←HOME

大好きが‘伝わった’の絵本 
           絵本の画像をクリックするとアマゾンへ

あなたがだいすき』
  鈴木まもる 作
  ポプラ社

 わたしは あなたが だいすきです
 せかいで いちばん あなたが だいじ
 あさも ひるも よるも あなたと いっしょ
 いつでも あなたを まもってあげる…

「あなたがだいすき」が受け取れない私、この絵本も、くすぐったい気持ちで読みました。でも、天心で、私のそばにいてくれる人(気持ち)がいることがわかりました。いつもそばにいてくれる人がいる…その安心感といったら…。この絵本では『とくべつ わたしは あなたが だいすき』と、お母さんがボクを抱きしめています。その絵がとってもステキで、涙が出てきました。




『ちいさなあなたへ』
  アリスン・マギー  作
  ピーター・レイノルズ 絵
  なかがわちひろ 訳
  主婦の友社

あのひ、わたしは あなたの ちいさな ゆびを かぞえ、その いっぽん いつぽんに キスを した。

いつのまにやら あなたは おおきくなさて、わたしの あかちゃんは、わたしの こどもに なった。

やがて、せいいっぱい てを ふりながら しだいに とおざかっていく あなたを みおくる ひが やってくる。


母としてのその時々の喜びや痛みが、短い文章の中にいっぱいつまった絵本です。母から娘であるあなたへのあったかいメッセージ、母の気持ちが届きます。「お母さんって、こんな気持ちで私を育ててくれたんだ」と、大好きを感じ直してみてください。そして、今母である方には、自分の母親としての道のりと、自分の母親の道のりとが重なってきます。

 


『わたしから、ありがとう。』
  中島啓江 作
  河原まり子 絵
  岩崎書店
 
 かあさんのつくった フリルがいっぱいのふく、みんなが「かわいい」といって よってきた。でもわたしはようじんする。だってブラッキーがやってくるもの。ブラッキーはわたしのまいにちをまっくろにぬりつぶす。 ブラッキーなんて だいきらい。わたしをたすけてくれないみんなも だいきらい。でももうすぐおひっこしすらから あとすこしがまんすればいいの。かあさんがみんなへのプレゼントをつくってくれた。かあさんてづくりのかわいいポーチ。だけどわたしはおこっていた。どうしてみんなに プレゼントをあげなくちゃいけないの? でもかあさんは わたしをだきしめていう。「おわかれするときは だれもが『ありがとう』のきもちをつたえるものなの」 そしてプレゼントをわたすとき かあさんとのやくそくだけをかんがえてた…

 中島啓江さんといえばステキなお母さんのお話を聞いたことがありますが、今回もお母さんがステキです。きっと啓江さんがつらい思いをしていることを知っていたと思いますが、「おわかれするときは『ありがとう』の気持ちを伝えるものなの」と、人として大事なことを教えてくれます。そして『ありがとう』を言ってみると思いがけない事が待っていて、心がにこにこになるのです! 中島さんがおっしゃっていますが、『ありがとう』の言葉で、世界中が優しく美しい心でいっぱいになるといいですね。




『すき』
 トメク・ボガッキー 作
 木坂涼 訳
 セーラー出版
すき

 何とも言えない雰囲気の動物二匹、でかいのとちびちゃんが描かれている、デカとチビの気持ちのやりとりが、言葉少なによく伝わってくる絵本です。

 デカがチビに「すき」と気持ちを伝えます。でもチビは「きらい」と返します。そしてチビは、デカのきらいなところをいくつもいいます。それでもデカは「すき」を伝えつづけているのです。でもあまりにも「きらい」がつづくので、しょんぼりしてあっちに行こうとしたら、チビはやっと本当の気持ち「すき」を伝えられたのです。

 「お母さんなんかきらい!」と言うけど、本当は「お母さんだいすき!」。きらいと安心して言えるほど、お母さんは信頼してもらえている。チビも安心してデカに甘えてる。チビのきらいの言葉の後には、だいすきがいっぱいなのが伝わってきます。きらいが並ぶのに、なんだかあったかい気持ちが残る絵本です。




