんがいる。よかった…。




きはなんにもいわないの』
 片山健 作
 学研


 「ねえ おとうさん きになって」すーくんが いいました。おとうさんは きに なりました。すーくんは さっそく きに のぼろうと しました。でも なかなか のぼれません。おとうさんに「どうやって のぼるの」かきくと、(きは なんにもいわないの)。

 木になったお父さんと、すーくんの触れ合い・・。そして、木に触れている、すーくんの手(体)からは、大きなお父さんの存在が感じられます。どうぞ、ゆっくりとページをめくって、触れ合う様子を楽しみながら読んでくださいね。



ぶーちゃんとおにいちゃん』
 島田ゆか 作
 白泉社

 犬のぶーちゃんはいつでも、大好きなおにいちゃんのまねばかり。何でもおにいちゃんと同じようにしたがります。でもおにいちゃんは隙を見て自分ひとりで遊びたかったり、大事なおもちゃを貸したくなかったりするのです。だけど、お母さんの大事な鉢植えを割ってしまったおにいちゃんは、ぶーちゃんがお母さんにしゃべらないように、いつもよりいっぱい遊んでくれたのです。

 日常によくありそうな小さな兄弟のやり取りが描かれています。ページをめくるごとに「うんうん」とうなずけます。

 2年生の息子に読み聞かせをしたら、ニンマリしながら聞いていました。読み終えると「おもしろかった!ぶーちゃんかわいい。オレこの本好き」とのこと。きっと弟である息子は、ぶーちゃんの行動にうなずけるんでしょうね。お姉ちゃんだった私は、お兄ちゃんの気持ちに共感していたんですけどね・・。




ジェラルディンとおとうとウィリー』
 ホリー・ケラー作・絵
 eqPress訳
 国土社

 ジェラルディンのまねばかりする弟ウィリー。「まねしないで!」って言ってもぜんぜんやめません。つみきのおしろもこわしてしまうし、ジェラルディンはもうかんかんにおこってしまいました。でもおかたづけをはじめたら、ウィリーもまねして…。

 私の弟も小さいとき、まるでこの絵本のウィリーとそっくりでした。小さい弟がかわいい時もあるけれど、何かにつけて邪魔してくるので、「ついてこないで!」ってしょっちゅう撒いていましたっけ。それにしてもどうして息子は弟なのに、この本が気に入ってニヤニヤしながら読んでいるのでしょう。登場人物の表情がおもしろいからでしょうか…?




かあさんのこころ』
 内田麟太郎 作
 味戸ケイコ 絵
 佼成出版社

 子どものころ、ぼくはぼくの悲しみしか知らなかった。家族ができた。優しい人だった。ぼくはおじいさんになっていた。ぼくは涙があふれてきた。若くして亡くなったかあさんにわびていた。ぼくの悲しみよりずっとずっと深かったかあさんの悲しみがみえてきた…。
 母のない自分を悲しんでいた。でも、幼子を残して逝った母の方が、悲しみはずっと深かった。
 作者の内田麟太郎さんが、自分自身のことを元にして描いた絵本です。内山さんの講演会を聴いたことがありますが、早くにお母さんを亡くし、継母との確執にずっと苦しんできたことを、ユーモアたっぷりに語ってくれました。その思いを、『ともだちや』シリーズの3巻(内田麟太郎さく・降矢ケイコ絵・偕成社)に込めたそうです。




よるくま』
 酒井駒子 著
 偕成社

 男の子がベッドでお母さんにお話します。「ママ、あのね、きのうのよるね、かわいいこがきたんだよ」「へー、おかあさんぜんぜんわからなかったわ。おとこのこ?それとも、おんなのこ?」「ううん。くまのこ」――と始まるこの絵本。

 くまのこは『よるくま』という名前。よるくまは起きたらおかあさんがいなくなっていたのでした。男の子と探しに出かけます。あちこち探して・・・結末は涙です。再会した後、おうちへ帰るときのお母さんのセリフもまた涙です。