『ちょっとだけ』
 瀧村有子 作
 鈴木永子 絵
 福音館書店
 こどものとも年中向き2005年4月号

 なっちゃんのおうちにあかちゃんがやってきました。なっちゃんはお姉さんになりました。

 お買い物に行くとき、お母さんと手をつなごうとしたけれど、ママは赤ちゃんを抱っこしています。なっちゃんはママのスカートを“ちょっとだけ”つかんで歩きました。牛乳を飲みたくなったなっちゃんは、自分で“ちょっとだけ”コップに牛乳を注ぎました。夜、なっちゃんはパジャマも自分で着ました。“ちょっとだけ”ボタンかけも成功しました。

 あかちゃんのお世話で忙しいママなので、なっちゃんは、なんでも自分でやろうとがんばりました。そして“ちょっとだけ”成功しました。

 でも、なっちゃんはなんでもがんばったので疲れて眠くなりました。そしてママにお願いしました。
「ママ、“ちょっとだけ”抱っこして」
ママは、なっちゃんにとってもうれしいお返事をくれました。……あとは絵本をご覧ください。

 お姉ちゃんになって、なんでも自分でやろうとするなっちゃんの姿がとってもいじらしいです。また絵がとてもやさしく、なっちゃんのかわいらしさを引き立てています。思わず抱きしめたくなる本です。




『パパとママのたからもの』
 サム・マグブラットニィ 作
 小川仁央 訳
 評論社 

 あるところにかあさんぐまととうさんぐまと3匹のこぐまがいました。パパとママは、夜3匹のこぐまを寝かしつける時、いつも「おやすみ、世界で一番かわいいこぐまたち!」といいます。

 ある夜、こぐまたちは「どうして、ぼくたちが世界で一番かわいいってわかるの?」と聞きました。「それはね」とママが教えてくれました。その答えを聞いて、こぐまたちはうっとりして、すっかり満足して眠りにつきました。

 ところがある日、「ぼくはほかの子みたいにかわいくないかもしれない。みんなははなのまわりが白いけど、ぼくはそうじゃない」「パパはあたしより、ほかのこぐまのたちが好きなのかも。みんなは男の子だけど、あたしはそうじゃないもの」「ぼくが一番ちびすけだ。みんなぼくよりずっと大きい」と3匹のこぐまたちそれぞれが心配になりました。

 そこで、その夜、3匹のこぐまは「ぼくたちの中で、パパは誰が一番好きなの?みんなが一番にはなれないの?」と聞いてみました。「なれるとも!」とパパはひとりひとりのこぐまが生まれたときのことを話してくれました。そして、自分が世界中で一番かわいいこぐまだと納得したこぐまたちは、しあわせいっぱい、ねむりにおちていきましたとさ。

 さあてさて、ママやパパの答えはどんなことだったんでしょう?




『ぴよちゃんとひまわり』
 いりやまさとし さく・ぶん
 学研

 ひよこの ぴよちゃんが、しましまのたね見つけました。おなかがへっていたぴよちゃんが食べうとしたら、たねが「ちょっと まって。あしたまで まったら、おいしい はっぱが たべられるよ」といいます。つぎのひには、はっぱが2まいになって、それから・・ね「・・・おおきくなあれ」おうえんして・・だんだん大切な存在になっていきます。

 出会えたこと、大好きになっていくこと・・そして会えなくなること。でも別れのかなしみの先に待っていたのは・・・。待つことは、もう一度出会うことのはじまり。
「きてね」「どうして?」「きたら わかるよ」
「きっとだよ」「やくそくね」!!




『ぼくの ともだち おつきさま』
 アンドレ・ダーハン 作
 きたやま ようこ 文
(世界の絵本)講談社

 気がつくと君がいた……。
 夜のまんなかで、「ぼく」が出会ったのは「おつきさま」。その瞬間から、心にしみる美しい物語がはじまります。
 すごく大切ですごく大好きな人に伝えたい思いに言葉を失ったとしても、この絵本さえあれば大丈夫! 私はすごく大切ですごく大好きな人に贈りました。
☆ これは私へのラブレター? あははは、ちょっと照れるなあ。☆
 恥ずかしいのでいきなり贈りつけただけだったけど…、ちゃんと想いが届いたみたいで私もうれしい♪ 大好きが伝わるとすごくしあわせな気持ちになれるんですね。今度はどうやって伝えよう。




ラヴ・ユー・フォーエバー』
 ロバート・マーチン 作
 乃木りか 訳
 梅田俊作 絵
 岩崎書店

 おかあさんは、生まれたばかりのあかちゃんをだっこしながらうたいます。
「アイ・ラブ・ユー いつまでも アイ・ラブ・ユー どんなときも……」
 あかちゃんはどんどん大きくなって、2歳になり,9歳になり、ティーンエイジャーになりました。でも、夜になり、少年がぐっすり眠っているのをたしかめると、おかあさんはこどもをだっこしながらうたうのでした……。
 親になった自分が子育ての苦労を知って、親が子を思う気持ちを思い直すのでした。




たいせつなきみ』
 マックス・ルケード 文
 セルジオ・マルテニス 絵
 フォレストブックス 発行

 ダメじるしのシールを体中に張られてしまった木のこびとバンチネロ。彼はある日ダメシールも金星シールもくっつかないルシアというこびとに出会い、ルシアのようになりたいと思う。ルシアはこびとを作ったエリに会いに行くように教えてくれた。パンチネロは、こんなダメなぼくにエリは会ってくれるだろうかと、恐る恐る会いに行った。でも、パンチネロが会いに来てくれたことを心から歓迎し、そして大切なことを教えてくれた。




だいすきっていいたくて』
 カール・ノラック さく
 ほるぷ出版

 「ママ、あのね」ロラはすてきなことばをママに言おうとしました。でもママもパパも大忙し。「あとでね」と言われてしまいます。たった一言が伝えられなくて、ロラはどんどんいじけてしまいます。




おひさま あはは』
 前川かずお 作
 こぐま社

 おひさまが「あはは」、おおきなきが「あはは」、ことりが、おはなが、こいぬが、おさかなが、おかあさんねことこねこも、みーんなが「アハハ」と笑っています。何だかわからないけれど、絵本を開くだけでとっても楽しくて、しあわせな気分になってしまうから不思議! 特に、おかあさんねこがごろーんとねころがって、そこにこねこが「アハハ」と笑いながらむらがっている絵はとってもしあわせそう! 最後にちょっとムッとした男の子がお母さんに抱っこされて、とってもうれしそう「アハハ」と笑ってしまうところが、またいいなー。
 あるお母さんが子どもたちに読んであげたら、そこにいた子どもたちが、「だいすき」「だいすき」ってお互いに言いだしたそうです。そんなふうにしあわせを伝え合いたくなる絵本です。




『なんだって してあげるよ』
 ジョン・ウォレス 文
 ハリー・ホース 絵
 さくまゆみこ 訳
 あすなろ書房

 チビくまチャーリーは大好きなジンジャーのために、「なんだって してあげるよ」といろいろと頑張ります。でも、いつも失敗ばかり…。でも、大きなくまのジンジャーは、そんなチャーリーをいつも愛で包んでくれて…、大事にしてくれて…、見ているだけで心が暖かくなります。大好きな誰かのためなら何でもしてあげたい気持ちになるんですよね。ふたりのやり取りにとっても暖かい気持ちになれました。私にもそういう人がいるからよくわかるなぁ…。ん?もしかして今ドキッとした?




『子どものこころを感じてみようよ』
 葉 祥明(Yoh Shoumei) 絵・文
 サンマーク出版

 「この絵本の“ボク”から伝えられる気持ちは、きっとみんなの隠れた気持ちとも繋がっている…。私はそんなふうに思いました。忘れていた大切なことや、愛情は、ちいさな子どもからおとなへと伝えられる…。きっと多くのことは、子どもから教えられることが多いのかも知れませんよね。私も毎日ほんの少しだけでも、子どものこころの声に耳を傾けることが出来たらいいと思います。
 小さな家族から始まる幸せ。身近な存在から愛を伝え合えたら、きっときっと大きな幸せになっていくんだろうなぁ…。」
絵本目次へ    HOME