 私自身働いているので、よるくまとお母さんの再会シーンはジーンとします。保育園へお迎えに行ったときの娘の笑顔とだぶって、読むたびに泣いてしまいます。娘もいっしょに泣いてしまいます。働くママにおすすめの1冊。ぜひお膝にのせて読んであげてください。




“むぎゅっ”とっちゃった』 
 イザベル・アスマ 絵 
 ロランス・クレインベルジュ 文
 久保純子 訳
 ニイルブックス ソニーマガジンズ

 弟妹が生まれるときの上の子の複雑な気持ちを、仲良しのぬいぐるみザンザンを通して語ります。ママとパパは生まれてくる赤ちゃんのための準備で大忙し。でも、準備をしたものが次からつぎへとなくなってしまいます。いったいどこへいってしまったのでしょう?

 息子がとても気に入った絵本です(私のお腹には赤ちゃんはいませんが)。息子は「かいじゅうザンザンがオレの中にもいるんだよ」と、読んだ後でこっそり教えてくれました。でも最後のページで、かいじゅうザンザンがもとの小さなぬいぐるみに戻ってしまったのは、がっかりだったようで、「え〜!なんでザンザンは小さくなっちゃったの〜?」と言うのです。私が「かいじゅうのままで、いた方がよかった?」と聞くと、息子は「うん!」と元気に答えました。




あなぐまメルくん』
 大友康夫 さく・え
 福音館書店

 赤ちゃんが生まれて、たくさんの人がお祝いにやってきます。おにいさんになったメルくんも、最初は胸を張って自慢していたのですが、誰もが赤ちゃんにばっかりかわいいと言っているので、だんだん元気がなくなり、とうとうウワーンと泣きだしてしまいます。みんなあわてて、メルくんだってかわいいよと言ってなだめようとするのですが、メルくんは心ゆくまで泣き続けます。
 さいわいなことに、お父さんとお母さんは泣くのを止めようとしません。そして、泣きやむと、お父さんが涙を拭いて、お母さんが抱っこしてくれます。メルくんは元気になって、外へ遊びに行きます。
 癒しの子育てネットワーク信州で活躍していた小林夕香さんの次男、優介くんが本屋さんで見つけた、という絵本です。原作は1942年、日本語版も初版が1976年という超ロングセラーです。
 赤ちゃんが生まれて、うれしくもありさびしくもありというおにいちゃん・おねえちゃん、あるいはまた、親を困らせたり病弱だったり発達障害があったりする子どもに親の心配が行ってしまっている(行かずにはいられませんよね)とき、他のきょうだいと一緒に読んだらよいかも。




ぼくがおっぱいをきらいなわけ』
 磯みゆき 作
 ポプラ社

 赤ちゃんが生まれて、お兄ちゃんになった男の子が、「おっぱいをのむなんてあかんぼうのすることだ」、牛のおちちも、お父さんのおちちも大キライだ、と、お兄ちゃん心をたてようとがんばっています。でも、お母さんにギュツと抱きしめられたとたんに、がまんの歯止めがはずれて、わあーんと泣き出してしまいます。「だからぼくはおっぱいがきらい」なんだそうです。
 子どもの見せかけの姿に惑わされないで、というお話です。子どもの歯止めがはずれやすくなるように、子どもに読んで見せてあげるといいかも。イラストもわかりやすい絵本です。




すえっこ おおかみ』
 ラリー・デーン・ブリマー 文
 まさきるりこ 訳
 あすなろ書房

 すえっこおおかみはまだ小さくて、にいさんやねえさんのように、まっすぐころがったり、風のようにはやく走ったり、たかくとびあがったりできません。ひとりぼっちで小さなどんぐりをころがして遊んでいるだけ。にいさんねえさんはバカにしますが、でもとうさんのはいいろおおかみは「それでいいんだ」といってくれます。「ちびっこや、みてごらん」と教えてくれます。小さなどんぐりもいずれは大きな大きな木になることを。そうしてすえっこおおかみは今の自分に安心するのでした。

 子どもはできないことがいっぱい。それがあたりまえ。それなのにいつの間にかおとなたちは、子どもに完璧に何でもできることを求めてしまっています。いつもそばにいて「それでいいんだよ」って言ってくれるおとながいたら、もっと安心しておとなになれるんだろうな。




しあわせミシュカ』
 マーカス・フィスター 作・絵
 講談社

 はりねずみのミシュカは、ぼんやり雲を見たり、花や草、動物や虫が大好きです。ところがおじいさんのタレクはミシュカに、「わしがお前の年頃には、幸せをつかまえようとあれこれやったもんじゃ。旅に出てよそのみんなが何をしているかを見てくるんじゃ。幸せになるためにみんながんばっとるんじゃぞ!」と言われて、仕方なくミシュカは旅に出ることにしました。ミシュカはかめやうさぎたちのしていることを見て、みんないろいろやっさているんだなあと思いました。でも、ミシュカが気がついた幸せとは……何だったのかな?




おねがいだから なかよくしてね』
 キャスリン・ホワイト 文
 クリフ・ライト 絵
 評論社

 パパと ママが けんかする。
 せかいじゅうが おおあらし。
 おうちも つぶれてしまいそう。
 くうきは こおり、 ぼくは こごえる。
 ぼくは かなしい、ぼくは ひとりぼっち

 パパと ママが なかなおり。
 おひさまが かおを だす。
 ぼくは そらに うかぶ くもになる。
 なにが おきても どんと こい。
 せかいじゅうが わらってる。

 パパも ママも だいすきさ。
 だから おねがい なかよくしてね。

と訴えるアナグマの坊や。パパとママがけんかした時、子どもたちがどんなに不安で、心細い思いでいるかがとってもよく分かるおはなし。
 パパとママがけんかしないで、いつも仲良くしていられたら最高です。けれど現実にはそんなこととっても無理! けんかしちゃったその後は、パパとママがちゃんと仲直りしたことを、お子さんの知らせてあげるのを忘れないでね。そして、心配かけてごめんなさいと、ギュッと抱きしめてあげてくださいね。




きみはおおきくて ぼくはちいさい』
 グレゴワール・ソロタレフ 著
 武者小路昭 訳 
 ニイルブックス ソニー・マガジンズ

 きみ・・・動物の王さま「ライオン」
 ぼく・・・ひとりぼっちの「ちいさなぞう」
 子どもはいつしか成長し、親のもとから巣立ていく。その旅立ちは別れではなく新たな関係のはじまり・・・・。
 4年生になった娘が、「この絵本ね、すごく好きになったよ」と最近言うのです。「どうして?」と聞くと、「小さかったゾウが、大きくなっても、<ぼくはちいさい>っていうところがすきなの」と答えました。そんなところに私も心を動かされます・・。でも多分、娘と私とは違う視点だと思いますけど・・。




ねえ とうさん』
 佐野洋子 作
 小学館

 もりのくまの子は、母さんと2人父さんの帰りを待ちわびています。帰ってきた父さんは、「ねえ、とうさん、さんぽにいこう」というくまの子に「よしよし」と付き合ってくれます。「ねえ、とうさん、てをつないでもいい?」「よしよし」「ねえねとうさん、かたぐるま、してくれる?」「よしよし」「ねえ、とうさん、およいでくれる?」「よしよし」、なんでも父さんは「よしよし」と聞いてくれます。途中、橋がこわれているのを簡単になおしてしまう父さん。くまの子は「ねえ、とうさん、ぼくとうさんのこどもでうれしいよ。すごくとうさんらしいもの」というくまの子に、「おれは、ただ、くまらしいだけさ。くまだからね」という父さん。そんなとうさんにくまの子はあこがれ、くまらしくなろうと思うのでした。




海辺のくま』
 クレイ・カーミッシェル 作
 BL出版〈株〉

 クララと暮らすお父さんのいないクマ。とうさんに会いたくて、クマはとうさんを探します。そして出会ったヤドカリにたずねました。
「誰がぼくを抱きしめてくれるの? 愛してくれるの? いろいろなこと教えてくれたり、説明してくれるの? 誰が一番親友でいてくれるの? ぼくの家はどこなの?」
 すると、ヤドカリは教えてくれました。
 
絵本目次へ  HOME